「日常系」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日常系とは

2018-07-10

ニコニコにいる低能先生そっくりさんについてお話しま

みんなは「公式アニメタグ独占荒らし(通称滋賀タグ荒らし)」「ぬぬぬ」って知ってるかな?

公式アニメタグ独占荒らし問題とは - ニコニコ大百科

ぬぬぬ(転載投稿者)とは - ニコニコ大百科

いやだねぇ…。

ところで、彼らを見ていると誰かを思い出さないか?そう、我らが低能先生と行動がそっくりなんです。

彼らのアカウントをどれだけ消そうが意味がない。簡単に再取得できるのでBANされようが規制されようがすぐに復活する。ある意味無敵の人。むしろ不死身の人か。

ちなみに(く)アップデート炎上の際にユーザーから運営こいつらをなんとかしろという要望もあっただが、見事にスルーされ現在活動中なことを考えるとすぐに対処すべきではない、放置して問題ないという事らしい。

結果的に彼らの生き甲斐を奪わずニコニコに閉じ込め、数年に渡り放置することで社会から隔離するのが正解だった事が証明されてしまったわけだが。

もしも(く)アップデートの際に本格的に対処していたら?ニコニコ本社に乗り込んでいたかもね。Youtube本社襲撃があっただけに洒落にならない。

ニコニコさんにはこれから社会不適合者隔離施設としてしっかり機能して欲しいです。

2018-07-06

高木さんだけじゃなくて

日常系っていうの?

かわいい女の子が登場してるだけの漫画がだめ。

しかしたら作者は気の利いた会話とかしてるつもりかもしれないけど。

2018-06-19

anond:20180619113932

増田ならこっちに言及で書いたらいいのになんでブクマちゃうんだろうね

とくにお笑いとか日常系とか、あんなのブクマ汚染しかないと思うんだけど

2018-06-10

anond:20180609214605

この人はなんで自炊したいんだろう。

惣菜でとか外食とかで十分満足できるなら自炊するメリットってあんまりないと思う。

自分は単に料理が好きだし食べるのも好きだからしてるけど、節約目的なら自炊する努力が浮いた金に見合うか考えたほうがいいのかも。

最近ある日常系料理マンガとかYouTube料理動画ときめかないなら自炊向いてないんじゃね。

2018-05-19

anond:20180519015352

感受性はあまり関係ないというか、どちらかというと低い。

キャラクターイレギュラー情動言動に対する許容度が低いのは、人間の複雑さに対する想像力が乏しいせいで寛容性を失っているってことだから

あい人達は、道徳規範規則性・一貫性に対してものすごく(それこそアスペ並に)執着する融通のきかない考え方に何らかの理由で陥ってる状態だと思われる。

ものすごくゲスだったり浅慮だったりする言動をするキャラがいて、物語中で空気を悪くしたりして、そういうのに対して苛立つ人が多いんだよね。

でもそういうキャラは、そういうキャラになるだけの人生を送ってきていて、そういう役回りの人が必要から存在させられているんだ、と想像してあげるのが一般的な受け止め方だったはずだ。

あとシリアス展開とか、あと共感性羞恥が働くようなアチャーな場面とかを異様に忌避する人たちもいるけど、彼らは何事も起きない萌え日常系アニメみたいなもの制作思想に心の受容体が変形しきってしまっているんだと思う。

ふつう物語では衝突や失敗を経て人間的成長を描くことは避けられないし。

2018-05-18

anond:20180518171933

南極よりゆるキャンの方が売れてる

ていうか日常系を1つくらい入れろよ バランス悪いだろ

ごちうさキルミーベイベーでもいいぞ

2018-05-17

日常系アニメを見て精神状況が悪化した

表題の通り。1話見ただけでこうなった。

高校生の「普通の」日常が描かれていたが、その「普通」に辿り着けなかった過去自分

実家にいても「お前は普通じゃない」的なことを婉曲表現でいわれる現在自分

普通の」人生を送れず落伍する未来自分

そんなことを考えさせられるアニメ精神状態悪化した。

キャラデザで釣られた。ある意味エルサゲートに近い。

2018-05-15

anond:20180515140129

アニメキャラって日常系でなければ、ほとんどのキャラクターが10歳ぐらいサバ読んでると思う

15歳を無理やり兵器に乗せるのは無理があるが、25歳なら普通

30歳の基地司令官なんてありえないけど、40歳ならありそう

2018-05-11

anond:20180511121936

エヴァのヒットが暗い世相にマッチしていたとか言ってる奴は

不景気から何も考えなくていい日常系流行った」とか

不景気から殺伐としたサヴァイブ系が流行った」とか

不景気から現実から逃げたくて異世界転生が流行った」とか

そのときどきの適当な言説をいちいち信じ込んでるアホだから無視していい。

2018-05-08

好きなアニメ挙げるのでオススメ教えてください

ここ三年ほどあまり観てません!!!

特に年代指定はありませんが、「このアニメ好きならこれ面白いよ!」ってのがあれば教えて下さい!!!

けもフレ少女終末飛行は気になってます!!

すごい好きなアニメ

カイバ

テクノライズ

妄想代理人

ガンスリンガーガール(一期)

みなみけ (冬樹以外)

攻殻機動隊

好きなアニメ

エルフェンリート

人類は衰退しました

狼と香辛料

ギャラリーフェイク

ヤマノススメ

ちょい前の有名どころはまあまあ観てます

ここ数年で観たアニメ面白かったもの

ジョーカーゲーム

91デイズ

ゆるきゃん◁

鬼平

漫画読みます漫画から先に読んだものアニメ基本観ないです。

泣けるやつ、感動するやつが好きです。

◁ 追記 ◁ 5月8日22時30分

たくさんのブコメトラバありがとうございます!!!

とっても嬉しいです!

ここで挙げて頂いたアニメは、全部メモして今度精査しま!!!

全然いたことないタイトルあって、あらすじ調べるのが楽しみです!!

逆に今回は挙げてなかったけど、好きなアニメオススメに挙げて下さっていて、好み分かってくれてるんだと感動しましたねー。

ブコメトラバオススメしてくれたアニメで観たことある、かつ、好きなアニメも追加しておきますね。

灰羽連盟

トライガン

サイコパス

エルゴプラクシー

カーボーイビパップ

プラネテス

安倍吉俊さんのアニメ好きです。

灰羽連盟いいですよね。

リューシカリューシカアニメ化しないんですかね。

湯浅監督信者です。アニメ多分全部観てます

夜明けを告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」どちらも公開初日に観ました!観て良かった。

あと今敏監督信者です。全部観てます

妄想代理人パプリカパーフェクトブルー

職業柄、精神系の疾患的なやつ勉強になります

あの花じんたんって、実はSCでは…??(ぼそっ

ゆるきゃん▽いいですねー

アマプラで見放題だから今2周目です。

ヤマノススメロスから解放されました。

トラバで指摘されていた様に、退廃系・終末系が好きなのかもしれないです。

でも みなみけ 苺ましまろ とかの日常系も好きです。

2018-04-24

19歳女による2018冬アニメ感想(4/28追記)

ゆるキャン△

しまりんかわいい

日常系で久々にハマった気がする

ナレーションも良い味出してた

追記

なでしこかわいい

ポプテピピック

声優知識がないため知識がある人よりは楽しめなかった

方向性は合ってたと思うけどディズニーチャンネルのおっはよー!アンクルグランパとかほど振り切れてなくて消化不良な感じ

最後まで見る程度には面白かった

訂正

ディズニーチャンネルではなくカートゥーンネットワークだった

最近電脳ムシオヤジ見たので混ざってしまっていた、申し訳ない

電脳ムシオヤジあんまり面白くなかった

宇宙よりも遠い場所

OP冒頭のぐるってなるところが好き

単純にストーリー面白かった

ちゃんと全要素を回収しきれていて毎回テンポ良く進むので全話一気に見たら絶対楽しい

博多豚骨ラーメンズ

登場人物驚異の男率

主人公の林ちゃん女装男でシャワーシーンまであったのにパンツが女物かどうかの描写がなかったのが少し残念(あったらあったで妄想余地がなくなるので少し残念)

あと服買うシーン入れるぐらいなら毎回服装変えろ

終盤の全員が力を合わせる流れに違和感あったけど一部アニオリらしい

ストーリーは気になる点が何個もあったけど林ちゃんがかわいかったので良し

りゅうおうのおしごと!

将棋分かんないけど楽しかった

歩夢きゅんの出番が来て終わる度にそれだけ!?ってなってた

その他

大罪好きだったか美徳も期待してたけど結局見なかった

毎期必ず全アニメ1話は見てるのに忙しくて0話切りアニメが多くなってしまったのは非常に心残り

キリングバイツは途中まで見て面白かったのに録画を見る時間がなくて切ってしまった

今期もまだメガロボクス銀英伝ウマ娘とされ竜しか見ていないので同じ流れになる予感

追記

sin七つの大罪は本当に最高のアニメだった

2017年春はこれと冴えカノと有頂天家族2期とロクでなしとすかすかとフレガと恋愛暴君カドサクラクエストを見ていたがこの中で面白さ第1位(サクラクエスト以外全部1位)

アートランド大変だったみたいだけど大きな作画崩壊はなかったし最終話普通に感動してしまった

エロ大丈夫な人には普通におすすめできるアニメ

ウマ娘PAなので放送から期待していた作品の1つだった、内容は期待以上

PA作品はCANNAN(再放送)、AB(再放送)、Another、RDG、有頂天家族(2期も)、凪あす、SHIROBAKOCharlotteハルチカサクラクエストを全話見ているので結構好きなんだと思う

グラスリップだけは途中離脱、他はそもそも見てない(クロムクロは見たかったがあの時期のアニメは全く見れてない)

好きなのはAnother有頂天家族SHIROBAKOハルチカ

ゴールデンカムイはまだ見てないけど事前情報全くないので1話を見るのが楽しみ

2018-04-14

30歳以降を独りで生きていく方法を教えて欲しい

30歳以降の生き方を示しているものはあまりない。


30歳以上で日常系作品を作ったところで何が面白いのかと言われると面白くはないのだろうが

2018-04-12

何故か排反だと考えてしまう人

ゲームを語るときに何故か「コンソールプレイする層はスマホゲーをプレイしない」という前提を置く。

アニメを語るときに何故か「日常系アニメを好む層は重厚アニメを観ない」という前提を置く。

漫画家を語るときに何故か「シリアスを描いている作家ラブコメを描きたくない」という前提を置く。

そう語る人自身はたぶんシリアスラブコメもどっちも読んで楽しんでいるんだろうけどね。

人間思い込みって不思議だよね。

2018-04-11

主人公トラブルに巻き込まない小説漫画

日常系しか思いつかない

小説を書こうとしているんだけど、

どうしても主人公いじめられない。ピンと来ない。

私自トラウマ特に無いし、いじめられ経験2回だけどなんとも思ってないし

のらりくらりトラブル回避して逃げて生きてきたんだと思う。

思い出すと恥ずかしい出来事なら2回ほどあるけど

自ら話のネタにし、笑い話に昇華しているか問題ないんだよね……


小説家や漫画家ってそんなにトラブル抱えてるもんなの?

楽天家には向かないのかな……。

2018-04-07

右のはてなー

はてなは全体の傾向としては左寄り。

政治的話題にやけにご執心で、党派心むき出しの人たちが、右にも左にも一定数いる一方、

日常系話題では結構和気あいあいスターを付けあってる。

時々、あ、この人政治的には右なんだなー、とか意外に思うことがあったり。

タマの固そうな左の人よりは、穏健な右の人の方が意見が近いことがあったり。

はてなは他のSNSと比べると少し変わった空間だと思う。

2018-04-02

18年新規アニメ全話視聴した作品の雑感

ゆるキャン】われわれの求めているすべて

全話視聴。

不採用通知違法労働、上がらない賃金世代間格差世間体を気にしただけの結婚などに怯える現代日本人の夢と希望が「ゆるキャン」に詰まっている。われわれは、アウトドアという名のゆる~い異世界のんびりとカップヌードルをすすりたいのである

食事シーンが抜群においしそうに描かれていたのがグッド!エロに寄りかかることのない姿勢を、萌え系のクリエイターの方々にはぜひとも参考にしていただきたい。

アウトドア用品のこだわりが見えるだけでなく、このランプかわいい!でも高いから買えない(といっても4000円程度)という女子高校生らしいリアリティがあったのもグッド!

一番グッときたのはSNSの使い方。ソロキャンパーと野クルメンバーをゆる~くつないでいたのはSNSでのやりとりだった。風景写真動画を送り合うことで、ソロキャンプ大事にしつつ友達とつながっていられる。SNSは負の部分がピックアップされがちだけれど、本来はこういう正の部分を大切にしないといけない。

それにしても、同クールのなかで一番評判がよかったのが日常系ってのは何年ぶりだろう?けいおん以来?

幸腹グラフィティ食事)」と「ヤマノススメ登山)」の中間あたりの「ゆるキャンアウトドア)」がこれほど心地いいとは思わなかった。

幸腹グラフィティ」は題材が日常的すぎるせいで、つくっている側が不安を感じたのか、読者・視聴者の気を必死に引こうとした結果、露骨エロに走ってしまった。それが人気が出なかった一因となった。

ヤマノススメ」の登山という非日常的だけれどハードな題材は、日常系との相性が悪い。そのせいで最新OVAでは山がほとんど出てこなかった。人気が出た要因に登山要素はまったく関係ない。

これらふたつの作品に比べ、アウトドア日常系のなんと相性のいいことか。非日常の場で食事をしたり、おしゃべりをしたりという日常の延長がくり広げられる日常系マジ最高。

アウトドアという非日常が安定して話を引っ張ってくれるから、あせってエロに走ることもないし、アウトドア日常を延長してくれるから、いらない要素になることもない。ヘビーローテーション間違いなし。

三ツ星二次元ロリの魅力について

全話視聴。

視聴者なかには赤い子(名前を覚えるのが下手なんでこの表記で許してほしい)が泣くシーンをサービスシーンだとわからない人がいると思う。あれは、うなじがちらりと見えるようなものだと思ってくれたらいい。トランシーバーから聞こえてはいけないはずのメンバーの声が聞こえてきてうろたえるシーンは特段によかった。赤い子はあざとすぎるギリギリのところで踏ん張ってくれていてとてもよかったと思う。

いちばんグッときたのは青い子で、帽子を押さえながら走るシーン、上着の隙間からわきがちらりと見えても、そんなことお構いなしに凛とした表情で街なかを駆け回る青い子に対して、笑うでもなく笑う私がいた。青い子は帽子を押さえながら走ることも、わきが見えていることも、なんとも思っていない。良いとも悪いとも、恥ずかしいともそれが魅力だとも思っていない。そういう状態にグッとくる。この感情は、かの文豪川端康成も「伊豆の踊り子」で似たようなことを書いているので日本美学である。美しい日本の私なのだ

この作品キーポイントひとつは、キャラ萌えとクソガキ感がほどよいところだ。

たとえば赤い子は常にほかのふたりに虐げられるアッカリ~ン的なキャラなのかと思いきや、黄色い子のボケナチュラルスルーしたりするし、ときどき辛辣だったり、青い子のゲーム勝手クリアしようとしたりする。このバランスがこの作品の良さにつながっている。

青い子も、残酷なことばかり口走るかと思いきや童話に涙したりするし、ゲームが得そうな顔をしているくせにゲームが下手だったりする。黄色も黙ってりゃかわいいのだ。

ポプテピ】原作マンガパブリックイメージを120%使い倒して引きずり回したSNS時代代表する作品

全話視聴。

ぶっちゃけ良いと思ったのは、OP二種(星色ガールドロップ本家)、フェルト人形ミュージックビデオ、ヘルシェイク矢野くらいのもので、ほかはたいしたことない。いや、三つも魅力があげられるのだから、それなりにいいアニメか?というかOPはめちくちゃ良い。ここ三年くらいで一番良い。

それはともかく「ポプテピピック」を語るとなるとどうしても内容よりも外枠を語ることになってしまう。

この作品のすごさは「やりたい放題」の環境を整えたこと、その「やりたい放題」の楽しさ・開放感を視聴者と共有できたこと、この二点だ。とくに後者ができたのがすごい。これまで「やりたい放題」は制作側の特権だった。

たとえば近年だと「ニンジャスレイヤー」が「やりたい放題」していたけれど、特殊な鍛錬をつんでいる熱心なファンニンジャヘッズ)を除けば、視聴者側の反応は冷ややかだった。しかし「ポプテピピック」は良い反応・悪い反応が入り乱れ、たいへん熱く盛り上がった。

なんでこんなに熱く盛り上がったかを考えてみると、四つ理由が思い浮かんだ。

一つ目は、原作マンガネット上で自称マンガとして有名で、その糞イメージを巧みに利用して糞でもFワードでもなんでも許される環境をつくれたこと。

二つ目は、短い小ネタの寄せ集めだから見ていてしんどくないということ。15分アニメというのも視聴者にやさしい。「ニンジャスレイヤー」はひとつネタが二十分つづく「ポプテピピック」だと考えればいい。ついていける人間は限られる。

三つ目は、ニコニコ動画ツイッターなどの影響で、素人のつくった雑なネタをみんなで楽しむ土壌ができていたから「ポプテピピック」の糞さを楽しめたんじゃないかということ。

四つ目は、アニメ作品重箱の隅をつつくようなネット上の叩き(ちょっと作画ダメなくらいで崩壊だなんだと騒ぐなど)にみんなうんざりしているんじゃないかということ。生半可な叩きは「ポプテピピック」には通用しない。ある意味頼もしい。

まあ理屈はこんなところかなあ~と思うんだけれど、じっさい「ポプテピピック」観ていて思ったのは、こんなことをしていてもしかたないよな……ということだった。

ポプテピピック」はアニメーター見本市に似てる。アニメーター見本市はたしかにすごかったけれど、あれはアニメーター見本市という特殊環境があってはじめて可能なんであって、逆説的に通常のアニメであれをやるのは不可能だということを示してしまっている。

ポプテピピック」もそれと同じで、特殊環境からこその暴れっぷりであって、逆説的に通常のアニメは通常どおり行儀よくしないといけないことを示している。この作品フォロワーはそう簡単には生まれない。影響はなにもない。絶対的孤立。三ヶ月後には話題にあがらなくなるだろうことを思うとちょっと悲しい。

高木さん】この優良原作ダメするほうが難しい

全話視聴。

原作マンガを読みながら、深夜アニメと相性が良さそうだなあ~と思った。じっさいアニメを観てそりゃおもしろくなるよなと思った。

そこまで高いクオリティ要求されるわけじゃないし、たとえディオメディアがつくったとしても、おもしろくなったんじゃないかなあ。

七つの美徳】クソ頭悪くてサイコーエロバカMAD作品

全話視聴。

エロバカアニメエロくてバカな部分だけを寄せ集めたMADみたいで頭空っぽで見れて素晴らしかった。

スニッカーズみたいに濃厚で甘ったるいから、五分アニメなんだけど15分・30分観たいとは思えない、ある意味希少な作品

30分アニメでこれをやっても、余分なストーリー・設定・バトルなどが追加されるだけだろうし、五分アニメの枠をうまく使い切った作品といえるかも。でもメシア(竿役)が出てこない回は案外つまらないのがちょっと意外だった。

長くなったので分割。つづきは → https://anond.hatelabo.jp/20180402204402

18年新規アニメ五話以上視聴したけど途中下車した作品の雑感

長くなったので分割したやつのつづき。前のは → https://anond.hatelabo.jp/20180402204454

【よりもい】いやあ、マッドハウスはいアニメ制作ですなあ~

11話まで。

「よりもい」ってのは「宇宙よりも遠い場所」のひらがなの部分だけを読んで「よりもい」。この手の略称は「はがない」以外に定着した試しがない。

正直にいうとストーリーはそれほど好みじゃない。序盤で「わたし馬鹿にしやっがって、ざまあみろ!」みたいなシーンがあったけれど、なんとも思わなかった。

ツイッターで「抑えるべき感情をあらわにした、その正々堂々たる姿勢に感動した」という旨の感想を見て、なるほどなあと思った。

あのシーンに感動しなかった理由はふたつ。ひとつは、単純にああいストレート物言いをあまり好まないこと。

もうひとつは、情熱に満ちた人を小馬鹿にする人間というのは、自分の言ったことをたいして覚えていない、深く考えないことがほとんどだから、「ざまあみろ!」と言ったところで、「クソ!してやられた~!」なんて思わないということ。何事もなかったかのようにスルーいじめられた側はいじめの記憶が脳に焼きついているけれど、いじめっ子はまったく覚えていないことがよくある、というのに似ている。

こんな考えだからか、ストーリーにはあんまり入っていけなかったし、最後どうなるかがそんなに気にならない性格なんでラスト一歩手前で視聴終了。じゃあ、なにを観ていたかというとアニメーションの出来の良さとギャグシーンだ。

まず、キャラデザ。美形のキャラと美形じゃないキャラちゃんと描きわけられている。かといって、美形じゃないキャラちゃんとかわいく描かれている。このバランスの良さがすごい。

つぎに、テンポの良さ。軽すぎず重すぎず、適度にギャグシーンが挟まれ、見やすさと納得感をうまく両立させている。最後映像の鮮やかさ。地味なシーンでもアニメーションの鮮やかさが加えられ、青春の輝きがうまく描写されている。

まあ一言でいうと、マッドハウスアニメーションが好きだなあ~!ってことだ。マッドハウスは好きなんだけど、なかなか好みの内容のものをやってくれないかフラストレーションたまる一方(森見登美彦はもういいよ……)。でもマッドハウスにはこれからも期待してるし楽しみにしている。

ダリフラ】なにもかもが中途半端

七話まで。

アクションシーンは手間がかかっているわりに楽しくないし迫力もいまいちもっさりしているように感じた。コクピット露骨エロ要素は、変に視聴者を絞っているだけだからやらないほうがいいし、やるならもっと徹底してやってほしい。

一話から六話までのストーリー主人公挫折と苦難と達成の話でそれはいいんだけど、スランプに悩んでいてそれを解決しようと積極的に行動している主人公が、うじうじしているように見えるのはもったいないと思った。

設定をつくり込んでいるのは好意的に見ると察することができるけど、画面からその設定の奥行きが匂ってこない。なにかのメタファーっぽい設定(パラサイトと呼ばれるパイロット、男女がエロ態勢で操縦するロボ、パパと呼ばれる上層部など)もそんなのもういいよ……としか思えない。

いまどき、うじうじして許されるのはシンジ君くらいだし、メタファーをやって許されるのはイク監督だけだ。つまり九十年代覇者特権だ。

あと、キスってなあに?ってのは古臭いEDセンスちょっと古い。大人子供がどうたらってのもどうでもいいし七話の展開はいさら一話みたいな展開をしてどうするさっさと話をすすめてくれ一話完結だとしてもおもろくねえよ次回予告を見ても話がすすみそうにないしもういいや。

たぶん深夜アニメを見慣れていれば見慣れているほど中途半端さを感じるんじゃないかと思う。

スロウスタートかわいい以外に取り柄のない、萌え玄人向けの作品

七話まで。

留年という萌えにまったくつながらない設定をどう調理するんだろう?という興味で観つづけたけど、余計な設定でしかないというのが結論だ。

留年設定もそうだけどキャラ関係性もいまいちだし、話の起点が留年以外になにもなく、その結果、下ネタに頼らざるを得なくなるという始末。日常系露骨エロは悪手だ。

あと、無駄にもにょもにょ動いてたのはなんだったんだろう?その八割以上がかわいい動作でもないし、演技でもなかった。手間をかけていたわりに作品の魅力に全然つながっていない。

この作品は、かわいければそれでOK!という萌え玄人しかおすすめできない。

りゅうおう】用意周到で上手い作品。けど好みじゃなかった

六話まで。

バトル系のラノベアニメとしてよくできていると思った。展開は少年マンガのように熱いし、将棋のことをほとんど知らないか解説の多さも鬱陶しくないどころか、ありがたく感じる。

ローキューブが切り開いた(?)ネタ系のロリ貪欲に吸収していて、作品エッセンスになっている。念のためにいっておくが、作者はロリコンではない。将棋ロリ作品研究した成果がこの作品だ。

でも、いまいち好みじゃなかった。窮屈さを感じた。

どういうことかというと、ありえなさそうな、おもしろい設定・状況のほとんどに現実将棋界の根拠があるのがなんか嫌だった。

たとえば、マントをつけて試合に挑む棋士。ありえねえ~とおもしろがっていたら、どうもこれは将棋ファンならだれでも佐藤天彦名人元ネタになっているとわかるらしい。

かにも、試合中に喋りまくったりするのも一応は可能らしいし、一番ありえなさそうな、女子小学生住み込み弟子入りですら実例があるらしい。用意周到すぎる。

なんでこんなに用意周到に現実リンクさせてるかっていうと、現実将棋界がおもしろいからってのももちろんあるけど、ネット上でのツッコミ(叩き)を避けるためだ。

ありえない設定・状況・展開に「こんなのありない!現実的ではない!このアニメは糞!」となんの考えもなしで書き込む輩が大量発生するけれど(ここ五、六年でさらに増えたような気がする)、それを避けるためだ。こういういまの状況は窮屈だ。木を見て森を見ないどころか、木も森も見ず、枝がたった一本折れているのを見ただけで、みんなで寄ってたかって糞!糞!と叩きまくる。SNS時代の窮屈さ。それに巧みに順応している原作小説ひいてはアニメ作品にも窮屈さを感じてしまった。

【とじみこ】古き良き萌えアニメにはなれなかった。とくに序盤がいけない。

七話まで。

一言でいうと萌え以外のポテンシャルが低めのダリフラ。設定を詰めこみすぎて、うまく回せていない。

とくに序盤はダメで、いちおうフックらしきものはあったけれど雑然とした展開の犠牲になっていたし、急な展開に無理やりキャラが動かされている印象があった。やっぱ序盤でコンセプト・ストーリー展望をはっきり打ち出すのは大事だよ。

それでもなんとな~く観つづけたのは古き良き萌えアニメ匂いを感じたからであって、途中からストーリーや設定が見えてきたものの、なんとな~く観るのをやめてしまった。

でも嫌いじゃないし録画はまだ残しているし、春アニメがつまらなかったらなんとな~く視聴を再開するかも。

ハグプリ】テーマ性・メッセージ性にあふれすぎていて説教臭い

五話まで(一話未視聴)。

ネットでの評判がよかったのでひさしぶりにプリキュアを観てみたけれど、なんかいろいろテーマ性やらメッセージ性やらが、これでもかとてんこ盛りで鬱陶しかった。

力のプリキュアフィジカル問題で苦悩する、つまりみずからの強みが強いがゆえに自分自身を苦しめる、というのは女児向けアニメには難しすぎるよ。

でも、今年のプリキュアが世の中の大半の教育者よりもまともなのはよくわかった。道徳教育よりは断然まともなんで、作中キャラと同年代中学生に観てもらえればいい影響があるんじゃないかと思う。

今年のプリキュアは完全に大人向けだ。オトナ帝国の逆襲だ。

こういうことを書くと、子供馬鹿にしすぎだ、完全に理解はできなくともなにか大切なものは伝わるはずだ、とか言う人がいるけれど、ガキの頃に観た「オトナ帝国の逆襲」になにか大切なものを感じたかと問われれば「とくに感じなかった!」と言い切ることができる。たしかに、しんちゃん東京タワーを駆け上るシーンは印象に残ってたけど、ただのお涙ちょうだいモノとの区別がつかなかった。まあガキだったかしかたない。「オトナ帝国」で感動・感心するのは大人だけの特権だ。

子供が楽しんで観れて、大人も唸るテーマ性・メッセージ性を組みこむバランスは、女児向けアニメのなかではやっぱり「プリパラ」が頭ひとつ抜けてうまい。とくに、このあい最終回を迎えた「アイドルタイムプリパラ」の後半部分の夢を巡る物語はとくにうまかったと思う。

アニメ作品としては良作になるのかもしれないけど女児向けアニメとしてはちょっと間違っていて、キャラデザ萌えに寄っていて好みだっただけに残念だった。




おまけ:五話まで観てないやつの一言コメント

小泉さん】二話まで。食べるとき必要エロい顔するのいい加減やめてください。ラーメン屋行ってとなりにああいう奴がいたらどう思うよ?

バイオレット】二話まで。京アニの高級感ただようアニメーションが好きな人は好き、嫌いな人は嫌いってだけの、ある意味とってもわかりやす作品

シトラス】二話まで。百合という枠・様式に甘えすぎ。内輪で評価されても外では通用しない。

ビートレス】二話まで。この原作小説アニメ化するのに必要クオリティ全然足りていない。まあディオメディアだしね……。原作ファンには同情する。

【たくのみ】二話まで。こういう雑学系のやつはマンガで事足りる。あと不必要エロくするのはいい加減やめてください。

【戦記】二話まで。硬派なの?軟派なの?どっちかに振り切ったほうがいい。サクサク進みすぎて戦記物なのにあっさり感がある。

【ハクミコ】三話まで。マンガ喫茶で既刊全巻読んじゃった。そのほうが手っ取り早いしおもしろい。

【恋雨】三話まで。マンガ喫茶で既刊全巻読んじゃった。そのほうが手っ取り早いしおもしろい。

メルヘン・メドヘン】二話まで。ダメアニメ化の典型。二話までの展開は20分あれば余裕でやれる。「俺様ならもっとおもしろアニメ化できるぜ!」なんてズブの素人に思わせちゃいかんだろ。

2018-03-31

anond:20180330021658

けいおんストーリー不要の例に持ってくる辺りで、ただのコピペ野郎か本も録に読んだことの無いアホなんだろうが・・・・・・

それはともかく、この手の話が出てくる時って、宇野常寛とかの批評を浅い理解と表面だけの劣化コピーもにょる

宇野場合とかだと明らかにアニメの向こう側に、現実戦後日本社会を見ていて、

からこそ、ストーリーには必然的に『事件』やそこから人々の『葛藤』『行動』や『責任』と言った要素が重要になってくる。

これらは、日本社会敗戦から軍事力を取り上げられた事で、国際社会の中での果すべき責任論とか取るべき立場を語るためだし

もっと身近な個人政治との向き合い方に上手く対応出来なくなったと言う(宇野やある種の思想の人々が考える)言説のために不可分だし、

宇野なんかは特に、「新聞ニュースが言う"政治"がワイドショーみたいな事に終始する昨今、アニメの方がよっぽど『政治』を語っている」

と言う立場のために必要

そう言う立場からだと日常系みたいな時間も進まない系アニメは、現状保留みたいな意見批判対象ってのは道理は分かる。

ただ、そもそも けいおん日常系では珍しい ちゃん時間の進むアニメだし、

全体を通したストーリーも、此処の話としてのストーリーも、登場人物個人個人ストーリーもあるアニメだ。

それは勿論、冒険活劇みたいな物でも、 サスペンスでも ミステリーでも 成功譚でも 悲恋でも 大恋愛でもないが。

そして、けいおんキャラアニメ漫画キャラとしては没個性だぞ。

みんな、普通のどこにでも居そうな高校生悲惨過去も無ければ、宿命付けられたライバルも居ない。

それどころか、絶対権力生徒会も無いし、プロすら感動させる才能があるわけでもない。

次いで言えば、キャラの見た目も見せ方(絶対パンチラさせないとか含め)もこの元増田が言う様な要素からはほど遠いし、

今でこそ違和感とか無いかもだが、当時はかなりアニメ感の薄い描き方。

同じ京都アニメーションでもハルヒとかは明らかにグラマラスキャラロリっぽいキャラだったりのもあって

それとは対照的に、けいおんが初期の頃からデブ」とか「ぽっちゃり」とか散々言われていたしね。

2018-03-26

ゴリラは強く優しい

ゴリラ日常系アニメを作れば大ヒット間違い無し

落ち窪んでる実写邦画ゴリラ映画を作れば興収1兆億円でドッカンドッカンおおもうけ

ゴリラ ゴリラ ゴリラ 燃えるアクション 弾ける筋肉

ゴリラゴリラ高収入

2018-03-09

さらだけどけものフレンズオワコン化して本当に悲しい

伝えづらいんだけどアニメなんてもうラノベ原作予算アニメ多産化でもういいかなって感じになってた

おっさんになってワクワクするより先に荒さがししたりまた俺最強系か…みたいな感じで離れつつあった

御色気とかで興奮する年代でもなくなったし何か高尚なことを求めても今の時代アニメは答えられないのも理解してた

日常系ですら疲れるだけ

そんなとき話題にしてる増田出会った、けものフレンズ

黙って実際1話から見てみた

 

再びアニメ希望を見た

みんなは1話じゃなくてたーのしー!あたりで引き込まれたというけど

俺はもう1話から引き込まれていた

一人で暗い森の中に踏み入れようとしたかばんちゃん

そのうしろには別れたと思っていたサーバルちゃんがいた

俺は覚えていた

適した環境じゃないと長生きできないようなことを、サーバルちゃん自身が言っていた

俺は泣きそうになった

これからサーバルちゃん自分の得意なサバンナ地方から離れて危険なところに行くと

わかっていてもかばちゃんのためについていく決意をしたんだ

俺は覚えていた

自分の身は自分で守るのが掟だと

それでもサーバルちゃんかばちゃんのためにきた

掟を知っていながらもかばちゃんを守るためにやってきた

俺は泣きそうになった

もう完全に1話の時点から俺はけものフレンズの尊さに癒された

現代社会の疲れが涙となって零れ落ちていた

 

サーバルちゃんの明るさはまさに太陽のようだ

どんなに暗くても道を照らす明かりそのものだった

かばちゃん自分が他のフレンズよりも劣っているところがあることを自覚していた

でも卑屈にならずにいつも前向きに行動していた

第一からそうだ

必死自分のできることを探してサーバルちゃんを救った

ただ怯えているだけじゃない確かな勇気を持っていた

周りの意見に左右されないで自分意見を言えるところも持っていた

自分かばちゃんみたいになれるかなあ、なんて希望かばちゃんに重ねていた

少しずつ変わっていくことなら俺にもできるかもしれないと

 

もう会えない

 

世間増田ではKADOKAWAが悪いんだとか、

たつきが悪いんだとか、

誰が悪い悪くないと言うけれど

そんなことはどうでもいい

ただ、純粋にあのサーバルちゃんかばちゃんには二度と会えないんだ、という事実がどうしようもなく悲しい

あなたは何のフレンズさんですか?

あそこから先はもうどこにもないのだ

地球上探しても

銀河を探しても

永遠に見つからない

そればっかりがどうしようも悲しい

どれだけ悲しんでも現実は変わらない

俺は悲しさを耐えるだけの強さをサーバルちゃんかばちゃんからもらった

けど乗り越えるだけの強さはまだまだ足りないみたいだ

 

でも俺はどこかで

この世界ではないどこかでまだ彼女たちが冒険を続けていると信じている

冒険の果てにいつか現実日本にも来るかもしれない

その時に胸を張ってこたえられるように生きていきたい

「ぼくはマスダっていうんだ!」

2018-03-07

風邪ひいたかバラエティ見放題だぜ―」

日常系アニメ見てて絶望した。

なにそれ……俺の働いてる会社と違う……。

つうか俺の働いてる会社アカンやろ……。

転職しようといくつか会社探してみたけど、どこも基本的風邪ぐらいじゃ休めないらしい。

サビ残バリバリだし、給料でないからって早く帰るとドヤされるような社風の所しかないらしい。

なんだこれ?

俺もうこの国いやなんだけど。

アメリカドイツなら違うのかな。

どこもそうだって言うなら俺もう滅ぼすわ。

この世界滅ぼすわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん