「婚姻」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 婚姻とは

2017-11-28

anond:20171128224207

うちも嫁さんの方が賢いクチだねぇ。嫁幸福度は「いかに嫁さんの話を聞くか」という点が大きい、という調査をいくつか見かけるね( 君も探してみるといいよ )

https://twitter.com/han_org/status/90374472095371265

でも、夫婦の接触時間夫婦関係満足度ほとんどなんの影響も与えない。

ベータ係数をみると、夫の情緒サポートけが他を圧倒する影響を示している。

https://twitter.com/han_org/status/90367934932856833

稲葉さんのディストレス調査にせよ、婚姻関係の安定性に関する調査にせよ、やる調査やる調査、ことごとく、夫の情緒サポートが圧倒的に強い影響を示しますね。夫がきちんと愚痴を聞く夫婦ほどストレスなく安定する。夫の家事参加や上司サポートなんてほとんど影響を及ぼさないのに。

君は多分、嫁さんより頭は良くないんだろうが、別にそれはどうでもよく、嫁観点で「一番私を幸せにしてくれた男性」であれば良い。

2017-11-26

不倫はそれぞれの夫婦間の問題から第三者が口を出す必要はない」

民法上の婚姻関係では「不貞行為」が離婚要件になってるわけだよね。

まあ冒頭の主張するような人は「不貞行為の良し悪しは夫婦の間で決めればいい」と言うんだろうけど。

でも「不倫離婚事由にするかは個人問題」で片付けるならそもそも民法上でわざわざ定める理由なんてないし。

不倫をしていたことに対して社会的制裁を受けるということが前提でこその婚姻契約じゃないのかな。

ていうか、結婚相手以外と性交渉持ちたいなら結婚しなければいいのにって思うけど。

いや不倫したいってやつは婚外交渉をしたいと思ってるのか。

だったらやっぱり不倫した人に対しては第三者からとことん社会的制裁を受けるべきだね。

2017-11-25

俺の政治観?みたいなのを書いてみる

自称リベラル

頭は良くない方なので、何かあったら訂正をお願いしま


女系天皇

かなり慎重にすべきだろうけど

男系が恒久的に続くのって、一夫一妻制の現代では不可能では?

女系がついた例はないというのは確かだけど、だからといって旧宮家からってのもなあ

一番の遠縁での即位の例って継体天皇だけど、そこって皇統断絶の説もあるレベルだし

そんな不確かなもの根拠にして、それよりも血筋の隔たりのある例を認めるって、それ先例主義と言えるのだろうか……

旧宮家内親王との婚姻ってのも、なんか完全に政略結婚の感が強くてどうなのって思うし、結局その場しのぎでしかない


安保法制

賛成

だって、そうしないと国という枠自体が壊れる可能あるじゃん

国という枠を大事にした上で、その中で自由振る舞うってのがリベラルじゃないのかね?違ってたらごめん


憲法改正

賛成

同上

あと、よく槍玉に挙げる九条だけじゃなくて、他にも色々と変えてほしい

一番変えてほしいのは二十四条の「両性の合意」の部分。「両者の合意」にしてほしい。俺は異性愛者だけど


経済

アベノミクス賛成

ていうかもっと加速しろ全然足りねえ

消費税率は下げろ


・再分配政策所得税案)

格差是正に繋がるので賛成

ていうかアベノミクス規制緩和してガンガン新規参入させろ

競争させろ。ユニークなもんもっと作らせろ

そんで失敗したら再分配政策で救え

インフレだったら財源確保も多少しやすいだろ


医療費削減

反対

金のないヤツも医者にかかれるようにならないとダメ。金のないヤツが病気になって不安がってから経済活動しなくなるとかいうのが一番マズイ気がする


年金カット

基本反対

医療費と同じような理由

ただし、平均寿命を考えて、受給開始年を後退させるってのはあり

財源は、インフレ政策で何とかなんねーかな

考え浅すぎか


こども保険云々の増税全般

反対

経済活動を活発にして法人税所得税消費税収入を増やせ

税率でどうにかすんじゃねえ、ベース金額を増やすことを考えろ


タバコ・酒の増税

これ以上するんだったらもう使用自体規制しろ

電子タバコ増税とかも変だ。一般タバコよりも害が少ないんだったら移行を推奨するために税制面で優遇しろ


軽減税率

もっとヨーロッパ的な傾斜のキツイ軽減税率に出来ないもの

日用品もっと低く、贅沢品はもっと高く

あ、新聞優遇しなくて良いよ。電波オークションとかも賛成

偏向報道する機関はとっとと潰れろ


教育無償化

ドンドン進めてほしい

そしたら奨学金の貸与額減るもんな

日本学生支援機構って天下り機関じゃねえだろうな?

もうちょっと穏健な機関給付系が増えたら良いな


国立大文系学部予算とか

ここは保護してほしい

学問の自由保証して、学問競争じゃないっていうことを知ってもらいたい

教養趣味ではない気がするが、あまり理路整然と証明ができない


外国人地方参政権

最終的な方向としては認めて良いんじゃないかな、と思うけど、なかなか上手い制度が思いつかないから今のところはダメ

もし認めるとしたら、色々と規制必要結論だけで語るとちょっと意図がズレそうなので長めに言うと、

例えば、国政参政権絶対に認めない(憲法で固く禁じる)・地方であっても被選挙権は認めない(憲法で固く禁じる)・当該の居住区に数年以上住んで納税し続けた実績がある・引っ越ししたらその年数カウントリセット居住区内の外国人割合を越える得票率にならないよう調整する(日本人9割、外国人1割の地域で、日本人投票率が40%、外国人投票率100%だとしても、外国人の投じた票が1割になるように圧縮するみたいな感じ)・そのためには投票所を分ける必要があるので、外国人用の投票所警察が見張る

とか何とか、こんな感じで厳格にしまくらないと絶対に駄目。といっても上の案でも不安しかいから、まだまだ実現は無理だろうなあ

この「外国人」は日本人結婚していようが関係なし。帰化している場合日本人扱い。まあ、日本人であっても居住年数が必要って形で。


二重国籍

ぶっちゃけ国籍法が悪いのでは?

古すぎるだろ


国会議員二重国籍

まあ、良いんじゃねえか

それよりは、国籍法二重国籍は認めて、公職選挙法で「日本国籍を持つこと」と「居住実績10年以上」みたいな感じの資格を決めるほうが良いのでは

ただし蓮舫、てめえは嘘つきのブーメランダブルスタンダードから議員バッジ外せ。恥を知れ



政党について

自民党 安定していて良いんじゃないかな。ポスト安倍がいないのが心配だけど


希望の党 なんかもうダメだな。小池ダメだけど、小池責任なすりつけてる連中もダメだし、協定書にサインしてて安保法制反対してる連中もダメ。玉木も獣医師会のために質問してないだろうな?玉木は辻元清美の会見ツイートの例もあるから信用できない


立憲民主党 枝野はそんなに嫌いじゃないけど、菅とか辻元清美とか大丈夫か?あとブーメラン山尾志桜里会派に入ってるし……まあ、ここが伸びたこ自体は悪いことではない。政権取ったら日本がまた転覆しかねないから注意が必要だけど


日本維新の会 規制緩和経済活動を伸ばそうとしていたからそれなりに応援してた。再分配政策言及してたら良かったんだけどな。でも丸山穂高の件で、何か萎えた。政党に対しても、橋下徹に対しても


社民党 立憲民主党に合流したら?って思うけど、まあ、良いや。0議席になった方が良さそう


共産党 立憲民主党が出来たので、政権批判票の受け皿にもうならなくていいよ。今後は衆参で10議席未満になって行くと良いんじゃないか


公明党 自民党の調整役になる気あんのか?ちょっと心配。そりゃそうか


自由党 もう良いよ


民進党 お前らとっとと行き先決めろ。詰んでんだよ

2017-11-24

anond:20171124112721

から婚姻明治維新より前からあったよね?

どうした?

最初は態度をつくろってたのにどんどん地が出てきたな?

もはや論理放棄して「ネトウヨーーーッ!」「ネトウヨーーーッ!」なのか?w

anond:20171124110952

なんだそりゃw

そりゃー、戸籍とか制度面の話をするなら現行の体制になったのは明治一新このかたでしょーね


でもお前の話「日本の伝統」云々から出発してんだよな?

婚姻は大昔からあったし、同性婚はなかったよ

婚姻は古来から伝統としてあり、同性婚はそうではない

その一点については竹下かい政治家(俺はあいつの晩餐会についての意見には賛成しない)の言ってることは正しい

お前の「庶民婚姻明治から」とかいバカクソ言説は間違っておりウンコ


な?

バカは黙れっていうこと

この話のどこにネトウヨ関係あるんだよ?w

バカ自分批判されたとたん、左なら「ネトウヨガー」右なら「チョンガー」と唐突な鳴き声を挙げる

問題ネトウヨでもチョンでもなく お・ま・えw

anond:20171124105624

その辺、相手国の慣例に合わせれば良いと思うけど、

多国間場合はどうしたらいいか分かんねえな。

まり同性だろうと異性だろうと法的な婚姻関係にない場合のことを話してる

その上で異性の場合正式ものと同等に認めたけれど

同性の場合はどうするべきかという話をしている

国内と不整合が発生するのも問題だし。

外人は認めるのに日本人は認めないのか!」

みたいな反発ありそう。

anond:20171124105049

結納やって家同士で結びついて子供に跡を継いで、という今のというかネトウヨのみなさんの想定してる「婚姻」は、ということなんだけど。

男女が一緒に暮らすという意味での結婚と、戸籍を一つにしてうんぬんという制度面の結婚似て非なるもので、同性婚同性カップルが違うのと同じ。

前者はそれこそ何千年も前から人間はやってる。でも後者はかなり新しい制度

anond:20171124105124

婚姻に関する法律施行とともに始まった問題

立法府人間伝統を持ち出して議論を封じるなら

敵前逃亡に等しい卑劣さかもしれない。

anond:20171124095835

ついでに言えば竹下発言最初

オランド前仏大統領事実婚パートナーのことを話してる

まり同性だろうと異性だろうと法的な婚姻関係にない場合のことを話してる

その上で異性の場合正式ものと同等に認めたけれど

同性の場合はどうするべきかという話をしている

ということは法的に認められてる国の国賓場合はどうなんだって話だけど

そこんところは記事ではよくわからん

https://anond.hatelabo.jp/20171124095835

双方議論が雑だから何とも言えない。

同性婚議論の焦点は、同性同士の婚姻契約に、異性間の婚姻に認められた法律上の種々の効果機能をどれだけ与えるべきかどうかというもの

(よく誤解されるが同性間の婚姻契約自体現在でも有効)。

から明治時代民法施行以前にはまずこの議論自体存在しないと言える。

ただし、同性愛タブーとされる以前の日本で、同性愛者がどのような婚姻を結んできたか研究存在するなら、上記議論において是非とも考慮すべきデータだと思う。

anond:20171124104724

一般庶民にとっては、結婚ってのは、ある程度お金のある人しかできない、というのが、明治中ごろまで続いたところらしい。

これを「明治以前は庶民婚姻がなかった」以外にどう読めばいいのだ?

おい、教えてくれバカ

anond:20171124103515

明治以前は庶民婚姻がなかったと?w

調べるまでもなく嘘だとわかるわ

そんな民族地球上のどこにあるのか


歴史がどうこうネトウヨがどうこう鼻息荒い側もこんな風にバカなんだもん話にならねえ

要するにお前らみたいなバカは右になろうが左になろうが人様の迷惑ってことだ

さっさとおっち

死ねないなら口開かずにこつこつ目の前の仕事だけやって生きてろ

anond:20171124010306

それこそ婚姻制度なんて男女の奴隷契約だったわけだから

上流階級においては婚姻は家同士の繋がりであって、女の方が実家力があって立場が上というケースも普通にあったよ

伝統」的には婚姻は子作りの為の制度から子供を作れない同性婚はあり得ない、ってのは一つの考え

なぜ同性愛同性婚混同したがるのか

江戸期以前に遡っても、同性間の性交はあっても同性婚はなかっただろう。

同性で祝言挙げたとか所帯を持った例なんか有史以来なかったはずだ。

衆道とかお稚児さんは主従関係による性欲処理であって、みんなそれとは別に子を作るために女性を娶っている。

我が国伝統としては「同性間の性交は許容するけど婚姻相手は異性に限る」と言うのが正しくて、

同性を婚姻相手としては認めないというのも一つの見識としてアリだし、

シンガポールとかイスラム圏とかを見てもそれで外交に支障が出るとは思えない。

2017-11-20

anond:20171120161036

捨てられた鼻毛元彼にしか共感できない人はこういう風になっちゃうよね

でも婚姻関係における不貞不法行為だけど交際にそういう法的な縛りって一切無いんだよね

anond:20171120062230

洗濯物を干すと洗剤や柔軟剤匂いが仄かにしてスガスガしいものだけど

分かり合えない

体臭のしない洗濯物など考えたくない

あろうことか洗剤や柔軟剤匂いを染み付けた洗濯物を快楽運動の一環とする婚姻関係者とは

許せない

パブロフの犬(反応条件付け云々の件で教科書に出てくるやつ)も嘆いているだろう

※まあ洗濯クリーナー使ってあとは洗濯機の指示量より多めの水で洗うとか数晩干すとか脱水を2回するとかまあ基本的にテキトー対策ででは

2017-11-17

anond:20171116192055

別に現代でも出産や養育までは禁止されてないよ。

法律で決まっているのは法的な婚姻財産の分与や家族範囲を国が認定するかだけ。

一夫多妻でもだいたいのところでは正妻とか第一夫人みたいな序列はあるんだし、法律が定めているのは主に義務権利なんだから、その範囲を満たして、さら法律以上に他の全員に同等以上の暮らし保証約束できるのなら別に問題はない。揉めた時に国家に守ってもらえる範囲問題だけだよ。

ありがとう君に届け

大好きだった「君に届け」の連載が、今月発売の別冊マーガレットで終わった。

申し訳ないんだけどネタバレがあるから、「君に届け」のネタバレをされたくない人は読まないでほしい。

実は、29巻が出る少し前から、5年ぶりくらいに毎号別マを買って本誌で連載を追いかけてきた。

少女マンガに傾ける熱量が異常だった小学生中学生の頃ぶりに購入し続けたのだが、あの頃と変わらず女の子たちに夢と希望と居場所を与える別マ、そして「君に届け」がうれしかった。

あれをみんなハッピー大団円とみるか、ひとつ青春の終わりとみるかは本当に人によると思うんだけど、私は後者で、ひとつ青春の終わりとして最高の最終回だったと思ってる。だから、騙されたと思って別冊マーガレット12月号買って。

ここからネタバレ

なんでこの青春終わるなって私が感じたっていうと、最終回ちょっと前で爽子と風早くんがセックスたからなんだよね。

恋愛の段階を丁寧に描いてきたこ作品の中で、初回のセックスが二人の終着点(付近)になるってことは、現実世界で二人の道は分かたれるんじゃないですか?って思ったんだよ。だってセックスを超える恋愛の段階ないよ。

同じことは「ハツカレ」を読んだときにも思った。でも、「君に届け」のふたりの初回セックスは、今まで二人といっしょに大きくなってきた読者の心を思いやって描いてくれたなあと思う。「ハツカレ」も私は好きなんだけど、あの超展開にえっ?!て戸惑ってしまって振り落とされた子たちもいそうなので。

でね、本誌で追って、青春の終わりを感じたからこそ、最終回の絵も台詞モノローグも全てにグッと来てしまってマンガで泣いた。久しぶりに泣いた。

駅の場面は実にずるい。千鶴見送り(ひとり見送る者のくせに笑顔で送り出す人格の完成されぶり)・風早くんとの別れ(”あの”2人が駅でキスもするし呼び捨てもし合ってるし君たちはだれ?成長したね?)で泣き、畳みかけるように車内で読む風早くんの手紙がまあステキで泣き(翔太おまえはよくできた奴だな)、そこで襲いかかってきたモノローグ(1ページまるまる電車が走ってるあにページ!!!なにあれ泣くでしょ)で泣きすぎて鼻水出た。

爽子たちはずいぶんとゆっくり高校生をやってくれた。爽子たちと椎名先生別マ編集部の人たちに、本当にありがとうございましたという気持ちでいっぱい。

出会ったときは既刊4巻で、まだ私は小学生だった。それから10年経ったけど、友人関係絶望した時も、家族との関係に悩んだ時も、好きな男の子に振られた時も、いつも「君に届け」のみんなはそこにいてくれた。高校時代友達と大騒ぎしながら読んだことは今でもいい思い出だ。

みんなの年齢はとうに追い越してしまった。でも、この感謝はずっと変わらないし、この作品はずっと好きなままだと思う。

たぶん自分受験したり上京したり彼氏と付き合ったりっていろんな経験があったからこそ最終回ボロ泣きしたんだろうなあとも思う。

いくつになっても楽しめてしか経験が増えるほど楽しみ方の幅が広がるなんて少女漫画は最高だね!!!

小中学生の頃は少女漫画に熱意を注ぎながらも、いつか大人になったら飽きるのかなあってちょっと不安に思ってたけど、そんなことはないか安心しろと昔の自分に言いたい。飽きない。超楽しい

なんか集英社の回し者みたいになってきたけど違うからね、これで入社させてくれるなら入社させてほしいよ

てかこれだけ青春の終わりとか言っといて来春の別冊マーガレット5月号(2018年4月13日(金)発売)で爽子と風早くん結婚してたら超恥ずかしいな!

婚姻って恋愛の究極の終着点とも捉えられるよね!

でも買う!!

超楽しみだから来春まで生きるね!!!

2017-11-16

anond:20171116192055

LGBT全盛の時代を迎えるにあたって、男女平等というテーマ時代遅れになりつつあるのかもしれませんね?

浮気不倫が当たり前になると、婚姻制度意味をなさなくなるからフランスみたいに民事連帯契約PACS)を結ぶのが妥当かも。

そうなると、婚姻役所管轄ではなく、町弁の仕事になるでしょう。

一夫多妻も多夫一婦も何でもありになるんじゃないかな?

anond:20171116130659

性的指向としては異性愛者だよ。

衆道婚姻よりも崇高な絆。

あと衆道家康もだね。

2017-11-15

anond:20171114232029

ちゃんと調べてないけど、宗教的意味で、幼女との婚姻動物との婚姻文化的にはあった気がするので、認めなきゃですね。

多様性と言いつつ、この手の人たちは2次元ロリ絵は絶対に認めないんでしょうね。(結局、快不快を主張してるだけ?)

2017-11-14

友人のご両親は、同じ職場で働いていて同姓になってしまうと仕事上の不利益が生じるから、別姓でいるために事実婚カップルしてる(してた?)。

詳しいことわからんから、どういう不利益が生じるのかさっぱりだけど、その話を聞いたとき、色々面倒なこともあるんだな~って思った。

そんで、そのお2人は婚姻関係にないから、片方になにかあったとき事故病気で緊急搬送とか)にそばにいられないことが大きな悩みらしい。

夫の姓に合わせることが女性蔑視だとか男性優位の表れだとかは思わんけど、どうするか1人1人が自由選択できる社会が一番なんじゃないかな。当たり前の話だけど。

昔に聞いた話だからすべてがあやふやだわ。

2017-11-13

anond:20171113102526

夫婦収入の多少と、結婚後の姓の選択にそんなに関連があるとは思えんが。

婚姻時と収入が逆転したら改姓するのか?

2017-11-12

選択夫婦別姓への反論への反論反論

青野氏の記事 (https://note.mu/yoshiaono/n/n8e5933a8ac0c) はとても論理的でなるほどと思うんだが、なんだかつまらない感じがする。

何故か考えてみると、結婚制度における「伝統的、情緒的」な側面を無視しているように見えるからだとわかる。


竹田氏のツイート典型的だが、反対派は結婚に対する伝統情緒的なもの価値を置いていることがわかる。

翻って青野氏の訴えをよくよく見ると、問題人権がどうこう言うより、実際に不利益を被るから困るのだということがわかる。


問題は、「結婚」という制度に「伝統的、情緒的」な側面と「実利的」な側面が混じって存在していることだ。

少なくとも、人によってそのどちらかをより重要として捉えているようだ。(元々は「伝統愛着」は存在しなかったのかもしれないが、今や存在するのだ。)


であれば、その実利的な側面、青野氏の言う「結婚にすると得られる、法律で決められた婚姻による様々な義務権利」の「権利」の部分のみを削除、もしくは分離してしまえば良い。

まり、「従来の結婚」というのは、ただの伝統的なもので、面倒臭い義務のみが発生する酔狂ですよ、と言うことにしてしまう。

わざわざ夫婦どちらかが同姓に変えなければならないし、さらに色々な義務が発生する、それでもやりたい人はどうぞ、という感じに。

(それは法律でやる必要あるのか?というのはある)


そうすれば、青野氏は単純に結婚しなければいいだけの話だし(結婚とはそういうしきたり的なものしかないので、嫌ならしなければよい)

竹田氏も新婦/新郎が頬を赤らめるのを見てニヤニヤすることが出来る(もちろんその二人は好きでやっているはず)


まぁ単純に名前を変えられるようにする方がコストは低いだろうが、上記の方法の方が伝統毀損されない。


名前だけ変えられるようにするのはコスト安いし権利の拡大なんだからいいでしょ」というのは伝統愛着を持っている人々に対して少々乱暴だろう。

反対派は「結婚とはどちらかが姓を変えなければならないというところにミソがある」と考えているはずだ。

なので議論は噛み合わないで続くだろうし、どちらかに決着がついたとしても、何かしら失うだろう。

2017-11-11

anond:20171111180022

男尊女卑がなぜ起こるのかは、生物学的な配偶システムが大きく関わってきます

動物社会には男尊女卑オットセイなど)、男女平等トキなど)、女尊男卑アンコウなど)のいずれのタイプ存在します。

なぜそうしたいろいろなタイプが生じるのかというと、♂と♀との間に繁殖適齢期までに生き残る数(これを生物学では「第三次性比」という)にあまり差が出ないタイプや大きな違いが生じるタイプ動物があり、少ない側の性に希少価値が生まれからです。

ではそもそも性別によって適齢期までに生き残る数に差が生まれるのかというと、少し専門的な話になります潜在的繁殖スピード性差が生じるからです。潜在的繁殖スピードが他方の性より遅いと、出産育児によって次の繁殖までにかかる時間が長くなり、配偶者獲得の場面であぶれにくくなります。逆に、他方の性は配偶者獲得の場面であぶれやすくなるので、配偶者獲得競争が生じやすくなります。そこで、大きく筋力の強い体を作って同性が繁殖するのを邪魔したり追い払ったりして配偶者を独占しやすくなるのです。しかしながら、大きく強い体を作るのにはそれなりのコストがかかるので、生存率が犠牲になります

例えば、トラは♂が♀より体重が1.5倍近くあり、テリトリーの広さで♂が♀の3倍ほどありますが、♂と♀とのテリトリーの広さの違いはそのまま生存率の違いによるものです。独立して自分テリトリーを獲得するときに同性同士で争って死んでしまうことが♂は♀と比べてはるかに多く、♂は♀と比べると壮年期までの生存率が1/3程度になります。つまり、♂の方が体が大きくて力も強く、支配できる土地が♀の3倍ほどもあり、♂のテリトリーには数頭の♀のテリトリーが重なる形になります。このため、生き残った♂一頭当たりの経済的資本繁殖機会は生き残った♀の3倍ほどもあるということになります

まり、生き残って次世代を生み出す年齢帯で♂♀一頭当たりの食糧獲得機会と繁殖機会に格差が生じる動物は、男尊女卑女尊男卑タイプといえます

ライオンなども同様で、繁殖適齢期まで生き残る確率は♀の方が高く、少数の♂が多数の♀を従えるという構造の群れを成します。

オットセイアシカなどはこの傾向が非常に強く、数頭の♂が数十頭から百頭もの♀を従えるハーレムを作り、配偶者獲得競争に敗れた(不戦敗も含む)十数頭のあぶれ♂がハーレムを奪うか、ボスが狩りに出かけたり睡眠に入った隙を狙って♀と交尾する機会をうかがうためにハーレムの周りを取り巻くという形態が生まれます

人間はトラやライオンほどではないにしても、♂の方が潜在的繁殖スピードは速く、構造的にやや男尊女卑になりやすタイプ動物だとは言えます

また、文化人類学見地からは、ジョージマードックによる無文字社会研究から結婚適齢期における男女比(生物学では第三次性比という)が1:1から大きくずれてしまうことが一夫多妻制や一妻多夫制といった複婚制ができる土壌となることを明らかになりました。

ヒトの一夫多妻社会は、無文字社会では狩猟戦争などで死亡率において男性の方が高いこと、女性は性成熟した15歳付近結婚する人が多く、男性社会的自立を確実なものにした25歳くらいで結婚する人が多く、婚姻年齢に差があるため、15~25歳の年齢帯で男性の死亡率が高いことが多い無文字社会では結婚適齢期の男女人口比で女性の方がはるかに多くなることが原因で形成されるとされています

ヒトの場合も、第三次性比が偏ることが配偶機会の性差をもたらす点で、他の動物基本的相違はありません。また、経済資本争奪戦も異性間より同性間で強くなる傾向があり、これに勝った少数の男性が多数の女性経済的にも支配し、敗れた多数の男性排除されることから経済面でも男女格差男性格差が顕著になる点も他の生物と同様です。

そして、富や繁殖機会の偏在は狩猟社会より農耕社会の方が顕著になりやすいです。こうして富や繁殖機会をより多く占めた男性権力をふるうようになり、男尊女卑社会形成されるのです。

また、文明化の恩恵によって男性の死亡率が下がり、結婚適齢期の男女人口比が1:1に近くなって性別による経済的利得と繁殖機会の不平等をもたらす生物学的基盤が失われても、一夫多妻婚姻制度男尊女卑文化社会制度として強く根付いてしまうと、なかなか解消されずに継続されてしまうことが多くなります

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん