「ワナビー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワナビーとは

2017-12-09

お前らの言語不一致なんとかならん?

アフィにブロガー転売ヤーは叩く癖に

ちょっと新手のこうちう儲け話副業記事には何故かブクマがついていつもホットエントリーに上がってくる

結局お前らも同じことして稼ぎたいワナビーなんじゃん

ミニイケハヤが、イケハヤを叩く構図の中の一部でしかない

俺は、言行不一致だけは許せないんだよ

言っとくけど、それって最も惨めの嘘つきだから

稼いでるやつを叩きつつ、自分も同じとこ目指してる

2ちゃんねらー以下の存在

本当に恥を知れよ

2017-11-20

anond:20171120163929

文革について語ってみたいから釣ってみたけど、お前はぜんぜん知らなくてがっかりだわ。

もうわかったような口きくなよ。

わかってる人間からしたらワナビーだってミエミエだから

2017-10-16

バカ扱いしてワナビーを味方につけるやり方せこい

ホリエモンひろゆきがそれ

やってることはイケハヤと変わらない

実際桁違いに金持ってる、なにかしらの成功事業の実績があるのは間違いない

ただ、自分承認欲求を満たすため

あるいはメルマガ登録者を増やすためにワザと極論を言って批判対象馬鹿にする

そして、自分の言い分を認める人はまともで、そうじゃない人は馬鹿対立構造を作って信者を作りだしてる

このワナビービジネス本当に鬱陶しい

2017-10-11

はてなと5ちゃんで温度差を感じる

社会底辺みたいな見た目の石橋くんが娘二人のいかにも幸せジャップ一家を一発でどん底に突き落としてたいした罪にもならずすぐ出てこれるという状況は大富豪革命みたいではてなー的には実に爽快だと思うのだがいかがですか?

神奈川県警のことだから冤罪可能性すらある

本当はジャップ夫婦の方が石橋くんにウザ絡みしたのをダーウィン賞的な事故で両方死亡してあとに残された石橋くんが容貌差別とかで神奈川県警執念の捏造により犯人に仕立て上げられた的な

とりあえず増田的には娘二人が将来風俗落ちして出所した石橋くんに姉妹丼(60分30000円)されれば面白いのになと思う次第ですが5ちゃんの一般的見解嫌儲とか)と違ってはてなでは今のところジャップ夫婦に同情的なブコメが多いみたいですね

ちょっと意外だ

増田はわりと嫌儲と客層被ってると思うけどブクマカ上級国民ワナビーが多いのでしょうか

anond:20171011095543

CGを受けてくれる会社が(相対的にだが)少ないのは、直感にわかる。

値段だか人手不足関係で、本意でないところに発注することはあるだろう。

でも、脚本はなー。

声優ほどでなくともわりとワナビー職だと思うし、何となれば四畳半上田誠がやったみたいに、他所の分野の人に脚本を任せることもできるわけで、そこまでつまらない人間を起用する理由があるように見えないんだわ。

あの人はいったいどこで点数稼いでんだろ。

2017-10-10

anond:20171010111040

それは素直にすごいな

だが、それならなんで腐る程稼げてないワナビーはてなにあふれてるんだろうな

真面目にやってないか頭が悪いから


はいお前の次の言い訳

「俺は頭が悪いから無理~」


ていうかワナビー人達も7万ぐらいなら稼げてんじゃね?

専業にしようとするから辛い感じになるのであって

anond:20171010110804

それは素直にすごいな

だが、それならなんで腐る程稼げてないワナビーはてなにあふれてるんだろうな

みんな稼げるなら

稼げるよ商売はてな蔓延するはずなさそうなもんだが

2017-10-09

こどもの頃、小説家になりたかたことを思い出した

正確に言うと、今でも小説家になりたいという気持ち微妙に持ち続けている30代前半のおっさん

だけど今は特に小説を書く練習とかしてないワナビーですわ。

なんでこんなこと思い出したかというと、カズオ・イシグロノーベル文学賞取ったから。受賞のニュースにびっくりすると同時に氏の実績考えたら妥当だなとか思ってたら、昔はよく小説とか読んでて「自分もこんな風に小説書いてみたい」なんて思ってたことを思い出したんだ。そう思ったきっかけとなる作品カズオ・イシグロ作品に触れるよりもずっと前で、『魔術士オーフェン』なんだけど。

あれから数十年、単に消費者しかない自分を見て一抹の空しさを感じてる。

小説用のプロット用に使ってたノートを取り出してきて見てみたら、記憶よりもずっと書いたプロットが少なかった。

昔は少し書けた気がするけど、今は小説を書こうとしても途中で「これ、なにも面白くないんじゃん?」という気持ちがフツフツと沸いてきて、完結どころか一ページすら書けなくなってる。

むなしい

2017-09-02

岡田斗司夫メルマガ面白かった件について

さて、今回はそんなアメリカの「原爆日本に落とす計画」に関してのTシャツです。

https://goo.gl/3Sa7Vk

 

すみません、もう後ろの方で、ちらちら見えてるからわかるよね。

これね、サンフランシスコお土産店で、僕が初めてアメリカに行った時に買ったんだけどね。

 

酷いよね。

MADE IN USA TESTED IN JAPAN」って書いてあるんだ。

アメリカ製造され、日本テストされたっていう。

これね、サンフランシスコフィッシャーマンズワーフっていうところのお土産屋で買ったんだけどね。

 

僕の父親師範学校を出て、学校先生になった。

師範学校から学徒動員にもひっかからず、このまま戦争に行かずに済むのかと思ってたら、

最後最後の年に徴兵されて、広島の方の兵学校に行かされたんだ。20歳くらいだった。兵学校は、

原爆が落ちるような都心部でなくて山の田舎の方だったから、何とかギリギリ助かったという人間なんだよ。

 

こんな経験をしてる人って、僕だけでなくてすごく多かったんだよね。

僕と同じクラスの子でも、家族の誰かが戦死したり、身体障害者になってたりというのが当たり前だった。

 

から、生まれて初めてアメリカに行って、サンフランシスコっていうすごく明るい街の明るいお土産物屋で、

こういうTシャツを堂々と売っているのを見てめちゃくちゃビックリした。

なんかね、ブラックジョークというにしては(笑)ちょっと酷いなと思ってたんだけどね。

 

これ着る機会あるかどうかわかんないなぁと思いながらも、一応買ってみたんだよ。

 

一応買ってみて、SF大会とかに持って行ってみた。

さすがに着るのが怖いから、「こういうTシャツ持ってるんだ」って話したら、やっぱ真面目な人はね、

「やめろよ」とか言うんだよ。

 

でも、当時、1970年代後半のSF業界というのは、本当にあらゆる価値を相対化することが正しいという

すごく大きな流れがあった。

 

例えばね。堀晃さんっていうSF作家がいて、この人、書くものハードSFなんだけど人格は本当に

デタラメという人なんだ。

かんべむさしさんと一緒に2大ちゃらんぽらん大阪SF作家だったんだよね。

ただし、かんべむさしさんの方は書くものちゃらんぽらんなんだけど、人格は大真面目なんだけど(笑)

 

で、人格ちゃらんぽらん堀晃さんは大喜びして、「それどこで売ってるの?」って、欲しがってくれたんだ。

でも、人格はまじめなかんべむさしさんには「そんなもの絶対に着るな!っていうふうに言われてしまった。

 

小松左京さんはどちらかというと喜んでくれた。

 

ということで、当時のSF界でも作家ごとに反応が違ってたんだよなぁ。

 

なぜこんなにSF作家の反応を覚えているのかっていうと、20歳くらいの僕にしてみれば、SF作家というのが、

第2第3の父親とか兄貴替わりみたいなもんだったんだよ。

その人たちがどう感じているのかというのを自分価値観にしようとしていたんだよね。

 

今言いながら、めちゃめちゃ恥ずかしいんだけどさ(笑)

小松左京先生が喜ぶから、俺も喜ばなきゃいけないとかさ。

かんべむさしさんが怒っているから、やっぱりいけないのかなとか。

そんなふうに、もうホントに、ワナビー君の恥ずかしい奴だったんだ。

 

筒井康隆さんにはすごい冷たい目で、「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」というような感じで

見られてしまったんだよね。

 

で、この間、捨てられないTシャツコーナー用に、「Tシャツどんなのがあるかな?」って掘り返したら、

これが出てきたわけ。

やっぱりその頃から30年以上たった今だから、それぞれの人の意見がわかるなぁ。

 

怒る人の意見もわかる。

そういうのは笑っていいかもしれないけど、人前で笑うもんではないっていう人の意見も分かる。

あと、堀晃さんの「いやそんなもんをTシャツにして売っているっていうアメリカ人感性面白いじゃん。」

というのもわかる。

 

なんかねぇ、いろんな人の意見がわかるようになったなぁって。

 

でも、逆にわかんなくなったのが、筒井康隆さんの「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」

「なんでお前、人のことをそんなに言えるんだよ!」(笑)って。

今に至るまでの筒井康隆人生(笑)、「お前そこで怒っちゃいけないんじゃないかな」って思いました。

 

という思い出のあるTシャツでした。

同じSFファンポール・アレンによって、今朝、インディアナポリス号が発見されたと報道されたのも

不思議な偶然だなぁとしみじみ思います

---------------------------

このメール転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジン出所である旨、必ず、URLを明記してください。

http://www.mag2.com/m/0001148694.html

 

岡田斗司夫という時点で読むに値しない」という人もいるだろうし、別に読みたい人だけ読めばいいと思うのだが、

個人的には、今朝のメルマガ結構面白かった

 

日本の大半のウヨク愛国主義)とサヨク相対主義)は皆インチキだよな」というか

 

上記の引用で「アメリカ憎し」の感情に飲み込まれたら、またそれも違うと思う

サイコパス相手に憎しみの感情だけを抱いても意味が無い

実力行使しないとサイコパスにとっては意味を持たない

それにサイコパス側面がアメリカの全てとは言えない、感情に流される側面というのも存在するのが現実

 

宮崎駿アメリカを嫌う理由も分からなくはないし、「この世界の片隅に」がアメリカで上映された意義というのも

非常にあったと思うし(米国人が例え理解出来なくても)、反対に、日本に対する拘束具としての平和憲法に甘えて

自立しようとせずに、こういう目に遭わせたアメリカ自身に守られている立場に甘んじる日本というのも確かにある

 

あれだな、アメリカで講演する日本人が、上記のTシャツを着ていったら、どういう反応をするか?という社会実験

見たい気分はあるな

2017-08-27

ブリなんとか

小説投稿サイトを使ってみた。

今まで一人で黙々と書いていたのだけれども、せっかくなのでネットで公開してみることにした。

ミクシィ流行った時期もミクシィやってなかったんだけど、(そもそも友達がいないので招待してくれる人がいなかった)こういう雰囲気だったのかなと何となく思った。

プロフィールページにも作品ページにも足跡機能があり、読んだ人やスターを送った人が分かる。そんでスターを送ると、マメな人は「ありがとうございます」とお礼をしてくる。

ランキング上位は色んな人と手当たり次第交流する人ばかり。こういうのを互助会?っていうんですかね。スターをばらまいて、そのお返しにスターもらって上位になる感じ。

ランキング作品への評価というより、いかに人と仲良くするかで順位が決まっているような。熱心な人はサイト以外のSNSでも書き手交流して、お互いにスターを送り合っている。(誰がどのくらいスターを送ったのかも確認できる)

プロ志望な人がそれやってると、これがワナビーってやつかと感心する。

熱心な人のプロフィールページちょっと覗いただけで、その本人から、いきなりタメ口1行メッセージが来たこともある。こっちとしては、恐怖しかなかった。

友達いないから人との交流が極端に苦手なんだけど、自分としては交流するために小説を載せたんじゃなくて、ただ読んでほしいだけなんだ。

自分が書いた小説がクソなのかもしれないけれど、読まれもしない。

からといって自分互助会に入りたいとは思えない。仲間内スターを送り合って上位になってもむなしいだけにしか思えない気がする。

1か所しか使ってないから他のサイトは分からないけれど、途端にやる気をなくした。

順位が高い人に嫉妬しているだけかなと思ったけど、その輪に入るくらいなら読まれない方が気楽だ。

読む側としては、一人称小説が多すぎてだるいしかもノリが90年代初頭の少女小説みたいな。ティーンズハートとかレモン文庫とかコバルトとか。

普通に売られているミステリとかの小説でも一人称はあって、ああいう書き方なら面白いんだけど、ネット小説ポエムみたいな少女小説と同じ書き方なんだよね。

確かに90年代少女小説一人称でも面白いのはあった。ジャパネスクとかゴーストハントとか。でもそれって、よっぽど突出した人だよなー。その後一般文芸に行ってるし。

ネット小説普通小説とは違う、独自文化が息づいているんだなと思いつつ、それは独自文化というより、かなり昔の文化が残っているだけにも思える。一時期流行ったケータイ小説の流れみたいな。

字下げしてないのも気になるし、変な改行も気になる。

投稿するとき一人称三人称登録しなきゃいけないサイトはないかな。

これから何だかんだと書けば投稿するだろうけど、つかず離れずのスタンスでいたいなあ、と。あんまどっぷり浸かる場所じゃない。

といいつつ、読者数に落ち込む日々なのだった。しかもこの読者数も、本文ページへのアクセスであって、最後まで読んでもらえたわけではないんだろうなと思う。

開いてみないと自分に合う小説か分からないし、実際自分も開いてみて一人称ポエムだとすぐ閉じる。

2017-07-31

「長文注意」の起源

最近タイトルにわざわざ「長文注意」と入れてる増田を見た。

ネットではちょくちょく「長文ごめん」とか「長文失礼」みたいの見るね。

これ90年代に人気のあったネットニュース(nntp)の習慣だよな。

nntpはまずタイトルだけデータを取得してきて、ユーザーが読みたいやつを指定して本文を取得するというプロトコル

当時は線が細かったから、うっかり本文を取ろうとしたら長文で時間がかかったってことがあっただろうけど、テキストなんていくら長文でも画像にくらべたらぜんぜん小さい。

画像どころか動画広告でさえ勝手に流れ出すご時世に「長文注意」はないよな。

そもそも増田では、タイトルを見たときには本文もダウンロードされてるし。

 

90年代でも、ワナビーが長文注意とか80文字で改行をいれろとか、web掲示板ネットニュースマナー無意味に持ち込んでウザかったけど、20年以上たってもそれが生き残ってるんだと思ったわ。

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170724140000

実際、軽く言ってるじゃん、自分自己イメージと実際やってることの差異理解できない馬鹿か?

そもそも客観的に言っても基本システム部分のプログラムゲームデザインと絵とBGMを全部用意するのが如何に大変かってのは創作やってる人間で知性があるならわかることだろう。

典型的匿名コミューン理想創作観を語ってるワナビーすぎて「私は出来るので」とか言われてもちゃんちゃら可笑しいんだよね。

2017-07-22

はてな民は賢いのかと思ったら違った

みんなあるゆるトピック精通していて、クリティカル視点を持った知識人なんだなと思ってた。みんな鋭い洞察力があるんだなと関心していたんだ

しかし、素人が書いた英語学習ブログや1円ライターが書いた自己啓発本選出の記事に大量ブクマが付いているのを見て悟った

こいつら単なるワナビーやんけ・・・

2017-07-20

プレジデントは、プレジデントワナビーが読む雑誌

いや元々、ビジネス誌の中でもプレジデントって、アレというか。

プレジデントって、信憑性うすい記事とか煽り記事が多いイメージがあったので、一線越えたなー感はあるけど、アレをそもそもビジネス誌というか金持ち雑誌みたいに考えるのは全然違うような気がする。

新聞で言えば大手日刊紙ではなく日刊ゲンダイというか、文春・新潮ではなくて週刊ポストというか、寿司寿司だけどすしざんまいというか。

2017-07-17

何かがプロ化する時

裾野とか底辺の拡大とか言えば、まあ聞こえはいいんだけど、

要は一握りのプロと同時に、そのレベルに届かないワナビーが大量に溢れるってことだから

普通スポーツでも今時セカンドキャリアという名の廃物処理には結構気を使ってるのに

例えばe-sportsとやらにその辺の配慮なんかあるんだろうかと思ってしま

2017-06-18

#ブラックボックス展は最高のイベント

ブラックボックス展とかいワナビーホイホイのクソ展示。

入る前に選別があって、入れない人がいる展示。

展示内容については、真っ暗闇の何もない部屋だけ。

展示最後ネタバレしないで嘘の情報バラまいてね、と伝えられ全員共犯にする。

嘘の情報に騙されてザマー、というだけの展示なんだけど、

一時期前から違う意味話題になっていた。

「選別」→あかされてないけど、基本的集団が全員入れないようになっていて、展示内は個人が多い。

「真っ暗な部屋」→部屋に数十人ぐらいが常にいてくらいからお互いぶつかったり、触れたりするのは当たり前。

「嘘の情報斡旋」→最後SNSで嘘の情報を流すように言われる。何を言っても相手にされない。例えそれが痴漢された、という報告でも。

そう、痴漢するには最高のスポットで、界隈で話題になっていて何度も周回してるヤツがいた。期間中はいくら騒ごうが全て嘘でかき消される。

展示終わってネタバレOKになったからチラホラ声が上がってる。

何があっても最終的にすべてがアート()になるから素晴らしい。

痴漢アート最高!!

みんなが共犯、とか言うやついるけど、

これ考えたヤツは絶対予知できたはずだし、

会期中も泣いてる女の子が何人もいたけど何も対策されてなかったことをみると意図的()か。

何にしても楽しいアートありがとうございました

2017-06-03

痴漢冤罪をはじめとするインターネット世論

痴漢を憎むのではなく、身の回りで起きてもいない痴漢冤罪勝手妄想して「男には自衛手段がない」「女はクソクソクソクソ」みたいなことを言っている人が多いインターネット世論が怖い。

悪意をもって痴漢冤罪風に女性を追い込むソーシャルハックも可能そうに感じる(実際には難しいかもしれないが、風潮の話として)

そうなってくると、なにがおきるか。

実際には冤罪の何倍も(何百倍も?)発生しているであろう痴漢が発生したときに、そういう風潮がノイズになって真実がわかりにくくなることがある。

念の為に言っておくが、数が少ないか冤罪が起きても良いという話をしているのではない。

冤罪はなくなるべきであり、痴漢冤罪男性を陥れるような奴らが活動しにくくなるのは良いこととだ。

その副作用としての「冤罪言いたいだけ」みたいなワナビー社会ノイズになるという話。

2017-04-25

トランプとくたびれはてこが同じカテゴリってのは新鮮な解釈だな

http://anond.hatelabo.jp/20170425191908

なるほど、エンターテイメントなんだな。

社会正義を気取っているが、要はストレス解消と悪名含めて脚光を浴びるのが快楽だ、と。

から正義の厳密な定義などどうでもよく、むしろオレオレ定義でうっとりできる方がより気持ちよくなれるわけだ。

難しいこと考えずに快楽に浸れるからフォロワーワナビー結構な数集まると。

しかネトウヨ系だとストレス解消は出来てもバカにされてカッコ悪いが、

サヨク系だったら正義の味方を気取れるから、そっちの方がステータスも上になれてお得感高いな。

(もちろん中身はウヨクサヨクもドッチモドッチなんだが、

 差別主義者と人権主義者、どっちが響きが良いかと言われたら100人100人後者を取るだろうしな)

真面目に取り合うだけバカを見ると。

ストレス解消したい奴らのお祭りに過ぎないのか。

なるほどなー。

2017-03-06

ブログサロンに入るやつはだいたいバカ

ネットワークビジネスブログサロンも、引っかかってるのはだいたいなにも考えられない頭空っぽワナビーF欄大学生ばっか

実際に集まりに潜入したことあるからわかるけど、あいつら揃いも揃って頭悪そうな顔してやがる

かわいそうだから食い物にしてやるな

2017-02-27

キンコン西野さんついに情報商材屋に担がれる

悲報朗報?それとも既定路線か。

情報商材屋と呼んでいいのかわかりませんが、ネットビジネスノウハウを売っていると言いながら

実体海外移住して遊びながら暮らしているっぽい写真Facebookアップロードして

ワナビーからセミナー費やコンサル料を集めている集団に担がれてました。

https://camp-fire.jp/projects/view/19478

http://www.shihosu.com/nishino225/

http://shonan-happy.com/archives/12043

講演会資金炎上芸人とかけてCampfire調達。約270万円でゴールしたそうです。

開催された講演会では常識にとらわれない新しい働き方についてディスカッションされたそうです。

ちなみに、主催者の1人として名前が出ている「花井志穂」さん。

Google先生サジェスト結果は「セミナー 教材 メルマガ 詐欺」でございました。

2017-01-30

シバキ主義な世の中に疲れた

完璧でありたい自分と、決してなれない自分完璧でありたい自分と、やろうとしない自分。人はこうあるべきだという情報に踊らされ続ける自分。やるべきことが多すぎて何も出来ない。ワナビー。生まれ変わりたい。でも努力はしたくない。クズい。過去ばかり振り返る。あの頃は良かった。楽しかった。そんな時があったから余計に今がつらい。自分を奮い立たせても、一日も経てば元通りだ。眠りたい。ずっと。眠っていたい。夢の中なら楽しくいきられる。そんな気がする。お布団。優しい。眠い眠い眠い眠い眠い。起きたくない。おやすみ。歯磨かなきゃ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん