「分別」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 分別とは

2018-06-17

外来が遅いといわれお悩みの先生方、また、病院での待ち時間イライラされている患者さん方へ

 当方キャリア12年の内科医なのですが、久々に大学に戻され非常勤含めさまざまな外来風景を拝見する機会に恵まれました。

そこで、外来診療についていろいろ考えることがありまして、思いつくままに書きなぐらせていただきます

 外来といえば先生方には何が起こるかわからない地雷原ですし、患者さん方から言えばよくわからない理由で延々と待たされストレスをためる要因なのではと思います

外来のすすむスピード先生によって異なりますし、早いからといって患者さん一人に対する時間が少ないか満足度が低いわけでもなく、

逆に遅いからといってじっくり診てもらえて満足度が高いのかというとそうでもありません。

まり

#1 外来スピードも早く、満足度も高い外来

#2 外来スピードは早いが、満足度は低い外来

#3 外来スピードは遅いが、満足度は高い外来

#4 外来スピードは遅いし、満足度も低い外来

分別されると思うのですがこれは明らかに外来担当する先生能力依存するものです。

診療には様々な待ち時間が発生します。患者さん方は経験したことがあると思いますのでお分かりでしょうが

病院受診したところで、まずどの科にいけばいいのか、決まったとしてそこに受診できるかどうか(時間制限など)

受診が決まったとして、そこにいたるまでのカルテ作成も含めての手続き、やっとその科にたどり着いたところで

予約の合間を縫って診療となると、診察室にたどり着くまでで莫大な時間を費やします。

やっと診察室にはいったところで、この科ではないということで一気に振り出しに戻るなんていうパターンもあります

いざ診療に取り掛かるといっても、検査必要だったとしたら、検査室にいって血液をとったりレントゲンをとったりその結果待ちだったり

そのつど待ち時間がかかってしまます

 そんな現状ですが#1に分類される先生方はこの待ち時間をうまく利用していると思います

どういうことかといいます外来をみるときには、まず予診票というものを書くと思うのですが

それらが診察室に上がってきた時点で、ある程度大まかに鑑別をして検査から帰宅(もしくは入院)までのいくつかのパターンを想定してしまっているのですね。

そこから逆算して、必須検査はこれこれ、なのでその待ち時間はこれぐらいなので先に採血をするとしてその前に簡単な診察だけしてしまおうとか

優先順位をつけてマルチタスク仕事を流していきます。そしてコメディカルを遊ばせることなく適切にリソースを使っていきます

もちろん限界はあるのですが、それをすることによってたとえばカルテ記入にしてもメモ手書きで残してあとでお診察が終わった後に入力するなど

患者さん方に見えない形で、タスク時間的に分散しています

これをするためには、最初の鑑別が適切でないといけないというので大変だし、結局患者さん方の見えない時間タスクを移動しているだけというところでは

あるのですが、結果として外来が早く、患者満足度も高いということになるのだと思います

 一方で#3ですがこのパターン先生もたくさんいらっしゃいます

とてもやさしく、親身に話を聞いたりされているのですが、このパターン先生ありがちなのが、一つの時間しか動いていないというケースです。

どんなに外来が混もうが、患者さんが待とうが、自分の決めた工程で、一つ一つに全力を傾け、ちゃんと診察して問診して、検査をオーダーし、その結果を

そのつど詳細にカルテ記載して次の患者を呼ぶときには前の患者カルテも完成しているという状態になります

目の前の患者さんには全力を傾けているので、患者満足度は高く、信頼されるのですが、結果コメディカルの待ち時間と実働時間が減り、イライラ残業代

産み出すことになりがちです。

#2、#4は単なる力量不足です。#2は必要なことまでしてないのでいつかは医療事故を生むもとになりますし、#4は頻度の低い鑑別まで拾い上げて、自己満足のために

いろいろ検査までして結局結論が出せないという結果になりがちです。とはいえ#1は#2へ、#3は#4にクラスチェンジしてしまうことがありますので注意が必要です。

患者さん方として気になるのはいかに#1を探すかということですが、これはコメディカルが一番よく知ってますので、知り合いに看護師さんとか技師さんがいたら

是非、お勧め先生を聞いてみてください。

自分はどれだといわれれば#1をめざしていますが#3になってるのかなぁと自省しながらこれから勉強していくつもりです。

2018-06-11

子供は嫌い。

無駄に声でかいし、声も子供から無駄に高くて捕捉しやすいし、奇声も発するし、親が話を聞きながしたりするとすぐにごねるし、下手すりゃ暴れるし。


赤ちゃんはまだいい。

だって唯一といってもいい意思表現法方だし。あれは仕方ないと思える。暴れたところでたかが知れてるし。


イヤホン

ノイズキャンセルカナル型爆音メタル聞いてても聞こえてくるんだよ。どうしろって言うんだ。耳引きちぎればいいの?


なんで子供嫌いって言うと

「あぁどうせ子供育てたことないんだろ。これだから独身小梨は…」

「お前だって昔は子供だったろ!アホか!」

「じゃあお前は税金はらって一人で死ね

みたいな事言われるんだろ。

自分はそういう子供じゃなかったし

騒ぐ理由もわからないし

結婚する気もないか自分の事は自分で出来るように死ぬ気で稼いでるし

就学前の子供ならまだしも、小学生以上の子がなんで騒ぐ?まだ分別つかないの?


意味がわからない。


身内の子供ですら苛々するのに無関係他人の子供にまで慈愛の心を持たなければ怒られるの?少子化するから

2018-06-10

小山慶一郎の件

小山にも反省すべき点があるし、脇が甘かったのだろうから擁護するつもりはない。

だが19歳にもなって善悪分別がつかないとは理解に苦しむ。

我々の村はたった一人の女の私利私欲を満たすために焼かれたのか。

私が愛した男はたった一人の女のマウンティングのために利用されたのか。

馬鹿馬鹿しい。




これを読んでいないであろう小山慶一郎。

今、あなたファンは各所に必死メール要望ハガキを出している。

今回の件で番組がなくなってしまうことを阻止したいから。

こうなってしまったけど、それでもやっぱり今年はお祝いの年だから

何かをしていないと、気が収まらいから。

自分が詫びるのはおかしな話だと前置きをした上で、それでも今回の件を詫びて、嘆願をしている。

ただそれを「申し訳ない」と思わず、どうかそれだけ自分を愛してくれている人がいることを誇りに思ってほしい。

勝手代理謝罪をしている女からお願いだ。

ごめんね、は聞きたくないんだ。

「ありがとう」と言ってください

出来たら愛してください

嫌いにはなれないんだ。



そして相手女性

あぁ願わくば

遅刻ギリギリで飛び乗った電車快速絶望してほしい。

タンスの角に小指とかぶつけてくれ。

以上

2018-06-07

一億円の純資産を手に入れる方法 その22 危機に臨んでのこと

危機と呼ばれる時期の過ごし方

危機は定期的にやってくる。

リーマン破綻象徴される信用収縮期は仕事が激減した。収入がいきなり大幅減の上に株価暴落、私の持つ資産市場価格が大きく削られた。びっくりした。どうなることやらと気を揉んだ。

ただ、バブル歴史については複数の本で読んでいたので絶望はせずに済んだ。慌てて持ち株を売ることもせずに済んだ。当時、資本主義はこれで終わりだ論が市中を席巻したが、それはないだろうというだけの分別は持てた。

ひとつ得られたものがある。それは、世の人々は分かった風な顔をした自称専門家の連中も含めて、何ひとつ分かっていないのだという洞察。当てにできるのは自分しかいないと知れた。

あともうひとつ得られたものがあった。株価が大幅に安くなっていた時期に手に入れられたある程度まとまった数の株式である。たしかに恐怖はあったが、これで世界が溶解するとは考えられなかったので当時の自分にできる精一杯の額で買い増した。その後株価回復したので、そこそこの額の含み益を得られている。

今言えるのは、あの危機と呼ばれる時期があったからこそ今の私があるということです。

(前)一億円の純資産を手に入れる方法 その21 何やら大きなものに導いてもらう

https://anond.hatelabo.jp/20180524001903

2018-06-06

会社の全社員宛のメールゴミ燃える燃えないの分別ができていなくて困っているやめてほしいという連絡が回ってきた

すでに今までにも何度か同じ内容で周知があり、それでも解決されないのでもううんざりという感じみたい

まあ仕方ないんだろうなと思う

できる奴は最初からできるだろうし注意を受けてできる奴はもう改善しただろう

できないやつは子供じゃないんだから成長するわけないのでできないままだし

会社に入り込んでしまった時点で諦めるしかない

まり現状を打破するためには2通りしかなくて、潔癖組の犠牲による快適な世界の維持か全員で少しずつ不幸になるか打破

後者はたとえばオフィスからゴミ箱を全部なくせば解決などがあるね

2018-06-05

ゴミ袋を開封して持ち主を特定するみたいな気持ち悪いことやるくらいなら

もうゴミ分別リサイクルも諦めろよ。

そこまでしてゴミ分別する意味があるのか。

分別という手段目的になってる感じがする。

どうしてもというなら分別しなくていい割増料金プランを設定してくれ。

2018-06-04

anond:20180604113645

横だけど、子供に「うかつに同意しない」ことを教育するべきってのは難しいでしょ。

「難しい」からといって、ロリコン差別をする理由になると?

理解分別がつかない子もいるだろうし。そもそも俺たち大人だって間違えることがあるし。

理解分別がつく子もいる。

間違えることはあるが、間違ったとき自己責任を求められる。

ロリコン責任にあらず。

まずは子供大人が守ることが先では?

「守る」という言い方には問題点が2つある。

・「守る」つまりロリコンを「害」と断定しているということ

・「守る」の美名のもと、子供権利を一律で損なっていることに気付いていない

anond:20180604113103

横だけど、子供に「うかつに同意しない」ことを教育するべきってのは難しいでしょ。

理解分別がつかない子もいるだろうし。そもそも俺たち大人だって間違えることがあるし。

まずは子供大人が守ることが先では?

2018-06-03

鬱のフリしてたら鬱で引きこもりになりそうな件

登場人物

俺(32)12月契約満了退職して求職活動

祖母(82)足が悪いのに無理やり畑仕事をしようとする

母(62)介護鬱になり昨年から引きこもり

父(65)祖母介護忌避し半分別

祖母は〝畑仕事こそ正義〟〝畑仕事をしないと死ぬ病〟で、足が不自由なのに無理矢理畑に出て畑仕事をする。

そして人の予定お構いなしに手伝わせる。

「畑に連れて行け」

野菜が取れたから迎えに来い」

野菜を直売コーナーに出荷しに行け」

断ると

「じゃあ1人でやる。どうなっても知らない」と脅す

いくら手伝ってあげても

「手伝って当たり前のこと」

「遅い。早くしろ

「こんなこともやってくれないのか」

どうしてこうなった

「近所の人に挨拶するな。お前は恥ずかしい」

就活のために断ると

「お前が休んでる間に枯れた」

用事が終わって手伝いに出ると

おはよう。やっと起きたの」

と嫌味を言う始末

また、母はそんな祖母介護をして鬱になった。

数年前から軽度の薬を飲んでたけど、それも飲まなくなっていた。俺は一人暮らしをしていたんだけどみかねて実家に帰ってきた。

そしたら、声をかけても無表情、風呂にも入らず、外にも出ず、人とも話さず、薬も飲まず。祖母には介護の恨みからか、大声で口撃するDVのようなことまでする。思ったより重態だった。

そこで、毎日の薬を俺が出してあげることにした。初めは飲んでくれなかったが、俺に悪いと思ったのか飲んでくれるようになり、数ヶ月したら自分で飲むようになった。

しかし、依然として祖母に口撃するDVは続く。

そこで、あまりにも疲れたので鬱のフリをしてみることにした。

祖母に役立たずだと思い知れば手伝わされずに済む。家庭で最も弱者に立てば母も「私がしっかりしなきゃいけない」と思ってくれるかもしれない。

そんな単純な考えだ。深く考えてはいない。

まず、朝は遅くまで寝て、顔を合わせても挨拶せず、目は虚ろで無表情、びっこ引いたように歩く、食事の片付けもしない、食べ終わったら布団に直行してずっとスマホをいじる。祖母に呼ばれて手伝いに行っても壊れたロボットのように振る舞う

三日間ほど続けてみた。

祖母は俺に手伝わせようとしなくなった。

母は俺のことを心配そうに様子を見て「どうしたの大丈夫?」声をかけてくるようになった。

これからどうなるだろうか。

「俺が頑張ったところで祖母人間性が今さら変わるわけじゃないし、足が良くなるわけでもない。それに母は依然として態度を改めようとしない。だったら無駄努力をなくそうとするのが合理的だろう」

そう考えると本当に鬱で引きこもりになりそうだ

2018-06-02

anond:20180602124001

楽しい苦痛か」

金銭的な価値が高いかいか

大切なことかそうでないか

といった複数の軸を分別できておらず、話が錯綜している印象を受けました

2018-06-01

anond:20180601222523

分別がつかないとはお前のようなやつのことだな

anond:20180601052614

腑に落ちない出来事の数々

 加藤麻子は1970年に名古屋市千種ちぐさ区(当時)の猪子石で生まれ、4歳のときに今の実家がある郊外引っ越してきた。父・義太郎と母・江美子の一人娘である地元高校卒業した後、父親の紹介で地元塗料関係商社に勤めた。

 会社で知り合った男性と20歳の若さ結婚、2年で寿退社をすることになる。新居は最初賃貸で借りていたが、麻子の実家の隣の売りに出ていた中古住宅を両親が買い取り、そこで結婚生活を送るようになった。しかし、夫が同じ職場女性浮気していることをすぐに麻子は知ることになり、ほどなくして不仲になってしまう。それが原因で、半年間にわたって家庭内別居のすえに正式離婚したのが1999年の夏のことである

 実家とは庭を通じて行き来できる構造になっているが、よもや隣家では娘夫婦家庭内別居生活を送っているとは知るよしもなかった。夫婦子どもができないため、不妊治療に通ったり、夫も生殖検査を受けるなどをしていた。麻子は地元レンタルビデオ屋でパートをやりながら主婦業を続けていたが、離婚後、外に出ることも多くなり、地元眼鏡店やホテルのバー、漫画喫茶等でアルバイトをするようになっている。その頃からアルバイト先を正確には両親には伝えていなかったが、パソコンを使えないと仕事ができないからと、パソコン教室に通っていたこともあった。

 漫画喫茶「B」で働きだしたきっかけは、離婚後、自分でさがしてきたということしか両親は知らない。当初は名古屋市緑区に麻子は通っていたが、やがて中川区へ同店が移るというので麻子もいっしょに中川区へいくと両親は聞かされた。働きだした頃は1時間半以上かけてクルマで通っていて、店は24時間営業だったこともあり、シフトについていくためにやがて麻子も中川区最初アパートを借り、のちに行方不明になったワンルームアパートへと引っ越した。実家に住んでいたのは31歳までだったから、親元を離れてから、何らかの「事件」に遭遇して行方不明になるまで10年ちかくが経過したことになる。

 その間、麻子の両親は娘の経済状況をひたすら案じ、できる限り援助をしてきた。生活費が慢性的に足りず、困窮していることだけはわかっていた。ことあるごとに、「(生活は)やっていけるの?」とたずねても、「やっていける」という返事がいつも返ってくるだけだった。

 麻子の両親はこの約10年間で物品合わせて相当額の援助をしてきたが、親が麻子のためにかけていた保険担保に数十万を借りていたことが判明したときは、江美子があわてて問いただすと、「友達のお母さんが入院しているから、その子のためにおカネが必要だった」と言い訳をした。麻子はサラ金から借金を重ねた形跡もあった。

 のちに警察から両親が得た情報によると、事件が起きる1年ほど前から「B」から給料は出ていなかったらしい。つまり、ただ働きさせられていた可能性が高い。たしかに両親はそれまで一度も給料の明細書を見たこともなかったし、勤務シフトも見たことがなかった。

 もしアルバイト代が出ており、両親が援助をしてきた額があれば十二分に生活はできたはずなのに、どうして多額の金銭調達する必要があったのだろうか。

 あるとき、「漫画喫茶営業権利を買いたい」と麻子が言い出したことがあった。「B」のオーナーである杉本恭教が売ると言っているらしい。両親は漫画喫茶なるところがどういう仕事なのかを知らなかったため、麻子が実家の近場にあるマンガ喫茶に連れて行った。

 提示されていた値段は1500万円以上だったが、そんなにするはずがないと両親は訝った。麻子は結婚生活をしていた住宅担保にしてほしいとまで言い出した。そういう多額の用立てを麻子はそれまでに何度か頼んできたことがあったが、両親はまともに取り合わなかった。

 麻子が姿を消してから、麻子にまつわる腑に落ちない出来事を両親はいくつも思い出すようになった。たとえば、事件から3年ほど前に麻子がたまたま実家に帰ってきたときゴミ袋を持ってきていた。江美子は、処分してほしいと頼まれた。分別する必要があったためゴミ袋を開けたところ、請求書サラ金の借用書が出てきた。江美子がサラ金借金に気づいたのはこのときであるガソリン代や本人以外の携帯電話請求書領収書も多かった。携帯複数契約していることを麻子に問いただすと、地方から出てきた「B」のアルバイトの子未成年のため契約できないか自分が代わりにしていると答えた。

 どうやら、「B」のオーナーに頼まれてやっているらしいとにらんだ江美子は、直接私が断りを入れてあげるから解約しなさいと言うと、なぜか麻子は頑なに拒んだ。その後も何度も口を酸っぱくして解約をするよう諭したため、いったんは解約したが、また契約をし直していた。麻子はどうして、4台もの携帯電話契約していたのだろうか。

2018-05-31

anond:20180531125539

ダストシュートは昔はマンションかにあったけど分別どうこう言われるようになってからなくなったハズ

2018-05-28

ちょっと前までは俺らは2ちゃんねらーとは違って分別があるし頭がいいとか言ってた割に

結局無法地帯なのを認めちゃうのね

2018-05-27

ディープラーニングゴミの選別をして、ゴミ出し時には一緒に出せるようになってほしい

ゴミの選別がめんどくさい。

パッとわかるものはいいが、これどれにあたるのかを市が出している例と見比べて分別するものもあり、かなり億劫である

集配所にロボットアームを置いて分別するとなると経費がかかりそうだが、

ベルトコンベアに載せて分別するのだといけそうな気がする。

anond:20180527164200

差別反対を唱えながら容姿差別をどうでもよいと思っている性格の悪い偽善者

私が聖人だと言うつもりは毛頭ありませんが、容姿差別をどうでもよいとも思っていません。

ただ、私をそのように、事実無根なことで悪く決めつける見ず知らずの人の力になりたいとは思えないだけです。聖人ではないので。

そもそも私は増田容姿がわからないので、増田容姿によって分別して、力になりたくないと思っているわけではありません。

2018-05-25

子供YouTube

うちの子供たち(小学校低学年と幼稚園)はYouTubeが好きだ。とくにキッズ系のYouTuber、かんあきちゃんとか姫ちゃんとか、え、友達?ってくらい詳しいし、食いついてる。

最近アップロードされた動画ほとんどチェックしてて、まめに更新されるから2日に1回は確実に見てる。

正直、人んちの子どもがおもちゃ遊んだりおままごとゲームをしてるのを見てて何が面白いのか自分にはわからないが、これだけ食いついてるんだから面白いんだろう。共感できないが理解はできる、って感じ。ちなみにテレビテレビイッテQとかシンカリオンとか毎週見てる番組はいくつかある。

YouTuberもいろいろいるけど、親としては小学校低学年に見せるのなら子供YouTuberの方が安心して見せておける部分はある。大人YouTuberだとデスソースとかコーラ風呂とかやることがきつい。食べ物無駄にしたり体を張ったりするようなところが、まだ分別のつかない子供には放置で見せておけない危なっかしさがある。まあイッテQも似たようなもんだけど、YouTubeの方が「自分もできそう」のハードルが低くなる感じが危ういというか。

1日1時間程度、自分スマホからクロムキャストテレビに映して見せてる。一度スマホ操作をこどもに任せたら、チャンネル権?を上の子が独占して下の子が泣いてたので、それ以来あまり子供には渡さないようにしてる。ちなみに下の子が泣いてた理由は「ハロウィン動画のおばけの仮想がこわいと言ってるのに、違う動画に変えてくれない」だった。

---

自分が低学年の頃見てたものと言えば、全員集合とか、カトちゃんケンちゃんとか、SHOWbyショーバイとか、世界名作劇場とかのテレビ番組で、当時はもちろんめちゃくちゃおしろかったわけだけど、今はYouTubeのこういう感じがいいのかぁ、って思う。

いや、べつにYouTuberをディスりたいわけではないんだ。あの当時全員集合をみてゲラゲラ笑う自分に、母が「こんなばかみたいなの何が面白いの」っていってたあの感覚と全く同じことなんだと思うが、大人になったからわからなくなることってあるんだと思う。きっと自分子供の頃YouTubeがあったらはまってただろうし。

まとめると、クロムキャストはいいぞってことと、テレビしろYouTubeしろ放置で見させとくのはよくないよね、ってこと。

YouTubeTVにはない親近感と高い更新頻度による依存性はあながちかにできないよねと思いました。そんなところです。

2018-05-19

anond:20180515212225

不燃ごみはまとめて埋めてるのに無意味に細かく分別させるよね

まるで携帯電話契約のようなややこしさ

無意味なところでルールが細かすぎて分からいか区別すべきところも区別できなくなる

2018-05-18

anond:20180518201728

増田が若くて、周りも若い人が多いのかな。

高校生やそれに近い年齢層だと、大人たちの言う「高校生を責めてはいけない。高校生を騙す40代が悪い」と言う言説に反発して

高校生(=自分)はもう分別のつく立派な大人から騙される方が悪い」となりがち。

ももっと上の年齢層だと「高校生大人に騙されて当然のバカ子供」と言う認識となる。実際大人から見たらそうだから

2chなんかは高齢化してるから後者の方が多いんじゃないかな。

anond:20180518140225

岐阜県青少年保護育成条例事件

 (1989年9月19日最高裁判決

「本条例の定めるような有害図書一般に思慮分別の未熟な青少年の性に関する価値観に悪い影響を及ぼし、性的な逸脱行為や残虐な行為容認する風潮の助長につながるものであって、青少年健全な育成に有害であることは、既に社会共通認識になっているといってよい。」

 →本件では、有害図書自動販売機への収納禁止は、こうした害を防止するための必要かつ合理的規制合憲とした。

科学的な因果関係要求されていない。

一般に思慮分別の未熟な青少年の性に関する価値観に悪い影響を及ぼし、性的な逸脱行為や残虐な行為容認する風潮の助長につながるもの

という事が

既に社会共通認識になっているといってよい。

から憲法理念に反さないという事に「最高裁が」判断している。

少年姦淫に至っては言うに及ばず、という事だ。

いわゆる障碍者生殖機能を持ってはいけないと言う優生保護法理念誤謬とは天と地ほど違う。

ボタン電池の廃棄方法とその矛盾 - Togetterに関して

この辺を読むと無水銀品の回収はあくまで有水銀品の回収漏れを防ぐ安全策として行われているに過ぎない。であれば無水銀ボタン電池についてはその他の無水銀電池乾電池リチウムコイン電池)と同じ廃棄方法でも害はないように思える。

ではボタン電池以外の無水銀電池はどう扱われているかボタン電池回収事業を行う一般社団法人電池工業会サイト記述がある。

このページには一次電池の処理・リサイクルについて同会および日欧米三極電池専門家会議見解掲載されている。関連部分を抜き出す。

これらを踏まえてアルカリボタン電池(LR44)の扱いを考える

  1. 回収対象ブランド
  2. 回収対象ブランド以外で無水銀のもの
  3. 回収対象ブランド以外で有水銀もしくは有無の分からないもの

なお2018年から水銀アルカリボタン電池国内製造輸出入禁止されたこから主に問題となるのは過去に購入した有水銀品の適切処理。安価ボタン電池として有名なGoldenPowerも最近のものは0%Hg表示がされている。

2018-05-15

妹のゴミ部屋を掃除した

妹が一人暮らししていたゴミ屋敷のような部屋を、この3日間をかけて片付けた。
とにかく吐き出して残したいという思い9割、誰かの役に立つかもしれないという雑な期待1割で書きます

経緯

2009年春に妹が地方大学へ進学し、それからアパート一人暮らししていた。
その後いろいろあって、3年前の4月に突如実家に帰ってきて、実家ニートに転身した。もともと内にこもりがちの性格であったが、在学中にうつ病も患っていたらしい。3年近い休学を経て、結局退学した。今もそれほど状況は好転していない。
それ以降、アパートに戻っておらず、契約けが残る状態が続いていた。

丸3年放置されていたため、さすがにだめだろうと父へ打診し、今年の5月に父と僕で片付けと解約を行った。この件については妹は一言も口を聞かなかったので、二人で強行した。
大人二人いればなんとかなるだろうと2泊3日で予定を組み、自分が先行して部屋に入って片付けを先行する手はずになった。
この件については全く頑なな妹の態度から、「人が死んでるのかな?」とか、「異臭騒ぎになっているはずだからバラバラにして冷凍されているかも」とか、「郵便受けに大量の督促状とか入ってたらどうしよう」とか、出発までの数日間はそんなことを勘ぐり、心中穏やかではなかった。
父が出発当日に妹に声をかけたが、部屋に引きこもって出てこなかったらしいので、結局父と二人で作業も行うこととなった。

大家さんに借りた鍵(妹は持っているとも無くしたとも、何も言わなかったらしい)を使い、ドアを開ける。
アパートはよくあるタイプの1Kで、玄関から入るとキッチンがあり、扉を挟んで左にユニットバス、奥の戸を開けると6畳の居間があるという構造自分は妹のアパートにこの時初めて入ったが、大学時代は全く同じ間取りアパートを借りていたので、。

開けた瞬間、なんとも言えない臭いが真っ先に鼻についた。多分、配管の中の水が蒸発しきって、下水臭いが逆流していたのだろうと思う。3年間開けていたのでこんなものかもしれない。
玄関は、空き缶が詰められた大きなゴミ袋(45Lくらい)と、紐でくくられた雑誌が何束か、それと買ってきたであろう掃除用具が転がっていた。
次に、左側のユニットバスの扉を開ける(内心、かなりビビっていた)。ゴキブリカマドウマ死体が転がっていたり、シャワーカーテンが真っ黒にカビていたり、臭いも更にきつかったけど、思っていたほどではなかった(シャワーカーテンなんかは消耗品だし)。とはいえ、ここで用を足す気には全くなれなかった。

最後居間の戸を開ける。が、30cm位しか開かない。何かがつっかえているらしい。30cmの隙間からは、ゴミ部屋が広がっていた。テレビで見た、あのゴミ屋敷のような部屋だった。
床が見えなかった。ベッドと同じ高さまでゴミが層に積み重なっており、畳なのかフローリングなのか、カーペットを敷いているのかどうかとかは全くわからなかった(ちなみにフローリングの上にカーペットが敷かれていた)。

その後合流した父と3日間(作業時間は丸2日)をかけて、なんとか片付けを終え、解約までこぎつくことができた。
可燃ごみは45Lのゴミ袋で40袋弱、ビン・缶が10袋程度、ペットボトルも同じくらいで10袋、粗大ごみが約100kg、これに加えて冷蔵庫洗濯機リサイクル家電処分した。

教訓と考察

ゴミ屋敷の片付け作業において

片付け作業でのポイントを忘れないように記録します。もう二度とやることは無いかもしれませんし、そう願っていますが。

事前に”どの程度の”状況なのかは把握したい。
妹がこの件については全く口を割らず、また僕も父も部屋に入ったことが無かったので、状況がわからず、準備も中途半端になってしまった。
もし屋敷と言えるくらいの広さだったり、糞尿があるようなら、心身の衛生のためにも、専門業者に頼んだほうが良いと思う。今回はそういうのが無かったので、なんとかなった。運が良かった(?)。

二人以上で作業するのは必須だと思った。一人では絶対心が折れる
僕は心が折れた。居間をひと目見ただけで、頭の中が真っ白になり、10分くらい部屋の前で狼狽していた。動転していた中、「とにかく十分な装備が要る」と思い、部屋からいったん離れて近くのスーパーマスクゴム手袋軍手ウェットティッシュ調達した。部屋に戻り、まずは何かに着手しようと玄関に散らばっていたカタログ雑誌を、紙紐(転がっていた掃除用品の中にあった)で縛り始めた。雨が降りしきり、薄暗い玄関で黙々と作業しながら、「妹はこんなところで6年間も住んでいたのだろうか」「こんなところにいたら頭がおかしくなるに決まってるやろ」「こんなしょうもないものに囲まれて、6年間で何が得られたんだろう」「玄関にあった掃除用品は自分でなんとかしたかったけど、どうにもならなかったのだろう、自分を恨んだり呪ったりしたかもしれない」「なぜ助けを求められなかったんだろう」「今もそう、どんな思いで、どんな気分で生きているんだろう」「なんでこうなったんやろ、なんでやろ」と頭がぐるぐるし、だんだん悲しくなり、終いには泣きそうになっていた。作業したくない言い訳かもしれない。その後、父が到着するまでの間、恥ずかしいことに作業を投げ出して近くのカフェに逃げ込んで、清掃業者を調べていた、というか茫然としてしまっていた。
父が加勢してからは、とにかく話しながら作業した。話すことがなければ、「オラオラオラ」とか「うげーなんじゃこりゃ」とかなんでも良いか独り言を出して、”黙々”という状況をなるだけ避けた。そうして余計なことを考えないようにした。独り言は案外一人では言えないものなんだな、というのも初めて得た気付きだった。

できれば一緒に作業する人は年長者が良いかもしれない。
僕の父は、僕ら兄妹の引っ越し祖母遺品整理などを手伝っていたので、片付けは手慣れたもので、そういった作業用キット(父曰く「いつものやつ」)を自前で作って実家から駆けつけてくれた。僕が狼狽して入れなかった居間を見ても、「おうおう、アイツ(妹)、なんちゅう散らかしようや。ちょっと中入ってつっかえてるもん取って」と怯まなかった。「あ、このおっさん、やる気やな」と、自分もここで覚悟を決めた。

車も必須可能なら、軽トラなどを借りておきたい(量が多いのと、ゴミなので車内を汚したり臭いをつけたりするため)。
借りるときは、片付けている部屋から持ち込み可能自治体清掃センターがどの程度離れているのか、といったところから積載量も考えた方が良いかもしれない(遠いとこまめに運んだときタイムロスになるため)。

土足で作業すること。そうでないと身動きが取れない。靴もできれば底が頑丈な登山靴や安全靴が望ましい。ゴミの下に鏡などがある(今回はゴミの下から合計5枚、そのうち2枚が割れていた)。自分も気づかずにそれを踏み抜いたが、軽登山可能な厚手のスニーカーだったので助かった。
土足に加えて、ゴム手袋マスクメガネ(花粉症用の装備が良いかもしれない)は必須。3年人が住んでいなかったので臭いはそこまでだったが、代わりに埃っぽさが酷く、メガネが無いと危険だった。実際、作業が終わるころにはレンズホコリで白くぼやけていた。衛生面でダメージを受けるとモチベーションがすっごい下がるし、何より感染病とかが心配になってくる。

作業スペースが限定されるので、二人で作業するときはきっちり役割分担をすること。
居間ゴミ処分作業の中心になるが、動けるスペース・何かを置いておけるスペースが全く無かったので、二人が作業するためには何らかの作戦必要になった。
そこで、僕がとにかく可燃ごみ・ビン・缶をゴミ袋に詰め込みまくって部屋を原状復帰させること、父がダンボール分別必要もの解体や、分別必要ゴミの分解、雑誌などの資源ごみの紐括りなどを担当することにした。そうすることで、足の踏み場がない居間には僕、玄関には父という配置で、前衛の僕が分別できないゴミ玄関に投げ、後衛の父が投げられたゴミを処理するというフローができるので、二人の動線干渉せず、効率的作業できた。

進捗は正義
床に敷かれたカーペットが少し見えたときは「このゴミ無限ではなく作業意味があるんだ」と勇気づけられたし、いっぱいにしたゴミ袋の数を数えるのが少なくともそのときは僕にとっての勲章だった。2日目の午前、居間の奥の窓まで到達し、締め切られていたカーテンと窓を開け、光と風が差し込んだときは「ライン川を渡った連合国軍兵士はこんな気分だったのか」と思いながら、ガッツポーズをしていた。完全に頭が湧いているけども、何にせよ進捗をあげている気分になれないと、無限に続くような作業に耐えきれなかった。

一番ゴミが多いのはベッドの周り。
ゴミ屋敷になってくるとベッドの上は最後生活圏になるので、燃えるゴミの大半はここから出るのだろう。実際、ゴミ袋に詰め込む作業時間の7割程度は、ベッドの周りに関わっていたと思う。逆にベッドからというところのゴミは、実はベッド際ほど層が高くなかった(放り出された空のダンボールが折り重なって、最初は見えなかったが)。
ちなみにベッドの周りのゴミの中に、(合算すると)現金十数万円が埋もれていた。大事な物もきっとベッドの付近で見つかるのだろう。「こうして廃棄品から千万が見つかることになるんやなー」と父がのん気にぼやいてた。そのとおりだと思う。

ゴミ屋敷にしないためにできることはなんだろうか

延々と続く作業の中で、「なぜこうなってしまったのだろう?」と考えていた。
妹が精神的に患っていたこともあって決して一般論ではないですが、自分一人暮らし経験とも照らし合わせながら、整理したい。

ベッドの周りのゴミの中で特に多かったのは、ティッシュビニール袋、綿棒、割り箸から揚げ棒や焼鳥の串、500mlの牛乳パック、レシートアイスの棒とカップ、コンドーム(もちろん全て使用済み)。要するに、普通は捨てることに一切躊躇しない物がほとんどだった。
でも人によっては、ビニール袋は「何かに使うかも」とか、レシートは「いくら使ったのかわからなくなるのが不安」とか、そういう(場合によっては無意識的な)抵抗が働くかもしれない。捨てるときには、その都度、軽重異なるが判断が求められるし、捨てて得られるものも無いので"保留"という形で、なんとなくそのへんにうにゃむにゃしてしまうのかもしれない。
上でも述べたとおり、ベッドの周り(特に上層)はもはやゴミ屋敷化してしまった状態での行動を反映していると考えられる。この時点では、もう何かを判断する力を失っていたのだろう。ベッドの周りには大量のバファリンもあった。ゴミ屋敷とかそれ以前に、妹がそうなってしまう前に手立てを打ちたかった。悔やみきれない。
「余計なものを買うから、ああなるんだ」と思い込んでいたが、そうではなく「本当にしょうもないものも捨てられないから、こうなるんだ」という当たり前の気づきもあった。

あれだけ汚い居間の中で、中身の入ったゴミ箱・ゴミ袋の類が不思議と見当たらなかった(未開封の市指定ゴミ袋は片付けの途中で見つかった)。
捨てることがシステムの中に組み込まれておらず、捨てるハードルを高くしてしまっているというのもわかった(これは自分一人暮らしの中で覚えがあって、生ゴミ用に蓋付きのゴミ箱を買ったが、ゴミを放り込むのも、袋を出して捨てて入れ替えるのも面倒になって使わなくなったことがあった)。
ゴミ箱なんて使わずに、不格好でもそのままくくって捨てられるように市指定ゴミ袋を部屋に転がしておき、そのゴミ袋の下とか横にでも換えのゴミ袋を置いておくなど、とにかく「捨てやすい、ゴミ出ししやすい」を状況を作ることが大事なのだと思った。

捨てられない人にとって、通販は敵。
ダンボール処分に困る。解体担当の父もうんざりしていた(任せきりですまんかった)。硬くて解体しくいし、資源ごみだし。中身の方を早く取り出したくてダンボール処分どころではないかもしれない。
特にひどいなと思ったのはニッセンで、ゼクシィみたいな分厚いカタログが何冊も何冊もゴミの山から出てきた(発狂するかと思った)。体積的には、ニッセンで買ったものより多かったのではないだろうか。資源ごみは回収日が限られていて、しかも包装ビニールから取り出して紙紐で縛るなど手間がかかるので、捨てられない人間はあっという間に溜まる(自分定期購読した雑誌を、未開封状態積読した覚えがある)。
ゴミの下層の方に多く見られたのも、もともと捨てる手間が大きく、また捨てるメリットも少ない(生物のように腐ったりしないし)ので、まだ正常な判断ができる初期の時期でもなかなか捨てられず、結果、ゴミ屋敷へのトリガーとなるのだろう。

仕送りも敵。
ごみの下層でほったらかしにされたダンボールの中には、自分も見覚えのあるものメーカーのもの散見された。送り主は母で、仕送りされたものだった(僕も同じ時期に別の地方大学へ進学し、一人暮らしをしていたときに送られてきていた)。
中身はマヨネーズとか、ごま油とか、缶詰とか、そういうどこでも買えるような食品だったが、台所を片付けていたときほとんど未開封なのに気づいた。確かに、そのへんで買えるもので、しか調理しないと使えないようなものなど邪魔しかない(僕は強く「仕送りをやめろ、やるなら現金にしてくれ」と伝えていた)。
送られた品というのはなんであっても捨てにくいものだし、ましてやそれが一人暮らし栄養状態心配する母なのだからなおさらだありがた迷惑とはまさにこのことなのだろう。残念ながらこれもゴミ屋敷トリガーとなっていたと思える。

これは僕の直感なのだけど、一面床が見えなくなったらおしまいで、誰かに助けを求めたり介入したほうが良い。
床にゴミがある状態というのは、心理的ストレスが高い。捨てたくなるはず。だけど、一回ゴミで覆い尽くされたら、あとは高さしか変わらないのでゴミが増えたことを認知できない。そしてその期間が長くなるほど、もはや変えられない事実になる。ちょうど僕が初めて居間を見て「これは専門業者に頼むしかない」と感じたときと同じ絶望に、毎日毎日曝される。
この状況を打破するためには、他の誰かの助けがいるのだと思う。

どうでもいいこと(なんか汚い話)

初日に父がアパートに到着したときのこと。ユニットバスを見ると「うわーきたなー」と言いながら、そのまま入って、じょぼじょぼじょぼとおしっこをしていた。ちなみに2日目には自分大事荷物ユニットバスに置き、3日目には大の方もしていた。団塊世代の衛生感覚、恐るべし。僕は最後まで我慢してしまった。

意外とゴキブリは居らず、生きているのは1匹も見なかった(これは地域特性かもしれない)。
その代わり、5ミリくらいのうねうねした、尺取り虫のような、ちっちゃなムカデのような虫がそこかしこで這っていた。なんだったんだろう。

賞味期限が5年前に切れた卵の処理は簡単乾燥しきっているので液体ではなくなっていた(冷蔵庫の中だからかも)。

2018-05-14

馬鹿ババアしかいない

普段デビュー組にいて、最近ジュニア界隈の現場にも足を運ぶようになって、本当にマナーの悪さというか節操とかそういうものの欠如を目の当たりにすることが多くなった。そうではない人もたくさんいるのは承知の上ではあるけど。下手に他人チケット交換とか譲りたくない。お願いだから私の名義で変なことしないでくれ、と思いながら取引相手を決めている。

いくつかアカウントを持っているけど、闇写に対する意識の違いがすごくしんどいアカウントがある。私は公式以外にお金を落としたくないから、闇写にも手を出さないし積まないし、今すぐに滅べば良いと思っている。けれど世の中にはそうではない人もいて、それに関しては別に私の視界に入らなければどうでも良い、とは思っている。TLに闇写が流れてきても見なかったことにする。でもあまりにも目につくものは目につく。あまり多くの人をフォローしてなかったら、フォロワーフォロワーフォロワー、みたいな全員顔見知り状態になっていて、闇写に対する解釈違いが後々わかったときいちばん面倒くさい。ブロックもブロ解も下手にできないのがそろそろ本当にしんどい。当然ミュートもしてるけど、アカウント消そうかな、みたいな波が定期的にくる。闇写好きじゃないよ、みたいなツイートをしたタイミングフォローしてきた人がいて、ホームに飛んだら闇写をRTしてたときは、目が節穴か頭が悪いか何も考えてないんだろうなと思った。勘弁してほしい。

積むのも闇写も並ぶのも好きにすれば良いけど、いい年した社会人が嬉々として闇写をあげるのは節操とかないの?と思う。分別つけて生活したほうが良いと思う。「闇さん仕事早く〜〜〜!」「闇のお仕事最高」とか見た日には正気かよと思った。カルチャーショックも良いとこなんだけど、公演の翌日には闇写が店頭に並ぶの本当にすごいね商売熱心だね。びっくりする。普段そんなことまで注意を払わないから知らなかった。「昨日のMCの○○ってこれかー!」ってマジかよ、仕事いね。ステフォとか公式写真がないから闇写が蔓延る、って見かけたけど別にステフォあったところで非公式なお写真好きな人たちはいなくならないよね。冬の帝劇歌舞伎が良い例でしょ。頭悪い言い訳するの滑稽だよ。そもそも自分我慢できないことを、そういう言い方で公式のせいにするあたり、めっちゃめちゃ馬鹿っぽい。私服の闇写まで流れてきて、その写真に写ってたキャラクターストラップをこぞってヲタクが買ってたりしたときは本当にドン引きした。節操とかそういうのないの?

業者以外の盗撮・録音も本当にひどい。YouTube音源上がってたときは笑うしかなかった。どうせデビュー組界隈もやってる人たちいるだろうけど。あと、せめて個人で楽しむめば良いけど(これもアウトなのはもちろんだけど)、大々的に交換とか頭が足りてないんだなぁと思う。お目当てさんはーと、とか一生やってろ。そういうことしてるうちはお近づきにはなれないか大丈夫だよ。性格が悪いヲタクからインスタの鍵アカウント作って「#隠しきれないヲタク」を見てたりする。承認欲求人間の正しい欲望だけど溢れかえるとひどいことになるね。

積むとか闇写とか、そういうヲタ活のスタンス存在するのは別に私がやらなければ良いだけだけど、いい年した大人分別もつかないのだけは、見ていてひどくかわいそうであわれだと思う。やめれば良いのに。そう思われてるとは考えてもいないんだろうな。そういうとこ含めてかわいそうであわれ。

彼らのことは大好きだし応援したいけど、時々すごく疲れたな、と思う。でもやましいことしてない自分アカウント消すのも癪だから、面倒くさいなと思ってるフォロワーたちが変なことやらかし炎上してアカウントさないかな、とか考えてる。炎上したくせにアカウントさない人もいたけど、素直にすごいなと思った。人のこと言えないけどババアになると精神が図太くなるんだね。

清く正しく美しくヲタ活していたい。節操のないヲタクたちがことごとく落選して積みまくって身を滅ぼして、私は当選したい。本当にヲタクなんて自分含めて、ろくなのがいない。

anond:20180514010300

気持ちはわかるね。自分20年来のネットオタクだけど、オタクっぽい言動は一切しない。

twitter上でも基本ポジティブなことしかつぶやかないし、アホみたいな短文投稿の連発もしない。

古今東西ネットミームやアニメネタは一通り知ってるし、2ch語とか最近だとなんJ語とか淫夢用語とかも分かるけど決して使わない。下品から

でもそういう分別をつけず、もろだしの露悪的な喋りをする人の中にも、優秀な人や地位が高い人がいる。やるせなくなるね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん