「食卓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食卓とは

2018-05-21

anond:20180521192013

要約:

食卓ご飯が並ぶのを当たり前と思っていた父、増田によって脳にチップ的なものを埋め込まれ自炊をするようになった。

anond:20180520105200

かつて飼い猫がご飯を作ってくれるというので楽しみに待っていたら、なぶり殺したスズメと盗んできたサンマが出てきたことがある。

衛生的・倫理的にどう考えても食べられないし、その2つだけだとさすがに腹が減る。おれも出された食事は残さないほうだけれど、その時はめまいを起こしながら限界まで食べて、申し訳ないと思いながらも残した。

すると飼い猫(名はまだない)は「吾輩が献上したスズメを何で食べてくれないわけ?」とか言って鳴いた。

 

キャットフードを皿に残しまくるのは(猫にその気があれば)改善余地があるけれど、スズメとかサンマとか出されたものを「せっかく吾輩が盗んできたのに」と全て食べるように強要するのは傲慢のように思う。バランス良く食べるのが健康のためであるというポリシーがあるのなら、それを説明し、猫が食べようが食べなかろうが文句を言わず食卓に出し続ければいいと思う。見返りを求めるのは疲れるだけニャン。

2018-05-20

しょくいく 追記した

付き合って四年、今年か来年には籍を入れたいねと話している。

正直不安しかない。

もちろん好きだし子供も欲しいなと思ってるし一緒にいて楽しい趣味理解しあっているのでそこはまあ苦はない。

しか食事に関する考え方が全く合わないのだ。

私は茶碗に一粒もご飯粒を残したくないし、外食先で頼んだ定食ものと一緒に出された小鉢味噌汁も付け合わせの野菜も全ていただく。

口に合わない物は頭が痛くなってしまうけど、そうでもない限り残さず食べるのがマナーだと考えている。

彼の場合ご飯粒はべたべたとくっつけたまま、メインは全て食べるけど小鉢や付け合わせはがっつり残す。

あと肘ついて食べるし茶碗を持たないので、正直育ちが良く見えないなと思ったことがある。

外食してそれなんだから家でご飯を食べていてもメインと米と味噌汁で終わる。

切り干し大根は?ひじきは?揚げ浸しは?きんぴらは?漬物は?サラダは?この私が丹精込めて拵えたのに食べないのか?!あああ茶碗もぶつぶつあああああ!!!

まりに目に余ったので一度だけ苦言を呈したら「お前の考えを押し付けないでくれる?」と怒らせてしまった。

我慢するしかないのだろうか。

でも将来、彼との間に子供ができたら私はどうしたらいいのだろう。

私は父から食事についてしつけられ、子供にも自分と同じように綺麗に食べてほしい(アレルギー等があったら勿論仕方ない)し、そう教えていくつもりだけど、「でもお父さんはできてないよ」と言われたらぐうの音も出ない。

父親になったら改めてくれる…わけないよな。だって四半世紀以上ああなんだもんな。頑固かよ。

口に合わないなら仕方ない、私が至らなかった。お腹いっぱいなら仕方ない。でも一口食べて一応美味しいと言ってくれるなら、なら、もっと食えよ。肉魚米味噌汁だけ食ってごちそうさまって言った後に菓子食ってんなよ私が作った副菜を食えよ!!!!!!あああああああああ!!!!!!

こんな不満を抱えたまま結婚をしても絶対私のストレスが溜まるので、一度しっかり話をした方がいいとは思いつつ、なかなか言い出すタイミングが掴めないのであった。

-------------------------

軽い気持ちで書き散らしたものに思った以上に反応があってビビって消してしまおうかと思ったけど、千差万別色々あるんだなぁと考えを改めるため残しておきます

私の実家子供の頃はめちゃくちゃに貧乏でそれこそ一汁一菜、酷いとき汁物ご飯だけという日もあったので、実家から離れて子供と二人暮らしを始めるにあたって「自分理想食卓」がしたくてしたくてたまらなかったのがまずある。

あ、私は小三男児母親です。今のところシングルマザーです。

でも今は、食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べられる時代だし、もしかしたら私が時代錯誤なだけかなと思い始めている。

でもそれだと絶対栄養片寄るじゃん…野菜食べてほしい……という思いもある。

難しいなぁ。

相手が食べないのに作るのが無駄、確かに

そもそも副菜は私のお弁当用に作りおきしている分で、食べるか食べないか聞いて、箸で一つまみ分だけ出した上で残されているのでそこが「????」となるポイント。いや食わないんかーいとなるのも仕方ないんじゃなかろうか。

丹精込めて拵えた、はやや誇張表現でした。お詫び申し上げます

外食しても家で食べても、残した分は大体私が食べているのでもうそれでいいかぁという気が段々してきた。

私や息子の方がたくさん食べるので、もしかしたら彼には多すぎるのかもしれない。そこは体質なので仕方ない。

とりあえず、出された皿を綺麗にできれば私は満足なんだと気づきました。

やっぱり他者意見大事だな。

でも茶碗にご飯粒残すのも直してほしい…

君がクチャラーは無理と思うように、私もつぶつぶ茶碗は無理なのだから……

2018-05-19

夜勤の彼との生活

夜勤の彼と同棲して早数年、

最初こそ全く不満もなにも無かったのだが最近になって不満が積み重なっている…

彼はずっと夜の仕事をしてる(ホストとかではない)

たまに夜勤があるとかではなく毎日毎日

夕方~夜に出勤し帰りは始発で帰ってくる。休みは週に一回。

私が出勤する時は当然寝ているし、夜帰ってきても1人である。先月は休みも1日しか会わなかったためほぼ会話もできない。

寂しい いや寂しいだろ!!!!!!

ずっとこの生活をしてきて何を今更、という感じなのだが実は何回か転職する機会があった。

私はその度お願いだから昼間の仕事にして、と言っているのだが何故か毎回夜の仕事についてしまう。何故だ。何故なのだ

多分お給料が良いとか今更昼職は難しいとかそういう理由なのだろうが、

別に私は贅沢な暮らしは求めてないし、ささやかでいいからなるべく長い時間一緒にいたい。同じ時間帯で生活したい。

その願いはいつになったら叶うのだろうか…。

寂しさに加え、最近理不尽さを感じている。

まあ顔を合わせないのでほぼ一人暮らしみたいなものなのだが、

洗濯物は2倍、洗い物も2倍…うおおお

いや一緒の生活するならいい。好きな人だしやってあげたい気持ちは勿論ある。

しかし私がご飯を作っても帰ったらすぐ寝るから、とか言って食べない。

一緒の食卓ご飯を食べたい…。とは思うがせめてまあ作ったものくらい食べていただきたい。悲しい。無駄に多く作った料理たちが泣いている。

折角作り置きしてるのに、なぜか冷凍食品やらを温めて食べる。

勿論洗い物は出る。のに洗わない。私が二人分洗う。何を食べたのかも分からない食器を。

なにを洗ってるんだろう私………。虚しい…。

洗濯だって昔は率先して一緒にやってくれたけど最近ほとんどしない。掃除もしない。

家事は私しかやらないのだ。

ほぼ一人暮らしなのに???量は2倍???なんかよくわからなくなってきた。

折角の休みも夜職だから昼間はずっと寝てるからどこにも行けない。

どこかに行ってもねむいねむいばかりだし夜帰ってきてもすぐ寝ちゃう

おい!!!!!営め!!!!!!放置すな!!!

昔はよく一緒にお風呂も入ってたのに最近は誘うとめんどくさがってしまう。

元々かまってちゃんの素質ありな私はまあ耐えられず毎晩毎晩ビール4缶と日本酒を飲んで酔っ払わないと眠れん。これはまあとばっちりというか私の心の問題だけど。

好きなのにこんなこと思ってしま自分がいやだ。好きな人愚痴はなるべく、というか絶対に言いたくないし周りの友達にも漏らしたことがない。言うとどんどんどす黒い感情が大きくなるから口に出さないのが得策だ。と思っている。

けど最近ちょっと情緒不安定気味なのでここで吐き出させてもらいました。すみません

好きなら理不尽さなんか抱かず尽くすべきなのだ。きっと。

○○してあげたいという気持ちが無くなったら終わりって聞いたことあるし。

結婚もしたいのだけど、もしこのまま相手が夜職なら…とちょっと考えてしまう。

愛があればいいってわけじゃないんですかね。やだね。

今日も酒を飲んで寝るばっかり。お風呂入ろう。

2018-05-09

自分が、許してくれるまで

私は今、うつ病を誤魔化してないものとしようと、大量飲酒した結果、アルコール依存症入院してます

TOKIO山口さんのように、言葉は悪いですが、"流行" に乗って #metoo でもしたいのかとでも毒づかれそうな話です。

でもニュースを見るたびに、心が苦しいので、吐き出そうと思いたち、書きました。

結婚をして数年たってもこどもに恵まれなかったので、「太っていると妊娠しづらいらしいわよ」と言われたこと。

そして会社でのイジメから、ほぼ意地になってダイエットをしていました。

会社帰りに、ジムに通いながら、ハイボールに、サラダチキン

限界までの糖質制限

私は流行ものを冷ややかな目で見ているふりをしながら、つい取り入れたくなる、ただの30も過ぎた普通の女です。

糖質はほぼなく、更にアルコールを分解するには当然、人体はエネルギーを使うので、スルスルと体重が減って、当時はそれが楽しくて堪らなかったのです。

約90kgあった体重の25%以上をなくしました。

でも、もうその頃には、まずお酒を飲まないと、食べ物を口にする事自体に罪悪感を感じるようになってました。

イジメの関連で通っていた精神科医にある日飲酒が発覚して、現在に至るというわけです。

話は飛びますが、私の祖父は、アルコール依存症でした。

祖母が大好きだった私にとって、"あのひと"は動物しか見えなかった。

その祖父と同じような歳の人間が、私の今いる病棟にはたくさんいます

廃人のように毎日、寝ている人もいれば、何かにとりつかれたように明るい人もいて、一言で「アルコール依存症」と括られるのだから世界は窮屈だと思いました。

朝昼夜のホールでの食事毎日、同じ席で赤の他人食卓を囲みます

それなりに会話を交わすうちに打ち解けるテーブルもあれば、いつまでも険悪なテーブルもありますから、すべては運です。

「ほんとうに、言葉は短いほどよい。それだけで、信じさせることが出来るならば。」

今朝、朝食をとりながら、毎日同じテーブルを囲む男性と、太宰治の「葉」の一文の話になりました。

たまたま病院の近くに、太宰治の墓があって、まもなく桜桃忌だという話になったからです。

「酒は体に悪い」

これがシンプルで短い真実で、それを自分に信じさせることが出来れば、どんなに楽か、とふたりで笑いました。

アルコール病棟というのは、意外とにこやかな場所なのです。

たまたま、隣の席に恵まれたということも、もちろんありますが。

何故、私がここに入院するようになったか、彼が知らないように、

ももちろん彼がなぜこの病院に入ることになったのかを知らないわけです。

でも林芙美子の言うとおり、私にとって「どんづまり世界は、光明紙一重で、ほんとうに朗らか」なのです。

こどものころ、こんな病気になって、こんな病院に入れられるような人間

きっと碌でもなくて、自制心も、教養も、まともな教育も受けていないような人間だと、思っていました。

動物のように、欲求を抑えることも出来ない、そんなイメージしか持っていませんでした。

隣席の男性はともかく、私が「教養のある人間」だなんていう思い上がりはまったくありません。

多分、彼も私も、小さく、普通に、素朴に、生きてきた人間のはずだと思います

それなりの勉学をこなし、それなりの大学を出て、日々与えられた仕事をこなし、小さく暮らしてきただけのはずなのです。

普通」に生きる、というのはとても難しいことなのだと知りました。

今、私は、"こどもの頃の私"の許しを待っています

偏見を持っていたこと全てが、鏡となって反射して、自分を許すことが出来ません。

周りは、「今気づいてよかった」「これから治療していこう」「前向きに」と誰も私をせめません。

一方の私は、どちらが"前"なのかすら、わかっていないのに。

そして、自分を、まだ動物だとしか、思えずにいるのに。

お酒の影響もあり、脳の能力が低下している、こんな私の文章は今、さぞや読みづらいことと思います

ただ、ひとつ伝えたかったのは、あの事件も「酔っ払ってあんなことして恥ずかしい」で片付けられるようなものではない、ということです。

全くお酒を飲めない人間以外には誰にでも起きうることです。ここ数日ニュースを見るたびに苦しいのです。

いつか、他の人ではなくて、自分自分を許してくれますように。

太宰治はこうも言っていました。

「私は、独りで、きょうまでたたかって来たつもりですが、何だかどうにも負けそうで、心細くてたまらなくなりました。けれども、まさか、いままで軽蔑しつづけて来た者たちに、どうか仲間にいれて下さい、私が悪うございました、と今さら頼む事も出来ません。私は、やっぱり独りで、下等な酒など飲みながら、私のたたかいを、たたかい続けるよりほか無いんです。」

 6月19日には、サクランボを探して、外出許可を取ってみようかと、思っています

2018-05-07

インスタグラマー

ルームシェアメイトとの日々の料理写真をあげていたフォロワーがとても多いインスタグラムのあの人が、ルームシェア解消後、写真投稿数が減り、ついにはインスタグラマーになってしまい、広告をはじめてしまった。そういうところが全くなくクールで清潔なところが好きだったのに。彼女には彼女美学があるように思ってたし、全く媚びない感じが好きだった。あの投稿広告か?と勘ぐってしまい、なんか見るたびもやもやするようになった。

ルームシェア解消イベントっていうのも、なんなんだと思っていたが、インスタグラムに載せる動機目的みたいなのを失ってしまったのかな、インスタグラムは、テーマが一貫しているほうがコンテンツ力が強いんだろうし。ルームシェア解消後の彼女写真は迷走しているように思う。以前は彼女の好きなもの生活投稿していくものだったけど、今や見栄えやフォロワーリアクションを気にした投稿や、以前のルームメイトや友人たちを撮って、リアクションがある写真に、固執しているようにさえ思えてくる。食卓はわざわざ椅子に登って上から撮ってるのかなーとか考えてしまう。フォロワーが多すぎるとそういうふうに反応が気になってしまものなんだろうね、彼女もとうとうインスタグラマーになってしまったのが悲しいよ。

追記

インスタグラマーっていうのは、企業から広告依頼が来てそれをインスタグラムでさり気なく日常の一部っぽく商品なんか載せて広告したりしてその収益でかなり稼いでる、フォロワー数の多いひとのこと。

フォロワー数だとか気にしない彼女生活をみるのが好きだったが、収益のため広告するようになり、がっかりした、ってはなしさ。

2018-05-03

彼氏海老油をぶちまけてしまった

昨夜の話である彼氏が夕飯にエビチリを作ってくれると言った。

このエビチリがまたうまいんだ。たまねぎがたくさん入っていて、ソースごはんにかけて食べてもうまい

エビチリ用に有頭海老12尾買ってきて、頭を切り落とし、大量の油に入れた。海老からたっぷり旨味が出るので、彼氏が「多めに油を入れて、海老油を作ろうか」と言った。海老エキスがぎゅっと詰まった油… 香味油としてラーメンに垂らしてもいいし、炒飯を作るときに使ってもいい。考えただけでワクワクした。

しばらく横で見ていたが、「今日の夕飯は俺が作るよ」という言葉に甘えて隣の部屋でスプラトゥーンをやって待つことにした。ガチヤグラを2試合やったけど、人が家事をやっているのにひとりでゲームをやるのはちょっと落ち着かなくて、様子を見に行った。

中華鍋海老を入れながら、彼氏が「できたよ」と海老油がたっぷりと入ったガラスの保存器を指差す。海老エキスを吸って赤く染まった油をみて、明日はどんな献立にしようか、せっかくの海老油を活かす料理はなんだろう、と想像を膨らませた。海老油の入った器がちょうどコンロの横に置いてあったので、料理中にバタバタして倒したら危ないな、と思った。彼氏料理をしている間に片付けよう、と思ってコンロ横のものをどかし、海老油の入った器も避難させようとした。

器を持ち上げた瞬間、蓋が外れて器が3cmほどの高さから落下した。真っ赤な油がキッチンカウンターにぶちまけられた。心臓が一瞬止まったような感覚になった。「海老油が飛び散った」という状況は視界を通して入ってくるけど、脳が処理に追いついていない感じで、何が起きたのかわからなかった。息が詰まった。かろうじて「ごめん」と声を絞り出して彼氏のほうを見たら、ちょうど中華鍋と向き合っていて見逃していたらしい。こちらを向く彼氏に、死にたくなるような気持ちで「こぼした…」と伝えた。せっかく作ったのに、と彼氏が言い出したが、すぐに「そこ、片付けてやって」と言い直した。カウンター電気ケトルトースター、そして床にもはねてしまった香り高い赤い油を見て、「うん」としか言えなかった。

キッチンペーパーを取り出して無言で拭いていく。白いキッチンペーパーが油を吸ってほんのり赤く色づき、拭いても拭いてもなくならない油に「こんなにもたくさん溢れてしまったのか」と思った。拭いているうちに少しだけ視界がぼやける。木べらで海老の頭をすこし潰しながら、じっくり、じっくりと海老の旨味を油に移していく彼氏の姿が脳内に浮かぶ。楽しみだね、と言っていた彼氏。もう少し油を足したほうがいいかな?でも多すぎて海老の旨味が薄まったら意味ないよね?と言いながら海老の頭をコロコロと転がしていた彼氏。つきっきりで海老油を作っていた彼氏わたし料理はよくする。だからこそ、彼氏のショックが想像できる。待望の海老油ができたその直後に、隣の部屋でのうのうとゲームをやっていた彼女がやってきて全部ぶちまけてしまったのだ。彼氏のこの行き場のないショックと怒りをいっそわたしにぶつけてくれればいいのに、と思った。なのに拭き終わって目に涙をためて「ごめんなさい」と繰り返すわたしに、彼氏はやさしく笑いながら「海老油はまた作ってあげるから大丈夫」と言った。わたしの不注意でぶちまけてしまった彼氏の労力と期待。本当に申し訳なくなって、でもどうすればいいのかわからなくて、ひたすら謝った。

相当暗い顔だったと思う。せっかく好きなエビチリを作ってあげたんだから、と言われて、なるべく重い空気にならないように食べ始めた。すごくおいしくて、さら申し訳なくなった。油で香ばしく揚がった海老の頭も食卓に出てきて、バリバリと噛み砕くとじゅわっと口の中に海老のおいしさが広がってゆく。「ああ、このおいしさが凝縮された油を、わたしがぶちまけてしまった…」と思うとまた哀しくなったけど、せっかくおいしいご飯を作ってくれた彼氏申し訳ないのでなるべく明るい雰囲気を作ろうとした。食べ終わってからプーアル茶を淹れてデザートにライチシャーベットを出した。こんなことじゃ埋め合わせにもならないだろうけど、少しでも彼氏の好きなものを、好きなことを、やってあげたい。

ひさしぶりにこんなに心が沈んだ。昨夜の大惨事奇跡的に逃れた小さじ1杯分にも満たない海老油が、今キッチンにある。これを使ってとびきりおいしい料理を作ってあげよう、と思う。何がいいかな。

2018-04-28

家庭環境で作られた好き嫌いってあると思う

子供のころ香りが強い食べ物が苦手で、特に親戚の農家がくれるセルリが死ぬほど嫌いだったんだけど、親類がくれるものなので何もしなくても勝手食卓に上がってくるし、もう本当に食事に出てくるたびに嫌だ嫌だと思ってて、幸い実家にいた頃は「こんなに美味しいのに食べないなんて」とか親に言われるくらいで何もお咎めなかったんだけど、食卓に上がったセルリのにおいで食欲が減退するし、親戚付き合いの食卓では偏食を槍玉に挙げられて食べ物を粗末にするなと怒られる。よその家のルール食事生活をしなきゃいけないのが本当に嫌で、親戚の家にいくのがとにかく苦手だった。

幸運なことにアレルギー特にないまま育ってきたので、大人になってから食べられるものが凄く増えたというか、むしろ食えないものはないってぐらい果敢に食にチャレンジするようになったんだけど、今でもセルリだけはにおいをかぐだけで田舎の土の香りまではっきりと想像できて吐きそうになるし、もしかしたら今美味しくいただけるようになっていた可能性があるものを幼少期のトラウマで食べられなくなってしまったんじゃないかなと思わなくもない

2018-04-27

[]豚汁

帰る途中から口内に唾液がたまってしかたなかった

まずお風呂で体を清めていざ食卓

よそうところを見る

冬に鍋物をするときに使う土鍋いっぱいの豚汁を見ると期待が抑えきれない

どんぶりいっぱいの豚汁自分の前にくる

豚汁のかおりが鼻先をくすぐる

わず喉が一回鳴った

いただきますをしてまずは汁からすする

はああああああ・・・

五臓六腑に、各種エキスのこもったミソ・スープが染み渡る・・・

はやる気持ちを抑えつつ箸を動かす

目の端で具を確認しながら間断なく手を動かし続ける

大根里芋ごぼうしめじこんにゃくにんじんねぎ豆腐油揚げ・・・

およそ豚汁豚汁たらしめる具材に過不足なし

幸せ成分が脳内ほとしり出ているよう

から食べるか選り好みする必要もない

ただ手を動かすだけで口内に毎回違う素材の味が広がる

豚肉・・・

!?

ふと手が止まった

これは・・・ショウガが隠し味に入ってるね!?・・・イエス!!!!当たりだ!

フゥーーーー!

神は豚汁にいまし、世はこともなし

毎日豚汁でもいい、と言うと苦笑された

本気なのに

豚汁結婚する!

と思ったけど、食べ終わりに近づくと、

体内に豚汁を宿している、これから豚汁を生む母親気持ちになった

いや違うな・・・自分豚汁になったような・・・

お腹いっぱいになってごちそうさまをした

気持ちは落ち着いた

豚汁恋人から家族になったような安心感

恐れていたほとばしる熱情の欠落は、たゆまぬ愛情に変わっただけだった

豚汁が体の隅々まで行き渡りますように

2018-04-25

anond:20180425131747

食卓おならしたときはお父さんが非難される暗黙の了解がある。

なんか分かる

anond:20180425131248

おれはほら、自宅勤務だから

食卓おならしたときはお父さんが非難される暗黙の了解がある。

お父さんは「ん」とか言って引き受けてくれるので、オットー必要ないのだ。

2018-04-22

納骨の日

祖父が亡くなってしばらく経ち、骨をお墓に納める日が来た。

その前日、久しぶりに祖母の家に泊まることになった。

骨壺(結構重い)を抱えて運んだり、タクシーを呼んだり、雑用係だ。

祖父の部屋はまだ沢山の本が置いてあり、もう何年も使っていない一眼レフフィルムカメラも置いてあった。

祖父晩年認知症が進み、会話が怪しくなり、最後には私の顔もわからなくなっていた。

まり祖父母と会うこともなくなっていたが、祖母ケアしきれなくなり、施設に入ってからの方が合う頻度は増えていた。

半年に一度が2、3週に一度程度に)

とは言っても、会っても会話にならないため、少しでも喜んでもらおうと、好きだった飛行機模型写真集を買っていくことにした。

ふだん足を運ばない模型店に行って品を選ぶとき、会話の通じない孫や甥におもちゃを買っていく大人心理状態はこんな風だったのかと思ったりした。

写真集古本屋で二冊買った。

同じ写真集を二、三年以上繰り返し読んでいるので、一度に渡しても消化しきれないだろうと思って、まず一冊渡した。

祖父が喜んだかどうかは定かではないが、祖母は喜んで、祖父に孫からプレゼントについて話しかけていたようだ。

その後、ちょっと具合が悪そうだと聞いたあと、すぐに亡くなってしまった。

愛読していた写真集は棺に入れて燃やしてしまったが、次に渡そうと思っていた二冊目の写真集はまだ手元にある。

ちょっとネットを眺めたあと、早々に寝床に入った。

鮮明な夢を見た。

祖父リビングルーム食卓で談笑する夢だった。

髪は真っ白だったが、背筋が曲がる前のしゃきっとした姿だった。

とてもリアル自然だったので

(あれ?祖父はまだ死んでいなかったのか)

と夢の中で思った。

立ち上がり食卓を離れ、ガラス戸棚を除くと

祖父の死亡を知らせる印刷したはがきが数十枚重ねておいてあるのが見えた。

(やっぱり)

と思ったところで目が覚めた。

6時ころだった。

喪中はがき印刷を手伝って、何枚か分けてもらって使ったのでそのとき記憶があったのだろう。

2018-04-02

スープ配給制にしてほしい

自炊してるけどスープだけは配給制にしてほしい

なぜか?

まず、スープというか汁物ってのは鍋を長時間拘束する。

例えばチャーハン作るだけなら中華鍋料理した後、チャーハンを皿に盛り付けると中華鍋は空くので洗って閉まっておける。冷めてしまえばレンチンすればいい。

しかし、スープだと基本的にみんなが食卓についた後、椀に注ぐなりするので鍋を長時間拘束するわけだ。レンチンでというわけにもいかない。

炊飯器みたいにスープを温めておける家電があるかもしれないが、一般のご家庭にはほぼほぼないだろう。

なのでスープ配給制にしてほしい。

2018-03-19

この世ってつくづく思うけど、地獄のものだな

はてな匿名ダイアリーだけでもそうだけど、

幸せを持たざるものは、どうやっても救われないで地獄絵図を作るキャストしかない

一方、幸せ人生を送る側は地獄絵図なんてほぼ視界の外にして生きている

簡単に言えばアフリカ飢餓孤児お茶の間テレビで眺めながらホットケーキメープルシロップかけて食ってる構図だ

もし真横に異常に腹の出た飢餓孤児がいれば内心穏やかでなく満足に食事も取れずに、

自分が食べる予定だった食べ物を分け与えるか、もう少し頭が良ければ救急車を呼んで入院させ点滴させるだろう

ところがどっこい、これは起こり得ない

何故なら遠いか

ただ遠いから、自分生活と関わりがないからという理由で平然と無関心になれるしご褒美スイーツを食っても心を痛めない

 

今30歳、当時中学生1年の頃にアフリカ飢餓孤児TVで見たときはフーンと思っていた

しばらくそんな国もあるんだと思っていたがふとしたとき気づいた

「俺と孤児のどこが違うの?」

肌の色とか民族とかDNAとかそういうのは割とどうでもいい話で

もしアフリカの民と日本の民がそっくりそのまま場所を入れ替えたら、

俺が飢餓孤児になってアフリカの子どもが食卓目玉焼きを食いながら俺をTVで見ていたんじゃないか

人によっては「日本アフリカ人が住んでもアフリカのようになるだけだ!」みたいなことを言う人もいるかもしれない

もちろん現実アフリカ人を急に移せばそうなるだろう

じゃあアフリカ人が日本列島にたどり着いて日本人がアフリカ大陸に残った別の歴史世界の話でもいい

それとも俺の魂がアフリカの子どもで、アフリカの子もの魂が日本人の体の中で入れ替わって産まれてきた世界でもいい

とにかく、完全に、運なのだ

なのだ

こればっかりはどれだけ取り繕ったところで人生は運に支配されている

努力すれば変えられるという人も勿論いる

だが努力が公平であればあるほど、天才努力に凡人の努力は勝てなくなっていく

甲子園に出場した甲子園球児が全員プロ野球選手になれないのと同じ理屈

プロ野球選手は圧倒的に眼の才能によって大きく分けられる

眼球の筋肉(眼筋)は後天的に鍛えにくい部位であり

ドーピングは単純な筋肉量ではなくこういった鍛えにくい部位の筋力を増強させている

こうすることで恐ろしく早い速度のボールを肉眼でとらえることができヒット率が上がるのだ

結局、ボールバットに当てる才能は天から授かりしものであり、

凡人はドーピングを使った「努力」をしなければそこまで到達できないのである

しかしその努力スポーツ界では認められていない、ただし公には。

 

では逆説的にすべての人間が同じ能力を持つクローン人間だったとしたらどうだろう?

どこにいてもどんなとき出会うのは自分と同じ人間

発想も発明ファッションも日々の生活も何もかもどこを見ても似たり寄ったり。

嫌いなものはこの世から消え去り、自分の好きなものしか残らない。

大した争いも起こらず同じ権利のため競争も起こらない。

ベースとなる人格がよほど凶暴でない、疫病が流行らない限りは一見平和世界に見える。

しかし彼・彼女にとってその世界は本当に楽しいものだろうか?

好きな物・嫌いな物が混在し自分理解を超えたもの存在し、

異文化があり自分と違う価値観があり、日々体験更新していく方が個人人生において充実しているのではないか

自分が作った映画小説など、所詮自分想像以上の産物にはならないだろう

娯楽に頼ろうとしても自分日記を振り返って読む感覚しか得られないだろう

なぜならその経験解釈でさえも彼らは同じような解答しかできないからだ

もし増田に俺しかいないとしたら絶望である

明日明後日も「この世は地獄だ」という日記を見かけるであろう

俺たちがそう思ったタイミングが別々に訪れ、別々のタイミングで同じ投稿をするだろう

そしてそこには同意トラバさえつかず、なぜなら自分が分かり切ったことだから自分独り言に反応する必要性すらなく

ただ独り言が流れ続ける暗闇へと変わるだろう

それもまた地獄と言わずに何というだろうか

 

ここで理想的解決としては運の最低の期待値をせめて飢餓孤児や産まれた瞬間殺される子どもでないように世界を作り替えることだろう

重大な疾患を抱える子ども遺伝的コーディネイトしても良いかどうかは倫理観が問われるところだが

個人的には行ってもよいと考える

なぜなら、元々生まれ必要などこの世には無いからだ

人間原理的に生存繁栄肯定され、そこに疑問の余地を挟まないのが当然だと思われている

しかしそれは誤りである

宇宙地球人間がいつ死んでもいいと思っているし、

絶滅しようがどうなろうが知ったこっちゃないというのが至極当然の感想だろう

この広い宇宙知的生命体が人間しかいないという考えも妄信的で霊を信じるよりも俺にとってはオカルト思想

また宇宙から寵愛を受けているか人間誕生したというのもまた妄信的で人間原理によりすぎた思想

人間宇宙から無関心であることに感謝しつつ、人間選択のものによって理想的世界を手にするべきだ

理想的社会を手に入れるためならば人間は産まれ必要性あるかないか選択することができ

まれた知能と肉体を一定以上備えた状態の子孫を望んだっていいのだ

なぜなら宇宙も神も世界も誰も人間について無関心だから

関心があれば産まれときから不幸な孤児をこの世に産むわけがなく、何らかの救済を宇宙法則として残しているはずである

仏教には輪廻転生という言葉があり罪を減らすために現世に産み落とされるという

では産まれた瞬間からコンビニ袋に入れられ、トイレに捨てられ死んだ赤子はどこに罪を減らすチャンスがあった?

全く宗教が信じられないのはどれも神は人間に寵愛を与えているという観点である

俺は全く信じられない

俺が安心してホットケーキを食うことができるのは飢餓孤児地球から存在しなくなった瞬間だ

それ以外では頭の隅から追い出して生活する逃避行動を取る以外にない

もしくは俺が自分の行動に矛盾性を排除するためには隣に飢餓孤児がいても無視して締めパフェを食う神経を身に着けるしかない

俺がどうしても神を信じて感謝することができないことはその1点だけでも十分すぎることだ

故に神や宇宙人間そもそも無関心であるという解釈を俺は信じている

そしてその上で神や宇宙人間にとって安全装置として機能しないのであれば

人間にそれを作る選択権があることを人間自身が認める権利があるということだ

人間人間必要権利自由を決める上で最も重要なのは法だ

法について話をするのは、また別の機会にしよう

 

話を戻すがこの世は地獄のもの

人間生命は単に誕生することができたか

可能性の隙間があってそこを通り抜けたか存在しているのであって

寵愛を受けたわけでもなければ選ばれた存在でもない

宇宙天体・この世の物理法則自分らの隙間に入り込んだ生命に対しては無関心であり

自分らが身をよじってそれらが絶滅しようが全くの抵抗がない

故に生命は神や宇宙に頼らずに自分たちで選択しなければならない

でなければいつまでも地獄に閉じ込められたままだ

もっと具体的に言えば俺が真に幸福ホットケーキを食べる瞬間は未来永劫来ないことになる

この世は地獄

2018-03-18

anond:20180318002032

いぼ痔じゃなかったの?イイボイノシシ君。ゴーヤを炒めて宮沢りえ森田GO!GO!と一緒に食卓を囲めばOK

汝の罪は許されました、祈りなさい。

2018-03-17

家庭教師の子が120%ADHD系の何か

勉強を教えていてとてもつらい。

私は関西大学3回生なのだが、バイトとして家庭教師をやっている。

本当は高校生とか中学生を教えたかったのだが、家庭教師斡旋登録したときは非常に生活が困窮していたの。

そこで登録してすぐに紹介された小学校低学年の子指導をすることになったのがだいたい半年前。

一回目からそんな感じがしていたが、毎回行くごとに確信度が上がっていく。

の子ADHDなんじゃないか??

親御さんに言いたいんだけど週に数回しか会わない糞ガキがそんなことを宣うのは憚られすぎて言えないままここまで来てしまった。

毎回行くごとに教えることに対しての虚無感と無力感を感じてかなり凹みながら帰宅することになる。

かなり辛いのでここで吐き出してみようと思ったのだ。

以下に気になる点をあげていく

普通の問に答えられない

今日朝ごはん何食べた?とか今日いつ起きた?とかの問にわからないと返してくる

「◯◯を△△しようね」って言って1秒後に「何をどうしようって言った?」って聞くと答えられない

じっと座ってられない

すごいもじもじするので「ちゃんと座って頑張ろう?」って言うと

「じっとできないの〜」って言われる。

そういったことを言わないとしても1分持たない

文字を枠に収めて書けない

かなり大きめの枠でも偏ったりはみ出てしま

行を続けて読めない

国語音読をするのだが1ページで2回位は自分が読んでいる行の次の行を間違えて読む。

この前は同じ行を4回連続で読んでいた

文字の間に集中が途切れる

漢字を書く場合3画目くらいまで書くと視線がふら〜っと飛んでいって帰ってくるのに10秒位かかる

帰ってきても自分がなんの文字を書いていたのか覚えていない

解答欄を間違える

上2つと同じような減少ですね

おもちゃ意図を持って遊んでいない

毎回時間が終わるとリビングにある仮面ライダーおもちゃに飛んで行ってガチャガチャギミックを発動させて遊んでいるのだが、何してるの?と聞いても基本的ガチャガチャやっているだけで意図を持ってやっていた例がない。

自分小学生の頃をよく覚えていないが、もう少し仮面ライダーの真似をしたり、組み合わせ次第でどう変化するのかとかを試したりしてた気がする

本人は学校勉強についていけていないという自覚があるようだ。

それのせいで最近学校が楽しくないらしい。

それ、、、中学年高学年更に先になったらもっと辛いだけだぞ…

支援学級に行くほどではないがせめて病院で診てもらってその子の心のざわざわを止めてあげてほしい。

親御さんはどちらも理系、かなりの高学歴だ。

食卓の上にもたくさん勉強用のプリントや本があるし、学校宿題だけでなくワークも低学年には多すぎるくらいにある。

いつも生活してるであろうリビングには漢字日本地図などがびっしりである

多分親御さんはそういった病気に関して完全に無知なのだと思う。

私が2〜3ヶ月経った頃からほぼ毎回それに関して匂わせているのだが「もっと頑張らなきゃね〜、ちゃん先生に教えてもらわないと」というし

どうしたらいいものか…

2018-03-16

一人暮らししてわかる、野菜の大切さ

私が実家にいた頃、母は毎食野菜を出してくれていた。

私はそれを当たり前のように食べていた、特に野菜が好きというわけではなかったので、野菜区別もつかないままなんとなく食べていた。

サラダや、キャぺツの千切りのような食卓のサブキャラ葉物野菜は全部「草」と呼んでいた。

一人暮らしをはじめてから自炊するようになった、はじめは肉とご飯ばっかり食べていた。

しばらくすると、今まで気にしたこともなかったニキビとかが出てきたので、野菜が足りてないんだなと思った、こうやって体の内側から異常がでるんだね。

それから野菜を買うようになったのだが野菜って微妙に高い、自分サラダを作ろうとすると微妙に面倒だと思った。

自分自炊スキル野菜のおかげですこし上がったような気がする、それと同時に母に感謝だなあと感じた。

最近野菜名前ちゃんと分かるようになったので、ただのサラダでもおいしく食べられるようになった。

みずから野菜を食べようとすることがそれまでなかったから、野菜に鈍感だったのだな、いまでは野菜相場も分かるようになったし、葉物が高いな!とか。


葉物野菜「草」って呼んでたのは、せっかく作ってくれてる母に悪いことしたなと思っている。

2018-03-13

専業主婦は夫に食わせてもらってるわけじゃん」と夫が発言

それに対し

「夫がやるのは通帳の数字を増やすところまでで、それを元手に実際の食卓に反映してるのは妻。

両方いないと成り立たないくせに、なんで自分だけの力だけで飯が食えてると思ってるの?

それなら通帳でも食ってろ」と私がぶちギレ

慌てた夫が

「はち子ちゃんは働いてるから関係ないし、そんなに怒んないで」

と火に油を注いでいく。

「私の母や友達を愚弄されて怒らない方がおかしいし、

それに外で働く働かないの問題ではなく、共同生活に貢献しているパートナー尊重できるできないの話じゃないの?」

夫は平謝り。考えを改めたというより、その場を収めたいだけっていうのが透けて見えたけど。

2018-03-11

男はダモクレスの剣

anond:20180309162913

チン子の2センチ上にかざされていて、勃起すると切りつけられると知っていても、それでも敢えて勃起したい生き物なんだろう。

その焦燥感女性からはよくわからないけど、ママ大人の女性)のお手伝いをすると「業者扱い、つらい」になるのはそれなんだろうなと。

いつでも女性にお酌してほしい生きものなんだね大変だねえ

食卓お箸がないと「おい!箸!」って怒鳴るような男には若い人はならないでほしいね

ヒーロー規範からはずれながら男性性を扱う作品最近はよくあると思うけれどね。銀魂とか。勇者ヨシヒコとか

銀魂はよく改造されてる。すげーなネオ中略アームストロング砲。

2018-03-10

焼肉屋の煙

今日焼肉を食べてきたんだけどあの肉を焼いた煙はいったいどこへ向かうんだろう?

できれば家の食卓につないであの煙を浴びて焼肉のタレと白米で毎日過ごしたい

2018-03-09

anond:20180309124712

俺は増田の言うことわかるぞ。

でも残念ながら、女の多数派は男を金でしか見ない。

それは逆に男が、女を体寄りに見るのと変わらない。

結婚するとわかるが、ATMとしてでも認めてもらえるだけマシなんだぞ。

ATMになってても、お金持ちと結婚してても、離婚する家族もあるくらいだし。

「金目当てなんだろ」「やりたいだけなんでしょ」は同義だ。

で、どっちも罪はない。欲しいものがそれっていうだけ。若いときは誰しも足りてないから。

から、逆にいうと、足りてないと年をいくらとっても、満たされず喧嘩ばかりになるよ。

俺なんて給料日しか、させてもらえない。

でもまあそれでもいいかと思えるよ。普通に家族食卓囲んで平和に夕飯食べられるときは。

あと、年をとればとるほど、生きるのに必要現実が見えてくるのが女だから要求高くなるのな。

から結婚若いうちに勢いでしろ、っていう。今はそれよくわかるな。

経済力ある女優離婚が多いのもそういうこと。

遺伝子もらったら離婚したっていう有名人もいたでしょ。

そんなものよ。

から、男はお金は稼ぐけど、あとはバカいいんじゃないかな。

ほんと俺も辛いときは、ペットけが相手だったよ。でも今は稼ぎがよくなったからこうして平和増田できてる。

金なんだよ、悲しいけどね。

2018-03-06

anond:20180305233940

わかる。

でも結婚する時大変そう。

新婚の頃にカミさん

父親は定時に帰ってきて家族で夕飯の食卓を囲むものだ」

みたいな話をされて頭の中がハテナマークだらけになったものだ。

うちはうち、よそはよそ、でいいんだけど、

カミさんとなるとそうもいかない。

いまでは自分は随分丸くなって学校行事に顔を出したりする。

2018-03-02

専業主婦は夫に食わせてもらってるわけじゃん」と夫が発言。それに対し「夫がやるのは通帳の数字を増やすところまでで、それを元手に実際の食卓に反映してるのは妻。両方いないと成り立たないくせに、なんで自分だけの力だけで飯が食えてると思ってるの?それなら通帳でも食ってろ」と私がぶちギレ

 

育児が絡んできたらともかく家事だけなら別に専業主婦いなくても自分の力だけで飯は食えます

この世に働いて一人暮らししてる成人がどれだけいると思っているのか

 

子なしの専業主婦価値はなし

育児しないなら専業主婦の妻なんていなくても単身生活成り立つ

複数人いないと生活成り立たなくなるのは育児が始まってから

2018-02-28

anond:20180228113335

エッセイを読んだんだね。小説を書くための取材で実際にウンコ食卓に乗せた、それをエッセイに書いたんだよ。

その経験をもとに書いたのが『最高級有機質肥料』、そっちもぜひ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん