「OL」を含む日記 RSS

はてなキーワード: OLとは

2017-09-23

義母過保護。 夫の母親過保護ちょっとイタイ

義母過保護

夫の母親過保護ちょっとイタイ

夫には妹がいる。

義母は義妹を溺愛してて

「いやがることを無理矢理させるのは可哀想」と言って、家事をさせない。

義妹の部屋の掃除義母がする。

女の子の部屋が汚いと可哀想から

歯医者の予約電話義母がする。

義父が甘やかし過ぎだと言ったけど「虫歯になったら可哀想じゃないの!」

ちなみに義妹は30代OL

増田たちの周りにも成人した息子や娘への

過保護エピソードってあるのだろうか。

ぱぷりこ 妖怪妖怪女 本 note 正体 2ch

創作実話アカウントなかでもぱぷりこほんま嫌い。人の悪口しか受け狙えないの人間として最低。」

若い頃でさえダメ男しかつきあえなかったブス喪婆のくせに説教魔でキラキラ垢やナンパ師垢とやたら絡みたがるぱぷりこの文体オタク丸出しで凄くキモいわお前自身が痛すぎることに気付け」

「りちゃこにコケにされてる自称バリキャリ()のぱぷりこも痛いよブスでキモオタ女だからゴミみたいな男としか交際できなかっただけなのに被害者ぶって過去彼達の酷さをブログに書き殴ってるけど、結局は破れ鍋綴じ蓋でしょブログ文章からしてオタ女丸出しで超キモいw 」

美女スペックも中身も良い男の中から選べるぱぷりこのようなオタクのブスは喪女人生か、他の女なら避けるようなブログに書かれているモラハラクズ男としか交際できない 」

クズな男にしか相手にされたことがない底辺のぱぷりこが恋愛結婚を語っても、並以上の容姿で男を見る目もある女子は「そもそもそんなクズ男選ばないしw」と感じるので会話が噛み合わないよ 」

「まともな人格ハイスペには相手にされてないくせに上から目線のぱぷりこも頭悪いって話でしょタラレバ娘読んでショック受けてるような非モテで未婚の婆が結婚語るなよ 」

「ぱぷりこってタラレバ娘のキャラ以下の勘違いBBAだね大体、離婚見据えて好きな女に結婚申し込むハイスペ男はいないだろ稼いでいることしか取り柄ないモテないBBAが小姑目線モテ女の粗探ししてるだけ 」

「ぱぷりこは此処よりこじらせ女子スレ向けかなーブログのノリがオタク臭いのは分かるはてブで書いてる人って何故か総文字数をドヤる不思議

キラキラではないかもしれないけどト○アンナ、ぱ○りこなどの恋愛指南垢が苦手正直20代上から目線結婚指南って薄っぺらいやたらハイスペ指向避難してるけど所謂ハイスペと結婚してうまくいってる人だっているわけだし 」

「ぱぷりこやトイアンナは本人達学校職場ハイスペに囲まれ環境なのにブスだからマトモなハイスペには相手にされないせいで鬱憤Twitter上で発散させてる印象こいつらもこじらせ女子

「ぱぷりこうざい男に相手にされない女の説法なんて価値無いのに偉そうトイアンナも同じで自分面白いと思ってそうで自意識過剰

「ぱぷりこさん時折流れてくるんだけどみていてきついので吐き出したくなってしまったわ。

オタクのブス喪BBAなのね。じぶんがまともなハイスペに相手されないだけなのに、上から目線で男を分類、女に説教彼女ネットで吐き出したいのかな。ほんと他人の粗探しと貶めるような捏造ばっかり。ルックスも心も彼女が一番妖怪女。」

「「お焚き上げ人生相談」もぱぷりこの創作実話らしいのね…オタクくさい外資バリキャリとあるけど執筆量が半端無いのはどうして?」

「ぱぷりこ、コンサル自称ロジカル男が嫌いというわりには偏見や断定や創作で男女の分類ってまさに自称ロジカル女なんじゃ?どうして自分恋愛相談なんてできると思うのかなあ。早稲田卒のコンサルってとこかな。説教くささは職業?」

大学友達の具体的な話が欠如しているのにもかかわらず恋愛市場精通しているかのよう服装もオタっぽいのよねえ。ど不細工ではない比較的ブス?の社会人でびゅーのイメージ元祖きらきられいことまゆみや東京姉妹トイアンナさんも化粧してちょっとブスとした普通の顔ああい恋愛相談聞きたがったり筆者への幻想はどんな層がどうして需要しているのか疑問だわ」

しかあんな太い脚よく出せるよなぁ、スゴイ性格とか扱われ方がオタサーの姫っぽい自由奔放にしてるっぽいけど旦那にバレたらヤバイみたいな呟きもあったね」

「ただ服装文体思考オタク臭くて恋愛相談してるからどんな人生か興味あるじゃない?はぷりこプライド高くて理屈っぽいか自作自演ぐらい普通にしそう」

「後ぱぷりこ本人が降臨して必死に流れ作ろうとしたように俺も見えたwあんなんブスの非モテオタクに決まってんじゃんw作り話がいてーんだよw」

「ぱぷりこや自称キラキラKY相手にされないか誹謗中傷繰り返す 現実見えてないオタサーの姫なんだろうな」

「ぱぷりこ性格悪そう」

「ぱぷりこの妖怪女よんだ創作実話でも酷すぎない?

どこにいるの?って無理やりひねり出したステレオタイプ

週刊誌エロ親父の女はこうだ~って決め付けや分類みたい」

オカルト系以外「そこそこ成績よくて堅実なキャリア」+「奥手(もてない)でも乙女」ばかりで本人なんじゃ…同じ自尊心の低い人に駄目だしして食い物にしてる?って思った

後はハイスペ狙いのきらきらのこき下ろしで下馬評どおりに嫉妬でなくても何様感だった」

「「ウネウネ筆圧音頭を踊ってしまった」

気色悪い。しか創作なんでしょ?」

「筆圧音頭(笑)パプリコほんと会話がオタクくさい読解ミスなんて口語でいう?」

「ぱぷりこって女子出身なんだ。オタサーの姫丸出しなのも別学出身は大概こじらせてるし納得。

コンプレックス空想しかないのは本人そのもの。」

「「@papupapuriko

大学心理学やったのと信頼できるカウンセラーに会えたのと、友だちいたの大きい。海外ちょっと住んだのもよかった。」

ぱぷりこさん心理学専攻だったんだー。絶対この人職業コンサルよねw

大学生相談ASK創作かな?」

つぶやきだとぱぷりこはIT系コンサル(文系も多いよ)のイメージ

「ぱぷりこ[相談37]推定相思相愛だった後輩と自然消滅して立ち直れない。トラウマを乗り越えたい

相手妖怪とも思いきれず」そんなきもいこと考えるか?ww

常識常識言うやつなんていないし妄想上の人間を叩くための妄想上のわら人形って感じて耐えられなくて書き込みました」

「ぱぷりこ[相談38]自己肯定感が低すぎハイスペ女子ハイスペモラハラ夫と離婚すべきか現状維持判断できない。

「よく分かったね。女の子でこれ言って分かった人、初めてだよ」こんなこというやついるか?それで惚れる女も。ぱぷりこって創作にしても頭おかしいんじゃねえの」

アラサーすっぴん慶応外資系OLって嘘だろトイアンナ

ありえねー」

2017-09-21

anond:20170921131303


そんなん気にすんなよ

しょーもないOLなんだよ

それにしても今年はさんまがあまり取れないと聞いたけどどうなんだろ

近所のスーパーにも今年まだ見かけていない気がする

今度見つけたらビールと一緒に買おうかなー

anond:20170921130525

そーなんだよ、これ実際に体験したこと。

あのOL達にしてみれば、おしゃれなところで外食するのがステータスなんだろう、

アパートの一室でサンマを焼いてる男は貧乏人の最たるものだったんじゃないかなと思った。

サンマ炙ってた増田です。

サンマ焼いてたら笑われた

ぼろアパート一人暮らしサンマを食べたかたかスーパーで買ってきて焼いた。

焼網から脂が滴り、もの凄い煙が出るので、台所の窓を少し開けて換気扇を回して。

定食屋サンマを食べてもあまり美味しくなかったし、一人で飲み屋に行く習慣も無かった。

台所は焼けたサンマのいい匂いがした。

その時、二人ほどのOLらしき人達が通りかかり、臭いを嗅いだのだろう、

自分ちで料理するぅ~?w」「しないよね~w」

ゲラゲラ笑いながら、もの凄く馬鹿にした口調だった。

俺の部屋は一階だったから、高さの違いはあれどしっかり目が合った。

何故か悔しかったなー、凄く腹が立った。

でも、自分で焼いたサンマ、炙ったサンマ旨かったよ。

2017-09-19

イケメンの姉

姉はイケメンだ。かなりぶっとんでるし、ちょっとどうかと思うような行動に走ったりもするけど、総じてイケメン性格姉妹正反対。私は人見知りで、基本的にいつもおどおどしている。今までいろんな局面で何度も姉に助けられてきた。そんな姉への感謝気持ち綴りたい。

まずは小学校入学式のこと。

うちは母が早く亡くなってる。私が5才になる年に喉頭癌でこの世を去った。姉は私より11才上で、私が小学校に入った年にはすでに高校生だった。

そんな姉が、私の入学式に母の代わりとして参加してくれたのだ。その時のスーツ姿がとても素敵だった。人指し指に緑色翡翠指輪をはめていて、それは母の形見だと教えてくれた。入学式の時の写真を見返すと、やはり姉は保護者の中で一人だけ幼げに見える。

姉は高校ではかなり目立っていた。たまに雑誌にも出てた。エルティーンという十代向けのファッション誌で、モデルみたいなことをしてた。私はまだ小学校に入りたてで、そんな姉を芸能人だと思い込んでいた。そのうちテレビにも出るんだと思ってた。その予想はのちに別の形で実現するんだけど、その話はあとに回そう。

姉はふだんはあまりエルティーンを読ませてくれなかった。小学生にはふさわしくないエロい特集が多かったのだ。そんな雑誌にちょくちょく載る姉の姿に、私は幼いながら、妖しい憧れのような感情を抱いていた。

父は土建業を営んでいたが、この頃には経営が苦しくなっていた。それまではずっと絶好調で、姉は何の疑いもなく「うちは金持ちだ」と信じ切っていたらしい。でもそんな幸福時代はあっけなく終り、父は一気に萎れてしまった。母に先立たれて、経営も傾き、悲嘆にくれる日々。父がお酒に溺れ始めたのはこの頃だ。それでも父は姉を私立大学に入れた。娘の教育は疎かにしない、それは母の遺言でもあったそうだ。

二つ目感謝は、このころの話。

当時、私がまだ9才の時。姉が私をあるイベントに連れて行ってくれた。姉の大学友達の中に、ひとりだけ9才の私が混ざるという、かなり無茶な形だった。野外で開催されるテクノパーティ。でもそんな詳細はすべてあとから知ったことで、当時は右も左もわからないまま、姉に連れられて、ただついて行った。そこはまさにカオス空間だった。広大な森林のいたるところで人々が踊り狂っていた。真夜中にトランス状態で踊り狂っている大勢大人たち。あの光景が私の音楽原体験になってしまったのは、なんかちょっとまずい気もしている。

夜、私は姉と並んで芝生に寝転んだ。遠くではドンドンという無機質なテクノビートが鳴っていた。私と姉はふたりで夜空の星を眺めながら話した。その時に姉がとつぜん言ったのだ。

ママはもういないけど、私がお姉ちゃんとお母さんの両方をやるから

後年、姉にこの話をしたら「そんなくさいドラマみたいセリフ言うわけない」と全否定した。でも私は完全に覚えている。ありがとう。あの言葉にどれだけ支えられたかからない。

三つ目は、話自体がかなりぶっとんでる。

私が中2の時、父の会社が潰れた。全てを整理しなければならなくなり、家族は家も失った。私たちアパート引っ越した。父はもはやアル中の一歩手前みたいになっていた。

姉はすでに大学卒業していたが、就職はしていなかった。なんと、カリスマキャバ嬢になっていたのだ。当時の某歓楽街ではかなり有名な存在で、テレビ取材も受けていた(冒頭に書いたテレビ出演の話はこれのことだ。ちなみに姉はこの後にもまた別の形でテレビに出るのだが・・・)。姉は客に媚びないSっぽいキャバ嬢という設定で、何度か深夜番組に出ていた。それはけっこうサマになっていた。

姉は家では父にハッパをかけ、とりあえず一労働者に戻って建築現場で働くことを勧めた。父は最初経営者という立場にこだわり、かたくなに拒んでいたが、やがてしぶしぶ従った。

ここから急展開が訪れた。カリスマキャバ嬢としてのブームが一段落して、父もどうにか社会復帰できたというタイミングで、姉がいきなり海外留学してしまったのだ。なぜこのタイミング?と思ったけど、どうも男絡みのようだった。色恋沙汰なら、もう誰が何を言っても無駄だ。姉の留学先はコスタリカだった。

姉は私に銀行カードを託した。「本当にやばくなったらこお金を使いなさい」と姉は言った。さらにもう一点、「絶対に父には秘密にすること」姉はそれだけ私に言い残して、さっさと異国へ旅立ってしまった。当時、私はまだ中2だった。おいおい、母親の代わりをするって話は?

預金は600万円だった。コンビニATMで残高を見た時、足が震えた。私はこわくなって、すぐにカードを机の引き出しにしまい、鍵をかけた。それは中2の私に背負える額ではなかった。

そのまま中3になり、受験の時期を迎えた。姉がいなくなってからというもの、家の中はめっきり暗くなっていた。父は働いてはいものの、お酒の量がどんどん増えていた。親子の会話もほとんどなくなっていた。学校でも、私の家が落ちぶれたという噂がうっすらと広まっていて、なんとも言えない惨めな気分だった。姉の600万だけが心の支えだった。まだ大丈夫、うちにはこれがある、そう言い聞かせながら日々を送っていた。とかいいながら、カードからお金を引き出す勇気なんてまるでなかった。私は根っからの小心者なのだ大金を前にして、完全に怖気づいていた。どうしても心細くなって、ひとりで布団をかぶって泣く日もあった。勉強にも身が入らず、だんだん授業がちんぷんかんぷんになっていった。高校に受かる気がしなかった。この時期は私の人生いちばんしかった頃かもしれない。

そんなときに、姉が帰ってきた。まるで私の危機を察するみたいに。姉は予告もなく、いきなり家に現れた。あの時、姉を見た瞬間、私の全身にぐわーっと広がった強烈な安堵感が忘れられない。自分いかに姉を頼りにして生きているのか、骨身に染みて分かった。

姉のコスタリカでの日々は、それだけで一冊のルポルタージュが書けるぐらい強烈だった。でも私がここに書くのはちょっと無理だ。筆力が足りなすぎる。姉はコスタリカ日本人恋人暮らしていたのだが、やがてその男と別れて、現地でスペイン人と付き合うことになった。交際から数日後に、ふたりパナマに小旅行に行ったら、国境を渡るバスから彼がいきなり逃亡してしまった。理由はわからない。ともかく姉は一人にされてしまった。それから姉は執拗警察の取り調べを受けたりしつつ、どうにか事なきを得て、家に帰りついた。後日、彼が麻薬組織幹部だということが発覚した。姉はそんなこと何も知らなかった。彼がなぜ逃げたのか、どこに逃げたのか、全てが謎に包まれていた。

そういう話が他にもたくさんあるんだけど、とても書ききれない。とりあえず姉は無事に日本に帰ってきた。そしてコスタリカでのエキサイティングな日々を迫力満点に語ってくれた。私はなんだか自分の悩みがバカらしくなってきた。受験不安だとか、ほんとに小さなことって気がしてきた。姉に相談したら「勉強しろ」と言われた。2秒で話が終わってしまった。銀行カードをいちども使わなかったと言ったら「あんたらしいね」と笑った。姉が相変わらず人差し指翡翠指輪をしていたので、私は「お母さんの指輪だ」と言った。姉はそっけなく「あれウソだよ」と言った。「蛍火の墓を見て、適当でっちあげた」「マジで!?」「うん」私は脱力した。

それから受験勉強に身をいれて、私は無事に第一志望の高校に受かった。姉は父の酒浸り生活も、きびしくたしなめた。父は何だかんだ言いながら、姉には従う。酒の量を控えるようになり、少しずつ生気を取り戻していった。やがて昔の仲間と一緒に、また小さな会社を発足させた。最近土建以外にも手を広げて、高齢鞭打ちながら、建物管理資格勉強なんかをしている。

姉はコスタリカで築いた人脈を駆使して、某国大使館アルバイトをするようになり、そこで能力を見込まれて、正規職員になった。大使館について詳しく知っているわけではないけれど、私は漠然と「超エリート仕事」だと思っていた。姉のイメージとはどうしても結びつかなかった。最初に聞いた時は、女スパイ組織に潜入しているような姿が頭に浮かんでしまった。

姉の最後テレビ出演は、この大使館バラエティ番組取材を受けたときだった。姉は有名な芸人さんにおいしくいじられていた。姉は完全にキャラ変して、シャイで生真面目な妙齢職員を演じていた。「あなた、かなりの箱入り娘でしょ。男性経験も少なそうだな」芸人さんがそんなようなことを言って、姉をからかっていた。姉は恥ずかしそうに両手で顔を隠した。『かわいぃ~』みたいなテロップが入った。いやいやいや、と私は全力でテレビに向かってつっこんでしまった。

そんな姉も、長く勤めた大使館をやめて、今はスペインバルオーナーマネージャーとしてバリバリ働いている。ほんとはここにお店のサイトリンクを貼って、微力ながら宣伝したいんだけど、それをするには姉の許可を得なくちゃいけない(というか、こんなの宣伝にならないか)。

ちなみに私は普通に高校を出て、短大を出て、今はOLだ。ほんとに波風のない人生。何から何まで姉とは対照的だ。そのうち私にも、めくるめく冒険の日々が訪れるのだろうか。

結局、姉への感謝はたくさんありすぎて、とてもここには書ききれない。何でこんなことを書こうと思ったかというと、このあい何気なく実家で昔のアルバムをめくっていたら、幼い頃の姉の写真を見つけたから。3才ぐらいで、まだ私が生まれる前。姉は母の腕に抱かれていた。泣き出す直前みたいな、絶妙な仏頂面。姉を抱く母の人差し指には、緑色翡翠指輪が光っていた。なんだ、やっぱり形見じゃん。本当だったんだ。きっと照れくさかったんだろう。いかにも姉らしいと思い、うれしくなってしまった。それで姉への気持ちをまとめてみようと思ったんだけど、うまくまとまらなかった。無理もない、姉自身がまとまってないんだから

2017-09-13

平日夜のグルメフェスみよしプレイをキメる

新宿大久保公園では、毎週グルメフェスが開かれている。

先週までは大ネタ激辛フェス

今週はガーリックパラダイス

来週はパクチーパーティーだ。

ここ数日、仕事プライベートで振り回されて、少しグッタリしていた。

周りから年齢不詳などと言われるが、実際の俺は贔屓目にみてギリアラフォー、立派な中年なのだ

ハッキリと分かる悪い事ばかりじゃなく、もしかしたらいい事かも知れなくても、ボンヤリとしている未来に目を凝らして右に左にやられると、身体も心もちょっとヘタってくる。

そうだ、栄養のあるものを食べてまずはスタミナを回復しよう。

大久保公園に足を運べば、疲れ気味の心に騒がしすぎないちょうどいい賑わい。

何を食おうかな。

いや実は決めている。

スッポンカレーニンニク餃子だ。

東京に来て長いが、札幌市民にとって、カレー餃子は切り離せないパートナーなのだ

東京最大の繁華街グルメフェスでキメてやったぜ、みよしプレイをな。

カレー餃子人知れず故郷を感じて、ふと見回すと家族連れあり、OL飲み会あり、俺と同じくソロプレイあり。

それぞれが、秋風の吹き始めた大久保公園で、ニンニク香りに囲まれていた。

2017-09-11

仕事続けたいよね」の質量

週末に中学生の時に仲よかった友達と久しぶりに会って遊んだのね。(女同士)


中学生当時のわたしは、勉強はやれば点取れるゲームみたいで面白くて学年で一番とってた。

一方友達ちょっとグレてて化粧して髪も染めて、学校来てても勉強なんてやってらんねーってずっと窓見てるか、絵を描いてるような感じ。でもなんだか話は合って、仲よかった。先生たちはなんでお前らが仲いいの?って首をひねってたけど。


そんなこんなで進路は分かれて行き、大人になって全然違う生活をしてるわけです。

彼女地元首都圏田舎)でメカ整備の仕事をしてて、自分都内でバックオフィスOLやってる。


で、20代後半にもさしかかったので、会って話してると、結婚しないの?子供ほしいと思う?とかって話になって…

友人「子供いてもいいなーって思うけどでも仕事続けたいんだよねー」

わたし「そりゃ仕事は続けたいよね」

友人「でもさ子供できたらさ、仕事辞めなきゃなんだよね。育休とか業界的にないから」

って言われて衝撃だった。


わたしの「そりゃ続けたいよね」はもし子供できても、産休とって育休とって復帰すればいいじゃんーっていう「続けたい」なんだけど、彼女の「続けたい」は「子供は生まれたら仕事辞めなきゃいけないから、どっちかだから、選ぶのは仕事」って意味なんだ。重み全然違うじゃん。


職場女の子なんかほぼゼロで、休んでる間に体力落ちたら復帰は難しくて。そんな仕事してると子供まれる→休む=辞めるなのか、と。産休育休なんてそもそもないのか、と。


そっかー、って

そっかーそーだよなー

言われてみたら当たり前なんだけどさ。

なんか見えてなかった近くにある別の世界で衝撃だった。

[] かねもりあやみ 「サチのお寺ごはん」1巻(ギブアップ

いろいろあきらめて活力なく毎日生きててインスタントとかコンビニばっか食ってる27歳OL主人公

ある日コンビニで寺に住む3人の男と出会ってから食事にお呼ばれしたり自炊するようになる


久住 昌之 (原案協力)ってことと新聞テレビ欄でドラマやってるのを知ってたから読んでみた

でも途中でギブアップした

理由1:説教がうざい

寺ってことで毎回坊主説教が少しあるけどそれがうざい。しかもそれほどうまいこと言ってなくてすかっとしない

理由2:会社の同僚、上司がうざい

主人公の勤め先の同僚やら上司がほんとむかつく

主人公仕事押しつけて飲み会行ったり、主人こうが弁当作ってったっら、そのせじで梅雨入りしたとかいいがかりつけてくるし

ほんと胸糞悪い

お寺ごはんっていうからには疲れたOLがお寺の精進料理で心をいやすくらいでいいのに、なんでわざわざストレス要素をぶっこんでくるのか

男3人と仲良くするってのも都合よすぎっていうか少女漫画チックで気持ち悪い

グルメマンガエロが混じってる不倫食堂と同じような、食欲と性欲いっしょにしちゃいかんだろてきなものを感じる

こっちは性欲じゃないけどそれと同等の少女漫画的都合いい展開があってほんと読んでて気持ち悪い

2017-09-08

赤坂にいる人種

赤坂リーマンOLを観察することであることに気づいた。

それは「皆姿勢がいい」と言うこと。

皆背筋が伸びてスタスタと歩いていた。

リガリもデブも、不細工美女も皆背筋が伸びていて、自分に自信がありげな感じがあったな。

そういうことか

あーおっぱいもみたいなー

中野駅 自転車でやってくる人々

東京都中野区にある中野駅には、駅付近まで自転車でやってきて電車に乗る人が多い。


都内で、徒歩で隣の駅に歩いていける距離に駅があったりする駅なのに、自転車でやってくる人が多い。

そして中野駅には、駅前近くに自転車置き場はなく、ちょっとだけ遠い。

それなのに、自転車で駅に来る人が多い。

そこそこの規模の自転車置き場が何箇所も存在していて、置き場が自転車で埋め尽くされているので、それだけ多いということだ。


中野駅が最寄駅の人は徒歩で駅に来るため、わざわざ自転車で来る人々は、他の駅が最寄の自宅に住んでいる人達と推測している。

他の路線だと乗り継ぎが不便だとか、会社から支給されている交通費と実費の差分をを少しだけ浮かせたいのかわからないけれど、

これらの人々の挙動は、中野ブロードウェイ中野サンプラザ再開発されたセントラルパークといった魅力あふれる中野の、

ちょっとした特徴であると思っている。


もちろん全ての人でないが、中野駅自転車でやってくる人々の多くは余裕が無く、自転車マナーがすこぶる悪い、ように見える。

歩道スピードを出して走り、速度を落とさず、焦点の合わない目で歩く人に自転車で突っ込んでくる。

老若男女、だれもが皆同じような表情で、無表情で突っ込んでくる。

電動アシスト付きで、前後チャイルドシートやらカゴがついてて、インディアンモーターサイクルみたいになってる自転車

知らないだけで起きているのかもしれないが、よく事故が起きないものだと日々思いつつ余所見をしていると、

目の前に焦点の合わない目をした人が乗った自転車が目の前にいたりするので、集中しておかなければならない。


少しだけ遠い自転車置き場に自転車を停めた人々が駅に向かう場面においても、皆必死の形相で歩いている。

普通サラリーマン通勤する時間に、やっと電車に乗ろうとしているくらいだから時間ギリギリなのかもしれないが、

朝、中野駅からどこか(上り新宿方面)に向かう人は、どんな状況でも、他の所から中野駅にやってきた人にほぼ道を譲るような事はしない。


南口自動改札を出るやいなや、出てくる人の群れにダイアゴナルに切り込んでくる黒いポロシャツ中年男性が左側から現れる。

肩を突き出してくるため、ぶつからないよう少し右側に避けることになる。

その瞬間、右側からまたスーツサラリーマンが肩をいからせてスピードを増す。

それを目視し、ぶつからないよう、元の位置に体を戻す。

一瞬の出来事ながら、うまく避けることができ、ぶつからなかった事に安堵しほんの少しうつむき、顔をあげると、

正面から顔を見据えながら大またで歩いてくる中年女性がすぐ目の前に。。。

体を真横にし立ち止まるしか選択肢がなく、ぶつかることは避けられたものの、

中年女性肩にかけていたバッグの角が胸板に突き刺さり、靴半分だけ後ろずさったその瞬間、後ろ足を若いOLさんに蹴りあげられる。


すべてクリアできた日は清々しい気分になるし、日頃のトレーニングの成果であると満足できる。

ありがとう中野駅


夕方になり中野駅から帰る時、中野駅に帰ってきた人々が大量に番線ホームから階段を降りてくる。

もちろん、これから電車に乗る人がホームへの階段を上る際、下りの人々が階段占領し、上る人のために人1人分の隙間も与えてはくれない。

これも難関だ。。


とりあえず、中野駅改装して、出口を複数作ってもらいたい。

2017-09-01

エロければOKだが

やっぱり昏睡モノだろ。母姉娘学生OL何でもあり。

雨山電信東方マンガ好き。ググったらふたなりが出てくるのには引いたが。

https://anond.hatelabo.jp/20170901184123

電通OL自殺もそうだけど日本自殺ででしか抗議できないんだよな

デモ無意味

投票無意味

自殺:若くてルックスが良いなら世の中にアピール

あ、もちろん自殺する当人にはそんな意図はないけどね

世の中が動くとしたらって話

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828213846

大丈夫大丈夫

もっと年を取っていったら君もさほど年齢やダブり分なんて気になんなくなるよ

30超えて転職したらサポートについてくれたのは20代若いOLさん、なんてこともあるし、

そもそも転職したら0からスタートの安月給で働くしで「大卒就職した奴らは今頃勤続◎年目で年収は…」なんて計算がアテになんないしで尚更ね

いままだ25歳なんていう若さあふれる時期だから不安なっちゃうんだよね

社会には留年経験者も多浪経験者もたくさん、アラサー新入社員普通にいる

あん不安になんなくて大丈夫だよ

上ばっかり見て比較すると疲れるだけだぞー

2017-08-23

https://anond.hatelabo.jp/20170823192619

15年ぐらい前のOLがいっぱい出てきたころ

日本語が難解すぎる…。

OLがいっぱい出てきた、ってどういう状況?

雨後の竹の子みたいなこと?しいたけみたいに生えてきたの?

15年前にOLがいっぱいどこから出てきたの?どっかからどっと上京でもしてきたん?

OLってもっとからたくさんいたし、派遣法が改正されて以来むしろ減り続けてる気がするんだけど。

2017-08-22

ちょいブサ✕ポニテOL

電車の中でポニテシャツボタン2つ開けてるって完璧こっちを誘ってるよね?

いい香りはするわ、うなじはチラチラするわ、ブラが見えそうになるわ。

なんなの? ボッキさせたいの? しぬの?

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170820202517

ほんそれ

映画語る系漫画結婚適齢期OLが出てくる方がまだマシ

いやあっちも微妙だけども

あっちも微妙だよなー 本当に微妙

コンテンツ乗っかり系駄弁り百合漫画バーナード嬢曰くが一番クオリティ高いと思う

単純に漫画力の差な気がしなくもないけど

いやそれは漫画力とは違うよ

作者が面白いかどうか

たとえばバーナード嬢と、映画語る系結婚適齢期OL漫画(俺もタイトル覚えてない)と、この映画パンツ漫画で、

作者それぞれがなにかコンテンツを語るブログ書いたら、やっぱりバーナード嬢の作者が一番面白いだろう

後者2つはなんかつまんない通り越して、そもそも作者に語りたいことなんか何もないんだと思うわ

漫画泣かず飛ばずから「女キャラコンテンツ語る系の漫画受けるよ!」って企画に飛びついただけ

https://anond.hatelabo.jp/20170820201652

ほんそれ

映画語る系漫画結婚適齢期OLが出てくる方がまだマシ

いやあっちも微妙だけども

コンテンツ乗っかり系駄弁り百合漫画バーナード嬢曰くが一番クオリティ高いと思う

単純に漫画力の差な気がしなくもないけど

2017-08-11

家事が大変と言っとけば暇な主婦共感して広告付き記事拡散してく

https://anond.hatelabo.jp/20170810185150

まり家事は大変じゃないけど、マーケティング戦略のため。

毎日あくせく働いてるサラリーマンOL向けの記事を書いても、

本当に忙しいビジネスパーソンはそんなの読む暇もないじゃん。

2017-08-08

夏フェスにおける生理用品、使って良かったものの話。

これ、女性にはとても深刻な問題だと思ってる。

たかだか生理だという理由だけでトイレにこまめに通わなくてはいけないの、ほんとに馬鹿らしいけど、そうでもしなきゃ大事故だし。

かくいう自分も、よりによって今年のロッキンと一番多い日が重なって参った。

モッシュで大暴れする予定だったし、何時間かぶっ続けて同じステージに居続ける覚悟までしてた矢先だった。

いつも使ってるお手頃なものじゃなく、少し金をかけようと思った。

薄くて、ムレなくて、長持ちしそうなやつ。

結果、

・ウィスパー COSMO(30cm)

・夜用タンポン

の二段構えで6時間くらい持ってくれました。

モッシュにも汗にも耐えてくれた。

いからごわつかないし、汗で毛羽立ったり、変にヨレないでくれたのは本当に良かった。

形状から不安ではあったけれど、全然サイドに事故らなかった。

夜遅くまでいたら会場のトイレが閉まってしまい、流石に少し事故ってしまったけれど。

あ、匿名説得力いかもだけれど、P&Gの回し者では断じてありません。

しがないOLです。

自分と同じように、日が重なって残念な思いをしている誰かに届けばいいと思ったので書きました。

2017-08-05

https://anond.hatelabo.jp/20170805083835

地方OLってそんなにキラキラしてるのだろうか。

いたとしても若い子じゃないかな。だから安いのと高いの使い分けてる感じするし若い人のメイクだよな。

あと服の印象か。

年取るとキラキラする化粧品とかはないけど、

ひとつあたりの化粧品はお値段高いの選ばないといけないのかなって思う。

なぜかは知らない。

使ったことないからわからないんだけど物がいいのかな。

でも美容師の方によれば、海外ブランド品より国内廉価品の方がいい物であることもあるらしい。

そういう商品は自慢するためステータスのためにあるらしいんだけど、

年をとるとか昇進するってそういうのに縛られるんだよね。

身だしなみでちょっと高いのが必要になるっていう。

スーツとかも。

とても極端だけど美魔女になる必要はないと思う。

化粧品買いたくねえ

おしゃれな女性ってなんでこんなバカ高いものをどんどん買えるの?

地方住みのOLなんて給料そんなにないはずなのに、その金どっから出てきてるの?

キラキラした見た目の女の子は実は全く貯金してなかったりするの?

化粧水乳液美容液下地ファンデーション、フィニッシングパウダー、アイブロウアイライナー、アイシャドウチーク、シェーディング、ハイライト

リップ下地口紅 これら全部「普通の」「年相応の」お店で買うと、5,000〜10,000円ぐらいするんだよ?

これに加えて、当たり前のように全身脱毛に通ったり

毎月服を買っているのを見ると、一体どうやってその出費をまかなっているのか不思議になる。

もう二十代後半だから私もこういうものを消費しないと「年相応」ではないんだろうけど、

マジで買いたくねえ‥

2017-08-04

出会い系攻略サイト管理人を名乗ってはや5年の月日が経った

元々、出会い系みたいなネットナンパ全般が得意だったのと、ホームページ運営に興味があったので初めてみた出会い攻略サイト

最初はちまちまと趣味範囲で、途中からはそれと実益を兼ねて更新を繰り返しつつ、気がつけば5年の月日が経っていた。

実際の話、出会い系出会える。

女子大生フリーターOLパート勤めの主婦バリエーションはなんでもござれだ。

ただ、出会うためにはいくつかコツがあって、そのコツを習得していたとしても結局は運の要素が60~70%ぐらいを占めてくる。

逆に言えば、そのコツを知らなければ99.99%を運だけで勝負しなければならず、出会えない出会えないと喚いている連中のほとんどが努力もせずに運任せの勝負を繰り返している奴らだ。

結局のところ、ネットだろうがリアルだろうが他者との競争に勝たねば望んだ獲物は手に入らない訳で、そこを勘違いした馬鹿自分のような存在アフィカスだの詐欺師だの何だのと罵ってくる。

ここまで書いて、何だか取り留めのない文章になってしまったと感じているが、とりあえず現時点で確かなことが一つだけある。

それは来週、また一人新しい女性と会う約束が決まっているということだ。

これだからナンパは止められない。

2017-08-01

巨乳スーツOLから軽蔑眼差しを頂いた訳だが

夏になると世のOLたちも薄着になるわけだが、オフィス街を歩けば5人に1人は巨乳にあたる。

根っからおっぱい星人である俺にとってはパラダイスのものだ。

ワイシャツの下には汚い肌、垂れた乳があるのは分かっている。

別にいいのだ。

別に脱がせて一発やるって話でもない。

飽くまで観賞用。着衣でたわわに実っていればそれでいいのだ。

それで興奮できるのだ。

我ながら好都合な性癖である

今日のお昼、いつものようにコンビニにお弁当を買いに行った訳だが、

すれ違いざまにスーツOL巨乳凝視していて、

ふとスーツOLの顔を見たとき、眉間にシワをよせて蔑んだ目で俺の方を見ていたのである

俺にとってはこれもご褒美なのであるが、

ひとつどうしても解せないことがある。

なぜブラにパットを何枚も入れてロケットおっぱいを作っておきながら、

そんな目でこっちを見るのだろうか。

明らかに見られたいがためにそのお乳を作っているのではないか

こちらはエチケットとして鑑賞してあげているのである

解せない、どうしても解せない・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん