「インスピレーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インスピレーションとは

2017-07-19

字画判断いらん派 ぜったいいらん

https://anond.hatelabo.jp/20170717145213

だって無い時のほうがぜったい幸せから

名づけるとき字画判断というものがない時って、たぶん先祖名前から一字もらったり、生まれた季節とか座右の書とか夫婦の思い出だとかから名前つけるでしょ。なんか奇想天外な名づけ方もあるんだろうけど。

政府許可している人名漢字しか使えないんだっけ、しばりはそのくらいしかないので、ほんと気持ちよく名付けられると思う。

名づけの瞬間にはきっと親としての祝福があり、希望があり、素敵な未来を子にあげる気分になれる。マイナス要素がない素晴らしいイベントになるよ。

字画判断が入ると好きな文字インスピレーションで選べず、字画の表から選択式になってしまう。やりたくもない数字パズルゲーム・・・だいたい良い点数の名前を選び出すわけだ。85点をめざしましょう・・・

なんか100点まんてん名前は無理なんだっけ?

それでプラス面はコレコレ、マイナス面は・・・、という結果をほーんと眺めるわけだけど、ながめてないで冷静に考えてよね。そのマイナス面っているの? 必要なの? 

オカルト必要だよーとか、信教の自由かいう人もいるけど、これってオカルトではなく、宗教上の言祝ぎでもなく、危険呪いひとつだ。

呪いは遠ざけねば。

呪いっていうのは素人でもかんたんにつくれる技術から巷にあふれているけれど、害が大きいので潰し続けなきゃいけないんよ。

たとえばわたし友達赤ちゃんの前で「赤ちゃんを小指で指さすとその子幸運が100増えるか100減るんだってさ、今私が考えたんだけど」とか言いながら小指であかちゃんを指差すと、これはなんかものすごい嫌な感じするでしょ。

そういう気持ち悪さをこの世に一杯増やしているんだよ、姓名占い

滅びといてと思うよ。

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623123309

静かな場所で目をつむり、暫く五感を刺激しない時間を作ってみてください。

その時に思い浮かぶイメージ思考感情を観察し受け流すことを続けてください。

観察を続けると、普段生活の中で湧いてくる「イメージ思考感情」を認識意識的になれるようになっていきます

 

意識的であれるということは、不必要な「イメージ思考感情」に気づけるということであり、

それに向き合い内面をより良くする切っ掛けを作れます

 

また、必要な「イメージ思考感情」にも気づくことができるようになると、

インスピレーションを得やすくなったり、

自分の性善的な部分に気づけるようになります

 

そして、ネガティブ思考感情と、観察している自分が切り離されやすくなるため、

思考感情に飲み込まれることも減ります

 

そうやって不必要な部分を削ぎ落としていくことが、

内面を磨くという事なのではないかなと思う。

 

あなたの言う「己を知る」と少し意味が違うかもですが、

今の自分を知る事、気づくことが大事だなと感じる。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615120737

どう真似るかの問題なので・・・

AVからインスピレーションを得て経験フィードバックに基づいて攻め方を考えていく

AVの真似は危険、だからAVの真似はしない」と言うマニュアル人間セックスが下手そうだね

2017-06-12

面接最近ハマっていることは増田ですって言ったらダメだろうか

最近結構真剣増田楽しい

2chなんかは専用のスレに行ってしまうと色んな話が見れないし、vipとかでもやはり偏りがあるように思う。

色んな人の考えが(とは言え偏ってはいるが)見られるのは面白い

それにも増して、自分の考えをアウトプットする場としてとても楽しい

考えながらキーボードを叩くことで、インスピレーションが湧いてくる感じがする。

思考も整理できるし。

うまくいけばその考えに対して、誰かがコメントもしてくれるし。

でも多分印象よくないよな?

エンジニアとして転職活動してるんだが、それでもプラスにはならないのかなぁと迷っている

2017-05-30

メイドインアビス4巻までを読んでの感想

つくしあきひと氏の絵を初めて見たのは15、6年前のことである


当時から彼は特異な才能を持ったイラストレーターの一人として知られていた。当時は彼を含む様々なイラストレーター達が、個性的イラストホームページ上にアップロードしており、言わばその時期というのはネット上で活躍するイラストレーターの方々にとっての『黎明期』であったのではないかと今にして思われる。

まりは僕自身もそんな黎明期――『夜明け』の目撃者の一人であったということだ、何てことが言えるのかも知れない。


まあ、『ワシが育てた』とかそういうことを言いたいわけじゃないけれど。


とにかく当時は、センスに溢れるイラストレーターさん達が、その実力をアンダーグラウンド世界において遺憾なく発揮していたということである。あるいは彼らは一種の探窟者であったと言うことができるかもしれない。今となっては(つくしあきひと氏を含む)その一部だけしか生き残っていないという辺りも、あるいは彼らと強靭な探窟者達との共通点と言えるのかも知れない。


さて。

というわけで第四巻を先程読み終わった。素晴らしい巻であった。

深淵を辿って降りていく人の中の、もっとも先を行くもの、白笛の『黎明郷』のエピソードが続いている。


度し難い、とは正にこのことだろう。黎明郷の生命力秘密というのが何なのかについては敢えて口にしないが、その身体に相当な業(ごう)やらメカニズムやらが秘められているという事だけは間違いあるまい。

彼らのような人間現実にはそう存在しない。まあ一部の創作家とか、何らかの事柄に関する探求者といった人々は、ひょっとしたら白笛達のような度し難い探求者としての一面を持っているのかもしれないが、幸いながら僕はそういう人物との関わりを現実世界で持ったことが無い。大抵そういう人々というのは生活をする中で周囲の人間尊厳を食い潰していってしまものらしく、彼らの英雄譚を他人事として安全距離で聞いている内はむしろ幸せであるものの、まあ隣り合わせで生活していくとなってはこれは到底耐え難い事柄と言えるのだろう。パトロンや近親者を精神の淵にまで追いやった何人かの著作家のことを、僕としては数人思い出してみる次第である


ところで、彼ら『降りる者』の対比として容易に思いつく存在としては、『昇る者』――つまり登山家存在があると思う。作中において『黎明郷』の功績の一つに「新たなルート開拓」などが挙げられていたが、これは恐らく現実存在する登山家家業を匂わせるような表現だったのではないだろうか。


思うに、『探窟家』の存在が度し難いとするならば、『登山家』の存在もまた相当程度には度し難いと言えるのかも知れない。

例えば、世界中の八千メートル峰の全てを無酸素で登頂した伝説的な登山家ラインホルト・メスナー」は、登山中に弟を亡くし、自分自身も数本の指を喪った。挙句、そんな地獄登山から帰還した後で、実弟の死を巡ってメディアパッシングを受けている。

付け加えて言えば、登山家という職業は命を喪うに易い職業でもある。

エベレスト登頂ルートの途上には、幾つもの死体が未だ腐ることも許されず凍じ籠められている。


先日、伝説的な登山家の一人であるスイス出身のウーリー・シュテック文字通り伝説となってしまった。伝説登山もまた、探窟と同じくして度し難い……まっこと度し難いスポーツの内の一つなのだ、実際のところ。


さて、この作品はたくさんのインスピレーションを読者に与えてくれる。

何らかの深淵を追い求める中で、人は人間としての尊厳いかに保っていられるのか、あるいは、いかに失ってしまうのか。

そして、各々の探窟行の果てには何が待つのか。

『成れの果て』となってしまったたくさんの人々は、一体何を語るのか――


そういう意味でもこの作品は優れている。まるで膨大な歴史を辿り、旅をしているような感覚を味あわせてくれる――。弐瓶勉氏の『BLAME』を読んだ時の感覚と似たものがあるかもしれないが、あの作品とこの作品はまた別物である。こちらにはこちらのユニークさがあって、それが読者の好奇心を掴んで離さないのだ。


これからも彼らの数奇で危険に満ちた探窟行に期待したい。

2017-05-24

嗚呼たまたま目に入ってきてインスピレーションをもらったけど

不倫から考えていくというのは面白いのかもしれない

なぜテロをする自由は許されないが(訴えられるリスクはあれど)不倫をする自由は許容されるのか

人生におけるより物語性の強い選択から許されているのかもしれないみたいな

2017-03-04

アナ雪】テレビ放送記念、こじらせ童貞アナと雪の女王感想【Frozen

面白い! 以上。

 

 

 

 何となくネタバレ控えめで書きます

アナ雪の第一印象は、多くの女性が絶賛しているが、私が好きな一部 お笑い芸人さんの評価イマイチ。っていうか、「特にストーリーは無い」というような評価だった事が強く残っている。

公開当時にネット上で大量に書かれた感想評論考察なども結構興味深く読んだ。宇多丸さんと荻上チキさんの評とかも聞いた。

 

 

 

 それらを読んだり聞いたりした上で時間が経ってから本編を見たので、完全に真っ白な状態では見れていないのだが、

私の感想としては、少なくない超絶賛には付いて行けないものの、しかし一部 芸人さんの評価は低過ぎると思う。ストーリーはちゃんと有る! むしろ濃過ぎる! 丁寧に煮込まれスープの上澄みだけを飲んでいるようなモノで パッと見の印象がシンプルに感じられるだけだ。

 かなり好き。勿論、素晴らしい作品で、超絶賛される理由も分かる。

 

 

 

 んで、ここからが本題なんだけど、

 

公開当時も沢山の評論考察はあったんだけど、私が読んだ範囲では それらには書かれていない部分が気になっているんだ。

それをここで書こうと思う。

 

 

 

 ザックリ書くと、

アナ雪って、作中での『運が良い事』が重要な基盤になっているんじゃね?」って事。

 

 

ちょっと、ここからは逆算して書くんだけど、

 まぁ、ディズニーアニメの例によって例のごとく アナ雪も『真実の愛』が重要テーマになってるじゃん。そして、それが問題解決の鍵じゃん。 それは……、良い。

私が気になるのは、その焦点が「自発的な愛」なのか、他者から与えられる「受動的な愛」なのか、「両方」なのか って事なんだけど、

ここまでは色んな人も考察されたし評論されてる。が、

私は、その「先」も気になるのよ。

 

 

まり、私は、

 「エルサの『雪の呪い』は『自発的真実の愛』でしか解呪出来ない。」という解釈余地がある事が アナ雪のパワーの源じゃないのか?と思っているんだ。

いや、分からんよ。 旧来型通りクリストフから与えられたであろう「受動的な愛」でも解呪可能なのかもしれない。

 でも、無視出来ない描写もある。エルサの良心+妹への贈り物であるオラフが愛が何であるかを知っている事だ。

これは少なくともエルサは愛が何であるかを知っている証拠だし、アナに対して「受動的な愛」を与えている。でも、アナ呪いは解けていない。

また最終盤、エルサが自身の愛を自覚することで氷の魔法制御出来るようになることも重要だ。

 

 

 

では、仮に「エルサの『雪の呪い』は『自発的真実の愛』でしか解呪出来ない。」という前提で本編の描写を見てみよう。

 

 

まず、最序盤、城の中で二人が雪遊びするシーン、この時点で雪の魔法アナ心臓に当たっていればアナは為す術無く死んでいたよね。

 だって幼児自発的自己犠牲的愛なんて期待出来る訳が無いんだから

これはトロールの長がエルサの魔法を強く警戒する事とも整合性がとれる。子供に対しては致死性の呪いになるからだ。

 両親がエルサを自室に閉じ込めるのも危険性を顧みれば已むを得なく、エルサからすれば妹を殺しかけた訳だから強い反省からくる自傷的な引き篭もり、恐怖も理解できる。

まり最初にエルサが「運良く」アナを殺さなかった事が最終的なハッピーエンドの結果を生んだのではないか

 

 

日に日に強くなる自分では制御出来ない魔法。閉じ込めるという対処法。最初被害者自分より幼く弱い近親者。一度、開放されれば国中を巻き込む影響力。

プラス(私の予想として)子供に対しての致死性。

 

 

 エルサの雪の魔法は「感染症」のメタファーでもあるのではないか?……

これは”エグゼクティブプロデューサージョン・ラセターが、難病である1型糖尿病10歳で診断された息子からエルサのキャラクター作りにインスピレーションを得たと語っている。”

事とも整合性がとれる。

 

 

 つまりアナ雪は 表層の魔法ファンタジー+家族再生物語。中層のディズニープリンセスからの脱却といったジェンダー論。下層の人類の「感染症」との戦いの歴史対処献身治療回復。の三層構造ストーリーが極めて高い次元昇華されているため大きな感動を産んでいるのではないか

そして、ハッピーエンドの核を「運が良い」事に放り投げているので説得力が損なわれず説教臭くさえない。

ただし、無意識不安は残る。が、アナ雪の場合、コレさえ長所にもなっている。

 

 

 作劇の基本構造は、「作中の『問題』の解決」だが。

これを「正義主人公(達)の努力と理性と決断による悪に対する『必然的勝利』」という構成に出来れば、物語としての強度も視聴者快感高まる。が、

同時に説教臭くもなってしまう。作中の「問題解決の条件と能力に焦点が集まり説得力が損なわれやすい。

 ズートピアベイマックスは両方とも素晴らしい作品だが、どこか説教臭く、アナ雪に比べ説得力が薄いのはこのためだ。

 

 

 主人公(達)に「運」の影響が無い作劇は、安心子供向けにもしやすいが、ややもすると『答え合わせ』になってしまう。

が、主人公(達)に「運」が有りすぎても御都合主義展開になってしまう。

 アナ雪はこのバランス絶妙で、ディズニーアニメとしてはギリギリまで「運」が良く、更にそれを最初の「室内雪遊び事故」一点に絞ってるのが凄い。

 

 

感想の締め方 分からなくなってしまったが、

 要は アナ雪 超良かったです。好き。

ズートピアは素晴らしいし良かったけど、完全には好きになれない。

ベイマックス客観的には素晴らしいのだろうし、良かった方だけど、好きじゃないかな。

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220225152

そうでしたか

いや脊髄反射トラバして悪かった

そうなると不思議だね

経済的には非常に自立した人として生きていけるはずなのに、

精神的には全く依存的な状況にあるという

いわゆるフェミニズムの抱える問題にも繋がりそうな話題だね

あなたの話、非常に面白いインスピレーションをもらえた気がする

社会性だけは完全に個我が独立しているのだけれど、

自尊心は全く空っぽ空虚女性が量産されているのかもしれないな

女性が心を満たされるというのはどういうことなのか

感情面での女子の充足というものを随分とおざなりにしすぎてきたのかもしれない

男に付き従うのが女の幸せという古臭い価値観からは脱しながら、

ただ男と張り合いさえすれば良いというのも違う、

女の心、気持ち精神の充足とは何なのか

彼女らが直面している問題は、そういうところにあるのかもね

2016-11-04

やっぱ増田インスピレーションだな

すいすいようびさんの領域に早く近づかなきゃ

2016-10-24

頻出だがいつも順番が覚えられない

時計じかけのオレンジ

時計じかけのオレンジをみたアーサー・ブレマー、アラバマ州知事ジョージ・ウォレスを銃撃(ジョージ・ウォレス暗殺未遂事件

・アーサー・ブレマーの日記出版された)にインスピレーションを受け、ポール・シュレイダータクシードライバー脚本を書く

タクシードライバーの影響を受けたジョン・ヒンクリーレーガン大統領を銃撃(レーガン大統領暗殺未遂事件

・サーハン・サーハンのロバート・ケネディ暗殺事件はどこに入る?

時計じかけのオレンジ以前に入るものは?(時計じかけのオレンジに影響を与えた事件は?)

2016-08-02

シン・ゴジラ観に行ったけどクソだった

 レイトショーの回を観に行った。

 まずとなりの席に座ってたババアが最悪。

 七対の触手を落ち着くなくうねうね蠢かせて視界を塞ぐし、十七秒間隔で先端からオレンジ色の膿汁みたいなものを撒き散らす。

 ババアを注意しようかしまいか迷ってる内に本編が始まる。

 入場前に持たされた3DLSDを服用すると、光の世界ジャック・イン。


 おれたちはもうゴジラだ。

 東京破壊する黒色の異形だ。

 スカイツリー破壊しよう。

 霞ヶ関蹂躙しよう。

 多摩川突破せよ。


 劇場から出ると東京は滅んでいた。


 それから我々は毎日劇場に集まるようになった。

 アーチ型に列に並べられた、八十ほどあるパイプ椅子のうち、その日使われているのはたった五脚だった。わたしたちは互いに離れて座っていた。わたしたちは一人になるためにここに来たのだ。自己省察、つまりは失われた人生結果論批判したいという欲求。それは宗教信者が抱く祈りへの欲求くらいにやむにやまれものだった。

 シンゴジは昔の大作の映画みたいに、本編上映中に休憩時間が挟まっていて、そのあいトイレにも行かず、ホットドッグを補充しようとしないやつは十五分間のニュースを観させられる。その一コーナーは株式市場報告だった。素人くさい二人の女の子が、熱心にその日の市場の動向を報告するのだ。

 私は見て、聞いた。女の子たちは私の娘だった。オオクニヌシアマツヒコネ、十歳と十二万歳。二人の母親電話でぶっきらぼうに、娘たちがTOHOシンデレラに選ばれてこれこれの番組に出ることになったと教えてくれた。


 二人は画面で無表情にアラブ首長国連邦で急速に進展している状況について報告していた。

キーワードドバイです」

「驚くべき速度で進化し、大陸や海を越えています

「市況は急速に悪化しています

パリフランクフルトロンドン

東京株式市場には深刻な影響は出ていないと政府コメントしています

ドバイ国民ひとりあたりの負債世界一多い」オオクニヌシが言った。「そして、建築バブルもはじけ、もはやドバイ借金を〜〜〜(聞き取れない)へ返せません」

借金の額は五百八十億ドルです」

借金の額は五百八十億ドルです」

「何十億かの誤差はありますが」

ドイツDAX指数

「三パーセント上下げています

王立スコットランド銀行

「四パーセント上下げています

キーワードドバイです」

ドバイの人々はゴジラ上陸を待望しています

負債を負ったこの都市国家は、六ヶ月の返済猶予を諸銀行に求めています

ダウ・ジョーンズが下がった」

ドイツ銀行

「下がった」

ロンドン――FTSE一〇〇指数

「また下がった」

「ホンコンのハンセン指数

「どんどん下がる」

原油イスラム債

「下がった、下がった、下がった」


 以前の人生は毎分のように自分を書き換えていく。四年後にも私はここにいて、この薄暗い客席で悲惨に座って石原さとみルー語を聴いているのだろう。

 自由になった未来などなかなか想像できない。信じられるものなど何一つない。

 スクラップ・アンド・ビルド

 それは神話であり、幻想だ。

 日本は立ち直りなどしない。

 この二十数年、いや、この六十五年間、立ち直ってこなかった。

 立ち直ったのは監督の鬱だけだ。


「恐怖は増すばかりです」

数字の恐怖、拡大していく損失の恐怖」

「恐怖とはゴジラのことです。話題ゴジラです。ゴジラには収益性があります。五百八十億ドル、それとも八百億ドル?」

「速報です。ハリウッドゴジラ製作しているレジェンダリー・ピクチャーズ中国企業に買収されました」

「速報です。エヴァンゲリオンはもう誰も観ていません」

「なぜなら誰もが観ているからです」


 私はサッカーゴジラ映画類似について考えた。

 戦争、休戦、無秩序右往左往する群衆インスピレーションとなってきたサッカーゴジラ映画。どれも世界熱狂的に愛されている。あるオブジェクトを追い回し、草地や芝生や都市で行われ、国全体が高揚や悲嘆に身を悶える。

 もしゴジラアメリカ発明品だったならば、古くから清教徒的な本性に導かれて、マスターベーション禁止という原則にのっとった作品にならざるをえなかっただろう、とヨーロッパ知識人が唱えたりしないだろうか。

 これはいま私が考えていることのうち、以前は決して考える必要のなかったことの一つだ。


 映画が終わると私はオレンジ色の粘液でべとべとになっている。

 肌が音を立てながらが溶けていくのを感じる。

 性器が溶解していくのを感じる。

 それがなぜか妙に心地いい。

 

 

 

  

 

2016-05-29

memo

VCCI

一般財団法人 VCCI協会(ブイシーシーアイきょうかい)は、コンピュータなどの情報機器から発生する電磁妨害波の自主規制を行う、日本業界団体である

テニス

スコア本来おそらく15点刻み.15, 30, 45, 60.

45だと英語で3音節になりリズムが悪いので40になったらしい.

0 love について.

もともとは 0 を卵とみなして l'oeuf (フランス語) と呼んだらしい.

それが英語化したときlost in translationした.

年間グランドスラムとは、年内に4大大会を全て制覇する事である

4大大会において 4連勝および4連勝以上を挙げたものの、2年間に跨るが故に“年間”グランドスラムとは見なされない連勝記録が存在している。これをノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム(Non-calendar Year Glandslam)という。

ゴルフ
男子
女子
大リーグ
アメリカンリーグ
ナショナルリーグ

2016-05-23

マスターキートン2-2. 狩人の季節→獲物の季節→収穫の季節

太一師匠であるプロフェッサーの話。

あと実はマスターキートンマスターと言うのはこのエピソードから来ている。

やめておけ。拳銃の方がないフリ早いと思っているんだろう長健二はデリケートな道具出玉が出ないかもしれないし思い通り的に当たるとは限らないおまけに健二は抜き構引き金を引く前に3動作いるその点ナイフはワンアクションで終わるこの距離なら絶対に俺が勝どうするそれでもやってみるかね?

やめておけ。拳銃の方がないフリ早いと思っているんだろう流健二はデリケートな道具出玉が出ないかもしれないし思い通り的に当たるとは限らないおまけに健二は抜き構引き金を引く前に3動作いるその点ナイフはワンアクションで終わるこの距離なら絶対に俺が勝どうするそれでもやってみるかね?

ウサギはすばしっこいくせにいきなり半田頭に入ってくるとすくんで動けなくなる。おれも詐欺と同じだいずれ駆られる。

お前は助かりたいのかほんとに助かりたいのか?だったら助けてやる。俺がこの町で最後仕事を済ませたら無事に連れ出してやる。嫁だけ言っておく。自分をしてるだと思ってそこから早かろうとするヤツほしきらとは言わない。それは人間だ。

これに似たようなセリフをまゆで聞いたことがあると思うんですけれどもまゆと違って良い方がかっこいいですよね。というかもう勇猛もしかしてここからインスピレーションを得てたのかもしんないね

ヘロインヨーロッパ密輸ルートアフガニスタンパキスタンです。そこで黒片を栽培製造しているのは現地のゲリラ達なんですよ。武器弾薬物々交換でね。元軍人は向きの闇ルートについてるから異変に気を冷めやすいってわけです。プロ編はトルコで生成されて拾いになる。ヒロイン国会を経由して市場シシリー20コスタの裏の手によってイタリアと運ばれます。外はブルガリアルーマニアを経てハンガリーポーランドに白い杖また和葉子オーストリアそして西ドイツいと流される。問題は我が英国ルートですが、こいつは、トルコから南フランスマルセイユを経ていると言われています。これはマフィアの手によってではなくて殺すの体によっているものイギリスヒロイン三井特殊でなんと貴族お金持ちの子がやっとで運ばれてるって言うんだから税関フリーパスのわけです。奴ら上了解株式市場のより麻薬投資している彼の姿なんです。

太一さんは、SNS時代ファイティング様神と言う2つ名をもらってたらしいちょっと恥ずかしい。

いか、1番からやすうさぎでさえ、追い詰められると料金を後ろ足で切り殺す。諦めてはいけない絶対に。

コルシカマフィアはいじりイタリアマフィア以上に厄介である。その成立は謎だが1節にはこれしかお潮の流れをくむ山宝館によって作られたと言われている。殺し方は複雑の人種政治状況にある現在フランスに属してるが200年前まではイタリアの1部だった。立石にも神の黒い機体アフリカ系でヨーロッパ人とは異なる。越川10発赤紅対物独立運動が絶えず多くの血が流された。その中で殺すは次第に犯罪シンジケートえと8成長していったのだ。反戦秘密マークとする身体組織の結束沈黙の掟は極めて硬くイタリアマフィア以上に世間の目に触れる事はなかった。しかし近年イタリア政府マフィア借りが本格化しイタリアシンジケートが力を小竹につれて、各国政府はコルシカマフィアの恐ろしさに改めて気づき始めたのだ。

スワンに捕らえられた女を助け出してやらなければならない初めての狩りの時のあの答えが出そうなんだよ。

右くれるものでは無い殺すはあんたを許さなあなたはまるでウサギあなた子供の頃気をつけたまま逃した尾崎そっくりだ。あなたには手当てが必要なんだ。

私顔詐欺だとユニークな発想だ君は実にユニークな男だユニークすぎるプロフェッサーにはなれないな戦闘プロとしては甘過ぎるせいぜいマスターまりだ。

実はこれがマスターキートンマスター意味の1つ。

ウサギは哀れな生き物ですよ1番駆られやすい。いえそんなことわないは先だって追い詰められると勇敢に戦うのよ。

2016-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20160424141602

生きるという作業世界自分の脳が理解できるように要約・変換する作業である

そもそも世界と言うのは神様の伝えたいことに肉付けし、文章化したものを暗闇に創生したものである

そうすると、神様の伝えたいことがそのままインプットされればいいのかというと、そうでもない

自分フィルタを通すことによって、自分の頭に収まりやすいようにしないと、すぐ忘れてしま

そして、その伝えたいことがインプットできれば人生は終わりかというと、そう言うわけでもない

伝えたいことを要約して輪郭がはっきりさせると、人間としては別の感情意見が出てくるはずだ

一番大事なのは自分人生によって得たものインスピレーションで、それが応用できれば尚良い

言ってしまえば、それを全く引き起こせないような人生を歩むことは、時間無駄しか無いのだ

本を読むということ


本を読むという作業は本に書かれた文章自分の脳が理解できるように要約・変換する作業である
そもそも本と言うのは筆者の伝えたいことに肉付けし、文章化したものを紙に印刷したものである
そうすると、筆者の伝えたいことがそのままインプットされればいいのかというと、そうでもない
自分フィルタを通すことによって、自分の頭に収まりやすいようにしないと、すぐ忘れてしま
そして、その伝えたいことがインプットできれば読書は終わりかというと、そう言うわけでもない
伝えたいことを要約して輪郭がはっきりさせると、読者としては別の感情意見が出てくるはずだ
一番大事なのは自分読書によって得たものインスピレーションで、それが応用できれば尚良い
言ってしまえば、それを全く引き起こせないような書物を読むことは、時間無駄しか無いのだ

2016-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20160408233628

すごいオーラを感じる

あなたからは俺の尊敬する哲生さんと同じインスピレーションが出てる

人見哲生さんでググって欲しい

2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160403210226

2Dデフォルメ云々に面白さってのは間違いだと思うね。

日本人は、自分が望んだものになれないし、なりたいけどそれはまず叶わない人生を送る人間が大半の民族だったし、いまもそれは継続している。

からせめて創作物には現実で得られない自由能力美的優位を獲得して欲しいってとこから創作者が好きなようにデザインしてきた。

でもって創作者が頭の中にインスピレーションとして浮かんだ、キャラクターや図案にイメージするおのおの特徴ってのはせいぜい数点だけ。

その数点の特徴をはっきりと記すことができるならば創作物材料としては十分だったわけで、半紙に筆で書いた一筆描からファミコンみたいに強烈に制限された初期のコンピュータグラフィックでも必要十分でなんら問題なかったのさ。

からファミコンからSFCあたりまでの初期のゲームコンテンツ日本が異常に強かったわけですね。

対して西洋特に経済技術の中心になってきた北米ってのは、基本的西欧人、それも自由を求めて移民するっていう行動を起こした能動的な人種の棲むところ。

彼らは、日本民族が欲してやまない自由ってものを、そのルーツから考えれば生まれときから所持している。

あとは本人がイメージするなりたい自分になるだけだ。

そしてそれは彼らが子供のころから見てきたハリウッド映画ヒーローヒロインである大人仕事している社会人であって、日本人のようにスティック回せば妙齢女性になるアレでもないし、手首合わせてガチョーンすればなんか飛んで出るあれでもないし、押し入れで寝ているおっさんみたいなロボットでもなく、とどのつまりは成長し社会人になった自分自身しかない。

そういうことで3D表現能力が格段に向上した昨今のゲームコンソールでは、海外発や洋物かぶれのFPSみたいなゲーム世界では主流になってる。

このあたりの文化の差、というか民族的ルーツに起因する無意識的な内的欲求の違いが、ゲームソフト質的差異につながってるのさ。

2016-03-25

手足の不自由な友人のことを思い出した

ここ数日メディアを騒がせている不倫男に関連して、ふと遺伝性の疾患で手足が不自由高校時代の友人のことを思い出した。

 

手足が不自由ながら書(書道)がめちゃくちゃ上手く、本人も当時から書道家を目指すような奴だった。

大学に入ってから疎遠になり、その筋で著名(らしい)な賞を取ったり個展するほど出世したことは、ネットで知った。そう、彼は夢を叶えて書道家になったのだ。

そしてここ数日の騒ぎで彼のことを思い出し、今どうしてるだろう? と検索してみた。亡くなっていた。

 

友人であったはずの彼の死をGoogle先生に教えてもらうのはひどく間抜けな話で、だからこれはいい話などでは決してなく、どちらかというとモヤッとした感情の垂れ流しに近い。以下、自分のために続ける。

 

高校時代、俺と彼をふくめ四人の仲良しグループ形成していた。教室には主流派位置するリア充グループがいて、いじめのようなことはなかったが俺たちのグループとは溝が確実にあって、だから俺たちはいつも四人で固まっていた。たとえば休み時間や昼食は窓側一番後ろ(車いすだったため、トイレ等で移動しやすいようずっとそこだった)のその友人のところに集まって過ごすといったふうに。

 

車いす学校生活というのはそれなりに大変だ。トイレやら教室移動やらは仲間うちの誰かが常に押して行くといった按配(手の筋力も衰えていたため、自分で漕げない)。ただ、俺たちは彼の世話をすることに対し、一度も面倒だという顔を見せたことはない。彼がどう思っていたかはわからない。

 

目に見える身障者との付き合いは気を遣う。とは言ってもお互い「してあげている」「してもらっている」といった関係ではなく、健常者の友人と同じように冗談とか馬鹿な話とかしあったり、相手の家に遊びに行くといったこともけっこうな頻度でやった。高校で一番仲の良かった友人たちと言えるし、彼もざっくばらんに付き合ってくれていた……と思う。少なくとも俺はそう思っていた。

 

ところで彼はその晩年、某テレビ番組に出演していた。高校時代とは違って人工呼吸器が手放せなくなっており、ほぼ寝たきりに近く、インスピレーションが湧いたとき介護のひとに手伝ってもらいながら筆を執る、といったような感じ。

 

率直に「マジかあ……」と思った。そこまで衰えているとは思わなかったからだ。そして書のありようも、当時とは随分変わっていた。

 

記憶の中の彼の字は端的に言って「上手い」。書をどう褒めればいいのか分からないが、墨痕鮮やかな直線に、力強く美しいハネ、バランスも形も整っていて、王羲之的な上手さを感じさせる字だったのだ。たぶんこれをどんどん崩して色気のある流麗な字を書くようになるんだろうと勝手に予想していた。違った。

 

言葉は悪いが、パッと見では落書きに見えるような字になっていた。「これはなんという文字です」という解説が入って初めて分かるといったような。筋力の衰えからそうなったのか、そういう境地に達したのかは素人目には判断つかないが、たぶん後者なんだとは思う。

 

テーマは生と死、のようだ。日々衰えていく自分の体に否が応でも死と向き合わざるを得なくなり、叫びと生への渇望を書にぶつけている、といった風にも見えた。テレビ番組の中で、「書とは『血の塊』」と述懐する場面があって、なるほど命を削って作品を作り上げるその様は、ある意味彼の血を紙の上に滴り落とすようなものだったのかもしれないとも思った。

 

さて。ここからが本番。そういった書と、あるいは自分と闘っていた彼に申し訳ないほどちっぽけで醜い話なんだが……。

 

そのテレビ番組の中で彼は、「大学に入るまで内気で車いすを押してもらえませんかと言うのが苦手」だったと言っていた。「それを言ったらどう思われるんだろう」と。そして大学で介助してくれた友人に「当たり前のことにありがとうと言う必要はない」といったことを言われたことが自分さらけだせる転機になった、と言っていた。

 

「マジかあ……」とまたも思った。

 

高校時代の俺たちは、彼にそう思わせていたということだろうか。いちいちお願いされるまでもなく当たり前のこととして手助けをしていたし、彼もまたそういう気兼ねない友人だと思ってくれていると思っていたんだが。そしてたまに「すまんのう」と冗談めかして言われたことに対して「いちいちそんなこと言わなくていい」と俺たちも言ったんだが。

どこかで恩着せがましい態度になって、彼はずっと気に病んでいたのだろうか。

からない。

 

彼の死をネットで知るような俺が今さらどの面下げて……、という気はする。

大学に入って信頼できるひとたちが増えて自分さらけ出せるようになったのは事実だろうし、そんな大学に比べて高校時代は上辺の付き合いだったというのも事実だろう。

 

番組では、そんな変化が書の変化にもつながって、その後の(当時の彼から想像もつかない荒唐無稽な)作品を生む原動力になったといったまとめ方をしていた。「なるほどなあ」とは思った。

 

パッと見は落書きのような、しかしひたすらな迫力と異様さの漂う書は、ひと目を気にしていては書けないと思う。高校当時の「上手な字」を知っているだけに、他人から上手いとか上手くないとかそんな評価を気にせず、ナマの自分をぶつけるような書に至った変化はたしかにそこと関連してるのかも、とは思う。

 

ただ……、寂しいなあ。

 

別にから大切な存在だと思われたかったわけじゃない。そういうつもりで友達やってたわけじゃないし、それだけのことをしたわけでもない。ただ一顧だにされなかったのは寂しい。そう思うってことは、どこか恩着せがましい気持ちがあったということだろうか。だとしたら申し訳ない。

 

生きてる間に会いに行けばよかった。

もしそうしていたら迷惑に思われただろうか。

家族から訃報がなかったということはそうなのかもしれない。

 

それにしても、こうなるなんて思いもしなかった。

自分勝手なモヤっとした後悔だけが残っている。

2016-03-11

名前を変えたねずみ講

主婦でも起業、自立した女性自己プロ

ヒーリングコーチング引き寄せの法則

なんでもいいけどうるさいよ。

どーせ集まるのなんていつも決まったメンツでしょ。

その中でお金循環させてるだけでしょ。

新しい人が入ったらいい鴨でって時点で

それねずみ講とたいして変わらなくない?

そんなことないよーって言いながら

ここにいたら楽しいこともたくさんだし

やりたいことあるなら協力するし

アイデアお金にして云々って

物品販売ねずみ講よりたち悪い。

結局その狭い空間から抜け出せなくなるのなんて

もう宗教領域

それでも、ほんまに楽しければやればいいさ。

ただ、人の客に手を出すなよ。

人の商品コピるなよ。

あー嫌だ嫌だ。

角が立つこと言いたくないから

あえて離れてるんだから

そのへん察して。

得意のインスピレーションで。

2016-02-26

論理的思考限界

重ね重ね思うことは、論理的に考え続けてもなにも見つからないという焦燥感だ。研究とは真理の追究を根本とした営みのことで、今のところ納得しているが、その方法としての論理いまいち使い勝手が悪い。いや、本当の論理的思考をまだ知らないだけなのだろうか。いや、それとも人間そもそも論理的に生まれていないのだから動物的な本能攻撃性を前面に出して、インスピレーションに頼るべきなのか、理想的には両立なのだろうか、、分からなくなって来た。

2016-02-05

他者との境界

https://hobbyjapan.co.jp/dixit/

割と好きなアナログゲームのDixit

親番の人が何とも言い難い絵の描いてあるカードを見てインスピレーションで何か言って、みんなでどのカードが親の見てたカードか当てて遊ぶ。

一応全員正解(わかりやすすぎ)や全員不正解(難解すぎ)にならないように気を付けるルールになってるけど、勝ち負けとかあまり考えない感じのゲームおすすめ

友人何人かで集まった時に気楽にやれるゲームいいねって話になるとたまにやって、

大抵は「わーあたったー」とか「えーそっちかよー」とかやいのやいの言いながら盛り上がって大変楽しめるのだけど、

間内に一人びっくりするぐらい下手というか、向いてない感じの人がいる。

その人が親番だと、頑張って受け止めようとしてもどうにも全然からなくて全員不正解を連発して「なんでお前らわかんねーんだよ」とちょっと機嫌を損ねてしまったり、

正解のカードを見てもやっぱりどこをどう捉えたのかわからなくてみんなして反応に困ったりする感じ。

たまに説明を求めてみると、その人の中の壮大なストーリーの果てにたどり着いたキーワードだったりして、さすがに遠すぎて誰もわからんやろ……って感じだったり。

逆にその人が他の人のカードを当てようとしても、やっぱりなかなか当てられなくて、勝ち負け重視じゃないとはいえ段々拗ねてしまって微妙に険悪にすらなってしまう。

その場の中で感性が違うっていう疎外感を与え続ける感じになってしまって、段々こっちも申し訳なくなってくるんだけど、

他の人が親番のうちは普通に盛り上がるので、後から聞くと本人はかなり楽しいらしい。

でも油断すると拗ねるので周りは割と気を遣う。

本人は楽しかったというだけあってその後自前でDixitを買ってきたらしいのだけど、やってみたらびっくりするぐらいお通夜ムードになったと聞いてさらにズーンとなった。

聞いていると別にイメージしてる世界が突飛すぎるっていうわけでもなかったりするので、

言葉選びのコツとか、いい感じに抽象的な言葉を選ぶ慣れの問題なのかなーと思ってその後も何度かやってみたけど、何回やってもどーにもそんな調子になってしまう。

どうも自分の考えが目の前の相手に伝わるラインみたいなのがよくわからないのかな?って感じがするけど、うーん、なんでなんだろうなあ。

2016-01-21

自分は頭わるくて仕事できない方だと思ってたけど、今教えてる現在2年目の若手が自分以上に仕事できなくてビビる

下には下がいると驚いた

記憶力がないのと、簡単な英語すら読めないのと、注意力とか結果の予想とかができてない

ヘタしたらぶっ壊すようなことをフィーリングやらインスピレーションでさくさくやっちまう

マジで恐ろしい

芸術家とかの方が向いてんじゃねーかと、マニュアル人間自分としては思ってしま

2015-12-23

ポップス名盤Blue Avenue / 花澤香菜」について(長々と)語りたい

このアルバムはすごい名盤だってものすごく語りたいです。音楽にうるさい方々にも積極的に聴いていただきたいなと思う次第です。

でも、こういうのをあまりべた褒めするのって結構怖いですね。音楽の好みは人それぞれですし。

自分が最高!って思ってても世間的には全くそんなことないなんてことは本当によくあります。妙に褒めると反発をくらいかねないです。

実際、音楽雑誌とかの「2015年ベストアルバム特集」をぱらぱら読んでみても全然話題に出てなかったので。まあそんなもんです。自分の視野が狭いだけです。

とはいえ、それなりに注目されて評価されてるのかなってのはなんとなく勝手に思っていたので、年間ベストに入ってなくてちょっとがっかりしました。

だから自分で語ろうかな、と思い至るわけですが、やっぱり、ハマってしまったあまりに冷静さを失った文章になる気がするので、書いて叩かれるのが少し怖いところはあります。

だからここに書きます。

声優・花澤香菜

アルバムについて語る前に花澤香菜という人について少し。

花澤香菜とは、声優です。人気若手女性声優です。名前くらいは聞いたことがある人が多いと思いますし、検索したほうが理解は早いです。

声優の中ではアニメの出演数がトップクラスに多いです。1年間に何十本も出ていたりします。最近は少し落ち着いてきましたけどね。

特徴は、ウィスパーボイスというか、天使のようにかわいらしい声ですね。ヒロインボイスです。個人的には少し荒げた演技も好きですが。

声に含まれる倍音成分がものすごく豊富らしいです。科学的に実証されてるらしいです。

声優なので、当然ソロで歌手デビューする前からキャラソンとか歌っていました。化物語の「恋愛サーキュレーション」という曲がレジェンド級に有名です。

あと、セキレイという作品のライブで歌った時の歌い方がネタにされてて、わりと音痴っぽい扱いを受けてました。

ソロ歌手デビュー

そして、2012年に満を持してソロ歌手デビューをするわけですが、みんな歌の方は割と心配してました。

私も深夜アニメはよく見ていて花澤香菜さんのことは当然知っていましたが、当時は特別好きというわけでもありませんでした。

しかし、プロデュースするのがROUND TABLE北川勝利だというニュースを聞いてにわかに興味が湧いたのを覚えています。

ROUND TABLE、及びfeaturing Ninoは好きで聴いていましたし、声質との相性も良さそうだということで、けっこう期待していました。

その後2013年に1stアルバムclaire」がリリースされたのですが、確かに名盤でした。

北川さんをはじめ、中塚武神前暁カジヒデキ宮川弾矢野博康沖井礼二などなど、渋谷系の流れを汲むポップス好きにとってはたまらない作家陣で、花澤さんにぴったりの歌を作ってくれました。

花澤さんも声優らしく表現力豊かに歌いこなしていて素晴らしかった。「マダダーレモー」とはなんだったのか。たぶん自分の歌い方ってのを少しずつわかっていったんでしょうね。

1年後の2014年には25歳の誕生日を迎えることにちなんで25曲入りのアルバム「25」をリリースしましたものすごいハイペースです。

この2ndアルバムでは岩里祐穂さんを作詞に迎え、花澤さんと意見を交わしつつパーソナルな部分を反映させた曲作りをしています。

そのうえで、25曲という多さを生かして幅広いジャンルの曲に挑戦していきました。

そんなこんなで、アニメやらレコーディングやらライブやらで多忙を極めた後に迎えたソロ活動3rdシーズン集大成が「Blue avenue」になるわけです。

ここでようやっとBlue Avenueの話

Blue Avenueリリースされるまでに、3つの先行シングルが発売されました。

『ほほ笑みモード』

『こきゅうとす』

『君がいなくちゃだめなんだ』

しかし、この3曲を聴いて「このアルバムってこんな感じか」と思ってはいけません。

むしろ、この3曲がアルバムの中で最もコンセプトから外れている曲といっても過言ではないでしょう。

Blue Avenueってこんなアルバム

では、このアルバムはどんなコンセプトで制作されたのでしょうか?

Blue Avenue」のコンセプトは一言でいえば「ニューヨーク」です。

テーマニューヨークになった経緯はインタビューで話されています。

──今作のテーマは「ニューヨーク」とのことですが、なぜこのテーマを?

ニューヨークはわりと後付けなんです。アコースティックライブの「かなまつり」みたいな少人数でのライブを何度か経験して、少ない音と声で作り上げる空気感っていいなと思っていて。

3rdアルバム方向性を考えているときに、「あの自由に音楽を楽しむ感じを生かすなら、ジャズをやってみるのもいいんじゃない?」って意見が上がったんです。

その中でニューヨークというキーワードが浮かび上がって。ジャズの街でもあるし、ほかの新しい音楽に挑戦するのにも「ニューヨーク」をテーマにすれば統一感のある作品になるんじゃない?って。

花澤香菜「Blue Avenue」インタビュー (1/3) - 音楽ナタリー Power Push

ジャズ、AOR、フュージョンレゲエなど、これまでのアルバムと比べると「大人」な雰囲気を持った曲が多めのアルバムになっています。

そして、ニューヨークといっても70~80年代くらいのニューヨークイメージという感じがします。

それはSwing Out Sisterが参加してるのもあるかもしれませんね。

詳しい方ならば、楽曲のクレジットを見ればこのアルバムがどういったアルバムなのかがわかるかもしれませんね。

ということで曲目・スタッフリストを載せたいのですが、長いので記事の末尾に載せました。

曲目リストへジャンプ

Blue Avenueのすごいなと思うところ

こういうのをあまり主張するのもどうかと思うんですが、参加しているミュージシャンが豪華です。

クレジットを見ていただければわかるように、今までのアルバムでおなじみの作家陣に加え、シングル曲ではSTUDIO APARTMENTやくしまるえつこがサウンドプロデュースをしたり、2つのニューヨークレコーディング曲においてウィル・リーやスティーヴ・ジョーダンなどの海外のスタジオミュージシャンの参加、80年代から活躍するイギリスユニットスウィングアウトシスター提供曲など、一流の人たちがたくさん参加しています。

まあ、極端な話、名前は知らなくてもいいと思うんですけどね。聴けばわかりますから。「I ♥ NEY DAY!」「Nobody Knows」での軽快なドラム気持ち良いなあとか、「Dream A Dream」の洋楽っぽい感じがすごい良いとか。ここでいう洋楽っぽいってのは英語圏の歌っぽいなあっていう意味ですね。洋楽日本語カバーみたいな雰囲気がありますね。それもまた味。そして、セリフパートがあって、もしかして本業が声優であることを意識して作ってくれたのかなとか想像してみたり。

おなじみの作家陣もすごい良い仕事をしてくれています。というかキレキレです。特に矢野博康作曲「We Are So in Love」が光ってますね。4つ打ちのフュージョンで、イントロからもうたまらないです。シンバルズの頃から思っていたんですが、矢野さんは王道のポップソングもいいんですけど少し趣味に走った感じの曲を書くと時々とんでもない名曲を生み出しますね。

一つだけ主張しておきたいのは、みんな決して無駄遣いではないということですね。すべてが良い方向に結びついています。

ニューヨーク」というコンセプトがあって非常に統一感があるのが素晴らしいです。

最初に「シングル曲がコンセプトから外れている=ニューヨークっぽくない」と言っておいてなんなんだ、と思われるかもしれませんが、このアルバム面白いところは3つのシングル曲違和感なく自然に収まっているところなんですね。

バラードの「君がいなくちゃだめなんだ」が終盤に入ることでアルバムがよりドラマチックになっています。そこから最後の曲「Blue Avenueを探して」に続くのがもう最高ですね。西寺郷太さんの歌詞がいいんですよ。

クラブミュージックの「ほほ笑みモード」ややくしまるえつこさんの個性が色濃く出ている「こきゅうとす」も、意外なくらい自然に入ってるんですよね。それは曲順が考えられているのもあるんですが、「ほほ笑みモード」がアルバム用ミックスになっていたりなど、音づくりにこだわっているからというのもあるのでしょう。後述しますが、このアルバムは音が良いです。

アルバムとして非常によくまとまっていて、通して聴いた後の余韻が良い感じです。

  • 音質の良さ

NYで録音した2曲は際立って音が良いんですけど、それに劣らず全体的に非常に高いクオリティの音づくりがされています。花澤さんのアルバムは1stの頃から一貫してソニーの茅根裕司氏がマスタリングエンジニアを務めていて、常にクオリティが高かったんですが、今回は最高の出来栄えなのではないでしょうか。オーディオに詳しいわけではないので断言はできないですけど。

シングル曲違和感なく収まっているのもマスタリングによるところが大きいのでしょうか。詳しくはわかりませんが、ぜひ良いヘッドホンでじっくり聴いてほしいと思えるくらい良い音です。

ニューヨークっぽいということでAORとかフュージョンを取り入れた、と聞いても正直ピンとこない人が多いんじゃないかと思います。AORってどんな音楽かを説明できる人って実はそんなに多くないのではないかと。結構マニアックなところを突いてきてると思います(そんなことないよ、常識だよとお思いの方もいるでしょうが)。

でも、そういうジャンルとか全く分からなくても「良いな」と思えるようなアルバムになっているのではないかと思うのです。それは曲自体がそう作られているというのもあるかもしれないんですけど、やはり花澤香菜が歌うということでポップスとして完成されるというか、そこに花澤さんの歌のすごさがあるのではないかと思っています。

3rdアルバムを出すまでの3年間で60曲以上のオリジナル楽曲を歌い、ライブも精力的にこなしてきたからこそその次元に達しているというか、こういう曲を楽しみながらポップスとして歌える筋力がついたのではないかなと思うのです。それこそ「25」あたりの頃の怒涛のスケジュールが千本ノックのように効いてるのかもしれないですね。

1stの頃は作家の作る曲を最大限に活かすために歌うという感じ、それこそ声優としてディレクションに応えるような感じで歌っていたように思うのですが、「Blue Avenue」ではコンセプトの発端が花澤さんの意見であることからも、ちゃんと歌手になってきてるのだなと感じます。

当然ですが、豪華なメンツに霞むこともなく、曲に負けているだとか歌わされてるだとかいう印象を全く受けません。むしろ北川さんも他の作家さんも花澤さんをプロデュースすることで新しい扉を開けているような感じさえします。インスピレーションを与える「ミューズ」なのかもしれませんね。

私が花澤さんのアルバムの中で際立ってこれを好きなのは、花澤さんと作家陣が一緒になって制作している感じを受けるからなのかもしれません。化学反応が起きているのをひしひしと感じます。

また、花澤さんは1stの頃から自作詞曲を歌っているのですが、今回も2曲作詞していて、ちょっともこなれてきたというか、アーティストとしての一面が出てきたような感じがします。

タップダンスの音が聴こえてきたら」では音楽に身を委ねることの喜びをシンプルに書いていて、歌を楽しめている感じが伝わってきます。

タップダンスの音が 聴こえてきたら

軽やかなそのリズムに 身をまかせて踊るの


寄りかかる小説も どんな優しい言葉

今はいらない ふみならそう 夢中になるだけさ

一方、「プール」では暗い部分を歌っている感じで、こういうのがあるとなんというか、深みが増しますよね。

花澤さんは詞を書くと少し重たい感じになってしまうみたいで、それもまた個性というか、人気声優としてバリバリ活躍している彼女の影の部分が垣間見れるようで、イイですよね。

どうやって喋ってたかな

ねえ どうやって眠ってたかな

どうやって歩いてたかな

ねえ どうやって 笑ってたのかな

わからない 思い出せないの


空っぽプール 泳ぎ続けるの

空っぽプール 泳ぎ続けてる

ライブがすごい

もしかしたらここまで惚れ込んでいる理由はライブを見たからなのかもしれません。花澤香菜の歌の魅力の真骨頂ライブにあるのかもしれません。

武道館公演の映像を収録した「Live Avenue Kana Hanazawa in Budokan」というBDが発売されているのですが、アコースティックライブ映像も収録されていまして、他にも素晴らしい映像特典もありまして、とても素晴らしい商品です。

花澤さんの歌って生演奏にすごく合うんですよね。地上波で「こきゅうとす」を披露したこともあるんですけど、それとは全然違いますね。ライブの「こきゅうとす」すごく良いです。

武道館ライブではバックバンドの通称「ディスティネーションズ」にホーンも加わって、とても豪華なものになっています。

一番の見どころはジェームス・ブラウンの「Get Up (Sex Machine)」(ゲロッパ)に合わせて花澤さんが好きなパンの名前を叫ぶというパフォーマンスメロンパンメロメロ!)。冷静に考えるとすごくくだらないシャレなんですが、演奏がガチであることと、みんなすごく楽しげな様子が印象的で、とても幸せな空間が出来上がってるなあと感じました。

あと、花澤さんのパフォーマンスがいちいちかわいらしいんですよね。「Merry Go Round」の振り付けとか。

そして、アコースティックライブが素晴らしいんです。花澤さんの生歌ってこんなに良いものなのか、とため息が出ますよ。本当に、歌がヘタであるような扱いをされていたのが嘘みたいです。声量は確かにそんなにないのですが、歌の細かい表情付けがたまらなく上手いです。ピアノギターだけの少ない音だと余計に際立ちますね。

こんな人に薦めたい

誰にと言われれば万人に、と言いたくもなるんですけども。

最近、星野源やらceroやらで、ブラックミュージックとかシティポップとかそういう言葉がよく聞かれるようになったんですけど、このアルバムもそれと同じ文脈で語ることができるのではと思います。

シティポップ」ってもはや言葉が独り歩きしだしてよく分からない感じなんですけど、街のことを歌うのがシティポップだとするなら「Blue Avenue」も十分当てはまりますよね。

また、北川勝利さんをはじめとした作家陣は、最近再評価の流れがある気がする「渋谷系」や、最近流行り気味の新しい「シティポップ」の世代の狭間にいる人たちなんですよね。どちらも独り歩きしてあやふや状態にある言葉ですけど。

良質な音楽を作ってきながらも長らく日の目を見なかった人たちがこうやって素晴らしいものを作り上げてくれている、というのも感慨深いものはありますね。

そして、70~80年代ニューヨークイメージってことで、けっこうオッサン向けなのかもしれません。……年間ベストに入らなかったのは革新性がないと思われたからなのかも。私は花澤香菜さんが歌うだけで十分新しいと思うんですけど。


というわけで、以上、Blue Avenueについてでした。

参考

花澤香菜Blue Avenueインタビュー - 音楽ナタリー Power Push

http://natalie.mu/music/news/111594

花澤香菜×北川勝利が明かす、“極上のポップソング”の作り方「人生と音楽がより密接になってきた」|Real Sound|リアルサウンド

http://realsound.jp/2015/04/post-3000.html

曲目、スタッフリスト

01.I ♥ NEY DAY!

作詞 : 岩里祐穂 作曲・編曲北川勝利 ホーンアレンジ村田陽一

Bass : Will Lee

Drums : Steve Jordan

Electric GuitarDavid Spinozza

Piano, Organ : Rob Mounsey

Trumpet : Jeff Kievit

Trombone : Mike Davis

Saxophone : Andy Snitzer

Conga, Tambourine : 三沢またろう

Electric Guitar : 山之内俊夫(流線形

Wind Chime, Chorus北川勝利ROUND TABLE

Chorus : acane_madder

02.ほほ笑みモードアルバム用ミックス)

作詞 : 岩里祐穂 作曲・編曲STUDIO APARTMENT

Guitar : 堀越雄輔

Vocal Direction : 北川勝利ROUND TABLE

Sound produced by STUDIO APARTMENT

03.Nobody Knows

作詞 : 岩里祐穂 作曲 : 北川勝利 編曲 : 北園みなみ、北川勝利

Bass : Will Lee

Drums : Steve Jordan

Electric GuitarDavid Spinozza

Piano, Organ : Rob Mounsey

Trumpet : Jeff Kievit

Trombone : Mike Davis

Saxophone : Andy Snitzer

Conga, Tambourine : 三沢またろう

Wuritzer, Claviniet, Analog Synthesizer : 北園みなみ(appears courtesy of Polystar Co.,Ltd.)

Wind Chime, Shaker : 北川勝利ROUND TABLE

Chorus : acane_madder

04.ブルーベリーナイト

作詞・作曲・編曲宮川弾

Programming, Clarinet, Saxophone, Chorus宮川弾

Guitar : 後藤秀人

Chorus : acane_madder

05.Trace

作詞 : 岩里祐穂 作曲・編曲 : mito

Drums千住宗臣

GuitarSaigenji appears courtesy of Happiness Records

Saxophone : 梅津和時

Cello : 徳澤青弦

Violin : 伊藤彩

Bass : mito

06.こきゅうとす

作詞・作曲 : ティカ・α 編曲やくしまるえつこ山口元輝

dimakt & Programming & Percussion : やくしまるえつこ

Guitar永井聖一

Bass : 栗原正己

Drums & Programming : 山口元輝

Vocal Direction : やくしまるえつこ

Produced by やくしまるえつこ

07.Night And Day

作詞・作曲・編曲北川勝利 ホーンアレンジ : 北園みなみ

Drums佐野康夫

Wood Bass : 千ヶ崎学(KIRINJI

Piano : 末永華子

Guitar北川勝利ROUND TABLE

Organ : sugarbeans

Bongo : 三沢またろう

Trumpet : 湯本淳希(FIRE HORNS)

Saxophone : 近藤淳也FIRE HORNS)

Trombone : 川島稔弘(FIRE HORNS)

Chorus : acane_madder

08.タップダンスの音が聴こえてきたら

作詞 : 花澤香菜 作曲・編曲北川勝利

Piano : 末永華子

Programming : 吉田哲

Tambourine : 北川勝利ROUND TABLE)

09.We Are So in Love

作詞・作曲・編曲矢野博康

Synthesizer, Percussion, HiHats, Programming : 矢野博康

Piano, Synthlead : 諸岡大也

Guitar : 後藤秀人

10.プール

作詞 : 花澤香菜 作曲 : 北川勝利 編曲 : zakbee & Hatayoung、北川勝利

Pianica, Guitar, Programming : zakbee(Anime Skeet It's Meal)

Keyboards, Programming : Hatayoung(Anime Skeet It's Meal)

Chorus : acane_madder

11.Dream A Dream

作詞 : 岩里祐穂 作曲 : Andy Connell、Corinne Drewry (Swing Out Sister) 編曲 : Andy Connell

Produced by Swing Out Sister

Additional Trumpet : 湯本淳希(FIRE HORNS)

12.マジカル・ファンタジーツアー

作詞・作曲・編曲中塚武

Piano, Programming, Chorus中塚武

Guitar, Co-Programming : 石垣健太郎

Trumpet : 佐々木史郎

Saxophone : 庵原良司

Trombone : 河原聖仁

NAOTO ストリングス

 1st.Violin : NAOTO

 2nd.Violin : 吉田翔

 Viola : 松本有理

 V.Cello : 村中俊之

Chorus清浦夏実(TWEEDEES)

13.君がいなくちゃだめなんだ

作詞 : 岩里祐穂 作曲・編曲北川勝利 ストリングスアレンジ宮川弾

Drums : 河村"カースケ"智康

Bass : 千ヶ崎学(KIRINJI

Piano : 末永華子

Electric Guitar奥田健介NONA REEVES

Acoustic Guitar, Tambourine, Wind Chime北川勝利ROUND TABLE

Chorus : acane_madder

Strings弦一徹ストリングス

14.Blue Avenueを探して

作詞 : 西寺郷太、作曲・編曲奥田健介

Electric Guitar, Programming : 奥田健介NONA REEVES)

Bass : 千ヶ崎学(KIRINJI

Trumpet : 湯本淳希(FIRE HORNS)

Saxophone : 近藤淳也FIRE HORNS)

Chorus : acane_madder

Finger Snap : sugarbeans


Mastering Engineer : 茅根裕司(Sony Music Studios Tokyo

Mastering StudioSony Music Studios Tokyo

Produced by 北川勝利ROUND TABLE)except for M2、M6、M11

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん