「スギ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スギとは

2018-11-09

[]SSSS.GRIDMAN 5話まで

特撮モノのお約束(前半普通で途中で怪獣でてきて後半でそれを倒す)を繰り返しながらちょこちょこ設定を小出しにして考察厨をニヤつかせるアニメだった

ネット自分の見てる範囲だと六花の太ももエロいとかそういうのが多かったけど実際はほとんどそんな描写ねーわ

5話の水着回でもおもにフィーチャーされてたのはアカネちゃんの方だったし基本エロ担当アカネちゃん

しろ六花はうなじとか脇とかのフェチ系がフィーチャーされてた

ゆーた?はグリッドマン仮想人格みたいなもんなんだろうな

最後記憶取り戻すけど消えちゃう系の

怪獣に倒されたらその人間が消えるみたいに、いない人間存在させることだってできるはずだから

ラストがどんなに竜頭蛇尾でもこの時点でこれだけ毎回そこそこ楽しめてたらいっかなって思える

グリッドマン同盟解消かってとこでギスギスしたのはちょっと微妙だったけど

あと地味にいいと思うのは六花の声だな

からさまな萌え声とはちょっと違う、けだるさをたたえたミニスカロングカーディガンJKにぴったりな声がほんとツボだわ

アンチくんが禁書あいつみたいに見える

2018-11-07

anond:20181107201429

悪口を(本人のいないところで)堂々と言ってるので、自分達はサバサバした人間関係を作ってる

??

本人の居るところで言いたいこと言うのがサバサバで、本人のいないところで言うのがギスギス(というかネチネチ)なんじゃねえの?

女性同士はギスギスしてるという誤解

よく女性人間関係はギスギスしてるというけど、これまで私が経験した研究室職場も、ほぼ男性しかいない空間においてしょっちゅう悪口大会が開催されていたので全くそう思わない。

たぶん当の男性達は悪口を(本人のいないところで)堂々と言ってるので、自分達はサバサバした人間関係を作ってるというつもりなんだろうけど。

逆に私には女性友達特に文化系女子友達があまりいないので女性人間関係はあまりからない。中高の頃もクラスハブられ気味だった。(もちろん男性友達もいない)

数少ない関わりのある理系女性達はみんな悪口なんて言わないし、たぶん嫌な人がいたら無言で離れていくだろう。

anond:20181107163832

まあ、それでミオ・スギータとかは一方的攻撃受けてる訳だからな。時代や。

2018-11-05

アスタキサンチン花粉症患者の色々比較

花粉症患者率(下位から)

  1. 沖縄県
  2. 北海道
  3. 鹿児島県
  4. 長崎県
  5. 秋田県
  6. 富山県
  7. 石川県
  8. 岩手県
  9. 熊本県
  10. 福岡県

鮭鱒消費量(上位から)

  1. 青森県
  2. 北海道
  3. 岩手県
  4. 群馬県
  5. 新潟県
  6. 長野県
  7. 秋田県
  8. 山梨県
  9. 福島県
  10. 宮城県

エビ消費量(上位から)

  1. 和歌山県
  2. 岡山県
  3. 奈良県
  4. 大阪府
  5. 鳥取県
  6. 青森県
  7. 北海道
  8. 三重県
  9. 山口県
  10. 長崎県

カニ消費量(上位から)

  1. 鳥取県
  2. 石川県
  3. 福井県
  4. 新潟県
  5. 島根県
  6. 富山県
  7. 北海道
  8. 青森県
  9. 京都府
  10. 奈良県

スギヒノキ花粉量(下位から)

  1. 沖縄県
  2. 北海道
  3. 和歌山県
  4. 大阪府
  5. 長野県
  6. 愛知県
  7. 鹿児島県
  8. 兵庫県
  9. 秋田県
  10. 熊本県
  11. 岡山県(アスタキサンチンポイント調整のため11位も掲載)

アスタキサンチンポイント(上位から)

鮭鱒・エビカニ消費量ランキングに登場したら、それぞれ1ptずつ増加させる

スギヒノキ花粉ランキングに登場したら1pt減少させる

同位の場合は鮭鱒・エビカニの消費総量が多い方を上位とする

  1. 青森県(3pt-0pt=3pt)
  2. 北海道(3pt-1pt=2pt)
  3. 鳥取県(2pt-0pt=2pt)
  4. 新潟県(2pt-0pt=2pt)
  5. 奈良県(2pt-0pt=2pt)
  6. 秋田県(2pt-1pt=1pt)
  7. 岩手県群馬県山梨県福島県宮城県和歌山県三重県山口県長崎県福井県島根県富山県京都府(1pt-0pt=1pt)
  8. 長野県岡山県大阪府(1pt-1pt=0pt)
  9. 以下その他の県(0pt-0pt=0pt)

総論

かにアスタキサンチンを多く摂取していると思われる都道府県花粉症患者率が少ない傾向がある。

同時に当然ながらスギヒノキ花粉量が少ない地域花粉症患者率が少ない傾向があるが、注目すべきはスギヒノキ花粉量が多ければ比例して花粉症患者率が上がるわけでないという点。

ただアスタキサンチンを大量に摂取している青森県民が意外にも花粉症患者ランキングではトップ10入りしていない点が気にかかる。

青森県では塩分摂取量が全国1位であるという不名誉な面もあるので、そこが影響しているのかも知れない。

沖縄県ではそもそも影響を無視して良いレベルしかスギヒノキが植えられていない。

結果としてアスタキサンチンの影響は多分ゼロじゃないけれどアレルギーに対して特効薬レベル効果はないんじゃないかな?という結論に至った。

地方によって食文化も違い、アスタキサンチンと同様な抗アレルギー物質を摂取している可能性も十分にあり、アスタキサンチンのみで判断するということは学術的に微妙であるのは言うまでもない。

今回は綺麗な空気栄養を考えた食事健康を支えるのであるという、何だか当たり前のような気がする結論アスタキサンチン限定すると出てくるということで締めたいと思う。

優性保護法を復活せよ

近年メンタルを病む若者が増えてるが、これは22年前に優性保護法廃止された影響が一番大きい。

昔は躁鬱病など、メンタルを病んでる人は優性保護法に基づき不妊手術対象だった。理由遺伝によるメンヘル再生産を避けるため。昔はメンヘルが少なかったのは優性保護法のおかげである

しか人権屋の横暴により同法廃止されると、メンヘル再生産が許されてしまい、メンヘルの増殖に繋がった。

メンヘルが一人増えると、ギスギスしてストレスを溜める正常人が1000人増える。今の世の中がギスギスしているのは優性保護法廃止たからだ。

から優性保護法を復活して、昔の活気のあった日本を取り戻そう。

2018-11-02

anond:20181102140715

スギスしたエントリを投下する増田全員がうんこ漏らしてうんこ漏らしエントリばかり並ぶ増田が見たい

いつから増田はこんなにギスギスした場所になったんだ。

みんなもっとうんことかパンティの話しようよ。

新人をいびるお局になって、5年後

なんかの記事を読んで、久しぶりに増田に書き散らそうと思ってログインしたところ、5年前に書いた日記が出てきた。あまりの懐かしさに書こうと思っていたことを全部忘れたので、せっかくだし忘備録として、あの生意気な後輩のことを書こうと思う。

わたしはお局になってしまった

https://anond.hatelabo.jp/20130619155614

生意気新人が入ってきてひたすらイライラしていたという話だ。当時は社会人4年目、少しばかり仕事も覚えて、後輩もできて部署メンバーの仲も良く、仕事が楽しくなってきた矢先の話だったので、それはもう彼に世界をぶっ壊された気がしていた。今となってはお恥ずかしい限りだ。

ありがたいことにこの醜罵詈雑言ブコメも沢山もらって、4年目ごときの小娘がお局なんて片腹痛いわみたいなことも言われて、当時はナニクソこの野郎と思ったものだが、今思えばその通りだなあと感じてあまりのほほえましさに自分で笑ってしまった。

**

あの日記を書いた後、ブコメに小娘がどうこう笑われて腹が立ったので、こうなったら真のお局になってやるわ見てろよブコメどもと思った。返事が返ってこなくても毎日大声で挨拶をして、嫌な顔されても何かにつけてしょうもないことで話かけ、飴ちゃんはいるかと聞いていらないと言われても無理やり押し付け、顔色が悪ければどうした早く帰れと言い、空調の風で寒そうだったらショッキングピンクのど派手なひざ掛けを無理やり掛けてやったりした。もう半ば嫌がらせだった。

なんやかんやで結果的に、あの日記を書いて1年も経たないうちに、彼と打ち解け、すごく仲よくなった。

特に仲良くなるきっかけがあったかどうかは全然覚えてない。気が付いたら、彼の慇懃敬語はいしか消え、私にため口をきくようになったし、普通に笑うし、私の肩も軽口も叩くようになり、私の引き出しを勝手に開けてはお菓子をチョロまかすようになっていた。

これがもう、本当に滅茶苦茶嬉しかった。あ、なんか心開いてくれたっぽいぞ!ってわかったし、なによりすごく声がやさしくなったし、私のくだらない話に笑ってくれて、見たか私のお局力!ドヤ!みたいな気分だった(この時は、お節介おばさんとお局様の差が、あまりわかっていなかった)。

そうなると自然仕事でのコミュニケーションが円滑になり、何かあれば彼もすぐ相談するし、もともと地頭はいいのでこちらもいろいろ相談するようになり、頼り頼られみたいな感じで、先輩と後輩とも知らないうちに打ち解けて、彼が入社する前よりも平和な仲良し部署になっていた。

そういえば、店員への横柄な態度もいつの間にか丁寧な態度になっていた、というか、むしろ一番気を遣うようになっていた。飲み会も一番楽しそうで、酒の量はセーブしながらもいい感じに盛り上げてくれて、おまけにカラオケもうまかった。慇懃無礼で隙あらば睨んできていたやつが、明るく楽しい普通チャラ男になった。

**

私たちのいた部署親会社に吸収されることになった。

親会社はこの平成も終わらんとする時勢にあって非常に昭和的な会社だったので、女子お茶汲みコピー以外の枠がないらしく、私だけ一般職格下げで皆と一緒に親会社へ出向する、もしくは、全然関係ない部署配置転換、という選択を迫られることになった。

一応、専門知識必要部署にいて、それなりに経験を積んで勉強もして大きな仕事を任されたりしていただけに、この状況はすごく辛かったし悔しかった。ただ救いだったのは、私以上にみんなが怒ってくれて、上司も先輩もどうにかならないか上に掛け合ってくれたし、「今すぐタイでも行ってつけてもらってこい!」みたいな本気だか冗談だかわからない言葉もありがたかった。中でも一番怒ってくれたのは彼で、役員室に殴り込んでサーバーをぶっ壊す勢いなのを必死で宥めた。こいつ相変わらずだなと思う反面、これだけ私のために彼が怒ってくれるのがすごく嬉しかったのを覚えている。私のやってきたことは会社に認めてはもらえなかったけど、彼らがこうして評価してくれていたんだなと思うと、不思議と怒りは沸いてこなかった。

こうして私だけ去った後の部署は、これがもうびっくりするぐらい空気が悪くなった。理不尽な異動に腹立しながらも古い体質の役員から自分と後輩を守ろうとする先輩と、こんな時代遅れ差別断固許すまじ討ち入り上等の彼、その板挟みになった後輩に、親会社の無神経なメンバー仕事のできない別の上司が加わり、それはもうしっちゃかめっちゃかになっていた。最初は微かだった不協和音はみるみる大きな歪みになり、最終的には、先輩と彼は口もきかなくなった。後輩はオロオロするばかりで、3日に1度ぐらいお菓子をせびりに来ては、やりづらいと愚痴って帰った。さら上司もどうしたらいいのかわからず、ただただものすごく空気が悪く、もはや誰にも修復不能なまでになっていた。

私がいたらあん空気にさせないのにという無念と、私が異動したせいでああなったのだという自責と、ただ私の力ではどうしようもなかった無力感と、とにかくもう見ているだけで本当に辛く、人間関係ってスイッチ一つでこうも変わってしまものかと思って茫然とした。

私が転職することになって、元部署メンバーが集って送別会を開いてくれた。この時には、もはや会話らしい会話をしていない彼らだったが、私を気遣ってか以前みたいに、和やかで楽しい雰囲気を作ってくれた。会社を辞めるにあたって、彼らのギスギスがとにかく心配だったが、ぎこちないながらも言葉を交わす様子を見て、これで少しでも元の状態に戻ってくれたらと思った。だがその矢先、3次会で入った居酒屋で、些細な切っ掛け、本当に些細だったと思う、彼が先輩の胸倉をつかんでの怒鳴りあいになってしまった。親会社のやり方に不満を抱きながらも、後輩たちの立場が危うくなると感じて収めるように諭してきた先輩に対し、私や後輩(繰り返しややこしいが彼にとっては先輩)がここまでコケにされて言い返せない先輩に不満を抱いていた彼が爆発してしまった。周りの人も騒然として、何とか割って入ってことを収めたものの(なお後輩は気付いたら後ろに逃げていた。危機管理のしっかりした男だ)、これが決定打となって、彼らの関係は完全に決裂してしまった。その後、ドロドロの展開は私の去った後の話なので割愛するが、裁判沙汰にもなり、私が辞めた数か月後には彼も会社を辞めてしまった。

最後送別会で帰り道に彼が言った「(私)さんが上司だったらよかったのに」という言葉を思い出す。扱いづらくて癖の強い男だったが、可愛くて素直で優秀でまっすぐな男だった。なんでみんな、彼を上手に使ってあげられないのか、すごく不満だった。彼が私を認めてくれたことが嬉しかった半面、自分に彼を使ってあげられる力がないのがすごく悔しかった。仕事を頑張って、それなりの地位につきたいと思うようになったのは、それからだろうか。まあ、現実には失敗ばかりのダメ社員で、自分仕事で手一杯なので地位云々なんてもってのほかの話ではあるが、何かあれば人を守ってあげられる立場人間になりたいと思うようになったのは、彼の影響だった。

結局、彼がいまどこで何をしているのかは全然知らないのだが、さっき自分日記を読み返して、辛い思いをしていないかなあ、元気にしているかなあ、うまくやっているかなあと心配になってきてしまった。

2018-10-30

会社を辞めて1ヶ月

仕事うまくいかなくて体調崩して辞めた。病院行ったら発達障害だった。貧乏でギスギスしてた子どもの頃みたいな思いをもうしたくないのに仕事続かないし気を許せる人いないし彼氏海外に行ってしまう。置いてけぼり。私の人生あの頃から何も変わってないの?これからどうしたら幸せになれる?

anond:20181030160935

かなり酷そうな職場環境みたいですね。

実は以前、増田にも書いたことがあるし、ブログもやっていたのですが、私はとあるシティホテルの客室清掃責任者をやってました。

人手不足は似たようなものですが、あなた記事に書いてあるように理不尽に怒ったりすることはありませんでした。

だって人手不足が主因なんだから、例えば時間がかかったって仕方ないじゃんか、と思ってましたし、理不尽に怒って辞められるとこっちが困りますしね。

人より遅い人もいたっていいし、上手くない人だってそれなりに頑張ってくれたらいいと、とにかくみんなで協力して一人でも多くの宿泊客の方に気持ちよく過ごしていただけるよう一生懸命やりましょう、みたいな空気作りをずっとやってたように記憶します。

からなのかどうなのか、離職率はそんなに高くなかったと思います

私のいたホテル自体空気も良かったように思いますけどね。なので、ギスギスした雰囲気微塵もありませんでしたね。それなりに厳しいところもあったので緊張感はありましたが、ストレスは溜まりませんでした。

ちなみに、ネット口コミサイトで低評価をつけるのは日本人が多いです。日本人の客は安い時に集まってきて低い評価をつけるので、日本人の客はホテルから嫌われています

私もそういう印象はありましたが、海外の方だからってクレームがないかというとそうでもなくて、近頃は中国台湾などからの人のクレーム結構うざかったりします。日本って異常なくらい高品質を期待されてしまう国になっちゃったのかな?、と思ったり。

最近再生回数を気にするのが疲れた

中身もなにもタイトル通りなのだが、最近再生回数を気にするのがつかれた。再生回数だけではない、アクティブユーザー数、イベント参加人数、累計イベントポイントイベントランキングファンクラブ登録者数、等々。ありとあらゆる数字と向き合うとこに疲れた。私は疲弊している。何故こんなに数字に追い立てられなければならないのか。それは私がなかなか数字の出ないコンテンツ応援しているかである女性向けアイドル育成ソシャゲ比較的人気のないキャラクター、なかなか表に出してもらえないジャニーズアイドル、なかなか数字のでないジャニーズJr.。私の好きなもの全て、「もっと数字が出れば」と言われている。私はそれがすごく辛い。

そもそも私は性格ルーチンワークがとことん苦手である毎日カバンを変えるし、毎日異なる系統の服を来て、毎日違う業務になるように調整して生活し、毎日違う道で帰り、毎日違うアニメを見て寝る。そういう性格の私が毎日同じゲームログインして、毎日同じ動画再生して毎日同じようにアイドルを好きと言い続けるのは到底無理な話である。だけど数字を求める人たちはそれをよしとしてくれない。毎日ログインしないと所属チームからは外され、ゲームアイテム経験値がたまら永遠に弱いまま。毎日動画再生しないと怠慢と言われ毎日同じアイドルの話をしないとリムられる。そういうところでオタクをしている。あまりの性のあわなさにそろそろ疲弊してきた。

数字が全てという社会の仕組みは単純でよくできているとは思う。しかしまぁまぁ生きてきた人生の中で数字の多いものに惹かれたことがない私には数字が全てと言われる社会はどうにも納得できずにはいる。もう何もかもめんどくさいので固有名詞を出すけど、私にはあんスタとキンプリSixTONESは1ミリも心の琴線に触れないのでコレが数字を獲得してそのジャンル代表のように捉えられると????????となってしますのだ。まったくわからないので。しか数字によってある種市民権のようなものを得たコンテンツはでかい顔してでかい顔してる。数字がとれているので。そして数字がとれていないコンテンツファンは「数字を詰めば同じ扱いをしてもらえる」と思う。だから数字固執する。数字のとれるコンテンツこそ優で数字のとれないモノは劣なのか。私は自分の好きなもののみが優でそれ以外は無なので何も思わないけど。その世間事実自分価値観がグワングワンにズレて、あまつさえ数字を取ろうとしない私を遠回しに批判されるようなことになれば私は疲れてしまう。私のエリアに入ってこないで、と。

自分価値観世間の目がズレている。要はそういう話だ。でも、数字のとれないコンテンツのものを劣あるいは弱と決めつけてほしくないなと私は思う。数字に関わろうとしないオタクも許容してほしいと思う。ファンならこうであるべき、ファンからガンバロウは、多分違う。100人ファンがいれば100人思念があるのだ。それでも、母数が大きくなれば大きくなるほど思念は大きくなり、多数派が相違のように収束する。でもさ、でもね?個が個である限りどれだけ大きくなろうと個の思念集合体であることには変わらないと思うんだ。だから強要は良くないしそれが原因で仲違いするようなことがあっては良くないなとも思う。最近はそればっかりが心配になってしまう。

いろいろ書いたけど、数字を出すには数字が出るだけの理由があると思うし数字がとれるコンテンツを大々的に取り上げたいのもわかる。わたし食べログ3.5以上の店しか行かないし。だから自分の好きな子たちも数字が取れるようなアイドルになってほしいとも思う。でもそのためにオタク同士でギスギスしないでとも思う。

なんだろうね、世の中みんなジャスティン・ビーバーに見つかれば良いんじゃないかな。

2018-10-23

ありがとう増田

今日増田はギスギスしてるな

自分今日はかなりムシャクシャしてたけど増田のギスギスした空気自分はまだ幸せだと思い出せた

ありがとう増田

2018-10-22

ソシャゲエンジニアあるあるサーバサイド編)

君らよく電車通勤なんてできるよね

常にギスギスした空気で、ちょっとマナーが悪い奴がいたらストレスが溜まって、下手したらずっと立ったままいないといけなくて、プライベートもなく、変な因縁つけられる可能性もあり、病原菌の拡大ルートにもなりうる。

どう考えてもリスク塗れ。

俺も昔は岐阜かい田舎から名古屋かい田舎まで電車通勤してたけど、それでも電車通勤ストレスは半端なかったよ。

今は車で通勤してるけど、楽なもんだ。渋滞に捕まってもコーヒーでも飲みながら音楽聞いてればいいし、朝食取りながら通勤できるし。

デメリットはまぁ、定期よりちょっとコストが高いぐらいかな。でもそう考えると一番の通勤最善手は自転車通勤かもな。

2018-10-07

殺伐としている。心が暖かくなるような話をしたい。

ひたすら罵りあったり重箱の隅をつつきあったりするの第三者として見てても消耗すつしギスギスしてるの疲れる。

(そう言うと、だったら見なければいいとかまた責められる。情報の拾捨選択過程で目に入らざるを得ないのに)

うそれが普通だと思っていたら、この世は地獄だよ。

世の中はことごとく地獄であるべきだっていう理念をいつの間にか自然にかつ無理やり共有させられてしまってるように思える。

2018-10-05

"ギスギスナアイ"

"ギスギスナアイ" に一致する情報は見つかりませんでした。

はてな匿名ダイアリーって随分すさんでるなー

初めて見るようになってからまだ一週間かそこらだけど、

むっちゃギスギスしてる。

そこまでして誰かを論破しなくちゃならない?

俺たちは一体何を守ろうとしてこんなになってるの?

この世って地獄なの?

2018-10-04

くしゃみのうるさい人

会社で後ろの席の上司くしゃみが大きい。

一時期、多忙で社内全体の空気がギスギスしていた頃に気になりだした。

後ろの席だとくしゃみに入るまでのモーションが見えないため突然背後から破裂音がしてとてもびっくりする。

それ以来自分の苦手な人の欄に「くしゃみのうるさい人」が追加された。

あの小学生の頃に女の子がやっていた全く口を開けない「ッチュン」みたいなくしゃみじゃなくていいから、

せめて必要以上の大声を伴うのをやめてほしかった。

くしゃみの音を気にして生きてみたら、

世の中の人は思ったより大きい音でくしゃみをする。

好きな人も嫌いな人も思ったより大きい音でくしゃみをする。

最近会社雰囲気も良く、コミュニケーションも良好なため他人くしゃみもそこまで気にならなくなってきた。

結局は自分の余裕のなさだったんだなと反省した。

これを書いてたら後ろで上司くしゃみをした。

やっぱりびっくりはするね。

2018-09-28

俺、スギゾーかもしれない

ルナシーやってたら、いつの間にかXJAPANのメンバーになってた・・・

 anond:20180928093529

2018-09-26

宝くじ当選確率

スギィ!

単位で当たれば楽して暮らせるのにぃ。

ぐぎぎ

2018-09-20

水道管の上流の方でさ

きゅっと栓を絞られちゃったらさ

もう家で何やってもダメなわけじゃん

せいぜい隣近所の元栓こっそり閉めにいくくらいしか出来ないわけ

社会のそこここで そーゆーことが行われていて構造的な問題じゃん

なのにいまだに 自助力が足りないとかなんとか言ってるじゃん

そうだな足りないなと思った連中はみんな隣近所の元栓閉めにいくよね

そりゃギスギスした社会になるよね

2018-09-14

35歳以上のエルダー地雷エンジニアあるある(職場クラッシャー編)

30歳までにプリセールス系の技術営業か、もしくは別業種の社内SE兼みたいな社員、もしくはPMとか管理職系に行けないけれど、現場技術経験だけは妙にあるという、中途半端オッサンがエルダーと呼ばれる存在になる

ベンダーより年上になるので使いづらくアサインさせづらいので「オッサンなのにぶりっ子」とかいう、他の業種なら気持ち悪くてそもそも採用試験に受からないような存在進化する

仕事取られるのいやだから、やたら仕事ブラックボックス化する、立場の弱い人間見つけて仕事教えないけど押し付けてわざとミスさせるように誘導させて自作自演ピンチを切り抜けた風を演出し、アピールを始める

仕事が回らなくなり始めてプロパー負担が増大して人間関係めっちゃスギスし始める、新しいエンジニアアサインさせても、すぐいじめて追い出すので定着がしなくなり、片肺飛行でさら負担が増大する

職場を何とか回してる同時期アサインエンジニア(※俺)が呆れて辞めて、ついに職場完全崩壊オッサンエンジニア戦犯指定の誹りを受ける前に即トンズラ

何で高齢エンジニアが嫌われるか理由がよくわかるだろうし、ITブラックって言われる所以はここ10年こういう面が一番デカいと思う

奴等はホワイト職場破壊する天才だし、エルダーでマトモだった奴は体感比率的に今まで10人に1人くらいしかいない

俺も稼げるからとこういう奴が集まってきそうな案件にいったのが悪かったんだけどな

まあ、なんだ。こういう他の業種なら、存在することさえ許されない変なおじさんと顔を突き合わせて仕事をしたい人は、IT業界に来ればいいんじゃないかね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん