「面談」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 面談とは

2018-02-18

駿台市谷校舎と河合塾麹町校どちらに通うべきか?

医学部専門校舎とそれ以外の校舎の違い

麹町の某講師が仰ることには、こういった医学部校舎より小さい校舎の方が合格率が良いとのこと。

また、医学部校舎は多浪がかなり多いです。言い訳に聞こえるかもしれませんが自分は多浪するのは当たり前な気持ちになり普通に多浪してしまいました。(現実には難関大学は現役一浪ほとんど)

こういった校舎はできる人は確かにたくさんいますができない人もたくさんいます

現役で受かってもおかしくないような学力ある人には地方校舎じゃ刺激が足りないかもしれないです。

逆に現役で箸にも棒にもかからなかった学力の人は時間かけて市ヶ谷に来るより近場の校舎の方がおすすめできます医学部校舎は割と放任的です。

◯寮について

どちらも寮費は結構するせいか私立医学部受ける人が多いということを頭に入れておくといいと思います。実際の人数までは把握してませんがどちらも男子寮合格率が良くて女子寮は良くない印象があります

クラス分け、コースについて

駿台市谷校舎

ハイレベル公立医系

100人も余裕で届かない人数。スーパーより認定基準が低いがぶっちゃけ認定試験受ければスーパー認定取りやすいのでSF下位とハイレベル下位は似たり寄ったりであるクラス内の学力差が大きい。下はマーチにも余裕で引っかからない(SF下位同様)がクラス全体として見るとSFより医学部に受かる印象。

スーパー公立医系

土曜日に演習するかセンター演習するか何もないかのチョイスができるがそれぞれでクラス別になるわけでなく学力順に上からSA SB SC SD SE SFの6クラスある。前期は4月プレースメントテスト(英語数学国語)によって分けられ、後期は前期の間に受けた模試の素点の合計(国語が入ることに注意)によって分けられる。

講師の質は年度によるが大まかに言ってSASB>SC>SD>>>>>SE>>SF

SD以上に入りたいところだろう。市谷校舎に講師の質は一番良いところだと言える。

SA鉄緑出身者が多く一番騒がしい説がある。

河合塾麹町

駿台は入ってから分けるのに対し河合塾は入る時に分かれるイメージ

ハイレベル公立大医進コース

人数少ない。自分の知ってる人はことごとく私立薬学部歯学部に行きましたが中には医学部受かる人もいるらしいです。英語数学無印テキスト

トップレベル公立大医進コース

トップレベルアドバンスサクセスクリニックの英数の成績でクラス分けされます。上のクラスXDハイパーに劣らない学力だとか。慶応医科歯科受かった人何人かいました。

アドバンスは人数が少なめですがそれ以外は多め(と言っても市谷よりはずっと少ない)

英語数学はTテキスト固定。理科サクセスクリニックの成績によりそれぞれ無印かTテキストになる

ハイパー公立医進コース

認定基準が高い。英数Tテキ。理科ハイパー専用のテキストサクセスクリニック受ける必要性はあまりないのかもしれない。数理必修であとは選択制のため安い。規定以上選択たかったら追加料金払えば可能。人数多い。

プレミアム公立医進コース

数学SEG講師でそれ用テキストハイパーと違い全科目必修。人数が少ない。

カリキュラムテキストについて

駿台(スーパー)

理科は通年で全範囲が終わる。A〜Fまで全員同じテキスト(後期の物理はD以下で一部異なる)。

全体的に東大受験対応できるカリキュラムであり(東大コースほとんど使っているテキストが同じ)、文系科目はセンターを超えた内容を含む。

河合塾

ハイパー以外の理科は前期で大体の範囲をやり、後期で難度上げたものに取り組む。

国語センターレベルまで。前期の最初の方とかめちゃくちゃ簡単だったりする。後期は全てテスト演習。

数学は5つあるうちの1つの授業が後期はテスト演習になる。

指定席駿台vs自由席河合塾

自由席自由だけどなんだかんだ座るところが決まってきて固定席になります

指定席は1週間ごとに席替え。隣の人と仲良くなっても席替えして疎遠はよくある。

どちらも予備校アピールしているが個人的には決め手になるようなものではないと思う。

◯50分授業の駿台vs90分授業の河合塾

90分あると文章一つ終わりますが50分だと終わらず週を跨ぐので非効率的に思えました。

数学テキスト

駿台の方が(受験の)基礎ができる前提でできている印象。自習問題結構難易度高いものがある。

河合塾のTテキスト自習問題などで教科書レベルのものまで入っている。よっぽど基礎が危うい人以外はTテキだけで基礎固められると思う。

河合塾チューターvs駿台担任

河合塾の方が良く言えば面倒見が良く、駿台放任的。河合塾の方が強制的面談ぶちこむ。

奨学金

河合塾の方がずっと大盤振る舞いです。駿台には期待しない方がいいです。

◯講習

駿台の講習を受ける河合塾生はよく聞くが逆は聞かない。駿台の方が宣伝が多い。

総括

学費を安くしたい人→河合塾ハイパー

地方公立医学部志望→河合塾トップレベル

すでに学力が高く旧帝大首都圏狙い→駿台スーパー河合塾ハイパー(プレミアム)、トップレベルアドバンス

未履修科目がある→大手予備校の授業では下のコースでも基礎からやるといえ既習前提。頑張ってついていける人はいることにはいるが個別指導宅浪の方が合っているかもしれない。

2018-02-15

転職で感じたこ

富○通…AIとか言っておきながら手書き履歴書を唯一要求してきた。論外。

Accentu○e…募集しておいた業種とはまったく別のところと面談させられた。事前説明も事後フォローもなし。

DENS○…東京近郊勤務を希望していたのに、説明会に行ったら愛知への移住をすすめる冊子がおいてあった。これに関してはR○CRUITの手落ちだろ…と思いつつ、就職後に愛知県飛ばされる不安からNG

結局関東近郊の某社に決めました。エージェントはRECR○ITじゃなくてD○DAにしておけばよかった。@Ty○eは論外。

2018-02-14

転職するときに気にかけるべきこと

オッス!オラ、オッサン

転職活動してみたんだ!

40代前半システムエンジニア

地方年収560万ぐらい。自分地方SEとしては比較的高給取りな方。

妻子あり。部長職。

最近コーディングの機会は減っている。管理職仕事多い。

顧客エンドユーザー)折衝を含む上流工程から保守

チームマネジメントまで日々やってる。

B/S P/Lも読める。

コーディングは好きなのでPaizaランクはAぐらい。

(凄いことはないがヘボでもないぐらいだと思われ)

Paizaではカジュアル面談の誘いが次々来る。

色々と事情があって独り身になって東京で働くのを本気で考えた。

それで転職活動をしてみた。

どちらかといえばベンチャー志向

既に確立された職場部品として働くよりは

会社自体の成長に関わって行きたいと思っていた。

転職活動中に気付いたことは当たり前ではあるのだが

意外に転職活動中の人は見えなくなっているかもしれない。

以前東京で働いていたとき20代後半で今と同じぐらいの年収だった。

東京では400万スタート3年で560万ぐらい。

転職後の希望年収は700万ぐらいに設定してみた。

ベンチャー宣伝文句を書いている募集企業複数)と

少し大きい広告関連の募集企業に話を聞きにいった。

ベンチャー的なところは結構高度なことを要求するが

あなたの実力では600万が限界

「当社CTOより上はないから700万はない」みたいな扱い。

募集要綱には合致してる。想定年収は500万~1000万みたいなことを書いている)

事業が安定してきちんと利益を出している広告関連の企業

「基礎と経験がちゃんとしてるし700万は出せると思う」みたいな扱い。

転職後の年収に影響を与えるのは自分の持っているスキルよりも

就職する企業が儲かっているかの方が大きいという当たり前の結論です。

(歳相応のスキルは持ってることが必要だと思いますけどね)

不動産投資会社の強引な営業が怖い

一月の中頃に、新日本地所という会社で、不動産投資説明面談の予約を一月下旬にした。

その後、その面談には行かなかったのだが、それからというもの次はどの日付で面談をするかという電話が頻繁にかかってくる

そのかかってくる電話の言い方がなんだか高圧的で、あまり気持ちよく話せる気がしなかったので、今回の面談キャンセルさせて欲しい、と相手に伝えた。

すると相手は、『面談を申し込んでおいて、一方的キャンセルできるわけがないだろう、責任を持って面談を受けろ』と言ってきた。

新日本地所はある程度はきちんとした会社だと思っていたけれど、そんなことを言われるなんてほんとうにびっくりした。

電話口にでた相手はかなり感情的で、一方的言葉こちらにぶつけてくる。

こちらは営業マンの貴重な時間を使っているんだ、面談に来ないならば、これまでにかかった費用裁判請求させてもらうぞ。

面談に来ないのならば、こちからそちらの家や会社に行くぞ(面談を予約する段階で、自分の住所や勤め先は伝えてある)と、耳を疑うようなことを次々と言ってきた。

かにも、なんだかこちらを挑発するような幼稚な発言が多くて本当にどうしようもなかった。

あなた名前を教えてもらえるか、と聞いても、なんだかごにょごにょというのでよく聞き取れない。

もっとはっきりと言ってくれというと、名前が聞きたいのであれば、こちから家にいって直接名刺を渡す、といって結局はっきりとした名前電話ではわからなかった。

そちらとは面談をする気も、今後お付き合いをする気もない、と言って電話を切っても、家に行くぞ、会社に行くぞと電話がまた相手からかかってくる。

結局、通話状態で何を話すのをやめたら電話は切れた。

多分、こちらが面談キャンセルしたせいで、その営業マンノルマが達成できなかったので、自分憂さ晴らし電話をしてきたという感じだった。

とりあえず、警察相談して、新日本地所の本部にそんな電話があったという報告の電話だけしておいた。

不動産投資会社って、こんな感じなのだろうか。

もう、今後はそういうのに首を突っ込むのはやめようかな。

2018-02-13

在宅仕事WEB面談服装

なんで在宅仕事でわざわざ面談があるんだ・・・めんどくせぇ

そんで服装だけど部屋着だとまずいのだろうか?

WEB仕事だしさすがにスーツはない。

パーカーくらいカジュアルなのもNG

まぁ部屋着がパーカーなんだが


普段面談なんてわざわざしないからほんとわからん


部屋では部屋着以外着たくない派だからわざわざ外行き用の服着たくなさすぎる

2018-02-10

子持ちの転職について書く

30代半ばにして転職したくなった。

キャリアアップというやつをしたくなった。資格を取ったりして、将来的によりやりがいのある仕事に携われたらいいなと思った。

理由ひとつに、子どもを産み終わったことがある。もうすぐ育休があける。ここから先は長い休暇をもらうことなく働ける。長い目でみたキャリアビジョンを考えていける。

(ここまで読んで、いまの勤め先に長く勤めることを考えるべきだと思う方もいるだろうけど、ちょっとそれは置いておいてほしい。そこに長くいられそうもない理由事情があるのだ。)

幸いなことに保育園は決まっている。

上も下も同じ保育園に通える。

勝手知ったる園で、祖父母の協力も得られる。夫と手分けして家事育児をする仕組みもできている。

でも、転職ものすごく難しい。

いくつかの転職ツールで、いくつかの企業と連絡をとりあい面談面接などをうけた。そこでわたし転職にあたって「壁だ」と思ったのは、

「興味深い求人中小企業以下、ベンチャーなどから多く出ている」

「子持ちを受け入れる体力と制度中小企業以下にはない」

大企業正社員になるには新卒採用しかない」

もう、わかりきってることなんだけど。

資格とかあって転職比較的容易であっても新卒で勤めて保活を乗り切って復帰まで漕ぎ着けたのであれば、転職なんてしないほうがいいのだ。

でなくても、子育てをしながら働ける雇い先を得たなら、子どもが小さいうちは動くべきではないのだ。やりがいを得たい、評価されたい、そんな気持ちがあっても、世の中は子持ちに甘くない。

そもそも新卒で勤めて保活を乗り切って復帰まで漕ぎ着けてもそこはマミトラック一択しかない行き止まりになっている、なんてひともざらにいる。

雇い主は、そんなモチベーションが落ちるような雇い方をして、求める仕事クオリティを得られるんだろうか?

そんなわけでわたし転職はあっという間に頓挫しましたとさ。

ざっとはらい。


以下は余録。だらだらと駄文

リモート勤務

通勤時間

時短勤務

について。

まずリモート勤務。これが可能なら、子育てしながらの勤務の大きな助けになる。

実際にそれを謳っている会社もよくある。でも実際は、職種によるが、おおよそ顔を突き合わせてコミュニケーションをとったほうがよく、リモートはその補助のように扱われている。

オフィスでの話題についていけないみたいなこともありますし」なんて意見もきいた。

要は、リモート作業するよりオフィスで話をし合って作業するほうがより充実した成果が出ると思っている人がいる、実際そうである会社がある、ということだ。

そういう会社リモート勤務は形骸化しているんだろうか。いるんだろうな。

通勤時間

うちのあたりの保育園は朝は7時半から預かってくれ、夜18時半までに迎えに行かなければいけない。つまり保育園を8時に出発して間に合い、仕事が終わってから保育園に18時までに行けるような場所に勤めなればいけない。

前後30分余裕をみているのは、子ども仕事通勤スムーズはいかないからだ。このくらいの余裕がとれないとあっという間に破綻する。

さて、この条件だと

・9時~17時勤務、残業ほぼなし

通勤時間30分前後

くらいしか選択肢がないのがおわかりいただけるだろうか。

選択肢、狭!!!

それでやってみるとわかるんだけど、その狭い選択肢であるところの9時17時勤務で共働きっていうのがまた、ハードだ。

18時にお迎えに行き、18時半になんとか帰宅し、食事を済ませて風呂まで怒涛。寝かしつけ開始がはやくて21時。

1歳児の就寝時間としては遅いのではないかと悩んだのが懐かしい。でも、これ以上はどうしようもない。

時短勤務。

通勤時間子ども生活時間がかなりタイトなる子育て世帯にとって、ありがたいシステム

これって、もともとそれなりに仕事ができる人が出産育児を経て仕事に戻ったとき使うもの、という扱いだと思う。

(だから転職してすぐ時短というのはなんだか図々しいかなと思っている。取れるなら取りたいけど。)

このシステムリモート勤務と同じく「顔を突き合わせる時間の短さ」がネックになることがある。定時をすぎてから本気を出すみたいな、みんなで残業するところからチームワークが産まれるみたいな、そういう会社ばかりの話ではなく。

しかしこれを使うと使わないとでは子どもにかけられる時間が大幅に変わる。子どものことを考えたら、使いたい。でもそれで、戻れぬマミトラックに乗りたくなくて、使っていない人もいる。悩み抜いて使っていないのだ。

……たぶん、わたしバリバリフルタイム正社員には戻らないと思う。

ゆるゆる、自分のペースで家庭と子ども仕事バランスをとっていくことになるはず。

それでもやりたいこと、なりたいことをどこかで諦めずにいたい。

転職がいつかうまくいったらまた書きます

追記

ざっとはらいってなんだ!

どっとはらいだ!

2018-02-09

anond:20180209144003

1月に直接面談した時にメール書類くれって言われてすぐ送ったらこれだよ

プログラマは楽に稼げるぞ

プログラミングはなんとなくできれば大丈夫

あとは客との面談通れば2か月は安泰

ぶっちゃけ椅子に座ってるだけでも1か月はいける

客は必死こいて作ってるけどおれは作り上げる責任はない

客がデスマになろうがなんだろうが意地でも定時に帰る

それだけでフリーなら60万稼げるから

からクレームは来て契約が切れても

他に案件なんかいくらでもあるから

真面目に仕事しないでみんなもプログラマやりなよ

2018-02-07

涙もろいという病気

緊張すると涙が出る。

怒られてるわけじゃないけど、強く言われるとすぐに涙が出てしまう。

そういうのはまとめて「涙腺が弱いやつ」とくくられて、「忍耐が足りない」と思われる。

別に泣いときゃなんとかなるとは思ってないし

いたことで場の雰囲気が悪くなったり、泣かせたことになる相手にも迷惑がかかるのもわかってる。

でも泣きたくなくても涙が出る。

緊張すると涙が出ることで、今まで散々苦労してきた。

まあ泣く自分が悪いんだけど。

中学の時、好感をもっていた同性の先生ですら、向かい合って個人面談するのが苦手で、

お互いに同じ方向を向いて話してもらうようにした。

それでも声は震えていた。

高校受験面接ときも、ずっと声が震えていて、ただの質問なのに泣きそうになった。

緊張くらい誰だってするし、甘いやつだなぁと思うかもしれない。

あと数年で就活なのに、本当にお先真っ暗というやつだ。

叱られることだけでなく注意や指導で涙が出る。

自分のために言ってくれていることもわかってるし、言われてる内容の妥当性も伝わってる。

でも気づくと目には涙がたまってしまっている。

いっそ病名が欲しかった。

これこれこういう病気で、しょうがないんですと、公認されたかった。

社会不安障害?調べてみたけどちょっと違う気がした。

特定病気認定されることで辛い思いをしている人もいるのに、こんなふうに思う自分はやっぱり「甘い」んだろうなあ…。

2018-02-06

anond:20171004174728

どうも、二月ですね。

社内では新人マジでやばいやつという認識がほかの部署にも認知されはじめ

上司が何回か掛け合っているが専務学生時代の成績をかなり高く買っており

指導が悪いかもっと頑張れ(意訳)みたいなこと言われて終わっている

面談も月一で行うが困っている事はないか?わからないことはないか

等聞いても全て大丈夫ですで返されるらしい

自分記憶力を過信しており相変わらずメモをとらないので(とっても見返さない)

我流仕事をしており、後で他の人間がやりなおす、その度にここが違う、こうするんだと指導するが

ふりだしにもどり我流でまた仕事している

仕事の期日も守らないし頼まれた事を平気で放置する

(指摘するとうつむいてすみません・・・)

お金計算が出来ず客先の入金額請求額より少なかったにもかかわらず

何故か返金しようとしたこともある(なぜかは本当に分からなかった今でも謎)

あとこれは完全に人格攻撃になってしまうのでいえないけど

トイレ使った後がまじで汚いらしい

自分は見たことない)

あとコップなど適当に洗ってるのかまじで汚い

頭もなんかべたついていてヤバイ匂いがする

もう無理ですお手上げ

いくら成績がよかったとしても人間としてどうなのって思うことが多すぎて・・・

就活嫌だ

19卒だ

夏頃から半年ほどのインターンシップに取り組んだり、それと同時に学校での就活イベントなどに参加したりしていた

11月に長期のインターンシップが終わり、これからいよいよ始まるというのに、なぜか停滞してしまった

12月ごろから何もかもが嫌になってしまい、とにかく面談にも行きたくなくなり、講座なども行かなくなった

やらないといけないとわかっているけどやりたくないみたいな、そんな状況が続いた

2月に入りまずいと思って、先程面談に行ったが、普通に怒られた(無断でキャンセルしまくったので)

それとまた、考えが幼いと言われた

幼いと言われた原因としては、周りも動き出してきて不安などを言いあったり、まだ準備してないだの、SPIが分からないなど傷の舐め合いのようなことをしてくる友人が嫌だ、といったことを話したからだと思われる

とにかく自分に対して甘すぎて自分が嫌になる

進路課からすると問題児しかない

でも怒ってくれたことに感謝すべきなんだろうと思う 普通ならほっとくか何も言わないし 人に怒ることって面倒なことだと思うので良い人なんだろうと思う

とりあえず頑張るが、これが夏頃まで続くと思うと持たない気がする

まだ情報解禁もしていないのに嫌になっている自分に嫌になる

というかなんで怒られて凹んでるんだ

凹んでる場合じゃない

ただの愚痴

とある人(以下A)と、その関係者(B)を通じて面談の話しをした。

向こうが会う時間指定した。

私はわざわざ会えるように時間を作った。

約束の日の朝9時くらいに

「ごめん時間間違えてた。本当は明日

とBから連絡が来た。

私が

明日は別の人と会う予定が前からある。申し訳ないが会えない」

と言ったら、

「Aが『理由が受け入れられない』と言っていた。この話はなかったことに」

と返事が来た。

そのあと、Bが「プライベートよりも仕事を優先しろ」「非常識だ」と別所にて発言

Aも「殴りたい奴がいる」

などと発言をしていた。

某社は、時間を間違えて伝えても謝りもせず、こちらの予定も聞かないで勝手に予定を組み、気に入らないと逆ギレするので今後関わりたくない。

2018-02-04

新卒一年希望部署じゃないけどがむしゃらに頑張ってる

新卒一年目。

東大を出て有名メーカーに入った。

そこまでは良かったが配属部署希望通りではなかった。

花形部署ではない。

部署の同期は東大を始めとして有名大卒ばかりだが大半も希望していなかったようだ。

その不満を表に出す人もいる。

僕は勤務地も田舎になってしまった。

会社に入るまでは想定していなかった生活になったがが不満などは一切口に出していない。会社に対して不満を伝えたことはもちろんないし同期にも不満や愚痴を言ったことは一度もない。

サラリーマンから会社の都合でどうにでもなってしまうことは同じく有名メーカーで働く父を見て知っていたし、不満や愚痴を言っても自分に何一ついいことないぞと半ば強がっている部分もある。

当たり前である仕事も手を抜いていないしできないなりにがむしゃらに頑張っている。

残業は多いし負荷は多いと感じるが人間関係はよく、まだ仕事が嫌とは感じていない。

しかしこの部署キャリアを積むことは想像できない。

疲れたとき、ふとここで頑張って何になるんだと思ってしまうこともある。

一年の終わりにある面談で、上司にはこの部署に行ってこれがしたいとは伝えようと思う。幸い上司は言ってどうこう思うような人ではない。

上司希望部署ではなかったと言っていたし。

不満を言うわけではなく、希望は伝え続ける。言っても変わらないよなと思うが言わないと絶対に変わらない。

何年かしたら自分アクションを取れる制度もある。

院まで出てしまったので、転職する

なら早めに考えないとあっという間に30代になってしまう。

2018-02-03

上司面談

同僚が苦手すぎて、3年頑張ったけど精神病んで病院通いまでしてしまったので、さすがに心配になって勇気を出して上司相談した。

相談したら、「受け流した方がいいよ」と言われた。

それだけだった。

それだけだったああああああああああ。

anond:20180131223228

高級保育園普通にあると思う。

保育料はずっと高いけれど、安い保育園ではやってくれないようないろんな教育をしてくれ、長く預かってくれ、保護者との面談時間もかなり融通が利くので、一度そちらを経験すると普通保育園には戻れないらしい。

個人的にはそういう民業を圧迫しないように世帯収入に対しての認可保育園の保育料をもっと青天井で上げて、それだけ払わないといけないなら高級保育園に行かせたほうがましという仕組みにした方がいいと思う。

anond:20180201210610

福祉事務所へ行ってきた。別室で2時間くらい話をしてきた。

生活保護について

申請の前に、まず本当に働くところがないのか。もっとよく探してみてはどうか。

から援助は受けることができないか⇒できない

親だけでなく、親戚も難しいか⇒ 難しい。疎遠になっている

生活保護申請するにあたって、親元に確認書類が送られるが⇒恐らく援助できないという返事を送るだろう

すぐに申請するのではなく、まずは別の方法支援を受けてからになる。順番としては、まず一ヶ月分の食料を支援する制度があるので、それに申し込んでいただく。その間に、仕事を探してもらい、もし見つかるようなら申請をせずにその仕事をして賃金を得ること。その間どうしても仕事が見つからないようであれば、また相談に来てほしい。職安OBもいるので相談に乗ってくれると思う。

光熱費について)電気等が止まるかどうかについては、こちらが関与する話ではないので相談者で何とかしてほしい。

(貸付金について)過去非営利団体に勤めていた時に利用していた事があり、再度貸し付けることはできない。住宅手当も借りているようなので、こちらも再度の利用はできない。(非営利団体当時の給与は14万円)

----

ということで、ひとまず食料支援フードスタンプ?)を受けることになった。近日中に食料が送られてくる模様。

あと、仕事でいくつか進展。知り合いの方がある事業を受けているので、週末だけだが働かないかというありがたいお誘い。今月だけの仕事だが、当面の凌ぎということで引き受ける。

派遣会社経由の応募はことごとくお祈りまたは無視が続いたが、内1社が「面談しましょう」と言ってくれたところので来週早々に行く予定。就業に繋がるようがんばってきます

今後の予定として、

  1. 週末の仕事をしながら
  2. 即日勤務の派遣仕事を見つけて、期間限定でも良いのでとにかく生活収入を立て直す
  3. どうしてもダメそうなら、福祉事務所相談

という流れで行きたいと思う。

2018-02-02

IT業界に入りたいと思っても、SES絶対にやめておけ

最近、某残業のないIT社長ブログSESがボロクソ言われているので、俺が経験してる状態フェイク込みで書いていく。

俺のスキルとしては、独学でJavascriptSwiftとかのフロント言語を覚え、PHPSQLさわりならできる。

まり簡単アプリWebサービスなら自分ひとりで作れる程度。というか作った。

で、仕事としてプログラミングをしてみたいと思って、何個か会社を受けた。

さて、実際に受かった会社SESだったわけだ。

今思ってみれば、俺の業界研究が甘すぎた。

最初に来た案件は、上位会社から緊急の案件がきたんで、面談行って!ってことで、よく分からず行ってみる。

で、案件テスター案件。はあ?

向こうがぜひ来てほしいというのでお願いするとのことで、出向。

チームが小規模だったこともあり、テスト項目書の作成やチーム間ディレクションみたいなことも経験した。出向先からは、とても評価されていたらしい。

で、次に紹介された案件が「テスト項目書作製と、テストリーダー」。はあ?

どうも、前の案件評価されたのと、ちょうど確度高めの案件が流れてきたかららしい。

あの、俺はプログラミングがしたくて来たんですが?

やんわりその意向所属会社に伝えると、遠回しに「だってお前実績ないじゃん」的なことを。

えーっと、お前のところのクソザコエンジニアより、明らかに俺の方が能力ありますが?

この辺りでごちゃってるのがいま。

というわけで、SESではエンジニアは体のいい部品です。自社や上位会社意向で、キャリア形成がめちゃくちゃになる。

何となくIT系でいきていければいいかなー」って奴はSESでもいいけれど、やりたいことやスキルアップキャリアアップ貪欲なやつは、SESなんてやってはいけない。


あと、帰属意識というか所属欲求というか、「自分が何者か」ってのがよく分からなくなる。

まり精神的に不安定になりやすい。

これは体験しないと分からないだろうけれど、めちゃくちゃヤバい

マズロー欲求5段階説でいう低次の欲求が満たされないわけだから人間尊厳もあったもんじゃない。

環境完璧に順応できるやつ以外は、こんなもん耐えられないんじゃないか


これからIT業界に来ようとする君が、同じ間違いをしないように。

有給休暇を使い果たして思ったこと。

ひとことで言うと、辛いのだ。

はいま、いわゆる一部上場企業というところで働いている。

土日祝は完全に休みであり、万が一出勤しようものならば代休もしくは残業代付与される。

もちろん通常業務においても1分単位残業認定されるし、PCログイン時間ログオフ時間で勤怠管理をしているためサービス残業ができない。

22時以降の残業は前もっての申請必要なうえ、それが続くと直属の上司さらに上の役職から注意を受ける。有給休暇も年15回とらないと勧告がある。

給与面でも文句はない。今時珍しいとされる賞与も年6~7か月分支給されるし、福利厚生も手厚い。(なんと家賃の7割が会社負担になるのだ)

私はそんな会社でもう7年勤めている。

さて、私はいわゆる「超ホワイト企業」に務めているわけなのだが、そもそもなぜ入社できたのかという話をしたい。

私は一応大学卒業している。しかし決して褒められるような大学ではない。世間一般的にいうところのFラン大学だ。

そんな私がどうして(新卒という最強カードを持っていたとはいえ)この会社に入ることができたのか。それはたったひとことで説明できる。

私は話をすることがひどく上手だったのだ。

俗にいう「コミュ力」が高く、さらにいえば明るくハキハキ見せることに長けていた。

私が就職活動をしているときは今と違った「就職氷河期」と言われる時代だったが、私は仲間内の誰よりも早く内定を得ていたし、

しかも我が母校からこの会社就職するなど奇跡だと持て囃された。

ただニコニコして問われたことにハキハキと答える。さながら水商売人間のように「相手面接官)を楽しませる」ことだけを念頭に置いていた。たったそれだけなのだ

さて実際に入社してから周囲を見渡せば、同期たちは驚くくらいの高学歴ばかりだった。

早慶上智なんて掃いて捨てるほどいるレベル東大京大当たり前。海外ナントカ大学出身など、私とは頭のつくりどころか産まれとき行為さえ異なっていると思うほどだった。

それでも1~2年目は大丈夫だった。

みんな会社への知識が同じくらいだったし、任せられる仕事も大したものではなかった。

それが3年経ち、4年経ち、5年経ってから徐々に差が広がってきた。

中には海外に異動した同期もいた。本社勤務になった同期なんてもう数えきれない。それでも私はずっと1年目とほぼ変わらぬ仕事を続けているのだ。

私の取柄は「コミュ力」のただひとつ仕事を任せられても大した結果は出せず、自分のやりたい仕事もわからないまま、モチベーションけがどんどん下がっていく。

それでも転職という選択は怖くてできない。だけど会社には行きたくない

誤解のないように言っておくが、人間関係などはとても良好であり、良い先輩たちに恵まれている。

先輩たちがこんなにダメな私に付きっきりでいろいろと教えてくれるのだ。本当にありがたいし、申し訳ない。

同時に自分の不甲斐なさに辟易もしているのだ。

私はすでに就職して7年が経つ。もう新入社員などでは決してない。もう中堅社員といっても問題ない年齢なのに、それでもまだ新入社員のように手取り足取り面倒を見てもらう。

努力はしたつもりだ。しかし足りていないのもわかっている。ただ、これ以上、どうやって・どこに向けて努力を重ねればいいのかわからない。

昨日で私は今年度の有給を使い果たした。もう休むことができない。

それなのに毎朝会社に向かう足取りは重い。それどころか吐き気が伴ったり、異様なほどの倦怠感に包まれてベッドから起き上がれなかったりする。

周囲のひとは優しい。その優しさが、しんどい

なんて贅沢なのだろう。なんて我儘なのだろう。私が言っていること、やっていることは「サボり」のひとことで済んでしま状態だ。それはわかっている。わかっているのだ。

そこまでわかっておきながら、どうして私は何もできないのか。

ただ笑っているだけで許されていた。そんな時間はもうとうに過ぎた。

次のステージへ進まなければならないのだ。だけどその方法が、わからない。

昨日、とうとう上司から産業医との面談を勧められた。身体変調ではない。心の変調危惧されたのだ。

まれ環境にありながら、私はなんてだめなのだろう。そんな思いがぐるぐる巡る。そんな状況が、ただ、辛い。

世の中にはもっと凄惨な状況で仕事をしているひとがたくさんいると知っている。

そんなひとたちを見下して自分の状況に安堵するつもりは毛頭ない。むしろ逆だ。

自分が恵まれているにもかかわらず、こんな不甲斐ない状況に陥っていることが狂おしいほど悔しいのだ。

来週、産業医面談がある。

今後の進退を本気で考えなくてはならない時期がやってきた。

ただひとことだけ、辛い、辛い、と言い続けているだけではもうだめなのだ

どうしようもない自分の、どうしようもない内面を、おそらく初めて目の当たりにする。とてつもなく怖い話だが、向き合わねばならないのだ。

こんな甘えたばかな自分が辛い。大嫌いだ。

いっそもうすべてを投げ出してしまいたくなるのだ。

2018-01-25

anond:20180125084847

今後の労働基準法改正残業の上限が下げられ、かつ罰則規定される。

なので、就業規則不要残業を禁じた上で罰則をつける。

労働時間の把握は自己申告ではなく客観的証拠を求められるので、PCの起動終了ログ収集する。

でも、まずは面談かな。

なぜそこまでして働きたいか。そこまでしないと自分評価されないという不安感なのかもしれない。

会社側の希望と本人の希望の落とし所を探すべきかな。

2018-01-23

不要不急」で会社を休んだ人の末路

以前、災害天災があった時に国の機関が「不要不急の外出を控えるように」と呼びかけた時に会社と一悶着あった事を思い出した。

ちなみにスキルは凡人レベル労働者です。


派遣客先常駐)で働いていたとき

派遣先休みますと前日に電話したのだが怒られた(こっちは金を払ってるんだぞとか)

派遣元から家に携帯で怒りの電話がかかってきた(ふざけるな、殺すぞとか)

派遣先から怒られつつ有給の承諾を得たのだが翌月に契約打ち切り

派遣先からも「天候の悪さ程度で休みはいらない」と言われ退職を迫られた

正社員(中堅)で働いていたとき

会社休みますと前日に電話したのだが怒られた(客や出社してきた社員の事を考えろとか)

・休んだ翌日に出社したら自分に振られてた仕事を全部他の人にまわされ強制社内ニート

・毎月追い出し面談を受けるようになった

面談退職を迫る理由を聞いたら「天候の悪さ程度で休み客や出社してきた社員迷惑をかける奴はうちには必要ない」と言われた


現在退職して転職活動中。

不要不急の外出を控えるように」で会社を休んではいけない、休んでも咎められない人は社長役員(もしくはエリート技術者)またはフリーで働いている人のみ。

NHKのあの記事判断に迷うと言ってる人は「休みたいけど自分自身判断するとまずいか判断できるように外出禁止令を出してくれ」って事だと思う。

日本って休みたいときに休める労働者が案外少ないんですよ・・・はてなエリート達は知らないようだけど。

2018-01-17

上司SNSフォロワーを聞いてくる

定期の面談SNSフォロワーを調べまくってるらしい。

俺はSNS放置気味なのだが、フォロワーの人数を聞かれて、「もうすぐ10万行きそうです。」と言っておいた。

上司が何を目的としているかは知らないが、

これで、理不尽な目にあったら拡散するぞと牽制にはなったかなと思うし、我ながらよく機転が利いたな。

2018-01-16

私小説 不登校

私は中一の途中から不登校になった。

元はと言えば小学校高学年で「ハブる」という文化のもと、クラスメイトからの徹底的に無視をされたことが発端である担任との相性の悪さなども相まって、学校生活への自信や信頼をなくしていった。核家族共働き家庭の一人っ子の私は、学校では人と話せず、放課後時間も一人で過ごした。特に習い事などもしておらず、学校と家庭の二つしか生活の場がなかった私は人間関係における信頼や安心などを失い、自分の考えを人に話すことや言葉スムーズに出すことができなくなっていった。

そして中学入学環境が変わることを期待したが、結果的には悪化した。たいていの公立中学では部活動には強制参加させられる。しかし私が入学した中学校は全校生徒が少なく、文化部は一つだけ。他運動部一般的にはあるような部活がなかった。当時文化部に入るとスクールカースト底辺になる空気があり、私は運動部所属した。しかし、運動神経が良くない方だったため部活でもうまくいかず。小学校高学年で人間関係に対する安心や信頼を失った私は、中学出会ったクラスメイトともうまく接することができなかった。

そして決定打となったのは合唱コンクール「絆」「仲間」「大きな声を出す」「グループ練習」などといったものは当時の私には地獄だった。音楽時間が恐怖の時間になり、合唱コンクールが近づくにつれ朝練や帰りの学活でも練習を行うようになり、一日の始まりから終わりまで恐怖の時間となった。そこから学校に行けなくなるまでは簡単だった。学校に向かう足が遠のき、制服に袖を通すのが怖くなり、家から出られなくなった。共働きの私の家で朝一番最後に家を出るのは私で、一番最初に帰るのも私だった。そんな中で、朝起きて制服を着て仕事に行く親を見送り自分学校へ行かず無断欠席をするようになった。当然学校から固定電話電話が掛かってくるが、家には私しかいないため無視。親に連絡が行く。意外にも親は私が不登校になったことを受け入れてくれた。

会話からまり日常生活の行動全てに自信をなくした私は学校での学習電車に乗るといった行為もおぼつかなくなっていた。授業で先生から発問されれば、注目される恐怖や答えを急かされるような焦燥感で「わかりません」というのが精いっぱいだった。「私は何をしてもうまくできない」という強迫観念に襲われ、不登校の間に学習障害検査などを受けたこともあった。一人で家で勉強する分には問題なく、また中間テスト期末テストを受ける分には人と関わらず済むため、それなりの点を取れていた。

不登校だろうが、家から出られなくなろうが、無情にも時は過ぎていく。中二では、通知表は「1」「2」「-」がほとんどになっていた。中三が見えてくると頭をよぎる高校受験入試資料集などを見ると、入学選抜に当たっての内申点基準数字が踊っていた。家から出られなくても、学力低下だけは避けたかった私は家で学習を続けていた。当時、私の学力から出される偏差値は60〜63あたりであった。それくらいの学力層の高校では、おおよそ大半が9教科36以上の内申点基準としていた。一方、私の内申点は9教科で23地元工業高校ですらあやしい点になっていた。また、中二の時の担任は繰り返し私に面談の場を設けてくれた。私の話を無視したり、相槌を打たないなどということはなく、久々に会話ができることに感動した。担任もっと話したいと思うようになり、徐々に学校に行けるようになっていった。

この状況の中で、私には一つだけ自信が持てるものがあった。それは絵を描くことである。まだ学校に行けていた中一の初めに美術先生から風景画を褒められ、不登校になってからは家でよく写真模写などをしていた。授業にも出られるようになった中三一学期、今まで体験たことのなかった画材出会った。油絵である。失敗しても被覆度が高く上から重ねることができ、乾くのも遅くゆっくり描くことができるこの画材は私の中で革命的であった。人間関係で失敗を重ね、急かされることに恐怖を覚えていた私は、個人で取り組むことができ、ゆっくりと描ける油絵具に希望見出した。もっと油絵が描きたいと思い、誕生日には親から油絵セットを買ってもらった。もっと油絵を描きたいと思い、美術コースのある普通科高校への進学の意思を固めた。

その高校を受けるにあたり、偏差値は足りていた。美術コースを受けるにあたり、実技の力も合格するであろうという程度には達していた。しか問題となったのは、やはり内申点であった。担任からは渋い顔をされた。それでもやっぱり受けたい、あの高校に行きたいと思い受験制度などを調べ尽くした。すると、不登校などを経験した生徒のための特別選抜制度発見した。内申点度外視し、受験時の学力テストと実技、面接入学選抜を行うという制度だ。その制度担任に報告すると、なんと担任は知らなかった。50も過ぎたベテラン教員がその制度を知らないということにはがっかりした。その教員が受け持ったクラス過去不登校の生徒はどんな進路をたどったのか心配になる。

何はともあれ、私はその制度活用し無事志望校合格することができた。入学後は絵と勉強に励み、学力では上位10%あたりを維持し絵では県の高校美術展で賞を取った。

そしてやってくる大学受験もっと油絵を描きたかったので美大を望むも、家計が厳しく断念せざるを得なかった。幸い、学力はそれなりにあったため国立大教育学部美術専攻に進学することでどうにか油絵を続ける手段を得た。

時は流れ大学四年。義務教育時代に失った人間として生きる自信や信頼関係高校大学の友人と接するうちに取り戻し、バイトをしたり彼氏ができたりと一般的大学生として大学生活を送ることができるようになった。教育学部で学ぶ中で、義務教育時代自分メタ認知することができた。当時の自分と同じように人間関係に悩む子供に接し前向きな未来を示せたらと思い、教員の道を選び教員採用試験合格した。

卒業制作バイトに追われる今日、私が四月より働く予定の自治体では不登校の生徒が高校に進学する際の特別選抜制度が数年前に廃止されたと知った。

底辺医学科4年生によるCBTの勉強法

大学医学科4年生が受けることになるCBTの個人的所感

および成績別の勉強法について書いていきます

CBTという試験不安だ、という人の助けになれば幸いです。

なぜ書こうと思ったか

というのも、「CBT 勉強法」などの検索ワードで出てくる諸々のサイトの内容では問題があると思ったからです。

現時点で出てくるサイトほとんど、「CBTの個人的勉強法」と銘打っているものたちですが、

実際は自分の成績がなかなか良かったことをドヤりたい連中が書いてることが、底辺から見させてもらえば丸わかりなんですね。

「数か月前から○○をやりました」「直前まで試験があって不十分なまま試験へ」「結果は80数%、多少不満が残る」

などなどなど。効率よくやってまあまあ上手くいったわ~。

ドヤってます。そして参考になりません。

そもそも成績がいい人はCBTに落ちないので。

落ちる訳のない人が落ちる訳のない勉強をして普通に受かった。それだけの話。

自分正真正銘底辺勢。

なんせCBT留年しましたんで。

先に申し上げておきますが。CBT留年は非常に危険です。

1、2年生の時の教養科目や3、4年生の専門科目で落第して留年するよりも危険です。

なぜならば、CBTは留年して再度勉強しても落ちる可能性が高いからです。

理由は単純でして、まず1年間やることがありません。堕落しようと思えばどこまででも堕落できてしまます

加えて当人は「なぜ落ちたのか」がわからないままに時間けが過ぎていくことになります

大学内の科の単位でしたら、一度留年した時点で、大学教員側もサポートしてくれます

先生方は悪人ではありませんから自力では受かることが出来なかった子は拾おうとしてくれます

ただし、助けを求めれば、ですけども。

とにかく、自分から行動すれば何とかなります

ところがCBTは国が問題策定しているテストです。

大学内に、言うなれば専門家」は存在しません。

先生方との面談でも、結局のところ、「勉強頑張って」というメッセージを送られるだけです。

実際それが正しくて、勉強さえすれば受かります

ただCBTに落ちる連中(自分含む)はどう勉強すればいいのかわからないというのが実際でして。

そういう人のためにどう勉強すべきか書こうと思います

1、現時点でクラス内で成績上位10%内にいる人

なぜこの記事を読んでいるんでしょうか?

その成績であるのに不安不安しょうがないのでしたらむしろ病院へ行きましょう。

あとしいて言うなら公衆衛生社会分野を勉強しましょう。

常識が足りていない可能性があります

2、現時点でクラス内成績上位50%内にいる人

あなたはもう受かっています

今までの勉強法で何の問題もありません。

おそらくいろんな人からQB(もしくはこあかり)をやろうと言われてると思います

言われた通りQBをやれば受かります

3、現時点でクラス内成績下位50%内にいる人

落ちる可能性があります

特に、今までサークル内の情報過去問等で定期試験パスしてきた人は討ち取られる可能性がやや高いです。

4、現時点でクラス内成績下位10%以下の人

まず落ちます

友人や先輩からの「まあ何とかなるよ」という言葉無視しましょう。

本当に落ちます危機感を持った方がいいです。

この記事あなた方のために書いています

1、2の人

ブラウザバックしてQBをやりましょう。

3の人

友人や先輩方に言われる通りです。

QBをやりましょう。そしてわからなかったことは病気が見えるや自分に合った参考書を用いて調べる。

基本的勉強を繰り返していけば問題はないです。

4の人

まずスマホたたき割りましょう。

スマホを手元に置いた状態勉強できる人種は成績下位10%にいません。

スマホが手元にない状態勉強できる環境を作りましょう。

自分スマホを家に置いた状態図書館大学学習室へ行って勉強していました。

そしてQBをやりましょう。

3と一緒じゃないか、と思われるかもしれませんが違います

QBだけ」をやるようにしましょう。

クラス成績下位10%にいる人は、現時点で持っている知識の量が他とは比べ物にならないくらい少ないです。

例えば大動脈から直接分岐する動脈3本言えますか?

アホみたいな問題ですけども、おそらく自信を持って言える人はこのランクはいないでしょう。

一度QBのVol1,2,3をやってみればわかると思いますが、8割方分かりません。(社会分野や公衆衛生常識問題なので例外です)

ここまで記事を読んでくださった1,2に該当する方は「自分もそうだったぞ」と思われるかもしれませんが、少し意味が違います

1,2の方は「答えがわからない」んです。4の人は「何を言ってるのかわからない」んです。

1,2の人であれば、出題された疾患に関する参考書を開けば、「ああ忘れてた。覚えとこ」となるんです。

4の人は違います。「へーこんな疾患あるんだ」となるんです。

ここからです。一から説明しないとアカレベルなんです。

で、改めてQBの解答解説を見てください。

1,2の人ならQB解説で納得がいきます

疾患そのものは知ってるからです。今まで知らなかった知識を埋めるか忘れてた知識を埋めることで充足できるからです。

4の人にはQBの解答解説では不十分です。

参考書を開いて疾患そのもの最初から学ぶところからやらないと知識としてまず定着しません。

何もわからねえ!となっていろんな参考書問題集に手を出すと最悪で、全然点数が上がらないままに本番を迎えることになります

QBのみをやりましょう。そしてQB問題はほぼ完ぺきにするようにしましょう。

オススメ勉強法は出題された各疾患をノートにまとめることです。というかやってください。

やらないと点数が上がらないです。

他のサイトでよく言われている、「QBの一周」というのは、少し表現に不足があります

QB問題参考書を用いてまとめつつ一周」です。問題ざっと読んで当たった外れたしてるだけでは勉強になりません。

故にQBオンラインもほぼ役に立ちません。少なくとも4のクラスの人には。

しかし、逆を言えば、ノートにまとめる。これだけで充分です。

どうしてもそれだけでは心配ならば、QB問題集最初にある、CBTの出題範囲となるコアカリキュラムを見てください。

そこに載っている疾患や指定された内容をさらノートにまとめましょう。

それをやれば、QBの内容でほぼ必修疾患は網羅されているということに気付くと思います

QBを信じよ・・・

加えて、ここが非常に重要なのですが、QBVol1の基礎医学の分野、真面目にやりましょう。

方々のサイトが、「点数に繋がりづらいのでほどほどに」などと書いてありますが違います

基礎医学分野は絶対にやった方がいいです。

基礎医学分野の点数が上がりづらいとみなが口々に言うのは、難問の中に、膨大な知識量を要求される問題が混じっているからです。

そもそも知識がまるでない4の人には、得点を稼げる猶予があります

ノートに一通りまとめれば点が取れるようになる問題が残っているはずです。

1,2年の間にろくすっぽ勉強してこなかったはずですから

基礎医学分野を7割から8割9割まで取れるように勉強するのは非常に大変です。

しかし、4のクラスの人はそもそも5割取れるか怪しいレベル

5割を7割にすることはそれほど無茶な学習をしなくても可能です。

更に、CBTは臨床分野が重要とは言われていますが、一部の臨床分野は基礎医学知識があって初めて理解が出来ます

臨床分野だけをひたすらやっても忘れます理解できないので。

そんなわけで基礎分野はきっちりやりましょう。ここが結果を左右します。本当に。

企業から販売されているCBT向けの映像講座について

見る価値はあります。が、複数回見る必要はありません。

一度真面目に見ることが大事です。

各科を大まかにまとめるのが目的講義ですので、詳細な部分は説明されません。

しかし、必須となる疾患の大まかな病態理解するのには非常に役に立ちます

身振り手振りを用いて疾患を説明してもらうのはかなり理解に役立ちます

しかし、「この疾患はこんな感じ~」というのがわかっても、「○○と○○を覚えろ」と指定された言葉意味はありません。

それよりはるかに膨大な知識要求されるので。

結局は冊子(QB)を用いて勉強するほかありません。

しかし、全くイメージの湧かない疾患を大まかにはいえ一発で理解できるのは非常に有用です。

一回見ましょう。それで充分です。

4の人向け結論

1、スマホをたたき割る。

半ば冗談、半ば本気で言ってます。隙あらばスマホを触る生活から離れましょう。

無論人によっては誘惑のものスマホでない場合もあるでしょう。とにかくそから離れましょう。そうしてようやくスタートです。

2、講義を見る

相性が悪いと判断した場合はやらないのも手です。

また、すでに試験が直前に迫っている場合絶対飛ばしましょう。直接点数に繋がる勉強ではないので。

付け焼刃でもいいから点数がほしい。そういう状況の際はやらない方がいいです。

3、QBを用いて勉強。わからない疾患や用語ノートにまとめる

これが全てです。1,2はこれのための下準備です。

以上です。たったこれだけです。QB参考書を用いて詳細を調べながら勉強すること。これに尽きます

これを時間が許す限り試験ギリギリまでやりましょう。

3のクラスの人も同様です。

個人的に非常に有用だった参考書

病気が見えるシリーズ

QBを用いるんですから当然使いましょう。ページ指定までしてくれています危機感を感じているなら今すぐ買いそろえましょう。

人体の正常構造機能

とんでもない名著です。様々な基礎医学分野の事項が必要十分に書かれています

標準なんちゃらのように詳しく書かれ過ぎてて意味が分からなくなっていることもありません。

CBT試験用として容量が絶妙なんですね。これ一冊で基礎はほぼカバーできます

何を買えばいいかからない場合はこれを買いましょう。

最後に、CBTは各大学合格基準がまちまちです。

自分大学は現時点で70%を合格点としていました。

国家試験合格率を上げようという大学全体の流れからして、これからは各大学合格ボーダーインフレがどんどん進んでいくでしょう。

ただ、勝手保障しますが、上記した勉強法で75%は取れます。(80%と言いたいところですが、多分勉強法の相性もあると思うのでちょっと謙遜

その間は自分の書いた勉強法通用するはずです。

2018-01-14

何者

高校生活もそろそろ終わりだな。なんて思う暇もなく高校卒業した当時の僕、何を考えてたのか聞いてみたい。

個人面談をする度にやりたいことが変わっていく自分に嫌気がさしていて、行き当たりばったりの人生も悪くないか、その時はそう思っていたが、これがまたとんでもなく誤算だった。

僕は自分本質理解してなかった。僕は"普通"ではない状況に強いストレスを感じる人間だったのだ。

しか思春期特有の 何者にもなれない自分の事が嫌いだったので、見当違いの方向に舵を切ってしまった。

当時の自分に言ってやりたい。

「何かになりたい」なんてありきたりな理由で舵を切るなよバカ

いっそ精神的におかしくなってしまったほうがいくら面白い人生だったかもしれない。

お前は何者だ。なんて言うと少し古めかしく聞こえるけど、自分が何者なのか説明できる人ってあんまりいないんじゃないか最近考えるようになった。

自問自答の繰り返しになるけど、たった一つ、自分が何者なのか、それを伝える事が出来るようになりたいな。くらいの気楽な人生も良いかもしれない。インターネットを長年見ていると、これもまた普通人生に感じてくる。等身大人生だ。

お前は何者だ?

2018-01-13

社会貢献理念SES企業に入ったヤツ

タイトルはワイのことや。もうとっくに辞めたけど。以下、多少のフェイクが入ってる。

企業理念が異様

ただのSES客先常駐がメインの人売り弱小SIerが、ホームページでは立派な「IT社会貢献」という理念を掲げてることがある。見たことある人も多いと思う。

ワイのいた会社もそうだったが、ちょっと違う。漠然とした「IT社会貢献」ではないし、社長の考えたオリジナルでもない。元ネタはちゃんとした理論だった。

某、世界的に著名な学者先生が打ち立てた、21世紀企業のあるべき姿、社会企業従業員がともに持続ある発展をする責任のある社会貢献企業、を考察する理論がある。理念XXXとでも呼んでおこう(ほんとはちゃんと名前がついている)。

これを、ワイの元いた会社社長が大好きで、そもそも創業の経緯がITでその理念XXXを実現するだったと思う。実際よく口にしていたし、ホームページにもそれに関するきれいごとがいっぱい書いてある。採用ページにも採用広告にも。

ところがこれが入社すると実態全然違うわけだ。だってただのSESがメインで中途採用したエンジニアを即客先に送り込んでいくら送り込んだかで稼いでるような企業もの

大体、元の理論は世界大企業が主な対象だろう。もちろん中小でまじめにやってるところがあるのも知ってる(ワイのところはそうでなかったが)。基本的に、人売りSIerになんの関係があるんだって理論だ。

元の理論についてだが、論文や専門書や一般向けに解説された入門本もたくさん出版されている。ワイもその会社いたころ、上層部の関心をかおうと色々と買って読んでたし勉強もしてた。

元の理論に当たると、実態全然ちゃうやんけってのがわかるし、自社ホームページに書いてあることは一体なんなんだって気持ちになる。要は採用純粋な人をだますのと、従業員馬鹿自分から勉強したり問題提起しないことを前提にしてただろ、絶対

ついでに、「理念XXX実現企業として、現場理念XXXを実行して世の中に広めよう」ってのを全社的に掲げてた。これがまた、元の理念と全然ちがう。実際には普通SESメインの企業と同じような、「現場で長く使われて売り上げ上げてこい。増員を勝ち取れ。」ってだけの話を、社是である理念XXXと無理やり絡めただけだろとしか思えなかったな。

担当営業(の一部)とかはこのスローガンエンジニアの不満封じにうまく使ってたで。うちは社会貢献企業なのにお前は一体何の不満があるんだ?って感じで。貴方はうちの社会貢献したいって理念共感をしてくれないんですか?(言外にお前は卑怯者だのニュアンスを含む)とか。奴らほんとふざけてるな。

ネットに、「ガンジーが助走つけて殴るレベル」ってスラングがあるが、「その学者先生が助走つけて殴り」にきそうなくらい。

中途採用エンジニア入社即客先に送る(ワイなんて入社から入社後の常駐先の違法な事前面談受けさせられたぞ。その時、しまったと思ったがもう遅かった。)企業が、従業員にうちは社会貢献してるやりがいのある企業なんだって思わせるためだけの方便だったな。

まあ、ワイは正直社長自体の人となりは嫌いじゃなかったし、本音ではその理念XXXに沿いたい気持ちがあるのも背に腹は代えられない状況、てのは知ってたが、知ってたからって許せる気持ちもない。辞めたか関係ないけど多分ずっとあのまま続いていくんやないかな。

従業員の心構え的なものが異様

従業員規則範疇だったかその外のルールだったか忘れたが、「弊社従業員が守るべきN箇条のオキテ」とでもいうべきもの存在していた。そのうちの9割はいたって普通のものだ。従業員というか人として普通のことを守れくらいのものだった。

だが、その中に一つだけ、ウルトラヤバい項目があった。「批判をしない」である。おそらくは最初のうちは、何かを批判したくなったら安易批判でなく行動しよう、とかそんな感じの意味合いだったんだろう。

これのどこが問題なのか?って点は、賢くそして小賢しいはてなー諸君なら想像がつくと思う。この標語意見の異なる人や不満を持つ人を抑え込むのにも当然のように利用された。「お前は○○を批判するのか!会社ルールでするなって決まってるよな!」って。

上司が部下に。先輩が後輩に。そんな卑怯なことをしない人ももちろんいたけどね。あとさらに、営業エンジニアに。

最後が厄介で、前述の「理念XXX」と合わせ技で、営業が、現場に不満のあるエンジニアを抑え込むのにもつかわれてたよ。「うちは社会貢献を掲げる立派な企業で、お前と社会のためを思ってこの派遣先を見つけてきたのに、根拠も示さず批判するのか!」って抑え込むの。

でも、現場理不尽を強いられてるのを客観的証明って難しいし、いいように抑え込まれるのがオチ。この会社派遣されたエンジニア達を全然守らなかったな。ワイ以外も残業まみれや現場での理不尽な指示についてアラート上げ続けてる人も多かったのにほとんどが手を打ってはもらえなかったようだ。

理念XXX」と「人を批判するな」。この組み合わせは凶悪すぎて、今でも当時の営業上司との会話を思い出すと不愉快になる。良い上司営業の人もいたんだけど、ずっとそういう人に恵まれてたわけではない。

最近、完全に風の噂だが採用が相当苦しんでるっぽいのを聞いた。自分いたころもエンジニア足りないのに満足に中途採用できないって言ってたっけな。心の底からざまーである。早くつぶれてほしい。

最後

ホームページ採用説明会だと全くわからんだろうけど。どんな綺麗ごと述べててもただの人売りってことがあるのがこの業界なので、就職転職したい人は本当に注意してほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん