「真逆に」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真逆にとは

2018-02-21

無料情報発見アプリの決定版…って?

はてなブックマーク Androidアプリキャッチコピーがいつの間にか変わっていた。

はてなブックマーク - 無料情報発見アプリの決定版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hatena.android.bookmark

「決定版」…ってなんだ?

辞書にはこうある。

デジタル大辞泉解説

けってい‐ばん【決定版】

書物出版物で、それ以上の修正や増補を必要としない最終的なもの。「漱石全集の決定版」

2 同一種のもののうちで、品質機能などの最もすぐれているもの。「辞書アプリの決定版」

 

大辞林 第三版の解説

けっていばん【決定版】

① 増補・修正を要しない出版物。 「-漱石全集

② 他の追随を許さないすぐれた作品。 「ミュージカル映画の-」

 

出典:コトバンク

意味も分かる。

かつて流行した「Web 2.0」という言葉説明ティム・オライリーは「いつまでたってもベータ版」と言っていた。「決定版」とはその真逆にあたる。常に改善を続けるWebサービスにはふさわしくない言葉ではある。

 

しかし私の記憶にある限り「決定版」というものを手に取ったことはない。

この生涯でKindleで購入した本の中では「2001年宇宙の旅〔決定版〕」1冊だけが「決定版」を謳っている。

 

はてな匿名ダイアリーでも調べてみよう。

https://anond.hatelabo.jp/search?word=%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88]

ヒットなし。はてなキーワードにも存在しない言葉だった。

 

かつては各種広告でよく耳にした気もするが、なぜ今「決定版」なのか?

 

Google Play で「決定版」を検索してみよう。

https://play.google.com/store/search?q=%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88&c=apps&hl=ja]

 

よく知られたアプリがいくつかある。

 

逆転オセロニア

ZOOKEEPER、

Yahoo!カレンダー

BAND、

乗換ナビタイム

ウェザーニュースタッチ

マンガワン

 

はてなブックマークの競合では

グノシー

だけ。

 

よく見てみると、Yahooアプリが多い。

Yahoo!カレンダー 無料スケジュールアプリ管理

無料スケジュールアプリの決定版!Yahoo!カレンダー

Yahoo!乗換案内 無料時刻表運行情報、乗り換え検索

「乗換アプリの決定版」

リクナビ2019 就活準備アプリ

就活準備アプリの決定版!」

Yahoo!リアルタイム検索 ツイッター検索の決定版

Yahoo採用しているSEOワードなのか?

 

不思議なことにiTunesストアでは使われていない。

消費者庁が取り締まる「優良誤認」につながるからだろうか? PDF1 PDF2

 

「どこかがどこかの真似をして広まったローカル流行り」といったところだろうか。それともキャッチコピーを考えたスタッフがどこも同世代からだろうか? インターネット以前の日本は、今では考えられないほど「みんなで同じものに学んで、同じものに感動してきた世代」だから

2018-02-20

世界に一人はいるだろうゲーム

よく暇なときに「こんな人いるのかな?でも世界に一人はいるだろう!」ゲームをしている。

サイコキネシス

色を真逆に見える人(赤色緑色に見える)

とか

今の世界はいなくても歴史上で一人はいるかもしれないとも思う。

みんななら世界に一人だけ存在したorする人ってどんな人だと思う?

2018-02-14

anond:20180214014612

お前が恋愛できない理由が全て書いてあるじゃん

しづつでも自分を変えないと何も起こらない。今までの人生が失敗ならそれと真逆に行動してみろ。

2018-02-02

ずっとずっと耐えて、説明して、我慢して我慢して何度も泣いて

それでも耐え切れず、やっとそれを言ったら、今度は気付いてない。

苦手なもの押し付けてくる。

あなたには逆に見えるんだ。

「優しすぎて、お人よし過ぎて利用されますよ」と年下の人に何度言われたか

あなたの濁ったフィルタはたぶん外れない、そう見るほうがあなたに有利だから

みたいようにしかみない。ドラマティックに非現実に。

事実から離れて行く。

あなたのこれまでの書き込みを見ていると「損得」ばかりで、「それが本当か」「正しいか」はどうでもよくて、主観フィーリング大事にしていますね。

検証できるもの検証せず、感じたいように、あなたの都合のいいように切り取ってゆく。

芸術ならそれでいいかもしれないけれど、真逆にとられると、もう何も話せない。

「身内を信じる心がない」妹さんの話の時もそう。身近な存在なのに批判が酷くて、妹はこうだからと言って本人に訊かず妄想を育てていませんでしたか

2018-01-11

会ったことも話したこともない人について

くそれだけ自分の都合のいいように解釈して

でたらめばかり言えるものなんだな、と思う。

真逆にとる人は、真逆の考え方の人だろうけれど。

きっと幼少期からのその人なりのデータベースが壊れているか

蓄積されたそれらが、その人好みの、殺伐としたものなんだろうか。


発想が悉く自愛自罰繰り返している人は、どんな人生を歩んできたの?


これまで付き合ってきた人たち、周囲の人たちとの関係性こそが

あなたなのだから

自分の都合のいい部分だけを切り取ってコラージュして漫画を作りたいなら

薄い本でどうぞ。

2018-01-04

紅白欅坂で人が壊れるのを見ても楽しめない。

紅白欅坂の例の倒れるのと過呼吸を見たけど、精神的にあれだけ追い詰められているのを見ても、全然楽しめないよ。

周りの大人はどうかしてるって。

あれを見て、プレッシャーがあるなか頑張ってると好感を持てる人は、本人たちを追い詰めるのに加担しているだけで

よくあるブラック企業の内情のようだ。

初めて見たけど曲や踊りは悪くはないし、本人たちも悪くない。

でも、曲の歌詞とは真逆に状態にある精神的に奴隷な人たちを見ても楽しめない。

悪いのは、周りの大人とあの状況を良しとするファン

もっとのびのび表現活動させてやってくれ。

2017-12-31

anond:20171231155737

子供を産んだ方が偉い、産まない方が偉いの基準がたった40年そこいらで真逆になるものだったらもう正義なんてないも同じだから

結局産みたいやつだけ産めばいいという結論しかならない

「世の中のため」とか鼻息荒くしてるやつが一番バカだってこと

2017-12-11

anond:20171211213052

なんか一生懸命書こうとすると、茶化されたり真逆にとられたりするので、

戸惑ってしまうけれど。

増田さんは誰より大事な人です。

重荷とかウザいとかきっと書かれるんだろうなぁ。

2017-11-19

正反対」が廃れて「真逆」が普及

50だから真逆に違和感があって頑なに正反対と言ってるけど若いから昭和脳とか思われてるのかな。

2017-11-08

https://anond.hatelabo.jp/20171107110105

参考書とかチュートリアル動画かに数十万円くらい費やしてきたけど、それの1割も満足に読めてない。

たとえば野球とかのスポーツをするとき、そういったものだけやっても身につくわけ無いのは誰でもわかるでしょう。でも、アスリートとしてのトレーニングをしていてある程度技術があれば、そういうものをやったことで大きく能力を向上させられる。

IT"技術"だって一緒。そういったもの活用できるには、当人が日々トレーニングを続けていて基礎技術能力を持っている必要がある。

こういった基礎自体にかける人は、勉強という視点ではなく、技術習得という視点で考えてみる必要がある。

少なくとも、自己啓発本とかビジネス書とかをたくさん流し読みする様なやりかたは、技術習得とは真逆にあることは確実だから。あのことも知ってるこの人も知ってる、でも自分では何もできない、ってのになるだけ。

技術とは一つのことを何度も視点を変えながら繰り返すような事が必要で、まずはそういった繰り返しこそが技術が磨く手段であることを認識して、同じことをやって無意味とは思わないようなマインドを持てるようにする必要がある。

FizzBuzz, BrainfuckLISP、scribble、lifegame、echoサーバ、などなど、そういったシンプルでも濃い技術要素を扱うプログラムを少なくとも1つは自分の中で習熟するのだ。そして、次々出てくる様々な新しい技術適用しながらこの同じものを何度も書くことで、体に覚えさせている。

これはスポーツで言えば実戦形式での練習の積み重ねであるアプリケーションを作るのはスポーツで言う試合のようなもので、基礎がないのにただ試合に参加ばかりしたところでうまくなどならない。

2017-10-30

anond:20171030104336

どうなんでしょうね。増田さんが「**て本当?」ってきいた相手増田さん信じてる?

増田さんに「**ってこと」告げた人は、あなたと、いま質問している相手との関りによっては、正しい情報を言ってない可能性はないかな。

ゲームなんかではFriendさんの横に「親密度」って出るけど、誰を信用する?出来る?

「**」って言った人は、その言葉を信じたいだけじゃないの?若しくはそうすることでその人に利益があるとか。

たとえばあなたに反感や嫉妬を持ってる人なら?

まず情報をくれた人は、あなたを信用してる?(あなたはその人に正しい情報を貰えるほど信用されている?自信ある?好かれていますか?)

あなたはその人に嫉妬されたりするような要素はないですか? 

その情報くれた人と、今もずっと交流していますか? 一緒に食事位はときどきしてますか?

ちゃんと目を見て話しましたが?

情報が嘘やいい加減なものなら、ましてやねつ造・ゆがめられたもの情報源にとって都合がいいだけのものなら?

あなたはその情報源に謝礼をしまたか

確認しまたか?正しい情報だとその人は請け負いましたか

情報源も、若しくは正しいと信じ込まされているかも知れない可能性は?

きいた相手情報源)と、確認したい内容と、今確認とってる相手と、自分国語力(読解力)

それぞれの「信用度」ってどれくらい?

なんの得にもならない(誰も得しないし損しない。つまり純粋たるゲーム)、

ただの正確さを競う「伝言ゲーム」でさえ。

最初の内容と最後の内容は、真逆になることさえあるんだもの。原型留めてないなど。

私だったら、信用したい人の言う事を信じる。人間性で決める。

Netでもそうだけど、何かそれによって利益があったり、自分責任がない事は

喜んで適当なこと言う人っているよね。

2017-10-23

うどん蕎麦

若い頃はうどんが好きで蕎麦は選ばなかった

それが大学生の時に駅の立ち食い蕎麦を食べて考えが真逆になった

ついでに薬味のネギは嫌いだったが蕎麦と一緒に食べられるようになった

久しく行っていないが群馬両毛線立ち食い蕎麦は今も同じ味をしているだろうか

2017-10-18

anond:20171018024300

自分けが判っている部分と、良くも悪くも勘違いしている部分、相手にだけ判っている部分、相手に伝わっていると思っているけれど本当は真逆に伝わっている部分やら、

伝達系統がきちんとできていないのでは。

曖昧なところを曖昧にせず、伝えられているのかの確認をしてからでないと、見えていない部分についてお互いた恨んでいる可能もある。

それに悪意がある他人(どちらにとっても)が絡んでいたりはしないのか。

愛想が良い、感じのいい人は、愛想と感じがいいだけで、本当にあなたに正しいことを言っているのかも謎でしょ。

2017-10-17

そうか

あの返答で「イケメン気取りで図々しく触ってくるヤツ」みたく認知して全部拒絶するようになったのか

俺は俺で真逆に誤解されてる

俺もかわいそうに

あんだけ苦しんだもん

2017-10-03

白人自殺黒人は他殺というケースが多い

ワシントン・ポスト分析した疫病管理予防センターデータによると、

白人場合、銃で自殺した人の数が銃で殺された人の数を大きく上回っている。

それとは真逆に黒人自殺よりも撃たれて死ぬことが圧倒的に多い。

2017-08-30

あめだまに救われた話

9/1は子供自殺が増えるらしい

そんな記事を読んで人生で唯一自殺してしまおうかと思った時のことを思い出した。

人間関係家族関係勉強もそこそこ上手くいっていた中学生時代、ある、本当に些細なことをきっかけに先生から激怒された。呼び出されて廊下で、びっくりするくらい感情的に怒鳴られる。学年が静まり返って私を見ている。そんな経験がなかった私はかなり怯んだし、辛かった。

その後1週間ほど、毎日放課後、最終下校まで2時間、3時間、その先生を待ち続けたり、怒られたり、他の先生からなぜか謝られたり、怒られたり、そんな日が続いていた。

怒られたことは正直、教師になった今でも納得がいかないようなことだ。私だったらあん指導絶対にしない。なのに、クラス担任先生迷惑を掛けていることが情けなくて、申し訳なくて、こんなくだらないことに毎日時間もかけなければいけない中学生という身分が嫌で、こんなやつが人を教育する立場にある社会すら恨んでいっそ死んでしまいたいと思った。私が死んで、社会にこのことが出て何もかも変わればいい、先生は一生それを背負って生きていけばいい、そんな風に思っていた。

そんな学校帰り、塾に行くために電車に乗る、いつも使う馴染みの駅、馴染みの駅員さん。ホームに降りたときに通過した快速電車無意識の中ですーっと吸い込まれるような感覚があった。

ホームには私1人だけ、なぜかいつもと違うところで電車を待つ。何も考えずにぼーっと電車に待つ。乗るつもりなのか、飛び込むつもりなのか自分でも分からなかった。

そして肩を叩かれた。いつもの駅員さんだった。

いつもお疲れ様。がんばってね。

そんな言葉笑顔と一緒にあめだまを手に2つのせてくれた。

意地になってずっと泣いてなかったのに、涙がでた。

中学校の中の世界しか見ていなかった私はこんなに優しい大人もいるんだ、と思ったのをよく覚えている。

駅員さんはすぐに業務に戻ってしまったけれど、ホームの寒さとは真逆に心が本当にあったかかった。

奇しくも私は教師になった、あんなに恨んで教師になんて絶対にならないって言っていたのに人生ってわからない。

教師であってもなくても、その行動でひとことで救われる子どもはいる。その自覚を持って、あめだまをあげられるような大人になりたい、そう思います

2017-08-17

牛乳石鹸CM炎上したのは概要文言のせい

概要文言真逆にしてみた。

父と子の絆。

まだまだ父親としての自覚も薄い男の1日の物語

気質で頑固な父親に育てられ、

放置気味ではあったがそれでも何不自由なく、今の幸せを手にした彼。

「俺は家族思いの優しいパパではない」

でも、このままの自分ではよくないことはわかっている

から、お風呂に入り、リセットし、過去否定して、明日へ向かっていく。

家族のためにがんばりたいお父さんたちを応援するムービーです。

これなら炎上しなかったんじゃない?

2017-08-02

全力で「男らしい女」である自分を褒めようと思う

私自身、男っぽい性格をしている。竹を割ったような性格で、大体の事において素直に行動している。

私の思う”女の嫌なところ”をあげていこうと思う。

・すぐに自撮りをする

・何でもかんでも「可愛い~」と共感する

・口には出さず「察しろ」という。察して当たり前と言う意識がある。

集団では仲良くしているのに、他のグループに行くと悪口を言う

悪口コミュニケーションツール

・上っ面の友達が多く、本音を言い合える奴が少ない

・か弱い女、悲劇のヒロイン演出しようとする

・「これは男がやるべき」という意識が強い人が居る

・「ご飯に行ったら男が奢るべき」という意識が強すぎる奴がいる

自分意見を遠まわしに伝えようとする

・驚いたときに「キャー」と声が出る(本当に驚いたらそんなん出ない)

・「キモい」「死ねば」と軽々しく言う人が居る ※女に限らないが

・通り過ぎる女を見たら「見たでしょ!見るな!」と異常に嫉妬する

携帯勝手に見る

・「生理から分かれ、看病しろ」と言ってくる。辛いのに毎回事前に薬を飲まない

彼氏エッチビデオを見つけたら捨てる。気持ち悪いって言う

簡単に泣く、被害妄想が強いやつがい

とりあえず思いついたのは上記かな。

私は、彼氏とは「親友」のような関係だ。上記のようなことは一切してない。

例をあげるとすると、

彼氏エッチビデオを見つけたら捨てる。気持ち悪いって言う

私の場合は、「彼がエッチビデオ見てたら、私も一緒にすすんで見る」だ。

から言わせると、「まな板ショートカットだったら男と付き合っているみたいで嫌だ」と言うが

私はそれの真逆に位置しているので、それもよかったと思う。

前世占い等では、必ず「男」と出るし、そうだったのかもしれない。考え方が本当に男なんだ。

なんなんだろうね。

2017-07-18

何者にもなりたくたい症候群

これに罹る人自体は、めずらしくない(私だってそうだ)。だが今後、きっと爆発的に増えていく。デジタルネイティブ若者に関しては特に著しく勢力を増やしていくだろう。

情報技術が発展し、情報リテラシーが高まり他人多種多様生き様や頭の中をヴァーチャル追体験できるようになっていくほど、そうなる。

あるいは、縮小し閉塞感に満ちていく社会において「○○のような人材」が求められれば求められるほど、他人の望む人間になることを是とする人は減り、真逆にあたるこの症候群が増える。

現代は多くの人が情報の海に晒されているが、基本的にはみな、好きで晒されている。

情報から距離を置けない理由には社会的欲求(横並び意識)も関係しているだろうが、根源的な部分で、人間知識欲ははかりしれない。

ともかく数年もそういう情報収集に没頭するうちに、人はすべての情報客観的に見るようになる。

言い方をかえると、すべてが他人事になっていく。自分思想行動様式と一致する主張ですら、他人事であり、移入することができなくなる。

感動しないわけではない。心酔しないわけでもない。でも、その素晴らしいものは(ゴミみたいなものもだが)、すべて、自分とは別の世界のことだ。無意識距離を置くようになる。

自分世界には、何もない。ゼロではないが、大したものはない。そのことに虚しさや悔しさなどを感じる時期も通り過ぎてしまった。きりがないのだ。自分空っぽでいい。そうなっていく。

はてブなんていうメタツールを使っている人ならその感覚がよく分かるはずだ。

自分主観的意見」ですら客観視しだして、「これはくだらない、取るに足らないものだ」と思うようになり、いずれ黙るようになっていく。

自分が言わなくても、自分が思いつく程度のことは静観していれば誰かが必ず言う。それどころかもっと洗練された素養を感じる意見が次々と出る。

たまに黙るようにはならない人もいるが、そういう人は、自己空虚さを完全に意識から消しているので、傲慢上から目線発言をするようになる。覚えがあるだろう。

 

自己主体とすることを肯定することは、一人の人間としての人生に埋没してしまうことだ。

それは極めて当たり前のことだが、しかしそうではない、メタ視野の万能感を、我々はもう知ってしまっている。

他人企業社会、そういった観察対象生き様、行く末を見るのは刺激的だけれど、自分がそれに加わろうとは思わない。

できることな人間をやめて、電脳化して、この先数千年くらいの人類を観察していたい。

それはある意味で、死へのあこがれかもしれない。

そうでないのなら、これは静かなる反抗だ。

まりにもできの悪い現実に対する?いや、違うだろう。情報を手にしてしまったことに対する、が妥当だろうか。

もう少し踏み込むなら、世の中にあふれる要素に対して、人生があまりにも短すぎることを知らされてしまったこと、

そして「実体験」の価値相対的に見て瑣末なレベルにまで薄れてしまったこと、その2点に対するハンガーストライキだ。

から何もせず、社会にも加わらず、ひたすら情報摂取して、内なる膨張を続けながら生きる。

 

労働者」になりたくない。

「親」になりたくない。

「男(女)」になりたくない。

強者(=搾取肯定するもの)」になりたくない。

「○○主義者(=世界を狭くするもの)」になりたくない。

「○○ファン/シンパ(=何かに従属するもの)」になりたくない。

ひとつひとつを見れば、中二病高二病かといったものをこじらせたんだな、と一笑に付されて終わるかもしれない。

けれどもこうした「○○になりたくない」という思いはインターネットの海で練り上げられて竜となり、

それらが寄り集まった集合体として、漠然とした怪物の姿となる。

その影はどこにでもあり、その姿は気づけば心のどこかに転写されている。

現代人のほとんどが、そうやって心に怪物を飼っているはずだ。

その怪物こそが、何者にもなりたくない症候群の主たる発生源だと思う。

  

この症候群に罹るのは、若者の間だけではない。

中年になっても、老年になっても、一言で表せるような身分を勝ち取る行動を頑なに起こさず、さまよい続ける境界者であり続ける。

そんな境界者とて、なにか巡り合わせた特定の状況に依存して生きているわけだが、決してその状況を肯定したり、堅持しようとするわけではない。

吹けば飛ぶような場所にいて、弱者であることにこだわり、風が吹くならば死んでも仕方ないと覚悟しつつも、防御行動を取らない人達だ。

そういう人の割合がふえてくると、これまで人類の築いてきたコミュニティの在り方は根底から崩れる。

それが悪いと言うわけではない。いち罹患者として言わせてもらうと、自然の成り行きなのかもしれないし、興味深いと思っている。

 

ある中年職歴なし引きこもりすねかじりもやしメガネより。

2017-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20170610203143

はてブ他人コメントに星つけるような使い方してるやつらって創造性の真逆にいるやつらじゃん

2017-05-20

前職の思い出。あと転職して変わりすぎて困惑している

話はかなりぼかすが、数年前に転職した。

直接の原因としては、社内での評価が長年芳しくなかったことと、労働環境悪化と、最後パワハラに遭い、仕事を干されたためと、転職先で提示された年収が前職を大幅に上回っていたかである

前職では新卒とあるIT系企業入社し、あるスマホアプリの開発を行っていた。

※※※ここから先は少し長いので読み飛ばしてもいいよ※※※

5年ぐらい経過し、当初10人いたチームが退職やら他プロジェクトへの異動などで最終的に自分1人になり、サーバ管理からバグ修正、深夜の障害対応ユーザから来るわけの分からないメールや頭のおかし人間から電話対応、売上を上げるための企画や他社との渉外も全部プログラマーである自分が1人でやっていた。会社の規模は拡大しており、それに伴い人をどんどん採用していたが、採用した人は全員新しいプロジェクトに割り当てられていったため、最後まで自分環境改善することは無く、残業時間けが伸びていった。

最終的に、自分人件費サーバ運用費用がそのプロジェクトの売上を下回りそうになったためにプロジェクトは終了となり、サービスも終了した。

その後、自分は別プロジェクトへの異動を命じられたが、異動数日でそこでの上司の不興を買い、自分運命は決定した。

原因としては、自分が原因でとある問題引き起こししまい、自分解決し、収束後に時系列でまとめた事態の経緯と、原因、そしてシステム的に再発を防ぐ手段を構築した旨をまとめて上司に報告したがそれを見て「二度とこのようなミスを起こさないように自分を律して頑張るという心構えが入っていない」という、IT企業としてそれはどうなの?という納得いかない理由で不興を買った。

最終的に上司から仕事を干され、何もすることが無い状態で何故か倉庫整理をしたり、「稼働が無駄だし、君に払う人件費を誰が稼いでるかとか考えて欲しい」と1ヶ月近く自己批判する文章を延々と書いては消し書いては消しと繰り返しており、エロゲレイプ目のような状態仕事をして、友人に相談しても「何もしないでお金がもらえるなんて羨ましい」と言われるだけで、最終的に心身ともに限界が来た(通勤中や定食屋他人八つ当たりして時に暴力沙汰になったり、ここには書けないような事をやったりした)のと、ちょうど転職話が来たので辞めた。

※※※ここまで※※※

転職してから数年経ったが、環境真逆で未だに困惑している。簡単に書くとこういうことだ。

自分危機感は正しいんだろうか……こういう気持ちとはどう付き合っていくか、決別したらいいんだろうか……。

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516094832

いや、私は痴漢そこまでは怖くない派の女

自分でも何度も痴漢に遭った事あるが、あの追い払ってもついてくるヤツらのふてぶてしさを思うと、

それとは真逆に罪もないのに死を賭す覚悟してる男性たちが気の毒でさ

本当にやってたとしても電車にひかれて死ぬほどの罪じゃなく、社会的死ぬ必要さえなく、更生プログラムとか用意するくらいでええんちゃう、と思う

あとまあ、被害者女性には謝ってほしいし、そこで罵倒されるのは受けるべき報いだと思うが

2017-05-03

愛されて育った恋人のことが羨ましくて仕方ない

私の恋人は、ちゃんと親や周囲の人の愛情を受けて、

ちゃんとした会社で働いていて、みんなから愛されているまっとうな人間だ。

才能もあって、ユーモアセンスもあって、クリエイティブセンスもある。

私にはもったいないというか、とても不釣り合いな人間だ。

対する私は、暴力をふるって家の中をめちゃくちゃにする父親と、

まったく構ってくれない母親との間で18まで過ごし、

家を出た途端に摂食障害と鬱と発達障害でまともな生活が送れなくなり、

病院に通ったり借金を作ったりバイトをしながらなんとか生きてきたような、

底辺クズ人間だ。

何の才能も無い。

何の努力もしていない。

何も持たない人間だ。

もうすぐ40になる。

そんな私がうっかり契約した仕事で、身分違いな恋人と知り合い、付き合うことになった。

だが、こんなのは間違っていると思う。

素直に愛情を受けて才能と努力の結果今を生きている恋人と、真逆に生きている私が、まともに関係を築けるわけが無い。

彼のことを心から尊敬しているけれど、心から羨ましい。

羨ましい。

私もそんな人生を送りたかった。

私も、親や周囲の人の愛情ストレートに受けて、

「私なんて生まれてこなければ良かった」

って24時間365日40年間思い続けることの無い人生を送りたかった。

こんなんだから、いつか私と彼は別れるだろう。

間違ってしまった。

私と彼は出会うべきではなかった。

だって、今から人生を生き直せるならば、人間を作り変えられるならば、

彼にふさわしい人間になりたい。

けれど、もうどうやったらいいかからない。

ただただ、毎日、いつか訪れる別れの日々のことを考えて、

眠り、起き、泣くだけだ。

ある日私は、誰からも愛されたことが無いならば、

かわりにうんと誰かを愛そうと思い立ったことがある。

恋人出会って半年後くらいのことだ。

それから、思いっきり、全力で、何もかも忘れ、彼のことをただ一方的に愛してきた。

だけど、ある日、ふと気づいてしまった。

やはり私のような人間には、どうやったって他人を愛することなんか出来ないのでは無いかと。

私が彼に向けている愛は、ただの自己満足な身勝手欲望であって、

愛などでは無いのではと。

やはり、誰からも愛された経験の無い人間が、愛されて育った人間を愛することなんて、

不可能なのでは無いかと。

2017-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20170418215328

削除されてしまったものへの返信というものは不躾でありましょうが、よければご一読ください。


先ずご投稿からはお母さまがどのような人柄であるのか、また離婚されたお父様(貴方の実の父ですね)がどのようなお人なのかが良く分かりません。

ですが、貴方相談相手として登場してこない不在性から言って、お父様とは離婚後にあまり連絡を取っていらっしゃらない、

言ってしまえば頼りに出来ない相手であろうという仮定で話を進めます


お母さまは貴方に、物質的な豊かさを与えたことで親の義務は十全に果たしているということを主張されたそうですが、これははっきり貴方に対して負い目を感じているからこそ出てくる言葉でしょう。

正確には貴方に対してではなく、前夫との結婚が失敗であったということに対する負い目でしょうがね。

前夫との破局についてどちらに大きな責任があるのかはわかりませんが、仮に前夫の男性一方的加害者であったとしても、そのような相手婚姻してしまったというのはお母さまにとってはやはり過ちで負い目です。

その後お母さまは幸いなるかな、現在旦那様と再婚をなさり、少なくとも今に至るまで十年程度は結婚生活を維持なさっていることになりますが、

やはり普通に考えて、過去の過ちを繰り返さないようにしよう、今度こそ上手くやっていこうと思っておられるのだろうと思います


そのようにお母さまを等身大の一人の人間として捉えるのはその庇護下にある貴方には難しかろうとは思いますが、上述のような感情の動きは何一つ珍奇でもなければ歪んでもいませんよね?

で、お母さまがそのようにお考えだとしても、当然貴方のお考えとは全く違います

貴方にしてみれば、生まれた時から父親がおらず、物心いたころに家庭に他人侵食してきて、自分とは立場の違う存在を妹であると考えなければならないという、

やるかたのない孤独を抱えさせられてしまった、ということになるのではなかろうかと憶測します。



簡単にまとめれば、お母さまにとって大過去の「離婚」は「過ち」であり過去の「再婚」は「挽回」なのですが、

貴方にとっては大過去の「離婚」は「前提」で過去の「再婚」は「裏切り」だと言えましょう。

この様に、一つの事柄立場がたがえば文脈というのは変わるもので、親子として同じ体験を共有しているはずが考え方感じ方は真逆になってもしまます

貴方が己の生きづらさを「裏切り」に求めてそのことをお母さまに訴えても、

お母さまにとってはそれは「挽回であるために、理解が得られない。ということになるのだと思います


問題の眼目は以上の齟齬にあり、「貴方物質的豊かさを与えたお母さまは親としての義務果たしていると言えるや否や?」

などということは考えるに値しない問題と言えるでしょう。

ですからつまるところは「貴方文脈に則って物事を考えて呉れないお母さまは親としての義務果たしていると言えるか?」なのですが、

これはもう、判ると思いますが、矛盾をはらんでいることです。

だってお母さまには今の夫と今の子供もいるのですからね。今の結婚生活裏切りの所産だと捉えるのは難しいでしょう、

別に貴方貴方以外を天秤にかけてそうするわけでもないでしょうが、どうしてもそうなってしまうのは否めないでしょうね。


私は貴方他人なので、このように冷静に考えられるわけですが、貴方にとっては色々と難しいことでしょうね、幼いですし。

ですが、この様に問題を整理して見渡せば取りあえず今貴方の周りにいる誰かが悪いわけではないということだけは、泣く泣く理解できるのではないでしょうか?

こういった難しいことを体験として判っていくことが、結果として貴方を素敵な人間にしてくれるのではかろうかと私には思われます

お家にとどまるのもいいでしょうし、早期に独り立ちするのもいいと思います

上述のようなことを踏まえた上で、貴方の新しいお父様や妹さん、そしてお母さまのことを見てみてください。少し違った見方が出来るのではないでしょうか。

お辛いとは思いますが、一つ気をしっかりもって頑張ってください。陰ながら応援しております。草々不一。

2017-03-28

オルフェンズはかなりの駄作になりそう

鉄血のオルフェンズは1期からしっかり見ていたのだけど、終盤の展開がひどすぎて、最近は見る気がなくなってしまった。

アニメ系のまとめサイトストーリー展開だけを確認するようになってしまっている。

その理由は、ストーリーがあまりにお粗末だからだ。

1期では切れ者策略家という立ち位置だったマクギリスが別人のように愚者になってしまっていて、それに引きずられて鉄華団も落ちぶれていく、という流れになっている。

1期は老練な政治家革命乙女のために死力を尽くし、若者たちが最終的に成功を得られるという王道展開で楽しめた。

しかし2期ではこれとは展開が真逆になっていて、まったくおもしろくない。

主人公たちが失敗する結果にするのであれば、最善を尽くしてもなお及ばないものがあったのだと、視聴者を納得させられるだけの説得力ストーリーに持たせなければならないと思うのだけど、2期では全然それができていない。

ただ不幸な結末にするために、登場人物能力劣化させるのはかなりの悪手で、見ている方からするとイライラさせられて仕方がない。

滅びの美学表現するにはかなりの力量が必要なのだけど、この作品製作者たちにはそれが欠けている。

下手にひねらずに、若者たちの成長譚として描ききった方がまだ面白かっただろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん