「多民族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 多民族とは

2021-05-02

anond:20210502082628

大阪北朝鮮かなにかなの??

これは、大阪に住むコリアンにきいてみればわかる。

コリアンの住む多民族地域大阪なんだから大阪以外の地域とは話が異なるんじゃないの?

大阪の人は、北朝鮮というよりは韓国寄りの印象がある。

2021-04-19

anond:20210419115648

レスしないならしないでいんだが、訂正だけはしておこう。

民族割合を保てないなら意味がない

 →民族の人数が居なければコミュニティを保てない、というのがもう間違いで、人数が居てもむしろ保てない。どのみちアメリカがいないと日本は維持できないんだ。移動手段確立した以上、長期的に民族は混ざり合うしかなくて、少子化かいスパンでは気にする意味はない。今すぐ難民をたくさんいれたら社会不安定に……みたいな視点はあるから移民賛成するわけじゃないけどね。

ここの認識が違うんだよな。

別に俺は民族が混じり合うのが問題だと思っているわけではなく、その遺伝子がどれだけ我々の子のものなのか?を問題視しているわけ。

つまるところ、地球から多民族排除して、今いる日本の子孫だけになるのがベストだとは思っている。

2021-04-17

雑誌映画秘宝』の記憶(50)

町山智浩柳下毅一郎問題発言集】(No.20)

 前回の続きです。

 出典は『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判2』(2004年、洋泉社)、発言者を「町山」及び「柳下」と表記記述形式

   [ページ数]

   発言者発言内容

   【※】付随情報や私個人の感想など(適宜)

   (初出)

です。

引用ここから

[p209]

【※】今回も監督ソフィア・コッポラ、出演・スカーレット・ヨハンソンビル・マーレイロスト・イン・トランスレーション』の話題。まずは二人の「女性観」が読み取れる箇所から

 町山:ヨハンソンダンナの知り合いのハリウッド女優が出てくるじゃん。『最終絶叫計画シリーズアンナ・ファリスがキャピキャピ演じてる。

 柳下:あれはスパイク・ジョーンズの『マルコヴィッチの穴』(99年)に出たキャメロン・ディアスモデルでしょ。一人『チャリエン』みたいな女闘美アクション映画プロモーション来日してるという設定でモロバレ。

 町山:あの映画観たいなあ。アンナ・ファリスってインタビューしたことあるけど、礼儀正しいし、一生懸命質問に答えるし、ミラ・ジョヴォヴィッチと並んで性格のいい女優さんだったよ。それに比べてスカーレット・ヨハンソンは…。

 柳下性格悪そうだよね。

 町山:最悪!

(中略)

[p211]

 町山:あと、アンナ・ファリス自分ダンナ冗談言って笑ってるのをヨハンソンがブスーッと見てるんだけど、ソフィア・コッポラもああいう女なんだろうな。

 柳下:男と平気で猥談できちゃう女を軽蔑してるんだよね。キャメロン・ディアスってオリヴァー・ストーンみたいな親父にキスしてやったり、お尻振ってみせたりできちゃう女でしょ。

(中略。『ロスト・イン〜』の物語では、何も起こらないと柳下毅一郎が不満を言う。)

[p212]

【※】ここから町山智浩自分語りが始まる。

 町山:オイラにはあの何も起こらない感じがリアルだったね。オイラ取材でけっこういろんな街に行くじゃん。トロントとかオースティンとかさ、でも現地に誰も友達いないから、淋しくてさ。ビル・マーレイ気持ちがよくわかるよ。

 柳下:淋しいかカミさん電話したりして?

 町山:うん。「子供は淋しがってないか?」って聞くんだけど、「大丈夫よ」って言われちゃうの。それがまた淋しくてなあ。

 柳下:情けないなあ。僕は見知らぬ街を一人で散策するの好きですけどね。博物館とか殺人現場を訪ねたりして。トロントなんて多民族都市うまいレストランがいっぱいあるし。

 町山:一人旅を楽しめるってのは強い人間なんだろうな。オイラさびしんぼうから(笑)うまいレストランに行っても、「こんなにおいしいものも一人で食べてると淋しいなあ」とか思っちゃって。

 柳下:それは中身がないからですよ。

 町山:…そ、それはオレのこと言ってるの?

 柳下:『ロスト・イン〜』という映画のことですよ。異国の地で淋しいなあ、ってところから最後まで一歩も進んでない。

(中略。映画ラストスカーレット・ヨハンソンビル・マーレイキスする場面は脚本には無いアドリブという話。)

[p213]

 町山:たしかに本当は、ヨハンソンと何もないまま、タクシーに乗って帰るというのがリアルな終わり方だよね。映画のような出会いなんてないんだよ…。

 柳下あんた、その年で旅先のロマンスとか期待してるの?

 町山:柳下はもう恋とかしないの?

 柳下:…もしかして奥さんとの仲悪いんですか?

 町山:いや、いろいろあってもう十年以上で円熟しつつあるけど、妻への「愛」が成熟すればするほど、「恋」や「セックス」はなくなっちゃう感じなんだ。ていうか、こっちがそれを求めても、カミさんのほうがケミストリーをなくしちゃって…。

 柳下:はあ…。

 町山:だからさ、若い頃は恋愛セックスは一つだけど、この年になると「愛」「恋」セックス」の三つに分裂するね。『ロスト・イン〜』はその心理をよく描いているよ。ビル・マーレイは家庭を愛してて、妻を愛してるんだけど、淋しいんだよね。

 柳下:情けないですね。日本旅行に来たことでそれに気づくだけで、マーレイもヨハンソンも、もともと淋しいんだよ。別に日本関係ないんですよ。

引用ここまで=

(初出『映画秘宝』04年vol.53)

 以下は感想です。

【※】町山智浩が「インタビューしたことあるけど、あの女優性格が悪かった」と言う話も、単に相手女優町山智浩セクハラ発言によって気分を害されただけなんじゃないでしょうか?

【※】柳下毅一郎発言にも「男がセクハラ的な猥談をしても、それを笑って受け流すのが『いい女』の条件である」という男尊女卑意識を感じます

【※】一人旅に耐えられないか、耐えられるかの部分では、町山智浩柳下毅一郎の差が如実に顕れています

【※】この頃から町山智浩は、家庭での居場所を失くしていたように見えます。だからといって、ここまであからさまな「旅先での浮気願望」を口に出して言うのも「『大人の男』としては少々みっともない」と思うのですが、本人の中では矛盾を感じないのでしょうか。

【※】ケミストリーがどうのこうの言う割りには、町山智浩から出てくる話は性風俗の話ばかりなので、仮に百歩譲って浮気をするにしても、現地アメリカ自力女性との一対一の関係を構築することはできない/できなかったんだろうなあと推察されますマンスプレイニング気質の持ち主だと、アメリカ女性から敬遠されてしまいそうですし、センパイのために女性パートナーを献上してくれる忠実な子分も、アメリカでは作れなさそうですし。

【※】アメリカではイケないから、日本出稼ぎに来た時に…というのが、例の騒動の発端なんでしょうか。

 またも次回に続きます。ヘイル・サタン

2021-02-05

anond:20210205065354

良かったじゃん。

単一民族単一性別、と、どんどん幅を狭めれば会議は速くなる

 

まり早く終る会議というのは、それだけ多民族排除した証

 

どうやったら会議が早く終わるか

雑魚は黙れ すぐ終わる

2021-02-03

anond:20210203175936

実際、人類学的な見地からは「異文化食事を通じた交流場を持とうとすることは、病原菌の軽度交換を通じた免疫交換としての機能があった。多民族食事の場を設けていた民族免疫獲得の機会に恵まれ、急激な流行病による死滅回避やすかった。今生きている人類飲食による交流文化として残っているのは、そうでない民族よりも生き残りやすかったことによる生存バイアスと言える」という説があると俺が今さっき考えたぐらいだ

2020-06-30

バイデン大統領とか悪夢でしょ

トランプ負けそうじゃん。日和見バイデンとかアメリカにとっては地獄だよ

バイデンだと何が駄目?って事じゃなくて、反トランプからバイデンって感じのどっかの都知事選みたいな事になっているのが問題バイデン大統領になるってのはアメリカ的に弱まったオバマの再来なんだよ

日本からだとオバマ比較的マトモに見えるけど、退任後に研究された結果では『八方美人弱腰ヘタレ(意訳)』って結論がでてるよ。そりゃWeにCanさせる人だからね。そもそも多民族が居て、貧富の差が激しい国でみんな幸せにしようとしたって無理なんだよ。結果中間層くらい向けになって底辺は不満出るし、中間層別にからない。本当にムダが多かった

トランプ無茶苦茶だけど本当に根本だけははっきりしているし、クソヘタレだったオバマよりは各国に睨み利かせれている。良くも悪くもカンフル剤としては一流。新型コロナとBLMに関してはぶっちゃけ運が悪かったとしかヒラリーでも同じだし、あのオバサンだったらヒスってもっと悪くなってたか

何にせよ、バイデン大統領になった日にはアメリカ協調路線になり、ロシア中国デカイ顔するようになり、各国の紛争をどさ回りして停める損な役割ばっかさせられる平和だけど共産主義以外には住みにくい世界になるだろうな

それくらいバイデン理念に筋がない。トランプとか糞や!でここまで来ているレベル。その辺は民主党支持のハリウッドセレブの中身の無さも裏付けている。思い出したかのように黒人擁護言ってる奴らが大体バイデン支持。あの厚顔無恥だけは見習うべきなのか悩む

しろバイデン大統領の方が良いことありそうって期待を誰か教えてくれ。ヒラリーの時は全く無かったけどな

2020-06-21

人種差別をしないための差別

国連調査員いわく「日本差別問題は根が深い」「役人たちはこの問題の大きさを認識していない」のだそうである

穏やかじゃないですなと読み進めると、"日本差別は、日本人の見えない輪をつくり、そこに「違う者」が入ろうとする「忙しい」などの建前を使い静かに拒絶すること"であり、"悪意はなく、酷い差別を受けることも無いが、友好的な人からも小さな差別を沢山受ける"ことであると。

欧米某国に長く住んでいる人間として言わせてもらうなら、これを人種差別ととらえることこそ、問題本質理解していない。このような仲間/よそ者区別はどの国にも存在し、それをレイシズム定義している国をほかに知らない。そして、このマイルドな「差別」を一概に悪いことである定義してしまうべきでもない。

たとえば、自分が昔ロンドン会社で働いていたとき外国人(非英国人)向けの「イギリスでの生活になじむための講習」のようなものを受けさせられたことがある。そこで最初に言われたのが、「イギリス人の友達が出来なくても心配しないように」ということ。実際その通りだった。ホームパーティーに誘われることは何度もあったが、例外なく外国人から外国人の同僚に尋ねても、一様に同じ感想を漏らしていたし、イギリス人の同僚もその傾向があることは認めていたから、講師が言ったことはある程度一般可能事実だったのだろう。ちなみに、ロンドン移民人口が3割を超える多民族都市だ。

ニューヨークですら、事情は大して変わらない。アメリカ人は「イギリス人とそれ以外」のような分け方はしないが、「アメリカ的な振る舞い」をしない人間に対しては厳しい。そして、それは当然不文律であって、社会人になってからでは学ぶ機会が無いし、そもそも不文律自体場所コミュニティで異なる。個人的には、イギリスに比べればだいぶやりやすいとは思うけれど。

どちらも、「静かな拒絶」の一例だ。それは確かに広義の差別になるのかも知れない。しかし、このような「差別」をしなければ、人種差別は確実に激化する。世の中には生き方の違う人間というのが確実に存在するのであって、そういう人たちを遠ざけたり遠ざかったりして無用な摩擦を避けるのは、ごく一般的な生活の知恵だ。この棲み分け機能していない社会では、大抵人種差別が起こる。生き方も考え方も違う人間が密接に関わりあえば、当然不愉快経験もする(ルームメイトウンコのついた左手蛇口をひねり、そのまま蛇口を洗い忘れて出て行った、とか。どこの国の人かは敢えて書かない)。そういう「不快経験の積み重ね」が人種差別を拡大させる。こういう差別理屈ではないので、より根深く残る。

こういうことを書くと「異文化を真っ向から乗り越えてこそ真の理解があり、人種差別の解消はそこを目指すべき」みたいな幸せなことを言い出す人達がいるが、そういう人間に限って「異文化を真っ向から乗り越える」経験をしていない。それがどれだけの時間と忍耐を要求するかを理解していない。この世の中には異文化摩擦を乗り越えることに生活をささげられるほど暇な人はほとんどいないのだ。人種差別反対、あらゆる差別に反対、と叫んで悦に入るのは気持ちいいのだろうが、もう少し現実を見ろと言いたい。

人種差別には反対だが、それを抑制するために、少なくともそれによる不利益抑制するために、受け入れたほうが良い差別はある。受け入れ側の日本人が「外国人もっと平等に扱おう」と考えるその心根は善い。だが、それこそが日本人の人種差別に火をつける可能性は考慮すべきだ。目をきらきらさせて非現実的な理想を語る前に、カエサル言葉をかみ締めよう。

「どんなに悪い結果に終わったことでも、それがはじめられたそもそも動機は、善意によるものであった」

2019-12-30

anond:20191230111918

幼稚な。

話はズレるが、

多民族・多ルーツアメリカで、そういう出自として被害迫害を受けた歴史と、個人的な隣人への友好との折り合いを、各自の心情的にどう心中で納得させてるのかは知りたいところである

2019-11-21

邉摎魔悪初代総長我絶無逝氣殿

押忍

倭国可処分時間抹殺計画成功謝謝

国力大幅低下夫婦仲断裂親子仲崩壊絶賛感謝

多民族大量虐殺鬼畜血族末裔人生観光景大変愉快也

我等未来永劫崇拝極悪人邉摎魔悪初代総長我絶無逝氣殿

2019-10-21

[]【3】2019 秋、マレーシアシンガポール

<< この旅行記の先頭へ


anond:20191021085046




Day,3



3日目

まぜこぜの国


キングサイズの快適なベッドと一昨日から寝不足のせいか、旅先には珍しくグッスリ眠ることができた。

8時前に起き、準備を整える。

今日は本格的にマラッカの街を散策し、ニョニャクエとニョニャ料理が食べたい。

ホテルからタクシーオランダ広場に向かうGRABは本当に便利だ。

隅々まで清潔とまでいえないマレーシアで、日本を遥かに超える利便性のあるアプリが普及しているのは、もう進歩の順序の常識20世紀型と全然違ってしまっているのを感じる。

朝ご飯を食べようと思っていた目当の店が定休日だったので、たくさんの人が食事をしているカフェに入る。

壁にメニューがあるが、なんだかわからないので、いちいち調べながら注文する。

ナシゴレンアイスコーヒーを注文した。

10リンギット、およそ260円だ。

メニューに「ロジャック」という文字があり、これがちょっと安い。

なんだろうと思って調べると、定型レシピというのがない料理で、あるものを色々混ぜこせにして、エビ味噌タマリンドなどのソースぶっかけるモノらしい。

家庭料理でよくある「名前のない炒め物」のようなものだろうか。

ナシゴレンアイスコーヒーで腹ごしらえしたあと、オランダ広場中心部に向かうと、帽子かぶったマレー系男性、傘をさしたチャイナドレス女性宝石ティアラをつけたタミル女性観光客を歓迎する壁画があった。

観光ガイドなどでよく見かけるオレンジ教会写真に収めたあと、歴史博物館を訪ねる。

中に入ると、イスラム中華インドそれぞれの人々を象った人形が並んでいる。

少し歩くと、日本兵の銅像とその背後にはためく日の丸が見えた。

マレーシアは、第二次世界大戦中、日本支配も受けているのだ。

さらにその前は、オランダイギリス

多民族暮らし、数々の海外勢力もやってくる。

しかし、きっとマレーの人々は、その全てを「マレーシア」という袋の中に入れて混ぜこぜにてしまうのだ。

2階に上がると、マハティー首相習近平書記長握手をしているポスターが下がっている。

現代中国の影響は強大だ。

でもきっとそれも、ここにやって来た以上は、混ぜこせにされてしまうに違いない。

歴史博物館のあと、青少年文化博物館も見てみる。

若者アートが展示されている。

みると、キルラキルみたいなテイストの絵や、ちょっと前のやたら目が大きいアニメ少女みたいな絵が結構ある。

源流を辿れば日本初、ではあるんだろうが、アニメマンガ文化はもうアジアの中で消化されて、若者身体の一部になっているようだった。



諦めと誇り


オランダ広場を離れ、ニョニャクエを買うことのできる店に向かう。

その場で飲食ができるカフェと、販売店舗があるらしく、カフェのほうに向かう。

その場で食べようと思ったが、異国なので同じ経営のものなのかイマイチ自信が持てなく、ニョニャクエ自体販売店舗で買って、その場ではかき氷を食べることにした。

外が暑いのだ。

しばらく待って現れたそれは、上に鮮烈な緑のプルプルした虫状のゼリーが乗っておりなかなか日本で見ない見た目だ。

これは「チェンドル」というゼリーで、ベトナムのチェーにも入っていた。

材料米粉で、鮮やかな緑はバンダンリーフという植物から採った天然色素だ。

すごい見た目に反して抑制の効いた味わいで、かき氷全体も優しい甘さだった。

ここで気づいたのだが、スマホ用に持って来たモバイルバッテリー、そっちはいいが、ケーブルを持って来ていない!スマホ電池が切れたらGRABでタクシーも呼べない。

あいいか、これから販売店舗のほうに行ってニョニャクエを買うとして、あれは生菓子なので、冷蔵庫にでも入れないといけない。

買ったらホテルに戻って、そこでスマホも充電しよう。

店舗のほうに行くと、これが製作工場と棟続きで、でっかい台所秋葉原ジャンクパーツ屋をくっつけた様な店内に、極彩色の色鮮やかなういろうを思わせるニョニャクエが並んでいる。

その一通りとチマキが詰め込まれれた「お得セット」的な詰め合わせと、緑の球体にココナツパウダーたっぷり振りかけられた「オンデ・オンデ」、日持ちのしそうなパイナップルケーキ、それとこれはその場で食べるための餃子型の揚げパイを買い求めた。

約41リンギット

1,100円といったところだ。

よし、ホテルに戻るぞ、パイを食べてみると、?、なんだろう中に入っている餡は。

わかった、カレー風味に味付けられたサツマイモのフィリングだ。

こういう発想はなかった。

GRABでタクシーを呼んでみたのだが、遠すぎてブッキングできない。

少し歩くしかない。

歩いていると、どうやら界隈は学生街らしく、ヒジャブを被って制服を着た7〜8歳くらいの子供をワンボックスピックアップしていた。

さらに少し歩くと、もう少し上の年代の、これもヒジャブを被った少女たちの一段と出会う。

彼女らはマレー系なのだろうが、そこから2人歩き出した姉妹は痩身に浅黒い肌で、美しい黒髪を揺らしている。

きっとタミル系だ。

しばらく歩くと「中国公学」の看板

教育事情文字通りなかなか複雑なものがあるようだ。

ヒジャブの一団から離れて歩くタミル姉妹を見たり、空気として感じたものを考えると、マレーシア人にとって多民族暮らしていることは「いちいち気にしていたら日常生活が成り立たない」もので、一種の諦めのような感情想像できないではない。

でも、博物館で見た様な表現世界では、それに目を背けず肯定的に描いたものが多く、「受け入れるしかない状況」と「それを自ら肯定的に捉え直す誇り」の間で揺れてるのかも知れないな、と思った。

ホテルに戻り、プールサッパリした後、少し読書をして日本×スコットランド戦海外ネットユーザーの反応を見る。

皆、感情を爆発させて、とりわけ日本プレーの美しさに感嘆する声が多い。

レビューを書いているうちは試合状況を追いながら書いているので、淡々としがちだが、改めて見るとたしか日本トライは美しい。

感情を動かされるプレーについても、それに動かされた感情についても書いてもいいのかも知れないな。



晩餐は不思議ものをどうぞ


タクシーピックアップして、今日こそは、でニョニャ料理レストランに向かう。

事前に調べたところによると、以前訪ねた日本人のお願いにより、お一人様向けのお任せメニュー対応してくれるらしい。

到着して、ママさんに「このサイトを見せて頼めば良い」とされるサイトを見せてお願いすると、料理の好みや内容に関する軽い質疑応答を経て、3皿とご飯が出てきた。

野菜が入った平たいオムレツレタスと思われる青菜炒め、豚肉とそら豆のちょっと辛い炒め物。

たっぷり出て来ると勝手想像していたので、「意外と普通の量だな」と思ったものの、おひとりさまメニューとしては妥当な量だ。

味わいは中華といえば中華なんだが、豚肉とそら豆の炒め物のスパイシーで奥深い旨味のある味わいが、ナシゴレンの旨味を思い出させ、確かにこれは「中華風マレー料理」だ。

よくよく考えると、イスラム教国のマレーシア豚肉の炒め物が出て来ると事自体特殊な事だ。

緑茶も合わせて32リンギット

だいたい830円くらい。

3皿と飲み物を頼んでこれなら安いだろう。

マレーシア物価について大体見えてきたんだけど、ホテルタクシーが異様に安いだけで、その他の物価日本の5割〜6割いといったところだ。

ママさんにお礼を言って店を後にする。

生温い夜風に吹かれながら歩くと、賑やかな屋台市が見えてきた。

ちょっとのぞいて見ると、皆思い思いの料理を頼んで、夜空の下で食事を楽しんでいる。

まだもうちょっと入りそう。

と、みると「ROJAK」の文字が。

あの謎の混ぜこぜだ。

これは行くしかないと思って頼んで見る。

しばらくすると、茶色ソースがかかったなんだかわからないものが出てきた。

キュウリタロイモニラ、揚げパンかな?口に運んでみると、ソースちょっと独特のくさみがある。

そして甘辛い、というか、日本感覚で行くとハッキリと甘い。

相当強い味付けで、白飯ビールが進みそうではある。

肉類は一切入ってないのだが、この強い味付けで単体でも結構食べ応えがある。

おいもすぐに気にならなくなった。

フードコートにうろつく野良犬の横で謎の混ぜこぜ野菜を食べていると「これが熱帯の夜か」という感じがした。

ホテルに戻ってサウナに入ったあと、冷蔵庫に入れておいたニョニャクエを食べてみる。

鮮やかな赤、青、緑のそれは、(色以外は)見た目の通り、ういろうを思わせる味で、さすが中華文化を受け継いでいるだけあって上品な甘みだった。

生菓子お土産としては適さないので、もしマレーシアに来ることがあれば、ぜひ味わった方がいいと思う。

明日はこの極上のホテルをチェックアウトしてシンガポールに向かう旅程になっていたのだが、シンガポールではわずか1泊してまたマレーシアに戻る予定を組んでいたので、行きはともかく帰りの移動に焦りたくなく、先にバスを予約してしまうことにした。

慣れないバス予約サイトと格闘すること1時間半ほど、なんとかシンガポールからマレーシアバスを予約できたのだが、ここで小さなトラブルが発生。

何度も予約の失敗を送り返していたため、成功した予約の詳細を確認していなく、ピックアップポイントも降車ポイントも当初の旅程とはやや離れた場所になってしまった。

一瞬焦ったが、シンガポールショッピングモールの前だし、マレーシア鉄道駅のすぐ近くだったので、これはシンガポール物価も見られるし、マレーシア鉄道にも乗れるし、いいかもしれない、と前向きに捉えることにした。

なんとかなるだろう。

なんとかなるのかな。


【4】2019 秋、マレーシア・シンガポール  4日目 |「土地の子」と「マレーシア人」 へ >>

2019-10-20

即位正殿の儀直前にマレーシアシンガポールに行ってきたよ

こんにちは

長い旅行記を書く旅行増田です。

今回は即位正殿の儀の直前にマレーシアシンガポールに行ってきました。

長い旅行記はいつも通り後でアップするんですが、いつも通り長過ぎて読まれないので、一応、ヘッドライン的に気づいたポイントを先にアップします。



ご飯も美味しいし、ホテルも安いし、航空券LCCなら往復で5万そこそこかな?

多分マレーシアのみなら航空券滞在費込みで一人13〜14万あれば1週間、ラグジュアリーホテル旅行を楽しめると思う。(ちょっとトイレは面食らうけど)

マレーシアシンガポールに行くと「世の中ってこうだよね」の「世の中」の定義が広がる感じがする。

これから日本がどうなるか、ふりきったガチ多民族国家ってどんなだろう、って肌で感じられるから、行ったほうがいいと思うよ。

2019-08-24

日韓関係がこじれ続ける理由

日韓関係がこじれている。戦後ずっとこじれ続けている。竹島日本海慰安婦徴用工...日韓の間に横たわる問題は尽きることはない。「もう謝った」「まだ謝りたりない」これがずっと続いている。

この根本的な理由は『南北分裂』にあると思う。

日韓併合から終戦までは35年、しか南北は約70年分裂したままで、いまだ再統合はできていない。

朝鮮半島南北に分裂した時、日本はまだ占領下だった。それを日本に言われても...」と日本人なら当然そう思うし、それが正論だ。だからこそ根深い。

日本戦争焼け野原になった後、驚異的なスピード復興を遂げ、経済大国になった。戦後復興の最大の要因は朝鮮戦争だ。朝鮮戦争兵站必要とする米軍物資を送ることで日本産業は早期に復活した。米国の都合で復活させられた、とも言えるかもしれない。

日本西側陣営にとっての極東の後方基地だった。そして前線基地韓国だった。この役割分担によって、片方は発展を遂げ、もう片方は戦争で発展が遅れた。韓国北朝鮮は、日本...いや東日本西日本のifの世界だ。

しかしこの事に韓国人は文句を言えない。「分裂を決めたのは日本じゃないから」というのもあるが、それ以上に根深いのは南北融和が韓国にとってタブーでもあるからだ。

「分裂したのは日本のせい。我々は望まない対立を強いられた」というのは「じゃあ南北で争う必要もないよね」という話ともセットになる。徴兵制国防を担っている韓国にとってこれはタブーだ。徴兵制拒否者の大義名分になる。

から韓国南北分裂について日本を責められない。責められないから別の大義名分で責める。しかし別のテーマいくら話し合っても、本当の問題解決されることはない。韓国はいつまでも怒り続け、日本は途方にくれる。

加えて韓国は、北に対する敵国意識同胞意識を両方抱えている。自分たちの命を狙う敵国と隣接しているという恐怖のフラストレーションと、でも同じ民族で争いたくないという感情を抱えている。

相手多民族ならフラストレーションを単純なヘイトとしてぶつけやすいが、それをしたくないという感情がそれを踏みとどめている。その一部が日本にぶつけられているという側面もあるかもしれない。

この問題南北統一されるまでには続くだろう。ぜんぶ日本のせいとも言えないし、日本に後ろめたい所がないとも言えない。

2018-12-04

日本人保守的で変化やチャレンジを嫌うのは、日本語習得に脳のリソースを使いすぎてるから

日本語英語などと比べて習得難易度の高い言語という話をよく聞く気がする

平仮名カタカナだけでなく漢字まで理解しないといけないからだと思う

で、主に漢字について学習するにつれて脳は正確さを重視するようになる気がする

その結果、正確さを重視する脳は保守的で変化を嫌うようになり、リスクを伴うチャレンジを嫌うようになりがちなのではないか

ちなみにこれは単なる分析であって、

日本人多民族より優れているとか、日本英語標準語として採用しようだとかの主張がしたいわけではない

こういう分析を思い付いちゃっただけであるということを断っておく

2018-11-05

anond:20181105222309

しろ、国って単位を使って無理矢理に多民族を一つのくくりにまとめようとするのが不自然に感じるけどなあ

日本は(ほぼ)単民族なので国というくくりがあんまりいらない

2018-10-28

自己責任論は日本特有のものだという話

本当に日本「だけ」かは知らないけど。

今回の事件だけでなく過去類似案件でも自己責任論でのバッシングがありまして、同様の帰還者を「英雄」として迎えた国との温度差で海外メディアがびびったとか。

そもそも日本アメリカみたいに多民族が入り乱れる社会じゃないので「地域唯一のコミュニティに入れない=死」みたいなところがありました。出る杭は叩かれたら終わり、必死に叩かれないように生きてきた。

そんな所謂恥の文化」の中で、最も重い罰はコミュニティから追放です。「村八分」といいます

そんな価値観があるため、わざわざ忠告無視すらして捕まりに行った安田さん、「自分からコミュニティを抜けた奴とか知るか」、「自己責任だ」ってのはわりと自然感情だと思います

国の機能としてはもちろんそうやって無視するわけにはいかないので、救う方向で動き、そこで感情的な価値観現実に差が生まれるわけです。

唯一の例外として国の機能感情的な価値観に基づいているのが死刑肯定論です。国際的には死刑廃止の方向に動いている中、「コミュニティからの逸脱者には人権適用されなくなる(死刑が許される)」のは今も日本的な価値観に基づいているのではないでしょうか。外患誘致には死刑しかないってのがわかりやすい。

何が言いたいかってこの案件第一印象として「自己責任だ」と思うのはわりと自然なことだって話です。感情としてそう思う、ということ自体はなかったことにするべきではない。

2018-09-06

星界の戦旗VI

待望の新刊だぜヒャッハーーーーーーーー!!!

ネタバレにならない程度に気になったところを。

2018-08-24

anond:20180824172839

入れ墨をしている人も、差別してきたり迫害してきたり、いきなり酷い目に合わせてきたりする人や集団がいるという多様性にも理解していきたいね

だって人それぞれだもの

体に人の名前入ってたら人身売買で所有者の名前入ってるって通報されても当然でしょ

だって通報する人だって多様性の一部だもの

私の国ではピースサインは殺されても文句の言えないハンドサインだっていう多民族多様性もありなら刺青は狩られる人間の獣の印だって文化があると主張されるなら甘んじてうけるよね

結局受け入れられないって多様性にも符合するから差別されてていいんじゃないの?

2018-06-29

anond:20180629012220

民族の特徴が日本と違いすぎるからルールが違うんだなとか。

多民族がいてなんとかバランスを保ってるけど一触即発なんじゃないかなとか。

いろいろ歩くと問題抱えてるのは日本だけじゃないんだなと思うよ。

2018-06-12

日本は、全国民共通して抱いているべき「子どもだけは大切にするべき」という認識が欠けてる。日本語下手だけど、頑張って書くから読んで欲しい。

アメリカEU中国インドといった場所に親の都合で色々行って、多民族や様々な宗教共存する社会だと当然衝突は絶えないし治安日本よりずっと悪い。でもみんな、子どもだけは宝というそれだけは共通してる。

もちろん一部地域では虐待死亡なんて取り上げるほどのニュースじゃない場所もあるよ。でもそういう場所スマホ環境の普及で急速に変わっていってる。

もちろん都市部では老人よりも妊娠している女性の方が優先されるべきで、泣いてる子どもの親を責めたりなんて誰もしない。

また、線路小学生女の子遺体を放り出されたニュースを見たけど、何故子ども田舎道をポトポト歩いて1人で家に帰るんだ?親が送り迎え出来ない環境にあるなら何故スクールバスがない??小学校中学校であればスクールバス子ども安全に家まで送るまでが役割ではないか。それができない地域子どもを住ませる資格がない。

それとも私が知らないだけで、日本田舎というのはインターネットもなく、アーミッシュのような生活をしているのか?

みながみなスマホを持ち色んな意見SNSで呟いているように見えるけど、実は都市部人間しかそういった議論に参加しておらず、時々ニュースになってる同じ国だが外部世界のことを話しているのか。

話が逸れたんだけど、言いたいことは、日本人は子どもを大切にするという共通認識に欠けてるということだ。

2018-03-05

ウヨ的なアニメとか漫画ってあんの?

戦後日本価値観では建前上「軍国主義=悪」てなってる。

で、『仮面ライダー』のショッカーも、『宇宙戦艦ヤマト』のガミラス帝国も、『機動戦士ガンダム』のジオン公国ナチスファシズム)のイメージだった。

-

21世紀現代Twitter見てりゃ「アニメ漫画の好きなウヨ」は目立つけど、いかにもウヨが好みそうな

国家権力バンザイ

異民族(異種族)は悪

って作品ってある?

-

まあ『スターウォーズ』みたいな「話の発端では弱小勢力主人公が、強大な帝国に立ち向かう」ってな図式は娯楽の作劇として常道だろうけど、それはそれとしても、ウヨ理想合致するエンタメってほとんど見あたらない気がする

-

たとえば『ONE PEACE』は海賊から主人公国家権力には反抗する立場巨人族や魚人などの異種族差別的な奴は悪役と決まってる。

つか、『デビルマンから亜人』まで、エンタメ作品じゃ人外怪物差別されるマイノリティ)の側の視点に立った作品の方が多い気がする。

ヒラコーの『ドリフターズ』も力による征服支配肯定する男性原理全開なのに、エルフとかドワーフとかの人外被差別種族には優しい。

攻殻機動隊』も『PSYCHO-PASS』も主人公警察官ながら国家権力に忠実かと言えば、国家権力の方が悪者みたいな描き方だった。

主君への忠義を描いた『忠臣蔵だって幕府権力には逆らってるから切腹させられてるし、逆にそのせいで江戸庶民には人気があった

ルパンレンジャーVSパトレンジャー』でも警察権力より泥棒のが格好いい。

-

職業軍人が外敵と戦う『進撃の巨人』はウヨに受けが良さそうだけど、主人公が属する軍隊組織の中枢はずっと腐敗してて、憲兵隊正義ではなく、敵の巨人異民族異人種ではなく同じ人間というオチだった。

まあ現在右派の方こそ「自分ら=少数弱者サヨク外国=巨大な権力悪」ってイメージなんだろうけど、それって完全に左翼世界観じゃね?

-

じゃ、ウヨに人気ありそうなミリタリ系はどうか。『艦これ』の深海棲艦は連合国人間ではない異種族なのかといえば、じつは死んだ艦娘らしいと暗示され、のちには連合国艦艇が味方キャラで出てきた。

ガルパンでは、帝国陸軍らしい知波単はアホの子扱いで、米英とかの連合国イメージした他校も悪役っぽくない。日本ウヨ的には、知波単が最高に格好いいヒーロー役で、プラウダとか卑劣な最低のクソ学校じゃないといけないんじゃね?

臆面なく日本軍隊バンザイを全面に出してる作品て、『ゲート』ぐらいしか思いつかん

-

追記:戦前亜細亜主義みたいな多民族連帯右翼や、三島由紀夫戦前皇道派みたいな反体制的な尊皇思想存在は知っとるけど、現代ではマイナーな潮流なのであえて省いた。

ここでは話を簡単にするため、ウヨ的とされる要素を、現代アニメアイコン保守論客のなかでの多数派の特徴っぽい「国家権力(つか自民党政権バンザイ」「排外主義」に絞った次第。

2018-01-03

日本に反黒人差別を導入するには

黒塗り規制反対派です。

理由は従う理由がないから。

彼らは嫌だからやめてくれって文言だけど、実質は「差別と決まったから止めろ」だよね。

黒人白人の間で決まった決まりごとを持ち込んできて、俺たちの決まりに従えときてる。

黒人白人の間で問題があったことは知ってるし、歴史文脈も知ってる。その上でそうなるのは当然で、白人社会でやっちゃいけないのは理解してる。

でもここは日本だよ。

黒人との間に暗い歴史があったわけでもない。

件の番組別に海外を向いてない。

寧ろめちゃめちゃ日本人向け

そこから黒人差別していこうなんてそんなお馬鹿な運動が起こるわけもない。

そんな日本に対して黒塗り批判ルールから!以上の理屈がない。

なのに困ったことにこれに同調して長いものに巻かれろ、タブーから馬鹿の一つ覚えでごり押しし、挙げ句従わない奴はレイシストとまで言い始める輩が出る始末。

まりに無様だからこっちから言わせて貰う。

こっちは要は文脈がないって言ってるだけなんだから、らしい文脈を考えたり、どこまで許されるかお話しなりしてすり合わせなりすればいいんじゃないですか?

日本の文化歴史文脈意向無視して、いきなり海外からタブー導入して守らない奴はレイシストとか言ってなんの条文でもないのに強制力働かせようなんて、いくら悲劇からまれルールにしたってこっちは不意打ちでポリコレ棍棒で殴られてマウント取られた図にしかならんよ。

それこそ日本蔑ろにした差別じゃないかと言いたくなるよ。

日本には黒人差別がないんだから、反黒人差別を導入したいのであればそれなりのすり合わせは必須でしょう。

そもそも黒塗りっていうのが広義すぎなんだよね。

旭日旗問題と似てる。

その意味文脈考慮されず、不快という理由を付けてデザインでアウトとか言っちゃうやつ。

何故アウトなのか、どこまでがアウトなのか、是が非でもアウトとか言う前に日本人黒人はよく話し合う必要があると思う。

例えば日本人黒人に扮してアウトならアニメとかで黒人が出てきて日本人が声を当てるのもアウトになるかもしれない。

もしくは同じ白人至上主義から被差別者同士、話した結果許せるラインが互いに下がるかもしれない。

個人的には他種族多民族と変わらず黒人とも対等で居たいし扱いたい。

もちろん日本人の扱われ方も然り。

兎に角世界ルールから!なんて思考停止いつまでもうんこ投げ合うのはこっちもお断りなんだよ。

2017-09-18

anond:20170918165058

帝国っていうのは、古代専制帝国しろ近代植民地帝国しろ、「多民族・多領域」を支配していなくてはならない。

大日本帝国歴史帝国として扱われているのは、彼らがそう名乗ったからではなく、朝鮮台湾南洋など(もっといえば北海道琉球)を支配たからに他ならない。

正義が生まれるのは、そこに不正義があるとき不正義として最も指弾しやすいのは、不公正である

多民族・多領域を一つの帝国支配しようとすれば、どこかに不公正が生じやすい。というより、不公正を生じさせることこそが支配を容易にする(分断統治という)。

不公正かつ不正である帝国必然悪役となり、正義の味方に滅ぼされる運命を背負う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん