「ヒートアップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒートアップとは

2019-05-11

自分から別れを切り出した男性元カノからプレゼントどうしてるの

喧嘩ヒートアップして口論になった結果、

その時の増田発言気持ちが冷めたと言われて彼氏に振られた。

その時は感情的になっていたにしろ、確かにひどいこと言ったし、

覆水盆に返らずなので、今はそっとしておこうと思う。つらいけど。

ところでその彼は私のアパートに転がり込む形で同棲していて、

先日引っ越しの目途が経ったからと荷物を整理していた。

彼の誕生日に買ってあげたオーダーメイドスーツも持っていくようなのだけど

そんな冷めきった元カノからプレゼントでも気に入ってたら着れるものなんだろうか。

あくまで素朴な疑問。

2019-05-08

anond:20190508114036

小室圭君問題がここまでヒートアップするのは

あれが男女逆だったら今の比ではなく大騒ぎだっただろ

小室圭(女)が皇族になって男産めばその子が次期天皇になるんだから

今の日本の最大の男性差別とは

一般男性皇族女性結婚しても、「皇族」になれないことだよね。

小室圭君問題がここまでヒートアップするのは、この事実が浮き彫りにされるから

これは女性皇族力不足と表裏一体の問題でもあるけど。

2019-05-05

愚者は自ら堕ちていく

とある土曜の夜10時ごろ。

私は松屋で夕食を終え、晩酌を一杯だけ行こうと思い、同じビルの階下にある魚民にひとり入った。

通された席の通路を挟んで隣の席。男ばかり4ー5人のグループが何やら騒がしい。若い男がひとり、隣席でもうるさいレベルの音量でまくし立てている。

スズキさんはね、全然ダメよ。ゴミ。ぜんぶゴミたよ。」

その言葉中国訛りのカタコト、かつ酔っ払って呂律が回っておらず、余計に耳についた。どうやらグループ内で揉め事が始まっていたらしい。私はひとり酒ゆっくりと飲む楽しみがぶち壊しになったことを悟り、悲しい気持ちになる。

ガシャン!グラスでテーブルを叩く音がした。

ケンカしますか?オレと」

中国人はヒートアップの一方だ。しかし、ケンカを売られたスズキと思われる男はボソボソと何か答えるほどで、言い争いにまではならない。

ダメあんゴミだよ。ゴミ!」

貧しいボキャブラリーのまま、中国人のトーンが収まっていない。彼はかなり興奮している。スズキスズキで何か言い返してはいるようだ。それは大声で正面から威圧する中国スタイルとは反対に、ボソボソと相手の嫌がることを突いていく陰湿スタイルだった。

「そんなことないよ!女ならいっぱいいるよ!オレは…」

「…へぇ…じゃ紹介して。合コンしよ」

地獄のような応酬だった。スズキ中国人がモテないことを陰にディスったのだろう。今夜一番の声量で中国人は反射的に言い返した。が、語尾に行くほど小さい声になっていたので発言内容はほぼウソだろう。それに対し、スズキカウンターは表面上、まるでよくある雑談の途中で社交辞令を言ったかのように、余裕しゃくしゃくだと見せようとしていたが、声が震えており、ケンカ慣れしていない感が溢れ出ていた。おそらくスズキモテない。

安いチェーン居酒屋

土曜の夜にパッとしない男同士で

どちらがモテるかマウントあい

バレバレの嘘をつき

余裕見せようとして失敗している

地獄だ。目糞と鼻糞が組んず解れつしている。救いがない。

愚かな男たちが金と、時間と、精神をすり減らし、ささやかな友人関係まで失っていく様を見てしまった。

私は注文したハイボール3分の2ほど飲んだところで店を後にした。魚民の扉の外でふと店を振り返えり、立ち止まった。ハイボール残り3分の1を飲む時間に代えて、今自分に何ができるかを考える。しかし彼らの幸せを願う事はない。

2019-04-27

ヘイト漫画家に囲まれしまった話

とてもとても長いので、ごめんな。

---

自分もその道に身を置いている手前、日々会話するのもソシャゲ仲間も飲みに行くのも旅行に行くのも、みんな漫画家だ。

同人時代からの友人や、漫画家漫画家を呼ぶような繋がりでどんどん増えていった。

---

最近、ある少女漫画家が「ジェンダーバイアスのかかったマンガは滅びればいい」、と作中とインタビューで語ったことが話題になった。

自分の周りの漫画家たちも、この件では賛否両論が起きた。

以前から、「表現の自由」と「人権配慮(性/暴力/犯罪/LGBTQ他)」に関して、たびたび紛糾してきた。

規制に反対し表現の自由を守りたい漫画家たち。

悪いものを悪として描かないなら描くべきでないという漫画家たち。

いやゾーニング対処するべきという漫画家たち。

様々な意見があった。

いずれも、漫画で何をどう描くのか、漫画という作品をどう扱うのか、自由権利に対する漫画家としての真摯な考えを見ることができて、自分も考えを新たにしなければ、と肝に命じた。

---

しかし、あれ?と思うことも多かった。

漫画表現の以外の、日常場面では?

---

先に言ってしまえば、自分の周りの漫画家たちはみな、軽々しくヘイトスピーチする。

他者を、性別を、人種を、国を、嗜好を、年齢を、仕事を、病を、弱者を、あらゆる属性を。

それは日常会話でも、Twitterの呟きでも、LINEグループでも、飲み会の席でも、ごくごく自然ヘイトスピーチをする。

---

いくつかの、実話。

最初同調することも多いが、おかしな方向へ白熱することが多い例。

---

漫画家Aは、国産アニメソシャゲ2.5次元舞台などが好きな成人向け漫画家

表現規制についてよく勉強しており、国産コンテンツを守りたい意欲が伝わってくる。

フォロワーとこう話す。

暴力だろうが性だろうが、多種多様ジャンル作品表現を産み出せる文化が好きだ」

白人文化白人が主導した主張がいつも最先端で正しいと思ってるコンプレックス恥ずかしい」

「さすが日本海外ならこうはいかない、特にお隣の国では」

---

漫画家Bは、洋画アメコミ海外俳優が好きなファンタジー漫画家

metooや反ルッキズムなどに賛同して、海外から翻訳されたツイートをよくRTしている。

フォロワーとこう話す。

漫画表現国際感覚に遅れると恥ずかしい」

着物和柄萌えダサい国産アニメ邦画ダサい日本のものって遅れてて古くてダサい

日本終わってる、この国消えていいよ」

---

漫画家Cは、犬猫大好き男性アイドルゲーム大好きなBL漫画家

動物保護里親探し、動物虐待注意喚起RTし、女性人権話題にも熱心。

フォロワーとこう話す。

女性が今まで迫害されてきた、その被害補填をこれからの男たちも負うべき」

二次以外の人間オスはみんなしねばいいのに」

推しは顔がいいから許す」

---

漫画家Dはかつて一般誌で連載を持ちながらも現在ネームが通らない日々、同人出身

スポーツ観戦や映画漫画ソシャゲを広く楽しむが病気勝ちであまり社会的なことに興味はない。

フォロワーとこう話す。

自分幸せをなにより優先できる世の中がいい、結婚恋愛子供もいらない」

子供や子持ちや障害者年寄貧乏人や、そういう人に税金を使われるのが嫌だ」

「でも自分病気医療費は全部国で賄ってもらいたい、漫画で当てるまで出版社に養ってもらいたい、自分こそ本当の弱者だ」

---

憤るような事件現実記事という形で流れてきた時に、自分も彼らも不快感を露にしてお互いの不快感の表明に「いいね」をすることがある。

だけど、そこから先の「だから□□は◯◯だ」、と属性人種なんかをまとめて貶すようになると、自分は「いいね」を押さなくなる。

彼らは「いいね」を押したフォロワーと、どんどん過激に何かについての属性を、貶めて攻撃し始める。

いつもこうだ、とうんざりしてしまう。

---

彼ら彼女らは、自分の好きなものに対してはそんなことはしない。

自分の好みから外れたもの、嫌いなものについての嫌な面だけRTして、

まずは「悪いものに対する”正当な”批判をする」

そして「嫌いなものに対する批判材料にする」

最終的に「嫌いなもの属性でまるごと否定する」

最初に正当な批判があるから、続くヘイト差別さえ「正当だ」と自信を持って放つのだ。

---

中にはそういったヘイトする仲間たちに、真正から苦言を呈する人もいた。

ある打ち上げの席、アメコミ洋画ファンアニメ邦画ファンが、興業収入ポスターデザイン話題からヒートアップし、お互いの好きなものを「知識として知りうる悪例を持ち出した正当な批判」で攻撃し始めた時だった。

「なんで大きな主語使ったの?攻撃材料に使ってない?それは差別だよ」

言った彼女は今はもう漫画家をやめてしまっているが、今でも彼女発言はハッとするものがある。

その時喧嘩をしていた二人は、それからも今でも、ことあるごとにアメリカ文化を、日本人を、大きな主語で罵りあっている。

しかし、変わった人もいた。

上に出てくる漫画化Cは、最近男性人権にも少し余裕を見せ始めた。

きっかけは、女性人権仲間がトランス女性女性から排除しようと差別した事だった。

その流れでLGBTQでも、生まれもった性別でだけ判断するべきという主張が暴走した。

彼女BL作家で、LGBTQ友好者として、許せなかったようだ。(BL嗜好者からのLGBTQへの態度や捉え方はまだまだ問題があるとしても)

いまでさえ男性嫌悪的な部分はまだまだ強いが、つい最近、「誰であっても、たか属性によって他人に決めつけられる事」への反対表明をしていてホッとした。

---

ここで余談であるが、自分純粋日本人ではない。育ったのは日本と、アメリカ

ルーツ母国に、こだわる感覚が少しばかり薄い。

からこそ、◯◯人は、あの国は、この国は、という言い方に抵抗を感じる。

自国の事だから言っていいものでも、ルーツがその国だから言っていいものでも、ましてや理由さえあれば他者の国について言っていいものでもない。

自分も、制度政治や仕組みや慣習について、変えてほしい、これはおかしい、とよく言っている。

けれど、大きな主語属性を指して貶めることはけしてしないように注意している。

それとこれとは別だからだ。

それを指して全てをダメだと終わらせるのは、変えたいという前向きな人達まで否定してしまう、それが、先の漫画家たちのように好き嫌いという個人の嗜好で行われているならなおさら

じゃあ問題に対して声をそもそもあげなければいい、と言うかもしれないが、被害者の口を塞ぐものであってはならない。

正当な怒りや正当な批判という入り口自体は間違っていないと思っている。出口がヘイトにすり変わっているだけで。

---

自分の周りは漫画家だらけなので嗜好が見えやすく、こういう内容になったが、あらゆるグループ集団のなかでも行われているであろうと想像する。

これを、ここまで読んでくれた人達の身近ではどうだろうか。

嫌いな人の人権に対する態度、でその人の人権意識が分かる、と自分は思う。

好きな人人権を守りたいのは当然だか、嫌いな人に対してはどうだろう。

人権は誰にでもあるものだと忘れてないだろうか。

---

最後に、

これを読んで「漫画家ってそうなんだ」って思った人がいたら、それは違う。

それこそが、都合のいい例を使って属性で決めつける差別に他ならないからだ。

漫画家人間で、個人で、個々に人格がある。

この「自分の周りの漫画家の話」は事実であるか、それとも作り話であるか、読んでいる人にはきっと永遠にからない。都合の良い実例としても、とても杜撰な例でしかない。

自分漫画家だが、こんなヘイト差別もしない!」

そう、思った漫画家がいたらぜひそれを表明してほしい。

属性で大きな主語で、自分の嗜好を理由差別をしない、その表明はとてもとても大切なものだ。

どうかどうか大きな声で言ってほしい。

2019-04-26

母親と関わりたくない

ここ数年毒親とか、虐待に対する定義がしっかり周りに浸透してきたように感じる

から私も生まれから今までずっと、親に対するもやもやした気持ちが明確に言葉で表せるようになったのはここ数年か、1年前くらいからかもしれない

私は友人も少ないのでここに書きたい

私は5人家族の長女で、下には順に弟、妹が居るのだが何かと殴られたり怒鳴られるのは私が一番多かったと思う

正直子供の頃の思い出はあまり覚えてない

ただ一番古い記憶母親の膝の上ではやく幼稚園に行きたい、と甘えながら言っていた所から始まる

あともう少し大きくなってからね、と撫でられたのもずっと忘れたことはない

その次に古い記憶幼稚園に入ってからライターリモコンなど机の上にあるものを投げられながら怒鳴られていたものだったと思う

不思議なことにわたしは怒鳴られたり、殴られたりされた記憶はあるのにどうして怒られたのか理由はさっぱり思い出せない

ただ、いつも怒られる時のお決まりパターンは覚えている

母が笑顔からすっと真顔になって黙り、目の前で土下座することを言いつけられる。

わたしは母に向かい合って座って、たばこに火をつけるのを見て今から説教が始まるのだと膝に目を落とす。

その後こっちを見ろ、と言いつけられて煙を吐く母から目をじっと睨まれてまさに蛇に睨まれた蛙の状態になっていた。

低い声で怒られる所からだんだんヒートアップして怒鳴られるまではだいたい一時間

あとは物を投げられ、髪を引っ張られたまま家中を歩いて、殴られたり蹴られたりするのを一時間

そのあとは暗い電気を消したトイレにもう父親が帰ってくるまで閉じ込められることもあったし、そうでなければもう一時間土下座したままの状態で母が何か許しの声を掛けてくれるのを待っていた。

殴られたり蹴られたりされるのは時に長くなったから、わたしは暗がりのトイレに閉じ込められるのが一番良かった。

そこでは母親が怒鳴ってこないし、正座をしたあと頭を床に下げて土下座をしたまま一時間過ごすことも無かったから足は痛くないし、何もされないトイレが一番落ち着け場所だった。効果がないと思ったのかあまりトイレに閉じ込められることもなかったけど。

髪を引っ張られるのが一番嫌だったかもしれない、髪を掴んだまま家中を引きずられて、そのまま殴られるから自由がきかない分腕でガードも出来ないのですごく痛かったのだ。

そのうちガードも禁じられて、自分で庇いそうになる腕をこらえるようになったのであまり意味はなかったが。

でも一番あれが嫌で、手を離した母の手のひらにごっそりと自分の髪の毛が絡みついてて禿げてしまっているのではないかと何度か思っていた。でも、禿げてしまえば捕まえられることもないのでそうなりたいとも同時に思っていたように思う。

小学5年の頃だったか1度バリカンで髪を刈るかと言われて、素直に座っていたらそうされなくて残念に思ったほどだった。

こうして文章に書くとそういえばこういうこともされた、とか色々思い出すけど書ききれないので今回はとりあえず書かないことにする。

とにかく私にはこういう思い出がたくさんあって、どれも理由は全て思い出せないけどそれが高校に入るくらいまでは続いていたように思う。

高校に入ってから暴力がなくなったのは何故か分からないけど、多分高校はいつ辞めてもいいと思っていたし極力その頃には関わらないようにしていたからかもしれない。いつ逃げても、死んでもいいと思っていた。

母親がずっと嫌いだった。明確に嫌いだと思ったのは多分小6くらいから。

死んで欲しいと思っていたし、実際そうすればいいのかもしれないとずっと考えていた。同じ経験を持つ人はみんなそうだと思うけど、その感情も殺して耐えて生きてきたのではないだろうか。

結局それは実行しなくて、私はそんな自分も嫌で中学の頃には死んでしまいたいと思うようになった。

表情全てが無くなっていて、その頃の写真は少ないけど全部無表情だった。

何をしても無表情な私は母に気持ち悪いと言われてまた叩かれた。

何が言いたいかというと、わたしはこれを成人してから虐待だと思っていなかったし、虐待子供を殺す親の行為のことでわたしはまだ愛情を持って接してもらっているんだと思っていた

実際叩かれる時以外は機嫌をそこねなければ普通だったし、物も必要ものは与えられていた

正直今も虐待じゃないのではないかと思っている、自分の甘えなのかもしれないと

ずっと優しくされたかった

相談をしたら親身になって欲しかったし、話を聞いて欲しかった

わたしのあげたプレゼントを妹にあげたり、弟にあげたりしないでほしかった

わたしのもの勝手にあげるのもやめて欲しかった

わたしの話を聞いてほしかった

1年前に家を出て、色々と目が覚めた感じがする

もう今年で25なのでこれを機に精神的な親離れをしようと思う

結婚も、子供も作らない。子供は育てられたようにしか育てられないと思うから

理由は聞かれることはないだろうけどもし聞かれたら母にはそう説明しようと思う

もし同じ経験をしている人がいたら一刻も早く家を出ることをおすすめする

それがどうであれ新しい視点を持てるので、ずっと今より楽になると思う

わたしはこれでわたしが母を嫌いなのではなく、優しくされない逆恨みをしていたのだと気づくことができた

そういったことで母親とは今後関わりたくないのだが、今考えているのは介護問題

わたしは今准看護師なのだがもし介護をしてくれと言われたら、と最近は考えている

今は嫌いではないのでどうにか関わらなくていいようにしたいが、嫌いではないので気が早いがどこか良い介護施設を見つけなくてはならないなと思っている

ちなみに父親が今まで話には出てこなかったが、父親はずっと無関心だった

から話を聞いて欲しいとか思ったことは一度もない、わたしに興味は今まで一度も抱いたことないのではなかろうか?

でも母と一番上手くやれているのは父なのかもしれない、今後も上手くやって欲しいと思う

2019-04-21

退職時に有給休暇を消化できなかった話

以前、書こうと思ってたけど、一度もういいやと思ってたこと。

ふと言われた言葉を思い出してしまい、思い立ったので書き捨てておく。

これはアルファシステムズをやめたときの話。

自分客先常駐だった。

4ヶ月前に年度末に退職したいことを報告。

退社にあたって社内で話を通す必要があり、待ってと言われ、ひと月くらい進展はなかった。

退職前月の半ばごろに、退職予定の10日前に撤退ね、有給は適度にとってくれと言われた。

有給休暇を消化したかったのですが、できないんですかね?と課長に聞くと、

退職したいっていったとき有給休暇消化したいなんて聞いてないけど?」

「そこまで見なきゃいけないのか」

「こういうとこ甘えてるけど転職して大丈夫か?」

「お前の権利じゃん?」

みたいなことは言われた。

最後のは自分自身の権利に対してあまり無頓着だったと結構心にきた。

わりと課長ヒートアップしてたのと

完全に自分に非があったのでコミニュケーションミスでしたね、とスパッとまとめて終わりにした。

その前後部長とも話す機会があり、

退職日を有給消化目的でズラすことは可能ですか?」と聞くと、

「難しいかな」

「年度を跨ぐと計画に入るから厳しい」

めっちゃ渋い顔された。

のでめんどくさくて、じゃあ大丈夫ですと言った。

結局、10日弱の有給休暇の権利を捨てて転職した。

退職にあたって常駐先の社員さんやお世話になった先輩や仲の良い同期と飲んだときに、だいたい「有給休暇は消化できた?」と聞かれる。

ざっくり話して「ちゃんと消化したいって言わなかったのでできませんでした🤪」っていうと、「えーマネージャー仕事だと思うけどね」とか言われる。

結構上司も悪かったのでは?と思いそうになる…笑

あと、有給休暇を消化できなかった話って多少なりとも誰かにするのって考えてるのか少し不思議に思った。

お客さんからは「まあSIerなんてね…」みたいに言われるし、同期からは「うちらいね」と言われる。

ま、きっと大した影響じゃあないんだと思う。

それなら自分増田に社名出して書き捨ててもいいんじゃね、と思った。

ここまで書いて穏やかな気持ちになった。

こんな日記をここまで読んでくれた人へ、ごめんなさい、ありがとう

それではおやすみなさい。

2019-04-20

anond:20190420162940

いや、それでもトラバトップページ埋めまくった方が注目されるだろ。

問題なのは2、3人がヒートアップするだけで他の増田が全く目立たなくなることだよ。

2019-04-13

youtube事件 VAZいじめ給与未払い問題についてのまとめ

VAZという会社所属するわかにゃん(登録者数16.5万人)という女性youtuberが二つの件を告白

・同社所属の他クリエイター複数人グループいじめられてる。陰口を叩かれたりハブかれたりしてる

・VAZがわかにゃんに対して給与未払い

解決するために別の配信者「ヒカル登録者300万人)」「よりひと(登録者数63万人)」「kimono(登録者11万人)」の三人が話し合いの場を設ける

いじめに関しては当人同士を話し合わせて解決した。

その結果はこうである

事実ではあるが、いじめというよりは個人間のトラブル

いじめた側の女性youtuber「かす(登録者数48万人)」がある男性に対して恋愛感情を抱いており、わかにゃんはそのことを知っていたにも関わらずその男性とSEXゲーム王様ゲームの内容を過激にしたもの)をして遊んだ

・その事でわかにゃんはかすに避けられるようになるが、インスタグラムにてわかにゃんはかすの態度に対して愚痴を言っていた。更に他の人の愚痴もついでに言っていた

・この事でわかにゃんが複数から嫌われていただけであった

この話し合いの結果、いじめた側はわかにゃんに謝罪、わかにゃんはVAZの退社を決意して和解

いじめ事件説明和解する旨を説明する動画を全員で撮影し、わかにゃんのチャンネルにアップ。

いじめメンバー「傷つけた事は事実申し訳ない」

かにゃん「リスナー共こいつらの事責めんでやっといてなw」

当人達で「勝手動画を削除したりしないこと」という取り決めをしていじめ問題解決

VAZと給与未払いに関しては未だ係争中。

VAZ側は

・わかにゃんの個人チャンネル動画広告報酬は全てgoogleから直接わかにゃんに支払われてる。

・他複数人グループチャンネルを作りたいとの事で、それを作って経費等を引いた分を折半ということになった

・そしたらわかにゃんはそのチャンネルの全ての動画を非公開にして、他会社所属男性youtuber彼氏)とのカップルチャンネル勝手に変えてしまった

動画編集権などをわかにゃんが一方的に主張し、VAZとの合意なしに押し通してしまった。

カップルチャンネル報酬もわかにゃんに直接振り込まれるように変更してほしいという要請があったか12月5日の時点で変更済み。しかしそれが適用されるのは1月からになる。

カップルチャンネル報酬については未払いはなかったが遅延はあった

しかしそれは「保証人とか面倒だろうからVAZ名義で家を借りてやるよ!そのかわり金は払ってな!」というシステムをわかにゃんが8月から利用する事になったのに契約締結後に一方的に支払いを拒否してしまったため、その家賃報酬から一部相殺したためである

・初期費用1月分までの家賃など諸々合わせてまだ125万くらい残ってる

等と書かれたプレスリリースを発表した。

かにゃんはこれに対して反論するも、その反論の中に異様な物が含まれていた。

いじめについての事が書かれてない!私は被害者なのに!会社が握りつぶそうとしてるんだ!」

そもそもいじめについては個人間で解決し、VAZという会社は全く関係がなかったのに急にここでいじめ問題を掘り返したのだ。

そして「勝手に消したりしない事」と約束したいじめ和解動画を無断で削除してなかったことにしてしまう。

これに対し、事態収束を手伝ったよりひと達は「なんだこいつ…」と冷ややかな目で見ていた。

冷ややかな周囲に反してわかにゃんは更にヒートアップしていく

そもそもあのいじめ問題和解動画台本があったに違いない!」

ヒカルが後輩潰しをしたかったんだ!」

「VAZとよりひとが共謀して事態の沈静化を計ってる!」

と、デイリー新潮ネタを売り込んだ

ヒカルに関しては

・「もし金に困ってるならとりあえず立て替えて俺が払ったってもええで?(その代わりツイッターでその事話して俺の評価上げてや)」と手を差し伸べた

・元々VAZのクリエイターだと思われていたが11月の時点でVAZを退社していたので後輩つぶしをする意味がない

ーよりひとに関しては

そもそもVAZと仲が悪い。VAZの運営体質の悪い所は徹底的に叩く人間なのに共謀など持ちかけてはそれもネタにされてしまう。

VAZの未払い問題の真偽は不明だがこのように全く理にかなっていない噂を流して問題をかき乱してしまうわかにゃん

現在動画につくアンチコメントの削除に執心

そして業を煮やしたVAZ、ついに4/12

かにゃんへ訴訟宣言

これからが楽しみです

2019-04-07

新卒入社したヤフー退職した

在籍期間は約2年。これは組織所属する期間として短いものかもしれない。

たった2年である。されど2年。鬱憤が溜まるには十分すぎる時間であった。

嘘つき

新卒採用ページの初年度年収は嘘である個人的に一番不満のあった点なので最初に触れておきたい。

ヤフー新卒採用ページを見ると以下のように書かれている(修士場合)。

約468万円(基準給与242,000円/月+25時間相当分の固定時間外手当47,266円/月+賞与等)

私の「初年度」という言葉に対する解釈4月〜翌年3月12ヶ月間」が正しいのであれば、この内容は誤っていることになる。

実態から言うと、初年度年収は468万ではなく410万あたりなのだ

重箱の隅をつつくような指摘と捉えられるかもしれないが、私としては見逃し難い点であったので深掘りしていく。

これが誤りだと主張するに足る最も大きなものとして、初年度の社員は年2回ある賞与のうち1度しかもらえない事が挙げられる。

ヤフーでは4月10月賞与月であり、それぞれ基本給の約2.5ヶ月分の賞与評価によって多少変動するが初年度の変動はなし)となる。

ただ、新卒社員4月にもらうことはない(仮に6・12タイプだとしても、通常6月にもらえるのはいわゆる寸志だろう)。

まり

(242,000 + 47,266 ) × 12 + 242,000 × 2.5 × 1 = 4,076,192

約410万円である

いかがなものだろうか。個人的に60万前後の差額は無視してよいものではないと思う。

ではここで、上文に書かれている「賞与等」の解釈を変え、残業時間考慮している路線を考えてみる。

対象職種エンジニア

条件として、最初の4〜6月は全体研修残業が許されていないため、7月から3月の9ヶ月でできる残業時間対象となる。

また、残業時間が45時間を越えていいのは年6回まで、かつ上限は80時間である

加えて、初年度の1年間での昇給基本的になかったので、1時間あたりの残業代は固定とする。

これを踏まえた上で計算してみる。

「25時間相当分の固定時間外手当47,266円/月」とあるので、残業1900円/時となる。

80時間残業半年間続け、残りの3ヶ月は45時間残業をしたとする。

1900 × ((80 - 25) × 6 + (45 - 25) × 3) = 741,000 円/9ヶ月

これを先程の4,076,192円に加えると、4,817,192円である

なんと、468万を超えた。失敬。

新卒採用ページの初年度年収は嘘である。」と冒頭で言ってしまったが、嘘つきは私のほうだった。


さて、これを読んでどう感じただろう。

こんなことはよくある、で済ませていいものとは思わない。

実現可能から誤りではない、というのは誠実さを欠いている。

(「残業80時間を年6回なら別に苦ではない、むしろこの業界なら当たり前では」といった類のコメントは一旦跳ね除けさせてほしい)

それに45時間を1度でも超えれば上長から指摘を受けるし、6回も超える事例が実際にあるのかと言われれば極めて少数派である

給与企業を選ぶ上で重要ポイントの一つだ。

このような書き方がされていれば新卒1年目にもらえる下限年収のように感じても不思議ではない。少なくとも私はそう感じていた。

これはいつだったか転職ドラフト炎上していたときと同じ流れだ。

[転職ドラフト経由でY社の内定貰ったけど](https://anond.hatelabo.jp/20160925170021)

正しい情報ミスリードなく伝えるのが企業としての在り方ではないだろうか。

THE 虚無研修

はい拍手!」「パチパチパチパチ」

社会に解き放たれて最初に見た異様な光景である

最初の2週間はビジネスエンジニアデザイナーの3職種合同で様々な研修を受ける。研修の内容は多岐にわたり、当然ビジネスマナー研修もあった。

研修中初期はPCを開くことを許可されておらず、みんな紙にメモをとっていた。自分メモをとらなかった。

6人で1つの机にまとめられ、座学の合間にやたらと個人ワーク・グループワークを要求される。特にグループワークが苦で苦で仕方がなかった。

グループワークは、都度いくつかのグループが話し合った内容を発表するよう当てられる。

話し終えると「はい拍手!」と司会役を務める人事の方が声をかける。そして拍手

約300人が回答者に向かって一斉に拍手するのだ。時代錯誤も甚だしい。

この研修を通して、付箋とペンに対してアレルギー反応を示すようになった人も多いと思われる。

グループワーク確定アイテムは勘弁願いたい。

人事の方の話し方もさながら小中学校教師を想起させる。

今年度でもその形式が続いているのであれば退職希望者を増やすだけなので早急にやめたほうがいい。

そして、全職種合同の研修を終えた後はエンジニアのみに用意された研修が続く。

内容は外部講師によるLinux研修Java研修・チーム開発と

ヤフーの用意したチーム開発、である

先に言っておくと外部講師による研修は残念すぎた。不要不毛。不服。

まずはじめにWindows PCを貸与され、それで戦うことを強要される。

一方で、ヤフーでの業務に使う貸与PCエンジニアならMacのみである。なんということだろう。

そして外部講師企画のチーム開発は「雑に集めたメンバーハッカソン」というタイトルが正しい(ここでもまだWindowsのまま)。

LinuxJava研修で学んだ内容を活かせる場面は決して多くなく、チーム内の優秀な人がひたすらにリードする形式だった。

チームによってはリードされる側は「なんかすごいのが出来上がっていく(が仕組みはよくわからない)」、リードする側は「この時間意味があるのだろうか」と誰得雰囲気が出来上がる。

その後、チーム開発研修についてもフィードバックする機会があったのだが、

とある同僚は

チームメンバーgitの使い方を教えないといけない場面があった。gitコマンドに初めて触れるような人をエンジニアとして採用するのはどうなんだ

というコメントを残していた。

なかなかに攻めているなと思ったものの、振り返ってみれば全くそのとおりである

gitコマンド触ったことない=初心者、が必ずしも成り立つわけではないがWeb業界エンジニアにはある程度当てはまるのではないだろうか。

そして未経験者を採用するメリットはよくわからない。

ここで、研修から採用についての言及シフトする。

同僚のコメントも受け、採用サイドに苦言を呈するのであればクックパッドの方の言葉をそのままお借りしたい。

クックパッドでは、新卒であってもプログラミング経験者は基本的エンジニアとしては採用しません。

なぜか?というと、学生のうちにプログラミングソフトウェア、あるいはサービスを作る事に興味を持ち、それを仕事にしたいと思っているのに、手を動かさな理由はないんですよね。

[クックパッド 星氏「新卒でも技術力を重視、尖ったエンジニアエキスパート枠として採用」《新卒エンジニア育成カイギ その5》 |](https://blog.codecamp.jp/engineer-training-cookpad-part1)

ここから主観的意見が強くなることを先に断っておく。

また、ヤフーが「世界通用する tech company を目指す」と謳っていることも踏まえる。

今でも不思議しかたないのは、私の知る極めて優秀な後輩2名がエンジニアとの面談に行く前に落とされてしまたことだ(1人は今GAFAにいる)。

もちろん、面接での受け答えがうまくいかなかったのかもしれないが、それならそれで持っている技術の良し悪しをはかる以前に「面接うまい人材」が重視されていることにほかならない。

技術さえあれば、コミュニケーションがとれなくていいと言っているわけではない。

一方で、面接で落ちたからと言ってコミュニケーションがとれていない、とも思わないが。

ことエンジニア採用に関して言えば、GitHubやホワイトボードコーディングで見られる技術に関する蓄積や瞬発力、

リサーチャー寄り(機械学習エンジニアなど)であれば関連領域論文実績等に比重を置いてもよいと思う。

もちろん、採用する側が手を抜いているわけでないことは重々承知している。

ヤフー含め、多くの企業採用に苦戦していることを鑑みると、採用のものがとても困難なプロセスであることは明らかである

加えて、GitHub等を見たとしても応募者の技術力を正確に測ることは難しい。

ただ「世界通用する tech company を目指す」 のであれば、まず人材技術力ありきではないだろうか。

ヤフーにはヤフー採用戦略があり、一個人が偉そうに言えるものではないので(十分語り尽くしているけれど)このあたりで大人しくする。

研修の虚無さについて書いているつもりが、いつの間にか採用云々についてヒートアップしてしまった。

無理やりまとめるならば、研修採用において間違った方向に舵が切られていると感じた次第である

悪名高きバリュ評価

人事評価永遠課題である

誰もが納得する適切な評価なんてもの不可能

ただ多くの人が納得のいかない評価制度直ちに改善されるべきであり、決して惰性で運用されてはならない。

ここではこの4月廃止されることになったバリュ評価に触れる

採用ページからバリュ評価に対する言及が消えていることは確認済み)。

廃止されたからこそ、この場を借りて言いたい放題言わせてほしい。

一言で言えば、ヤフーもつ5つのバリューに沿って360評価を行うものである

Japanese Traditional Big Company の実施する年功序列よりは億倍まともだし、360評価といえば聞こえはいいが、

このバリュ評価がきちんと機能していたかと言われれば疑問符が浮かび上がる。

まずはじめに、個人的にはバリューの内容自体が謎であった。

バリューはリンク先のピラミッド最下段にある5つの項目だ。

[Yahoo! JAPANミッションビジョンバリュー - ヤフー株式会社](https://about.yahoo.co.jp/info/mission/)

謎だ。

それぞれ自分なりの解釈を交えると以下のようになる。



やはりわからない。

重複しているようにも感じるし、「やりぬく」あたりはもう一つのパフォーマンス評価説明割愛)が担っているようにも感じる。

各々によって解釈も異なるはずである(もし社員認識が合っていたのであれば今すぐに全力で謝罪する)。

ゆえにこれに即した評価結果も際どいものであった。

評価された側も結局よくわからないのだ。

加えて、昇給額の上限がある程度決まっており、いくら成果を出そうと結局のところ全社的にはそこまで大きな差がつかないようになっていた。

本当にとびきり優秀でなければ従来の枠組みを越えることはない。

余談だが、給与を上げる方法はやはり転職である

先輩社員も口をそろえて言っていた。

給料を大きく上げるなら転職したほうが早い、そして数年経ったら戻ってこればいい、と(実際、自分場合は550万 → 700万前後転職となった)。

これはおそらくヤフーに限った話ではなく、転職による給与ハックがWeb界隈全体に蔓延っていることに起因するので仕方ないともいえる。

閑話休題

いろいろな経緯のもと、この4月より廃止となったバリュ評価

今ではパフォーマンス評価のみになったが、やはり評価に対する不満の声はいくらでも聞こえてくる。いくらかマシになったのかもしれないがやはり難しい。

人事評価永遠課題なのである

部署ガチャ外せば待つの地獄


幸い、自分はこれに該当せず外野からコメントになる。

世はAI時代。院卒の新入社員は、多くがデータサイエンス部署なるものを志望していた。

学部卒でも志望している人は少数ながらいた。

しかし蓋を開けてみると、ほとんどはデータサイエンスに全く関係ない部署に配属となった。

データサイエンス部署に限って言えば、一番必要なのは東大もしくは京大を出ているか、そうでなければ運である

配属先のハズレを引いた場合、待っているのは市場価値の大暴落

こればかりは巨大な企業なら日常茶飯事かもしれないが、現実を受け止めるには時間がかかるものである

人気アトラクションエレベータ

最後に、社外の人から見れば些細なこと、しかし多くの社員が日々思っていることであろう不満で締めてみたい。

何を隠そう、名物エレベータ行列である

毎朝絶えること無く形成される長蛇の列、まさに地獄絵図。阿鼻叫喚とも言える。

悲惨な状況を表す言葉ならいずれも当てはまるだろう。

ヤフーでの出勤の定義は「執務エリアに入り社内Wi-Fi下で打刻アプリを起動しボタンを押下」である

これを10:00までに行わないといけないのだが、入り口エレベータまわりでは9:40あたりから徐々に変化が現れる。

気づけば、建物に入ってから執務エリアに着くまで10分以上要することになる。

まり、この行列の待ち時間計算に入れて通勤しないといけないのだ。

スマホでも眺めながら行列が少しずつ進むのを待つ。

これを毎日経験するのは気が滅入る。ただでさえ電車通勤疲弊しているというのに。

もっと余裕をもって出勤すればいいのでは、という声もあるだろう。ごもっとである

しかし、時間をずらせばずらすほど電車密度は増加してしまう。

これもできるのであれば避けたいし、個人的にはエレベータ行列の方が鉄の箱にすし詰めされるよりマシであった。

あくま相対的な話ではあるが。

では、徒歩圏内に住むというのはどうだろう。

これも金銭面で相当にきつかった。

仮に自転車圏内だとしても、私の求めた最低限の生活風呂トイレに行きたいときにいける)を送るには80,000円を軽く超える。

家賃手取り月給の1/3程度が目安とよく言われているが、就職を期に上京してきた自分金銭感覚からすると家賃に80,000円を払う決断最後までできなかった。

そして近くに住んでいたとしても、電車通勤から解放されるされるだけで、早く出ないのであれば結局エレベータ行列に悩まされることになる。

少し主観的意見(というか言い訳)が長くなってしまった。

ということで、この燦々たる状況に対する企業側の動きにも触れておきたい。

結論から言うと、行列に対する直接的なアプローチは何一つ無かった。

どこかのチャンネル(≠slack)で議論されていたりもしたが「待ち時間に何か楽しめるものがあればいい」というのもあり、まったくもって根本解決していないなとなった。

うまくたとえられているかからないが、「料理が不味い」ときに「美味しく感じられるよう空腹にさせてやる」というものが近い。

唯一の救いは、月5回まで利用できるリモートワーク制度である

が、ヤフーリモートフレンドリーであってリモートファーストではないし、みんながみんなリモートワークに慣れ親しんでいるわけでもない。

加えて、エンジニアデザイナー職だろうとマネジメント業務を担い始めた途端にリモートワークは難しくなる。銀の弾丸ではないのだ。

話が発散しているが、エレベータ行列が極めて悲惨ものであった、言いたいことはただそれだけである

もちろん悪いところばかりではない

当然である。がポジティブな面は調べてもらえればいくらでも出てくるので割愛する。

様々な制度メディアで幾度となく取り上げられているし、給与についてもvorkersや有価証券報告書をみればだいたいわかる。

株価はさておき、業績だって順調。

優秀な社員もたくさんいるし、サービスの規模的にもやりがいを感じられる場面は多いはずだ。

そして、悪いところをずっと放置し続けるような企業でもない(と信じている)。

まとめ

結局、自身備忘録みたいなものになってしまった。

まとめるにも思い思いに書きなぐっただけなので特にメッセージもない。

とある社員が不満を述べながら辞めていった、そのくらいで受け取ってもらえれば幸いである。

2019-04-05

anond:20190403215630

だってたかオタク趣味に正しさを押し付けバカが増えすぎたんだ

からオタクの側だって正しさ棍棒に対抗するために、ああやって理論武装しなきゃいけなくなった

今やスターウォーズにすら不自然まりないポリコレ作品世界の外部からゴリ押しされるような世の中になってしまっている

そりゃ、今けもフレやら何やらでヒートアップしてる連中を決して擁護はできないが、そもそも火種を持ち込んだのはよその連中なんだよ

2019-03-30

anond:20171129004237

この記事を書いてから1年以上経ちました。

同棲が始まって、一年間彼と一緒に暮らして、結婚して。私もひとつ、大きな目標を達成することができたりして。

それを成し遂げるまでのあいだに、彼との間で培われた色んな経験エピソードが生まれました。

日々のねぎらいやいたわりの積み重ね、毎日の世話も苦にしないエピソード

それをほかの誰かに「こんな人なんだよ」って語るだけで、もう、すぐに伝わるようになりました。

「その人、どれだけすごい人なんだ?」「旦那さんは何者なんだ?」

同居し始めてからの彼の普通でなさはヒートアップしてて、相変わらず得体が知れないけど、でも、人に話しやすい特徴もたくさん増えた。

そして、日常エピソードもたくさん生み出された。

それら全てが、彼の優しさが本物である証明できる材料になった。

おめでとう。あのときの私。

彼の価値がほかの人にも分かってもらえるようになりました。

20年かからなかったよ。たった一年の同居で、あの時あなたが望むものが手に入ったよ。

2019-03-27

anond:20190327021615

「それで叩ける」という異常者が少しいるだけでしょ?

ここにも常駐してるね。

フェミがしつこくネットに書くようになったら、逆も起きる。

ただ、女は男より周りを見るから、それで叩き返されたらやめちゃうかもしれない。叩く男はむしろ叩かれることが快感になってヒートアップするまで異次元に落ちてるだけ。

なんか弱そうな奴に偉そうにしてマウントしたい奴の闇というのがネット時代になって広がってるだけ。

新自由主義で、金持ちや、大企業や、神社周りのような「権威」に従えという声がでかいのもそれ。その1つが男という「権威」に女は従えっての。

陛下譲位について国民に気を配って質素にと言ってるのに、取り巻きがその陛下批判し、天皇大権をふりかざして迷惑をかける。それは「権威者」として周りをぶん回すのが気持ちがいいから。

2019-03-19

anond:20190319184857

後、お前と思われるのものがいろいろ見受けられるが、お前、色んな物に反応し過ぎなんだわ。

のものズバリ草薙龍瞬「反応しない練習」とかいう本を買うか図書館で借りてみ。

仏教系だけど、でも、人の心についての洞察があるから。作者もそれなりに苦しんであがいたタイプ僧侶だ。

ああ、でも仏教からいいと言ってセミナーかにはいかんようにな。草薙氏のならともかく、君みたいに頭ヒートアップしてるやつを鴨にするタイプセミナーいっぱいあるから

2019-03-14

頑張り屋な彼が大好きな話。


私は今を輝く関西ジャニーズJr.のひとりに夢中になっている。今年に入ってから急に関西の波が来た。何故だかは分からない、でも今まで干されていた関西かやっと世間からスポットライトを当てられた。物凄く嬉しい事だった。1月の後半頃急に関西ジャニーズJr.RIDE ON TIMEの密着が決まった。ツイッターでは「嬉しい」「キンプリの流れに乗れてる」そんな風に書いてあった。私もそう思った中のひとりだった。

2月8日第一回目の放送。私は胸を弾ませながらしっかりと視聴した。関西らしい雰囲気関西ならではの家族感が伝わってきて微笑ましくなった。次回も楽しみだな、早く来週にならないのかそう思った。

2月15日第二回目の放送。やっと観れる、今回は推しが多く映るかな。そう思いながら放送時間になるのをそわそわしながら待った。案の定私の推しが映るのは多かった。可愛いなそう純粋に思った。エンドロールと共に流れた次回予告の映像。誰かが怒られている。そこから雲行きが怪しくなった。私の心もザワザワしていた。

2月22日第三回目の放送。やっとあの場面の真相が分かる。心の奥にあるザワザワをスッキリさせたい、そう思いながら見始めた。その場面がやってきた。3人が怒られている。そしてその中に私の推しもいた。怒られていた内容は彼らの練習に対する意欲についてだった。私は単純に「やらせ感」が見えた気がした。どうせ番組側が起承転結を求めてるのだろう。きっと台本があるのだろう。そう思った。でもどんな形でも怒ってくれる人がメンバー内にいてよかったねとも思った。そして怒られてすぐそれぞれに行動を起こし始めた3人を見て感動した。放送を見てスッキリした私はそのまますぐに寝た。次の日いつも通りに起きてツイッターを開いた。一番に目に止まった推し名前。皆んなが私の推しの事を話していた。なんだろうそう疑問に思ってすぐ検索を掛けた。名前を打ってすぐ、横に「やる気」「態度」と書かれていた。半分状況に追いつけないまま私はその文字タップした。タップした瞬間並ぶ私の推しに対しての不満、いや大半が悪口だった。怒られた後楽から出てくる3人を写した場面についての話。どうやら私の推しの態度が悪かったらしい。私はそれを見て「たったそれだけの事で」と最初はそう思った。でも時間が経つに連れ段々ヒートアップしていく彼への意見。私は2つのツイートに怒りを覚えた。1つはいつもダンスにやる気がないと言うツイート。これに関しては怒られた話とは全く関係がない。確かに彼はスカしたダンスをする。けれどそれは大先輩から意見をしっかりと活かして健気にそれを守っているからこそのダンスだ。それを知らない他グループから「やる気がない」そう思われるのは正直覚悟していた事で仕方ない事だと思っていた。けれどそれをツイートしていたのは彼のファンだった。彼のダンス理由を知っているはずなのにどうしてそんな事が言えるのか。意味が分からなかった。2つ目は彼が出てくるとき舌打ちをしていたと言うツイート。私はすぐに見直した、何度も何度も巻き戻した。けれどそんな事実はなかった。どうしてこんな嘘をつかれなきゃいけないのか。腹が立った。それと同時に悔しくもなった。そして3人の中の2人(此処ではA君B君と記載する)A君は楽屋から出てくる態度が物凄くよかった。側から見た私でもそう思った。でもB君と私の推しはさほど変わらない態度だった。それなのにネット上に名前が乗るは私の推しだけ。自分推しを褒める為だけに彼が利用されていた。「B君は○○より態度悪くないよね」なんて比べられた。普段からチャラい彼だからこそ此処まで偏見を持たれるのか。正直自分推しを煽てる為だけに彼が非難されている。その事実が私にとっては精神不安定にさせる材料しかなかった。いつの間にか頬に伝う雫。その雫は止まる事を知らなかった。この涙は悲しい涙、みんなはそう思うかもしれない。そして私以外に泣いた彼のファンが流した涙は悲し涙だったのかもしれない。けど私の涙は悔し涙だった。その日私は学校を休んだ。一日中泣けばこの悔しさは消えると思った。何も変わらないのに。思った通り何も変わらなかった寧ろ悔しさは募った。編集側の悪意までも感じた。彼への非難は止まらない毎秒毎秒誰かが彼を悪く言う。ついには彼のファン私たちの事も悪く言われた。「○○のファンは甘すぎる」私は疑問に思った。何処が甘いんだ。確かに彼には悪い部分が無かったとは言い切れない、けど普段性格から偏見を持たれて思う存分叩いて自分推しを煽てて楽しんでいたのはお前らだろ。それに対して私たち意見を言うのは許されないのか。頭沸きすぎだろ。そう思った。それは何日間も続いた。

そして迎えた3月1日最終回放送日。彼への偏見を持たれたまま始まるストーリー。そしてメンバー2人が遠くへ行ってしまう。私の感情はごちゃごちゃだった。そして終わったRIDE ON TIME。結局番組は何を伝えたかったのか。私にはそれが分からなかった。今まで観て来た番組の中で一番意図が掴めなかった。

その夜私は彼が初めて雑誌の丸々1ページをひとりで飾った時の文を読んだ。そこに書いてあった彼の「グループ否定的意見を背負うのは自分」その言葉に余計胸が苦しくなった。顔が良いから運良くグループに入れて運良く此処にいるなんて言ってる人もいたが、いつ消えてもいつ干されてもおかしくない。数が多いが故埋もれるJr.もいる。そんなジャニーズJr.の中で彼が此処まで来たのは、スポットライトを浴びる事が出来ているのは確実に彼の努力があっての事だ。もちろん私如きの人間が彼の努力を分かっている。そんな偉そうな事を言う気はない。だけど努力なしではどう考えても此処まで来る事は出来ない。それは関西ジャニーズJr.を見てきた全員が分かっているはずだ。私の推しは偶に儚く脆い表情を浮かべる時がある。何を思っているのか分からない。けれど彼の中にはなにか強いものがある。それだけは分かった。メンバーとの別れ、泣きながらも必死最後まで歌い切った。お客さんにぎこちないけど笑顔を見せ続けた。そして自分グループを「家族は俺が守らないとダメ」なんて言い切る彼は必ずここから成長する。しないわけが無い。私はそんな彼を見守っていたい。一緒に成長して行きたい。誰が何と言おうと所詮私は自担至上主義だ。偏見を持たれる事がこれから先も他のメンバーよりも多いと思う。でもその度に泣いて欲しい。悔しい思いをして欲しい。弱みを見せて欲しい。マイナスな事だらけじゃ無い。泣いた君は強くなれる。誰よりも強くなれる。いつか彼が輝けるステージへ。私にはそう願う事しかできない。

2019-03-11

土俵に女上がってもいいやん

医療従事者を下ろしたり

巡業先の市長を端で挨拶させたりはさすがに土人宗教じみてるけど

伝統を通すなら通すで専門職を待機させるとか事前に説明して了承得て説明したりうまく回るよう事前準備しておけばいいのに

そこを土人並みのガバガバ具合でやるからヘイト買うし

差別糾弾側も0か100かみたいな話しかしないかヒートアップするし

伝統権利差別のあたりをそれぞれ別問題として整理して話つけられる人間が間に入ればいいんだろうけど

土人過激派フェミで言い争いさせたせいで焼け野原になったね

2019-03-10

スポーツ観戦好きって脳が沸いているんじゃないかと思うことがある

実在する選手やチームのプレイングに文句を言うのは

百歩譲ってわかるが(なぜお前がそれを言うのかという文句ほとんどだが)

ゲームシミュレーション上の架空のチームにすら

同じレベル文句を言い出してヒートアップしているんだよな

単にキレたいだけなんじゃないか

2019-03-07

anond:20190307205824

ちがうね、脳みそヒートアップして議論が成り立たないめんどくさい奴が多いからだよ。特にネトウヨ系。ああ、あと○○反対系も。

ボクササイズ見てると、女の敵って女なんだね

ボクシングでマススパーってある。簡潔に言うとすんどめでパンチ打ち合う。うちでは当てさせないけど、他所ではかるく当てるならセーフとかあるんじゃないかな。

でもまぁ当てんなって言っても、すぐヒートアップする会員さんの多いこと多いこと。不思議なくらい女性ばっかり。おっさんから若いから、男はそんな人ほぼいない。

女性も、老若問わず男性にはそんなむきにならない。女性同士だとすごく多い。

余りにも多いから、うちでは女性同士は鼻先にかすった風に見えたら即止める、って暗黙のルールがある。大袈裟心配して空気さないと、たまに振り抜く人もいる。

それなりに練習してきた人じゃないとさせないし、最初はできるから技術的な問題じゃないんだろうね。

しか男性にはやらないあたり、それやったら相手が嫌がる、怒るってわかってるんだね。

普段乱暴そうに見えない人から乱暴そうに見える人、どっちも多すぎ。

女性会員さんに二人で会ったとき聞いたんだけど、やっぱムキになっちゃうってね。怖いからって言ってたけど嘘か無自覚でしょ。男性との方がずっと怖いハズ。

自分の子だってバンバン虐待する女性多いし、弱いとみたら暴力振るうのは当然だね。単に自分より弱い人が見当たらないから、優しいって人も多そう。

2019-02-19

anond:20190219082441

元増田です。

こんなに叩かれるとは思わなかった。

ムキになって暴れてしますみませんでした。

バカにされたと思ってヒートアップしてしまった。

反省してます自演もしてました。

すぐバレて焦って💩使ったけど、それもバレててもうダメだと思った。

から荒らししまい本当にごめんなさい。

2019-02-09

anond:20190209025919

youtubeは、ツイッターネトウヨですら嘲笑するレベルトンデモネトウヨ的な「文字流れるだけの動画」が問題視されてだいぶ長いわけですが……

しかもそれで金が稼げるわけだからヒートアップするとの見方もあるわけで

2019-01-29

HTTPSくんについて anond:20190129175507

anond:20190116122504

別にanond:記法を使わずhttp:でトラバするのが悪いことだとは言わないけど


ヒートアップしてるツリーでそういう癖を出すと「やっぱりこっちサイドで頑張ってるの一人だけじゃん」ってすぐバレちゃう

anond:20190116122651

 ↓

https://anond.hatelabo.jp/20190116122651

anond多数派なんだ?半々かと思ってたけど


anond:20190116122939

 ↓

anond:20190116122939

anond圧倒的多数やな

変わり種で a href 使ってるおるヤツもおるが


こういうの


anond:20190116123733

 ↓

https://anond.hatelabo.jp/20190116122651

それは斬新な発想だね!タイトルにつける記法は2種類もあるから、これなら絶対他の人と被らないね

anond:20190116123218

 ↓

anond:20190116123218

ほんと斬新な発想だよね

百人に一人しか支持しないような珍しい発想と、十人に一人の書き癖をあわせ持つ人がたまたまこのツリーにだけたくさん現れて、話題が変わったらたまたま一斉に帰ってると考える方が圧倒的に自然なのにね

anond:20190116124100

2019-01-22

社会人デビューしたけど向いてなかった

何年か前に新卒採用をもらってサラリーマンになったのだが、向いていなかったと判断したので今夜上司辞表を出すことを連絡しようと思う。実名ブログに赤裸々に書くと親が哀しむのでここに書く。

理由は「いい加減睡眠時間生活にケリをつけて休みたい」とか「思ったより金がない」とか「掲示板で論争がヒートアップしたあと明け方までバトルを続けられる生活に戻りたい」とかもあるのだが、根本は「生きていくのは好きだけど仕事をするために生きるのは好きじゃない」ということに尽きる。

俺は自分の部屋に閉じこもるのが好きで、子供のころから股間を掻いていた。小説だったり漫画だったり、RPGツクール製のでリョナゲーでシコったり形態は様々だ。シコり終わったらウェブを回ったり友達スカイプしたりはしていたが、特に勉強をするつもりもなく、余った時間は寝ていた。そんなある日、気まぐれに新卒採用にでも送ってみようかと考えて就活した結果、まさか内定獲得。いつの間にか社会人になっていた。

その後卒論を書いたものが幸い卒業になり、嬉しいようなものもあれば嬉しくないものもありという感じで生きてきたのだが、最近自分限界を感じるというか、会社に向かうのが本当に苦痛になってきてしまった。

社会人デビューすると、学生のように自由に生きることはできない。億り人スーパーハカーくらいの大御所になれば生きたい人生を生きたいように生きれるのかもしれないが(でも億り人市場の変動にはやきもきすると言っていたっけ)、俺クラス新卒だとそうはいかない。こちらが非常識と思ったもの強要されることもあるし、ときにはまるで違う報告書魔改造されることもある。こちらが全く誠実と思えない上司方便を入れないと判子を押さないと言われることもあるし、そうやって無理やり通したたものが無事にすめばまだいいが、本社による調査で二週間詰められたりりする。もちろん嘘を交えての問題先送りはサヴァイヴにて必要プロセスだし、正直に書いたもの承認を通らないのは俺の実力不足のせいだが、一方でこういう生活を続けていて社会人を続けていく理由がよくわからなくなってきた。

よくビジネスマン向けの自己啓発として「お前は仕事がしたいのか、給料が貰いたいのか」というものがあり、「仕事がしたい」人のほうが社会に向いていると言われるが、俺は逆だと思う。「給料をもらいたい、社会的地位を手に入れたい」という人のほうが、社会人をするにははるかに向いている。彼らは上司意見をきちんと取り入れ、報告内容を忖度し、顧客との接待飲みすらエンジョイし、貪欲に生き残り続ける。そうやっているうちに強固な人脈を持つ社会人に化けたりする。俺のように「自己実現をしたい」だけの人間はそういうモチベーションがないので、自分が正しくないと感じる方向に改竄をしてまで資料を出すという動機がない。やりたい事をやって生きていられればいいのだがこれは天才戦略で、凡人がやると居場所を失って死ぬ。そしてただの凡人だった俺は、社会人として死ぬのだ。

というわけでこれから上司順次連絡してこのエントリを見せようと思う。これからネトゲにでも一日の大半を使って、だらだら貯金を使い尽くして死のうと思う。両親には謝りたい

元ネタ

https://anond.hatelabo.jp/20190122141644

2019-01-18

anond:20190117214358

ネトウヨ左翼も「ある方向に向かわせる」という連中は暴走やすい。

ましてや「自分たちの仲間」がいるから、リスクも仲間以外の周りの目を見る能力も失われてしまう。

選挙党派はある程度数な側面もあるが、「お仲間」以外の中立の連中も仲間にしないとならない。しかし、自分にとって敵か味方かだけでしか判断できなくなっている。

あいう「自分たちには仲間がいてその元突っ切れんだ。それ仲間の連中はみんな敵だ」って連中は距離をおいてかかるべきもの

ましてや、国民生活に密着する経済関係知識必要だ。ましてや、頭がヒートアップしていると、難しい問題ますます理解できない。

から典型的ネトウヨ典型的左翼知識いらなくても理解できて、問題そらしに使いやす韓国絡みとか軍事絡みとか性的マイノリティーの方ばかり見てるがな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん