「テクスチャ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: テクスチャとは

2019-03-19

anond:20190319012407

乳首ピンクってMMDの裸ダンス動画でみかけてからぎょっとしたわ

ピンク自然じゃない

比喩としてピンクっていうけど、ピンク人間なんかいねーだろ

ピンクなのはアソコのほう

まり内蔵であって、外気にふれるところはだいたい黒ずんだ茶色してる!

それをわかってないMMD作成者がもろピンク乳首テクスチャはっててうげげげげげーーーーーってなった

自然だしエロいどころじゃない

先日押し入れから初代PSゲームが出てきたのでスマホに取り込んで通勤中にPSエミュでやってみたらソシャゲを全くしなくなった

毎日1〜2時間アズールレーンやFEHをしてたんだが

フロントミッション3が楽しすぎて全く起動しなくなった

オフライン専用で、更に当時のトップクラス企業が作った大作ソフト

解像度テクスチャーであろうと狂気を感じる描き込みは今でも最高に美しく(特にヴァンツァーのススや油汚れの自然さが凄い!)

全くストレスのない戦闘

ストーリー面白い

キャラも立ってる

演出もかっこいい

本気で初代PSが表示できるグラフィック限界を突き詰めようとしたのが感じ取れる


課金アップデートなんて不可能時代ゲームは、1本のゲームいかに楽しませて次回作も買わせるかを焦点に作っているのもあってか

あらゆる面で楽しめるようにストレスを感じさせないように工夫している


情緒的な表現をするなら「魂の入った仕事」とはこういうのを指すのだろう


しばらくソシャゲは起動しないと思う

しかすると二度と起動しないかもしれない

古くてもその当時の全力で作られたゲーム面白さが圧倒的だわ

2019-03-17

けものフレンズ2、9話ばっかり話題になる理由とは

ずばり突然のウェット&メッシー表現だと見た。

何あのテクスチャー。

ストーリー破綻セリフの間の悪さ、脚本問題点なんかより、あのイエイヌの汚れテクスチャーが原因だろう。

あのイエイヌ常軌を逸した汚れっぷりさえなければ、9話がこんなに話題になることはなかっただろう。

ここまで、道端で転ぼうが山道を駆けずり回ろうがチーターに跳ね飛ばされようがキャラクターが汚れるという事態はおこっていない。

あと水に入っても出てくれば濡れてない。そういう表現はしないアニメとして見ていたわけだ。

ところが9話においてイエイヌけがいきなりドロドロに汚れてみせた。

テクスチャーの透明度は適正だっただろうか?

9話に怒っている人のかなりの割合は、あのドロドロを、傷を含んだ汚れとして見ている。

しろ作品中であんなに汚れて見せたキャラクターが他にいないから。

まあまったく汚さなかったとしてもキュルルのあの態度はないけどさ。

本当に製作者はせっかくのオリジナルキャラをどう思ってもらいたいのかわからん

2019-02-14

陰嚢がシワシワなのは温度で伸び縮みするための伸び代作ってるのはわかるけど小陰唇も同じテクスチャなのはなんでなの?あい別に伸び縮みしないじゃん

2019-01-24

20代OLが好きなアニメ13選を必死に語ってオススメするだけ

アニオタ歴だいたい10年。

サブスクリプションサービスの発達で、毎年どんどん見る本数が増えてく。

外れ作品もある、それもまた風流アニオタって楽しい

バッカーノ!

1930年代禁酒法時代アメリカ舞台にした群像劇。オシャレな雰囲気の絵柄・音楽大人にとってもグッとくるアニメだが、とにかく話が面白くなるまでが長い。ほんと、長い、時系列バラバラストーリー名前を覚えきれない大量の登場人物に、多くの人が挫折するかもしれない。でも、9~10話までは頑張って観ていただきたい。最後にはすべての話が繋がり、「そ、そういうことだったのか~!!!」と納得させられる。そんなジェットコースター級のカタルシスのあるアニメ原作成田良悟は後述する「デュラララ!!」でもこの手法をとっている。OP曲はニコニコ動画手書きパロディ流行した。

SHIROBAKO

働くすべての人に見てほしい、PA WORKSのお仕事アニメの傑作。目指した理想と追いつかない現実、社内や外注先との仕事に対するモチベーションの違い、破綻するスケジュール、板挟みの調整やスランプに陥る焦り……など、誰かがどこかで体験したであろうトラブル共感できるよう描いている。むしろ共感しすぎて胃が痛くなるレベル転職する人や、業界自体を去る人を描くのも印象的。こう……アニメって、強いヒーロー主人公となって大逆転をかますものが多い中、SHIROBAKOは「目立たないけど、仕事にしっかり向き合う、頼れる大人の仲間」がたくさん描かれてる。そこがいい。こういう社会人活躍するアニメもっと増えてほしいよね。

ユーリ!!!on ICE

大ヒットを記録した男子フィギュアスケートスポーツアニメ。なかなか結果が出せない日本代表フィギュアスケーターの勝生勇利は、ひょんなことからロシア伝説的スケーターのヴィクトルコーチに迎え、グランプリファイナル優勝を目指すことになる。作画の美しさも話題となったが、このアニメの良さはストーリー構成にあると思ってる。今後の展開を期待させる導入の1話、3話のライバル対決、各国を舞台に繰り広げられるGPシリーズ、そしてクライマックスのGPF。12話をバランスよく完璧いかしたストーリー構成で、最終回ギリギリまで予想できない展開を引っ張りつつ、最後はきっちりと話をまとめる。アニメのお手本のような構成である。なお、アニメ放送後に現実競技アニメを超えてしまったため、2017年以降に放送していたらイマイチになってただろう奇跡タイミングにも注目。

赤髪の白雪姫

純粋さと爽やかさの心地よい、王子様と薬剤師王道ラブストーリー少女マンガ原作の中でも、花ゆめ系が万人にオススメできる理由は「女の子が芯のあって強い」点だ。ヒロイン白雪は、ゼン王子の隣に立ちたいという目標のために、宮廷に使える薬剤師として試験を乗り越え、人との関わりの中でしっかりと信頼を得ていく。たとえ悪人に囚われても、王子様の助けを待てない、知恵と行動力自力解決ちゃう自立派の強いヒロイン。そんな強さが最高にかわいいくて、かっこいい。少女マンガは、冴えないヒロインになぜかクラス1のイケメンが強引に言い寄る~、といった受け身モテモテ展開が多くみられる。けど、赤髪の白雪姫は「白雪ちゃん堂々としててイケメンすぎて惚れてしまうわ~」とヒロインの魅力に納得させられる、そんな恋愛アニメ

91days

マフィア家族を殺された主人公が、狡猾な作戦駆け引きで繰り広げる91日間の復讐劇。攻勢も陣営もどんどん変化していく息つく暇ない展開な上に、ポンポンと人が死んでいくので、公式サイトの相関図を見ながら視聴すると話がわかりやすい。「ゴットファザー」とか好きな人ならハマるかもしれないちょっと硬派なドラマ。そして、いかついオジサンばっかり出てくる。各話のラストの引きがすごく計算されていて「どうなっちゃうの~?このあとどうなっちゃうの~?」とソワソワさせられる、緊張感あるアニメ。放映時は中盤に総集編が入ったのだが、もともと密度が高いストーリーだったせいで4分おきに登場人物が死んでくすごい総集編になってた。視聴後はなぜかラザニアを見るとドキっとしてしまう。

桜蘭高校ホスト部

お金持ち学校入学した庶民主人公ハルヒが、ひょんなことから学園の女子をもてなすホスト部」に入部してしまうとこから始まる物語個性豊かな部員とど派手な学園生活を過ごすお金持ちラブコメディ。男子制服を着ているが、ハルヒは実のところ女の子タイトルだけ見ると女性向けのアニメに見られがちだが、ストーリー破天荒常識破りなお金持ち達がおりなすコメディが中心。主人公ハルヒボーイッシュな見た目や、無頓着で歯にきぬ着せぬツッコミ、時折見せる女の子らしさにノックアウトされた人は少なくないと思う。リボンの騎士ベルばらも、いつの時代だって女の子男装はぐっとくる。連載が続いていたため、アニメオリジナルラストになりながらも、ほぼ矛盾なくすっきりとまとめあげた傑作。ボンズ作画の美しさや、人気の高いOPも必見。

巌窟王

小説モンテ・クリスト伯」を原作とするSFアニメモンテ・クリスト伯爵の復讐劇を、復讐相手の息子アルベール主人公にして描いた人間ドラマが見所。伯爵の博識で理知的なふるまいと、その不気味な魅力にひかれていった人は多いはず。アルベールの両親達の隠してきた過去が少しづつ暴かれ、伯爵目的と悲しい真実が明かされていく。最後に救済はあるのか、本当の愛と友情をアルベールら子世代体現していく。欠点は、序盤のアルベールがあまり無知純粋すぎて、見てる側が若干イラッとしてしまうところ。また、この作品の特徴は何といっても映像テクスチャをふんだんに使った革新的映像は、最初のうちは見づらいと感じるものの、慣れてくるとその美しさや世界観のとりこになること間違いなし!

デュラララ!!

首なしライダーセルティと、一癖ある池袋の人々との群像劇。散りばめられた伏線やそれぞれ登場人物の行動が、物語終盤に一気に収束していくさまが、なんともスカッとするアニメである主人公セルティ妖精デュラハンで、首がない。首がなくても、その人間味あふれるしぐさと時折見せる乙女発言(?)に、「頭なんてもんはな、飾りなんだよ」という新たな発見私たちに与えてくれた。登場人物には、主人公が首なしライダーであることが気にならない、ED曲もこれまたニコ動でパロが大ヒットした。

TIGER & BUNNY

オジサンベテランヒーローと、若手のイケメンヒーローが街の平和を守るバディものヒーローアニメスポンサー企業がつき広告を背負いながら戦うヒーローは、働く中年の歯がゆさも共感できるよう描かれる。メインコンビの虎徹バーナビーのかっこよさもさることながら、濃すぎる各ヒーロー達のキャラクター性が素晴らしい。王道アメコミな要素、まっすぐなストーリーで老若男女問わず楽しめるアニメだったと思う。アニメ放送時は、ルナティックさんの決めセリフからタナトスの声を聞け」が私の観測範囲でよく聞かれたと記憶している。

ハイキュー!!

ジャンプ原作高校バレーボールアニメ。低身長ながら驚異の運動神経を持つ主人公と、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターコンビを中心に、チームメンバーの成長と情熱を描く。テニプリのようなトンデモ展開はほとんどなく、ギリギリ人間的な試合が行われるのでご安心を。このアニメライバルチームの描き方もすごく丁寧で、主人公のチームが勝っても負けても複雑な感情になる。どっちにも勝ってほしいと願っちゃう特に好きなのが山口。目立たないキャラなんだけど、とても努力家。同級生たちの活躍に影響され、サーブに特化した猛練習をするんだけど、強靭メンタリティ選手が多い中、山口は弱さも逃げも見せてしまう。自分に対するふがいなさに涙をためる姿に、グッと共感したくなる。ストーリーでは、練習伏線の回収のしかたも優秀で、技のインフレや、突然のスーパープレイが少ないのもよい。あくま練習で学んだことをベース試合が進んでいくところ。

魔法少女まどか☆マギカ

説明不要の大ヒット魔法少女アニメ魔法少女アニメの定石を覆し、すべてのマスコット動物に不信感を植え付けるきっかけになった作品個人の感想)。衝撃の3話の噂を聞いて見始めたクチだが、10話の真実が明かされた時にはもう号泣しすぎて目パッサパサにしてしまった。すべてがFになるもびっくりの叙述トリックアニメだと思っている。2010年代アニオタ共通認識的な作品として、広く根強いファンを持つ。

響け!ユーフォニアム

コンクール全国出場を目指す北宇治高校吹奏楽部青春を描いた部活アニメ演奏シーンの作画の美しさ、音へのこだわりが前面に出ていて、最高クラスの質のアニメになっている。人間関係もリアリティファンタジーのバランスがちょうど良い。吹奏楽部って強豪校は実力主義だけど、人数も多いかトラブルもあったりして。先輩を退けて合格する居心地の悪さとか、部員間の噂で不信感が広がるとか、ソロパートオーディションでは部員達は実力差を感じながらもどちらにも拍手できない描写とか、揺れ動く高校生のリアルな反応がすごく良い。そういった衝突やさまざまな想いを経て、ラストコンクールへ。演奏シーンでは色んな感情が詰まって大号泣します。

スタミュ

ミュージカル学科舞台に繰り広げられる青春男子ミュージカルアニメうたプリ的な突然に歌いだす展開+ジャンプポコン的熱血要素+アイドル性を全部混ぜ合わせて昇華させたようなトンデモ内容。最初のうちはギャグ的なツッコミを入れながら楽しんでたら、いつの間にかデコボコなチームメンバーひとつになって目標に向かう姿に涙してた、そんなアニメ。注目したいのは、物語中盤のミュージカルダンス作画演出優等生完璧なチーム柊、それと対照的主人公チーム鳳の「荒削りで伸びしろだらけだけど、オリジナリティがあって、引き込まれダンス」が、ちゃん作画でわかる。これだけ細かい演出は、ダンス作画だと難しいところ、こだわりが光っていた。そして、主人公・星谷くんがメンタル鋼すぎてすごい。どんなに相手に冷たくされてもめげない圧倒的コミュ力でばったばたと反発キャラを懐柔していくところも見所。

かにもいっぱいあったけど、書きたいことありすぎて今回はここまで。冷静に見ると有名タイトルばっかになってしまった。

2018-12-10

anond:20181210082011

でも、「強い俺が要求してるからよこせ」は、才能も運も自由意志も全く関係ないよね。

俺は別に「強い俺が要求してるからよこせ」に反抗してるわけじゃないよ。むしろ「強い俺が要求してるからよこせ」はシンプルで良いと思ってる。

俺が疑問なのは「強い俺が要求してるからよこせ」でしかないのに、なんで「運が良い(or才能があるor自由意志)によって得た資産なので再分配すべきである」「再分配は善である」みたいなテクスチャを貼ろうとするのか? って部分ね。暴力によって優位であることは別に善を保証しないでしょ? 善を言い張ろうとすることそのもの姑息で滑稽じゃない?

2018-10-22

anond:20181022170403

都内ホームレスおっちゃんとかかなり清潔感あるよ

とにかくテクスチャが均質エッジが直線的でランダム要素が少ないとポイント高くなる

2018-10-16

anond:20181016114655

流石にiOSエミュレータ回線速度設定とかもあるだろうから、それ設定した上で検証してみろよ。(お前が開発とかしてる人間なら)

こっちは実際に動画キャプチャして糞さを確かめてもいるんだぞ。

流石にクソさは認めろや。

画像を1枚ずつデータとしてDLするんじゃなくて4ページを大きな1枚のtiffかにしたテクスチャUVで4つに切って表示するとか割と鉄板データ設計とかしとらんやろ。

から糞遅いんだぞ。

割と真面目に他者見習えや。

2018-10-11

情報工学 CG分野の業績事情修正在り】

http://dlit.hatenablog.com/entry/2018/10/10/080521

https://anond.hatelabo.jp/20181010122823

私もこの流れに賛同したので続きます。私は博士課程の学生なので、多少間違いがあるかもしれませんが、大筋は合ってると期待します。身バレしない程度にざっくりとした纏めにとどめますが、誤りがあった場合修正については諸氏にお願いしたい。他の研究者の諸事情を聞くのは面白いですね。

はじめに

CG分野の研究は、大雑把に分けると

というようなモノになると思います。各分野を横断する様な複合的な研究も多いのですが、大雑把にというところでお許しください。最も著名な研究者現在ドワンゴリサーチ主幹しておられる西田先生でしょう。

論文事情

国内ですと画像電子学会VCシンポジウムといった会議雑誌投稿しますが、国内への投稿はあまり重要視されていないという現状があります。では、どこへ投稿するのか?といいますと、Siggraph (Asia) 、 Eurograph、Pacific Graphics などの主要な総合会議になります。主要会議については、インパクトを重視する面もあるのですが、各ジャンルで、例えばレンダリングではEGSRなど、主要な国際会議と同等レベル難易度とみなされる会議があり、これらの専門ジャンル分派会議総合会議よりは多分に理論的な研究が発表される傾向があります。最も評価が高いのは主要三会議ですが、それらでの採択が無理なら、再実験修正したのちに、ランクを落として投稿し、より注目度の高い会議での採択を目指します。

CG論文は、ACMデジタルライブラリーに公開されるほかは、殆ど場合は著者の一人がプレプリントを公開する慣習がありますACMのみですと会員登録をしていない実業界の人の目に触れにくいという事情が影響しているのかなと。SiggraphとEurograph及び主要な分会を除いては、基本的には国際会議で発表された論文は、Proceedingになります基本的にはというのは、その中の優れたもの何報かはジャーナルに採択されることもあるからです。またジャーナルに直接応募する事も出来ますが、ジャーナルへの投稿会議への投稿よりも時間を要する事情もあって国際会議投稿する人が多い様です。当然ですが、これらは全て査読されます。何度もリジェクトされます・・・

https://www.eg.org/wp/eurographics-publications/cgf/

https://www.siggraph.org/tags/tog

一般的論文のページ数は1ページ両面印刷 2段構成10P程度です。とても短いですが、短い分だけ綺麗に纏める能力が問われる事になりますし、一言一句と言えども無駄にできない厳しい調整を繰り返して執筆します。

主要会議は下記のリンクに纏められていますリンクから論文も見れますので、ご興味があればどうぞ。

http://kesen.realtimerendering.com/

論文雑誌とIF

CG業界における最高峰雑誌は、ACM Transactions on Graphics で、IFは 4,218となっています

次いで重要なのが、

IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics でIFは 3.078。

Computer Graphics Forum でIFは 2.046。

ieee computer graphics and applications で、IFは 1.64と続きます

残念な事ではありますが、CGではIFが1.0を超えるジャーナルは少ないので、研究者の多さに比較して掲載枠は少なく競争は非常に激しくなっています。これもジャーナルよりは、それと同等に評価されるトップカンファレンスの proceedingにする理由かもしれません。

業績事情など

学位の取得難易度は、理工学系では高くない方だと思います博士を取る過程要求されるのは、雑誌ないし高レベル会議のproceeding 2報というのが観測範囲での相場です。国内会議への投稿や、査読なし投稿、講演資料などを含めると5本程度はある感じになるのではないかと思います博士を獲得するまでにかかる時間は3年となっています。それより長くかかる人も、短く終える人もいますアカデミックポストは常に足りない状況にあり、非常に優秀な研究者結構苦労してるように見受けられますが、産業界就職する場合は非常に簡単です。

CGをやる上で必要になる数学物理は、基礎科学分野では学部時代にやる様な初歩的な数学物理です。最適化問題を解くことが多くなる関係最適化数学についてはよくやっておいた方が良いようです。この辺りはジャンル関係なく一通り勉強しておく必要があります数学物理勉強量は、基礎科学分野よりも多くはない分、情報系のアルゴリズムに関する基本的理論プログラミングによる実装能力問題になります研究の為には比較対象となる研究を数本程度自分実装したりする必要がある上に、バグを出せば致命傷になるという点が実装力の高さを要求する理由です。優秀な学生は、そこらの社会人よりも優秀という事は珍しくなく。プロコンレッドコーダー日本20人程度らしい)を持っているという様な人もいます

一本の研究を終えるのに読みこむ論文は、20~50、自分実装する研究が 1~3、という量になると思います斜め読みするものまで入れると、その倍くらいでしょうか。物理学と比べると明らかに楽ですね。

レンダリストはスタープレイヤー

CGでは、どのジャンルを選ぶかで博士の取り易さに差はないように思えますが、レンダリング分野は先鋭化しすぎていて、既存研究キャッチアップして実装し、自分研究を行うまでの間に膨大な努力必要とする上に、光学的にみて正しいのか?(追記: 実際に物体に光を当てた場合に得られる画像ないしデータは、計算によって得られた結果と等しい物になっているのか? )という様な厳しい評価を受ける傾向があり、(CG系の)他分野に比べて業績を出すのが大変だと思います研究者の中には10年以上に渡って育てて来たレンダリングエンジンベース研究を行う為に新参との差が大きいのです。そういう意味で優れた研究者師事する事が非常に重要と言われています師匠エンジンを持ってますので)。最近深層学習との組み合わせも増えてきているので、勉強量は非常に多いジャンルだと思います。その分、ゲーム映像分野で花形であり就職の際には引く手あまたになります

流体は希少研究

近年、流体シミュレーションや弾性体シミュレーションは、新規性を出すことが難しいジャンルの一つと言われていて、トップカンファレンスでは採択本数が多くはありません。テーマ選びが難しい分野だと思いますリアルタイムシミュレーションが難しい分野なので、ゲームなどでの応用を狙ったリアルタイム化の研究などが学生には人気がある様です。リアルタイム化すると理論的には正しくない、という様な齟齬が生まれる事が難しく、その折り合いの付け方に肝があるようです。レンダリング同様に就職に強い技術でしょう。流体力学や有限要素法などの知識特に必要しますが、定型化されている部分があるのでキャッチアップはレンダリングよりは容易と思います

モーション研究実用性が高い

モーションとはどんなものか?というと、ゲーム映画などで使われるキャラクタ動作アニメーションの事です。行われる研究はすぐにでも実用化できそうな研究が多く、実際に企業ディズニーなど)での研究成果が発表されることも珍しくはありません。髪の動作研究なども、モーション研究テーマの一つです。これも就職するなら強い分野です。特定数学物理依存せず、基本的数学知識全般必要します。例えば衝突を考慮するならば力学を使うというような感じです。

形状解析および形状処理は需要が弱い

かつてはCADなどで流行りのジャンルだったのですが、CAD研究が下火になったこともあり、現在は傍流の研究です。ただ形状解析の研究は、テクスチャ展開などCG必要技術を支えるものではあるので、現在も一部の研究者によって行われていますゲーム映画で使うLODを作成する技術も、この分野の成果の一つです。他にはMR赤外線センサーから取得した点群を形状に変換するといった場面で研究が役に立ちます就職という観点から見ると、企業から需要は少ないかもしれません。微分幾何と一部は位相幾何特に必要となる知識です。

画像処理は奥深い伝統ジャンル

画像処理画像認識系の会議へ行く事も多いのですが、近年、注目を浴びているのは、深層学習と組み合わせることで、ラフな線画をプロが書いた様な鮮明な線画に自動的に置き換えたり、また無彩色の画像に彩色する様な研究です。特に必要とするものはなく広く知識必要します。部分的には、色空間多様体と考える様な研究もあったりするので、位相幾何学をしっていないとというような事もあります伝統のある研究ジャンルだけに、問われる知識も広範です。画像認識系の研究にも精通している必要がある為、論文を読む量は多いでしょう。

追記 論文評価査読

基礎科学系では疑問視されることはないと思いますが、学科としての歴史が浅くかつ実業に寄った分野なので、論文評価はどうなってんの?という疑問があるかと思い追記します。

査読の際に問われるのは、手法妥当性です。先行研究との比べて何が改善されているか理論的にそれは正しい計算なのか?といった事を主に問われます情報工学のCG分野も科学ですので、先行研究との比較データを集め、解析的に、何がどの程度良くなっているか?を記述します。また、各研究基本的知識として使っている基礎科学系の知識にそって、理論的に研究手法が正しいものであるかも厳しく見られます査読によって疑問を示された場合一定反論期間を与えられます

研究者査読を通過するために、動画プログラムコードなど、再現性を示す資料を合わせて提出することで、査読者を納得させる工夫を行います。時には論文のものよりも追加提出資料のボリュームが大きくなるという事もあります。というか、それが常でしょうか。

自身研究も含めて既存研究は、後発の研究者によって実装され検証されます。上手くいかなければ質問を受けるし、疑問を提示され、後発の論文批判を受けることもあります。そうならぬように、実装したものを公開している研究者もいます。親切な研究者であれば、比較に使うと言えばコード実験に用いたデータをくれることもあります

以上のような仕組みによってCG系の論文研究としての質を保っています。地道で厳しい基礎研究ではなく、実業に近い応用的な研究なので、すぐに企業で使われる事も多く、それも研究妥当性を証明する一つの手段となっています

さら追記 間違いの修正

sisopt 結構りあると思う。SIGGRAPH(Asia)論文はTOGに自動的に載るし、TOGに載った論文SIGGRAPH(Asia)での発表権が与えられるからそれらは同等

これはその通りです。誤った情報を書いてしまい、失礼しました。業績要件については私の知ってる方を含めての狭い観測範囲ですが、なるべく高いレベルで 2報という方が多いようです。全大学ではないことはご了承ください。ご指摘いただきありがとうございました。

2018-09-27

とあるデュンヌとミリシタ

他の方のを見てたらなんだか私も語りたくなっちゃったので。

タイトルにもありますが、私はいわゆるデュンヌ(女性P)です。

全デュンヌさんの代表をするつもりはありませんので、こんなやつもいるのか程度に読んでください。

こういうのってネガティブになりがちですけど、内容は要約するとミリシタ大好き!です。

アイマスにハマるまで

2年くらい前までは、アイマスのことはなんとなく知っている程度でした。

私はニコ動動画投稿してたので、三大カテゴリの一つであるアイマスに触れる機会はそれなりにありました。

でも顔と名前が一致するキャラは数人、アニメは見たことがなくて、曲をしっかり聞いたこともたく。

ツイッターフォロワーさんの中にはPさんもいたので、RTやデレステスクショが流れてくることもありましたが、なにか見てみよう、プレイしてみようとは思いませんでした。

そんな私が本格的にアイマスにふれてみようと思ったきっかけ。

それは、気になった男性アイマスPだったからです。

話のネタになれば、くらいの気持ち最初に見たのは劇場版「輝きの向こう側へ!」でした。

今考えるとアニメ本編から見ろよという話なんですけど、その男性との初デートまで時間がなかったので、手っ取り早く見れるという理由でチョイスしました。

765ASのメンバー千早春香以外はふわっとしか分かってなかったんですが、千早かわいいなとか志保って子面倒くさかわいいなとかライブシーンすげえと思いました。

ぶっちゃけ、すごく刺さったというわけではなかったです。

でも全然まらなかったというわけでもなくて、アイマスってこういう感じなんだーという雰囲気はわかりました。

もっと萌え萌えしてるというか、パンツとか見える感じかと思ってたので。

その後、アニメ本編を見ました。

元々、キャラクターデザインでいうと千早と貴音が好みでした。

千早は面倒くさい子という話は聞いてたんですが、私は面倒くさい子が好きなので、765ASメンバーの中では一番興味がありました。

アニメ序盤の千早ぶっきらぼうというかそっけないというか、空気読まない協調性のない子で、うわーめんどくさ!かわいい!と好きになっていきました。

てってってーってアイマスだったんだ!?ニコ動MADとかでよく聞くあの曲は千早が歌ってたんだ!?この曲アイマスだったんだ!?と驚くこともしばしば。

そしてアニメ20話、「約束」。

泣きました。

千早抱きしめたい…と思いました。

ぶっ刺さりました。

発端になった男性はその頃には彼氏になっていたので、CDを貸してくれました。

千早の曲がすごく刺さって、ますます千早に惚れました。

アニマスを見た上で劇場版をもう一度見てみると、千早の成長や765ASメンバーの絆が分かってすごく楽しめました。

あと、やっぱり志保生意気面倒くさかわいかった。

ミリシタをはじめました

彼氏グリマスをやっていたのですが、私はやっていませんでした。

ソシャゲに対して、忌避感というか嫌悪感があったんです。

冒頭でも言いましたが、ツイッターフォロワーさんの中にはデレステプレイしている人がいました。

流れてくるスクショやRTの中にはガシャの爆死報告も。

ただの絵に数万円払う価値観が当時の私には分かりませんでした。

(正直、今でも100%は分かりません)

払う方が悪いというか自己責任なのは分かるんですけど、そこまでお金を使わせるガシャという仕組みに対してはすごく嫌悪感がありました。

そういうわけで、グリマスプレイしてませんでした。

アイマスに触れるようになってから8ヶ月くらい経った頃、ミリシタが配信開始されましたがスルーしてました。

が。

RTで見た千早自撮りしてるのが可愛すぎて、是非とも自分でも見たくなって、勢いでミリシタをインストールしてました。

担当の可愛さの前にはソシャゲへの嫌悪感なんてないも同然だった。

インストールしたのは配信開始から一週間後くらいだと思ってたんですが、最近初出勤日を確認したら配信開始の翌日でした。

千早が可愛かったから仕方ないです。

そんなわけで私はミリシタをはじめました。

タイトル回収遅くてすみません

配信開始しばらくのミリシタ

配信開始から間もない頃のミリシタは、正直評判があまりよくなかったです。

動作が重い、実装曲が少ない、そう言われてました。

これじゃせっかくの新規もいなくなるという意見も見かけました。

そんな中、ほぼ新規の私はどう感じていたかというと、普通に楽しんでました。

画面の中でアイドルが踊ってくれると可愛かったし、4Mフルコンがやっとだったくらい下手くそだった音ゲーに慣れて6Mもフルコンできるようになって、とっても楽しんでました。

当時はNカード最初から揃っているのではなくてドロップで、場合によってはプロルはあるのに着せるアイドルがいないなんてことも。

早くアイドルプレイアブルにしたくて、プロルを着せてあげたくて、コミュコンプリートしたくて、夢中でミリシタをプレイしてました。

SSsイベントがはじまるまでの数ヶ月を暗黒期とか空白期とか言うこともあるようですけど、私は別に苦痛ではなかったです。

52人もいるアイドルのNカードコミュコンプリートするためにじっくり時間をかけられたので、私にはちょうどよかったかな?

担当推し)について

765ASメンバーしか知らなかった私ですが、ミリシタをプレイしていくうちにだんだんミリオンの子たちも分かるようになりました。

面倒くさい子が好みの私は、志保静香、紬の担当に。

この3人はなんとなく順当感があるんですが、自分でも意外なくらい刺さったのは昴です。

見た目から、ツンケンしてて冷たい子だと思ってたら、声が可愛くて元気で人懐っこいというギャップが刺さりました。

今では千早と昴が私の中でツートップです。

ちなみにこの日記だと担当推しが混在してますけど、使い分けがわかってないからです。

ミリシタ運営には信頼しかない

アップデートのたびにUIを改良したり、機能を追加したりしてくれるミリシタ運営には好感を持ってました。

私の中でミリシタ運営への好感が信頼に変わったのは、昴のSSR衣装の件です。

SSR衣装を着ている昴をながめていたとき、顔と体で肌(モデルテクスチャ)の色がちょっと違うことに気づきました。

通常衣装問題ないのに、SSRだけ微妙に違うんですよ。実装当時のスクショとかググってみてください。

私はどうしても気になって、昴のSSRだけ体側の肌の色が違う気がします、修正してくれると嬉しいです、という要望運営に送りました。

それからどうなったかというと、数ヶ月後のアプデで、肌の色がちゃん修正されていました。

めちゃくちゃ感動しました。

この運営ちゃん要望意見を聞いてくれるんだ、信頼できる、と思いました。

その後も、PSTや1stカードソートができるようにしてほしいなどの要望を叶えてくれたので、ミリシタ運営には本当に感謝してます

詩花イベのこと

1周年イベント後にはじまったBlooming Starイベント

PS4ステラステージから詩花が登場し、イベント曲も詩花の持ち歌です。

そして上位報酬は私の推しの昴。

持ち歌じゃない曲でイベントを走らされる昴Pが可哀想炎上したとかしないとか聞きますが、昴Pとして言わせてもらうと。

全然ありでした。

詩花ちゃんかわいいし、曲も素敵だなーと思いました。

コミュの内容も、昴たちが詩花のヨイショ要因にされてるとは全然思わなかったです。

お互いに憧れ合う昴たち5人と詩花の姿が、青春っぽいというか、なんだか可愛くて微笑ましくて甘酸っぱかったです。

というか昴は別に詩花じゃなくても、可愛い子は素直に可愛いって言いますよ。

お仕事コミュでも、あっあの子可愛いとか、大したもんだとか、素直に褒めて認めてます

そこで、男っぽい俺って…って自虐したりじめじめしたりしない昴だから好きなんです。

詩花かわいい、グッズ買いたいって言ってるのはすごく昴らしい反応だと思いました。

無理やりヨイショさせられてるとは少しも思いませんでした。

昴の新曲じゃなかったのは確かに残念です。

今だから分かることですけど、おそらく、声優さんがご妊娠中だったか新曲じゃなかったんだろうなと。

今回を逃したらもう二度とないわけじゃないし、待てば次があるはずなので、声優さん産休・育休明けをのんびり待ちます

それに、うまくいけば昴持ち歌+2周目上位もありますしね!

その日が迎えられるように、ミリシタを遊んで支えたいです。

ちなみにイベント結果ですが、2凸で終了でした。

彼氏と、(セレチケ以外)課金絶対しない、課金したら別れると約束してるので…無課金だとここらへんが限界だったかなーと。

2018-09-26

乳首の色

よくピンクっていうけどそれ真に受けてテクスチャの色をピンク指定すんなよ・・・

最初ニップレスみたいなシールかと思ったわ・・・

それにしてもどピンクだとあんなに違和感あるもんなんだな

作者はこれみて違和感覚えなかったのか小一時間問い詰めたい

2018-09-21

[]アニメアルドノア・ゼロ

地球軍vs火星軍の戦い

地球人のやれやれ天才少年火星王女様、それから火星側にいるけど地球人の少年三角関係

結論

まら

よかったところ

戦闘時にボーカル入りBGMが流れて盛り上がる

主人公の幼馴染(Not王女様)がかわいい

王女以外の女の子がかわいかったりエロかったり

戦闘力差をトンチでひっくり返して倒すところ

op冒頭の「お尻を捧げよ~♪」

わるかったところ

クールは長すぎ

ギルクラ見た後の視聴感と似てる

まり

・2クールあって内容結構あったはずなのにほとんど記憶に残らない

映像もそれなりにこってたし作画崩壊もほぼなかったのに、つまらない

キャラストーリーダメダメ

・わかりやす動機キャラ設定とストーリーなのに、何度も何度も同じ展開をやるからいい加減飽きる

 (大体が、1話の半分あたりで強い敵が攻めてくる→スーパー天才主人公マンのトンチで撃退の繰り返し)

トラウマ少佐描写もくどすぎる割にあっさり解消してロボット乗って戦ってる

マジでクールやった意味がわかんねえ

ラストオチもほんとクソ

視聴者面白がらせようという意図がまったく感じられない

とってつけたような最終決戦やるけど画面暗くて見づらくて何やってんのかいまいちわからん

ロボのテクスチャは安っぽくてのっぺりしてるし

1話と1期最終話と2期の最終話だけでよかったわこんなんなら

2018-07-24

anond:20180724131231

テクスチャプロパティ調整ミスか何かで

ちょっと視角を変えると道路LCDみたいにピッカピカに発光しはじめる3Dゲーよくあるな

2018-07-20

最近デレステの何が問題って

デレぽ炎上とかシナリオ問題とか衣装デザインとか好みによるもあるだろうけど

目に見えて更新内容全体のクオリティ一年から停滞・低下していることが全ての引き金だと思う

今回の五十嵐響子恒常ガチャについては、流石に目に余ったので私見を記録しておく

五十嵐響子恒常ガチャ

1初の恒常2週目追加

…これについては

「まだ全員実装されていないのに恒常2週目とは何事だ」

「〇〇(性能・衣装)な五十嵐響子を期待していたのに恒常2週目で納得できない」

といったパターン批判があった。

衣装がほぼ恒常小日向美穂

PC衣装。細かいアクセサリー以外の胴体部分については、全く同じディテール

これについても、

「3週目の五十嵐響子をずっと待っていたのに五十嵐響子だけの特別衣装じゃなかった」

小日向美穂の恒常SSRは小日向美穂しか着られない特別ものではなくなった」

自由度の高いのが売りだったシンデレラユニット推しとは何事だ」

といった意見観測できた。

3今回の更新を歓迎する人々

ピンクチェックスクールユニット衣装に期待していた人達も勿論いる。

個人的には、正直そういったおそろいユニット衣装リリースするために「ドレスショップ

があるのであって、課金ガシャのSSRはまた違うものであって欲しいと思うのだが、

五十嵐響子小日向美穂のお揃い衣装が嬉しい人たち」

にとって、1・2にあるような自分が嬉しかった事への批判を見る事は気持ちの良いものではない。

逆に批判意見に対する否定も、「批判をするぐらい何らかの形でシンデレラに興味があった人」

ポジティブ気持ちさえも否定することになるわけだから、お互いに不毛である

今回の五十嵐響子の件は流石に…と思ったので取り上げたが、ここの所大なり小なり、最初の頃に比べて(デレステ 手抜きとツイッターサジェストされるぐらいには)満足できる人と不満を抱く人の割合において、後者の勢いは増加している。

この原因を作っているのは何者でもなく、「売上がシンデレラガールズのゲーム還元されていない」部分にあると思う。

3Dモデルテクスチャや立体部分は素人目で分かるぐらい減っているし、MVも過去リソース再利用が増えた。そして今回は課金ガシャ衣装のほぼ再利用である

デレステの売上を全てデレステに使うのは企業として正しい姿とは思えないが、シンデレラを楽しみに、期待しているユーザーたちに向けてもう少しリソースを使ってほしい。

3Dの女の子アイドルが歌って踊るゲームは山ほどあるし、音ゲーだって千差万別だ。

それでも、「デレステ」をプレイしている人達は多かれ少なかれ「シンデレラガールズのアイドル好きな人達」であることを忘れないで欲しい。

シンデレラガールズは183人もいるから、183人それぞれを好きな人達の願いを叶えるのはとても難しい事だけれど、「イベント報酬に全アイドルに何らかの利益があるものを入れてみる」とか、「同じ全員配布でも取得条件になんらかのゲーム性を入れてみる」とか「モバゲー版」で出来ていたことでも、大分変わる。

完全に蛇足だが、「テキスト」や「シナリオ」を頑張って捻出することが全てではなく、「ユーザー」に想像余地を与える事も、コンテンツに一役買うのではないか

ゲームプロなら、不満を抱えるユーザーが増加してしまった現状を、不満を上回る楽しさで打開してくれると願ってやまない。


……とりあえず、上記気持ちの悪いクレーム文を推敲して問合せフォームから送ってみようと思う。

特に何も効果はないかもしれないけれど、何もしないよりは何かがあるはずだ。

2018-07-06

創世記

はじめに神はUnityプロジェクト創造された。

 

シーンにGameObjectはなく、むなしく、デフォルトSkyboxがCameraのおもてをおおっていた。

神は「光あれ」と言われた。するとDirectionalLightがあった。

神はその光を見て、良しとされた。

 

神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。

そのようになった。神はSkyboxにおおぞらのテクスチャ画像を設定された。

神はそのおおぞらを天と名づけられた。

 

神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。

そのようになった。

神はTerranを作成し、そのかわいた地に"陸"とTagNameを設定された。

神は見て、良しとされた。

 

神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。

そのようになった。

地にはTreeが配置された。地は青草と、種類にしたがったPrefabをもつ草と、種類にしたがったPrefabの木とをはえさせた。

神は見て、良しとされた。

 

神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。

神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造しようとしたが、

面倒だったのでAssetStoreからダウンロードして配置した。

神は見て、良しとされた。

 

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。

神は最近Vtuberにご執心だったので、今度はBlenderを立ち上げて自分アバター創造された。

すなわち、神のかたちに創造し、美少女創造された。

 

神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。

夕となり、また朝となった。

 

神は第七日にその作業を終えられた。

すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。

これが天地創造の由来である

2018-06-30

ニンジャバットマンが受け入れられなかった

バットマンというコンテンツほとんど興味ないし、これがファンにとってアリなのか無しなのかとかは本当にどうでもいいんだけど

単純に脚本お話の体をなしていなくてがっくりきた。

オリジナルキャラの蝙蝠衆やら猿やらの登場が唐突すぎるし、何がテーマかも感じられなかった。

こういう事を言うとよく「娯楽にテーマなんて必要ない!」ってイキるやつが出てくるけど、

テーマというのは主義主張のために必要なのではなく、作品一貫性のために必要なのだということを知っておいてほしい。

タイムスリップものとしても、蝙蝠衆の伝承の由来は実はタイムスリップの影響で~

みたいなありがちではあるが納得の行く仕掛けがあったりするのかと思ったが、

何もなく、ただ都合よく蝙蝠男の救世主伝説が伝わっていただけだった。

まあ肯定意見の大半もお話は雑だったけど映像が良かったみたいな意見が多いが、

その映像面に関しても、ところどころ出来の悪さを感じる部分があった。

途中でバットマンが心を入れ替えてから背景美術からテクスチャが消える=色眼鏡が取れるというような演出があったが、

直後に絵巻物や日本昔話風の作画パートが入ってくるので演出意図意味を成しておらず、監督は何も思わなかったのかと疑問を抱いた。

前半の2D作画によるエフェクトモブキャラクター品質が低く感じられたし、

例の日本昔話風のパートも、アニメーター個性が出すぎていて(一部実写みたいな顔になってたし)、やりすぎに感じた。

でもこの程度でも絶賛されるわけだから脚本だとか映像の質だとかそういうものはどうだっていいのかもしれない。

しか日本アニメ脚本家がだめだよね~みたいなことを言うとそれなりにバズるのに、

実際は脚本お話の完成度にかかわらず人気不人気が決まっているのは何とも解し難いところではある。

2018-06-25

anond:20180624182955

わかるーっていうか今目からうろこだった。

胃腸男性どつよくないってのが前提で

テクスチャーの違うものを同時に噛んで飲み込もうとすると、

余計な空気が入ってきて胃が膨れてあとでげっぷとかもでるし結構めんどくさいです。

それと、味のバラエティがない点で

カレー飲み物」みたいな一品料理あんまりうれしくない。

副菜食べたいとおもってたけどそればかりじゃなく一緒に食べるからってのもあったのかー。

ん?やっぱり途中で味に飽きると唾液が出なくなるのもあるか?

 

おなかがずっと苦しいのやだからなー、

配膳とかしてないでゆっくり座ってわけて少しずつ、つまりゆったりと食べたいものだな・・

2018-06-09

チームラボそこまですごいか

テクノロジー的はありものだし、

アート的にも別に新規性はないよね。

体験型なのと、光を意識したキラキラ系のテクスチャが多くて、これならどこかのゲーム製作会社に依頼しても資金があればアミューズメント施設を作れそうな気がする。

韓国中国日本タイも、その他の国も、東アジアは、なんというか、審美眼が弱いというか、本物じゃないものを本物のように持ち上げたりしてて、痛々しい。TED×Tokyoみたいな感じ。新しい本物は作れなかったけど、みんなまだ見たことないものを作って、自分たち自分たちを褒めておしまい

俺はこれらの問題は結局、JKチャラ男が悪いんじゃないかと思っている。「理系キモw」とか「うわダッサw」とか刹那的生き方しかしてないから芯の通った文化が育たないんだよ。

もっとやくしまるえつこかにも興味もってよ。アルスエレクトロニカも受賞してるし。クソッ、なんで学校美術国語の授業は重要視されないんだ。敗戦で染み付いた負け癖がそうさせてんのか?

フザケンナよ。オザケンなよ。

2018-05-15

3Dにくわしい増田、教えてくれ!

サイコロのような立方体の頂点の数は8個だけれども、UV展開をして十字架に開くためには最終的に同じ座標を含んだ頂点を足して

モデルの頂点数が24個になるって認識でいいの?

データとしての頂点は8個なんだから、8個の頂点を駆使してUV情報を設定できたりしないの?

UnityのMeshでuvを設定する前提で教えてくれたら幸い。

TENGAみたいな同じパターンの模様のオブジェクトモデリングする際は、無理に面ごとに頂点を切るのではなく面の長さに応じたテクスチャ作成した方が効率がいいの?

2018-05-11

バーチャルYouTuberのにじさんじって何が面白いの?

バーチャルYouTuberの中でも、にじさんじってテクスチャ技術的にしょぼくないか

何あの紙芝居みたいなやつ

みんな気にならないの?

それでも他の技術的に優れているバーチャルYouTuberよりも人気なのはトーク面白いってことなの?

でもそれってバーチャルYouTuberである必要性なくない?

2018-04-25

差別とか反差別とかそんな難しい話じゃなくて

安全地帯から他人を殴るのが本邦では最高の庶民エンタメ」ってだけの話だと思うよ。

安全地帯ってのは匿名でも不特定多数でもいいんだけど、いまの差別反差別の話で言えば「どうやら正論っぽい陣営」がそれに当たる。別段正論である必要はなく「殴っても反撃を受けなさそう」であれば必要十分なので、その時々で論者の主張が矛盾してるなんてことも起きうる。

セクハラしたり不祥事を起こした著名人を責難するのも全く同じ構造エンタメで、相手が有名で責める側が無名だと反撃されないんで多数でリンチできるってだけの話。

過去のある時期オタク社会的害悪で殴っても良い存在だとされてたタイミングがあって、その頃はそれがエンタメだったけれど、今は社会状況が代わったってだけ。その殴られてきたオタクだってリンチエンタメが大好きな日本人の一部なわけだから、別のシーンでは別の対象リンチしてるだろうし、オタクうちわでのリンチだって別段珍しくない。

どっちにしろ反差別だのポリコレだのジェンダーだのは、この界隈において手元に転がってた棍棒しか無くて、「安全地帯から他人を殴るのが最高のエンタメ」っていう心性のほうが本体だし、本体自覚しないで論の整理をしたところでテクスチャを見栄えよくするだけの話でしか無いよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん