「ばあさま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ばあさまとは

2021-03-17

ウマ娘はいったいどんな生き物なのか?

人間がいなくて馬人間しかいない世界観ならまだわかったんだが、そうじゃなかった

人間世界に、ウマ娘という種類の生き物がいる世界だった

会話等のコミュニケーション能力人間と変わらない

運動能力人間とは桁違いで、サラブレッドと同じくらい速く走れるし、パワーもある

そんな生き物が人間共存している世界観だった

訳がわからないので少し考察したい

まず、1番気になる点として、ウマ息子?ウマ野郎?は存在しないっぽい

お母さんやおばあさま言及があるので、ウマ娘からウマ娘が産まれるのは間違いないようではある

また、マックイーンのプロフィールに、両親という記述があることから、親は2人必要なのは確定である

ということは1番あり得るのは、外見は人間女の子のようではあるが、雌雄同体だと考えるのが妥当

または、我々現実世界の馬の魂を受け継いで産まれる(=キャラ作成される)という説明があることを思えば、あくまでこれは物語であって、世界観としては虚構ベースを出るつもりがない、というのもひとつ説明としては成立すると思われる

次に、トレセン学園とは何かが気になる

ウマ娘競走馬になるためには、トレセン学園に入学する必要がある

その学生のみがウマ娘レースに出場でき、ウマ娘レース人間大勢動員できる国民的娯楽と位置付けられている

ただし、バ券の販売等のギャンブル性はないそうだ

普通に考えれば、ウマ娘レースは大きなお金が動く経済活動である

我々の世界トレセン学園に最も近いものとしては、宝塚音楽学校が相当するのではないかと思う

普通中学高校ではないが、寮に入れてみっちり管理し、トレーニングし、興行に起用するシステムである

芸能事務所や、サッカーのユースチーム、または競艇競輪でいう訓練所などもトレセン学園に近いと言えるが、習い事や訓練所というより、もっと学校っぽさがある場所であるため、おそらくトレセン学園は、宝塚音楽学校と同様、学校教育法上の各種学校に相当する教育機関であると思われる


次に気になるのは、ウマ娘寿命である

これに関しては言及がないが、実際の馬と同様に、人よりは短いのではないかと考えられる

というのは、国民的人気な娯楽が、人間で言えば中学から高校生相当のウマ娘によるレースからである

人と同様な成長をするのであれば、走力のピークは20代前半であるはずで、実際100メートル走世界記録は23歳、800メートル世界記録は24歳が出している

おそらくウマ娘の走力のピークは中学から高校生相当、つまり人の年齢の2/3程度の年齢のウマ娘が人の年に相当するくらいに成長が速い

あくまで、見た目の推移は人間の年齢と同様ならば、という仮定が入ってしまうが、ウマ娘平均寿命は50歳前後ではないか

となると、12歳程度でトレセン学園に入り、そこから様々なことを学びながらレースに出て、18歳高等部卒業=競走ウマ娘引退ということだろう

そこから寿命まで32年だ

マックイーンの家におばあさまがいることを思うと、18歳で卒業したらわりとすぐ種牡馬入りしていることがわかる

祖母18歳で母を産み、母も18歳でマックイーンを産み、マックイーン15歳なら祖母は今51歳だ

ぎりぎり成立している

おそらくレースで強いウマ娘同士が結婚して子供を作り、さらに前述の通り雌雄同体であることを思えば、レース活躍すること、学園で人気を得ること=子孫を残しやすくすることであるだろう

そう思うとなかなかどろどろした恋愛模様が学園で繰り広げられてそうだな

トウカイテイオーマックイーンに照れてたのは恋愛感情おかしくはないのかも

次に、ウマ娘社会的位置付けについてである

引退後のウマ娘メジロ家のように豪邸に住み、スタッフとして人間を雇っていることからウマ娘にも基本的人権があることが推察される

そしておそらく少数派であるウマ娘に対して人間から差別はない

差別があるならメジロスタッフレース活躍できないウマ娘であるはずだが、人間を雇っているのである

なんて素晴らしい世界

私有財産も認められており、おそらく納税もしているのだろう

これはつまり馬主のように特定ウマ娘人間が所有することはどうやらなさそうだ

スペシャルウィーク人間に育てられたように、人間ウマ娘の同居はあるのだろうけども


ということは、ウマ娘は、レースで勝てば莫大な賞金を得ているはずである

ちょうど野球選手スポーツ選手のように、スターウマ娘は億の額を稼いでいるはずだ

それにより名門のウマ娘は豪邸に住めるのだろう

これを考えると、種付料のようなものはあってもおかしくはない

が、肝心の種付料を支払う馬主牧場主がおらず、また、このような社会生活を営んでいる以上、広く種付相手を募り、お金を支払って種付してもらうようなシステムはこの世界にないのではないか

タイガーウッズイチローが、ゴルフ上手い子、野球上手い子を育てたいなら種付します、500万です、とか言ったらおかしいわけで、それと同様だろう

もちろん個人的にお願いするウマ娘はいるはずだ

レジェンドウマ娘モテまくるだろう


トレセン学園に入らなかったウマ娘レースせず、人間と同じ仕事をして、社会生活を営んでいるらしい

この人たちは普通に寿命が短くてパワーが桁違いの人間として社会に溶け込んでいるのだろう

そんな生き物と同じ学校人間が通って危険はないのだろうか

ウマ娘専用の学校人間学校は別だろうか

同じ学校に通ったとしても、少なくともウマ娘だけのクラスウマ娘だけの体育はあって然るべきだろう

一緒に鬼ごっことか無理

まだまだ理解不明なこといっぱいあるなー

2020-08-30

ドスケベ鶴のえちえち恩返し

むかしむかし、ある卑猥淫靡な『この山を見た"生理中の陰毛に顔を埋めてマインドフルネスするタイプ"のガンダムオタク達が口を揃えて「見事なジャブローなり」「これぞ恥丘連邦軍よ」と唸ってしまレベルの剛毛まんこみてーな』いやらしいクソスケベな陰毛モジャモジャヴァギナライク山奥に、貧しいけれど、超絶に絶倫で、究極にして無敵、スケベ心の優しい、勝ちまくりのおじいさん、その名も・・・超絶絶倫究極無敵スケベ心優勝おじいさん(72)と見た目がおじいさんと出会った頃から全く姿が変わらないろりろりおばあさん(79)がいました。二人はとてもなかよし出会った頃から常にセックスしながら生活していました。

 ある淫靡まり無い寒い冬のエロスカオスリビドーが渦巻く日、おじいさんはおばあさんとセックスしたままドエロ町へエロたきぎをエロ売りに出かけました。

 すると途中のえちえち田んぼ卑猥すぎる中で、一羽のツルをツルとしている全ての概念セックスなドスケベツルが感度3000倍の媚薬が塗られたワナ、その名も感度3000倍媚薬ワナにかかって羽と嘴を器用に使ってオナニーしながらアクメもがいていたのです。

「おお、おお、可愛そうに」

 おじいさんは可愛そうに思って、既にアクメのしすぎで気絶しているおばあさんとセックスしたままドスケベツルを逃がしてやりました。

 するとドスケベツルは、おばあさんとセックスしたままのおじいさんの頭の上を三ベん回って、

「んぅおっ♡おっほおぉっ♡ぶぴゅっ♡ぶぴゅぅう♡」

と、さもうれしそうにアクメ鳴いて、脚でオナニーしながらスケベ飛んで行きました。

 その情欲と肉欲と色欲と性欲と淫欲溢れる夜、日暮れ頃から降り始めた感度3000倍の媚薬で作られた雪、その名も感度3000倍媚薬雪が、ズッコンバッコンズッコンバッコンといやらしく積もって大スケベ雪になりました。

 おじいさんがセックスしながらおばあさんにドスケベツルをエロ助けた話をしていると、スケベ表のラブ戸を、

 トスベントスケベン、トスベントスケベン

と、エロ叩く卑猥な音がします。

「ごめんください♡開けてくださいまし♡」

 若い女のスケベ人の百万回デスアクメした淫乱発情雌猫のような声です。

 おばあさんがおじいさんとセックスしながら戸を開けると、頭から媚薬雪と性的な体液等をかぶったえちえち娘をえちえち娘としている全ての概念セックスなえちえち娘が立ったままオナニーしつつ、オナニーしながら立っていました。

 おばあさんはセックスしたまま驚いて、

「まあ、まあ、寒かったでしょう♡さあ、早くお入り」

と、えちえち娘を家に入れてやりました。

わたしは、この辺りに人を訪ねて来ましたが、どこを探しても見当たらず、媚薬雪は降るし、日は淫靡に暮れるし、やっとの事でここまでまいりました。ご迷惑しょうが、どうか一晩泊めてくださいまし♡」

 えちえち娘は卑猥(ていねい)に、手をついてエロ頼みました。

「それはそれは、さぞ、お困りじゃろう♡こんなところでよかったら、どうぞ、お泊まりなさい」

ありがとうございます♡」

 えちえち娘は喜んで、その淫靡な晩はオナニーしながら食事の手伝いなどをしてセクシーに働いてオナニーしながら休みました。

 あくるセクシーというより最早セックスな朝、おばあさんがおじいさんとセックスしながら目を覚ますと、娘はもう起きてオナニーしながらセクシーに働いていました。

 エロいろりにはスケベ火が燃え、鍋からはえっちな媚薬湯気があがっています

 そればかりか、らぶらぶ家(ハウス)中が卑猥(きれい)に掃除されているのです。えちえち娘の性的な体液がワックスの代わりとなり、床は卑猥(きれい)にエロ輝いていました。

「まあ♡まあ♡ご飯ばかりか、お掃除までしてくれたのかね。ありがとうんぅおっ♡」

 次の日も、その次の日も大スケベ雪で、ラブ戸をエロ開ける事も出来ません。まるで処女少年の雌穴のようにぴったりと閉じていました。

 えちえち娘は、おばあさんとセックスしまくっているおじいさんの肩をオナニーしながらもんでくれました。

「おお、おお、何て良く働くえちえち娘さんじゃ。何て良く気のつく卑猥(やさ)しいえちえち娘さんじゃ。こんなえちえち娘がラブ家(ハウス)にいてくれたら、どんなにアクメ(うれ)しいじゃろう」

 おじいさんとおばあさんは、セックスしたまま顔を視姦(み)合わせました。

 するとえちえち娘が、床オナニーしながら手をついて頼みました。その姿はまるで有名な昔話の

ドスケベ浦島太郎に出てくる淫乱クソカスドMエロキチガイザコあなぽこオナホカメのようでした。

「身寄りのないエロ娘です♡どうぞ、このラブ家(ハウス)においてくださいませ♡」

「おおっ♡おおっ♡」

「まあっ♡まあっ♡」

 おじいさんとおばあさんはセックスしながら喜んで、それから三人貧しいけれど、楽しいセックス毎日(エブリデイ)を過ごしました。その光景はいかがわしいを超えて既に淫らでした。

 さて、ある猥褻レベル青天井でデスアクメ日和な日の事。

 えちえち娘がセクシー機(はた)をおりたいから、媚薬糸を買ってくださいとオナニーしながら性的な体液をこれでもかと噴出させて頼みました。

 おじいさんとおばあさんがセックスしながら媚薬糸を買ってくると、えちえち娘はセクシー機の回りに性に関するあらゆる表現が描かれたエロ過ぎてエロになってるクソスケベびょうぶをエロ立てて、

セクシー機をおりあげるまで、決してスケベ視姦(のぞ)かないでください」

と、言って、セクシー機をおり始めました。

 キコバタトスケベン、キコバタトスケベン。

 えちえち娘がセクシー機をおって、三日がたちました。

 ようやくセクシー機をおり終えたえちえち娘は身体から淫汁を二郎系ラーメンを食っているデブの汗量が赤ちゃんのように思えるくらいに垂れ流しながら、

「おじいさま、おばあさま、このエロ綾錦(えろあやにしき→エロ美しい布の事)をドエロ町へ売りに行って、帰りにはまた、媚薬糸を買って来て下さい」

と、えちえち娘はエロ空のシコ雲の様にスケベ軽い、ド美しいドおり物をセックスしっぱなしの二人に見せました。

「これは、卑猥(すば)らしい」

 おじいさんがいつものようにおばあさんとセックスしながらセックスアルカディア出羽のスケベ町へ売りに行くと、それをチンポが50センチのえろえろ殿さまが高い値段で買ってくれました。買ってその場でそれを50センチ殿さまに巻いて気が狂った発情猿のように50センチ殿さまをシコり倒し感激の20射精をキメました。

 おばあさんとセックスしっぱなしのおじいさんは喜んで、媚薬糸を買って帰りました。

 するとえちえち娘はまた、セクシー機をおり始めました。

「ねえ、おじいさん♡あの娘はいったいどうして、あん卑猥(みごと)な布をおるのでしょうね♡・・・ほんの少し、視姦(のぞ)いてみましょう」

 おばあさんがおじいさんと騎乗セックスしたままスケベびょうぶのすきまからスケベ視姦(のぞ)いてみると、そこにえちえち娘はいなくて、やせこけた一羽のドスケベツルがそこら辺で拾ったであろうバイオ玩具オナニーしながら長いくちばしで自分発情羽毛を引き抜いては、性的な体液を塗りたくり媚薬糸にはさんでセクシー機をおっていたのです。その姿はオナニーというよりも苦行とかセルフ拷問とかの類で、これをオナニーと呼んでしまえば修行僧漏れなく全員オナニー中毒扱いしても差し支えいくらいの惨たらしい凄惨オナニーでした。

「おじいさん、おじいさんや」

 おどろいたおばあさんは、騎乗位のままいやらしく腰を振っておじいさんにこの事を話しました。

 キコバタトスケベン、キコバタトスケベン・・・

 セクシー機の音が止んで、前よりもやせ細って性的な体液を壊れた蛇口の方がまだ可愛いレベルで垂れ流しながらえちえち娘がエロ布をかかえて出てきました。

「おじいさま、おばあさま。もう、隠していても仕方ありませんね♡

 わたしは、いつか助けられたドスケベドMツルでございます

 ごスケベ恩をおエロ返ししたいと思ってえちえち娘になってまいりました♡

 けれど、もうお別れでございます

 どうぞ、いつまでも淫乱(たっしゃ)でいてくださいませ♡」

 そう言ったかと思うと、おじいさんとおばあさんが六十五年間排泄する時ですら抜かずに続けていたセックスをやめてまで止めるのも聞かず、たちまち一羽のドスケベツルになってセクシー空(スカイ)へ脚でオナニーしながらスケベ舞い上がりました。

 そしてラブ家(ハウス)のエロ上を、三ベん回って、

「んぅおっ♡おっほおぉっ♡ぶぴゅっ♡ぶぴゅぅう♡」

と、アクメ鳴きながら、山の向こうへオナニーしながらスケベ飛んでイッてしまいました。

「ツルや。いや、娘や。どうかお前も、淫乱(たっしゃ)でいておくれ。・・・今まで、ありがとう

 おじいさんとおばあさんは、えちえち娘が残したバイオ玩具を抱きしめながらいつまでもいつまでもドスケベツルを視姦(み)送りました。

 それからのち、二人はセックスしながらえちえち娘のおったエロ布をスケベ売ったお金幸せっくすにエロ暮らしました。エロ布の評判はとても卑猥(よ)くて、そこら中でエロ布を使ったド淫らでド猥褻なドいかがわしいドエロ行為がド行われ、スケベ町中のスケベ人々は生殖器精神と魂と肉体を支配されて一人残らず素直にデスアクメしましたとさ。

エロめでたしエロめでたし

こちらもどうぞ

セックスしながら走れメロス

2020-04-17

これからインフルエンザ対策

コロナとの比較でたびたび話題になったインフルエンザにより

日本で年間約1万人が死んでいるらしいというのは、ご存じな方も多いと思います

今回のコロナみたいに徹底的に対策したら

恐らく死亡者減るよね?

指定感染症にしたら、院内感染も減り

入院中の弱ったじいさまばあさま感染して死ぬこともなくなるよね?

学校休校にしたら、家庭にインフルエンザを持ち込むことも減るよね?

夜の店は営業自主して、できる業種はテレワークでいいよね

インフルエンザコロナ同様に、国をあげて対策した方がいんじゃないのか?

なによりも命が大事だろ

コロナ国家総動員で徹底的に対策して、インフルエンザ各自対策ってダブルスタンダードおかし

コロナだろうがインフルエンザだろうが命の価値は同じだ

2019-07-02

おっさん対義語

おばさんはおじさんの対義語だよな

おっさん対義語って何?

そもそもおっさんって何なんだ?

じーさん、ばーさん

おじさん、おばさん

ジジイババア

じいさま、ばあさま

おっさん???

こうやって見てるとおっさんって男女両方指すようにみえてきた

2019-03-15

anond:20190315213657

おしゃれで品のいいおばあさまですね。もうすぐお彼岸だ。おはぎ食べてお線香あげましょう。

2018-09-14

夫のちんぽが入らないって声に出さないといけない仕事の人たち

私たち書店員はこの本をどうやって注文すればいいんだろう

電話口のコールセンターのお姉さんもどうするんだろう いつも復唱してくれるんだけど ちんぽって言わなきゃいけないのかな 言わせなきゃいけないのかな

いや ISBNで注文すればいいんだけどさ お姉さんはタイトル確認で復唱してくれるよ ちんぽでよろしいですか?はい大丈夫ですお願いします。

本を探しているおばあさまに何かお探しですか?って声かけて、耳元で申し訳なさそうに恥ずかしそうに夫のちんぽがって本探してるのって囁かれた日からもうお客さんに声かけらんなくなったよ ごめんなさいあの日のおばあさま 恥ずかしそうに小さくなってた 私だって20代の小娘だ 20代の小娘の耳元でちんぽって囁くことになるとは おばあさま20代の頃は思わなかっただろうな

ゾーニング問題がなんかやかましく言われてる ラノベのやつ あれとは全然違うけどさ うち 小さな書店ラノベエロ本も一切置けない立地なんだけど これ 扶桑社単行本講談社文庫になった どうしようね いや 置かなきゃいいだけなんだろうけどさ でもさ

売りたい本なんだ。

とても真摯な方が書いてるし、このタイトルでなければダメだったんだろうし、この本で救われた人沢山いたんだろうな、書かれるべき話だったんだと本当に思う。

売りたい。売って救われる人がいる。売るべき本だ。この本は苦しむ女たちの味方だ。

ねぇでも子供の手と目が届くとこに新刊棚がある

センセーショナルに売るためにこのタイトルにしたわけじゃないの知ってるよ 覚悟があったのもわかるよ でも店先で 電話口で ちんぽと言わねばならぬものたちのことを あなたたちはどれだけ考えてくれたんだ 私たちも「ちんぼでいきましょう!」と言ったあなたたちの決意に付き合わなきゃいけないんですか?

性は忌むべきものじゃないと思うよ? 恥ずかしがる私がおかしいのかもしれないよ 恥ずかしがること 忌みきらうこと それ自体がなにかの差別意識の現れなのかもしれないって私も思うよ

けど じゃあ お前らが言ってよ 電話口で女の人に向かって夫のちんぽが入らないって私の代わりに言ってよ お客様のところに夫のちんぽがはいらないって書かれた伝票貼られた袋配達してよ 頼むよ

2018-04-24

anond:20180424012338

日記を拝見して、祖母入院した時のことを思い出しました。自宅介護はまだ続けられたけどやっぱり、精神的にそれなりにキツくて、病状の悪化というタイミング病院入院することになってそのまま帰らぬ人になってしまった私の祖母のことです。

営業と思われるかもしれませんが、おばあさまとご実家ツツジ咲くお庭と、おばあさまが愛した増田様と家族の皆さんの写真を残してあげたいと心から思いました。

私は、家族向けの出張撮影サービスfotowa運営する中の人です(運営ピクスタ株式会社マザーズ3416)もしよろしければ、おばあさまとのお写真を撮らせていただけませんか?お代は結構です。明日が入所日とのことで残るお時間ほとんどなく、お住まい場所もわからず、どこまでお力になれるかわかりませんが、おばあさま増田様の記憶を形ある思い出として残して差し上げられたらと思っています

怪しく感じさせてしまったら申し訳ありません。思い出づくりのお手伝いをさせていただけるようでしたら、ご連絡ください。→mailto:info@fotowa.com

2018-03-18

みそじとは

気づけば四半世紀経っていた……。

とか思っていたはずが、四半世紀以上になっていた。

三十路

三十の路。

2と3なんて、たった一つ数字が違うだけのはず。

そのはずなのに、そこには大きな隔たりがある。

30歳。

処女のまま30年経っちまったよ!

たはーーー!!

まあ、だからといって何かあるわけでもなく。

処女のまま三十路なっちまったよっていう、実感しかなく。

で、だからどうしようかっていう考えもなく。 

なんとなく、このまま突き進んでいきそうな気がする。

つの間にか四十路処女になって、もうすぐ五十路処女だよーとか言ってそうな気がする。

テレビの街頭インタビューか何か覚えてないけど、7、80歳くらいのおばあさまが、「私処女なの」なんて言ってたことがあって。

こんなおおっぴらに宣言するのかよって驚いた。

これから妹とその孫に会いに行くとも仰ってたんだけど、とても楽しそうな感じ。

ああ、こんなばあさんになりたいな、と。

その時は軽くそんなことを思ってたんですが、まさに今その道を突き進もうとしている。

目指してるばあさんに一歩近づいてる。

あとは人生楽しんだら、もっとばあさんに近づける。

とりあえず三十路処女は、脱処女よりも人生楽しむことを目指します。

めざせ、ばあさん!

2017-10-12

[] 2017 台湾旅行記 第一部分

台湾に行って来た。

一人での海外旅行は初めてだ。

台湾であった事、感じた事つらつらと書く事にする。

長いし、起こった順に書いていて、特に脈絡もないので、ドラマは期待しないで欲しい。

取り留めない旅行記だ。

もし文書の中で一文でも、行ってない人の興味を唆れたり、行った事のある人に「あ〜、あるある」って思ってもらえたら嬉しい。




出発前


そもそもなぜ台湾に行こうと思ったかというと、少し前にちょっと凹むを事があり、いつまでも気に病んでも仕方ないし、何か面白い自分の興味を引かれる事がないかなぁなんて考えてたところ、「そういえば、台湾料理で気になってるものがあるんだけど、実物を食べた事がないんだよなぁ」と思い出し、休暇の予定も決まってなかった事もあって、「じゃあせっかくだから行ってみよう」となった訳である

初めてなので、ツアーを予約して、飛行機ホテルの世話だけをして貰うつもりだった。


いざ行くと決まれば、何より問題なのは言葉で、元々日本でもコミュ障気味なのに、別の言葉が話されている国で過ごすのは甚だ不安だった。


でも出発当日が来て、フライトをまつ夜の羽田空港国際線ターミナルで、簡単中国語を暗記していてた時にふと気付いた。

そうだ、俺、イラスト描けるじゃん。

普段から言葉より絵の方が伝わる事があるのは分かってる。

言葉の通じない国に行くんだ、使えるスキルは何でも使わないと。



格安ツアーの出発は変な時間だ。

午前4:50、タイガーエアに乗り込んだ。

台湾LCCとはいえ、機内はほとんど台湾人。

ツアーなので、自分の他にも出発する日本人がいるかと思ったが、日本人は少数派のようだった。

ちょっと不思議に思ったのは、機内の台湾人の男性はほぼメガネ

なんでどいつもこいつも目が悪いんだ。

から更に不思議だったのは、台北の地に着くと男子メガネ率がむしろ低いのだ。

台湾人は飛行機に乗る時だけメガネをかける決まりでもあるのか?






1


1日目 午前


LCCの狭いシートで変な姿勢に耐えながら3時間フライトを終え、朝の桃園空港に降り立った。

空港でキョロキョロしてると、いきなり兄ちゃんに現地の言葉で話しかけられた。

バス?とか言ってたので、行き先に迷ったと思われたらしい。

一瞬どう答えていいか迷ったけど、オレンジベストを着てゲートのすぐそばに立っている女性を指差し、「大丈夫」と言うふうに手を振ったら、彼は「なんだ」という顔をした。

あ、言わなきゃ。

「謝謝」


ベスト彼女自分の到着を待って立つツアーガイドだった。


実はツアーガイドはすぐに見つけていたのだけど、他のツアー参加者が集まってから声をかけようと思っていた。

しかし、誰も集まる気配がない。

どうやらこのツアーの申し込み者は自分一人らしい。

機内に日本人が少ない筈だよ。

「すいません」と日本語で言うと、ちょっと訛った日本語で「どこにいたの?すぐに声かけてよ〜」と笑顔で言われた。


ツアーガイドは黄さんと名乗ったが、「エリと呼んでね」。

台湾の人は英語の二つ名を持っている人が多いという。

より覚えやすくする為に、勝手に「エリーさん」と呼ぶ事にした。ちょっと伸ばしただけだから大きく違わないだろう。



ホテルに向かうミニバンエリーさんに「何かみたいものある?」と聞かれたので、「九份に行きたい」というと、「どう行くか調べてますか?」

「ざっくり」と答えると、「ざっくりじゃダメよ!」とひどく呆れられた。

エリーさん曰く、九份は凄く人気、今は祝日台湾人も行くから人でごった返している、行くなら早くいけ、と。

さらにはついでに十分も行くべきで、こんなこんなこんなツアーがあって・・・説明が止まらない。


「実は蚵仔煎と肉圓を食べに来た。あとお茶も買う予定」と言いうと、彼女は「それだけ?」とまたもや呆れ顔で言った。

「それだけじゃ量が少ないよ!」

さらっと書いているが、この会話の中で、エリーさんは料理名前を何度も聞き返している。

曰く、「発音メチャクチャから何言ってるのかわかんないよ!」

日本人とは随分テイストの違う接客なので思わず笑ってしまった。


夜市にも詳しいエリーさんによると、蚵仔煎の様な夜市料理行列の店で食べるべきで、それは味の問題というより、回転の早い店の方が素材が新鮮なので、当たる事が少ないかであるとの事だった。

台湾人がよく行列するのは、そういう理由もあったのか。なるほど。


エリーさんの勢いに呑まれかかってたけど、会話が少し止まって、ふと窓の外から街を見れば、台北市は建物が密集しているのに気付く。

その中にセブンイレブン

漢字コンビニも人の背格好も一緒なのに、行き交う人は全然別の言葉を話している。

それは不思議な感じだ、と言おうかと思ったけど、それを言うとエリーさんが凄いエネルギーで何かの説明をしそうなので言わないでおいた。


ホテルに着いたらチェックインの15:00まで、荷物を預けて自由観光

エリーさんは、台湾での見所と注意をまくしたてたあと「わからないことがあったらLineで連絡して!」と事細かに連絡方法を教えてくれた。

「あと折りたたみ傘を持って行って!今の台湾は天気が変わりやすい!」

どうやら手が届く限りは面倒を見ないと気が済まないらしい。

台湾人は親日とよく聞くが、接した感じでは、どうもナショナリズム問題ではなく、何か人間が親切というか、お節介焼きであるように感じた。



エリーさんと別れてしばらく歩くと、南国の陽射しの下、台湾国旗がはためいている。

明日がちょうど建国記念日国慶節からだろうか。

そういやエリーさんに「暑いな、さすが南国」と言うと「ここは南国に入らないよ!台南の方が亜熱帯!」って言ってたっけ。

急に冷え込んだ東京から来たら、十分暑いエリーさん。


すぐに暑さに耐えかねて、冷房の効いてそうな店に飛び込んだ。台湾で食べたかったものの一つ、豆花を食べていると、店内ラジオからはB'zが流れて来た。

日本アーティストなのに、なぜかより台湾を感じさせる。

かい注文が出来ないので、かき氷ピーナッツの甘煮だけをトッピングしてもらった豆花はとてもアッサリしていた。



台湾はとにかくスクーター乗りが多い。

大通り信号が青に変わるたび、びっくりするくらいのライダーが駆け抜けて行く。

この台湾光景を収めようと交差点歩道カメラを構えたら、後ろから「前方!」という様な声をかけられた。

振り向くと、自転車にのったおじさん。

「前危ないよ」とでも言われたのだろうか?ひょっとしたらもっと荒っぽい表現なのかもしれない。

台湾人は親切だけど直接的でもある。




1日目 午後


ホテルチェックインの15:00にはまだ間があったが、台北は午後になって更に気温が上がって来た。

エリーさんが言ってた事には、日中は36℃になると言う。

当て所なく歩き回るにはキツい時間だ、せめて目的が欲しい。

本来は2日目の午前にこなす予定だった、台湾茶の買い出しを前倒す事にした。


エリーさん曰く、祝日台湾人は勤勉では無いらしく昼頃にようやく起き出すとの事だったので、一抹の不安を抱えてはいたが、しばらく歩くと、お茶のいい香りが漂って来た。

通りに面した倉庫の様な店。

林華泰茶行。

上質なお茶が卸値で買えるとの事で、予め来ると決めていた店だった。

実際に来て見ると、その倉庫の様な空間に微かに漂う不思議で素敵な香りに心が踊る。


ただ、少し計算が狂ったのは、店が思った以上に小ぢんまりとしているし、本来問屋なので、店員ぶっきら棒

タンクトップから腹を放り出したオッさんが茶葉のチェックなどしていて、ゆっくり見るのは場違いだった。

そこでは吟味しながら4種類買う予定だったけど、実は到着直後の免税店で、エリーさんの勢いに押されてすでに高山茶を1つ買っていたので、3種類にした。


金萱

東方美人

蜜香紅茶


20代とおぼしきにいちゃんに、それぞれ「1/4斤」とメモして伝えると、「150?1300元」とぶっきら棒に返して来る。


台湾店員さんは人がよく、自分言葉が変でも何とか必死コミニュケーションを取ろうとしてくれていて、それが返って不甲斐なく、少し凹んでもいたのだけど、さすが問屋のにいちゃんにそんな忖度は無い。


今が出す時だ、と思い、空港で描いたメモを見せた。

一杯の茶のイラスト

「喜歓的香味(とても好きな薫りです)」

「謝謝。」にいちゃんは微笑んで言った。

初めてエリーさん以外の台湾人とちゃんコミニュケーションが取れたと思った。



昨日から大して寝ずに動き回ってるので、良い加減疲れて来たけど、ホテルチェックインにはそれでもまだ時間がある。

台北101に向かう事にした。


地下鉄にのっていたら、博愛席(日本でいうところの優先席)に座ってたばあさまが、乳幼児を抱いている母親に気付いて、手招きして席を譲っていた。

台湾人はほんとうに人が良い。

うっかり降りる駅を間違えて、次の電車を待っていたら、地下鉄ホームロードバイクを押す人がいた。

台湾輪行ダイナミックだ。


ブルータス台湾特集の表紙が台湾人には不評だったらしい。

曰く、あんな古くさい台湾ではなく、もっと近代的な今の台湾を見てくれ。

でも、実際歩いてみると、やはり台北の街は自分イメージするアジアエネルギーノスタルジーに溢れている。


そうかと思えば、台北101は東京で言うところの押上ソラマチの様に、周囲から浮いて急に出現した近代モールだった。

台北という街は混沌の中での変化の真っ最中なのかもしれない。



さて台北101の地下はデパ地下であり、フードコートだ。

このデパ地下も、旅の目的の一つだった。

その地にはその地の食い物が有る。

よくわからない果物料理ディスプレイされてるのは最高だ。

乾麺のコーナーで、刀削麺と同じ棚に讃岐うどんが並んでるのには何だか笑った。

うどん台湾では烏龍麺と書く。


大して腹も減ってなかったけど、疲れを癒す意味で、ここのフードコートガソリン補給をする事にした。

加油、俺。

頼んだのは排骨魯肉飯のセットで排骨には八角の強い風味が有る。

これが中華な味だ。

魯肉飯をかっ込んでふと顔を上げると、半袖シャツを着た対面のにいちゃんの袖から綺麗な花柄が覗いていた。

そういえば林華泰茶行に行きすがら、通りかかった裏路地でも、書き描けの紋紋を背負ったおっちゃんが上半身裸で何かを食っていた。

台北では割とカジュアルに紋紋にでくわす。


デパ地下と紋紋に満足したので、人でごった返した展望台には登らなかった。

良い加減、ホテルチェックインしてシャワーを浴びたい。




1日目 夕方〜夜


やっとホテルチェックインできて、シャワーも浴びてさっぱりできた。

一休みしたら晩飯だ。

どこで何を食うかは決まっている。

寧夏夜市で蚵仔煎を食べるのだ。


実はエリーさんに、この暑くて食品が傷みやすい時期に牡蠣を食べるのは勧めないと止められていた。

私たち台湾人間は胃が大概のものに慣れている。でもあなたたちは違うでしょ」と。

一理あるんだろう。

でもこの旅行重要目的の一つが本物の蚵仔煎を食べて、どういうものか知る事だったのだ。これはマストなのだ

から、せめてエリーさんの忠告を一つ守ることにする。

屋台料理行列の店で食え」

日が落ちて、明かりが灯った台北の街。

地下鉄を乗り継ぎ、寧夏夜市の行列の店を目指した。



道中驚いたのは、街中に野良犬がいた事。

少し遠巻きにしてる人もいたが、同時に野良犬を気にするふうでも無く、すぐ脇で座ってなんか食ってるおっちゃんもいて、日本ではもうない風景日常なんだなぁと驚いたりもした。



やがて、台北B級グルメ天国寧夏夜市が見えて来た。

日本で伝え聞く喧噪はちょっと盛ってるんじゃないかなんて疑っていたが、実際に行くと日本縁日以上の人、人、人。

屋台が軒を連ねる通りは真っ直ぐ歩くのも難しいくらい。

食習慣が全然違うのを肌で感じる。


夜市を一回りすると、一番行列のできてる店がわかった。

ここに決めた。

朝にエリーさんに酷評された付け焼き刃の台湾語は捨てて、筆談だ。

蚵仔煎を描いたメモを見せて注文する。

やがて店内に通されて、目当ての品が運ばれて来た。

おお、これが蚵仔煎か。

まず写真を一枚。

そして口に運ぶ。

プルプルしている!台湾風にいうとQQだ。

牡蠣オムレツと言いながら、片栗粉ような生地の方が主で、それに卵が絡み、その中に青菜と小粒の牡蠣が旨味を添えていた。

かかっているタレは甘酢か。テーブルに置いてある辛味噌を添えると更に風味が増す。

エリーさんの忠告は忘れてないが、ひょっとしたらヤバいものを食べているのかも知れないというスリルもまたスパイスのようなものだった。

「很好吃!」メモを見せると、店員のお姉さんはサムズアップした。



>>2日目



2017-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20170303150447

災難でしたね。同情します。

かつてマタニティマークを付けていた者から言い訳させてもらうとですね、まず体調に波がありまして、しんどい時と全然平気な時があります

なぜマーク付けてるかというと、しんどくて優先席とか(普通の席でもですが)座ってる時に「私妊婦なんで許してちょんまげ」って意図があります

友達マーク付けて優先席座ってたのにおばあさま集団に「若者が何優先席座ってんの?!」と席を譲らされたらしいですが。お年寄りにはまだマタニティマーク存在が知られてないようです)

から元気な時はマークを隠しとけばいいんですよ。その妊婦はそういった細かい運用ができない人なのです。私もできてなかったですけど。ごめんなさい。

その妊婦は元気な時に席を譲ってもらうのは申し訳ないと思って断ったんだと思います、多分。

じゃあマーク隠しとけって話です。その妊婦が悪いです。

2016-05-17

何だよそれ。そんな名前じゃねーだろ。老人最高か?

あたし今日、朝から調子悪くてすごい疲れてた。

通院してる病院でもらった薬の副作用かもしれないけど、とにかく気持ち悪かった。

でもさ、朝から大切な仕事の商談があったし、その後も打ち合わせがあったし、

いつがんばるの?今でしょ的な感じ(ちょっといね)で働いていたわけよ。

新橋から銀座線。もうへとへとで、正直吐きそうだった。

パソコン入ったカバンを下に置いて、ドアのところのすみで、もう、座りこんじゃおうかな。って思ったとき

優先席が空いた。だから座ったわけ。

そう、いつもなら、座らないよ。私、優先される立場じゃないこと承知してるし。

でもさ、今日は、その空いた席が輝いて見えたよ。

本当にありがたかった。

やっと座れた。

と思って座って、次の駅が過ぎたときに、隣の本日ランチの美味しかったお話をされていた

ばあさま2人組が、ぼーっとしている私に話しかけてきたよね。

あなた、老人席なんだから、席ゆずりなさいよ」

私、慌てちゃって「あ、はい。」って立ち上がったら、それと同時に

「ほら、あなた、座りなさいよ」

って携帯ゲームしてる老人・・・まあ、60代前半のイケイケっぽい男の人に

そのおばあさまたちが話しかけてた。

私は、追い出されるように、その場所からまた、ドアの所に移動したんだけどさ。

なんか、急に辛くて泣きそうになった。と同時にむかついた。

そもそも、老人席ってなんだよ。そんな名前じゃねーだろが。

妊婦や、子どもを抱っこしているママけがをしている人も座っていい優先席って名前だぞ。

お前たちがランチ食べて、自分たちの自慢話を言い合ってるのはまあ、自由

立ちながら、携帯ゲームしているのも自由

だけど、老人席を人に押し付けるのは自由にやらないでくれよ。

こっちは調子悪い中、一生懸命働いてさ、頑張って税金治めてさ。

けっこう普段もいろいろ頑張ってるんだよ。

少し座ったのがそんなに悪かよ。

老人最高かよ。老人だったらなんでもありかよ。ふざけんな。

ぜんぜんいたわる気持ちになんないね。老人様なんて。

ちなみに、私はおじいちゃんっ子だった。

おじいちゃんは、年よりの権利を主張するような人じゃなかった。

少なくても、人に「老人なんだから」なんて権利を主張するような人じゃなかったよ。

結局は持って生まれ性格なのかもね。

2016-03-31

[]

鯖街道歴史あふれる知的下町街道ですのよ。

ひいおばあさまが、

鯖を引き詰めて歩いた道ですの。

いつか歩いてみたいですわ。

2015-06-15

anond:20150614152403

あと倍生きるまで目をもたせるの大変だけど

それさえできれば是非そのようにやってみたい(まあ非実在ばあさまの可能性はあるけど)。

あ、年金からLineかえるだけのスマホ回線(おそらくSMSつき格安sim?)と

FPS用光の回線料とあといろいろなプレイ料とか下手するとアニマックス料とかニコ料

を払ってるわけだけどその総額どのへんか聞いて欲しい

あとグラボどれ

2014-07-08

anond:20140707065623

麻生首相のおばあさま

 

どういう方が参加されようと有象無象感はぬぐえません。

オフ会はあれだけじゃないし、

PIO有象無象があつまるものよりずっと

楽しい飲み食いの場もあるのですが、

どうしてまた。

2014-01-28

お話好きのおばあさまが苦手

全部が苦手ってわけじゃないんだけど、

物語調に話す人は超苦手。

私はこう言いました。そのとき先生はこう言いました。そのときお父さんがあーでこーで。

って感じで結論も分からず、ひたすら聞かされるのは苦痛以外の何物でも無い。

年のせいか、女性という生き物のせいか、こういう話方は苦手だわ。

しかも、自虐ネタのように見えて自慢も多いしつらいつらい。

2013-04-18

久しぶりに実家電話した

ふと、思い立って実家電話した。

理由が知り合いの母親が亡くなったときいて、うちのは元気だよね?と確認するため。

結果、大丈夫じゃなかった。

親が、じゃなくて、ばあさまが だけど。

うちのばーさん、今年で97なんだけど、テレビ大好きスポーツ観戦大好き、年の割には気が若い

サッカー内田笑顔が好きって、どんなアラハクよ?とツッコミはいる人です。

が、正月明けてすぐに家の中で転んで、脚の骨折ってしまって、強制的に寝たきりになった。

怪我した当初に見舞いに行ったけど、情けないねぇと愚痴る位で相変わらずクチは達者だった。

今日、母ちゃんから電話で聞いた。

あれ以降、急にばあちゃん呆けちゃったんだと。

母ちゃんと、ヘルパーさんの見分けがつかないんだって

たったの3ヶ月に何があったんだよ?

俺、帰るよって言ったら、母さん、ショック受けるから帰ってくるなと。

動けない分、暴言が酷いんだとさ。あと、孫の俺って分からないよ?だって

でも、ばあちゃんの今の世界にはまだサッカー小僧の俺がいて、

俺君が泥んこになってお腹空かせて帰ってきたから、ご飯作らないと!風呂沸かして洗濯してやらんと!

って、ベッドから抜け出そうとしてるんだって

俺、どうしたらいいの?

いつか、死ぬことは分かって居たつもりでも、こういう終わり方はないよ。

2013-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20130122131752

書くって大切ですよね。辛い気持ちでも書けると、いいですよね。

ただ正直、最初の版がよりあなたの気持ちに率直で、改版のほうは自分反省点が増えてます。そして改改版では、理解してほしい部分が強調されています

自分が書いたものを見ながら、書く・・・うん、たしかに いずれもあなた自身だろうけど、むしろ疲労が増えちゃわないでしょうか。

あなたに今起きているのは、あなたの何が悪かったのかという反省ではなく、「自分が望んでいるものがよくわからくなっている」ことへのいら立ちだと思うのです。

密接したパートナーの間では、たのしいことだけでなく「不快なこと」も当然起きますよね。

その際に大切なことは、もしあなたが 相手のことを不快に思ったとき、少なからず 相手も 同じ原因の不快感を持っている、ということです。

これを知ることは大切なことです。

あなたが、それにきづくことが、きっと あなたこころを多少 ラクにするかもしれない、と思いますので、順次 述べますね。

象徴的なものが、あなたのお兄さんに対する あなたの反応です。

お兄さんやお母さんに、おばあさまのことお願いします、とおっしゃったとき、「長くないから」と言われあなた不快に思ったのだとしたら

その「お願いします」が相手にとって不快だったということです。

たとえば、自分親族の死を望む人はいないけど、その過程を見るのは地元親族で、それについてあなたから十分なねぎらいがないと思っている、のかもしれません。実際はわかりません。だけど相手が不快に思ったことはまちがいありません。

あなたがほしかったのは、奥様の支持的態度だったのに、現実論をつきつけられて、あなたをひどく失望させた。

だとすれば、奥様はあなたが支持的態度でないのに、なおかつ理想論を見せつけてきて、あなた絶望していたのかもしれません。

まりあなたが奥様を支持する姿勢になかったことが示唆されています。奥様は現実論をいうために怒鳴ったのではなく、不快になったから怒って現実論をぶつけてきたのではないでしょうか。

実際、あなたの提案が奥様をひどく不快にさせたことを忘れて、怒鳴り返されたことのみが、あなたこころに残ったのですから、よりそれを証明することになりました。

あなたは自身の優しさや思いやりに自信があるようですが、実際には、人に対するこうした洞察がまるっきり抜け落ちています

とても厳しい言い方になりますが、あなたは「腰だけ低い傲慢な人」として周囲に見られている可能性があるのです。

ヘタすると、あなたは、あなたの心根を 誰も見抜けちゃいないと思ってるかもしれませんが、世の中をなめちゃいけない。

あなたが、なんとなく人の本性を「感じて」いるように、いくらごまかそうとも あなた自身も感じられているのです。

誤解しないでほしいのですが、あなたのような聡明な人なら、こうした問題は年齢を重ねるごとに どこかで気がつくもので、私に言われなくてもやがて身に付くものだと思います

ただ、私がここであえて明言しなければならなかったのは、いま あなたのその傲慢さ(人は自分のことを知らないし・自分はうまくやってきたとの思い込み)が、カタルシス破壊衝動)として作動することです。

あなたがいま望んでいるのは周囲の理解のはずですが、それが破壊によって 多少でも得られると、あなたが思い込んでしまうのではないかという懸念です。

あなた必要なのはあなたの望みを現実化する具体的な力と、それに向かう行動なのではないでしょうか。

2009-10-02

http://anond.hatelabo.jp/20091002211126

過去、母系3世代で一緒に住んでて、苗字3つあったけど、ぜんぜん面倒じゃないよ。面倒そうに見る人って、家族間で苗字で呼びあうとでも思ってるんですかね。マスオさんに対してフネさんが「フグタさん」なんて呼ばないのと一緒で、関係ないよ。

うちじゃ、「おばあさま」「おじいさん」「おかあさん」「おとうさん」「花子さん(←自分の妻: 仮名)」「太郎君(←義理の弟: 仮名)」だから、それこそ苗字が同じか違うかなんてどうでもいい。それより、同じ釜のメシを揃って喰うことのほうが大事だよ。

さらに義理の祖母が名家の出なので、祖母の旧姓まで日常的に飛び交うわけで。他人から見れば、「(その人個人から一番親しい人の姓)の○○君(あるいは単に、お婿さん)」で終わりだし。

2007-02-23

http://anond.hatelabo.jp/20070223024339

英語では「有名:famous」の対義語は「匿名:anonymous」である。この「匿名」という用語は、社会学の分野では必ずしも「有名でない」という意味にも、通常日本語で使用されるような「名前を隠している」という意味にも使われてこなかった。

 「匿名」とは、「都市化の進展した社会において、人がその個人ではなく、他の誰とも交換可能な一個の存在として捉えられている」という意味だ。例えば、出会い系サイトで「24歳の男性」などと名乗るが、日本中に「24歳の男性」は数限りなく存在する。人はそのような他の24歳の男性と交換できないような「私」をアピールしようとして出会い系サイトアクセスするのに、そのために他の誰とでも交換可能な属性を示さなければならない。これはムラ社会などと異なり、自分が何者であるか知らない人が大半を占める都市社会では避けられない事態だ。

http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/socio/socio08.htm

えーとつまり、たまにいる匿名顕名実名議論についてこれない奴は田舎者だってことでOK?

私の感覚だと大体おじいちゃんか未熟者なんだよね。都市のおばちゃんおばあちゃんはリアル匿名のままコミュニケーション取れるからね。

待ち合わせ場所に行ったら祖母が私の知らないおばちゃん達とにこやかに延々しゃべってるわけですよ。

「ああ、待ち合わせしてた孫が来たんで失礼しますね」

「あらまあ立派なお孫さんで。おばあさまのお買い物に付き合うなんて関心ね?」

「うちの行き遅れの婿に(笑」

「いやあ荷物持ちするぐらい当たりまえっスから…」

「うちの孫なんかね(5分略)手伝ってくれないのよ」

「まあまあそれはそれで関心じゃないかしら」

「あらまあ引き止めちゃってごめんなさいねお買い物だったんでしょそれでは失礼します」

「どうもー」

「ばあちゃん、今のはどこのひとたち?」

「知らない人」

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん