「OB」を含む日記 RSS

はてなキーワード: OBとは

2020-05-27

今思えば子供の頃の評判を作っていたのって、自分の実力だけではないよな。

 そりゃ学校の成績がいいというのは前提としてあるけど、生まれた家自体の名声であったり、親のコミュニティでの噂話あったり、子供間での口コミだったり、小・中学校の元担任から中学高校の新担任へ送られた情報だったり。

 自分のことを知る人が全くいないという状況でスタートを切るということはこれまでの半生でそうあるわけでもない。新卒就職する時でも入社試験学歴くらいは知られているし、人によってはサークルの先輩やゼミ教授や親とかから就職先に何らかの口利きがされていることもあるだろう。けど最終学歴なんとか大学なんとか学部卒というのは、すごくいい大学出たんだとしても、そこまで大きな影響を後々及ぼすかどうかっていったら、そうでもないよな。大学OB上司とかなら別として。自分が良い大学卒だったら、大抵自分の入る会社社員は大抵自分と同等レベル大学卒業生だろう。

 男子なら学歴プラスにならないとしてもマイナスにも普通はならないだろう。よほど不釣り合いな会社に入っちゃったんじゃない限りは。

 だが女子だとなまじ学歴がよいことが足枷になることがままある訳で。というか、学歴が良い意味での自己紹介になってない可能性があるんだよな。

 そんなかんじで、自分のことを知っている人が誰もいない状態で、学歴さえもが自己紹介にならず、なのに学歴就職試験の点数がよかっただけで良い企業に入れてしまったとしたら。セルフプロデュースに失敗すれば何でお前ここにいるの?って、職場の誰も彼もから思われる人になってしまう……という可能性があるな……なんて思った。

2020-05-21

anond:20200521140118

字数制限(?)のため,続き。

44Gd44KM44Gv44GC44GP44G+44Gn5bmz5pmC44Gr44GK44GR44KL5bi46K2Y44Gn

44CB57eK5oCl5LqL5oWL44Gu5a++5b+c44Gr44G+44Gn44GT44KM44KS6KaB5rGC

44GZ44KL44GT44Go44Gv6YW344Gg44Go5oCd44GE44G+44GZ44CC44Gd44KM5pWF

44Gr44CB44GT44KM44KS6KOc44GG5b2i44Gn5Zu944GM5pS544KB44Gm5qSc5ZOB

44KS6KGM44Gj44Gm44GE44KL44Gu44Gn44GZ44GM44CB44GT44Gu6LK755So44Gr

5Zu96LK744KS5YWF44Gm44KL44Gu44Gv5ZWP6aGM44Gg44Go44Gu5oSP6KaL44GM

5a+E44Gb44KJ44KM44Gm44GE44KL44Gu44GM54++5Zyo44Gu54q25rOB44Gn44GZ

44CCCu+8nOOBquOBnOOAgemFjeW4g+OBjOmBheOCjOOBpuOBhOOCi+OBruOBi++8

ngoKNOaciOacq+OBvuOBp+OBqzHlhITmnprjga7luIPjg57jgrnjgq/jgpLnlJ/n

lKPjgZfjgablm73lhoXjgavmjIHjgaHovrzjgoDjgajjgYTjgYbjga7jga/jgIHl

hYPjgIXmpbXjgoHjgabljrPjgZfjgYTnm67mqJnjgafjgZfjgZ/jgYzjgIHnt4rm

gKXkuovmhYvjgajjgYTjgYbjgZPjgajjgaflkITnpL7lhajlipvjgaflj5bjgorn

tYTjgpPjgafjgYTjgZ/jgaDjgY3jgb7jgZfjgZ/jgILjgZfjgYvjgZfnj77lrp/j

gavjga/jgIHmgKXpgb3pm4bjgoHjgZ8x5LiH5Lq644Gr5Y+K44G257ir5a2Q44GV

44KT44Gu5pWZ6IKy44GL44KJ5aeL44G+44KK44CB5Lit5Zu95Zu95YaF44Gn44Gu

54mp5rWB44Gu6Zqc5a6z77yI5LyB5qWt5rS75YuV44Gu5Yi26ZmQ77yJ44CB5pu0

44Gr44Gv5Lit5Zu95pS/5bqc44Gr44KI44KL44Oe44K544Kv44Gu6Ly45Ye66KaP

5Yi244Gr44KI44Gj44Gm6YCa6Zai44Gn5q2i44KB44KJ44KM44KL44Gq44Gp5qyh

44CF44Gr5ZWP6aGM44GM55m655Sf44GX44G+44GX44Gf44CCCgrjgZfjgYvjgoLl

haXlm73liLbpmZDjgavjgojjgaPjgabjgIHjgZPjgozjgonjga7llY/poYzjgpLo

p6PmsbrjgZnjgovjgZ/jgoHjga7ogbflk6HjgpLkuK3lm73jgavmtL7pgaPjgZnj

govjgZPjgajjgYzjgafjgY3jgb7jgZvjgpPjgILlpKfkvb/ppKjjga7ljZTlipvj

goLlvpfjgarjgYzjgonjgarjgpPjgajjgYvpgJrplqLjgpLnqoHnoLTjgZfjgabj

goLjgIHml6XmnKzjgbjpgYvjgbboiKrnqbrmqZ/jga7norrkv53jgYzjgafjgY3j

garjgYTjgajjgYTjgaPjgZ/nirbms4HjgavjgoLopovoiJ7jgo/jgozjgb7jgZfj

gZ/jgILnlJ/nlKPjgIHnianmtYHjgIHpgJrplqLnrYnjgIXjgIHkuozph43kuInp

h43jga7pmpzlrrPjgpLkuZfjgorotorjgYjjgablm73lhoXjgavmjIHjgaHovrzj

goDkuK3jgafjgIHjgrnjgrHjgrjjg6Xjg7zjg6vjgYzlvozjgo3lgJLjgZfjgavj

garjgovnirbms4HjgYzntprjgYTjgabjgZfjgb7jgYTjgb7jgZfjgZ/jgIIKCuOB

k+OCjOOBq+WKoOOBiOOBpuOAgeS7iuiIrOOBruS4jeiJr+WTgeWVj+mhjOOBrueZ

uueUn+OBq+OCiOOBo+OBpuOAgeODoeODvOOCq+ODvOOBjOWFqOmHj+WbnuWPjuOB

ruS4iuWbveWGheaknOWTgeOCkuihjOOBhuOBqOOBqOOCguOBq+OAgeabtOOBq+S4

h+WFqOOCkuacn+OBmeOBn+OCgeOBq+WbveOBq+OCiOOCi+aknOWTgeOCguihjOOB

o+OBpuOBhOOCi+OBn+OCgeOBq+OAgemFjeW4g+OCueOCseOCuOODpeODvOODq+OB

q+OBl+OCj+WvhOOBm+OBjOeUn+OBmOOCi+e1kOaenOOBqOOBquOBo+OBpuOBhOOB

vuOBmeOAggrvvJzmnIDlvozjgavvvJ4KCuePvuWcqOOCguOAgemWouS/guiAheOB

ruWwi+W4uOOBquOCieOBluOCi+WKquWKm+OBq+OCiOOBo+OBpuW4g+ODnuOCueOC

r+OBrueUn+eUo+ODu+iqv+mBlOOBjOe2muOBhOOBpuOBhOOBvuOBmeOAguWbveaw

keOBruODnuOCueOCr+S4jeWuieOCkuino+a2iOOBmeOCi+OBn+OCgeOBruW4g+OD

nuOCueOCr+OBrueUn+eUo+ODu+iqv+mBlOOBp+OBl+OBn+OBjOOAgeeKtuazgeOB

jOiQveOBoeedgOOBj+OBq+OBpOOCjOOBpuOAgeOAjOmHj+OAgeOCueODlOODvOOD

ieOAgeWTgeizquOAjeWFqOOBpuOBq+WujOeSp+OBjOaxguOCgeOCieOCjOOCi+OC

iOOBhuOBq+OBquOCiuOBvuOBl+OBn+OAguOBvuOBoOWFqOS9k+OBruOCquODmuOD

rOODvOOCt+ODp+ODs+OBjOe1guS6huOBl+OBpuOBhOOBvuOBm+OCk+OBjOOAgeOB

k+OBhuOBl+OBn+S4gOmAo+OBruS9nOalreOBrue1kOaenOOAgeS6i+alreiAheOB

q+OBqOOBo+OBpuOBr+Wkp+OBjeOBquaMgeOBoeWHuuOBl+OBq+OBquOCi+OBk+OB

qOOCkuaHuOW/teOBl+OBpuOBhOOBvuOBmeOAguiIiOWSjOOBp+OBr+S7iuOCguiB

t+WToeOCkue3j+WLleWToeOBl+OBpuW4g+ODnuOCueOCr+OBruaknOWTgeS9nOal

reOCkuihjOOBo+OBpuOBhOOBvuOBmeOAggoK44G+44Gf44CB54++54q244Gn44Gv

5LiN6Imv5ZOB44KE5Zu944Gr44KI44KL5qSc5ZOB6LK755So44Gw44GL44KK44Gr

6K2w6KuW44GM6ZuG5Lit44GX44CB44GT44GG44GX44Gf5biD44Oe44K544Kv44Gu

5Y+W44KK57WE44G/6Ieq5L2T44GM5YWo44Gm5aSx5pWX44Gn44GC44Gj44Gf44GL

44Gu44KI44GG44Gq6K2w6KuW44GM44Gq44GV44KM44Gm44GE44KL44Gu44Gv6Kqg

44Gr5q6L5b+144Gq44GT44Go44Gn44GZ44CC54m544Gr44CB5pel5pys44Gu5Y2x

5qmf55qE44Gq54q25rOB44KS5pWR44GG44Gf44KB44Gr5Y2U5Yqb44GX44Gm44GP

44KM44Gf5LqL5qWt6ICF44GM44CB57WQ5p6c55qE44Gr56S+5Lya55qE5om56Zuj

44KS5Y+X44GR44KL44GT44Go44GM44GC44Gj44Gm44Gv44Gq44KJ44Gq44GE44Go

5oSf44GY44Gm44GE44G+44GZ44CC44G+44Gf44CB5pel5pys44Gu44Gf44KB44Gr

5LuK44KC5pi85aSc44Gr5LqY44Gj44Gm5biD44Oe44K544Kv44KS6KO96YCg44GX

44Gm44GP44Gg44GV44Gj44Gm44GE44KL77yR5LiH5Lq644KS6LaK44GI44KL5rW3

5aSW44Gu57ir5a2Q44GV44KT6YGU44Gu44Gf44KB44Gr44KC44CB5piv6Z2e5LqL

5a6f44KS55+l44Gj44Gm44GE44Gf44Gg44GN44Gf44GE44Go5oCd44GE44CB562G

44KS5Z+344KK44G+44GX44Gf44CCCgrjgoLjgaHjgo3jgpPjgIHjgaDjgYvjgonj

gajjgYTjgaPjgabkuI3oia/lk4HjgYzoqLHjgZXjgozjgovjgo/jgZHjgafjga/j

gYLjgorjgb7jgZvjgpPjgILnj77lnKjmpJzlk4Hjgavjga/kuIflhajjgpLmnJ/j

gZfjgabjgYTjgb7jgZnjgYzjgIHkuIfjgYzkuIDkuI3oia/lk4HjgYzlsYrjgYTj

gZ/pmpvjgavjga/pgJ/jgoTjgYvjgavkuqTmj5vjgZXjgZvjgabjgYTjgZ/jgaDj

gY3jgb7jgZnjga7jgafjgZTljZTlipvjgpLjgYrpoZjjgYTjgZfjgb7jgZnjgILj

gZ3jga7kuIrjgafjgIHkuI3oia/lk4Hjga7nirbms4Hjga/jgY3jgaHjgpPjgajn

orroqo3jg7voqZXkvqHjgZfjgIHku4rlvozjga7lj43nnIHmnZDmlpnjgavjgZfj

gabjgb7jgYTjgorjgb7jgZnjgIIKCuOBquOBiuOAgeOBvuOBoOS4gOmDqOOBruaW

ueOAheOBq+OBl+OBi+WxiuOBhOOBpuOBhOOBquOBhOW4g+ODnuOCueOCr+OBp+OB

meOBjOOAgeWun+mam+OBq+aJi+OBq+OBleOCjOOBn+aWueOBi+OCieOBr+iJr+OB

hOipleWIpOOCguOBhOOBn+OBoOOBhOOBpuOBiuOCiuOBvuOBmeOAguaWsOWei+OC

s+ODreODiuOCpuOCpOODq+OCueOBuOOBruWvvuW/nOOBr+mVt+S4geWgtOOBq+OB

quOCi+WPr+iDveaAp+OBjOmrmOOBhOOBqOiogOOCj+OCjOOBpuOBhOOBvuOBmeOA

guaYr+mdnuOAgeWkmuOBj+OBruaWueOAheOBruWKquWKm+OBq+OCiOOBo+OBpuWx

iuOBkeOCieOCjOOCi+W4g+ODnuOCueOCr+OCkuOBlOa0u+eUqOOBhOOBn+OBoOOB

jeOAgeOBk+OBrueBveemjeOCkuS5l+OCiui2iuOBiOOBpuOBhOOBn+OBoOOBjeOB

n+OBhOOBqOaAneOBhOOBvuOBmeOAguOCiOOCjeOBl+OBj+OBiumhmOOBhOiHtOOB

l+OBvuOBmeOAgu+8iOS7pOWSjDLlubQ15pyIMTjml6XvvIk=

Vm9sLjEwNiDmlL/lupzjgavjgojjgovluIPjg57jgrnjgq/jga7nlJ/nlKPjg7vo qr/pgZTjgavjgaTjgYTjgabjgIHnmobmp5jjga7nlpHllY/jgavjgYrnrZTjgYjj gZfjgb7jgZk=

57WM5riI55Sj5qWt55yB44CA5pS/562W57Wx5ous6Kq/5pW05a6YCuaxn+W0jiDn

po7oi7EKCjIwMjDlubQ15pyIMjHml6XjgIBNUklDIGJ5IOWMu+eZguOCrOODkOOD

iuODs+OCueWtpuS8muOAgOeZuuihjOOAgOOAgGh0dHA6Ly9tZWRnLmpwCuaWsOWe

i+OCs+ODreODiuOCpuOCpOODq+OCueOBuOOBruWvvuW/nOOBruOBquOBi+OBp+OA

geOBneOBruWNseapn+OBruOCt+ODs+ODnOODq+OBruOCiOOBhuOBq+aJseOCj+OC

jOOBpuOBjeOBn+ODnuOCueOCr+OAguOBk+OBk+OBq+adpeOBpuS7ruioreW6l+iI

l+OChOmjsumjn+W6l+OBquOBqeOBp+OCgjUw5p6a5YWl44KK44GM5LiA566xMjAw

MOWGhuWJjeW+jOOBp+iyqeWjsuOBleOCjOOCi+OCiOOBhuOBq+OBquOCiuOAgeOB

suOBqOmgg+OBruOCiOOBhuOBquODnuOCueOCr+S4jei2s+OBrueKtuazgeOBr+aU

ueWWhOOBl+OBpOOBpOOBguOCiuOBvuOBmeOAggrjgZ3jgYbjgZfjgZ/kuK3jgafj

gIHmlL/lupzjgYzlrp/mlr3jgZfjgabjgYTjgovkuIDkuJbluK8y5p6a44Gu5biD

44Oe44K544Kv44Gu6YWN5biD44Gr44Gk44GE44Gm44CB44GT44KM44KS55aR5ZWP

6KaW44GZ44KL5oSP6KaL44GM5aKX44GI44Gm44GE44G+44GZ44CC6YWN5biD44GV

44KM44Gf44Oe44K544Kv44Gr6auq44Gu5q+b44KE57O444GP44Ga44GM5YWl44Gj

44Gm44GE44Gf44KK44CB44Kr44OT44Go5oCd44KP44KM44KL5aSJ6Imy44GX44Gf

44Oe44K544Kv44GM44GC44Gj44Gf44Go44Gu5aCx6YGT44KS6ICz44Gr44GV44KM

44Gf5pa544KC44GE44KJ44Gj44GX44KD44KL44Gn44GX44KH44GG44CC5ZWP6aGM

44Gu44GC44KL44Oe44K544Kv44Gv6YCf44KE44GL44Gr5Lqk5o+b44GZ44KL5a++

5b+c44KS6KGM44Gj44Gm44GE44KL44Go44GT44KN44Gn44GZ44GM44CB5a6f6Zqb

44Gr5omL44Gr44GV44KM44Gf5pa544Gr5LiN5a6J44Go5LiN5L+h5oSf44KS5LiO

44GI44Gm44GX44G+44GE44G+44GX44Gf44GT44Go44Gv44CB5b+D44GL44KJ44GK

6Kmr44Gz55Sz44GX5LiK44GS44Gf44GE44Go5oCd44GE44G+44GZ44CCCgrluIPj

g57jgrnjgq/jgpLlt6HjgovkuIDpgKPjga7lr77lv5zjgbjjga7mibnliKTjga/j

gIHmlL/lupzjgajjgZfjgabjgZPjgozjgpLnnJ/mka/jgavlj5fjgZHmraLjgoHj

govjga7jga/lvZPnhLbjgafjgZnjgILjgZfjgYvjgZfjgarjgYzjgonjgIHlrp/p

mpvjgavjg57jgrnjgq/jgpLoo73pgKDjgZfjgZ/kuovmpa3ogIXjgavjgoLljrPj

gZfjgYTmibnliKTjga7nm67jgYzlkJHjgZHjgonjgozjgabjgYTjgovjgZPjgajj

ga/jgIHjgZPjga7kvZzmpa3jgpLjgYrpoZjjgYTjgZfjgZ/nq4vloLTjgavjgYLj

govogIXjgajjgZfjgaboqqDjgavnlLPjgZfoqLPjgarjgY/mgJ3jgaPjgabjgYrj

gorjgb7jgZnjgILku4rlvozluILloLTjgavlh7rlm57jgovjg57jgrnjgq/jga7k

vpvntabph4/jgYzlopfjgYjjgIHjg57jgrnjgq/kuI3otrPjgavlr77jgZnjgovl

jbHmqZ/mhJ/jgYzoloTjgozjgovjgavjgaTjgozjgabjgIHku4roiKzjga7luIPj

g57jgrnjgq/jga7nlJ/nlKPjgavmkLrjgo/jgaPjgZ/kuovmpa3ogIXjgavlr77j

gZfjgabjgYTjgaPjgZ3jgYbljrPjgZfjgYTnm67jgYzlkJHjgZHjgonjgozjgovl

j6/og73mgKfjgYzjgYLjgorjgb7jgZnjgILnt4rmgKXmmYLjga7lr77lv5zjgYzl

ubPmmYLjga7ln7rmupbjgavjgojjgaPjgaboqZXkvqHjgZXjgozjgovjgZPjgajj

ga/lvoDjgIXjgavjgZfjgabjgYLjgorlvpfjgovjgZPjgajjgafjgZnjgYzjgIHm

h7jlv7XjgZnjgbnjgY3jga/jgIHjgZ3jgYbjgZfjgZ/oqZXkvqHjgYzluoPjgYzj

govjgZPjgajjgavjgojjgaPjgabjgIHku4rlvozjgIHlm73jga7nt4rmgKXkuovm

hYvjgavljZTlipvjgZfjgojjgYbjgajjgZnjgovkvIHmpa3jgYznj77jgozjgarj

gY/jgarjgaPjgabjgZfjgb7jgYbjgZPjgajjgafjgZnjgIIKCuWFiOaXpeOBruWb

veS8muWvqeitsOOBruS4reOBp+OBr+OAgeOAjOaUv+W6nOOBjOmFjeOCi+W4g+OD

nuOCueOCr+OBr+OBneOBruWkp+WNiuOBjOS4jeiJr+WTgeOBp+OBguOCiuWFqOOB

puW7g+ajhOOBmeOBueOBjeOAjeOBqOOBhOOBo+OBn+i2o+aXqOOBruitsOirluOB

jOWxlemWi+OBleOCjOOBn+OBn+OCgeOAgeOBneOBrue1jOe3r+OCkueQhuino+OB

l+OBpuOBhOOBn+OBoOOBj+OBn+OCgeOBq+OAgeizqueWkeOBq+WJsuOCiui+vOOC

gOW9ouOBp+etlOW8geOCkuOBleOBm+OBpuOBhOOBn+OBoOOBjeOBvuOBl+OBn+OA

guOBl+OBi+OBl+OAgeengeOBruetlOW8geOBr+mAmuWRiuOBleOCjOOBn+izquWV

j+OBq+etlOOBiOOCi+OCguOBruOBp+OBr+OBquOBi+OBo+OBn+OBn+OCgeOBq+OA

geaAkuWPt+OBqOWPseiyrOOBruS4reOBp+WNgeWIhuOBq+OBiuS8neOBiOOBmeOC

i+OBk+OBqOOBjOOBp+OBjeOBvuOBm+OCk+OBp+OBl+OBn+OAguOBneOBk+OBp+OB

k+OBruWgtOOCkuOBiuWAn+OCiuOBl+OBpuOAgeWkmuOBj+OBruaWueOBrueWkeWV

j+OBq+OBiuetlOOBiOOBmeOCi+W9ouOBp+OAgeOBneOBruiDjOaZr+OBqOe1jOe3

r+OBq+OBpOOBhOOBpuabuOOBjeiomOOBl+OBpuOBiuOBjeOBn+OBhOOBqOaAneOB

hOOBvuOBmeOAggrvvJzjgarjgZzjgIHluIPjg57jgrnjgq/jgaDjgaPjgZ/jga7j

gYvvvJ4KCuWGjeWIqeeUqOOCkuWJjeaPkOOBqOOBl+OBn+mVt+acn+mWk+S9v+eU

qOWPr+iDveOBquW4g+ijveODnuOCueOCr+OCkuWkp+mHj+OBq+eUn+eUo+ODu+iq

v+mBlOOBmeOCi+OBk+OBqOOBq+OCiOOBo+OBpumcgOe1puOCruODo+ODg+ODl+OC

kuWfi+OCgeOAgeS9v+OBhOaNqOOBpuODnuOCueOCr+OCkuWMu+eZgumWouS/guiA

heetieOBq+WEquWFiOeahOOBq+WbnuOBm+OCi+eSsOWig+OCkuaVtOOBiOOCiOOB

huOBqOOBl+OBn+OBruOBjOOAgeW4g+ODnuOCueOCr+OBq+WPluOCiue1hOOCk+OB

oOacgOWkp+OBrueQhueUseOBp+OBmeOAggoK5pys5bm0MeaciOmgg+OBi+OCieOA

geOBneOCjOOBvuOBp+WbveWGheS+m+e1puOBrjjlibLnqIvluqbjgpLljaDjgoHj

gabjgYTjgZ/kuK3lm73jgYvjgonjga7jg57jgrnjgq/jga7ovLjlhaXjgYzpgJTn

tbbjgYjjgIHjg57jgrnjgq/jga7lk4HoloTnirbmhYvjgYzlp4vjgb7jgorjgb7j

gZfjgZ/jgILjgZPjga7jgZ/jgoEy5pyI44Gr44Gv44Oe44K544Kv44KS5rGC44KB

44Gm5pep5pyd44GL44KJ5bqX6IiX44Gu5YmN44Gr6KGM5YiX44GM44Gn44GN44KL

54q25rOB44Go44Gq44KK44CB5Zu95Lya562J44Gn44KC44Oe44K544Kv44Gu5L6b

57Wm44KS5aKX44KE44Gb44Go44Gu5oyH5pGY44GM55u45qyh44GO44G+44GX44Gf

44CCMuaciOS4i+aXrOOBq+OBr+OAgeODnuOCueOCr+OBruiyt+OBhOWNoOOCgemY

suatouOBruOBn+OCgeOBq+ODjeODg+ODiOOCquODvOOCr+OCt+ODp+ODs+OBruiH

queym+OCkuaxguOCgeOCi+OBqOWFseOBq+OAgeWbveWGheeUn+eUo+ioreWCmeOB

ruWil+W8t+OCkuWQq+OCgeOBn+S+m+e1pumHj+aLoeWkp+OBq+WPluOCiue1hOOB

v+OBvuOBl+OBn+OAggrjgZfjgYvjgZfjgarjgYzjgonjgIHlvZPmmYLjga7lm73l

hoXjgavjgYrjgZHjgovjg57jgrnjgq/jga7kvpvntabog73lipvjga/mnIjnlKM0

5YSE5p6a56iL5bqm44Gn44GC44KK44CB44Gd44Gu5q6G44Gp44GM5LiN57mU5biD

44KS55So44GE44Gf5L2/44GE5o2o44Gm44K/44Kk44OX44Gn44GX44Gf44CC5Zu9

5YaF55Sf55Sj5Yqb5aKX5by344Gu44Gf44KB44Gu6KOc5Yqp6YeR44Gr5b+c5Yuf

44GX44Gf5LyB5qWt44KC5YWo44Gm5LiN57mU5biD44KS55So44GE44Gf5L2/44GE

5o2o44Gm44Oe44K544Kv55So44Gu6Kit5YKZ5oqV6LOH44Gn44GX44Gf44CC44GT

44Gu6aCD44CB5oSf5p+T55eH44Gu5bCC6ZaA5a6244Gq44Gp44GL44KJ44Gv44CB

5L2/44GE5o2o44Gm44Oe44K544Kv44Gu5YaN5Yip55So44KS6KGM44GG44G544GN

44Gn44Gq44GE5peo44Gu6KaL6Kej44GM5Ye644GV44KM44Gm44GK44KK44CB6ZyA

57Wm44Ku44Oj44OD44OX44Gv5ouh5aSn44Gu5LiA6YCU44KS6L6/44KL44GK44Gd

44KM44GM55Sf44GY44Gm44GE44G+44GX44Gf44CCCgrjgZPjga7jgZ/jgoHjgIHj

g4/jg7Pjgqvjg4HjgoTjgq3jg4Pjg4Hjg7Pjg5rjg7zjg5Hjg7zjgavjgojjgovm

iYvkvZzjgorjg57jgrnjgq/jgarjganjgIHkvb/jgYTmjajjgabjg57jgrnjgq/k

u6XlpJbjga7lr77lv5zjgpLogIPjgYjjgovkuK3jgafjgIHmlL/lupzjgajjgZfj

gabjgZ/jganjgornnYDjgYTjgZ/ntZDoq5bjgYzjgIHjgqzjg7zjgrzjg57jgrnj

gq/jgafjgZfjgZ/jgILjgYvjgaTjgablsI/lrabmoKHjgarjganjgafntabpo5/l

vZPnlarjga7pmpvjgavkvb/jgaPjgabjgYTjgZ/jgqzjg7zjgrzjg57jgrnjgq/j

ga/jgIHmtJfmv6/jgZfjgabkvZXluqbjgoLliKnnlKjjgZXjgozjgabjgYTjgb7j

gZfjgZ/jgILjgZ3jgZPjgafjgIzlgaXluLjogIXjgavjgojjgovpo5vmsqvmhJ/m

n5Pjgavlr77jgZnjgovkuojpmLLjgajjgZfjgabjga/jgIHmiYvjgZnjgorjgoTj

g4njgqLjg47jg5bjgarjganjgavop6bjgozjgZ/miYvjgafoh6rjgonjga7pvLvj

goTlj6Pjgavop6bjgozjgarjgYTjgZPjgajjgYzph43opoHjgajjga7oprPngrnj

gYvjgonjgIHluIPjg57jgrnjgq/jgavjgojjgaPjgabjgoLmnInlirnjgarlr77l

v5zjga/lj6/og73jgafjgYLjgovjgI3jgajljLvnmYLplqLkv4LogIXjgavnorro

qo3jgZfjgIHluIPjg57jgrnjgq/jga7nlJ/nlKPjg7voqr/pgZTjg5fjg63jgrjj

gqfjgq/jg4jjga/jgrnjgr/jg7zjg4jjgZfjgb7jgZfjgZ/jgIIK77yc5biD44Oe

44K544Kv44Gv5L2V5pmC44G+44Gn44Gr44Gp44KM44GP44KJ44GE44Gu6YeP44KS

6Kq/6YGU44GX44KI44GG44Go44GX44Gf44Gu44GL77yeCgrjgIzjg57jgrnjgq/j

gYzmiYvjgavlhaXjgonjgarjgYTjgZPjgajjgavlr77jgZnjgovlm73msJHjga7k

uI3lronjgpLou73muJvjgZnjgovjgZ/jgoHjgavjga/jgIHnubDjgorov5TjgZfk

vb/nlKjjgafjgY3jgovluIPjg57jgrnjgq/jgpLmnaXmnIjvvIg05pyI77yJ5pyr

44G+44Gn44Gr44Gq44KT44Go44GLMeWEhOaemuimj+aooeOBp+iqv+mBlOOBp+OB

jeOBquOBhOOBi+OAjeOBqOOBhOOBhuOBruOBjOW9k+aZguOBruiqjeitmOOBp+OB

l+OBn+OAguengeiHqui6q+OBjOOBk+OBruW4g+ODnuOCueOCr+eUn+eUo+ODu+iq

v+mBlOODl+ODreOCuOOCp+OCr+ODiOOBq+WPgueUu+OBl+OAgeS6i+alreiAheOB

qOOBruiqv+aVtOOBq+aQuuOCj+OBo+OBn+OBruOBr+OBvuOBleOBq+OBk+OBrumg

g+OBp+OBmeOAggoK5pys5bm0M+aciOOBq+OBr+OAgeODieODqeODg+OCr+OCueOD

iOOCouOChOOCueODvOODkeODvOOBruW6l+mgreOBi+OCieODnuOCueOCr+OBjOa2

iOOBiOOAgeS4gOaXpeS4reODnuOCueOCr+OBq+mWouOBmeOCi+WgsemBk+OBjOa1

geOCjOOAgeWbveS8muOBp+OCguODnuOCueOCr+OBruS+m+e1puS4jei2s+OBq+Wv

vuOBmeOCi+aUv+W6nOOBruWvvuW/nOOCkumdnumbo+OBmeOCi+izquWVj+OBjOe2

muOBjeOAgeODnuOCueOCr+S+m+e1puOBruOBn+OCgeOBq+OBguOCieOChuOCi+aJ

i+OCkuWwveOBj+OBm+OBqOiyrOOCgeeri+OBpuOCieOCjOOCi+eKtuazgeOBp+OB

l+OBn+OAguWFqOWbveawkeOBjOS4gOaWieOBq+ODnuOCueOCr+OCkuiyt+OBhOax

guOCgeOCi+OBqOOBhOOBhuOBk+OCjOOBvuOBp+OBq+e1jOmok+OBl+OBn+OBk+OB

qOOBruOBquOBhOeIhueZuueahOOBqumcgOimgeWil+OBruS4gOaWueOAgeS4reWb

veOBi+OCieOBrui8uOWFpeOBjOWFqOOBj+imi+mAmuOBm+OBquOBhOOBquOBi+OB

p+OAgTHlhITmnprjgajjgYTjgYbopo/mqKHjga7nm67mqJnjgYzlvaLmiJDjgZXj

gozjgabjgYTjgY3jgb7jgZfjgZ/jgIIK77yc44Gq44Gc44CB5pel5pys6KO944Gu

44Oe44K544Kv44KS6Kq/6YGU44GX44Gq44GL44Gj44Gf44Gu44GL77yeCgrjgZ3j

goLjgZ3jgoLjg57jgrnjgq/jga7mnZDmlpnjgajjgarjgovjgqzjg7zjgrzjga/k

uK3lm73jgafjgZfjgYvnlJ/nlKPjgZfjgabjgYrjgonjgZrjgIHjgqzjg7zjgrzj

ga7lm73lhoXlnKjluqvjgoLmrobjganlrZjlnKjjgZfjgarjgYTnirbms4Hjgafj

gZfjgZ/jgIIKCuOBk+OBruOBn+OCgeOAgeWbveWGheOBp+S+m+e1puOBp+OBjeOC

i+W4g+ODnuOCueOCr+OBr+OAgeOBm+OBhOOBnOOBhDHkuIfmnprjgYvjgonlpJrj

gY/jgabjgoIxMOS4h+aemuOBruODrOODmeODq+OBp+OAgeOBiuOCiOOBnTHlhITm

nprjgajjgYTjgaPjgZ/opo/mqKHjgavjga/lsYrjgYvjgarjgYTnirbms4Hjgafj

gZfjgZ/jgILku67jgavjgarjgpPjgajjgYvlm73lhoXjgavmnZDmlpnjgajjgarj

govjgqzjg7zjgrzjgpLmjIHjgaHovrzjgpPjgafjgoLjgIHluIPoo73jg57jgrnj

gq/jgpLnuKvoo73jgZnjgovoqK3lgpnvvIjjg5/jgrfjg7PvvInjgoTkurrlk6Hj

gpLmj4PjgYjjgovjgZPjgajjgoLlm7Dpm6Pjgarnirbms4HjgafjgZfjgZ/jgILn

j77lnKjjgafjgoLjgIHjgIzluIPoo73jg57jgrnjgq/jgpLkvZzjgovjgarjgonm

l6XmnKzjgafnlJ/nlKPjgZnjgbnjgY3jgaDjgI3jgajjga7mhI/opovjgoLlpJrj

gYTjga7jgafjgZnjgYzjgIHlm73lhoXjga7nlJ/nlKPoqK3lgpnjga7mrobjganj

gYzkuI3nuZTluIPjgpLnlKjjgYTjgZ/kvb/jgYTmjajjgabjg57jgrnjgq/nlKjj

ga7mqZ/morDoo4Xnva7jgafjgZnjgIIK77yc44Gq44Gc44CB44CM6IiI5ZKM44CN

44KS5aeL44KB44Go44GZ44KL54m55a6a44Gu5LyB5qWt44Go44Gg44GR5aWR57SE

44GX44Gf44Gu44GL77yeCgrku4rlubQz5pyI5pmC54K544Gn44CB5rW35aSW44Gn

MeWEhOaemuimj+aooeOBruODnuOCueOCr+eUqOOCrOODvOOCvOOCkuiqv+mBlOOB

meOCi+ODjeODg+ODiOODr+ODvOOCr+OCkuacieOBl+OAgeW4g+ijveODnuOCueOC

r+OCkuadkOaWmeOBruiqv+mBlOOBi+OCieijgeaWreOAgee4q+ijveOAgeaknOWT

geOAgeiii+ipsOOCgeOBvuOBp+OCkuS4gOiyq+OBl+OBpuihjOOBiOOCi+S8geal

reOBr+OAgeiIiOWSjOOBl+OBi+OBguOCiuOBvuOBm+OCk+OBp+OBl+OBn+OAggoK

44Gf44Gg44CB6IiI5ZKM5Y2Y54us44Gn44GvMeWEhOaemuimj+aooeOBrueUn+eU

o+OBr+WbsOmbo+OBp+OBguOBo+OBn+OBn+OCgeOAgeS4reWbveOBp+e4q+ijvemW

ouS/guOBrualreWLmee1jOmok+OBruOBguOBo+OBn+S8iuiXpOW/oOOBqOODnuOD

hOOCquOCq+OCs+ODvOODneODrOOCt+ODp+ODs+OBruWNlOWKm+OCkuW+l+OBpueU

n+eUo+S9k+WItuOCkuani+evieOBl+OBn+OCguOBruOBp+OBmeOAggrlvZPliJ3j

gIHjgZPjgozjgokz56S+44GL44KJ44Gv44CBNOaciOacq+OBvuOBp+OBqzHlhITm

nprjga7nlJ/nlKPjgarjganliLDlupXnhKHnkIbjgaDjgajoqIDjgo/jgozjgb7j

gZfjgZ/jgYzjgIHml6XmnKzjga7nqq7nirbjgpLmlZHjgYbjgZ/jgoHjgavjgYLj

gonjgobjgovmiYvjgpLlsL3jgY/jgZfjgabnm67mqJnjgpLpgZTmiJDjgZfjgabm

rLLjgZfjgYTjgajjgYrpoZjjgYTjgZfjgb7jgZfjgZ/jgILntZDmnpzjgIHjg5nj

grnjg4jjgrfjg4rjg6rjgqrjgafntIQ55Y2DNueZvuS4h+aemuOBvuOBp+epjeOB

v+S4iuOBkuOAgTHlhITmnpropo/mqKHjga7nm67mqJnpgZTmiJDjga7lj6/og73m

gKfjgYLjgorjgajjgZfjgabjgIHnm7TjgaHjgavmnZDmlpnjga7norrkv53jgIHo

o73pgKDjg6njgqTjg7Pjga7nq4vjgaHkuIrjgZLjgpLjgrnjgr/jg7zjg4jjgZfj

gabjgYTjgZ/jgaDjgY3jgb7jgZfjgZ/jgIIK77yc5a6f6Zqb44Gu44Oe44K544Kv

55Sf55Sj5L2T5Yi244Gv44Gp44GG44Gq44Gj44Gm44GE44KL44Gu44GL77yeCgo0

5pyI5pyr44G+44Gn44GrMeWEhOaemuimj+aooeOBrueUn+eUo+OCkuihjOOBhuOB

n+OCgeOBq+OAgeiIiOWSjOOBoOOBkeOBp+OCguS4reWbveOBq+OBiuOBhOOBpue0

hDIw44Kr5omA44Gu57ir6KO95bel5aC044Go57SEMeS4h+S6uuOBrue4q+OBhOWt

kOOBqOaknOafu+imgeWToeOCkueiuuS/neOBl+OBpuOBhOOBvuOBmeOAggoK44GT

44KM44Gr44Gv44CB6IiI5ZKM44GM5Lit5Zu944Gr5pyJ44GZ44KL5qeY44CF44Gq

44ON44OD44OI44Ov44O844Kv44KS6aeG5L2/44GX44Gm44CB5bCL5bi444Gn44Gq

44GE44K544OU44O844OJ44Gn44GT44Gu5L2T5Yi244KS5pW044GI44Gf44Go6IGe

44GE44Gm44GE44G+44GZ44CC5LyK6Jek5b+g44KE44Oe44OE44Kq44Kr44Kz44O8

44Od44Os44O844K344On44Oz44KC54us6Ieq44Gu44ON44OD44OI44Ov44O844Kv

44Gn5p2x5Y2X44Ki44K444Ki44Gu5Zu944CF44Gr57ir6KO95bel5aC044Go5Lq6

5ZOh44KS56K65L+d44GX44CB55Sf55Sj44KS6KGM44Gj44Gm44GE44G+44GZ44CC

CuOBk+OCjOOBoOOBkeOBruS6uuWToeOCkumbhuOCgeOBpuOCguOAgee4q+OBhOWt

kOOBleOCkzHkurrlvZPjgZ/jgoox5LiH5p6a44KC44Gu44Oe44K544Kv44KS57ir

6KO944GZ44KL5b+F6KaB44GM44GC44KK44CBMjTmmYLplpPkvZPliLbjgafjga7n

lJ/nlKPjgpLooYzjgaPjgabjgYTjgb7jgZnjgILlkITlt6XloLTjgafkuIDlrprp

h4/nlJ/nlKPjgYzpgLLjgpPjgaDmrrXpmo7jgafmpJzlk4Hjg7vmorHljIXjgZfj

gIHnm7TjgaHjgavoiKrnqbrmqZ/jgafml6XmnKzjgavpgYvjgbbjgajjgYTjgaPj

gZ/jgqrjg5rjg6zjg7zjgrfjg6fjg7PjgavjgarjgaPjgabjgYTjgb7jgZnjgIIK

77yc44Gq44Gc44CB5LiN6Imv5ZOB44GM55m655Sf44GX44Gf44Gu44GL77yeCgrl

vZPliJ3jgIHoiIjlkozjgYvjgonjga/jgIzoiIjlkozjga7lkI3liY3jgYzlh7rj

govku6XkuIrjgIHlvpPmnaXpgJrjgorjga7lm73lhoXmpJzlk4HjgpLooYzjgYbj

ga7jgafjgarjgZHjgozjgbDjgZPjga7ku5Xkuovjga/lvJXjgY3lj5fjgZHjgonj

gozjgarjgYTjgI3jgajlvLfjgY/oqIDjgo/jgozjgb7jgZfjgZ/jgILjgZfjgYvj

gZfjgIHoiIjlkozjga7lm73lhoXmpJzlk4Hjga/jgIHkuIDml6blhajjgabjga7j

g57jgrnjgq/jgpLkuIDjgYvmiYDjga7mpJzlk4Hmlr3oqK3jgavpm4bjgoHjgIEx

44Of44Oq56iL5bqm44Gu57ir44GE55uu44KE5oqY44KK55uu44Gu44Ga44KM44CB

5biD44Gu44G744Gk44KM44KC5LiN6Imv5ZOB44Go44GX44Gm5by+44GE44Gm44GX

44G+44GG44Go44GE44GG44Os44OZ44Or44Gu5a++5b+c44Gn44GZ44CC44GT44Gu

44Gf44KB5b6T5p2l44Gp44GK44KK44Gu5Zu95YaF5qSc5ZOB5L2c5qWt44KS6KGM

44Gj44Gm44GE44Gf44Gu44Gn44Gv55uu5qiZ44Gu5Y2K5YiG44KC6YGU5oiQ44Gn

44GN44Gq44GE5Y+v6IO95oCn44GM44GC44KK44CB57eK5oCl6YG/6Zuj55qE44Gq

5a++5b+c44Go44GX44Gm54++5Zyw5qSc5ZOB44KS5Z+65pys44Go44GZ44KL44Kq

44Oa44Os44O844K344On44Oz44Gr5aSJ5pu044GX44Gm44KC44KJ44GE44G+44GX

44Gf44CCCuaXpeacrOOBq+aMgeOBoei+vOOCk+OBoOW+jOOBr+OAgemFjeW4g+a6

luWCmeautemajuOBp+acgOe1guODgeOCp+ODg+OCr+OCkuihjOOBhuOBruOBp+OB

meOBjOOAgeOBk+OBk+OBp+OBruODgeOCp+ODg+OCr+OCkuOBmeOCiuaKnOOBkeOB

n+S4jeiJr+WTgeOBjOWIqeeUqOiAheOBruaJi+WFg+OBq+WxiuOBhOOBpuOBl+OB

vuOBo+OBn+OBk+OBqOOBr+iqoOOBq+eUs+OBl+ios+OBquOBj+aAneOBo+OBpuOB

hOOBvuOBmeOAguOBvuOBn+OAgeiHquayu+S9k+OBq+OCiOOBo+OBpuOBr+OAgeOB

k+OBhuOBl+OBn+S9nOalreOCkuS/neWBpeaJgOOBq+S+nemgvOOBl+OBn+OBk+OB

qOOBp+OAgeS/neWBpeaJgOiBt+WToeOBruS9nOalreOCkuWil+OChOOBmee1kOae

nOOBq+OBquOBo+OBn+OBk+OBqOOCguWPjeecgeeCueOBqOOBl+OBpuiqjeitmOOB

l+OBpuOBhOOBvuOBmeOAggoK44Gh44Gq44G/44Gr44CB54m55a6a44Gu5Yy755mC

55So44Oe44K544Kv44KS6Zmk44GN44CB44Oe44K544Kv44Gr5a++44GZ44KL5Zu9

6Zqb55qE44Gq5ZOB6LOq5Z+65rqW44Gv5a2Y5Zyo44GX44G+44Gb44KT44CC44G+

44Gf44CB5Zu95YaF44Gr44GK44GR44KL44Oe44K544Kv44Gu5qWt55WM5Zuj5L2T

44GM5Ye644GX44Gm44GE44KL5ZOB6LOq5Z+65rqW44KC44Ob44Or44Og44Ki44Or

44OH44OS44OJ44Gu5qSc5Ye65Z+65rqW44GM56S644GV44KM44Gm44GE44KL44Gg

44GR44Gn44CB5ZCE56S+5q+O44Gu6Ieq5Li75Z+65rqW44Gr44KI44KL5qSc5ZOB

44GM5Z+65pys44Go44Gq44Gj44Gm44GE44G+44GZ44CCCgrkuI3oia/lk4Hjga7l

oLHpgZPjgpLlj5fjgZHjgabjgIHnj77lnKjjgafjga/kuovmpa3ogIXjgavjgYrj

gYTjgabjgoLoh6rkuLvnmoTjgavlm73lhoXmpJzlk4HjgpLlrp/mlr3jgZfjgabj

gYTjgZ/jgaDjgYTjgabjgYTjgovjgajjgZPjgo3jgafjgZnjgILjgIzlj5fms6jj

gZfjgZ/ku6XkuIrjgIHkvIHmpa3jga/lroznkqfjgaroo73lk4HjgpLlsYrjgZHj

govjga7jgYzlvZPnhLbjgaDjgI3jgajjgYTjgaPjgZ/mhI/opovjga/jgoLjgaPj

gajjgoLjgafjgZnjgYzjgIHjgZ3jgozjga/jgYLjgY/jgb7jgaflubPmmYLjgavj

gYrjgZHjgovluLjorZjjgafjgIHnt4rmgKXkuovmhYvjga7lr77lv5zjgavjgb7j

gafjgZPjgozjgpLopoHmsYLjgZnjgovjgZPjgajjga/phbfjgaDjgajmgJ3jgYTj

gb7jgZnjgILjgZ3jgozmlYXj Permalink | 記事への反応(1) | 14:01

検察庁OBまでがノコノコ出て来たのだから公務員の定年延長はもういらないやろ

2020-05-20

年代別の楽しさとか、人生の刺激とか

10

子供という窮屈さはあったけど

3年ごとに環境人間関係も変わり

ほとんどの物事が目新しく新鮮だった

20代

大学一人暮らし、行動の幅も大きく広がる

今まで同年代のみでつるんでいたのが、飲み会で先輩後輩、OBなど異なった年代と話すことが新鮮だった

職につき定収入を得て、自分の金で欲しいものが買えたり、ライブに行ったり

高くないけど美味しい店を友人と飲み食べ歩いて

自由時間は減ったけど、楽しかった

30代前半

仕事もこなれてきて、後輩もでき

特別目新しい刺激は減ったけど

まだまだ楽しかった

30代後半

若いから趣味も、流石に20年くらいやっていると目新しさはないし飽きがくる

仕事もこなれるを通り過ぎて頭打ちというか、安定はしてきたけど刺激やモチベがない

疲れが取れにくくなったり、近くのものにすぐ焦点が合わなくなったり肉体の衰えを感じ始め

もう肉体的には人生下り坂に入ってしまったのかと大きく萎え

調べると「中年危機」っていう結構誰にでもあるやつだとはわかったけど

こっから先の人生新規性の高く、当事者感が強い、良い方向で刺激的でワクワクする時間って

ほとんどないんじゃないかと暗澹たる気分になる。

打開策探して釣りとかアウトドア とか始めてみたけど

娯楽としてそこそこに楽しいけど

刺激的ではないんだよねなんか

不当な(に見える)高い金払って、ヤレもしないキャバクラに行くおっさん意味不明だったが

退屈な人生に疑似恋愛のドキドキ感と刺激を買っているんだなと気づいた。

一般的には子供がいれば、その成長が刺激やモチベにもなるんだろうけど

男性生涯未婚率23.4%

4人に1人が結婚せず、子供もいないこのご時世

子供がいなくても何とか幸せに生きていく道筋社会的にも求められていると思う。

年代や先達の知恵を貸して欲しい

後進は「幸せを掴めなかった落伍者おっさんたちは死んでぞうぞ。」みたいに

人ごとと思っていると、自分もこうなる確率が高いと思うので予防策を考えることをお勧めちゃう

2020-05-19

検察OBの今の職業弁護士じゃない?

そりゃ検察官の定年が延長されて

法廷で敵となる検察体制が強固になるのは反対するよね。

政権に利用されるとか、

新型コロナ感染拡大で国民心理不安定になっているとき

不安にされるようなことを言われると、

先送りとせざるを得ないよなーなんてニュースを見て思ったよ。

なんだかいろいろ安倍さんも大変だねー。

今の検事総長は、このことをどんな心境でニュースを聞いているんだろ?

次の検事総長候補の人もどんな心境でニュースをきいているんだろ?

何年か後に書籍化したら売れるんじゃない?

2020-05-17

anond:20200517040405

神保さんの記事はやっぱり無理筋

何が無理筋って、

今回の件で検察検察官の定年への介入でOBも含めてこれだけ抵抗するのに、

全会一致原則法的根拠もよく分からない、議事録もない検察首脳会議で、要は検事総長から高検検事長地検検事正から特捜部部長に至るまで一人を除く全員がクロだと思っている案件について、

黒川官房長(のちに事務次官)一人が起訴に反対したために不起訴あるいは立件が見送られ、そこにいた検察トップエリート全員がそれに粛々と従い、いまだ声も上げていない、と神保氏は主張しているんだよ?

そんな訳ないでしょ。

2020-05-15

anond:20200515092252

安倍総理ってリーダーシップから最も遠い首相だと思う

無能自覚があるから政権維持のために各派閥首相クラスOBの話をよく聞いて、大臣ポストの処理なんかも誰が適任かではなくて、強い派閥大臣経験から何人って振り方をしてる。

桜の会やらなんやら、他の問題も多くの部分を自民党有力者と共有共犯化することで、自民党内での裏切りが難しい環境を作ってる。

国民馬鹿なのをいいことに、曖昧な返答や感情論誘導することに徹底し、馬鹿だと思われることもいとわないのは非常に強かに見える。

理想主義野党の対局にいる、汚くても堅牢裏切りのない政権を作ってる

anond:20200515060101

OB は Old Body 古い肉体のことですよ。

anond:20200515055723

OBold boy和製英語です。また、これは男性のみを表すので女性OG(ord girl)になります

あえてOG記載しなかったのは検察女性がいないという差別をしたかったのですか

きちんと考えて発言してください

検察OB検察法改正案に反対だって

しめた!

自衛隊OBを動員して憲法改正に賛成の運動をさせよう。

2020-05-14

スタートアップって事件起こした一流大学OBの駆け込み寺になってね?

「頭悪いから何してもいい」でおなじみの東大レイパー五人衆の一人は中退して名前変えて今スタートアップ企業にいるし(https://wezz-y.com/archives/67427 ※インタビューも受けてたらしい)。

強制わいせつ致傷で逮捕された元早稲田も防犯アプリスタートアップに勤めてるし。

ちょっと前までは、そういう連中は国公立医学部受験したり、公認会計士取ったりするのがお定まりパターンだったけど今はスタートアップなんだな。

anond:20200514174722

野球部レギュラーになったら学校女子のだれとでも恋人になれて

就職先は地元OBの紹介で自動車メーカー正社員だろ

苦痛に見合う対価はあるのだからブラックなどではない

2020-05-05

文化祭有名人が来るドッキリの良さがわからない

YouTubeおすすめ出てきてたから見てみた

最初学校OB/OGかなんかと思ってたけど、全然関係ないプロの人が出演するというドッキリのようだった

有名人に会えてうれしい人が一定数いるのは理解してる

プロパフォーマンスを見てすごいと思ったりする気持ちもわかる

まあ、喜ぶ人はいると思うんだよね

でも文化祭って、個人的にはどうしても学校関係者の催しっていうイメージがある

ヘタクソでもぐちゃぐちゃでも学生がやるから面白いし、先生普段見せない一面を見せたりするから面白い

そんな風に感じる自分からしたら、いくら有名人でも関係ない人が来てパフォーマンス見せるのってなんか違うんじゃないかー?という気がした

ノリ悪すぎなんだろうか

2020-05-02

[]anond:20200502065319

14歳初体験が無色だった話

このコロナ禍でテレビ局は収録を行えず、音楽番組歴代のヒットソングを流し続けている。

私はこの手の音楽番組は嫌いじゃない。小中学生時代うんざりするほど聴いた曲を「懐かしむ」という新鮮な感覚で聴けるようになった今は、テレビの中の歌手と大合唱するのが楽しくて、つい観てしまう。

この日もまた、その手の音楽番組で盛り上がっていた。学生時代、熱心に聴いていた00年代のヒットソングメドレーとなると、私は息つく暇もなく歌声を重ねる。

歌詞を見ずとも完璧に歌えるその数々に酔いしれ、天井を仰ぐご機嫌な私の歌声は、ある曲がかかった途端ピタリと止んだ。

2005年のヒットソングレミオロメンの「粉雪」。この曲は、当時14歳だった私の「初体験」を彩るテーマソングだ。仰いだ天井とそのイントロが、あの日ラブホテル天井だんだんと思い出させる。

中学校生活の終わりをもうすぐ迎える私は焦っていた。その焦りとは、受験や、進学で離れ離れになる友達との別れに対するものではない。「初体験」を済ませていない自分に対する、ハッキリとした焦りだった。

私の周りの女の子たちは皆早くて、それぞれどこかで仕入れた「年上の男」とさっさと初体験を済ませていた。

中には「2回目は公園でヤった」とか、「毎日学校トイレでパコってる」と語る者もいて、私は公園トイレに行く度に「ここでパコパコ…」と感心していた。

一方私は、友達の家でファミチキを食べて帰るだけの中学生。身なりはギャルで、毎日公園トイレでパコっていそうなのに、処女なのだ

私は心底情けなかった。親から毎日公園トイレでパコっていると思われているのか、夕食の時に突然「コンドームは付けなさい」と注意される自分が。「まだパコってねえよ!」とも言い返せず、部屋にこもってeggアニマルトークを読む日々が。

そもそも、中2の時に「塾に行きたい」と親に頼んだのが間違いだった。周りの女の子たちと同じように、夜中にどっかの年上の男にナンパされ、雑木林初体験を済ませることを夢見ていた私は、夜遊びをするために塾に通うことを思いついたのだ。

それで私は、親に「高校に通いたいから塾に通わせてくれ」と懇願した。雑木林でパコりたい私の目論見を知ってか知らずか、親は「そうか、そうか!」と快諾し、私に2人の家庭教師を付けた。

高校に通いたいなんて嘘をつかずに、「雑木林でパコりたいから塾に行くフリをしたいんだ」と正直に言えばよかったバカからと2人も家庭教師を付けられ、週4日、16時から始まる授業に間に合うように、家に帰る生活を送ることになるとは。

からといって、親に反発することはなかった。「お金がない」と言いながら月謝を払う親を裏切ることはできなかったし、口火を切ったからにはやってやるというギャルの意地があったから。

そうして夜遊びと無縁な日々を送った私は、2人の優しい先生のおかげもあって、中3の夏頃に実施された定期テストで89点という高得点数学で叩き出した。

それ以外は50点前後というしょっぱい点数で、この奇跡の89点は功を奏さず、成績の5段階評価オール1からオール2に上がる程度だったが、私の中にはいしか高校に行きたい」という思いが芽生え始めていた。噓から出た実とはまさにこのことである

そうなると志望校を決めなければならない。しかし、私の学力でいける校則のゆるい高校を探すのは困難を極めた。いくらページをめくっても、「ゥチの高校鬼ギャルの格好ができるょ↑↑」とか、「ルーズは120センチまでォッケー⭐︎」と、eggのノリで高校を案内しない『首都圏高校受験案内』に何度失望したことか。

選べる身分ではないことに気付き始めた頃、私はインターネットの力に頼った。すると早速、OB受験生の質問に答えてくれるという優しい掲示板を探し当て、「ゥチの行ってた高校ギャルの格好ができるょ↑↑って人L lますヵゝ??」と書き込んでみた。

しばらく経って、スレッドが埋まりかけた頃、ようやく1件のレスがついた。「教えてあげるから、会わない?」という、見るからに怪しいレスだった。

その怪しさに、私は戸惑うよりも先に沸き立った。「この怪しいレスをつけた人に会えば、初体験を済ませられるかもしれないぞ」と。このバカは、いくら優秀な家庭教師でもなおせなかったのだ。

私はうぶなふりをして、20歳の男のメールアドレスを聞き出し、「静かなところで話したいから、ホテルで会わない?」という誘いに乗った。ああ、お父さんごめんなさいなんて、一瞬も考えなかった。

私にもついにこの時が来たかと思うと、感慨深いばかり。土曜の昼間のラブホテルだなんて、夜中の雑木林より立派じゃないか誕生日を間近に控えた14歳の冬にして、ようやく初体験を済ませることになったのだ。

いつもより濃い化粧と派手な服に身を包んだ私は、待ち合わせ場所の改札前で20歳の男を待っていた。あと10分もすれば、初体験相手が改札の向こうから現れる。

周りの女の子たちには、インターネット出会った男と昼間にパコったなんて恥ずかしくて言えないから、夜中にナンパしてきたギャル男とラブホでパコったと言おう。そういろいろと考えていると、後ろから「あの…」という細い声が聞こえた。

振り向くと、うつむいた男が立っている。私は、その男が何者かということより、「私より髪が長いなあ」というぼんやりとした感想を抱いて、返事もせずにその長髪を眺めていた。

すると男は「…行こうか」と言って歩き出した。私はようやく「この男が私の初体験の男なのだ」ということに気付き、何とも言えぬままなびく髪を追いかけた。

道すがら、男は何かを話しかけてくるのだが、喧騒に遮られて聞こえない。その何かが物騒なことだったらどうしようと、この期に及んで恐怖を感じた。

それでも私は、時々見える男の表情が笑顔であることだけを頼りについて行く。男の声がはっきりと聞こえたのは、ラブホテルロビーに入ってからだった。

男は「どこでも良いよね」と言って光るボードボタンを押すと、小さなから鍵を受け取り、エレベーターボタンを押した。その一連の流れを見て、こう言っちゃなんだが、こんなもさい男でも慣れているんだなと変に安心した。

部屋に入り腰掛けた瞬間、私はどんな顔をしていればいいのかわからなくなって、一気に緊張した。もしかしたら本当に高校について教えてくれるだけかもしれないけれど、黙ってテレビを眺める男の様子からはその気配を感じられない。

男が突然、「俺、宮崎あおいが好きなんだよね」と呟いた。テレビを見ると、宮崎あおいが何かの新商品をとびっきりの笑顔宣伝している。そして、「シャワー浴びてくる」と言って風呂場へ消えていった。

その時、なぜかわからないけど落ち込んだ。この感情は、同級生男の子告白をした時、「今は勉強に集中したいから」と言ってフラれた悲しみに似ている。だけど、それとは全く違う。なぜかわからないけど、泣きそうになった。

タバコ匂いシャンプー香りが入り混じる部屋で、私はシャワーの音が止むのを待った。そして、揺れる長い髪と、かすめるラブホテル天井を、私はぼんやりと見つめていた。

別れ際、男の顔が聖徳太子に似ていることに気付いた。参考書でよく見た顔だからか、それとも肌を重ねた相手からか、この時になってようやく男に親近感が湧く。しかし男は名残惜しむことなく、私の「ありがとうございました」をかき消すように「じゃあ」と言って、改札を抜けていった。

私は、股が痛くて歩きづらいことや血は意外と出ないという、ありきたりな初体験の事後を実感したけれど、この心と体にしっくりくる初体験感想は見つからず、モヤモヤした。

それからしばらくして、いよいよ志望校が決まった頃、私はまだ何かに焦りながら音楽番組をよく観ていた。誰かの曲の歌詞や声、MV演出といった美しいものに、あれからずっと見つからなかった初体験感想を当てはめて、早く落ち着きたかったのかもしれない。

そして私は、「粉雪」を歌うレミオロメンボーカルを見て「聖徳太子に似ているな」という感想を抱いた時、ようやく落ち着いた。求めていた美しいものではない、その味気ない感想が、初体験感想としてしっくりくるものだったのだ。

揺れる長い髪やかすめた天井宮崎あおい最後になぜか聖徳太子に似ていることに気付いて沸いた親近感、「何がありがとうございますだったんだろう」と考えながら歩いた帰り道、全てが無色だったことに気付いたのだ。

聖徳太子に似ているような気がするレミオロメンボーカルが、私の初体験を彩る色はなかったことを知らせるように、心と体の深いところで鳴り響いただけなのだ

天井ぼんやりと見つめている間に、音楽番組10年代のヒットソングメドレーを流していた。初体験を白く染められたなら、この天井よりももっと高いところに返せるのになあ、などと考えている間に。

14歳初体験が無色だった話

このコロナ禍でテレビ局は収録を行えず、音楽番組歴代のヒットソングを流し続けている。

私はこの手の音楽番組は嫌いじゃない。小中学生時代うんざりするほど聴いた曲を「懐かしむ」という新鮮な感覚で聴けるようになった今は、テレビの中の歌手と大合唱するのが楽しくて、つい観てしまう。

この日もまた、その手の音楽番組で盛り上がっていた。学生時代、熱心に聴いていた00年代のヒットソングメドレーとなると、私は息つく暇もなく歌声を重ねる。

歌詞を見ずとも完璧に歌えるその数々に酔いしれ、天井を仰ぐご機嫌な私の歌声は、ある曲がかかった途端ピタリと止んだ。

2005年のヒットソングレミオロメンの「粉雪」。この曲は、当時14歳だった私の「初体験」を彩るテーマソングだ。仰いだ天井とそのイントロが、あの日ラブホテル天井だんだんと思い出させる。

中学校生活の終わりをもうすぐ迎える私は焦っていた。その焦りとは、受験や、進学で離れ離れになる友達との別れに対するものではない。「初体験」を済ませていない自分に対する、ハッキリとした焦りだった。

私の周りの女の子たちは皆早くて、それぞれどこかで仕入れた「年上の男」とさっさと初体験を済ませていた。

中には「2回目は公園でヤった」とか、「毎日学校トイレでパコってる」と語る者もいて、私は公園トイレに行く度に「ここでパコパコ…」と感心していた。

一方私は、友達の家でファミチキを食べて帰るだけの中学生。身なりはギャルで、毎日公園トイレでパコっていそうなのに、処女なのだ

私は心底情けなかった。親から毎日公園トイレでパコっていると思われているのか、夕食の時に突然「コンドームは付けなさい」と注意される自分が。「まだパコってねえよ!」とも言い返せず、部屋にこもってeggアニマルトークを読む日々が。

そもそも、中2の時に「塾に行きたい」と親に頼んだのが間違いだった。周りの女の子たちと同じように、夜中にどっかの年上の男にナンパされ、雑木林初体験を済ませることを夢見ていた私は、夜遊びをするために塾に通うことを思いついたのだ。

それで私は、親に「高校に通いたいから塾に通わせてくれ」と懇願した。雑木林でパコりたい私の目論見を知ってか知らずか、親は「そうか、そうか!」と快諾し、私に2人の家庭教師を付けた。

高校に通いたいなんて嘘をつかずに、「雑木林でパコりたいから塾に行くフリをしたいんだ」と正直に言えばよかったバカからと2人も家庭教師を付けられ、週4日、16時から始まる授業に間に合うように、家に帰る生活を送ることになるとは。

からといって、親に反発することはなかった。「お金がない」と言いながら月謝を払う親を裏切ることはできなかったし、口火を切ったからにはやってやるというギャルの意地があったから。

そうして夜遊びと無縁な日々を送った私は、2人の優しい先生のおかげもあって、中3の夏頃に実施された定期テストで89点という高得点数学で叩き出した。

それ以外は50点前後というしょっぱい点数で、この奇跡の89点は功を奏さず、成績の5段階評価オール1からオール2に上がる程度だったが、私の中にはいしか高校に行きたい」という思いが芽生え始めていた。噓から出た実とはまさにこのことである

そうなると志望校を決めなければならない。しかし、私の学力でいける校則のゆるい高校を探すのは困難を極めた。いくらページをめくっても、「ゥチの高校鬼ギャルの格好ができるょ↑↑」とか、「ルーズは120センチまでォッケー⭐︎」と、eggのノリで高校を案内しない『首都圏高校受験案内』に何度失望したことか。

選べる身分ではないことに気付き始めた頃、私はインターネットの力に頼った。すると早速、OB受験生の質問に答えてくれるという優しい掲示板を探し当て、「ゥチの行ってた高校ギャルの格好ができるょ↑↑って人L lますヵゝ??」と書き込んでみた。

しばらく経って、スレッドが埋まりかけた頃、ようやく1件のレスがついた。「教えてあげるから、会わない?」という、見るからに怪しいレスだった。

その怪しさに、私は戸惑うよりも先に沸き立った。「この怪しいレスをつけた人に会えば、初体験を済ませられるかもしれないぞ」と。このバカは、いくら優秀な家庭教師でもなおせなかったのだ。

私はうぶなふりをして、20歳の男のメールアドレスを聞き出し、「静かなところで話したいから、ホテルで会わない?」という誘いに乗った。ああ、お父さんごめんなさいなんて、一瞬も考えなかった。

私にもついにこの時が来たかと思うと、感慨深いばかり。土曜の昼間のラブホテルだなんて、夜中の雑木林より立派じゃないか誕生日を間近に控えた14歳の冬にして、ようやく初体験を済ませることになったのだ。

いつもより濃い化粧と派手な服に身を包んだ私は、待ち合わせ場所の改札前で20歳の男を待っていた。あと10分もすれば、初体験相手が改札の向こうから現れる。

周りの女の子たちには、インターネット出会った男と昼間にパコったなんて恥ずかしくて言えないから、夜中にナンパしてきたギャル男とラブホでパコったと言おう。そういろいろと考えていると、後ろから「あの…」という細い声が聞こえた。

振り向くと、うつむいた男が立っている。私は、その男が何者かということより、「私より髪が長いなあ」というぼんやりとした感想を抱いて、返事もせずにその長髪を眺めていた。

すると男は「…行こうか」と言って歩き出した。私はようやく「この男が私の初体験の男なのだ」ということに気付き、何とも言えぬままなびく髪を追いかけた。

道すがら、男は何かを話しかけてくるのだが、喧騒に遮られて聞こえない。その何かが物騒なことだったらどうしようと、この期に及んで恐怖を感じた。

それでも私は、時々見える男の表情が笑顔であることだけを頼りについて行く。男の声がはっきりと聞こえたのは、ラブホテルロビーに入ってからだった。

男は「どこでも良いよね」と言って光るボードボタンを押すと、小さなから鍵を受け取り、エレベーターボタンを押した。その一連の流れを見て、こう言っちゃなんだが、こんなもさい男でも慣れているんだなと変に安心した。

部屋に入り腰掛けた瞬間、私はどんな顔をしていればいいのかわからなくなって、一気に緊張した。もしかしたら本当に高校について教えてくれるだけかもしれないけれど、黙ってテレビを眺める男の様子からはその気配を感じられない。

男が突然、「俺、宮崎あおいが好きなんだよね」と呟いた。テレビを見ると、宮崎あおいが何かの新商品をとびっきりの笑顔宣伝している。そして、「シャワー浴びてくる」と言って風呂場へ消えていった。

その時、なぜかわからないけど落ち込んだ。この感情は、同級生男の子告白をした時、「今は勉強に集中したいから」と言ってフラれた悲しみに似ている。だけど、それとは全く違う。なぜかわからないけど、泣きそうになった。

タバコ匂いシャンプー香りが入り混じる部屋で、私はシャワーの音が止むのを待った。そして、揺れる長い髪と、かすめるラブホテル天井を、私はぼんやりと見つめていた。

別れ際、男の顔が聖徳太子に似ていることに気付いた。参考書でよく見た顔だからか、それとも肌を重ねた相手からか、この時になってようやく男に親近感が湧く。しかし男は名残惜しむことなく、私の「ありがとうございました」をかき消すように「じゃあ」と言って、改札を抜けていった。

私は、股が痛くて歩きづらいことや血は意外と出ないという、ありきたりな初体験の事後を実感したけれど、この心と体にしっくりくる初体験感想は見つからず、モヤモヤした。

それからしばらくして、いよいよ志望校が決まった頃、私はまだ何かに焦りながら音楽番組をよく観ていた。誰かの曲の歌詞や声、MV演出といった美しいものに、あれからずっと見つからなかった初体験感想を当てはめて、早く落ち着きたかったのかもしれない。

そして私は、「粉雪」を歌うレミオロメンボーカルを見て「聖徳太子に似ているな」という感想を抱いた時、ようやく落ち着いた。求めていた美しいものではない、その味気ない感想が、初体験感想としてしっくりくるものだったのだ。

揺れる長い髪やかすめた天井宮崎あおい最後になぜか聖徳太子に似ていることに気付いて沸いた親近感、「何がありがとうございますだったんだろう」と考えながら歩いた帰り道、全てが無色だったことに気付いたのだ。

聖徳太子に似ているような気がするレミオロメンボーカルが、私の初体験を彩る色はなかったことを知らせるように、心と体の深いところで鳴り響いただけなのだ

天井ぼんやりと見つめている間に、音楽番組10年代のヒットソングメドレーを流していた。初体験を白く染められたなら、この天井よりももっと高いところに返せるのになあ、などと考えている間に。

2020-04-22

インターネット匿名ではない

ウォークマンを潰した」のは誰か? ソニーOBと現役社員「罵り合い」の顛末 https://news.nicovideo.jp/watch/nw984195

これ本当に怖い

2020-04-13

死んでほしいと思っていた同級生が死んだ

どんな人でも、理不尽な扱いや嫌がらせを受けたり、人間関係金銭など諸々のトラブルに巻き込まれたりして「こいつ嫌い!死ねばいいのに!」という感情になることはあると思います

私は高校の頃「嫌い、死んでほしいくらい嫌い」と思っていた同級生がいました。

その方が去年、自殺したということを知ったので自分用の記録として書きます

亡くなった人をAさんとします。

Aとは高校で同じ部活に入ったことで知り合いました。

違うポジションクラスも違っていたので1年生の頃は特に関りもなく、休憩時間や移動時に隣になれば世間話をする程度の関係でした。

しかし、2年生になる直前の春休み事件は起きます

Aさんともう一人(Bさん)が率いるグループ(X)が部の雰囲気を悪くしているということで、部全体を巻き込むトラブルになりました。なぜXグループが部の雰囲気を悪くしていたのか、その原因はほぼ忘れてしまいましたが、「課題を提出出来ずに居残りになるのがなぜ悪いのか」と開き直って、真面目にやっている人が割を食うみたいなそんな感じだった気がします。

一応県ではトップの強豪校で目指せ全国!って感じの部だったので、居残りや遅刻にはものすごく厳しく連帯責任があるほどでした。とにかく顧問権力が絶大で、口ごたえすればめちゃくちゃに怒鳴られますし、私含め皆洗脳されていたと思います

その事件については部全体での話し合いで一応解決しました。その後、トラブルは度重なり、Xグループと他グループ対立したり、それきっかけでBさんが退部したりと色々ありました。2年になると私は部長候補、Aさんは副部長候補となり、表面上は事務的普通に接しているけど、お互いあまり良く思っておらずなるべく関わり合いになりたくないという感じでした。

Bさんの抜けたXグループはその後もイケイ路線を貫き、全体としてはまとまっているものの各々では不穏な雰囲気が漂っていました。3年生が引退して代替わりすると、私は部の雰囲気に嫌気がさして部長になることを辞退し、XグループにいたCさんが部長、私とAが副部長になりました。

その後は割と平和でしたが、CさんとAさんが裏で結託している様子、私がXグループで叩かれている様子は分かりましたし、常に2対1になってしまます。私だけならまだしも、その他の真面目に勉強練習している人を馬鹿にしたりするのは本当に呆れましたし悔しかったです。その他も最終下校時刻を守らない、放課後マックで騒ぐなど小さいトラブルもありました。しかし「決定的なトラブルいじめ」というものはなく、常に冷戦が続いていたと思います

結局3年生になった私たちの代は成績も残せずさっさと引退しました。さらに言うと、Cがトラブルを起こし、途中で私が部長をやる羽目になりました。これがものすごく屈辱的でした。今更部内改革を起こす気にもなれず、そもそも3年生になってからは部や競技のもの情熱を持てなくなっていてさっさと負けて引退したいという気持ちでいっぱいでした。

また3年生ではAとBと私が同じクラスだったのでその二人がウェイウェイしてるのを常に目にする状況でした。これが一番きつかったです。

Bさんに対してはいい印象が全くなく、しかし今思えば「嫌いになるような痛烈な事件」というものもありませんでした。ちいさなイライラが少しずつ積み重なって心から「嫌い、本当死んでほしい」と思うようになりました。

卒業するころになると、Xグループはほぼ全員受験失敗(Aは志望を下げて合格)、私は皮肉なことに部活の成績(あとは普通に評定も良かった)で推薦で大学に受かりました。

やっぱり最後努力したものが勝つのだなぁとちょっと見返した気持ちになって大学進学をしました。


そのあとはOBとしてたまに手伝いの要請が来るくらいで、私は進学先が遠方だったこともあり会うことはほとんどありませんでした。

大学進学後に困ったことがありました。AとXグループに陰口をたたかれたり嫌がらせを受ける夢を何度も見るのです。3年の時は部活を辞めたくて辞めたくて仕方なかったため、自分は春に退部したという設定で「途中で投げ出した弱虫」みたいに陰口を言われてました。

これは社会人になっても続いていて、自分の中で相当トラウマになっていたのだと思います

そして25歳のある日、SNSの「知り合いかも?」にBが出てきました。なんとなしに眺めていると、「Aが死んだなんていまだに信じられない」という投稿がありました。投稿を遡ると去年亡くなったようでした。親切なことに死因が自殺であることと、精神を病んでいたらしいことが書かれていました。実家電話してOB会の名簿を確認すると、Aの名前がなくなっているようなので本当らしかったです。

Aが死んだ。その事実に対して割と何とも思わなかったのが正直な感想でした。

名前しか知らない同級生引っ越したくらいのどうでもいいような内容に感じられました。

そのあと「あぁ私はきっと過去のAの記憶から解放されるのだな」と安堵しました。

悲しい、という気分にはほとんどならなかったです。

BがAの死について苦しんでいる様子がSNSを通じて伝わってきたので、正直そこは「ざまぁ」と仄暗い喜びを感じました。

しかし、Aは私の苦しみを知らずさっさと人生リタイヤしてしまったのだな、と思うと「ずるい」と正直思います。でもAはAなりに色々あったようなので、そこは少し気の毒だなとは思います

高校卒業してAは自分の中で完全に過去の人になっていて、大学研究なり仕事なり「今の世界には必要ない人」になっていたからこんな軽い感情の動きで済んだんだと思います

それが大学卒業直後やトラブルの渦中だとしたら、また違うと思います

結論としては「時間の経過は偉大だ」ということです。

しかし、今現在進行形で「死ねばいいと思っている人」がいる人に「時間がたてば、どうでもよくなるよ」なんてことは言えません。これはあくまで私の例で、その人の感情には全く当てはまらいからです。

しかしその「死ねばいい」という気持ち否定しないでほしいです。それは自分が嫌なことを嫌ではないと否定することになると思うので。あんまり周りの人に吹聴するのはその人自身立場が悪くなるのでおすすめはできませんが。

その後、高校時代悪夢は見ていません。

2020-04-09

政府がアホやから日本死ぬ

今回のCOVID-19感染症武漢流行から見てきての所感。日本国は、起きている事象を把握し、人・モノ・金の適切な投入がまるでできていない。4月8日に発表された緊急事態宣言のものは、そんなに悪い内容ではないが、実効性のある政策としては、いくつか重要漏れがある。

まずは長期戦略国内のCOVID-19流行は、ここ数日で始まったわけではない。1カ月以上前から国家危機が訪れる可能性は、十分に示唆されていた。それにも関わらず、現状としては「緊急事態を1カ月で脱出する」という緊急避難方針と、1カ月かけての「効果測定」が目標となっている。端的に言ってアホだ。

4月6日の、新型コロナウイルス感染症対策本部会合安倍総理は「PCR検査の1日の実施数を現在の倍の2万件に増やす」「保健所体制整備と合わせてクラスター対策を強化する」という方針は出ている。これは大変良い方針ではあるが、いつまでに、どう実現するかが不明瞭であり、4月8日緊急事態宣言に伴う会見では、一切触れられていない。

ここ最近の、特に東京都検査状況を見るに、「検査実施数」「保健所体制整備」については悲惨な状況が続いている。この両者の不足は、それこそ何週間も前から話題にはなっており、3月2日国会答弁において「すべての患者検査を受けられる十分な検査能力を確保する」と某総理大臣が明言したにも関わらず、国にしても、東京都にしても、改善の手は僅かにしか打ってこなかった。オリンピックを気にして、報告数を抑えるために放置していたのかもしれないが、現状はどこからどう見てもアホだ。

そして、ここを本気で改善する気があるのであれば、緊急事態宣言に伴う会見において、コミットメントは無理だとしても、何らかの責任ある発言はあってしかるべきだが、見事にスルーされた。

この「長期戦略がないアホ」と「検査能力不足のアホ」は密接に絡み合っている。軍事に例えて言うならば、作戦目標不明なうえに、スカウティング(偵察)能力も足りない部隊が、勝利できるだろうか。しかも今回の敵は、隙を見せれば指数関数的に増えるのだ。

ここで少し脱線あくまで私の観測範囲だけかもしれないが、ネットを見ていると、今の東京ニューヨークのx月x日と一緒だ。日本対策は緩すぎる。強力なロックダウンと、それを守らせる/守るための充実した補償をという意見が、個人マスコミ含めて、とても多いように感じる。補償に使われるお金というのは、信用創造という仕組みで生み出すことはできるけど、信用についても、生産力や「生産に伴う徴税」により担保されている部分も大きい。もちろん、国の信用をすり減らして、一時的お金を生み出すことはできるけれども、財が生産されない期間があれば、その分だけ国富は失われる。

もし仮に、強力なロックダウン実施しないと、より多くの生産機会が失われたり、信用が失われるのであれば、強力なロックダウン有効な仕組みだ。一方で、過剰に人の動きをとめて、全部補償するのは、莫大な富を失う、極めて不条理な行動になる。それでは、強力なロックダウン必要なのだろうか。今回の非常事態宣言で十分かもしれないが、もしそうだとしても、いつまでつづければいいのだろう。行動抑制政策の緩和を決断したとして、やっぱり再開しなければいけないという判断はどうするのだろう。そう、あのアホが登場するのだ。「検査能力不足のアホ」

このアホがゆえに、正しい判断ができずに、ものすごく大きな国富リスク晒し、目隠しをしてのギャンブルをしなければいけない。それが日本国の実情だ。そして改善兆しは見えず、現場疲弊し、あるのは期限不明方針だけだ。この検査能力は、この疫病との戦いで直接的・間接的に使える武器でもある。直接的には、緊急事態宣言の会見の中での言及もあった「クラスター対策による封じ込め」だ。言い換えると、検査検査検査隔離。もしも陽性となり隔離ができれば、もう他の人に感染させることがなく、その接触者も自宅待機させることで感染抑制できる。スピード大事だ。早く隔離できれば、それだけ2次感染、3次感染は防げる。

(この「接触者」は発症するまでは検査不要という指針がWHOから出ているが、無症状の人が一定比率存在し、その無症状者から感染の報告もあり、「接触者の接触者」は待機していない現状からすると、検査能力接触調査能力に余力ができ、検査場での感染リスクが抑えられるのであれば、無症状の接触者も含めて検査実施価値はある)

そして、検査を間接的に使う方法は、長文になるし、多くの人に知って貰うべき内容でもないので詳細は省くが「大きなレッドゾーン」を作り、感染確定者をひとまとめにし、人的リソースや、特に今後の枯渇リスクが高い、防護具を節約する運用体制確立するための活用となる。病院におけるマスクをはじめとしたPPEの兵站は、現状ですら怪しい状況にあり、さらには輸入も途絶えつつある中で長期戦になることも明確だ。感染有無が不明確な患者がいると、1人づつ防護具を着替える必要があるが、こんなことを悠長にやっている余裕がないのは明瞭だろう。検査実施についても、検査場所や日時を調整をするスタッフ、毎回着替えて検査実施する医師、そのあとに検体を密封して運ぶ保健所職員等、人的リソースも含めて枯渇するのが当然な運用が続いている。

早急に専門検査場を用意し(閑古鳥のないているクリニックとか、公園に検診車とか)、完全予約制とし、防護具の脱着なしに毎回消毒液噴霧の体制とし、検査場内での感染リスク排除しつつリソースの消耗を抑制する運用確立するべきである。防護具の枯渇を防ぎ医療スタッフを守るのが、作戦遂行上、何よりも重要なのは、どんだけ戦略がなくても自明だろう。

ついでに、初乗り5000円とかでいいので、解雇多発のタクシー業界で、検査場までの安全輸送手段検討するといいだろう。長期戦確定なので、単純努力とか根性ではなくて、余剰な資源を生かす形で投資をし、今後ボトルネックとなりうる希少リソース節約するオペレーションを考えるべきだ。この例だと、医療保健所スタッフ・防護具を節約するために、感染疑い者の方を運び、感染不明瞭者をできるだけ病院に近づけないという方策だ。運転席と客席を気密隔離して、毎回消毒できるようなタクシーを改造するような投資必要とはなるが、一定雇用が守れ、希少なスタッフや資材の消耗を防ぎつつ、感染者の移動に伴う感染拡大リスクも防げるだろう。

(余談になるけど、他国を見ていると、一定数以上の流行規模になると、いくらロックダウンしても病院周辺へ人が集まり、そこを中心に感染が持続しているように思える。家族の手を煩わせない感染疑い者/感染者の輸送手段確立や、病院内における「感染疑い者(本当は未感染)」への感染抑止も有効感染抑止手段であり、そこにコストをかけるのはロックダウンに比べると格段に費用対効果が高いと思う。)

検査場の混雑を避けるための予約の仕組み。積極的疫学調査における行動歴や接触者の調査。これらはIT活用し、極力省力化や高度情報化をすすめて、長期戦を戦い抜く工夫も必要だ。国としても、もはや厚労省単独でことに当たる状況じゃないだろう。多省庁での連絡会議を定期開催し、長期戦前提でできることを早急に進めるべきだ。検査機械化・自動化もあれば、文科省他所轄の感染研以外の研究所大学から応援必要だ。東京検査能力限界を超えれば、国交省所轄の業者でも自衛隊でもいい。検体を余力のある他県の検査室へ運ぼう。接触調査なんかは、警察警察OBも得意分野だ。

途中少し省略したけど、どうしても書かなければと思ったことを書きなぐったら、クソ長くなった。ソーシャルディスタンシングや、軽症者施設確保が進んだのはとても良いことだけど、まだまだ、やらなければいけないことは多数ある。日本は、国家債務も大きく、経済成長も乏しく、また国の信用の元である日銀資産にせよ、我々の老後を守る年金資産にしても、多くの国富が「日本社会の生産力」に投資されている。疫病を克服しつつ、「日本社会の生産力」を維持し回復しないと、「日本死ぬ」は、あっけなく現実のものになるだろう。

そのための総力戦に、まずは検査を。そして、人・モノ・金を適切に動かそう。ロックダウン補償は最適解である可能性もあるが、大きく間違っている可能性もある。政治家官僚、そしてマスコミも、普段の何倍も頭を使って、ゴールに一歩でも近づけるよう、死力を尽くして欲しい。

おま誰?

3月4日こちらの増田https://anond.hatelabo.jp/20200304212124)を投下する程度には病態理解していたり、検査の過不足については2月末から指摘している(https://anond.hatelabo.jp/20200228013154)けど、ただの匿名ブロガー

2020-04-05

行政が「風俗店などには補償しない」方針を示した理由がわかった気もする

ちょうど昨日のニュースだけど怖すぎる。

https://mainichi.jp/articles/20200403/k00/00m/040/311000c

捜査関係者などによると、男は孫が市内の小学校入学した7年ほど前から学校側にクレームをつけるようになった。因縁をつけて別の児童を転校させたり、その対応に不備があったとして校長土下座謝罪させたりしたという。

さらにこの対応に加わった市教委幹部らも威圧するようになり、幹部OBらと「美絆(うるは)会」と呼ばれる任意団体を結成。メンバーら9人に言いがかりをつけるなどし、計1億円を超える現金を支払わせていたという。

起訴状などによると、男は176月~19年10月、市内のカラオケ店や経営する会社事務所幹部らを呼び付けて不当な要求をし続けた。ワインをこぼしてTシャツが汚れたとして50万円を、居眠りをしたと因縁をつけて100万円を脅し取るなど、12回にわたり計約1128万円を5人に支払わせたとされる。

因縁で1億取れる反社世界補償金とかいくらでも取れるんだろうなと思ってしまう。もちろん生活が懸かってる従業員が多いのもわかるが、こういうのを見ると政府行政も二の足を踏むのはわからなくもない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん