「親共」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 親共とは

2021-06-01

父方の祖父の容体が思わしくないらしい。

いつタイムリミットが来るかわからない、でも覚悟はしておかないといけない。

なので、今週末に会いに行くことになった。

いつ来るか分からないタイムリミット気持ちが重くなりすぎて、仕事が手につかなくならないように、

初めてここに吐き出す。自分気持ちの整理優先なので、読みづらい文章だと思う。

正直、私は祖父にとって、あまり良い孫でなかったのではないかと思う。

祖父には大学進学のための費用を出してもらった。

私が小さいころに、我儘を言ってぐずったときには、優しく抱っこしてもらった。

時には本人の優しさに甘えて、重たい荷物を運ばせてしまたこともあった。

一応、多分、その都度お礼は言っていたと思う。

だが、私からは孫として、進んで何か彼にやってあげたことはないんじゃないかと思う。

コロナ前は、毎年明けに家族祖父たちとご飯を食べにいくことがあり、毎回参加していた。

が、そこで進んで祖父に話しかけに行く等はしなかった。母に促されて、やっと話しかけに行く程度。

敬老の日にも何もしてこなかった。

なかなかに薄情者なやつだ。

だのに、いざタイムリミットが近づいてくると泣いて後悔しだす。

今出ている涙も、お別れに対する悲しさからくる涙と思いたいが、もしかしたら違うのかもしれない。

もうやり直せないけど、良い孫や正しい孫って、どんなんだったんだろうなあ。

とりあえず、今週末会いに行ったときには、今までの感謝を伝えたいと思う。

それから、もう1つ不安がある。

当の父が、祖父のことを医者に聞きに行って、祖父の様子を見て帰ってきてから、もう今週末は自分

会いに行かなくていいと言う。

彼にとっては初めて親との別れになる。

これ以上会って、別れが辛くなるのを避けたいという気持ちもわかる。

でも、母の言う「せっかく今までお世話になったんだから」という気持ちもわかる。彼女は両親共に、もうお別れしてしまたから。

私はどちらかというと母の意見に近い。

例え当人の前で泣いてしまっても、後悔の無いようにしたいと思うからだ。

父は、祖父の様子を見に行った時、後悔の無いように話したりすることはできたのだろうか。

辛いのを避けたいとか、家族の前で泣いたりへこんだりする姿を見せたくないというプライドから、逃げてしまっていないだろうか。

もし後悔が残ったままの状態で、そのまま…になったとき、父の心がポキンと折れてしまったり、良くない状態になってしまうんじゃないか

不安になる。

私より長く生きていて、今までいろんな社会経験したであろう人に余計な心配でした。だったらいいのだけど。

2021-05-28

実家近くには結構大きな病院田舎比)がある

当時町内でその病院以外は全然発展してなかったので、病院とりま住宅街に住んでいたのは大体医療関係者

開業医薬局なんかも多く、なにかしら高給取りが多く住んでたって話(もちろん単身アパート借りてがんばってる安月給研修医もいたが)

そんなわけで、小中学校時代は「どの辺住んでるの?」の問いに答えると「お父さんはお医者さんなの?」と言われることが多かった。(※当時は父親が働いて母親専業主婦!の昭和価値観が当たり前だったのでこの記述ジェンダー的悪意はありません。念のため)

同じ町に住んでるこどもたち(同級生は8人くらいだったけど)はみんな医者の娘息子だった。

そんな俺のオヤジ普通サラリーマン母親普通OL医療関係者じゃないどころか両親共働きってこと自体が珍しがられる町(時代?)だった。

周りがみんなめちゃくちゃデッケー塀や生垣に囲われためちゃくちゃデッケー庭付きのめちゃくちゃデッケー家に住んでいる中、30坪ないくらいの普通の家に住んでいる肩身の狭さといったら尋常ではなかった(俺が勝手に気にしているだけで両親は平気そうにご近所付き合いもしてた)

車の並びとかアホかと思うよ、外車外車ベンツ(これだけ分かる高級車)!外車外車!俺んちのワゴンR!!比較社会強気で生き抜いた俺んちのワゴンR、15年も頑張ってくれてありがとう

中学生くらいになると子供たちもなんとなく世の不条理さみたいなのをうわべだけくみ取ってくるので、「増田町に住んでるよ」って言うだけで「あーはいはいお金持ちのボンボンね」みたいな目線を向けられるようになった。「家庭教師とかつけてんでしょ?」「海外何回行ったことある?」とか普通に聞かれる。別に向こうは悪意なんてなくて、コイツんちはお金持ちだからそういう暮らしを当然しているんだろう、みたいな身勝手な決めつけ。先述の通り俺んちは特別金持ちではない。それを言っても、「いやいや謙遜かいいから笑」という感じでまともに取り合ってもらえなかった。家に遊びに来たことがあるような子は俺んちが普通一般家庭であることを知っているが、学校からはそこそこ遠かったのであまり直に見て確認してもらえる機会もなかった。ていうか思い込み嫉妬してくるようなやつ家にあげたくないしな。

何がいいたいかというと、この前久しぶりに実家帰省したら(県内且つ宣言は出てません)、俺んちの真向かいにどでかい学習塾が建ってたんだ。

よくよく見渡してみたらそこだけじゃなくて、町中にいろんな塾がある。ワゴンRで送迎された子供が塾の中に吸い込まれていくのをみて、そういう時代になったんだなあと老害らしく思った。それだけの話。

2021-04-10

日本死ぬ前に私が死んでしまます

日本死ね案件です。長文失礼します。

前提

私:30代、大学専門学校非常勤講師のかけ持ち

夫:30代、会社員

子:1歳6ヶ月

東京都23区内在住。

2020年度までの状況

区内の認可保育園に入れるには両親共フルタイム勤務が最低条件。年度によって異なりますが年間10コマ(週3日程度)ではこの条件に遠く及ばないため、認可外保育園検討し、産後7ヶ月で近隣の企業主導型保育園入園しました。

基本的な預かり時間は9:00〜16:00まで。授業の日程上、どうしてもこの時間内の送迎が難しいときは開始を30分早めたり、18:30まで延長してもらいました。

2021年度 預かれない問題勃発

前期は以下の日程で仕事をすることに。

月:2コマ 13:00〜16:10(片道1時間10分)

火:2コマ 13:00〜16:10(片道1時間40分)

金:1コマ 13:00〜14:30(片道1時間20分)

この日程に合わせて送迎時間の変更を園に打診したところ、勤務時間通勤時間しか預かりができないとの返答がありました。

勤務時間として拘束されるのは1コマ90分の授業時間のみですが、当然ながら授業準備等の時間労働があります。その旨保育園に訴えたものの、国から就労実態がない時間の預かりについて指導が入り、就労証明書記載されていない時間は預かりが認められないとのことでした(ちなみに企業主導型保育園内閣府所管)。

大学専門学校と交わしている労働条件通知書に記載される勤務時間は授業時間のみ。時間労働は「命じない」と明示している学校もあります

とはいえ実質的に授業を行うためには以下の時間外の業務必要します。

〈事前準備〉

〈事後の業務

〈期末の業務


上記業務について補足します。

補足1:資料作成について。基本的には前年度の資料再利用しますが、前年度に授業をやってみた感触学生の授業評価アンケート等を受けて、内容を精査し、手直しすることも多いです。また、新規担当する科目についてはイチから作らねばならないため、教科書論文等を読み込み、授業の構成を練るのに膨大な時間を要します。

補足2:出欠について。昨今、文科省が唱える単位の実質化の名の下、出欠を厳格に管理する流れがあります。出席回数が3分の2を下回ると評価を受けることができないと明示する学校もあり、毎回出欠をカウントする必要があります。(なお、学生証のタッチ認証自動的カウントする学校では、ありがたいことにこの業務から免れています

補足3:成績評価について。私の学生時代には試験レポート等の単一指標評価するのが一般的だったように思いますが、現在評価妥当性の観点から複数指標を用いて多面的に、ポートフォリオ的に評価することが求められています。このため、最終試験や最終レポートのみならず、授業内課題を合わせて総合評価を行なっています


以上より、授業1回につき、通勤+授業+時間業務で丸1日以上潰れることがご想像いただけるのではないでしょうか。個人情報保護観点から通勤電車内で課題を採点することも難しくなり、授業時間通勤時間上記業務をこなすの不可能と言えます

産前は土日を仕事に充てることができましたが、現在家事育児で手一杯になってしまます。このため、授業のない残り2日間は時間労働に充てるために何としても預かり時間を確保したいところです。

子どもが寝静まった夜間に時間を取れば良い、との意見も聞こえてきそうですが、私自身がロングスリーパー睡眠時間を確保しないと不調をきたすこと、長年患って最近ようやく回復したうつ病の再発が怖いことから、できるだけ無理をしたくない)

学校に対して「就労証明書に授業時間外の業務があることをせめて備考欄に書いてほしい」と伝えていますが、なかなか叶いません。

からは区による「保育の必要性の認定」を受ければ預かれると言われたものの、「週4日以上、1日当たり4時間以上の勤務時間」が区の認定基準…週3日、3時間未満の勤務ではこれを満たすことができません。


まとめると以下の2点の問題があると思われます

1. 保育園(国)や区が、会社員のように固定された労働時間しか想定しておらず、多様な労働のあり方を認めていない。したがって個人事業主であれば提出できる就労状況の自己申告すら受け付けてもらえない。

2. 大学専門学校雇用条件として授業準備等の時間労働を認めてない。

1.については内閣府意見を送ろうかと考えています。2.については地道な交渉必要なのでしょうが個人レベル交渉では埒があかず、すでに心が折れそうなので、非常勤講師労働組合に入ることを検討すべきなのかもしれません。

いずれも早期に解決できる見通しが持てず、頭を抱えています

仕事を全部辞めてしまおうかと自暴自棄に考えてしまうこともありますが、いずれは専任になりたい願望もあり、諦めきれずにいます

睡眠時間犠牲にして、勤務日の夜間+1日、適当バイトを入れて、区の認定基準をクリアするぐらいしか思い付きません。

それで授業をきちんと回せるのか、無理がたたって体やメンタルを壊さないでいられるのか正直自信がありません。

どなたかお知恵を拝借したいです。










日本死ななくていいから、希望する人全員に保育を提供してくれ……

2021-03-31

会社の年下の子子供部屋おじさんに成長する様子を見守るしかない

18歳新卒で入ってきて今年3年目の会社の子所謂搾取子で見てられない

親が通帳キャッシュカードを取り上げてて手取り19万から渡されるのは2万円(昼飯込み)

ボーナスも30万から渡されるのは3万円

2泊3日の北海道社員旅行は5000円(お土産代)のみ


から税金が高いか生活費が嵩むからこれでも渡してる方だと言われてそうなんだーと思ってるらしい。

ちなみに両親共働きで兄弟も同じシステム搾取されてるらしい。

父親趣味パチンコらしいから全部そこに消えてるのでは?と社内で話題になってる。


入社してから周囲がそれはおかしいから逃げろと言い続けてはや2年、でもでもだっていからとそのまま現状維持をしている。

月々3000円ずつ貯金してこの前やっとSwitchが買えたと喜んでたのも本当に辛かった。

しかSwitch貯金してるのバレて途中で没収されてたから余計に。


なんかもうどうしたら良いんだろうな。

本人がそれで幸せなら良いんだろうか。

2021-03-28

anond:20210328184250

地方人、と言ってるでしょ。

中学受験偏差値が伸び悩むなんてことは、本来ありえない。

あれだけ大量の情報に接して、スマホもあればパソコンもあって、調べ放題の世の中なのに、

中学受験で折れるなんてことはあり得ない。ボールペン大学ノートをぼろぼろにしていた40年前ならあるかもしれないけど。


もし中受で折れてるというのなら、精子卵子の質が低く、知能に障碍があるんだろうかね。

親が、子供勉強の面倒を見ることができなくなっている。

この親共は、知能の点では地方人とさほどの差があるとはとても言えない。

もちろん、差をつけている都民がいることは認めざるを得ないがね。

2021-03-27

昔、日本人学校に通ってた際の、当時の親世代の態度や行為トラウマ化してる。

小金持ち主婦達による夫の経歴マウント合戦子供から慕われてた教師は、話し方に品がないという理由クラス担任から追い出された。なおイケメン先生は親から大人気。子供喧嘩を奪って当人そっちのけ。あと慶應出身かいって親同士がつるんでるのも鼻についた。

一方で、夫が銀行家とか両親共経営してますみたいなハイクラス層は、世間コミュニティを作らず人間社会の模範みたいな余裕をかましてた。その子供もまたしかり。用意された文化資本が端から違う。

社会の分断が良くないみたいに言われることもあるけど、分断されてお互い見えない方が個人幸せなんじゃないかと思うようになった子供時代。寂しすぎ。

2021-03-02

子供のころ、両親共働きで帰りも遅くて、地元公民館にあった図書室に入り浸ってたから色々小学生で読んだら不味そうな本とかも読めて学校図書室より面白かった

公民館イメージ地域によってバラバラみたいだけど、基本毎日9〜19時くらいまで開館してて、事務所にいつも何人か職員の人がいて、老人がカルチャー教室とかで集まったり地域会合とかがあったり、ちょっとしたホールがあって演歌歌手のどさ回りがあったりする感じのやつ

子供向けの本のコーナーは全体の1/4、郷土資料とか図鑑とかが1/4、あとは娯楽小説とかのハードカバーって感じだった(文庫本漫画は確かなかった)

佐藤ラギのギニョルとか、当時意味からないなりになんかヤバいものを読んでる…と思ってたりしてめちゃくちゃドキドキした

高校生になると市の大きな図書館が高校から歩いて30分くらいにあったからそこでも毎週上限まで借りて、高校図書館は文庫本が多めだったからそこでも毎週上限まで借りて、めちゃくちゃたくさん小説を読んでた。

新書とか論評とかは全く興味なくて今に至るまで読んだことがない。あれだけ流行ってたバカの壁とかも読んでない。

高校図書館は毎年貸出冊数の表彰してくれてて三年間毎年図書カードをもらってたし、国語テスト模試の成績だけはいつも良くて、現代語の小説しか読んでないのに古文漢文小論文も苦労なく解けてた。

大学ではオタクになって、生活費を削る勢いで商業BL小説漫画を読み漁った。

それなのに就職したら全く本を読まなくなった。文庫本一冊読みおわるまで集中力もたなくて何度も中断して結局よみかけの本がたくさん棚にある。

その代わりにずっとTwitterみてる。いろんな人の本当かどうかわからない呟きも小説みたいなもんだな〜と思うとダラダラと何時間でも見てられる不思議

あれだけ本読んでた私が本読まなくなるほど高負荷の労働をそれなりにこなして、趣味にも家庭にも力入れられるとか世の中の人どうなってんだろな…偉すぎる

実際に高負荷だった新卒で入った会社を辞めて、楽な方に楽な方に流れてきて、月の残業10時間未満の仕事に就いてるけどそれでも土日は布団でゴロゴロしてるとすぐ終わるし、平日も20時に帰宅して飯風呂即布団みたいになるし…

まとめると、本に簡単アクセスできる環境で育ててラッキー多読してる分国語の成績は良いけど他の教科の勉強してないかトータルするとバカの部類、労働は体に悪い

2021-02-13

コンドームがこれだけ普及しても

毒親が減るどころか増えてる気がするんだけどどうなってんの

一人二人産んで両親共働きがデフォルト時代では愛の得られない子供が増えていく一方だわ

昔は子沢山で親は色んな子供を育てるうちに子育てが上手くなっていったけど今はそれが難しくて

子供子供兄弟から色々学んでいく訳だけどそれも難しい

少子化の原因にはコンドームの普及も強く関係してるんだけど

結局不幸な育ちの子供を減らせてないしで意味があるのか

負の連鎖がこれから続いていくことを考えると子育て方法を変えていくべきではないのか

2021-01-28

俺ってもしかしてネグレクトうけてたのかな

小学校から帰ってきても両親共働きで誰もいなくて

やることないから犬の散歩して夕飯ぐらいまでテレビ観てた

2021-01-25

anond:20210125161234

うちもそんなだな。うちの場合は、私(姉)・弟・妹の三人兄弟なので、私と弟はなにかとド派手にお祝いされたけど、妹だけ存在自体忘れ去られていた。

うちは両親共末っ子だったせいで、家庭内は妹贔屓だったんだけど、親戚一同は妹に何もしてくれなかったよ。

伯父伯母の家に家族で遊びに行くと、私と弟のぶんのお小遣いとかプレゼントが用意されていて、いつも妹のぶんだけ無かった。それで、必ず伯母が(どの家でも伯父は何も言わん)「あれー、三人兄弟だったんだっけ?ごめーん二人姉弟だと思ってたわー」って言うの。

子供の頃は、大人って忘れっぽいんだなぁと思ってて、私は伯母に「三人だよ。次女ちゃんのことを忘れないでちょうだいよ!」なんて言い返してた。大人になってから、伯父伯母達はわざと妹のぶんを用意しなかったのだと知った。

伯母の中には、妹のことを可哀想だと言って、次に訪問した時に妹のぶんのお小遣いプレゼントを皆には内緒だよってくれる人もいた。

2021-01-14

anond:20210114171220

聞きかじった話だからあやふやだけど、仏教目的ひとつが「見送った人の心を整える」だったような。

自分も去年家族を見送った(因みに家族葬)けど、心が千々に乱れそうになる度にその事を思い出して正気に戻れた。

上のお坊様増田投稿を読んで改めて自分も救われた。

投稿してくれて元増田とお坊様増田、有難うございます

そして増田は心を整えるためのお葬式がかえって傷を深めるのは本末転倒なので

とにかく温かくして、美味しいものを食べて、ご両親共々少しでも元気になってほしい。

増田判断は正しかったと思う。親戚一同感染リスクを避けられて本当によかった。

そもそもコロナで亡くなった人を棺すら開けられないまま直葬したら信心足りないなんて理屈おかしいんだし。

でもどうしても気になるなら、四十九日法要の報告がてら親戚に直筆の手紙を書くのはおすすめ

弔意に感謝して、でもお葬式平時のように出来なくて申し訳なかったと。

年寄りには直筆の手紙が一番効く。

そこまでして尚文句言う親戚はもうしょうがない。

とにかくお疲れ様でした。

一日も早く増田とご両親が心穏やかに過ごせるようになりますように。

2020-12-30

anond:20201230130843

未だに大統領選不正選挙だと過半数国民が信じている国は世界中日本だけだからね。本国アメリカでさえも少数派だし、親共和党のFOXテレビですら、不正選挙を訴えるトランプ氏の中継を途中で打ちきっているんだよ。おかしいのは日本だけだよ。

2020-11-30

anond:20201128112333

ありがとう

韓流はもう既に履修済みだよ

母親韓流のためにPC操作を覚えたと言っても過言じゃない

父親PCでひたすらソリティアしながらGEOで借りてきた韓流時代劇を見てる

私は嫌韓

過去に色々誘ったりはしたけど両親共に腰がめちゃくちゃ重いんだよな

2020-11-26

まれて初めて正月実家に帰らない

今までずっと正月実家だった

年越し蕎麦食って笑ってはいけないと紅白を往復してゆく年くる年を見てとりあえずあけましておめでとうって言い合いそれぞれの部屋に戻って寝て五時間後位に叩き起こされ車を出して地元神社に行き神主さんにお祈り?御祈祷?してもらっておみくじ引いてお守り買って初日の出見てから家にに戻って朝飯食ってもう一回寝る、みたいな流れを経て三ヶ日アパートに戻るというのが一年の終わりと始まりルーチンだった

今年はコロナのために帰れない可能性が高い

地元はもうバカみたいに高齢化が進んだすごい田舎

そこに住んでる奴らの頭も田舎

正直土民と言って差し支えない人間が多い

から俺が帰るだけで家族迷惑がかかる恐れがある

親共喫煙者だったか重症化のリスクとかも考えると車持ちじゃない俺が公共交通機関で帰るのはマジで危ない

地元のよく知らん土民どもは正直滅ぼうがどうなろうが知らんがうちのばあちゃんやら大ばあちゃんに何かあったら嫌だ

ゴールデンウィークも帰りたかったし、盆も帰りたかったけどあきらめて

俺が帰れないでいる間に実家の猫は死んで二度と会えなくなっちゃって

このまま大ばあちゃんにも会えずじまいだったらどうしようかと考えるし

両親にももう会えなかったら?となると結構きついものを感じる

後何回会えるかもわかんないんだからなるべくたくさん会いに行きたいと思ってたし実際そうしてた

この年になってやっと麻雀ルール覚えたからこれで家族全員揃ったら皆で打てるなーとおもったらこの有様だもんよ

最後に会ったのいつだっけどんな話したんだっけ

ただ前より老けたなあ縮んだなあと思ったのは覚えてるからなんだかすごく焦るんだよ

マスクもするし手洗いうがいもするしアルコール消毒も自粛でもするからというかしてるから

早くワクチンでもなんでも作って広めて全部丸く収まってほしい

実家の飯が食いたい

2020-11-20

anond:20201119234440

懐かしいな。実家の周りも昭和50年代初めまでは舗装されていなかった。

家は近所でも一番最後まで五右衛門風呂が残っていて、なんと昭和63年まで現役だった。近所の大工さんやってる家から薪を分けてもらって、祖父が薪割りして釜にくべてお風呂を沸かしてくれた。夕方、家の中は燻されたような匂いでいっぱいになった。途中で湯がぬるくなったら大声で呼んで、父か祖父が追い焚きをしてくれた。

当時はまだ男にも家事の割り当てがあった。

祖父夕方になったら家中ゴミ箱からごみを集めて焼却炉で燃やす(禁止されていなかった)。生ゴミ堆肥用に。回収日に金属ごみを出しに行くのも天ぷら油の処理も祖父仕事だった。

さな畑と田んぼしかなかったので農業での現金収入はないが、家族が食べるぶんの野菜を育てるのも祖父仕事だった。それから農具の手入れも庭仕事も。

祖母家事分担は私と妹の子守り、自分祖父のぶんの洗濯掃除。父と母が勤めに出た後、全員の茶碗洗ってくれるのも祖母だった。午後みんなの洗濯物を取り込んで畳むのも祖母料理は苦手だったので主に母が作った。祖母はあと内職の仕事をしていた。その間子供子供同士勝手に遊ぶかひとり遊び。大人に遊び相手をしてもらった記憶はあまりない。宿題も見てもらってなくて、一人で適当にやってた。

母が1番働いていて、朝起きたら田舎の広い家の掃除食事の支度、夕方は6時ごろに帰ってきて、また食事の支度と洗濯洗濯物は納屋一角に干す。

祖父が元気だった頃は父はあまり家事はしていなかったな。子どもたちにとってはただただ口うるさい父であった。

両親は共働きだった。北陸では珍しいことではなくて、祖父母もその昔は共働きだった。祖母は母が嫁いでくるくらいまでは工場事務員仕事をしていた。

というか、私は小さい頃、専業主婦なんてサザエさんドラえもんみたいな架空の話の中でしかたことがなかった。

近所はみんな三世帯同居で、両親共働き。地区にはアパートなんて洒落ものもなかったし、親と同居せずに夫婦だけで住む場合もっと町中の便利なところに居を構えたからかなあと思う。

もし万が一専業主婦がいたら、働かない嫁って言われそうだな。いなかったけど。

そういえば家の電話が親子電話?っていうやつで、たまに受話器を耳に当てると、近所のおばちゃんの話し声が聞こえたんだけど、あれなんだったんだろ。

あと昭和の思い出で覚えてること、、駅の近くの踏切は、横に詰所みたいのがあって、国鉄の人が手動で安全確認して遮断機を上げ下げしていた。

蛍がたくさんいた。

明治まれ曽祖母洋服じゃなくて着物を着ていた。志村けんコントで着ていたみたいなやつ。曽祖母は自宅で療養していて自宅の畳の上で亡くなった。曽祖母が亡くなった時、家に大工さんが来て金ぴかの祭壇を作ってくれて、自宅で葬式をした。

平成の初め頃まで土曜日半ドンだった。私は高校卒業まで土曜日学校行ってたな。休みがなさすぎる。

週休1日だった代わりに両親ともバブル前は定時で仕事を終えて帰ってきてたな。夏場なんて明るいうちに家に着いてた。それだけは羨ましい。

2020-11-16

人間になりたかった何かの書き散らし

鬱の人は誘発するかもしれないので読まないでください





専門学校出て仕事仲介会社契約してたんだけど仲介会社で色々トラブルがあってイラストレーター仕事は納品したものも実績も打診受けてた仕事も全部全部虚無だったことが発覚し仲介会社消滅、色んな事情バイトも辞めてたから急ぎ派遣で働きはじめて半年ちょっとで鬱になって今療養中なんだけど

イラストレーター仕事の件で相当精神的にダメージ負ってたとはいえ職場の人もいい人ばかりで土日祝休み残業なし時短勤務で働いてても鬱になる自分の軟弱さに涙がでるし、普通社会人としては仕事できないだろうし絵以外のスキルも大したものいからやっぱり自宅で好きな時間仕事ができるイラストレーターくらいしかやれる仕事ないんじゃないかと思うんだけどそれも前のトラブルトラウマで手を出せない そもそも仕事の実績はなかったことになったし、なかったことになった仕事で手一杯で個人イラストレーターとして知名度を上げるための活動全然できていなかった 仕事のために新しいことに手をつける元気はまだない

元々自己肯定感が低くて希死念慮持ちってこともあるのか病院通い始めて半年経って、全然鬱の症状が一定状態から良くならない 一時期元気になったか社会復帰のこと考えないとな〜とか思ってたけど考えると自分は何もできないか未来が全く見えなくて気分が落ち込む とりあえず元気にならないと話は進まないと思って、一旦社会復帰のこと忘れて過ごして、またそこそこ元気になるんだけど、それじゃあずっと療養生活が続くだけ でも考えると気分が落ち込むし、ってループにハマって、自己肯定感の低さと希死念慮ループの原因っぽいからそっちをどうにかしようと思ったんだけど、全然上手くいかない

私は私のことそんな嫌いじゃない 嫌いなところはいっぱいあるけど、自分の描く絵は好きだし楽観的すぎて上記みたいなトラブルに巻き込まれるのは欠点だけど寛容で人への割り切りは相当さっぱりしてる(と思ってる)自分性格は好き 上記トラブルの原因の人のことはもう嫌いだしなんなら死んで欲しいとは思ってるけど、それは私の感情の話で、なんとなくどうしてそんなトラブルが起こってしまったのかは理解できちゃう契約してる作家のことを考えてくれてたであろうことは否定しない、程度に考えてる デブスで毛深くて、女の子らしい服装は好まないしメイクは嫌いだし恋人はいらないと思ってるし、まぁ所謂喪女って笑われるような人間なんだろうけどそれで何が悪いくらいは思ってる 自分がそうだから他人に対しても相当な迷惑をかけるようなことではなければ好きにすればいいのにと思ってる 綺麗でいたい人は綺麗でいればいいと思うし、特別綺麗でいたいと思わない人が無理をしないでも指差して笑われないような社会であればいいのにと思ってる 自分が持ってる価値観も嫌いじゃない

でも他人社会から見た私って、という話になると評価が地に落ちる 私の絵は飛び抜けて上手い訳でもないし、特徴もあまりない絵柄だから需要もないだろうし、絵が描けても他のことがまともにできないなら役立たずで、寛容と言えば聞こえはいいけど無関心無頓着性格人間関係を築くのには全く向いてないし楽観的なのも考えなしであったり世間知らずとも言える そしてそれらの評価妥当というか当然のものだと思う でも頑張ってるんだ!って気持ちはある それはただの気持ちで何にも成果の出せないことへの免罪符にはならないのはわかってる

派遣でやった仕事でもやれることはやったし、上司にいいよって言われても、本当にいいんだろうか、仕事遅くて妥協させてるんじゃないかとか考えて全く仕事をやった気にならない 自己肯定感の低さは昔の親の対応とかが原因なんだろうなとはなんとなくわかってる

勉強が嫌いかつ苦手だけど、中学時代には塾通ってて成績は平均より上で上下してた 苦手な範囲テストでいい点取っても得意な範囲テストではもっといい点数取ってた、とかであんまり褒められた記憶がない 塾のせいかおかげか中学までの勉強はそこそこできてしまって、自称進学校レベル高校に入ってしまった 

その過程問題があって、塾通わせてもらっててなんだけど、絵を描く仕事をしたかたかデザイン科行きたいなと思って親に話してたけど親は高校までは普通科行けって言う まぁそりゃそうなんだけど、「普通」を振りかざす説得に全然納得がいかなくて、そこの言い合いというか母親から一方的な言い分に私が納得できないままでしばらく進路が決まらなかった

大きな問題としては母親が親戚と電話してる時に私がデザイン科行きたいって話してるのを「反抗期」と表現して話して笑ってるのを聞いてしまたことだった 聞いてしまったというか、聞かせたのかなと思ってるけど 元々説教されると色々考えて感情が昂ってしまって涙が出て喋れなくなるタイプで、説教されてる時も言い返せないし、言い返せないから頭の中で考えるし、そのせいか母親説教はいつも何が言いたいのかもわからなくて本人が望む答えを言わないと納得しなさそうだなとか思ってた ヒスって父親や兄もいるところで「誰も思い通りにならない!」ってキレてたこともあったし 素直に気持ちを言うとまた怒られるから黙ってるしかなかった 挙句の「反抗期」だったので、この人は私の話を聞いてくれないんだなと思った そこで折れた 母親の好きなように決めればいいのにと思って適当に返事してたらいつのまにか受験する学校が決まっていた 後の母親曰く私が決めたらしい 母親の中ではそういうことになっている 一応「高校までは」というのは本当だったらしく、大学進学の上でもちょっと色々あったけど親の方が折れて専門に通わせてもらった それは感謝してる でも兄も姉も、好きな仕事に就くための大学短大家計に余裕があるうちに進学して家を出ていたので、私にはそれが許されなかったとしたら、納得できるのは金が理由の時だけだったと思う 家を出るのは「お前に一人暮らしはできない」と決めつけられてできなかったけど こんだけかかるんだからね、とか言いながら了承してくれた 進学しないって選択もあったろうに、専門で折れたのは多分「進学」させたかったんだと思う それが「普通」だから 兄と姉の時には利用していた奨学金制度はなんでか使わなかった 私では将来返せないとでも思ったのだろうな

少し前も家事そこそこやってたのに何もしてない扱いされて文句を言われたのでやってもやらなくても変わらないのなら、と率先してやるのをやめた 感謝しろとは言わないけど、やってない扱いをされるのはつらいし馬鹿らしくなる 療養中も面倒見てくれてるから悪い親ではないと思うけど、よく性別が同じの姉と呼び間違えられるし、私の存在ってなんなんだろうって思う 

ちなみに高校上がる時には父親社長やってた会社経営が傾いて最終的に自己破産して県内だけど夜逃げのように引っ越しすることになった 兄と姉はもう高校卒業してそれぞれ大学のために家出たか子供の中でその煽りを直で受けたのは私だけだった 詳しくは話されてないけどどうも前社長でもあった父方の祖父母会社の金で遊んでいたらしかった 海外とか行ってたな〜 会社畳む時に、祖父母居住地でもあった会社で飼ってた犬たち数匹を"処分"することになっていたのも結構ダメージでかかった その少し前に、幼い頃から飼っててずっと一緒だった愛犬が老い病気で亡くなったので尚更だった 手術してもらえばもう少し生きたかもしれなかったけど、そんな余裕はなかった 会社の犬は家計居住地問題でうちでは買えなかった 中には私より後に会社で生まれて、育っていくのを見ていた犬もいた 1つの問題人間エゴで飼われてる犬が複数人間のエゴで死んだ 悔しかったのを覚えてるしなんなら今もすごく後悔してる 中学生の私にはどうしようもなかったけど、生きているうちにもっともっとかわいがって大事にしたかったなと 命は尊いものだと謳っておきながら簡単に"処分"する 人間が嫌いになり始めた発端はもしかたらここだったのかもしれない

その1、2年前から母親は働き始めて、家にいないことが多かった 干渉があまり好きではなかったし昔から絵を描くのは好きで1人でいるのも平気だったから構われなくても気にしなかったんだけど変に過干渉なところがあったりしたし、後には説教の果てに大事な時期に仕事で家にいられなかったから寂しい思いさせてたねごめんねとか言われることも何回かあった いや全然そんなことないんだけど 母親の中ではそういうことになってるらしい

同じ高校に進学する友達はいなかったし、住むところも離れるからすっかり友達とも疎遠になって中学時代友達は今となっては当時からTwitterとかやってて連絡手段が確保できてた2人しかいない 高校ではほとんど1人だった とても大事な友人が1人だけどできたから、あの高校に行かなければよかったとは思ってないけど、学校生活は特に嫌なことも楽しかたこともなく、なんというか空白だった 思い出したくはないけど、過去のことは大体思い出したくないのはデフォルト

一般論って「普通」の人にとっては可能性が多く確保できる安定のあるものなんだろうけど、私はそれを全然実感できないので、「普通」の範囲人間ではないんだろうな、とここらへんでようやく気付いた そして「普通」じゃないと「普通」の人間には人間扱いされないんだな、という結論に至っている 私は人間ではない 「普通」という言葉を使っているけど「普通」の人間の言う「普通」を指しているもので「普通」が一体何なのか私にはわからない

希死念慮は幼い頃からうっすらあって知らないうちに根付いてた しか人間のことが嫌いなので数が減ればいいのにと思ってるから、最悪な話するけど567で感染対策をまともにしないで遊び歩いて感染拡大に手を貸しているような人達はさっさとかかって死ね社会貢献になるのに、とか思ってる  そして自己肯定感関係して自身死ぬことで社会貢献できる類の人間だと思ってる 人間エゴ既存生態系に放り込まれた「外来種」を悪として駆除するのに自分意思他人に加害する人間即死刑にならないのなんで?自分意思でこの社会に合わないか離脱したいと思っている人を「合わせる努力をしないから悪い、命を大切にしろ」と責めるのはなんで?お前らが合わせろクソそれができないなら安楽死制度導入するとか国でやらなくてもいいからそういう場を設けることを否定したりするな なーにが宇宙船地球号

どうしても生きることは素晴らしいことなんだ、死にたいと考えることは悪いことなんだ、みたいな考えはわからなくて、死にたいと考えることすら否定されるのが苦痛で仕方がない 尚更死にたくなる 怖いし苦しいのは嫌だし、家で死んだら家が汚れるし、外で死んだら人に迷惑かかるし、例えば富士樹海とか人知れず死ねるようなところで死んだとしたら親には探されるだろうし、方法はともかく死んだとしたら処理や葬式で手間と金をかけられるのが嫌だから死ねないんだけど 生まれたこからなかったことにしたい

といった具合でどこから手をつければいいのかわからない

そもそもそこそこ好んでる自分価値観根底がこの自己肯定感の低さと希死念慮であるので、解消してその価値観が失われるのはもったいないとか思っちゃってる

普通」の人間には理解されないと思っちゃってるからカウンセリングとかでも話せない 否定されたくない し、自分に非がありまくるのもわかってるから、そんなの甘えなんだよな

命を大事しろ死ぬなって言うなら命を大事にしたいと思えるような環境を誰か作ってくれよ 私は生きたくないんだから、生きろと言うのならお前が責任取れよ

あーあ人間になりたかったな

これを書いてる今日は朝から気分が沈んでたから泣きながら黙々と認めている 支離滅裂なのはわかってるけど文章にしたら少しすっきりした 苦しいのは嫌だからなんでもいいから早く楽になりたい 矛盾の中でとりあえず生命活動をしている この世の無駄

泣きすぎて目腫れてるんだけどiPhoneが顔認証してくれなくて笑っちゃった

11/17 追記

お陰様で少し元気になったので反応見させてもらってます 優しい言葉ありがとうございます

親はうまくやったなってブコメきてたんですけど、そうなんです 特に母親はすごい苦労したと思いますしいろんな面で兄弟の中で私が一番苦労かけたなと思ってます 感謝はしてます だから辛いんだよね〜〜手間と時間と金と苦労をかけてもらったのに人間になれなかったので……惨め……ちゃんとした人間だったら母親のこと嫌だなんて思わずもっと素直に感謝して好きになれたのかなというのもあり

残念ながら命を粗末にするな云々は私に直接言われた訳ではなく、少し前に俳優自殺で亡くなった時にニュースを見ながら両親共にそういった意見を言っていたので私が愛されてるからではなくそもそもそういう価値観ってだけです それとは別に子供」としては大事にされてるんだろうなとも思ってます その方法が合わないだけで 希死念慮についても話したと思うのに目の前でそんな話するんだ……とか思ってました いくら話をしたって他人のことを理解できることなんてないんだから一度話したくらいじゃ仕方ないよね〜と自分を納得させてます 多分そうやって行き場をなくした感情が積もり積もっての鬱なんだろうな でもそんなことで怒りたくないしな……

色々なことを考えること自体結構好きなので他のことが手につかない時とかは次に繋がる自己分析になればいいなと思って特に何もせずぼんやりしてるんですけど次への繋がりが全く見えないので傷に塩塗り込んでるだけなんですよね 馬鹿……

いつもは頭の中だけでやってるんですけど、今回初めてここを利用して、自分人格認識していない多数の人の目に触れるところに考えを晒して、それだけでも結構気分が楽になったので、そのうちカウンセラーさんにも話せる心待ちになれたらいいな〜程度には思ってます これを一歩と考えないとまた何もしてない……生ゴミ……ってなっちゃうので一歩ってことにしたい

鬱じゃなくて性格とか言われてもこういうことを考えてしまって涙が溢れて止まらなくて身体の骨が重たく感じて他人(例:兄嫁及びその子供)と過ごすのも半日限界なのが「性格」でデフォルトだとしたら尚更死んだ方がマシじゃん!って笑ってしまった 鬱症状に拍車をかける性格してるのは自覚してるけどさ 一応鬱症状出る前から考えてはいたことだし、同じこと考えてても前は今ほどダメージなかったし涙腺が軟弱でもないしそもそも働くことができていたよ 昔はなかったPMSの症状が働き始めてから出てそれも関係してか急に限界がきてとある朝何も考えてなくても涙が出て止まらなくて出勤できないなんて状態になったんですけど……前は平気だったことがとんでもない苦痛に感じるって十分状態異常じゃないの???防御力特大ダウンだわ 鬱の話というより自分語りがメインだったから仕方ないけどまさかほとんど鬱の症状について書いてないのに鬱じゃないんじゃないのみたいなこと言われると思わなかった とちょっと攻撃的になれるくらいには元気ではあるんですけどね 攻撃的になるな 親のおかげで美味しいご飯とあったか寝床存在しているのでやっぱり焦らないで人間のフリをするための基礎体力を取り戻すのが最初なのかな〜まぁ母親体調不良の話をすれば嫌な顔して「は?」って言ってくるし(昨日も吐き気が止まらなくて水すら飲めない飲んだら戻す状態だったから伝えたらめちゃくちゃ嫌そうな顔された)アルバイト募集の話とか急にしてきて働けアピールしてくるので、そういうことしてられる時期の限界は近いのかもなと感じている 母親一応医療従事者なんだけどなぁ……

2020-10-28

anond:20201028102612

夫の実家シングルマザーから貧乏だと思い込んでるみたいだけど

それだけの学費出せる時点で相当金持ちだぞそれ

東京に住んでたって子供中学受験しない(経済的にさせられない)家庭の方が多数派だし

したって国公立限定私立は無理ってのも多いし、私立でも両親共フルタイム共働きでようやく教育費捻出ってのも多いからね

シングルマザーでその金出せた夫実家特殊なだけ

夫母が高収入なのか実家金持ちなのか或いは夫父が金持ち離婚後も教育費出してくれたのか死別生命保険がっぽりだったのかは知らんが

或いは夫家が金持ちなのを知っていて、増田んちはもっと金持ちって比較かもしれないが

そんな超金持ちと金持ち比べてうちが上!やったって意味ないだろ

そもそも子供学費積立とか話し合いしなければならない時点でそんな金持ちじゃなさそうだけど

2020-10-20

東京都区部で車がない家庭だった

書いてたら思い出話になってトラバするような話でもなくなったからただ流す。

東京都区部で車がない家庭だった。

親共働きで、それぞれの職種地位高校上がったころに隣県で不動産買って引っ越したことを考えるに、あの増田のいう車両保有数50%を超える世帯年収レンジにいると思われるが、車を持たなかったのはカネではなく確実に両親の思想だった。

車嫌いとは違うが、自家用車=Not for meな人たちだった。

しかによくタクシーを使う家庭だった。(昔は今より道を走るタクシー車両台数も多かったが)

スキーキャンプBBQ釣りのような遊びは着替えだけ持って行ってコテージに泊まって施設のモノをレンタルするもんだと思って育った。

家にアウトドア道具があるのはよっぽどの頻度で行くご家庭なんだろうなと思っていた。

自転車小学低学年で買ってもらって練習して、乗れるようにはなったけど、日常使いする用事は結局なく、サイズアウトして買い替えず終わった。(大学生くらいの頃に10年ぶり?に自転車乗ってちゃんと転ばずに前に進んで感動した)

父母は自転車持ってなかった。食料品日用品の買い物は毎週家の前まで届く生協がメインで、徒歩数分のスーパーで一回に買う量は少ないし重たいものを買うこともなかった。たまに少し離れた所の大型スーパーバスで行っていた。

幼稚園は家のすぐそばまでバスが迎えに来て、小・中学校は徒歩5分なので子供の送り迎えに両親が自転車という発想もなかった。

習い事絵画ピアノスイミングだった。どれも鞄ひとつ持って歩いて行くかバスだった。

電車が止まるような悪天候の日に遠出した記憶がないのでそのへんはよくわからない。

大人は、最寄り駅A(徒歩5分)か別路線の最寄り駅B(徒歩30分・普段バスでたまに歩く、夜遅いお出かけ帰りやスーツケースを持って空港に行くとき家族タクシー使った)までたどり着ければあとは歩いて帰るだけだったから、大雨大雪でもヤレヤレ~って歩いて帰ってきただけだった。

成長した今、結婚して子育てしている間も車と自転車のいらない生活がしたいし、かつそれを実現する場所に住もうとする相手とがいいなーと思っている。別に親が意図した教育だったとは思わないが生育環境の影響は思いっきり受けている。

2020-09-23

ガキがぶつかったら謝れクソ親

手すりに掴まらず、本を読んで

少しの揺れでふらついてぶつかってきたのに

親共謝罪なしとか、本当にクソ。

将来が不安だ。

2020-09-20

anond:20200920213216

飲み会断り放題

親共働きの子供、親が在宅勤務になったのでおうちにかえってきたらパパもママもいる!最高に楽しい

2020-08-31

ニチレイのフード自販機の思い出

ニチレイのフード自販機がそう遠くない将来にサービスを終了するかもしれない、という記事を読んだ。

ニチレイのフード自販機終了」という文字に、昔のことを思い出したので書く。

中学生になって数ヶ月した頃、父親の勤める会社倒産した。

ただでさえ裕福でなかった家庭(市営住宅に住み、両親共働きで、年1回の家族旅行なんていうものもなかった)で、それはかなりの衝撃だった。

だけど、落ちるときはとことん落ちる。

職を探す、と言っていた父親は職にありつく前にストレスや不摂生から持病をこじらせ、入院した。

ただでさえ苦しい生活費さらに上乗せされた入院費に文字通り頭を抱える母親は、精神的に強くはなく、度々そのストレスを私に向けるようになった。

家に家族といるのがしんどくて仕方ない。家族が揃う毎晩がまるでお通夜のような、そんな思春期の1年間だった。

そんな時に限ってテレビセレブブームで、誰ともなく番組を消し、誰も笑わなくなっていた。

父のお見舞いに週2〜3度、学校が終わってから行く。

制服のまま、田舎で一番大きな市民病院に。

市街地から一山超えたところに建て直されたばかりの病院は、その頃綺麗で、田舎には見たことがない洒落ものがたくさんあったように思う。

その中に、ニチレイのフード自販機があった。

最上階(といっても、たかだか4〜5F程度)の休憩室に、飲み物自販機と同じように並んでいた。

はじめてみたとき、ワクワクしたのを覚えている。

日に日に、家庭環境金銭から余裕がなくなって冷たくひどくなっていった。

父のお見舞いのついでに、時折、ひとり制服のまま、

もう20時を超えると電気が落とされる休憩室で

ブーンという低い自販機たちの稼働音に囲まれて食べた焼きおにぎりたこ焼きのあたたかさを

15年くらいの時を経て今日思い出した。

暗く湿った毎日にあって、唯一、少し浮き足立った気持ちにさせてくれたニチレイのフード自販機

きみは、同い年だったんだね。

まだあの病院のあそこにいるんだろうか。

何も喋らなかったけれど、あのひどく惨めな毎日のなかで確かに私の味方だった。

ありがとう

2020-08-30

年収700万で「えーむりー」って言われた

親共成功者感覚エグいわ

25歳700万ね

本人も20代で1000万超えてる(両親は億超えてる)

2020-08-18

売却癖

衝動的に手持ちの物を売り払う癖がある。

売り払うものゲームソフトだ。

親共働きで鍵っ子、家に誰もいない中私の遊び相手になってくれたのはゲームだった。

スイミングクラブ上級試験に受かったご褒美に買ってもらったマゼンタゲームボーイカラーと、ポケットモンスター銀

近所の金持ちにいちゃんが貸してくれたゲーム機が自分の家にあって、しか自分の持ち物になるなんて!箱から出したてピカピカのランドセルを背負った時と同じくらい嬉しかったものだ。

それから「いつかは卒業するだろう」と思いつつ中学ではファイアーエムブレムMOTHER1+2出会い高校では星のカービィUSDXタイムアタックに熱を上げ、大学ポケモンXYに出戻りし……

現在も私はswitchスマホを握り締めてゲームと向き合っている。

大人になったらゲームをやめるなんて大間違いだった。

しろアダルトゲームができるようになると名作ADVを男女BLの境なくやりまくったし、今はSteamやらDLsiteプロアマチュアの垣根なく無限面白いゲームを購入することができるのだ。

幼い頃のように没頭できる時間はなくなったけれど、購入本数は増えたと思う。

しかし、先述した通り私には売却癖?がある。

高校の時だ。私は手持ちのゲームポケモン銀とプラチナを残しすべて売ってしまった。

きっかけは正直思い出せない。ただ、私の高校生活はお世辞にも楽しいものとは言い難い。

友人とは一度も同じクラスになれないのに、とんでもない女(教師カマキリをくっつけておおはしゃぎする等)とは二年同クラスな上修学旅行の班も同じ。

本命に落ちて来た学校だったので授業のモチベも終わっていて、ついでに入学時両親が離婚した。

確たる理由はわからないが、私はゲームを売ってしまった。

そしてゲームをすることもやめた。親が禁じた訳でもなく、ほかに趣味がある訳でもない。受験勉強に打ち込むでもなく、高校生活を惰性で消費していった。

そして大学、私はふとゲームをやりたいという感覚に襲われた。高校から抜け出したことメンタルに余裕ができたのだろう。

衝動的におもちゃ箱(というかゲーム箱だが)を漁って手にしたのは、折りたたみ式のゲームボーイアドバンスSP。早速何かやろうとカセットを入れていた巾着をひっくり返した。出てきたのは、ポケットモンスター銀。それだけ。

そこからはもう怒涛だった。

「お母さん!ポケモンの古いゲーム捨てた!?」「アンタが売って良いっていったんでしょ!?」とかい迷惑まりないやりとりをして私は中古屋に走り、探していたものを見つけた。

ポケットモンスターサファイア不思議のダンジョン青の救助隊、闇の探検隊ポケモンコロシアム、ポケモンチャンネル………それからカービィ鏡の大迷宮USDXMOTHER1+2トマトアドベンチャー。ここに書ききれないくらいの私の思い出は、そこにあった。

けれど悲しいかな、大1でバイトもろくに始めていない私には全てを買い戻すことはできなかった。いつか絶対買い戻そう、そう胸に誓って500円箱なしのトマトアドベンチャーだけを手に私は店を出た。

帰ってきてすぐ、私はポケットモンスタープラチナを起動した。本当はサファイアをやりたかったのだが、私が手元に残しデータが飛んでいないソフトはそれだけだった。

すごく、面白かった。何をして良いのかわからず各街に飛んで聞くBGMも、適当に組んだパーティレベル80代のライバルボコボコにされたことも。

あの時得た端金で買った名前も知らないスナック菓子にかえていいものじゃなかった。何年越し、何十回目の殿堂入りを果たした時、私は泣いた。

そしてその夜、人生ではじめてバイト用の履歴書を書いたのだ。

人生初のアルバイト苦痛の方が多かったが、おかげでソフトほとんどは一年以内に買い集めることができた。FE系のソフトと一部のハード大学生の懐には痛かったけど、ようやく自分を取り戻せたような気がした。


……自分を取り戻せたような気がした?


ここに来て私はゲームに相当な依存心を持っていることに気がついたのだった。

職場ゲーム趣味について弄られると「まあゲームに育てられたようなもんなんで!w」と冗談で返したことはあったが、どうやら真実(マジ)らしい。

そして現在コロナ無職である

バイト貯金繋ぎつつ、精神を削られている毎日だ。

疲労ピークに達した時、ふとあの時の感覚が頭を過ることがある。売ってしまえばいい、と。

今手にしているswitchを手放した時、私は今度こそ自我を失うかもしれない。

2020-08-12

anond:20200812132510

ウイグルは元々狄と称された夷狄の一つだからね。宗教の違いだけが理由ではない。

清朝崩壊独立国家として振る舞ってきたのを首脳を謀殺して親共指導者とすげ替えて接収してできたのが新疆ウイグル自治区

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん