「定食」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 定食とは

2021-05-17

月曜日のお昼時

朝の残りご飯梅干しで食べて終わり。

夕飯はロースかつとトンカツのWカツ定食を実現したかったがあいにくの雨で外に出たくない。

なにしろ服を着るのが嫌なのだ

洗濯物が増えるのも嫌だ。

2021-05-16

コメ食べなくても案外生きていけるのでは?

コメって1日1回食べればいいんじゃね?と思って

ランチ定食以外で米を食べない生活をしている。

朝はプロテインパンサラダで、昼は定食、夜は料理するけどコメはなしで味噌汁だけ。

昼はチャーハンだったりラーメンだったりするので、炭水化物が足りないということもない。

毎食ちゃんコメを食えって言われたから食って生きてきたけど、

コメ無くてもいいんじゃね?って思った

チキンカツ

チキンカツってトンカツ下位互換みたいな立ち位置だ。日替わりのチキン定食を頼んだ店で、ロースカツ定食食ってるやつに居合わせると負けたきがする。同じ鶏肉の揚げ物でも唐揚げとどうして立ち位置が違ってしまったんだろう。

2021-05-13

anond:20210513150735

レバニラ定食が4分くらいで出てくるの解せないんだが

下処理してあるにも程があると思うんだが(モグモグ

anond:20210513083038

和食好きだよもちろん。

寿司天ぷらうどんそばとんかつ焼き魚定食生姜焼きから揚げ・・・

洋食のほうがゆっくり食事できるお店が多いかデートに向いてるって話じゃないの?

ゆっくり食べられる和食店は値段が高めだし。

2021-05-11

夢日記

2011/1/16

こんな夢をみた.友人と車でお祭りへ向かう途中,交通事故あい幽体離脱.「あー死んじゃったかー」とか思ってグチャグチャになった車を俯瞰していると,僕の体は車から這いでて警察を呼び,友人と一緒に立ち去ってしまった.僕は取り残された.

2011/12/6

こんな夢をみた。僕は中学校にいて、何人ものクラスメートと顔をあわせた。それも男女問わず卒業から会わなくなった人達ばかり。最後に、初恋の人と食堂てんぷら定食を食べた。そこで僕は、彼女玉子が嫌いだったことを思い出した。あの中学校食堂なんてなかったことも。目は覚めた。

2012/1/21

こんな夢を見た.携帯が鳴り,研究室ソファから起き上がる.時刻は3時過ぎ.伸び上がって靴を履き,立ち上がる.と同時にソファで「目が覚める夢」から 目が覚めた.時刻は4時過ぎ.立ち上がる.と同時にまたソファで目覚める.時刻は5時過ぎ.6時,7時,8時.昼には諦めた.目は覚めていた.

2013/1/6

こんな夢を見た。温泉から上がり部屋で一息つくと、脱衣所での忘れ物に気がついた。取りにかえるも、その温泉に戻れない。あるのはロビーと地下への階段。 迷わず下る。1/3ほど照明の点いたバーで、3人が飲んでいた。女性は言う。「私が代わりに探してあげる」。忘れ物はついに思い出せなかった。

2014/9/15

こんな夢を見た。私は知らない農家の宴席で、その男の話を聞いていた。男は次第に興奮し、暴れ、自らの腹をナイフで抉った。私は取り押さえられた男の腹から一筋の血が流れる様子を眺めていた。「俺はあの牛なんだ」そう言い残した男は車で連れていかれた。

私は外へ出た。庭には一匹の黒毛牛がいて、気が違っていた。腰のベルトを外して叩きつけると、牛は逃げていった。それを横目で追いながら、川を越え、古いバス停腰掛けたところで、読んでいた小説を閉じた。タイトルは「牛の首」だった。私は街へ下りることにした。

大きな駅の向こう側へ行きたくなって、地下連絡通路を目指した。下って歩いて上った先で、一人のセールスマンが待っていた。私は家を探していたことを思い出した。マンションの一室へ向かう。「紹介するのはここと同じ造りのお部屋です

お客さんは運が良い。ここのご主人は昨日自殺したので、誰もいません。見るなら今日です」フローリングは酷く黒ずんでいた。部屋を検分していると、喪服の女が階段の上に現れた。木製で高さのある螺旋階段は、このマンションには不釣り合いに思えた。

女は言う。「見よ、あの牛を。涎を垂らし、目を泳がせる、あの醜い黒毛の牛を」それは「牛の首」の一節だった。「ご主人はどちらですか。あの男ですか。あの牛ですか」「牛よ」そう答えた喪服の女は声を上げて笑った。私は部屋を出た。目は覚めた。

2015/4/10

こんな夢を見た。高速道路トンネルに入ると何十もの真赤なランプが光っていて、渋滞のようだった。車が完全に停止するまでブレーキ踏み込み、サイドを引くと同時に、警官に声をかけられた。「車を降りてください。指示に従ってください。」私は他の運転手と同様に非常口へ向かった。

先には窓のない畳部屋があって、黒い長机と弁当が並んでいた。奥から二番目の空席に腰を下ろす。右隣の男性貧乏揺すりが続く。弁当はやけコントラストが低い。向かい女性は口を開けて呆けている。どこかでパキという音。戻ろう、戻ろう、私はつぶやきながら独り部屋を出た。

トンネル警官の姿は無く、ナトリウム灯がまばゆいばかり。私は車を捨てて歩いた。出口に辿り着いたが、無機質な車列は途切ず、青空の下とても静かだった。脇にはトンネル名が刻まれた石碑があって、それをなぞる。五文字目で指先に鋭い痛みが走った。目は覚めた。

2015/4/21

こんな夢を見た。夜祭の喧騒を抜けると、人のまばらな屋外ステージ中央で、男が何やら呟いていた。それらは全て、この地の死者が今際の際に発した言葉だという。石段に腰を下ろし聴き入る。殆どが呻き声でよく聞き取れないが、どれもこれも懐かしい。それらは確か、私の最期だった。

2016/11/10

こんな夢を見た。私は窓の無い病院に何年も入院していて、その日は定期検診だった。入院患者の列に混ざって待っていると、前の一人が脇の通路を指差した。「そこから外に出られるかもしれない」

患者達は一斉に走り出した。初めは様子を伺っていた私も、後に続くことにした。無機質な通路を抜け、いくつもの自動扉をくぐると、急に冷たい空気が鼻に触れた。外は夜だった。私は、電灯に照らされた公園と人工の川に患者達が散る様子を眺めていた。

胸許の携帯が鳴った。「早く戻りなさい。外は身体に悪い」それは心の底から私を案じる声だった。「しかし、みんな喜んでいます。こんなにも空気が美味しいのです。こんなにも自由なのです。」話し終えると同時に、別の電話が入った。「ボートを見つけた」

それは汚いスワンボートだったが、迷わず乗り込んだ。ボートは勢いを増す。川底の石を蹴り、橋を越え、カモメを追い抜いた。ついには岩に乗り上げてしまったが、川岸からボートを押していると、その人数は少しずつ増え、豪快な波しぶきとともにボートは川に戻った。歓声が上がった。

ボートに再び乗り込んだそのとき、朝の光が目に飛び込んできた。「もう戻らなければならない」そう思った瞬間、電話で使った『自由』という言葉に重さを感じた。その言葉意味に初めて気が付いた。目は覚めた。

2020/1/2

こんな夢を見た。私は講座「反境学」のガイダンスを受けるため、大教室の扉を開けた。百名以上が座っていたが、私だけ後ろ向きの席に案内された。私の背中女性講師が言う。「反境学について質問はありますか。」前を向いた学生の一人が手を挙げた。

環境学とは違うのですか」「環境学も反境学に含まれます」「社会科学ですか」「あらゆる概念が当然含まれます境界を無くす学問なのか、そう考えた途端、周囲の学生は消え、私は前を向いていた。講師と目が合った。「違います。」目は覚めた。

2021/5/11

こんな夢を見た。私は想い出の場所に向かうため、登山をしていた。久々の単独行。ペースは上がり、森林限界を抜け、雪渓差し掛かった。酷く咳が出る。雪渓は雪と砂が細かく混ざっていて、古い雪崩跡だと思った。視界の端に何かが映る。黒ずんで、痩せた人間の手が転がっていた。

足を止めた。酷く咳が出る。後ろから声がかかる。「ありがとう。○○さんは手伝ってくれるんだね。」初老女性だった。「なぜ、私の名前を知っているのですか」「あなたに会ったことがあるからです」やはり酷く咳が出る。足元の誰かを、背後の誰かと掘り起こすことにした。

女性は言う。「ごめんなさい。もう、そのシャツ臭いはとれないねしか腐臭は感じない。いよいよ咳は酷い。掘り起こした誰かは、結局腕しかなかった。それもぐずぐずに崩れてしまった。私は手を合わせ、先に進むことにした。咳は血を吐かんばかり。痰が喉でゴロゴロと騒がしい。

すれ違った何人かの怪訝な目に、染み付いた腐臭を初めて認識した。視界が狭まり、白黒する。歩く。歩く。そうして日が沈む直前に、山小屋に辿り着いた。咳をすることでしか呼吸ができない。硬い床に雑魚寝する。眠れない。だからきっと白昼夢だったのだろう。こんな夢を見た。

私はベッドに横たわっていた。寝返りうつと、そのきしむ音と合わせて時計が目に入った。時刻は午前二時五十分。外に錆びた自転車が見える。跳ね起きて質素な窓枠に足をかけると、不意に声がかかった。「子供はどうする」ようやっと、家族3人で寝ていたことを想い出した。目は覚めた。

2021-05-10

anond:20210505221201

ファッションへの怒りで思い出したことがあるので書く。当方173cm73kg。

「服を着るならこんなふうに」|ヤングエースUP - 無料で漫画が読めるWebコミックサイト

という漫画がある。男性向けファッション指南モノだ。既刊11巻、女性向けのスピンオフも出ている。

「服を着るならこんなふうに for ladies’」|ヤングエースUP - 無料で漫画が読めるWebコミックサイト

(が、こちらは後述する怒りのため読めてもいないので内容の如何は他に任せる)

さて。これの1話を読んだときの怒り……

おいまてコラ。ふざけんなと。

スキニージーンズなんか物理的に履けるわけないだろうが!

冒頭にも書いたが173cm73kg、デブのつもりはないがBMI的にはちょいデブ定食らうこの体型、中高と運動部に打ち込んできた関係で、ふとももは片方で周囲60cm弱ある。ふとももに合わせて選ぶと、いわゆるスキニーといわれるサイズ感のズボン選択肢から消えるし、せめてそれっぽいのをと探しても、ふとももに合わせると膝から下はスカスカだし、逆にそっちに合わせるとふとももが入らなくて物理的に履けない。

もう、この1話を読んだときの怒りで以降ずっと触れられずにいたが、既刊がこれだけ出る中堅どころ以上の漫画になっていると方々で目には入ってくるし、スピンオフ存在も知っていた。今回この増田を書くにあたって調べたところ、「スキニーだけじゃない」云々の文字が目に入ったので、ひょっとしたらそれ以降でバリエーションがつくのかも知れないという意味で少々怒りは緩和された。

元増田理解とは違う気もするが、本人の資質によって(すぐには)どうにもならない部分で努力を強いられるのは、これだけ尾を引く怒りになる。

何となくだが、無印男性向け指南として描かれながら女性読者を掴み、それならばと女性向けを出したはいいが、当方同様の怒りを買い、打ちきりを食らったのではないかという気がしてならない。

2021-05-06

anond:20210506144006

実名が分かる形で身体的特徴をそういうふうに書くのはあかんぞ。

無駄定食分払わされて気の毒ではあるけどな。

茨城県土浦市にある「ほたて食堂てんぷらのお店

初代・保立伊助の苗字屋号とした保立食堂現在、その暖簾を守るのは6代目夫さん

食堂厨房修行を重ね、同級生だった妻さんと共に六代目として受け継いでいます

ランチ時にお邪魔しました。コロナの影響もあって地元の人らしき人が各テーブル

1人ずつ座っている。

見るからカツラとわかる高齢女性が注文を聞きに来た。

てんぷら定食刺身単品を注文したところ、提供されたのは

てんぷら定食刺身定食!!

刺身は単品で注文しましたよって言うと、

おばあちゃんは注文の仕方が悪いという趣旨で言い返された。

家族経営で、おばあちゃんがしゃしゃり出てきて混乱させられる

夫さんと妻さんに言いたい。

そろそろおばあちゃん引退させてください。

もうリピートはないかな。

2021-05-02

anond:20210501083126

コロワイドのなんか定食ごはん?食べてみて感想欲しいってどっかの増田が言ってたよ

anond:20210501234043

「知られざる神メニュー」って話なのになんで有名なメニュー出してくるん?

すけそう鱈と野菜黒酢あん定食なんて定番中の定番よ?

ランキングで必ず3位以内に入る人気メニューよ?

趣旨分かっとるんか?

大戸屋は週5で利用してるけどばくだん小鉢一択だろ?

これにご飯一口カレー付けてばくだんカレー定食が出来るじゃん

定食メニューを注文するにわかは引っ込んでろってこった

anond:20210501234043

大戸屋は「野菜と豚の蒸し鍋定食」も信じられない野菜の量で神メニューだったんだが、グランドメニュー改定に伴って順次メニューから消えてる

コロワイドめ…

自宅でチキンカツ定食をしたい

880円(税抜き)で分厚い身のチキンカツ定食を食べた。

しかし店主からドリンクも頼めや!

頼まないのか、クソが!!という対応を取られた。

悔しい。なんてイヤな店主だ。

料理人は別でチキンカツは旨かったが糞店主のおかげでメシが不味い!!

潰れてしまえ、と思ったが心がチキンから黙ってイライラを持ち帰った。

あれから一か月、悔しさは残ったままだ。

そこで面倒くさいが、自宅メシを復活させようと思いついた。

目標は、あのクソ店よりも旨いチキンカツ定食を自宅で味わえるようにすること。

あの料理人に勝つのは難しいかもしれないが、約1000円の味の再現ならば、必ずや完遂できるだろう。

まずは総菜屋で売ってるチキンカツを偵察した。

一番人気の総菜屋のチキンカツ、身は薄いが衣が手のひらよりデカくて200円。

候補の一つする。

業務スーパー2㎏698円(税抜き)でブ売っているラジル鶏肉候補だ。

しかモモ肉が8-10枚ぐらい入ってる。

たぶんあのクソ店も同じ肉を使っているはずだ、最重要候補とする。

味の素サイトでぐぐればチキンカツの作り方ぐらい載ってるだろうし、パン粉や卵を買っても1000円で楽勝だ。

同じく業務スーパーで売ってる冷凍チキンカツ吟味する。

食べたことあるやつばかりで思い出す。

こいつら冷凍チキンカツは安くするためにささみ使ってて身が薄い薄い薄い。

ザクザク楽しいから旨いではあるが求めてる分厚いのとは違う。

まだスーパーの総菜のチキンカツは見てない。

チキンカツごはん味噌汁キャベツの千切りとたくわんを添えれば完成となる。

道のりはまだ長い。

2021-04-28

競馬動物愛護ジンギスカン

競馬ファン動物愛護の話。

競馬ファンは、ウマという動物をそれぞれの名前で呼び、その容姿性格能力などの個性を愛で、感情移入し、それぞれの毎回の競走や生涯の物語を熱く語る。その一方で、同じウマという動物調教試験能力試験合格できなかったり、競走成績が奮わなかったりしたときはセリにかけられて食用に屠畜される、という運命リアリストっぽく擁護する(何なら「それが彼らにとって一番の幸せだ」ぐらいなことまで言っちゃったりする)。「華やかなステージに登壇できたウマ」は賞揚して「できなかったウマ」については関知しない、その割り切りっぷりというか、情熱と冷静の温度差に、おれは戸惑ってしまったりする。

これがブタやウシとかの食用経済動物なら、おれたちみたいな一般人はなるべく感情移入しないで済むような仕組みができあがってるわけじゃん。ふつうは顔も名前も知らないし、飼育現場との生活上の接点はないし、屠畜という一番血なまぐさいところは徹底的に隠蔽されてるし、食肉として流通・陳列される段階では「生きた動物痕跡」は徹底的に消されてる。とにかく「動物を殺して食う」ということへの罪の意識なり、後ろめたさなり、「かわいそう」という感情なりを初手から持たなくていいような仕組みになってるじゃん。

でも競馬ファンにとってウマという動物はそうじゃないでしょ。オートレースの競走車やボートレースエンジンペラとはわけが違うわけでしょ。人と同じように知能があり、感情があり、性格があり、人馬一体のアスリートであり、そこにみんなは思い入れを持つんでしょ。JRAだってだってそれぞれのウマにフォーカスして物語を紡ぎ、感情移入させまくるわけでしょ。だからこそウマを擬人化した「ウマ娘」という企画が成立して人気を博したりもするんでしょ。でもその背後で、競走馬としての能力を満たさなかったことで屠畜されるウマたちがたくさんいるし、むしろそういう運命にあるウマたちの存在によって競馬業界が成立してるという陰惨な現実(とおれには思える)は、競馬ファンの頭のなかでどう処理されてんのかな〜とおれは思うわけよ。だって走るのが遅いウマには知能や感情がない、ってわけじゃないじゃん。それは競馬ファン自身が一番よく知ってることでしょ。

たとえばこれがイルカの話だったとして、おれは「イルカは賢くて愛らしいから食べるなんてかわいそう」という人の気持ちはわかるし、「イルカは昔から食用にされてきた伝統的な水産資源だ」という人の気持ちもわかる。でも「イルカは賢くて愛らしい、人と同じような感情があり、人と心を通わせられる、自分もこれまで何度感動させられたことか」って言いながらイルカを食うやつがいたら、それはちょっとサイコパスじみてるじゃん。愛でられるに値しないイルカ食堂で「イルカ定食」として出される水族館で「イルカはやっぱり賢くてかわいいよね」ってうっとりしてるやつがいたら怖いじゃん。と思ったけど、牧場で羊を見た後にジンギスカン食えるとこって結構あるな。んで女の子ワンワン泣いてたりするな。そっかそっか。

以上この話おしまい

2021-04-25

令和納豆も結局、補助金ウマウマで逃げ切っただけじゃね?

店舗納豆定食で1日純利益6万出すの

どう考えても難しいし

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん