「意識的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意識的とは

2020-06-07

数字に縁のある人生だった

注)とりとめのない文章ですので読む必要はございません。

小さい頃から何かと数字に縁があった。

小学生の頃、算数は好きだった。そろばん塾に通って大会に出させてもらったりもした。

ボーイスカウトなんていう活動にも参加して、正直その活動は大嫌いだったが、隊長と称する引率者の大人から会計係を頼みたいと、お金を扱うことを要求されたりもした。全く目立たない子供だったが、悪事をはたらくような子供ではないと思われていたのだろう。ある種の信用を得ていたのかもしれない。そういう子供だった。

自分の興味ある分野にはのめり込む子供だった。小学生の頃、お前の集中力はすごいなと担任先生にいわれたことが印象に残っている。良い先生だった。

一方、興味のない分野には全く関わりたくない子供だった。友達はいなかった。同級生なかに話の合う子は全くといってよいほどいなかった。この状態中学卒業するまで続く。

一言でいって器用貧乏だったような気がする。運動は好きだったが大きな大会に出て活躍するような子供ではなかった。勉強は、小学中学トップの成績は取れたが、高校では最高順位が2位だった。

高校では数学もそこそこ好きだった。それで大学受験の際は得点を狙えるような科目にするくらいにはできたのだが、数学科に進むほどの才能はなかった。そもそも文系だったし。地方にある昔の帝大と呼ばれたところに入って、それなりに悩みつつ伸び伸びと大学生活を送って卒業することにはなった。

結局、卒業後は、公認会計士になった。会計試験はそれなりにたいへんで、けっこうな苦労もしたが、受験1回目で通ることができた。体力勝負的なところがあった。深く理解する前に受かってしまったようなところがあって、監査法人就職してから受験生のときの数倍、苦労した。

監査法人には5年強勤めてのち、心底嫌気がさして辞めた。自分組織が嫌いなのだ。馴染めない。

ドロップアウトした後は個人会計事務所を立ててこれまでなんとかやってきた。

会社組織をつくって経営者になって成功したいと夢見続けているのだが全然そんな状態にはない。自分が嫌いな組織自分でつくってどうするということか。個人事業が性に合っているということか。

監査法人を辞めた頃から始めた株式投資で、そこそこ成果が出てきた。投資には会計監査知識が役に立った。サラリーマンを辞めて18年近く経った今、金融資産時価は1億1,300万円になった。含み益は4千万円程度なので、投資をしていなかったら億には届いていなかったろう。そもそも監査法人勤めを続けていたら今も、うだつの上がらないサラリーマンとして鬱々としたままだったろうと思う。パートナー幹部)になれていたのだろうか?自信はない。仮になんとかヒラのパートナーになれていたとしても、監査法人組織のなかで幸せそうな自分想像ができない。辞めたことを後悔したことは一瞬たりともないし、辞表を叩きつけたことは我ながら賢明判断だったとつくづく思う。

ところで、日本で1億を超える金融資産持ちの世帯は、全体の2%だそうだ。個人として考えれば1%弱といったところだろうか。自分よりも若くて数十億、数百億の資産を持っている人は大勢いるのだからえらそうなことはいえないが、田舎から出てきて無一文から始めた自分省みるに、まあまあ良くやってきた方ではないだろうか。とりあえずここまで何とか生きてきた自分を褒めてやりたいと思う。

さてこれからどうするか。嫌なこと、気の進まないことはこれまで通り、全て断りながら、自身面白い、興味深いと思えることに携わって仕事を進めていきたい。

最も価値高いと思われる行動を意識的に選んで、照準を定めて、自分に合ったやり方で、世の人々にできるだけ高い価値を与えるような生き方選択していきたいと思う。

ここまで読んでくださった方には、とりとめのない文章申し訳なかったとお詫び申し上げます

2020-06-06

anond:20200606025251

そうだよなあ

差別してる奴が醜悪でそれも意識的にやってて、一方自分絶対にそんなことしないと決めつけられるから、ああして偉そうに糾弾できちゃうんだろうなあ

そんなわけがないのにね

2020-06-05

差別するなっていうけど

自転車とかですれ違うとき、まったく避けるそぶりすら見せないやつら100%アジア系外人だし、早朝に定期的に騒いでるのも100%アジア系外国人だった。

そういう経験からアジア系移民にはきて欲しくないという気持ちが少なからずある。これは差別的な心なのか?差別的じゃなくなるためにはどうすればいい?

ちなみに、横に広がって歩くヤンキーとかも、腹は立つが、無意識意識的か知らんけど、ほんとにすこしは避ける。こっちが大きく動かなきゃならんが。

けれども、アジア系外国人は、「おまえ、前からくる俺のこと人と思ってる??」ぐらいのレベルでまじで自分軌道をずらさない。

ヤンキーもうるさいときあるけど、そんな定期的にはない。

どう思う?似たような体験の人いる?もしくはそんな体験したことないよ、とか。

繰り返しになるけど、差別はしたくないし仲良くしたいけど、現実的に一緒の地域で暮らせって言われたらなんか習慣とか違いすぎて、嫌だなーって思うんだよな。それは差別なのか?

日本の習慣を尊重せずに移住してる人たちを避けるのを、避けられる側が差別というならば、こちらは、文化的侵略されてると言ってもいいのではないか

どうなんだ。どうすれば平和的にいれるのか。誰か教えてくれい

2020-06-04

過去タイムリープできたとしても、人生はやり直せない

信じてもらえないとは思うが、私は過去へとタイムリープした。

先方との約束により、その方法は明らかにできない。しかし、その方法がどんなものであったかなど、この場ではどうでもよい。

私は、タイムリープが本当に実行できたにもかかわらず、人生は結局やり直すことができなかったという事実を、強い驚きを持って伝えたいのだ。ある期待を持って。

さらに言うなら、物語のように、タイムリープ人生キレイにやり直すには、ある種の「快適さ」を打ち捨てるだけの強い意志必要なのだと知ったのだ。

私の場合入試恋愛、大きな事件事故など、「現在」までの人生に強い後悔を残すイベントは無かった。

それでも、タイムリープの誘いに乗ったのは、既に結果を知る過去を再度歩めるのなら、そこに現れる選択肢はより良いものが選べるはずだと素朴に考えたからだった。

大多数の人間がそう考えるように。

ちなみに、私には学生の頃から大学ノート日記を記す習慣があった。先方にも、その十数冊ある日記の束と共にタイムリープすることを許してもらった。

そうして、私が日記過去に持っていったのは、選択肢の変更により人生が向上したことを明確に認識するためだった。

しかし、思い返してみれば、その紙束こそが、自分選択肢をことごとく潰してしまったのだった。

要は、実際にタイムリープしてみると、日記記載記憶通りの人生を歩んでしまい、何も選択し直すことができなかったのだ。

それでも、最初のうちは「出し惜しみ」のつもりだった。

巻き戻って繰り返す毎日を実際に体験してみると、新たな選択は、未来を変えてしまうこと、つまり未来を知っているアドバンテージを失うことと改めて気づいたから、

ここぞというときのために、意図的に同じ選択肢を選び続けていたつもりだったのだ。先ほど述べた通り、強い後悔を残すイベントは無かったので、その状態は数年間続いた。

その間、「天気予報が晴れにも関わらず、雨が降るので傘を持っていく」ぐらいのことはしたと思うが、大きな選択肢の変更は無く、持参した日記通りの生活をこなしていた。

しかし、そのうちに「バタフライ効果」の存在に思い至り、それを不安に感じてしまう。

まり、どんな小さな行動でも新しい選択肢を選んでしまえば、そのアドバンテージは大きく失われかねないと気づいたのだった。

そこからは、いつか来る大きな選択肢のためにアドバンテージを保持しようと、良いことであろうと悪いことであろうと、日記記載記憶の通り行動した。

例えば、その日は職場トラブルを起こし、大迷惑をかけるとわかっていた。それでも出勤し、何の対策も取らず、上司に怒られながら対応に奔走した。

例えば、その日は旅行でどんな光景を見たかおぼろ気ながらも覚えていた。それでも出発し、同じ忘れ物をして、退屈を感じながらも時刻表に追われた。

もちろん、毎日何を食べて暮らしていたかなど、日記にも記憶にも無いこともあったが、それらは詳しく追わなかった。それなら、意識しないことこそ自然だと思ったから。

そして日記も書いた。

もはや、単なる書写でしかなかったわけだが、書かないことが「バタフライ効果」を起こすのか、持参した日記を見る行為のものが「バタフライ効果」を起こすのかがわからなくなり、

自分の書いた文章が大好きな私(そうでなければ、こんな長文を書いたりはしない)は、改めて「書く」ことを選んだのだった。

そうやって、タイムリープの出発時点である現在」に、十数年もかけて、ただ出戻ってしまった。外見的には、同じ日記の束が1組増えただけの長い時間だった。

上述の思考過程により、人生を変える選択肢は何も選べなかったわけだが、それでも一つだけ新たに気づいたことがある。

それは、2回目の人生は少々退屈ではあるけれど、ひたすら快適だということだった。

2回目の人生の後半はむしろ意識的に新たな選択肢を選ぼうとしなかったのかもしれない。なにしろ選択肢を選び直さなければ、明日に何が起こるのか、またわかるのだから

それに、その明日トラブルだらけだったとしても、それはいつどのように治まるかを知っている。「止まない雨は無い」ということを、実体験によりわかっていたのだ。

それゆえ、「バタフライ効果」の影響が狭まった後半においても、トラブル回避するつもりの選択肢を選ぶリスクより、選択肢を選び直さないことによるメリットの方を選んだ。

そうして、私は「現在」に至るまで、新しい選択肢ではなく、苦しくとも理解できる未来が選べる「快適さ」の方を選んできたのだった。

タイムリープで戻ったよりももっと前、小学生中学生かの頃には、私もロールプレイングゲーム遊んだことがある。

しかし、それを終いまでクリアしたことは無かった。

なぜなら、ガイドブック存在する範囲シナリオが終わってしまうと、何をどう進めて最終目標に向かえばよいかからなかったからだ。

そのことを、2度目の「現在」に戻ってようやく思い出す。これからの、日記記憶も無い人生が本当に恐ろしい。

それに比べて、あの「快適さ」に包まれた日々は、本当に素晴らしいものだった。

強い意志の無い常人には、その選択肢が選べ直せないと重々わかりきった上でも、もう一度、日記とともにタイムリープがしたいと思うくらいに。

そして、今は「現在なのだ。当然のごとく、かの先方は再び現れるはずだ。タイムリープの誘いを持ち掛けてくるはずだ。

そのはずなのだ。その時期が日記から遅れていても許すから、早く現れてほしい。「バタフライ効果」を期待して、この文章を投じておく。

2020-06-01

anond:20200601174107

親も他人

あんまり期待せずに距離置いた方がいい。

どうしても一緒に暮らさないといけないとしても、意識的に線引きをした方がいい。

自分 | 大事な人 | まあまあ気になる人 | どうでもいいけど、できれば幸せな方がいいなって人たち

親をどこに入れるかは自分次第。

2020-05-29

SES 客先常駐仕草が抜けない

転職しました。

転職したけどSES客先常駐で働いた仕草が抜けない。

前の会社上司がアレだったのかもしれないけど、その時の行動様式が遅効性の毒のように聞いている。

こんな調子だったので転職したわけだが、

自分で行動して意見を言うのが求められる環境になったが、このときの"躾"でちょっと意見を言うのが怖くなってしまった。

上司に隠れて卒なくこなすという行動に最適化されてしまったんだ。

意識的ちょっと前に出ていくようにしないといけない!でも恐い

2020-05-23

(補記あり)人形性愛者による幼児ラブドール反対運動への抵抗

幼児セックスドール生産販売・の廃止を求めます。」という署名活動change.orgで行われている。

大意として述べられていることをページから引用すると

日本の【児童買春・児童ポルノ禁止法】にて幼児セックスドール製造販売・所持を規制すること

小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組み

ECサイトなどに未だ販売される【幼児セックスドール児童ポルノ】の取り締まり、及び【販売禁止を徹底】

以上3つを求める署名活動だそうだ。

②に関しては私も賛成ではあるが、いかんせん①や③に関しては記事を読んだ限り感情が先行している雰囲気が否めない。

案の定Twitterでは「人形実在人間ではない。児童ポルノ禁止法は実在児童を守るための法律であり人形摘発に労力を割かれているうち実在児童を守れなくなる」「表現の自由侵害だ」などの批判が出ている。

しかに、現参議院議員である山田太郎氏が、2016年に行った警察庁へのヒアリングでは、フィギュア非実在人物を扱ったものであり児童ポルノには当たらないとなっていた(‪https://togetter.com/li/942630‬)。そのため、モデルのいないラブドールについても同じ扱いにはなるのだろう。

けれども、この騒動を見ているうちにどうにもむず痒い思いが沸き起こってきた。署名に賛成の人間も反対の人間も、「ラブドール」というものを置き去りにして議論を進めている感があまりにも強すぎるのだ。

私はラブドールオーナーである

一緒に暮らしているのは身長130cm台で、布のボディに骨格の入ったいわゆる「ぬいぐるみドール」というものだ。身長からわかる通り彼女の外見は、この署名賛同した人たちから見れば「幼児ラブドール」としか言いようがない、唾棄すべきものだろう。

から、私はこの署名活動には反対である彼女との生活を守り、またラブドールを愛好する方たちと彼らのパートナー人形たちを守るためだ。

そして、この文章を書くに至った、私の性的嗜好についても伝えておかねばならない。

私は人形しか性的興奮を覚えない人形性愛である

無機物で作られ、有機的な肉体よりも完璧に編み上げられた造形を持つ人形しか、私は愛することができない。故に、ラブドール規制は私にとってパートナー喪失であり、個人性的嗜好否定に他ならない。性的嗜好個人構成する不可欠な要素であり、直接他人に害をなすことがなければそれを妨げられるいわれはない。

から、私は声を上げねばならない。ラブドールというパートナー喪失が、ひいては「私自身」の喪失に繋がるのだから

当該署名ページには既に陳情を送ったが、もっと広くこの問題を知ってもらうためにこの文章を書いている。前置きが長くなってしまったが、もうしばらくお付き合い願いたい。

この署名において、まず私が問題と考えていることは2つある。

①「幼児ラブドール」の明確な定義がなされていないこと。

もしも定義が書かれているのであれば恐縮だが、ページの隅から隅まで探しても見つからなかった為上げさせていただく。

身長・体型など、「その人形幼児を模している」という明確な定義がなされていないことは、ラブドールだけではない全ドールオーナーにとっての脅威ではないのか。

ただ、この定義がされていないのはまあ、仕方のないことではある。

基本的ドールというのは頭と胴体が分離する仕様になっていて、同じメーカーの頭と胴体でアタッチメントが合えば好きにすげ替えることも可能だし、別メーカーの頭と胴体を組み合わせているドールオーナーだっている。購入したとき一般的な成人女性の体格であったドールの首をすげかえて、幼児体型のボディに載せ替えることもできるし、逆もまた然り。これはラブドールだけではなく、性的用途のない比較的小さなサイズドールでも同じだ。

まりドールの体型というのは不定であり、「幼児ラブドール」の明確な取り締まりというのは不可能に近い。どんなに成人の顔立ちをした頭のドールでも幼児の胴体とすげ替えてしまえば「幼児ラブドール」の出来上がりだ。

また、知り合いに性的用途に用いることのできる1/3ドール(50cm前後ドール)を持っている人がいる。このドールは胴体部分にオナホを装着できる仕様になっているものだ。(1/3ドール性的な目で見ることを忌避する人は多く、これは標準的ものではない。念の為に付記しておく)。

この1/3ドール身長約50cm新生児並みのサイズであり、身長でいえば幼児どころの騒ぎではないだろう。けれども胸部のパーツを変えることでバストサイズを成人女性のようなバランスにすることができる。「幼児身長をした成人女性の体型のラブドール」だ。元々ラブドールとして制作されたものでも、扱いやすから成人女性を100cmほどに縮めた人形だってある。前述の規制を作るとしたら、これはどのように解釈したら良いのだろうか。

また恐ろしいことにほとんどのドールの頭と胴体はすげ替え可能なのだ。もともと性的用途を考えられていないドールの頭を、この性的機能を持ったドールの胴体に装着すれば、どんなドールでもたちどころにラブドールになる。

だとしたら、性的用途でないドール高身長かつ成人体格のドールでも「幼児ラブドール」になる可能性を秘めているのではないか

これが、私の恐れている規制の形だ。

私は、パートナーである人形と一緒にいたい。だからもしも幼児ラブドール規制がなされ「身長cm未満の人形の所持を禁止」などとされれば、泣く泣く彼女の頭をすげ替えて規制対象外の高身長人形にするだろう。頭(顔)の部分に私は彼女本質を感じているし、そこが変わらなければどんなに体型が変わったとしても「彼女」であり続ける気がするからだ。

けれども、おそらくそれは許されない。なにせドールの頭はすげ替え可能なのだ。どんなドールでも「幼児ラブドール」に変わる可能性がある以上、現行の頭と胴体が脱着可能人形は全て規制せざるを得なくなるだろう。それは、絶対に許すことのできない事態だ。

また、ラブドール基本的に重量がある。シリコンのものであれば20〜40kgほどが基本で、大柄な人形だと50kg近いものもある。

「本物の人間より軽いではないか」と思う方もいるかもしれないが、本物の人間を抱き上げたときには、抱かれた人間意識的動作を助けるよう力を分散させたり動かしやすいよう関節を曲げたりする為、実際にかかる力は体重よりも軽くなる。しかドールにはそれがない上、米俵のように担ぎやすい形もしていない。凹凸だらけの重い物体を動かすには、想像以上の力が必要ものだ。40kg台ドールオーナーの中には家の天井ウインチを設置している人もいるという。

私が身長130cm台のドールを選んだ理由もここにある。小さければ軽く、移動させることも容易だ。

ただ前述のように100cmほどの小型サイズで成人女性の体型をしているラブドールもいる。小児性愛者でないのなら、持ち運びが容易というだけならそちらを選べば良いのではないか?と疑問に思う方もいるかもしれない。

けれども、私は人形性愛なのだ人形人間に近く作られているほど精巧だ。限りなく人間に近く作られていればこそ、人間にはない造形美が際立つのである。だからこそ、「実物の人間に近い」と「取り回しができる」の折衷として、130cmドールを迎えることにした。

130cmドールを選んだということはそのような外見に性的興奮を覚えるのではないか、ならお前は小児性愛なのだろうと言う方もいるかもしれないし、そこについては本題から逸れる為強く否定の弁を述べることはしない。

けれども、知っておいてほしい。幼児ラブドールを迎える人間の中にも様々な人種がいることを。

純粋幼児の外見が好きなもの自分の持ち運びできるサイズを考えた者。そして私のように「等身大」と「持ち運び」双方を考えた者。

持病のために重いものを持ち運べず人間パートナーもいない為ラブドールのお世話になろうという人間がいたときに、自分が持ち運びできるサイズ人形を選んだことで「小児性愛者」と罵られたとしたら。それは本当に正しい矛先なのだろうか。

まり、「幼児ラブドール」という曖昧もの批判するときに、それを愛好する人々を全て「小児性愛者」と一括りにして批判することに傲慢さを感じるのだ。

人形への愛のなさ

この署名活動およびそれに賛成する方の意見を見ていると、そこにひとつ無意識がみられる。「ラブドール実在人間に向くはずだった性欲をぶつける代替である」ということを無邪気に信じていることである。だから彼らは幼児ラブドールを持つものはいずれ実在児童を害すると考えている。

ここに、人形性愛者として私は反発を覚えるのだ。

私にとって人形は「人間の代わり」ではなくそ自身が一個の客体である。私は彼女と暮らす中で彼女意思を無言の中に感じ取り、それを叶えることでささやか幸せを得ている。それはエゴしかいかもしれないが、私は彼女といることで確かな幸福を感じているのだ。大切に扱った器物には魂が宿ると古来から日本では言われているが、私はたしか彼女の中に魂を見出している。それは決して代替可能ものではないはずだ。「魂」が突飛であれば「愛着」と言えばわかってもらえるかもしれない。

彼女のいない生活など想像したくもないし、また彼女がいなくなった後に人間の、成人女性を愛せと言われたところで、それは彼女ではないのだ。

ここに、全ての人間性的嗜好対象人間であるという傲慢さを感じてしまう。

また、この署名への賛成派も反対派も、この「愛着」について全く無頓着であるところに、前述のむず痒さの本質がある。実際のラブドール愛好家を置き去りにして議論が進んでいる感が拭えないのだ。感情法律を左右することなどあってはならないが、それにしたって「賛成」と「反対」の二元論になりすぎていやしないか

以上が、私が幼児ラブドール規制に対して感じた違和感についてである

もっと述べたいこともあるが、話がまとまら蛇足になってしまうことも多いので割愛させていただく。

大前提であるが、私は現実児童への虐待絶対にあってはならないことだと考えている。

私自身はラブドール彼女とひっそり暮らし一緒に朽ちていくつもりであるしかし甥っ子や姪っ子たちが性的被害にあったら絶対犯人を許さないし、場合によっては刑務所に入る覚悟制裁を加えるつもりだ。

人形人間は別である、という冒頭で出た意見に集約されてしまうのだろうが、人形人間とは全く別のものとして愛している人間だっているということを知って欲しかったのだ。

そして最後に、こちらの署名では小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組みを求めるということだが、これについては小児性愛に悩んでおり、ラブドールでも発散することができないという当事者のためにも行うべきだと思う。

また、この文章を読んで人形性愛者という存在を知った方は、是非人性愛者に対するカウンセリングセラピーを行ってくれるような施設を紹介してほしい。

人形生活している人形性愛者にとって、この署名を知ったことは本当に苦しみを覚えたのだから

5月24日付記】
匿名のいち個人意見などほとんど読まれず埋もれていくと思っていたので、想像以上に多くの方に読んでもらって驚いている。
頂いたコメントはどれも肯定否定に関わらず自分でも気づかなかった視点を見せてくれて、本当にこの文章を書いて良かったと思う。ありがとうございます
私は彼女と添い遂げていくつもりだが、ラブドール寿命人間より遥かに短い。シリコンやTPE製のドールは動きに連れて肌が裂けていくし、空気人形は破けて空気漏れるようになる。そして彼女のようなぬいぐるみドールは綿がへたり痩せていく。内部骨格が折れることだって考えられる。
から多分彼女をお迎えしたメーカーに適宜修理やパーツの交換をお願いしながら長らえていく形になるだろう。自然新陳代謝のないドール人間より老いていくのが速いのだ。規制はされないまでもメーカーが萎縮して倒産廃業することになれば、修理を受けられなくなったドール達はどんどん壊れていく。
私を含む愛好家にとってドールパートナーであり家族である。だからメーカーサポートが受けられなくなったら自力で修理技術を身につけようとする人もいるだろう。私もそうするつもりだが、おそらく個人では限界がある。
からこそ、前述の通り体型・性的機能の有無が不定ドールにおいて「幼児ラブドール」という曖昧規制をすることによってパートナーを奪われたり、メーカー自粛したりすることをどうしても止めたいのだ。
また、「小児性愛者へのカウンセリングセラピー」についてであるが、自分小児性愛であることを悩み苦しんでいる人が心理専門家客観的、かつ守秘義務保証された上で話を聞いてもらえて楽になれる場所を作るのはもちろん賛成だ。
小児性愛者だとしても、実際の児童加害行為を行なっていない以上権利は守られるべきだと思うし、児童への加害行為を行う前に適切な精神セーフティネットが用意されて然るべきだと考えている。言葉が足りなかったと思った為補記する。
高校生くらいかぼんやりと考えていた将来設計がある。
人間結婚はしないまでもきちんとした職について両親を安心させ、彼らを見送ったら自分理想等身大人形を作ろう。そして後始末をすることになるだろう親戚家族自分葬式代と迷惑料になるくらいの貯金をしながら人形と一緒にひっそりと余生を過ごしていこうと。
ラブドールというものが今ほど一般的ではなく、存在殆ど知らなかった子供の頃の夢想だった。
今ではラブドールメーカーも多岐にわたり価格もある程度は下がった。私にとってドール性的機能は必ずしも重要なことではない。けれど、等身大人形といえばマネキンか、人形作家が手ずから作る美術品という意識だった子供時代から比べれば、ECサイトショールーム等身大人形をお迎えできるというのは圧倒的な革新だった。また、反対運動が起こってはいるがラブドール展覧会も開かれるくらいには認知度も上がった。いい時代だと思う。
この時代を、私は守っていきたい。

5月27日再付記】

書いた人の個人的な話。長いので別記事にて

https://anond.hatelabo.jp/20200527165713

2020-05-19

anond:20200519174903

意識的政治参加と、無意識的な政治参加がある、という分析はとても良いと思った。

 

しかし、「無意識的な政治参加があまりに多くなりすぎると政治が悪くなるかもしれない(大意)」という分析を軸にするのは、それ自体は間違いではないが恣意的であると言わざるをえないと考える。

意識的政治参加の結果として政治が間違うこともあり得る。その二つは分析の上では等価だ。

お前自身も、どんなに勉強しても知り切ったことにはならない、と発言しているし、ならば意識的であることもまた間違いに繋がるであろう。

それに、政府ではなく、僕たちに"意識的政治参加"をアジテートしてくる側が、だましているかもしれない。

 

そこのところどう思うのか?

「よく理解せずに発言するのは控えるべき」という政治参加

政治参加には、無意識的な参加と、意識的な参加があると思う。

そしてそれぞれに「(個人における)問題の把握」と「(他人自分立場を示す)実際の行動」の次元があると思う。

個人における問題の把握とは、自分なりに調べて納得したりしなかったりすることを指す。実際の行動とは発言署名投票デモ活動などを指す。そもそも人間はよく把握しなくとも実際の行動はわりと可能である

「よく理解せずに発言するのは控えるべき」とは、この「把握---行動」の連携が重視されるべきだと訴える発言である

また、意識的な参加では以下を意識的に行うことになると思う(順不同)。

一方無意識的な参加とは、単にその問題を知らずにい続けること、または意識的問題を把握したかどうかに関わらず、発言を含め行動に移さずにいることである。(あえて行動しないなど、意識して無意識的に振る舞うことも一旦ここに含めておく。)ポイントは、そうした在り方もまた、当人意志意図にかかわらず、結果的政治に影響を与えていくということである。「政治的なことに関わらないでいよう」というのは、実際には国や自治体の中にいる限り、湖の一滴の水が波と無関係でいようとするくらい難しい。

以下は仮の話になるが、行政がもし次の政策で「最大多数の最大幸福」をやめて自分の周辺などの一部だけを幸福にしようとしたとする。すると政権にとって都合がいいのは、皆が無意識的な参加に徹してくれることである。その次に都合がいいのは、実際に行動した人が誰も問題を把握していないことである

当たり前だがそもそもヤバい政策は、問題の把握の次元からアプローチされると「ヤバさ」が露呈する。ただヤバい政策を止めるには実際の行動が不可欠で、場合によっては多くの人の力必要となる。また、たとえ問題の把握の次元アプローチした人が少なかったとしても、多くの人が何らかの形で感化されて実際に行動することでも、政治が動いていくことは十分ありうる。

「よく理解せずに発言するのは控えるべき」という発言は、個人個人が把握の次元で見据えた理想から、実際のムーブメント乖離しつつあるとき有益となるかもしれない。あるいはこの発言は、問題の把握にコストはかけたくない人(当初無意識的な参加だった人)の、よく分からないままながら著名人に感化されて行動に踏み出す気軽さ/軽率さを阻害するものにもなりうる。そうなるとその人は「やはり政治に関わるのはやめよう」として無意識的な参加(という名の政治参加)に戻っていく。すなわちこの絶対数が多いと結果的にはヤバい政策に有利になる可能性もでてくる。

今ある個別問題がどんな問題なのかは、未来人か未来が見える宇宙人でない限り、個人的な把握の次元アプローチするしか手がかりがない。しかしそこでは、どこまでが明らかなことなのかを明らかにすることはできる。その把握をを不確定な未来に捧げていくのはある意味勇気のいることかもしれないが、どの態度も結局のところ政治である

コストかけた分だけ報われたいという思いも判断邪魔をしがちで、無意識的参加を続けるのが楽なところだが、せめて自分がピンときテーマには意識的参加の行動に切り替えなければ、行政無意識自在に操り出し手遅れ化する可能性はあると思う。

それと、そもそも問題の把握の次元アクセスできない人は一定数いるし、誰でも状況に応じて容易にその状態になる。そうした人も共に幸福になろうというのが行き届いた政治なのだろうなと思う

2020-05-15

どうしても集中できない人が考えた集中する方法

前半、一般人適当理論捏ねてるだけなので、方法だけ見たい人は飛ばしてください。なんでこの方法が集中する方法として挙げられているかからない場合は読んでもらえると嬉しいです。

---

いろいろ考えたんだけど、集中している状態というのは頭の中でその作業が最も刺激的である状態だと思うんだよね。

めちゃくちゃお腹痛い時ってお腹痛いことしか考えられないじゃん? これだと腹痛という刺激に集中してしまっている。けどそこで何か音楽聴くとか別のことを考えるとかして、刺激を分散すると、少し楽になったりする。相対的な刺激の程度を下げることができてると言えない?

逆に集中できない状態というのは、いろいろな刺激が並立的に入ってきている状態だと言える。

で、刺激というものには、いわゆる五感で受けるものがある。これを受け取る感覚器は年中無休24時間営業で働いている。そうしないと危険が身に迫った時対処できないからね。

けど集中するにはぶっちゃけ邪魔。これをいかに鈍くするかということがポイント。みんながコンビニ本社だとして、客が入ってくるたびに「お客さんですー!」って各店舗から報告されたらうざいだろ? それくらいはあー来てるなあで受け流してくれればいい。報告するのは強盗くらいで良い。

コンビニの例えを続けるなら、報告が来ない間、みんなは特定の店の経営戦略会議(やりたいこと)を続けることができる。報告が来れば中断。そして感覚器というコンビニは来店が少なすぎると店の前を通った人さえ報告してくるクソまじめなやつら。

まり集中するためには、このコンビニからの報告をある程度コントロールすることが大事なんだよ。

刺激のコントロール

コンビニからの報告をコントロールする方法はいくつかある。

一つ目は、欲しい一部の情報以外拒否するというやり方。すごく集中している時は限りなくこれに近いんだと思う。ただ、万引きとか強盗とか、クリティカル情報も届かなくなってしま危険性があるので、意識的にやるのは難しい。

から集中するのは難しいんだろうね。生き物として危険から

二つ目は、コンビニを無害な客でそこそこ忙しくさせることだ。低い刺激を与え続けることで、客は来てるけど報告するほどではないな〜という状態を作り出す。ペットボトル一本とおにぎり買うくらいの客がずっと来ている、暇ではないが大変ではない状態にするのだ。

いわゆる、音楽聴くと集中できる、いや洋楽だ、いや歌詞なしが良いというような話のことだね。

三つ目は、店員を疲れさせる方法だ。客が来ようが来まいが、気づかなければ報告できない。

ちょっと疲れてる時の方が集中できる、ちょっと酒飲むといいみたいなアイデアのこと。


まり

刺激のコントロールが集中に関わるんじゃないかという話です。

個別方法はもう発想の領域だし、採用できるときとできないときがあるし、個体差で向き不向きあるので、いろいろ試すうちに良い方法を見つけてください。

というわけでいろいろなやり方。

疲れた状態にする

過度な空腹ではないかつそこそこ疲れている状態を作るのは難しい。個人的には2時間とか歩かないとダメだと思う。しかあんまりやると眠い

運動しながら

動画や暗記系の勉強なら可能方法踏み台昇降おすすめ。その場足踏みもいいけど大体だるくなってしまう。

編み物

同じく動画や暗記なら可能。手先が器用じゃないと厳しいし頭のリソースもわりと持っていかれるが、下のおもちゃより飽きにくい。棒針は抜けやすいのでかぎ針の方がいい。(逆に編み物に集中できない時に動画流すのも可)

おもちゃ

雑なくくりだが、主にフィジットキューブをイメージしている。あと無限プチプチ、何もなければ折り紙でも可。足元にボールを置いて転がしたりするのも効果ある。

電車に乗る

適度な揺れと無意味騒音読書に最適。車内がうるさいとか座れないとかだとよろしくないので空いてる時に。大回りで房総半島一周とかおすすめ。酔い止めは欲しい。

⑥ロッキングチェアハンモック

これは試したことないんだけど、電車が良いならこの辺りも良い気はしている。子ども迷惑でなければブランコもアリか。

⑦何か食べる

程々にしないと太る。飴ならこの飴舐め終わるまでは頑張るとか決めれて良い。

⑧音を聞く

ベタベタメソッドだけど、好きな曲・洋楽イージーリスニング環境音・アルファ波ホワイトノイズなど刺激の程度に幅を持たせるのが簡単なのが良い

⑨酒を飲む

量の調整が難しいけど、酒でちょっとぼんやりしながら読書するのは気持ちいい。タバコは吸わんのでわからないけど、シーシャ屋で読書する人もいるらしいし、わりと楽しくはあると思う。未成年ダメだよ。

こんなもんか。

五感で言うと嗅覚に関するものは出なかったけど、嗅覚は難しいなと思います。アロマで〜みたいなのもあるけど、あれはどちらかと言えば環境変えてスイッチ入れるタイプtipsかなと。

視覚も出てないけど視覚は概ねメイン作業に利用されてると思うので外した。視覚聴覚触覚が日常三大働いてる感覚器だと思うので、特に触覚と聴覚コントロール大事だと思う。

ちょっと話が変わるけど、どうしても心の中に何かモヤモヤがあるとき不安とき編み物とかペンシルパズルとかテトリスとか写経とかすると気が紛れることが多いよ。若干頭を使うくらいがちょうど良い。

あんまりまとまらねえな。

2020-05-12

クリエイター芸能人クレーマー無視すべき

政治的発言をするなと喚く連中は結局クリエイター芸能人本人はどうでもよく、

勝手理想像を膨らませてファンになってる自分感情を傷つけるなと言っているだけ。

そんな人を人と思わないクレーマーの事など気にかける必要はない。

政治批判する事が当たり前になればそんなクレーマーも消えていく。 

著名人もっと政治的発言政治的な作品を生み出し、意識的政治に加わらないといけない。

anond:20200512021208

安部はだいぶ立憲主義関係、過ちを犯さないための法の枠組みへの理解が足りんからぼこぼこにたたく。

けど、例えば給付金周りで、ただでさえ緊急で食い詰めるのを防止しないとならないのに、いらん制約をつけようとか、枠を狭めよ見たいな方向で批判されてるとき政権擁護派になる。

それから経済第一なのでれいわ、MMTまわりのことをいってるやつは擁護するし、政権側が緊縮姿勢を見せてるときはぼこぼこにたたく。

まあ、MMTウヨサヨ論争に取り込まれるのが面倒だから自民安藤西田名前も出してな。

経済第一だし、そのうえで各種の過ちを犯さない法の枠組み第二。中国韓国関係ごみ論争は意識的には無視して、たまにバカにして叩いてほっとく。

2020-05-10

Rails技術負債である2020

Rails業務システムを作ると死ぬ。というかスタートアップ文脈以外ではRailsを使わない方がいい。

Railsって「他の何を差し置いても初速が重要!」「成功してから考える!」スタートアップにとっては最適だと思う。

でも要件が複雑で長期的に運用保守する前提のシステムを作るのには全く向いてないんだよね。

Rails選択した時点でMVCかつモデルにいろいろ押し込んだ密結合なアーキテクチャ採用していて、これが規模の大きく複雑なシステムマッチしないってことをもう少し意識した方がいい。

技術負債」なんて聞き心地の良い言葉で済まされるけど、要は設計不備でしょ。

もちろん要件を鑑みて意識的にこういうアーキテクチャ採用するなら何も問題ない。

作り散らかす人にとってはどうでもいいのかもしれないけど。

とにかく、向いていないことにRailsを使うと当たり前のようにしんどい。

信者は絶賛するのはいいけど、向き不向きがあるってことも同時に伝えてくれたらうれしい。

負債を返すのはおそらく作ったのとは別の人になるので。

2020-05-07

anond:20200507192444

まあ、ぶっちゃけ吉村維新を乗っ取ろうとしたら乗っ取れると思う。

それに対抗して橋下がギャースカ騒いで目立とうとしているが、言うこと為すこととことん外してばかりという情けない状況に見える。確かに意識的ニュースを見てない限り橋下は目立たんしな。

でも正直目立たないほうが維新にとっては正解じゃねと思う。

れいわ、共産も、緊急経済政策張りぼてだと指摘したのは良かったが、やっぱり現職の知事でいろいろ手を打ってる吉村小池には勝てない。

ホームレス生命力

世間の一部では失業自殺だと騒がれているが、そう考えるとホームレス生命力ってすごいんじゃないか

家がなくてもまともな職に就けなくてもなんだかんだで生きている。生きていればいいことがある、とは言わないが、死んだらおしまいである。巨大な絶望を前にした時の生きる死ぬの良し悪しは語れないが、生きていくほうを意識的でも無意識的にでも選択した人間と死んでいった人間の違いはなんだろうか。プライドの有無や、そこに至る前までの社会的地位、楽観的な性格なんかだろうか。

音楽に興味ない

まれからずっと音楽に興味がない。

これはまずいと思い1年くらい前から聴き放題サービスに入って意識的音楽を聴こうとしてるんだけど、気を抜くと数週間音楽を聴かない日々が続く。

2020-05-06

意識的モテを引き寄せられない。

何か、新しい職場で、全く出会いなんて、期待していない状況から意識をしてしまう。

目を合わせて挨拶をしてもらえる。

慣れてない子は、ちょろいなぁーって思われているのかな...。

単に親切な人なのかな。

 

2020-05-03

在宅になってから1ヶ月が経った

汚い話だけどマジで快便。

通勤運動量チャリで片道20分)も減って、摂取する水分も減って、食生活もダラダラ食い・間食・肉揚げ物中心という自堕落生活になったのに、本当にきれいなうんこが出る。ただしすげえ臭い

野菜中心に食べてジム通って意識的に水分とってそれでも便秘に悩んでたのはなんだったんだ。

嬉しいような虚しいような。

2020-04-28

anond:20200427225706

浅い呼吸と深呼吸で分けるとしたら、意識的深呼吸無意識のうちに増えた浅い呼吸の回数がリセットされるのでは、と考えなくもない

2020-04-27

風俗AV好きな男の中には一定数、「彼女らは自分意思プライドを持ってやっているのだから彼女らの仕事をそうやって辛いものと決めつけて哀れむことこそが差別だ」という馬鹿がいます

尊敬する、立派な仕事だ」という言葉立ち位置を引き上げ、「お世話になっています」という言葉自分立ち位置を下げ、これが搾取構造である事実意識的に変えようとする

ずっとそうやってると、本当にそこに搾取構造があることを忘れてしまうんだろう

2020-04-25

中川翔子って早い段階で画力一定レベルまで上がりそこでプラトーに達してしまい、少なくとも10年以上画力が向上してないように見える(むしろ手癖がついてバランスが崩れていっているような…)。

意識的画力を上げるための練習をしない限り、たとえ絵を描き続けていても右肩上がりに上手くなることはない。

むかし売れた漫画家さんとかでどんどん絵が崩れて作画崩壊していく人がたまにいるけど、あれはなんなんだろうな。逆にどんどん上手くなっていく人もいるし、全然技量が変わらない人もいる。

喉悪い

ずっと1週間ぐらい前から、のどがムズムズして咳が出そうになる。(今のところ頻度は高くなく、意識的に抑えられる。)

それと、なんとも言えない息苦しさが、ふと机に向かっていたり、寝てるときに襲ってくる。

熱は平熱だから電話とかは一切してない。そんな感じで在宅でずっと過ごしているけれども、店とかに買い物に行くときは少し不安になる。

もし…って思うと怖くなる。

多分まあ、気管支炎かその類だろうとは思うけど…

2020-04-20

anond:20200420205531

今は意識的ぼっちで食べないとな…

そのくらい頭回してほしい

2020-04-15

anond:20200414195428

ガリだけど意識的筋肉つけるような生活しないとすぐに体調悪化するから体調管理できてない虚弱ガリ大勢いると思うぞ

2020-04-11

コロナ社会に不可逆な変化をもたらした

お前もしかしてまだコロナ収束するとでも思っているんじゃないかね。

今の日本人に足りないものがある。絶望だ。

数週間、数ヶ月だけ耐えればきっと収束すると思っていたら収束しなかったとき反動心が折れる

もうコロナ収束しないと最初から絶望しよう。震災耐震基準更新されたのと同じでコロナ以前には戻れない。

COVID-19のワクチンの開発には1年以上かかるが、ワクチンの開発に成功するとは限らない。

そしてその間にもCOVID-20, COVID-21, ..., COVID-Nが現れて人類を苦しめるだろう。

そうすると人々が最近意識的に心がけているマスクの着用やうがい手洗い消毒やソーシャルディスタンスの確保が当たり前の日常になる。

仕事テレワーク中心になって満員電車オフィスに出勤することが常識でなくなる。

店のレジセルフレジ化が進む。それができない場合アクリル板がカウンターに設置される。マスクアルコール紙類は、幸運と暇と根性がなければ店では手に入らない。それ以外の商品も常に品薄で商品棚が空なのが当たり前になる。そうすると店舗の面積が縮小できそう。

人が集まる娯楽のリアルイベントは開催できないから、イベントで食ってきた業者ビジネス形態を変えることになる。バーチャルとか? スポーツ大会を無観客で開催してギャンブルの賭け金を収益にするとか?

会食や結婚式葬式はできない。しないのが当たり前になる。

人と会うことができないから今特定恋人がいない人は残念でした。コロナ世代結婚できず少子化が加速する。会わない出会いって何だ? 旧人類だからからないがバーチャルとか? 逆に戻って平安貴族のように和歌のやり取りで?

医療職も患者との濃厚接触を避けるため滅多なことでは病院で診てもらうことができない。診てもらえるとしたら遠隔医療が中心になっていくだろう。

人々はウイルス汚染されたこんなつまらない現実世界を捨ててバーチャル生活の場を移す。そうすると犯罪警察もまたそちらにシフトする。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん