「意識的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意識的とは

2019-01-20

anond:20190120114150

割とマジで瞑想、休息

人間頭が疲れてる時は欲求に弱くなる。だから、頭のやすめるのを意識的にする。

2019-01-19

自分が見たかったのは結局AVなのかもしれない

最近いろいろアニメ見てるけどどれもこれも5分以内で飽きてしまう。

ストーリーに興味持てないんだよなあ。誰と誰がどうなってああなって世界がアレとかめんどくさい。異能バトル、ラブコメちょっといい話、どれもめんどくさい。ちなみに日常系にもストーリーはあるので、日常系見ればいいとかいうのとも違う。必然的ギャグばかり見るスタンスになってしまった。

でも正直に言えばAVの方が好きだ。1作品につきお気に入りのシーンが数秒しかないこともよくあるが、そういうシーンを見つけたときは気分がいい。一時停止、スロー再生などして、理想の瞬間を追求する。

アニメはすべて意識的に書かれている。AVもっと無意識的なものだ。いくら演者が頑張ってるとは言っても、自分の体の隅々まで意識的に動かせているわけがいから。アニメはどうしても作ってる側の取捨選択が入ってくる。この絵を入れる、あの絵を入れると。でも自分が選びたかったのは別の絵だったりもする。そうじゃないんだよと思いながらアニメを見る。AVも基本はそうじゃない演出なのだけど、数秒だけ自分に刺さる瞬間があったりする。それが気持ちいい。まあその刺さる瞬間も編集によって切り取られたものの一部ではあるのだけど。それにカメラアングルもやはり選びとられている。そういう意味AVも作り物にはすぎないが。

理想としてはカメラ位置自分で決めることができるAVがいいだろう。昔は複数視点AVがあったが、複数ではなく無限自由視点にする。技術的にどうやるのかはまったくわからない。分かりやすく言うなら、自分が幽体になってAV撮影現場をうろうろできるような感覚がほしい。VRってことか。でもあれはまだまだ制約が多いんだよな。あれだと幽体と同じにはなれない。要するに天井に張り付いて見るとかそういうことはVRにはできない(?)。人間としてVRがやりたいのではなくて、幽体としてVRがやりたいわけ。

2019-01-16

SNS趣味的な空間から政治的空間

2chも人が集まるようになったのとまとめブログのせいでネトウヨばかりになった。

twitterも人が集まるようになってポリコレ勢が増えた。

少し前にコタツ記事話題になったけど、愛国ポリコレっていうのは専門知識抜きで

誰かを殴ることができるから人気になるのだろう。自分こそが正義だという優越感が

気持ちいいのだろう。

政治問題労働関係だとそうはいかない。法律勉強をしないといけないからね。

あと経済学勉強必要

自分と似たような趣味・感心のある人と緩くつながることは今じゃかなり難しいんじゃないかな。

意識的政治的な人を避ける必要があるから

2019-01-11

なぜ女性を強調するのか

週刊SPA!特集記事、ヤレる女子大学ランキングについて母校が抗議した。

や団体を侮辱する記事は当たり前にあってはならない。それを主張すれば良いのに、なぜ、わざわざ、女性軽視、女性蔑視、女性名誉尊厳あんなにも女性を強調したのか。その点において悲しくて仕方がない。

同じく母校が、以前から合コンしたくない大学と言って侮辱されている。世間は(そういう思考がある人は)対象女性であるか、男性であるかは関係なく、下に見ている人、団体侮辱するし、そんなことは決してあってはならない。ただそれだけのこと。

正直、近頃の女性活躍女性社会進出女性の、女性の、女性の、女性のというムーブメント辟易している。もう、やめて欲しい。これ以上私たち女性スポットライトを当てるのをやめて欲しいという気持ちでいっぱいだ。

そんなに話題にしてくれなくても、関心を向けてくれなくても、わざわざ外から女性権利を守りましょうと言わなくても、こちらは自分権利は当たり前に得ていくし好きに自由自分のしたいように生きていくので、これ以上構わないで欲しい。

男性100人女性は私1人というような規模の職場で働いているが、1秒たりとも男性たちから下に見られているなんて感じたことがない。もちろん気を遣って親切にしてもらうことは多々あるが、ああ女性軽視の蔓延ってる社会だ!なんて思ったことは今まで一度もない。職場だけでなくどこでも。

しろ、そういう状況であるのに、いたるところで女性女性女性女性外野が騒ぐから注目を集めてしまうし、彼らも私がいることが珍しく感じてしまう。こちらは毎日ことなので珍しくも何ともない、圧倒的に男性が多い状況もそこに少ない女性がいることもただの日常しかない。

そうやって世間女性女性女性と発するたびに私たち女性無駄スポットライトを当てられて、うるさいなぁ!もういいよ!と感じていることを、母校は分かっていると思っていた。それなのにあんな抗議をしたのが悲しすぎる。

ああやってホット話題女性軽視、女性蔑視として抗議したことによって更に人々はその話題に関心を持ち、話をする。その期間が延びれば延びる程、女子学生たちは大学名を言ったときに、あぁあのランキングのね笑という反応をされる期間が延びる。そういう反応をする人を根絶するのが理想だけれどもそうはいかないし、そういう人たちは女性であろうが男性であろうが人を小馬鹿にするものだ。きっと。正義を主張することは間違っていないのだけれど、それが最適であるとは限らない。

1秒たりとも男性たちから下に見られていると感じたことはないのは、私と関わってくれる男性たちが良識ある人たちであることはもちろんある。そして私は下に見られていると思っていないから。相手女性であろうと男性であろうと誰であろうと、私とあなたは同じ目線だ!と思って生きている。上から見られるとかそういう感覚的な話はそう思わないことが一番だと思う。上から見られていると思ったらそう認めたら、その認めるという自分の行動が起因となって、本当に上から見られてしまうんだと思う。

そしてそういう状況に仮になってしまったときに、相手にやめてくれと求めるのは良くないと思う。人を下に見ることはそういうことをする人たちにとってきっと心地良いことで、それを他人のために辞めろと言われて辞めることができるような人はそもそも他人を下に見ない。だから相手が変わることが道徳的に正しい解決方法ではあるが、それは無理であってそんな現実的でないことを望んでいてもね。つまり自分意識的に同じ目線だ!と確かな意思をもって人と付き合っていくしかない。

女性軽視、女性蔑視は遺憾だ、という抗議は能動的に見えて、実はとても受動的なのではないかと思う。私たち女性を上から見るのをやめてという発言は、上から見られていると認めてさら相手の変化を期待しているだけで、その他力本願的な一面がさら女性軽視、女性蔑視を助長する気がする。本当に女性軽視、女性蔑視を感じているならば、意識的意味自分が上にあがっていくしか自分で同じ目線になるしか解決方法はないのではないか

から女性は清く強く正しく賢く美しく生きていくこと、制服を着て歩けば自分学校の顔となることを私に教えてくれた母校には、女子大学生たちにも同じこと、どんな相手とも同じ目線で付き合っていくことを、下に見られかねない行動を自らするべきではないこと、自分がそこの学生であると名乗ったならば自分学校の顔となることを教えてあげて欲しいし、あのような女性無駄に強調した抗議をして欲しくなかった。必要以上のスポットライトを、関心を、軽い視線重い視線を集めるきっかけを作って欲しくなかった。

女性女性女性というムーブメントをやめて欲しいと言ったところで世間はやめないので、気にしないで今日も生きていくだけなのだけれど。

女性であることがマイノリティである女性は、何かにつけて女性女性と騒ぐ流れにうんざりしてる人が多いと思う。

や団体を侮辱する行為はあってはならない、ただそれだけのこと。

2019-01-10

日本の多くの女性の声が高いのは構わない

が、電話応対するタイプ職業女性意識的時報の声に近い音域で話すようにしてほしい

この間きたプロバイダ契約変更案内の女性の声が

高すぎて非常に聞きづらかった

車通りの多い外で受けていたのもまずかったけど

それにしてもなにを言っているかからなかった

2度3度同じフレーズを繰り返すが

聞き直しても甲高くてやっぱり聞き取れない

結局聞き取るのを諦めて聞き流した

2019-01-09

好意を寄せているおんなのこがいるのですが(Aとします)、

最近自分の行動がAのそれに似ているなと感じるのです。

Aの好きな音楽情報ツイッターで流れてたらそれは決して忘れないし、

年末に久しぶりに見たテレビにそのアーティストが出ていた時は耳を傾けていました。

大塚美術館で歌ってて去年の夏を思い出しました。あそこ行ったんですよね、2回。

いや、そのアーティストは「もともと気になってたけど聞く理由が増えた」って感じかもしれない。

そんな感じで、Aが原動力となって、自分の好きなものを探すことが多くなりました。

さらに、自分過去の嗜好をAによって少しずつかじられて、刺激されて、掘り起こされている気がします。

あくま自分の手の届く範囲で、私とAの共通項を探っているだけで。

Aは漫画が好きらしいけど、私はマンガ読まないし、「まだ」食指も動いていません。

次会うときはもう少し文化的な話ができるといいな、とずっと思っています

踏み込まないと。

こういった自分の動きは今まで「無意識のうちに」行われていました。

いえ、上のような気付きがあった時からは、すべて「意識的に」行われることになってしまいました。

(でも少なくとも、Aの見えない範囲でやる分には「無意識」と観測されるはずです。)

ツイッターアイコンを変えたかったのですが、年末年始にどうやらAのアイコンが先に変わってしまったみたいです。

変わるのは初めてだと記憶しています

いま私も変えると不審がられるかもなあと、実家で暇をしていた時にせっせとデザインソフトいじってた時間を惜しんでいます

あの時間勉強に充てれば、単位心配なく取れたのかなあ。

年明けていくつかツイートしましたが、まだAからいいねはつきません。ちょっと心配です。

ほかの人のいいねの多いツイートをみたらAの新しいアイコンがのぞいてました。

悔しいなあ。

「だれかのために強くなりたい気持ち」って人間を動かすけれど、見返りがないと疲れます

自分精神リソースがその気持ちでいっぱいになるほど、空回りしてる気分になって、無力感が強くなります

そうやってココロはは激しく波打つのです。

はやく次の日程を取り付けないと。

やってられなくなって焦る気持ちと、まだコミュニケーション量が十分じゃない現状とのギャップが本当につらいのです。

私は春までに、できる限りを尽くしたい。

今年の夏はきっと遊べないけど、9月になったら2人で知らない場所に行く。それが叶うのなら今はとりあえず幸せといえます

来月のこともわからないのに半年後なんて知る由もないけど、できるだけ明るい未来を夢見て、

おいしそうなごはん屋を探し、次々とやってくる試験を乗り切り、

終わらない課題を消化し、アポを取る。

明日からまたがんばろう。

2019-01-08

うつ病やばい

10年以上うつ状態で1年前ぐらいに薬を飲み始めてから初めて精神状態改善したんだよね。

いわゆる普通の人の感覚ってこんな感じなのかなって感激したよ。

こんなに良い状態毎日を過ごせてたんだって

そりゃ、起きてご飯を食べる気力も湧いてくる。

人にやさしくなれるし無駄な怒りも湧いてこない。

この世界が素晴らしいものだって考え方になるのもおかしくない。

もちろん性格が変わったわけじゃないから、うつ状態改善しても大きく身の回りのことが変わったわけじゃないけど、まあまあ普通に過ごせるようになってきた。

うつ病のことが気にならなくなるぐらいには。

そういう感じだったんだけど、去年の年末バタバタしてて薬を一週間ぐらい飲まなかったんだよね。

そしたら、来たんだ。うつ状態

久しぶりにこの感覚きたなあ、なんでだろう?

おかしいなー、おかしいなー(稲川淳二風)

それで、ちょっと考えてすぐに薬飲んでなかったかだって気づいて。

うつ病やばい。しんどすぎるって改めてわかった。なんだこれ。

ズシーン!って心、というと誤解があるかな

脳。脳に来るんだよ。

起きれない。ご飯たべられない。薬は手元にない。

改めてうつ状態になって思ったのは、

・およそ人がまともに生きていける状態じゃない

メンタルコントロールするとかいレベルの話じゃない

・考え方を変えるとかそういう問題でもない

なんも無理。問答無用絶望する。

簡単メンタルコントロールとして、辛いことを考えないようにするとか、悩まないようにするとか、そういうことを意識的にやってる人っていると思う。

自分も薬によって改善されたとはいえ、落ち込むようなことはあって、そういうときは考えないようにするとか、気にしないっていう対処法でまあそれなりになんとかなるようになった。

最初のうちはこれでなんとかなるなんて普通の人たち最強だなって思ったりもした。

ただ、今回、うつ状態になってそんなこと無理だって気づいた。あれは、自分状態が良かったからできたんだ。

でもうつ状態ってそういう次元の話じゃない。問答無用でズシーン!てくる。頭の中が真っ白でも状態は最悪。

久しぶりに自然死にたいという思いがこみ上げてきて、ああ、こういう感覚だったよな。こんなのでよく自分がんばってたなと思った。

自分の力でなんとかするとか、考え方を変えるとか、物事見方を変えるとか、そんなことひとつも無理だと改めてわかる。

そういうこと意味ないんだよ。問答無用理由なき絶望に包まれるんだ。

今は薬のおかげでだいぶ落ち着いて考えられてるけど、それにしても、薬を飲んでいなかったとき自分はよくこんな状態で生きてたよ。

10年以上も続けば感覚麻痺していたもので、それが普通って感じで日常的に絶望してたから分からなかったけど。

とりあえず、自分はずっとこのままなんだろうな。

2019-01-07

anond:20190107095235

今、きっとめちゃくちゃ辛いでしょう。お疲れ様です。自分も一昨年キツイ失恋をした際に「失恋 どうしたら」などで沢山検索していました。調べても調べても出てくる結果に納得がいかず日々情緒が暴れまくっていました。

結論から言うと、本当に時間しか解決してくれないように思います自分場合は振られてから半年程ずっと復縁がしたくて堪らなく神社にも占いにも縋るような気持ちでしたが(相手完璧に素敵な人間ではなく短所が明らかに目に見えていてる人だとしてもそれでも所有したくて堪らなかったので 振られたことがとにかく悔しかったので....)意識的に色んな人に会ったり色んな映画アニメを観たり、あと何より旅行に行ったりなどして時間を過ごしてるうちに徐々にその気持ちが落ち着きマシになっていったような気がします。まぁ冷静になったかなと自分で思えるには約一年ちょいくらい結局掛かってしまいましたが....

あと、旅行はかなりオススメです。足を踏み入れたこともない上に自分のことを誰も知らない土地に行くというのは非現実感があり、案外ひとりでも大丈夫だと強く思える良い機会になると思います自分はそうでした。

とはいえ、今はもうそんな事考える余裕もないほど辛いかもしれませんね。ただ、どうか生きてちゃんご飯を食べて働いてきちんと寝て、時間が経つのを待ってみてください。一年や二年や三年は思ったよりさっと過ぎていくので....。

そんな過去もあったなぁと思える日が一秒でも早く訪れますように、あの苦しい経験はこの人と出逢う為だったんだ!と気付けるような機会が必ず訪れますように。

増田さんの未来がより良いものになりますように、強く祈っています

2019-01-05

anond:20190105203826

無意識的にそうなってるのを意識的にでもやめるようにしないと日本血縁主義で滅ぶ。

2019-01-03

理三受験の思い出

anond:20190102063518

こういうの書きたくなるね。自分が頑張ったことは思い入れがある。

微妙に書くところ間違えたので投稿しなおした。


小学生

関西田舎の町立小学校に通っていた。友達がみんな塾に行っていたのが楽しそうだった。

「僕も行きたい」と親に言ったことがあったが、なぜか断られた。

自分が子を持った今なら分かるが、3人目の私にお金をかける余裕がもはやなかったのだと思う。家にはアップライトピアノがあって姉が習っていたが、自分は習いたいと言ってもお茶を濁された。


父は会社勤め。ホームレス気質天才タイプ。母は専業主婦。真面目な秀才タイプ。親は教育に興味が無いわけではなかった。むしろかなり意識的独自戦略のようなものを持っていたと思う。

小6の夏休みに入ると、「レベルの高い学校に行くとめちゃくちゃ楽しい」などと、うまいこと母に言いくるめられて中学受験を決心した。


「力の五千題」とか「自由自在」を各教科買ってきて、夏休みに二回ほど通した。なにかババのようなものを掴まされたような気もしなくもなかったが、面白かったので続けた。

からは応用問題集、冬になると過去問をやった。模試は受けなかった。「自信を失わせたくなかったから」とあとで母から聞いた。どういう意味だ。

私立を2つ受けてどちらも合格した。ちなみに、受験直後の自分感触としては98%落ちたと思っていた。未だに謎である


中学生

中高一貫校寮生活が始まった。

強制的勉強する時間毎日3時間あった。小学生の頃とは比較にならないほど学校の授業を面白く感じたので、予習・復習をやった。みんながやっていたので、ラジオ英会話を毎朝聞いて、テキストを暗記した。完璧発音テキストの会話を一人で完全再現できるようにしていた。一年イギリス人先生普通の会話ができるようになった。
中学3年生のときに、全員がZ会模試を受けることになった。はじめての模試で超わくわくした。総合で全国100番位だった。初めて自分立ち位置を知った。思ってたより良いという感覚。でも同じクラスに全国一桁台とかが普通にいた。


音楽室に個室のピアノ部屋が5台分あった。昼休みにほぼ毎日通ったので、結構弾けるようになった。今考えると異常な環境である音大かっていう。親友ピアノが超すごいやつがいた。ヤマハをずっとやってきた人で、聴いたら即弾ける、ハ長調譜面初見で見て変ロ長調で弾ける、メロディを見ると即座にステキ伴奏を思いつく、など。理解不能であるピアノをメインの楽器にするのはやめようと思った。


高校生

下宿に移り、自由になった。学校以外で勉強しなくなった。暇なので、絵を描いたり生徒会をやったりピアノの人などを誘ってバンドをやったりと、生活を広げ始めた。

授業中に予習復習などすべて授業を聞きながら終わらせたので、成績は特に落ちなかった。

こういうことを書くと、舐めてるとか自慢とか思われるわけだが、違うんだ。

自分なりに一番効率が良い方法を追求していた。授業中に寝て、家で数時間独自勉強するみたいな非効率的なことはしたくなかったのだ。

授業は120%の集中力で聞く。それでも時間が余るので、次の予習をしたり、問題の別解を考えたりしていた。家で半徹夜で何時間勉強している人たちよりも結果的に長時間勉強していたと思う。だって毎日9時から17時まで勉強していたんだもの毎日7時間くらい集中して勉強しているのに、「増田勉強せずに成績が良いな」みたいなことを言われてたのは未だに納得がいかない。


高2で東大模試を受けてみると、理三以外はすべてA判定だった。理三だけが完全にE判定だったので、「は?しばくぞ」と思った。
なんかの奨学金アメリカにただで行けた。夏休みの一月まるまるESL漬けで楽しかった。自分英語力はあんまりしたことないと気づいた。同級生アラブ皇太子とかトルコ首相の息子とかがいた。そういうのも自分には無い。


高3になって流石にクラス空気も変わり、自分放課後勉強するようになった。小学生の時は夏休みから半年でなんとかなったけど、さすがに東大一年位はやらないとやばいだろという感覚があった。

一学期にあった駿台統一模試で、英数国の三教科の偏差値が80を超えていた。一方で、本来好きな理科がボロクソだった。準備不足を痛感して夏休みに強化することにした。


・高3夏休み

化学生物だった。教科書はさすがにすべて頭に入っていたので、いよいよ応用問題週に手を出すことにした。東大過去問をちら見すると、化学の出題の半分くらいは似たような問題しか出ないことがわかったので、同じ問題を何十回も解いた。滴定とか。30分かかって6割しか正当でいなかったところから、5分で100点の回答ができるようになった。時間が余るので、初めて見る問題ゆっくり考えられて便利。生物は、問題文に答えが書いてある。

一方で、わりと大丈夫そうな主要三教科は、根本的なところをやることにした。

数学

チャート式などは数冊終わっている状態大学への数学をひたすら解く。新しい問題は、ひたすら考える。未知の問題に解法の方針を立てる練習

英語

TIME誌を定期購読していたので、毎号気になる記事を一つまるまる訳してみる。超大変。NEWSWEEKにすればよかった。のだが、一年定期購読してしまったのでやるしかない。んで、訳したあとは要約を英語で書いてみる。ラジオ英会話ビジネス英語までランクアップしていた。正直東大受験ではこのレベルリスニングスピーキングは当時必要なかったので、聞き流していた。ハマっていたのはパーソナリティの訛りを真似すること。

国語

Z会小論文をやっていた。元来文章がそんなにうまくはなかったけれど、読むのも書くのも好きだったのでこれは半ば趣味結果的200字作文に多少役に立った。


・高3秋

9月学校最後イベントがあり、燃え尽きた。勉強は2ヶ月ほどお休み。焦りはなくはないが、みんなそれで合格するやつは合格するっていう先輩の像を見てきている。今回は自分がそれをやるほか無いという感覚。流石にバンド解散した。


・高3冬

10月から2月まで5ヶ月もある。


センター試験

英語198 

数学191 まさか満点じゃないとは。世知辛い東大理系はわりとこういう感覚だと思う。

国語167 古文漢文論説は150/150。小説めっちゃ間違えた。こういうこともある。

化学100 

倫理93  一応、山川倫理用語集を3回くらい読んだ。手抜き教科のつもりが、哲学に興味が芽生えた。大学に入ってから哲学系の本をたくさん読んだ。自己形成に大きな影響を与えた。人生何が大事わからん

合計

前記749/800

後期489/500

センター試験

ようやく赤本に取り掛かった。感想は、英語簡単すぎ、数学難しすぎ、国語意外とお得、理科けっこう簡単

というわけで薄々気づいていた数学不安定さと、国語のお得さに焦点をあてる。数学が0点でも受かる謎の計画をたてる。国語最後の一ヶ月だけ、古文漢文個人先生に習った。

ちなみに東大模試は3社2回とも全部受けて、最後を除いてすべてE。でも成績は徐々に上がって最後だけはC判定だったので、本番の頃にはB判定くらいになってるんじゃない?と思っていた。


・本番

当日はなぜか20時に寝て、25時に覚醒し以後眠れないというアホなことをした。

ただ全く寝てないわけでもないし、ただ少し眠いだけなのでやるしかない。


 点数非公開時代なので自己採点

国語 60/80 ほぼできた。

数学 40?/120 難しすぎ0完6半ワロタ。。1完だと思ってたのに、弥生門を出たところで配ってた駿台の速報を見たら計算ミス発覚。かなり暗くなったが寝たらわりと忘れた。

生物 50/60 多分まあまあできた。

化学 55/60 多分ほぼ間違えてない。

英語 120/120 まじで満点じゃね?と思った。

合計 325/440 数学が0点でもギリ受かるかも?と思った。

・発表当日

赤門から会場へ向かうと、のちの上クラになる姉が向こうからやってきた「あ!○○ちゃん、受かってたよ!」

弟に「ちゃん」づけはまあしょうがないとして、俺が知るより先に結果を言うなよ。未だに恨んでるぞ。

合格してから

家賃が安いという理由三鷹寮に申し込んだのだけれど、その書類を集める際に親の年収が600万であることを知った。そりゃ無理だわ、塾もピアノも。ちなみに中高は奨学金もらってた。それでも親は教育のために借金してたんじゃないかな。決定的に計算が合わない。ちなみに三鷹寮は生活費が安すぎて家庭教師バイトだけで異常に金持ちになった。楽器を買ったり海外旅行に行ったりした。ヨーロッパまで6万円で行けた時代である。さておき、感覚としては、医者になってまともな収入がある今よりも、当時は自由に使えるお金があった。人生まじで謎である

おじさんもなぜか未だに人生謎のままに頑張ってるけど、受験生の皆さんも頑張ってね。

2018-12-29

PC使うとき集中力がないのは無呼吸になるからではないか

なぜかPC使ってるときに長時間集中できないなーと思ってた。

で、ふと自分の呼吸に意識を払ってみると、PCポチポチ何かを打っている時は呼吸が止まっているようだ。

電子メール無呼吸症候群というのが有るらしい。

で、ポチポチ何かを打っているとき意識的に呼吸をしてみる+数分に一度、頭が疲れてきたなというとき10回ぐらい呼吸だけをするという超こまめな休息をとってみる。

この2つを試してみた。

タイプミスは確かに増えたんだが、今までより長時間作業ができるようになった。

何故かレポート作成とかでパソコンで長時間作業ができないと感じた人は、自分の呼吸に意識を振り返ってみるといいかも。

2018-12-22

思考固定化されていた

いまそれとなくニュースサイト巡っていて、趣味話題記事があった

語学資格取得、バイク電子工作etc...

たくさん趣味を挙げてる人がいて、「こんなにたくさんあって趣味と言えるんかいな・・」と思った自分に驚かされた

いや、趣味ってそういうものじゃないよな

自分が好んでやっていれば、どんなレベルだって趣味

俺は趣味なんて1つや2しかなくて(しかも滅多にしない)

休日ほとんど床に臥して無駄時間を過ごしている

その時、なにか「新しい事を始めよう」という思考を、自分の中から完全に、意識的スポイルしてしまっている事に気付いた

人生に制約なんて無いのに

アラサーで今後転職することは多分無いだろうけど、私生活まで固定化する必要なんて無いんだ

新しいこと、何だって始めていいんだ!!!

俺は自由だったのに、一体なにをしてたんだ!!!

2018-12-18

anond:20180720024344

このエントリを書いて半年ほど経った。読み直すと論旨が二転三転していたり、啓蒙を気取った書き方だったりして恥ずかしいけれど、そう指摘してもらえて冷静になったののあり、以来、ちょっと離れてなんとなく見守ることにしていた。シンジュクが勝ちましたね。アルタ前の人混みの写真を見て、大当たりで大人気でよかったじゃん、と思えるくらいには、心の距離が取れていたんですが。

ヒプノシスマイクTDDコミカライズを読んで、解釈違いで検索に引っかかるツイートを眺めて、このコンテンツに対する失望がどんどん強くなった。

ヒプノシスマイク怖い話で私がジェンダー意識的にどうなの、と取り上げたのは(取り上げたかったのは)、

○女だけが覇権を握る世の中→女全体を憎むような描写(具体的には左馬刻の「クソ女ども」発言)

○の割には壁の外では男女は平等(?)に働いている様子(具体的には一二三が独歩の職場ナンパ→それでクビにならないくらいの距離感)

○壁の中でもさほど虐げられたり侮蔑される訳では無い様子(具体的には三郎がレストラン店員女性生意気な口を訊いても追い出されなかったこと)

この辺りだった。

まり憎むべき敵=独裁政権を「あの言の葉党とかいう奴らめ」ではなく、「あの女たちめ」という括りにしてしまうのが雑ではないか?ということ。

それに加え中王区で娯楽的に男達のラップバトルを消費する女たち、にファンを重ねるような投票システム

この2点が重なっていることを不愉快に思ったのだった。

(投票システムについてはどんどん自分が中王区の女と重なっていくのが楽しい、という意見を見て、なるほどそういうこともあるのか、と思ったので、今はさほど危険視していません。)

で、今回のコミカライズ

女性政権側の東方天乙統女が愚かな男と煽るような発言を繰り返していたのもあり、少なくとも「男全員お上喧嘩売られてる」状況なのは理解した。そして逆上したモブキャラの男たちが「女なんて所詮男の道具なんだよ」と言い放ってしまうくらいには「愚か」な、なるほどこれくらいの性認識なのか。

自分だってあの世界の男ならクソババア!くらいは言うかもしれない。ああいう言い方をする乙統女は少なくとも男女の間に壁を作り対立させようとしているように感じるから

けれど正直なところ、2年後の世界で目論見通り性別で分断できている様子や、性別で分断する意味があったと感じる描写はまったくない。もしかしたらTDDが動きを起こし、ドラマパート程度まで動きを落ち着けたのかもしれないな、とは思った。

これは一読者の体感だが、やっぱりこの程度のシナリオだと、女性独裁政権!というセンセーションナルさのために無邪気に作られた設定としか思えないのだ。なぜなら行間に見える日常生活で、男女の扱いの差がほとんどないから。その甘さがやっぱりどうしても気になってしまう。

左馬刻の妹が巨乳から炎上、という外部野次には笑ってしまったけど、かわいくてスタイルがいい、食事の準備をしてくれる妹というキャラクター像に対してコテコテ理想女の子らしさを感じたのは事実だ。それもガッカリ感に輪をかけた。

結局自分はこのコンテンツの作り込みに満足できないのかもしれない。楽曲レベルの高さで勝手に期待して、それならシナリオもきっと沢山考え込まれている、そのはずならここやここは不躾すぎる、そういうふうに思って私はエントリを書いたから。

今回のコミカライズは傷ついた、というよりは「なんだったんだよ」と力が抜けて笑ってしまうような話だった。もう積極的に買って読むことはしないと思う。感想が結局アンチみたいになってしまったのが、展開を楽しみにしていたファンとしては残念で、こうやって未練がましく長文を書いていること自体ファンダムへの砂かけと取られかねない。

でもまだ第一話、全三本の並行連載だし、どんどん良くなっていくのならこれ以上のことは無い。そうだといいな。

本物の喪女が使う技術で、恋心が生まれそうになったら即座に刈り取る技術

あれすごいなと思う

そういうことがちゃん意識的にできるなら人生はより楽に生きることができる

俺的には人として好きと異性として好きの境界線曖昧なので相手の都合もおかまいなしに気がついたら好きになってるパターンが多い

そうなったらもう関係は終わりなのでいつもつらいなと感じてる

好きに切り替わりそうな時に瞬時に意識を切り替えられる技術はぜひとも身につけたい

2018-12-11

なんだか急に話したくなった、って言って欲しいだけの人生でした

先日、無性に人恋しくなって昔の友人に連絡してしまったときに、はたと気づいてしまった。

自分は、こうした唐突な連絡をする側ではあっても、急な便りをもらう側の人間ではないのだということに。

意識的しろ無意識的にしろ無性に連絡を取りたくなる相手選択には理由がある。大方の基準自分から見て仲がいいと思っていたかどうか、だと思う。

こちから連絡すると、当然仲が良かったわけだし今でも悪くはないのだから、邪険にせず毒にも薬にもならないような雑談に付き合ってくれる。

けれども、相手から「なんだか話したくなって」と連絡が来ることはない。

そこにも色々と理由があるんだとは思う。例えば、認めたくはないけれど自分が思っているよりも仲が良くない、だとか、もしくは日常に満たされていて唐突に人恋しくなって誰かに連絡するようなことなどしない、だとか。

連絡が来ない理由が必ずしも自分起因だとは限らないのだと頭ではわかっているのだけれど、それでも、「なんだか急に話したくなった」って連絡が来ないような人生の積み上げ方をした自分のこれまでを悔いてしまう。

これから出会う人との関係構築の仕方はきちんとしよう、なんて前向きな考え方もあると思うけれど、短い人生ではあるものの一番価値見出している時代の友人から声がかからないことの寂しさは凍えるように寒い

寂しさ、虚しさ、それらから生じる我が身の寒さのせいで、一層肩を震わせる平成最後師走

新しい年、新しい時代こそは、と思う気持ちはあるけれども、きっと同じことを繰り返すんだと思う。

私は孤独には強い性質だと思っていたけれど、全然そんなことはなかった。せきをしてもひとり、尾崎放哉の有名な句が思い起こされる。

ほんとに低能先生に失礼だし、煽り低能使うのはよしなよ。

あと、意識的キティ煽りやってるつもりなんだろうけど、そういう行動は実際に危険だよ。

2chでも意識的にやってるつもりだった奴が発散して実際におかしくなったのは何度か見た。

2018-12-08

anond:20181208085219

本心から」が、無意識にか意識的にか「前例」という限られた選択肢の中から選んでいる、という思考停止にも似た動きに見えたのです。

から理屈をこねこねしている、というのはあると思いますが、

今回の件はまあ被害者の方の動きを見てもバランス悪いなと感じたのですよ。

2018-12-02

anond:20181202084344

それから彼女見捨てられ不安が強いかもしれないから、もしいたら他の女友達との関係を疎遠にすることだね。

どのみち、結婚したら意識的浮気の疑いを持たれないために異性の友人を作らないものだけどね。

自分容姿レベル何となく察する方法

人間、外に出たとき自分と同世代(と思ってる)相手しか見ていない、という調査結果があるというのを、20年くらい前のNHK番組で知った。

すれ違う人、バス停で隣り合わせた相手、駅のホームから電車なかにいる人を何気なく見たとき……。目が合うのはどんな人だろうか。もちろん、色気付いてない人は他人を見ないが……。

少なくとも女性は、自分と似た世代メイク服装や持ち物を無意識によくみてると思う。チラーっと、しかし上から下までじろじろと、品定めするような視線女性女性から受けたことがあるんじゃないか

人の多い雑踏のなかで歩いてみてほしい。向かいから歩いてくる異性と目があったら、その相手と同等レベル、もしくは、何となく無意識に見てもらえる(自分よりは格下)レベル相手だろうとおもう。

意識的にこんな卑屈でゲス認識を持たなくても良いとは思うけど、謙虚にはなれるから、まあやってみてよ。

ほんと、自分より下だなと思ってる相手しか目が合わないから。

自分自分イケメン美女と思う相手を見たときにまず「意識」「認識」されてみられたことがないので笑ってしまう。

また、自分の話で傑作だったのは、20代のときに、めかしこんだ50代過ぎの女性から「参考にされている」「今の流行りを知ろうと見られている」と感じる視線を一身に受けたときだ。女は死ぬまで女であるという言葉を思いだし妙に納得したものだった。

コンビニ店員が『コンビニ人間』を読んだ。

以前、私が書いたバイト日記に「『コンビニ人間』だ!」というブコメ複数寄せられたので、読んでみた。これは感想というより私の現実比較した愚痴

・私は『コンビニ人間』の主人公古倉さんみたいにコンビニ歯車になれる気がしない。

コンビニ歯車というよりもはやコンビニ妖精というかコンビニのものになってる古倉さん恐ぇ!

オチが『世にも奇妙な物語』みたいにやばくてベリーグッドでしたd(・∀・`*)

そもそも私が勤めている店舗は『コンビニ人間』の店舗ほど色々な意味ちゃんとしていないので、働いていてげんなりする事が多い。

・古倉さんの働き方はマニュアルよりも優先すべき事とマニュアルを遵守する事のバランスが素晴らしく、理想的で、こんな人のいる職場に勤めてみたいものだと思った。

・古倉さんは実在したらそうとう気持ち悪そう(他人の口調やファッションを真似してるのとか絶対バレバレで陰で言われまくりだよこの人)だが、理想の先輩の様な気もする。この人と組んで仕事をすれば私も熟練コンビニアルバイターになれそう。

・いいなぁー古倉さんと働きてぇー、と思うくらい、現実に私が勤めている店は全体的にやる気のない雰囲気が充満している。

・私や相棒プロアルバイター氏みたいな、仕事に対して誠実でありたい欲のある人間は完全に燻っている。意識的人生落伍者を演じなければならない圧がかかっている。

・古倉さんとは完全に真逆方向性で、社会歯車(というより社会のおみそ)を演じなければならないんだよなぁ。それが楽しいわけないだろっていう。

・私達は社会ゲジゲジなわけ?キショいけどゴキブリうから居なきゃいないで困る、みたいな。

・当店はオーナーハッスル具合だけがやたら凄まじいのだが、現場はその息子である店長の「適当にやろう」精神で回っている……はずが、適当どころか自堕落しか言い様のない状態になってしまっている。

・というのも、昼勤の主戦力の人達が猛烈だらしないのである。数時間シフトをしのいで金さえもらえればそれでいいっていうのが見え見えすぎる。

・なのにお昼の時間帯は客層のお陰でギフトクリスマス正月関連の予約が沢山取れるので、最もやる気のない人が営業成績No.2になってしまい(ちなみにNo.1の人は自爆営業をする人である)、評価されるのである

オーナー現場ちゃんと見てくださいよ!

女性からキモがられて酷評されていたプロアルバイター氏が最近オーナーから評価されつつあるのが唯一の救いだ。誠実に仕事してる人が評価されるのは見てて気分がいい。

コンビニに限らないどこか新規のお店にオープニングスタッフとして就職したい欲が高まる。へたにコンビニ職歴を重ねると変な癖が付いてると思われてコンビニのオープニングスタッフにはなれないのかなー、うーむ。

年末年始はどうやら帰省組の穴埋めで昼勤にも入らなければいけないみたいなのだが、やる気0の人と組むと魂が腐りそうで嫌なので、相棒プロアルバイター氏と組めないなら辞退したいけど、昼勤出来なきゃ何時まで経っても一人前にはなれない(みなされない)みたいなので、なやましい。

2018-11-29

潜在的攻撃性マニピュレーターだった

恋人が次第に浮気相手となり、最終的に大揉めして絶縁してしまった。

その人とは性格や嗜好がこれまで出会った人にないほど劇的に合い、会話することが誰よりも楽しく、

気づけば好きになっていて、当時付き合っていた恋人と別れてその人と付き合った。

が、コミュニケーションの誤りや、自分自身覚悟のできなさ(つまり新たな恋人だけに向き合うこと)によってその人とはすぐに別れてしまい、

しかし縁を切ることができずにダラダラと肉体を含めた関係継続してしまった。

紛れもない浮気二股

行き着く先は地獄であろうと理解はしていたものの、どうしてもその人と会うこと、話すこと、そしてセックスがやめられず、地獄もすべて受け止めようと進んできたが、

気づくと浮気をしている自分肯定するための口実、都合のいい言葉を並べて相手支配するようなコミュニケーションをしてしまい、最終的には私が言葉物理暴力を奮った。

結果、相手に嫌われて終わった。

自分もこの関係を終わらそうと対話を何度もしたが、

 今思うとそれも関係性を継続させるためのやりとりで、元の関係に戻るを繰り返していた。ただ、その繰り返しももうこれで本当に終わったのだと思う)

今は謝ろうにも連絡先が立ち消えていて謝ることすらできない。すごく辛い。

何が辛いのか、おそらく要素はたくさんあり、嫌われてしまたこと、傷つけてしまたこと、もう謝れないこと、もう会えないこと、

そんなことをしてしまった自分への嫌悪感自分は狂っているのかもしれないという不安自分が守っていたプライド自己評価が崩れたこと、

上げればキリがなく、ここ数日はうまく眠りにつくことができず、寝ても途中で目が醒めてしまう。食事固形物はほとんど取れないでいる。

絶縁して以来、どう謝ればいいか自分自身がどんな人間なのかということばかり考えて、仕事も手に付かない。

この1週間、早めに退勤して喫茶店で、その人への謝罪文を書いては出せずにいる。

そんな折、自分おかしさを自覚したい、そして矯正したい思いで手にとった本が、

まさに自分を言い当てているようだった。矯正の仕方は書いてないが、思い当たる節が多々合った。

潜在的攻撃性マニピュレーターと呼ばれる人間だ。

潜在的攻撃性マニピュレーター

---------

「人を追い詰め、その心を操り支配しようとする者――『マニピュレーター』は、聖書に書かれた『ヒツジの皮をまとうオオカミ』にじつによく似ている。人あたりもよく、うわべはとても穏やかなのだが、その素顔は悪知恵にあふれ、相手に対して容赦がない。ずる賢いうえに手口は巧妙、人の弱点につけこんでは抜け目なくたちまわり、支配的な立場をわがものにしている。自分の望みを果たすためならオオカミたちはとことん闘いつづける。だが、一方で好戦的なその意図だけはとにかく他人の目から隠そうと必死だ。こうした人格の持ち主たちを『潜在的攻撃パーソナリティー』と私が呼んでいるのも、彼らにうかがえるそんな特徴のせいにほかならない」。

---------

自分の都合・目的(それは相手支配である)を最優先して、無感情相手を傷つけてコントロールしようする、私はそういう人間なのだ

これまでそんなことには完全に無自覚で、読み進めるのが辛かった。

これはどうしたら治るのだろう。著者は直し方まで書いてくれてはいない。

自分はそういう人間だと自覚して、症状が出ないように意識的抑制して生きていかなくてはならないのだろうか。

相手を傷つけてしまたこと、自分自身の信じられなさに耐えきれず、

かといって自分一人ではどうにもできず、誰かに相談することもできないので、心療内科カウンセリングに通うことにした。

心療内科では、通院の継続を求められるとともに処方箋を出してもらい、ここ数日睡眠障害不安感は一定程度押さえることができている。

(ただどこかのタイミングですぐに不安状態に陥る)

明日は初のカウンセリングだが、何があるのだろう。これを経て誠実な人間になることはできるのだろうか。

とにかく相手には謝りたいし、

改めて人間関係をやり直させてほしい。会いたい。

これまでまとっていた脆い自己評価自己陶酔を捨てて誠実を最優先した人間になりたい。

ただ、手紙にそれをしたためて送ってみたところで、それも傲慢自己都合しかない気がする。

そして、無視されたり断られたりする気がして、本当に死にたい気持ちになる。死ぬ勇気もないのだろうけど。

2018-11-25

ゴブリンスレイヤーアニメ 💋の描写エロい件について言及してる人いないのナン!?

めちゃくちゃ意識的に作ってるのに。。。

お前らいまだにおっぱいとか全裸みたいにわかやすくしないとわからないのか。

そんなだからフェミカスおばさんにバカにされるんだよ

2018-11-24

anond:20181123002740

人はわざわざ考察厨になるものではなく、妄想してるうちにひとりでに考察厨になるものだと思うが、意識的考察厨になりたかったら、

過去の有名作品自分の好きな作品の、設定、世界観キャラ類型ストーリー展開などの分類表を自分で作ってみることだな

「この作品はこのパターン」「これはA作品とB作品の要素の折衷」「このキャラ類型は途中まであの作品のあのキャラ同類型、しかしこの部分が違う」「この作品の序盤でこのキャラはこういう立場だった、話が進んだらこういう立場になった」

なんてのを、いちいち、表に書いて比較していれば、だんだん自分の頭の中で、分類、類型化ができるようになる

もちろん、そんなもんは「自分なりの分類、類型化」であって、世間に通じる普遍的ものかはわからんけど

2018-11-15

anond:20181114225809

痴漢盗撮治安問題社会問題だと思うけど、それ以外は全部ネットの吹き溜まりクズ共の発言じゃねーか。

なんでわざわざアンチ板とかまとめサイトとかそういうところに行って中傷発言を拾ってくるんだよ。

憧れや崇拝・絶賛といった光があるところには、必ず妬みや恨みが集まる。それが人間の真理。人気があればあるほどアンチだって湧いてくる。

自分他人中傷をして笑ってる連中は下品だし哀れだしそうはなりたくないと思うよ。でも、自分の嫌いな誰かの不幸を願う気持ちは誰にだってないわけじゃない。好感を持たない相手ゴシップ記事ははっきりいって楽しい

具体的に「〇〇の悪口を言うなんて許さない」あるいは「〇〇のレイプ同人を出すなんて許せない」って言うんだったらむしろたくさんのオタクが「そーだ、そーだ!」って言ってわらわら集まってくると思うよ。でもデカ主語

男性の皆さんは女性一方的性的対象にする行為を全てやめてください」「オタクの皆さんはまともと思われたかったら女性キャラに対する悪口をいうような輩を自分たちの集団の中から完全に排除してください」なんて言われたら猛反発を受けるのは目に見えてるんだ。意識的にせよ無意識にせよ自分加害者になりうるという加害性の自覚があるからこそ闇を世界から一掃しようなんて思考は恐ろしいものに見えるし、それを実際実行に移そうとするならディストピア管理社会への入り口だよね。

2018-11-14

どうせお前なんかに便秘の苦しみはわかんねーよ!

それが彼女が僕を振る際に言い放った最後の言葉だった。

あれから1ヶ月。

彼女日常からいなくなったストレスからか僕もすっかり便秘になってしまった。


ブフォ と、意識的に屁を出してみる。

臭い。ガス中のうんこの濃度が高い。

嗅覚への不快な刺激と共に、彼女の顔と思い出がちらほらとよみがえる。

彼女もまだ、このにおいの屁をしているのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん