「社会貢献」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社会貢献とは

2019-03-19

昭和の日本は善良で活気があり社会に中身があった

 東大などで研究された科学も相当なところまで行ったし当時は社会協力に

中身がありすぎてその成果はキチガイみたいに狂ったもの西洋科学者の

成果を越えるほどだった

 東京全体にも善良な活気があり、敗戦の焦土の何も無いところから都民が狂ったように

ここまで作り上げてきたもので、当時の商業発狂したように内容があり、平均余命も一気に75歳

に伸び、国民意気揚々で、社会貢献した権力者会社社長勇退して退職金をがっぽりもらい、

豪邸を構え、地域から尊敬されて余生を過ごすなどの内容もあった、お前みたいなくだらん女は、昭和では

世間から総すかんを食らって苛め抜かれ、あまり悪女鉄道自殺を図った時代でもあるし、昭和時代は俗悪な女は

一切否定され、昭和オヤジ叩き上げられて社会は善良で、みんな心が豊かで、興味のある人がたくさんいた

2019-03-18

anond:20190318220417

ん?だからストーリーちゃんと組み立てて。

年金が足りないので保護を受けようとしたら水際作戦で断られて、やけを起こしてワンカップを飲んでたら、保護費をガメてるヤクザを見つけて。

酔った勢いでブッ刺してしまい。牢屋に入ることになったが社会貢献とWINWINと。めでたしめでたし

こういう話なら多少わかるよ。。。。ってこと。IQ2?

2019-03-15

anond:20190315111101

海外ミスコン教養社会貢献活動との合わせ技になってきてるから、生まれつき以外の要素が不可欠だ

五輪ですら将来的にはそうなりかねない

まれつきの足の速さで得た100mのタイムに、フィギュア的な美しさの点を加算し、ほかにサッカーなど多様な種目にチャレンジしてきたかとか、母国の子ども達の貧困と戦ってきたか総合的に判定して金メダルが決まる

2019-03-13

anond:20190313190729

でも40歳無職おっさんが働いて社会貢献したいっていったら支援なんてどこ吹く風で全力で叩いてましたやん

anond:20190313130619

殴るとか書く増田品性を疑うという点はおいておいて、全体主義観点から見ても子どもをたくさん産むことは社会貢献では?そして2人目3人目を妊娠しなかった時のために休職保険かけさせとくのは会社がすべき支援では?それとも少子化日本で一時の人手を補うために一人っ子政策でもやるか?日本の将来の人手不足という観点が見えてなさ過ぎる。

2019-03-12

anond:20190312083254

まず、女性服装に関する法律はないので、服装自由です。

問題会社だけです。職場意見を取りまとめて、上司に直訴し、それでだめなら上司上司に直訴します。社会人なら当たり前。

こうやって他人のために戦うことが社会貢献で、それをやらないのはなぜなのか。

自己中もしくは保身の塊だから、ではないでしょうか。そこらの老害以上に保身の塊の女に誰が共感するものか。

2019-03-07

俺の闘争

大学院研究をしている。

大所帯の研究室だが、自分がやっているのはその中で小さなベンチャー企業みたいな感じ。

そのベンチャーみたいな構成員は、僅か6人。

先生ポスドク論文書いたり、書類会計で忙しいらしい。

実質的研究奴隷で手を動かしているのが4人。

だが、圧倒的に成果を出している研究室の中での、圧倒的に結果を出してる組織だ。

  

自分は、恐らく、研究でいい成果は出せないと思う。

というか、気力がホボ折れかけている。

研究室にたどり着く前に、人生辛いことがありすぎて、もはや余生みたいな感じで生きている。

ようやく人生勝負所にたどり着いたと思うけど、もう体力もやる気も人間性もホボ尽き欠けている。

研究に身が入らない。半分、研究とは関係ない趣味に走っている。

でも、趣味もないと研究だけだと多分、卒業までできずに狂ってしまうとも思うから、いいと思う。

  

アスペみたいな先輩が結構キツイんだけど、それでも毎回ディスカッションなどで成長できるから受け入れている。

先生や先輩方も、自分みたいな奴隷要員を使って、成果を出したいというスケベ心で自分を扱っているのはホボ確実だと思う。

何か言われても角が立たないように、へらへらして、「ありがとうございます、頑張ります」と言って、先輩方が気持ちよく研究に打ち込めるようにしている。先輩達が欲しそうな成果を出せるように頑張って、報告している。

  

自分研究成果は出せなくても、一応奴隷要因として働けば、先生や先輩達の論文として、社会貢献できるんではないかなーとは思っている。

アカデミックに残るつもりはサラサラ無いし、つまらない仕事田舎でやることで人生終わると思う(実家稼業をつぐため)。

  

でも、自分が生きた証拠は、多分この研究室で奉仕したことだと思う。

ここが自分人生ピークだと思う。

あとの学生生活時間キッチリ耐えきって、コンスタント奴隷やって終わりたい。

メッチャ地味だけど。これが俺の人生闘争だと思う。

個人的人間としての感覚でいえば、本当に嫌だし辛いし面倒くさい。でも、自分が触知できない、形而上の幸福がそこにあると思う。存在証明みたいな。

2019-03-02

働きたくはないけれど

働かざるを得ないのなら、せめて楽しく働きたい

楽しい働き方の定義って人それぞれだと思うんだけど、あなたの思う楽しい働き方を教えてください

俺は、知的好奇心が適度に満たされて、毎日さなイノベーションを感じられて、害にならない程度の体力知力の適度な消費があって、社会貢献度も適度に高い仕事、が良いなあ

適度を超えてしまうとその責任を重荷に感じてしまったり、楽しむ余裕が無くなってしまう。適度というのが大事

2019-03-01

anond:20190228131113

1.単純に良い遺伝子だと思うから

2.ここまで続いてきた血筋自分の代で途絶えさせたくないか

3.子孫以外で何世代も先まで残せるものは早々ないか

4.子どもを作るのは少なから社会貢献になると思うから

2019-02-28

会田誠事件へのはてブ民のコメントが酷すぎる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00009302-bengocom-soci

京都造形芸術大の公開講座精神的苦痛を受けたとして訴訟を起こした件へのブックマークコメントだが、

勉強不足」

シラバス読め」

当たり屋

など原告女性を批難するコメントばかり。

なんだこれ。地獄かよ。

そもそもこれ、大学の正課の授業ではなく、「公開講座」だぞ?

こういうコメントつけている奴らは、公開講座が何なのか分かってんのか?

公開講座は、あらゆる人の生涯学習を支えるために行われる大学社会貢献事業であり、

正課の授業とは全く性質が異なるんだよ。

専門分野に属した学生カリキュラムに従って体系的に学ぶものではなく、

お金さえ払えばド素人が単発で受けに来れるものであり、

本当に興味本位でフラッと申込して良い前提のものなんだよ。

実際に公開講座に行ったことがある人ならわかると思うが、

本当に60-70代のおじちゃんおばあちゃんばっかりだったりして、

逆に中学高校生も参加可能な講座もあったりして、

講座によって参加者層は極めて多様なわけだよ。

から、講座内容や講師がこれだからといって、

特定の年齢層や特定分野の前提知識を有する層を対象とすることは、

公開講座場合は全くあり得ないんだよ。

今回はあくま原告が偶然この分野を専門とする人だったというだけで、

公開講座趣旨を鑑みれば、年齢や学歴わず「学ぶ自由」を保障するための仕組みなんだから

勉強してこい』というコメントは全くの的外れなわけだ。

参加者層を限定していない以上、主催側たる大学が、きちんと事前に条件や詳細な内容を説明して

参加者募集をする責務がある。

そもそもシラバス読め」と言っている皆さんは、自分シラバス読んだんですか?

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/coursedtls/courseDetail/G1811318

 第3回:ヌードあれこれ話

ヌード、あるいは女性像を画題にした自作を中心に話します。たぶん芸術対立概念になりがちなポルノの話や、第二次性徴期の話、フェミニズムの話なども避けては通れないでしょうね。

会田誠×鈴木芳雄)

担当講師鈴木 芳雄 、 会田 誠 〕

会田 誠 (美術家

1965年新潟県まれ1991年東京藝術大学大学美術館研究科修了。絵画写真、立体、パフォーマンスインスタレーション小説漫画など表現領域国内外多岐に渡る。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナントフランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、14年)など。


この文章で、残忍で強烈な画像を見せつけられそうな雰囲気が、どこから汲み取れる???

本当に何も知らない人が読んだら、普通アーティストさんにしか見えない文章じゃんか。

これ読んだところで内容の想定は不可能だと思うし、公開講座の受講者がシラバス以上に深い知識

事前に自分で調べないと応募してはならない、なんて義務はどこにもないですよ。

ちなみに、シラバスを見ればわかる通り、受講条件も何も書いていない。

他の科目を見てみると、何らかの条件がある場合は「備考」に書いてあるケースも

あるので、決して書く欄が無かったわけではないことは明白である

(例)"なお、認定の条件は、18歳以上で、"

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/coursedtls/courseDetail/G1823304

さらに付け加えると、↓の上部に掲載されている受講規約を見れば、

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/matter/matter/

受講資格は、満 15歳以上の藝術学舎で学びたいという意志をもち、本受講

規約を遵守することに同意される方とします。学歴等の制約や選抜試験はあ

りません。

と書いてあり、シラバスで特段の条件指定が無ければ、15歳の中学生が受講する可能だってあるわけで、

そのような前提の講座にも関わらず、事前説明なく記事のような内容の授業が行われたとすれば、

大学側の配慮不足であったことは明らかでしょうよ。

何より、この原告女性は、会田誠芸術表現自体は否定してないじゃんか。

会田誠のような芸術表現が世の中に存在することは理解するとしたうえでも、

それを大学公開講座という学問プラットフォームにのせるのであれば、

その主催者が相応に運営上の配慮や工夫はしてよ、というお話でしょ?

そんなの当然じゃんか。それをやらないなら、大学は何のために存在してるんだ?

その道の経験者や実務家に好き勝手話をさせるだけなら、

大学という枠組みの上でやる必要なんて全く無いわけで。

学問のコーディネータとしての責務を果たせていたかを問われているわけでしょ?

にも関わらず、「会田誠くらい知ってて当然。知らなかったほうが悪い」という論調ブコメばかり。

さすが、はてブ民の皆様は上級国民が多いだけあって、さぞ教養が高いわけですね。

普段はあれほど「弱者の味方」みたいな顔をしているくせに、

こういうときはこぞって被害者側を攻撃する。

まさにセカンドレイプのものじゃねーか。

本当に酷い集団だよ、はてブは。

2019-02-27

anond:20190227235454

時給換算で考えてるのはどっちだよ

社会貢献と最終利益を考えたら少ないくらいだ

2019-02-25

なぜイケメンスポーツマン金持ちなど幸運を持って生まれてきた持ち主と同じだけ社会に貢献しなくてはならないのか

あっちは社会から賞賛されているものこちらは生まれてこの方親類以外から特別に扱われた覚えがない

連中はすでに存在社会貢献だから例えば仕事や会話をただするだけでも人のためになっているのだ それなら他人を信用できるし色々とやりたくもなるだろうよ

対してそういった優位性を持たない者はそもそも他人を信用できない その時点で割と悲劇だ 人生を損している上に社会貢献につながりにくい

このように優位性を持たない者は社会に不必要とさえ言えるのに、特に青酸カリが国から配布されるわけでもないのだからこの国は甘い

2019-02-04

anond:20190204105919

いいえ、必要なのは高度な人材です

現時点でもニート無職リストラされた人たちなどの就労困難者であふれかえってます

また、現時点では職には困ってはおらずとも、定年まで会社に居続けることが出来るかは未知数ですし、60歳以降の職については殆どの人は厳しいのが現状です

こんな中で平均年収にすら届いてはおらず、まともに教育が出来そうもない人の子どもは困った存在になる可能性が極めて高いです。単純な社会負担しかなく社会貢献もクソもないです

米国のようにガンガン優秀な頭脳世界各国から輸入すればいいだけです

国の為とか寝言の為に結婚出産も要りませんが

あなた幸せのために結婚出産必要ならば是非ともするべきです

そこに誰の許可もいりませんし、

貧しく人権が怪しい時代に重度障がいの子どもすらも立派に育てた親たちはたくさんいます

自分自身問題を国や社会問題すり替えるのはやめましょう

2019-01-31

anond:20190131070026

けっこう貰えるじゃん、と思ったら「年に」?

えぇ……月じゃなくて年なの……

それの平均余命分くらいを前倒しで貰う代わりに安楽死したい

人の手を借りるとその人が鬱になりそうなので機械淡々と処理してくれたらいい

財テクの1種とか社会貢献とか思いやりの気持ちとか未来への投資みたいな雰囲気のいい感じな呼称を付けて強制的でない程度に定着してほしい

2019-01-27

少子化ガーなんて寝言を言わず自分自身幸せになりたいと言いなさい

ニート無職リストラされた人たちなどの就労困難者が目に入りませんか?

また、現時点では職には困ってはおらずとも、定年まで会社に居続けることが出来るかは未知数ですし、60歳以降の職については殆どの人は厳しいのが現状です

こんな中でまともに教育が出来そうもない人の子どもは困った存在になる可能性が極めて高いです。単純な社会負担しかなく社会貢献もクソもないです

けども、少子化ガーではなく、

あなた幸福のために子ども必要ならば、あなた子どものためにすべてを捧げる覚悟があるならば、話は別です

そこに誰の許可も助けも要りません

また子を社会に求められる職に就ける義務もありません

親子幸せに暮らすといいと思います

現実逃避を続ける人たち と 頼んでもいないのに少子化ガーとか言って産みたがる人たち

anond:20190127224651 anond:20190127230315 anond:20190127230315 anond:20190127231502 anond:20190127235919 anond:20190129233745

2019-01-26

この国は終わりだな

社会貢献かいう建前のために75まで働けるのは一部のキチガイしかいない。

社会キチガイ最適化しようというのだから狂気の沙汰だな。

かろうじて家族のために働ける人も非婚化子なし化で絶滅したと聞く。

2019-01-23

anond:20190123084349

一応やめる体裁としてそれをつけてるけど、そんだけじゃないよねと思ってる

で、売上が芳しくないからやめるとしたらいちいち声明をあげない

ゆるやかになくなっていくだろう

急に各社横並びで声明をあげたことに疑問をいだいている

私企業社会貢献としても微妙で、またあからさまな炎上の種みたいな声明を出すのは

その後ろになにか隠れてる(書籍販売に変わる外部企業から提案された新業態計画とか、圧力とか)と見ていいのでは

2019-01-22

CCCのアレ

CCCの発表がさらに輪をかけてアレって騒がれてるけど

子供の頃から

「おまわりさんはせいぎのみかた」

警察に協力するのは市民義務

逮捕されるのは悪い人」

って価値観?風潮?で慣らされてると

警察に協力するのは社会貢献、って発想はそんなに突飛じゃないような。

普通に暮らしてる世の大多数の人は、推定無罪転び公妨も知らないだろうし。

2019-01-21

Tカードはもう使わないと決めた

Tカードはもう使わないと決めました。

理由はふたつ。

1.会員情報意図的かつ勝手流出させた

2.「1」を認めたうえでCCCは不誠実にも謝罪はなく、「社会貢献」という欺瞞でもって開き直った

事情をご存知ない人のために説明します。

知ったきっかけは以下の記事です。

Tカード情報令状なく捜査提供 規約明記せず、当局は保秘 | 2019/1/20 - 共同通信

https://this.kiji.is/459642838872769633?c=39550187727945729

>「T会員規約」に当局への情報提供を明記せず、当局情報を得たことを本人に知られないよう、保秘を徹底していた。

記事から一日が経ってCCCの発表

https://www.ccc.co.jp/news/2018/20180121_005470.html

2012年から勝手に会員情報提供していたということですが、規約提供されうる旨がないので提供ではなく「流出」です。

その辺りは、読む方々は理解しているところだと思いますので説明しませんが、

私がCCCの発表で一番憤ったのはこの部分です。

>このたびは、Tカード情報に関する一部報道により、みなさまに多大なるご心配をおかけし申し訳ございません。

ちゃん謝罪しているように見えますか?

「ご心配をおかけして」としか言わないところが、ごまかしていと思います

そう思う理由があります

私事ですが、大学生だったころ、教育実習経験したことがあります

ある体育教師が「何かトラブルが起きて保護者からクレームが来た時、最初に『ご迷惑』ではなく『ご心配をおかけしています』と言うんだ」と話してくれました。

その体育教師はこう続けました。

「『ご迷惑をかけた』というと、こちらに非があることを認めていることになる。学校管理下トラブルが起きてしまったが、最初こちらが悪いと認めると分が悪い。だから『ご心配』なんだ」

ずっと前の記憶なので一字一句は合っていなくても、概ねそういった内容でした。

裁判で争ったりする時は、保身のために逃げ口上を言い続けるのも法律上ひとつテクニックかもしれませんが、大人は歪んでいると感じました。

それから時を経て、CCCが「ご迷惑」と言わず「ご心配」をかけただけという立場を取っているのを見た私は、これが謝罪ではないと分かりました。

社会貢献の名の下に会員情報流出させていたわけですが、Tカード会員は貢献する対象の「社会」ではないと暗に言っているのです。

利用者への背信行為をして開き直る会社は利用しません。

2019-01-07

新年あけましておめでとう

死についてずっと考えてきたんだが最近どうでもよくなってきた。

さすがに31歳になるまで毎日怯え続けて来たら段々と恐怖にも飽きてきた。

 

体は全くの健康体。

だのに肉親や身内の死、ペットの死ですら恐ろしい。

日常生活でも毎日死の不安があったせいで何も身が入らない。

やる気になろうとすると「どうせ死ぬ」という考えが邪魔をする。

仕事仕事として割り切り、機械的に達成できる。

しか仕事以外の日常生活では何かをする理由が「どうせ死ぬ」にかき消される。

力強く心の壁に書いた志も、どうせ死ぬ消しゴム簡単に消されるような、そんな毎日を送ってきた。

 

この悩みが達が悪かったのは誰にも解決策がないってことだ。

生きる意味生命の尊さ、産まれてきた喜び、社会貢献ポジティブシンキング

結局のところ、それは「死という現実から目を逸らすための妄想

自分他人を酔わせるための口上にすぎない。

言っている本人は自分の嘘を信じ切っているため、その手の人間に打ち明けたとしても解決はしない。

そもそも死ぬことを回避する方法などないのだから

根本的な解決などできるわけもないのだ。

もし自分が心から尊敬する人間がこの世にあらわれるというのなら

自分を死から救ってくれる、開放してくれるような人間であるだろう。

 

しかし年も明ける頃になって

段々と自分死の恐怖を忘れだし、死の恐怖に対する興味というものが徐々に減りつつあることを実感している。

それは自分という生命体、可能性、ポテンシャルに対する期待の低下と伴っているようだ。

まり自分にはもう生きている価値もない、命を賭ける価値さえない、死んだところで何が変わるのか。

そういった考え方になっていく。

死の恐怖は依然として残っているものの、死から守り通すだけの価値がはたして今の自分にはあるのだろうか。

もはや成長は望めず、市場価値は低く、交友関係は少なく、愛している人もいない。

そういった自分果たしてから守るだけの価値があるのだろうか。

自分価値など誰が付けるのだろうか。それは正しいのだろうか。

今は心の壁に書いた志の消し残しがゴミのようにへばりついている。

それはこすっても消えそうにない。まるで肌のシミのようだ。

 

もう人生挽回などないおっさんになって死の恐怖から徐々に開放されつつあるものの、

依然として死という現実は何も変化は遂げていない。

今度は呼べない死の恐怖を忘れてしまうことへのボンヤリとした不安があり、

しかしこれも年月と共に薄く消えていってしまうのではないだろうか。

いつか訪れる決して避けられない死という現実を受け止めるための正しい姿勢とは、

やはりその事実から目を逸らさずに真正から認識自覚をもって受け止めるべきものではないのだろうか。

未来老いた体と脳でもそれができるのだろうか。

 

自分死ぬ瞬間まで死の恐怖を持ち続けることができるのだろうか。

2018-12-30

anond:20181230093005

子供騙しで釣れるのはバカ。すぐに飽きる。

知性が低い人は気が利かなくて、一緒にいても面白くない。時間無駄

自分を安売りしてる女としか付き合えない男はかわいそうだと思う。

産廃処理が好きなら任せるよ。ゴミの回収も立派な社会貢献になるだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん