「着眼点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 着眼点とは

2017-09-06

無能から見た有能

某所で行われていた若手研究者向けの発表会に参加してきた。

自分の発表を終えて同年代の発表を見て回ったのだけれど、もう、はっきり言って、レベルが違っていて。

数理もセンス着眼点知識も何もかもが圧倒的に自分より優れているのを見せつけられた。

別に今までも自分より優れた人間を見る機会ってたくさんあったと思うんだけど、

こうもまじまじと自分無能であると見せつけられると、立ち直れる気がしない。

かといって、このレベルまで行こうという気にもなれない。

なんだか分からないけど、車輪の再発明を思い出した。

無能が有能になろうとしたところで、それは有能が既に通った道であるから

何をやっても無駄しかならない、どうせあの人にはかなわない、

私が何かをするよりも、あの人が何かしたほうが、もっとすごいことができるんだと思ってしまう。

なんだか、アホらしくなってきた。少し休みたい。

2017-09-02

刺青について

刺青嗜好品だ。

好きなやつはすればいい。

でも見せびらかすのは苦手だ。

それは僕の個人的体験

めちゃめちゃパワハラしてきた人が刺青入れていたのが

理由刺青はその象徴になっている。

から刺青を見ると逃避モードになる。

電車で化粧してたり

マンションなのに夜中騒いでるやつと同じくらい

刺青見せる奴は苦手である

刺青は色やデザインには寄るけども

基本的にはムカデみたいな色のやつは

攻撃色だと思ってる。

うんこマークとかだったら見えててもいいけど

ドラゴンとか阿修羅とか見えてるのは嫌だなあ

ドラえもん刺青入れた外国人電車でみたことあったけど

うわあというのが正直な気持ちだった。

とりあえず僕の中では刺青を入れている人は

とりあえず見た目においては

毒を持った生命体として見つめている。

仲良くなれば刺青関係ないのかもしれないが

着眼点が人と違ったり、いきなりわけのわからないとこで切れたり

知り合いにヤクザがいるんだと自慢してきたり。

迷惑な面が多い。刺青を入れている人で僕の周りにいる人はである

まあイギリスジョージ5世も横浜刺青を入れて帰った

ということで日本芸術的価値として刺青は高いのは

一応持ち上げておくけど。

とりあえず刺青は僕は第一印象として

引いてしまう。

むかし飲食店で働いていた時も

クビに般若刺青が入った女が客としてやってきて

驚いた。

その般若女があろうことが車やら家の鍵を机に忘れて行ったので

けど届けようとしたが、正直話しかけづらかった。

刺青を入れている人は話しかけづらいのである

とにかく刺青の人は僕にとっては注意信号意味する。

刺青入れたい人はどんどん入れてむしろどんどん町で見せてほしい。

そしたら俺はそこを避けて通る事が出来るからラッキーだ。

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724131832

意外と面白い着眼点かも。

以下俺が思ったことを。

特定の人を「パートナー」と呼ぶときには、その「パートナー」のパートナーたる主体があるわけだよな。

共同経営者を「パートナー」と呼ぶのはわかりやすい。もう一人の共同経営者がそれに当たる。

では、パートアルバイトを「パートナー」と呼ぶ主体は?

おそらく経営者を含めた正社員全体が主体となっている。

まり正社員は「俺ら」だけど、パートアルバイトは「お前ら」であって他人

自他の線引きが正社員か否かにあるので、パートアルバイトを「パートナー」と呼ぶのだとしたら、

この「パートナー」という呼び方も、非正規雇用に対する差別感情の発露なのではないかと思ったり。

2017-06-01

グラビティデイズはVRだか3Dだかにすることで面白さがすごくupするゲームだと思う

2次元平面の液晶モニタでもそこそこ楽しくはあるけど、3D的な動きを平面で見せるってところでどうしようもないプラットフォーム着眼点のよさとのギャップがある

もっと没入して目の周りが全部景色みたいな状態重力操作したら迷わないしもっと楽しいはう

2017-05-30

人の彼女を寝取ろうとした人間の戯言 2

まず彼女とKの関係は大きく改善され、彼女もKを好きだとはっきり言えるようになった。「今までで一番好き」だと。そしてKが彼女のことを一番に思ってくれることを感じるから本当に今幸せだと。今までKに対して抱いていたモヤモヤを僕のおかげで形にすることができ、そして本当の意味で互いに好きだと言い合えるようになったと。

それと同時にKは僕が彼女に手を出したことを知ってもう二度と関わりたくない、顔も見たくないと言っていることも知った。もう長い長い、本当に長い付き合いだった大切な友人が消えた。覚悟はしていたけれど、本当に心が痛んだ。ズキズキと痛んだ。そして僕がKの彼女に手を出したと言う情報は一部の間で広まっていて、僕は同期数人の信頼を失い、また友人を失った。

僕は彼女に対し、今でも好きだということを伝えた。伝えなかったら絶対に後悔しただろうから。それに対して返って来た答えは、「それは嬉しいけど、今はもう自分のKを好きだという感情がゆるぎなくなっていて、今まで見たいな不誠実なことはできないから、君の感情を受け止めることはできない」との答えだった。だから、「受け取っておく」と言う表現で終わった。

全てが終わったんだと僕は思った。僕は最大限の努力をもって、そして最大限の自己犠牲によって、当初達成する予定だったKと彼女関係改善を見事達成し、それどころか彼女の中の「好きという感情は何なのか」という疑問に対する大きなヒントを与えることに成功した。そして二人は真実の愛で結ばれたんだ。めでたしめでたし

僕は当初達成する予定だった目標を達成したに過ぎない。そう、そうなんだ。僕は立派に任務を果たした。

僕は彼女のことが本当に好きだったし、どんな話題に関しても面白い着眼点を与えてくれ、聡明な彼女のことを一種尊敬の念も含めて本当に心から愛していたし、彼女も僕のことをほぼほぼ好きになりかけていた気がしたけど、そんなもの幻想だったんだ。

彼女大学受験に関しても心から応援していたし彼女の夢を語る横顔も、彼女自分の状況に苦しむあの涙も、楽しそうに笑うあの笑顔も、そして時に僕を強い言葉で注意するあの強い眼差しも、何もかも僕は受け止める努力をしたけれど、そんなものは全部最初からあくまで添え物の一つでしかなかったんだ。

あくまで僕は主役じゃない。主役級の脇役に過ぎなかった。

もう終わったんだよ、僕と彼女は。

だってそうじゃないか。どんなに幸せイチャイチャしてても、喘ぎ声の中にKの名前がなんども混じってたじゃないか彼女は僕とKのことを何度も間違えたじゃないか。結局僕は永遠の二番手に過ぎなかったんだよ。なんでそれに気づかないふりをしてたんだ、僕は。結局代用品だったんだよ。そこにツッコミを入れると虚しくなるから、結局僕が代用品に過ぎないことを思い知るだけだから、見て見ぬ振りをしただけじゃないか。ヒントは最初から出てたんだ。

僕はやるべきことをやって、その結果いろんなものを失った。僕と彼女関係は友人関係に戻ったに過ぎないけれど、思い出までリセットされるわけじゃない。複雑な感情を抱えたまま元に戻れと言われて、仕方なく引っ込んだに過ぎない。

僕はカッコつけて、「君が幸せならそれでいいよ」とか言って、「君が僕に身を引けというのなら素直に身を引くよ」なんて言って。本当はそんなはずないのに。一歩たりとも引きたくなんかないのに。本当に好きで好きで仕方ないのにな。なんでそんなこと言ったんだろうな。多分嫌われたくなかったんだよな。優しさなんて糞食らえだ。なんでそんな状況に至ってもまだ僕は彼女に優しくしようとするんだ。

「今も僕は君のことが好きだ」って、なんだそれ。未練タラタラのしょうもない男じゃねえか。本当に本当に大好きなんだよ。どうすればいいんだよ、この感情は。

彼女との思い出は僕の中でずっと色褪せないし、忙しくて本当につらかった時も長期休暇で帰省してまた彼女と会えると思ったらどんな苦労も乗り越えられたし、僕はそのために必死になって頑張っていたのに。大学を辞めたいと思っていた僕は必死勉強する彼女を見て大学卒業するために努力したし、仕事だって残業休日出勤も耐え忍んだのに。彼女と見たい映画もあったし、彼女仕事愚痴だって話したかったし、彼女学校の話や思い出話を聞きたかった。

僕は遊びなんかじゃなかった。本気だった。でも同時に、彼女を落とす直前まで行ったのにそこであともう一押しができなかった。最後最後日和った。イチャイチャしてる時も、「早く私を落としてよ」って言われてたのに、最後の一手が指せなかった。

世界に女が何人いるかなんて考えても仕方ない。ここまで僕が好きになった人はいないし、一つ一つ、日常のつまらないことすらも共有し合って心から面白いと思えたのも彼女だけだ。他の女性とそんなことしたって、ただ退屈なだけなんだ。

でも僕は変なところで真面目と言うか、まあヘタレから、Kと彼女関係を引き裂くために努力することは絶対にできなかった。そんなことは僕の良心が許さなかった。その中途半端さ、中途半端な優しさが、結果として全てを失う結果を招いたんだ。

人の彼女に手を出しておいて何言ってるんだという話もあるだろうけれど、そんなこと言えるのは同じ状況に陥ったことがない人だ。ただのイマドキのJK興味本位で会ってみたら、そのJKが本当に僕と気があう人だったんだ。そんな状況で、しか彼氏との関係は冷え込んでいる。そこでそれでも手を出さずに努力できる人は尊敬するし、聖人だとも思うけれど、同時に僕は信頼できない人だとも思う。

女子高生だったから、可愛かったからじゃない。彼女彼女だったから、僕は好きになったんだ。

好きになってしまったことが悪い。でも好きになる以外選択肢がないと言う状況だったんだ。

ももう、全ては終わった。

もう僕はい彼女とまた恋人関係になっても構わないように、僕は自分人生を生きることにした。虚しい希望かもしれないけれど、今の僕にはその虚しい希望にすがりつくしかないんだ。彼女との関係が切れたわけでもない。僕はただ彼女に相応しい人間になることだけを目指そう。そうして生きていく中でいつかまたいい出会いがあるだろう。そう思うことにした。あの時の占いは正しかったのかなと思う。

こんなことになるぐらいならあの時連絡が来た時に無視していれば良かったとも思う。でもそうしたら僕は大学卒業することもないままフラフラしていただろうし、こんなにも自分が成長することはできなかった。父から「お前はこの数ヶ月でずいぶん成長した」なんて言われたけども、それだって結局は彼女出会たからだ。彼女にとって相応しい男になろうと必死努力した結果だ。

運命出会いなんて信じていなかったし、運命出会いなんて僕は一生使うことがない単語だと思っていたけれど、確かに彼女との出会い運命出会いだった。そして彼女出会えたことで僕は大きく変わることができた。

から僕は彼女出会ったこと、そして彼女に恋に落ちたことについて全く後悔はない。手を出したことについても何一つ後悔の念はない。

今はまだ全く諦めがつかないし、毎日LINEで「ただいま」って言う相手がいないというのは非常に寂しい。でもいずれこの寂しさにも慣れて諦めがつく。そうやって人は生きていくんだって。そうやってみんな少しずつ日常に戻っていくんだって。でもそうやって寂しさに慣れて諦めるということは、僕はそれをとても悲しいことだとも思ってしまうんだ。

それでも僕は、悪いですか?

2017-04-09

承認欲求

はいちおう写真趣味としている。腕前は自己評価ではアマチュアの中で中の上ぐらいかな。いちおうスクールに基礎的なことは習いにいったけど、飛びぬけたセンスや人と違う着眼点を持ち合わせているわけではないので、プロになるのはまぁ無理だろうなという感じ。

あと、アマチュアでも写真で小遣い稼ぎやコンテスト賞金稼ぎができるレベルの人って、だいたい凝り性で、自分の望みの絵が撮れるまで何度も同じ場所に通ったり、レタッチもとことんイメージを追求して気のすむ仕上がりになるまで頑張る。あと、撮るときにまめにレンズ交換したりフィルター付けたり、それはそれはいろいろな工夫をしてイメージに合った作品を撮るのである。私には正直いってそこまでやる根性はない。

ということでいちおう自己表現手段写真だけど、中途半端な腕前だと、あまり他人様に相手にしてもらえない。定番スポットありがちな写真を撮ってSNSにアップしても義理リアクションしてくれる人がある程度いるぐらいで、特に今のシーズンだと似たような桜の写真ばっかりアップしても「もういいよ」ってなってしまう。

あと、写真の腕が大したことなくても、書いてることがどうでもいいことでも、人気のある人にはリアクションが集まる。明らかに写真の腕前でかなわないと思う人に負けるのは仕方ないけど、人気さえあればいいって何?明らかにスマホで撮ったへたくそセルフィーとか、「今日は○○ちゃんと△△に行ったの~♡」ぐらいの文章でやたらとアクセスが来る連中(主に女)には殺意すら覚える。

何なんだよ~、何とかしてうまくセルフィーを撮って、レタッチしまくって可愛い子っぽくして、それでぶりっ子な感じの文章書けばいいのか?たぶん私の歳でそれやったらかえって引かれるのがオチだと思うんだけど。オバさんは承認欲求を持ってはいけないんだろうか。それとも写真の腕を磨く努力をすれば許されるのか?たぶんリアル承認してもらえる機会が少ないから余計ネットにしがみついちゃうんだと思うけど、どうも悪循環に陥っている気がする今日この頃

2017-04-04

父親アスペでつらい

親戚の集まり

たまたま誰かが「なんでも過ぎるのは良くない」

って言ったんだ(禁酒とか禁煙とかの話の流れで)

まぁ普通ならそこで適当同調したりするじゃん?

しかしうちの父親アスペなので

「そもそも『過ぎる』という言葉自体が良くない範囲から外れることだから

 その発言には何の意味もない」とか言い出す

いや、言ってることはわかるけど、わざわざ言うほどのことか?

なんつーか、言葉の語義そのものにこだわりすぎでしょ もう完全に着眼点アスペのそれ

案の定、変な間ができてたよ。。。世知辛〜。

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170305060937

説がいろいろ出てて面白い

自分からも別提案を。

「み」は「味」であり、そのものらしい味わい、趣きを表すことができる。

外連味、現実味など。

酸味、雑味、渋味など、形容詞から派生もある。

酸っぱさがその「程度」を表現できるのに対して、

酸味はその味わいそのもの着眼点がある。

やっぱり別物だね。

けっこう違う機能じゃないかなと思いました。

2017-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20170304221255

から、あれを「型どおりの反抗、型どおりの和解、型どおりの成長」としか見れていない人は、

あれをそう捉えなかった人の目に映っていた高解像度の微細な捉え方をすべて無下にしている、そういう傲慢さがあるわけだよ。

あなたがそう思ったことは勝手だし、ファンの人が受けた衝撃や感動の「種」になっていたさまざまなウンチクには永遠に辿り着かないし、そんな「種」の存在があることも想像すら及ばないだろう。

そういう人がいることはそれでいいけれども、だからと言って作品矮小化するなと言いたい。

自分より心から楽しんでいる人がいて、ついでに世間的にもヒットしているのなら、「自分には合わなかった」と思うだけでよい。

「見たけど下らなかった」みたいな事をあえて言う下劣感性の人が、ネットには多すぎるから辟易しているんだよ。

特にアイドルものなんかはジャンル自体への偏見もある上に、一部のファン気持ちさゆイジメられやすい。

からそういうキモオタなんかを揶揄したい人間が、作品にその矛先を向けることも多々あるように感じる。

まるで「自分はまともだぞ」「自分もっといい趣味してるぞ」「自分はそんなチャチなものどうかと思う」と言って、

自己肯定のために作品を貶めているように。

けれども、どんな作品ファンにも必ず、自分より優れた知性を備えた人がいる。いい歳のいい肩書もった人がファンだったりもする。

例えばあなた海外ドラマを高く評価していて、アニメヌルいと思っていたとしても、その両方にあなたより精通していて、そのどちらも高いレベルで楽しみ評価している人がいる。

あなたに無い着眼点でみる人、例えばまどマギ仏教文脈で語る僧侶や、ラブライブマネジメント文法で語る人などもいる。

とてつもない熱量で、自分では気づきもしなかった考察ブログで重ねている人がいる。

鳥肌を立てながら、そこまで考えて作られていたんだと気づき敬意を表する、そんな純粋さが馬鹿にされてはいけない。

そういう人の存在無視して、一括りにファン自分より感性下劣であり、作品も見下してしまってもいいだろうというような傲慢判断をする人は、

自己顕示欲支配されている以外になんと表せばいいか

そういう視点でつけるケチは、結局いつも表面的な部分しか捉えていないことを銘記してほしい。

ロックバンドオマージュをするのが陳腐からと言って、別に作品としてはその部分でいかに新しい表現をするかを競っているわけではない。

あの回の迷走の仕方はなんでもよく、あれを通して何を伝えたかったのか、そこに注目してみてあげるのが作品に寄り添う普通見方だろう。

ネットには、瑣末な描写言動や辻褄に「あーハイハイ」「なんでやねん」となって気を取られてしまい、総体的評価をフェアに出来なくなっている人が多く見受けられる。

妙な「事情通」ぶった自負があるせいか、へんなところに神経質になって気を取られ続けているため、素直にみていれば感動に繋がるはずの布石を取りこぼしている。

あるいは、元から上から目線で鑑賞していて素直に楽しむ気が元からないせいで、些末なツッコミに躍起になるのかもしれない。

ともあれ、物事が「いかに深いか」を十分に言語化して語ることはものすごく難しいんだよ。前提知識が多く多岐に渡るし途方もなく長文になる。

対照的に、物事が「いかに浅いか」を語って揶揄するのは簡単だし、そういうネガティブ情報感染力も高い。

から自分が良いと思えなかったものにも、自分には捉えられなかった「深さ」があるのだろうなと斟酌して、静かに離れていく美徳を身に着けて欲しい。

それは結局、デフォルト他人尊敬するという良き人格に繋がっていく。

逆にそれができないで、何かをこき下ろすことに快感を感じる性質卒業できないままだと、いずれ何にも感動できなくなって脳が凝り固まってしまうだろう。

間違っても、今後はそんな「『○○でござい』なんて言ってて本当にいいの?」みたいに他人を冷笑する考え方に陥らないでほしい。

ネットを見ているとそういう不遜な思考回路にあふれているから、ネットを離れない限り難しいかもしれないけれども。

2017-03-02

スターを貰ったぞ!

ありがたいことに今年になってからはてぶコメントで星をもらい、数度人気のコメントにしていただいた。ありがとうございます

だけど何で自分が、というのもあって自己分析を試みてみた。

共感出来るコメントを早くにつけた

これは理由がとてもわかりやすい。

ブコメを書こうとしたらすでに似たコメントを書いている人がいたらば頭を唸らせて気の利いたコメントを書くよりスターを付ける方が手っ取り早い。

自分もよくやるスターの付ける動機です。

コメント着眼点が違っていた。

これはすでに100ブクマついていた記事に対してだったけれど、自分と同じ視点コメントがなかった。

例えば『ここ数日寒い』という内容に対して「わかる」「今年の寒さは異常」のようなコメントが並ぶ中、『だからこたつ最高!』という箇所を引用して「こたついいよね」とコメントを付けた。

みんな確かにそうだ、と思ったようで一気にスターが付いた。

大喜利

すべらなかった。

けれど先日たくさん星を貰ったコメントは上記のどれにも当てはまらなくて頭を唸らせている。

そこまで早くブクマした訳でもなく、似たコメントがすでに付いており、大喜利もしていない。

まあでもよくわからないけれどスターを貰えることはとてもありがたく、嬉しいことです。

これから自分ももっともっと他の人のコメントスターをつけていこうと思います

2016-12-20

マスダとマスダ

オスプレイ

オスプレイってことは、メスプレイもあるの?」

「まあ、あるんじゃないかな」

「歯切れが悪いね

LGBTセクマイ最近まで混同していた人間に、大した答えを求められても困る」

「そっかあ」

宿題

「お前の宿題自由研究か」

「うん、最初は『なぜ虫はオスが鳴くことが多いのか』っていう研究だったんだ」

「ほお、いい着眼点なのにやめたのか」

先生コンプライアンス的な理由却下されちゃった」

世知辛いなあ」

「仕方ないので、『一寸の虫にも五分の魂があるというが、本当なのか』の自由研究にした」

「それは却下されないのか……というかどうやって研究したんだ」

記号

「何か、とある絵が性的興奮を誘発させるとかで」

ポルノな。わざわざ遠まわしな言い方をしなくてもいいだろうに」

「定期的に話題になるテーマだよね」

「こういう記号のどこに性的興奮を覚えるかってのは、個人感性だったり背景が色濃く出るから泥沼になりやすいんだがな」

「WXYみたいに?」

「そのまんま記号を例に出してくるとは」

2016-10-16

[]

今回は裏サンデー

グッド・ナイトワールド 39話

やり取りのズレ具合がいいね

シリアスなのに、そうさせる気がないって按配。

特にヅラ卑怯だ。

ノリといい、そんな雰囲気じゃないだろうに、完全に不意打ちだった。

不覚にもやられた身としては評価せざるを得ないが、客観的にみるなら雰囲気を一貫するべき場面だったよなあとは思う。

気持ちの持っていき方に困る。

ましてやラストあんな展開を持ってくるなら尚更。

家族スクランブル 3話

今回、テーマといい分かりやすくてよかったね。

なまじっかキリのいいオチにしていないのはエピソード単品としてはカタルシスが薄いが、テーマを踏まえると教訓めいていてこれでいいんじゃないかな。

他者を許容できないような人間が、自分分身と対面したときその分身人格を許容できるのか、っていう着眼点面白い

できれば、それを最後の語りで説明するのではなく、ストーリー構成表現しきることができればよかったが。

市場クロガネは稼ぎたい 94時限目(最終話)

まあ、エピローグみたいなものから、今回の本編に対してさして語ることはない。

描写することは纏める範疇になりやすいからな。

総括。

紡がれる理屈の是非というものは、作中でも語られたように側面的な話であって、是非はとやかく語らない。

空想舞台を用意してフィクションという逃げ道を残しつつも、それでも「稼ぐ」というテーマに対して真摯に描き続けた作品かと。

ヘビのたまご 12

デュランも中々に青くさい人間で、「ヘビのたまご」ってのはこいつのことも指していたのか。

当事者に許されたくないってのは、自分自身が許せないってことの裏返しってことね。

それに対してのむまにの回答はシンプルだが、本質的ではある。

それにしても、12話という区切りもあってか、今回はいわば第一部完くらいのノリだったな。

サツリクルート 43話

筆記テストの内容はアンケートのような簡素もの

普通学力テストのようなことはせずとも、この会社面接にくる時点でそういう部分での能力が高いことは分かりきっているので、見るべきは別の所っていう理屈なのは分かる。

しかし、それは分かっても筆記テスト問題文の意図は分からないまま。

カンニングしている奴を過激制裁したのは、まあタブーってことなのだろうけれども、テストの正解は何なのだろうか。

正直、いくらでもモノは言いような感じにできそうだが、できれば納得のいく「これがベストだ」と思えるような解答を期待したい所。

2016-09-13

ダウンタウン最近番組歴史的番組になる可能性があると思う

最近ダウンタウンの置きに行っている番組がおおいと思う。


ダウンタウンなう

すでに、はしご酒というジャンルで、清原伝説を作った。

本音を彼らにしか引き出せない次元で引き出して非常におもしろい。

水曜日のダウンタウン

ジャンルネタ出しして、プレゼンするあたりはアメトーーク

微妙に、探偵ナイトスクープ感があるが着眼点レベル違う。

すでに毎回おもしろ

ワイドナショー

これはなにげに松本発言が毎回おもしろい。やっぱり松本発言

考え尽くした上でのコメントが多いし。スクープされる側が発言する

というところが松本がやりたかったことなんだろうけど本当によい

2016-08-04

シンゴジラのシン

ゴジラ映画のすべての概要

ゴジラが現れる→人間が知恵を絞って努力して平和が訪れる

この間に「あったこと」が映画になる。

シンゴジラはこれまであったけど省略したところをじっくり描きこれまでの映画であった人の生き死にやドラマをごく薄めにするという手法をとっている。

総理が死んで号泣する長谷川博己心配する妻をふりきって出て行く長谷川博己石原さとみと国を超えた愛に落ちる長谷川博己を描くことはできた。でも、シンゴジラではしなかった。

そのかわりにこれまでずっとあっさりと省略され続けていた法の解釈や人や道理世論を動かすための手順を描いた。その間にもゴジラ東京破壊活動を続けている。ギリギリ気持ち総理東京都内自衛隊への発砲許可を出した。

「こんなことしてる場合かよ」。若い閣僚ファイルをたくさん抱えながら愚痴る。いろいろなものが手枷足枷になり物語の進行を阻害する。その「いろいろなもの」がこれまでとちがうわけだ。

みているあいだ「アルマゲドン」(的な戦意高揚映画)だったら大統領が3秒で「やっちまえガイズ!」っていうところを40分かけてるなと思ったりした。

怪獣が現れ解決するまでを現実のこととして。

上記の話し合いのところも、人の生き死にも、同時にドラマとしてそこにある。

フランスのえらい人がおっしゃってたのを元ピチカート・ファイヴ小西康陽さんがおっしゃっていたのの受け売りなのですが「すべての創造編集である」と。

ポイントはどこをカットアンドペーストするか。どう編集するか。

庵野監督が「やりやがった」とある方のTwitterで称されたのは、実にそこだ。

オタクらが過去パロディバカ話で延々といってた「おれらがみたいマニアックなところに着眼点をおいたゴジラ」ってのをやってのけたんだ。

映画シン・ゴジラ公式サイト <http://shin-godzilla.jp/>

これらを裏付けるのが「脚本編集総監督 庵野秀明」と。

彼はこれまでのゴジラを「編集」したわけだ。そして描かれなかったところを拾い上げて描いてみた。

しかおもしろく。

これまでのゴジラ映画においても実は各人は物語の裏でこのような策略や話し合いなどを乗り越えてそこに立って作戦を実行しているんだと思いを馳せるとまた感慨もひとしおになる。

シンゴジラのシンとは新でも真でもなく芯だ。苦くて硬くて取り除いたりされがちな芯だけど、ゴジラオタク愛によりそれを美味しく調理した。それはかつて味わったことのないごちそうとなった。

そこに多くのゴジラファン特撮ファンが反応したのではないか

2016-07-15

ポケモンGo日本リリースされたら

互助会連中がどんな薄っぺら記事を書いて、どんな薄っぺら互助会ブコメがつくのか今からすごい楽しみ。

スマートフォンゲームなんですね! 知りませんでした!」

「楽しそう! やってみたい!」

「これは凄い! さすが○○さん! ぼくもダウンロードしました!」

「○○さんの着眼点は本当にすごい! ぼくもb

難しいなコレ。どうやったらあんなヘドみたいな文章書けるんだろう。

2016-07-12

http://anond.hatelabo.jp/20160712104718

>「さすが○○さん!着眼点がすごい!」

これほんと目についてウザい。

ブコメでエクスクラメーションマーク使ってるのはほとんど互助会

互助会メンバーが取るべき互助会と思われないようにする方法対策

1.アイコンを猫の写真に変える

互助会と呼ばれる人たちのアイコンは、他の人と比べてどこか違和感がある。

(この例えが正しいかからないが、町中で中国人を見かけただけでなんとなくこの人は日本人ではないな?とわかる感覚に近い)

ある意味目立つとも言えるが、ここはアイコンを没個性化することで矛先を向けられないようにしよう。

何よりはてなユーザーは猫が大好きであるにゃーん。

2.PV・アフィ収入の話は内輪だけで

ブログやってない人には退屈極まりないし、

やってる人にはジェラシーが発生しうるネタリスクが高い。

商売っ気を出すと人が逃げるのは常識

クソつまらないPV・アフィの話よりも、うんこ漏らした話の方がはてなでは価値があります

3.ブコメでの個人への言及はしない。

「さすが○○さん!着眼点がすごい!」とか「○○さんは人間国宝だなw」とか

そういう個人をメインにしたブコメ互助会認定されやすいです(俺調べ)

他の人のブコメ見てみてくださいよ。記事への意見を書くか大喜利してるかがメインストリームですよね?

人は異質なものが目に付きやすいんです。

ここは記事への意見(反対意見も気兼ねなく言えるとより良いです)か大喜利(はてなユーザーだじゃれが大好きです)をするようにしましょう。

おわり

2016-06-26

百合にハマったけど次の一歩が踏み出せなくて

キッカケはアイドルマスターシンデレラガールズの二期の「ありすでいいです」だ。

あれ以来、Pixivニコニコ動画で2人の名前検索しては、ニヤニヤしている。

通勤はInFactとBrightBlueを交互にきいている。

今月末には、咲いてjewelカバー曲もローテーションに入れる予定だ。

生存本能ヴァルキュリアという曲もあるらしいが、あいにくスマートフォンタブレット端末は持っていないためまだ聞けていないので、早くCD化して欲しい。

あと、この2人をプロデュースした常務への感謝も忘れていない、あの人すげえよ。

でだ、この2人はわりかし人気キャラなので、他にもカップリングがある。

特によく見かけるのが速水奏さんだ。

文香とも、ありすとも、絡んでいる姿をよく見かける。

他にも、ラグビーの人とか、サッカーの人とか、野球の人とか、怪盗の人とかもよく絡んでいる。(スポーツの人が多いな)

特に野球の人とありすが絡んでいる様は、確かにぐっとくるものがある。

(文香もそうだから、おそらく、ありすは年上なのにちょっとだらしなかったりミスする人と絡ませると良さが目立つのかもしれない)

ただ、もうアニメでの「ありすでいいです」が、あまりにも衝撃すぎて、この2人はこのまま広げたくない、という気持ちもある。

しかし、俺が百合への食欲に、ありふみ、ふみありの、供給量は追いついていない!

俺はもっと百合を見たいのだ。

そこで、新たな一歩をふみふみしようと、色々と検索している。

だが、どうにもしっくりこない。

定番所だしアニメでも出番があった、あんきら、うづりん、みおあいレズライカ辺りは確かに定番だけあって量も多いのだが、シックリこない。

年の差、という着眼点では、しゅがみんは中々良いが、いまいちこの2人は10歳近く年が離れている感じがしない(真顔)

とにかく、俺の中であの「ありすでいいです」を聞いたときの衝撃度合いと比較すると、物足りないのだ。

こう、腐女子の方々は関係性で萌える、と聞いた事があるが、

俺はまだそこまでの領域には達せていなくて、

うまく伝えれないけど

台詞」が非常に重要なような気がしている。

上でシックリこないと言った中でも、あんきらはまだ少しシックリきている。

それは「きらりあんずちゃんと一緒にいるきらりがだいすきだよ」に、ぐっときたからかもしれない。

なんていうのかなあ、上手く言語化できないのがもどかしいんだけど、

俺にとっては「ありすでいいです」は、最早「告白」なんだよね。

「お付き合いしたいです、一緒にプライベートで遊びたいし、性行為もしたいし、結婚もして家庭を築きたいです」ぐらいの、深い意味

ありすでいいです」から俺は感じたんだよ。

まあ、男含めれば200人以上のキャラクターがいるコンテンツから、気ままにブラウジングしているだけでも、

いつか好みのカップリング出会えるだろう。

から遠慮なく、好みのカップリングを書いて行ってね!

二次創作でも構わないから、それが味わえるコンテンツも教えてね!

たくさんでいいよ!

はやくしてね!

2016-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20160622221306

玄人気取りのオタク着眼点作画から脚本に移った。

じゃあなんで俺ツイとかあんなに話題になったの?

まりこれ全部完全に君の妄想ってことじゃん。

アニメ脚本家叩き

第一段階はSEED両澤千晶

当時「監督ではなく脚本の両澤が諸悪の根源らしい」とまことしやかに噂された。

その妥当性はともかく、ここで「脚本家のせいでアニメが酷いものになる」という経験アニオタの胸に刻み込まれた。

第二段階はまどマギ虚淵玄

まどマギ成功虚淵の功績に帰せられたことで脚本家が注目を浴び、

玄人気取りのオタク着眼点作画から脚本に移った。

2016-06-12

頭が悪い記事を見た

このような記事ツイートを見た。

http://www.tm2501.com/entry/2016/06/11/192000

https://twitter.com/tm2501/status/741700789794574337

この記事データベース

データベースという言葉意味を分かって使っているのだろうか。

はてな村アクティブユーザー数を考えてみれば、各ゾーン50人程度は抽出しないとデータベースとして機能しないのではないだろうか。

そして一番問題なのは読者登録数と人格という着眼点である

読者登録数は客観的事実であるが、人格考察に関しては青二才主観しかない。

そもそも抽出しているブログ青二才巡回先?であるだけで主観に偏りすぎている。

「飯をおごりたくなる」?

カリスマ性がある」?

「読んで役に立つ」?

よくもまあ、こんなものドヤ顔で書くことができるものだ。

そして反論者には「これが互助会?」とな。

頭がおかしい。

2016-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20160608040027

着眼点面白い否定もしない。むしろもう少し多くの作品検証して実証してほしい。いい考察かも知れない。

2016-04-11

[]2016/04/11

もしこのベストアンサー解釈が正しいなら、富野御大ニュータイプ論も結局当時はありふれた着眼点で、それをアニメにまで持ち込んだって点のみにおいて慧眼だと言うべきなのかなあと思った

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1449044374

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん