「国家試験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 国家試験とは

2020-06-01

anond:20200601165556

特別神様のような趣味のよいすごく偉い人に主導されて、応募が殺到して人気があったところから、伸びた人間が出なかったんじゃん

その時参加して伸びた人間はどこいったの? 消えたの?

東大法学部講義司法試験国家試験も、伸びた人が関わらなかったの?

なんで?

https://anond.hatelabo.jp/20200601164129

 明治昭和が「よかった」というのは、なにも、今の悪質なものよりも美しかったとかい意味ではなく

   特別神様のような趣味のよいすごく偉い人が主導していたとか、参加するとメリットがあったから、応募が殺到して人気があったとか、

 自慢できたから、伸びたとか、そういう意味でよかったと言ってんだよ

   今はそういうところが何もない。東大法学部講義内容もガラクタだし、法務省作成司法試験も、国家試験も全てガラクタ

     安倍政権になってから東大法学部や国は、日本人とは思えないほど理解不能気持ち悪い方向に走って人気がなくなり終了した

https://anond.hatelabo.jp/20200601163020

 いねーよ。法務省HPに公開されている新司法試験問題も、短答式はただの知識問題論文式試験も非現実的もの

趣味も何もない。短答法律教科書に書いてある基礎知識を知っているか過去ガラクタ裁判官が出した判例内容を知っているか

  論文試験は、過去に完成し終わった論点を暗記しているか勝負が決まる。弁護士裁判官としてのセンスとか才能などは一切問われない。

    国家1種試験も、論文式試験を軽視し、事務処理問題を増やしたせいで嫌悪されて終わった。

   司法試験にも国家試験にも、昭和のよかったところは何も残っていない。

https://anond.hatelabo.jp/20200601160055

   今の裁判官補や検察官は、物書きとしては低能で才能がなく、明治昭和ハイセンスな物書きとは比較にならないか

      昔は、試験答案に書いた文に意味がないとか、センスがない、何も考えていなさそうな才能がないバカは、試験考査委員の偉い大学教授から

     不可にされて泣いていた受験生も多く、逆に、Aとか優の成績を得た受験生は肩で風を切って法曹界に進み、裁判官矯正区長の将来の席は

     約束されたも同然というような法学界が非常ににぎわった時代もあったが今はそんなところが何もないから。国家試験問題司法試験問題クズ

      昔を知っている本物の文章家にキレられ安倍晋三バカ政権になってから誰もそういうところに行きたがらなかった

        平成時代東大採用された我々の時代も、同等に相当に自主修行を積んでレベルの高い答案を作成しなければ東大には合格できない現実があったが

    都合が悪いからそこを語る者がいない。

2020-05-31

20XX年の普通免許

20XX年、経済格差ますます大きくなっていた。そんな中、英国歯科医ゲイリー氏の提唱したアンチノーマライゼーションSNSを中心に支持者を獲得していった。普通とはなんなのか? 普通という言葉他人を、自分自身を縛りつけてはいないだろうか? 彼の提言と支持者は英国だけでなく世界世論形成し、やがて「普通」という言葉をみだりに使用することは許されなくなった。使用前に管理官の下で判定を受ける必要があった。管理官になるには国家試験パスし、免許を取得する必要があった。これがいわゆる普通免許ではない。

2020-05-28

https://anond.hatelabo.jp/20200528211120

  平成18年時点で東京大学法学部は終わっていたし、中身の教授クソカス行政法試験ほとんどの学生

受講しなかったのに、試験問題は厳しかった。

   当時の行政法第一部(行政法総論)と第二部(手続法)を担当した教授は、主として環境行政判例を参考にしているし

現在東大法で行政法を教えている教授も、警察行政に関しては、多額の税金担保されているなどというのみで、警察行政法に関して詳しい講義

展開されていない。

   法学政治学研究科ロースクール法曹になるためにいくところだし、東大法学部から警察官僚になる者は、卒業後に国家試験を受けてなるが

少なくとも私が東大法に在籍していた当時の同級生警視庁警察庁に行った人を知らないし

   現在でも警視庁などのパンフレットをみることがあるが、平成18年前後東大法学部卒業して警察官僚になった者は見たこともないしどこで何をしているか

からない。

   というか基本的東大法学部自体が相当前から終わっているから関わってはならず、現在ロースクール国家試験から先はブラックから日本人は関わってはいけない。

2020-05-26

anond:20200526002227 情報処理技術者試験なんて簡単で案外役に立ちます

情報処理技術者試験なんて、実務、特にマネジメントなんかやっていると役に立つことが多いです。

前提が違う気がしますよ?

まず前提の捉え方がちょっと違いますが、「情報処理技術者試験」とは国家試験でありながら、医師国家試験危険物取扱者試験などの国家試験とは異なり、

別に持ってなくても実務に従事できるって言う不思議国家試験であること。

なので、別にこの試験がなくても、情報処理技術者としての仕事にまったく支障はないです。

 

じゃあなんで試験なんか受けるの?

情報処理技術者試験は、ちゃん情報処理のこと勉強してますよ!ある程度の知識は修めてますよ!って言うためのものでしょう。

名刺資格もってるよマーク載せてIT系なら任せてよアピールをするためのものでしょう。

たこ資格を持っていることで、ちゃん勉強している人間なのか、その指標にもなるのでマネジメント一助になるです。

なので、エンジニア同士の共通言語って位置付けな気がします。

 

そんなにひどい問題が多いの?

ご指摘の通り、暗記問題ばかりで実際の業務には何ら役に立たないように思えますが、

一方で実務以外のコンピュータ技術本質的な設問であったり、法務関係問題もあったりして、

マネジメントの他、教える立場になったときや、企画開発なんかで広く浅い知識必要になったときには役に立つかと。

 

そもそも逆なんですよね。この問題を解けたら良い設計ができる、とか、優れたコーディングができるんじゃなくて、

まともな設計知識を持っていたら、このくらいの問題は知っていますよね?ってのが技術試験の一面です。

※あと、「コードが書けるわけでも、良い設計ができるわけでもありません。」って否定をするなら、せめて応用のほうから持ってきてくれないと・・・w

 

ちなみに、UMLの基本や、開発手法MPEGなどの標準規格名称なんかを覚えるのは、設計コーディングにおいて「超大事」なことです。

そうした名称をもとにして開発を進めていくわけで、いちいち「要求分析から実装までの開発プロセスを繰り返しながら、

システムを構築していくソフトウェア開発手法」でやります!みたいな説明しなくても「今回はスパイラルでーす」って一言で終わるじゃないですか。

基本情報技術者試験レベルメンバー全員が資格取得してくれていれば、「スパイラルでーす」で終われるってすばらしい。

 

情報処理技術者試験なんて簡単に取得できます

合格率は基本情報技術者試験で3割弱、応用情報技術者試験で2割強となっています

なので、一見難しそうに思えますが、非常に簡単です。覚えればいいんですから

そもそも基本情報なんて、非IT系会社勤務の方の合格率が、IT系会社勤務の方の合格率を超えているという・・・)

なのに合格率が低いのは、みんな真面目に勉強(暗記)していないからと思われます

試験会場にいくと分かるのですが、まずスタート時点で1割強は机の空きがあります。とりあえず申し込んでいるだけなんでしょう。

会社によっては予算取ったから行って来いよ、みたいなところもあるのでしょう。

暗記試験で引っ掛け問題も少なく、広く浅い問題範囲なので、1~2か月真面目にやればだれでも取得できますよ。

ただ、さすがに150分座ってるだけで取れるような試験ではないことは確かです。

範囲は広いですし、勉強してなきゃ聞いたことがない言葉なんてザラです。

 

情報処理技術者試験は案外役に立つ

上記を言い換えれば、真面目にコツコツ勉強してくるやつアピールが出来ます

合格率2割の国家試験を、通常業務をこなしながら取得してくるだと・・・!?化け物か! みたいな

雰囲気でとらえてくれるおじさんは、まだまだいっぱいいますよ。

 

受験だってそんなに高くないし、そこまで噛みつくような試験でもないと思いますけど。

2020-05-23

警察行政法流行った時代

   警察の男はとにかく醜悪から警察行政法明治帝国憲法においては特にそのような法はなし)が、明治時代

終戦後に一時期流行り、警察のようなゴミをどうにかできるならと、東京帝大ないし東大法学部から警察官僚になるのが人気だった時代が130年前や60年前に

あった。しかし、昭和40年以降、悪が勝って裁判所警察も都合のいいような仕事を開始したため、日本人気持ち悪がられ、東大法学部から裁判官

警察職には人気がなくなり、段々と司法試験国家試験の人気もなくなってきた。それ以降はずっと腐っていて最悪

2020-05-18

https://anond.hatelabo.jp/20200518213138

 平成18年の東大法学部生の中でも、ほとんどの超絶激臭膣は、子供で、法律やりたくなかった、9割以上は駒場コンパやったり

   キャンプラゲームしたり、恋愛したり、時代錯誤社に入っていきったりしていたガキが多かったはずだ

  そして教養学部学修を終えて法学部に進学が内定しても、お前みたいな異端の膣以外は授業に来ず、また当時は基礎演習もなかったし

 東大法学部では卒論がなかったので、定期試験を受けたらおさらばだった

    その後、ロースクール国家試験民間会社にいった膣が頭がおかしかったので、平成文Ⅰにいった超絶膣のほとんどは子供だったか

 自分に到達できない当時買わされた判例全然理解されていない、悪人は、当時文Ⅰ内でも主流だった子供の超絶激臭膣に対して、到達できない試験強制した

   東大法だ

2020-04-22

anond:20200422133717

大学教養科目ならオンラインで出来るだろ

専門科目も講義だけならオンラインで出来るし実際やってる

実際に患者を扱う実習だけが出来ないって話だし、それは来年に回すしかないだろうがまあ1年なら少ないしま時間あるし何とかなるだろ

やばいのは実習多い上の学年だよ、未履修になったら国家試験も受けられない

小学生普通に夏休み短縮して補習だろうよ

ドラッグストア調剤兼務薬剤師。もう限界

ドラッグストア勤務とはいいながらも、薬剤師調剤業務OTC薬だけ販売すれば良いと言われて入社した。

それが今のコロナ騒動

調剤OTC販売の片手間、マスクと消毒液の対応に追われる始末。

毎日年寄りから怒鳴られたり悪態をつかれるのは当たり前。年寄り5人に囲まれて何故マスクを売らないのか、隠しているマスクを売らないのかと詰問されて土下座して陳謝する一面も。

6年間大学に通って、病院薬局実習を行って、やっと国試を受かって薬剤師になったと思ったら、小売りの仕事だけだった。実際、弊社の業種分類は小売業だしね。ドラッグだけで無く、調剤専門の薬局小売業らしい。

アンサング・シンデレラとか言われているけど、6年間大学に通って国家試験に受かっただけの物売りが現実

もう限界

2020-04-03

コロナウイルス感染爆発に対抗するための行動指針@オランダ

https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/tackling-new-coronavirus-in-the-netherlands

山中教授サイトに載ってて良さそうだったので自分用に和訳

これを「~しなさい」じゃなくて「~してほしいな」って言うなら要請にの範囲だと思うんだ、どうかな!

ホントなら「~してほしいな、してくれたら~は保障してあげる」って言ってほしいんだけどね

なお増田英語素人(TOEIC600点台)です、変なとこあったら指摘してくれ

全般

公共生活

※集まる場合はあらゆるウイルス対策必要。あと1.5m以上離れろ。

子ども教育

施行

2020-03-26

anond:20200314180257

医師免許一種しかなくて、国家試験に受かれば基本的に何でもできる医者になれるというのが原因の一つかもしれない。

たとえば医師免許看護師免許中間くらいの難易度ホームドクター免許みたいのを創設すれば、一次診療患者対応志向する女性医師は増えるし働きやすくもなるだろう。

でもこれは、開業医が二級医師扱いされることにつながるから医師会は絶対に反対するんだ。

国民皆保険制度の成立は武見太郎の功績が大きかったと思うけど、開業医発言力が強くなりすぎたのは弊害ですね。

2020-03-11

anond:20200311111441

医学部推薦はそれなりの学力なきゃ入れない

親がOBかつよっぽど寄付金積めば多少学力劣っても入れてくれる私大もあるだろうが、どっちみち国家試験自力で通らないとならんし

そういうのは親の病院継ぐだけだしなあ

2020-02-18

国内SNSヤフーコメント欄禁止個人情報発信には国家試験クリアを課せばいいと思う

毎日多くの人・時間を費やしているが議論する場にはならなかった。より文字数を少なくし共感を得るためだけのツールとなっておりメリットよりもデメリットの方が多い。

裁判のように過去の事例を参照せず、すぐに流れてしまうため議論を深めることもない。

また年単位問題を蒸し返すこともある。


SNSヤフーニュースが出始めであれば、実験ということで済ませばいいが、

自浄作用はなく、より悪化する一方である


多くの炎上では1次ソースではなく、メディアによる発信を再送信しているに過ぎない。


政治への監視有効だという意見もあるだろうが、その場合は効力を持たないネットSNSよりも、直接政府機関へのパブリックコメントに出すべきである

2020-01-21

anond:20200119233455

俺は苦労して医者になった。

両親は高卒で、片方は貧困のため仕方なく、もう片方は学力的に、それぞれの理由大学進学を諦めて働いていた。

俺はそんな両親の長男で、田舎レベルではあるけれど、そこそこの頭の良さと、かけられた期待のおかげで、それなりに優秀と言われて育った。(親戚は高卒だらけだったが、唯一旧帝大卒のおじさんがいてそれを目標に、とか言われていた)

共働きで働いていた両親に変わって、母代わりの祖母が家にいて俺はよく慕っていた。祖母お茶飲み友だちにもお前は頭がいいと褒められていた。

俺が小学校低学年の夏、その祖母交通事故で重傷(ちなみにこれは医学用語ではない)を負ってから、俺は医師になることにした。小学校卒業文集には未来の「増田医院」の話を書いた。

中高時代のことは面倒だから省くが、俺は医学部には入れなかった。偏差値が5以上足りなかった。通える範囲地域で一番の進学校だったけれど、現役で医学部に進学したのは4人(国公立3人、自治医1人)だった。

なんとか浪人させてもらえることになり、政令指定都市うつり寮から予備校に通った。

結果から言えば、俺は医学部には入れなかった。2浪はできないので、センター試験で85%以上なければ医学部は受験しないと両親と約束たからだった(具体的には84%に止まった。全統記述偏差値67程度だったので、無理はできなかった)。俺と同程度の偏差値の奴らが少々の国公立医学部に受かっていった。俺より悪い成績の奴らがいくつかの私立医学部に受かっていった。俺は俺でも受かりうるレベル私立医が3000-5000万の学費がないと通えないことに絶望を覚えた。(当時、帝京大医学部の学費は4900万くらいだった)

やりたいこともなかったが、旧帝大工学部合格したので進学した。

やりたいことがなかったので、1年生のとき単位ほとんど取らなかった。「旧帝大工学部」の合格ときで喜んだ両親をなぜか恥ずかしいと思っていた。2年目は休学した。休学して再受験しようと思ったけど、思っただけで、びっくりするほど何もできなかった(抑うつ的だったし、適応障害的だったなあと振り返って思う)。

復学してからは進級できて、そのまま4年生になり、大震災があり、思うところがあり、残り10ヶ月の期間だけ勉強して医学部を目指すことにした。両親には黙っていた。予備校には通えなかった。教授には2ヶ月後の記述模試でA判定を出さなければ受験を認めない、と言われた。3ヶ月後、教授から受験の許しを得、両親に黙ったまま勉強を続けた。

お金がなく、模試も全部で4個くらいしか受けなかった。2万円弱のセンター試験の出願料だけでも生活費を圧迫した。1校6万円する私立医の併願など、もちろん念頭になかった。

公立医学部を受けるとして、地方の受かりやすいところを探せば統計的には確実に受かりそうではあったが、遠くに受験しに行くお金はなかった。女性ではないので性別理由にした入試差別を受けることはないが、再受験生は性別によらず差別リスクがある。こういった差別的傾向は当時も医学受験界隈でよく言われていて、そのため差別のない(と言われている)大学医学部を受けることが再受験生の受験戦略となるのだった。こうした入試差別は、偏差値に比例してなくなっていくとされていた。旧帝大医学部は純粋学力勝負ができる。俺はそのまま部屋から受験しに行ける旧帝大医学部を受験することにした。

前期試験一発勝負をして、約10日後「合格」の文字を見ることができた。

医学生活は面倒だから省くが、一言でいえば普通に部活をし、遊び、勉強をした。留年することなく進級・卒業国家試験にも合格した。俺は医師になれた。

研修医生活は本題ではないので省く。でもちょっとだけ言うとすれば、医師労働環境は、人間のする働き方ではなかったということだ(俺は比較的楽な方の研修だったが、週1,2回の連続30時間勤務や25連勤でもう無理だと思ってしまった)。女性医師出産や育休で労働時間がああだこうだと言っている人がいるけど、この働き方は男でも無理である東京医師が多いのでまだ余裕があるが、俺の出身地方はすでに医師がどんどん減ってきており、崩壊は当然に時間問題である医師の使命感と根性で成り立っている地方特に女性医師にやさしい環境ではないし、女性医師にやさしい環境でない地域女性医師が残らないので、つまり男性医師も残らないか人柱になって折れるのを待つだけだろう。

俺は地方に残るのをやめ、保険診療医もやめることにした。東京自由診療をして、それなりの暮らしをする。

医学部の合格通知は、約10年経った今でも宝物となっている。

2020-01-20

anond:20200119233455

医学部勉強は入ってからが大変。

国家試験勉強量は大学入試10倍以上。

そのハードワークを普通にこなせる人だけが医者になれるし、なってから専門医やら勉強が続く。博士号もとらなくちゃ。

大学入試に受かれば一生安泰なんてのは文系だけさ。

2019-12-20

Amazonよりオレンジブックの方が凄くない?

カテゴリ分けされててわかりやすいし、ペラペラめくってるとこれ便利そうだなってのが見つかる。

(薬剤師国家試験参考書じゃないほうのオレンジブックね、カタログの)

2019-11-25

追いつけ追い越せ

進学校から普通大学に進んだ。オタクの友人の殆どは上位国立大に、残りの数少ない友人も早慶に行った中、クラスダントツ最下位私大偏差値50くらい)に進むことになった時は流石に泣いた。

大学在学中、母校の名に恥じぬように勉強そっちのけで趣味バイトに打ち込み、人並みに恋と失恋をし、ゼミサークルの中ではただ一人一部上場企業に入り、入ってから仕事趣味に打ち込んだ。法学部卒だけど機械系のメーカーに入ったか機械工学と材料科学勉強し、今ではちょっとしたフィールドエンジニア的な仕事ができるようになった。給料は少しずつ、けど着実に増えていった。

やがて恋人ができ、たまの休日には旅に出た。見た目にも気を使うようになり、背は高くないけどある程度見られる姿になったと思う。個人的資格試験勉強も重ね、国家試験を二つ取得し、海外営業できるくらいの英語力は身につけた。

ちょうどその頃、東大大学から英国大へ研究員として渡ることになった同期と飲んだ。政治家の卵として日々身を削っている同期とも飯を食った。早稲田を出てベンチャーに入り、子会社へ出向してマネージャーやってる同期とも酒を飲んだ。自分はまだまだだと思った。

そこからまた仕事を覚え、IT系国家資格も(仕事関係ないけれど)取ることができた。プライベートではとあるフェス出演者として招かれ、断続的にではあるけれど音楽に今まで以上に打ち込む必要が出てきた。その辺りで結婚し、互いの合意の下に結婚式は挙げずに海外へ旅へ出た。一年の後、娘が生まれた。

娘が生まれても音楽は続け、転勤後もすぐに音楽仲間を見つけてそれなりに活動できるようになった。給料は年齢の割に貰えるようになった。今では娘を保育園からピックアップするために週に2回くらい早めに仕事を終えるようになった。育児にもそれなりに参加して、士業をしている嫁ともうまくやっている。

つい先日、所用で地元に帰った。そのタイミングオタク同窓会をやろうという話が持ち上がり、すぐに参加を決めた。久しぶりに会った彼らはあの当時の雰囲気のままだった。一瞬で関係性は昔に戻り、今ではすっかりご無沙汰な二次元トークに花を咲かせた。

その場でうっすらと気づいたけど、彼らの多くは旧帝国大学を出てはいたが仕事はうまくいかず、もしくは世間に順応できずに辛い日々を生きているらしい。恐らく恋人はおらずに日々をスマホゲームに費やし、仕事愚痴ばかりツイートしている。

もちろんそれなりに成功している友人もいて、パイロットや国の研究機関勤務の研究員財閥系の商社マン銀行員国家公務員と挙げればキリがない。ただ、底辺だった自分がそれなりの暮らしができているのは驚きだった。追いつけ追い越せと自分に言い聞かせて過ごした、ここ10年以上の月日を思い出した。

同じような話ができた彼らとも、今ではあまり共通話題がない。少し悲しくなった。もっと俺を嫉妬させて欲しかった。

追記

いろいろ誤字してスマソ。通勤時間で焦ってたんや。昔は音楽の腕も駿台模試の成績も、友人同士でオタク知識まで競い合ってたんだよね。分野は違えど各々得意があって、無限エロい話続けられる奴、帰国子女英語無双する奴、英語以外全国トップの奴、理系オリンピック金メダルとる奴、色んな人がいた。今でも自分の得意を極め続けていて欲しかった。

もちろんゲームだってつの立派な趣味だけど、昔はもっといろいろ持ってた人達なんだ。この10年以上追い求めた理想OB像は彼らに大きく影響されたんだ。その彼らと仕事だったり趣味だったり、高校生並の話を今でも続けていたかったんだ。。

2019-11-21

医学部5年生だけど親と絶縁して住む家が消滅した

【要約】

クズ親を引いた結果家が崩壊し、俺の精神崩壊した

【経緯】

高2くらいから親の仲が悪くなり、俺精神を病む。そのせいで狙っていた大学より1つランク下の大学に行くことに。まあ、それでも医学部入れたからいいんだけどね。

大学3年の頃、ついに父親が家を出、離婚調停が始まった。

決定的な理由としては、

母親不貞行為父親出張中に男を家に連れ込んだ)(父親側の主張)

父親疑心暗鬼ぶりに怖くなった(出張と嘘を付いて実際に男を連れ込んだ現場にのりこみ大暴れする。具体的には植木鉢とか食器かめちゃくちゃ割った。家の中の盗聴までしていた)(母親側の主張)

と、両者で食い違っていたので、本当は何が真実なのかは分からない。正直、どっちもあったんだと思う。

父親が家を出てから自分精神状態悪化がぶり返し、大学カウンセリングルーム通いになる。

そして、4年の終わり頃に、ようやく離婚が成立した。父親は住んでいたマンションを売りたがっていたのが、母親はそれを拒否し、結局親戚に立て替えてもらいつつローン返済することになった。なお、その時のダシとして、「俺くんは実家から通いたいと言っている」と主張するよう、母親から迫られた。まあ、この時は、父親と暮らすよりはまだ母親と暮らす方がいいだろうと思っていたから、別にそれはいい。父親暴力性にビビってたので。

その後、5年生の1年限定で、大学近くに一人暮らしをすることに。医学部5年は、BSLといって実際に病院内で実習するので、朝早かったりして忙しいのだ。

一人暮らし費用は、父親7割、母親3割くらいの比率で出してもらえることになった。レストランで、泣きながら、ごめん、本当にごめん、、、と言って父親から金を出してもらえるよう説得したことを、今でも鮮明に覚えている。

しかし先日、母が自分のいない隙に男を連れ込んでいた(たまたま連絡無しで帰ったらいた)。自分激怒して絶縁を言い渡した。というのも、母親不貞行為疑惑の時、母親自身はただの友人として弁明し、俺はそれに対して「誤解されるようなことをする時点で倫理的ダメだ」と、かなり厳しく言ったはずなのに、今回も同じような状況にしていたから。

今回もただの友人だと言って泣いていたけど、正直信用できない。一度下宿まで母親がやってきたけど、ドア越しに蹴りを見舞った。

その後、俺は電話口で激しく罵った。絶縁だ、医学部の周りは家庭環境良好で裕福な奴らばかりだ、こんなハンディキャップを植え付けやがったこと、一生恨んでやるからな!……そう言って電話を切った。

だが、直後に父親も、既に新しい女と新生活を始めていたことが判明した。母親が泣きながら弁明した際にバラしたのだ。

父親は、新生活資金のために、母親マンションの残りローンの一括返済を迫っており、また今家庭裁判所協議しているらしい(俺には教えてくれていなかった)。

どうも、父親は家を出るときから既に女がいたらしい。

もう母親と一緒に実家暮らしたくない。気持ち悪くて仕方がないから。

でも、金銭的な問題で、どうにもならない。

女を作っていた父親とも、もう話したくない。

医学部は6年制で、あと1年ちょっと残っている。

6年の終わりには国家試験もある。

こんな状況で乗り切れるか、不安で仕方がない。

元々精神科医になりたくて、医学部を目指していたのに、今じゃ精神科医に患者として世話になる始末で、情けないったらありゃしない。

最近はもう、なぜ大学に行くのか、なぜ生きているのか分からない。

俺は客観的に見て可哀想なのか? それとも甘えなのか?

最近、某Vtuber中の人も、相当な毒親持ちと知った。どうやら年齢もほぼ同じらしい。

その毒親エピソードを聞く限り、俺よりもかなり酷い。でもその人は今日も何の苦労も見せずに、楽しい配信提供し続けている。

その人の存在けが、今の俺の救いだ。

どうすればいいんですかね。(なおこの文章は貰った抗不安薬を飲んだ状態一気呵成に書いている)

2019-11-11

過去トンデモ医療を受けた、現在進行形トンデモ医療を受けている患者さんとお話しすることもあります

歯科保険なら銀歯だけど、自由診療で白い歯にできる。がんの自由診療もそういった”少し贅沢な治療”だと思っていました。」

「どうして科学的根拠のない治療をしているクリニックが駅前普通病院と同じように開業できるのですか?」

国家試験を受けた医師が悪いことするとは思わなかった」

トンデモ医療を受けてしまう人は必ずしも学力が低いわけではありません。

これを読んでいるあなたと同じような普通の人です。

過去乳がん罹患した医師自由診療免疫細胞療法に500万円以上支払いがんが悪化してしまったと著書で書かれていたこともあります

2019-07-29

anond:20190726123748

それがなあ

初孫結婚式(孫の中で初)を目前に控えての死だったよ

がんが全身転移してしまってな

わたし薬学部に進学したのもとても喜んでくれたのに、国家試験合格発表にも間に合わなかった

そんな状況だったのになにピースしてんだって、今でも疑問だよ

2019-07-25

昔のことをたびたび思い出す

今、病気で療養中なんだけど

活動的一生懸命目標に向かっていた昔のことを頻繁に思い出すんだ

病気で体があまり動けなくってさ、今の現状に落ち込む。

すっごい一生懸命資格試験勉強してた学生時代とか、24時間刻みで活動してたし、朝起きて準備して大学行って国家試験受けて受かった時の喜びとかそれなりにあった。

社会にでて周りからいじめられてもなんとか頑張って日々をやりくりしてきた。そんな過去日常は本当に体全体で時間を走りぬいてきてたんだとおもう

嫌なことも多かったし、つらかったことのほうが多くてたくさん傷ついたこともあったけど、倒れてしまったんだ。

それでもアクティブさの消えた今の自分にとってはまだその過去のほうが充実感は少しあったんだわ

あの頑張りが今の落ちぶれた自分につながっていたのかとか考えてしまってさ

これはもうあかんなあ

立ち上がる気力でてこんねん このまま病死かなぁ

2019-07-21

普通の人より挫折をした人が積極的に発信をするべき

先程とある医療系の国家試験対策予備校合格体験記を見ていた

その中にとても印象に残るものがあった

それは国家試験に落ちてしまいもうダメだと思ってその道を諦め別の道に進むために専門学校に通い別の国家資格をとれたけどやっぱり諦めてしまったその道に進みたい!と思って予備校に通い自分より年下の人が多い環境勉強に励み他の同級生より遠回りして30代になってから社会人になった方の合格体験記だ

私はその国家試験を受けるわけではないが勇気付けられたかのような気持ちになれた

30代になってから社会人ということは普通にあるような遠回りとは思えない

合格体験記によくあるような1浪して合格できたというのはその1年は死にもの狂いで勉強しただろうし超難関な受験を乗り越えれたかもしれないが正直印象に残らない

その方のように普通の人がしないような挫折をした人が積極的に発信しいろんな人を勇気づけていただきたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん