「長生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長生とは

2017-12-12

少子高齢化って解決する気がする

いま長生きして年金を圧迫している高齢者比較すると

若いころから食生活が悪く運動習慣がないという人が増えて

短命になることにより解決する気がする

anond:20171212105326

老人になったら潔く死ねばいいだろ

体がろくに動かないし思考力も落ちているのに生き長らえる理由なんてどこにもない

日本人長生きしすぎなんだ、平均寿命なんて70歳くらいでいい

2017-12-08

約束オナニー

「やだい!手術なんか受けないんだい!」

独特の消毒臭に混じって大きな金切り声が白い廊下に響いた。ここが病院であることを忘れるほどの元気な声、わたしは深くため息をついた。8歳になる我が息子は生まれつきの難病を抱えている。治療法もなく、担当医曰く10歳まで生きられれば奇跡らしい。それ以上延命できた例がないそうだ。助かる助からない以前の問題だ。

病気なんだからさないとダメよ、お外で遊べなくなるんだから

手術をしてもいくばくかの延命しかならない。儚い命をいくら繋ぎ止めるだけの手術。それだけのために息子の体にメスを入れ痛みを与えることになる。本心ではそんなことしないで欲しい、そう思ったが少しでも長生きして欲しいという思いもあった。

少しでもこの子笑顔を見ていたい。元気に叫ぶ姿を見ていたい。できることなら外を走り回る姿だって見たい、そう思った。もう、手術をしてもらうことしか選択肢はなかった。しかし、息子にとって手術は恐ろしいものらしく、頑としてこれを受け入れなかった。

「僕ね、病気じゃないよ。元気だよ。お外でも遊べるよ」

屈託のない笑顔でそう言う息子は元気そのもので、本当に病気じゃないかもしれない、そう思えるほどだった。けれども病魔は着実に息子の体を蝕んでいる。そう思えば思うほど涙を堪えることしかできなかった。それしかできない自分を心の底から情けないと思った。

この笑顔をいつまで見ることができるのだろうか。

苦痛に歪み、そのまま消えてしまうであろうこの笑顔、私には守ることのできないこの笑顔、正直言って私は迷っていた。このまま何もせず、ただ息子の笑顔が消えていくのをジッと待つべきか、それとも成功率が低く、成功したとしても気休め程度の延命しかならない手術を、そんな無意味ともいえる手術を息子に受けさせるべきなのか。どちらが親として正しい選択なのか……。いくら考えても答えが出なかった。

「やあやあ、俊夫君、体調はどうかな?」

主治医看護師を伴い、満面の笑みで病室に入ってきた。息子の余命が幾許もないこと、手術は困難を極めること、成功しても気休め程度にしかならないこと、それらを私に告げた時の深刻な表情がまるで幻であったかのような快活な笑顔だった。

「どうかな? 俊夫君。手術を受ける気になったかな?」

医師は俊夫の顔を覗き込んだ。すぐに俊夫が顔をそむける。

「手術なんて受けないよ! だって怖いもん。痛いのだって嫌だよ。手術を受けても受けなくても僕、死んじゃうんでしょ、知ってるよ。それなら受けない方がいい」

なんてことだろう。息子は自分の命が残り少ないことも、成功率が低いことも全て知っていた。もう先が長くないことを知りつつも、私たちを悲しませないよう精一杯の笑顔で振舞っていたのだ。息子の前では泣かないと決めていたのに大粒の涙が零れ落ちた。

辛いのは私たち夫婦だけじゃなかった。息子だってそれ以上に辛かったのだ。こんないい子を死なせてはいけない。こんないい子を失いたくない。もうどしたらいいのか分からなくなっていた。

病室に静寂が訪れた。その空気を破るかのように医師が切り出す。

今日はね、俊夫君に会わせたい人がいるんだ。俊夫君も良く知ってる人だよ」

医師はそう言うと、ドアを開けるよう看護師に促した。

ドアを開けると廊下の窓から漏れる西日が病室に入り込んできた。その眩い光を遮るかのように大きな人影が躍り出る。

「やあ、俊夫君、元気かな」

大柄の男性はそう言った。逆光で姿が見えなくとも優しい表情をしているであろう柔らかな声だった。

眩しさに目を細めていた俊夫がまじまじと影を見る。次第に顔が見えたのか目を見開いて驚きだした。

「すげー! スペルマズの松井選手だ!」

そこには、息子が大ファンプロオナニー選手スペルマズの松井選手が立っていた。ブラウン管越しに見るのとは違い、体も大きく、なにより漂うプロオナニー選手独特のイカ臭匂いが印象的な人だった。

「実は私、松井選手後援会会長をしてましてね、俊夫君が大ファンだということを伝えたら是非会ってみたいと言われたんですよ」

医師はまた笑顔を見せた。

「すげーすげー! お母さん、松井選手だよ! サインもらおうよ!」

まりの息子のはしゃぎっぷりに照れ笑いを浮かべた松井選手。息子が差し出したプロオナニーカードにも快くサインをしてくれた。サイン入りのカードを渡しながら松井選手が切り出す。ちゃんと俊夫の目線まで屈んで話してくれる姿が印象的だった。

「俊夫君、手術受けるのが怖いんだって?」

途端に俊夫の表情が曇る。

「違うのかな?」

俊夫が重い口を開く。

「うん、怖いよ……。だって体を切っちゃうんでしょ、それに成功しないって看護婦さんが言ってた。僕知ってるんだ。僕もうすぐ死んじゃうんだもん……」

また静寂が訪れた。松井選手さらに顔を近づけて言った。

「僕らプロオナニー選手はね、常に怪我との戦いなんだ。僕も俊夫君くらいの頃に酷使しすぎでペニス靭帯が裂傷してね、アメリカの有名な先生に手術してもらった。あの時は怖かったなあ」

「だよね、松井選手でも手術は怖いよね……」

俊夫が頷く。

「今でも怖いよ。ペニス爆弾を抱えてプレイしているようなものからオナニーボックスに立つたびに怖くなる。逃げ出したくなる。またあの痛みが再発するんじゃないかって」

「やっぱり……痛いのは怖いよ……」

俊夫はさらに俯く。松井選手は首を横に振りながら言った。

「でもね、それは違うんだ。痛いのは確かに怖い、手術だって怖い。でも本当に怖いのは、恐怖のあまり挑戦することを放棄する、そんな逃げ腰な自分になってしまうのが怖いんだ」

「逃げ腰な自分……!?

俊夫が顔を上げ、松井選手の顔を見つめる。

「ああ、そうだ。挑戦することを忘れ、嫌なことから逃げ出してしまう。それは確かに楽かもしれない、怖くないかもしれない。けれども、そこから一歩も進めなくなってしまうんだ。動けなくなってしまうんだ。痛みや手術なんかより僕はそっちのほうがずっと怖いな。あの時逃げなかったから今の自分があるわけだしね」

「そんなの良く分からないよ。やっぱり僕、手術するの怖いもん。一人で死んじゃうの怖いもん」

今度は俊夫が首を横に振った。

最愛の息子に「一人で死ぬのが怖い」とまで言わしめた自分の無力さを呪った。悔しかった。また大粒の涙が流れ落ちた。それに気づいたのか気づかなかったのか、松井選手こちらを一瞥した後、俊夫の両肩に手を置いてさらに続けた。

「じゃあこうしよう。今夜のナイターで僕がホームシャセイ打つことができたら俊夫君も手術を受ける。これでどうだい?」

松井選手はまっすぐ俊夫の瞳を見ていた。また俊夫は首を振った。

「無理だよ、松井選手は確かに2012年にシャセイ王のタイトルを取ったけど、最近じゃスタメンからも外れて、たまに代打で出てくる程度、今シーズンなんて一本も打ってないじゃないか。そんなの絶対に無理だよ」

「俊夫……! なんて失礼なことを!」

一歩前に出たわたし松井選手右手で制した。そして変わらず俊夫の瞳を見ながら続けた。

「無理だからこそ挑戦するんだ。僕の挑戦と君の挑戦、賭ける価値はあるんじゃないかな? それとも怖いかい?」

少しの沈黙の後、俊夫はゆっくりと首を縦に振った。

「……わかった。僕、松井選手が今夜ホームシャセイ打ったら手術を受けるよ、絶対受ける。約束するよ」

松井選手も深く頷いた。

「男と男の約束だ」

「俊夫……」

の子が手術を受ける気になってくれた。立ち止まらず、前に向かって歩く気になってくれた。

病室を出た松井選手見送り病院玄関で深々と頭を下げた。すると、松井選手は車に乗りながらこう言った。

「お母さん、プロオナニー世界では常に挑戦です。相手ピッチャーの放るエロネタがとても抜けないようなものでも必死で抜く、それでホームシャセイを狙うんです。俊夫君もそうだけど、お母さんにも挑戦する気概を忘れないで欲しい。大丈夫ですよ、今夜、僕は打ちますから

私の心を見透かされたかのようだった。成功率の低い手術に怯え、息子の笑顔を失うのを怖がっていた。ずっとずっとその場に立ち止まり、ただ漠然と病魔が進行していくのを見ていた。それじゃあダメなんだ、挑戦しなきゃいけない、俊夫だけじゃない、私だって。もう迷いはなくなっていた。

走り去る松井選手ポルシェのテールランプを見つめながら、私は何度何度も深々と頭を下げた。

その夜、特別に病室でテレビを観る事を許された。看護師がやってきていそいそとテレビのセッティングを始めていた。いよいよ、松井選手の挑戦、息子の挑戦、そして私の挑戦が始まるのだ。

試合は1-0の投手戦だった。松井選手所属するスペルマズは、今シーズン首位を独走するオナホールズの大型ルーキー投手完璧に抑え込まれていた。オナホールズの犠牲シャセイで1点が入ったのみ、スペルマズは負けていた。もちろん、松井選手スタメンから外れ、未だ出番がない。

「いやー、ちょっと今日は両投手状態が良いですね、白熱の投手戦様相を呈してきました。これはちょっとホームシャセイ打てないんじゃないかな」

解説者が白熱の投手戦にご満悦といった調子解説する。試合は9回裏、いよいよスペルマズ最後攻撃となった。

「お母さん、松井選手出てこないね

大丈夫松井選手ならきっとやってくれるわ」

そんな言葉も空しく2アウト、いよいよ最後バッターオナニーボックスに立った。もうダメだ、この投手なら抑えてしまうだろう、そして試合は終了、松井選手が出るまでもなくスペルマズは負けてしまう。

「あーっと、ボークですね、ボークです。山田投手エロネタを投げる前にチラッと見せてしまいました。見た感じフォークのような、40代熟女セミヌードですね、これは痛い、ボークです。打者は無条件に1塁まで進みます

奇跡が起こった。好投を続けていた山田投手ボーク、同点のランナー一塁へと出た。

「あー、ここで監督ますね、どうやら代打のようです。代打ですね、今ゆっくり主審にかけより代打を告げました、場内放送にご注目ください」

「6番、ライト田中に代わりまして、代打松井背番号69」

一斉に場内がどよめく。それと同時に病室でもどよめきが起こった。いつの間にか医師看護師だけでなく、他の入院患者までテレビに駆け寄り松井選手と息子の挑戦を見守っていた。

「ここで松井とは驚きですね。左投手山田に対して左曲がりの松井代打です。松井選手今シーズンはまだホームシャセイはありません。これは思い切った起用ですね。さあ、一打出れば逆転サヨナラ、注目の打席です。」

松井選手ゆっくりオナニーボックスに立つと、おもむろにズボンを脱ぎ始めた。そして血管を浮き立たせた逞しすぎる男根を誇らしげに素振りする。全盛期の松井選手独特のオナニースタイルだ。そそり立つ男根相手投手を威嚇しているかのように思えた。

「さあ、山田投手セットポジションから第一球を投げた!」

松井選手男根は空しく宙を舞った。

ストライク! 今のはスライダーですかね、女子プロレスラーヌードコラージュでしたね」

「今のはちょっと抜けないでしょう、厳しい球投げるなー」

ピンと張った糸が部屋中に縦横無尽に張り巡らされているかと思うほど緊迫した空気が病室に流れた。いつの間にか誰も声をあげなくなっていた。固唾を飲んで小さなブラウン管を見守っている。

「さあ、第二球を投げた! 空振り! ットライク!」

松井選手男根はまたも空しく虚空を切り裂いた。これでツーストライクだ。もう目を覆いたくなる気持ちだった。

解説の権藤さん、またスライダーですね。二球続けて女子プロコラ、これには松井、全く手が出ません」

スライダーが冴え渡ってますね」

「決め球は何できますかね」

「恐らく得意のカーブ、それもYAWARAちゃんのコラージュあたりでしょう」

テレビを観ていた誰もが息を呑む瞬間。いよいよ最後の球が放たれる時が来た。目を逸らしてはいけない。そう思った。わたしが逃げてる場合じゃない。

ピッチャー山田、振りかぶって第三球を投げた」

ドピュ!

「抜いた抜いた! これは大きい! グングン伸びているーーー!」

松井選手の抜いた白濁液は大きく漆黒の空に飛んでいった。まるで星空と一体化したかのように白い液滴がフワリフワリと宙を舞った。

ライトバック、必死にバック、それでも追いつかない。入ったー入ったー! ホームシャセーイ!」

「やはりYAWARAコラでしたね、それを見事に抜きました。あれはピッチャーを責められないですよ」

「渾身のYAWARAコラを抜き返した松井白濁液ライトスタンドに飛び込みました!」

「あーあ、最前列スペルマズファンがドロドロになっちゃってるな」

「いま、松井ゆっくりベースを回ります。たくましいですね、あれだけのホームシャセイの後にまだ勃起してますよ。そして今、ゆっくりホームイン! サヨナラです、サヨナラ2ランシャセイです!」

ワッと病室でも歓声が上がった。医師看護師入院患者も、まるで自分のことのように手を取り合って喜んでいた。

今日ヒーローインタビューは、見事な逆転サヨナラシャセイを打ちました松井選手です! どうでしたか最後の1球はカーブだったようですが」

そんな質問はお構いなしに、松井選手マイクを奪い、カメラに向かって呼びかけた。

「俊夫君、見たか! 約束は守ったぞ! 今度は君が約束を守る番だ!」

それをベッドの上で見ていた息子は、ふっと私のほうを見てこう言った。

「お母さん、僕、手術受けるよ、手術受けて病気を治して松井選手みたいなプロオナニー選手になるんだ!」

私はもう、涙で何も見えなかった。

「そうだね、頑張ろうね」

そう言うのが精一杯だった。

「よし、俊夫君も松井選手との約束を守ろう。そして完治したらオナニー練習だな!」

医師がそう言うと息子はニッコリと笑って

大丈夫オナニー練習ならいつもしてるよ! 看護師さんでいつも抜いてたんだから!」

ポークビッツのような男根差し出し、必死でしごいて見せたのだった。その手つきは素人とは思えず、また病人とも思えないほど逞しくて頼もしいものだった。

「こいつは頼もしいや! ははははは!」

いつまでもいつまでも、息子が喘ぐ声と共に医師看護師、そして私の笑い声が病室に響いていた。

―あれから10年、ブラウン管の向こうに我が息子の逞しい男根が映し出されている。そしてそのテレビの横には、あの日松井選手サインしてもらったプロオナニーカードに並んで、息子のプロオナニーカードが寄り添うように置かれている。

2017-12-07

anond:20171207221059

から悪いけど

貧乏沖縄長生だって沖縄金持ちだだったらもっと長生きってことだろ。

これは別のデータがないとだめな気がするよ

anond:20171207205149

1/4程度でも十分だろ。

金持ちだったら環境要因をはねのけるほど長生きでいるってことだよ。

貧乏沖縄長生だって沖縄金持ちだだったらもっと長生きってことだろ。

最後にはなんでもアベが悪いって言い出すし、頭悪いやつの相手は疲れるわ。

anond:20171207164848

国内自治体別の平均寿命みると基本的金持ち地域長生きだから、全体的に経済力が落ちると全体的に平均寿命が落ちると思う。

2017-12-06

anond:20171206163250

年金受給者を4人も抱える世帯としてはいつまでも長生きして年金貰って欲しいと思っています

anond:20171206163250

安楽死は賛成。やはり医療が高度に発達した今、いつまでもダラダラ長生きされ、介護する方もされる方も息苦しい思いをしている。

国は国で金がない。

やはり、得をしているのは天下りの道が確保されている役人だけか。。。

anond:20171206183405

実際に本人の希望による安楽死が認められたとして、少子高齢化って改善するかねえ

現状生き残ってる高齢者って、少なくともそれまでの人生自殺は選ばなかった、いわば選ばれし強メンタルだろ

メンタル弱い若者が死んで図太い年よりと図太い若者長生きするだけで、あん事態改善しない気がするわ

anond:20171206182515

長生きすることが良いことだと洗脳されてるんだから当然もっと生きようとするわけでな

子ども未来を優先することに喜びを感じる様な社会でないからこうなってるわけで

ババアが薬を好き過ぎる

ババア 102歳。もう一回言う。102歳だ。

年金介護費用医療費に投入後、余った全ての金は自然健康食品(これがめちゃくちゃ高い)に全額投入して、毎日すさまじい量の薬を飲んでいる。いや食ってる?

介護医療だって負担額なんてわずなうえに年金から出ているだけで、あとは全て税金負担。このババアが薬で延命され生かされるのに月120万くらい税金が使われているであろう。

もうこんな薬漬けにして無理やり長生きされたら、いつまで介護しなければいけないのかわからないし、こんなことが許される日本社会気持ち悪すぎる。

その影でこれから世代負担を強いられ日本社会保障がまったくない国にまで堕ちてしまった。言葉とおり希望のない国だ。

ババア本人はそんなこと考えたこともないだろう。これから世代ことなんかおかまいなしだ。これが倫理的に間違っているなんて微塵も思っていない。未来税金を使おうという発想がある欧州価値観が羨ましい。いつまで長寿はすばらしいって言っているんだ?医療技術が発展してなかった時代価値観を引きずりすぎ。

何が悲惨って、未来ある人間社会保障が削りに削られ、年金消失。実質死ぬまでは働かなければならなくなった。

社会にまったく持続可能性がないのだ。

この薬漬けのババアを甘やかす親父に「いい加減にしとけ」とキレたら、今まで年金やら税金やら婆ちゃんは払ってきたし、そういった積立があると馬鹿なことを言いやがった。

このババア、超低収入でろくに税金も払ってこなかったのに55歳から年金もらっている。もう未来の子供何人分の将来を奪ったであろうか?どれだけの人間犠牲の上にこのババア延命が成り立っているんだ?

天国とか地獄なんてものは信じないが、あれば未来を顧みず社会負担だけ与え続け利己的に生にしがみつくババア地獄に落ちるべきだ。

これから日本で生きていく子供が不憫でならない。そのくせ国は子供を作れだの馬鹿なことを言う。何が悲しくてこんな国で子供を産まなきゃいけないんだ。まずは安心できる社会を作ることが先だろ。

長寿大国かいっているが、不名誉まりない。ただの「延命大国」であり、寝たきり老人率も寝たきり年数も世界一という超社会的負荷の高い国で、世界一社会に持続可能性がないとも言える。

それはつまり世界一政治家無能ということだ。

はいえ、安楽死のない日本社会では、こんな気持ち悪いことが日常的に行われているんだろう。

役人天下り先を確保しておきたいからこれをまったく是正しようとしない。処方量に上限がないのって日本くらいじゃないか製薬会社との癒着がひどいからな。

限界ギリギリまでこんなくそ気持ち悪い社会が続くと思うと吐き気がする。さっさと破綻してほしい。あと20年か、30年か。

このババア延命でかかる月120万の税金もっと未来の子どもたちのために使うべきだ。

健全社会のためにも、もうさっさと安楽死あの世に行ってもらいたいんだけど、どうすればいい?

2017-12-04

古いiPhoneほど無料で修理しま

iPhoneX?修理費10万円です。

iPhone7?修理費5万円です。

iPhone6?修理費10000円

iPhone4?修理費無料です。

日本医療現場ってこういうことだよね。

日本社会は古いiPhone(老人)であふれ、新しいiPhone(子供)を誰も買わなくなる。

20歳?3割負担です。

70歳?1割負担です。薬の処方量も上限がないのでいくらでも処方します。だから気軽に病院に来てくださいね税金じゃぶじゃぶ。

生活保護受給者?ただです。お薬転売もバレないようにやってくださいね税金じゃぶじゃぶじゃぶ。

資源大国でもない日本税金でまかなっている意識がなさすぎ。

こんなことやってたら、若い人の将来は保証もなく絶望的だし、老人はむやみに延命されるし、

日本場合は、自分健康管理をして長生きしようという考えがない。病院が全部面倒見てくれる。超安価で。

でも健康寿命は伸びないか介護必要な年数が延びるだけだ。

年寄り未来ことなんて何も考えない。税金をどれだけ消費しようとおかまいなしだ。だからお菓子を食べる感覚お茶を飲みに行く感覚病院に薬をもらいに行く。

からこそ、国がしっかり持続可能性のある社会をつくるために制度を設けるわけだが、今の日本自転車操業未来ことなんて知ったことではない。

将来は医療費なんか、20歳?5割負担ですって確実になるだろうね、老人への医療は手厚いのに。

普通、逆だろ?未来ある人間こそ医療を施すべきだろ。老人こそ10負担でいい。その代わり苦しまないように安楽死必要だ。

それが社会健全に保つために必要な循環だ。今のやり方の結果が世界一超高齢社会だろ。社会が回るか?回らないだろ、いい加減愚策に気付け。

しょうがないって言うのであれば、それは日本が滅ぶのもしょうがないってことだぞ。

そして社会教科書に国を破壊した重宝人としてこの30年の間に政治に関わった人間国賊として教科書名前を記すがいい。

日本の老人の命はまったく尊くない。若い世代犠牲の上に成り立っている長寿だ。

新しいiPhoneがほしいよ。

2017-12-03

どこにいっても年寄りで溢れている

日本、ここまで老人で溢れてて大丈夫なん?

特に病院とかヤバイ

これでもまだ医療漬けの薬物漬けでさら長生きさせようとする病院とかさあ。

ただでさえ労働人口いないのに、介護に人まで取られて、それって何か未来につながるの?

日本って国家のもの自転車操業になってて、こんな社会を作った政治家って逆の意味ですごいと思う。

長寿が良い事みたいに言われると明治時代か何かと思う

http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/01/health-disparities-in-japan_a_23292489/

なにこれ?

長寿大国と言えなくなる、やばいぞってその価値観はいつの時代だよ?

医療が発達していなかった時代は、そりゃ命は尊いものだったよ。そりゃ長寿おめでとうだよ。

でもなあ、今の日本なんて老人で溢れかえり、老人がいつまでも病院通いして大量の薬を投与されいつまでも長生きされるおかげで、税金なんていくらあっても足りん。現役世代社会保障崩壊し、もう死ぬまで働かないといけないような有様なんだけど?

管につながれてまで生き長らえる老人って何なの?

薬の処方量に制限がない日本とか、いくら税金あってもそりゃ社会保障崩壊するわ。

さらに、老人で溢れたこ社会介護介護、定年迎えりゃ介護。何を生み出すわけでもなく、ただ介護税金と労力だけが消費され、負の感情社会蔓延する。

今後はもっとひどい。働きながら介護。老人が老人を介護。いや、超老人が超超老人を介護

何のために生まれてきたのかまじでわからん

何?これでもまだ長寿大国幸せなのか?

大丈夫か、この記事を書いた人?

自分は50歳で定年迎えて年金をもらえるなら60歳で死んでもいい。

2017-12-02

長生きしたくない

私みたいな奴の遺伝子は残したくないし結婚だってしたくない。

30くらいで死にたい

自殺というのも世間体的に家族に悪い。

どういう生活すれば叶うかな。

2017-11-30

anond:20171130183334

もちろん、長生きもしたいし、出世もしたいからね。

anond:20171130161546

医者の全てが延命させたがってるわけじゃないしね。

うちのばあちゃんの時は、何度も同じ病気で手術してて倒れるたびに「またか」って感じになってた。

死人の悪口はよくないが本人の性格結構なクソババアだったし。

いつものところが痛むって病院に連れて行ったらやっぱりいつもの病気で、担当医者に「やります?(やってもそんな長生きできませんよ的なニュアンス)」って言われた。

最後まで看取ったのは母親だったけど、一応はって感じで「お願いします」と手術してもらってた。

そして誰もがなんとなくこれで死ぬのかなって思ってるところで3度ほど生還し、また不健康状態で数年生き続けた。

医者も難しいだろうな。家族もそんなに積極的長生きしてもらいたいと思ってないけど手術しないといけないとかって。

2017-11-29

anond:20171129213905

増田価値観だと平和記念資料館日米関係対立を煽ってることになるけど、ホロコースト記念館矛盾するでしょ。

その通りとしか言えないのだが

世の中矛盾した価値観並存している訳だけど

平和記念資料館日米関係対立を煽ってる」部分はある

それは、トランプ演説パールハーバー言及たことが日米関係対立を煽ってるというようなものだと思う

 

世の中、ゼロかイチだけではないのだよ

一致する部分もあれば、不一致する部分もある

この前のトランプ来日した時の会談だって「一致部分は多かったが、不一致部分もあった(特に貿易面で)」訳で

逆に言えば、「アメリカ日本にある程度の自主性を認めている(=日本は完全にアメリカ属国というわけでも無い)」という話しだし

 

から、そこは議論していくしかないんだよ

正直、私自身も原爆は酷いと思うし、残念ながら(?)その面では米国を許してはいない

でも、アメリカ軍技術発症とするインターネットは使うよ?それとこれとは別の話だ

 

自分が敵意を見いだせる対象をこの世から排除しきるまでこの世の人間がお互いに悪意を抱きあってると信じる世界観人間相手にするのに無限時間がかかるので相手しません。

それは結構なことだと思います

でも、「良かれと思ってやったことが酷い結末になった」ということは良くある話で、善意性質も悪意の性質も両方認め、許容し、理解した方が良いのではないでしょうか?

それに、小心者の方が長生きすると思うんですよ

1991年高円寺商店街クリスマスツリー

神戸クリスマスツリーの件で思い出したことをダラダラと書き殴っていく。

当時自分専門学校生高円寺とある商店街飲食店アルバイトをしていた。

クリスマスシーズン店長は1~1.5mくらいのなにかの針葉樹の鉢植えを買ってきて、ツリーの飾り付けをした。営業中の店内は暖房乾燥タバコの煙も充満。

植木には過酷環境だった。水やりをするくらいしか世話もできなかったが、一ヶ月あまりクリスマスシーズンをその木は枯れずに乗り切った。

クリスマスが終わると店長は飾り物をはがし、裸になった鉢植えの樹を指差し粗大ゴミ※に出せと命じた。

は?生きてる木ですよ?なんで捨てるんですか?しか粗大ゴミってなんなんですか?捨てるならなぜはじめから造花を買わないの?

怒りで目がグルグル回った。一通り抗議したが無駄だった。十人ほどの従業員なかに賛同するものはなく、ただドン引きされた。

誰か別のアルバイト街角粗大ゴミ置き場に木を持っていった。

収集日まで数日の猶予があることを確認し、翌朝レンタカーを借り、荷台にツリーだった木を横たえ、環七目黒通り環八第三京浜から横浜新道を通って、藤沢実家までひとりで運んだ。

親に頼み込んで北側の庭に植えてもらった。幸い根付いた。強い木だった。今も生きている。立派な枝ぶりになった。垂れ下がるような茂り方なのでモミではなくトウヒのような気がする。庭木なので植木屋さんに剪定してもらっているから樹高は二階の屋根より低くなっている。あと100年生きるのだろうか。自分の死後こいつはどうなるだろう。

クリスマスが終わればゴミとして殺される木はあの頃も今も、毎年何万本も存在するのだろう。

神戸のあの樹だけが特別なわけではない。

バブルの頃から時代は流れ、サステナブルとか自然との共生とか生物多様性とか言われるようになったけど

今回の神戸のツリーニュースを見た瞬間、あの高円寺ときと同じ怒りがふつふつと沸き上がってきた。なにも変わってないじゃん。

いやもっと悪いよ。鎮魂とか復興象徴とか輝けいのちとか、心にもないお題目ならべてるところがね。樹の命なんて毛ほども考えてないくせに。

いっそ正直に、集金集客のため大木を引っこ抜いてツリーにするけど用が済んだらバラバラにして売るからね、樹には被災者の鎮魂のための生け贄になってもらったってことでいいよねって言ってた方がここまではムカつかなかったよ。

でもしか割り箸だって材木だって同じことだろう?いや同じだろうか?間伐材は仕方ないよな?

食べる野菜はどうなんだ?牛や鶏は?かわいそう?矛盾してないか

ずっとずっと、考えてきたが答えは出ない。

他の生き物の命を奪わないと生きていけないのに

時として他の生き物に愛着を持ってしまうのはなぜなのだろう?神が与えた罰なのか?

人は生きていくために樹木の命をもらってきた。雨露しのぐ快適な住居のため。暖をとる燃料のため。箸や器、さまざまな家具や道具。

集客のためという経済活動お祭りで神に供える宗教的行為も広義では生きていくために入るのかもしれない。

イベントで巨木を抜いた。乱暴なやり方だしたぶん枯死するよ。でも経済活動のため。うん、それはわかるよ。時には仕方ないよね。

でもどうしても腹が立つんだ。理屈じゃないんだ。抑えられない怒りがこみ上げてくるんだ。DNAに刷り込まれアニミズム精霊信仰なんだ、きっと。

少数派か多数派かはわからない。今はネット自分に近い意見を探せる時代から多数派錯覚することもできる。

古いものには霊魂が宿る。老木は神になる。長生きした猫は猫又になる。(なってほしい)うちも築100年を越え、梁に愛国婦人会って金属ステッカーが貼ってあるけどなんなのこれ。よくわからないけどこわくて剥がせない。

栗の柱は黒くてつやつや。100年前にうちを建てるために先祖が殺してごめんなさい。これから大事に住むから許してください。

クリスマスツリープロジェクト反対署名サイトも見た。7千人以上集まってるじゃないか。すげえ。

結構いるんだ。自分けがおかしい人なのかとずっと思ってたよ。

経済学者が、コピーライターが、役人が何を言っても変えられないよ。

土着信仰だ。原始人だ。老害だ。田舎者だ。うん、その通りだね。嗤いたければどうぞ嗤って。

くだんの高円寺の店はバブル崩壊の後、すぐ潰れた。

店長は売り上げをちょろまかしていたことがオーナーにバレて闇社会の人に追われていると聞いた。

そのオーナー自身千葉でのゴルフ場開発にからん揉め事商店街ビルを手放すことになった。

バブル直後はどこもかしこもそんな話だらけだった。

 

糸井重里バブルのころからあんなだったし、自分も上で書いた通りあの頃と同じだ。

時代が変わって糸井のやり方は受け入れられなくなってきたのだろうか?

もう少し推移を見守ろう。

※当時はごみ分別は今よりずっとゆるかったし粗大ゴミも申し込み制ではなかった。確か。(あるいは資源ゴミだったか記憶が定かではない)

11/30追記 署名8500人越え。樹木の一部を使ったバングル販売する予定だったフェリシモは、販売中止を発表。主催者後出しでいろいろ発表。当初は「植樹」と言っておきながら「移植は無理だった」ウソつきか。知ってた。あと、樹木の命について考えるきっかけを与えてやった、みたいなことを言ってやがるのも腹立つ。こちとら1970年代から今日まで考えてるわ。答えは出ないがな。

12/1追記 「嫌なら見に来るな」あ?公園晒しといて何いってんの?・・・急に署名が増えて1万人越えに…まとめサイトおそるべし

12/2追記  1万5千人

2017-11-27

猫が癌告知された話

眼窩の裏あたりに扁平上皮癌が出来ていると。

放射線治療も投薬も切除も出来ないので、

完治は無理ですと言われた。

転移はせず、臓器不全には繋がらないものの、痛みで食べられない時が来て、おそらくそれは半年一年以内に訪れるとのこと。

それまでは痛み止めの薬をやって、食べたいものを食べられるだけ、好きな事を好きなだけさせてやって上げてください、と。

まだ8歳。早すぎるよ。。。

前の奥さんと別れたとき、お前と男ひとり猫一匹の生活が始まったっけ。

離婚したてで一人で項垂れてたとき子猫だった癖に俺を慰めにきてたな。

いつも玄関まで迎えに来てたな。

仕事で忙しくてあまり帰れなかった時、寂しさのあまりか家にあるケーブルを齧りつくしたよな。

新しく出来た彼女を家に呼んだとき、見たことない顔で威嚇してたな。

その日の夜、寝てる彼女猫パンチかましてたな。

隙あらばテーブルのご飯を盗ろうとして俺とバトってたな。

その後、奥さんとなる人と暮らし始めたら速攻で懐いてたな。

今建てている新居にはお前用のハッチ、遊び場、トイレ置き場を用意しておいたのに。使う所を見たかった。

もう、テーブルの上のものは好きなだけ盗ってって良いぞ。

追記

経緯をちょっと書くと、

8月頭頃、歯周病で通院、奥歯を抜歯。

9月頭頃、抜歯した側の目が充血し涙が出るように

10月中頃、角膜に潰瘍発見。合わせて口腔内陥没が発見主治医からここで扁平上皮癌の疑いありと。

先週、医療センターCT撮って、扁平上皮癌と診断。写真で見ると頬骨の裏がなかった。。。

という感じ。あっという間。

2ヶ月前までは普通に暮らしてたのに、今では腫瘍で押されているからか、片目が閉じられない状態になってる。

ただし、食欲はめっちゃある。ドライフードは嫌がるけど、食事量は前の倍くらい。

ずっと続けばいいけど。

ググって同じ癌の画像を見たけど、かなり凄惨ものもあり、正直胸に来るものがあった。

出来るだけ長生きしてほしいのは本心だけど、痛み止めも効かないくらいツラくなるなら楽にさせて上げたいってのも本心

からないよ。

2017-11-25

ループループからしのうがいきようがどっちでもいい

それにあのときすでに死んでたからな

なんか目的がなくなった感覚

意識をすればするほど意識が強くなるから何色にでも染まれるし2転3転もできる

から永遠にループだし生きようが死のうがどうでもいい すべてナンセンス 意味がない

けど常に何色かに偏った状態にどうしてもなってしまう、カメレオンになりたい

常に中立立場であり、正直どーでもいいという風になる

してもいいけどさ ナンセンスじゃない?なら音に乗っていこう

テレレレテーテテーテーテテテレテレテーテーテー(ソニクヘッドホッドザシング砂漠のステーゾ) ユングナイへそーたらと ぱぱぽぴぷぺぽ(かんじゃにむらかみ)

人生意味とはなんだ

生きる意味とはなんだ

人間とはなんだ

なんのために産まれたのだ

正解はなんだ

そもそも死ぬから全部どうでもいいのか

でも永遠に生きれるのなら生きたのか

友達いて結婚して人生サイコーってなっても意味がない

永遠に生きてなんの意味があるのだろうか

長生きしてるとこの世の真実を知れるかもしれない(宇宙の始まりビックバン

世の真実を知ろうが知らないがどっちでもいい

1129

仮にこの方法で生きたとして支障ある?

結局人間ってのは自己満足

  人生ってのは自己満足

なら死ぬことに納得した人たちは満足したのか

2017-11-24

丁寧に死ねと思う

100%思い込みということを記しておく。

呪いはある。恨みつらみはそれを買うような真似をするとやはり蓄積されていくし、結果、呪われたからとしかいいようのない不幸な目にあうということはある。

ところが、「憎まれっ子世にはばかる」という言葉もまたある。あれだけ人をないがしろにしているわりに天罰呪いにあうことな長生きしている人。

これはつまりちゃんと呪ってないからじゃないかと考える。

たまに図々しすぎてクチを開けたままになるような言動や行動をとる人がいる。こういうときに人は唖然としてその人への感情が追いつかない。また、恫喝をし続けることによって思考を奪うというのも常套手段だ。

こうすると、人はうらむことを忘れてしまう。

これが憎まれっ子世にはばかる理由ではないか仮定する。

この場合対策法はタイトルにある。だから、無法や野放図な行動や言動をしている人に対してきちんと心のなかで「死ね」と恨みを積んでおくことが大事だなと思った次第だ。

これからネットでトンチキなことを書いている人にも丁寧に「死ね」と思うことにする。それを直接コメントしないように気はつける。

2017-11-23

anond:20171123190254

お前より長生きすることに大変な生きがいを感じる

2017-11-17

anond:20171117071127

咲の次期アニメが出るまでの辛抱だ。

それまで長生しろ

2017-11-16

ぽっくり

楽に死にたい

うっかりぽっくりいきたい

なんでこんなに悩みながら生きないといけないんだろう

長生きしたいって思える人本当に羨ましい

よっぽど人生楽しいんだろうな

できらことならそういう人に寿命わけてあげたいよ

毎日何かしら不安に思って生きるのしんどい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん