「リアリズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リアリズムとは

2019-05-13

どうして民衆ヤクザにお願いしないんだってブコメ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/tikani-nemuru-m.hatenablog.com/entry/2019/05/13/003547

労働者与党をあてにできないリアリズム - tikani_nemuru_M’s blog

ヤクザだってハロウィンにはお菓子配ってくれるし、高い買い物をしたときには税金負けてくれるし

たまにみかじめ料を引き下げてくれることもあるんだよ。

民衆は、実権を握ったときヤクザを追い出してくれなかったし、お菓子はくれたけど、高い買い物を

しても税金負けてくれなかったじゃないか。そんな民衆よりもリアリズムでたま~に甘い汁を垂らしくれる

ヤクザを支持するのが当たり前じゃないか民衆ヤクザにお願いしろよ、もっと良い政治ができるように

ヤクザに代案を出せよ。何でも反対の民衆から支持されないんだよ。

ってすごい無理ゲーを強いられる現状じゃぁ、労組も力失うよね。

2019-05-04

絶望隔離としての平成

ただの一側面としてだが平成になって変わったのが鬱病などの精神疾患に関する認知度だろう。うつ病になったら会社を休むのが普通パニック障害などの精神疾患にも障がい者保険適用されるようになった。いいことである

精神疾患などのなにもかもたちゆかなくなる特殊状態とは別に平成になって(というかここ最近)感じるようになったのが絶望したまま人といることが許されないような感じをうける。

特に社会人におけるコミュニケーションではそうだがポジティブコミュニカティブで微笑を絶やさないで話すことを暗に強制しているような空気を感じるようになった。人間がゴロンとそのまま社会存在することは許容されなくなっている。そんなロールプレイ空気があるせいか無理してポジティブ人間であるアピールするかのように取り繕っているように見える人もいる。

常に笑顔聞き取りやすい声を発することがコミュニケーションをする条件のようになっていて普通に会話をすることがたまに難しいと感じる。普通に会話をすると「冷めた人間」のように見られるから自分道化を演じる。本当は別に何も面白くもないのに笑ってみたりする。

定型文を駆使して会話を途切れさせないようにして別に興味もない話に無駄に多く相槌をうつ。正直言ってそのすべてがめんどくさい。もっと普通に話したい。でも普通に話すとコミュニケーション能力が低い人間のように見られる。

精神疾患社会病理だととらえられることがある。個人社会乖離がその個人精神状態を疾患である結論づけるとするなら社会が通常の状態から乖離しているかもしれないという視点もあってしかるべきである

例えば人と食事するのが苦しいという会食恐怖症がいい例である普通他人がたくさんいる状況で食事をとることは人間動物として考えた場合には自然状態とは言えない。僕達が他人食事を共にするのは「慣習」である。その慣習がいきすぎたり気づいてしまった時には通常の状態でその場所にいることが難しくなる。

鬱病などの適応作法であるコミュニケーションにおいても同様のことがいえる。コミュニケーション舞台が過剰なポジティブであふれ返っていれば普通状態でその場にいることは「相対的」に絶望している状態である。その相対をいつのまにか内面化して自分が悪いと自覚して劣等感を生み高じれば鬱病となる。

抑うつリアリズム鬱病人間のほうが社会を正しく見ているという説)がどういう論理のうえにたっているか普通笑顔で会話している僕達のほうが考えるべきだろう。平成社会から絶望隔離した。鬱病という名のもとに。それは社会が過剰なポジティブ支配されている証左でもあるだろう。

これだけ鬱病適応障害の多い人が多いこの社会はありていにいえばなにかがおかしいのである

2019-04-25

自分の好きな映画GW中に彼女に見せようとしてるそこの君、女が『ダークナイト』にそっぽを向くわけを合理的説明する

端的に言えば、「リアルじゃない」から

 

こう言ってしまえば「女はリアルものばかり好んで~」

文句言う諸兄もおられるだろうが、実はこれは男も同じバイアスを持っている

 

それは昨今のポリコレによる配役やキャラ属性の転換

(例:女が男より強い、黒人LGBT要職に就くなど)に対する

男の評価を見れば明らかだ

男も「リアルじゃない」モノに対する明確な拒否感を持っている

というわけでそもそも男女ともに、リアリティからかけ離れた現代劇には

一定拒否反応が存在する

 

 

 

ではダークナイトのどこがリアルではないのだろう?

男目に見れば、ダークナイト一見リアリズムを突き詰めた映画のように思える

 

しかし、バットマンという存在を一旦忘れ、現実を見てもらいたい

どんなに鍛えた男でも、悪党銃弾一発で死ぬし、

あんなに周囲から攻撃に耐えられるほど注意力、瞬発力、筋力はない

ラップルガンもバットラングバットモービルも、街中でのフルトン回収システム現実的ではない

ジョーカーのようなテンプレに沿ったサイコパス実在しない、せいぜい中二病を拗らせたソシオパスである

 

かにダークなテイストで粗を隠してはいるが

結局のところ従来のマッチョポルノからは脱し切れていない

社会には概してこの「ハードボイルドマッチョな」物語テンプレコンテクスト存在する

理由もなく主人公が強い」「主役対多人数でも勝てる」「自己犠牲世界を救う」などが

不文律としてハリウッド映画の根幹に設定されている

しかし、女からは当然「リアルではない」と客観視されてしまうのだ

 

なので子供のように、ファンタジーバカげてる世界観でも納得できるご都合主義的な理解

そしてファンタジー世界ハードボイルドさの演出で粗隠ししているという

メタ認知ダークナイトに前置きされない限りは

この映画違和感なく万人に受けることは無いと自分は言い切れる

 

これは昨今のポリコレ配慮した映画拒否反応を起こす

男の映画ファンも同様である

 

どのような映画であれ、前持った理解というのは必要なのだ

2019-04-12

バイアスが常に悪いもので、もし抑うつリアリズムが正しいなら、

バイアスをなくして人間はみんな自殺でもしてろって話になるような。

2019-01-28

anond:20190128163323

作品を通してプリキュア視聴者の子供が出産の苦しみや祝福を感じとり、そのことで親に自分の話を聞いたりして親子の会話が膨らむ、そういうリアリズムもある。

親子の会話のきっかけって程度だったら別にリアリズムなんか全く要らないので…

出産扱った絵本いくらでもあるし。

感動狙いのものもあれば、妊娠出産過程を「リアル」に教育する為の本も、いくらでもあるし。

絵本読み聞かせたりもしないような家庭だったら、必要かもしれないけど

そんな家庭ならテレビに子守させてるだけで親は見てないんじゃない?

アニメリアル

anond:20190128071940

出産時のあの器具もあの処置も正確」という臨場感以外に大して意味の無いクソリアリズムもあれば、

作品を通してプリキュア視聴者の子供が出産の苦しみや祝福を感じとり、そのことで親に自分の話を聞いたりして親子の会話が膨らむ、そういうリアリズムもある。

作品がどちらをどういう目的で選び、視聴者がそこに「リアル」を見出したのか、普通人間は考えなくてもわかる。

こんなことも理解できない馬鹿結構いるのだから衝撃だ。

もしこれらが真面目に考えた結果なら、たとえ幼児向けアニメだろうと、内容が高度すぎるのでもう見ない方がいい。

そんな理解力では現実世界虚構リアル区別できなさすぎで、もはやアニメを見るだけで他人迷惑がかかるレベル

普通にオツムがヤバい

作品論】女が作品リアリズムを持ち込むのをポリコレガーで拒否する男ってさ

あれってポリコレ云々でさも

自分たち表現押し付けられる被害者のように見せかけてるけど

本当の理由別にあるんだよ

 

「従来、男にとってリアルだとされてきた作品

女の指摘で安っぽいファンタジーになるのを恐れてる」んだよな

 

例えばアカデミー賞受賞した映画でもそう

軍事政治的リアリズム

あるいはサスペンス犯人心理描写とか

どんなに重厚リアリズムを導入した作品でも

大抵は女関連の描写に粗がある

最近だとシンゴジの石原エセ外人なんてその典型だろう

 

それを指摘されることで、

自分たちリアルだと思ってきた世界がB級映画化するのを恐れてる』んだよな

 

男の脚本根本的に粗があるとすれば、

今まで映画祭や何かしらの賞において

リアル」とされてきた作品は、その価値を今一度新たに評価しなおさなければならなくなる

すると自分たち権威が貶められてしまうのだ

2019-01-20

anond:20190118213332

自覚のないゲイホモフォビア的態度はリアリズム

キャラブレとか言ってるお前は単に頭が悪いだけ

えみる親がネグレクト気味の毒親なのは自明なこととして描かれてるだろ

お前の目は節穴

2018-12-11

お前らのダブスタは甘い

 

 

お前らのダブスタは「もしかしたらダブスタかもしれないけど、紐解くとダブスタじゃありません」とつながる自覚がある。

本物はまずダブスタだとは疑わず自然を装う。

2018-11-16

BATTLE BATTLE BATTLE at 右翼左翼

自民に勝とうだなんてー、めっ!だよ♡」

「兄の国への礼儀を教えてあげよう」

ごめなさい ごめんなさい

なんてのは もうごめんだ

いきなりきた 正念場 誰もアベを止めんな

ここで雑魚はぶっ潰す

破り捨てた9条

俺のヘイトはお前の脳に

直で届くリアリズム

見た目だけのリベラリスト

潰す まるで関東軍

運が尽きた半島所詮一生属国

俺の名前保守 常にHOT まさに本物

この場 空気 勝敗まで 全てコントロール

はぁ? 笑わせんな

所詮テメェはネトウヨ

大人ぶって見たところで

ここじゃKPOP未満

金も勝利人権ないとこにゃ巡らねー

こちとら 文字通り命懸けで護憲主義

改憲 なんてもんは はなからマジやらせねー

本気で熱くなれるもの言葉用意してく

常に腹はくくる それがDead or live

韓国首輪ついたペットじゃない

何を偉そうに語っているペラペラ(Fu Fu)

聞こえがいいだけ 所詮中身ペラペラ(Fu Fu)

要は 両手挙げて武装放棄運任せ

僕は議員議席 一つづつを積み重ねる

(Fu Fu Fu Fu Fu)

時代錯誤 そんな思想 何が憲法9条

いくら書いても売れない本と

増えるだけのペンダコ

僕は未来見てる 全てイメージ次第

お前は過去を生きる 戦後左翼(Hahahaha)

(ん〜) なるほど (ふむふむ) 一理ある

(謾辞)確かに あなたリアル

できれば一緒にプロジェクト

なんて無理 「嘘ですよ」

憲法9条こそ 未来開く鍵

足元も見えなきゃ躓くばかり

いつでも軍事力が正解じゃない

戦いたがりのバカにはわからいか

The Battle Battle Battle (yeah)

The Battle Battle Battle (uh)

九段下 靖国からつなぐ

ファンデーション

The Battle Battle Battle (yeah)

The Battle Battle Battle (uh)

渋谷 共産党

デモをやって またかっ飛ばそう


The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

決着つける 今日の勝者を決める

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle


付き合いきれない 馬鹿げた定説

わたしは経てきた 貴重な経験

南京事件はは こどもだましの戯れごと

望むはこころがわりを

黙っていればいい気になる

バカなら一気に 黙らせるその口チャック

さらに縫い合わせてく

閉じるその癇に障る 綺麗事シャットダウン

君の未来不安定 気づけば与党過半数

えーやだー 過半数って どうせならば

中共みたいにかっこよくて

強い奴じゃないと不満です

いくらお口チャックしても

すぐに開くビリビリ

癇に障るならば なおさら まずはしばき隊

BTS どちらも響かせるよ どうかな?

何度だって懲りず 復活できる 今日から

「人の過去のことを何度も持ち出すんじゃねー」

約束じゃなきゃ容赦しないよってシナリオ


これでどうだ いい加減 俺らこそが進化

何が靖国 ここで終わり ペイアテンション

この国では絶滅するサダメこそがネトウヨ

小生たちは中韓を 守ることにドーパミン

楽しくなっちゃ

ほらしちゃいなってギブギ

そしたら 僕ら有田さんのとこに

すぐに行く行く

俺ら左翼 見せる絆

ナイスコンビネーション

平和守ることがモチベーション


あーうるさいうるさい

黙れ 御託ばっか並べて

絶滅のサダメって ここが変える分かれ目

どんな辛い過去もヒックリ 返すだけだろ

それができる仲間たちと組んだ

この歴史戦

プロパガンダばかり

耳にに入り込んだやつらには

からないだろうが そんなものは全て偽り

国のために 出す力で

教えるものハウメニー

それを歌い 握る拡声器

(靖国!)


The Battle Battle Battle (yeah)

The Battle Battle Battle (uh)

九段下 靖国からつなぐ

ファンデーション

The Battle Battle Battle (yeah)

The Battle Battle Battle (uh)

渋谷 共産党

デモをやって またかっ飛ばそう

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

決着つける 今日の勝者を決める

The Battle Battle Battle

The Battle Battle Battle

2018-11-06

anond:20181106074956

うーむ、まぁそうなるか。

リアリズムな解としては理解している。

何というか同意なんだけど、なんか割り切れなさが残る(そこで共産主義だ!とかは言わないよ)。

 

愛すべき人たちとの生活のために、愛していない人から搾取をするゲームみたいな気がしているのだが、そのゲーム参加時の搾取メンタリティ競争疲弊が愛すべき人たちとの生活にも影響し、質をとても落とすのではないか?というのがスーパー虚無ポイントだ。

 

ナイーブが過ぎるのは自覚してるんだけど、競争時は無慈悲搾取し、家に帰ったら愛しまくる、とか可能なのだろうか?

 

何というか、精神分裂気味な気がするのだ。それか、愛という仮面かぶった快楽主義に見えてしまう。

ここら辺を超えた解を模索しているんだけど、今の所いいものが見つからず虚無ってる。

2018-10-11

映画リアリズム描写

ジャンルによるだろ

ヒートみたいにとことん拘って作ったフェチ的な映画は兎も角、B級大味バカ映画で半端にリアリズム描写を入れられても仕方ないだろう

ある程度の説得力があればリアルじゃなくてもいい

そういうのが気になるなら実銃の映像でも見ていればいいのだ

2018-09-29

新潮45を実際に読んだ人ってどれだけいるの?

ここまでヘイト扱いされてる小川杉田両氏の件について疑問を述べるとすぐ右認定されるけどみんなあれちゃんと読んだ上で批判してるの?

あの記事は「言葉遣いがひどい」以上のものではなかったぞ。

言葉遣いがかなり稚拙だったってだけで差別肯定もしていないしLGBT排除しろなんて書いてないぞ。小川氏が誤読っつってたけど主張を誤読されたのに憤ってるのはけっこう同情するものがある。あれは「差別的」であって「差別」ではないか差別主義者認定されたらそりゃ人間なら怒るのが当然だよ。

痴漢が云々はあれは書き手代替表現における「ミス」であって論旨は政治的社会的私的領域を分けて議論しようといった内容だったぞ。あれはLGBTのことを語っているようで実際的には語っていない文章だった。ようするに議論が深まったろう系の文章だったわけだ。

まぁ杉田氏のあれは制度設計を考える政治家としては最低で公共理念に反する内容だったわけだがあれも彼女なりの間違った「リアリズム」なんだろう。けっこう典型的な低次の現実感というか区別的というかまあなんにしろ褒められたものではないが。

そんなことよりこれらの記事の反応がもう絶対おまえらあれ読んでないだろって内容ばかりでなんつうかそういう文章を読まないでイデオロギー的に反射で批判する空気のほうが大問題のように見えてしまったよ。新潮45はい試金石だった。文章を読まない人が批判するその直列乾電池みたいな逡巡のない反応はやばいと思うよ。こういう立場の人にはこうこうこういう反応をするみたいなプログラム的に何かをいうそ世界のほうこそを警戒するよ。

だってあれ1万部も出てないんでしょ。ニュースになってから買おうとしても買えなかったし。メインの購読者は老齢の保守層ネット民であれをニュースから知っていたとなるとかなり少ないはず。自分ネットの反応が気持ち悪いと思って図書館で読んでみたけどそこまでしてる人もなかなかいないでしょ。

まず読んでから批判しようぜ。まぁ言葉遣いがひどいけどあの方々は文章を読むかぎり「差別主義者」ではないぞ。すくなくとも。

2018-09-15

おいクソオタクども 外人男女別車両、あらゆる住み分け必要悪容認する癖に

なんでエロ本ラノベゾーニング問題に関しては集団ヒステリー起こすんだよ

 

おまえらの大好きな住み分け思想に乗っ取るなら

公の場でエロ本晒して「俺たちも多様性として認めろ!」とか発狂するの

てめぇらの嫌ってるサラダボウル状態じゃねえか

 

リアリズム()的に考えろよ

おまえらが譲歩しないと筋が通らねえぞ

2018-09-06

ポリコレにはウンザリとか言ってるけどよ

現実に考えて、SNSネットが普及した以上

もはやマイノリティが団結するのを阻止するのは不可能だし

対話路線しか残されてないじゃん

つい最近に、あれほどまでに強固な言論弾圧社会中東

SNS契機にあれよあれよと革命(当然その後の混乱も)が起こったことを忘れたのか?

マイノリティどころか、全世界人口の半分を占める女さえ

現状のマジョリティ男性優位社会に対して疑問を抱き始めてる状況だぞ?

 

君らの大好きなリアリズムに則して考えよう

どうやってその半分(+αのマイノリティ)を封じ込めるのか

税金をふんだんに使って、中国真っ青の金盾でも作るのか?

国家神道のような宗教的抑圧ももはや無意味

案をお聞かせ願おう

2018-09-04

anond:20180904135248

仲間と協力しさえすればなんとかなる的な美しい流れをぶち壊してしまうって感じでリアリズムっぽいけど

それを求めるような世界なのかなあとは。。

2018-08-30

ハラスメントだのLGBTだのいう権力闘争

 ハラスメントだのLGBTだのファミだの逆差別だの、全部権力闘争なのにな、と思って。

 結局のところ、権力闘争だ。

 より権力を持つ者、上司とか、性的ノーマルとか、男とか、女性専用車両に乗ってる女とかがいる。それが気に入らないから、権力弱者に「ハラスメント」みたいな概念武装を持たせてパワーバランスを取る。パワーバランスの変化に気づかない鈍感な元権力者は、立場勘違いしてハラスメント行為を行い、概念武装で殴られて死んでいく。

 ポリコレ棒、とかい言葉発明したヤツは、マジで見る目とセンスがある。ポリコレなんて、弱者強者を殴るために発明された概念武装のものだ。他人を殴らないポリコレなんて、切れない剣より意味がない。

 この権力闘争推し進めると、平等で誰もが幸福社会が来るのか? いいや、そうは思わない。俺たちに身につくのは、平等主義ではなく、銃弾飛び交う権力戦場でどうにか生き残る術だろう。

 セクハラをしないのは、女性尊重するからではなく、戦場で死なないためである。彼はセクハラをしないとしても、我が身を犠牲にして女性を——権力闘争の敵を——救うこともまたあるまい。友が不用意にも銃弾に倒れれば、あるいは無能な味方のミス自身不利益が起これば、ハラスメントコードなんか吹き飛ぶ。隠蔽ぐらいするさ。我が身が大事だ。友を見捨てて被害を最小限にするような、戦場リアリズムが身についてるヤツばかりじゃない。早稲田大で起こったのはそれだ。死に値する無能だったが、人間らしい行動だった。

 かような権力闘争の渦中にあって、我が子に平等主義を教え込むような者どもは愚かである世界平等ではない。平等を求める社会運動の行き着く先ですら平等ではない。我が子には、権力闘争の渦中で生き残る力こそを与えよ。自分不利益にNOを言える精神を、暴力を振るわれたら殴り返せる筋肉を、他者の信頼を得るためのリスペクト言葉を、なによりそれらを自分のために使うための勝負勘を。

 ネオリベとか自己責任論とかい思想は、社会全体の衰退をもたらすという意味では間違っているが、個人が持つべ現状認識としては完全に正しい。ポリコレ棒で概念武装した者共は、権力闘争自由化を今後ますます推し進めるだろう。大岡越前絶対権力闘争調停してくれる世界は、もう来ない。

 それにつけても、クッソくだらない。

 ポリコレ棒を持った者共には、権力闘争をしている自覚すらない。平等と呼ばれるパワーバランスの実現と引き換えに、社会全てを戦場にした自覚がない。

 その自覚の無さは、いつかより強い権力が現れた時に、致命的な被害を生むだろう。……ああいや、もう産んだか。安倍なりトランプなりが、より強い権力だ。

 

 

ハラスメントだのLGBTだのいう権力闘争

 ハラスメントだのLGBTだのファミだの逆差別だの、全部権力闘争なのにな、と思って。

 結局のところ、権力闘争だ。

 より権力を持つ者、上司とか、性的ノーマルとか、男とか、女性専用車両に乗ってる女とかがいる。それが気に入らないから、権力弱者に「ハラスメント」みたいな概念武装を持たせてパワーバランスを取る。パワーバランスの変化に気づかない鈍感な元権力者は、立場勘違いしてハラスメント行為を行い、概念武装で殴られて死んでいく。

 ポリコレ棒、とかい言葉発明したヤツは、マジで見る目とセンスがある。ポリコレなんて、弱者強者を殴るために発明された概念武装のものだ。他人を殴らないポリコレなんて、切れない剣より意味がない。

 この権力闘争推し進めると、平等で誰もが幸福社会が来るのか? いいや、そうは思わない。俺たちに身につくのは、平等主義ではなく、銃弾飛び交う権力戦場でどうにか生き残る術だろう。

 セクハラをしないのは、女性尊重するからではなく、戦場で死なないためである。彼はセクハラをしないとしても、我が身を犠牲にして女性を——権力闘争の敵を——救うこともまたあるまい。友が不用意にも銃弾に倒れれば、あるいは無能な味方のミス自身不利益が起これば、ハラスメントコードなんか吹き飛ぶ。隠蔽ぐらいするさ。我が身が大事だ。友を見捨てて被害を最小限にするような、戦場リアリズムが身についてるヤツばかりじゃない。早稲田大で起こったのはそれだ。死に値する無能だったが、人間らしい行動だった。

 かような権力闘争の渦中にあって、我が子に平等主義を教え込むような者どもは愚かである世界平等ではない。平等を求める社会運動の行き着く先ですら平等ではない。我が子には、権力闘争の渦中で生き残る力こそを与えよ。自分不利益にNOを言える精神を、暴力を振るわれたら殴り返せる筋肉を、他者の信頼を得るためのリスペクト言葉を、なによりそれらを自分のために使うための勝負勘を。

 ネオリベとか自己責任論とかい思想は、社会全体の衰退をもたらすという意味では間違っているが、個人が持つべ現状認識としては完全に正しい。ポリコレ棒で概念武装した者共は、権力闘争自由化を今後ますます推し進めるだろう。大岡越前絶対権力闘争調停してくれる世界は、もう来ない。

 それにつけても、クッソくだらない。

 ポリコレ棒を持った者共には、権力闘争をしている自覚すらない。平等と呼ばれるパワーバランスの実現と引き換えに、社会全てを戦場にした自覚がない。

 その自覚の無さは、いつかより強い権力が現れた時に、致命的な被害を生むだろう。……ああいや、もう産んだか。安倍なりトランプなりが、より強い権力だ。

 

 

2018-08-17

[] ハイスクール・フリート感想

 盆暮正月アニメ一気見。これがあるから仕事を続けられる。

 今回はハイスクール・フリートはいふり)を視聴した。視聴後の満足感は高く、その理由登場人物がみんなかわいいし、手に汗握るアクションにドキドキしたしまあ最高なんだよ。



 このアニメでは海保海自養成機関異世界にぶっ飛ばしたような高校美少女たちが艦艇にのって航海実習するお話。艦砲や魚雷爆雷バンバン打ちまくって、潜水艦や大型艦艇を沈めたり、タービンのお守りしながら最大戦速で相手攻撃回避しながら大海原を駆け巡ったりで、そーいうのが好きな人にはテンションMAXになるわけです。ソマリア海賊ビックリ戦艦への潜入作戦を敢行したり、まあ細かいことは気にしちゃイケないんだよ。

 このアニメの特徴は「徹底したリアリズム排除」だ。ツッコミどころは多いが、突っ込んだら負けなのだ少女たちが水鉄砲感覚で艦砲や魚雷をバシバシ撃って沈めていく快感美少女の可愛さが合わさって、細けえこあいいんだよ! と叫びながら拍手を送りたい傑作だ。

 一点だけ、リアル描写がある。機関長はたいていちょっと変なヤツ。

 まあ、晴風実習生たちが砲撃を食らって四肢が爆砕したり、

水密区画を閉鎖するために仲間を内部に残したまま泣く泣く扉をロックするとか、

艦長に不満を持つ副長が船内でクーデターを起こすとか、

みゆ艦艇で総員退去を命じた艦長が自室にもどり船と運命を共にするとか、

そういうアニメも見たい気もするが、女の子がかわいくてバンバン撃ち合いしてれば、それは満足というものでしょう?

 あ、ちなみに、自分が一番かわいいと思ったのは艦橋にいる褐色の娘ね。

このアニメ2016年アニメだったんだ。2016年僕だけがいない街終末のイゼッタくまみこなどほんとに面白いアニメの多い年だったんだなあ。

2018-08-03

保育士資格で男は一律減点とかなら

ここでリアリズム()に乗っ取った医大擁護してる奴らも

掌返して「性差別だ!」って言いだすんだろうな

 

アホくさ

2018-07-03

今を生きる人達リアリズム感の異常

結論から言うと、夢も希望どころか要望ですら出すとダメ出しを食らうほど心が無い。

こうなったらいいなー、こういうのあればいいなー、ここがこうならなぁ…というこの程度の考えですら、

徹底的に潰してくるリアリズムの塊ばかりだという現状。

上記のような考えを浮かべただけで、一言目には必ず否定言葉「無理」と言ってくる。

夢や希望を持つ事、それを言葉にすることすら許されないというのは、もはや異常を通り越して病気だ。

それほどまでに現実絶望して悲観するようなことがあったのか知らないが、他人希望などは否定する必要性がないわけなのに

この手の人たちは、とにかく否定、必ず否定絶対否定をしなければ済まない。

「そんな生き方、疲れない?」

リアリズムの塊に言いたい言葉だ。

こういったリアリズムしかモノを考えられない、否定しかできない人が子どもたちの考えまで潰してしまう。

まらない生き物が混じっているものだと思わざるを得ない。

自分自身リアリズム構成するのは構わないが、他人にまでそのリアリズム押し付けたり、それで否定するのは良くない。

すでに他人に対しての気遣いすら忘れてしまっているのかもしれないが。

リアリズムだけでは、生きているよりも生かされているだけのロボットと同じだろう。

2018-05-28

大河でやたら女を活躍さすな!リアリズムない」って怒るおっさんはさ

男色とかのホモ要素はなぜか何も言わないよな?

 

織田信長蘭丸と交わってたり

新選組乱交パーティーしてる描写がないと

リアル大河ドラマ」とは言えないよな?

 

なんでそこだんまりなん?

2018-05-20

若者が腐敗に鈍感なのって

要は政治家が起こす小さな腐敗よりも

日本全体、国民大義のために働いてくれればそれでいい、

ってマインドから支持してんだよな

 

大義っつうのは要は 金と外交問題とかさ・・・

 

で、その大義よりも自分らの利益を優先させるようになった

(っつうかほとんどはこっちになるけど)

政治家求心力が無くなるのは当然のことだろうね

 

でもこういう賢しらぶってるお子様を騙すには簡単方法がある

それは目に見える給料、金の問題よりも

外交を大げさに表現、さも目の前にレッドナスが迫ってると錯覚させることだ

 

彼らは国内問題はすべて見知ってる(と思い上がってる)が

英語がまったく読めないしコミュニケーション力もない日本人にとって

外交は未知の領域であり  

エヴァンゲリオンでいう使徒のように 強大で恐ろしい存在なのだ

 

これを強調されてしまえば、どんなに汚職蔓延してようと

それを覆い隠せるくらいに国民の恐怖を高められる(日本人は怖がり みたいな話もあったなそういや)

 

この「より大きな大義を優先させる」ゆとりリアリズム論 

なんとも為政者にとって都合のいい 

セキュリティホールのある発想法なのだろうか

 

もう一度 理系のように理性でもって統治しなければ

延々とこの恐怖は増長していくだろう

2018-05-04

歌詞に出てくるサボテンの種類を特定していく(追記3あり)

■『サボテンポルノグラフィティ

手がかりは「やわらかいトゲ」「今ごろ…痛い」であり、ウチワサボテン一種推定される。「金烏帽子」「白桃扇」などだろうか。ウチワサボテンには柔らかく短いトゲがたくさん付いているものがあり、触れるとそれが刺さりっぱなしになってしまい、ふとした時に痛みを感じる。

私はそれを知らずに素手で植え替えをしてしまい、夜中チクチクと痛みに悩まされることとなった。ホームセンターなどで広く販売されているので、触れる際には気をつけるべきだ。不意に軽く触ってしまっただけでもトゲが刺さっている場合がある。

 

■『サボテンの花』チューリップ

手がかりは「君がそだてたサボテンは小さな花をつくった 春はもうすぐそこまで」「この長い冬が終わるまでに」と冬に花を咲かせる品種であるのが明示されていること。と言うわけで、シャコバサボテン(ジャコバサボテン。間違えていた。コメントより。ありがとう。以降は修正済み)であるサボテンと名は付いているけれどトゲはなきに等しく、多肉植物観葉植物と言ったほうがピンとくるかもしれない。広く販売されている。冬に花を咲かせるサボテンはこれ以外に知らない。

冬に花を咲かせる多肉植物としてはリトープスコノフィツムなどのメセン類があるが、これをサボテンと誤認していたとは考え難いので、やはりシャコバサボテンが正解だろう。

(追記)冬に咲くサボテンとして「マミラリア類」があるとブコメで指摘頂いた。ありがとう。確かにこちらの方がイメージに近い。

 

■『サボテンSHISHAMO

手がかりが「サボテンに花が咲いたとか 小さな幸せ 数えるんだ」という部分しかなく、判別不能。「小さな幸せであることから、花が咲きにくい品種でないことはわかる。花が咲きにくい品種だったら大きな幸せからだ。

 

■『覇王樹湘南乃風

「灼熱の太陽と 風が乾ききった砂漠の ど真ん中で叫ぶサボテン トゲを持ち夢の花を守れ」という部分から推察するに、砂漠にそびえ立つ大型の柱サボテンであると推測される。

手元ある『サボテン多肉植物ポケット事典』(NHK出版)によれば、該当しそうな品種としては「武倫柱」「大鳳竜」「亀甲柱」「ネオブクスバウミア・マクロケファラ」などがある。ちなみにタイトルの「覇王樹」は品種名ではなく、サボテン自体の別名。

 

■『サボテンBAKU

「僕はサボテン 見かけよりはすごくやさしいよ」という部分しか手がかりがなく、特定困難。「見かけよりは」と言っているということは、「金鯱」のようなトゲの激しい品種である推定される。

 

■『歩くサボテン奥田民生

「トゲトゲが伸びてつらくなってきて」とあることから、トゲの長い品種であろう。そして「歩く」とタイトルにあって擬人化されているということは、縦に長い柱サボテンであることが推測される。前掲書によればそれに該当しそうなのは「近衛」「錦鶏竜」「金城丸」あたりだろうか。

 

■『サボテンリボンももいろクローバーZ

歌詞に「トゲ」とあるので、トゲのないサボテンではない(つまり「兜」「ランポー」「老楽」などではない)ことはわかるけど、それ以上は手がかりが少なくてわからない。

 

■『レッツゴー!サボテン』サボ

歌詞に「砂漠」「トゲ」とあるので、砂漠に自生するサボテンであり(つまり「シャコバサボテン」ではない)、トゲのないサボテンではない(上のももクロの曲参照)というところまでしかからない。

(追記)サボさんを見た。全体的な形状とトゲの長さ・少なさから判断するに、これは「墨こけし」で間違いない(https://greensnap.jp/post/311512)。特定した。

(追々記)墨こけしは3年くらい育てているけど花は見たことないなぁ。

 

■『サボテン伊藤かな恵

歌詞中の「あなた」が何らかのサボテンプレゼントしてくれた以上のことはわからない。(追記)たまに園芸店でハート型のサボテンが売られているが、それかもしれない。

 

■『サボテンきもち初音ミク歌詞:残鏡P)

「さむいのはにがてなんです」と歌い出しにあるが、サボテンは意外と寒さに強い。私は北関東に住んでいるが、育てているサボテンは冬でも外に出しっぱなしにしてある。但し、寒さに弱い品種があるのも確かである。幾つかは冬に枯らしてしまった。従って、ここで歌われているサボテンは寒さに弱いタイプの種類であると推測される。おそらくたくさんあるので特定は困難を極める。

 

■『サボテン』VIXX

「棘の先に華やかに咲く花」と歌詞にあることからサボテンではなく多肉植物ユーフォルビアの一種であると推測される。具体的には「紅彩閣」あたりだろうか。

トゲのようなものを持つ多肉植物が幾つか存在するが、サボテンとの見分け方は「トゲの根元に綿みたいなものが付いているのがサボテン」と言われている。ユーフォルビアの「紅彩閣」にはトゲみたいなものはあるものの、綿みたいなものはないか多肉植物である

で、その「トゲみたいなもの」は実はトゲではなくて「花座」と呼ばれるもので、季節になるとその先端に黄色い花を咲かせる。一方、サボテンのトゲは葉っぱが変化してできたものであり、棘の先に花を咲かせることは私の知る限りない。サボテン本体から蕾が出てきて花が咲く。

 

―追記―

■『youthful daysMr.Children

サボテンが赤い花を付けた」ことから赤い花を咲かせる品種であることはわかるものの、赤い花を咲かせるサボテン結構たくさんあるので特定は困難を極める。今日、育てている「ランポー」が鮮やかな黄色い花を咲かせたので、ランポーではない。

 

■『サボテンバントライン筋肉少女帯

歌詞中の手がかりが少なくて判別できない。「緑」というキーワードがあるので「(白い)ランポー」「老楽」「月世界」あたりではないと思う。

(追記)PV見た。ぷっくりとした美しい形だった。知る限りあの形に一番近いのはユーフォルビアの「大正キリン」かと思うが、断定はできない。

 

■『孤独のRunaway』B'z

サボテンが街を笑い」とあるので街を笑うことのできるサボテンであることは確かだが、街を笑うことのできるサボテン寡聞なので誠に遺憾だが判別できない。

 

台詞サボテンが花をつけている」機動戦士Zガンダム

まりにも唐突台詞であり、リアリズムと言うよりはメタファーであると思われ、品種特定するための手がかりが少なすぎるので特定には困難を極める。(追記)画像を見るにこれ(https://www.iris-gardening.com/leaf/33_01.asp)に似ている。ただ、名前がわからない。わかったら書く。わかる人いたら教えてください。

 

―追記2―

■『サボテンがにくい』山田邦子

「変な形してるのに 可愛い花咲く」が手がかりとなると思われるが、サボテンは厳しい環境を生き抜くために殆どが変な形にデザインされているし、変な形から比べると殆ど可愛い花を咲かせるので一般的情報を越えない。

また「力一杯 握ってごらんよ」の部分からトゲがそんなに鋭利ではない種類であると推測される。鋭利ものだったら「力一杯」握ったらスプラッターと化すからである。これ以上のことはわからないものの、敢えてあげれば「金烏帽子」などのウチワサボテンあたりが妥当かと思われる。

 

■『仙人掌哀歌(サボテンエレジー)』二階堂衝(CV:織田優成

ヒントが少なくて品種特定は困難である。「仙人掌」とはサボテン異名

ちなみに、歌詞中に「仙人掌はただ見つめてた 君の勇姿とあふれる夢を」とあるが『植物はそこまで知っている』(ダニエル・チャモヴィッツ河出文庫)によれば「植物は、あなたが近づいてくるのを知っている。あなたそばに立って、見下ろしているのを知っている。青いシャツを着ているか、赤いシャツを着ているかも知っている」とある。つまり単なる擬人化ではなく「仙人掌」は少なくとも「君の勇姿」はきちんと見ていた(モニタリングしていた)と考えられる。

 

■『EVESerani Poji

「ここにサボテンを植えよう 花が千年に一度咲く」とあるけれど、千年に一度花を咲かせるサボテン寡聞であるサボテンではないが、たまにニュースで見かける「スマトラオオコンニャク」は「7年に一度2日間」しか花を咲かせないらしい。

また、これもサボテンではないが、砂漠で千年以上も生き続ける植物としては「奇想天外」がある。2つの葉っぱが延々と伸び続けるだけという奇特植物で、成長は遅く、「種子が発芽してから種子をつけるまでに、25年ほどもかかる」との情報がある。これをサボテンと誤認した可能性がなくはない。

 

■『サンタマリア米津玄師

歌詞に「紺碧仙人掌」と出てくる。「サンタマリア」とはポルトガル語で「聖母マリア」のこと。「紺碧」とは「やや黒みがかった青」とのこと。

「やや黒みがかった青」っぽい色のサボテンには例えば「豹頭」などがある。また、サボテンではないが多肉植物として黒っぽいものには「黒法師」がある。いずれにしても特定は難しそうだ。

 

―追記3―

■『サボテン蜃気楼初音ミク(若干P)

「棘」「砂漠」というキーワードがあることから、上に挙げたようにトゲのない品種ではなく、「シャコバサボテン(湿度が高めの森林地帯に自生する)」でもないことはわかる。自己防衛メタファーとして「棘」と表現されているらしいので「金鯱」のような棘の鋭いものイメージして書かれていると想像される。「金鯱」は丸く成長するので(つまりサボテンではない)、歌詞中に描かれる主人公が落胆してうずくまっているような様子とも合致するし、かなり大きく成長するので擬人化も容易そうだ。

 

■『RescueThe Pillows

「荒んだサボテン世界を敵に回すほど トゲを伸ばしたんだ 喉が渇いてSOS」なので、砂漠に生えてトゲの長い種類であることはわかる。柱サボテンであれば『歩くサボテン』(奥田民生)のところで挙げた「近衛」「錦鶏竜」「金城丸」あたり、丸いサボテンなら「金鯱」あたりがイメージに近そう。「金鯱」の汎用性の高さ。

 

■『沙模典ボリボリのタンゴあがた森魚

歌詞が見当たらないので全く見当がつかないが、汎用性の高さからすると「金鯱」あたりが妥当かと思われる。

 

■『サボテンレコードフジファブリック

クライマックスで「サボテン持って」といきなりサボテンが登場する。サボテンを持ってどこかに出かけるつもりのようだから携帯に容易な品種であることは確実で、間違っても直径30cmの「金鯱」でないことはわかる。

 

■『赤い河の谷間』小林幹治(作詞

サボテンの花さいてる 砂と岩の西部」とあり、曲はアメリカフォークソングであるようなので、アリゾナ州あたりに自生する何らかのサボテンであると思う。

anond:20180502205027

どっちも予告編だけだけど見てみた。

演技が自然かは首肯出来なかったけど、面白そうな映画だと感じた。

是枝裕和は、まあ、たしかリアリズムに対して一定の考えを持ってる監督だと思う。

アリスのままで、は、明日の記憶アメリカ版だろうか。

ところでエリンギは硬くてそこまで食味は良くないと思うのだけど、持ち上げられてる理由が分からない。

また、ナメクジ寄生虫が多く、生食するのは非常に危険である。最悪の場合神経系を害し、日常生活が困難となり、死に至る危険性がある。

前衛寄りでもいいから、もう少し我々の普段日常に近い会話が撮影されてる映画はないものだろうか。乞い願いたい。

なお、対象邦画でお願いしたい。

お返事をありがとう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん