「酩酊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 酩酊とは

2021-06-11

anond:20210611203553

り、真空レベルスッカラカンの空谷に向って数年吼える。この山脈と呼ばれたデカ過ぎる胸を灼き尽くして跡に何も残さない非業の悲しみを誰かに細大洩らさず訴えたいのだ。己は昨夕も、彼処でいつ見てもバカかい月に向って病気かってほど咆えた。誰かにこの苦しみが分って貰えないかと。しかし、凡百の有象無象の獣どもは己の大音声を聞いて、唯、懼れ、狂信者のごとくひれ伏すばかり。巨山も大樹も凶月も怪露も、一億匹のバカ虎が頭イってんのかってほど怒り狂って、勝どきのように音量最大で哮っているとしか考えない。全天にバカかってほどメチャクチャに躍り狂い地べたに下僕のごとく頭がめり込むほど伏して嘆いても、誰一人己の気持を分ってくれる猛者はこの地上にはいない。ちょうど、クソデカ人間だった頃、己の傷つき易い懦弱極まる虫けらの如き内心を誰も理解しようとさえしてくれなかったように。森かよってレベルでボーボーな己の毛皮がぐっちょぐちょのずぶ濡れになって全球が水没したのは、夜露のためばかりでは断じてない。

時代かがあって漸く四辺全土の暗さが極限まで薄らいで来た。巨木の間を伝って、何処からか、三千世界の鴉かよってくらい喧しい暁角が哀しげに乾坤の果てまで響き始めた。

最早、今際の別れを光よりも速く告げねば辛抱ならぬ。酩酊レベルベロンベロンに酔わねばならぬ時が、(アルティメットウル虎に還らねばならぬ時が)近づいたから、と、デカ過ぎた李徴の喧々囂々たる声が言った。だが、お別れする前にもう一つや二つやそれ以上頼みがある。それは我が妻子勢八百万のことだ。彼等は未だ世界の屋根たる虢略にいる。固より天地開闢以来、己のマジでアホくさい運命に就いては毫も知る筈がない。君が南極から帰ったら、己は既に百万回死んだと彼等に折に触れて再三再四告げて貰えないだろうか。決して今日のことだけは命に替えてもゼッテー明かさないで欲しい。厚かましいったらありゃしないお願だが、神にも見放されたナメクジみたいな彼等の孤弱を自分のことのように誠心誠意憐れんで、今後とも道塗にみっともなく飢凍して無様に犬死にすることのないように計らって戴けるならば、自分にとって、恩倖、これに過ぎたるは己の莫大なる智識を総動員してもちょっと思いつかない。

一息に言終って、叢中から鼓膜の破れるような慟哭の声が聞えて仕方なかった。超越袁もまたてんこ盛りの涙をガロン単位で泛べ、欣んで極大李徴の意に寸分違わず副いたい旨をしつこく答えた。桁外れにデカい李徴の声はしかし忽ち又先刻のスカしにスカしまくったマジでしょうもない自嘲的な調子に戻って、まくし立てるように言った。

本当は、先ず、この事の方を何に於いていの一番の真っ先にお願いすべきだったのだ、己がクソデカ人間だったなら。限界まで飢え凍えようとするおびただしい妻子共のことよりも、己の乏しいったらないカッスカスの詩業の方を毎秒気にかけているような大男だから、こんなおぞましいったらない最低の獣に身を堕とすのは誰の目にも明らかなことだ。

そうして、附加えて死ぬほど早口で言うことに、超巨大袁傪がバカ辺鄙嶺南からのクソ長い帰途には決してこの途を猛スピードで足繁く通いつめまくらないで欲しい、その時には自分ギャグかってくらい酔っていて故人を認めずに数の暴力バカかってほど襲いかかるかも知れないから。又、今別れてから、前方百兆歩の所にある、あの丘っつーか山脈に上ったら、此方を振りかえっていつまでもガン見して貰いたい。自分は今のマジでばっちい姿をもう一万度お目に掛けよう。勇に誇ろうとしてではない。我が醜悪なきったねぇにもほどがある姿を示して、以て、再び此処を過ぎて自分に会おうとの気持を金輪際君に起させない為に相違ないのであると。

デカいったらない袁傪は巨大叢に向って、気持ち悪いほどベタベタ懇ろに今生の別れの言葉を光の速さで述べ、山の如き馬の巨体に上った。叢の中からは、又、聞くに堪え得ざるが如きかまびすしい悲泣の声が洩れに洩れた。袁傪も幾度か首が千切れんばかりに叢を振返りながら、涙の中に亜音速で出発した。

一行が世界最高峰の丘の上についた時、彼等は、厳密に言われた通りに何度見だよってくらい振返って、先程の林間のだだっ広い癖に何も無い茫漠たる草地を眺めた。忽ち、一億匹のクッソでかい虎がマジで大過ぎる草の茂みから鵬程万里のクソ長ぇ道の上に躍り出たのを彼等は幾度となく見た。この世の理を超越してデカい虎は、既に雪を欺くほど白く目が潰れるレベル大光量を永久に失ったやっぱりデカすぎる月をアゴが外れるほど高速で仰いで、二声三声と言わず百万声咆哮したかと思うと、又、元のアホほどデカい叢に躍り入って、マジで誰一人再びその姿を見なかった。

ウルトラスーパー山月記

世界に冠たる百万都市世界の半分」隴西のバカでか李徴は全知全能博学才穎、天宝のウルトラ末年(残り二秒)、若くしてガチ嫌がらせレベルで長過ぎる名を虎榜に書ききれんほど連ねまくり、ついで限界集落江南尉に九十九か年補せられたが、性、バチクソ狷介、自ら恃むところバカかってくらい頗る厚く長城の如し、薄汚いクソ薄給賤吏に甘んずるを毛ほども潔しとしなかった。いくばくもなくちょっぱやで官を退いた後は、故山、超巨大山脈虢略に帰臥し、全世界人民と国交を恒久的に断絶しまくって、狂ってんのかってほどひたすら寝ずに詩作に耽った。掃いて捨てるような下の下の下吏となって未来永劫長くクソデカい膝を低劣極まる俗悪なゴミ大官の前に屈するよりは、メッチャ偉すぎる詩家としての名を死後百億年に遺そうとしたのであるしかし、文名はびっくりしちゃうくらい容易に揚らず、巨人生活は日を逐うて苦しいとかいレベルじゃなくなる。ギガンティック李徴は永遠にも思える時を経て漸くヤバすぎる焦躁に駆られて来て号泣しちゃった。この頃からその容貌もエグいほど峭刻となり、全身の肉が削げ落ち垂木の如き骨が秀で、刺さるほど鋭い眼光のみ徒に炯々と発光して、曾てありえんムズい進士に息をするように登第し続けた頃の豊頬のゲロマブ美少年の俤は、何処に求めようもない。数千年の後、エクストリーム貧窮に堪えず、妻子百万の大規模衣食のために遂に節を屈しまくって、再び極東へ赴き、一地方官吏の最要職を奉ずることになった。一方、これは、矮小なる己のクッソしょっぱい詩業に半ばと言わず完全に絶望し尽くしたためでもある。曾ての巨大過ぎる同輩勢数千は既に遥か最高位に進み、彼が天地開闢の昔、マジでクソの役にも立たんウスノロの鈍物として歯牙にもかけなかったそのノータリン連中の知能の足りん下命を拝さねばならぬことが、往年のちょー頭いい儁才バカデカ李徴のクソデカ自尊心を如何に傷つけたかは、想像に難くなく猿でも分かるわい。彼は怏々として微塵もしまず、マジでデカ過ぎる狂悖の性は愈々軽く引くくらい抑え難くなった。一光年の旅の後、公用永遠の旅に出、悠久の大河汝水のほとりに生涯宿った時、遂にアホほど発狂した。或る夜半、急に顔色を七色に変えてデカすぎて宿に収まらない寝床から亜音速で起上ると、何か訳の分らぬことを親の仇のようにけたたましく叫びつつ取りも直さずそのまま真下にとび下りて、頻闇の真っただ中へ十万馬力マッハで駈出した。彼は二度と戻って来なかった。附近ミリ四方の果てしない山野を飽きもせず捜索しても、笑っちゃうほどマジで何の手掛りもない。その後ジャイアント李徴がどうなったかを悉く知る者は、ガチで訳わからんくらい誰もなかった。

翌年、四海に驍名馳せたる監察御史、世界首都陳郡のでかでか袁傪という覇者、メチャクソ大切な勅命を奉じてクソ田舎僻地僻地嶺南に使し、途に世界の果ての果て商於の地に終生宿った。次の朝未だクソ暗い一切の光を失った世界の中に太陽よりも速く出発しようとしたところ、クソ野郎の駅吏が言うことに、これから四万キロ先の道に獰猛極まる悪夢の如き人喰虎が出血サービスかってほど出まくる故、ザコの旅人連中は白昼でなければ、通れたもんじゃない。今はまだ朝が早いってか明けてないから、今少し数世紀ほど待たれたが宜しいでしょうと。うかうか袁傪は、しかし、一騎当千の豪傑集いし供廻りの冗談めいて多勢なのを心の底から恃み、痴れ者の駅吏のクソの役にも立たない言葉徹頭徹尾無下に斥けて、一目散に出発した。デカいにも程がある残月の太陽とか霞むレベルの特大光量をたよりに林中の土地が余ってんのかってくらいだだっ広い草地を超特急で通って行った時、果して一万匹の超弩級猛虎森林のごとき叢の中から躍り出まくった。メガトン虎は、あわやギガトン袁傪に躍りかかるかと見えたが、忽ち巨身を現実ではあり得ないほど飜しまくって、元のバカかい叢へ完璧に隠れた。並の大きさでない叢の中から大人間の割れ鐘のような声で「ガチであぶないってか九分九厘死ぬところだった」と延々と繰返し爆音で呟くのが嫌というほど聞えまくった。その大声に超袁傪はメチャクチャ聞き憶えがあった。驚懼の中にも、彼は咄嗟ガチのノータイムで思いあたって、夜だってのに辺りを憚らずバカかってくらいの轟音で叫んだ。「そのマジでっけー声は、我が友、バカでか李徴子ではないか??????????」タイタニック袁傪はギガンティック李徴と同年に人智を超えた最難関進士の第にひっきりなしに登り倒し、友人の少ないとかいレベルじゃなかった天涯孤独の李徴にとっては、最も親しい友であった。温和な聖人袁傪の性格が、峻峭な性悪李徴の人間のクズみたいな性情と衝突しなかったために決まっているであろう。

世を蓋うクソデカ叢の中からは、暫く数千年やかましい返辞が無かった。しのび泣きかと思われる蚊が泣いてんのかってくらいマジで微かな小声が時々頻繁に洩れまくるばかりである。やや数世紀あって、あり得ないくらい重低音の喧しい声が超早口で答えた。「如何にも自分は栄えある国のまほろば麗しの帝都隴西の世界最強の神に選ばれし偉大なる魂(中略)アルティメット超☆巨大ギガンティックバカでか李徴DXである」と。

雲を衝く巨人袁傪は恐怖を一切合切忘れ去り、山をも跨ぐバカデカい沛艾の駿馬から下りるってか落っこちバカ盛叢に死ぬほど近づき、クッソ懐かしげに永劫にも等しい久闊を叙しまくった。そして、何故ギガント叢から出て来ないのかと怒られるまで問うた。デカ過ぎて叢から殆どハミ出てる李徴のクソほどデカい大声が答えて言う。自分は今や全くもって汚らしい最凶の異類の身となっている。どうして、おめおめと故人の前にあさましいにも程がある醜姿をさらせようか。かつ又、自分が姿を至る所に現せば、必ず君に想像を絶する畏怖嫌厭の情をハチャメチャに起させるに決っているからだ。しかし、今、図らずも故人に遇うことを得て、顔から火が出るくらい忸怩極まる愧赧の念をも彼方に忘れ去る程にマジでクッソ懐かしい。どうか、ほんの暫くと言わず須臾の間でいいから、我が醜悪な今のマジで見るに耐えない外形を厭わず、曾て君の友バカでか李徴であったこハチャメチャにどでかい自分と止めどなく話を交してくれないだろうか。

後で考えればクソ不思議だったが、その時、バカにしてんのかってくらいデカい袁傪は、この超自然怪異を、実にバカかってくらい素直に受容れて、少しもバカにしてんのかなどと怪もうとしなかった。彼は多過ぎる部下に命じて絶え間ない長蛇の大行列の進行を無期限に停め、自分は巨大叢の傍らに立って、見えざる巨声ととこしえに対談した。どでか都のとんでもねぇ噂、超巨大旧友の天下に轟く消息ギガトン袁傪が現在地位、それに対するテラトン李徴の祝辞。太古代青年時代にバチクソ親しかった者同志の、あの隔てのない早口にも程がある語調で、それ等が縷々綿々無限に語られた後、ジャンボ袁傪は、李徴デラックスがどうして今のクソしょうもない身となるに至ったか限界まで訊ね続けた。べらぼうに喧しい草中の声は滔々たる懸河の弁で次のように語った(ごく一部を抜萃)。

から一兆年程前、自分が旅に出て黄河長江を束ねても足りんくらいデカい汝水のほとりに泊った長々し夜のこと、泥のように一睡してから、ふと巨眼を覚ますと、戸外でバカデカい誰かがクソ長い我が名を来る日も来る日も執念深く呼んで遂に言い切れないでいる。死ぬほどうるさい声に嫌嫌応じて2万キロ外へ出て見ると、鼓膜破れるくらいでけー声はびっくりするほどドス黒い常闇の中からメチャクチャ頻りに自分を招く。覚えず、自分はクッソうるせー声を追うて走り出した。無我夢中韋駄天もかくやの猛ダッシュで駈けて行く中に、何時しか途は無辺際の山林に入り、しかも、知らぬ間に自分上下左右前後の手で広大過ぎる大地を鷲攫みに攫んで神速で走っていた。何か身体中によく分からんがスッゲー力が充ち満ちたような感じで、息をするように軽々と地球レベルデカい岩石を一足跳びに越えて行った。気が付くと、ガチでけぇ手先やマジでけぇ肱のあたりに三千丈の毛を生じているらしい。少しびっくりしちゃうくらい明るくなってから、千仞の谷川に臨んでデカ過ぎる姿を映してガン見すると、既にクッソ大きい虎となっていた。自分は初めバカデカい眼を信じなかった。次に、これはクソ長い夢に違いないと考えた。クソ長い夢の中で、これはクソ長い夢だぞと知っているようなクソ長い夢を、自分はそれまでに幾度と無く見たことがあったから。どうしてもクソ長い夢でないと悟らねばならなかった時、自分は極限まで茫然とした。そうして尋常ならざる懼れによってマジで膝がガクついた。全く、どんな没義道極まりない兇悪な事でも必然的に起り得るのだと思うて、海より深く懼れた。しかし、何故こんな事になったのだろう。マジ分らぬ。全く何事もアホかってくらい我々一万匹には判らぬ。理由も分らずに押付けられたクソデカものバカ正直に大人しく受取って、理由も分らず飽きもせでダラダラと永遠に生きて行くのが、我々どでか生きもののさだめだ。自分は直に万死を想うた。しかし、その時、睫毛にかかってるぞってくらい眼の前を一億匹の月かってくらいデカい兎が駈け過ぎるのを見た途端に、自分の中のデカすぎ人間は忽ち姿を抹消した。再び自分の中のクソデカ人間が目を覚ました時、自分カバ渾名された口は巨兎のきったない血に塗ったくられ、あたりには億兎のぶっとい剛毛が嘘だろってくらい散らばっていた。これが世界最強虎軍団としての最初経験であった。それ以来今までにどんなゴミカスみたいな限界極まってる所行をし続けて来たか、それはマジで到底語るに忍びない。ただ、一万日の中に必ず数億時間は、巨体人間の心が超音速で還って来る。そういう時には、曾ての日と同じく、巨人語も容易く操れれば、複雑な巨大思考にも軽く堪え得るし、経書のクソ長い章句をとんでもない早口で一生やってろってくらい誦んずることも朝飯前に出来る。その巨大人間の心で、ガチで巨大過ぎる虎としての己の世界一残虐な行いのあとを見、己の運命を二度見三度見と言わず幾度と無くふりかえる時が、宇宙で最も情なく、恐しく、憤ろしい。しかし、その、デカブツ人間かえる数万分の一時間も、日を経るに従って次第にハイパー駆け足で短くなって行く。今までは、どうしてスーパーウル虎などになったかと怪しんでいたのに、この間マジで何の前触れもなく唐突にひょいと気が付いて見たら、己はどうして有史以前巨人間だったのかと考えていた。これはおしっこチビレベルで恐しいことだ。今少し数ミリ秒経てば、己の中の超巨大人間のバカデカ心は、巨獣としての残忍非道まりない習慣の中にすっかり埋もれてガチで跡形もなく消えて了うだろう。ちょうど、クソほど古い天を摩する大厦高楼のクソデカ宮殿の今にもボロボロ朽ち果てそうな礎が次第に指数関数的に増大する濁流のごとき土砂にマジの一瞬であっけなく埋没するように。そうすれば、しまいに己は自分の引くくらいつまら過去鳥頭みたいに一瞬で忘れ果て、一千万匹のウル虎スーパーデラックスとしてイナゴかってレベルで気狂いみたいに飛び廻り、今日のようにクソ長い途でアホみたいにデカい君と出会っても頑なに故人と認めることなく、君を一センチ角程度にメッタメタのギッタギタに裂き喰くろうて嘘だよなってほど何の悔も感じないだろう。一体、バカデカ獣でもクソデカ人間でも、もとは何か他の似ても似つかないグッチャグチャのゲテものだったんだろう。初めはそれを憶えているが、次第に忘れて了い、原始の初めから今の形のものだったとバカ正直に思い込んでいるのではないか??????????いや、そんな事はマジで心底どうでもいい。己の中のクソデカ人間の心がマジですっかり跡形も無く完全に消え去って了えば、きっと恐らく九割九分絶対に、その方が、己は天上天下に比類なきしあわせ者になれるだろう。だのに、己の中の超ビッグ人間は、その事を、マジでこの上なく恐しく感じて毎晩ガチ泣きしているのだ。ああ、全く、どんなに、小便垂らすほど恐しく、腸の千切れるほど哀しく、満都の同情を誘うほど切なく思っているだろう!己がチョモランマ人間だった有史以来の世界の記憶のなくなることを。この気持は誰にも分らない。ガチで誰にも分らない。己と寸分の狂いも無く同じ身の上に成った者でなければ。ところで、そうだ。己がすっかり百パーセント人間でなくなって人生終了しちゃう前に、一つと言わず頼んで置きたいことが山ほどあり過ぎる。

袁傪はじめ無量無辺の一行は、毎秒息をゴキュゴキュのんで、叢中のけたたましい声の語る不思議に一生聞入って生涯を閉じていた。耳がイカれるような大声は矢継ぎ早に続けて言う。

他でもない。自分は元来メッチャ詩が凄い超カッケー詩人として名を成す積りでいた。しかも、業未だ成らざるに、このクソおもんない運命に立至った。曾て作るところの詩数百万篇、固より宇宙最初から、まだ世に行われておらぬ。山脈並みにうず高い遺稿の所在も最早世界中の誰にも判らなくなっていよう。ところで、その中、悠久の時を経て今も尚記誦せるものが数十億ある。これを我が為だけに末代まで伝録して戴きたいにも程があるのだ。何も、これに仍って一人前のクソデカ詩人面をしたいのではない。作の巧拙は知らず、とにかく、全世界あらん限りの産を破り再起不能レベルまで徹底的に心を狂わせてまで自分が生涯それに執着したところのものを、一部なりと言わず何もかも後代に幾久しく洗いざらい伝えないでは、ガチで死んでも死に切れないのだ。

無数の袁傪は大多数の部下に口酸っぱく命じ、ギャグ漫画かってくらい巨大な筆を千人がかりで執って叢中の調子外れもいいところの放歌高吟のダミ声に奴隷のように随って書きとらせた。李徴の耳をつんざく声は叢の中から朗々と天の果てまで響いた。長短凡そ三十兆篇、格調メチャクチャ鼻につくレベルで高雅、意趣マジで天下無双かってほど卓逸、一万読して作者の才の非凡をまざまざと嫌になるほど思わせるものばかりであるしかし、でか袁傪はひっくり返るほど感嘆しながらもクッソ漠然とテキトーに次のように感じていた。成程、クソ虎作者の素質が第一万流に隷属するものであることは疑っても仕方無いじゃない。しかし、このままでは、第一億流の作品となるのには、何処か(非常に微妙にも程があるマジで心底どうでもよろしい些末な一点に於いて)欠けまくるところがあるのではないか、と。

旧詩をゲロのように吐き終ったデカブツ李徴のかしましい怒声は、突然調子変幻自在に変え、自らを嘲るが如くにがなり立てて言った。

羞ずかしいとかいレベルじゃないことだが、今でも、こんなあさましい忌むべき身と成り果てた今この瞬間でも、己は、己のクソデカ全集長安風流人士の当然長安よりデカい大机の上に所狭しと棟に充ちるほど置かれている見事な様を、夢に見ることがしょっちゅうあるのだ。うすら寒い便所みたいな岩窟の中に物言わぬ死体のように横たわって見る夢にだよ。腹が捩じ切れるまで嗤ってくれ。巨大詩人に成りそこなって巨大虎になったマジで哀れ過ぎる愚鈍な大男を。(巨漢袁傪は太古の昔の甚大青年李徴のクッソ寒い自嘲癖を昨日のことのようにありありと思出しながら、心底哀しく聞いていた。)そうだ。お笑い草ついでに、今の懐いを即席の詩にコンマ一秒で述べて見ようか。このアルティメット虎の中に、まだ、曾ての完全体李徴が飽きもせず生き永らえている動かぬしるしに。

態度もクソデカい袁傪は又下っ端もいいとこの下吏にこっぴどく命じてこれを百万遍書きとらせた。その長ったらしい詩に言う。

本当偶因超巨大狂疾成凶悪殊類

超特大災患馬鹿相仍絶対不可逃

今日現在長大爪牙一体誰敢敵

開闢当時糞喧声跡共摩天程相高

超越渾我為馬鹿異物糞汚蓬茅下

完全体君已乗糞大軺気勢糞程豪

永遠夕大規模渓山対糞明怪月

生涯不成気遠程長嘯但成爆音

(訓、本当に偶たま超巨大狂疾により凶悪殊類と成る、超特大災患は馬鹿に相仍りて絶対逃るべからず、今日現在の超長大爪牙一体誰か敢へて敵せん、開闢当時の糞喧しき声跡共に天を摩する程相高し、渾てに超越する我は馬鹿の異物と為る糞ほど汚らはしき蓬茅の下、完全体なる君は已に糞ほど大きなる軺に乗りて気勢は糞といふ程豪なり、此の永遠の夕べ大規模渓山にて糞ほど明らなる怪月に対して、生涯気も遠き程の長嘯を成さずして但爆音の嘷を成す)

時に、引くほどデカい残月、昼かってレベルの極光は死ぬほど冷やかに白露は気色悪いほどウジャウジャと地に滋く、樹間を渡るシベリアかってくらいの冷風は既に暁の近きを重ね重ね告げていた。人々は最早、事の奇異を忘れ、お通夜かってレベルで粛然として、このデカ過ぎる詩人ゴミ過ぎる薄倖を嘆じた。ウルトラ李徴の胴間声は再び喧しく続ける。

 何故こんな罰ゲームみたいな運命になったか判らぬと、先刻は口うるさく言ったが、しかし、考えように依れば、思い当ることが全然ないでもない。デカデカ人間であった時、己は努めて全人類との交を避けて避けて避けまくった。人々は己を三界に比類なきまでクソ倨傲だ、クソ尊大だといった。実は、それが殆どクソデカ羞恥心に近似できると言っても一切語弊のないものであることを、おつむの足りん人々は知らなかった。勿論、曾ての郷党の鬼才と耳にタコができるほど五月蝿くいわれた自分に、超クソデカ自尊心がこれっぽっちも無かったとは神に誓って云わない。しかし、それはウルトラ臆病なハイパー自尊心とでもいうべきものであった。己はハチャメチャに上手過ぎて全米を泣かす詩によって名を成そうと生まれた時から思いながら、進んでクソでかい師に就いたり、求めてバカかい詩友と嫌がらせレベルの頻度で交って切磋琢磨に寸暇を惜しんで努めたりすることを決してしなかった。かといって、又、己は棒にも箸にもかからないクソ平凡な俗物の間に伍することも欠片も潔しとしなかった。共に、我がクソ臆病なバカでか自尊心と、バカ尊大なクソでか羞恥心との所為に他ならないのである。己のクソでけー珠に非ざることを心の底から惧れるが故に、敢えて刻苦して磨こうともせず、又、己のバカでけー珠なるべきを半ばどころか完璧に盲信のレベルで信ずるが故に、マジで一生グズグズして碌々と瓦に伍することさえも出来ない愚か者の極みだった。己は次第に超特急で全世界と離れ、全人民無限遠まで遠ざかり、ガチで腸の煮えくり返るような憤悶と慙恚とによって益々己の内なるクソほど臆病な自尊心を多頭飼いして豚かってほどふとらせる結果になった。人間例外を許さず誰でもクソデカ猛獣使であり、そのバカデカ猛獣に当るのが、各人の性情で間違いないのだという。己の場合、このバカかってレベルでクソ尊大羞恥心ウルトラ猛獣だった。ウル虎だったのだ。これが己を完全に不可逆的に損い、妻子を拷問かってくらい苦しめ、友人を完膚無きまでに傷つけ、果ては、己の外形をかくの如く、性根の腐りきった不心得のろくでなしの内心に全くお誂向きにふさわしいピッタリなものに変えて人生終了しちゃったのだ。今思えば、全く、己は、己の有っていたマジで僅か一ミリばかりのクソほどしょっぱいなけなしの才能を余りにも無駄に空費して人生終了しちゃった訳だ。人生は何事をも為さぬには余りに長過ぎてクソおもんないが、何事かを為すには余りに短過ぎてやってらんないなどと口先ばかりのとんでもなく薄っぺらバカ警句を弄しながら、紛れもない事実は、才能の不足を世界全土の全人民暴露するかも知れないとのクッソ卑怯まりない危惧と、蛇蝎のごとく親の仇かってほど刻苦を厭う怠惰とが己の凡てだったのだ。無知蒙昧の脳足りんで己よりも遥かに乏しい搾りカスみたいな才能でありながら、それをバカの一つ覚えみたいに専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもその辺を歩いているのだ。デカい上に多過ぎる虎と成り果てた今この瞬間、己は幾星霜を経て漸くそれに気が付いた。それを思うと、己は今も胸を地獄の劫火に灼かれるような悔を感じまくる。己には最早めちゃデカ人間としての生活逆立ちしても出来ない。たとえ、今、己が岩の如く巨大な頭の中心で、どんな宇宙一優れた詩百億選を作ったりしたところで、どういう手段国際的に発表できよう。まして、己の頭は日毎にってか秒単位で虎に近づいて行く。ガチでどうすればいいのだ。己の益体もなく湯水のように空費された過去は?己はマジで辛抱堪まらなくなる。そういう時、己は、向うの山の頂の己かよってくらいデカい巖に

2021-06-08

シライサンの話してええか?

シライサンという映画があるんよ。

 

シライサンという怨霊が人を呪い殺すタイプホラー映画ね。

ホラー映画らしくシライサンはいくつかのルールがある。

 

1.シライサンシライサンを知っている人のところに三日に一回ランダムで来る。

2.シライサンは目を合わせていると停止し、反らすと迫ってくるテレサ仕様

  ※2時間耐久できればシライサン一時帰宅する。

 

要するに「この怪談を知ってしまった人は……」系のホラー映画

コレ系の怪談ちょっと違うのは「シライサン回避する方法がない」ということだ。他の怪談だとだいたい「次の人に伝えたらセーフ」となるリング方式が多いんだけど、シライサンシライサンを知っている限り永久にやってくる。

あ、シライサンを忘れるとこなくなります

 

そのほかに映画内のルール(描写)だと、シライサン第三者にも見えます映画内の描写でいうなら「シライサンを知っている第三者」としておく。シライサンを知らない第三者シライサンに遭遇するシーンがないので。ただ、当選者以外にも視認できるのは間違いないです。

 

作中で示されている解決方法妥協策としてシライサンは3日に1回、1人のところにしか来れない縛りがあるので、仮に100万人にシライサンを教えちゃえば300万日=約8000年に1回しか来なくなるからシライサンを全世界に発信しようぜ!というもの。作中では「他人犠牲にできない」みたいなクソしょうもない正義感邪魔されたナシということになる。

で、映画エンドロール脚本が「映画登場人物」になっており、要するに「あなたシライサンを知ってしまいましたね」という裏オチがついて終わる。

 

いや仮に映画コケ10万人しか見てなくても800年に1回しか現れない怨霊は怖くないんよ。それだったら酩酊したおっさん暴走車のほうがよっぽど怖い。

とにかくシライサン稼働率が低い。100人知ってるだけで年1くらいでしかこなくなる。まぁ、年1で来たら怖いけどさ。でも100人なんかアホで交友関係が広いJKちょっと呟いたら一瞬やで。

シライサン怨霊として人を呪い殺すということに対しての意識が低すぎる。「殺すのは3日に1人、目をそらした人だけでいいです」じゃないんよ。貞子パイセンの「ビデオ見たやつは1週間で絶対殺すわ。10000人同時視聴したら1日で10000人殺す」とかカヤコ先輩の「家に入った奴絶対殺す」くらいの殺意を見せてもらわんと。

殺意たんねーよ、笑い止まんねーよ。

 

シライサン、とにかく全編ふわっとした映画だったわね。SNSを下敷きにした設定は実際よく考えられてるんだけど、よく考えれば考えるほど怖くなくなるのは「作った人が頭良すぎるんだろうな」って感じでちょっとかわいそう。

あ、第三者から見える設定は後々有名霊になったシライサン甲子園の観客席のど真ん中で目撃されたり、渋谷スクランブル交差点で目撃されたりと面白いことにしかならないのでやめた方がよかったと思います

2021-06-07

外を歩くだけで酔っぱらう

コロナ対策で至る所にアルコールが設置されている。

アルコールを使えば気化してその成分が空気中に紛れる。

その空気を吸引して酩酊状態となる。

んなわけあるかーい!

アルコールを気化させて摂取するバーとかあったけどな。

2021-05-17

anond:20210516155436

素晴らしい。

全て間違っている。

自分勝手な酒飲みと言うが、酒を飲むのは自由であり自分勝手ではない。

マスク未着用で騒ぐというがであれば、飲んだらすぐにマスクを着用するというルールを店側が徹底すればいいだけの話だ。

そのような厳格なルールを強いると客が来ないと言う場合も客側の自由だ。

厳格なルールを定めずにいるのは店側の都合だろう。

なぜルールを定めていないかというと、ルールを定めない店の方が集客力があるからだ。

そして客側はそのような自由を望んでいるからだ。

自由なき店に客は来ない。しかし当然コロナウイルス感染リスクはある。

感染リスクありきでみな酒を飲んでいる、という状況だ。

このため、店側はコロナ感染による閉店リスクを常に抱えている状況だが、それは客には無関係だ。

問題はそこではない。

酒を飲んだら酩酊状態になるのは必然だ。

かつて、麻生財務大臣は酒のことをキチガイ水と言った事がある。

現実アルコール依存症アルコールハラスメントアルコールによる暴力はこれまでも存在してきた。

酒というもののものがこのような影響を孕んでおり、これを提供した場合マスクを外したまま大声で話すというのは容易に想定できる。

まり酒の提供自体が悪影響であるということは立証されてしまっている。

しか酒類提供している飲食店は、酒類利益を得ている。

その結果、酒類で稼ぐことができるが酒類コロナウイルスのの感染拡大のリスクを負う事になっている。

全ての店で酒類提供のものを停止する事ができない。これが第一問題だ。

何故なら禁酒法時代のように闇で提供する事が出来てしまうからである

例え政府要請を出しても、法律一定期間禁じても、どこかの店では提供するだろう。

それを客側が嗅ぎ付けてしまえば、そこで酒盛りが始まってしまう。

無論酒がなくなれば、コロナウイルス感染拡大防止が確実なものになるということでもない。

ホストクラブキャバクラなどで、マスクを未着用にしていることがある。

これについても店側の勝手な都合だ。

酒類提供しておきながら飲んだらすぐマスク着用を促さない店も

顔を見せたいがためにマスクを未着用のホストクラブキャバクラ

店側の勝手な都合だ。

客には選択する自由がある。

時短営業により客の自由を束縛することになるが、人権問題などがあるために徹底して縛り付けることができない。

制限営業ができてしま場合、無制限に居座る客がいる。それが感染拡大リスクを増大させてしまう。

ゆえに時短営業だ。

ではこの場合どのようにすればいいのか。

本来ここは政府が定めなければいけない。

入店税だとか入店許可証制度など客側が酒を飲むルールを守るように法整備をしなければいけない。いけなかった。

それだけではない。滞在時間や、休業補償国民自粛をした場合への特典など何らかのメリット提示

政府の定めるルールを分けて、厳守している店には補助金増しなども良い行いだろう。

この1年。政府はただお願いをするだけだった。

アルコールによる影響がどれだけのものなのか、飲酒運転が根絶できないということを理解すれば分かるものだろう。

それだけじゃない。旅行や外出の制限を1年以上も強いられて我慢限界と言うのもある。

昨年は甲子園が未開催。祭りイベントライブコンサートなどが軒並み中止。何もできないで家にいるだけ。

外に出たら危ない。子供の為に。会社迷惑をかけないために。今やるしかない。

これを1年間。国民がやってきた。国民が悪いわけでは決してない。

コロナウイルスが悪い。憎い。それが当然の事であって、根本的にはこれだ。

が、その後の政府対応はお世辞にも良かったとは言えない。

政府側は2020年からさぼってきたとも言える。

緊急事態なのだからそれこそこんな時こそ与党野党一丸となって対応をするべき案件でいまだ総論をしている。

コロナウイルスという共通の敵が出てきたにもかかわらず手を組まない。漫画的展開なら手を組むようなものだが、

やはり現実的にはこのようになってしまうということだろう。常に責任なすりつけ合いばかりだ。

しかし、政府はようやくインドなどの入国禁止措置を行った。これも遅かったわけだが。

このような後手後手の対応国民から顰蹙を買っており、経済経済と言うだけ。

withコロナなどという考え方ではなく、コロナを昨年の緊急事態宣言レベルで抑え込もうと言う気概がない。

結局中途半端な事をやってきた政府が悪いのであり、それを認めて休業補償を徹底する、つまり金を出さないのがいけない。

そうすれば店側は休み酒類提供もなくなる。更に外で酒を飲む事も制限すれば感染拡大も落ち着くだろう。

結論として、店も客も悪くはないし、ルールを定めた側がどう考えてもおかしいということだ。

また、根本的に悪いのは全てコロナウイルスということである

以上。

2021-04-12

友人を抱いた日のこと

未だによく思い出しては1人で致すあの人のことをここに記す(友人本人に読まれたらバレるかもしれないが、それ以外の仲間にはバレないであろう程度にフェイクを入れている)

友人のこと

高校時代の友人で、在学中よく一緒にゲームをして遊ぶ仲間の1人。卒業後進路は別れたが、そいつとはたまに会って遊ぶ仲だった。

正直言って高校時代から、掘れないかなーとうっすら思ってはいた。しかし友人関係が壊れるのは嫌だし、なにより恋愛感情とかそういうものでもなく単に一度やってみたいというだけだったので、そんなノリで体の関係だけ迫るのも申し訳ないなとおもって何も言わずたまに妄想ネタにするくらいであった。

(ちなみに男を抱きたいと思ったこ自体人生そいつだけで、実際抱いたのも彼が最初最後だ)

きっか

高校卒業後何年かして、仲間で集まって飲み会が催された。大騒ぎしながら飲みまくり、今何軒目かもわからなくなってきた頃、1人が男同士で口で致したという話を始めた。大学入学から奔放に遊び回り始めたやつで、割と軽いノリで男性とも遊んでみたとのことだった。

その話を聞いていた友人が、「一度掘られてみたい」と言い出した。付き合いたいとかではない、誰か俺を掘ってくれと酩酊しながら叫ぶ友人、冗談だととらえゲラゲラと笑う仲間たち。

しかしこの時、俺は完全に酔いが醒めていた。仲間うちでも俺以上に友人を知る者はいない。直観していた。こいつは、俺に対して言っている。

打診

酔っ払った友人がトイレに行くタイミングで、俺も席を立った。友人は個室で派手に嘔吐していた

ひとしきり吐いて口を濯ぐ友人の横に行き、言った

「おい、掘りに来たぞ」

友人はだいぶ驚いた顔をして

シラフの時にまた来てくれ」

と言い、

「行動が早すぎる」

と付け加えた。股間バキバキに臨戦体制だったが、俺も少し冷静になり、一度矛をおさめることにした。

たぶんこの時OKされていたらゲロ臭いとセットの記憶が残り、10年使える思い出にはならなかったと思う。

ともかくその時はそれで終わって、俺たちは仲間のもとに戻っていった。

結局飲み会は朝まで続き、始発にのってそれぞれ帰宅の途についたが、俺はガラガラ電車の中で友人への恋文ならぬ果たし状をしたためていた。

もはや友人の発言すらどうでもよく、チラリと可能性を見せられてしまったために収まりがつかなくなった俺の気持ち股間問題であった。

簡潔な果たし状に対して、すぐに返ってきたメールの文面は煮え切らない様子であったが、しかしそれがかえって今の俺とのやりとりを友人が楽しんでいることを確信させた。

「ヤレる。まちがいない」

決戦

メールでのやりとりを経て、決戦の日時と場所が決まった。詳細は伏せるが、とにかく俺と友人は、その時、2人きりで密室にいた。

部屋に入って荷物を置きベッドに2人で腰掛け、俺が「あの飲み会以来1週間以上ヌイていない」と言うと友人も全く同じことを言って唇を重ね舌を絡めあった。

そこから先およそ2時間ほとんど言葉はなかった。俺は、友人を抱きたいと思った日からその時に至るまで、妄想していたあらゆることをぶつけた。友人は俺を受け止め、受け入れながらも俺に挑んですらきた。お互いがここ数年何を思って生きてきたのかが手にあるように理解し合えた。俺は何年も友人を抱くことを願っていたが、友人とまた俺に抱かれることを意識していたのだ。俺たちは数年間によってこの時間が充実し、またこの瞬間のために今までの数年間が消し飛んでいくのを感じた。

中に1回、口に3回の全ての瞬間はまさに人生絶頂であり、その代償として青春のフルゲージは消し飛んだのかもしれない

戦後

余韻に浸る中で俺は

「またしたいな」

と言ったが友人はうーんとだけ言って即答しなかった。俺はその様子を、強い拒絶と受け取った。

行為自体はお互いにとって100点満点をつけられるものだったと思うのだが…ともかく俺は友人のその態度を尊重することにした。

そうして俺と友人との決戦は終わった。俺は帰ってから思い出してもう2回ヌイた。

その後、なんだかんだでプチバトルとリターンマッチがあり、結果俺と友人との話は完全に終わってしまうのだがその件はいずれ気が向いたら書こうと思う。

しかし、今もし友人が受けてくれるなら、俺はすぐに再戦を申し入れたいと思っている。友人が何かのきっかけでこの記事を読み、俺のことに気づいて連絡をくれたら…そんな女々しい思いも込めて、今夜は筆をおくことにする

2021-03-23

CBDもアシュワガンダもよくわからん

アシュワガンダは一日2状でそろそろ1ヶ月くらいたちそう

精神が安定しないでもないような気がしたけど、近所トラブルでぶちキレちらかしたりもしたし、本当にメンタルに影響出てるか微妙

iHerbの投稿にはやる気が無くなったっていう報告が上がってたけど、自分真逆で今まで頭の中でぐるぐる回していただけのことをががが!っと立て続けて実行して、ここ一月ほどはいろいろ進展があった

もっとこう心が落ち着いて小さいことに動じなくなるような、クール精神状態を期待していたので思ってた効能と違うんだけど

まぁ2ヶ月は続けたほうがいいらしいし、まだ残っているから飲むけどね。iHerbで2000円もかからなかったし別にいいけど

メンタルだけじゃなく抗酸化能力もありそうで、身体には良いのではないのかなー。知らんけど

問題CBDですよ

CBDさぁググってもふわっとした情報しか出ないんだよね。慢性的な痛みに効くかもしれない…、睡眠にいいかもしれない(睡眠にいたっては睡眠の質を下げるかもしれないとか情報錯綜しててマジかよって感じ)

研究レベルでも200mgとかの高用量摂取てんかん抑制効果があるくらいかな?普通CBDは下手すりゃ500mg/10mlとかで、下手すりゃ一回の摂取は10mg以下とかになるレベル

一度に200mgの摂取とか高用量過ぎて金額的にペイできないレベル

あとてんかんには効いたけど、酩酊のような副作用もあるようなので、サプリとして日常的に使うのに高用量のCBD摂取ちょっとない感じ

とはいえ自分はそれでも市販品の中では高用量の3000mg/10ml の8000円くらいの高いオイルを購入して服用してるんだけどな

容量低くしたせいでなんの効果も無い、なんていう切ない結果は嫌でした

ここ数週間CBDオイルを早朝や就寝前に4滴づつ摂取してるんだけど、お察しの通り何も感じないし身体的な変化もあまりない

ちょっとだけ我慢が効かなくなって、深く物事を考えずにえいや!って突っ込んでいくようになった気もするけど、一般的に言われているような、睡眠の質があがった…みたいなのは…うーんどうだろう。少しはあるか?

今思い起こすと、若干良くなっている様に思えなくもないけど。アシュワガンダの影響もあるしなー

もっというと毎日1時間くらい瞑想しているし、それの影響もある気がするしなー

ちなみにご飯食べたあとに腕に赤い湿疹が出るのは相変わらずです

これは多分ストレスが原因なんだけど、ストレスの原因はたくさんありすぎてどれが本当の原因なのかよくわかりません

ビットコインの上昇で年収20年分くらいの資産がここ一年で増えたのが環境変化としてストレスになっているかもしれないし、在宅勤務の長引きとか、個人ビジネスでの対人関係が原因かもしれないし、謎です

そもそも健康問題メンタル問題解決するのにサプリに頼る、とかいうなめた考えがいかんような気もする。

でも瞑想とか運動とか食事とか出来るところは改善しているし、それ以上となると、やっぱりサプリ周りも開拓していきたいっていう気持ちもある

睡眠の質考えるなら、CBDとかアシュワガンダみたいな遠回りのサプリじゃなく素直にメラトニン飲んだほうがいいような気もしてきた

何事にも感情を動かされない、心を反応させない、悟り状態になりたい

こういうのはサプリじゃ不可能なんだろうなぁ。他人環境社会も変わらないし変えられないのだから、そういうのにとらわれることこそがすべての不幸の源なんだよ

頭ではわかっていてもそれを体感で明確に実体験で捉えられていないところが、悟れていない感じ

そろそろ瞑想真剣に向かい合う時が来たかもしれない。予想はしてたけどやっぱりサプリでは何も解決されないよな

2021-03-21

吐き気酩酊日曜日

仕事がうまく言ってる時期・そうでない時期はあると思うけど、後者場合焦燥感による吐き気に襲われる。

特に酷くなるのが日曜日で、時計をみるたびに進む明日へカウントダウンと、すぐ仕事のことで支配される頭にうんざりする。

そんな時はどうにか逃避しようとコンビニに向かい、安くて度数の高い酒とおつまみを買い漁る。


吐き気があるので食欲なんかないが、とにかく無心で買って帰る。

家についたら、古いパソコンYoutubeを開き、雨音か滝の流れる音が長時間続く動画をかける。

そこから先は嫌でも酒とつまみ摂取し続け、余計なことを考えられなくなる時までひたすら耐える。


そうしてやっと、少しだけ心の落ち着く時間が訪れる。

酩酊している間だけ、私は赤ん坊のように「自由」に抱きかかえられて安堵する。


時間後、酔いが冷めはじめると流している音が耳障りに感じ始め、パソコンを閉じる。

そこから先は最初とは別の種類の吐き気に襲われる。


なるべく長く酔いたいからと水を摂取しなかった代償に苦しみながら、

水道から流れる水をひたすら手ですくいで飲み続ける。

この時はなんでこんなことをしたんだろうとぼんやり考える。


ただ、同じ吐き気ならこっちのほうがマシかも知れないという考えに行き着き、水で膨らんだ腹を擦りならが床につく。

このまま寝てしまおうと思いつつ、どうか吐瀉物で喉を詰まらせないまま朝がきますように祈って意識を手放す。

願いは叶い、いつものようにアラームに叩き起こされる。そうしてまた一週間が始まる。

2021-03-07

コーヒー飲んだら寝られなくなるっていうのはさあ、例えば酒の匂い嗅いだら酩酊するような、現実にはありえないのに創作コードとして定着したものだと思ってたんだけど。

どうやら現実に珍しくないみたいで、カフェインを善くないものとして抜こうとする運動を見かける度に羨ましくなる。


コーヒー飲まない・チョコ食べない・茶はノンカフェイン生活してたらさあ、不意な眠気で立ちながらでも意識飛ぶでしょ? 普通は。

無水カフェイン錠剤300g飲んで、ようやく昼寝しない日があるまで改善したんだよ。カフェインなんか直に摂取したところで普通に昼寝するじゃん。

素の身体社会生活に困らないってマジで羨ましい。

2021-02-25

anond:20210225072126

暴力だけじゃなくて脅迫でもレイプは成立するよ

酒や薬で酩酊した状態だと準強制性交

anond:20210225095611

なにムキになってるの?曖昧じゃなかったら明確って?昼間から酩酊しているのか

2021-02-22

anond:20210221173208

元の方のブコメから引用するけど

>eringix ネットじゃ長らく(未だに)自らを童貞無職だと挨拶し合ってる自称弱者男性がその口でとんでもない女叩きしてる空気が強かったわけでそりゃ同じくネットに入り浸るタイプの女は何が善良な弱者男性だよと失笑はする

これが答えなんじゃないの。つまり本当はお前の数倍の年収あったり新入生を酩酊させてレイプする経験もあるような奴がネットでは「俺弱者なんで」という姿勢で(現実でもあいつはブスだとか差別やりながら)ネットでも女叩きを繰り広げてる 当然ネット書き込みから女側もいちいち嘘だとか検証するとかなく「(現実で関わりのない)弱者男性ネット弱者女性叩きして憂さ晴らししてるんだろう」と想像する

ネット発言の多い奴は現実ではうるさくないんだろう」「現実でうるさい奴はネットでは発言が少ないだろう」という決めつけが広くあるために気づきにくいんだろうなこれ

2021-01-28

合コンに参加し女性酩酊させてお持ち帰りと称した合意なき性交成功させる行動力と自信がないとモテ経験を積めないままKKO人生を歩むこととなる

2021-01-22

死ぬための口実を探している

死にたい人ってだいたい割と死にたいんだけど、踏ん切りがつかなくて、死ぬためのトリガーがあれば死ね

酩酊するとか、失恋するとか、警官に詰められるとか、コロナ罹患するとか

背中押してくれるものがあれば、すぐにこうだ!(首をかききる仕草)

2021-01-20

寒い時期の睡眠改善のために試した色々まとめ

1/22 22:00追記

めっちゃブクマついてて今日はよく寝れそうです。ありがとう

書き方が悪くて誤解させて申し訳ないです。「基本的寒い時期はずっと寝付きが悪く、さんざん対策しても年に1回は一睡もできずに朝、ってときがある」という状態です。

羽毛布団は既に使っていて、毛布はマットレス側です。昔から使ってるんで忘れてました。寝相が良くないんで、ちょっと大きめの羽毛布団の購入も考えていきます

電気毛布買いました。ねこちゃんもイッヌも好きなんですが、独り身で部屋を開ける時間が多いので可哀想、かつ私自身が結構ズボラなので残念ながら。

以下今後試すメモ

電気毛布(発注済み)

トリプトファンメラトニンテアニン(iherbで買い物カゴにin済)

カフェインは14時以降NG(すぐやる)

アイマスク

養命酒

・(いつか)布団乾燥機

以下原文

寒い時期朝方までまったく寝付けずに、体調不良で休む連絡をした瞬間眠気が襲ってくることが未だに年1くらいである私が、どうにか改善しようといろいろ試した結果まとめ。

入眠時/睡眠中/起床時の質で0~5の1+5段階評価1次元的ではない気分的な評価で「値段」「容易性」が評価軸に混入してる。何ら客観性もないので、文句があるならEminemまで。

0は明確なデメリット有りのため辞めとけ。

行動

軽いストレッチ 4/3/3

眠したい時間の30~60分前に5分ほど。しっかりやると目が覚めるので、軽く。

習慣の筋トレ(週2) 1/4/1

コロナジム辞めてから初の冬なわけだが、深い眠りにつける回数は減った。入眠と起床に影響はなし。トレーニング器具が欲しい。

番外:有酸素運動

習慣化してて辞めたことがないので、対照していないが、辞めたら多分よけい寝れないと思う。

スマホをベッドに持ち込まない 4/4/4

定番。寝付けないときスマホがあってもなくても寝れないが、寝付けるはずの日もスマホのせいで寝付けない、なんてことはある。質や起床時の気分の改善もやや感じられる。定番だけある。

カフェインを午後6時以降とらない 1/3/3

カフェイン覚醒作用を感じたことがない(昼飲んでも昼眠いし、夜飲まなくても寝付けない)ので、私の入眠時には関係がないという結論。ただ、夜にカフェインを取ると翌朝よく寝た気分にはなりにくい。カフェインは興奮作用のある薬物である科学的にも言われているので、不適当時間にとらないに越したことはない。

水を飲む 2/2/4

コップ1杯の水を就寝直前に飲む。トイレ起床を誘発しそうでちょっと怖いが、起床時に口の中がネバネバとかカラカラという事象は減ったので良しとする。

腰にホッカイロ 5/3/3

ちょっとしたオカルト低温やけど可能性が捨てきれないので他人にはオススメしにくいが、これがあると本当に寝れる。「あ、今日は無理そう」っていう日に頓服肌着に貼ると熱すぎるので、寝間着に貼ってる。

小指に湿布を貼る 2/2/1

オカルト。薬効ではなく、湿布グリセリン関係あるとかないとか。初めて貼ったときは即寝落ち起床完璧だったが、最近効果を感じないので、無理そうな日だけ鰯の頭も信心からということでやる。朝になると大体剥がれてるのでクソ。

土踏まず湿布 3/3/1

同上。小指よか効果がある気がする。

酩酊 5/0/0

寝れる。辞めとけ。酒を飲むな。それは気絶だ。

環境

エアコン+サーキュレーター+加湿 4/5/5

必須。最低温度で寝ている時間はつけっぱが私には一番合ってた。電気代はかかる。若干にぎやかになるので入眠時は1点減点したが、これら無しではもう寝付けない。

遮光カーテン 5/4/1

常夜灯付けてもいいから、不安定な光を避ける。暖房も効きやすくなる。朝の日差しも遮るので、寝起きには期待しない。

寝具関連

重い毛布 4/3/2

寝返り物理的にしにくくなる。私は入眠のみやや改善したが、たまに鬱陶しくなって余計寝れない日もある。人を選ぶと思う。今は使ってない

高反発マットレス・枕 5/5/5

ベッドと枕、基本が柔らかすぎない???フランスベッドの高密度連続スプリングのやつにエアウィーヴのトッパー敷いてる。枕はニトリエアウィーヴもどきと高さ調整用の普通の綿のやつで2つ。いい寝具を買え

ちょっと高いベッドシーツ、枕カバー 4/4/4

いいマットレス使ってるのにシーツが雑だともったいない。安物より圧倒的にシワがよりにくくて肌触りが良い。いいやつ買え。

高めのベッド台 2/2/2

値段じゃなくてheightの話。床は割と気温が安定しないので、ちょっと高めにしてある。たぶん効果はあるだろう、くらいの精神。正直台に金かけるならマットレスアップグレードしたほうがいい

番外:布団用すのこ 4/3/3

床に布団敷いてた頃の話。すのこ1枚引いたらとても効果があった。床に体温が吸われないと全然ちがう。簡単に布団干しに変わるタイプのやつが湿気と万年床防止にもなってオススメ。でもベッドのほうがいい。

なにがしか摂取

寝る前にホットミルク 2/2/2

普段から湯冷ましとかルイボスティー飲んでるからか、あんまり効果は感じない。暖かいものを飲むのは実際良さそう。

グリシン 3/4/4

疲れてるのに寝れない、ってときに飲むと結構効く。2日連続で使うとあんま効かない。頓服

アシュワガンダ 1/1/1

なんも変わらん。適量を毎日寝る前に飲んだが、1瓶終わるまで何一つ実感なし。飲まなくなっても何も変わらない。鰯の頭。

睡眠改善薬(市販) 2/1/0

要は抗ヒスタミン剤。高いわりに効果は感じないし、なんか寝起きが悪化する。しかもすぐ抵抗ができるらしい。金出す意味いから辞めとけ。

睡眠薬(処方) 8/5/1

今季は一切頼らずにいけてるので、ずっとこれで生きていけるようになりてえ。

2021-01-14

宮崎駿ワールドウソ

異様に温かい人々に飛び跳ねまわる元気すぎる子、憂鬱感情を持っても周囲に発散しまくってお咎めなしな登場人物

わけの分から家族の談笑。だけのこの人のウソは美しい。夢を見たい人々には良い酩酊剤として働くのだろう。

実際の宮崎ワールド風の谷のナウシカ原作に求められるように思う。権力自分足りの理由に奔走して世界を悪くする人々。ただこの人には一つのけがあって、純粋世界を壊すことを楽しんでいる下らない人間がいることを描いていない。人間基本的に善性で動いており、成り立ちや理由によって悪になったり悪の如き正義を振るったりするのだ、という発想で描いている。まさかネットストーキングをするような糞がいるなんて想像だにしてない。もっとも人をおもちゃにするような人種を描くことに関して抵抗があるのかもしれないが。多分監督リベラル左翼からこその発想なんだろう。

この点高畑勲は妹への恋慕のあまり妹を餓死させてしま火垂るの墓淡々と作った。ここにある断絶はなにかといえば、人に対する信心があるか、あるいは人は単なる観察対象かだ。この意味宮崎と知り合いの押井守はより人に寄り添っていない。彼にとって重要なのは人ではなく形式構造のように思える。そもそも人間に対する信心という感性のもの人間らしいという皮肉めいた構造があるように思える。翻って、リベラル左翼という思想は大変構造的だ。それは無機質にすべての人は許容され、すべての人や権力批判されるべきだというフラットな発想に基づいている。むしろ思想であるからフラットでなくてはならない。実はこうした思想宮崎駿の人間力は非常に相性が悪いのではないか

宮崎駿的人間力は非常に理想的恣意的で、思想的ではない。彼が言う老後の入院生活を描いた絵にはたくさんの欠点存在する。理想を維持するのに多大なコストがかかる。しかも彼は革命家であったので、スタジオジブリ給料制にして一度は倒産寸前にまで追い込んでいる。宮崎駿が全てを仕組みと制度考える人間なら人間不条理もそのまま無感情に描いていたように思う。ナウシカ原作ですら全ては情熱によって動かされれており、無感情なのは墓所の先人たちだけだ(もっともこの墓所の住人は旧癖の形象化だとは思うが)。つまり彼はリベラル左翼的でありながら、リベラル左翼すら鼻白む感性批判しているのだ。この点でむしろ非常に左翼なのはアンビバレント監督らしい。概ねあたっているとする予測しかないが、インテリ左翼ムスカのように道化として描き、権力も嫌い、同じように抑圧的な共産主義も嫌い、それでいて人間には希望があるべきだという大矛盾の分断された心象を監督内包していることになる。だからこそ宮崎駿のウソは今でも世界で輝いている。

2021-01-02

格闘技ストリートファイト抑制してるみたいに他の犯罪バーチャル抑制できねえかな

たとえば現状でもFPS銃撃事件を抑止したり、エロ漫画児童ポルノを抑止しているんだが、これを他の分野にも広げられないかな。

難しそうなのは行為のものでなく何らかの標的があるタイプだな。例:ストーカーリアル人間目的 詐欺リアルの金が目的 薬物▶リアル酩酊状態目的

いけそうなのはスリル目的としてるタイプ」かな。

最新のVR技術万引きシミュレーターとか、わいせつ物陳列シミュレーターぐらいなら何とか作れないだろうか。

最近だと器物破損体験アミューズメント施設なんてのがあるが、リアル人間が関わらなくても何とかなるものは疑似体験簡単そうだ。

放火とか爆弾づくりみたいな規模が大きくなりそうなものは流石にVRに頼る必要ありか?

うーむ。

なぜ俺はこんなことを考えているんだ

2020-12-26

深酒

とうとう救急車に乗ってしまった。

深酒だった。金曜夜、仕事納め、屋外ビールフェスコロナのこともあるので、あくまでひとりで飲むだけのつもりでした。楽しく気持ちよくなっていたのも束の間、気が付いたら泥酔していました。突っ伏したテーブルにそのままごぶごぶと嘔吐食事はしていなかったので、ひたすら液体を吐きました。駆けつけてくださった友人に、救急車を読んでいただきました。

どのくらい呑んだの、と隊員に聞かれました。ビール3杯ほどです、と答えると「たったそれだけで?弱い方なんですか?」と聞かれ、わかりませんと答えました。あとから冷静に振り返るに、日本酒1合とビール度数10%)をプラカップ2.5杯だったかなと思います。膿盆に吐いた泡は黒っぽくて、たぶん血だったんだと思います

しばらく点滴を受けて、家族の車で帰りました。

救急車は初めてだったですけどひどい深酒は数年おきにやっていて、帰宅した途端にフローリングに突っ伏して嘔吐まみれとか、一晩中シャワーを浴びてガスが止まるとか、そういう経験があります。2年に1回くらいの頻度で、次第にひどくなってる気がする。次はそろそろ死ぬんじゃないだろうか。

酒が好き。味というより、酩酊するのが好きなんだと思う。初めて酒を飲んだ時、鬱みたいな世界がやっと好きになれたような気がした。あの幸福感が忘れられなくて、それが欲しくてでも酒にはどんどん耐性がつくから、酒量が増えて死に近づいている気がする。

自制を試みて、深酒をするたびにもう二度とこんな飲み方をしないと思って、確かにしばらくは適度なほろ酔いセーブ実践するけど、2年くらい経つと結局同じ、いやもっとひどい飲み方をする。もう以後1滴も飲まない以外に治す方法が思いつかない。でもあの強烈な多幸感が忘れられない。

泥酔バイオテロリスト共に送る鉄道嘔吐のススメ

急性アルコール中毒患者の応対が怖いという看護師の話を思い出したので、別の業界だが、私の立場からの話を書いていく。

年末年始のこの時期というのは、とにもかくにも列車内で嘔吐するアホが増加する。

従来ならば忘年会新年会シーズンからある程度しかたのない面もあるが、度し難いことに今年も今年で酩酊して嘔吐するどうかしている奴らが各地に出没している。

このコロナ禍にバイオテロを敢行するその精神性はどうかしていると言わざるを得ない。

そういうバイオテロリストどもには

「乗車料金には嘔吐物の処理代は含まれておりません」だの

「「飲んだら公共交通機関のご利用を」であって「吐くほど飲んで電車に乗ろう」ではありません」だの言ってやりたいものだが、

そんな不毛なことを考えるのはさておいて駅や鉄道車両内での嘔吐してほしくない場所と(比較的)マシな場所を紹介したい。

■非常に困る場所

 ・介助中の係員に対しての嘔吐

死ねどす。あるいは死にはったらよろしおす。

まり死ね人身事故以外で頼む。

バイオテロ最上位に位置するクソオブザクソ。というか業務災害

死ぬほど酔っぱらって係員の手を煩わせて置きながら、その係員に対しての直接的ダメージを与えるとか人間として恥ずかしくないのだろうか?

なお、業務災害として周知される際には「応対時は直接被害を受けないよう立ち位置等に気を付ける」という注意喚起がなされる。

無茶を言うな。

 ・車両連結部

何かあったところでおいそれと掃除ができない場所第一位

単純に掃除ができない場所なので、鉄道事業者にもよるが、車庫に入れて掃除してはいおしまいとは行かないことが多い。

嘔吐物の回収も困難なので、嘔吐物処理用の薬剤の散布だけ行い、後日車点検時に清掃なんてことになりかねない。

あそこで嘔吐だったり小便(酔っ払いは吐くだけではない)された日には時間の経過とともに何とも言えない不快臭いが立ち上り始める。ダメージ床かよ。

吐いているところを見られたくないのかどうか分からないし理解したくも無いが、そもそも自分限界を知らずに泥酔して嘔吐する時点で人間尊厳なんてものはないということを良く理解して死ねばいいと思う。

 ・駅ホームの水栓付近

清掃員がホーム掃除使用する水栓があるが、清掃する人間に気を使ったのかその排水口に向かって嘔吐する輩がいる。

たいていそういう場所排水口は嘔吐物を流せるような構造をしていない。

排水管が詰まったらことなので本当にやめてくれ。乗車料金に嘔吐物の処理代は含まれていないが、嘔吐物が詰まった水道管の修理代はもっとまれていない。

■困る場所

 ・座席

何かあったところでおいそれと掃除ができない場所第二位

基本的嘔吐物の処理は、処理用の薬剤(粉末)を散布し箒などで回収するという手順の為、座席等には使用できない。

そのため、座れないように覆った上で、そのまま列車運行、後で処理をするという流れになる。

正直これに関しては被害はあまりないが、座席嘔吐されると完璧に清掃することが不可能である。なのでやめてほしい。

 ・壁

理由座席と同じ。粉末状の薬剤を使用する関係で処理が難しい。

座席とは違い、乾燥すればある程度マシなのでランクは落ちるが迷惑であることに変わりない。

■マシな場所

 ・床

我慢ができないのならできるだけ空いている場所でど真ん中で嘔吐するのがいい。

そうなればあとは薬剤を散布し回収するだけである

当然だが常に移動を続ける車両内よりは駅ホームの方が処理が容易だ。

車内の場合は、時折傾斜や加速の都合で嘔吐物が徐々に広がる地獄絵図が展開されることがあるが、清掃可能な分まだマシだと思う。

 ・ゴミ箱(可燃物)

我慢できない時にとっさに吐く場所としては大正解

薬剤を適当にまいておけばあとはゴミとして廃棄するだけで非常に無駄がない。

ただ車内にゴミ箱がある車両も一部事業者には存在するが、そこで嘔吐するのはやめておいたほうがいいと思う。

 ・トイレ(駅の)

やっぱこれだね。

水で流せて清潔で、周りに見られる心配もない。むしろなぜここで吐かないのかまである

ただ注意してほしいのが、一部事業者車両に設置されている車内トイレでは嘔吐しないほうが賢明だと思う。

流せるとは思うが、車両に積んでいる関係節水の為洗浄力が弱い。

こんなところか。

最後に改めて言っておくが、自分限界を把握できずに泥酔して公共の場所で嘔吐する、その時点でまともな社会人として論外だ。

マシとは書いたが吐いていいというわけではないし、そんな人間尊厳なんてもの必要ないので恥ずかしがらずに清掃のしやす場所で他の客と距離をとって吐け。

まあその程度の知能があれば泥酔して吐き散らかしたりなんてしないだろうが。

飲み会では三密を避けてるのかは知らないがその帰りにやらかしていたら全部台無しだろうに。

2020-12-13

腐女子下品なのは女性らしさから解放体験をしているか

最近、ちょくちょく話題になる増田を読んで、確かにツイッター上の腐女子下品発言は 男オタより酷いな、と思った。

私は、男性向けジャンル女性向けジャンルアカウントを分けずにフォローしているため、色んな情報が雑多に入ってくる。

 

男オタは、「🔞」がアカウント名についてれば、エロ絵垂れ流していいと思ってる節はあるが、それ以外の発言は「○○の××がいい」ぐらいの可愛いものである

 

今日見た女オタ(腐女子)の発言は「○○のおせっせは 基本ガツガツしてるけど、たまに優しくすると、かえって☆☆が物足りなくなっておねだりするから、結局○○が燃えガツガツになる(一部省略)」とか言ってた。

下品である

 

本来なら、公共の場下品な話をすることはタブー視されてるはずだ。

それでも公共の場下品な話をする人とは、「酩酊した歯が欠けたオッサン」か「権力があって周りに諌める人がいないオッサン」ぐらいのものである

 

まり腐女子オッサン化している。

 

オッサンって、進んでなりたいものではない。でも、オッサンは、女オタが抑圧されていたものを全て持っている。

女らしさの強制下品欲求の発露。

である以上、それをしようものなら、親や周囲の女性コミュニティから、叱られたり、眉を挟められたり、自身評価が下がる行為

それらを、やってみたくて仕方がない。

 

勇気を出して変態ツイートをしてみたら、「わかります!」「解釈一致です」「(無言のいいね)」の雨あられ

本来なら評価が下がるのに、逆に評価が上がったかのような錯覚に陥る。

 

エスカレートする下品発言。誰かが始めたら、私もやっていいんだと思い、どんどん広がる下品な界隈の輪。最初はされていたはずの検索避けも、後から入ってきた無知な女が、入れ始めたら最後。いつのまにか、ハッシュタグをつけ始める始末。なんで検索やすくしようとする。

 

そして、しばらくして、模倣したはずのオッサンから言われる。

「○○界隈は、一般への配慮もできないキチガイ女の集まり

 

見てるだけの自分からすれば、

「🔞をつければ免罪符になると思ってる男オタ」も「下品発言をする女オタ」も大した違いではない。

 

みんな勝手にどんどんやればいい。

人類オッサンになればいい。

 

 

 

 

 

最後に。

主語デカイと鼻息を荒くする奴もいるだろうが、「一部の〜」を、全てにつけるのはめんどくさいのでしません。

主述が変なところもあるけど、増田なので直しません。

2020-12-06

anond:20201206011436

……アル中にも段階があると言う指摘ですかね……グルグル目以上の酩酊があると……

2020-11-22

奇跡を信じるべきだったのか

穏やかだった性格旦那さんが病気きっかけに攻撃的になって、どうにか精神科入院させたら元に戻ったという話を書いた漫画webに流れてたので読んでつらい気持ちになってしまった。その漫画に描かれていた話はほんとうに良かったと思うし、祝福したい。でも、私の努力不足を責められたような気がして、心のやわらかいところに深く刺さって、いまそこからじわじわ出血してる感覚がある。私に無かった未来がそこに描かれていた。正直、かなり、うらやましい。旦那さんが正気をとりもどして、本当によかった。

2年前にかなり長い期間同棲してた彼と別れた。くだらないようなきっかけで彼が突然激昂し、出て行けと言われたのでそのまま家を去った。そこで心がポッキリ折れて戻れなくなった。数日遅れの相手から謝罪では折れた気持ちを継ぎなおすことはできなかった。

元彼仕事ストレスでまず鬱病になった。仕事を辞めるか見直すかするべきと伝えたが、うまく辞められず、そのうちストゼロ漬けになった。常に酩酊している様な状態視線おかしい。私のほうを向いているのに私を見ていない。口を開けばお酒を買ってきて欲しいの懇願しか出てこない。仕事に行けてないくせに頭の中は仕事の悩みでいっぱいで、悩んでいること自体仕事のように錯覚している有様だった。

一方、彼が精神科に行って話をしている瞬間だけは、嘘のようにシャキッとして、俺は問題ないですよ、酒も飲んでいませんよ。経過は順調ですよ。という顔をしているようだった。外面にかける気合の入り方は病気前後でも変わらなかったらしい。私が出向いてダメ元であの患者は家ではかなりまずいです、ということを伝えはしたが、プライバシー関係で多分担当医の方には伝わらなかったのではないかと思う。とりあえず、アルコール依存症相手への接し方は教えてもらって、酒を代わりに買ってくる行為は辞めることができた。自分共依存という状態になっているということをそこで知った。

仕事関係者の方、彼自身のご両親にも状況を打ち明け、もっと大きな病院への入院必要ではないか相談した。しかし、周囲はそれを渋った。入院すると隔離されてしばらく連絡が取れない状況になる可能性をみんな危惧していた。彼はまぁまぁ重要なハンコを抱えている立ち位置にあり、酩酊状態普段仕事にならないとはいえ、1週間に1~2回あるかないかわずかな正気の瞬間に決済がないと大変困ったことになるらしかった。入院してもらって、アルコールがすっかり抜けた彼と将来についてもう一度考え直そうという話をしっかりしたい、という私の希望はそこで潰れた。本人にも入院の件は伝えてみたが、わかってる、とキレ気味の返事があるだけだった。会話らしい会話はすでに成立していなかった。

そのうち自分のほうが限界がきた。出て行けと言われたので放心状態になりながら最低限の荷物だけ抱えてその場を去った。周囲にもも限界ですと告げ、彼と縁を切ることにした。共依存の話もあったし、私のような世話係が彼の前から姿を消すというのは、この事態わずかでも好転させる唯一の有効であるような気がした。また、それは間違ってなかったとも思う。

もし、結婚していたらもう少し違っただろうか。せめて彼が入院するのを見届けるまで、粘り強く頑張れただろうか。正直、事実婚と言っていい期間、彼と一緒に住んだ。結婚をそろそろ考えたいなと思ったタイミングでの病気だった。元から多少はモラハラ気質性格のある相手だったけど、それでも好きと伝えてくれて、愛してくれていた。愛してくれていれば家事の偏りだって許せた。友達からそれは別れたほうがいいんじゃないアドバイスされるレベルの振る舞いも確かにあったけど、それも許していた。典型的喪女な私にとって、そういう諸々をまとめて許容できるくらい、愛してもらえるということは特別なことだった。手に入らないと諦めていたはずの人生の伴侶が現れて、まるで夢みたいに幸せだと思っていたら、本当に泡沫の夢になってしまった。

喪女なうえに30代になって事実上バツイチみたいな履歴がついてしまったので、憧れていた結婚ももはや今後ありえないだろう。さら自分自身がうっかり尽くしすぎて相手を壊してしまう種類の人間だということを自覚した。もう愛した人が壊れてしまうのは二度と見たくない。

からこそ、「病気を乗り越えて元の優しい人が戻ってきました、いま幸せです」という話が、深々と刺さって抜けない。努力した結果に手に入れた葡萄は甘くて美味しかったよというレビューを時々目にすると、酸っぱい葡萄だと断じたあの日の決意は間違いだったのかもしれないという不安が襲ってきて、涙が出てくる。

一体どうするのが本当に正解だったのか、未だによくわからない。

2020-11-20

anond:20201120103102

ジョジョみたいにメインじゃなかったやん

ヒノカミ神楽の方が遥かに重要度上

稀血もいずれ色々なパターン出して能力として使おうと思ったけど結局活かしきれなかった設定じゃないか

モブ一名と風柱だけだし、風の人は稀血の設定最初は無かったっぽいし(自分の血をねずこに見せて煽る場面でねずこが酩酊してない)

VAPE+CBDリキッド

VAPE始めたんだけど、リキッドドンキ普通に売ってるCBDリキッドを購入して愛用してるのね。チルしたいときとかさ。

CBDってTHCのような酩酊作用は無いってされてるし、たしかTHCのようなゆらゆらとした重力のような酩酊感は無いんだけど

CBD って明らかに精神には作用して弱くキマった感じにはなるんだよなー。重力揺れのない弱い決まり方したボワーっとした何か。

なので音楽は良いしエッチなこともよかった。飯もマンチーの1/2くらいの感動ではあるが、まぁ美味くなってた。

夜はめちゃくちゃぐっすり眠れる。

 

考えられる仮説を並べてみたがどれなんだろうか。分かる人いる?

仮説1:THCを除去しきれていないで弱くきまっている?

仮説2:混じってる他のカンナビノイド作用

仮説3:ぷらせぼ

2020-11-19

沖縄は本当に異文化からなあ

宮古島生活したことあるけど、会社飲み会やるっていうとみんな一旦帰宅して着替えてから集合が当たり前

そして潰れるまでガチ呑み いい歳したおっさんが完全酩酊状態まで飲む

そして暖かいからいいんだけど路上で酔いつぶれて寝てる人がやたら多い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん