「落ちこぼれ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 落ちこぼれとは

2018-06-18

ネット原住民(死語)の断末魔

落ちこぼれにとっては貧すれば鈍する、そして、天才ますます落ちこぼれに対する傲慢さを強めていく、そのような傾向はお金持ちと貧乏人の関係に限ったことではない。と同時にだが、天才にとってどんな手を使ってでも落ちこぼれいじめに走るほど、いじめ対象の規模が小さくもなってきている。いじめっ子もいじめ対象がなくなってしまうと自らも維持できなくなるのが本当のところ。それゆえ、生産性のないシステムだとか、リスクの高いものに手を出してでも、天才は更なる高みに走ろうと奔走してしまう。天才断末魔が、不純な食物連鎖システムに手を染めてでも目的を達しようとさせる動機につながるのである。当然、そんな不純な食物連鎖システムには善良な社会がなかなか協力しないに決まっているし、これらのシステムが十分に機能しないのは容易に想定できる。今日震災につけこんだデマを流している馬鹿どもにもいえるだろう。

落ちこぼれいじめられるだけいじめいじめ対象限界に達すれば不純なシステムを作ってでもますますいじめようとする。そんなシステムが、今のこの世の社会蔓延していると考えるのが自然である。現にサブカルは長期的に考えてみれば生産性のない、不景気文化特有の明らかなその場しのぎの文化で、この限界は、急激なサブカル人口の激減という形で表れている。そして、一方で、いじめ社会の経緯ゆえに現状維持目的ならば何でもやるという断末魔事態ますます進行中である。こんな体質の根深社会ごと、善良な人民が巻き込まれてはたまったものではないだろう。

anond:20180615111555

今更だけどその「頑張ってない先生」ってどういう判断

自分の話でいうと「60分の模試を60分で解ける人」は頑張ってない腐ってる人間で、「60分の模試を90分で解ける人」は頑張り屋さんで腐ってない人間なの?

なんか、一昔前のヤンキー漫画の「エリートクズで、落ちこぼれの俺たちは人情派」みたいな考え方ね。

2018-06-12

ラノベを読んでいる人間というのは、すぐに「死ね」とか「殺す」とか言うし、毎日ネット差別語を書きまくっている。

ネトウヨロリコンで低身長

被害者意識が強く、他人に対して物凄い攻撃的。

コンプレックスがすごくて、わかりもしない専門書などを読んで分かった気になっている痛い人たち。

「俺はラノベ以外も読むけど」などと主張するために、アリバイ工作としていろいろなものに手を出している。が、結局理解できていない。

とにかく彼らは他人に対して攻撃的ですぐに「死ね」だの「殺す」だの言うクズばかり。こいつらがインテリ面していろいろ語ってるのは気色悪すぎる。

結局東大落ちこぼれなんだよ。

2018-06-09

anond:20180608184504

自分落ちこぼれで、指導教官もテキトーだったので最低限も保ててない側だった。

当時はそれでも精一杯だったのだ。

優秀な同級生が入った優良企業は他の社員も同等のクオリティだとしたら

そりゃ競争力に差もつくわな。

2018-06-08

同期のレベルが低い

この春大学院卒業して化学メーカー入社した。

自分研究室の中で落ちこぼれだった。「大企業なんていったらレベルの高い人たちに埋もれて出世できない!」なんて考えたから規模が小さい会社を狙って入った。

新入社員が集まって発表する機会があったんだけど、プレゼンレベルが低すぎて愕然としてしまった。フォントが揃ってないし、話の筋が通ってないし、スライドきたないし

抽象的でフワフワな計画目標部長とか役員も見るのに・・・自分で発表して気持ち悪く感じないのかな・・・

スライド作って給料もらうのもあれだから時間かけずに最低限の体裁を整えたつもりだったのに40人いて5人くらいしか最低限を保ててなかった。

卒業した研究室だと考えれらなかったかカルチャーショックだった。転職も頭に浮かんでしまった。

質問なんだけど超大企業にはやっぱり、できる新人が入ってきてるの?それともどこもこんなもんなの?

2018-06-06

自由校風落ちこぼれ

高校の話だが、非常に自由校風だった。

授業が休講になればその時間は何してもいいし(コンビニとかカラオケとか行く人もいた)、下校時間とかはなく何時までも居残れた。

しか自由校風の裏にはやはり短所もあって授業中に寝る人は多いし、スポーツ大会部活ばかりで全勉強してない人も多かった。

その自由校風に引きづられて勉強しなくなった人はあの高校落ちこぼれていった。

自分もそのうちの一人で受験ときにはかなり苦労した。

最近高校の進学実績が落ちているという話を聞いた。

あれだけ勉強しない人が多いのなら当然のことだし、厳しくすればもっと実績は良くなるはずなのにと思った。

それだけのポテンシャルを持った人が多かったとあの当時を振り返って感じる。

しか就職活動をしている内に考えが変わってきた。

あのとき学校がやっていたのは精神エリートの選別だと思うようになったのだ。

きっと他の進学校みたいに勉強漬けの生活だったらきっと高学歴と呼んでもらえる大学に受かっている人も多かっただろう。

しかし人に強制された勉強絶対に身につかない。大学に入った後には積極性を持った自主的勉強が求められる。

あの高校で育てられたのは大学に受かった後、さらにその先で必要精神的な自立性であったと今になって実感できる。

あの場所で結果を出す人間はその先でも第一線で活躍するのだろう。

一方でその精神的な自立性を持てなかった人は高学歴というステージに立つこともなく、その先も似たような人生を送ることになるのだと思う。

彼らのポテンシャルを考えると、校風に引きづられて落ちこぼれるあのシステム残酷だったと感じる。

2018-06-04

東大を出て大企業」は「負け組」と実感した話

東大卒アラサー業界トップメーカー勤務サラリーマン

学生の頃は東大トップ層ではないが、落ちこぼれでもない程度。

最近仕事プライベートの両面で精神が滅入ることがあり療養中。

先日、妻から宝飾店主催ツアーを勧められ、気分転換も兼ねて参加した。

催事チケットと高級ホテルランチパッケージにしたバスツアーで、有閑マダムを集めて比較的安く開催しているもの

安い代わりに宝飾品のセールスセミナーが組み込まれていて、商品の素晴らしさを解説される。

このネックレスは編んで使っても綺麗ですよとか、色々なお洋服に合いますよとか、はっきり言って自分感覚からすればくだらないとしか思えない内容だった。

それでもマダム達はあら素敵とばかりにセールストークに乗り、俺の月収以上の値段のする商品を大して悩みもせずお買い上げ。

俺がメンタル壊して長時間労働に耐えながら1ヶ月働いてやっと手に入れる額を、たかが綺麗な石ころにホイホイと払う人たちがいる。

どう見ても俺より努力もしていなさそうだし、聞こえてくる会話からもあまり教養を感じない。平日の昼間からこんな時間のかかるツアーに参加しているあたり、仕事もしていそうに見えない。

不労所得階級、恐らくは地主家系、あるいは高給取りの奥様だろう。妻も地主の娘なのでそのあたりはわかる。

自分東大から大企業に入ったものの、所詮時間と体力と精神力を引き換えにすることでしかお金を手に入れられない身分仕事はそれなりにやっているので最近社長役員と関わる機会も増えてきたが、彼らもレベルが違うだけで本質は同じ。

改めて、どう努力しても超えられない壁存在をまざまざと見せつけられた気分だった。

正確に言えば起業なり投資なりの方法階級を超えることは可能かもしれないが、労働者階級にいるものがそこに辿り着くためにはリスクを背負わなければならない。

今までやってきた努力所詮労働者階級内で「使える奴隷」になるための努力に過ぎないのだなと思った。

しかランチの間近くから聞こえてきた会話の内容は、マダム達の熱意もない子女予備校や塾で矯正していい大学に行かせるというもの

階級は超えないとはいえ「勉強」は持たざるものが持てる者に勝つ数少ない手段として導入されたもの(古くは科挙明治維新など)だったはずが、その席すら持てる者がステータス感や見栄え、いわばファッション感覚で持っていってしまっている。

自分は幸い労働者階級のかなり上の方にいられたし、不労所得階級と繋がりも持てた。今の自分境遇が嫌だというつもりはない。お金のある人がお金を使うのは良いことだということも理解している。

辛かったのは「自分努力で」誰にも負けないよう登っていくことは不可能であること、最初から決められてしまっていたんだということを見せつけられたこと。

バスビジネス街を通ったあたりで、窓の外にいる疲れた顔をしたサラリーマン(とは言っても大企業本社が多いエリア、いわゆるエリートサラリーマンであろう)とマダム達の顔を見比べて、涙が出てしまった。

おれたちは勝ち組なんかじゃない。所詮プロレタリアートだ。

2018-06-03

サブカル異変が起きている!

若者社会占領していたサブカル階層が、どんどん第一から姿を消しまくってるようです。

うっとうしく目障りな不景気風景が消えていくのは嬉しいですね。

ネット似非若者風を吹かせている人々が嘆いています

末端サブカルが中核に見捨てられ、その中核が上の組織に見捨てられようとしてるのがよくわかります

欧米による児童ポルノ問題叩きがバレた途端、社会ロリコンサブカル排除しました。

クリエイターとかがその手の消費者を裏切ったのです。

そして今、一般社会では邪魔落ちこぼれネトウヨネトサヨ臭いクリエイターになり、それも用済みになれば捨てられているのです。

今起きているサブカル悲劇、これは国内情勢も絡んでるようで、例えば景気回復が一進一退ではあるものの進んでいる状況から判断して、たぶんサブカル邪魔になってきたのかもしれません。

2018-05-27

なんでSIが辛いかわかった

古くからシステム大事に扱う白髪頭のおじいちゃん元請け古参派遣社員)と、そのシステムしか知らないお客が現場管理しているからなんだ。

新しい人が「使いにくい」と言うと決まって「それはお前が仕事に慣れていないだけ」と叩き潰すのも白髪頭のおじいちゃんだった。


未来がないと言われている業界だけど保守運用はどんなに規模が縮小されてもコストカットの主役にされても最低賃金で最低人数で高稼働のまま人売りの飯食いネタにされるし

必要としない客もいないから延々に亡くならない業界だ、無知新卒落ちこぼれ派遣が毎年来るから一時しのぎの人員は常に補給されるし。

anond:20180526233213

そのままスクスク伸びて研究者になるやつもいれば、早々に勉強落ちこぼれるやつもいれば、最初から遊ぶことしか考えてないやつもいるさ。

2018-05-26

会社乗っ取りたい

わたしには弟がいる。彼はポンコツだ。

親に尻を叩かれ受験をしたおかげで中高は私立の一貫校に入ったが、すぐに落ちこぼれ学年最下位常連大学も2浪したが志望校には落ち、結局マーチレベル大学に進学した。もちろんこんな感じなので就活は悉く失敗。お情けで父の経営する会社入社した。

一方でわたし特筆するほど優秀ではないが、弟よりはマシだと思う。中高一貫女子校に入り、大学は現役で早慶レベル大学に進学。就活も人並みに上手くいき、外資系企業入社した。

弟のことは嫌いではないが、特段仲が良い訳でもない。ただ両親はわたしよりも弟のことを可愛がってたように思う。

そのような中先日、前述したように会社経営する父が弟に会社を継がせたいとわたしに話してきた。まさかと思った。

そんなに早く父が意思決定するとは思ってなかったし、そしてまさか弟に継がせるなんて正気なのかと思った。

かに大学卒業してすぐに父の会社に入っているので会社のことは私より知っているだろう。ただそれだけで会社経営することはできるのだろうか。

から明言されてきたわけではないが、わたし自分がいずれ会社を継ぐものだと思っていた。そのためにも実力主義外資系企業に入り経験を積み、いずれは父の会社に入って後を継げればと考えていた。

これまでは何がなんでも自分が継ぐ、とは思っていなかったが、どうやら父はわたしに継がせるとは微塵も思ってもなさそうなことを知った途端、急に何がなんでも自分がという気持ちになってきた。

今は父が健在なので会社もすぐには傾くことはないだろうと思っている。しかしいずれポンコツ弟が継いでしまえば会社はどうなるかわからない。

とにかく父が苦労してきた会社を潰したくはないという思いがある。弟がどこまで責任感を持って会社のことを考えているかからない。

これはただのエゴなのだろうか。

誰にも期待されていないのに謎の使命感に駆られているだけだろうか。

それでもわたし会社乗っ取りたい。

anond:20180526000305

単なる大学の同期なので...

(俺自身は同期の中では落ちこぼれなのだが....)

2018-05-22

平成世代がかわいそうっていう話

若者に金くれよ!

そしたら結婚だってするし家だって建てるし子供産むよ!

だって買うし、レジャーもする!!!

金が正義なんだよ、資本主義なんだから

甘えてるとかいう奴くたばれよ!

昔は努力したとか言うけどどんなに非効率な形でも

努力したら金がもらえる時代に生かさせてもらっただけのくせに偉そうにすんなよ!

年功序列堅牢システムに守られてるくせに!!!

そのシステム日本落ちこぼれにしているのに!!!

金よこせ!!!!!!!!!

2018-05-19

YAHOO知恵袋でもちゃんとしたものがあるんだな。

jir********さん2017/4/2708:33:16

高2男子です。青山繁晴という大ほら吹きがいます

『発射後、5秒で爆発した北朝鮮ミサイルアメリカサイバー攻撃破壊された』

国会議員想像ものを言ってよいのですか?

『初めて聞く外国語でも、集中して聞いていれば15分後には大体聞き取れるようになる』

よーゆーてくれました!

1時間で4ヶ国語、2時間で8ヶ国語『大体聞き取れる』ようになってくださいな!

青山繁晴という空気読めない発達障害インチキ議員、この人は夕べ見た夢と現実とが区別できず、まぜこぜにして発言します。

(統合失調症の症状のひとつ)

のちに問い正すと『そんなこと言った覚えはない』と逃げる。

以前に籠池さんの塚本保育園をべた褒めしておきながら、問題発覚したとき『籠池氏というのは初めて聞きました』って嘘をつく。

(虚言癖はコルサコフ症候群の症状のひとつ

会社員時代には会社の金を使い込んだが、退職金相殺することで告発を勘弁してもらった経緯があります

本来ならば前科持ちのはずで公職権はありません。

このような危険人物国会議員でいいのですか?

補足

この元落ちこぼれ新聞記者は、党内に友達がいなくて国会の休憩時間もひとりぼっちです。

次期参議院選挙では自民党公認は得られない見通しです。

無所属落選の見通しですが、その前に統合失調症悪化入院すると言われています

共感した 10

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

kas********さん 編集あり2017/4/2822:32:15

このような危険人物国会議員にすべきでないと思います

次期選挙でも

「本当は出たくなかった

僕は議員なんてなりたくない」

等と、グチグチ言いながら出て来ると思われます

青山繁晴10年も前から

中国破綻するだの韓国Xデーだの

ネトウヨの心を奪う話ばかりしてきました。

現実には

日本中国に抜かれ

大きく差をつけられました。

青山繁晴百田尚樹竹田恒泰上念司

こいつらネトウヨコメンテーター

日本最強!中韓終わり!

こんな事を世間に振りまき金儲けをしてきた売国奴といっても過言でありません。

青山繁晴

15分で初耳言語を聞き取れるなら

数日で

アマゾンの原始民族を含めた地球上全ての言語を聞き取れるはず。

なら地球平和に貢献すべきです。

韓国ガーなんて言ってる場合じゃないだろーよ!です。

2018-05-04

anond:20180206002011

あなたに原因があるとは考えにくいですねえ。(そういう推測をする人がいるのがむしろ不思議

私の推測ですが、ひょっとしたら地域的なものもあるのかも知れません。

そういう、時代から完全に落ちこぼれ劣等感を持っているが、それをどこにぶつけていいかからずに見知らぬ人に八つ当たりする人が割といるような地域。そういうところにうっかり迷い込んで偶々そういう人に遭遇してしまったとか。

まあ、運が悪かったと思って適当にあしらってやり過ごすのがいいのでしょうね。その手の輩には関わらないのが一番ですよ。

2018-04-20

風呂に入るためのモチベーションアップとは

風呂入りたくない。ただひたすら面倒。

服脱ぎたくなぁ~い。

頭濡れるの嫌~。

3歳くらいから変わらない自我である

どうすれば一般の人のように風呂にすっと入れるのか??入りたくなさでかれこれ1時間座椅子はてなやっている。

うちの座椅子は具合が良くてすっぽり体が収まってとっても気持ちがいい。うっかりそのまま寝てしまうこともしばしば。

ほんとふかふかでほどよいな~座椅子

などと考えていると全くお風呂に入れない。

風呂、と先述からしているがただのシャワーだ。浴槽に湯をためるなど、今期では叶いそうもない。来世持越し案件だ。

明らかに気持ち問題である。お風呂には何の非もない。仕事のようだ。仕事には何の非もないのにやりたくない。

仕事に関するモチベーションは、目標である。ここまで達成したいとか、この人のような仕事がしたいとか、誰かに認められたいとか、そういった目標モチベーションとなる。もっと突き詰めると自己肯定されたいという欲求か、金銭による満足かのどちらかが我々を仕事に向かわせていると思う。前者は社会的地位確立したり会社組織のなかで必要とされたり落ちこぼれたくないといった欲求から後者金銭生存にかかわる衣食住に充てるため。後者欲求はわかりやすく単純に金銭が多いことに価値がある。とはい金銭が多い=職場で全うな評価を得られ自己肯定を満たされたという側面もある。前者はその欲求が多様で「出世」「知名度」「人脈」「他者からの賛辞」「所属欲求」など、まるで一見違う価値観に見えるがすべてつまるところ自己肯定である。とはいえ、こちらに関しても金銭あっての行動だ。生存欲求の一部に過ぎない。すなわち仕事モチベーション確立しているもの生存欲求自己肯定という人が人たる所以から起こっているものであり、皆等しくそモチベーションを持ち合わせているのだ。その差は、あれど。

みたいなモチベーションをお風呂にもほしい。

風呂入るモチベーション全くあがらない。パイナップルとか添えておいて欲しい。そしたら入る。

とか書いてるうちにまた時間が経って全然風呂に向かえない。ひィ。

2018-04-19

ぼくのゆめ

ぼくのゆめは、まず、小中高とそれなりに遊んだ女の子と何人かセックスしたりして良い思い出を作りつつ、勉強落ちこぼれない程度にやることです

つぎに、大学は、勉強あんまりきつくなく、そのわりには社会的評価の高い所に行くことです

大学時代には出席は必要最小限にして、同級生人妻女子高生セックスしたいです

なぜなら大人になると女子高生セックスしたらやばいからです

未成年という贖宥状があるうちにハメを外しておかないと、ろくな大人になりません

そして、今は景気が良いので、うまいこと大手企業に入りたいです

このゆめを実現するため、がんばりたいと思います


五年一組 増田太郎

2018-04-11

anond:20180410202032

デモ参加って醜形恐怖だと辛そうなんだけどそのへんどうなん?

4社くらいでそこまで凹まれるとどう言う顔したらいいかからない就活落ちこぼれマン

(今思うと完全に自己PRの方向迷走してたし営業なんか絶対向いてないのに就活ハイで「営業しかない!」と思い込んでた。怖いね。)

2018-04-09

世紀末インターネッツスーパーハカーを夢見たまま隕石で死にたかった

自分時間は今でもあそこで止まっているんだと強く感じる。

あれほどスーパーハカーを夢見ていたのにIT系ブラックさに恐れをなし、気づけばIT系でもない場所Sierまがいの何かを演じている。

この人生は何がしたかったのかと毎日自分に問いかけている。

家に帰ればこの歳になってもゲームアニメ時間を潰す。

人付き合いを嫌いすぎてオンラインゲームを遊ぶことはなく、SNSリプライを飛ばされたらブロックする。

バイブルは「Serial experiments lain」と「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」。

どっちも美化されすぎて一秒だって二度と触れたくない、セピア色のメッキを1ミクロン剥がしたくない。

思い出の中にひたすら生きる。

今を生きていても感覚は今も思い出の中。

ポプテピピックを見ながらぱにぽにだっしゅ!を思い出す。

ガールズアンドパンツァーを見ながら陸上防衛隊まおちゃんを思い出す。

魂は今でも世紀末前後彷徨っている。

モラトリアムジュブナイルも落第したままいつまで経っても心が中二病を抜け出さない。

小学校の段階で既に人間らしく生きることから落ちこぼれていたのだろうか。

字の汚さが幼稚園児並みなのは小学生になる頃には努力の仕方を見失ったからだろう。

自分は真面目に生きてきたと思いこんでいた。

違ったのだ。

自分の真面目さは少なくとも幼稚園で既に失われていた。

あったのは恐怖だけ。

親が怖くてイジメっ子が怖くてテレビ世論や将来の不吉さも怖くてとにかく人間不寛容さが怖かった。

それでも世界がいつか滅びるか、それとも自分他人に頼らず生きていけるようになれると信じられたなら耐えられた。

今はもう、現実を見たくない。

これだけ戦争前夜になっても世界は滅びない。

今更自分が有能な人間になれる気もしない。

あの世紀末で俺はもう死ぬべきだった。

世界が滅びると信じて死ぬべきだった。

自分がいつか羽化すると信じて死ぬべきだった。

生きるべきではなかった。

もう少しすれば何かが大きく変わって奇跡が起きると先延ばしにしすぎた。

そして、目先の欲に流されすぎた。

いつか奇跡が起きるまでの暇つぶし今日まで生きてきたんだ。

それが失敗だった。

2018-04-03

勉強のやり方が分からないままだ

小中高ともに公立

小学校中学校勉強内容は当然分かった… 今にして思えばあれは酷い環境だったと思う

授業内容が楽勝で分かる奴も、ほどよく分かったり分からなかったりする奴も、全然からない奴も、全員同じクラス・同じ授業だ

あれは浮きこぼれ落ちこぼれを作ってしまシステムだな


高校地域トップクラス進学校トップで入ったが、何しろこちらは勉強の仕方など全く分からない

どうやって妥当計画を立てて勉強していくのか… 分からない所はどうやって先生や周りの同級生に聞くのか…

いやそれ以前の問題として、毎日少しずつでも勉強するという習慣も無かった

当然のごとく落ちこぼれ


トップで入ってビリ付近卒業というのはなかなか大したものだろうと思う

2018-03-18

スマートドラッグのおかげで難関大学合格できた

ずっと落ちこぼれだったけど、アデロールというスマートドラッグを飲むようになってから集中力が上がって難関大学合格できた。

これからスマートドラッグを飲んで成功し続けて、社会の勝者、強者になりたいと強く願っているし、これがあれば何でもできるという強い確信がある。

スマートドラッグ出会たことで僕の人生は180度変わった今、僕は全能感で満ちている。

anond:20180318021427

横かもしれないが、大元増田が教えたアホの子が急伸したのは、分からないなりに耳を通り過ぎていた学校の授業から得た断片の蓄積が、増田の与えたきっかけによって繋がって意味を持つ情報になったからなんじゃないかなーと思った。

なので、集団での教育vs少人数教育、ではなくて、集団座学+少人数制のフォローアップ体制、というのが、最近公教育トレンドかなと思っていた。このへんは教育学やってる増田が出てきてくれたら嬉しい。

話題前川文科省次官は、たしかクビになったあと、落ちこぼれの子フォローアップ塾みたいなことをやってるNPOに、素性を明かさずにボランティア申し込んだけど結局職員にばれてしまった、みたいな話をラジオで聞いたことがあって、文科省的にもそういうフォローアップの必要性には着目してたのかなーと思っていた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん