「タモリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タモリとは

2021-05-03

休日に上がってくるブクマタモリ鶴瓶楽屋エピソードとか

日本終わってるな・・・

俺どうしよう。研究でもするか。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.livedoor.com/article/detail/20128351/

2021-04-28

anond:20210428132501

将棋藤井聡太二冠も乗り鉄だよね。

性格も含めて世の中にあれほど必要とされる人も少ないが。

経済効果半端ないよ。

はてなで人気のタモリ乗り鉄だね。

知能関係ないっしょ。

2021-04-26

メールビジネスマナー。こういうのをたくさん知りたい。

https://twitter.com/araki_yasuharu/status/1385342144253075460?s=20

「取り急ぎお礼まで」は失礼な言い方だそうで、「略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます」が正しいらしい。

目上の人に対してお礼の意味で「助かりました」を使ったら激怒されたことがある。

目上の人に対して「ご苦労様です」は失礼で「お疲れ様です」を使うと、昔、マナー研修で習ったが、どちらも目上の人に対しては失礼だとタモリが言っていた。

2021-04-09

所ジョージ挨拶にこられると面倒なとき楽屋に「取り込み中」と貼り紙を貼っておく

有吉弘行楽屋挨拶に来られるのが嫌いでどんな若手でも来なくていいと言い張る

タモリ→来ても来なくてもいいよスタンス、来なくても気にしない

太田光楽屋挨拶に来たタレントに銃を向けて対応。場を和ませる

石橋貴明我が家の坪倉が挨拶をしたが「知らねぇよ」と蹴っ飛ばした。

もう一度「我が家の…」と食い下がと石橋は、「言わせねぇよ」と杉山の決め台詞で返してきた。

島田紳助挨拶に来ないと恫喝and暴力挨拶に来なかった女性タレントをその翌日芸能界引退に追い込んだことも

anond:20210409090129

わかる

当時のタモリレベルの大物じゃないと止められないんだし、当時の出川哲郎に止めさせるのは酷では...いくらなんでも力が違いすぎる権力を持つ者に歯向かえば潰される、しか島田紳助反社勢力とも繋がりあったらしく、下手すら存在を消されるちょっと無理があろうかと思われる

2021-04-08

紳助若いタレントセックス強要してんのイメージ通り過ぎてむしろ驚きがないっていう

レイパー島田紳助とか想定通りすぎるやん

驚いたのは出川キャラじゃなくてガチゲスであり太鼓持ちキャラだということ。あとタモリ爆笑問題が枕強要された若い女タレントを助けるキャラであるというところか。

言われてみれば、タモリ爆笑問題あんまり女にガツガツしてるイメージがない。田中はムッツリっぽいが、好みのタイプ花屋女性山口もえ小動物系だし、やはりガツガツはしていないのだろう。

2021-04-07

タモリって街中で女に『おじいちゃん』って呼ばれたらキレそう

脳みそ足りてない感じの女が高齢男性をだれかれ構わずおじいちゃん、おじいちゃんと呼ぶのに何か違和感を感じていた。

そういえば、自分幼児のころは街中に偏屈ジジイ結構いて、子供に構われることや場合によっては母親世代に手を差し伸べられることも拒むというのが日常風景であった。

この30年ほどで高齢者は守られるべき存在だという潮流は決定的になり、かわいそうな老人を放置することは絶対的な悪になっているが、かつての老人はもっと放っておかれたものだった。

幼少のころはそういった老人たちがなぜ、周囲から慕われることを、施しを拒むのか疑問だったが、自分も歳をとるにつれ分かったことがある。

よく、冗談で『男は永遠中学二年生』などと言われるが概ねその通りで、いまの自分過去下品で粗野でものを知らない自分の延長であり、将来の自分も確実に今の自分の延長でしかない。

いくら歳を取ろうが、少なくとも内面的には、社会的規範を取り払った裸の自分は一匹のオスのヒトでしかない。

そして、そんな『他人の男』である自身を侮って『おじいちゃん』などと馴れ馴れしく接してくる女子供が小癪なのだ

anond:20210406202338

笑っていいとも」やってた時代は、タモリ時間が取れなかったので、本当にしょうもないネタでその辺をブラブラしていた感があった。

2021-04-06

なぜかみんなが内容を勘違いしているテレビ番組

世界の車窓から→車窓から風景を流す番組(実際は乗客を通してその国を紹介する番組

ブラタモリタモリが気ままに散歩する番組(実際は学芸員の案内で観光する番組

キューピー三分クッキング→三分で作れるものを紹介する番組(実際は番組時間が三分なだけ)

2021-04-01

一度嫌いになったらずっと嫌いなタイプ

タモリは一度嫌いになった人間はずっと嫌いなタイプで、タケシは一度嫌いになっても時間がたったらどうでもよくなるタイプらしい。

自身も一度嫌いになった人間は忘れないでずっと許せないタイプなんだけど、付き合うならタケシのようなタイプのほうがいいよね。

2021-03-29

anond:20210329210947

から、俺の故郷おっぱい星には、おっぱいが立派な女性と、おっぱいが大好きな男性が住んでたんだって

おれはそこの出身なの。

なので、地球にいるとおっぱいが恋しくなるんだよ。

Wikipediaおっぱい星人」の中の「映画オッパイ星人」の設定に近い感じ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/おっぱい星人

この設定が全てのベースだと思うけど。

タモリタモリ俱楽部とかで言うのも、この設定がベースでいつも言ってると思うんだけどな。

2021-03-23

ひろゆきタモリの違い

論破王・ひろゆき氏 「2ちゃんねる」を知らない若者世代からの支持も

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d6332bd79bf5cc855b9169080a9c2417e8af30f

この記事に対して、往年のオウム真理教のような不気味さを感じる人が多いようだ。

 

自分はそれについて、「いやひろゆきオウムというよりタモリみたいじゃない?」と最初思った。

タモリは自らが昔の自分を「濡れたしめじ」と評すほど今とは大きく違ったそうだ。

自分の両親はその頃のタモリを知っていたからか、「あんなヤツ嫌いだ」とよく言っていた。

でも自分は濡れたしめじ時代タモリを知らない若者世代なのでむしろ割と好きな方だ。

 

からひろゆきタモリと同じかというと違う。

タモリタモリ自身が変わった。濡れたしめじだと自省した。

ひろゆきは変わらず、周りの扱いが変わった。

オウム真理教もそうだ。世間がもう飽きた中で、オウムを知らない若い人たちが後継団体に入ってしまう。

その点、ひろゆきを持ち上げる現象タモリではなく、やはりオウムのそれに見えるというのは同意できる。

俺が間違っていた。

2021-03-19

平日昼間のテレビサイコ映像が流れた話

仕事をサボってヒルナンデスを観ていた。

体調が悪いとき用事があるときくらいしか有休休暇をとらないので、平日昼間にやっているテレビ番組を観るような機会はほぼなく、

今はナンチャンタモリさんのようなポジションにいるのだな、と思いながらお昼ごはんを食べながらぼーっとしていた。

芸能人のお宅の冷蔵庫拝見!みたいなコーナーになったときにその映像は流れた。

女子アナフィギュアスケーターの妻という、私にはよく知らない人が、みっちり詰まった冷凍庫を開けて中身を紹介していた。

ジップロックに入った食料たちが綺麗に整列しているなか、レポーターの人がそのひとつをとりあげる。

それは市販冷凍チャーハンジップロックに移し替えたものだった。

「これは?」

「これ手作りチャーハンです。まだ子どもが小さいので、全部手作りです」

どうみても市販冷凍チャーハンである。カッチカチのパラッパである

テレビ画面に映し出されるそれは、自宅では出せない本格中華冷凍技術の賜物であった。

「へえー……」

レポーターの人がなんとも微妙な顔をしている間に、

「なんと冷凍庫の作り置きはすべて手作り!」のどでかい字幕とともに

さきほどのジップロックに入った市販冷凍チャーハンが大写しになった。

その後なにもなかったかのように画面は次のシーンに移った。

ここでテレビの電源を切った。

どう見ても市販冷凍チャーハンだろう。

自宅でチャーハン冷凍しても、どうやってもあの状態にはならないだろう。

いったいなんであの女の人は、市販チャーハンジップロックに入れたもの手作りだと言い張っていたんだ。

仕事をサボって呑気に過ごしていたはずなのに、すっかり怖くなってしまった。

2021-03-17

anond:20210317194826

タモリ『ともだちのともだちは、みなともだちだ!』

ワイ『ウッソだぁ~~』

2021-03-01

もしノスタル爺の舞台現代だったら

恋人はまぁ諦めるしかないとして、28年前のコンテンツを語り合う同好者はネットいくらでもいるかタイムスリップしなくてもあの頃の思い出の中に浸って暮らせそう。

テレビをつけたら、たけし、さんまタモリダウンタウンウッチャンナンチャンとんねるず...と28年前と変わらない面々が迎えてくれる。

2021-02-24

anond:20210224151325

タモリ理解のある彼くん漫画批判していた人は、一体誰の息子だったんでしょうか。次に奇妙な世界の扉を開けてしまうのは、あなたかも知れません…」

2021-02-17

チック・コリアについて語るよ(追記

タイトル釣り。俺はニワカなので彼のことを語れるほどには知らない。

でも彼の訃報がなぜか受け入れられないのでなんとなく吐き出してみる。語るのはチック・コリアのことではなく俺の心情である

チック・コリアアメリカまれジャズピアニストだ。体重はたしか173ポンド

2/12(金)、Facebook公表された彼の死は世界中ジャズファンに衝撃を与えた。79歳、癌だった。

彼の経歴は華やかで、功績も語り尽くせないだろう。

若いころからスタン・ゲッツハービーマンなど有名なジャズマンと共演し、数々の名演を残した。

特にマイルス・デイヴィスとのバンド音楽史に刻まれるべき出来事だろう。フュージョンの先駆けとなるサウンドを作り、フュージョンを開花させ、音楽の幅を広げた立役者の一人であり、新しい音楽が花開いた時代を牽引したバンドひとつだと思う。

スペインやラ・フィエスタなど、ジャズ吹奏楽に興味を持ったら一度は聴いてみたくなる、一度聴いたら弾いてみたくなる楽しげな名曲もいくつも作った。

まあそんなのはどうでもいい。俺は歴史は苦手なんだ。ていうか今調べた。

俺はただ、去年の緊急事態宣言体制下でずっと彼の演奏を聴いていただけだ。

俺はジャズピアノを一昨年から練習し始めた。

アドリブがつなぐランダム演奏に見えて、実はしっかりした理論の上に成り立つ繊細で自由音楽ジャズなんだな、とようやく分かってきたころ、緊急事態宣言が発令された。

色々なものステイホームになった。ジャズの大きなライブイベント東京ジャズオンラインライブになった。

東京ジャズで一番心惹かれたのは、上原ひろみカレイドスコープ

きらめくような物悲しいような、何度も聴きたくなる演奏だった(誰か詳しい人がうまいこと解説してくれないかな)。

それから上原ひろみライブ動画を見た。その中にはチック・コリアとの共演もあった。

(ようやくチック・コリアにたどり着いた!話が長い)

出会ってからはその動画を繰り返し見た。緊急事態宣言が解除されて家から出るまでずっと見た。

何がそんなに良かったかと言うと、楽しそうだったのだ。

チック・コリアも楽しそうだし、上原ひろみも楽しそう。

他の共演者もみんな楽しそう。

まあぶっちゃけ楽しそうに演奏するジャズミュージシャンなんていくらでもいるのだが(そういうところが好き)、当時はその動画が妙に心に刺さったのだ。

一番最近見た上原ひろみが少し辛そうに見えていたので、そのギャップかもしれない。

ある程度日常が戻り、俺はチック・コリアから離れた。

正確に言えば、タモリチック・コリアピアノを聴いたり、たまたま寄った店で見かけたリターン・トゥ・フォーエヴァーアルバムを買ったり、全く触れなかったわけではないのだが、まあその程度だった。

モルカーのほうがヘビロテしてたくらいだ。


そして先週末、昼休みに覗いたTwitterトレンドに並ぶ「Chick Corea」「スペイン」「Return to Forever」…

彼の死を悟り果たしてその予想は当たったのだった。

びっくりした。「あんなに楽しそうにピアノを弾く人が死ぬのか?」って思った。(我ながら意味がわからない)

ちょっと涙が出たけど悲しかったわけではないと思う。俺はニワカだし、悲しめるほど彼のことを知らないはず。

俺にとってのチック・コリアは「有名でピアノがうまくていつも楽しそうなおじさん」くらいのものだ。

久しぶりに例の動画を見た。やっぱり楽しそうにピアノを弾いていた。

こっちの動画も、あっちの動画も。全部楽しそうなチック・コリアが映っていた。

これはもう過去出来事なんだろうか。なんだか受け入れたくないなあ。

そんな中途半端気持ちをもって現在に至る。

今は彼の最後メッセージのことを考えている。

「すばらしい音楽人生ありがとう。興味がある人たちは、自分のためにも誰かのためにも、これから音楽活動を続けてください。世界アーティストを求めているし、何より単純に楽しいのだから

追記

上原ひろみコメントを読んで、また動画の中の幸せそうな二人を思い出した。

寂しいなあ。

https://www.instagram.com/p/CLWq-q7pZry/?igshid=l7qd1wnit7oy

和訳http://amass.jp/144393/

2021-02-12

anond:20210211170348

最近さんまは本当にひどい。全く同感。

20年前はなんとなくさんま番組チャンネルを合わせていたが、最近は全くなくなった。

テレビの司会を見ててもズレまくっていることが痛いほどわかる。

さんま劣化したというより、時代が変わったのだろうが。

爆笑太田との違いは結構興味深い。

太田も今でも結構セクハラ芸をガンガンやっているんだけど、

50代後半になっても「大御所感」が全くなく、

引きこもり非モテの極度の恐妻家というキャラのためか、

そこまで不快な印象は与えていない。

また、世の中の男性いかにも言いそうなことというより、

太田しかやらない面倒臭いボケという感じになっているので、基本的にはスルーされる。

即座に「馬鹿、やめろ!」と全力で突っ込む田中役割も大きい。

さんまが笑えないのは、大御所感が強いということに加え、

長男性がいかにも言いそうなセクハラ発言が多いからだろう。

ボケではなく普通の会話の中にもセクハラが紛れ込むことが多い。

また、長らくさんまは「世間の平均的な常識」を代表していて、

そのキャラさんま自身現在でも全く崩していないので、

周りが即座に否定しずらく、スルーすることも難しい。

しかし、1990年代のたけし、さんまタモリお笑いBIG3のなかで、

当時つまらないと散々言われていたタモリけがちゃんとしているとは・・・

2021-01-26

タモリさんに飲みに誘われる西野さんはすごいなあ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん