「食卓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食卓とは

2019-02-10

ドイツFateラブライブの新作映画を見た

ドイツでも日本深夜アニメ公式配信はあるのだが、新作アニメ映画を見るのは通常困難である

しかし年に一度ドイツおよびオーストリアの各都市日本の新作アニメ映画ドイツ字幕付きで上映するAKIBA PASS FESTIVALというイベントが開催されており、そこで「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」と「Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly」を鑑賞することができた。

https://akibapassfestival.de/


以下はニュルンベルク会場の様子(他の開催地ベルリンドルトムントフランクフルトハンブルクケルンライプチヒミュンヘン、パシング、シュトゥットガルトウィーン)。


会場の雰囲気: ニュルンベルク場合は15シアターくらいある大きな映画館の2シアターが貸し切られ、1日アニメが上映される。普通映画上映とそれほど変わったことはなく、一日券の販売アニメグッズの売店があるくらい。会場によっては制作スタッフ等のゲストが来て質問会みたいなのがあるらしい。たまに気合入れてコスプレとかしてきている人もいる。


上映前: 日本と同様映画の前の宣伝映像は長い。ドイツアニメイベント宣伝日本アニメ配信関連会社のほか、アトラスコーエーシュタゲ等のゲーム宣伝がいくつかあった。


映画について(軽いネタバレもあるので注意)


ラブライブサンシャイン


人の入り: ざっと数えたところ70~80人くらい、割と空いてる。アイドルアニメはやはりヨーロッパでは受けが微妙かも。でも中にはグッズを付けていたり結構ファンもいる模様。女性も少なくとも2割くらいはいる。


盛り上がったところ: ドイツ映画鑑賞は笑ったりちょっと歓声を上げるくらいは許容。ライブパートは静か(集中して聞いていたのかもしれないが日本語の歌なのできついかもしれない)。女の子たちがコミカルな動きを見せるところはかなり盛り上がっていたように感じた。


笑いが起きたところ: 最初の追いかけっこパート。お尋ね者ポスター。月ちゃんフィレンツェのお屋敷マリ母に恭しく退出を促すポーズをしたところ。



Fate/stay night


人の入り: 200人を超えるくらい。満員ではないが混んでる。3部作の第2部にあたる映画であるが第1部は去年上映された。


全体の雰囲気: バトルシーンのクオリティが高く緊迫した場面が多かったためか会場全体を息を呑む場面が多かった。エロいシーンは若干の反応あり。


笑いが起きたところ: 士郎と桜がいちゃついてる食卓の向かいライダーが座ってたシーン、そのすぐ後のナイフフォークを出されるシーン。


喝采が起きたところ: 間桐慎二が死んだところ。


少しがっかりたかもしれないところ: 続編の公開が2020年春予定。ドイツで見れるのはおそらく2年後。

2019-02-03

anond:20190203132601

そうですね。それは本当にそう思います。私は件の子供には一通り説明したんですけどね。クリスチャンにとってのクリスマスは「家族で過ごす日」だとか。でもその子にとっては、ディズニーの魅力に比べると、「家族で一同に会して食卓を囲み話をする」という時間価値は何も感じられないようで、そのことも悲しい記憶だったりします。

2019-01-29

旦那がいない日の食卓

旦那出張に行ってしまった。

21時過ぎまでネットサーフィンを楽しみ、ようやく台所に立つ。

長ねぎキャベツをばつんつんと切り、フライパンちょっと焦がす。

水を注ぎ、鶏ガラスープの素を投入。

沸いてきたら、買い置きしてあったスーパー水餃子をざざっと入れて、塩で味を調整する。

ミニトマトを3つ、野菜から取り出して洗う。

消費を急がなければいけないほうれん草存在気づきフライパンに追加投入する。

ご飯があまりなかったけれど、水餃子主食みたいなものからきっと大丈夫

2019-01-27

私の好きな食べもの

なめろう

うまいアジよりうまい魚はない。アジの上に具材を載せて一心不乱に包丁でたたく時間が何よりも愛おしい。この後おいしいなめろうを食べられるんだって喜びに満ちた時間

 

サンマの刺し身

うまいアジの次にうまいのはサンマ。食べると思わず笑っちゃう。焼くのもうまいけど、食べすぎてもう飽きた。スーパー生食用サンマを見つけるのが難しいことだけが残念。

 

ホッケの開き

世界一うまい焼き魚醤油の一番美味しい使い方。醤油ホッケの開きをおいしく食べるために生まれたんだと思う。食卓にこれがあるとなんだか贅沢な気分になってうれしい。

 

・カキの酢の物

世界一うまい酸っぱい料理。カキはフライもおいしいけど、やっぱ酢の物だね。カキとわかめと輪切りのきゅうりが口の中に入るとなんであんなに幸せなんだろう。

2019-01-20

ファミチキをおかずにできない人

妻にたまには晩飯用意しろと言われたので、ご飯を炊いてから最寄りのファミマに出かけてファミチキメンチカツを買ってきた。

家にあるカット野菜ドレッシングをかけて、夕げの味噌汁を作って出した。

満を持して妻を呼びに行った。

すると妻は食卓を見るやいなやクレームの嵐。ファミチキはおかずにならないと。こんなものご飯は食べれないと。

いやじゃあアレは何なんだ。おかず以外の。お菓子か。

これまでいくらでも揚げ物でご飯を食べてきて、チキンも何度も食べていると思う。

ファミチキを下に見ているのか何なのかは知らないが、とにかく「こんなものご飯は食べれない」というプライドほど無駄ものもない。しかも食べもせずに。

線引きもよう分からんし。

結局妻は冷凍餃子を焼いて食べていた。ファミチキ自分が2つとも食べた。

2019-01-02

傷つかないで、はじめからなにもなかった

少し前に、決別した人がいる。

 

Aさんという。

知り合ってすぐに心を開いてくれた。

Aさんは私とのことをまるで「運命出会い」(とまではいかないが)かのように言い、なんでも打ち明けてくれた。

 

私はというと、最愛の人に去られ傷心していた。

本音を言うと、人間不信だった。

Aさんと仲良く接していても、それほどの快適さは得られなかった。

一人でいるとつらつらと暗いことを考えてしまうので、Aさんには失礼かもしれないが暇つぶしのつもりでつるんでいた。

 

ある日、数人でいるときにAさんがやって来た。

Aさんの様子がおかしかった。

挨拶をしても「…うん……」と返すのみ。

私以外にもこの調子だった。

Aさんと私の二人きりなら「どうかしたの?」と声をかけるところだが…。

みんなで楽しく過ごしている雰囲気を崩すのはためらわれた。

普段親しげな呼び方をするAさんが、ついに私をさん付けで呼び始めた。

私は努めて普段通りに振る舞った。

しばらくするとAさんは普通に戻った。

 

私が他人に最低限求めることがある。

自身の気分や機嫌で、周りを振り回さないこと――。

 

いつものAさんに戻りはしたが、そのとき居た知り合いは何かを察したのか、適当理由で既に帰ってしまっていた。

二人きりになると、Aさんは私に訊いてきた。

「何か気に触ることした?避けられてる気がして…。そういうことに敏感ですぐに分かるから…」

Aさんは、私のどの言動にそう感じたのか言わなかった。

私は終始まったくいつも通りだったのだが。

誤解と分かり、Aさんはほっとしている様子だった。

Aさんと友人になることはない、と私は感じていた。

 

しばらく経ち、私の生活が忙しくなった。

事情はAさんには話してあった。

精神的にも肉体的にも疲弊することは事前に分かっていたことだった。

幸いにして期間は決まっている。

最終日を無事に終えられればひと息つける。

 

一週間の内1日しかない休日に、Aさんは毎回会話を要求してきた。

会話の途中で私が寝てしまうことがよくあった。

期間の終盤まで来ると、毎週のAさんからの催促を億劫に感じ始めた。

何も考えず一人で休む時間が惜しかった。

 

私が一人になりたがることが多くなると、Aさんはメッセージを送り始めた。

挨拶だけのときもある。

挨拶に私が応えても、用があるわけではないらしく返事はなかった。

食卓画像が送られてきたときには、返答に困って無視してしまった。

毎日が忙しく、気の利いた文章を考える気力がなかった。

 

私は、Aさんから離れたくなっていた。

使っているSNSステータスを離席中にすることが多くなった。

たまに他の知人から他愛もない連絡が来た。

私の事情について詳しく話していないし久々だったので、軽く挨拶をしておきたかった。

私のステータスオンラインになった瞬間にAさんからメッセージが届いた。

嫌でたまらなくなった。

やめてと言いたかった。

 

ずっと無視を続けるのは悪いとも思ったので、たまに返事を返すようにしていた。

疲れていることや持ち帰った課題があることを理由に、会話への誘いを断ることが増えた。

Aさんは良い人だ。

からこそ、私が完全に嫌になってしまう前に分かってほしかった。

Aさんは私にメッセージを送りながらも、それが無視されると半日ともせずに発言を消去することが多々あった。

朝気づいたメッセージに、昼に返事を返そうと思っていても、そういうことをされると、朝から「返事を返さなきゃ」と意識していた脳のリソースがまったくの無駄になった気がする。

 

信頼できそうな共通の知り合いに相談することにした。

その人は、かつて似たような経験したことがあったらしく、私の気持ちをよく分かってくれた。

「はっきり言わないと、分かってもらえないと思う」と助言をくれた。

Aさんへのメッセージを一緒に考えてくれた。

「ううん、それじゃ分かってくれないと思う。これくらいはっきり言わないと…」

その人の協力で、私一人では到底思いつかないような、とげのなく、かつしっかりと言いたいことがまとまった文章ができた。

Aさんからの返事はなかった。

 

数日後、私を励ますメッセージがAさんから届いた。

分かってくれたのだろうか?

 

その数日後、Aさんからメッセージが届いた。

あと数日でこの忙しさから開放される、一番の踏ん張りどころ、というタイミングで。

Aさんから届いたのは「実家ペットが死んで夜も眠れず落ち込んでいる」という内容だった。

私自身、ペットロスになったことがあっただけに、何も言えなかった。

私に無視されたAさんは、ペットが死んだというメッセージを、またしても消去した。

 

「もう限界

先日、Aさんへのメッセージを一緒に考えてくれた知人に打ち明けた。

気持ちは決まっていた。

Aさんと縁を切る。

知人は「仕方ないね」と理解を示してくれた。

共通の知り合いや集まりから、私は突然姿を消すことになる。

まりリーダー役の人には、お別れしなければならなくなったことだけを告げた。

詮索はされなかった。

しがらみなく集団からひっそりと離脱でき、ありがたかった。

 

Aさんとのつながりをすべてブロックし、やっと心が休まった。

暇ができると辛いことを考えてしま時間も増えたが、快適だった。

 

あれから一ヶ月ほど経った。

Aさんからメッセージが届いた。

「忙しいときにしつこくして悪かった」という内容だった。

ブロックしたアカウントとは違うアカウントから送信されたものだった。

この送信者は既に削除されていた。

 

私はSNSアカウントを削除した。

 

Aさんと知り合った日、私はこんな話をしていた。

十分に打ち解けたと勘違いされることがよくある、と。

2018-12-29

鯨は不味い?

捕鯨関連の話題になると「鯨は不味いから食べなくていい」って意見をよく見かける

個人的にはこれに違和感がある

俺の住む地方ではそれなりに鯨を食べる機会があるのだが、俺としては結構美味い物という認識から

特に好きな部位は尾羽(鯨の尻尾の部分)だ

コリコリした歯ごたえに、噛むとぐっと旨味が広がる

ただそのままでは少し癖があるので、酢味噌酢醤油などをつけて食べる事が多い

母が特に好きなので、偶に買ってきて自宅でも食べている程度には馴染みのある食材

尾羽に比べると鯨ベーコンなどは食べる機会は少ないが、それは単に値段が高いのでなかなか手が出ないからだったりする

親戚が来た時などには上等の赤身を買ってくる事もあり、大半は親戚の胃袋に消えていく

別にネトウヨ的な動機で無理して食べている訳ではなく、単に美味いから食べている

じゃあなんでネットでは不味いと言われるのか?

父と話してみたのだが、昔給食で出されていた頃のイメージなのではないか? という結論に至った

給食竜田揚げなどで出されていた鯨肉イメージが未だに強く残っているのではないか、という事だ

だが当時と比べると冷凍技術を始め、食品の保存、加工技術は格段に進歩している

鯨のベーコンは俺が子供の頃はもっと臭いイメージだったのだが、今はほとんど感じない

子供特有の敏感さという面を考慮しても、大きく向上した面だと思う

急速冷凍真空パックにより、鮮度を維持した状態食卓に上がるようになった事も大きい

くどいかもしれないがが、現代食品加工技術提供される鯨肉結構美味いのだ

鯨肉は不味い」という視点から「不味い鯨肉商業ベースになるはずがなく、日本捕鯨は廃れる」と「楽観的な」ブコメを書いてる人が偶にいる

俺は甘い考えではないかと思う

ここまで書いてきた様に鯨肉結構美味い

なんらかの形でブームが来たら一気に流通量が増える可能性はある

そうなれば、過去にそうだった様に乱獲に至る可能性は十分にある

早い段階で捕獲量だけでなく、流通量に対する規制も含めた包括的規制案を行政に求めていく必要があると思う

2018-12-27

娘が生理になった※追記

小学生の娘が初潮になった。

自分が初めて生理経験したとき、母にナプキンのつけ方や体の仕組みなど教わり、祖母赤飯を炊いてくれたのを思い出したので、赤飯を作ることにした。

だが、これを夫に言っていいのかわからない。

娘が生理になったこと、赤飯を炊く理由

夫にはお姉さんが一人いるし、わたしもだいぶ生理がひどいので生理の辛さもわかっていると思うんだけど理解しているかと言ったらそこは男の人だし、わたしにはわからない。

こっちも生涯縁のないもの理解しろとは言えないし思ってない。

わたし危惧しているのは、娘との関係だ。

今日食卓赤飯が並ぶとする。

その時夫が「何かいいことあったの?」みたいなことを言ったらどう説明しよう。

恥ずかしいことではないと思うんだけど胸を張って言うことでもないし、適当に嘘をついてその場を切り抜けるか。

夫がそういう趣旨のことを言わないのが一番いいのだけど、いつも料理感想一言二言言ってくるので、気が気じゃない。

娘がいる方、どうやって切り抜けましたか

夫にはどうやって伝えましたか

そもそも赤飯って炊きましたか

追記

皆さまコメントありがとうございます

思っていたより反応があって驚きましたが、少しホッとしました。

返信がてら追記を。

正直な話、自分初潮が来た時のことをあまり覚えてないです。

ただ、母と祖母言葉赤飯だけは覚えていて、自分の娘にも同じように説明して赤飯を作ろうと思っていました。自分も忘れているのだから娘もいつかこの日を忘れるだろうと思っていたのですが、赤飯を炊かれて恥ずかしかたことを覚えている、それがきっかけで死ぬまで敵に回したというような意見があったので自分の楽観的な考えを改めるきっかけになりました。

娘に、今はケーキとかでお祝いしてるけど赤飯やめてケーキにする?ときいたら、赤飯がいいとの回答だったので今から買い出しに行ってきます

いつもなら留守番しているんですが、心細いのかついていくと言っているのですごくうれしいです。落ち着いたらドラッグストアに行って生理用日や薬など買いに行こうと思います

夫に今日の帰り時間を聞いたところ、飲み会で遅くなるとのことでした。安心したような残念なような、なんだかよくわからない気持ちになりました。娘の成長の日なので赤飯がどうとかではなく家族そろってご飯を食べたかったなと思ったのですが、これも楽観的な考えなのか…。帰ってきたらこっそり伝えようと思います

皆さまありがとうございました。

娘が性的な虐めを受けていた。

家には小学校低学年になる娘がいる。

ある日「もうそろそろお風呂入りー」と娘に入浴を促し、そこで「あ、やべ洗濯機回してねーわ」と気付き(我が家風呂場に洗濯機がある)ちょっくら失礼する形で風呂場の戸を開けた。

すると娘はスマホを床に置き脇を締めた状態で胴に縄跳びをぐるぐる巻いてそれを左右にぐーっと引っ張って悶えていた。身も蓋も無い言い方をすればSMプレイだ。セルフSMとでも言うべきか?

まりにも驚いた娘は悲鳴をあげ、私も慌てて風呂場を飛び出した。

かにブラも去年から付け始めたし性的な事に興味を抱く年頃だろうけどいきなり何故上級者向けコースへ進むのか?いやでも多分漫画アニメにそう言う描写があったのだろうと。私が子供の頃にだってそーゆーのはあったし(むしろ今より緩かった)考えてみりゃそんなに変な事じゃない、とはいえ流石にこのままだとバツが悪いし後日娘とお好み焼き焼きながら話し合う事にした。

私は当初「まあそーゆー事もあるから」で済まそうとしていた。しかし娘は意外な事を話した。

娘には柔道を習わせているのだがある日年上の男子が帯で娘の体をぎゅーと縛ったそうな。娘も初めのうちは痛くて苦しいからやめてと抵抗したが縛られてる内に段々ドキドキしてきて、その後自分で縄跳びを使い体を縛ったら気持ちよくなってしまい段々男の人に縛られる妄想をするようになったらしい。

私は「別に変な事じゃないし、やめる必要も無いから」と慰めるのが精一杯で、気がつけば一本の筈のチューハイを三本開けてた。

 

甘かった。いずれ娘も性的な悩みを抱えるだろうからこれこれこうすれば良いよと模範解答を用意していた筈だったのにあまりにもイレギュラー過ぎた。

本当に可愛い女の子なんだよ娘は。良い子で言う事聞くしお手伝いもするし怒鳴った事なんて一度もない。スウェーデン人義母そっくりな色白のべっぴんさんで、ちょっぴり滑舌悪くて髪の毛のボリュームが多いから毎朝必ずマリモになるし、大食いな私と違って少食で、それでいてあの小さな体のどこからと言うくらい柔道試合では大声を出して、豚玉が好きでお風呂上がりに豆乳野菜ジュースを混ぜた謎ドリンクを飲むのが日課で、幼稚園の頃はたまに私がバイクで送っていった。

正義感が強くて、友達女の子クラス男子に虐められた時にその男子に大外刈りを喰らわせて私が学校に呼び出された事もあった。ミニストップのイートインで二人でハロハロ食べるのが楽しかった。私が足つって悶絶した時に本気で心配してくれた。毎週金曜日旦那は呑んで帰って来ないか食卓で「帰ってこねーなあの野郎」と言いあった。

夏祭り、娘の浴衣が何かに引っ掛かって脱げかけて慌てた。茨城露天風呂絶景だった。大好きなYouTuberのワタナベマホトのイベントに連れていった時には生のマホトに感激して泣いていた。一家巨人ファンから甲子園阪神巨人戦を見に行って回りの阪神ファンに怯えてた。そう言えば大阪新世界ゲーセンにも行った。もう本当に色んな思い出があって、こんな夫婦からよくこんな良い娘が生まれたと自慢の娘に何て事してくれたんだ。年頃の、多感な娘に。

どうすれば良いんだ私は。

どうすれば良かったんだ私は。

2018-12-22

anond:20181222234307

そもそも年末年始くらい殺生はしたくない。

鶏や七面鳥が年を越せずに食卓に上がるのを想像すると不憫でならない。

冷凍してよかったもの2018

自炊しているが、食品消費期限とかを気にして生きるとか、一週間レシピを決めて計画的に消費するとかが無理なので最近はなんでも冷凍するようにしている。

そんな冷凍してよかったものの一覧です。

安いスーパーで買って冷凍する。一度に使う最小単位(うちでは100g)ごとにラップして、購入日と品名(豚バラ、鶏むね等)を書いたジップロック袋Lでまとめておく。

袋への品名記載は当初していなかったが、自分の目は死んでおりしょっちゅう冷凍バラ冷凍モモを取り違えるので記載するようになった。

20時とか21時に帰宅してこれは何だったかな……。と考える手間も省けるし、解凍して豚でなく鶏だ!と気づくこともなくなるので良かった。(3敗)

魚介類

同じく安いスーパーで買ってラップして保存。魚なら切り身単位で売っているものを購入できるので楽。

エビ場合背ワタを取ってから冷凍するのでちょっと面倒くさい。

油揚げ厚揚げ

この連中は加工食品のくせに意外と足が早く、期限内で使い切るのも割と難しいので冷凍する。

冷凍庫の中で常備しておくと煮物ボリュームが足りない時に足せたりするので便利。

ちなみに油抜きしてから冷凍したほうが持つらしい。今この記事を書くために調べた。次からそうする。

ソーセージベーコン

油揚げ系より日持ちするが、使い切れないことが多い。気づいたら賞味期限後一週間とかなってることがあるので、その日使う分以外は冷凍庫行にする。

スープみそ汁ポトフなど冷凍したまま調理開始できるレシピに突っ込むと楽。

ちくわ

同上。油揚げ同様煮物タネに使う

しょうがにんにく

ひとかけごとにラップし、袋に入れて冷凍。当初は野菜室で保存していたが、毎回使い切る前にカピカピに乾燥させていたので今は購入即冷凍している。(n敗)

作り置き総菜

通常は週初めに作り、冷蔵で3~5日で消費している。たまに急な外食が入ったり、そもそも作りすぎたりしてたまに余るので、保存容器に入れて冷凍する。

何もしたくなくて限界とき解凍してそのまま食卓に並べるので楽。

下味を付けた揚げる前の唐揚げとんかつ、焼く前のグラタンなんかも凍らせることができる。作るとき大目に作り、冷蔵庫に入れとくと便利。

コーヒー

豆を挽いた状態だと冷暗所では一週間、冷蔵庫でも2~3週間で酸化するが、冷凍庫なら一か月持つらしい。

専門店で購入して持ち帰ったらジップロックに移して空気を抜いて、すぐ冷凍している。

一か月冷凍保存したものを飲んだが、バカ舌なので正直「うまい」ということしかからない。俺は雰囲気コーヒーを飲んでいる。

調味料めんつゆ白だし等)

定期的にはてブでは「めんつゆ家庭料理の味方! 手抜き扱いするヤツはクソ!」という記事が盛り上がり、そのたびにはいはいそうですねと見ているが誰も保存方法の話をしてくれない。

開封後のめんつゆの目安は、ストレートなら三日、三倍濃縮で三週間。分量にもよるが毎日めんつゆ料理を作らないと無くならないと思う。

仕方ないので自分で色々試した。結論から言うとフタつきコンテナ型の保存容器に流し込んで冷凍庫におけばよい。

めんつゆ白だしは内容物のせいで、家庭用冷蔵庫では凍りきらずシャーベット状になる。冷凍しておけば開封後も保存期間を気遣う必要はなくなる。

スプーンですくえるぐらい柔らかいサクサク状態なので、使うとき料理用のサジですくって使用する。

白みそ、赤みそも別容器に移す必要はないが同様に冷凍保存できる。めんつゆ以上に凍らないので同じ感覚使用できる。

同じ調味料でも水分の多いものレモン汁等)は凍りきってしま場合がある。100均で製氷機を買って凍らせる前にキューブ状にしたほうが良かった(1敗)

番外編:凍らせるとあまり良くなかったもの

水分が多い野菜キャベツレタス玉ねぎ)や、それらを使った総菜は凍らせると質感がわかるぐらい落ちるので避けた方がよい。

また試してないけど調味料でもゴマ系は劣化するので冷蔵冷凍しない方がいいらしいぞ。

最後

ここに出てないネタとか指摘があったら教えて

追記

ブコメトラバに知見が集まっててまさに集合知って感じなのでここまで読んだ人はみんな見てみてね。

シュレッドチーズ小分けと油抜きした油揚げを刻むやつはなんで思いつかなかったのかってぐらいいいアイデアなのですぐやります

あとトラバ読んでて気づいたことだが、同じめんつゆでもストレートなら製氷機に入れてキューブ上で凍らせられるんじゃないかという気がする。

自分も当初は製氷皿に入れてみたのだが、試したやつが三倍濃縮だったので、シャーベット状、より正確にいうと半液状になって固まらなかった。

それで上記結論コンテナに入れて保存すればよい)となったが、ストレートめんつゆ自家製めんつゆ保存の場合は製氷皿で一度凍らせた方がいいのかもしれない。

2018-12-21

買ってよかったもの2018

備忘録

ホットクック

 amazon衝動買いしてしまった。具材を放り込むだけで良いし片付けも楽。最近では冷凍ご飯解凍ホットクックで10分ほど蒸すことにしている。電子レンジ全然違う。

・塩

 勝間和代が塩だけはいいのを使えと言っていたので、「わじまの海塩」という1000円ぐらいするやつを購入。ヌスレットのようにパラパラ振ってる。赤い蓋の食卓塩と全然違う。

・Oculus GO

 VRヤバいDMMFANZA)やVRに特化した映像じゃなくても、普通映像amazonプライムやYouTubeを大画面で楽しめる。というか、後者本質テレビ全然違う。

通勤用靴(ホーキンス)

 インヒールビジネスシューズというシリーズがあって、かかとが高くなっている。要はシークレットシューズ。6cmも高くなる。普段自分と視界が全然違う。なお忘年会で座敷に上がるとバレる。

2018-12-19

生田家の朝 第7話

(朝の食卓

弟「お姉ちゃんサンタさんプレゼント決めた?」

姉「さとるは?」

弟「僕もう決めたよ?」

母「何にしたの?」

弟「プレステ4


姉「ふ〜ん」

母「いくらすんの?」

父「2万ぐらいだな」

姉「いや、多分ソフトも入れたら、4万くらいすんじゃない?」

父母「「4万!」」

姉「うん」


母「さとる、一応第二希望も決めとけば?もう少し安いのも」

弟「なんで?」

母「ほら、サンタさん、みんなのプレゼント買わなきゃだからあんまり高いのお願いしたら、お金足りなくなっちゃうでしょ?」

弟「サンタさんっておもちゃ買ってるの?」

母「そりゃそうでしょ」


弟「魔法おもちゃを出すのかと思ってた」

母「いや、買ってるよねぇ?」

父「うん、あれは全部、自腹で買ってるね」

弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「うん、わかった」


弟「サンタさんって、どこのお店で買ってるんだろ」

母「え?」

弟「おもちゃ

父「うーん……」

母「トイザらスじゃない?」

弟「トイザらス?」

母「あそこ、おもちゃいっぱいあるでしょ?」

弟「そっか、大丈夫かな?」


母「何が?」

弟「みんなのおもちゃトイザらスで買ったら、売り切れになって普通のお客さんが困るんじゃない?」

父「……あれじゃないかなぁ、メーカーから直接仕入れてんじゃないかな」

弟「メーカー?」

母「そうだ!メーカーだった!トイザらスじゃなかった(笑)


父「サンタさんは毎年、大量におもちゃを買うからさ、おもちゃを作ってるところと契約して、直接仕入れてんだよ」

弟「へぇー」

父「だからおもちゃ屋さんで買うよりも安く仕入れられるんだよ」

弟「じゃあプレステ4も安く仕入れられるね」


父「……あー、まあ、安くっつってもたかが知れてるけどね」

弟「そうなの?」

母「そう。だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「分かった」


弟「サンタさんって、お金はどうしてるの?」

父「お金⁉︎」

弟「みんなにおもちゃを買うためには、お金がたくさんいるんでしょ?」

父「まぁ、そうだね」

弟「そのお金はどうしてるの?」

父「……お金は、ちゃんと働いて稼いでるよ」

弟「サンタさん働いてるの?」


父「そりゃそうだよ〜みんなにおもちゃ買わなきゃいけないし、たくさん働いてるよ」

弟「えらいね

母「偉いよ〜感謝しなきゃね」

弟「どれくらい働いてるのかな?」

母「いろいろ掛け持ちしてんじゃない?」


弟「例えば?」

母「ガソリンスタンドとか、居酒屋さんとか」

弟「へ〜!おじいちゃんなのに、たくさん働いて体壊したりしないかな?」

父「……だからあれだよ、働いてるといっても、マンション経営してんだよ!」

弟「マンション?」


父「マンションを持ってるだけで家賃収入があるから、その金でみんなにおもちゃを買ったり自分生活の足しにしたりしてんだ」

弟「じゃあ、おじいちゃんでも大丈夫?」

父「大丈夫大丈夫、いたるところにマンション持ってるし」

弟「そうなの?」


父「うん。都内高層マンションなんて、ほとんどサンタさんのだよ」

弟「そっか、よかった。たくさん儲かってるんだね」

父「まぁね」

弟「じゃあ、プレステ4も買えるかな?」


父「……いや〜、儲かってるって言っても、限度があるからね」

弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「わかった」


弟「サンタさんっていくらまで大丈夫かな?」

父「パパが今度、サンタさんに聞いとくよ」

弟「電話大丈夫?」

父「電話代?」

弟「サンタさんって、外国の遠いところに住んでるんでしょ?国際電話だと、すごくお金かかっちゃうでしょ?」


父「うん……それは大丈夫だよ!あー……日本事務所に、つながるから

弟「日本事務所⁉︎」

父「サンタさんって、ひとりじゃなくて世界中にたくさんいて、それぞれの国に担当がいるんだよ。日本地域ごとにも担当サンタさんいるからね」


弟「へ〜!すごいね日本にもたくさんいるなら、おもちゃ代もそんなに大変じゃないね

父「まぁ、そうかな」

弟「プレステ4お願いできるかもね」

父「あ〜〜〜、でも、東京だけでもたくさんの子供がいるから、大変っちゃ大変だよね」


弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「うん」

母「あと、いい子にしてなきゃもらえないからね?」

弟「サンタさんって、ずっと見てるの?」

母「へ?」

弟「僕がいい子にしてるかどうか、ずっと見てるの?」


母「……見てるよ〜?」

弟「どうやって?」

母「……どうやって、だっけ?」

父「……あれだよ、サンタさん事務所に、たくさんのモニターがあって、そこで、自分担当している子供たちの様子を、監視できる仕組みになってんだよ」


弟「へ〜!すごいね

父「すごいよ!だから、悪いことしたら、すぐバレるよ」

弟「……プライバシーもなにもあったもんじゃいね

父「……まぁ、悪用はしないから、大丈夫だよ」

弟「そっか、なら平気か」


母「ほらさとる、もう行かなきゃ」

弟「ごちそうさま」

父母姉「「……」」

(通学路でタワーマンションを見上げて)

友達マジで?」

弟「マジで。」

友達「スゲ〜な、サンタさん

ネギが嫌い

なのだが、食べ物の好みの中でもこのネギ嫌いというのはとりわけ肩身が狭いものに感じる。

ニンニクハンペンが食べられない父も、シイタケ茄子が嫌いな姉も、ネギを食べない私に常々好き嫌いをするなと非難する。鍋の材料を買ってきてと頼まれネギを買わなかった私を、人間として劣っていると批判した友人は、パクチーを食べられなかった。自分を棚に上げているではないか、そう抗議するのだが、彼らはみな一様に、ネギは他の食べ物とは違うのだと言い張る。

成程私は父のハンペン嫌いを大人になるまで知らなかったし、友人のパクチー嫌いを知ったのは彼の嫌味を何年も聞かされ続けた後だ。要するにネギハンペンやらパクチーやらと違って一般的で食べる機会が多く、故にそれを食べられないというのは異常…ということらしい。

しかし私がネギ嫌悪するのは、その一般的で食べる機会が多い、多すぎるためなのである外食をすると、どんな料理にもネギが入り込んでくる。口に入れるとネギの味が先ずする。何を食べても先ずネギを感じてしまう。その中には私にとりネギを入れる必要性の分からないものが多い。

魚介で出汁を取った醤油味のおいしいラーメン屋が近所にあるのだが、私は注文の際必ずネギ抜きで頼むようにしている。繊細なスープの風味がネギに壊されることを防ぐためである

そう、ネギというのは本来独特の風味を持つ野菜であり、その風味は強すぎるのだ。それは禅寺が不許葷酒入山門と碑に刻むほどにである。だから私にも臭み消しとしてのネギ効能理解できる。だがなぜ然程臭くもない食べ物にもネギを入れてしまうのか…

ネギ栄養価が高いという。しかし、ニラニンニクなど他のユリ科でも代用できるだろう(ニラ好き)。ネギを入れる理由にはならない。

なんにでもネギを入れるというのは、「ネギは入れるもの」という思考停止に他ならないのではないか?そしてそのように思考放棄した者が、それに否を唱えるものを弾劾する。まさしくネギファシズムだ。個人自由尊厳とを愛する私が、断固戦うべき相手だ。

今こそネギから食卓の彩を取り戻そう。ネギによる支配体制を打倒し、繊細で多様な味わいがそれぞれの個性を発揮できる、そんな社会を目指そうではないか

2018-12-17

anond:20181217231830

そりゃあ栄養学会食卓でお馴染みの食品を食べてはいけないなんてことは言い出さないからな

2018-12-16

anond:20181215100136

ママもつくっとこう

 

自布団でだれもいない

サイコー個人的には羊毛綿の敷布団とポリエステル掛け布団、タオルたたんだ枕がお気に入り

 

パパが隣りにいる

いびきうるさいよ痩せなよ

 

腰はどうしても痛くなる。座布団は客用にしたいしさー

 

フローリング

痛い。フリース毛布一枚でも敷いたほうが冷たくないし痛くない。

 

職場トイレ

タンクに後頭部乗せると最高。ただしいびき音でバレル。

 

食卓イス2つならべて

夜泣きにはこれしかない。電灯も暖房もつけっぱなし。

ソファベッド?そんな贅沢品は手を挟むから乳児家庭には無理。すぐいらなくなるし。

 

テレビ前のごろ寝ござ

パパがすぐ来てどかされる

 

座椅子の背もたれ倒す

一時期主戦場だったけどおむつからおしっこ漏れて染み込んじゃってからバネの具合が・・あと足寒い

 

思春期シングルベッドに2人で腹ばい

お気に入り動画見せるからこいといったくせに

寝るならベッドから今すぐでてけと蹴り落とされて腰打ったマジつらい

そもそも本棚が近すぎてすぐにうごけない危険地帯じゃん

シーツをかえたりしてるのはママなのにという理不尽を感じた

 

電車

日本は財布をとられなくてよかったといって寝てたら子供心配されるようになった

 

自家用車

酔いがひどくて駐車場においてってって家族に頼んで後部だったから鍵もかけられないで寝てたら車上荒らしにあった!?

冬は足が寒いです

遠征バス

いろいろ服の下で緩めてパジャマ解放するテクニックをおぼえたが足は寒いので靴下までなのがつらい・・

あと尻が大きいせいか4列5列は身動きならないので3列しか無理

 

結論

女さんがいにいえなしってね!

2018-12-13

年末お仕事で壊れかけているのでそっとしておきましょう

7人増えるってことは現時点の183人にトレーナー4姉妹ちひろさんに女性Pのバターンも入れて、

1344通りの組み合わせが増えるわけだね。いろいろ不平不満をぶちまける人もいるけどスーパー尊さ発見タイムの前ではかすんでしまう。

かえみんで、ほのにこSSの二人の食卓シリーズみたいなの読みたいので誰か書かないだろうか。

などと言いつつ年齢逆転菜々加蓮のSS小ネタ仕事疲れでボーっとしてると浮かんでくる年末。そしてメモしようとするとネタが逃げていく。

いつもは忘年会の出欠確認取るのに今回日時と会場の案内だけで出欠確認しないのは強制参加だからじゃないですよね?(震え声)

母の事は大好きだけど、母のようになりたくなかった話。

母は専業主婦だった。

自営業の父と、父方の祖父母田舎ではあまり裕福では無いが、ごく普通の家だった。

私は一人っ子で、甘えん坊の私は幼い頃から専業主婦の母にべったりだった。

はいつもおやつ手作りしては、学校から帰った私に食べさせてくれたし、食事も品数が多く、テーブルいっぱいに乗っていた。

父はというと昭和思考典型的父親で、仕事から帰れば王様のように食卓に付き、用意されたビールを飲み、母は常に甲斐甲斐しく世話をしていた。

祖父母子供があまり好きではなかったのか、子供の頃何かしてもらったとか、良い思い出が無い。いつもテレビを見ては文句を言っている姿しか記憶がない。

我が家では外食嫌いの父と祖父母のせいで、母はいつも家族全員の食事を作っていた。

私が生まれて初めて焼肉店焼肉を食べたのは、19の時だ。それくらい外食したことがなかった。

から母はたまに私を連れ出して、クルマで40分の自分実家に連れて行った。母は免許を持っていなかったので、倍以上の時間をかけて、バスを乗り継いで。

母方の祖母は一人で定食屋を営んでいたので祖母アジの開き定食を食べるのを楽しみにしていた。

学校友達レストランに行った話余りにも羨ましそうに話していたのもあり、あまり外食できなかった私へ、少なからず罪悪感があったのかもしれない。

母は、近所の田舎特有のしきたりや、慣習にあまり良い顔をしていなかった。七五三には家に近所の人を沢山呼び、祝い酒を振舞うなどのアレだ。だから私の七五三は誰も呼ばず、家族だけで寿司を食べた。

古い考えや慣習に囚われていた田舎の中から見たら少し異質に見えたのかもしれない。

当然、祖父母はいい顔はしなかった。

そんな母の考え方は私も好きだったし、私も受け継いでいると思う。他所他所、家は家。というスタンスだ。

だけど、高校の進路相談の時、私は先生に進学はしないときっぱり告げた。

母は驚いていた。ずっと母がやんわりと敷いたレールを歩んできたと言う自覚は、少しずつだがあった。このまま母と同じような人生を歩むのではないかと言う恐怖があった。

母の事は好きだが、母のように家の為に全てを尽くし、行けもしない旅行雑誌を眺め、溜息をつく生活など耐えられない。そう思った。

今思えば、母が自分趣味らしい趣味をしていた所を見た事がない。おやつの時に作っていたお菓子作りは、趣味だったのだろうかもわからない。

高校在学中に公務員試験を片っ端から受験し、奇跡的にひとつだけ滑り込む事が出来た。家族は喜んでいたが、母は複雑そうな表情だった。我が家はさほど裕福では無かったので、家計を助ける為にも私は早くから働きたかったのだが、母は私を大学に行かせたかったようだった。

仕事は楽しかった。頑張れば認められるし、給料も出る。何より給料が入り、今まで出来なかった事が出来る事や物が買えるのが嬉しかった。

私は母を初めてのボーナス食事に誘った。

会話は、私の仕事、近所の事、テレビの事。

話していて、ハッと気づいた。

母の世界は、こんなに狭かったのか。と。

話題が、テレビ家族と近所しかないのだ。

私は幾度も母に働きに出るように勧めてみたが、父やボケ始めた祖母理由に首を縦に振る事はなかった。

帰りの車内で、母は不意に私を羨ましいと言った。

私は何も言えなかった。

母の事は大好きだし、感謝もしている。だが、私は母のようになれないし、なりたいとも思わない。

母の生き方否定するつもりもない。その権利もない。

家に居ても暇だとぼやく母に、私は実家にある私が集め続けたマンガや、小説を読んでみたらどうかと言ってみた。

私は結構オタクなので、昔から買い集めたゲームマンガ小説がたくさんある。

母は苦笑いをしながら読んでみる。と言った。感想を聞いた事は終ぞなかった。

あれから、十年近く経った。私は結婚し、子供にも恵まれたが、仕事は続けている。

もちろん、趣味ゲーム漫画アニメも買う。酒も飲む。お互いの趣味に口は出さない。

家事は夫と半分ずつ。子供が熱を出せば交代で休む。

母とは真逆人生を歩んでいるとは思う。もちろん、家族の事は大好きであるが、自分趣味人生も楽しみたい。

両親は、今や孫に会うのが趣味かのように毎週家に来る。

たまには、母と二人で旅行へ行きたい。いつも断られてしまうのだが、来年こそは、旅行プレゼントしたい。

母の事は大好きだけど、母のようになりたくなかった話。

母は専業主婦だった。

自営業の父と、父方の祖父母田舎ではあまり裕福では無いが、ごく普通の家だった。

私は一人っ子で、甘えん坊の私は幼い頃から専業主婦の母にべったりだった。

はいつもおやつ手作りしては、学校から帰った私に食べさせてくれたし、食事も品数が多く、テーブルいっぱいに乗っていた。

父はというと昭和思考典型的父親で、仕事から帰れば王様のように食卓に付き、用意されたビールを飲み、母は常に甲斐甲斐しく世話をしていた。

祖父母子供があまり好きではなかったのか、子供の頃何かしてもらったとか、良い思い出が無い。いつもテレビを見ては文句を言っている姿しか記憶がない。

我が家では外食嫌いの父と祖父母のせいで、母はいつも家族全員の食事を作っていた。

私が生まれて初めて焼肉店焼肉を食べたのは、19の時だ。それくらい外食したことがなかった。

から母はたまに私を連れ出して、クルマで40分の自分実家に連れて行った。母は免許を持っていなかったので、倍以上の時間をかけて、バスを乗り継いで。

母方の祖母は一人で定食屋を営んでいたので祖母アジの開き定食を食べるのを楽しみにしていた。

学校友達レストランに行った話余りにも羨ましそうに話していたのもあり、あまり外食できなかった私へ、少なからず罪悪感があったのかもしれない。

母は、近所の田舎特有のしきたりや、慣習にあまり良い顔をしていなかった。七五三には家に近所の人を沢山呼び、祝い酒を振舞うなどのアレだ。だから私の七五三は誰も呼ばず、家族だけで寿司を食べた。

古い考えや慣習に囚われていた田舎の中から見たら少し異質に見えたのかもしれない。

当然、祖父母はいい顔はしなかった。

そんな母の考え方は私も好きだったし、私も受け継いでいると思う。他所他所、家は家。というスタンスだ。

だけど、高校の進路相談の時、私は先生に進学はしないときっぱり告げた。

母は驚いていた。ずっと母がやんわりと敷いたレールを歩んできたと言う自覚は、少しずつだがあった。このまま母と同じような人生を歩むのではないかと言う恐怖があった。

母の事は好きだが、母のように家の為に全てを尽くし、行けもしない旅行雑誌を眺め、溜息をつく生活など耐えられない。そう思った。

今思えば、母が自分趣味らしい趣味をしていた所を見た事がない。おやつの時に作っていたお菓子作りは、趣味だったのだろうかもわからない。

高校在学中に公務員試験を片っ端から受験し、奇跡的にひとつだけ滑り込む事が出来た。家族は喜んでいたが、母は複雑そうな表情だった。我が家はさほど裕福では無かったので、家計を助ける為にも私は早くから働きたかったのだが、母は私を大学に行かせたかったようだった。

仕事は楽しかった。頑張れば認められるし、給料も出る。何より給料が入り、今まで出来なかった事が出来る事や物が買えるのが嬉しかった。

私は母を初めてのボーナス食事に誘った。

会話は、私の仕事、近所の事、テレビの事。

話していて、ハッと気づいた。

母の世界は、こんなに狭かったのか。と。

話題が、テレビ家族と近所しかないのだ。

私は幾度も母に働きに出るように勧めてみたが、父やボケ始めた祖母理由に首を縦に振る事はなかった。

帰りの車内で、母は不意に私を羨ましいと言った。

私は何も言えなかった。

母の事は大好きだし、感謝もしている。だが、私は母のようになれないし、なりたいとも思わない。

母の生き方否定するつもりもない。その権利もない。

家に居ても暇だとぼやく母に、私は実家にある私が集め続けたマンガや、小説を読んでみたらどうかと言ってみた。

私は結構オタクなので、昔から買い集めたゲームマンガ小説がたくさんある。

母は苦笑いをしながら読んでみる。と言った。感想を聞いた事は終ぞなかった。

あれから、十年近く経った。私は結婚し、子供にも恵まれたが、仕事は続けている。

もちろん、趣味ゲーム漫画アニメも買う。酒も飲む。お互いの趣味に口は出さない。

家事は夫と半分ずつ。子供が熱を出せば交代で休む。

母とは真逆人生を歩んでいるとは思う。もちろん、家族の事は大好きであるが、自分趣味人生も楽しみたい。

両親は、今や孫に会うのが趣味かのように毎週家に来る。

たまには、母と二人で旅行へ行きたい。いつも断られてしまうのだが、来年こそは、旅行プレゼントしたい。

2018-12-08

anond:20181208001344

ソファ食卓イスありったけならべたとこに毛布持っていく

どうせこたつなんかないんだろ?

2018-12-02

結婚記念日義実家襲来でガックシ! の巻

先週は3回目の結婚記念日で、特別な日だしと奮発して和牛を1kg買って帰り、嫁のために夕食の準備。

準備は整ったがまだ17時だったので最終的な調理はせず、折角だからワインケーキを買いに。

帰り際に魔が差し花束も買い18時半に帰路に就く。

うちは子供もいないし、何もなければ夕食は20から

今日特別だし帰ったらすぐに夕食でも良いな、と考えつつ帰宅すると自宅前にお義母さんの車。

来るって聞いてないぞ?まぁ今日メニューなら義両親の分も足りるし大丈夫だけど空気読めよな~と考えながら家に入ると肉を焼く匂い

挨拶もそこそこに偵察すると、気を利かせたお義母さんが厚切りステーキの予定を知らずに和牛を焦げ焦げサイコロステーキに。

マジかよ…とショックを受けるも配膳は譲らん!と作業に加わるも、野菜サラダマヨネーズにまみれ、スープには醤油が足され、バケットは薄切りに。

キレちゃだめだ、たかが夕食だ、と言い聞かせながら食卓に付くと当たり前のように義両親も着席。

心を落ち着かせて食べるも下味を付けておいた肉に更に塩胡椒したことが判明し撃沈。

あら~濃かったわ~とブリッコのお義母さんに全然濃くない!むしろベスト!のお義父さん。

イチャイチャすんな。

楽しみにしてたのに…こんな仕打ち…顔に出ていたのか空気を読んでケーキを出す嫁。

こんなケーキだよ~すごいね~とホールのまま食卓に出し、空気を和ませようとする嫁。

それを直箸一口食べるお義父さん。

それを見て私も一口頂くわ~とお義母さん。

もう…どうにでもなれ…と過ごし、しっかりと食事をした義両親はちゃっかりと残しておいた和牛の半分とワインを持って帰宅

死にそうな顔で謝る嫁を落ち着かせて経緯を聞くと嫁に一切の非がない様子。

義両親は昔から二人とも空気を読めず、他人気持ちもわからず、所謂アスペやらそういう類なのだろう。

普段色々とお世話になってる上に先の訪問結婚記念日プレゼントを持ってきてくれたのが発端だし、絶縁だなんて考えてもないけど、今までこんなにハードコミュニケーションはなかったな。

今後の事等を話し合いつつ大変だったなぁ…と笑えたので一応解決か。

ここに書いたのは義両親に対して神経わからん!と思ったからではあるが、ポジティブ関係を築きたいとも思ったのです。

---

報告者は夫を名乗っているが、実際は妻側ではないか? 

2018-11-25

公立教師給与は見合ってない

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20181125-00105367/

で「教員給与保護者の平均給与の約2倍」と言われていた上に結構スターを貰っていて驚いたので書いている。

父が公立小学校教師をしていた。今は定年退職済みであるが、最後副校長教頭)にまでなった。

その際に自分一人暮らしをすることになり保証人として年収記載してもらったのだが、ワープア自分からしたら結構な額をもらっていた。

けれど父の労働時間などを考えるとあまり多いとは言えない額だ。

平日は勤務先が然程遠いわけではないのに夜10時に過ぎに帰ってくることが普通で、家族食卓を囲むことは滅多になかった。

土日も日直だったり地域スポーツクラブ指導に行ったりしていてほぼ家にいなかった。

たまに家にいると昼まで寝てゴロゴロとしていたけれど、それも仕方がないものであるし、父が家にいるだけで外出しなくとも嬉しかった。

近年職場男性が「子供卒業式入学式から」とおやすみをもらう機会に何度か遭遇している。

時代は変わったな、と思う反面、我が家では絶対に無理なことでもある。

まりは「普通保護者給与よりも高いかもしれないが同じ時間だけ働いた人と比較すると貰っていない方である」という結論である

公立教師給与は見合ってない

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20181125-00105367/

で「教員給与保護者の平均給与の約2倍」と言われていた上に結構スターを貰っていて驚いたので書いている。

父が公立小学校教師をしていた。今は定年退職済みであるが、最後副校長教頭)にまでなった。

その際に自分一人暮らしをすることになり保証人として年収記載してもらったのだが、ワープア自分からしたら結構な額をもらっていた。

けれど父の労働時間などを考えるとあまり多いとは言えない額だ。

平日は勤務先が然程遠いわけではないのに夜10時に過ぎに帰ってくることが普通で、家族食卓を囲むことは滅多になかった。

土日も日直だったり地域スポーツクラブ指導に行ったりしていてほぼ家にいなかった。

たまに家にいると昼まで寝てゴロゴロとしていたけれど、それも仕方がないものであるし、父が家にいるだけで外出しなくとも嬉しかった。

近年職場男性が「子供卒業式入学式から」とおやすみをもらう機会に何度か遭遇している。

時代は変わったな、と思う反面、我が家では絶対に無理なことでもある。

まりは「普通保護者給与よりも高いかもしれないが同じ時間だけ働いた人と比較すると貰っていない方である」という結論である

2018-11-03

日本の「反韓」を甘く見ない方がいい

韓国の「反日」については、当の韓国人達も様式美のようなもの、あるいはネタみたいなものだと考えている。

韓国反日なのはマスコミ政治家市民団体くらいなもので、一般国民反日でも親日でもない。

しかし、日本人反韓感情は本物になりつつある。

政治に興味のある若者以外にも、パートで働いているおばちゃんレベルでも反韓感情は深く浸透している。

近所のスーパーに行ってみても、おばちゃんたちが「韓国って嫌な国ねえ」と世間話レベルで言い合っているのだ。

日本人の本物の反韓も、約15年の歳月を掛けて完成したと言える。

2002年のワールドカップから日本一般人レベル反韓は始まった。この時はまだ高学歴レベルの話だった。

しかし2011年のフジテレビデモ、2012年の李大統領天皇謝罪発言で、日本一般層まで反韓感情は浸透する。

これで日本食卓からキムチは消えた。

そして慰安婦問題蒸し返し、今回の徴用判決である

現在日本反韓感情は頂点に達しているのではないか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん