「武士」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 武士とは

2018-06-14

金太郎はザコ

子供時代は山姥の母や熊でお馬稽古等々スター性があるキャラをしているが、最終地点が武士の部下って尻すぼみもいいとこだ。

しか源頼光四天王の一人って、せめて天下人の一の部下くらいにはなれやザコが。

2018-06-11

anond:20180611163748

犯人は弱くて卑怯であってほしいって格闘経験者らの願望のせいで

現実に即した対策を作りにくくなる

犯罪は訓練のように事前予告の後に実施されない

アンパンマンカバさんの村の絵にかいたような平和空気の中でビックバンのように突然はじまる

よほど気合の入った武士でもなければ突然の展開に心の切り替えが追いつかない

anond:20180611090259

今読んでる鬼ゆり峠は女と駆け落ちして捕まった人気女形と親の敵討ちに来た少年武士が陵辱されてるよ、百合姉弟もありエロクオリティは高い

でもこの作者には珍しくグロリョナ要素が強くて、フェラアナル快楽責め地獄からのいった瞬間に性器を切り落として処刑展開が人を選ぶ

女は性器をえぐり取られて処刑

2018-06-10

anond:20180610023546

そういった古典芸能庇護者がいなくなったから消えた・より優れた(時代に合ったもの)が現れたから消えただけでしょ。狂言も元々は大衆芸能だったけど歌舞伎に取って代わられ、その後庇護者だった武士階級がいなくなって衰退したわけで。今の映像文化だってやがて取って代わられるでしょうよ。

2018-06-06

中高年に憧れたい

いま40オーバー中高年たち、還元概念が薄い人が多いような気がする


自分たち若いとき飲み会でおごってもらいながら、立場が上になるとしれっと割り勘にしてたり、

業績が上向いても若手の賃金は据え置きだったり、医療費負担してもらえるからって病院行きまくったり、

若者特攻させて炎上してもケツ持ってくれなかったり、

利益自分たちの懐だけにおさめて、ニヤニヤしてる感じの、セコいというか器の小さい人を見るのが多いんだよな


電車で切れて話題になるのも中高年だし、

行き過ぎた全体主義反動で一代的な個人主義に走ってしまうのかな


自分たちさえよければそれで良しというのもいいんだけど、

色んなところでそれが蔓延しきってしまっていて、もう未来の閉塞感がすごい

そういう人を見かけるとダサすぎて悲しくなるよ

近い将来おれもおっさんになるんだけどさ、こうありたくねーなと思ってしま

いろいろ大変なのもわかるんだけどさ


なんつーかもう少しだけ未来投資というかさ、還元できないのかな

そりゃ自分大事から既得権益を守りたくなるのもわかるんだけど、

もうちょっとさ、これから生きてゆくやつらのことを考えられないか


もちろんそういう中高年もいっぱいいるんだけどさ、そうじゃない人が多すぎて

このままだとマジでやばい空気になってく感じがするんだよな


武士は食わねど高楊枝って感じに凛々しくさ、

変なプライドはいらないんだけど、かっこよく粋でいてほしいよな

2018-05-21

anond:20180521123910

モチーフ新撰組は、

多摩田舎者武士に憧れて上京してきて、幕府の手先として犯罪者をぶっ殺しまくったけど、

明治維新幕府が倒れて、それに殉じて死んでいった、という感じの人たち。

維新志士は「日本を変える」ことを考えていたけど、

新撰組は「既存体制のもとで成り上がる」ことしか考えてなかった。

鉄華団も序盤から「より強い存在の下につく」ことで成り上がっていった。

最初はCGS、次にテイワズ、蒔苗、そしてマクギリス。

「この道しかない」と突き進んでいくんだけど、他の道はいくらでもあった。

悪く言えば自分たちで考える頭がないんだよ、鉄華団には。

からずっと無知・無教養が強調されてるわけ。

「急に頭が悪くなった」みたいなこと言われてるけど「元からだよ」としか言いようがない。

明治維新では、天皇(=アグニカ)を手中に収めた新政府軍(=マクギリスの革命軍)が、その権威でもって幕府勝利する。

錦の御旗 - Wikipedia

バエルは錦の御旗だって劇中でも言われていたけど、比喩でなく「錦の御旗」を踏まえているわけで、

「バエルを引っ張りだせば従うはず」にはそれなりに説得力があるんだよね。

なんてったって史実では通用しちゃったんだし。

実際、ラスタル以外のセブンスターズ大人しかったわけだし。

それにバエル=錦の御旗だって分かれば、「バエルには何の能力もない」ほうがむしろ自然だと思えてくる。

ただの権威象徴なんだよね。

その後、オルフェンズは史実から分岐していく。

新撰組と違って、ギャラルホルン(=幕府)には義理のない鉄華団は、

若手将校を率いてクーデターを起こすマクギリス(=維新志士)と手を組む。

そしてマクギリスも、実際の維新志士とは違って、革命なんてどうでもよかった。

マクギリスの策謀はすべてバエルを手に入れるためのもので、それ以降のことなんて考えていなかった。

かくして、優秀な鉄華団とマクギリスが、腐ったギャラルホルンを倒して理想社会を築くという物語にはならなかった。

はいえ、ギャラルホルン肯定されたのかと言えばそういうわけでもない。

ギャラルホルンの緩やかな改革を成し遂げたラスタル高潔人物ではなく、

革命乙女となったクーデリアも聖女のままではいられなかった

そこに「何が正しいか」という意味でのテーマはない。

オルフェンズはただの歴史だ。

若者たちはいかにして敗れたか」を描いただけにすぎない。

2018-05-19

現代切腹リストカット

武士人口が8パー程度だったそうだから、ちょうど夏場に半そでの時期に手首を隠してる人の割合と一致する

2018-05-18

anond:20180517162500

室町時代の正長の土一揆や嘉吉の土一揆などの、成功した土一揆を見れば、

体制側に混乱がある状態で、戦慣れした人員を迎え入れつつ、数万人規模を動員できれば勝てる可能性があることが分かる。

ただ、そもそも一揆というものは、

一揆いっき)とは、日本において何らかの理由により心を共にした共同体が心と行動を一つにして目的を達成しようとすること

とあるように、かなり幅広い意味を含む言葉である

元増田が言うような、江戸時代の「百姓一揆」などは、確かに農民が中心だが、それにも様々な形態があり、

村長や村役人農民たちを指揮して領主圧政を訴えるものもあれば、

領主とつるんでいる村長や村役人農民たちが襲うものもあった。

また、その手段も、代官のところに押しかけて直訴するだけだったり、

逃散したり、酒屋や土倉を襲ったりと、バリエーションがあったわけで、

農民武器を持って武士と戦うだけが一揆ではないのである

2018-05-17

一揆体制側に勝つには何倍の戦力が必要か?

剣道三倍段と言うが、槍や薙刀を持つ相手に剣で挑む場合には3倍の段が必要というのは誰でも知っていると思う(本当にそうなのか知らんが)。

一方、昔ファミコンで「いっき」という百姓一揆テーマにしたゲームがあり、1人の百姓操作して体制領主)側に蜂起して進んでいくというものだ。

あの時は「1人で一揆なんで無理」と思ってプレイしたものだが、

最近ふと感じたのは、

「実際の江戸時代一揆では、刀で武装した武士集団に桑や鎌で挑む百姓は、何倍いれば勝てたのだろうか?」

というものだ。

もちろん、体制側は戦う前に分断工作や懐柔策をするだろうし、戦ったとしても弓矢もある上に軍師のような存在もあるため、正面から全面攻撃し合う事はないんだが、仮にマトモにぶつかりあったらどうだったんだろう?


=====追記 2018/05/18 =====

皆さん、ブコメ含めて色々意見ありがとう

というわけで、まとめてみた。

まず、

等の前提の話もあるが、オレとしては「仮にマトモにぶつかれば」という仮定に基づいた話なので、これらは省かせてもらう事にした。

一方、質問意図通り全面戦争になった場合には以下の要因によって戦況が変わるという。

  • 装備以上に騎馬のような機動力通信手段が違うので、話にならない
  • 武器で言えば、鎌を浴びせたり猟銃を使ったりと”飛び道具”が使えれば結構イケるかも
  • 双方の士気にも左右される
  • 体制側が混乱していれば案外簡単に落とせることも

なお、以下のような参考意見も頂いたので、この後は自分で調べてみたいと思った。

2018-05-14

一揆という非対称PVPバトルロワイヤルゲームを作りたい。

ゲーム参加時に、武士農民かに割り振られる。

フィールドは城を中心に城下町街道集落森林街道などに分けられる。

武士は30人ほどでランダムに割り振られる城下町の自宅からスタート城下町に発生する武器を集める。城に入ると強い武器が多いがその分農民ラインを上げられてしまう。

農民は70人ほどでランダムに割り振られる城下町の外にある集落からスタート集落に落ちている農具を集める。

武器は刀、短刀、槍、薙刀、弓、鎌、手斧、棒、素手などに分けられ、武器によって戦闘アクションが異なる。

武士側の勝利条件は農民の全滅。

農民側の勝利条件は城下町に隠れている殿様(NPC)の発見

殿様は城からスタートして、城下町ランダムで移動する。

時間が経過すると、エリアの外側からNPC敵国兵士が攻めてくる。無敵ではないが装備が硬いために武器と体力を消耗させながら抜けることが可能だが、エリアが狭まるに連れて敵兵士密度が高くなり抜けることが困難になる。

敵国兵士は、武士農民関係なく攻撃を加える。

敵国兵士内通者がいるために殿様がどこに逃げたかを知っている。そのため、ランダムに逃げ続ける殿様を中心に少しずつエリアが狭くなっていく。

敵国兵士武士農民とも全滅させられてしまった場合は、勝者なしの状態ゲーム終了。

殿様は目視できるために武士側が意図的に守りを強めることが可能だが、武士が多いことで発見が容易になる危険性がある。

勝利したときの残った人数が多ければ多いほど、個人に割り振られる報酬が高くなる。個人戦でありながらチーム戦の側面が強い。

得られた報酬に応じて戦闘力に関係のない基本衣装を購入できる。衣装によってプレイヤー熟練度がある程度推測可能

プレイヤー間は誰彼問わず戦闘することができて、相手から武器を奪うことができる。しかし、味方の人数を減らすとそれだけ勝負が不利になり勝利時の報酬が減ることになる。

武器は何かにヒットするたびに耐久度が減る。所持品には重量の制限があり、武器を取捨選択しながら戦闘する必要がある。

武器の発生状況や相手の装備状況に応じてPKを行うか協力して戦うかの選択必要になる。

味方同士同盟を結ぶことができて、同盟を結ぶと味方の位置が把握できるようになり同盟を組むとボイスチャット有効になる。

また、ライフが0になったとき同盟を結んだ誰かがいればダウン状態になり、味方が数秒間タッチすることで復帰できるようになる。

ただし、同名の最大人数は4人。4人が同時にダウンすると全員その場で死んでしまう。

もとから同盟を組むんだ状態スタートできるスカッド戦もある。

城の見張り台から矢部隊が城下町特定エリアに弓を大量に放つイベントが定期的に発生する。その間は屋外にでると即死の矢を食らってしま可能性がある。

石川五右衛門による物資供給が定期的に行われる。大きな声を発しながら場内の屋根を駆け巡り、物資設置後はフィールドの大半から目視できる高さの狼煙が上がる。

武士は少ない人数で殿様の探索と防御が必要になるために同盟を組んでも近い位置で行動がし辛い。

農民は装備が弱くなりやすいが固まって行動することで強い武士相手に戦うことができる。また、人数が多いために殿様の発見率も高い。

自分のことばかり考えて強い装備が欲しいためにPKを続けるとチーム全体の戦闘力が下がり、かと言って人に甘えてばかりで装備を疎かにしてもチームの戦闘力が下がる。

その辺の違いを考慮した戦略を組みつつ、チームプレイ個人プレイかを考える部分が醍醐味

武士農民だけで考えると日本特化なシステムだけど、貴族平民による下剋上世界中で起こり得る内容なので、スキンを変えれば世界中転用できるシステム

コーエイテクモあたりがモデルアクションノウハウもしっかり持ってそうだけど、誰か作ってくれないかな。割と本気で。

2018-05-08

anond:20180508161137

個人的には海だったところを埋め立てしまくって巨大な江戸の街ができていくところをリアルタイムで目撃していた1600年代に生きた江戸武士農民らのほうが貴重と思うし時代目撃者としての証言が聞きたい。

2018-05-03

anond:20180503095730

J-CASTなんて、Yahooニュースと同様、情報リテラシーの低い人間しか見ないサイトだよ。そんなの相手に何言ってるんだか。

世間的には芸能ニュースなんかに興味持ってる時点で同じ穴のムジナ、低俗人間と見られてるよ。

増田経済テクノロジー系のWebメディアや濃いブログを好んで読むようなエスタブリッシュメント層に(心意気だけでも)なろうぜ。

武士は食わねど高楊枝じゃないけどさ。

クズな人たちが別のクズな人たちを叩く世界に浸かってると、自分思考も染まってしまうし低みから抜け出せなくなるしで何もいいことないよ。

ってそれはてな匿名ダイアリーもやんけ!

2018-04-26

anond:20180426105641

人間の性欲は文化の影響を強く受けるものなので

昔の武士間では衆道が嗜みだったんだから現代の男も全員男相手セックス出来て当たり前、とはならないのと一緒

2018-04-24

anond:20180424214110

大学カウンセリングは非常にたちが悪い。

偏見で申し上げると、あれは学内問題というかいざこざを事前に察知し、もみ消すための施設だ。

教授とうまく行っていないんです、ハラスメントじゃないでしょうか、という旨の相談をすると、それが教授に筒抜けになって翌日から教授に虐められるようなことが当たり前に起こる。

あるいは問題を抱えた学生リストアップして教授会で晒し上げるような非道を平気な顔で遂行するスパイみたいなやつらだ。

カンセリングと称して学生だまし討ちにするような、言語に絶するとんでもなく悪質な組織なのだ

そなたの苦しみはよく分かる。信じて裏切られるのは悲しいことだ。カウンセラー所業としては決して許されるものではない。だから今度はまともな病院にかかろう。

そなたが生きづらいとしても、そなたは悪くないぞ。そなたの存在は、かつて人類が生き残りをかけて獲得した形質の巡り合わせなのだ幕府が潰えた後の侍の寂寥は、武士たちの責任によるものではなかった。その事を忘れてはいけない。

今日風呂に入って、清涼飲料水を飲んで、よく眠ろう。

2018-04-20

anond:20180420122332

1クールずつくらいで時代変わって一年がかりで日本史やるようなのが見てみたい。主役がどんどん変わっていくの。

第1クール大化の改新奥州藤原氏滅亡(藤原氏歴史に焦点をあてる。必然的平将門平清盛源義経源頼朝も出てくる)

第2クール元寇建武の新政鎌倉幕府に焦点をあてる。必然的北条時宗足利尊氏後醍醐天皇も出てくる)

第3クール南北朝時代〜豊臣家滅亡(戦国武将に焦点をあてる。必然的戦国オールスター

第4クール黒船襲来〜西南戦争徳川幕府終焉武士の滅亡に焦点をあてる。必然的幕末オールスター

2018-04-16

anond:20180416140333

セブンくるみ入りミニ食パンを買うのです

おいしくてもちもちです

レーズンももちもち

ローソンには教えてあげましょう

武士の情けです

2018-04-02

将棋の戦型の勝手イメージ

居飛車日本武士同士の戦い。

特に相掛かりは正統派武士の戦い。

居飛車戦はカッコいい。

でも自分で指すには怖すぎる。

振り飛車海外猛者。

四間飛車大剣

中飛車は大斧。

三間飛車は大槍。

かい飛車サーベル

特に振り飛車穴熊妖刀使い。

使いこなせる人は限られている。

2018-03-31

anond:20180331094515

東大講師エリート職をみずから捨てて、貧乏な親類にさんざんたかられ、妻とは関係が険悪だったのにも関わらず、離縁はせず子供らも見捨てなかった(島崎藤村貧困生活子供を死なせてる)。

漱石武士の家柄ではなかったから(名主だけど町人だろ)、世間体のため離縁ができない身分だったとはあんまり思えない。あの性格(懐手して引きこもり願望)で妻子を最後まで養っただけで偉い、十分偉い。

あと、ひらがな文字タイトル元祖は『それから』な! けいおんらきすたみなみけゆるゆりもどげせんも全部漱石パクリじゃ(タイトルだけ)

2018-03-30

[]

日車の下にいたので、Fを投。

うごものは獲物と勘違いするのか??

興味を示していた。

店の近くの路上にも発見

投げつけようと思ったが

2個入れていたはずなのに、入ってなかった。

この体は、すばしっこいので、気に食わない。

先程 2個やっちゃったんかも。

ある朝、2ケ程目撃したが、毛割れしているような気がした。

もう1つについてもエネルギが低下しているような気がした。

被害状況

今週は糞尿被害がない。糞の寸法も今春は概ね小さめだ。

昨年なんてなんだかぶっとくて長い糞だったけど、腎臓に来ると

糞が出にくくなるとかあるのかな?だと良いけどね。

 職場から寄り道して帰宅したときのこと

個体発見された

ので条件反射的にFを投下してしまった。

当家被害をもたらす要因にはなりえないことに気づき

Fを回収しようと、目標に近づいたが、そいつ

逃げ出すこともなく、のんびり!!人馴れしている個体体か?

こんなの初めてだ。

あと上から目線を好む体を発見。あそこの高い塀が巡回コースなの

だろうと推察。塀は割と当家から近い場所なので、あれを叩いておく

ことは、作戦的にも有効であろう。塀の上に配膳すると、

著効しそうだ。

人間でも上から目線は悪印象なのに、害〇のごときに見下ろされるなど、

( ^ω^)・・・

武士だったら、辱には耐えられず、その場で斬捨てゴメリンコ!

 被害状況

裏側はさておき表の庭における被害は、最近ない。少なくとも

今春に入ってからは皆無。朝出かけようとしたとき異臭に晒されるのは、

まらからな。行く気喪失するわ。踏まないように気を付けて

歩く必要もあるし・・

 朝明るいところでみた白黒は、やっぱり顕著に毛割れ

距離のある所からチラ見してるだけだけど、割毛。

白黒は2つ存在。なぜだろう?コピーペーストか?

2018-03-27

anond:20180327100644

問題の立て方が間違っている。なぜ人を殺してはいけないのか、ではなく「人を殺さなくても済むようになりたい」というのが正しい。

原始の人間社会においては、警察裁判所存在していない世界であり、自分の身は自分で守るしかなかった。

自分自身の家族財産自衛するには、自分身の回りに近づく「敵」を排除しなければならない。

他人=敵を殺さなければ自分自身が生き残ることが出来ないのだから

大昔の人たちは知恵を絞って、なるべく他人を殺さなくても、「誰もが平和に生きることが出来る社会=人を殺してはいけない社会」を作り上げて来たわけ。

その帰結として、人々でお金を出し合って集落を守る自警団組織が生まれた。

日本の歴史をこの視点で読んでみると、いか暴力個人から取り上げて、国家に独占させていくかの歴史とも言えるよね。

農耕の発明集落形成部族統一する神の出現、豪族貴族武士近代国家の出現、軍隊警察核抑止国際連盟国際連合世界政府・・・

anond:20180327100644

国家暴力装置である」と喝破して批判された政治家が昔いたけど、「なぜ人を殺してはいけないのか」を突き詰めて考えてみると、そのことにたどりつく。

現在近代国家においては、一般市民武装することを許されていない(日本欧州諸国の話。アメリカについては例外中の例外)。

暴力武装を独占していいのは国家だけであり、具体的には軍隊警察組織の2者が暴力を独占する。

国家暴力を独占することによって、国家内における治安を維持することが出来るようになる。

よって、一般市民暴力行使してはいけない。つまり、人を殺してはいけないし、人を傷つけてはいけないし、他人の物を盗んではいけない。

暴力行使していいのは、交戦権を持っている軍隊と、刑事訴訟法に基づいて執行する警察組織だけ。

中世日本統一政府が無かったので、各貴族豪族宗教寺院自分武士を雇って武装して、自分の身を自分で守っていた。

昔の東大寺比叡山延暦寺は自前で僧兵を雇って武装していたらしいことが歴史書に書かれている。

暴力行使してはいけない、という考え方は明治維新後の近代国家価値観なので、まだ150年ほどしか経過していない。

もし増田が人を殺したいと思ったら、公務員試験を受けて自衛官警察官防衛出動海上警備行動を発令できる権限のある防衛大臣刑務所刑務官死刑判決を下せる裁判官を目指せばいいのではないか

anond:20180327103725

殺し合いをするのは武士だけだから

というのは明らかに誤りだろ。

最も死ぬ可能性が高い現場兵士たちは農民なんだからさ。

ただ、俺が言っているのは、

戦国時代の(武士の)平均寿命40歳で、江戸時代の(庶民の)平均寿命は30歳だから戦国時代のほうが長生きだった」

というような数字の錯誤があるのではないか、ということだ。

anond:20180327103514

江戸時代武士人口の1割だと思うんだけど、戦国時代も同じ割合だったとしたら、殺し合いをするのは武士だけだから戦乱があろうとなかろうと平均寿命が大幅に変わることはないんじゃないかってこと。

まり武士寿命と全体の寿命混同してるんじゃないかってこと。

anond:20180327102911

ただ、普通に考えて殺し合いをしている戦国時代のほうが平均寿命は低いはず。

戦国時代武士寿命」と「江戸時代庶民寿命」を混在させているのでは?

この辺りkwsk

anond:20180327101937

まず江戸時代人口の増加がなかったというのは否定できるな。

江戸時代の日本の人口統計 - Wikipedia

複数研究者による1600年~1750年の日本推定人口

西暦社会工学研究所(1974年)McEvedy & Jones(1978年)鬼頭宏(1996年)Biraben(1993, 2005年)Farris(2006年)藤野正三郎(2008年)
1600年12,273,00022,000,00012,273,00012,000,00015,000,000–17,000,00019,370,000
1650年17,497,90025,000,00017,497,90023,650,000
1700年28,287,20029,000,00028,287,20028,000,00028,880,000
1721年31,277,90031,278,500 30,496,90031,300,00031,280,000
1750年31,005,90029,000,00031,010,80030,323,90031,100,000

おそらく、同記事の「江戸時代の全国人調査」のところにあるような、

江戸後期の人口推移のみを見て、「人口に変動がない」と言っているのでは?

戦国時代平均寿命のほうはググっても出てこない。

まあ、宗門改帳がある江戸時代でも平均寿命推定は困難なんだから戦国時代はなおさらだろうが。

ただ、普通に考えて殺し合いをしている戦国時代のほうが平均寿命は低いはず。

たとえば「戦国時代武士寿命」と「江戸時代庶民寿命」を混在させているのでは?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん