「ハーフパンツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハーフパンツとは

2024-02-12

悲報最近の子ブルマを知らない

「ねーお父さん、この破廉恥な格好は何なの」

それはね

ブルマだよ

昔はこのブルマ女子体操服だったんだ

「へー」

といって目を丸くしてた

萌え絵を鑑賞するのでさえ過去歴史を学ぶ必要がある

いや、萌え絵常識も変わっていくのか

ブルマハーフパンツになり

スク水は長袖のジェンダーレス水着になり…

2024-01-14

[]盗撮防止用のパンツはいから流行たか

スカートめくりがバズっていたので、以前から気になっていたことを調べる

 

知らない人も多いと思うんだけど

今の小中学生女子盗撮防止用にパンツの上から二重にパンツを履いていることが多いらしい

高校生わからん

 

これ自分全然知らなかったんだけど、一昨年くらいに親戚から教えてもらって知った

(ひょっとしたら地域差結構あると思う、とりあえず東京の話)

何割が履いてるかは知らないけど、考えてみたらスマホ時代かい国民カメラマン時代なんだから、大体は対策しているんだろうと思う

学校で言われることもあるんだとか

 

でもこれっていつから流行ったんだ?と調べたことがあるが、マジでからなかった

さっきもう一度調べたところ、Wikipedaの2つのページが出てきた

 

オーバーパンツ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

重ねばきブルマースパッツショーツパンツ毛糸パンツ・ペティパンツ

などが紹介されているが

これに「盗撮防止などの目的で」と追記されたのが2014年だった

 

あとはこち

ペチパンツ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

こちらでも似たような説明がされているが、こちらが2015年だった

 

大体その頃には一般化していったのではないかと思われる

スマホ対策だろうだから、まあその頃か

と考えると、大体8年くらいかなぁ

 

この状態をもって「今の子ってスカートめくりとか完全に縁が無いのではないか?」と思っていたけど、おそらくそ世代2007年まれ以降くらいかな?と思った

Z世代でも今の20代とかはまだオーバーパンツがなくスカートめくりが有り得たのかも

 

とはいえ自分子供だった頃(平成初期)にはそんなの一切なかったけどね

普通に考えてアウトだろうというのは小1時点で既に自覚があったと思うのだが、地域差があるのだろうか?(全裸セクハラしてた同級生は小1の頃いたけど)

流行ったのっていつだっけ、昭和後期くらい?

まいっちんぐマチコ先生世代だよね、だいぶ上なはず

 

あとどうでもいいけどスカパンって発明だよね、スカート風ずぼんみたいな

10年くらいスカートだと思って見てたものスカートじゃなかったらしい、つまりミニスカ現在ほぼ絶滅している

(ていうか10年くらい若い女子をあまり見かけてない気がする、出社時間と退社時間あわないし、別にいいけど)

 

___ 

 

ハーフパンツブルマや短パンを履いていたというのは昔からあると思う

そうじゃなくてそれが商品化されて普及率がバリ上がったのがここ10年みたいなイメージ

2024-01-06

普通に兄とセックスしてた


社会人になって数年、仕事が忙しくなり、職場理不尽な事が増え、それが精神的な余裕の無さに繋がって彼に距離を置かれ、それがさらに心の余裕を…というスパイラルの果てに破局

異性と肌を合わせる事が数少ない癒し手段だった自分にとって、パートナー不在状態は、ゲームで言う所の体力が少しずつ減っていく状態も同然だった。もちろん他のストレス解消法も色々と試してみたものの、セックスと同等の効果を感じられるものには結局巡り会えず、週末は一人でひたすら呑んでタクシーで深夜帰宅してばかりだった。

そんなある週末の深夜、自分でもよく覚えてないが運転手実家の住所を告げていたらしく、気が付くとx万円のタクシー代を立て替えてくれた兄に抱きかかえられて部屋に運ばれていた。それが拙かった。季節は残暑も厳しい頃。Tシャツハーフパンツ姿の兄に「おんぶ」された時、その密着感と体温から猛烈、いや激烈な感覚が体を駆け巡った。「これだあああ!!!!」と。「ここにいるじゃん!!!!」と。

で、その夜のうちに兄と関係を持った。

「こうでもしないと自分ダメになってしまう」「私のためだと思って」「誰にもしゃべらなければいい。死ぬまで秘密にするから」「一回だけでいいから」「入れなくていい。ただ抱き合うだけでいいから」と、泣きじゃくる私に兄が折れる頃には夜が明けていた。人倫に反する事だという自覚微塵も無かった。シャワーも「カラスの行水」同然に済ませ、兄のTシャツトランクスをはぎ取り、ひたすら兄との密着感を貪った。

入れなくていいという言葉で無理矢理妥協させた兄ではあったが、そんな約束最初から守る気など自分には全くなかった。兄は割と本気で抵抗したが、半分本気半分演技の涙でねじ伏せた。

数ヶ月ぶりのセックスはただただ気持ちよかった。勿論自慰はやってたけど、物の数に入らない位によかった。「脳味噌が痺れる」というのはまさにこれの事かと。途中で何回ヨダレを兄のTシャツでぬぐった事か。

事後、兄は私の頭を撫でていた。どんな顔をしていたかは、何となく見れなかった。

ちなみに実家で兄と同居している両親(というか、兄「が」両親と同居しているのだが)は一階の寝室で寝入っており、二階の兄の部屋とは比較的離れていたので気づかれずに済んだ。

私は同じ二階の元の自分の部屋へ行き、押し入れに仕舞われた布団を引っ張り出して裸のままひっくり返った。しばらくして、兄が私の服とバッグを持ってきてくれた。

両親には、「仕事が行き詰まって精神的にきつくなってホームシックになった」と説明した。実際そうだったし、ひたすら仕事愚痴をこぼし続けたので、両親も疑わなかった。父は一人娘の突然の帰郷に気をよくして「今日も泊まっていけ」と言ってくれた。二日目の夜は、兄は早々に寝てしまっていた。それが兄なりの拒絶の意志表示なのだと私は察した。

日曜の夕方、兄が車で最寄りの駅まで送ってくれた。道中、私たち一言も喋らなかった。駅に着いて、「まあ、無理すんなよ」と兄が言うと、私は「ごめん、ありがと」と言い残して帰路に就いた。少なくともこのときまでは、自分はこの一度きりで終わらせるつもりではいた。

兄とのセックス効果は絶大だった。自分ミスは激減し、相手ミスを許す余裕も生まれた。何より、兄との行為を反芻しながら自宅でする自慰が、その効果をより長く持たせてくれた。夜もぐっすり眠れるようになり、肌の荒れも目に見えて解消していった。

が、それが永久に続くわけでもなく、2ヶ月も経つ頃にはその効果は薄れつつあった。これは拙い。また「補給」しないと。そう思った時には既に携帯で兄に電話していた。

そして、何だかんだでなし崩し的に、兄と一ヶ月に一、二度セックスするようになった。両親にばれるわけにもいかず、また私のアパート住民達にも、兄を彼氏だと認識されたりしたら万が一の場合も考えられるので、ムラッと来た時はアパート実家中間の駅に兄を呼び出し最寄りのホテル直行、そして数時間後に別れる、という流れだった。勿論ホテル代その他諸々の費用は全部私持ちで(兄は自分が出すと言っていたが私が拒んだ)。

今冷静に振り返ってみても、相当に人の道を踏み外してるなとしみじみ思う。あの頃は自分気持ちよくなる事しか考えてなかった。兄に対しても、あれでも一応男なんだから別に損はしてないはずだと自分勝手に思い込んでいた。セックス自体も完全に受け身で、兄に何かをしてあげようという発想すら無かった。

けれど旦那(になる人)とつきあい始めて、本気で結婚を考え始めた頃になって、「ああ、私はこの人に絶対に言えない秘密を抱えて一生過ごすのか」とか「私をこんなに信頼してくれているこの人を、自分は一生だまし続けて生きていかなければならないのか」という事に気づいてしまい、また兄にも同じ業を背負わせてしまった事を深く後悔し、何となくそれ以後自分で兄を遠ざけてしまった。自分結婚式でも目を合わせずじまい。実の兄の体を求める度胸はあったくせに、謝罪する勇気は私にはなかった。今思えば最低な卑怯者だな。

そうやって実家自体とも疎遠になった頃、兄から結婚式の招待状が届いた。届いたその日の夜、兄の携帯から電話が鳴った。思わず電話に出た。兄は陽気な声で「お、元気?」と。私はその場で泣き出し、何度も謝った。兄は「お前も旦那とうまくやれてるみたいだし、俺もようやく人並みに落ち着けるし、お前が苦しむ事はもう何も無いだろ」と言ってくれた。

別に落ちも何も無い。兄との関係は今も旦那には黙ったままだし、兄との肉体関係もそれ以後全く無い。ただ、あのとき兄が自分を受け入れてくれたからこそ、今の自分があるんだろう。匿名で吐き出せる程度にはなれたのでここに書く。

2023-12-26

[] 男も下半身レギンスのみを日常着にしてOK

海外では下半身レギンスのみを日常着にするのが当たり前。

別に恥ずかしくないし。ジロジロ見るのが異常、痴漢

[B!] ハロウィンブラックフライデーがどんどん日本に輸入されるが、レギパン文化が輸入される日はくる?カナダではそこら中でお尻がぷりぷりしてる

b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/2280629

[B!] 『カナダ人のファッション

b.hatena.ne.jp/entry/s/ameblo.jp/naomi-tngc/entry-12314057200.html

なるほど。じゃ男性は?記事でもブコメでも江頭くらいしか出て来ない。


ざっとググッてみる。

レギンス×ショーツ海外ストリートコーデ17選【2021メンズ】 | PRY PICKS

snap-picks.com/leggings-shortpants-men/

外国人でもショートパンツハーフパンツを重ね履きしてるじゃん。

↑↑のブログでは「ショーパン重ねるのは日本人みたいでダサい」言うてたのに。

ま、日本人がまとめた記事なので日本人が真似しやすいのだけピックアップしたんかも知れん。


さらにググッてみる。

Can Men Wear Leggings, Too? - The New York Times

www.nytimes.com/2022/04/15/fashion/leggings-for-men.html

男性向けレギンス造語で“meggings”と呼んだりする。

スポーツウェアとしての男性下半身レギンスのみはアリだが、日常ファッションとしては受け入れられてない、と。

Leggings for men: do you like my 'meggings'? | Men's fashion | The Guardian

www.theguardian.com/fashion/shortcuts/2012/dec/10/leggings-for-men-meggings-trend

こち2012年記事。結局ここから10年以上経っても日常着としての男性下半身レギンスのみは一般化してない模様。


メギンスの販売サイトを見てみる。

Men's Leggings | All Products - Matador Meggings

matadormeggings.com/collections/meggings

“NO-VPL* TECHNOLOGY(*Visible Penis Line)”を搭載。モールカップでビジブル・ピーナスラインを隠す、と。

なんでよ?

女は下半身レギンスのみを日常着にしてプリケツさせてるのに。

だって下半身レギンスのみを日常着にしてプリペニ、プリタマさせても良くない?

卑猥だと思うことが卑猥エロい目で見る方が痴漢なんだから

2023-10-26

[]モゾモゾインザズボン その2(神戸市中央区下山手通8丁目)

不審者情報(10月26日・生田

10月26日(木)午後6時10分頃、神戸市中央区下山手通8丁目17番付近において、不審者が目撃されました。

成人男性が、自分ズボン内に手を差し入れ股間付近をさわっていたもので、それを目撃した成人女性が驚き、立ち去ったものです。

不審者は、20歳位、160センチ位、色不明ハーフパンツ着用の男です。

https://www.gaccom.jp/safety/detail-1145927

https://www.gaccom.jp/img/safety_avatar/1145/1145927/1145927_avatar_detail_1698319937774.png

2023-09-18

ステテコパンツ楽だわー

夏物半額で試しに買ったけどすごい楽な肌着

ハーフパンツより薄手だから通気性が良い

普通パンツより丈が長いか椅子に座ってもこすれない

部屋着としてはかなり優秀

外に出る時はハーフパンツを履けばいい

素晴らしい!

2023-09-04

ショッピングサイトサイズごとに価格違うのに最安価格を表示して客を釣るのを法律禁止しろ

Q10でロングパンツ写真特価498!って表示されてたから覗いて見たらハーフパンツと一緒の商品ページになっていて498円はハーフパンツ価格でロングパンツは+280円上乗せという設定になってた。しかハーフパンツは売り切れ状態で選べない。

2023-08-19

真夏外国人観光客ファッション

観光地をよく通る人間なら分かると思うんだけど。

すっごい露出の多い恰好してる。

下はショートパンツミニスカ、上はタンクトップTシャツスタンダード。もしくはワンピースミニ丈)って感じ。

それも年齢関係なく。シニア普通にミニ丈のボトムス穿いてる。

男性ハーフパンツTシャツが多い。

日見た4、50代の白人女性。白いTシャツの下に黒いブラ。透け透け。

帰りに見た20代東南アジア人っぽい女性。半裸ですか?ってくらい背中ガラ開きのミニワンピ

谷間丸出しは当たり前。

外国人観光客が少なかった数年前はギョッとしたんだけど、もうすっかり慣れてしまった。でも目には入る。

というか、本当に外国人増えたなぁ。

郊外に向かう電車の中にもたくさんいて、謎なのですけど?民泊

2023-08-09

オッサンの短パンハーフパンツ

小汚くて嫌い。

若者であってもギリギリだめ。

とっちゃん坊やみたいな格好で恥ずかしくないのかな?

2023-07-11

俺はすね毛丸出しでハーフパンツを履くよ?

なんかよくわからんけど俺なら許される気がする。

すまんな。

等々力緑地で、ハーフパンツだけの裸のおっさんが寝てて

等々力

轟鬼

斬鬼

全裸

なるほどなーって思いました。

2023-07-04

フィクションみたいだった瞬間

今までで唯一味わったフィクションみたいな瞬間。

帰省する時は新幹線、1時間に1本のローカル電車、1日3本のバスを使うくらいの田舎。そして実家までの途中にある酒屋兼駄菓子屋タバコ屋に顔を出してた。

大学2年生か3年生の時で幼馴染は当時高校生

上は制服シャツ、下はスポーツブランドハーフパンツという珍妙な格好で、缶のバヤリースオレンジを飲みながらレジに足を投げ出し、スマホゲームをしながら店番をしていた。

「おかえり。コーラ飲む?」と言われ、店前のボロボロ椅子ガラスショーケースから取り出した缶コーラを飲んだ。

会話の内容は共通の知り合いが仕事を辞めたとか結婚したとか塗装会社を作ったとか子供が産まれたとか(大学に進学する人は殆どいなかったので皆ライフステージ展開が早い)そういう内容。あとは俺の東京での学生生活

夕日、ひぐらしの鳴き声、遠くの出張スーパーの呼び込み音楽電柱スピーカーから流れる「遠き山に日は落ちて」と「子供たちを見かけたら、家に帰るよう促しましょう」的なアナウンスチャリ帰宅する近くの高校野球部集団掃除機くらいの大きさの祠と道祖神

そんなのを眺めながら幼馴染の女の子と酒屋の軒先で炭酸を飲むとか、今思うととんでも無くフィクションみたいな夏だったな。

あの時はそんなこと何も感じず何の感慨もなく、当たり前の地元風景だったけど。

2023-06-19

お前らもっとファッションについて語ってくれ

最近気になってる話題

 

ネットメンズファッションしづらい問題

なんかオーバーサイズのきれいめ系とかホストっぽいのばっか出てくる

多分そういうのを売ろうとしてるんだと思う

都内歩いたほうがおしゃれな人見つかる

 

80年生まれ、90年生まれファッションに対して抵抗感が生まれている

ファッションセンスが無い俺ですら

ぴっちり系ファッションがしんどくなってきている

そういう店の前を通ると、むかしハマったアニメを見かけたときのような黒歴史感を覚えてしま

でも似合う人は似合っているんだよね

この感覚が他の人からはどうなんだろうと気になる

今この時代においてハーフパンツは危ないと思う

 

かっこいい系を攻めるとおっさんになる、可愛い系を攻めるとおっさんになる

いい塩梅カジュアルってのが難しい

 

supreme流行りすぎて危険説(流行りすぎるとダサい扱いされがち)

ちょうどいいブランドを探すものの見つからない

俺ごときに見つかるものなんて大体既に流行りすぎているんだ

検索したら2021年くらいで「もう遅いですかね」みたいなの出てくるもん、2年おせーんだよ)

supremeってシンプルなの多いからいいなと思ったんだけどな、ここ半年すんげー見る

ポールスミスはセーフですか?虹色じゃないやつ

 

女子の骨格なんちゃらブーム、男でもやってくれ

鳩胸だから何着ても太ってるように見える

 

おっさん呪い

おっさん自分の上の層がやってるファッションが復刻しても乗れない現象

最近だと長袖をプロデューサーばりに巻くらしいんだけど、あれできないよなー

 

結局、街に出ておしゃれを盗撮してパクるのが手早い気がする

最近店のマネキンで良いなと思うものがあまりない

2023-06-01

本日外出時に遭遇したんだけどさ

おそらく10代か20歳前後くらいの男だと思うんだけど、

今、流行っているでかいヘッドホンを付けてフレームが黒系の眼鏡かけて、マスクをしていた。

ここまでならまだちょいちょい見てたんだけど、

服装が半袖シャツハーフパンツ、何かバットケースっぽい物を手に持って歩いていたんだ。

普通に通報案件?って考えちゃったんだけど夏場になるとこういう服装の人増えるんよね?

警察が忙しくなりそうだわ。

2023-05-18

急に暑い

3日前まで朝は気温が低いから冬物をまず着て、気温の上昇とともに脱いでったのに

今日真夏の半袖T+ハーフパンツでもまだ暑めだわ

エアコンの試し運転もしとかなきゃと思ったが、リモコンちょっと見つからない

2023-02-01

anond:20230201181621

この絵文字、ここまでするなら男のバニーも女と同じ衣装にすればいいのに

なんでチキってんのかハーフパンツみたいになってるんやろ

2022-12-30

入院必要だったもの不要だったもの

2022年ももうすぐ終わり。今年は個人的には1ヶ月間ほど入院してたので残念ながら成果物は少なめ。

その代わりに、入院に際して必要だったものなどを挙げておきたいと思う。将来入院する誰かの役に立てれば幸い。

増田スペック
持って行って良かったもの
持って行ったけど不要だったもの
持って行かなかったけども欲しかったもの
「これは不要かな」と思って、やはり不要だったもの
その他

入院するにあたっては「保証人」を求められるけれども、自分にはそんな人は居ない。以前であれば自分のような人間治療を拒絶されていただろうが、数年ほど前に厚労省が「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」を発表したことで、治療が受けられるようになった。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/miyorinonaihitohenotaiou.html

本件に関わった厚労省の方、そしてこのガイドラインに従って入院させてくれた病院の皆さんに心より感謝したい。

2022-12-19

妹の夫が生理的に無理

 妹の夫が生理的に嫌いになった。もう10年来の付き合いなので今更だが、ずっとうっすら嫌いだった。ただ、ついに一線を超えた感じがする。

 妹と私は4つ違いで、妹は21の時に結婚した。できちゃった結婚だった。妹の夫と私は同い年で、当時は妹の夫のことをごく普通の人としか認識していなかった。

 妹の夫は育児積極的に見えたし、大きな車も家も買って、若いのにローンをたくさん抱えて偉いと思っていた。短大卒でほとんど職歴のない妹は、昔も今もパート生活なので、生活は楽ではないと思う。妹の夫が家計を背負っている。子供達も父親に懐いている。

 ただ、いつのからか、何となく妹の夫が嫌いになっていた。職を転々として、その度に会社喧嘩別れするところとか、人をこき下ろす性格とか、だんだん派手になる身なりとか、なんか嫌だった。

 ところで妹の夫の趣味DJであるライブハウスに行って音楽をかけて楽しんでいるらしい。それだけなら別に好きにしてくれという感じだが、この前会った時、ハーフパンツからのぞく足首から膝にかけて、トライバル柄のタトゥーが入ってた。思わずどうしたの?と聞いたところ、DJ仲間に勧められて彫ったとの回答だった。息子もまだ5歳なのに、これでは温泉にもプールにも連れて行ってあげられないのでは?と私が驚きを表明すると、妹の夫は今時みんな彫ってますよの一点張りだった。33歳のタトゥーデビューは痛すぎるからやめて欲しかったと思った。妹は夫の足を一切見ないようにしていた。

 タトゥー事件以来、私はずっと存在認知しつつ興味がなかったので見ていなかった妹の夫のインスタやTwitterを見るようになった。コロナノーマスクデモに参加したり、大麻合法化を訴えていた。「吸う」という表現が二回ほど確認できたが、それはタバコなのか大麻なのかは分からなかった。

 昨日、妹の夫についての記事が出ているのをインターネットで見つけて読んだ。DJだと思っていたが、ラッパーでもあるようだった。体制に歯向かう骨太B-BOYでありたいらしい。インタビューの中で、「自分作詞作曲したオリジナル曲大麻モチーフにしているんですが、息子が覚えてしまって、歌う度に嫁(私の妹)が怒るんですよ(笑)」みたいなところがあって、あ、無理、って思った。

 タトゥーは私もアメリカ留学していた時にみんな入れてるのを見たし、お揃いで入れようよ!とも誘われてたこともあるのでノーカウントにしたいが(私は入れなかったけど)、大麻はない。吸った発言ブラフ可能性が高いが、可愛い姪と甥の父親、何よりたった一人の妹の夫が大麻をよきものと捉えているのが無理だった。それ以上に、自分の身内に大麻をやってるかもしれない奴にいて欲しくない。

 私はただ妹の夫のネトスト(ってほどでもないけど)をして勝手に嫌いになっただけだが、妹にはさっさと離婚してほしい。けど、妹は自活能力もないし、大麻のことも知ってるんだか知らないんだかだし、別れないんだろうな。

 年始は私も自分の夫と帰省する。妹一家にも会うだろう。でも、あの男は本当に無理だ。顔も見れない。生理レベルで嫌。お正月架空を見つめて過ごすことになりそう。憂鬱

2022-12-17

『あの時好きだった子の結婚式』のダメージ、でか過ぎて息ができん

時間は止まらない。ハレルヤ・チャンスは来なかった。一度だけスポットライトを眩しく感じて、もしかして、と、一縷の希望を抱いてみたりしたけれど、キザなシルクハットの初老妖精が私の前に現れることも、テーブル芽キャベツを摘んで飲み込み、私の過ちを揶揄することも、「後悔しているか」、と問われてどうしようもなく狼狽える瞬間も、ついに空想のままで終わった。当たり前だ。

彼女は数少ない私の貴重な友達の内の一人だった。そしてそんな私とは反対に、彼女にはたくさんの友達がいた。学生時代というのはこの世で最も尊く煌めいて、同時に最も残酷な数年である特に女の人生にとって。

女の子は可愛ければ自然友達ができる。綺麗な女は同性の好意さえ簡単に集める。綺麗でなくては、女の子特別にはなれないのだ。というのは、私が散々惨めな高校生活を経て脳裏に刻み込んだ偏屈極まる私見である。器量が悪くても幸せな女など無限存在していることに薄々いや割合はっきり勘付きながら、私はなんとブスであることに諦めがつかないとんと哀れなブスだった。要するに学校で一番痛ましい存在である悲劇はブスに生まれた所からではなく私だって美人になりたいと望み始めたところから始まる。一軍になりたい二軍、美人になりたいブス、男にモテたい喪女、目立ちたい陰キャ…………。

そんな救いようのない私の目前に彼女はまるで天使のごとく現れた。今で言う「たぬき顔」みたいな甘たれた顔立ちで、柔らかく日焼けしたセミロングの髪を緩やかに編んで両耳の下から下げ、私より背が高かった。本当にかわいい子だと思った。入学と同時にバスケ部に入部し、放課後はいつも臙脂色ハーフパンツを履いていた。

私の何を気に入ったのか知らないが、彼女は私に本当に良くしてくれた。二人で写真を撮ってくれたし、連絡もマメに取り合った。ビタミンカラーペンケースは色違いでお揃いだった。勉強で多数の上に立つことにしか一生懸命になれない私だったが、彼女に誘われればテスト前だろうと遊びに出かけた。

当時の私は所謂一軍グループに属することしか考えていなかった。そしてその野望は結論から言えば5割方は達成されていた。要するに、キラキラグループには入れたが当然自分自身キラキラにはなれず、なぜか一軍にいるぱっとしない子、という塩梅にそれでも自分立ち位置にそれこそしがみつくようにして生きていた。自分自身の最も忌むべき点は、身の程知らずに一軍になりたいと望んだことより、そこにいる友人たちをステータスしか捉えていなかったことにある。

7人グループは8年の時を経て解体し、彼女の式に呼ばれたのは私を入れて3人だった。

彼女と遊ぶとき、私はいつも憂鬱だった。

何人かで約束した日は良かった。でも二人きりの日は不安だった。なんのために私と二人で会い、何を求められているのかまったく不明だったからだ。私にとって、彼女かわいいというだけで彼女を好く理由は有り余るほどにあった。だからその逆が本当にわからなかった。けれど、顔を見れば不安は消えた。彼女はいつも本当に楽しそうに笑う。

好きな人がいるの、と、仲良くなってすぐ彼女は私に打ち明けた。あいつに可愛いって思ってもらえたら、他の誰に思われなくても構わない。校外学習に行くバスの中でひっそりと告げられた声の温度も、一緒に口ずさんだ阿部真央の曲も、午後3時半頃のあつい夕日も全部はっきり憶えている。

私も気になる人がいる、と、口から出まかせのように呟いた。そうしないと彼女がどこかに行ってしまう気がした。彼女好きな人がいたから、私にも男の子必要だった。彼女と恋話をするために必要だった。クラスメイト脳内で全員スキャンして一人の名字を口にした。彼女のくりくりしたタレ目がおおきく見開いて、絶対いいよ、とひどく嬉しそうに笑った。

咄嗟名前を上げた男の子ホームベースのような顔の形がバスの前の方に見えていた。彼女の「絶対いいよ」、を聞いて、私もなんか、そんな気になった。

同じ教室で過ごしたのはたった一年のことだったが、その後の文理選択教室棟ごとクラスが離れたあとも、彼女と私の友人関係は変わらず続いた。休みの日には二人でカラオケに行ったし、相変わらず毎日のようにラインも続けた。何でも話せるふたりだった。けれども、いつまでたっても彼氏ができない私に気を遣ってか、いつしか恋愛の話だけはしなくなった。

高校3年生の頃、私が隣町から通っていたその市で一番のお祭りに一緒に行こうと誘われた。テレビ取材もくる大きなお祭りで、5月連休という時期的条件もあり、受験の年を迎えた同級生たちが最後の楽しみにと、こぞって一番の関心を寄せるお祭りだった。その高校生にとって特別な1日に、彼女はどうしてか私を選んだ。彼氏でも気になる人でも他の多くの華やかな友人たちでもなく、私を。やはり意味がわからなかった。

彼女がお揃いにしようと言ったから、一緒に服を買いにいった。その頃の私は醜形コンプのまさにピークにいて、服屋の商品に触れるときすら手が震えた。それでも、明るい彼女に悟られたくなくて我慢してひょうきんに振る舞った。

当日のことはよく覚えていない。彼女が知り合いとすれ違って挨拶するたび居た堪れない気持ちになっていた気がする。その日もやはり最後まで、彼女がどうして私なんかといたかったのか、ほんの少しもわからなかった。ただ、群衆を避け、駅前の寂れかけのイオン屋上で見た小さな花火だけはなんとなく覚えている。幼い日の名残りか、彼女はいつまでもその建物ダイエーと呼んでいた。いつ行っても盛れないプリクラ機のある小さなショッピングモールだった。

いいのか、と問うと、いいのだと答えた。疲れたからいいよと。彼女にとっては、十数年住んだ街での最後祭りだった。それなのに、小さな花火でいいと言った。暗がりの中の少し眺めの顎先まで好きだった。

長く続いた私達の友情がぷつりと途切れたのは大学入学してすぐのことだった。互いに遠く地元を離れたあとも私達はまめに連絡を取り合っていたと思う。夏休みに私が彼女の家まで行き、二人で遊園地に行った。例のごとくおそろいのワンピースを着て、髪を染めてまた綺麗になった彼女はとても目立っていて、キャストによく声をかけられた。それっきりだった。

その後私は整形をし、地元に顔を出さなくなった。加えて、正しくいなくても済む大学での人間関係に夢中だった。何より、また性懲りもなくその内の一人のことをしごく特別に感じていた。その子もまた、私には釣り合わないくら可愛い子だった。

たまにインスタで見る彼女はやはりあの本当に楽しそうな顔で笑っていた。気がつけば同じ高校の別の友人とおそろいの服を着て旅行していることもあった。もしかしたらそこにいたのは私だったかもしれない。そういう写真を見るとき、私はいつもそういうことを未練がましく考えた。自分から手を離しておいて全く自分本意な話である。けれども横に写っているのは私達の高校で一番かわいかった女の子で、その方がずっと彼女釣り合っている気がした。

彼女から招待状が届いたのは、それから数年後、すっかり社会に出て2年が経つ頃だった。

式は、まったく素晴らしいものだった。

私のイメージにあるステレオタイプな挙式とは全く違って、カジュアルで、愛に溢れ、来てくれるすべての人に楽しんでもらおうという新郎新婦の人柄がこれでもかというくらい詰め込まれた温かな数時間だった。遊び心とホスピタリティに溢れ、ほんのひと時も漏らさず楽しめる、本当にいい式だった、と、思う。円卓に集められた同じ高校の友人たちは皆美しく、ドレスの中で綺麗だった。

数名の友人代表が立ち上がり、彼女のために手紙を読んだ。どの子もとても綺麗で、どの子も同じように泣いていた。泣いていたのだ。チャペルのドアが開いた瞬間、披露宴に現れた瞬間、新郎が亡き父親手紙を読む瞬間に、その場にいる大勢が泣いていた。

ついに私は親友にもなれず、それでもなぜかここに呼ばれて、のこのこ顔を出しては無理に笑って突っ立っていた。

ありえないほど似合わないドレスに妙な頭に、他の友人達とはとてもじゃないが釣り合わない不器量な面構えで、たった一度も笑顔で手を振る花嫁の目を見れないまま。

久しぶりに会いたくて、と、彼女電子招待状と一緒に添えてきた。思い切って招待状を送ったのだと、だから、こ断ってくれても構わないのだよ、と。

そういうところが好きだった、私の臆病も偏屈も一息に飛び越えてなんでもないような顔で笑うあなたの、正しいところが好きだった。数年言葉をかわさない友人を、同窓会キャンセルするような私を、逢いたいと言う一言で誘ってくれるような貴方のその身軽さが、屈託のなさが、あなたのことが好きだった。

"嬉しいときは私より喜んで、悲しいとき自分の事のように泣いてくれる"

名前も知らない友人代表は立ち上がってそう読んだ。

知っている、と思った。

知っている、そんなこと。だから好きになったのだ。そういうあなたから、私はあなたを好きになった。

もしも私が男だったら、と、百万回近く考えた。もしも私が男なら、私はあなたと付き合いたい。

本当は違った。本当は、女のままでも、私のままで、私はあなたと添い遂げたかった。真っ白なドレスを着たあなたの、あなたの立っているのは私が良かった。スポットライトの当たるソファに私と一緒に腰掛けて、私の物語に泣いて欲しかった。

名前の知らないたくさんの参列者が、かつて同じ制服を着ていた友人達が、あなた幸せを願って涙する中でたった一人わたしが、私だけが、私のためだけに泣いていた。あなたのことが好きだった。たった一つ、その気持ちだけで泣いていた。ピンクグレーのカクテルドレスに身を包んで笑う、彼女世界一綺麗だった。

性格の悪い私は、あわよくばこれを読んでくれないだろうかとさえ思っている。ほんの小さな爪痕でも残せたら。

それでも、正しい彼女ははてぶなんて見ない。だからこのまま私の恋はここでゆっくり死んでいく。

祝儀袋に手紙を入れた。マナー違反かもしれないが、知るかと思ってぶち込んだ。「あなたのことが大好きだった」「今も、そしてこれからも」

大好きだよ、愛してるよ。

高校時代彼女はよくハグをしながらそう言った。大好きだよ、愛してるよ。

何でもないことのように付け加えた、大好きの意味はきっと伝わらない。それでも、私はあなたが好きだった。今も変わらず、好きだった。

2022-12-07

平成10年代後半に地元京都府で名を馳せた伝説のサセ子、友美さんとお会いする機会を頂いた。現在友美さんは工場派遣OLをしており、昔ほどのペースでSEXをすることはないらしいが、それでも定期的に男性を「喰う」ことを生業としているらしい。

そんな友美さんに伺ったのは、近年の「童貞」とのSEXエピソードだ。百戦錬磨の友美さんは今まで数多くの童貞とも身体を重ねているが、最近特に筆下ろし活動に精を入れているという。そこで私は話を聞いてみることにした。

半年前かな。夜勤明けに一人で晩酌してたらなんだかムラムラが抑えきれなくて。すぐさまマッチングアプリを開いて童貞っぽい子だけを右スワイプし続けたわ。童貞はすぐにマッチするの(笑)マッチした中から一番好みの子を選び、即デートアポをとってその日は寝たわ。

1週間後。18時30分、待ち合わせは京都出町柳駅。そう、今日一乗寺で『ラーメンデート』なの。今日会う彼がラーメン好きをアピールしてくるもんだから仕方なくね。でも僥倖か、彼の家が一乗寺周辺らしいの。すぐベッドインできそうね♡、と舌舐めずりしていたら彼が遅れて到着したわ。

『うわあ…だっせえ~…』というのが第一印象。彼のマッチングアプリ写真である程度覚悟していたけれど、想像を超えてきたわ。身長は165cm前後メガネで一重で小太り、スポーツ刈りをそのまま伸ばしたような短めのボサ髪で当然眉毛は整えてない。服は水色のTシャツに横縞模様のハーフパンツ、斜めがけのカバンに靴はクロックス(笑)明らかにデート向けではない服装に正直爆笑しそうだったわ。

普通女の子ならここで帰るんだろうけど私は違う。なんせ『童貞』目当てで来たんだもの。こんなステレオタイプ童貞クン、私が放っておくわけないわ。」

「軽く挨拶も済ませて叡山電車に乗り込む私たち。行き先を聞いていなかったので、どこのラーメン屋に行くの?と尋ねると、『ラーメン二郎行かへん?』と一言。(初対面の女の子ラーメン二郎って…… あの量の多いとこでしょ?対人経験ゼロですか?)なんて言いたい気持ちもあったけれど。

の子童貞力高すぎるのでは…!?期待値が急上昇。同意してそのまま一乗寺駅すぐそばラーメン二郎に入って、私も彼も並ラーメンを美味しく平らげたわ。(でもラーメン二郎は終始意味不明。なんで並なのに量が多いの?なんでニンニク入れますか?って問われてんのにアブラがどうとか関係ないこと言うの?謎のジャーゴンがまかり通ってる理解できない世界ね。)」

ラーメン屋を出て感想を言い合う私たちカップルに見えるかしら…?否、彼は麺上げがどうだのとかずっと意味不明ウンチクを口走ってるからから見たら池沼介護しか見えないかしら(笑)完全にアッパー系コミュ障のそれだわ。

ここから仕掛けます。『君の家ってこの辺でしょ?一緒に宅飲みしな~い?♡』と猫撫で声でおねだり。彼は大動揺を隠せてない様子。(ウンウン、これぞ童貞ね♠︎)と内心大興奮しながら彼の手を握ったの。ラーメンの脂と手汗で過去最高に感触気持ち悪かったけど後にひけないわ。そのままドラッグユタカ第3のビールストロングハイを6本ずつ買って彼の家まで行ったわ。」

「案外きれいな彼の家で第3のビール乾杯して改めてアイスブレイクをしたわ(ラーメン二郎じゃまともに喋れないものね。)。彼は大阪府門真市出身京都の有名国立大法学部4回生マッチングアプリプロフでこれでもかというくらいアピールしてたから疑ってなかったのだけど彼、わざわざ学生証まで見せつけてきたわ(笑)そういうところも自己顕示欲の強い童貞っぽくて素敵だったわ。趣味ラーメンアニメ鉄道という満貫童貞。ここまで完璧なのなかなかいないわよ(笑)

ところで彼、さっきから自分語りばっかり…喋るコミュ障ってどいつもこいつもそうなのよね…しかも出てくるエピソードはイキリと嘘で塗り固められてるし。中学童貞捨てたエピソードも内容薄すぎて嘘確定、内定先も嘘じゃないかしら…?」

「とにかくうるさいのでなんとかSEXに持ち込もうと第3のビール3本目を飲み干してストロングチューハイを開けたあたりで彼の脚に何度か手を置いてみたの。でも失敗。彼はキョドるだけで仕掛けてこない。そう、多くの童貞自己愛が強いのでSEXを断られて自尊心を傷つけられるのを極度に恐れてるの(笑)

しょうがない、ここは私が汚れ役になるわ… 彼の会話が途切れた瞬間に、彼の唇にキスしてお酒を口移ししたの。流石の彼もやっと誘われたことに気づいたみたい。そのまま激しくニンニク臭いディープキスを続けながら服を脱がせていったわ。」

「お互い全裸になった私たち。彼をベッドの上に横たえてそのまま彼の顔の上に跨ります。『どうよ~?ラーメン二郎の後の顔面騎乗は~?』高学歴で安定志向童貞クンには容赦しないのが私の流儀ワカメ増しマン汁マシマシを充分堪能してもらったところで解放してやり、万全に用意したコンドームかぶせ、彼のギン勃ちペニスを私の器に導いて、身体マーメイドのように動かしたわ。手前味噌ながら私のテクはホンモノ。動き始めて3分も持たず、『友美さん、俺、射精しそう…!』と焦りそうに彼。

刹那、私の中に温かい精液が放出されたの。感電しそう…♡ ザーメン拾うコンドーム。そのまま疲れ果ててか酔い潰れてか寝てしまった彼。早漏防止にお酒たくさん飲ませたのに…でも早漏童貞クン、いや、『元』童貞クンっぽくてステキ(笑) どんな男でも『ヤってみよう』の精神大事。軽い眼精疲労を覚えながら寝てる彼の頬にさよならキスをして、マン毛1本を形見に残して彼の家を後にしたわ。

もう会うことはないわよ。私は童貞男子の彼に好意を抱いただけで、童貞を失った彼はただの激ダサいイキリ男だもの(笑)彼の人生に幸を願いながら、終バスの206系統に乗り込んだの。」

いかがであっただろうか。経験豊富な友美さんの童貞エピソードには驚かされるばかりだ。我々の周りにもこんな可笑しくて、少しロマンチック童貞卒業エピソードを持つ男がいつと思うと、少し妬ましい気がするのは、私だけであろうか。

(筆者:ドグマチール庵介)

2022-08-21

PaulSmithってどうよ?

一瞬おしゃれだなあと思うんだけど

柄物が一歩間違うとクソダサ中学生のそれになりそうで

俺のセンスでは着こなせないだろうなと思ってなかなか買えてない

ロングコートは冬に買った、高かった、おしゃれなのかはわからん

 

ブランド物の柄物がそもそも難しすぎる

認知がおしゃれとクソダサの境で揺れ動く

Youtuberがたまにああいうの着てるの見ると良いなって思うんだけど

 

最近マジで男の95%くらいがドシンプル着てるよね

おしゃれな人もドシンプルからもう挑戦できない

シンプルに小物を合わせるくらいしかない、特に夏は無理

 

じゃあ今度はシンプルにPaulSmithのSmith Happyに手を出そうとしたけど

JDセンス◎)からさすがに子供っぽいと言われてうーんってなってしまった

そうかぁ

 

子供っぽいと言えばハーフパンツって難しくない?

絶対カジュアルになりすぎて子供っぽくなると思うんだけど、街を見渡すと8割ハーフパンツなんだよね

あとパーカーも難しい

 

あ、柄物シャツスーツは良さそうだった

そういうマネキンがあったんだけど

秋以降にチャレンジしてみたい

2022-08-18

筋トレ始めて4年目の夏、初めてフィジークのノービスクラスで入賞した

地方大会だけどさ

でもぜーんぜんモテない

 

そらそうだわな

日常生活送ってて、鍛えた体見せる機会ってナンボあるんって話よ

 

まず職場で見える部分って「首から上」と「前腕部」くらいで、一番鍛えてる部分は表に出ない

日常生活だって基本そんな変わらん

ハーフパンツはいたらカーフが見えるくらいだけど、カーフじゃあね

ジムだって普通ジムはできてタンクトップ、上裸が許されるジムはかなり特殊

 

そうなると鍛えたカッコイ身体を見せられるのは「海」「プール」「スパ」くらいになる

 

いかねーんだよな、陰キャはそんなところによ

一緒に行く友達いねーしよ

そんなところに行ってカッコいい体見せびらかしてやるぜ!ってメンタリティのやつはさ

別に身体バキバキに鍛えなくてもある程度モテるんじゃあないの?

 

鍛えた身体ってのは水辺ナンパのツールであって

まずナン本体があってその上での武器の一つにしかすぎんのよ

武器だけあっても何の役にも立たん

せいぜいちょっと自己肯定感が上がるくらいのもん

 

今年の夏も彼女できんかったわ

はーやってられん

前腕と上腕打ち間違ってたわ

上腕まで見せとったら「おっ、鍛えてるね」ってなるか「三頭筋きっしょ」ってなるかのどっちかはもらえそう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん