「食卓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食卓とは

2018-02-19

みんなそんなに鰻すき?

個人的な好みの話であると先に言っておく。

食べられないほど苦手なわけじゃないけど、他の魚(一般的食卓に並ぶものを指す。ゲテモノは食べん)と二択だったら鰻は選ばない。

食感が好きじゃない。

あとなんか喉に刺さる。

ということを言うといつも「鰻の骨は柔らかいし刺さらないでしょ」って言われるけど刺さるんだってば。食べたあといつもちくちくするんだって。みんな分かってくれない。

でも味はそこそこ好き。多分タレが好きなだけで鰻自体の味は好きじゃない。

妻に家事育児を同じだけやれと言われてつらい

スペック

家事自分がやっているのは

妻は

という感じで分担している。

妻の仕事パート時短残業もない。自分はかなり自由に働ける環境で働いているので朝は保育園子どもを送り、夕方6時ぐらいには退社して夕方家事育児をこなし家族毎日食卓を囲んでいる。出張休日出勤などもほとんどないので休日はいつも家事育児をしている。

ただ、仕事全然忙しくないかというとそんなことはなく、家事育児が終わった後に夜仕事をすることが多い。それにより妻よりも2〜3時間ぐらいは睡眠時間が少ない。

料理や買物は大変なので家事負担は妻のほうが多いと思うし、自分はどうしても空いている時間などに仕事のことを考えてしまうことが多いので、妻のほうが子どものことを考えている時間が長いのは間違いない。もちろん全く考えてないわけではないが、割合は少ないと。例えば、子どもの服やおもちゃを買ったり、というのはどうしても自分には気が回らない。

自分としては仕事負担差し引きしてそれでよいバランスだと思っている。が、妻はそうではないらしく、家事育児もこどものことを考える時間自分と同じだけやってほしい、という感じのことをいつも言われる。

できる限りやっているつもりではあるが仕事が忙しくてな、と言うと、もう少し仕事減らせないの?という会話になる。

生活できるぐらいの年収まで減らしてその分仕事の稼働時間を減らせという要求だが、ある程度責任ある立場仕事しているので簡単に調整できないし、今はそれでもいいかもしれないけどこれからもっとお金かかるようになるんだから、ここでブレーキかけると元の給与に戻すのに何倍も大変になるのよ、みたいな話はするがあまり伝わらず、その場では一応納得したようなことを言うがまたしばらくすると同じ会話が発生する。

つらい。

2018-02-17

anond:20180217090135

ソーセージ製造業者は、コマーシャルソーセージ製造過程を全国に公開したら良いと思うよw

ゾンビかよwww

2018-02-15

友人の家で食べたカレーが明らかにうんこだった。

大学時代の友人に子供が産まれたと連絡を受け、お祝いがてら友人宅にお邪魔した時のことである

友人の結婚式以来なので、奥方も交えつつお互いの近況報告や思い出話などに花を咲かせていたら晩御飯時間になり、そろそろお暇します、いやいや食べていってよ、というやり取りを繰り返した末、半ば強引に食卓につかされてしまった。

聞くと今日カレーだという。あくまで固辞の姿勢を崩すまいとしていた私の心はその一言で大きく揺らいでしまった。私はカレーが大の好物なのである

冷蔵庫から奥方が一晩寝かしたと思われる鍋を取り出し、レンジにかけるのを眺めながらそろそろ私も結婚しようかなと当てもない決意を固めていると、熱された鍋からカレー匂いが漂ってくる。

筈であった。

大便の匂いがする。大便以外に例えようのない匂いキッチンを満たす。カレーと聞いて刺激された食欲が急速に萎んでいく。リビングの向こうから赤子の泣き声が聞こえる。この状況に対する動揺を訴えようと友人を見ると、友人は幸せそうに奥方エプロン姿に目を細めつつ、泣き始めた赤子をあやしに席を立ってしまった。

恋は盲目というが視覚だけではなく嗅覚麻痺させるのかもしれない。

そんなことを考えていると逃げる間も無く、皿に盛られた白米および大便、否、カレーが目の前に出された。まさかと私は目を疑ったが、茶色いそれは匂いだけでなく外観も大便であった。挽肉と人参の微塵切りが入ったドライカレーと信じたいが見た目は体調の良い時の大便をペースト状にしたものと相違なく、匂いもその感覚を補強して余りある

「変わってるだろ、うちのカレーちょっとした隠し味を使ってるんだ」友人が赤子を抱き抱えながら自慢気に話す。

まさかそれは…」流石に奥方もいる前で大便などと口走ることは出来ず私は言葉に詰まる。ぐつぐつとカレーの煮える音がやけに大きく聞こえる。

「あら、あなたの分のルゥがなくなってしまったわ。ちょっと出してこないといけないかも。お客さんがくるならもっと用意しておいたのに〜」奥方の不穏な発言に私の動悸が激しくなる。出して…?

「いや、俺のが確か冷凍してあるからそれ使ったらいいよ」

「ぼくのをつかっていいよ」赤子が急に自らの足で立ち上がりオムツを外そうとする。

「いやいや、ご馳走されてばかりでは申し訳ない。一飯のお礼になるかは分からないが私のを使って欲しい。これも出産祝いということで」

私はすくっと立ち上がるとトイレに駆け込んだ。

という夢を見てうんこを漏らした。しばらくカレーは食べられそうにない。

2018-02-14

anond:20180214123552

お前んちでは、お前が一人でたこ焼きやってたりするの?

食卓占領するじゃん。

部屋でやるの?

2018-02-10

anond:20180210004733

結婚するならこんな奥さんがいいな。

毎日帰宅夕飯後、耳掻きと顔マッサージ癒し言葉付)

 

・週一、鼻毛&顔産毛を丁寧剃り

 

美人スタイル良いのにブランドに目もくれずしっかり貯金自分の物より俺の物を買おうとしてくれる

 

ヒゲが洗面台にパラパラ落ちても文句一つ言わず帰った時にはピカピカ磨き上げ

 

掃除好きでキッチンバスもいつもピカピカ

 

・出来合い物を食卓に出さな

 

・車の運転は疲れるでしょうと気遣っていつも半分はしてくれる

 

エッチ好きで恥らいながらもすごく感じてる

 

エッチ後は丁寧に汗をふいてくれる

 

・誰に会わせても羨ましい、俺の嫁と交換しろと本気で言われる

 

実家金持ち、今の暮らしストレス溜まるだろうに一緒にがんばろうねと言ってくれる

 

学歴高く教養深い、英語ペラペラなのに自慢しない

https://anond.hatelabo.jp/20070530084951

2018-02-05

うる星やつらの思い出

小学生の頃、夏休み特別番組で「うる星やつら」を食卓で見ていたとき、多分現役世代だったであろう両親の会話

親父「なに朝から変なもん見てんだ」

母「何言ってんのあんた、うる星やつらじゃないの」

を聞きながら、

(いやいや母よ、その文脈で言うとうる星やつらは十分「変なもん」だろう)

とか思ったのを何故か強烈に覚えてるってだけの書きなぐり。

大人って理不尽よね。

2018-02-04

うなぎ問題クジラ問題

うなぎ問題自分も知った時は即刻禁漁にすべきだと思ったんだけど

ふと、クジラ問題に似ているなと思った

 

そこまで詳しくないんだが、クジラ絶滅危惧が叫ばれて世界的に食べられなくなった動物

その後クジラの種によっては増えているという調査も出てきていたらしいが

今度は色々と理由をつけて他国が反対し、禁漁の流れは変わらなかった

クジラを漁を巡ってグリーンピースシーシェパードと言った狂った団体誕生したこともまだ記憶に新しい

調査捕鯨かい言い訳で一部流通していたが、それも無くなったんだっけ

 

ネットではよく、他国のああいった理不尽行為に苛立った声が聞かれたが

ぶっちゃけクジラが食べられなくなっても死にはしないわけで、市場からは消えるのは簡単だった

親戚の料理人に食べさせてもらったクジラは非常に美味しかったが、世間的にはそこまで評価が高くないらしい

 

そしてうなぎも、禁漁となり食卓から消えても何ら問題ない食べ物の一つだ

文化としてのうなぎを守るのであれば、つべこべ言わず禁漁にしてしまったほうが手っ取り早い

そう考えれば今後ネットを中心にもっとうなぎ漁への攻撃過激化すると思う

 

しか感情のままうなぎ漁を叩くのは、グリーンピースシーシェパードと何か違うんだろうか?

そこで守るのはうなぎではない、「良いことをした」という自己満足

私はああ言う人間になりたくはない

 

とは言え本当に絶滅してしまったらまずい

とにかく一刻も早く調査をしてほしいと思う

そしてそれを世の中が支援するべきだと思う

 

食べるかどうかについては、個人の行動として「食べない」は賛成だ

しかし食べないことを強要するのは反対だ

2018-01-31

私は結婚しない

 28歳、男性一人暮らし、未婚。世間的に見ればそろそろ危機感の一つでも覚える状況であろう私は、決して強がりではなく、本心からこう宣言する。「一生結婚なんてしない。」

 「『しない』のではなく『できない』の間違いだろう」「強がっているだけじゃないか」「心配しなくてもお前と結婚したがる女性はいない」いくつもの反論が瞬時に浮かんでくるし、その中には面と向かって言われた言葉も含まれている。そして、その反論あながち間違いではない。確かに私は女性モテない。容姿問題も勿論あるだろうが、性格的な要因が最大の問題であることを私自自覚している。大学時代交際した女性はいるが、いずれも半年持たなかった。そして、そのほとんどが私から別れを切り出していた。自慢などではない。それこそが私が結婚しない原因なのである

 私は一人が好きだ。休日は誰とも会わずに家の中に閉じこもっているか、もしくはネカフェなど一人になれるスペースで過ごすことが多い。一人でいる時が最もリラックスできる時間なのである

 逆に他人(肉親も含む)と一緒にいることは、私にとってストレスとなる。ストレスと言っても、耐えがたいレベルのものではない。適度な緊張感を生む程度のものだ。仕事場では、浮いてしまわないように常識的社会人として振舞う。友人といる時は「楽しませなければならない、つまらない奴と思われたくない」と積極的に話をしたり、逆に聞き役に徹して適度に相槌を打ったりする。たまに実家に帰る時は、両親にお土産を持って帰り、共に食卓を囲んで団欒の時を過ごす。周囲からは、多少なりとも「社交的な人」とか「面白い人」という評価を頂いている(と思いたい)。だが、実際には真逆の陰気な小心者だということは、数少ない心を許している友人は知っている。

 一般的な人にとっては、日常仕事や友人と遊ぶ時間は「ケ」であろう。しかし私にとって、他人と一緒にいる時間は、毎日仕事であっても、友人と遊んでいる時であっても、家族食卓を囲んでいる時間でさえも、「ハレ」の時間なのである。そして、一人でいる時だけが「ケ」の時間なのだ

 他の人にとって「ハレ」の日とはどんなものだろうか。仕事プレゼンをする時だろうか。好きな異性とデートをする時だろうか。全校生徒の前で弁論大会の発表をする時だろうか。バンド仲間とライブをする時だろうか。それはきっと、大きなプレッシャーストレスであると同時に、それに勝るとも劣らない充実感や達成感を生み出すものだろう。

 私も同じである。人と一緒にいることが全くの苦痛という訳ではない。仕事にはやりがいを感じているし、友人と遊ぶのは楽しいし、両親と食卓を囲む時間はかけがえのない物であるしかし、それは同時にプレッシャーでもある。「仕事ができない奴と思われたらどうしよう」「つまらない奴だと思われたらどうしよう」「ダメな息子と思われたらどうしよう」そういった観念が常に付きまとう。それはプレゼンライブ程ではないが充実感を生み出してくれるし、デート弁論大会程でもないが相応のストレスを生じるものである

 だからこそ休日はなるべく一人になって鋭気を養っている。たまに友人と遊ぶ約束が入ると、休日出勤と同じくらいの気持ちで臨むことになり、頻繁になると億劫に感じてしまう。休日が無いのと同じである。先述の通り彼女と長続きしなかったのは、私が交際した相手が「いつも一緒にいたい」タイプの人ばかりだったことが大きい。私は一人の時間が欲しかったのだ。

 もちろん、他人と一緒にいることが苦に感じない人も多いと思う。「一人なんて耐えられない。」「誰かと一緒じゃないとファミレスも入りたくない。」「休みの日はいつも連れと遊んでいる」そういう人にとって、きっと誰かと一緒にいる時間は「ケ」なのだと思う。それが日常。いつもの日々。だから(少なくとも精神的には)疲れないし、むしろ一人でいると孤独苦痛を感じる。そういう人には、私の感覚理解し得ないだろう。私も一人で飲食店に入れない人間の気は知れない。

 しかし、程度の差こそあれ、同じような感覚を持つ人は多いのではないだろうか。「たまの休みは一人でのんびりしたい」「家でゴロゴロしながら好きな映画を見ている時が一番幸せ」など、他人と一緒にいることが多少なりともストレスと感じている人は、少なくないのではないだろうか。

 そして、日本社会では、私のような人間は決して歓迎されない。「みんな仲良く」「和を以て貴しとなす」「空気を読む」それは幼少のころからコミュニティーの中で暗黙の了解として強要されており、コミュニティー不文律を破る人間は「イジメ」や「村八分」を受ける。それ自体は間違ったことではないと思う。コミュニティーに参加し、コミュニティーのために働かない者は淘汰される。そうやってコミュニティー全体を維持しているのである。だからこそ私も毎日緊張感のある「ハレ」の舞台に臨むのである

 だが、それが24時間365日続くと言うのであれば、話は別だ。家族というコミュニティーを維持するために、毎日働き、休みの日にはよい夫として、良い父として家族に尽くす…考えただけでストレスで禿げそうである。いや、そんな大層な話ではなくとも、四六時中誰かと顔を合わせて生活する…それだけでもう我慢できない。一人の時間が無くなるのは、私にとっては水や酸素を失うに等しい。

 「ただのわがままだ」「甘えが捨てきれていない」「男は家族を守って初めて一人前だ」「家庭を持つことに勝る幸せはない」叱責の嵐が飛んできそうだが(実際言われたこともある)、そう思う人は、どうぞ立派な男として生きてほしい。ただ、自分の考えを他人強要するのはやめてほしい。「結婚しない奴が出生率を下げて日本を衰退させている」と言う人もいる。そう言うなら独身者を罰する法律でも作ればいい。法的根拠もなしに他人非難してもいいのは、独裁国家権力者くらいなものだ。誰に何と言われようと、私にとって一人の時間は大切なのである。家庭や仕事が一番大事だと言う人がいるのと同じように。

 だから私は結婚できないし、これから先もする気はない。そしてそれに後ろめたさを感じることもないし、他人にとやかく言われる筋合いもない。モテるモテないとか、甲斐性の有る無しとか、そういう話とはベクトルが違う。私はただ、自分を守るために、自分にとって一番大切なものを優先しているだけなのである

卵の割り方が上達しない

一日4個割る生活が2ヶ月ほど続いているがまったく上手くなる気配がない

片手で割るなど夢のまた夢だ

ググってみても「丸い面でひびを入れるといいよ!」と書いてあるばかりだ

それはすでにやっていて,食卓塩の瓶が非常に使い勝手が良い

そこから先,肝心の「割る」動作への言及は見いだせなかった

それでも私は卵を割り続けるしかないのである

卵ほど優れたタンパク源存在しないのだから

2018-01-27

anond:20180127122601

まあ食卓多様性観点から言ってもウナギウナギ言ってる連中は信用出来ませんしどうでもいいです

2018-01-26

猫が食卓の上に上るんだけど

人間食事をとっているときに猫がよじのぼってきて食べようとしてくる。

何回下ろしてもめげずに上ってくるから、こっちは落ち着いて食べられない。

かと言ってケージに入れるとすごく騒ぐし…

なにかい方法がないもの

2018-01-22

ブコメ比較

上:アメ横の「投げ売り爆安マグロ

下:マグロ国際会議

http://fut573.com/compare/?url1=http%3A%2F%2Fnews.livedoor.com%2Farticle%2Fdetail%2F14094214%2F&url2=http%3A%2F%2Fkatukawa.com%2F%3Fp%3D6120

lbtmplz

なるほど

統制が取れていないので当たり前ではないか

kamemoge

東京怖い

ジャパンクオリティ

munetak

あの雰囲気で生ものを買う気にはならん。

日本て、今の利益を見すぎて将来が見えてないのは変わらんよな。ウナギマグロも大好きなのだが。はぁ。。。

bigburn

うわー、年末アメ横って買い物していい場所じゃないよな…

マグロウナギも欲しがりません、回復するまでは」やるべきかも

reijikan

ちゃんと買ってレポートしてくれるのはありがたい。

そういえば、「持続可能な」という言葉を目にすることが減ったなぁ

quick_past

ねぎま煮とか、焼き物に使うものじゃないのかなと思うけど、それにしたって高すぎるような

もうほんと恥ずかしいからやめて。外国で私は日本人ですなんてとてもじゃないけど言いたくなくなってきた。

table

ただ、近所の立ち飲み屋は安くて美味いマグロ出すんだよな。不思議

ハタハタを守るために数年禁漁した秋田漁師見解を聞きたい。日本がってより、東京がって話な気がする

kana-kana_ceo

(くんしあやうきにちかよらず)

「何やっていない」→「何もやっていない」 / 「日本が主導で」→「日本の主導で」(☜ 微妙

REV

そうなんだ。人混みに恐れをなして吉池で買った俺は勝ち組だったのか

規制しようとすると、「泣く漁民」「襲いかかる他国違法操業船」「庶民食卓」の大報道な予感


anond:20180122210221

2018-01-20

ーーーーーー

絶滅危惧種ニホンウナギ稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが13日、複数関係者の話で分かった。漁は4月ごろまで続くが、このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねない。シラスウナギ養殖種苗となる。品薄で今夏のウナギさらに値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる。資源保護のため来年ワシントン条約締約国会議で国際取引規制対象とするよう求める声も高まりそうだ。

 シラスウナギは毎年11月ごろから翌年4月ごろを中心に、台湾中国日本などの海岸に回遊してくる。

 海外の状況に詳しい業者によると、最初に漁が始まる台湾の今期の漁獲量は、前年の同じ時期と比べ100分の1程度に低迷。中国でも同レベルだという。

ーーーーーー

http://www.at-s.com/sp/news/article/economy/shizuoka/unagi/446007.htmlウナギ養殖用の稚魚シラスウナギはテンネンの回遊魚なんだな

ウナギなんてもう20年以上食ってないし

ウナギなんてタレが美味いだけでウナギ自体はそんな美味くないだろ

2018-01-11

痔の薬を食卓に置きっぱにするのやめて

2018-01-08

成人式について思うこと

毎年成人式になると暴れる若者ニュースで見るのが恒例だ。

そういう輩を見ると批判する大人もいる。

個人的には、少なくとも参加しているだけでも文化的だなぁと思ってしまう。

うちでは振袖の準備もしてもらえなかったし、食卓話題にすらならなかったから。

花魁みたいな下品な着方をしているとしても

少なくとも成人のお祝いに対する資本が投入されているというのは事実だ。

そういうものを持たなかった自分人生

みすぼらしいなぁと思ってしまう二十歳の頃の自分を今でも思い出す。

2018-01-07

やれストロングゼロがなんだ、バーチャルyoutuberがなんだ、ってのが流行ってるけどさぁ

なんすか?それ

そういうのに言及するのがいま面白い感じなんですか?

って思ってたんだけどさ

考えてみれば、俺も大学生のころ

やれはなまるうどんのかけ小で揚げ玉を大量投入してどうの

やれ松屋は俺の食卓でどうの

そういう意味不明なことをtwitter投稿して悦に浸ってたな

ユビッターってクライアント使ってたわ

いまあるのか?

あれと近い感触なんだろうか?

と気がついたわ

あいまのアクティブネット民が実際何考えてるかはわからんのだけども

2018-01-03

恵方巻きを貶すな

母方の実家大阪商売をやってた家で、俺も子供の頃は節分の時期に恵方を向いて巻きずしを食っていた。母も子供の頃からそうしていたと言っていた。

今は一人暮らしなのでわざわざ巻きずしを作らないし買ってきたりもしないが、最近ネットではあれは商業主義だの、さらには大した根拠もなく元々は下ネタだの言われる。

子供の頃から食文化を貶されることほど腹の立つことはない。家族食卓象徴であり、文字どおり自分の血肉になったものからだ。

どうせ「昔からやってるところは別」などと言い訳するのだろうが、他人の食い物にケチを付けるのを失礼だとは思わないのだろか。

2017-12-28

ブロッコリー

昼飯を食べていて気になった。

野菜だけれど、歯ごたえも風味もサラダ的な役割からは遠い。

見た目も、緑色はともかくあのヘアスタイルトライポフォビアにはつらいかもしれない。

そして、どのタイミングで食えば良いのか。最初に端をつける感じでもないし締めに持ってくるのも仰々しい。かといって「箸休め」というほど休まるものでもなく、どちらかというと「皿の上にあるものをなくす」という義務感というか心理的負荷があるような気がする。

しかし、ここでふとブロッコリー農家の人に思いを馳せる。汗水流して丹精込めて育てたブロッコリー

主菜になることはなくても食卓存在感を示す。異国の空気ではなく普段から吸っている空気のような存在。いなくなってから気付く、湧き上がる家族のような親愛。ありがとうブロッコリー。きみの栄養価は素晴らしい。

休みが終わる…

2017-12-26

実家ぁぁ

今週土曜に実家に帰る

最近ずっとバイトが忙しくて休みきれない日々が続いてたのもあっていままでの中で一番楽しみな帰省

家に帰ったら母の作る手羽中を塩とニンニクで焼いたやつ食べたい 手がベットベトになるけどすげー美味しい

羽中トマト煮でもいい そういえばあれ風邪ひいた時に食べて本当に美味しかったな

普段食べられないか煮物とか天ぷらみたいな揚げ物も食べたい 一人暮らしするようになってから、そういった類の料理がなかなか食べられなくなって、たまにバイトのまかないとかで食べてやっとはじめて煮物が美味しいって知った

父の作る料理は味がなんか濃くて、晩御飯はたびたび回鍋肉ニンニクの芽スタミナ焼きみたいな肉に肉を合わせるハチャメチャメニューになるんだけど、やっぱりそれでもご飯進みまくりで美味しいし、参考にするレシピの分量を寸分違わず作れるように心血注いで作ってくれるからありがたい

家に帰ったらとりあえずばーちゃんに挨拶して、撮り溜めしてもらった月曜から夜ふかし観て、晩御飯ができたら家族みんなで食卓を囲むんだ〜すごくワクワクする

全部2年前までは当たり前だったっていうのが不思議

早く帰省したいな!帰るまでにバイト4連勤なのが本当やだな!でもがんばるぞ!

2017-12-13

子供が出来たら気をつけたいこと

ごはん電子レンジでチンしてから食卓に出し、お茶碗を持って食べるようにしつける、ということをしない

なぜか: ごはん茶碗を電子レンジでチンすると底が熱くなり、子供には熱くて持てなくなるため。なお、これは持ち方の問題ではない。

2017-12-10

一杯の酒

世界食卓から的な番組見てるとさ、西洋田舎普通家庭の人たちみんな食事時に一杯のグラスワインを飲んでるじゃん。真似して夕食時に、和食には日本酒洋食にはワイン中華には紹興酒……と、ほんの少しだけ取り入れてみたら食事がうまくなった。でもこれってアル中への第一歩になるかもと思って、やめたほうがいいんかなとか思ってる。

2017-12-09

から離れない

抜け出したい。

実家では、家族は皆同じ部屋に居るべきだと言う父の考えのもと、18年間、子供部屋は2部屋用意されていたにもかかわらずそれは物置部屋とされ、勉強時以外親の目が届かないことはなかった。

勉強部屋も家を出るまで異性の弟と同じ。寝るのも家族4人布団で同じ部屋、雑魚寝。今も変わらない。

高校1年生まで父親と入浴していた。初潮が来た日、今日から別々に入浴しなさいと母から伝えられた時は心底ホッとした。本当は小学校中学年ごろからずっと1人で入りたいと思っていた。温泉番組を見ていると時々、お父さんあなた大人になっても一緒にお風呂に入りたいんだってからかうように言われた。1人で入りたいと母に伝えると、お父さんが悲しむよあなたのことが大好きなんだからと目を合わせずに言われた。だからずっと一緒に入っていた。初潮が来たことを話すと、父は最近胸が膨らんできていたものなぁと答えたらしい。その時は、なんか嫌だなともやもやとした気持ちだけで頭がいっぱいだった。

嫌だと伝えることなんてできなかった。嫌だと母にしか言えず、母はその度お父さんが傷つくと答えた。父はいつも、私が返事を渋ると悲しそうな顔をする。それを思い出して結局何も言えなかった。私に甘い、優しい父を傷つけてしまう。

しかし言えずとも嫌だと言う気持ちは顔につい出てしまい、その度に母からはしかめっ面をするな、嫌だと言う気持ちを顔に出しすぎだと後から怒られた。

食卓を囲む時も必ず父の隣。毎回太腿や腰を触られて、嫌だなとずっと思っていた。愛情表現の一つだったのだろうが、どうしても受け入れられなかった。リビングでくつろいでいる時も同様。

家を出てからも、28歳になった今も帰省する度、食事の度に触られる。やめての一言も幼い頃のまま父の顔を伺い言えず、ただもやもやした気持ちでそれとなく身体を遠ざかる方へとずらしてその手を振りほどいている。

お母さんは何も分かってくれない、もう諦めているよ。お父さんは分かってくれるのはあなただけ、本当にかわいいねぇと2人になった時の父の言葉が頭を離れない。

2017-11-30

文科省道徳教科書にこれを載せるくらいやれ

 私は浪人生の頃、地元ガソリンスタンドアルバイトをさせて頂いておりました。

 そこは近年稀なセルフでないスタンドで、よってガソリン価格こそ高かったものの、時給も悪くないし、働いている人たちも優秀だと思えるような、いい職場でした。

 SSというのは車が来る時と来ない時の差が激しく、その時は私が一仕事し終わった後の事でした。

 いつもの様に勤務に励んでいると、職場の大先輩(正社員)がこういう様な旨を話してきたのです。

「ああそうだ。この間君のお母さんがここに入れに来て会ったんだけど、なんていうかガソリン社員割で当たり前のように入れてもらうってのは、違うと思うんだ。僕の前いたスタンドではガソリンの割引なんて、させてもらえなかったしね笑」

 それを聞いて私は何か、申し訳なく思いました。と同時に、こういった私へのアドバイス(というより人生の先輩としての教え的な言葉──さらに付け加えるなら、この職場は良い意味ルーズで、働く上での方針や心意気なんかの統一はなされてなく、だからこそそれぞれの人の言うノウハウなんかを総合的に受け取って私は働いていた)は日々少なくなく、その方は歳も歳だし(定年後の再就職で、私より一つ前に入ってきて間もない人)、甘んじて受け入れる事もできたのですが、どうにも何かおかしい。

 私の母はそんな、その人が快く思えない態度を取るハズがない。

 そう言いたかったがしかし、実際に自分対応している訳ではない(本来なら身内の社員割においては当の本人である自分がその車の全てのサービスを任されるのだが、その日は自分シフトではなかったのだ)ので、本当のところどうなのかも分かりかねない。

 仕方なく私は、

「なんかすみません」

と言いつつ、先輩の

「でもこんな話しないでよね。トラブルになるの俺やだからね」

という笑い混じりの軽い忠告を聞き流しながら、これは一応話しておくか〜、とか思ったのだった。

 私は家に帰って、食卓にてその話を母親しました。

今日こんな事言われちゃったからさ、ま〜これからも、どうかよろしく頼むよ?」

 そうそして精一杯の私のオブラートは、無残にも瞬く間に溶け散ったのです。

「えっそれどういうこと? 私が何かしたってワケ?(……云々」

 まあ軽く終わるだろうという謎の期待は思い込みに終わり、議論は続きました。

 そして結論としては、一応母に問題があったようで、曰く

「私はいつもと同じ様に、ポイントカードを渡して現金満タンを頼んだだけだ。強いて言うなら、このように息子はもう受験が近くてシフトがあまり入ってなく、だからこそ私は別に社員割で入れてもらわなくてもいいと思っている(あんたが働く前からここには普通に入れに来ていた訳だし)」

 なるほどあの人には、この母の態度が何か、横暴に見えたのかもしれない。その気持ちは大いに分かり得る。

 しかし、この出来事は、果たして伝えるべき事だったのだろうか? と、そうも思えるのだ。

 あの人は確かに「こんな事は親に言わなくていい(伏線)」と言っていた。だが本当に言わなくていいのなら、そもそもこんな話題は振らないんじゃないのか──人間とはそういう生き物ではないのか?

 ──話は続く。

 その夜床に入る前に、以下のLINEが届いた。

 私の母にしてみればこんなような長文のご高説はかなり頻繁に来たりもしていて、別段驚愕を呈するものでもないのだが……

それから先程の話ですが、やはりその人の言うことはおかしいと思います

上司立場でおまえに対して何か注意をするというのならわかりますが、私は客です。

従業員家族であることを申告しなかったのは、家族割希望していなかったからであり、当然のように割引を受けるつもりだったわけではありません。

私がその人の立場だったら、お客様から申告はなかったけれど従業員のご家族であることに気づき割引をした。

仕事人としてその、気の利いた対応を誇りに思いこそすれ、申告しなかったお客様を責めるようなことは考えられません。

その人の仕事をする姿勢共感できません。

よってその人には、次回から家族申告がなかった場合は割引の必要はないとお伝えください。

本当は大変不愉快である旨伝えてほしいところですがおまえの立場ではそれはできないでしょうから結構です。

正直とても気分悪いです。

そうだいいことを思いついた。

おまえこう言えよ。

実は困ったことになりました。

この間の件母に話して態度を改めてもらおうと思ったんですが、母が申しますには、自分は横柄な態度を取った覚えはない、割引をしてもらってちゃんと礼も言ったはずだ、従業員家族であることを申告しなかったのは、最近僕があまりバイトに言っていないので割引してもらうのは悪いと思ったせいだ。

それで母はすっかり気分を害してしまって、自分従業員家族である以前からここの客であるのに、その接客姿勢は許し難いと。

で、本社電話して先輩の名前を出して苦情を言うと息巻いているんですが、いや〜どうしたらいいですかね。

で、その先輩の名前は何だ?

あと言っとくと、おまえがあそこの従業員である以上、おまえにとっても私は客だ。

金払ってガソリンを入れている。

そのことを忘れるな。

──流石にここまで極め付けな文章を送られると、人間とはこうも気が滅入るのか。いやそれはお互い様なのかもしれないが、私にはもう、二言返事で終わらせることしかできなかったのだった。

いやあ別にどうでもいいんだけどさ、正直何か、冷ややかな目線を感じるし、「お客様」以前に

人間じゃん? 従業員ってそう見てるよ。疲れてるね!(俺も!)寝よう!!

おやすみ〜〜〜☆ミ

2017-11-21

anond:20171121220339

美味しいのでぜひ。ポイント食卓塩ではなくて旨味のある岩塩を使い、生姜は必ず生の生姜をすりおろすといいです。瓶詰めのではなくて。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん