「兼業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 兼業とは

2022-05-21

anond:20220521203045

私の身内は家族兼業農業やってる時に

「なんか頭痛いなあ」

と言って倒れてそのまま死んだ。

  

ピンピンコロリがいいな。

家族迷惑をかけず、人の負担にならない形で楽に死にたい

2022-05-12

anond:20220512214805

何にかぶれたのかは知らないが、兼業して会議を行える方が金は無駄にしない

少なくとも君らが好きな欧米はそうしてる

anond:20220512213810

増田の中でイギリスって欧米ではないのです?

イギリスヨーロッパ諸国では地方議員ボランティア性格が強く、昼間フルタイムで働いている地方議員も多いため、議会夕方から夜にかけて行われることが多いのです。

 

日本国会議員コストイギリス議員の数倍で、地方議員に至っては、7-8倍になります。 それだけの仕事をしているんでしょうか。

 

またフィンランドスウェーデンといった北欧の国々の国会議員と比べると、日本国会議員は3倍以上の報酬を得ています

  

増田が何かぶれたのか知らないが、議員報酬なんてなくていいぞ、兼業して働き給え

2022-05-06

anond:20220506113406

小説家がもうかなりまえからそうなんだけど

専業とかまず無理で、基本的には趣味、かなり稼げるレベルプロになっても兼業でやるようにまず周囲がお勧めしてくるとか

そういう風になっていくというか、なっているんだろう。

 

仕事終わったら配信しま~すを毎日やって、収入が月にいくらか増えるとか、そういう世界

2022-04-29

大卒会社勤めって無能だよな

エリートサラリーマンです

手取り月50超えてますとかアホかと

高卒だけど、プログラミングでも、ウェブ制作でも、動画作成でも儲かると言われてること全部試しにやってきたが

全部、兼業でその倍は稼げるようになった

能力あるなら別に会社勤めじゃなくても、何をやってもそれ以上稼げるようになるだろ

アホかと

2022-03-27

anond:20220327181702

はなれていくホロライブ

配信からタレントへ、更にIP

リスナーとの近さによって発展してきたVtuberだが、

その近さが要因となって、Vtuberを苦しめている。

 

それがどれだけ関係しているか不明だが、

Vtuber大手事務所Vtuberたちを「配信者」からタレント」へと変化させ始めている。

 

配信案件

少し前までのVtuber基本的収益

動画再生広告料(リスナー動画を視聴する際に表示される広告からアドセンス収入)」

スーパーチャットスパチャとも。生配信中にリスナー配信者へお金を支払う)」

メンバーシップ(メンシとも。月額で入会し特別配信イラストを手に入れられる)」

であり、動画投稿や生配信で得られる収入が主だった。

 

しかし、その形態は今ではだいぶ異なった物となっている。

 

現在では大手事務所所属するVtuber収入スパチャなどだけではなく、

「グッズ収入およびライブ収入」と「案件収入」が金額として大きくなっている。

ホロライブにじさんじといった有名Vtuber企業から様々な案件を貰い、その報酬を得ているのだ。

 

案件は大まかに分けると2種類存在し、

プロモーション配信」と「ゲスト出演」とがある。

 

プロモーション配信」はVtuber自身チャンネルで、商品を紹介したりする広告的な配信を行うものだ。

 

Youtuberなどで多いのは商品レビュー配信であったり、体験配信であったりするが、

特にVtuberで多いのは「新作ゲームの紹介」や「自分達のグッズが取れるクレーンゲームの紹介」だ。

 例1:ホロライブ白銀ノエルによる「ヘブンバーンズレッド」の紹介配信 ttps://www.youtube.com/watch?v=pJ1AOaP1blw
 例2:にじさんじライバーによる「ラグナドール」の紹介配信 ttps://www.youtube.com/watch?v=70GK4v5xEAQ&t=0s

 

これらは商品販売する企業報酬をもらって決まった配信内容を行うものであり、

こう言った配信は通常の配信と同じような形式で行われるものの、

Vtuberが気を配ることになる「顧客リスナーではなく企業」となっている。

通常の配信がBtoCならば、プロモーション配信BtoBと言えるだろう。

 

またVtuberは外部の媒体へと「ゲスト出演」することも増えている。

 例1:ホロライブパ・リーグコラボ ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000019259.html
 例2:にじさんじとJ1のコラボ ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000395.000030865.html
 例3:にじさんじのライバー競艇番組に出演する ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000058868.html

配信者」という枠を超えて、外部の配信、またTV番組ラジオなどに出演するようになってきている。

 

まりYoutube配信という枠にとらわれず、

タレント活動を行って収益を稼ぐ存在へとシフトしてきているということが言える。

そのことで考えると、案件だけでなく「ライブ出演」などもこれに類すると考えられる。

 

スパチャとグッズ

案件配信だけではなく、昨今のVtuberでは「グッズ販売」も大きな収益となっている。

例えばホロライブにじさんじでは、Vtuber記念日に大々的にグッズを売り出している。

 例1:ホロライブ誕生日記念グッズなど ttps://hololive.booth.pm/
 例2:にじさんじ誕生日記念グッズなど ttps://nijisanji.booth.pm/

 

また外部企業コラボしてグッズを販売している。

 例1:ホロライブアトレ秋葉原コラボグッズ販売 ttps://hololive-summerfes.com/
 例2:にじさんじユートレジャーコラボした指輪販売 ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000258.000030865.html

 

さら重要な事は、

グッズの売り上げがスパチャよりも大きいことを多くの事務所Vtuberが表明している事実だ。

 例1:ホロライブ社長ライブ配信だけではなくグッズ販売が大きいことを語る。 ttps://youtu.be/OxsD3K6l7so?t=1479
 例2:Re:Act社長がグッズが収益の中心となって言ると語る。 ttps://fanicon.net/icon/case/3

 

ある意味で、ここは既存Youtuber達や現実タレントとは違った、

イラストをつかったVtuberならではの展開と言うことが出来るかもしれない。

様々なイラストレーターに書かせることで、Vtuber達の新たな魅力を展開し、

また絵師ファンにも注目してもらえることになる。

 

こういった「案件」や「ライブ」、「グッズ」によって

Vtuber達は徐々に配信に頼らずとも収益を上げられるようになってきている。

 

これは、つまり

リスナーと直接のやり取りが必要スパチャ」とは違い

配信対話もせずに売れるグッズ」が大きな収益となり始めているということだ。

 

さらに踏み込んで言えば

リスクが高いスパチャ」と

リスクが低く売り上げも大きいグッズ」と

言い換えても良い。

 

このことを深く掘り下げていくと、

Vtuberと言うもの本質が、

実は配信事業ではなく「キャラクタービジネス

もしくは「IPビジネス」となってきていると考えることが出来るのではないだろうか。

 

配信を一つの広告手法として新規キャラクターを売り出し、IP価値を作り出していく。

IP知名度さえ確立してしまえば配信しなくても良くなっていく。

ただキャラクターをグッズッとして売っていけばよいのだ。

それはサンリオディズニー、またポケモンガンダム

日本においてはグッズだけで巨大な市場形成していることからも分かるはずだ。

 

Vtuberというキャラクター

ここまでで何度も「リスナーとの近さによるリスク」を書いてきたことで察しているかもしれない。

こういった売り出し方が進んでいけば、Vtuberはどうなるか。

当然「配信」というリスクが高く手間がかかる手法を取る必要はなくなくなり、

企業としては「グッズ」や「案件」をこなしていく方が安全利益が高く、

商売として正しいやり方になってきてしまう。

 

そう言った側面を裏付けているのが、ホロライブにじさんじ配信頻度の低下だ。

配信全盛期と比べて、この二社に所属するVtuber配信頻度は低下していっている。

 

例えば以下のようなVtuberの事例があげられる。

 例1:ホロライブ百鬼あやめ」 配信数2.8回/月(過去半年平均)
 例2:ホロライブ「紫咲シオン」 配信数7.7回/月(過去半年平均)
 例3:にじさんじ「戌亥とこ」 配信数5.6回/月(過去半年平均)

このように1カ月間の内、1/3すら配信をしていないVtuber存在している始末だ。

 

これらは投稿動画のように編集作業必要ものではなく、台本もない生配信だ。

特に例1、例2のVtuber会社員との兼業などではなく、もっぱらにVtuberとしての活動を勤めている配信である

それが月に殆ど配信を行っていないのである

 

このように配信を行わないVtuberは当然、「スーパーチャット」や「動画広告収入」を得ることはできないが、

それでもホロライブにじさんじでは、Vtuberのグッズを売ることが出来るため、利益を確保することが出来る。

 (例えば、例1の「百鬼あやめ」はこの文章作成した2カ月前に、

  ファミリーマートととのコラボとしてグッズが販売されている。

  ttps://www.famitsu.com/news/202201/21248677.html

 

企業としては有名になってファンを獲得した「キャラクター」が存在していれば、配信しなかろうが遊んでいようが、

キャラクター存在している」というだけで利益を上げることが出来るようになっていっている。

 

そう言った意味で言えば一時期話題になっていた

Vtuberは「新しいキャラクターの売り出し方」ではなく「ただの絵のついた生主である」』という話題を考えるに、

しろキャラクターの売り出し方」に近づいていっているのではないだろうか。

 

ただし、その反面として、

Vtuber大手企業配信をもっぱらに聴いていたような既存の「リスナーから離れて行っている」。

anond:20220327181133

はなれていくホロライブ

Vtuberの人気とリスナーの近さ

前項ではVtuber歴史から分析を行ったが、Vtuberの今後を書くために、彼らが持つ特性と売れた理由分析しておきたい。

なぜならば、これこそが「ホロライブリスナーから離れていく」理由につながっていくからだ。

 

Vtuberが現状に見られるほどにリスナーに受け入れられてきたのには、

以下のようないくつかの理由があると考えられる。

1.3Dイラストを元としたビジュアルイメージおよび設定

  まず現実アイドルタレントまた生主とは違い、理想化されたイラストなどのビジュアルを持っていたことが大きい。

  これはアニメ漫画を好んできたオタクに訴求され、生主Youtuberとは違うリスナー層を獲得することになる。

  ゆっくり実況を聴いてきたニコニコリスナー声優ラジオ視聴者層Vtuberリスナー拡大の一員となっているだろう・

  

2.配信頻度の多さ

  前項からの繰り返しの解説になるが、Vtuber配信頻度の高さ、供給の多さはリスナーの獲得に大きな影響を与えている。

  ソシャゲは早くて1週間で1イベントテレビ番組番組では1週間で30分、漫画でも早くて1週間更新という中で、

  専業Vtuberでは1日更新で数時間兼業Vtuberでも週に2,3回の更新といったサイクルの早さが大きなアドバンテージとなっている。

  

  更には上位層では1週間に30時間超という膨大なコンテンツ量が、

  より多くの供給を求めていたオタク層に訴求できていた可能性がある。

  事実として同じ事務所内で見た時に、配信時間が長いほど視聴者数が多い傾向がある。

   例:ホロライブ2022年1,2月配信時間視聴時間ランキングhttps://twitter.com/Holo_Data/status/1498471655248523266

  

3.Vtuberの多さ

  Vtuber容姿関係なく活動できることから

  当時の生主配信者にあこがれながら見た目で辛いを思いをしてきた人々の多くがVtuberに流れた側面もある。

  

  特にのじゃロリおじさんや兎鞠まりのような「バ美肉おじさん」が生まれたことによって、

  男性だろうとアイドルのように受け入れられると言った実績が作られて、

  それが配信者たちの参加の敷居が低くしたのも大きいだろう。

  その結果として、Vtuber全体の参加が多くなり、より多様なリスナー引き付けて、視聴者層を増やしていくことに繋がった。

  

4.リスナーとの近さ

  ただ多くの売れた理由の中でもVtuberが人気になった要因として大きな影響があり、

  さらに今現在問題とも直接かかわってもいると自分が考えいている要因が、

  「Vtuberリスナーの近さ」である

  

  既存TVアニメゲームなどと違い、

  Youtuber生主、そしてVtuberコメント欄チャット欄でユーザーと即座に直で反応を返せる。

  即時のレスポンス性の高さが。他と比べて大きな利点となっている。

  また送られたマシュマロスーパーチャットに対しての「お返事配信」などを行い、

  1対1の対話を疑似的に楽しめるといった、気軽で距離の近い視聴の仕方が出来ることも大きい。

  

  テレビ俳優や、雑誌に出るグラドルでは、気軽にできないようなファンとの距離感の近さが、

  リスナーとの心理的距離感を縮め、「応援したくなる感情」を作り出していると言える。

  

  この点に関して、過去現実世界で売れたアイドルタレント演出比較をしてみよう。

   ・視聴者の購買数を引退と結び付けた「ポケットビスケッツ」や「電波少年からつながる売り出し方

   ・視聴者投票アイドルオーディションとを絡ませて応援する気持ちを煽った「モーニング娘。

   ・ドンキ劇場で会える身近さや、握手会といったファンとの距離感を近づけて売れていった「AKB48

  日本だけの特性なのかもしれないが、

  アイドルには「身近さ」や「自分応援しなくては」という感情を呼び起こすことが強い売りとなることが多い。

  

  これらと類するようなVtuberリスナーとの近さが、

  より親身な応援や、より切迫感をファンに感じさせ、支援活動を強くすることになっていったのではないか

  単純なテレビタレントよりも、グッズの購入を導き、動画再生をしようとしたり、

  スーパーチャット(生配信中の金銭授与、投げ銭とも)を投げようと言った欲求につながっていると私は考えている。

 

一方でVtuberは現世と隔絶した存在としてイラストや設定持っており、

例えばファンタジー世界の住人であったり、例えば架空の学園の生徒であったりと、

夢の世界存在、またアニメの中の存在といった建前を持たせている。

(例:キズナアイは「電脳世界AI」という設定を持つ。
   他にもホロライブ猫又おかゆは「おにぎり屋さんで働く猫」、にじさんじの剣持刀也や「剣道部高校生」という設定がある。)

 

しかし、現在Vtuber達は生配信において、

しろ逆に中にいる配信者本人の私生活趣味嗜好をそのまま語っている。

 例1:収録でも帽子を外せない話をするホロライブの湊あくあ(設定メイド) https://www.youtube.com/watch?v=tbK5nP_biXI
 例2:飲み過ぎて改札で吐瀉した話をするホロライブのアキ・ローゼンタール(設定女子高生) https://www.youtube.com/watch?v=QGspko3seVM
 例3:配信中に実の妹を登場させるにじさんじの文野環 https://www.youtube.com/watch?v=hzuaqG4uVOg

このように、Vtuber虚構だけの世界ではなく現実世界と地続きであることをアピールして、

リスナー達に身近な存在であると、親近感を持たせることに成功しているのではないか

 

完全に作られたアニメのような理想的な存在とは違い、

現実芸能人アイドルに感じるような完全な現実とは違い、

理想と身近さの良い所どり・合いの子のような存在とも言えるかもしれない。

 

※ただし、Vtuberの喋っている私生活現実に本当のことかは不明で、言ってることが嘘だとバレたことも多い。

 Vtuberの設定とは別に、「中の人の設定」を喋っているだけの可能性は十分にある。

 例1:イタリア旅行中と宣言しながら日本廃品回収の音が配信に乗ってしまったにじさんじの郡道美玲 https://www.youtube.com/watch?v=JnOjyZjGQXU
 例2:有名アニメのことを知らないと言っていたが元声優であったと噂されているホロライブの大空スバル https://www.youtube.com/watch?v=Mry71kaDmFc

 それでも嘘をついてでも私生活一種の売り物としているのは多くのVtuberで(生配信者でも同様に)見られる行為だ。

 

また、リスナーとの近さという点では、

上記のような私生活の切り売りによって親近感を呼ぶのとは別に

Vtuberはその参入のしやすからリスナーと近い存在としてみなされてきた。

 

それは例えば、Vtuber黎明期の頃に個人勢であり、自作3Dモデルを使った

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」が人気を博したことが大きいのではないか

その目に見えた参入障壁の低さから

リスナーには「自分達でも配信者側・Vtuberとして参加することが出来る」と感じられた人が多く見られたように思う。

 

加えてVtuber黎明期Vtuber同士の仲の良さも身近さを感じさせるのに大きな影響があった。

Vtuber同士で集まってゲームをしたりオタク談義をする配信には、

げんしけん」や「銀の匙」のような同好の士が集まったサークル的な楽しさがあった。

ある種、Vtuber達のコラボ配信ネット著名人たちの「サロン」のようにも見えたのかもしれない。

 

自分も楽しそうなVtuber達の輪の中に入れる入れるのではないか

「むしろ自分達も輪に入りたい」

そう言った期待もまたVtuberたちを親身に応援させ、親近感を憶えさせ、

やがて地元高校甲子園に出るなどというような、

自分達と地続きの伝説として、より応援熱狂さを増していた点があったのではないか

 

そう言った点を分析するに至って、

私はVtuberにとって「リスナーとの近さ」は大きな要因だったように考えている。

2022-03-23

anond:20220323212255

完全デジタルウェブコミとはいえ仕事しながら兼業作家で連載できるのか?

俺はまだデビューすらできてないけど、専業希望だわ。

ようやく漫画家になることができました

ここに書き記しておく

経歴

もともとは小説家志望で高校から大学までシコシコと文学賞投稿し続けていた。しかしもう小説オワコンなのではと思い、大学2年頃に漫画家になることを決意。御茶ノ水本屋イラスト漫画家入門みたいな本を買い漁って練習を開始した。また同時期に大学漫画サークルに入った。サークルにはすでにデビューを決めた人、アシスタントをしている人、エロ漫画家として収入がある人などがおり、色々学ぶことができた。入門本や教本じゃわからない背景やキャラの描き分けみたいなことも学べたし、何より友人もできた。

大学卒業後はサークルの友人とボロアパートで共同生活しながら持ち込みや投稿を続けた。収入出版社から紹介してもらった某先生アシスタント。先輩アシスタント現在も連載を続けている先生のもとで画力を鍛えプロとしてのストーリー構成などを教わった。先生の影響で手書きから完全デジタルに切り替えたのはこの頃かな。ただ賞はさっぱりだった。この頃すでに27歳。親から心配されるし自分でも不安がやばかった。結局アシスタントをやめ地元に帰った。地元バイトしながらユーキャン公務員試験勉強をし、年齢制限ギリギリ市役所に入った。

デビュー

市役所に入ってから休日漫画を描き、サークルの同期や後輩たちのコミケの手伝いなんかもしてた。将来不安がなくなった分、画力ストーリー創造力は上がった気がする。そんな中で渾身の作品ができたため、ウェブコミック配信サイトの賞に応募した。結果的には落選したが、編集部よりメールが来て定期的に連絡を取りながらネームアドバイスをもらえることになった。それだけでとても嬉しかった。平日は仕事をし早朝や帰宅後、休日プロット、ネームを描いた。そんな生活を繰り返す中ついに作品が出来上がり編集部から連載のオッケーが出た。作品の詳細は伏せる。正直俺一人じゃここまでの作品はつくれなかった。担当さんにはとても感謝している。

そんなわけで一応ウェブコミック作家になることができた。ウェブコミック雑誌と異なり連載ペースが作家次第なところが兼業作家としてはありがたい。担当さんから仕事は続けるように言われた。もちろん続ける気でいたし、サイト原稿料だけじゃとても生活はできない。上司にこの件を伝えたところ、さらに上の上司から掲載する媒体原稿の内容を確認させてほしいと言われた。面倒くさそうだなと思っていたが、あっさりOKが出て驚いた。その後守って欲しい確認事項や書類提出(こっちは面倒くさかった)を済ませ、俺は職場公認漫画家になることができた。

最後

長くなったが、もしこれを読んだ人の中に夢を諦め生活のために仕事をしている人がいるのなら、無理のない範囲でいいか仕事と並行して挑戦してみてほしい。

2022-03-15

ロシアへの制裁

文明が発達するための第一段階として何が必要でしょうか。

それは食糧生産力です。

たとえば百人の内で一人の大工が生きていけるようにするには残りの九十九人で百人分の食糧生産する必要があります

(実際には農閑期に別の仕事をするなどの兼業があるのでそう単純ではありませんが。)

専門家活動するためにはそれを支える様々な人々やインフラ必要だということです。


それを踏まえてロシアに対する制裁を考えてみましょう。

ロシアに住む圧倒的多数無辜の人々であり、多くの企業撤退してしまうのは非人道的ではないかという論があります

かに人道的とは言えません。

人道的とは言えませんけども、生産活動とはいえない軍事行動を支えているのはロシアの (無辜な) 人々なのです。

現代戦争というのは工業力の勝負です。

工業に携わる人がいて、工業に携わる人に食料を提供するのも衣服提供するのも兵站一種です。

ロシアにおける生産活動ロシア軍事行動寄与しないものごとなどありはしないのです。


もちろんこれは極論です。

大きな影響力をもつ生産も (事実上無いと言えるほど) 小さな影響しかない生産もあります

ここで述べたいことは、軍事行動に対するカウンターと人道とのバランスにおいて線を引く必要があるということです。

グラデーションの中で線を決めなければならないという話であって、悪意がなければ許されるというわけではないし、被害を止めるために何をしてもよいというわけでもありません。

二者択一ではなく、どこに線を引くかの問題なのです。

2022-02-04

anond:20220204131755

でも多くのVtuber兼業で、本業とV活動を両立させとるし、

声優声優で、歌とかラジオとか兼業みたいなことやっとるやろ。

いけるいける。

2022-02-01

東京国税局は、ソープランドなどで働き、国家公務員法兼業禁止規定違反したとして、東京都内税務署に勤務する女性職員(27)を停職9か月の懲戒処分としたと発表した。女性職員依願退職した。

東京国税局が協力して局内ソープすればみんなウィンウィンなのにな

ホスト害悪

税務署女性職員ソープランドなど3店舗兼業収入125万円「ホストクラブ代に」

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220131-OYT1T50234/

東京都内税務署に勤務する女性職員(27)を停職9か月の懲戒処分とした

平日の夜間や病気休暇を利用して都内ソープランドなど3店舗で計150日間働き、計約125万円の収入を得ていた。

女性職員は「ホストクラブでの飲食代を捻出するためだった」などと話している

学校教育に酒、タバコドラッグ危険性の授業に加えてホストキャバ風俗狂いの末路を紹介する授業した方がいい

一昔前までは軽度知的障害で昼職に就けず健常者の男と付き合おうにも馬鹿にされて辛い女が現実逃避のためにホストにハマって風俗に堕ちるものだったが

税務署勤務できるような健常者の女までホストにハマって風俗に堕ちるようになるともう駄目だろこれ

国益を損なっているかホストスカウト規制しろ

2022-01-24

anond:20220124144939

兼業なんか、やリおるわい

ワイも兼業やけど日経225先物みたいな忙しいのは出来へんわ

2022-01-05

anond:20220105102642

こうやって見るとVって沢山いるんだな

しかし採算どうなってんのかな。にじさんじとか明らかに兼業学生)でやってる人多いし、なんか地下アイドルとかそういう匂いがして不安だわ。

2021-12-14

兼業サンタ

娘が「園に来たサンタ児童館に来たサンタが別人だったのはなぜか?」ときいてきたので「サンタは一人ではなくたくさんいる。世界中サンタ支部がある」と答えた。

クリスマス以外は何をしているのか」とまたきくので「戦隊ヒーローと同じで普段市民に混じって暮らしている。クリスマス時期だけサンタに変身する」と答えたら笑っていた。

サンタ演出は苦手だが、この世のどこかに自分を大切に思ってくれる人がいる、という設定は大切なのかもしれない。

2021-12-10

田舎者俺氏求人を探していて近所にフルタイム月給15万円の仕事を見つける

ホームページを見るとバリバリ陽キャ人材派遣&WEB開発だが、なぜかディリヤマザキしかコンビニがないわが町にパソコンスマホ販売営業拠点を作るので立ち上げスタッフ新規募集という募集である

そしてその会社東京で出している営業求人23万円であることを知る

地域格差現実を思い知った瞬間である



というかお前最低賃金ギリギリラインなのに「高時給」を売りにするな

交通費別途支給って当たり前だろ

フリーランスなど他の仕事と掛け持ち可能ってそれは自由な働き方ではなく低賃金から兼業しねぇと食えないだけだろ。

というか朝10から夜の7時までの仕事兼業可は売りにはならんぞ。休み削れってか

といった感じでもある

2021-11-30

なぜ女性イラストレーターが多いのか

「なぜ女性イラストレーターが多いのか?」だけど、はっきり言ってしまうと、「男性博打を打てないから」である

これは、単純に、男性には社会から手堅い経済力もとめられているかである

兼業でもいいし、家族を養うという選択肢を負わなくていいかである

まり社会的にジェンダーロールの結果であるので、余りそんなに喜ばれることではない。

男性場合だと、「絵を描く仕事」に進みたいというと、まあ大体止められる。

実家が太くないと許してもらえないだろう。

将来の選択肢からそもそも除外される。

そういう美大芸術系の志望者を見ればわかると思う。

7割女性である

この傾向は変わっていない。

当たり外れの多い仕事を男女ともに敬遠するのは世の常であるが、「専門教育学費を払って行く」あたりになると、まあまあ大反対に会う。

あたりになってくると、実家が太いか、もしくは、将来家族を養うという選択肢を捨てるかという事になってしまうのである

女性がまともな仕事につけないから」というのも間違いである。

男性にはジェンダーロールの結果、手堅い経済力が求められているから、男性リスクを取りにくいと言うだけである

2021-11-23

anond:20211123233159

真ん中よりちょい上くらいまで売れてたら兼業はまず無理だと思うぞ

それにお前の世間体なんてその従兄弟には関係ないだろうが

なんで勤め仕事やらせたいという発想になるのか謎すぎる

2021-11-22

自分は不摂生だったので色々持病を抱えちゃったけど、

まあでも、いつまでも健康に生きられたとしても、

人生において、その年齢でできることって決まってるわけで、

自己啓発だと、遅すぎることなんてない、何歳からでもなりたい自分になれる、

みたいなことをYouTubeの某元お笑い芸人みたいな詐欺師いたことを言うのだろうけど、

当たり前の話だけど、そんなの無理なわけで、

70まで生涯現役仕事してきて、まだまだ健康で肉体年齢20代だったとしても、

じゃあ、今まで現実的職業選択して嫌々働いてきたけど、

俺、本当はサッカー選手になりたかったんだ、なんて無理なわけで、

結局そこで、肉体年齢だの能力だのはこの社会で大した問題でなくて、

そんなことより最年少で竜王になるとか、そういう物語性とかの方が重視されるわけで、

漫画家なんかも、今は状況が変わってきてはいるけど、

少なくとも、昔は10代で新人賞ぐらいは取ってないと駄目なわけで、

要は、俺はまだ本気出してないだけ、が本当だったとしても、

じゃあ、10代で本気出してくれないとデビューできないよ、という話で

でも、最近風向きが変わってきたのは、

若い頃に漫画家として大成しても後が続かなかったり、

逆に趣味漫画Twitterなりネットに放流する方が注目されちゃったりして、

最近漫画家兼業でやるべき、という考え方がプロでも定着しつつあるというか、

昔は必ず出版社を通さなければ世に出すことができなかったからで、

10代でデビュー云々も、それは出版編集者側の都合というか、

彼等の考えであって、それがネットなりで覆されてしまったわけで、

でも、老人になってから漫画で食ってくなんて寧ろ考えられなくなった

やっぱり体力が続かない

液タブで作画するようになっても、結局作業量が同じどころか増えてしまって、

サンダーボルトの人みたいに腱鞘炎を寧ろ悪化させたり、

個人的には、タブレットが紙より滑るのとかが良くない気がするのだけど、

まあ、眼も悪くなるし、少なくとも緻密な絵を描くのは続かない

水木しげるみたいに、背景は誰か若い学生かに描いてもらってそれを貼り、

そこにサラッと少ない線のキャラを描くとかしないとやってられない

でも、線が少ないということは、それだけ表現制限されることになる

少なくとも、絵がスゴい、というインパクトでは攻められなくなる

結局、若いときとか、その年齢に適したときに適したことをしないと、

後々になって、それをやれる能力があったとしても、無駄になってしまったりするわけで、

やれるときにやっとけ、

やれないときになったらもうやるな、

というのが正しいんだろうなぁと思ったり

2021-11-21

anond:20211121113301

そこからAVに転身して兼業として元アイドルAV女優デリヘル嬢とかしたらほぼ無双、稼ぐだけ稼ぎながら知名度を活かしてパートタイムキャバ嬢へと転身、インスタで素敵ライフを発信という流れもある

2021-11-17

議員給料を削るより、公設秘書の人数増やしたら

今は3人だけど、それを10人に増やすとか。

 

政策研究チーム組めれば議員立法も増えるし、

7人×議員数700で5000人の雇用生まれる。

兼業OKならポスドク雇用先にもなる。

 

議員給料文書費の話は聞くけど、

ここら辺の話はまったく聞かないんだよなぁ。

2021-11-02

anond:20211101235529

タクシー人間がいた方が良いところにシフトしたほうが良い。介護タクシー荷物スペースに載せて宅配業兼業といったところはどうだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん