「憐憫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 憐憫とは

2018-01-09

anond:20180109152028

親の代の晴着まで奪われて社長上海高飛び

旅行とは異なり一生に一度の機会ってあたりが憐憫を誘ったのかな。

2017-12-24

睡眠依存症から障害者手帳生活保護くれ

毎日時間寝ないと次の日調子悪くなっちまうんだ。

寝てない状態が30時間ぐらい続いただけで頭がガンガンしてきて寝ることしか考えられなくなる。

完全に依存症だ。

依存症定義は詳しくは知らんが、毎日やってないと頭が変になるのは流石にどう考えても依存症だろう。

障害者手帳を貰えるような医者を教えてくれ。

俺は生活保護暮らしたいんだ。

こんな……毎日時間も寝ないといけないような人間じゃ社会じゃやっていけないからな……皆に迷惑をかけてまで真人間のフリをするつもりはない。

畏怖と憐憫侮蔑嘲笑をこめてフリーライダーと呼ばれるような蛆虫として社会寄生して生きていた方がまだマシだろう。

さあ俺に生活保護をくれ。

我が名は睡眠依存症患者

anond:20171223203237

別に馬鹿にされるべきとか、だれだれと比べて悪いとか、何々を経験していないといけないとか、そういう事は思わない。

読んで面白かった。そして、そういう生活の人が反応が欲しいのは分かる。

ただ、日々のインプットがない相手と会話しても精々数回で話題は尽きる。それ以降こちらは会話相手として面白くない。

日課の料理はきっと本人にとっては良い挑戦課題で、少しのやり応えを以って無職の負い目の感情ごまかすのによいだろうが、本人と家族以外にはどうでもいいこと。

ならその状況では憐憫以外の感情を向けられることがないはず。

俺も似た者だけれどそんな事を考えて日々様々なインプットを心がけているよ。

2017-12-17

童貞のままでいるよりも非処女が怖い

のだった。

アラフォー突入し、このまま自分は人の温もりも知らないまま死ぬのかと考えると恐怖に襲われ、いても立ってもいられずせめて風俗ぐらいには行こうと決意したのが約1年ちょっと前。

真性包茎自力で脱するのに3ヶ月かかった(余談だが、風俗嬢達の真性への憎悪ベルリン蹂躙した赤軍蛇蝎の如く忌み嫌ったという武装SSもかくやと思わせるほどの怨念に塗れていることが様々な掲示板で伺える)。

全国各地のソープから候補リストアップするのに2ヶ月、勇気を貯めるのに3ヶ月、予約に一週間を要した。もう季節は初夏だった。

多少のフォトショ修正や騙しは覚悟していたが、むしろ良い方向に騙された。仮名渋谷凛と呼びたい。心の中でそう叫んだ。

初めて触れた女性の、渋谷凛仮名)の掌も唇もただただ、温かく柔らかかったのを今でも憶えている。しかしそこが限界だった。服を脱ごうとしたところで激しい悪心に襲われた。当然、そのような状態で立つものも立つわけは無くひたすらに体調不良を詫び切り上げた。7万円は15分で消えた。

数日、いや2週間ずっと落ち込んだが考えてみれば自分Lv.1にも満たない雑魚なのだひのきのぼうしか持たない雑魚渋谷凛仮名)に勝てる訳なんて無いのだ。まだ、夏は終わってない。

二度目の挑戦で同じ店に行く勇気はなかったので、普通的な魅力のある(と思われる)島村卯月仮名)の元へ行った。どうして普通に若くて可愛い子がこんな仕事をしているんだろうかとこの世界不条理に疑問を抱かずにはいられない。

結論から言えば立たなかった。手や口や、触れたことも無かったような場所が触れているにも関わらず、だ。彼女自分のせいだと落ち込み、様々な提案をしてくれたが実を結ぶことは無かった。何かをしてくれる度に「島村卯月仮名)、頑張ります!」という幻聴が聞こえてくるようでただただ、辛い時間だった。だが彼女は本物の島村卯月仮名)ではなく、やはりソープなのだ。立たない男とソープ嬢の二人きりというのは虚しさを越えた何かを感じる時間だった。2/3ほど過ぎたことを確認し、非礼を詫びて退出した。5万円が消えた。

三度目について語る言葉は少ない。流れで言えば本田未央仮名)になるのだろうが、予約が取れたのは城ヶ崎美嘉仮名)だった。

立たないのは禁欲が足りないのだと、二週間溜めて臨んだが女性を目の前にするとあれほど溜まった欲が何処かへと霧散してしまう。

笑い飛ばしてくれる分、気は楽だったが職務に忠実な彼女時間無駄に奪うことは自分が許せなかった。3万円が消えた。また、冬が来た。

私はずっと童貞を捨てたいと思っていた。ただの素人童貞でも構わなかった。童貞揶揄小馬鹿にして消費する非童貞の仲間入りを果たしたかった。

しかし愚息はそんな心の卑しさを見抜き、真の心を映しだした。

待合室に並ぶ男の容姿を憶えているだろうか。カロリー消費効率が著しく悪そうな体躯白髪すら生えずに禿上がった頭、同性でも距離を取りたくなる男たち。彼らにすら抱かれなければならないアイドル(仮)を貶めたいのではない。彼らと比較され、剰え憐憫の情を抱かれたらという恐怖が澱のように沈殿していたものの正体だった。

あの客よりも小さい、あの客よりも下手、そんなことを客商売人間が口に出すわけも無いが、そう思うかもしれないという可能自体が恐怖だった。

一時の感傷だと割り切るのは容易いのかも知れない。だがこの気持ちを失えば、私は今よりもさら底辺に沈むことを半ば確信している。

温もりなんて知らない。だって、もう触れない。

童貞なんていらない。だって、もう立たない。

2017-12-14

未来なんてありえない

大学を出るとき就活で失敗して、そこから10年ほど酒とかリスカに費やした

リスカあるあるなのかもしれないけど、夏場は露出するからしないんだよな

冬になるとせっせと手首にオルファを押し当てた

目立つから首に移行したりもした

血が止まらなくて焦ったり、傷跡が目立たないように湿潤治療を施したりした

自分で切っておいて

それから色々あって実家に戻って病院を変えたらカウンセリングを薦められて

二年間のカウンセリングで見えてきたのは、自分母親の何気ない言葉に傷ついてきたことだった

母親にも何か精神疾患可能性があると言われ、当時は否定したけど今では何かあるんだろうなって思う

母親の抱える出どころ不詳の不安自分に濃縮されて連鎖してる気がする

これは自分のものではない、手に余るもの

濃い不安を抱えてきたせいでずっと何かに酔ってたような気がする

何が言いたいんだろう

自らが憐れで仕方ない

両親はこれが普通だという

子供心配するのも夫婦仲が悪いのも普通だと

だったら自分が手首を切ってきたのも働こうとしないのも結婚したくないのも普通じゃないのか

10年を失った

それに対して悔しいような惨めなような感じがする

過ぎたことを悔やんでもしょうがない

これから先の未来を考えて生きていけ

みたいな言説を見ると嫌悪が生まれ

とりあえず10

取り返さないことには未来なんてありえない

未来自分の手の中にあると感じるまでは

後悔と憐憫悔恨を繰り返す

2017-11-21

anond:20171121233609

サイコパス的って、

他人暴力的や、手加減とか憐憫感情なしで接することでいいの?

 

それならフラストレーション解消すること、

 

掲示板上でも良いから、他人と温和な交流ができる場を見つけること、

 

物事を単純に考えないこと(物事がそうである理由や、他人がそういう行動を取った理由には裏や事情が有るかもと何時も考える)、

 

聞きかじりの知識経験談をそのまま自分言葉の様に使わないこと(ちゃんと資料や本で見たり、実際に自分が試してから言う)

 

このくらいか

2017-10-12

苺ましまろ新刊って「宇宙が時折地球に送ってくる謎の美しい模様」みたいな感じある

あー、宇宙やってるなーみたいな。

マンネリ美学」みたいなのと近いけどちょいズレてて、もっと消極的で、なにかを送ってきてますねー、みたいな。

あと、伸恵と付き合うギリギリまでいくんだけど、土壇場で俺が千佳に転ぶのを察した伸恵に

「あー、あんたってほんとにロリコンなんだね・・・

みたいな憎悪愛情侮蔑と同情と共感憐憫が入り交じったような目で見られたい

2017-09-24

腰の立たない女とセックスして何が楽しいんだろう?

セックス合意とかなんか色々議論があるけど、そもそも、腰の立たない女や腰が逃げてる女とセックスして何が楽しいんだろう?

ダッチワイフに面倒さを足しただけだよ?

楽しいセックスを目指すのが、男女ともに幸せになれる方法じゃないのかなぁ?

腰を振ってくれる女とするセックスじゃないと、ゼッタイ楽しくないよ?

男女双方が楽しめるセックスを目指してれば、レイプなんて多分起こらない。

腰の立たない女とのセックス楽しいと思う男が居るとしたら、嫌悪軽蔑憐憫を感じる。

それはとてもダサいし、キモい

もう一度よく考えてみて。

腰の立たない女や腰が逃げてる女とセックスして何が楽しいの?

2017-09-07

anond:20170907154216

そうやって「迷子お引取願います〜」って他人憐憫誘って小銭稼ぐのは勝手だけど

相手商売道具としてしか見てない事、こっちはお見通しだから

2017-06-30

なんとなく死にたいのわけ

なんで死にたいなんて思うんだろう。一人夜中にポツンと何もない自室で椅子に座ってぼんやりとしている時、朝目覚めて外に出るまでの三十分間等々。どうしてか死にたいと思う。どうしてかなんて言っているけれど本当はその原因が分かっているような気もしていて、それでも夢みたいになんだかぼんやりとしていて時間が経てば晴天で、低気圧がやってくればまた雨が降ってそんなことを考えての繰り返し。本当はいつも曇りみたいにどんよりしてるけど、何だか仮面を被っていろんな風に頑張ってる。そういう生きづらさがあるのかな。きっとそうだ。

どうして死にたいんだろう。世の中には恵まれているのに死にたいと感じる人が多い。日本では特にそういう人が多いと聞くけど、どうしてだろう。何が不満なんだろう。何が怖いんだろう。何をしたくないんだろう。きっと何かを拒んでいるけど、それを受け入れないといけない環境にいて、そして誰もその気持ちを汲んではくれないんだろう。そして苦しい。認めてもらえない苦しさ。分ってもらう前に順応を指示される暗黙の日本典型的な善と悪と英雄を作り上げてそれを祭り上げる世界。そしてそれを自分のみならず他者に望む世界。そういう望みあいに疲れてしまったのかもしれない。往々にして人に対して感じる不満は自分への不満だったりする。人に対しての希望もまた自分への希望で。人はそうして互いに自分押し付けあって、押し売りして生きていかなくちゃいけない。それは特に日本では共通認識常識のように何か目に見えない糸でもあるのか、なにか集団的に抱いている希望のようなものがある。それが古き良きと称される至言たるものなのかは分からないが、そこに違和を感じた人間は生きづらい。この際何も正しくなくて何も間違ってないと言えれば、堂々と言えればいいのに。何も区別などしなくて、徳のあるなし、善と悪、あるべき姿あってはならない姿、対立軸なんてなければいいのに。せめてそれを共通の何かではっきりと示すのならそれは法律でもうお腹いっぱいだ。

何だか時々ここにいると具合が悪くなる時がある。ひどく自分が醜く、他が美しく、そこに向かって努力する美徳が目の前にいつもちらついているような、そんな世界他者から映しだされ垣間見るとき、すごく気分が悪くなり、悲しいようなやるせないような、とてもとても深い深い気持ちになる。

そういう時決まって、久しぶりにつけたテレビニュースで、なんてことのない交通事故ニュースを見て、「すごい。」と車の衝突による損壊状況に驚く父のわきで、なんだか画面に目を向けるのが苦しくなって、右耳から入ってくる死亡という文字何だか視線を変に泳がせながら僕はご飯を食べていて、何だかそんなよくある話を急に想像してみたりして、胸の奥がぎゅっと縮んで苦しくなる。いつもロボットみたいに淡々としているくせに。

結局のところ何を置いて生きていけばいいのか僕は分からないのだ。だからはいつも当たり障りのない生き方を演じている内に、いつのまにか体のいたるところがオートマチックへと化して、そして最後には正真正銘のロボットになる。

この先の途方もなく長い人生のことを考えると頭が痛くなる。運の悪いことに100歳まで生きてしまったらどうしようか。あと80年も生きなくてはいけないではないか。少なくとも長寿は全く持って僕に健康的じゃない。どうやって人生をやり過ごしていこうかと考えてしまう。

ただ僕にはまだ家族がいて、この世に存命している。そして僕はいつかその恩を返したいが、どう返せばいいだろうか。母や祖母は「あなたが自立して幸せ暮らしてくれればいい」と言ってくれるが、僕には到底、少なくとも後者の部分は主観的には難しいかもしれない。ごめんなさい。でも、お母さんやおばあちゃんたちが生きている間は僕はなるべく恩を返したい。そうなれるように努力してみるよ。

何ができるだろうか。こんなどうしようもない人間に何が出来るんだろうか。それを探すのが生きるということなら、僕にはとても難しい。

死にたい」と希死念慮もつひとたちを理解できないという人がいる。そして自殺絶対悪だと言う人がいる。うちの兄はそうで、実際に自殺をした同僚の葬儀に出席し、泣き崩れる母の姿を見てそう思ったみたいだ。僕の母もまたそれには賛同しているようだった。むしろ僕がそのことを、それだけがすべてではないと言った時に、ものすごい反発を受けてそれ以上は僕も何も言えなかった。母が言った、「自殺してそのあと取り残された人に対して想う気持ちあんたにはないの?」という言葉に対して、なんと言っても屁理屈になりそうで、伝えられなさそうで、何も言えなかったのだが。僕の中でこういうものの考え方は正直決着をつけたり答えを求めるのはあまり必要だとは思っていないからかもしれない。だからこそ、それを否定する人にたいして、もっと弛緩してと訴えるのもこの件においては難しいことも分かっている。だが、敢えて考えるなら、僕は死にたいと思って自殺をする人に対して想う気持ちも持ってほしいと思った。それは自分がそっち側の人間からということかもしれない。あるいはまだ他人事想像の域を出ていないからかもしれない。だが、どうか、自殺した息子に取り残された遺族に対して同情と憐憫の念を持ち、ともに泣き、想像することができるのなら、自殺した本人のことも想像してほしい。何故やめる。なぜみんなそこで思考をやめてしまうのか。いや、そうやってストップをどこかで価値観によって歯止めを聞かせなければ際限がないという不安は分かる。だから人は決めたがる。答えを見つけたがる。だが、それもいいとしても、ただそれはそれとして、そうじゃない、もっと想像をしてほしい。思考をしてほしい。毎日のように流れる死亡者ニュースも、想像も出来ないような場所で起こる悲惨実態を、綺麗に見えるものの側面を。もっとよく想像してほしい。そしてどうか決めつけないでほしい。そうしたうえで答えが見つかったと思えばそれは運のいいことかもしれないし、悪いことかもしれない。何故ならそれを証明することが恐らく叶わないからだ。自分という人間人生正当化してもそれは答えと思っている本人とってしか答えにはならないからだ。

思うに人生はやっぱり苦しむことだと思った。それは僕にとっての人生の形で恐らくこれからも昔から抱いてきたようにこの印象は変わらないと思う。どんなに幸運で、幸福で、満たされたと感じてもそれは、一時のものでまたすぐに欲しくなるのが人間だと思っているからだ。結局のところ僕は任げがよく分からないのだ。僕は僕という一人の人間を通してしか人間を語ることはできない。そしてこれは先入観とも価値観ともいってこれは絶対的に取り払うことの出来ない壁だと思っている。一方でこう生きることを運命づけられているという粋な言い方もできるだろうか。つまりいくら推論をかざしたところで無駄に終わる可能性の方が高いのだ。この手の考えは特にそうだ。企業会計監査のように正確さを求めるような類ではない。

からある程度僕は僕として生きていくことを開き直って、仕方ないにしても認めていかなくてはいけない。僕が僕と言う人間の醜さから世界の醜さを見出すような愚かな人間であっても、僕は己を巣食う愚かな人間を自らが救ってやり、時には救われる覚悟も持たくてはいけない。決して足元をすくわれないように。

初めから愚かな人間からこそ、僕はこう愚かなことを考えているのだと認めてやるのだ。

セカイだとかタシャだとか、ほかのものに何かを求めることははなからやめて、自分愚か者だということを認めて、いっそ認めず自分だけを頼りに生きたっていい。

生きれれば何よりではないのだろうか。もし、生きれるならそれは何よりだろう。そう言い聞かせていくしかないのだから。僕らには生きていくしか道は残されていないのだから。そうだろう。そうだろう。

僕らは生憎生きることを許された身分で、愚か者であっても決して罪人ではないのだ。だから、。

2017-05-30

けものフレンズ厨の語る多様性についてのたわごとと早く終われこのブームという嘆き

上記の通り。

けものフレンズ自体をどう考えてもいいのだが、まるでイナゴのように流行に乗っかり、「コーサツ」(考察にもならない与太話なのでこう書く)しまくっては湧き上がる、まるで言葉は悪いがウジ虫のような連中に自律を語る資格などあるのだろうか。自律とは自分で、自分らしく生きることだ。そもそもけものフレンズなんかが出る以前にきちんと自律している人間であればけものフレンズで盛り上がったりはしないはずだ。あくまで静かに、自分の好きなものを見るはず。もちろんその中にけものフレンズが、そのようなスタンスであるのならばあってもいいと思う。

しかし「みんなが見ているから」「応援を頼まれたから」という理由けものフレンズを見始めた奴らに、自律も、その前提として必要自我もないだろう。そしてそういうやつらは「見る気しない」というものに対してえらく強くあたる。

まるでこれってファシズムと同じではないだろうか。

筒井康隆が「禁煙ファシズム」ということばを広めたが、僕は「けものファシズム」と名付けたい。

ちなみにここには「まどかファシズム」、「ポケモンファシズム」なんて流行語を入れてもいいかもしれない。

とにかくあまり乗る気になれない人、面白いと思えない人々をつぶしにかかるのだ。

そんな輩が「フレンズはいろんな…」だったか、そういったことを言うのは戯言という以外言葉がない。

自律的自由を賛美する一方でアンチにつぶしにかかる。

これはエレバン放送だろうか。あるいは新種のギャグだろうか?

ただ単に笑えない。

またそんな奴らはきっと作品を愛さないだろうし、数年後「懐かしい」といって流行にはまった自分自身を懐かしむのだろう。

はっきり言ってそういうやつらに愛される作品が哀れで仕方ない。

そしてそういうやつらの語る多様性自律、といったテーマには薄っぺらさを感じるし、そんなファン憐憫すら感じる。

まぁ簡単に言えば僕の目の前から消え去れ、っていうことなのだけど。

もう○○のフレンズなんて言葉を見たくない。

上記のイナゴや頭の軽いやからを思い出すからだ。

早くこのブーム終わんないかな。

2017-05-19

猫舌の人ってほんと気の毒だなあと

軽蔑とかそういう感情はいっさいない。子供舌だなーとかも思わない。

ただただ気の毒。憐憫感情しかない。

煮えたぎるチゲ鍋

沸騰寸前まであたためたおでんおでんは沸騰させてはいけない!)。

まだじゅうじゅう言っているサンマの塩焼き。

メガネがくもるほど湯気を立てているシチュー

肉まんあんまん焼きおにぎりアヒージョ etc...

冷めてるだけで魅力が9割方失われるこれらの食べ物たち。

こいつらをだな、ヤケドで口の中の皮をベロベロにしてヒイヒイフハフハ言いながら食う幸せ

それを知らないなんて、そのことがひたすら可哀想

目が見えない人、耳が聞こえない人たちに対して健常者が覚えるある種の「すまなさ」にも似た何かがある。

2017-05-04

[]ニート世界インターネット

母に励まされていい気分になって家に帰ったのですがネットをしたのが間違いでした。

無駄に高まった検索技術は見たい(見たくない)情報ばかりを集めてしまます

『在学中に難関資格取らないと経歴や年齢で詰む』『心折れてサボりだしそのままやめる未来しかみえない』

『四浪のやついたけどどこにも就職できなかった』『今更手遅れ』『時間と金無駄』『愚の骨頂』

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493811802/

人生を悲観するきっかけになったのもネットで見かけた情報でした。

2ch就職板年増スレ+10以上:界王神などと茶化して書いてあるのを見てはじめて自分の年齢の重みを痛感しました。

2chなんて見るのが間違いだとお思いでしょう。私は固定ハンドルを持ったことがありません。

匿名に隠れて散々なことばかり言ってきた卑怯者でした。

匿名で人々は罵詈雑言を口にしますが、その中には他では言えないような本音が多く含まれることを知っています

私の人格ほとんどネットに作られたようなものです。

インターネットはずっと昔から友達でした。どんな趣味でも同好の士を見つけることができます

インターネットにはすごい人がたくさんいて、そういう人にあこがれてプログラミングの本を買い集めたりしました。

しかし何冊買っても何年やってもろくなものを生み出せない自分と、初心者でありながら光るものを生み出す人間との違いに

いつしか絶望してコンピュータ故障してしまったのをきっかけに辞めてしまいました。もう何年前のことでしょうか。

今思えば投じた労力が少なかった。一日に何時間も集中して続けられずに遊んでしまっていたから当然かもしれません。

インターネットでは引きこもりニートの人も無職の人もみつかります。ずっと危機感を持たずふわふわした安心感があったのもそのおかげ。

もう少しよく考えるべきでした。みんな高卒大卒だったような気がします。ここまで詰んでいる人間はあまりいない。

無気力時代に考えていたことはおおむね間違っています

『生きる意味なんてなくても人は生きられる』、安全な部屋の中だから思えることでした。

自殺するまで働くなんてありえない』、私よりも我慢強く、現実的に考えているということです。

『人はやれば何でもできる』、何もやらない自分と立派な人々との違いはやったかどうかだけだとずっと思っていました。

私は無能ではないのだというちっぽけなプライドです。でもやらないこととやれないことは同じ意味でした。

今は自分の体の健康も信じられません。安全な部屋にいつまでもこもりたいと、体が叫んでいるのか。それではいけないのに。

眠れるようになって、寒気がなくなって、しかめっ面をしなくて済むようになれば少しは前向きになるでしょうか。

大学に行けば今よりはましになるはずなのに、今勉強オールインする気持ちにはなれません。

勉強は必ず自分のためになる、結果が出るかどうかは関係ない、高校勉強の大半を独学できたじゃないか、理性はそう言っているのに。

仕事を始めればニート脱出なのに、何のスキルもつかず一生バイト暮らしになるかもとがっかりしてしまます

職業訓練を始めればやり直すほかの人々と仲良くなれるかもしれないのに、今の勉強無駄になると拒絶してしまます

もう保証された楽な人生なんてありえないのに、それを受け入れられない。

結局のところ、私はつらく長い人生を避けて、部屋でぬくぬく暮らしたい怠け者でした。

仮病を使って、人々の憐憫を誘おうとして、こんな文章を人に見せることも甘え。私は決断しなければならないのに、何も決断できなくて。

ただのメンヘラかまってちゃんになってしまいました。大の大人気持ち悪い。

2017-03-04

非モテをこじらせにこじらせてむせび泣いていた

好意を感じると逃げる、据え膳は食わない、孤独を貫いてさびしがる、一人酒のたびに涙が出る、など、感情と行動が一致しない回避性人格障害みたいな行動をとりまくり、このにじみ出てくるぐちゃぐちゃとした感情はなんだろう?なんだろう?ああ、これは憐憫だ、自分への憐れみだ、本当はできるはずだという幼稚な全能感を否定しないためだけに自らチャンスを全力で遠ざけまくって年々衰えていく自分を憐れんでいるんだ、と気づき、こんな自分と一緒になったら相手も不幸にしてしまうから遠ざけよう引きこもろう一人でいよう、という謎の自己犠牲的な誰も求めていないというか気にも止めていないアホみたいな気遣い自己満足のために孤独を気取っていたくそこじらせスネまくり非モテ野郎の私ですが、


先日結婚しました。



いやーなんだったんだろうな上記の感情は。何かの自己暗示にかかってたんじゃないかな。まさに呪いだった。

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161129235825

性的眼差しを客寄せに利用してるのって展示会とかのコンパニオンでもよくあるけどなんで叩かれないんだろうな

体くねらせてるだけの萌え絵があれだけ叩かれたのに3次元が下着同然の格好で谷間に製品名表示してるような露骨性的客寄せが褒められこそすれ全然炎上する気配がなかったのが納得できん

微妙容姿オタサーの姫過大評価されるのに嫉妬してしまうというだけで美人タレントもどきでくすぶってるのは憐憫の情がわきこそすれ羨ましくもならんのだろうか

2016-11-17

[] #6「タケモトさんの嫌いな人」(エピローグ)

「その出来事以外は特筆することのない、天気もフツーの日だった。

その日もあいつは、道行く人にくだらねえちょっかいをかけて、追いかけてくる人たちから笑いながら逃げていた。

どこぞの映画みたく、車が多く走る道路を利用して振り切ろうとしたんだろうな。

あいつは迷うことなく、車道に向かって走っていった。

実際、それで上手く逃げ切れた経験があるから増長していたのかもしれない。

まあ、結果は察しのとおりだ。

不慮の事故ってことになっているらしいが、一部始終を見ていたオレから言わせれば、あれは経緯含めて同情する気も起きない出来事さ」

それはあまりにもあっけないものだったが、逆に俺には鮮烈な印象を与えた。

だが、これはまだ半分。

まだ俺たちには、気がかりなことがあった。

「タケモトさん。そんなことまであったのに、何であの町にいた人たちは『あいつ』について大したことを語らないんですか」

「そして、なぜタケモトさんは『あいつ』についてここまで語れるのか」

タケモトさんも、やはり俺たちがそう尋ねることを見越していたようで、流れるように話を進めた。

「その町の奴ら、『よく知らない』って言っていたんだよな」

はい

「恐らく、本気で言っているんだろう。あいつが死んで以降、関することはほとんど忘れてしまってるんだよ」

「ええっ!?



「意外だと思ったか? むしろ自然なことだ。

どんな奴であっても死んだら冥福を祈るべきってのが真っ当な人間がする考え方だが、思い出しても恨み言ばかり出てくるような相手だ。

から、みんな紡がれる言葉や心を、良識的な理屈で塗り固めた。

そうしていけばあいつに対する悪印象は徐々に薄れ、自然と忘れていく。

ふと話題にしたり、思い出しても『ああ、そんな人いたね』といった具合だ」

「じゃあ、なぜタケモトさんは今でも覚えているんですか」

あいつのことが嫌いだという事実と、悪感情を持続させているからだ。

オレだって最初からそうしようと思っていたわけじゃない。

周りの奴らと同じく、徐々に記憶が薄れていったのさ。

だがな、ふとしたことであいつの話題になったとき、誰かが『案外いい人だったかもしれない』だとか言い出したんだ。

『んなワケあるか!』って、我に返ったよ。

まあ、だからといって町の連中に、あいつが酷い人間だったって今さら思い出させても仕方ないことは分かっていた。

でも、思い出せなくなる程度の存在として扱い、ましてや『いい人』だなんて言う連中にも耐えられなかった。

オレがこの町に引っ越してきた理由だ」


タケモトさんの語る『あいつ』に対する思いは、とどのつまり『嫌い』であることに集約されていた。

それは健全ではなくて、悪感情であることも明らかだったけれども。

「あと数年もすれば、あの町の奴らはあいつのことを完全に忘れているかもな。だが、オレは忘れない」

「タケモトさん、その『あいつ』のこと、実は嫌いじゃないとかってオチじゃないですよね?」

「心から嫌いだよ。死んだことも、あの町の奴らにそのように扱われること含めて憐憫の情もない。ただ、それであいつが嫌われ者であることすら忘れ去られるのが、気に食わないってことだ」

『嫌いだから』忘れようとする町の人たちと、『嫌いだから』忘れまいとするタケモトさん。

から嫌いだと思える相手あいつ』に、俺たちならどう臨んでいくのだろうか。

その日の夜、弟はいつも通り眠ったが、俺は遅めに就寝した。

(おわり)

2016-11-15

uemaerae様の華麗なる戦歴

b:id:zaikabou プライベートになっては新しいアカウント作るの繰り返しで、大変ですね/同情じゃなくて憐憫やね

b:id:uemaerae vs b:id:kasugano

b:id:kasugano 事件Aに苦言を呈したが類似事件Bの存在を知らなかったからといってそれはダブスタとは呼ばん。ロジックが雑すぎるのでもう少し練ってやり直して。

b:id:uemaerae はてブやっててnekoraを知らないのは最近始めた新規くらいのもんだぞ低能

b:id:kasugano 増田名物低能連呼さん、もしかして何人もいるの?希少性が…。

b:id:uemaerae 低能ってそもそもそんなに珍しい単語でも無いぞ低能

b:id:uemaerae vs b:id:shufuo

b:id:shufuo idコールが嫌いというよりコミュニケーションしたくない。だからツイッターではなくはてブやってるの。コメントしたいだけ。なので無駄idコールしてきたらキレるよ。お気をつけください。

b:id:uemaerae それを言うならおまえのブコメ無駄なんだよ低能

b:id:uemaerae vs b:id:masudamaster

b:id:masudamaster 萌え絵に無関心を貫けないフェミリベラリストたちが、同性愛に関しては無関心を貫けと言うのが不思議萌え絵同性愛の両方に無関心を貫くのが真のリベラルのはずでは?俺はそれを目指したい。

b:id:uemaerae (時に)有害ものと無害なものをいっしょにすんなよ低能

b:id:masudamaster 萌え絵が時に有害になるのであれば同性愛も時に有害になると思いますよ。

b:id:uemaerae vs b:id:cj3029412

b:id:cj3029412 しぬまえに船橋でまってるよ😺めしくおうぜ😺決行はおれの絶品もつ煮くってからにしな😺

b:id:uemaerae 連絡先くらい晒しからほざけ偽善者

b:id:cj3029412 まあまあ、そう決めるなw 合ってるけどな。ブログの方にゆるく辿れるように書いてるから、あとは本人次第よ。

b:id:uemaerae vs b:id:toratsugumi

b:id:toratsugumi これ、人体構造運動法則性を設定せずにAI効率的動作試行錯誤させた挙動だろ?これ見て理解せずに激怒するパヤオが悪い。存在もしない悪意とか読み取ってどうするんだ。

b:id:uemaerae 究極的には発信者の悪意の有無なんて関係ないんだよ低能。人はエスパーではないし嘘もつける。突き詰めれば表現受け手がどう感じるかに辿りつく。自分に悪意がないから許されるなどと勘違いするなクズ

b:id:toratsugumi コンピュータの生成パターンに悪意を感じ取る超能力の人。システム暴走したり、気に入らない結果が出たりすると逆上する系統ですか?

b:id:uemaerae 川上人間だぞ低能コンピュータは「気持ち悪いでしょ?」なんてドヤ顔でいってないし、出力したものに(表現としての)付加価値をつけようとプレゼンしたりもしないんだよ低能

b:id:toratsugumi やってみたらこんなんでました、ご参考までに。キモイですねって話でしょ。

b:id:uemaerae それを言ったのは人間だぞ低能コンピュータにはそもそも意図がないが、出力結果を人目に晒し人間川上)には意図があるんだよ。悪意がないなんて何の言い訳にもならない。

b:id:toratsugumi アレ、面白いからやってるわけじゃなくて、理論生物学人工知能研究リアルタイム処理の先端の方の実験なんですが…。現状自分たちがやってることの成果(たとえキモクても)を披露するのに何か問題でも?

b:id:uemaerae 宮崎が何が問題と思ったかは本人が言ってるだろう。日本語も読めないのか低能。あと「面白いからやってるわけじゃない」とかは何の言い訳にもならないと繰り返し言ってるんだが。どんだけ頭悪いんだお前

b:id:toratsugumi いやはや。会話が成立しないことが判りましたのでボクが頭悪いでいいですw あ~、ただ拝見させていただいた限りコメント五十数本で低脳とゴミクズの含有率80パーセントって凄いですな。

b:id:uemaerae 繰り返すが人はエスパーではないし、嘘をつける。コンピュータには意思はないが、人にはある。お前の「面白いからやってるわけじゃない」が真実かは他人には判らない。だからこそ本人の意図意味はない

http://anond.hatelabo.jp/20160603174041

2016-08-22

シン・ゴジラに関する、懺悔

これだけ話題になって、断片的なネタバレにも触れつつようやく重い腰を上げ、さあ批評してやるぞ、普通に面白かったくらいじゃ許すもんか、

お前らはあれだけ傑作だと祀り上げたんだからな!という気持ちで観賞したシン・ゴジラ

それがあなたたちの見た映画

公開日初日の初回上映、まだ何の先入観もなく、不安と期待を抱きながら観賞したシン・ゴジラ

それが、僕の見た映画

もう、ほとんど別の映画だと思う。

そして、そのことについて僕があなたたちに圧倒的な優越感と憐憫とを抱いてしまうこと、心の底から懺悔したい。

そう、あなたたちはなにも悪くない。

悪いのは僕の醜くゆがんだゴジラのような心根だ。


…ああ、それにしても哀れなやつらだぜ…

2016-07-27

同情もできなくてごめんなさい

相模原事件。朝のうちに知ったけど、今日一ツイッターなんかで自分からは一切そのことには触れなかった。

たぶん被害が身障だったら「かわいそう」というきもちが沸いたんだろうけど、相手池沼と知って本当に少しも「かわいそう」と思えない自分自分でひいた。

私は子供の頃、池沼に追い回されたり、引きずるように連れて行かれそうになったり、体をべたべた触られたりと散々なめにあったことがある。

別にレイプされた訳じゃないし、追い回されただけで大げさな。これが田舎の周りの大人対応だった。

さすがに引きずって連れて行かれそうになったときは知らないおばちゃんが呼び止めてくれたが、今考えるとあの時おばちゃんが見咎めなかったらどうなっていたのか恐ろしい。

幼少~小学校低学年の間にこんな体験をしてるので、どうしても池沼に寛容になれない。

つーか、いまだに池沼が怖い。近寄りたくもない。

さら男性が、特に自分より体の大きい男性が苦手だ。

連れて行こうとした池沼は大きなおにいちゃんだったからな。たぶんそっから体の大きい男が駄目。

別に犯人賞賛する気持ちはない。でも、被害者に対して、

たとえばふつうの子供の列に車が突っ込んだとかの事件被害者に対する「かわいそう」と思う気持ちの1/10ほども憐憫気持ちが沸いてこない。

こんな凄惨事件に対する「普通人間」が持ち合わせそうな感情全然出てこない。

出てこないことに「あんなめにあってたんだから仕方ない」と自分言い訳をしつつも、自分が「欠陥品」に思えて仕方がない。

ほんと、同情もできなくてごめんなさい。

2016-06-25

煽りかた講座

■「しね」

20点。短くシンプルであることは良いが、とにかくインパクトが弱い。

ひらがなで書くことで煽り手としての精神的負荷は軽くなるが、言われた際の恐怖感も弱くなる。

もしかして漢字を使えない小学生なのではないかと思ってしまい、その幼稚性に対してはむしろ憐憫の情を抱いてしまう。

■「お前つまらいか死ねよ」

→50点。二人称指定、および漢字記述することで語気を強めることに成功している。

それに加え、死ぬべきとするための根拠を示すことで、より効果的に相手の心を抉ることができる。

ただし、つまらないと判断したのは主観的な印象によるものであるため、別の者が「いや面白いと思うよ」などと擁護した場合においては

しろ煽り手側に「こいつの方がつまんね」等の砲弾が跳ね返ってくる場合があるうえ、

口調の荒さから周囲から理解を得にくい傾向があるため、これを発する際にはいくらかの自信と覚悟必要となる。

■「あなたブログって全然コメントついてませんね」

→80点。客観的事実を述べることにより相手反論を封じることが出来る高等技法

この事実相手コンプレックスであればあるほど深いダメージを与えることが出来る。

さらにあえて丁寧語を用いることで相手への威圧感を与えるとともに、第三者から賛同も期待できるようになる。

これを言われた際には気丈な態度を見せるか(例:「別に気にしていません」「コメント数が目的ではない」)、

煽り手が取るに足らない存在であることを示さなければならない(例:「だが俺の方が年収が上だ」「匿名あなたに言われたくない」)。

この煽りを使うためには注意深く相手を観察することが必要となり、使用者センスが強く問われる。

■「???????????」

→100点の煽りかたはキミ自身で見つけよう!

2016-04-16

左翼が、緊急時に冷酷に感じられるほどドライなのは

もともと人権擁護や弱者救済などの主張も、

同情や憐憫で訴えてるわけじゃないからだよ。

左翼は「国家とはこうあるべきだ」という理屈から行動してるわけ。

逆に、右翼感情的に、浪花節で動くから

緊急時には熱血で、ウェットに行動する。

超法規的措置も辞さずにとにかく助けろ!」みたいなね。

そこんとこを理解してないと、

「日頃、平和理想を口にする者ほど、同胞の命に関心が薄い」

なんてことを言ってしまうんだなあ。

2016-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20160406125823

そうやって、フェイクを入れたなどと誤魔化す人間は信用されないぞ?

「本当のことを書くと」がフェイクで無いって証拠はあるのか?

元の文章に、増田命令された云々の記述は無いぞ?

あくまお節介で言われたもの

増田自発的にやっているように書いた。増田が書いたフェイなのだからそれはハッキリ覚えてるよな?

まり、だ。増田はこの様に増田に書くことにより、他の増田より憐憫を買いたかったのだ。

意見などどうでも良い。構ってちゃんだった訳だな?

そんな増田承認してくれる増田はいるか? いないぞ?

2016-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20160327200351

だるま女ってやっぱり、ごく一部の性癖嗜好者に人気があったんだな。。。

彼女も生きてゆくためには、体を売るしかなかったんだろう。。(同情

みたいに憐憫の目で見られていたと思う。

2016-03-22

自分学生時代LINEがなくて良かったとか言えちゃう

自分老害だと自覚すべき。

LINEに代わる言葉携帯だったりポケベルだったりゲームだったりテレビだったり

もっと古くは手紙だったりするのかもしれないけど、この手の発言をする人の本質は変わってなくて

テクノロジー進歩で確かに豊かになったのかもしれないけど、それに苦しめられちゃうなんて若い子たちは可哀相」

と、自分より下の世代憐憫の目で見ていることだ。

悩みの種類が変わってきているだけで、テクノロジー存在しない時代にも特有の深刻な苦しみはあったものの、それが「古き良き時代ノスタルジーによって霞んでいるだけじゃないのか。

自分学生時代LINEがなくて良かった」なんて発言は、そこにLINE存在する世代にとって解決不可能問題点を高みから突き付けているだけだ。

これを老害と言わずして何だというのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん