「根深」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 根深とは

2020-05-30

正義暴走がー」とか言っている冷笑系2ch(あえてこう表記する)・ニコニコ世代の奴ら、自分認定した「馬鹿」に対する誹謗中傷嘲笑マジで半端ない

結局あいつらが育んだものは、知性ではなく罵詈雑言バリエーションくらいだな。差別意識根深い。

コロナの動乱が、まだ根深いね。いろんなひとがいる。そのひとにはそう見える。もしくは、創作だったり、ネタだったり。掲示板だということを前提に、みんなよもうね。雑談をする場所っていうのをわすれないでね。ウソもいっぱいあるんだよ。

じゃぁ、嘘が書いてあるからだめか?っていうと、ジョークも言えなくなっちゃう。書く方も、読む方も。匿名っていうのを楽しもうね。

2020-05-29

アメリカ黒人差別

アメリカ白人警察官黒人殺害デモから暴徒化というのが近年よく見る流れとなっている

なぜ白人警察官黒人殺害してしまうかというと白人黒人に怯えているからだ

白人黒人殺害黒人デモ(暴徒化)→白人がそれに怯える→警戒心から白人黒人への締め付けが強くなる→白人黒人を…という流れ

日本からでは分かりにくいか結局の所アメリカ国内人種間の相互不信が根幹にある

最早どちらが先に発生したかは分からない

アメリカ根深い分断は決定的な所まで来てしまっている

anond:20200529051542

欧米では、その移民受け入れした結果が、根深差別問題に繋がっているからなぁ。

常識が違う人達コミュニティを作るには、日本的道徳性による同調圧力以外で人を縛る必要があるから移民を受け入れても直ぐには上手くいかないと思うよ。

2020-05-28

anond:20200528151335

どうにもその好きなアイコンてのが、芸能界から降りてきた構造物に見えてしまうんですよね

アイドルで誰が好き?」という会話が理解不能だったもの

自分世代テレビっ子ですが、テレビは見なくてもアイドル至上主義の男が身近にいまして

まだまだ根深いし、金が動く以上はどうにもならないか

2020-05-26

自分の子どもを「小さな彼氏」「小さなお母さん」と呼ぶ人たち

私の周囲の子持ち女性たち(複数、それぞれ交友関係はあったりなかったり)は、自分の息子を「小さな彼氏」と呼び、たまの二人きりのお出かけやお留守番を楽しんでいる様子をSNSにアップしたりする。

以前まではそれについて、「あ~ちょっとキモイな~」くらいの感覚であまり気に留めていなかったんだけど、娘に対して「小さなお母さん」と呼んでいることに気づいてしまってからは完全に受け付けなくなった。

当人女性なので、息子(異性)は彼氏であり、娘(同性)はお母さんになるのでは? と無理やり理解しようと試みたものの、明らかに求めている役割が対等ではなく、めちゃくちゃ気持ちわり~~~!と思ってしまった。

息子と娘に同じような役割を求めているなら、せめて「小さな彼氏」と「小さな友達」くらいにならない??いや、それもキモイんだけどさ。子ども子どもなので。

息子に対しては先述の通り、二人でゆっくりできた時や、なんらかの男らしさを感じさせる行動を見せた時に「小さい彼氏ハート)」って感じなんだけど、

娘に対してはお手伝いしてくれたときとか兄弟の面倒を見てくれた時、なんらかのしっかりした役立つ行動が見られたときに「小さいお母さん(泣)」みたいな感じで使う。

で、うちの地元だけこんなにひどいの?と思ってTwitterとかインスタでも調べてみたんだけど、やっぱり一定数いるし、お父さんが娘のことを「小さな彼女」と言っている割合は圧倒的に低かったのね。

まぁそもそもお父さんがお母さんに比べて育児投稿あんまりしてないってのはあると思うんだけど。

どちらにしろ、「彼氏」「お母さん」と役割を充てられている子どもたちがかわいそうだし、ジェンダー問題根深さを感じるよ。

2020-05-25

面白い!「○○問題」まとめ

首ナイフ問題

Q.敵NPC人質首にナイフをつきつけて脅迫したものの、プレーヤー大人しくしなかったのでゲームマスターNPCが首筋を刺して人質が死亡したと処理した。しかルール上はナイフデータでは即死しないとプレーヤーが抗議する。どうしたらよいだろうか。

http://hiki.trpg.net/wiki/?%BC%F3%A5%CA%A5%A4%A5%D5%CC%E4%C2%EA

テーブルトークRPGTRPG)において、イベント的な意図ゲーム的な処理が噛み合わない問題。あるいは、ゲームマスタープレイヤー解釈が噛み合わない問題

TRPGではイベント内も含めた全ての行動を共通ルールで処理する。そうすることでイベント中であってもプレイヤーステータス、機転、判断が絡み、思いもよらぬシナリオが生み出されるのが醍醐味からだ。

しかしそれが悪い方に出たのが首ナイフ問題である

ゲームマスターGM)のこのイベントでの意図人質の命とNPC要求二者択一プレーヤーに選ばせるものだが、プレーヤーは何としても自らの機転で最良の結末を選びたいものだ。(そして得てしてGMもそれを受け入れる傾向にある。)

そこで考える。「よく考えたらナイフ攻撃値と人質HPを比べると一撃では即死しないじゃないか。なら一回刺してる間に奪還すればいい」。しかGMは言う。「首に刺したら死ぬに決まってるだろ常識的に考えて」。

TRPGにおいてイベントとはどうあるべきか、ゲーム的な処理はどこまで適用されうるか、そしてGMプレイヤー理想的関係はどうあるべきかといった様々な論争を巻き起こした奥深い問題

(Gスラ問題ペイン問題、シー問題なんかも面白い

Kanon問題

あゆルートにおいて奇跡の力が発動してない栞はどうなるの?」

https://lonestarsaloon.hatenadiary.org/entry/20090410/1239302357

エロゲあるいはギャルゲにおいて、選ばれていないヒロイン問題。あるいは、誰かを選ぶと他の誰かが不幸になる問題

泣きゲと呼ばれる類では特に顕著だが、エロゲもしくはギャルゲヒロインたちというのは、物語上何かしらの不幸や屈折を抱えていることが多い。

主人公がそのルートに入ることによって問題顕在化し、主人公の手によって解決するのだが、では選ばれていない他のヒロインの不幸はどうなるのか。

Kanonに限らずこういった論は意識されてはいたのだが、その構造特に露骨に見えやすかったのがKanonだった。Kanon世界においては、1度きりしか使えない「奇跡」によってしか救えないヒロイン複数人いる。

しかも、その選択権は主人公にある。一周目は誰のことも知らないからよかった。二周目以降、あの子の不幸がちらついて他の子が選べない。

エロゲや周回ゲーム全般、ひいては物語のものに対する様々な解釈を生み、遡及過去生成なんていう超絶アクロバティックまで提唱された根深問題

キングメーカー問題

勝ち目が無くなったプレイヤーが、勝ち目が残っているプレイヤーの最終的な勝敗に、ゲームの最終目標とは無関係に、恣意的に関わってしま

http://platonforminorgames.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

多人数対戦のボドゲや卓ゲ、TCGなどで、絶対に勝てないプレイヤー問題。あるいは、最適解のない手番の問題

既に絶対に勝つことができなくなったにも関わらずゲーム進行上手番が来てしまうことがある。Aを選ぶかBを選ぶか。どちらかを選ぶと、それに直結してこのゲームの勝者が決まってしまう。

どちらも自分勝利に近づかない=理論上の最適解がありえない。それなら気分で選ぶか、ランダムに選ぶか、いっそ勝たせたい方を勝たせようかな。

それが、そのゲームをしゃぶりつくしたい理論プレイヤーには我慢できない。お前の理論値はこうだ、たとえ勝てないとしても最大得点を取れる手はAなのだ。俺は全プレイヤー理論値を目指すことを前提に戦略を組んできたんだぞ。

という感じで、さて誰が悪いんでしょうねと議論が始まった。

そもそも誰かが詰んでしまう仕組みになってるゲームが悪い、いや詰んでもいいけど第二の行動目標必要なのだ、いやそもそもこれは問題でもなんでもない、究極理論値を目指さなプレイヤーがいたっていい。

やがてゲームのもの理論や意義までもを考える人まで出てきてしまった闇深い問題

後期クイーン問題

作中で探偵が最終的に提示した解決が、本当に真の解決かどうか作中では証明できない

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%9C%9F%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%9A%84%E5%95%8F%E9%A1%8C

推理小説における作中探偵限界についての問題。あるいは、探偵物語にとっての何であるかという問題

推理小説パズルであるなら、読者は問題から答えを導くことができる。しかし、探偵にとってはそうではない。作中にいる探偵には作者の出した「問題」が見えない。

まり、前提条件がどこからどこまでで、今この瞬間には推理ができるのか?できないのか?それがわからない。

特に犯人探偵存在を知っていて、偽の手がかりなんかをばら撒き始めた日には、より顕著になる。何せ偽の手がかりが偽だと気付くための手がかりが必要だ。でもそれが偽でない保証は?

ちなみに、読者にとっては「これが推理小説であるという事実のもの」&「ここから解決編が始まるよ!という作者の親切なほのめかし」によって、そこまでのヒントで必ず論理的に謎が解けることが保証されている。

ここから突き詰めて、じゃあそれでも解けてしま探偵って何なんだ、超人なのか神なのか、単なる物語要請されている機械仕掛け役割にすぎないのか、いやいや探偵人間だろう、推理小説小説だろう、というような論争がなぜか日本でだけ始まった。

なんだかんだでその後の小説テーマになったり斬新なトリックの基礎となったり、魅力的な探偵を生み出したりと後世に確実に影響を及ぼした、興味深い問題

(第二問題である「作中で探偵が神であるかの様に振るまい、登場人物運命を決定することについての是非」も面白い

(本当はトロッコ問題とか心身問題とか異世界シャワー問題とかも語りたかったけど、アルバムとしてのコンセプトに合わない気がするからこの辺にしておく)

2020-05-18

anond:20200518154528

なんかなー

私の場合おしゃれできるようになってからにしよーって

それまでモテ諦めてたし、

おしゃれっていうか身なりに気も使わんと飾らない自分を見てほしいみたいなタイプが多い気がしてなあ(偏見

からみれば外見、金、仕事、特技、頭の良さとか

いろんな項目で評価してもらえるなんて男は挽回チャンスいっぱいあっていいやんと思うのだが

青春悔恨が本当根深

2020-05-09

岡村隆史の件の踏み絵力の高さ

まず、4月30日放送分の岡村発言矢部の「結婚しろ発言への批判根本的に正しいという立場です。ただ、あちこちで流れてくる要約で知った気になるのはマジでやめた方がいいです。矢部岡村の会話に関してはホントに音声を一度聴くのをオススメします、最悪全部じゃなくてもいい、矢部岡村がどんな感じのトーンでどういう雰囲気の元、会話をしてるのか。その辺りの肌感を知ってないと発言ニュアンス全っ然つかめないです(って書いたあとに文章放置してたらもう聴けなくなってた。ごめんね)。

岡村ってこの放送中ずっと謝ってるんですよね。謝る以外のことが何一つできない地獄のような20分があり「あ、これはダメだ」と思った矢部放送乱入する。そしてそこからまた1時間近く、30年来のつきあい人間が、岡村人格分析を、ゆっくりと、ずっとゆっくりと続けるんですよ。この回、端的に放送事故ですからね? 矢部が部屋に入ってくる時の扉の音をマイクが拾ってるところとか、全部聴いた人ならわかるけどラスト10分のはがき職人大喜利コーナーで岡村はがきを読み上げるところの絶望的な空気感とか、本当にヤバいですからね?

それで、この放送ポイント岡村に横柄なところが全くないんですよ。本来ならまともなラジオトークの一つや二つはするべきところ、それすらもできなくなってる。とにかくマジで参った感じだし、ずっと謝りつづけてる。何より怖いのがここ。

なぜなら、矢部が一番最初に持ち出した岡村への指摘は「岡村さん、表でしか謝らへんのよね」という言葉からです。「まともに放送できないくらいに責任を感じている」けど「それをカメラマイクの前以外では出すない、出す勇気がない」、だから公開処刑のごとく生放送で伝えることしかできなかったという問題根深さ!

そこから矢部岡村言動を長年どう見てきたかを話す。岡村普段ちょっとした振る舞いの、ささいなことだけど違和感の感じたことを、ゆっくりと、一つ一つあげていく。

お茶持ってきたADさんにありがとうを言わない、鬱での休業の復帰回後に矢部に送られてきたメールが一行だけだったこと、そういった、本人が気づいていないレベルの「岡村がどう人間と接してきたか」、そしてそれらを矢部が素朴に「引いてしまう」こと、そういうのが滔々と語られる。

話題の中心は基本的に対女性関係のことになりがちだけど、矢部とのこととか仕事でのこととかも含まれてるので根本的には人間一般に対する態度、つまり岡村性格の話をしてる。会話の中でぼんやり示唆されてるのは、岡村他人に対する「甘え」が「対応が雑になる」かたちで出てるのではということ。ただし流石にそれは明言されない。間違ってるかもしれないしね。そう、その意味でも矢部は慎重なんです。岡村人格について断言はしなくて、基本的言動の話しかしない。もしかしたら、矢部自身はそのあたり自分で気づいてほしいと思ってるのかもしれない。だから言葉を慎重に選んでいる。

その中で語られる「結婚したら」って、もう色々なニュアンスが含まれてるんですよ。たとえば、矢部岡村の昔の会話で「彼女のご両親にご挨拶しに行ったことある?」「あるよ。高校生のころ」というやりとりに(いい大人が素でそういう[女性と遊んでる割にまともに結婚をふまえた挨拶したこともないって]答えする!?)と素で引いた、みたいなエピソードとか、スタッフメイクさんの女性と遊びに行くときに「宿代は出すよ」と岡村が話したりしたことに「飛行機代の方が高くつく」という不満なんかが本人ではなく矢部の方に飛んでくるみたいな話(後述しますが、この本人には伝わらないことが恐ろしい)、女優さんとデートする企画が振ってきたら「笑われるのが嫌だから」と自分は断り別の既婚者を推した話、そういう「女性デートには誘うし普通に関わりを持つのに、深い関係にならないし場合によっては逃げる」という岡村普段の行動パターンさらには矢部の「自分結婚したら妻へのリスペクトが増した」という実体験、そういった、放送中に出てきた会話やそのとき雰囲気全部込みでの文脈でのことなので「40代独身男性女性積極的に関わりたいと思うなら女性リスペクトして女性から逃げるな」くらいのニュアンスが多分に含まれてる。

そういう様々なあの場の質感が、発言箇条書きとか録音文字起こしだと全然からないのですよ……。

あ、一応言っておくと、そういうことを全部踏まえた上でも、「結婚したら?」発言はかなり唐突でしたし、乱暴発言ではありました。

それでですね、放送を全部聴いてやっぱり思うのは、「この岡村をこれ以上責めるの辛くない?」と思っちゃうし、反省の色を見せている岡村隆史をdisるのには少し違和感があるんですよ。

これは自分価値観問題がたぶんに含まれますが、人間ってどこかしら不道徳価値観を持ってるのが当たり前だと思って生きているんです。だから他者との関わりでは「それをどう隠していくか」(ここでの「隠す」は「他人を傷つけないために努力する」のニュアンスをかなり含む)が重要だと思ってて。人格がゆがんでても、人格がゆがんでることそのものが隠せてたら人間は生きててもかまわないんじゃないのかなっていう。それを露出してしまった以上批判されることに異論はないし批判されるべきだとは思うけど、でも少なくともどこぞの松江哲明やら大澤昇平やらに比べたらまだまともでは?とは思っちゃうんですよ。比較で善し悪しを語るのは良くないんですけど。

まあ時折「これ大丈夫なのか?」みたいなエピソード結構目にしてたので完全に隠してたわけじゃないけれど、それでもたとえば矢部が「カメラの前では謝る」みたいなエピソード聴くと、「少なくともカメラの前では取り繕えるくらいの価値判断は持ってるんだな」って俺は思っちゃうんですよね。30超えると人間は変われないと言われがちな世の中で、50でそこそこ取り繕えるってのは大事なことだと思うんですよ。それとも岡村さん社会的に殺します? 

なんでここまで岡村に甘めの感覚を持ってしまうかといえば、最近よく、どのタイミング自分社会的死ぬかわからないなあと思うんです。

岡村の件の何が一番怖かったかって、矢部が指摘したことの多くが「無意識言動」だったことですよね。自覚的に行動を変えようとしても、無意識言動は言われないと自覚的に変えられないじゃないですかもっと言えば認知がそこからゆがむ可能性もある。

たとえば、ここまで書きながら「女性視点での批判感覚が欠如してる」と自分で強く思います。この原因ははっきりしてて、自分男性として生きてきたから「女性がどう感じるか」についての直感共感が働くのが遅いんですよね。反射的に「別にしたことないのでは?」と思ったあとに、「いや、でも女性視点で見たらこれはこうだろう」という理詰めで価値判断を下す。たとえばですが、一応自分にも女性の友人はいから「この件、俺は岡村に同情してしまうけど、きっと彼女らは岡村に同情できる要素がないんだろうな」くらいの想像は、まあできる。でも、けど女性の友人が多いわけじゃないから、日々の生活女性への気遣い必要になる機会も、世間の人に比べると相対的に少ない立場だと思う。その意味で、女性へのリスペクトは忘れないように心がけてるつもりだけれど、でも結局のところ本当にできてるかはわかりません。他人自分欠点をおいそれと指摘してくれないからです。岡村隆史の放送が示したのってそういうことでしょ? 人は黙って去って行くんですよ。

から、今回の件は、「どのタイミング自分女性から批判されて、社会的制裁を受けることになるかわからない」という恐怖で、どうしても岡村共感してしまうんですよ。

そして、もちろん、この件は女性にとって「自分コロナ不況でいつ生活が困窮し、風俗で働くことになるかわからない」という恐怖の共感と反発の方がおそらく強く働くのだろうなと思います。これ、残念ながら男性には「我が事のように想像する」ことがなかなか難しい部分ではあるんです。なぜなら、「生活に困るから風俗で働く」というジェンダーイメージ女性だと根強いものの、男性だとそうではないから(純粋に男女のジェンダーで分けられない人のことは申し訳ないが一旦話から省きます。たとえば率直に思い浮かぶのはゲイ風俗ですがそれをこの件に絡めると「性嗜好の一致しない相手性的行為をする」ということの問題が絡んで話がややこしくなるのでその方面の話は当事者に任せた)。

から、この件って共感ベース立場を決めてしまうと、おおよそきれいに男女の立場で反応がわかれてしまうという、絶妙案件だと思うんですよね。これって伊藤詩織さんの件みたいに「加害者反省もしていない案件」とは全然様相が異なる。なまじっか反省しているように見える人間をどこまで責め続けるか。

「このような価値観を許していたら自分たちがいつ貶められるかわからない」という女性側の怒りはよくわかる。でもその反対にいるのは、「このように糾弾されるのを許していたら、自分たちがいつどのタイミング社会的に殺されるかわからない」という男性でもある。この間の溝を埋めるのは、並大抵のことじゃないだろうなぁと思いました。

書き手である増田本人は、少なくとも今回の件は岡村が悪いと思ってるし、「どっちの味方」につくかと問われたら共感ではなく倫理を優先して岡村批判します。俺にとっての「他者尊重する」とはそういう価値判断をしていくことだと思っています他者立場想像して、他人に嫌な思いをさせない。そこには必ずしも共感必要ではなく、共感しなくても他人尊重していく。

ただ、そもそも「どっちの味方」かという話をしている時点で、溝を埋めることはできないんじゃねえかなぁ、と思うんです。どちら側の人に対しても。なんか、この手の踏み絵ものすごく増えている気がする。踏み絵の後に待ってるのは処刑じゃないですかね。どちらの側にとっても。みんな、処刑合戦したいんです?

2020-04-14

発達障害女性ルポに支えてくれる恋人が登場してくるやつ

よくTwitterで見かける、発達障害、または精神病を患った女性が、生きづらさやそれをどう乗り越えているかを、コミックエッセイ風に綴っているやつ

に、ほぼ必ず、理解がありその女性を支えてくれる男性が登場するやつ

を、揶揄するツイート

というのを非常によく見かける。揶揄する人の言いたいことはとてもよくわかる。

とっても生きづらいけど、良いパートナーのおかげで生きていけている、というのは、パートナーに恵まれない障害病気を抱える人々を改めて絶望の淵に突き落とすようなものだ。

非常に一般的な考え方として、例外は必ずあるにしろ基本的に、女性のほうが男性に比べ、恋愛的なパートナーを得る機会が多いのはおそらく確かだろう。その理由はいくつか挙げられるが、ここでは割愛する。

ゆえに、パートナーに恵まれ日常を送ることができている障碍者/精神疾患持ち女性という存在を見せつけられると、同じような状況にある男性なかに、『では誰にもかんがみられることなく、パートナーに恵まれない自分たちは、どう生きていけばいいのか』と暗澹たる気持ちが生まれしまうのは仕方がないのではないだろうか。

私の話をしよう。

私は女性である。そして発達障害者であり、精神疾患を持っている。

具体的に言うと、ASD優位のADHD、かつ、うつ病解離性同一性障害の診断が下りている。

希死念慮が強く、1度自殺に失敗し、閉鎖病棟入院していた。

理系大学院卒業後、財閥企業に勤めていたが、病状の悪化に伴い退職した。

そして離婚歴がある。

私の持つ障害と疾患は、両親から虐待に由来する可能性が高く、主治医の所見もそのようになっている。私の両親は裕福で社会的地位のある人たちではあったが、あまり子供を育てることは得意ではなかったらしい。成人し、うつ発症し、自殺未遂後、弁護士を通して虐待事実を認める旨、慰謝料を支払う旨、それができないのであれば縁を切る(ことは非常に難しいのだが)協議書を送り、その段階に至り、はじめて自分たちがしてきたことが客観的虐待に当たると気づいた、なかなか能天気な人たちでもある。

この虐待由来というところがネックなのか、私の抱える障害精神疾患は非常に根深いところにあり、もう10年近く投薬を続けているが、治るというよりもただ生きているだけだ。

さて、表題の話をしよう。私の人生において、障害精神疾患を支えてくれるパートナーはいたかという話である

結論から言うと、いなかった。これからも現れない気がしている。

そもそも、私は強い気分障害を持っているが、精神が不調の際は自ら抗不安剤(軽いものならソラナックスリボトール、ひどければヒルナミン)を飲んで、迷惑をかける前に自分コントロールしていた。これはたぶん、両親による『人に気を遣わせるな』という強い教育が行き届いた結果だと思う。もちろんこの人という言葉には、家族も含まれている。

解離性同一性人格障害というのは、簡単に言うと多重人格のことで、現在この病名が診断されている患者はかなり少ない。最近は発作もあまり怒らないが、解離時、私にはなんの記憶もない。どこで何をしていたのか、ポケットに入ったレシートや、体についた汚れや傷、SUICA履歴など、いろいろなものからなんとなく推理するしかない。でもそれがとても怖いともあまり思わない。発作が起こるタイミングシチュエーションは決まっている。そうならないよう、そういった状況に自らを送り込まないよう注意すれば、ある程度制御できる。

私は精神療養手帳も持っているし、飲んでいる薬の数も種類も途方もない数だが、それでいて、一人できちんと精神科に行き、診察を受け、薬を飲んで生活している。もちろん生活も一人だ。親元なんて考えられないし、世間体のためだけにした結婚は、結局相手が何を考えているのかわからないまま、かつ、相手も私がどういった人間なのかわからないまま終わった。

主治医はあまりこの状況をよしとはしていない。つまり、頼れるだれかが近くにいたほうがいいのではないかという話をされることもある。しかし私は、短い結婚生活のことを思い出す。いつも誰かがそばにいるのに、その人がひとつ自分のことをわかっていないという状態は、単純に一人でいるより何倍もつらい。元夫との生活の中で、私は何度も『大丈夫』と言った。ぐうぐう寝息を立てる元夫のとなりで、絶望が押し寄せてきて一晩中声を殺して泣いた。これではいけないと、元夫に私は何度か自分の話をしようとした。それはかなり勇気のいる行為だった。他人精神いびつになるに至る理由を、好んで聞きたがる人はいないし、そのあと慰めるのだって面倒だろう。もし、面倒がられたら、聞いてくれなかったら、と思うと、だれにも言えなくなってしまうのだ。

結果から言うと、元夫は私の話を聞いてはくれた。その間ずっとドラゴンボールかなにかのソーシャルゲームスマホで遊んでいた。

最初から期待していない分、絶望も少なかったが、たとえ結婚していても、他人他人であり、興味のない話を無理やり聞かせることはできず、自分のことは自分でけりをつけなければいけないのだとわかった。私は、元夫がしてくれる自分の話を聞くのが好きだった。それは元夫に興味があったということだろう。そしてその逆はなかったということだ。

ちなみに離婚の直接の理由となったのは、元夫の暴力的行為により、私が結婚前に拾いともに暮らしていたネコが、ストレス性の病気になってしまたことだ。ネコ家具破壊される音を聞き、泣き叫ぶ私の声を聴き、壊れた箪笥を見、過度のストレス過呼吸を起こし、自らのしっぽをかじり始めた。ネコの異状に気づき獣医でそれがストレスのもので、環境を変えるか、抗不安剤を投与するかしかないと聞くその瞬間まで、私は無気力のあまり離婚することすら考えていなかった。動物病院を出た私は、その日のうちに離婚届を手に入れ、元夫に書くように強制した。

元夫は渋っていたが、一連の暴力行為を私がICレコーダーに録音していることを知ると、あきらめたようにぐちゃぐちゃと署名をした。

私は現在独り身であるが、もちろんネコとともにいる。

おそらくこれを読んで私に好意的気持ちを抱く人は少ないと思う。それは私が完全に自己完結しているからだと自分でも思う。私は折り紙付き障碍者で、精神疾患を抱えているが、誰にも頼りたくないと思っているし、私が求めているものは、他人に求めるにはあまりにも重たいものだという自覚がある。

私はネコ暮らしている。ネコは私がいなくてもおそらく生きていけるだろうが、私はこのネコがいないと生きていけない。ネコは私の話を聞いて頭をなでてくれるわけでも、そっと抱きしめてくれるわけでもないし、「つらかったね」とかそういうことを言ってくれたりもしない。ただ生きていて、日向ぼっこをして、昼寝をして、ノートPCに向かう私の邪魔チョコチョコとしてくるだけだ。

でもそんな存在を私は心から愛し、どの人間よりも深い信頼を抱いている。

誰にも愛されない、だれも愛すことができないと思い、絶望している、私と似たような境遇の人がいるとしたら、まずネコを拾うことを強くお勧めする。

2020-04-13

anond:20200413130811

じゃあできない理由の一番根深問題である

つの事故も許さな日本人の風潮ぶっ壊してくれよ

それができたら考えてやる

2020-04-05

何かと理由つけて支援したくないのが本音

今は風俗であろうとキャバであろうと緊急時であるから支援すべきなんだけどね。

多分この官庁人達はこのコロナ禍で潰れてほしいと言うのが本音なんだと思う。

こう言う屁理屈を言って支援しないのは氷山の一角であのマスクが早々と決定したとき経済支援すら見送りになった現状を見ればどういう事か判るからね。

ある意味では上記のは炭鉱カナリアと言うべきかもしれないね

そりゃ今の中小企業イベント企業支援すら見送りにしているのだから、こういう対応を省庁がするのは当たり前だよ。

でもね、日本所属する日本企業業界日本国民であるのならば支援すべきなのが今なのだよ。

緊急事態ってそういう事だからな。

それと普段綺麗事ばかり言って今も言っていて肝心な対策支援をしないと言うのは後々にそれを見放す様な事を言っていた当人達にも返ってくる事なのだけどねぇ。

恨みって根深いからな。

何にしろ経済って企業国民ありきの代物なのをお上の人は判っていない人多いなと思う。

しかし今後恐らく企業ぶっ潰れまくり日本自体悲惨な事になるんじゃないかな?

今回は普通にそういうルートを取ったからしゃーない。

きっとこのコロナ禍で健全(笑)社会とやらがやってくるのでしょう。

今後日本国内の倒産やらなんやらで経済活動壊滅するって事だけどなw

しかしサポちゃんマスクばかり効果があるとか擁護しているけど、そういう事じゃなくてやる事しないでこう言うどうでも良い事ばかり早々と決めたか非難されている事を理解した方が良いと思うけどねぇ。

ぶっちゃけすることしてのマスク配布だったなら誰も文句ここまで言わんでしょw

しか野党本来言うべき事を与党の若手が一番言って行動しているのがマジで皮肉のものだと思うよね。

こう言うのを見ても今回のサポちゃん擁護は色々的外れな点が多いなと思ったりする。

赤木智弘氏「不要不急の外出最高。不要不急の外出しようぜ!」

https://togetter.com/li/1488030

その左かリベラル人達人達でこんな事言っているのだからマジで空気読めていないよね。

そりゃ一般人から見放されるのは当然だよ。

まだ10万円一律撒いて引きこもれるようにしろとか言う方が遥かにマシw

2020-04-02

"マスク2枚"から感じる根深問題

1住所当たり2枚の布マスクを配布の方針 安倍首相

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012362911000.html

新型コロナウィルスについて、本日発表されたこマスク2枚を全世帯に配布する政府の決定について、ほとんど日本国民が納得いかない対応だったと思う。なぜ納得行かない理由については各記事SNS投稿などにたくさん書かれているのでここでは省くことにする。

ここで書きたいのはなぜそのような決定がなされてしまったのかということについて、私の思ったことを書いていきたいと思う。

まず、この決定に至るまで多数の案があり、多数の有識者が関わり、決して適当ではなく真剣議論した結果、今回の決定になったと考えている。そのようなプロセスを踏んだにも関わらずなぜこのような結果になったか。それは一言でいうとリーダーシップの欠如だと思う。

安倍首相リーダーシップが欠如しているといえばそれまでだが、問題はそれだけでは収まらないと思う。国民感情としては困っている人たちにできるだけ現金の形で国から保証が出ることを望んでいるはずだ。例えばヨーロッパ諸国は今回の影響により給料をもらえなかった人たちに直接現金給付する形になっている。一方、アメリカは一律で国民現金給付される形になっている。

ただ、それらの決定を下すには国の予算が足りるのか、公平性は保たれるのか、お金給付する基準をどう設けるのかなど、ありとあらゆる問題が降ってくる。とても1,2週間程度で結論が出せるものではなく、先に意思決定をしてしま必要がある。ヨーロッパ諸国アメリカはその意思決定を先にしてしまい、その後に具体的にどうするかの対策を練るのだと予想している。

問題なのは日本がこの意思決定ができないことだと思う。どうしてもでてきた案の問題点を先に考えてしまい、意思決定ができない、もしくは意思決定が大幅に遅れてしまうのだ。今回ヨーロッパアメリカが行ったような意思決定ができなかったのがこれが原因だと思っている。また、日本人は同調性を大事にするので、一人のリーダーシップを持った意見よりみんなが納得できる意見のほうが大事という側面もある。

このようなことから、実際に実現可能な案、かつ感染拡大を抑える目的意見が集中し、国民が望んでいるが実現が難しい案が無視され、結果としてマスク2枚になったと考えている。

今回の結果として政府国民の信頼を失い、自分たちの首を締める形になった。意思決定に関わった人の中にはこのような結果になると予想した人もいると思う。ただ、大多数の意見により今回の決定になったため、角を立てることができなかったのだと思う。

上記の通り、結局は今回の決定も、今日本が抱えているリーダーシップの欠如に起因するものだと思っている。世界トップ企業が生まれないのもこのリーダーシップの欠如だと随分前から言われてる気がする。教育観点からこの部分を変えていかない今回のような有事の際に大きなリスクを負ってしまうことになる。

ただ、同調性というは良い面もあり、犯罪が少ないことや、時間をかけてクオリティの高いものを生み出す力やプラスに働くこともある。

今回のマスク2枚事件を教訓に日本がより良い方向に向かってくれることを願っています

2020-03-25

anond:20200325211013

今までの仕組みが一度壊れると二度とできないとかいコミケ真理教とか

意外と根深問題があるが、これもたぶんみんなまとめてガラガラポンになりそうな。

2020-03-18

anond:20200318172401

掃除しないのはめんどくさがりなだけな可能性もあるが、小物入れを食器にしちゃうのは根深問題な気がする

2020-03-09

半地下の家族面白かった

登場人物全員、善人ではないけど根っからの悪というわけでもなく、それでいてあれだけ断絶してる所に問題根深さが表現されていた。

分かりやす悪人であったなら、もっと救いがあったのだろう。

相手が悪ではないと分かっていても、どうしても許しておけない事もある。

それでいて、そこまで根深問題であっても、思い返してみれば金さえあれば何も起こらずに済んだ事であったのも救いが無い。

2020-03-08

2020年国際女性デーにあたり(大河原雅子先生より)

 国際女性デーにあたり、立憲民主党は、全世界女性たちや活動する市民とともに、性に基づく差別暴力を根絶し、誰もが生きやすジェンダー平等社会の実現を目指して邁進することを、ここに宣言します。


 昨年12月に発表された世界経済フォーラム(WEF)のグローバルジェンダーギャップ指数では、日本は153カ国中121位となり過去最低を更新しました。先進国首脳会議G7)の中では最下位という大変恥ずかしい結果です。

 学校職場、家庭でも、日本社会にはまだまだ根深い性による差別があります。残念ながら、その現実に気がつかないばかりか、現実から目をそらし、あるいはそれを否定しようとする圧力であることを私たちは知っています。これが日本現実であり、この間の政治の無策を正す責任役割自覚して活動を進めます

 立憲民主党は、パリテ(男女半々の議会)を実現するために女性政治進出の具体的な障壁を取り除く仕組みを強化します。また、選択夫婦別姓制度の実現、性暴力被害者支援法制化、性暴力被害者の声に応えられる刑法改正DV防止法の改正等を着実に進めていきます立憲民主党は、党綱領にも掲げた「性別を問わずその個性能力を十分に発揮することができるジェンダー平等確立する」ことを実現してまいります

2020-02-26

種族レビュアーズのホモソワチャワチャに対応するもの

http://adenoi-today.hatenablog.com/entry/2020/01/30/015313

この漫画におけるキャラクター魅力を支える「エロで繋がる男友達関係性」という要素は、現代的なポリティカリル・コレクトネスに照らし合わせると非常によろしくない要素なのである

そもそも「女体に点数を付ける」というコンセプトの漫画に今更何を言っているのか、という話では当然あるのだが、このようなホモソーシャル男性コミュニティ面白おかしく描くことと、それがエンタメとして受容されている現状自体の方が、実は明示的に分かりやす不道徳要素よりも、ジェンダーフェミニズム論的に、より根深く重大な問題が潜んでいると個人的には思う。

種族レビュアーズは「金を払う側であり女体に点数をつける側である俺たち」というホモソワチャワチャ。

女性客に点数をつけられて金をもらう俺たち」というホモソワチャワチャがジャニーズホスト

ホモソワチャワチャ要素を求めない女性ファンは一人で配信する男性YouTuberやキャス主につく。

単体男性では満足できず、ジャニーズ男性声優コラボラジオなど、男性グループであることを必須要素として求める女性結構な数いる)にとっては、

ホモソワチャワチャ性こそがコンテンツ消費のツボになっている。

点数をつける側のホモソワチャワチャは、その男性の容姿シンプルに悪い・言動シンプルに上からでムカつくということもあるけれど、

点数をつけられる労働者サイドのホモソワチャワチャは、「女性受けする容姿言動の追及ゲームがワチャに組み込まれている」ので、

ストレスフリーホモソワチャワチャを消費できる。

ホモソを叩く女性ジェンダー論者は多いが、女性が金を払う対象となるホモ集団は、女性に快を与えていることを忘れるなよと思う。

軍・警察ヤクザものなど、金を払う側でなくもらう側のホモソワチャワチャ、女性消費者はそういうのが大好きだろうが。

anond:20200226082243

わかりすぎるけど

ブクマカ見ている限りだともっと根深問題に思う

パレード法則的な(根本的に働く気がない)

2020-02-17

私たち不快感を表明してるだけで規制なんて考えてない!」

2020-02-16

パラサイトオブジェクト指向で考える

偶然できた時間を利用してパラサイトを観た。

噂に違わず、そして期待に応える素晴らしい映画だった。その素晴らしさの仕組みを読み解きたい。

システム屋なので、オブジェクト指向で読み解いていく。

ドメインは2つ。ソン・ガンホ演じる父の無職一家とイ・ソンギョン演じる事業家の裕福な家庭の2つ。

クラス図は、裕福な一家の方はシンプルで父・母・娘・息子である無職一家の方は少し複雑になる。

同じ父・母・娘・息子と構成は同じだが、それぞれが偽のロールを実装し元の素性を隠蔽している。

作品というアプリケーションの中で、この2つのドメイン間でのメッセージのやりとりでストーリー駆動していく。

メッセージの発生は基本的イベントリブンになっている。

最初イベントはチェ・ウシク演じる無職の息子が友人の代理として、裕福な家庭へ家庭教師面接を受けにいくところから始まる。すでにこの時点で偽のロールとして継承している。そして、以降芋づる式に無職一家は裕福な家庭に偽のロールを継承しながら組み込まれいてる。いわゆる密結合である。密結合はいろいろと良くないことが起こる。そして映画でも良くないイベントが起こる。

あとは、映画を観てもらうとして、基本的には密結合した2つのドメイン間でのイベントが発火するごとにインシデントが発生しシステムダウンに向かうストーリー見立てる。

という感じでシンプル構造を解析すると、映画の中での重要ガジェットに気づく。

それは「臭(にお)い」である

無職一家のそれぞれの元クラスさらに親クラス貧困層実装されている臭いは偽のロールにも引き継がれ、ところどころでメッセージとして出現する。ただし、出現するだけでイベントは発生しないようにみえる。

そこがこの作品の1つの重要設計要素になっていて面白い

言葉や行動など偽のロールで実装した可視化されたメッセージと、根源クラスにある非可視臭いメッセージのやりとり。臭い隠蔽できなかった時点でシステムとして破綻は目に見えてた。

ここで、構造をもう一段掘り下げる。

無職一家の父・母・娘・息子というクラス自体映画でのロールという偽物である

まり俳優のものオブジェクトがあって役になり、作品の中で偽物を演じるという3段階の構造になっている。

そして、俳優生活のもの貧困一家のような生活ではない。

多重継承である

偽の家庭教師を演じている無職息子と、それを演じている俳優

多重継承は常に複雑度を増し、予測もしなかったような振る舞いをする時がある。

それがこの作品本質と思ってる。

まり作品だけを見ると貧困層富裕層悲喜劇に見えるが、それ自体富裕層の遊びになっているのでは?という視点で、実際少なくないレビューがそれを指摘している。いわく、本当の韓国貧困を描いてない等の指摘である

言いたいことはとても分かる。

監督ポン・ジュノの経歴を見ても、普通に大学に行って映画アカデミーに再入学小説家祖父もつという貧困とはあまり近くない。

社会問題を描くとき当事者でないと本質を描けないのかという問題は本当に根深い。

極論すれば、殺人テーマにするならば人を殺さないといけなくなってしまう。

そして、されに言ってしまえば、当事者自分たち問題作品化する能力があるかどうかという問題と、そういった作品果たして当事者たちが触れる機会があるかどうかという話になる。

そこまで行くとすべてがゲームになる。

ある社会問題に対して、インテリ作品をつくり富裕層ではないけれど貧困層でもない聴衆が消費し、何とかしないといけないねと言いながら何もしないといういつものパターンである

パラサイトもそういったアンチパターンの一つかどうかは今の時点では分からない。

パラサイトノンフィクションではない。とても上手く設計されたフィクションになっていて、アカデミー作品賞が贈られたことにも疑問の余地がない。

ポン・ジュノ監督スピーチで言った

もっと個人的なことが、もっとクリエイティブだ」

という言葉。この個人的なこととは何か?

作品から観客へ送信されたメッセージ、それが何か。

ゲームで終わらせてはいけない。

2020-02-10

anond:20200210114146

バブルのころは日本トレンディードラマタイに輸出されて、タイ人は日本人が美男美女だと思ってたらしいけど、これだけ情報流通してる世の中でいまだに白人コンプゴロゴロいるのが根深いね

「俺ドイツ留学してたけど白人日本人より美しいよ!」とか言ってる人も見たことあるけど、認知のゆがみってすごいよね。

2020-01-26

anond:20200126113926

いるか根深問題なんだよな

逆に女もいる

何も持てずタコ部屋に詰められて公共事業をなさねばならなかった時代

身体を売らねば生活できなかった時代

とっくの昔に終わっているのだけどな

ご先祖さまや他に選択がなくそ地域の礎にならずを得なかった人たちが気の毒やで

なんで選択肢があるのに自ら捨てるのだといいたくもなるだろうと思う

2020-01-24

anond:20200124030109

その友達はすでにインセル入っちゃった感じするなあ

老若男女、自分客観視できなすぎる人は根深呪詛を唱えて世界呪いながら死んでいくよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん