カテゴリー 「感想」 RSS

2021-05-17

[]桜井画門亜人17巻(完結

最後佐藤との決着はあまりにもあっけなかった

佐藤しかったと言えなくもないけど

結局佐藤の気まぐれ、遊び心のおかげで、

主人公が知恵でやりこめた感はあんまりなかったか

浦沢直樹MONSTERみたいに最後結局逃げ出すのかと思ったら捕まったままだったから意外だった

まあやろうと思えば脱走からの第二部も全然できるとは思うけど

あと全体もあわせて総括するなら、アクションメインで人間亜人ドラマが減ったのは残念だったな

せっかく面白い性質もった人間なんだから寄生獣アンソロみたいに、バトル以外でいろんな亜人生活というかお話が見たかったな

B級アクションと死なない性質つかったのばっかで食傷気味だったか

結局佐藤一派とのバトルってだけの二元論になってそれ以外の掘り下げが少なかったのも物足りなかった

ただミリタリー描写はすごかったと思う

勢いと画力で読ませた感じ

まさに作画担当、とうね

ただなあ人間の頭の作画しょっちゅうコーンヘッドになるのはどうにかしてほしい

ともかく、全部読んで損はしなかったけど、作者があとがきかいてたように、コレジャナイ感があるのも否定できない

2021-05-14

[]太田モアレ寄生獣リバーシ最終話の1こ前の話まで

無料公開されてたので読んだ

平日のリミット24時間前に無料公開知ったから間に合うかなと思ったけどぎりぎり読み終えた

時系列は本編の裏側で、主人公寄生されてないけど若干サイコパスっぽく見える普通少年

時系列原作の裏側、主人公キャラ設定原作と逆、それからパラサイト側の描写が多い

よって本編の裏側、オセロの裏側ということだと理解した

もともと作者は寄生獣のアンソロかいててそっちだと人間社会にとけこんで長生きしたパラサイトの話かいててそっちはよかった

あと今回のリバーシでも番外編でたまにアンソロっぽい短編が入る

短編だとまあ読めるんだけど、長編だとダメ

変に原作からめようとするからダメになってる気がする

原作となんとかつじつまあわせつつオリジナル要素だそうとして失敗してる感じ

リバーシラスボス亜人佐藤っぽい

本編の時系列を知ってるといろいろと進みが遅くてかなりダレやす

コマ割りとか演出オマージュっぽいけどやっぱきびしい

セリフ無駄に多かったりするし、余計な要素でごちゃごちゃしてて本筋が見えにくい

主人公感情移入しにくいのが一番ダメだと思う

2021-05-11

[]大今良時不滅のあなたへ」最新話まで

うーん・・・作画すごい細かくて週刊連載としてはすごいと思う

大暮維人とかやべえやつもいるけど

全体とおしてみると構成とか考えてんだなと思う

連作短編から長編に、だんだんかわっていくとことか

でもそれ踏まえても面白かったのは序盤、というか、最初男の子、次のマーチギリギリマスクかぶったグーグーの話までだった

次のトーナメント監獄島?の話から長くなってきたのとあんまりおしろくなくなってきた

ぼっちゃん王子がでてきてから第一部の最終決戦あたりまではほんとしんどかった

長さとつまらなさで

んでよーやく終わったと思ったらまさか現代編が第二部とか

ファンタジー現代にもちこむんかと

もーそっからはgdgdでひどすぎる

一部みたいに章もわかれてなくてずっとだらだら続くから読むのがしんどい

一部でおわらせといてよかったと思う

ファンタジー世界人間現代になじめないとことか見たくねえわ

女の子を描く線の健康的なエロさは非常によいです 聲の形からそうだったけど

2021-05-09

[]珈琲ワンダンス」

のぼる小寺さんの作者だったんだな

ダンス部、ストリートダンスダンスバトルマン

吃音症だけど高身長イケメン男子高校生が声ださなくていいダンスにはまる

社交ダンスならいくつかあるけど、激しいダンスはやっぱマンガ表現するの厳しいなっていうのが正直な感想

結局ひとつポーズしか切り取れないか

派手なエフェクトとか絵面を汚したかんじにするとかアートっぽさでダンスっぽく見せようとしてる努力は買うけど、やっぱ限界かんじる

まわりの人間に実況解説させたり主人公独白させたりとかで苦肉の策もちょいちょいある

加えて、フィーリング的なtipsがわかりにくくてすごさが伝わりにくい

あとはまーなんつっても主人公が体格からし天才だし素質才能もあるってので萎えるね

中学までやってたバスケがどうこうってちょいちょい挟んできて説得力持たせようとしてるのもあるけど無理ありす

そういうタイプからっていってしまえばそうなんだろうけど

明確に評価点があるわけじゃないからバトルとかしても勝ち負けの結果みてうーんってなることも多いし

絵柄から作者女だとおもってたら男でびびったわ

作風が女っぽいってすげー思ってたのに

youtuubeで作者が顔出しでダンス公開してるのはすごいと思った

2021-05-08

[]ナガテユカ「ギフト±」20巻まで

犯罪者内臓臓器移植につかうために解体する女子高生主人公

not for meだった

序盤からしばらく、犯罪者でてくる→解体お仕置き)のところはまだよかったけど、

途中からプチエンジェル事件モデルにした事件再生医療を目論む?組織とかがからんでどろどろgdgdのまま20巻まできた

巻数2桁になってからはもうほんとワンパターンってかgdgdの極地って感じ

読むのがすげー苦痛だった

一応ちょっとずつ話は進んでるけどこのままだと完結するのはあと10巻以上はかかりそう

絵は井上雄彦っぽい

序盤はお色気シーンも多かったけど途中からほぼなくなる

つーか井上雄彦デザインキャラエロとかなんもうれしくないし

正直読んで時間損したわ

[]岩明均 ヒストリエ 最新話まで

フィリッポスがパウサニアス(顔をライオンにひっかかれた、アレクサンドロス影武者なりそこない)に殺されてパウサニアスをアレクサンドロスが殺して新王っていわれてまわりがうおおおおってなるところまで

うーん・・・なんかつまんなかったな・・・

まあ何度も最初から読んで全部展開わかってるからってのがあるんだろうな

ちょっと話すすむたびに思い出したように何度も最初から全部読んでりゃそりゃ飽きるわな

2021-05-06

[]市川春子「宝石の国」原作最新話まで

よおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおやく全部よんだわあああああああああああああ

ずっと読まなきゃと思ってたけど1巻で何度も挫折してたからで

今回も1巻でギブアップしようかと思ったけどとりあえず読みすすめたらするするよめた

そんでもっかい1巻をぺらぺらめくってみたけどやっぱりわかんない

結論、最新話まで読んだ人間がよんでも1巻はわからねえ

やっぱり1巻はクソマンガだったなって再確認できた

ちなみに1巻時点でクソマン認定するような人間でも2巻以降はするする読めるよ

ポイント主人公と、坊主主人公相棒っていう3要素だけに着目するこったな

キャラ人間関係とかまでを全部把握しようとするとストレスで読めなくなる

重要なのはたった数人なのにキャラ多すぎで見分けつかねえからイライラするしわけわかんなくなるんだ

オサレ・作者の趣味全開おしつけマンガはすんげーきっついわー

あと地味にイライラすんのが現実腐女子オタク女みてーな言い回し散見されるところ

「えぐ・・・」とか

世界観で売るなら下手に現実世界的な要素いれんなよ

いま12巻くらいらしーけど内容はスッカスカだわ

わかってもたのしく・おもしろくなるわけでもなし

これフルカラー連載させなかったのは編集の失態だと思う

モノクロだとマンガとして破綻している

[]モブサイコ100(ONE) 

うーんなんかの能力もった組織でてきて戦うってのがワンパンマンでもそうだったけどこの作者ワンパターンなんだよな

バトルだけじゃなくてキャラの成長もスパイスで入れてるけどどうにも浅いんだよなあ

机上で考えただけで生きてる感じがしないキャラばっか

脚本通り動いてるだけでつまらない

兄弟のジレンマもあさすぎてヘドがでる

かといって父子をかくのもあさすぎる

すべてが浅すぎる

2021-05-05

[]小野中彰大「魔法少女にあこがれて 」4巻まで

魔法少女実在する世界

魔法少女にあこがれる根暗女の子主人公

魔法生物勧誘してきてついに変身!と思ったら、

魔法少女じゃなくて悪の組織の女幹部に変身してしまった

とりあえず魔法少女をいためつけるとなぜか気持ちいい

サディスト性質がめざめてしま

そのあとも悪側のおんなのこがでてきたりする

お色気シーンたっぷり

ただし抜けない

エロさや下品さがない

服きてるとめっちゃかわいいんだけど脱がして表情や髪型が荒れるといっきキャラ判別がつきにくくなっちゃうから

線が雑、というか背景とかエフェクトと同じ太さで、画面がみにくいことが多い

あと結構ガチガチアクションシーン多いけど効果音文字とかエフェクトでごちゃごちゃしててみにくい

結局主人公最強みたいな感じで、あとは魔法生物とその秘書的なやつ?がどうなるかって感じ

まあ女キャラオンリーハーレムものですわな

くすぐりフェチとか魔法少女リョナ女の子リョナ系が好きな人向け

[]ワンパンマンONE版)140話まで

数年前に100話ちょいのガロウ編がおわったあたりまで一気読みしてたけど、

久しぶりに最初からまとめ読みした

ガロウ編めっちゃながいイメージあったけどそうでもないなと

しろその後が長い

ネオヒーローがでてから展開遅いし、明確な終わりが見えないかマンネリgdgdがひどい

これまではどのお話も明確なボスがいたけど今回は違うから、いろんな方向に話が発散しがちでつらい

ソニックとかの過去がやっとおわったとおもったらこんどはジェノスのはなしだし

あーいちおうなんとか博士黒幕ってことになんのかな

あと神様

しっかし村田版のホームレスの強さみてて原作どうしてたっけって思ったらゾンビマンがあっさり倒してて拍子抜けしたわ

2021-05-03

[]笠原真樹「群青戦記 グンジョーセンキ」17巻完結

漂流教室戦国自衛隊って感じ

実写映画化されてるニュース見て、そういえば途中までしか読んでなかったなと思って最初から通読

結果、つまらなかった

絵もマンガの基礎技術もつたないし、それを補えるほどのキャラストーリーの魅力もない

いくら運動部スキルが高くてもしょせんガキが本場の弓矢、剣道にかてるわけねーだろ

からチートにもなってない

主人公歴史オタクってところとなぜか弓術チートもってるけど、序盤でそっこー現地勢にも日本史教科書渡っちまって、

設定のいいとこを自分から台無しにしてるし

科学部が技術知識つかってバクだんっぽおいのとか毒ガスとかつくってたけど、相手も先にタイムスリップしてたやつが火炎放射器とか現地の技術レベルで作ってるのおかしいだろ

不破がまたからんでくるかと思ったらでてこねーし

ヒロインの使い方も下手くそ

主人公の幼馴染の男がヒロインの恋びとで男がそっこー死ぬからヒロイン宙ぶらりんで存在価値ねーし

いちおうそつのために主人公がんばるけどむくわれねークソビッチだし

映画化にあわせて続編?スピンオフ?の真群青戦記ってのがいまはじまってるのもしってたから最新話まで全部読んだけど、こっちはさらにつまらない

刑務所タイムスリップして、今度は真田家メインの話になるっぽいんだけど、キャラがことごとく魅力がない

ストーリーもつまらない

タイムスリップしてスキルあっても覚悟とか人を殺す感覚がないとかのギャップはもう前作で見たわ

前作はみんな高校生ほとんど序盤はされるがままだったけど今夏はけいkむしょで凶悪犯とかいから緊張感ないし

まあふつう人間がいっても前の二の舞になるってのはわかるけど

それならこんどはプロ選手でやりゃよかったのに

前は結局ガキの運動会だったか問題だったわけで

筋肉番付スペシャルの収録スタジオごとタイムスリップしてプロ選手を多数送り込んでたほうがまだよかったわ

2021-05-02

[]ヤマザキ 薄皮小倉抹茶クリームパン

スッカスカ

薄皮ブランドは薄皮なぶん中身がぎっしりで安いっていうのがポイントだったのに、

薄皮はそのままもしくはパン部分がふえて中身がすんげー減った

今回はとくにひどい

ほんとスッカスカ

パンの底に中身がちょろっとへばりついてる

空洞だらけで悲しくなる

よくこんな商品だせたな恥を知れ

2021-05-01

[]岩明均室井大資レイリ」 再読

歴史には決して記されない死にたがり少女武勇伝、ふたたび。

という感じで再読。

まれなる漫画家が、みずから原作につき、地味で無名漫画家の才能を見抜き、作画とした

奇跡みたいなマンガ

再読すると、最後数ページの余韻がたまらない

ぼくらのマンガ版のラストの余韻に似ている

たった6巻の中に、あまりにも魅力的な人物ストーリーが詰め込まれている

もっと評価されていいと思うけどあまりにもマイナーすぎるのがつらい

[]スーパーカブ マンガ版 ギブアップ

2巻まで読んだけど自分には合わなかった

すんごいつまらない

内容うっすい

バイク乗りやカブ乗りなら、あるあるとかもあって面白がれるポイントあるのかもだけど、

そうじゃないとなんも引っかかるポイントがない

キャラストーリーもないに等しいし

[]小梅けいと戦争は女の顔をしていない」1巻

インタビューを受けた女性兵士にとっては、命や勝利よりも、恥ずかしさ・女性らしさというものが優先だった

という~ニスト大発狂マンガ

インタビューを受けているという時点で眉に唾をつけておく必要があることを確実に留意すべき

結局は生き残って長い時間がたった勝者の理論・美化された記憶しかない

あと原作インタビューってのと紙幅の都合で話が尻切れトンボだったり話の長さがまちまちだったりでいまいち

巷で評判になってるほどのよさは感じなかった

[]佐々木ミノル「中卒労働者から始める高校生活」

どんどん不穏な方向にきちゃった

ただでさえ複雑な事情かかえてんのに恋愛でほれたはれたもからんでもーぐっちゃぐちゃ

恋愛がメインになってからすっかりつまらなくなった

ふつーの三角関係に親が事情あるっつーふつーの設定

恋愛漫画ならほかでよむから、この漫画はこの漫画しかないものを見せてほしいのに

あーあがっかり

[]木多康昭喧嘩商売」「喧嘩稼業

主人公がせこい策略でツヨいやつに勝っていく話から、真の強者たちのトーナメントになってしまって、逆に主人公邪魔になってしまった

なぜなら真の強者たちがすっごい魅力的だから

純粋なバトルをみたいって気持ちのほうが強くなっちゃったから

主人公が余計な策略とかで正々堂々のバトルを邪魔するのがうざくてしゃーない

そのせいでトーナメントもなかなか進まないし

最初石橋戦がながかったけど、そのあとは基本1試合2巻以内でおさまるくらいコンパクトで、試合運び自体はいいのに、

盤外戦がすげーながくて結果として13巻も費やして3試合しか終わってない

休載なければ別にそれでもいいんだけど

[]BS1スペシャル「さようなら全てのエヴァンゲリオン~庵野秀明の1214日~」

プロフェッショナルよりは面白かった

ナレーションなしでうまく本人とかまわりの人間言葉でつないでてよかった

ただ、やっぱり毎日完全密着というわけでもなかったのと、

特に後半コロナになってからはかなり時間が飛び飛びになったのが残念だった

前半の鬱屈とした行き詰まりをどこで打破して制作が動き出したのかが結局よくわからなかった

プロフェッショナルとの違いでとくによかったのは、故郷山口取材シーンが追加されてたこ

同級生と話したり、中学美術先生と話したVTRが追加されてた

宿題で絵をかけっていったらマンガでもいいですかってきいたうえでヤマトの絵をかいてきたってこと

もうおじいちゃん先生になってたけどいまだにおぼえてるほど印象深かったんだなって

コンテも電線電柱カットをやたら入れたりしてた

でもうざかったのはBGM

エヴァへのオマージュクラシックを冒頭に入れる程度ならいいけど本編でもちょいちょい入ってくるのがすごいうざかった

入れるのはいいけどもっとボリューム落としてほしかった

BGMのせいでインタビューのボソボソ声が聞き取りづらくなっててかなりイライラした

bgm自体もそこまで盛り上げたりとか効果とかあんまなかったし

終始BGMなしでよかったのに

イントロクラシックed残酷な天使のテーゼだけでよかった

あとはこれはプロフェッショナルときからあったけど、エヴァ終わったら即次ってのがまじですごいと思った

ぶっちゃけカネだけ考えるならもう何もしなくていいくらいなのにそれでもやるってのがほんとすごい

クズみてえに消費するだけの俺みたいなオタクとはそこがケッテ的に違う

2021-04-27

[]峰浪りょう少年アビス

評判よかったの前見てたから読んでみた

既刊全部と最新話まで全部読んだ

あらすじ

舞台田舎

主人公イケメン男子高校生

家は要介護祖母ひきこもり兄貴がいるヤングケアラー

地味ぽちゃな女友達から教えてもらったアイドルが好き

ある日ヤンキーにパシられてタバコかいにいったコンビニでそのアイドル出会ってセックス

そのアイドル心中しようっていわれて死ぬ直前にクラス担任メンヘラ女教師に見つかって女教師の家に保護されて女教師セックス

そのあと地味ぽちゃ女ともだちともセックスしかける

セックスセックスしねよこのクソゴミ

境遇がなんだよクゴ

まじでしね不愉快消えろ

よんでるこっちが死にたくなるわクソが

[]おっさん冒険者ケインの善行 マンガ版 6巻まで

なろうのコミカライズ

序盤はまだよかったけど、4巻あたりからきつくなってきた

主人公のいい人無害アピとヨイショがあまりにもしつこい・くどいのと、主人公主体性あんまりなくてほぼ流されるままでうまくいってる感じがどうもつまらない

結局いい人ってだけで人望笑があってそれ以外のスキルがないから、戦いとかも何も活躍しないし

どんどん実際の力が必要とされるシーンが増えても自分では修行もしない

かわりに主人公ベタぼれの女勇者と仲間たちがクソつよだから戦いに緊張感もないし

偉い人が魔王勢力洗脳される→解放して改心パターンも、展開が遅い中・たった6巻の中で、すでに2回もやっててマンネリがひどい

ボロクソかいたけど、ワンパターンマンネリを感じる直前の3巻までならまあ読める

でもなーもうメインのラスボスになると思ってた悪神も幼女化して手元にいるし、おっきな展開にするのむずかしそう

あ、絵とマンガはよみやすいしうまい部類だと思う

ただやっぱ主人公マンセーするなら主人公自身にそれを納得させる力がないとダメだなと思った

その理由努力でもチートでもなんでもいいけど

めちゃくちゃ人がいいってだけがとりえってのはやっぱ難しいと思う

2021-04-26

[]得能正太郎「NEW GAME!」原作マンガ

以前途中まで読んでたけど、久しぶりに最初から読み直して11巻まで読んだ

うーん正直微妙・・・

絵も下手になっていってるし、マンガとしてもかなりしんどい

おっさんが無理に可愛さを演出しようとしてる感が強すぎる

可愛いキャラの背後のおっさんが透けて見える度が高くて素直に萌えられない

あと、作者があとがきで新キャラあんまり増やしたくないっつてたけど、その割に展開にこまるとホイホイ新キャラ投入してるのも微妙

しかも追加した新キャラのほぼ全部が微妙キャラだし

男が考える露骨百合描写とクソみたいなサバゲー展開はほんとうざかった

2021-04-25

[]Fiok Lee「Q、恋ってなんですか?」(アフタヌーン新連載)

四季賞大賞受賞という肩書ひっさげた新連載

ぐぐった

http://www.moae.jp/comic/nemurenai

この人だった

読んだ記憶ある

ねむれない鬱々とした中盤までから最後いっきカラー世界がひらける演出をしたマンガ

絵柄や書き込みアナログっぽさとオサレかぶれってかんじ

うってかわって今回、連載することになったマンガは、

よくもわるくも普通になってしまった

絵柄はデジタルでさっぱりとしていて、キャラストーリーもありがちでつまらない

2話もあったのにメインの主人公の変化があんまり感じられなくてタイトルとのつながりもまだない

いろんな生物を観察する中で交尾かにふれていって宇宙人と恋する話?

はあ。

正直なんでこんなつまらんのをのせてるのかアフタヌーン編集部判断を疑う

現時点では賞とったときの作者のよさを殺しまくった駄作しか見えない

2021-04-24

[]鬼束ちひろ

月光だけの一発やだし実際それ以外は印象にのこらんとおもってきいてなかったけど、少なくとも眩暈流星群は好きなことがわかった

噛めば噛むほど味がでるタイプの曲だったから1回きくだけだと印象に残らんのは当然だった

[]new gameのマンガ読んでる

35のおっさんが読むにはなかなかしんどい

ネタとわかっていても「実はおっさん説」が頭の片隅にあるせいで、

おにぎり選ぶのになやんでるのもただのおっさんだと思うと萌えられない

キャラ同士がからんでてもおっさん同士(ry

[]佐倉準湯神くんには友達がいない」16巻完結

友達はいらない 人間強度が下がるから

という言葉傷物語であったけど、リアルであれをやるキャラがメイン

ただ主人公は湯神くんではなくゆがみくんの周りの人

ゆがみくん自身モノローグもほぼなくて内面はかなり伺いしれない

でも、さすがにそれだけだと物語が作れないからか、野球部エースピッチャーという設定つき

でもでも、一応なぜ野球部やってたか最後最後理由があかされるから、ただご都合主義でつけた設定ではない

読者は、作中のゆがみくんのまわりのキャラと同様に、こいつ変なやつだなと思いながらいっしょに読んで、同じ時間を過ごしていく

キャラ関係性で魅せるタイプ漫画

キャラがそれぞれ立っていて生きている感じがする

大きなストーリーはないけど、高校生活の時間軸はゆっくり進んで最終的に卒業後まで行くからサザエさん時空ではない

フィクションありがちなご都合主義もほぼなく、わりと現実に近い話や関係が多い気がする

1巻読んで合う人は安心して最後まで読んでほしい ずっと安定してるから

逆に1巻読んでつまらんと思った人は、読まないほうがいい 最後までかわんないか

絵柄もすごく丁寧できれいかわいい

なんとなくスケットダンスの人ににてる絵柄

でも絵面はさっぱりしててごちゃごちゃもしてないしボケツッコミがうるさいわけでもないし、マンガとしても読みやす

ありがちなラブコメ展開に安易に逃げなかったのもすごくよかった

同じようなタイトルマンガはだいたい男女そろった恋愛ものってテーマがかくれてて食傷気味だったか

ずっと読んでタイと思える面白さだった

素直に面白いとほめることができるマンガに久しぶりに出あえて本当にうれしかった

調べたら、2019年に完結してからずっと新作だしてないっぽい

また新作でたらよみたいなー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん