「テニプリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: テニプリとは

2019-10-07

はてな貴腐人会に聞きたいんだけど

なんでテニプリ榊太郎って(43)って付けるの当時流行ったの?

2019-09-30

anond:20190930120956

以前の日清食品テニプリCM問題の時も誤訳されて「大坂全然気にしてない」事にされたよな

差別差別と言う連中がうるさいだけで当の本人は気にしてない」

って設定を固持したい奴が一定数いるんだろう

2019-08-06

トリエンナーレの件

まりよくわかってない。

ニュースを残片的にしか見てないせいかもしれん。

表現不自由展で慰安婦の象が、日本人によって展示されたのだろうと理解している。

反発してるひとは何に反発してたんだ?

韓国との関係悪化してるなか云々とかあったが、それと慰安婦象が飾るのが不謹慎ってどういうつながり?

戦時中ベースボールをそんな敵国の言葉使うなんてけしからん、と、無理やり野球日本語化したたぐいの話?

慰安婦の件は国際的解決してるから云々もあるのかと思ったけど、それも特に日本人慰安婦象飾ることでどうこう言われるたぐいのことじゃないような。

爆発予告があったかテニプリミュージカルが中止になったレベルの話と言われたら、まぁまだわかる。

2019-07-08

2.5次元舞台マジで無理

テニプリ忍たま乱太郎から増えてきた2.5次元舞台が無理

例えば弱虫ペダルハンドルだけ持ってレース再現。いや、無理だってレース再現出来てないよ。せめてテニプリみたいにボール以外はなんとかしようよ

ガンダム00コクピットのみ。いやいや、プーさんのハニーハントしか見えないよ。想像とか無理

演劇は机や椅子が何にでもなるものだが、流石に限界がある。その他の要素も含めて完璧じゃないと机も椅子もそのままだ

2.5次元は演じている役者はともかくその周りは真面目なのと安易なのが入り乱れているので地雷率が高い。自分もいくつか踏んだので当分の間は2.5次元は止める

もちろんそれ以上に酷いのは下北沢他にいくらでもあるんだけど、何というか2.5次元の酷いのは極上の材料と新鮮な食材を余すこと無く使ったジャイアンシチューからダメージもそれだけ多い

2019-06-12

性病になった

社会につまはじきにされての風俗デビュー5日で性病をもらった。

一応医療知識があるので誰よりも性病を警戒した自信はある。

歯磨きうがいしっかりこなし、粘膜接触をできるだけ回避し、高い殺菌剤入りのボディシャンプーちんこを擦り、フェラに見せかけてちんこをガン見、ダメそうならゴム付けて塩で返した。

自分まんこも専用ソープでしっかり洗った。

2日目で喉を溶連菌で腫らし、最後の出勤5日目から2週間後にお股をそっと触ったら会陰部に看過できないプチプチ発見した。

尖圭コンジローマだった。

かつて、綺麗なピンク色のまんこだとか無臭だとか褒められてきたまんこにイボイボが出来てしまった。

20年一緒に頑張ってきた娘を5日で傷物にしてしまった。

ごめんよまんこ

医療仕事キャリアを積んで25までに好きな彼と結婚して〜なんて考えてた(身も心もまんこも)綺麗な頃の自分を思い出して鼻水吹き出しながら泣いた。ワンピースより泣ける話だと思う。

ちゃんとした大人になれなくてごめん。

中学生の時に10年後の自分へって題目手紙を書いたのも思い出した。

「まだジャンプテニプリはしてますか立派な看護師になってますか。」

テニプリスクエアで続いてるし、私はおちんちん介護士になったよ。立派な看護師じゃなくてごめんね。

お母さん、兄妹で一番賢くて期待大だったお姉ちゃんは今尖圭コンジローマです。合わせる顔もありませんごめんなさい。

同じ店のおばさんなんて「即尺即アナル舐め〜」みたいな超不衛生なプレイ10年以上やってるのに、生で本番させてるブスもいるのに、なんで私なんだ。

真面目に基本プレイをなぞってただけの私がなんで5日で性病をもらうんだ。

こんなに警戒した私が性病をもらうんだから、少なくとも即即のおばさんはもうエイズになっててもおかしくないだろ。

まあ昼の仕事してた時から真面目にとばっちりくらうタイプだったし、人生貧乏くじなんだろうな。

彼氏愚痴ったら「あゆちゃん自分で選んだ仕事でしょ…」と嘆かれて腹が立ちすぎてボコボコにしてしまった。

好きでこんな仕事選ぶと思ってんのか。

メンタルも病んで体も病んで時間固定の昼で働けなくなって、迷惑かけるから親にも頼れない、そうしてイヤイヤ働いてるんだ。

私の無能が私をそうさせてる自覚はあるけどもうこれ以上私を責めないでくれ。

社会が私を追い詰めるんだから彼氏ぐらいはこっちの味方でいてくれよ。

死んだ方がマシ死んだ方がマシって思いながら箱ヘルの天井の鏡でプレイ中の自分を見てるよ。

全治8週間です。

2019-05-13

anond:20190513142623

テニプリイナイレエヴァ暗殺教室セーラームーンが全部中学生なのな

あと小学生目線だと中学生がめちゃめちゃ大人だったりするのもあって主人公の年齢と視点によって周りのキャラの描き方も変わると思う

2019-04-03

anond:20190403140624

https://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1811051015/

上野さんは不器用」のtugeneko→アイマス二次創作コミケに出ていたらしい

かぐや様は告らせたい赤坂アカコミケ編集に声をかけられてデビューしたらしい

「五等分の花嫁」春場ねぎ東方とかの二次創作やってたらしい(同人誌書いてたか分からん

盾の勇者の成り上がり作画藍屋球ガンダムUC二次創作コミケに出ていたらしい

同居人はひざ、時々、頭のうえ。」二ツ家あす→テニプリ二次創作コミケに出ていたらしい

ドメスティックな彼女流石景コミケサークル参加していたらしい(ジャンル分からん

「私に天使が舞い降りた!」椋木ななつ→ラブライブ二次創作コミケに出ていたらしい

2019-03-24

anond:20190324040152

まずジャンプやらサンデーやらの少年漫画オタクのものじゃなくて男児のものなんだよ

ガンダムみたいなロボットも元々は玩促コンテンツだしな

テニプリとかで消費してる腐女子プリキュア大きなお友だちと同じなんだ

昔はオタクアレルギー社会にあったから、懐古趣味だったり子どものころからの習慣でっていう免罪符をもって、

セーラームーン好きな女性少年ジャンプを愛読する男性存在は辛うじて許されてたんだよな

そんな名誉市民的なポジションにたってる奴らに当時ディープ2次創作やってるオタクが馴染めるはずなかったんだよ

2019-03-18

anond:20190318134733

島本和彦スポーツマンがなんか全部ルール分かってなさそう

「男の一枚 レッドカード」とか「燃えるV」とか。「逆境ナイン」はまだマシな方。

特に燃えるV」はネタ的な意味おすすめテニプリに通じるもんがあるぞ

2019-03-10

小説の「風が強く吹いている」って無駄な場面多くない?

ってアニメ版を今見てる子供が言うんだけど。

自分もそういえばそうかもなあって思う。

強弱の付け方が小説よりメリハリ効いてるし。

それだけ脚本喜安浩平テニプリ海堂薫cv)が上手いってことか。

2019-02-20

anond:20180820172208

古い記事だけどふと思い出して。

あれは結局先生ミスツイートだったんだなと思う。

この記事の言うように、許斐剛先生ってのは神じゃなくて人なんだよね。だから時々間違う。たったひとつの言い間違えで悪魔の証明求められるんだから公式アカウントってのは本当に気をつけなければならないね

後になって贔屓されたという人が応募総数の一割以上応募してたって分かった。そりゃ抽選して当たるのも当然だよね。そもそも母数が少ないとこに太客がつけば抽選結果が目立ってしまうのは当然。それで彼女だけ外せという方がおかしいし。テニプリってのは今も人気だけど、大人覇権コンテンツから比べるとだいぶ規模が小さい。昔の感覚引き摺ってるのか、それとも別ジャンル感覚引き摺ってるのか分からないけど、そのへん理解してない人が結構いるんじゃないかな。

というか、私や友人たちは理解してなかった。応募総数知ってそんなに少ないのかとびっくりしたわ。

2019-02-13

許斐先生Twitter始めてから

許斐先生Twitter始めてから盲信して崇めてる人ばっかりになってつまらないよね。

っていう呟きを見てしまってイラときた。

「昔はみんなたしけ(笑)って言ってたのに最近はそういうの言えない。昔のTwitterは楽しかった」

オープンアカでそういうのよく言えるなと。

「たしけ()」呼びとか空耳テニミュとか、楽しみたい人は楽しめば良いよ。

馬鹿にするような呼び方違法アップロードして笑いものにするのは正直不快だったけど、それも先生が拒んでないなら良いよ。

好きにすればいい。

でもその「おふざけ」を私たちにまで強要しないでくれ。私たちにまでたしけ()呼びを強要しないでくれ。

去年のサマバレやディナーや、最近だとカップヌードル関連のこととか、先生言動不審に思うこともあるだろう。

先生ファンである私でも「そこはちょっと別の言い方した方が良かったんじゃないかな」と思うことは時々ある。

でも人間って完璧じゃないでしょ。

私たちは今までテニスの王子様にたくさんのものを貰った。色んなハッピーを貰ってる。

99のハッピーを貰っておいて、1過失があったら「こんなことをするコンテンツは信頼ならない。もう嫌い。でも今まで関わった時間がもったいなくて腹立たしいから黙って離れたりなんかしないで叩いてアンチ活動する」っておかしいよ。

そこは「今までありがとう。ばいばい」か「そこは訂正した方がいいよ!」となって欲しい。

先生批判するなとは言ってない。

たしけ()呼びも空耳も好きにすればいいし、先生批判作品批判も好きにすればいい。

でもずっと黙って我慢してた私たちが「実はたしけ呼びも空耳も嫌いなんだ」って呟くことくらい許して欲しい。

「昔はみんな楽しくたしけ()って呼んでたのに」じゃなくて「ふざけた愛称でもそこに何がしかの愛があるのは分かっていたから黙って我慢していた人が我慢せずに済むようになった」だけなんだよ。あなたの楽しさは誰かの我慢の上に成り立っていたものなんだってことわかって欲しい。

極端な例えになってしまうけど、18歳まで優しく厳しく健康的に育ててくれた親が18歳の誕生日に「選挙権持てたね!じゃあ次の選挙山田さんに投票して!お父さんが世話になってるから!」と言った時に『選挙違反だ。こんな親に育てられて恥ずかしい。こんな親嫌いだ。こんな親とは二度と連絡を取らないし、選管通報してSNS晒して他の知り合いにも教えて社会的バッシングして孤立させよう』って発想にならないと思う。

悪いところは注意しようor考え方が合わないかちょっと距離をおこうorそこは賛同できないけどこれまで受けた恩は返す。というあたりが妥当でしょ。

2~3年の通り過ぎて消えていくコンテンツじゃないんだよ。約20年お世話になり、またこからも続いて欲しいコンテンツの生みの親なんだよ。

貶し愛みたいな愛があるの分かるよ。私はそれをしたいとは思わないけど、そういう身内ノリ的なもの楽しいことは理解出来る。

ただ、貶し愛ストレートファン心理より上だとは思わないで欲しい。もちろんストレートファン心理貶し愛より上ってこともない。ただ愛の表現方法が違うだけだ。

「たしけ()って呼ぶ人がいなくなって窮屈」「駄目なことをしても擁護意見ばっかりで反吐が出る」

そう思うのは自由だけど、どうして呼ばないのか、どうして擁護意見が多いように見えるのか考えて欲しい。

もちろん盲目的に許斐先生を盲信して先生がおっしゃることは100%正しい!とか言う人もいる。そういう人はどうかと私も思ってるよ。

でも、ただ「貶し愛が得意ではない」「悪いことは悪い。毎日美味しいご飯を作ってもらってるのに味噌汁の味が1回濃かったくらいでちゃぶ台ひっくり返すみたいな恩知らずなことをしたくない」という人の方がずっと多いと思う(私の周囲の体感しかないけど)

今日味噌汁は味が濃いね。次から気を付けてね(指摘)とか、お湯少し足していい?(サポート)とか、味噌汁作るの苦手ならインスタントも美味しいよ(作品外のことは編集その他に任せる提案)とか、そういう当たり前の意見が突飛な熱烈信者アンチに押されて見えなくなってしまっている。

例え話が多くなってかえって分かりづらくなってしまたかな。

要は

(1):たしけ()呼びが許されなくなったわけじゃない。我慢していた人たちが嫌だと言える世界になっただけ。呼びたければ呼べばいい。これ以上こちらに我慢を強いないでくれれば良い。

(2):20年も世話になってるコンテンツには多大な恩がある。一緒になって叩かない人を全て一律に『盲信的な擁護』と思わないで欲しい。間違いに対する対処は指摘や叱咤解決提案、今後の動向見守り等が妥当だと考えているだけ。

ということが言いたかった。

商売なんだから完璧を期すのは当たり前」

ミスしたら批判だけでなく叩きも甘んじて受けなければならない」

そういう考え方ももちろんあるだろう。

そうじゃない考え方もあること、知って貰えたらいいな(と思って書いたけどこれをその人たちが見ることはなさそうだなぁ。まあ、テニプリに限らずどのコンテンツでも言えることだと思うので目に止まった誰かの思考材料になれば幸い)

2019-01-24

anond:20190124145614

真逆

・自立して女に頼らない、主体的に動く男性主人公アニメ

サポートする女性キャラクターがいない、女の影が無い(恋愛OK。じゃないと後述の項目に矛盾ちゃう

男の子が戦って格好良いのが見たい(例:ドラゴンボールワンピースナルト七つの大罪スポーツ物でも可)

聖闘士星矢北斗の拳みたいに何かの為や世界の為に戦うというのは望ましく 無い!

戦闘時に技名を喋ったり、気合の掛け声が"絶対"なければダメ

恋愛要素はある。恋愛至上主義ならなお良い。

男尊女卑が明確であるほど良い

大人男性が見て楽しめる

仮面ライダーのような男児向けは「男性向け」ではないのでダメ2.5次元舞台のあるアニメは(テニプリ、弱ペダなど)女性ファンが多いかダメ

・メインターゲット層が女性ではない。「男性も楽しめる女性向け」アニメダメ

女性原作者女性制作者といった女性視点が一切入らない「男性が考える男性向けの男性主人公」でなければダメ女性が考えた男性主人公名誉女性主人公となるのでダメ

萌え絵でなければダメ。「萌え」の基準空の境界約束のネバーランド魔法使いの嫁ヴァイオレット・エヴァーガーデンキノの旅リトルウィッチアカデミアは NGまどマギひだまりスケッチラブライブ!OK

ベヨネッタのようなセクシー系はNG

涼宮ハルヒの憂鬱キョンのような準主人公ダメ

・「抱かれたい男1位に脅されています」のようなタイトル気持ち悪いのはダメ。中身腐女子からダメ

群像劇男性主体ではないのでダメ。デュラララはダメ。明確に男性主人公が良い。

魔法少年趣味じゃないかダメ(魔法少女 俺、ラディアンなど)

・深夜帯放送じゃな ければダメ

・2クール以上必要

・(理想云々は逆が書けない)

(追記部分)

・発端曰く「ドラマ女性主人公が多いのにアニメには少ない」が問題らしいので、実写コンテンツは除外(ここは一緒にしたい。際限がない)

・「今流通しているアニメ女性主人公が少ない」のが問題らしいのであまり古すぎるのはダメゼロ年代以降でしょうね。それでも20年近くあるのに戦慄するよね。)

20代OLが好きなアニメ13選を必死に語ってオススメするだけ

アニオタ歴だいたい10年。

サブスクリプションサービスの発達で、毎年どんどん見る本数が増えてく。

外れ作品もある、それもまた風流アニオタって楽しい

バッカーノ!

1930年代禁酒法時代アメリカ舞台にした群像劇。オシャレな雰囲気の絵柄・音楽大人にとってもグッとくるアニメだが、とにかく話が面白くなるまでが長い。ほんと、長い、時系列バラバラストーリー名前を覚えきれない大量の登場人物に、多くの人が挫折するかもしれない。でも、9~10話までは頑張って観ていただきたい。最後にはすべての話が繋がり、「そ、そういうことだったのか~!!!」と納得させられる。そんなジェットコースター級のカタルシスのあるアニメ原作成田良悟は後述する「デュラララ!!」でもこの手法をとっている。OP曲はニコニコ動画手書きパロディ流行した。

SHIROBAKO

働くすべての人に見てほしい、PA WORKSのお仕事アニメの傑作。目指した理想と追いつかない現実、社内や外注先との仕事に対するモチベーションの違い、破綻するスケジュール、板挟みの調整やスランプに陥る焦り……など、誰かがどこかで体験したであろうトラブル共感できるよう描いている。むしろ共感しすぎて胃が痛くなるレベル転職する人や、業界自体を去る人を描くのも印象的。こう……アニメって、強いヒーロー主人公となって大逆転をかますものが多い中、SHIROBAKOは「目立たないけど、仕事にしっかり向き合う、頼れる大人の仲間」がたくさん描かれてる。そこがいい。こういう社会人活躍するアニメもっと増えてほしいよね。

ユーリ!!!on ICE

大ヒットを記録した男子フィギュアスケートスポーツアニメ。なかなか結果が出せない日本代表フィギュアスケーターの勝生勇利は、ひょんなことからロシア伝説的スケーターのヴィクトルコーチに迎え、グランプリファイナル優勝を目指すことになる。作画の美しさも話題となったが、このアニメの良さはストーリー構成にあると思ってる。今後の展開を期待させる導入の1話、3話のライバル対決、各国を舞台に繰り広げられるGPシリーズ、そしてクライマックスのGPF。12話をバランスよく完璧いかしたストーリー構成で、最終回ギリギリまで予想できない展開を引っ張りつつ、最後はきっちりと話をまとめる。アニメのお手本のような構成である。なお、アニメ放送後に現実競技アニメを超えてしまったため、2017年以降に放送していたらイマイチになってただろう奇跡タイミングにも注目。

赤髪の白雪姫

純粋さと爽やかさの心地よい、王子様と薬剤師王道ラブストーリー少女マンガ原作の中でも、花ゆめ系が万人にオススメできる理由は「女の子が芯のあって強い」点だ。ヒロイン白雪は、ゼン王子の隣に立ちたいという目標のために、宮廷に使える薬剤師として試験を乗り越え、人との関わりの中でしっかりと信頼を得ていく。たとえ悪人に囚われても、王子様の助けを待てない、知恵と行動力自力解決ちゃう自立派の強いヒロイン。そんな強さが最高にかわいいくて、かっこいい。少女マンガは、冴えないヒロインになぜかクラス1のイケメンが強引に言い寄る~、といった受け身モテモテ展開が多くみられる。けど、赤髪の白雪姫は「白雪ちゃん堂々としててイケメンすぎて惚れてしまうわ~」とヒロインの魅力に納得させられる、そんな恋愛アニメ

91days

マフィア家族を殺された主人公が、狡猾な作戦駆け引きで繰り広げる91日間の復讐劇。攻勢も陣営もどんどん変化していく息つく暇ない展開な上に、ポンポンと人が死んでいくので、公式サイトの相関図を見ながら視聴すると話がわかりやすい。「ゴットファザー」とか好きな人ならハマるかもしれないちょっと硬派なドラマ。そして、いかついオジサンばっかり出てくる。各話のラストの引きがすごく計算されていて「どうなっちゃうの~?このあとどうなっちゃうの~?」とソワソワさせられる、緊張感あるアニメ。放映時は中盤に総集編が入ったのだが、もともと密度が高いストーリーだったせいで4分おきに登場人物が死んでくすごい総集編になってた。視聴後はなぜかラザニアを見るとドキっとしてしまう。

桜蘭高校ホスト部

お金持ち学校入学した庶民主人公ハルヒが、ひょんなことから学園の女子をもてなすホスト部」に入部してしまうとこから始まる物語個性豊かな部員とど派手な学園生活を過ごすお金持ちラブコメディ。男子制服を着ているが、ハルヒは実のところ女の子タイトルだけ見ると女性向けのアニメに見られがちだが、ストーリー破天荒常識破りなお金持ち達がおりなすコメディが中心。主人公ハルヒボーイッシュな見た目や、無頓着で歯にきぬ着せぬツッコミ、時折見せる女の子らしさにノックアウトされた人は少なくないと思う。リボンの騎士ベルばらも、いつの時代だって女の子男装はぐっとくる。連載が続いていたため、アニメオリジナルラストになりながらも、ほぼ矛盾なくすっきりとまとめあげた傑作。ボンズ作画の美しさや、人気の高いOPも必見。

巌窟王

小説モンテ・クリスト伯」を原作とするSFアニメモンテ・クリスト伯爵の復讐劇を、復讐相手の息子アルベール主人公にして描いた人間ドラマが見所。伯爵の博識で理知的なふるまいと、その不気味な魅力にひかれていった人は多いはず。アルベールの両親達の隠してきた過去が少しづつ暴かれ、伯爵目的と悲しい真実が明かされていく。最後に救済はあるのか、本当の愛と友情をアルベールら子世代体現していく。欠点は、序盤のアルベールがあまり無知純粋すぎて、見てる側が若干イラッとしてしまうところ。また、この作品の特徴は何といっても映像テクスチャをふんだんに使った革新的映像は、最初のうちは見づらいと感じるものの、慣れてくるとその美しさや世界観のとりこになること間違いなし!

デュラララ!!

首なしライダーセルティと、一癖ある池袋の人々との群像劇。散りばめられた伏線やそれぞれ登場人物の行動が、物語終盤に一気に収束していくさまが、なんともスカッとするアニメである主人公セルティ妖精デュラハンで、首がない。首がなくても、その人間味あふれるしぐさと時折見せる乙女発言(?)に、「頭なんてもんはな、飾りなんだよ」という新たな発見私たちに与えてくれた。登場人物には、主人公が首なしライダーであることが気にならない、ED曲もこれまたニコ動でパロが大ヒットした。

TIGER & BUNNY

オジサンベテランヒーローと、若手のイケメンヒーローが街の平和を守るバディものヒーローアニメスポンサー企業がつき広告を背負いながら戦うヒーローは、働く中年の歯がゆさも共感できるよう描かれる。メインコンビの虎徹バーナビーのかっこよさもさることながら、濃すぎる各ヒーロー達のキャラクター性が素晴らしい。王道アメコミな要素、まっすぐなストーリーで老若男女問わず楽しめるアニメだったと思う。アニメ放送時は、ルナティックさんの決めセリフからタナトスの声を聞け」が私の観測範囲でよく聞かれたと記憶している。

ハイキュー!!

ジャンプ原作高校バレーボールアニメ。低身長ながら驚異の運動神経を持つ主人公と、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターコンビを中心に、チームメンバーの成長と情熱を描く。テニプリのようなトンデモ展開はほとんどなく、ギリギリ人間的な試合が行われるのでご安心を。このアニメライバルチームの描き方もすごく丁寧で、主人公のチームが勝っても負けても複雑な感情になる。どっちにも勝ってほしいと願っちゃう特に好きなのが山口。目立たないキャラなんだけど、とても努力家。同級生たちの活躍に影響され、サーブに特化した猛練習をするんだけど、強靭メンタリティ選手が多い中、山口は弱さも逃げも見せてしまう。自分に対するふがいなさに涙をためる姿に、グッと共感したくなる。ストーリーでは、練習伏線の回収のしかたも優秀で、技のインフレや、突然のスーパープレイが少ないのもよい。あくま練習で学んだことをベース試合が進んでいくところ。

魔法少女まどか☆マギカ

説明不要の大ヒット魔法少女アニメ魔法少女アニメの定石を覆し、すべてのマスコット動物に不信感を植え付けるきっかけになった作品個人の感想)。衝撃の3話の噂を聞いて見始めたクチだが、10話の真実が明かされた時にはもう号泣しすぎて目パッサパサにしてしまった。すべてがFになるもびっくりの叙述トリックアニメだと思っている。2010年代アニオタ共通認識的な作品として、広く根強いファンを持つ。

響け!ユーフォニアム

コンクール全国出場を目指す北宇治高校吹奏楽部青春を描いた部活アニメ演奏シーンの作画の美しさ、音へのこだわりが前面に出ていて、最高クラスの質のアニメになっている。人間関係もリアリティファンタジーのバランスがちょうど良い。吹奏楽部って強豪校は実力主義だけど、人数も多いかトラブルもあったりして。先輩を退けて合格する居心地の悪さとか、部員間の噂で不信感が広がるとか、ソロパートオーディションでは部員達は実力差を感じながらもどちらにも拍手できない描写とか、揺れ動く高校生のリアルな反応がすごく良い。そういった衝突やさまざまな想いを経て、ラストコンクールへ。演奏シーンでは色んな感情が詰まって大号泣します。

スタミュ

ミュージカル学科舞台に繰り広げられる青春男子ミュージカルアニメうたプリ的な突然に歌いだす展開+ジャンプポコン的熱血要素+アイドル性を全部混ぜ合わせて昇華させたようなトンデモ内容。最初のうちはギャグ的なツッコミを入れながら楽しんでたら、いつの間にかデコボコなチームメンバーひとつになって目標に向かう姿に涙してた、そんなアニメ。注目したいのは、物語中盤のミュージカルダンス作画演出優等生完璧なチーム柊、それと対照的主人公チーム鳳の「荒削りで伸びしろだらけだけど、オリジナリティがあって、引き込まれダンス」が、ちゃん作画でわかる。これだけ細かい演出は、ダンス作画だと難しいところ、こだわりが光っていた。そして、主人公・星谷くんがメンタル鋼すぎてすごい。どんなに相手に冷たくされてもめげない圧倒的コミュ力でばったばたと反発キャラを懐柔していくところも見所。

かにもいっぱいあったけど、書きたいことありすぎて今回はここまで。冷静に見ると有名タイトルばっかになってしまった。

2019-01-15

日清テニプリコラボ大坂なおみ肌色問題黒人萌えキャラ描写を怠ってきたアニメ業界に原因がある

以前にも指摘したが(https://anond.hatelabo.jp/20170524145214)、

日本アニメ業界は「黒人萌え」を十分に開発することができず、「褐色」や「銀髪」に逃げてきた。

いまこのような炎上が起きたのは必然と言っていいだろう。

ハーフとはいえ黒人の特徴を色濃く持つ大坂なおみアニメ化するにあたって

気持ち濃いめ」くらいにしてしまったのは

黒人美人に描く技術がない」というアニメ業界の怠慢のせいだ。

一刻も早く黒人萌えを開発せねばアニメポリコレの波に呑まれるであろう。

2019-01-13

日清テニプリコラボ大坂さんが色白に描かれてるってリプ飛ばしてる人いたけど、テニプリキャラデザとか文脈から見るとそんな色白に描かれてはなくない?

2019-01-01

anond:20190101120605

テニプリ・黒バスハイキュー・弱ペダ・Free・おそ松・YOIあたりでそれぞれにどのキャラがその類型に該当するか説明してくれたら信じた。

2018-12-26

な〜〜にがテニプリっていいなだよ

しかに昔は素直にテニプリっていいなって思えたけど新テニになってしばらくしたら絵が雑になったよな。

単行本の手が丸々描かれてないデカ作画ミスはなんだよあれ。編集もチェックしといてよ。

ハッピーメディアクリエイター時々漫画家ってなんだよ。漫画家時々ハッピーメディアクリエイターくらいにしとけばいいのに。

2018-12-11

anond:20181211120013

からラブライブバンドリの女性人気を示しとるんやろがい。

こちらは「女性人気が出ることもありうる」と言ってるだけなのに「ファン女性ばかり」にすり替えるなよ。

ついでに言うと、テニプリだって腐女子人気がことさら注目されるだけで、普通に男性にも人気だったぞ。

(これも「男性ファンのほうが多かった」とかにすり替えないでくれよ?)

たまたま元増田の回りに女性アイドルアニメ好きの女オタクがいないだけでしょ。

逆に、元増田トラバブコメで名乗り出てる人がいるのに「女が女性アイドルを好きになるなんておかしい」と主張すんの?

2018-11-01

男性向け2.5次元が難しい理由列挙+思ったこ

元々ミュージカル観劇が好きだった人(or ミュージカルファンかつオタク女性)が

少なくなった舞台演劇の穴埋めに2.5次元に流れてきてその人がオタク女性を誘ったって流れじゃなかったっけ?

男性は元々のミュージカル舞台好きが少ないか最初の部分で凄い苦労すると思う。


アンケートとらないとわからないけど、多分舞台映画と同じでイケメン役者目当てに女性客がきてるよね。

男性は(あくま優先順位って意味で)役者目当てで観にいかないと思うから今のやりかただと男性向けはこれ以上の拡大がかなり難しいと思う。

役者以外の批評コミュニティや別の訴求力必要

監督がどうだとか、音響がうんたらとかストーリーラインがどうだとか。

まぁやっぱライブとかは見に来るのを考えると"歌の技術"かもしれない。

水樹奈々とか典型例だよな。

ようは"言い訳必要"


記事にもあったけど日常系とか女子高生ものみたいなの多いけど、のんびりすぎて舞台に向いて無さ過ぎる。


アニメだとテレビ放送してたりソロで見れるから男性ファンも多いけど

現実舞台で会場まで行ってセーラー服とかブレザー着た女性に興奮してる男性って絵面はきつすぎる(役者大人前提だよ)。

男性オタク基本的社会的圧力を受けてるし、そこまでいくと見に行く人が相当減ると思う。

はっきり言うけど、これで来る男性客は社会的立場を完全に捨ててる人しか来ない(まぁようはコアなオタク

そうなるとネット宣伝もできないし、拡散する方法がない。

男性側も社会目線を恐れてネット拡散はできないだろうね。

イメージ的に華やかな立ち位置舞台演劇でこれだと、女性役者側も嫌がると思う。

女性側はテニプリでも明らかなようにショタコン癖はあんまり叩かれないからなぁ。

あいつら設定上は中学生だよ(笑)

じゃあ、アクションものは?

ってなるとハリウット映画アニメには絶対勝てない


正直、かなり難しいと思う。

まぁ地道にやるしかないのかもねぇ。

海外男性向けのミュージカルとか舞台ってのは何があるんだろう?

それがヒントになるかもしれない。

2018-10-20

テニプリって最近変じゃないか

最近というかここ数年

ストーリーめちゃくちゃ

キャラクターもおじさんみたいな十代ばっかり

最初の頃はちゃん漫画としておもしろかったし、

アニメ始まったあたりの頃はそれなりに良かったのに

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん