「試行」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 試行とは

2022-05-26

anond:20220526132940

医者ガチャデカければデカいほど当たり確率上がるのだろうか。町医者試行回数をもっと増やせば当たりを引けたのだろうか。

2022-05-20

anond:20220520164431

女は、男が暴行事件を起こしている様子を見て、素敵と思って惚れるわけではない。

犯罪加害者欲望に忠実で、女を見てやりたいと思ったら強引に口説いて、意志薄弱女性は落ちる、それだけ。

もちろん振られることも多いけど、犯罪加害者は振られても傷つかないので試行回数が多い。

100回口説いて99回振られても1人くらい意志薄弱者に当たるからやれる。

そういう形で、犯罪者にはほぼ女がいる。

市橋ガールズみたいなのは、男が暴行事件を起こしている様子を見て惚れたのではなく、「有名人フェチ」と「イケメン好き」。

有名人フェチ」の女はそれなりにいるので、不細工お笑い芸人などもフェチの女にモテていたりする。

2022-05-08

anond:20220507213049

何に価値を見出すかはコントロールできることでは無いぞ。

対等な実力と立場相手がいる環境に導いてやれば、棋士にでもなるかもしれない。

何になるかは分からないが、やればやるほど勝てる確率が増えるものを始めては。その調子だと対戦するものは同じくらいの歳の子はつきあえないだろうから、点数で順番をつけるものとか、時間を競うものとか。

勝つと嬉しいのはできるようになって嬉しいのと近いので、できたりできなかったりするけれど試行回数が多くがっかりしている暇が無く、上達すればできる回数が増えるものとか。とりあえず剣玉をやると集中力が増すらしいぞ。まだ危ないかな。パズルとかどうだろ。

2022-05-07

anond:20220503175511

ヒューマンエラーに近いのでそもそも0%にするのが無理なんよ。0.1%ぐらいの低い確率でやらかすとしてもガンガン配信やってりゃ試行回数増えるのでそりゃ当たるよと。

なもんで対策諦めてSNS禁止にしてるんやね、一部の学校会社は。

2022-04-12

anond:20220412204338

パスワード試行Web上のインターフェースからしか来ないと考えてるならまあそうだけど

破ろうとする人間素人じゃなくハッカーなんだから表面的な制限を乗り越えてくる手段はいろいろあるだろ

webパスワードなんてもっとキトーでいいんだよ

パスワードで何文字以上、小文字大文字数字記号全部使って、定期的に変えてとか要求多すぎ

パソコンの性能が上がったから総当り全部終わるのに◯日しかからないんだよーなんて言ってもそれzipみたいな手元にあるのが前提

ネット経由なら1回の試行で1秒前後はかかるんだから総当りでかかる時間は生きてる間に終わらない

まず先にサービスが終わってる

そもそもある程度しっかりしてるところなら同じIDへの試行で何連続か間違えたらロックされる

総当りは成り立たない

考えを変えてパスワードを固定でIDを変える方法もあるけど、それってpasswordみたいな簡単パスワードを設定してる人が困るだけ

予想できない文字列になってたら数字6桁程度でも十分すぎる

実際10年以上前に作ったサブアカ適当キーボードを打って作った想定し辛い文字列だけど小文字のみで6文字とかその程度だったけど未だに不正ログインとかない

パスワード設定時に要求するなら文字数や文字種別とかじゃなくて攻撃に使いそうな辞書に乗ってないことだけのチェックでいいんだよ

2022-04-03

anond:20220403171546

試行がないだけ」って言うのはわかるけど(だけは言いすぎだが)

それも「女性迷惑にならないかしら」って思考ブレーキをかけるから

ブレーキがぶっ壊れた人間のほうが試行回数が増えるのは当然

anond:20220403031136

×優しくていい奴はモテない

 

○優しくていい奴でも積極性に欠けるやつはモテない。

 

 

女をちゃん口説いたりできる優しくて良いやつは結婚していいパパになってるぞ。

自称優しくて良いやつ、えてしてひたすら大人しいやつなのが、認知の歪みの原因。

利己遺伝子出す必要がない。ただただ試行がないだけ。

2022-04-02

anond:20220401212247

時代によって需給のキャパティが変わるもの閾値を見極めるのも才能のひとつでしょ

自分供給を正確に観られてない、需要が掴めてない、試行回数を経て確率的に本人の器に当然あるべき場所へと収まっていく、そして今がある

2022-03-21

uuid生成とかハッシュ値比較とか重複しない前提でやってるものごとが釈然としない

0じゃない確率は0じゃないし世界中の端末で試行を重ねたら一個くらい踏み抜いてもおかしくない

2022-03-16

タダラフィル5ミリグラム服用

202203162155

今までのカマグラからの乗り換えを試行

どうなるのか。

2022-03-14

はてなーのためのネットミーム解説:「異常独身」編

異常独身男性生活スタイル独身最適化されすぎてもはや他人との生活適応できない説大変支持できる→『女も同じ…』『ミソジドクシンオー』

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1858164

今の日本インターネットミーム(ここでは「流行言葉」くらいの意味)は主にTwitterで生まれることが多いが、はてなーTwitterをやっていないか、やっていたとしてもミームを生む/使う界隈から外れている人が多いというのは容易に想像がつく。

いきなりTogetterタイトルに突然「異常独身」なるワードが現れて困惑するのも無理はない。

「異常独身」はTwitter比較的小規模な範囲流通するインターネットミームだ(異常独身男性、異常独身女性、異常独身中年などのバリエーションもある)。

決して「独身が異常」という意味ではない。男女も関係ない(体感としては男性使用者の方が多いが)。「じゃあ正常は何?」とか「異常の定義は?」とかいうのはそもそも的外れ

「異常独身」は「異常独身」として単体運用されるミームだ。

「異常独身」とは

独身一人暮らしの期間が長すぎて

・独り身の生活習慣/生活リズムに慣れすぎてしまった

孤独を感じる時もあるが、その孤独が心地よく感じられる時もある

・常に他人パートナー)と同じ空間で過ごすのがつらくなる時がある

・今更他人との生活想像できない/できる気がしない/難しいなどと感じる

結婚願望がないわけではないが、この自分自身最適化された独身生活に若干の満足感を覚えている節もある

(などなど、それぞれに個人差あり)

そして「『結婚して子をなして初めて一人前』という社会通念」「周囲の同世代が次々と結婚出産経験する」「結婚出産の適齢期」など有形無形の圧力や焦燥から、そんな自分を「異常」だと自嘲する。

「異常独身」とはそういう「単なる自虐ネタ」の一種だ。私の知る限り他者を指差して使うような言葉ではない。

ニュアンスとしてはかつての「独身貴族」をネガティブに反転させた感じだろうか。

もう少し具体的に例えるなら…

「たとえパートナーと一緒でも自分プライベート時間空間がないと完全にリラックスできない」とか、

「受け入れてくれるパートナーが見つかりそうもない趣味を持っている」とか、

もっとライト意味合いだと「めちゃくちゃ凝った料理を一人で作って一人で食べる」とか、

「ふらっと一人旅に出るのが趣味」みたいなのも含まれたりする。その辺は自嘲する人サイドのさじ加減。

Twitterっぽく書くと

『異常独身なのでまた車売って車買った(画像付きツイート)』

『異常独身会社員ワイ(34)、金曜退勤後そのまま旅行へ出発』

みたいな感じ

何が言いたいかっつーと、別にこの言葉自体が良いとか悪いとかいう話をしたいんじゃなくて、単なる内輪のミームに過ぎないものに引っかかって語義を深く考えたところで特に得るものはないぞ、というだけのことです。

ロシア軍事の専門家丸の内OLを名乗るのと同じ。深い意味なんてない。

やっていきましょう

個人的には「結婚婚活)がもたらす不安」と「安定した独身生活を手放す不安」の板挟みになってそういう感情に至る人がいる、というのは十分理解できることだなと思うんですけど、ブコメは随分と「ご立派な」「大人」の方が沢山いらっしゃるんですねえ(これは皮肉です)。

その不安やつらさを抱えてもなお共に過ごしたいと思えるパートナー出会えればいいんですけど、まあそれもわりと運だし、色々折り合いを付けつつできるだけ試行回数を増やしていくしかないんでしょうね。

LUK値よりもVIT値!INT値が邪魔になる時も……ある!

皆でそれぞれの人生をやっていきましょう。

はてなブックマークの皆さまにおかれましては、毎日ブコメバトル生活結構ですが、季節の変わり目ですので体調など崩されないようご自愛ください。

補足

全裸中年男性」はまた別のミームです

2022-03-02

anond:20220302114928

そりゃ試行回数が一定じゃないもん

揺れて当然だよ

anond:20220302112549

調査期間の長さと期間内試行回数次第でいくらでも上下するやろ、そんなもん

分母のわからない確率に何の意味があるんじゃ?

anond:20220302103303

そんなわけあるか

コンドームの売上個数がざっくり3億個

そのうち半分がコンドーム単体での避妊に使われたとして1億5000万回試行

そのうち3%が妊娠したら450万人やぞ!

避妊してるのにこれだけ産まれてたら少子化どころか人口爆発やで

2022-02-22

anond:20220222125146

じゃあ僕の理解はそんなに間違ってないってことかな

パワーボーナスでパワー盛るのはわかるけど、けっこう頑張らないと到底Sとか行かないから、もう少し何かあるのかな、って思ってた

結局は強いカードで上振れを狙うということなのね

キタサン天井までひいて1枚も出ずに、天井交換で貰えた1枚しかいから、キタサン完凸レンタルで固定されちゃってるんだよね

から編成に幅がなくてダメなのかもしれない

キングヘイローSRキタサンが重なっときに数値高いのは思うけど、キングヘイロー単体であんまり強いと思えなくて、キング入れるべきかもっと他のカード入れたほうがいいのかいつも悩む

ウオッカSRもパワーボーナスあるけど、あれは強いのかな?

結局上振れ狙って試行回数重ねるしかないのかー

賢さトレでスキルポイントが増えるのは最近気づいた

強い人がなぜか盛り盛りスキル持ってるのなんでだ?って思ったら、ここなのか?って思いつつあったところ

やっぱり賢さトレーニング大事なんだな

賢さ踏み続けつつ、いかにスピパワ上げれるか?なんだな

2022-02-20

女子カーリングの4年後を予想する(4年ぶり2回目)

増田は4年前にこんなのを書いていた。https://anond.hatelabo.jp/20180224235709

まずは4年前の答え合わせだが、トータルでは「当たらずとも遠からず」と言った感じだった。五輪の予選リーグスイススウェーデンの1-2フィニッシュとなり、「欧州スウェーデンスイスの二強が続く」という構図を見事に当てていたが、ともに準決勝まさかの敗退。スウェーデンは前回の安定性が無かったのはスキップのハッセルボリがこの4年の間に出産を経ていた影響があったようだし、スイスツアー番長のトリンゾーニとそうではないペーツという代表スキップの合体と言う荒業に出てこの4年間過ごしたものの、最後にトリンゾーニのツアー番長ぶりが表れてしまった。

そして「ミュアヘッドの次が居ない」と書いていたイギリススコットランド)は、そのミュアヘッドが今回も出てきて、次が居ない問題を先送りにしたこと金メダル獲得につながった。

アジア韓国が予想を下回った。平昌の後にセクハラ問題など韓国カーリング界でいろいろ内紛が起きており、その影響で継続的な強化が出来ていなかったのかもしれない。出てきたチームも4年前と結局同じだったし。

日本についても、イギリスと同様に平昌のチームがまた出てきた。フォロワーについては後述の通りやや不安があるが、前回と同じメンバーで出られたことが銀メダルにつながったとみる。

そして、以下、4年後の予想。

日本は「ポスト ロコソラーレ」次第

今回の5人がそのまま4年後も残っているとは考えづらい。婚期を逃した石崎さんはともかく、他の4人は結婚適齢期の後半から終盤だ。1人か2人は結婚出産を機に(1~2年間または恒久的に)いなくなる前提で見るべきで、特に吉田(知)さんが離脱する場合はそれに呼応する形で藤沢さんもいなくなる可能性が高い。彼女の数少ない理解者が吉田さんであるためだ。逆に言えば、吉田さんが居なければロコソラーレは今回も前回もメダル獲得に至らなかったと断言してよい。そのくらいの存在なのだ

もちろんロコ側も無策で居るわけではなく、オーナー本橋麻里さんが「ロコ・ステラ」という育成チームをこの4年の間に立ち上げており、本橋さん自身もお目付け役としてメンバーに入って北海道内の大会に出て強化を進めている。しかし現状は日本選手権の北海道予選で惨敗して日本選手権出場権を逃すなど、順調に育成が進んでいるとは言えない。

ロコ以外では中部電力が最有力となるだろう。セカンドスキップ中島さんとフォースの北澤さんは現在24,25歳とロコのメンバーより5歳以上若く、これからピークを迎える年代だ。特に北澤さんは「心臓に毛が生えている」と評されるくらいメンタルが強く、チームとしても2019年世界選手権で4位に入っているなど国際実績はロコの次に多い。この2人以外のメンバーの今後が流動的なのが気がかりだが、コアである2人が残っていればポストロコソラーレの一番手だろう。

前回の予想で期待していた富士急は思ったより伸びなかったが、2018年世界選手権経験できたし、スキップの小穴さんはまだ26歳だ。次もチャンスはあるだろう。中部電力に次ぐ二番手とみてよい。

このようにロコそのものには不安複数あるが、一方でポストロコソラー候補複数いるので、次回の五輪出場に関してはあまり心配していない。メダルまで行けるかどうかは「成長次第」としか言えないが。

あと、北海道銀行から切られてしまった「フォルティウス」の人達・・・もう表舞台に出てくることはないかな。シニアカーリングチームとして細々と続けられれば良いほうかと。

イギリススコットランド)はミュアヘッド次第

前回メダル最後最後で逸したスコットランドは、ミュアヘッドメダルを取らせるために、また選抜制に戻した。

TV中継では「2チーム作って競らせる形で強化を進め、その中から代表を選ぶ方式」と解説されていたが、正確には「トップカーラーミュアヘッドが一緒にやるメンバーを選ぶ」方式だ。

ただし、サードミュアヘッドの子飼いポジションをいつの間にか確立していたヴィッキーライト平昌ミュアヘッドが頻繁に「ヴィッキー!ヴィッキー!」と叫んでいた相手で固定なので、実質的リードセカンドリザーブの3枠を争う状況になる。実際、2021年世界選手権と今回の北京オリンピックではリードリザーブが入れ替わっている。

で、こうなると当然ながら「ミュアヘッドの次が育たない」ことになる。

カーリングシーズン中に「ワールドカーリングツアー(WCT)」なる公式戦(テニスATPツアーみたいなもの)が沢山行われており、そのツアーランキング(WCTランキング)がある。2022/2/20時点でミュアヘッドのチームはランク5位、ロコソラーレ(藤沢さん)は6位、スウェーデン(ハッセルボリ)は2位となっているが、スコットランドのもう1つのチームのWCTランキング・・・なんと58位である

https://worldcurling.org/teamrankings/women/

大会カナダで行われることが多いためランキングの半分以上をカナダのチームが占めているが、カナダのチームを除外しても21位である。2チーム作って競らせる形とはいもの実態は競っていたとは言いづらい。今のミュアヘッドありきの選抜制だといくら頑張ってもフロントリザーブメンバーしかなれないのだからサードスキップの人は頑張るモチベーションが湧きにくく、当然の帰結である

そうなると、4年後に向けては「ミュアヘッドとまた心中」か、「しばらく雌伏することを受容した上で次世代を育てる」かの二択となる。後者場合、おそらく次回のミラノにはスコットランドは出てこれないか、出たとしても今回のロシアデンマークのような下位枠だろう。スコットランドがどちらを選ぶかはわからない。

なお、5chの芸スポ板とかで「ミュアヘッドはこの4年の間に結婚出産を済ませた」という怪情報が流れているが、ガセであることを付記しておく。平昌後に足を手術して一時離脱していたのは事実だが、少なくとも出産離脱はこの4年間していない。結婚については情報が無いのでわからない。

中国は辛抱強く強化できれば、韓国は上位再浮上を伺う

中国選抜制を敷いているが、メダリストスキップだった王氷玉の後継者がいまだ定まっていない。スコットランドが今後悩むであろう選抜制の課題に8年先にぶち当たっているが、その解決案が未だ定まっていない。今回の五輪では最初スキップとして出ていた人が途中でお払い箱になってしまった。ただその後の奮闘(カナダを破って日本の予選突破サポートなど)は特筆すべきものであり、今後経験を積んでくれば次回は強豪チームとして君臨してくる可能性はある。辛抱強く強化できるかどうかがポイントだろう。

一方、韓国セクハラ問題など内紛があったもののやっと立ち直ってきた感がある。代表クラスのチームが常に3つ以上あり、継続的な強化という点では有利。今回はやや安定感に欠けたが、次回も手ごわい相手にはなるだろう。

今後どうなるかわからないカナダ

どうもここ数年来カナダは国際舞台で振るわない。2021年世界選手権では国内6番手くらいのチームが何を間違えたのか代表として出てきてしまい6位に終わり、五輪では金メダルホルダーのジェニファジョーンズが満を持して出てきたものの、もう47歳という年齢には勝てず、往年のラスボス感は消え失せていた。代表選出の過程問題があるのではとカナダ国内議論が巻き起こっている状況であり、しばらく低迷は続くかもしれない。

スイススウェーデンは安定しそう

スイスはトリンゾーニさんがそろそろ限界だが、スキップはペーツで十分過ぎるし、WCTランキングを見る限る後釜チームもそれなりに居そうだ。スウェーデンも同様。スウェーデンは層はそんなに厚くなさそうなのに、世代交代スムーズに進められそうなのは凄いと思う。

おわりに

北京五輪では非常に楽しませてもらったが、男子も含めていかんせん試合数、大会期間が長すぎる。開会式の前からミックスダブルスが行われ、閉会式の日にようやくすべての試合が終わった。14チームも出てくる世界選手権よりはマシなのだが、それでも長い。

総当たりリーグ戦じゃなくて2グループに分けるとか、WCTの公式戦で採用されている8エンド制にして1日4試合実施可能にするとかの改革が行われるかもしれない。(8エンド制は選手側が反対しているらしいが)

個人的には、WCTの大会のいくつかを五輪ポイントが付加される大会にして、そのポイント多寡五輪出場枠が決まるようにしてみてはどうかと思っている。特定の国に偏りすぎることのないよう、一か国当たりの最大出場枠制限することとセットで。フィギュアスケートグランプリシリーズのような感じだ。

4年後の答え合わせをお楽しみに。

追記

前回と比べてかなりブコメがついたので追記しておく。

まず結婚出産に触れたことについては「女性の現役・元プレイヤー双方が競技継続や強化のキーポイントに挙げている」ことと、「現実としてかなり影響する」から、4年後云々を考えると触れざるを得ないのだ。例えばトリノソチに出た小笠原さんは「出産を経て強くなった」と兼ねてから公言してるし、結婚出産による一時離脱を経て復帰して五輪にまで出てきて長期的にはレベルアップするカーラーは多いし、逆に一時的ではなく恒久的に離脱したり、チーム解散崩壊の契機にもなったりするからだ。今は亡きチーム青森崩壊のよい事例だ。ただ石崎さんの書き方については申し訳ない。ロコのメンバーが言っていた「全てを捨ててロコに来てくれた」の一要素なんだが、配慮が無かったかも。

また、ルール改定検討されている。代表大会の8エンド制導入、延長戦廃止試合時間短縮のための持ち時間の変更、ウィック(5rockルールの間に置かれたセンターガードをずらすショット禁止などなど。ウイックは今回の準決勝吉田(夕)さんが大成功し続けたことで話題になったが、この後の世界選手権ではそのウィック禁止ルール試行されることが決まっている。これによりリードされていても後半に大逆転できる可能性が上がる。別に日本チームが成功し続けたかルール改定されるわけではなく、以前から決まっていたことだ。正式ルールに昇格するかどうかは分からないが、もし正式採用されたら後半の戦術への影響はかなり大きいだろう。

1か月後に世界選手権があり、5月には日本選手権がある。世界選手権女子中部電力男子は「常呂ジュニア」という10選手のチームが出てくることが決まっている。次の4年間のスタートとして、こちらもぜひ見て欲しい。

2022-02-15

増田NTRビデオレターを送る

イェーイ!増田君見ってるゥ〜?

君の大切な大切な

 

入力されたコードを受容するのに十分な脳内領域が残っておりません。 可能場合は、脳内領域解放し、[再試行] をクリック するか、[キャンセル] をクリック して 視聴を終了します。

2022-02-02

 しらすキャベツパスタ、ひどい偏食だった子供の頃の私なら食べてた。

 しらすご飯たらこご飯で生きていた。ふりかけは固いのが嫌。海苔佃煮はネバネバが嫌。肉や魚はうまく飲み込めなかった。

 野菜は茹でキャベツしか食べなかった。生野菜は論外。ほうれん草小松菜は線維が飲み込めないし、エグみがダメクタクタキャベツなら食べられた。

 パスタはお醤油かけて食べてた。あとなぜかかんぴょう巻きは食べられた。

 私の母も色々工夫してくれたけど、しらすキャベツパスタは思いつかなかったのが残念。

 ものすごい偏食の子供には、思いがけない組み合わせがOKの事もあるので、あのツイートの人もあらゆる組み合わせを試してる途中なんだな、と思ったけど、ブコメ見ると「いかにも子供が好きじゃなさそうなもの選んでどうする」と言いたげなコメントが多かった。

 ツイートの人はどうだか知らないが、私の母は子供が好きそうな材料メニューは全部試したのちに諦めたっぽい(思い出話で言ってた)。兄弟メニューはいかに子供が好きそうなやつだった。

 多分、偏食と無縁の人が思いつくことは既に試行済みの可能性は低くない。

 まあでも、食べない子供の食べなさ加減とか意外なものが食べれることもあるって、わかんないよね、自分自分の子供が頑固な偏食じゃないと。

私も素人考えでマックでヘルシーメニュー出したらいいのにとか言っちゃう方だから、実情を知らずにアイデア出すのは仕方ない。偏食の話題だと冷静になれないだけ。

 給食を食べられなくて昼休み掃除まで残ってて、励まされて頑張って口に入れたらもどしちゃったりしたのとか、「でもお母さんの躾のせいじゃないし、工夫してくれてたもん」とか、「諦めてから兄弟と別メニューで手間かけてごめん」とかが込み上げてしまう。

 ので、これは私のもやもやしたお気持ちの排泄文。

2022-01-26

anond:20220126103544

そらそうやろな。

いまどきのリアルゲームでは昔よりもロールプレイが重視されとるし

「強くて賢い歴戦の冒険者」設定のプレイアブルキャラ

総当り試行パズルを解いとったらアホみたいやろ。

anond:20220125171233

ゲームしてて試行錯誤嘲笑われたと感じたことがない。誰に?開発者かに

ないでしょ。自分が好きでシラミを潰すような無駄デバッグのような試行をしてるんだから

なんもなかったら「フフフ(何やってんだ俺w)」くらいのもんで。

まりにもノーヒントでいやらしい隠しギミックがそこかしこにあってその回収が重要ゲームだったら「ひでーな作者ひねくれてんのか」と思うこともなくはないが。

ゲームって基本的には総当りでいろいろ試していってその時間があるからこそ発見の喜びもあるわけで。

まあでもそういう感覚ファミコン時代から粗雑なゲームをたくさんやってきた経験値がないと共有できないもんなのかもしれないな。

anond:20220124163325

えー、俺は2回めで既にそんな感じだったんだが

単なる運不運で、試行回数の問題だといいんだけどな

2022-01-25

anond:20220122010439

もうなんか間違ったこしか書いてなくて増田が何でこんなもの書こうと思ったのかちょっと意味が分からないんだけど

一応気になったところだけ訂正・説明を入れておく。(ほぼ全文にわたっているが…)

途中で「なんでこんな中間テストの採点みたいなことやってんの…」みたいな気分になったけど

万が一これを読んで本気にしている人がいるといけないので義務感で最後まで書きました。

まりの衝撃に最初からテンション高いですけどね。もう疲れたからこのまま上げます

なんなんやいったい...

      

遺伝病の断種は、遺伝病の根絶について特に有効ではないと考えられています。まず、潜性遺伝病の場合どうでしょうか。これは、両方の染色体に、多くは遺伝機能欠失型の遺伝変異があると起こります。親は、片方しか持っていなければ健康なのですね。すると、両方の遺伝変異を持つ遺伝患者を断種させたところで、片方だけを持つ親が世の中にたくさんいるわけです。どれくらいの数いるか?実はね・・・地球上の全人類で、これを持ってない人はいないと考えられています。今、個人の全ゲノム塩基配列決定とか普通にできてますからね。観察的にそうです。さてそれでも、両方の遺伝子欠失を持つ遺伝病の人を断種させれば、徐々に遺伝病は減っていくでしょうか?実はね・・・そうならないと考えられますハーディワインベルク法則って言うんですけどね。

  

まず、

ハーディワインベルク法則って言うんですけどね。」じゃねーよ。

選択があるのに対立遺伝子(A、a)や表現型(AAAaaaの組み合わせ)の頻度が変化しなければハーディワインベルク法則じゃないだろ。 

潜性のホモ接合aa(つまり発病してる人)を継続的人口から取り除いていけば人口中の対立遺伝子Aに対する対立遺伝子aの頻度は低くなるにきまってるだろ。

対立遺伝子aの頻度が低くなるんだからAAAaの組み合わせに対するaaの組み合わせの頻度(発病する人の割合)は低くなっていくにきまってる。

まり両方の遺伝子欠失を持つ遺伝病の人を断種させれば、徐々に遺伝病は減っていくんだよ。ハーディワインベルクによれば。

学部レベル以下の知識がないぞ自称ゲノム科学者。というか論理的思考が出来てないだろう。どうやって大学はいったんだ?

頑張れ。もっと頑張れ。

      

さてそれでは、顕性遺伝病の場合どうでしょうか。これは、染色体の片方にでも遺伝変異があれば発症するもので、つまり遺伝病を発症している人を断種させれば理論的に根絶できます、が、実はね・・・ヒトゲノムには突然変異が起こるのです。もちろんこれが進化原動力なわけですが、これにより、顕性遺伝病も発生します。つまり、両親が健康で、遺伝変異を片方持つわけではない場合でも、子に突然変異が発生して顕性遺伝病は起きるのです。デノボ突然変異って言います

  

「実はね・・・」じゃねーよ。今どき突然変異が起こることを知らねー人間存在するのか? 進次郎か。プラスチックの原料か。

そもそも突然変異の発生率がとても低くて、ひとつ遺伝子につき平均で一世代で一万分の一から百万分の一(*1)。しかアミノ酸のコドンには冗長性があるからベースペアが一ヶ所変異してもアミノ酸は変わらないことの方が多いし、アミノ酸ひとつ変っても即タンパク質の働きに影響が出るわけではないか機能不全が新たに発生する率は実際にはひとつふたつ低いオーダー(十万分の一から一億分の一)。

から新しい変異による発病はほぼ無視できるんだけど、実際の変異率がいくつにしろ発生率より速いレートで変異を取り除いていけば全人口中の有病者の割合が下がっていくのは当たり前のことだし、変異を取り除かない場合の有病者割合の増加率は継続して取り除いた場合に比べれば絶対高くなる。当たり前の話だ。

そもそも(十万分の一から一億分の一の確率で)「子に突然変異が発生して顕性遺伝病は起きる」ことと「顕性遺伝疾患を持つ親の子供は100% 50%-100%の確率で(素で間違えた。恥ずかしい)おなじ遺伝性疾患を持つ」ことは別の話だ。子に突然変異が発生して顕性遺伝病が起きたら当然「その子が」生殖することを許さず新たな有病者の発生とそれによる社会負担の増加を防止しようというのが優生思想だし、それは可能なんだよ。

優生学は「特定個人病気を持つかどうか」の話じゃあない。優生学集団遺伝の話(集団中の有病者の割合・それがどう変化するか)なんだよ。この違いが分かってない生科学者なんて存在するのか?

  

まり断種政策遺伝病の抑制有効ではないと考えられます

  

有効だよ。上に書いた通り。「抑制」は「根絶」じゃないしそもそも根絶は目指してないから。

問題は「個人遺伝病が起こるか起こらないか」じゃないんだよ。問題は「全人口の中の有病者の割合をどう抑えるか」だよ。

しろどういう理屈有効じゃねえんだよ。

  

さて、ここまで読んでくれば読者は気づいたでしょうが運動能力、見た目の美醜、学歴、といったものは、これは単一遺伝子型ではありません。もし、学歴を問わない父親と、東大卒母親からまれた子の1/2が東大卒になると言うなら、これは単一遺伝子型の顕性遺伝と言うことになりますが、そんなわけはありません、経験的に。誰も行かないこともあるし、佐藤ママみたいに4人全部行くこともあるでしょう。単一遺伝子型なら、こういうばらつきは起きません。ばらつきが起きるが、一定遺伝性はあるように見える形質、これは多遺伝子型です。

  

ちょっと待て。

単一遺伝子型なら、こういうばらつきは起きません。」じゃねーよ。

たとえ「東大卒業する」が顕性単一遺伝子だとしても子供がその顕性遺伝子をもつかどうかは確率問題で、必ず「生まれた子の1/2が東大卒になる」わけじゃねーだろ。ひとりひとりの子供が「東大卒業する顕性単一遺伝子」を持つ確率が1/2なら「子供4人中誰も東大卒業しない」も「4人全員が東大卒業する」も6.25%の確率で(ばらつきが)起こるだろ。

染色体ひとつ遺伝子じゃないけどXとYはクロスオーバーしないから単体として遺伝するだろ? 男が生まれ確率子供がYを持つ確率)は常に1/2だな? それでも全ての家庭で常に「生まれた子の1/2は男」になるか?経験的に。誰も男じゃないこともあるし、佐藤ママ(誰やそれ)みたいに4人全部男のこともあるでしょう? 遺伝というのは確率から顕性だろうと単一だろうとばらつきは起こるんだよ。

ゲノム科学者かどうか以前に、おまえ大丈夫か?

  

この多遺伝子型の形質には、単一ではないとするならどれくらいの数の遺伝変異が関与するでしょうか。これはここ10年くらいで確定してきた最新のところではあるのですが、どうも最低数千あるようです。それぞれの形質に、それぞれ数千です。こんなにたくさん因子があるとどうなるかというと、中心極限定理により正規分布します。多遺伝子型の形質は、正規分布するのです。すると何が起こるでしょう?

   

平均への回帰です。

  

「平均への回帰です。」じゃねーよ(笑)溜めをつくって関係ねーことを言うな。渾身のボケか。(ちょっとウケた)

無数の試行の平均が母集団平均値回帰するのは母集団が(またはサンプルが)「正規分布から」じゃねーよ。大きい値も小さい値もランダム抽出するからだよ。

親と子の身長に相関があり、長身の親(正規分布の一方の端)だけ取り出したら(つまりランダムではない。これが優生理論)、その子供の平均身長は「長身の親の平均値」に近づくにきまってるだろ。「長身も低身長も含めた母集団平均値」に回帰するわけがない。

おまえ本当に大丈夫か? なんかわざと間違ったこと言おうとしてる? ツッコミ待ちか?(たぶんそうなんだろうなぁ...)

    

いみじくも優生学創始者ゴールトンが明らかにしたのが、親の身長とその子身長比較すると、極端に身長の高い親の子は、どちらかというと平均側、普通っぽい身長の方にシフトする、と言う現象です。それで回帰というわけですね。平均に戻る、ってことです。

  

ゴルトンの観察が平均に回帰した(ように見えた)のは実験の条件が一定じゃなくて子供サイズが親のサイズよりも環境から受ける影響の方が大きかった(つまり親のサイズという変数に対して無作為抽出になっていた)からだろ。だいたいゴルトン自身が気付いて生物学根拠のない統計上のアーチファクトだって言ったものを掘り出して差し上げるな。晒し上げか。

  

どういうことでしょうか。メジャーリーグMVP大谷翔平の子は、みんなメジャーリーグとかよりもずっと普通っぽい才能になるだろう、ってことです。ええ、皆さん、知ってますよね。長嶋茂雄の子もそうだった。野村克也の子もそうだった。あれが理論通りなんです。教育環境がいいから、それでも普通よりはいい方に行くわけですけど、親と同じような超絶スーパーエリートにはならなくて、それは統計学的に予想通りでして、確率統計の基礎の基礎、正規分布性質により説明できます。大体さ、大谷翔平の親はどうなのよ。メジャーリーガーだったわけじゃないわけですね。

  

大谷翔平長嶋茂雄野村克也が周りより一歩も二歩も抜きんでてたのは遺伝形質(身体特性)に加えて本人が努力たかに決まってんだろ。努力の結果が遺伝するわけがない。遺伝疾患や体格と一緒にするな。わざとか。どっかの詭弁テンプレートにこういう例があるのか。

  

まあ、それでも、意味があるじゃないかっていうかもですね。平均への回帰って言っても極端だったのが極端でなくなる、ってわけで、身長が高い親の子平均値は、身長が低い親の子平均値よりは高いです。平均だけの話で、大幅にオーバーラップしますが。それでも平均を徐々に上げていけばいいじゃないかと。

  

から初めから優生学対象特定個人能力大谷翔平の子供は野球が上手いかどうか)じゃなくて集団全体の性質だって言ってるだろう。もともと「全体の平均を上げること」「全体の中で望ましい(くない)もの割合やす(減らす)こと」が目的だ。「背が高いことが社会にとって良いことだ」となったら(どういう理由でそうなるのか知らんが。軍事強化?)長身の者に優先的に生殖の機会を与えて国民平均身長大きくするのが優生学目的手法だろう。しろそれ以外になんだと思ってるんだ? 

いずれにしろ身長が高い親の子身長身長が低い親の子身長も平均に回帰する」というのは単純に間違い。もしそうなら長身の者だけに生殖させても平均値が高くなるわけがないし(どういう理屈で「平均への回帰」と「平均を徐々に上げていく」が両立できるんだよ?)長身のものが優先的に子供を残せば集団の平均身長が高くなるのはすでに事実としてわかってる。(*2)

  

ところが、多遺伝子型には数千もの遺伝変異関係するというのはどういうことかというと、単一遺伝子型のように、どれか一つの遺伝変異はどれか一つの遺伝病に対応する・・・ということになりません。重複しちゃうんです。ある遺伝変異は、ある形質にも、別の形質にも、関係する。多面的関連と言います。例えば身長を高くする遺伝変異は、同時にがんになりやすくする多面的関連を持つことが多いことがわかっています。するとどうなるか。身長を高くするように、集団結婚相手操作していくと、がんが多くなって寿命が短くなるでしょう。では学歴はどうか?学歴を高くする遺伝変異は・・うつ病になりやすくすることがわかっています

  

ここの部分は必ずしもすべて間違っているとは言えないが、身長の高さとガンの発生にについてはそれぞれが関連する遺伝子座の間に統計的な相関が見つかったというだけで身長を高くする遺伝子がガンの原因になるというわけではないし、長身集団が低身長集団に比べ短命であるという証拠もどこにもない。後者学歴)に至っては関連が指摘されているのは「うつ病」と「低学歴」だし(*3)、それが共通遺伝子の多面作用によるものだという考えは否定されている(*4)のである

ていうか今気付いたけどこいつ遺伝変異ってずーっと 「mutation(突然変異)」の意味で使ってない? 遺伝変異は variation だから「数千もの遺伝変異」とか「どれか一つの遺伝変異」とかないんだけど...

おまえマジで大丈夫か?(三度目)

これ、マジでまちがい探しかなんかか? なんで書いてあることがことごとく間違ってるんだ? 罠?

  

どうでしょうか。基本的優生学というのは、国家文脈で語られます学歴の高い国民をより多数生み出し、国家生産性を上げたい、というわけです。しかどうでしょうか。うつ病が増えると、生産性どうでしょうか。私はうつ病の人は生産性が悪いと言いたいわけではありません。しかし、優生学論者のロジックは成立しますか?(明示的に成立するとは言えないのではないですか?)と言いたいのです。

  

遺伝子型の遺伝構造はまだわかっていないことも多く、「優生学操作」をしてどうなるかすらわかっていないんですよ。形質に遺伝的因子があるなら、優生学操作をすれば人類は必ず優秀になる・・・というのが元増田議論の開始点だと思いますが、そこ、すでに間違ってるんです。

  

からなんで話を「まだわかっていないこと」だけに限定するんだよ。じゃあわかってることには優生学手法を使ってもいいのかよ。国や医療システムにかかる負担を軽減するために「遺伝患者子供つくっちゃいけません」っていいのか? 問題はそこじゃないんだよ。

  

優生思想ダメなのは科学的に間違ってるから」でも「有効じゃないから」でもないんだよ。優生論の生物学遺伝学的手法有効なのは動植物繁殖で既に実証されてるから元増田優生学とは何かをそもそも理解していないのは確かだが、おまえの言ってることもほぼすべて間違ってる。

  

結論としてすでに社会的に受け入れられてない優生思想否定したいんだったら、ウソを書いてまで「科学的」根拠でっちあげる必要がないだろう。

なにが目的だ?

まさかゲノム科学者自称がこれらの間違いを本当に信じているはずがあるまい。

特にうつの「高学歴」と「低学歴」入れ替えてるところなんてワザとじゃなきゃどうやって間違えるんだよ...

やっぱ間違い探し? なんかのテストなの?

  

*1 https://www.sciencedirect.com/topics/biochemistry-genetics-and-molecular-biology/mutation-rate

*2 https://www.science.org/content/article/did-natural-selection-make-dutch-tallest-people-planet

*3 https://www.nature.com/articles/s41598-021-83801-0

*4 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25917368/

anond:20220124153647

あんまりゲームしないけど。

バイオハザードとかゼルダの謎解きは物凄い嫌いだった。

一方では東方弾幕シューティングクリアするのは全部自力だった。

謎解きは100回試行しても正解が無いのに比べて

シューティングは100回やればやっただけ成長を感じられるというのが違いかな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん