「意識的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意識的とは

2018-09-23

anond:20180923100309

日本には、「自己イメージは立派なクズ」が吹き溜まった、沼のようなエリアが沢山ある。

日本メディア大衆芸能は、この手の人間ターゲットにしており、下衆なのは認めざるを得ない。

 

一方、結構いい日本人もいる。(残念ながらクズより少ない。)

一度そういう人たちの文化圏に入ると、人間関係は改善する。

個人的には創作系のコミュニティーでそういう経験が多かったけれど、駄目なコミュニティー存在する。

意識的選択しないで、なんとなくそこに居る人間が多い場所は、クズ化しやすい印象があるな。

 

そこら辺は、増田感性で見つけだすしかない。

早く沼から脱出できる日を期待している。

2018-09-21

anond:20180920125124

相変わらずブコメ選民意識がすごいな

自分はこいつらとは違うっていう自信はどこからわきでるのだろうか(指摘されて逆上する光景も何回も見てきたが)

変なブーメラン投げられないように言うが俺はいじめもしてるだろうし、差別もするよ。

もちろん意識的にすることはないし、公言もしないけれど。

2018-09-17

anond:20180917153110

Google的な文化一見自由に見えながらも、自由意思で選択していると思わされる方向へ向いている。

マクドナルドが、椅子を硬くしたり、冷房を強めて回転率をあげる(秩序を作る)みたいな世界

 

一方、「怒る」タイプ規律訓練により秩序を作り上げる世界だ。

 

どちらが正しいとか言いたいんじゃなく、( 時代は前者の方へシフトしているが )なるべくどちらの世界観でも少し距離を取り、意識的対処できるのが良いと考えている。

その点が、反論したいところだったのだ。

2018-09-15

anond:20180915163204

意識的に言わなくしたり思わなくしたら多少変わると思う

anond:20180915032941

どんな食べ物を欲するか、どちらを選択するかの決定には腸内細菌の選好が大きく寄与している。

そういう研究結果があっても、本当にその選択自分意思100%だと言い切れるのか?

はたまた自分の脳が体験記憶に基づいて決めていればそれは自由意思なのか?

それは脳細胞集合体が結びつきの強さによってはじき出した選択にすぎず、あなた意識がそれを意思だと誤認しているだけでは?

自分」が「意識的」に決めたという感覚の中にも、無意識下で体内の細胞・微小生物由来の選好が潜んでいないとなぜ言い切れる?

そして、それらの細胞や微小生物あなた意思関係なく日々活動しているものだ。

ゆえに、自分意識存在しても、意思存在は疑わしい。

自分だと思っている体はほぼ100%、どれもこれも自分制御下にない。

自分意志細胞コントロールしてがん細胞やデキモノを治癒することはできないだろう。

せいぜい四肢をある程度意識的に動かせるくらいだ。

これは人間の体が意思というOSに基づいてトップダウンで(神か何かによって)創造されたものではなく、

単細胞生物からボトムアップ式に進化していくうちに部分的神経系というトップダウンシステム内包するようになったに過ぎないからだ。

不完全なトップダウンシステムであるがそれを一応機能させるために、仮想的に意識を作り出し、意思があるように見せかけているのだ。

ベースあくまボトムアップ式で、各所で動く各細胞の反応(ロマンチック意思と呼んでもいい)に支配されている。

陰嚢に精液が貯まれば脳は簡単にハックされて生殖行動を求めるように。

あなたの脳はコンビニ店長のようなもので、指揮権があるように見えて実際には本部(体中の各細胞)から命令を受ける調整役であり傀儡という訳だ。

なおかつ、意識バーチャルであるがゆえに、自分というもの実体が何であるのか、という情報にはアクセスできないのだ。身体性の檻にとらわれて。

自分のことは自分しかからないというが、実際のところは誰もが自分のことすら分からない。その時それを選んだ意思が具体的にどこから来ているのかも。

2018-09-11

セリーナウイリアムズの件で、トランプ大統領当選とき報道への違和感を思い出した

テニスセリーナウイリアムズが審判暴言はいたり、観客はブーイングしたりで

普段テニスに興味がない人にも話題が届いたみたいだけど

みんな、これがUSオープンの決勝だということを知ってるか。

まりプラチナチケットで客はみんな富裕層だってことだよ!

そう、富裕層がブーイングしてるんだ!すごいだろ?これがアメリカ民度だ!

衣食足りても礼節は足りないw

で、この件で思ったのはトランプ大統領当選した時のことだ

あのときメディア白人貧困層が~とか、南部白人が~とかずいぶん意識的に分断したアメリカというストーリーを好んで流していた

まぁそれは間違いじゃないと思うんだが

俺はもっと根深いもんだと思ったよ

ようするに、表層的にリベラルやってる人もトランプに期待してんじゃねーの?って思うわけ

じゃないとあの熱狂は生まれないでしょ。

台頭する中国ひとつかましてくれるリーダーを欲してるわけだよ

そもそも80年代に日米貿易摩擦舌戦を仕掛けたのはアメリカ民主党だから

アメリカリベラル層が日米貿易摩擦を支持したわけ

あの時のアメリカ対日感情で、好感度18%だったの今でも覚えてるw

小学生とき配られた資料に書かれてた数字を覚えてるよ俺は

テニスの件で、そういうアメリカの表にならない根っこの部分を見た気がするわけ

からさ、セリーナ女性差別に対する抗議だとか言ってごまかすようなもんで、貧困層が支持してるとかで富裕層ごまかしてるんじゃないかって思う

あの時私はフォロワーさんに恋をしていたのかもしれない

先日、この掲示板での投稿を見てみて、ほほう世の中にはこんな便利なものがあるのかと思ったので使ってみることにした

書きたいことはあるけど、それの為にいちいち個人ブログを立ち上げたりするのも面倒だし、そうなると書く場所とかってなかなか思い浮かばないしで。こういうものがあるなら使ってみたいなと思ってやりました

信じられんかもしれないがこういう事もあるんだぜ、っていうのを読んだ人に「ほーん、そうなんすか」って気持ちで眺めて貰えたら嬉しい。ちなみに結構長いです

で、本題に入る前に少しだけ注意

今の私は20代の女だ。そして、一応腐女子です。知ってると若干分かりやすくなるかな?と思うので言ってみたけど、まぁそういう人種

何を隠そう、腐女子の方がここで書いた記事を読んで、私も自分のことを話してみたくなったのだ

けどこの腐女子ってことは別にそんな本題には絡んでこない。腐女子からどうだ~ってことは無いので、ぶっちゃけそんな気にしなくても大丈夫

んで、この話は私が高校生の頃のこと。結構前なようでまだ全然前じゃない気もする。少なくとも数年前に遡るので、元々記憶力が皆無な私の中で抜けてる記憶が多々あるんですよ

から思い出せない部分は「確かこうだったか…?」って感じで継ぎ接ぎしていくので、多少フィクションも入ると思っといた方が良いと思う。そうじゃないと万が一当時の関係者に見つかった時に「おまえの言い分全然違うじゃねーか!!」って言われても困るし。ごめんよ私の頭がニワトリ以下なために

星の数ほど腐女子なんざ居るだろうけど、万が一ね

前置きが少し長くなりましたが、ここからタイトル通りの本題に入ろうかと思います

記憶を手繰り寄せながら書いていくよ


当時、私は今とは全然違うジャンルに居ました。マイナージャンルだったので、数少ない同志様達との距離は他よりも近かった気がする。やっぱ数が少ないと更に仲間意識が強くなっちゃうから

その中で、私が彼女に会った経緯はそんなに覚えていない。腐女子の繋がり方なんざ、タグやらフォロワーさんのフォロワーさんやらと、とにかく色々あるのだ。とりあえずそういうののどれかで、私は彼女と初めて繋がった

彼女名前はNちゃん。私より年下で、多分中学生くらいだったと思う。とにかく私より年が下で、妹のような感覚だったのを覚えている

そんなマイナージャンルだったからか何なのか知らないけど、当時フォロワーさん同士で「嫁」と「旦那」を決めて更に仲良くなる~みたいな遊びが流行っていた。

この時点で意味が分からない。いや、そもそもコレ意味あんのかな

決め方は適当特に仲良しの人同士で役割を決めてプロフに書いたりしてた。何でそんな事やってたのかは今思うとわからん。そのジャンルしか当時居なかったから分からないけど、もしかして腐女子共通の遊びだったのか?

コレ、他の人から見たら意味分かんないだろうな…私も今はやろうと思わないし

でも、今にして思うとコレが最大の誤算だったのかもしれない。こういう役割を下手に決めてしまたから、私はあそこまでにはなってしまったのかも

で、その嫁と旦那という遊びを、私とNちゃんはやることにした。Nちゃんが嫁で、私が旦那。何でそれになったかあんまり覚えてない。まぁ事の成り行きで?

とりあえず、そこからお互いプロフに嫁とか旦那とか書いて、周りのフォロワーさん達からはあそこ仲良しなんだなーくらいの認識で見られてた(と思う)

勿論お互い他のフォロワーさんとも繋がってたけど、この「夫婦制度」のおかげで私とNちゃんものすごく仲良しになった。言ってしまえば毎日ラブラブなような日々を過ごしていた、というか

楽しくなかったと言えば嘘になる。いやホントはめちゃくちゃ楽しかった。毎日のようにお互い好きだー!愛してるー!とリプ上でイチャイチャイチャイチャ

外野から見たらキモいだろうが、少なくとも当時の私達は楽しくて仕方がなかったのである

そこからどれぐらい経ったか、私達は二人から四人になっていた

私達の他にも夫婦が居て、その二人と仲良くなったのだ

名前は…ゴメンぶっちゃけあんま覚えてない。アイコンは覚えてんだけどな…あとフォロワーさんってポンポン名前変えたりするからさ…

まぁ、嫁の方をSちゃん旦那の方をOちゃんとしておこう

四人になってからは、更にそのグループで固まっていた気がする。他のフォロワーさんとも皆仲良くしているのに、その四人で居るのは別格だった。要するにグループが出来ていたのだ。誰にも入り込めないような、そんな結束力のあるグループ

多分その頃が全盛期だったんじゃないかなー。楽しかったもんめちゃくちゃ。この四人で、そして私の大好きなお嫁さんが居ればそれで幸せだった

幸せだった筈なんだけど

ある時から、私には良くないものが生まれ始めた

簡単に言ってしまうと、嫉妬心である

Nちゃんが他のフォロワーさんと話しているだけで、ものすごく嫌な気持ちになってくるのだ

Nちゃんは私のものなのに、私のお嫁さんなのに、どうして私以外と話したりするの。みたいなことを本当に思っていた。

同時に「お前フォロワーさんと話すな言われても無理だろムチャ言うなや」とも思っていたので、まぁ理性と本能のせめぎ合いが毎日始まった

加えて、Nちゃんには私よりも仲良しそうな神絵師と、リア友でもあるフォロワーがそれぞれ一人居たのだ。私には到底到達のできない画力を惜しみなく使う神絵師とめちゃくちゃ仲良さそうに話すNちゃんも、私には分からないリアル学校の話をするNちゃんも嫌で仕方がなかった

けど、私は年上で、Nちゃんは年下だった

そのことが、私の嫉妬心を何とか抑えていた

だって年上の女が年下の女の子に対してそんな醜い独占欲を顕にするなんて、到底考えられないだろう。少なくとも私はそうだった。だから全部を隠してNちゃんと一緒に居た。そうすれば、彼女は私のお嫁さんで居てくれるから

Nちゃん失望されるのが、一番怖かった

ここで一つ言っておくと、別にNちゃんはめちゃくちゃ絵が上手いとか超絶美少女かいうわけではない。ちなみに何度かリアルで会ったことはありますホント本人が見てたら申し訳ない。けど事実

その上で、私はNちゃんものすごく大好きだった

絵師とかじゃなくてもいい、普通女の子でいい。実際会って話をしたらもっと好きになった。これで私も名実ともにリアルにお友達になれたと思って、めちゃくちゃ喜んだ

ただ、Nちゃんのことがとてもとても好きなだけだったのだ

けれどさすがに、私は少々おかしいのではないか?と思う気持ちが、私を苛み始めていた

だってこんなのおかしいだろう。相手は年下の女の子なんだぞ。年下で、フォロワーさんで、会ったのは数回程度で、そんで、女の子

私も女だ

ホラおかし

もしや私は同性愛者?レズっていうよりバイ?いや、そもそもコレは恋なのか?お互いが一番と決めてしまたから、そうじゃないと嫌なだけなのでは?

そんな事を色々と、延々と考えた

一つ言っておくけれども、決して同性愛をする方々のことを侮辱するつもりは無い

でもね、やっぱ初めてそういう気持ちにぶち当たるとね、こういう気持ちなっちゃうもんよ。しか高校生だったしね。素直に受け入れるのは難しかったんだ

今なら、好きになる気持ちにやっぱ性別関係ないんじゃないかなー、と思う。相手女の子なのを悩むのと同じくらい、女の子かいうことを差し置いて好きだ!ってなってたから。女の子でも男の子でも、中身がNちゃんならそれは私の好きになったNちゃんなんだしさ

今まで散々推しカプに言わせていた「男とか女とか関係ない!お前だから好きなんだよ!」という言葉が改めて理解できた瞬間であった。なるほど、こういう気持ちなのだな。うんうん分かるよ分かるよ

が、それとこれとはまた話が別である

その時ハッキリしていたことは、この気持ちを決してNちゃんに悟らせてはならないということだった

私が逆の立場なら、とりあえずビビるビックリする。そしてその後は、好きの度合いにもよるけど、もしかしたら気持ち悪いってなるかもしれない

そう、ドン引きされて、気持ち悪いって思われるのなんて無理だ。心が壊れる

なので私は、毎日毎日湧き上がる嫉妬心を抑えて、少しでも私の存在彼女に焼き付けようと日々頑張っていた。もう私以外と話したりしないでほしい、私だけ見ていてほしい、なんて気持ち悪いことを思いながら

そして、私を驚かせる事件が起きる

なんと、旦那のOちゃんが、離れた場所に暮らす嫁のSちゃんに、クリスマスに会いに行ったと言うのだ。リアルで。

聞いた時は「ええええマジで?!」と思った。ウッソだろお前。逆ならまだしも、Oちゃん学生だぞ?!っていう

Sちゃんは既に成人していたかその間近だったと思うので、逆ならまだ分からんでもない。だって大人もの。けど、Oちゃんはまだまだ学生身分。多分私とそんな変わんないぐらいだったと思う

しか結構距離を離れて暮らしていたと思うのに、Oちゃんは自らの足でSちゃんの元へと向かったのである

しかも、しかもだ

Sちゃんの頬にキスをして、Oちゃんは帰ったと言った

もう衝撃とかい問題ではない。マジで?という感想しか出てこなかった

私は、素直に羨ましいと思ってしまっていた

実際にクリスマスに会って、頬にキスまでして、お互いラブラブで帰って

そんなの、本当の恋人同士のようではないか

なんて羨ましいんだろう

みたいな、そんな気持ち悪いことをひたすら考えてしまった

私はひっそりとお互いに聞いてみた。もしかして、本当にそういう仲なの?と

二人は、「うん」と答えた記憶がある

私は「そんな事が本当にあるんだな…おめでとう!」と祝福したのを覚えている

羨ましい、羨ましい、私もそうなりたい。他の誰でもない、お嫁さんのNちゃん

本当は、心底そう思っていた

けど、言えるわけ無かった

だって本当は分かっているのだ。お嫁さんだの旦那さんだの何だのと言いつつ、私達は二人のような関係にはなれないことを。何より、そんな事になったら、Nちゃんのこれから人生に陰りを落としてしまうと思った。こんな私とそんな仲になったなんてこと、Nちゃんにとっては汚点でしか無いと思った

だってNちゃんと、私の好きは違うんだから

当時の私は、本当にNちゃんのことを女の子として好きだったのかどうかは理解できていなかった。そもそも喪女だし、人を本気で好きになったことなんかほぼ無いし

つまるところ、好きの感覚が分からない

しか相手女の子。好きかどうか考えるより、この気持ちをどうにかして無くしたいとも思っていた

そうすれば楽になれるのに、と

私とNちゃんの好きが違うことも、私が望んでいることは決して実現出来ないことも、全部全部承知の上だった

から私は最後までNちゃんに、本当の本当に気持ちを打ち明けることはしなかった

私って気持ち悪い、気持ち悪い、こんな疚しい気持ちがあるなんて、彼女恋人同士になってみたいと思うなんて、と、毎日考えて自己嫌悪に陥ることばかりしていた

そんなこんなで日々は過ぎていくのだが

陰りは私達以外の夫婦にも、実は見えていた

嫁のSちゃんが、私に頻繁にLINE相談をしてくるようになったのだ

内容はあんまり覚えていない。確か、Oちゃんの束縛が酷いとか怖いとか、そんなんだったか?みたいなレベル

話を聞いてなかったんじゃなくて私の記憶力が無いだけです。すみません

けど、私はNちゃんのことも好きだが、この二人のこともそれはそれは大好きだったのだ。Nちゃんに向ける気持ちとは全く違うが、二人には二人の幸せを掴んでほしかった

私とNちゃんでは到達できない所に、私の分まで行ってほしかった気持ちもある

二人の存在に助けられたりすることもあったのだ。主に、「そういうことを考えるのは私だけではないのだな」という安心感に関して

そんで、Sちゃんには相談されるけど、同時にOちゃんにも相談され始めた

内容は…とりあえずSちゃんの事ばっかだったな、うん。もう記憶忘却の彼方だよ

Sちゃんから相談が来ればその後Oちゃんから相談が来る、それが終わればまたSちゃんから……終わらない無限ループである

けど、私は二人に頼られていると思って、必死にお互いの仲を取り持っていた。もう別れる!無理!と言いつつも翌日にはラブラブになっている二人を見て、「良かった、仲良しに戻った…」と安心していたし、私のおかげかと思って嬉しくもなった

しか

私は大抵、自分の言いたいことを押し殺して誰かと誰かの間に入るのが癖だった

中立で居たいんだよね。どちらかに偏って、一方だけを贔屓にするの好きじゃないんだ。まぁ、他人と争う勇気がない臆病者なのだろうとは思うけど

そしてその降り積もった「言いたいこと」は、押し殺せば押し殺すほど途端に爆発してしまものであるということを、私はあまり理解していなかったのだと思う

その日は、明日大事用事があるから早めに寝よう、と思っていた。何の用事だったかは知らない忘れた。とりあえず、その日の私は十分な睡眠を求めていた

そして眠りについたが、深夜2時くらい

LINEが来た

何だ何だ…と思いながら見ると、旦那のOちゃん

またしても喧嘩したらしい、Sちゃん

たかよ。というか今何時だと思ってんだ。と思ったけど、私は話を聞いた。早めに切り上げたらまだ全然寝れるだろ、と思ったか

しかし、思いの外話は終わらなかった

正直寝たくて堪らなかった。そもそも私は三度の飯より睡眠が大好きなのだ邪魔されてはたまったもんではない

でも今回の話を聞いているとなかなかに切羽詰まった印象を受けたので、出来る限りのことをしてあげたかった。なので私は最後まで話を聞き、きちんとアドバイスをした

ほんと寝りゃ良かったのにね。「今話したいんだろうなぁ…じゃあ今聞いてあげないと」とか思ってたからこうなるんやで自分

Oちゃんは、「ありがとう。○○に話したら何でも解決する。本当にありがとう」と言って、結局Sちゃんとはお別れをするという結論に至ったらしい

まぁSちゃんとOちゃんから同時に別れる!別れない!別れる別れない!の話を連日聞かされていたし、今回ばかりはこの子も懲りただろう…と思ったので、これでようやく終わった…と私は安心して眠りについた

その時刻はもう夜明けだった

翌日、眠りはしたものの、全然十分じゃなかった私のコンディションは酷いものだった

しかし頑張った

そりゃネット上の友達もかけがえのないものだが、リアルだって大事なのだ

だが、その後私に送られてきたLINE

「やっぱりヨリを戻すことにした」

というものだった

そこで、堪忍袋の緒が切れた

ハ?私はあれだけ睡眠時間を削って話を一から十まで聞いてお互いが相談したり愚痴ったりしてることを悟らせないように上手く立ち回って、しかしどちらかの味方は良くないからそれも考慮しつつその結論に共に至ったというのに、コイツらはまたこうなったのか?そしてまた今後も私はコレに振り回されるのか?

一気に怒りが湧いてきて、Oちゃんに怒りのLINEを返した

降り積もった我慢が遂に崩れたのだ

こうなると、私は最早怒りを抑えたり相手を許したりするタイプではないと、自分でも分かっていた

Oちゃんから謝罪が来た。まぁ怒ったからな私。けど許す気も無かったし、また仲直りした所で同じことが起きるのは明白だった

私は、このジャンルから逃げ出してしまいたいと思った

もう嫌だ

こんな事に巻き込まれるのも、全然まらない怒りも

ずーっと胸の中で燻っている、Nちゃんへの感情

全部全部無くしてしまいたいと、心の底から思った

結果的に、私は全てのことをTL上でバラして、そのジャンルから姿を消した

文字通り、全部ブチ壊して

簡単に言うと、LINEの内容全部バラして言いたいこと全部言って一方的に消えた。そんな感じ

そのジャンルから離れる時って、まぁキャラに飽きるってこともあるんだろうけど、私の場合人間関係が多かったかもしれない

そこにある人間関係が嫌になって、全部ブチ壊して去ってしまうのだ。その時は自分に悪い所などは無いと思っていたけれど、今となってはなんてTL上の方々にご迷惑をお掛けしてしまったのだろうかと自責の念に駆られている

それでも、本当に頭に来ていた。とにかく何か仕返しをしてやりたかった、相手迷惑な行動を晒し上げてやりたかった。大人気ないと今でも思います。ごめんなさい。

旦那のOちゃんとは、険悪な雰囲気のまま別れた

けれどコレに関しては私も我慢限界だった。ので、謝る気は今も無い

Sちゃんとは、またどこかで会えたらいいねと、若干お互い気まずいまま別れた

Nちゃんとは

正直なところ、あんまり覚えてないんだよね。どうやって別れたっけ

離れる前、夫婦を解消しようってちゃんと言ったのは覚えてる

そんで、思いの外アッサリ、いいよって言われたのも

その時、私は本当に、この子と私の好きは最初から最後まで別だったことを実感した

引き止めてほしかったのか?行かないでと、一人にしないでほしいと言われたかったのか、どうなのか私には分からないけど

ただただ、寂しい気持ちが残った

私は彼女が居なければ当時生きていけないくらい、彼女が好きだったけれど

多分、彼女はそうではなかった

私が居なくたって、きっと私じゃなくたって、誰かが一緒に居てくれるのだろう

それを最後に痛感しながら、私はそのジャンルから卒業したのであった


とは言っても、腐女子から卒業できるわけも無いので()相変わらず別ジャンルで元気に腐女子をやっているよ

もうあれから何年も経ってしまったし、あの時の自分について落ち着いて振り返ることも出来るぐらいにはなった

好きの感覚がわからないとは言ったものの、恐らくこれは恋と呼べるものだったのではないかと、今更ながらに思う

あれからジャンルを移行しても仲良しの人を作るのが怖くて、意識的に人を避けていた。フォロワーさんは居るけど、絶対大事な人は作らないように心がけた。またNちゃんの二の舞になってしまっては自分が困るからである

けどまぁ、続けていればそれなりに付き合いの長い人も出てくるわけで。特定の仲良しさんを作らない!という私の決意は時間と共にどこかへと行ってしまったわけなんですけど

でもそれのおかげで、Nちゃんに向けてた想いを改めて考えることができました

私には現在、お互い別ジャンルをやってるけどめちゃくちゃ仲が良いっていうフォロワーさんが数人居ます。単純な仲良し度で言えばNちゃんと多分変わらない。

でもね、当時彼女に感じていた凄まじい独占欲愛情はその人達には全然向けてないし、ましてや『そういう関係』になりたいと思ったことなんて一度も無いのよ

から、ああやっぱりあれはそういう事だったのか、と。

けど今ではその気持ちも薄れてるし、なんといっても昔のことなので、全ては推測でしかない。だから、恋してたのかも、というレベルに留めておこうと思う

私が彼女に今思うことはただ一つ

あの時はありがとうね。今はもう私のことなんて忘れてるかもしれないけど、それでも良いんだよ。幸せになってね。ということだけです。

以上、ここまで読んでくれてありがとうございました。当時のことを振り返りながら書けて楽しかったです。

今じゃネット恋愛もそんなに珍しくないけど、当時は、というかその時の私は自分感情を本当にアブノーマルだと思って否定し続けていました。今ならまだもうちょっと落ち着いて受け止めることができる…かもしれない

ずーっと自分語りで申し訳ないと思ってます。でもスッキリしたよ。

それでは、閲覧ありがとうございました。

2018-08-30

anond:20180830021603

それは虚言癖では。

身近にもいるよ、ただ話を面白おかしくするためだけに嘘つく人。悪気はないし、当人記憶ウソに塗り替えられて本気で思いこんでるからタチが悪い。

必要ないのにウソを言おうとして寸止めした増田ギリギリセーフ。その調子意識的ウソを避け続ければ変えられるよ。

2018-08-29

蔵書の多い家庭のほうが子供学力が高いらしいが

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56752?page=3

電子書籍になったら、親が子供に端末をあたえて意識的に本を買い与えるとかしないとだめだな。

親の本棚の本を勝手に読むとかできなくなるし。

アニメだってプロパガンダ役割を受け持っている

映画版ペンギンハイウェイのアオヤマ君とお姉さんの関係批判されている。

しかテレビドラマ小説漫画アニメも含めて、世の中の作品には世相を反映したプロパガンダ思想が含まれているものである

そのプロパガンダの詳細とは、「女キャラは男から認められるようなタイプしか出してはいけない」というもの

映画に出てくるお姉さんのような、若くて美人で胸が大きくて、小学生男の子から見ても魅力的な女性しか出してはいけない。

原作者映画監督達は意識的にそのような女キャラを作り上げたのではなく、これはおそらく無意識的なものなのだろう。

このようなプロパガンダによって世の中に何をもたらすかと言えば、女は美人でなければならない、胸が大きくなくてはならないという無意識規範が生まれることになる。

逆に聞きたいが、プロパガンダの要素が一切存在していない作品というものが、世の中には存在しているだろうか。

2018-08-28

ネット中二病精神はどうにかするべきだ

いつも24時間TVチャリティやらせだの

あの番組やらせだのネットでくだらないバッシングを読んで思ってた

なにがくだらないかっていうと

まず思い込みでいってるのならただの馬鹿だし

なにより本当だとして自分に得があるのか、ここを思い至らないバカが多すぎる

  

自分スレてない時代子供時代に負けないで、サライ出演者が歌ってるシーンで

感動はしなかったか

さまざまなバラエティ真剣になって笑ったり怖がったりする思い出はなかったか

やらせだくだらないと騒ぐたびにこの辺の思い出から顔を背けるデメリットがある

もちろん自分子供の頃からくだらないと思ってたと子供じみた言い訳を添えて

  

だんだんと目の前のお涙頂戴を素直に観れなくなるのは仕方ないかもしれない

その場合の正解は槍玉にあげるのではなく意識的に目をそらすだけで良かったのに

 

有田週刊プロレスは素晴らしい名言を残した

Q.プロレス八百長だろと言われたら?

A.プロレス青春

2018-08-21

日本役者の演技が酷すぎる。

日本ドラマ映画に出てくる役者は何故あんなに演技が下手なのだろうか。

基本的日本役者は皆「\演技中です/」というマークを頭上に出っぱなしでセリフを喋っている。

たまに上手い人がいるが作中1人でもいればいい方で、殆ど全員が演技者としての最低限の役割程度しかこなせていない。

最低限とは「言葉が聞き取れて、その時の感情はどのようなものかが分かる状態」となる。

これはストーリ理解できるための最低条件だが、実際はこれでだけでは不十分だ。

上記を満たすだけなら基本的に誰でも出来る。

中学生クラス演劇でも可能からだ。

そして大概の演者の表情や抑揚は普通人間よりどこかオーバーものとなってしまう。

本来要求されるレベルは、そこで確かに生きていた人の姿として、ありのままに見せることだ。

これが難しいことはわかる。

ただ役者として仕事をしている以上、達成されるべき水準のはずだ。

少なくとも見ているこちらが恥ずかしい思いをするような演技はやめて欲しい。

ならば海外ドラマ違和感がないのは何故か。

私は友人らの勧めもあり専ら海外ドラマ字幕)、たまに映画を見ているが、日本ドラマで感じる演技の違和感を感じることは殆どない(ストーリーが突然ぶっ飛んだ展開になるのはご愛嬌)。

演技面で見ているこっちが恥ずかしくなって、数秒で画面を閉じることもない。

その理由として「海外ドラマ外国語なので演技の上手下手が見分けづらいからだ」という持論を持っていた。

海外ドラマは当然外国語なので、英語などのヒアリング能力のない筆者にとって演技の下手さ加減が少々わかりにくい。

から自然に視聴できるのだと思っていた。

従って、私がもしネイティブ並みの英語力があったなら、海外ドラマでも「下手な役者違和感を感じるはずだ」と考えていた。

「そう。演技が下手なのは日本人だけじゃない。欧米役者も下手なはずだ。似たようなものだろう。

もう少し言い換えれば「海外役者の演技の上手い下手を理解できない私が、ただただ日本役者を責めるのはフェアじゃない」そういう発想だ。

申し訳ないがはっきり言って「数秒で再生停止してしまうような日本役者」に対して最大限の敬意を払った、私なりの結論だった。

ところが、バイリンガルであるデーブ・スペクターはこう語る。


僕は日本テレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。

ニュースバラエティ番組世界的に見てもレベルが高いと感じています

ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。

20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。

特に問題なのは役者演技力

僕もテレビ業界仕事をしてるからあんまり厳しいことは言えませんが……。

まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

もちろん、なかに面白いと感じるドラマもあるんです。

家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。

役所広司樹木希林桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。

名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。

主演した豊川悦司夏川結衣不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。

でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。



どうやら海外ドラマは演技面でも優秀らしい。

英語は当然ながら日本語もネイティブ並な彼から見た評価なのだうから間違いないのだろう。

彼はもう何年も日本テレビ畑で飯を食っている。

私の持論は一部肯定的否定されたことになる。

すなわち、残念なことに日本役者けが下手なのだ

日本役者に対する思いやりと同情は不要になってしまった。

また海外日本語がわからない邦画視聴者から見ても、日本人の演技はオーバーなのだそうだ。

http://earth-memorandum.net/archives/5369

日本映画アニメショートフィルムを見ていると、登場人物同士の会話が必要以上に大げさな印象を受ける。

リアクション叫び声、ナレーションまでそんな感じだから、わざとらしくて、僕の意見では現実的ではないと思ってしまう。

この特徴はどこから来たの?

日本語という言語自体がそういうものなの?あるいは日本映画監督俳優演出として意識的にやっていることなの?

それとも僕がおかしいのかな?



また、日本欧米と違って、伝統的な舞台演技から離れることができていないという評価もある。

それはKABUKIという日本伝統演劇文化から多大な影響を受けているから。西洋演劇文化とは基準や慣習が違うんだ。

歌舞伎と同じく欧米演劇、少なくとも伝統的な欧米演劇も、欧米映画よりは遥かに誇張されている。

でも、欧米場合映画がそういう表現技法から離れていって、映画の観客たちは大げさでぎこちない演技を指して”theatrical”(芝居じみている)って言うよね。



みんな何とか理由をつけ擁護しようとはするが、結局下手なだけでは思わざるを得ないところがある。

2018-08-19

anond:20180817184509

そこまで行けたエリートからだよ。

油ギッシュなデブおっさんでもエリートなんだよ?会社潰さずにそこまで行けたのだから

最初は本当に誰もやってくれない。全部自分でやらないとならない。逆に余計な仕事も極力意識的に省かないとならない。

anond:20180818205715

昔は霞ヶ関ビルで測ってた。

しかし、霞ヶ関ビルは全国から見えるわけではないため、全国の国民に訴える枡として適当ではないという訴えが国際司法裁判所に提出され、様々な検討を経て、テレビ中継等で、国民理解しうる新しい枡として東京ドーム計画され、意識的にそのサイズ感を垂れ流し、平均的な日本人イメージ出来るようになった段階で標準枡として採用するよう勧告をうけ、実に25年もの歳月をかけて採用されたものであるから、そう簡単に覆すべき性質のものではない。

出典:「世界各国の計り今昔」 民明書房

2018-08-18

anond:20180617094457

夢の内容思い出す癖ある?あるなら意識的にやめたほうがいい

2018-08-15

anond:20180815233623

女性の多くが、意識的無意識的かはさておき、男性リードして欲しいと思ってる・・ように振る舞うのが諸悪の根源なんだよ。

恥ずかしがりの女性自分からセックスしたいと言えないのだろうなぁと忖度し、

ここは男の俺がイニシアティブをとって、リードするか・・・と思い立った結果が、レイプに繋がっている。

2018-08-14

やはりLGBTは健常者攻撃をしている。というかそれが生きがいなのだろうか

・好きな作品攻撃して謝罪に追い込む→ほもおだほもお等

・好きな俳優攻撃して降板に追い込む→ヨハンソン降板事件

デモやらなんやらで交通負担を強いる→レインボーなんたら

告白して気に入らない対応なら裁判一橋アウティング裁判


さっきも何もかも健常者のせいにする変なLGBTがいたが、

これらの事例に反論ひとつできなかった。

健常者を攻撃するLGBT権利運動など死んでも認めない。

向こうから手ついて謝罪してくるまで、意識的活動妨害をすることを辞めない

2018-08-13

anond:20180813120212

増田に届いてほしいけど、

もう散々ツリーが伸びてしまってるから増田に届くかどうかわからないし、

自分結婚育児経験したことのない人間から懐疑的に思われるかもしれないけど

自分もかつてコントロールなんてきくわけない子供の一人だったろうから

そういう人間の一人として全然大丈夫だよ!って気持ち自分のことを書くね

メンタルが弱っているときにはきっと攻撃的な言葉や悪意の方が強烈に届いてしまうと思うけど、

こういう風に考えてる子育て経験のない人間いるから少しでも安心してほしいなと思って書きます

自分聴覚過敏気味で音に敏感な方でそれはもちろん

子供の泣く声や大きな声に対してうるさいなと思うこともあるけれど、それは単に物理的な問題

子どもが泣いたりはしゃいだりすること自体そもそも悪いことでもなんでもないし

親が配慮しろコントロールしろとは全然思ってないよ(ていうか絶対そんな思い通りにできないだろうし)

というかつとめて思わないようにしようと考えているよ

だってやや音に敏感とはいえ概ね自分健康な健常者の大人で、

いまこの社会において実際に増田のような子育てをする親御さんと子供生活する上で

他の様々な障害を抱えている人に実際には奪われているものは何もないし、また譲っていることも殆どいか

ほぼ健常な大人向けの社会インフラの中で普通に生活しているだけで

守れている気になってる程度のマナー意識しか自分が実際には持ってないことがわかったか

以前エスカレーターエレベーターベビーカー問題議論になったときも思ったけど、

健常な大人であるだけでその流れに乗れて、不自由なく生活できる社会において

健常者が実際にそうでない人たちに譲ってることの方が少ないと思う

うるさいとか邪魔だとか、親の態度がなってないとかいろんな意見ブコメトラバに出てきたけれど

でもそれはその文頭に「俺が不快から」「私が気に入らないから」「私の生活の流れが滞るから」ってつけなきゃいけなくて、

実際その感情が全てだと思う だってそこを我慢したとして、健常者の自分が一体どれほどのものを譲っているだろう?

以前足を骨折したとき、通学や通院でどうしても地下鉄を利用しなくてはならなくて、

松葉杖をつきながら通っていたけど初めてエレベーターを利用しようとしたとき

それがとても困難なことだってわかった バスから降りた途端大勢の(恐らく)健常者が

エレベーターに走って殺到して、あっという間に乗れなくなってしまたか

あまつさえ自分は弾き飛ばされて転んで、でも遅刻しないことの方が大事からその場にいた人は全然助けてくれなかった

そんなことをそれからもしばらく続けてわかった、普通大人が骨を折った、病気になった程度のことでも苦労があるのに

そういった生活上の障壁常態化している人の苦労はどれほどのものだろうかと思うようになった

ただ普通に生活していて俺たちの邪魔をするなというだけではなく

時にはそういう人たちのためのリソースも気づかず(あるいは意識的に)奪っていることもあって、

それが既得権益のようなものでなくていったいなんだろうかって思うようになった

それから自分が気に入らないから、自分スムーズ生活が妨げられるからという理由

問題を抱えてる人の責任なのだから人達の方であれこれ我慢してほしい」と思う気持ちをなんとかしようと思って、

けが必要な人、配慮必要な人に健常な自分積極的に譲れるだけ譲ればいいと思うようになった

たとえそれがどんな態度の親御さんでもどんな相手でも、不快に思う気持ち感謝されなくて残念なんて思う

エゴイスティック気持ちも全部こちらが幻の何かを譲った気になっている「私」の方の問題なのだから

たとえ自分結果的不快な思いをしてもいいから、助けられるところは助ければいいし

自衛できるところは自衛すればいいと思うようになったし、できるだけ実践してる

でもほんと全然できないなって思ってる ベビーカーを運んでも席を譲っても、飲食店でうるさくてごめんなさい、って

謝ってくれるお母さんにもほんとに申し訳なさそうな顔させてしまうしその度こっちが申し訳ないと思う

から増田みたいに苦しんでる人にはいつもお願いだから大きい顔をしていてほしいって思う

少なくとも私にはそんなに大きな迷惑かかってないし、ていうか別に迷惑かけてもいい

(ましてファミリーレストランのような場所ならなおさら)

こちらが助けたり対応できることな全然やるよーって人他にもたくさんいると思う

つらいこと本当にたくさんあるだろうけど、できたら楽しく不自由なく家族生活してほしい

別にこっちは自由に動けるんだから必要なことや我慢してほしいことがあれば全然気にしないで声を上げてほしいって思う

いずれまた自分高齢になって不自由になって同じような社会暮らしていくのいやだもの

だって今ある社会の中からこぼれたり迷惑がられる可能性ある、それがほんとにお互い様ってことだと思う

どちらも不快な思いをしてるんだからお互い様、っていうのは私はこちら側の思い上がりだって感じてるよ

もちろんきれいごとだけではなくてうるさいなと思ったりイライラしたりるするシーンも結構ある あるんだけど、

おまえはマナーがなってない、遠慮しろ特権階級か、って行動に制限のある人に堂々と言えるほど

健常な大人である自分他人に対していつも何かを配慮したり譲ってるのか?っていつもその度自分に釘さしてる

こうやって気を付けて生活してても実際はそれはすごく難しくて

増田のように苦しんでいたり申し訳なさそうに小さくなっている子連れの親御さんを見る度に

そんな気持ちにさせてしまって本当に申し訳ないと何度も思ってるよ

なんの制限もなくて今のところは自分の思うように行動できる度100%の健常な大人

様々な理由自分の思うように行動できる度が70%や50%やそれ以下の人たちに対して

「それはおまえの責任なのだから自分解決して道を譲れ、我々の自由な行動の邪魔をするな、これが社会だ」っていうの、

いったいどっちが権利を強弁してるんだろう?ってよくよく自分に対して思うようにしてる

不自由な人にまだ不自由を強いてるの恥ずかしくてたまらない

ストレスフルな状況で増田にぶつけてしま気持ちすごくわかる

もちろん全部はわからないだろうけど、そういうどうしようもなさのことはすごくわかる

ここに書かれていることだけが社会の総意でも世の中のマナー体現してるわけでもない

増田が書いていることも体験していることもなにもこんなにも強く糾弾されることでは全然ないんだって

私は強く言いたいなって思うよ 余計なお世話かもしれないし読まれいかもしれないけど、

後ろめたさや怒りを感じず子育てできる環境に少しでも近づけられるように自分草の根でやってくつもりなので

増田もでっかい顔して子育てしてほしいと思う 

追記

タイトル変えるとトラバにならなくなるの知らなかった 直しました

2018-08-11

anond:20180811104017

一橋の件について全く同じ違和感を抱いてた。

上手く言語化してくれてありがとう

https://anond.hatelabo.jp/20171029184154

あとこの増田に対する罵倒も凄い違和感があった。

なぜ醜いもの生理的に受け付けないものを「素敵」「綺麗」と誉めそやすことを周囲が強制されなければいけないのだろう。

今までの一般的常識から逸脱する行為(この場合男性ワンピース着用)を着用者が意識的選択しているのだから

「気色悪い」「近寄りたくない」というリアクションが出てくるのは至極当然だと思うんだよな。

そういったリアクションを受けたくないのなら旧態依然とした常識的な服装をするか、

限られた空間、例えば新宿二丁目とかゲイパレードでのみそういう恰好をするべきなんだよ。

例えばkiss聖飢魔Ⅱだったり、マッドマックス北斗の拳の敵みたいな恰好をして

普通に市街地闊歩したり電車に乗れば、ほぼ間違いなく周囲からは避けられるし職質もされるだろう。

これは差別じゃないだろ?そいつ恰好が奇抜過ぎて「やばい奴なんじゃないか」と思われてるだけ。

「避けられた上に職質もされた!差別だ!」って周囲にキレるのはお門違いも甚だしいって話。

2018-08-10

宮崎駿はなぜハクを作ったのか

地上波ハウルをやっていたのでなんとなく思っていたことをつらつらと書く。主観100%

宮崎駿はなぜ千と千尋で明らかに女性客を意識した美形の男(ハク)を出そうと思ったのだろうか。

その前にアシタカがいるだろうという意見もありそうだが、あれはナウシカの延長だと思うので除外する。

これまでの宮崎駿作品ボーイミーツガールを描いていたが、それは少年側の視点から描かれていた。

魔女の宅急便少女視点ではあるが、トンボ相手役としてキュンとくる存在として描かれてるかと聞かれると微妙なところだと思う(トンボ自体はいいやつだけど)。

パズーには若干その萌芽を感じるが、それは理想少年として描かれているからで、女性に気に入ってもらおうという視点で作られてはいないと思う。

ジブリ作品で初めて女性客を意識した思われるキャラはハクであり、その後継にして進化系がハウルだ。

単に見た目が美形だというだけじゃなく、女性の心をくすぐるよう計算された描写意識的に描いている。

その証拠千と千尋ジブリ作品にしては珍しく女性作家による二次創作がたくさん創作された。

ハクもハウルも、親しげなそぶりを見せたかと思えば冷たく突き放したり、急にパーソナルスペースに入ってきたりと実に少女漫画的なふるまいをする。

千と千尋の公開日は2001年1941年まれ宮崎駿は60才だ。

60の男がなぜ急にこういうキャラクターを出そうと思ったのだろうか。

ディズニー作品ラプンツェルではヒロイン相手役を決めるのに女性スタッフのみによる「最高のイケメンを考える会議」が開かれたそうだが、

ハクを作るにあたり、ジブリ内でもそういう会議が開かれたのではないだろうか。

少なくともハウルに関しては絶対女性意見が入っていると思う。

さらに近年の「風立ちぬ」では本庄という初めてBL的な人気を広く博したキャラも出てきた。

どういう思惑なのか宮崎駿の心の内を知りたい。

anond:20180810114343

2日に1回くらいのペース長くても3日に1回くらいのペースで出てるからあんまり問題に感じてなかったんですよね

筋トレしててその分意識的に食べてるから量が多くて1日1回出すつもりの方がいいんですかねー

もしかしてプロテイン問題だったりするんですかね

2018-08-09

PSYが好き

江南スタイルの人ね 大ファンというわけでもないけど

あの人の曲もMVもかなり好きでよく視聴するって人に言いづらい ネットでもリアルでも

そもそもうそんな話題になったりしないしオワコン扱いされそうっていうのもあるけど

ちょっと前にはてな公言しづらい趣味っていうのが盛り上がってたけど

PSYはどうなんだろうな?って思ってた ネットでは特に公言しづらい感じはある

アンチ韓国の人もよく目につくしものすごく嘲笑されそうな気する

あと韓国アイドル好きな人はああいタイプアーティストのことをどう思ってるんだろう

韓国芸能界のものに詳しいわけでもないからよくわかんないんだ

ほんとごくたまーーーーに話題にのぼったとき

PSYの曲もMVもだいたいいっつも同じ感じじゃんって言われるし自分でもそう思うんだけど

たぶんその「同じ」部分にすごく好きなところがあってクセになってるんだろう

MVにはちょっと前の韓国映画みたいな演出雰囲気も感じるし

醜さとか猥雑さの中に面白みはもちろんスタイリッシュさとか美を見出してる感じがするとこが好き

ストレートなかっこよさとかはないんだけど独特のキッチュさがあって

そこをメタ的に意識的に、でも別に否定的でなく見てる感じするとこも好き

単純にあのヴィジュアルの人が踊ってるのを観るのが楽しいってのもある

なんかいいんだよなあ、の「なんか」の部分がうまく説明できなくて

でもこれもう普通にファンだなあと思ってなんだかますます人には言いにくい

2018-07-29

オナニー中に喘いだら気持ちよかった

こないだ最中に「んんっ」って声を半分無意識、半分意識的に出してみたら気持ちよかった。喘ぐから気持ちよかったのか気持ちよかったから喘いだのかグレーだけど、なんかよかった。エロを実感した。

anond:20180729015012

かにムキムキマンには立ち直り反射によって安全姿勢を保つ能力が備わっているため、防御本能を、防御本能でつぶす!!!

屈曲反射を使う。数多くの脊髄反射のうち、痛覚神経を求心路に持つ屈曲反射はすべての反射に優先する。

例えば,脊髄をそれより上部の脳構造から切り離してしまったカエルでも,足先をピンセットでつまむと後肢全体を胴体に向けて折りたたむ運動が起こる。これは屈曲反射flexion reflexと呼ばれるもので,強い刺激を受けた肢を刺激源から遠ざけ,危害を免れようとする合目的的な意義をもっている。われわれが釘を踏んだ足をとっさに持ち上げるのはやはり屈曲反射で,痛いと思ってから意識的に持ち上げるのではなく,脊髄の働きにより無意識のうちに持ち上げられるのである

(世界大百科事典)

落ちれば死ぬと分かっているので必死兵隊でも、火傷するほどの熱湯による強い刺激を受ければ、

『反射はその肢の屈筋全体に広がって屈曲協同運動となり,いくつかの関節がすべて屈曲して,体幹に向って折りたたまれる(ブリタニカ)』ので、めでたくハシゴロープや壁から手を放してしまって自動的に転落である

武器攻撃に耐えられる鎧や覚悟があっても、侵入してくる液体が持つ熱による反射は防げない。痛みにより受け身をさせない。



(母さん)

夕焼けが綺麗だった)

(真っ赤な血の中の飛び散った脳みそは、途方もない時間溜めこまれ精子のようだった)

2018-07-22

虚しい

一体何のために生きているんだろう?

いや、答えは分かっている。

意識的にも、無意識的にも、生きようとした個体が今生き残っているにすぎない。

次の世代を産む前に死ぬ個体は子孫を残せず、遠い昔に絶滅した。

我々はその結果に過ぎない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん