「ずっと好きだった」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ずっと好きだったとは

2021-06-10

大好きだった人を嫌いになりました


地方医療従事者をしているオタクです。

自分ツイッターでは色んな人と繋がりすぎていて吐き出せないので、ここで愚痴を言わせてください。

東京ではもうイベント舞台ライブをしているようですね。

以前は遠征して行っていたものも今は市内から出ることすら許されていません。

行きたいけど仕事大事だし、公式が生配信アーカイブも残してくれたりしていて、むしろ遠征費をかけずにそういうのを見ることができてそこそこオタ活を楽しんでいました。

そんな中、ずっと好きだった漫画家さんが個展を開くことになりました。

もちろん東京でなので行けるわけがありません。

入場特典は先生画像ツイッターであげてくれてイラストが見れたからそれで良かったことにしました。

特典つきのサイン本販売しょうがない。

そういうのは抽選じゃない限りは諦めてます

開催一週間前の告知はコロナ禍じゃなくても行けなかったと思うので、なかったことにしようと思いました。

先生漫画多忙な日々の癒やしで、それが読めるだけで幸せだと思い込むことにしました。

今後サイン会に行けるようになる日も来るはずだからその日を楽しみにしよう。

そう思っていたのに、許せないことが起きました。

「○日の○時から会場にいます!」と先生ツイートしたのです。

それを見た瞬間、「え?」って思いました。

個展初日に会場に行っていたこと、そこで読者と交流しおそらく手紙などのプレゼントを直接受け取ったことをツイートし、「私も会いたかった」と言った読者がいたようです。

そういった読者を気にかけてわざわざ告知をしたのです。

じゃあそもそも行けない私にはなんの気もかけてくれないの?

先生のそのツイートへのリプライは見てません。

おそらく「絶対行きます!」とか「お会いできるのが楽しみです!」とかそういう言葉が並んでるのでしょう。

先生もそれに「嬉しいです!」と返してると思います

告知をしたら先生ファン全員が行けると思ってるんでしょうか。

先生は「なかなか読者の方とお会いできないご時世でせっかくなので」とも言っていました。

感染症流行っているのを知らないのでしょうか。

そんな告知をしたら人が集まると想像できないのでしょうか。

しか先生ちょっと前まで入院していたんです。

それなのにわざわざ人を集めてもしものことがあったらどうするんでしょう。

先生心配をしているんじゃありません。

こんな時に自ら人を集めてコロナに罹ったとき面倒を見ることになる医療従事者の方の心配をしているんです。

入院したことで私の仕事についての大変さや大切さを少しでも知ってくれたのかと思っていたのに、期待しすぎていたようです。

読者と交流がしたいならツイッターのスペースじゃダメだったのかなあ。

それなら私みたいたな現地に行けない人も先生お話できたと思うのに。

仕事辞めろとか引っ越せとかそういう意見はこの一年たくさん聞いてきたのでいりません。

ただの八つ当たりだったとしても、私は先生のことが嫌いになりました。

たくさん人が集まるといいですね。

2021-05-07

anond:20210507154850

もう仕事戻らないとなんないからこれで終わるけどな

セブンシーチキンタマサンドが俺はずっと好きだったんだよ

赤飯おにぎりシーチキンタマサンドで組み合わせてペットボトルの水(ときどきお茶)を買って500円

セブンに寄って食料調達するときは真っ先にこの組み合わせを目指してたの

どっかのバカサンドイッチとおにぎりの組み合わせは変とかネタにしてるみたいだが、

俺はパンをおかずにご飯を食べ、ご飯をおかずにパンを食べるこの組み合わせこそ至高だと感じてたの

 

それが今はもう出来ない。シーチキンタマサンドはもう二度と復活しないか

シーチキン缶詰がどんどん値上がりしてたから原価が厳しいのは察してた

ちょっとづつシーチキンサンドシーチキン割合マヨかなんかで比率下がってるのもわかってた

消えても定期的にリニューアル復活すると思ってた

で、ずっと待ってても出てこなくなった

 

しょうがいかシーチキンサンドが入ってるミックスサンドを買う

ミックスサンドは激安だからシーチキンはほぼ入ってない。そんなの買う前に見ればわかる

シーチキンサンドがなくなったから、組み合わせとしてシーチキンおにぎりが買えるようになったね! と買う

パリパリのりは確かに価値はある。いやあった。のりはどんどん小さく薄く食感は以前より手ごたえなくなってる

わかんねえだろこの噛み締めようのない食感

ロールパンに薄まったシーチキンのあのサンドじゃダメなんだよ

シーチキン食パンの味で赤飯おにぎり食って、赤飯おにぎりの味でタマサンド食って、タマサンドの味を水で洗い流して

そのローテがもう食えないの。二度とないの。

わかんねえよなお前らは

2021-04-30

コロナ終わってくれー

少し前のことだけど、2-3年会ってない知人に急に「付き合おう」と言われた。

意味が分からなくて事情を聞いた。回りくどく延々喋ってたのを要約すると

ずっと好きだった

・以前はあなた精神的に病んでておかしかったからもういいやと思って付き合わなかった

・久々に合ったらまともになってたから付き合おうと思った

・寂しいのかもしれない

精神的に支えて欲しい

みたいな感じだった。

自分仕事が忙しくて精神的に切羽詰まったことはあったし、今思うとあのとき距離を置かれたのかもしれない。(相手から連絡来たらたまに会うくらいの人だったから、距離置かれたとかも気付いてなかった)ただ、当時自分には付き合ってた人がいたし、何勝手に振ったみたいになってるのかも、相手の苦境に離れたと堂々と打ち明けておきながらなぜ付き合ってもらえると思ってるのかも理解ができない。「異性として見たことない、好きになることもない」と言ったけど「チャンスが欲しい」と延々と言ってきて不気味だった。なんなだったんだろう

2021-04-17

処女は恥ずかしいことなのかな?

ウチは20歳なんだけど、今も彼氏いない歴=年齢。

こう書くとブサイクとか性格が悪いとか思われるけど、正直かなり告白されてきたような人間である

                                                                       

これまでフってきた人たちが悪いとかじゃなくずっと好きだった人がいた。

去年告白して結局うまいこといかなかった。そうやってずっと想った人がいたから今も処女でいる。

友達にその経緯をあまり話すことがないからか、処女だってゆうとえ〜みたいな顔されるのが辛い。

処女ってことだけ話すと重たいと思われるのかな?

一途を貫いてきただけなのにすごく辛くて、これから付き合う人がいても話すことが難しく感じる。

2021-04-09

anond:20210408200200

結婚メリットがあるかどうか考えてやるもんじゃない。

そういう考え方ならもし結婚したら後悔するで。ただメリットがないわけではない。

俺は40前で別に好きでもない人と酔った勢い結婚約束をしてしまい、その約束を守って結婚した。

相手が俺のことをずっと好きだったみたいなことは知っていたけど、全然タイプじゃないし、手を握りたいと思ったこともない相手やった。

ただの飲み友達の一人でキスしたことないのに入籍した。お互い初婚。相手が2個上。

こんなノリで結婚したらおもろいやんというだけの結婚やったけど、親と妹はなんか泣いて喜んでたし、生活はかなり余裕ができた。これはメリット

妻のほうが収入が多いくらいなので俺の稼ぎは全額貯蓄している。

年金暮らしなんて期待していなかったか死ぬまで働くんだと諦めていたけど、60歳までに一億円貯金して引退したいと思えるようになった。

知らない人との共同生活はまあストレス感じることもあるけど、ほとんどは慣れで解決する。

喧嘩の回数は、昔本当に好きだった子と同棲してた時より圧倒的に少ない。

お互いに40過ぎの大人だということ、相手に大きな期待をしていないことが大きいと思う。

楽しいこともそんなにあるとは思えないけど、みんなの両親は毎日楽しんで暮らしてたんかな?

お互いのプライベートスペースが確保されてたら別に同じ部屋で同じテレビを見る必要もない。それぞれやりたいことやってるから少しの会話しかしない。

生活は本当に楽になったので家での余暇時間は増えた。家事分担したら半分で終わるし、家電アップグレードできるからあんまりやることない。

ずっと好きでもない相手と暮らせるのかと疑問を持つ人もいてるかもやけど、うちの両親はお見合い結婚やし、そういうパターンがあることを思えば、慣れる。夫婦に成れる。

慣れたら正直だれと結婚しても一緒やとおもうで。

これはなんとなくやけど、人間本能として群れで生きる動物から一人暮らしよりも二人暮らしの方がなんか安心感というか、心地よい負荷があるような気はする。

もう40過ぎてバツイチになるのが嫌じゃないなら適当相手結婚してみるのも人生経験として悪くないと思うよ。

しいて言うなら、経済的に自立できている人と結婚するのがおすすめ

追記

なんかめっちゃブコメついててわろた。

いちおう元増田に伝えたかたことは、結婚したい欲がすこしでもあるなら一回やってみるのもありってこと。

相手にこだわると選択肢が限られる。好きな人とだけとなると人生で数人から選ぶことになる。

こだわりがなければ選択肢は一気に星の数ほどになるよ。

バツイチになることにビビッてやらないのは不毛バツイチ負け組じゃないとおもう。

ブコメで気になったこ

家事→お互いできるから普通に半々やってるよ。食洗器、ルンバドラム洗濯機あるから、実質メシと洗いもんの準備、洗濯なおす、トイレ掃除くらいしかやることないけど。

・こどもはなんやかんやでできました。40過ぎで共働き育児悪戦苦闘してます。今自由時間はこどもが寝てからです。。

・俺の給料全額貯金については、普通に生活したら俺の給料がまるまる余るので口座を放置ってことです。俺の口座で生活してたら妻の口座が放置になるので依存してるわけではない。

おなじくらいの稼ぎの二人が結婚したら、こんなもんじゃないのかな?

2021-04-06

anond:20210406105121

以下の通りです。

2011年ヒット曲

Eternal / 赤西

迷宮ラブソング / 嵐

Lotus / 嵐

上からマリコ / AKB48

Everyday、カチューシャ / AKB48

風は吹いている / AKB48

桜の木になろう / AKB48

フライングゲット / AKB48

あなたへ / EXILE

パレオはエメラルド / SKE48

マル・マル・モリ・モリ! / 薫と友樹、たまにムック。

BIRTH / KAT-TUN

GO GO サマー! / KARA

ツブサニコイ / 関ジャニ∞

マイホーム / 関ジャニ∞

Everybody Go / Kis-My-Ft2

やさしくなりたい / 斉藤 和義

また明日... / JUJU

好きだよ。~100回の後悔~ / ソナーポケット

神様のカルテ / 辻井 伸行

ゼロ / BUMP OF CHICKEN

さよなら傷だらけの日々よ / B’z

あの娘と野菊と渡し舟 / 氷川 きよし

いとしき日々よ / 平井

いくたびの櫻 / ふくい 舞

家族になろうよ / 福山 雅治

OVER / Hey!Say!JUMP

Magic Power / Hey!Say!JUMP

庄内平野 風の中 / 水森 かおり

100万回の「I love you」 / Rake


2010年ヒット曲

Dear Snow / 嵐

Troublemaker / 嵐

果てない空 / 嵐

Monster / 嵐

Love Rainbow / 嵐

ありがとう / いきものがかり

トイレの神様 / 植村 花菜

桜の栞 / AKB48

Beginner / AKB48

ヘビーローテーション / AKB48

ポニーテールとシュシュ / AKB48

I Wish For You / EXILE

もっと強く / EXILE

Love yourself~君が嫌いな君が好き~ / KAT-TUN

ミスター / KARA

LIFE ~目の前の向こうへ~ / 関ジャニ∞

Family~ひとつになること / KinKi Kids

ずっと好きだった / 斉藤 和義

また君に恋してる / 坂本 冬美

This is love / SMAP

ベイビー・アイラブユー / TEE

BREAK OUT! / 東方神起

会いたくて 会いたくて / 西野 カナ

さくらガール / NEWS

魔法料理~君から君へ~ / BUMP OF CHICKEN

三味線旅がらす / 氷川 きよし

はつ恋 / 福山 雅治

蛍 / 福山 雅治

瞳のスクリーン / Hey!Say!JUMP

Sunshine Girl / moumoon

2021-03-24

いわゆる暴力女に憧れてた

自己整理のための書き散らし。

小学生の頃に、暴力女というジャンル(?)キャラクター(?)に憧れてた時期があったことをふとおもいだした。

憧れてた次は何やるかって、真似をするわけだ。はた迷惑まりないことに。思いっきり叩いてみたり、喧嘩したときには椅子を投げたりしてた。

2年生だか、3年生だかのころ、女性担任にも「冗談で」「コミュニケーションのつもりで」叩いたんだか、体当りしたんだかで、本当に痛いんだよ、と叱られたことがあるけれど、そのときはどうしてこの人は許してくれないんだろうと不可解にかんじていたように思う。

あたりまえだろ、お前はそんなこともわからないのかと言ってやることは不可能だけど、どうしてそれが冗談だとかコミュニケーションのつもりだとかになるのやら。

アニメキャラクターでちょくちょく見てた暴力ちゃんたちは、主人公馬鹿なことをしたら、あるいはセクハラを受けたときにグーでパンチをする。アームロックをかけるなどなどをしていた。

(雑がたりなので、具体的にどの作品よ?!というのは受け付けない。私が当時見てたアニメでそんな描写あったな〜くらいの感覚

これは雑な思いつきだけど、自信のなさの表れなのだたかもしれないなと。誇れるものがなくて、クラスの中心にもなれない中途半端立ち位置ドッジボールバスケでパスパス!といっても投げてもらえない屈辱感。キャラクター確立するのに暴力を振るうだけで済むのはなんと簡易なことか。なにものでもないものになるくらいなら、悪目立ちするほうがまだマシといった凡庸で幼稚な考え。

それに巻き込まれたひとがいるから、問題なんだけど。

キャラクター彼女たちは、暴力をふるっても許容される。なら私も許されるとおもったかは定かではない。

でも、とある作品暴力ちゃんが、ずっと好きだった幼馴染に告白するけど、その幼馴染はすでに物語主人公のことがすきだったし、普段受けてた暴力コミュニケーションが好きではなかったと告げられて振られるシーンを見て、「あ、わたし、まちがってるんだ」と思うくらいのことは出来た。

2021-03-04

恋愛小説おすすめ

ねこの本を書いた増田です

ひな祭りに間に合わなかったけど、恋愛小説のすすめです


「猫と魚、あたしと恋/柴田よしき

主人公が一癖強い女性ばかりな短編集。でもちょっとユーモアがある

孤独で優しい夜/唯川恵

ずっと好きだった人が友人と結婚しちゃったけどまだ好きなの…とドロドロ小説

図書館戦争有川浩

独特な世界観主人公たちの甘酸っぱいラブが魅力。

「おとめ六法上谷さくら

女子のすべてが詰まってる。男女問わず読むべき

夜明けの街で東野圭吾

オールスターズの歌をもじった本。妻子のいる身で危ない橋を渡っちゃう男の話

電車男中野独人

2ちゃんねる投稿された恋愛相談から始まる物語

この胸いっぱいの愛を梶尾真治

あの時ああしてればという思いを叶えようとする話。映画原作もまたいい

天使の卵シリーズ村山由佳

年上の女性主人公の切ないけどほろ甘い物語

レインツリーの国有川浩

ピュアピュアラブストーリーきっかけは忘れられない本から始まる。

2021-03-02

別れは出会いの始まり

1年間ずっと好きだった男がいた。

今日をもってこの恋に終止符を打ちたいと思う。

いつまで待っていても何も始まらないどころかまた振り回されてぐちゃぐちゃにされて喧嘩になる未来が見える。ただただ辛かっただけでは無かったし、彼を好きだった期間はそれなりに幸せでワクワクもして一緒に彼と過ごす未来安易想像できてこの人ならずっといたいと思える価値観の相性まで一緒だった。今までありがとう幸せだったよ。やりたいこと全力でやって輝いてる君が好きだからこれから応援してるよ。

から今日は沢山泣いていい日でもいいよね?

明日からの新しい出会いと新しい恋に向けての出会いに向けて涙を出し切ろうと思う。

2021-02-27

ダイパリメイクが来た

純粋に大好きだったはずのポケモンという作品に対して、自分がどういう感情を抱いているのかわからなくなってきてしまったので、長々としたお気持ちを吐き出させて欲しい。

めでたく25周年!という時にこんな文を書いている時点で、自分はもう純粋作品を楽しめてはいない気はするが。

ポケモンが昔からずっと好きだった

ダイパ世代自分は、小学校から帰ったらなんとなくアニポケを見て、DSを開いては夢中で冒険し、兄弟友達と遊ぶとなれば対戦や交換で盛り上がり、夏休みには映画を見に行く。そんなありきたりな日常を過ごしていた。

長くなるので諸々の話は割愛するが、現在自分が今一番好きな作品は何か?と問われたらすぐに「ポケモン」と答える程度には好きだ。まあ、歴戦のポケモンファンたちに比べれば自分ライト層の方ではあるのだが。

でも、最近作品プレイしている時、昔ほどの「たまらなく好きだ!!!」という感覚が無いことに気づいた。

夜な夜な布団でこっそりプレイするほど熱中していたあの頃のような熱量を持てていない。

今も昔も変わらず大好きなはずの作品なのに。

原因を考えてみたりもした。自分公式ターゲットから外れた可能性は高いかもしれないと思った。ポケモンって基本子供をメインターゲットに作られている作品だろうから。でも過去作は変わらず好きだし……まあそれには思い出補正も含まれるのかもしれないけど……自分価値観がそう急に変わったとは思えなかった。

……のである日、「自分が変わったのではなく公式が変わってしまったのかもしれない」と思い、ネットポケモンに対するファンの不満や愚痴アンチ意見などを検索してみた。自分公式盲目になりがちなきらいがある為、何かに気づけるかもしれないなと思って。

結果、それらの意見に納得できる部分が沢山あることに気づいてしまった。

不満点については自分でも整理しきれていないし、ここでは伏せさせて貰う。気になる人は自分検索して欲しい。

それでもやっぱりポケモンが好きだという思いは自分の中にずっとあり続けた。

ゲームなんやかんや楽しみながら追った。GOTCHA!が出た時もリアルタイムで見て泣いてた。

なので今回のポケモンプレゼンツもすごく楽しみにしていたし、この下書きも綺麗さっぱり消すつもりだった。



ポケモン歴史みたいなムービー、単純にワクワクできた。思い出がたくさん詰まってたから。

ポケスナの情報、好きなポケモンたちがイキイキしているのがすごく嬉しかった。

ポケマスの情報。まあ嬉しい。なんやかんやログイン続けてるゲームだし。


ダイパ映像が流れた。時が止まるかと思った。

ついに来るんだ、ダイパリメイクが。

思い出の詰まったシンオウがついにSwitchで旅できるんだ。




???

グラフィックダッッッッッッッッッサ!!!!!!!!!ゲームキューブとかで出たゲームHD版か!?

本当に令和に出る、しかポケモンかい世界的有名コンテンツの本編のゲーム!!!!????

バトル画面もしょっっっぼ!!!これが第8世代?嘘だろ???カブイは別物だったが、剣盾まで順当に進化していったはずであろうグラはどうしたんだよ!!!!8世代同士なら流用しやすモデルとか沢山あったろ!!!!なぜそれをしなかったんだよ!!!何のためにライバルの部屋に木彫りのグレッグル置いた!???

外伝っぽいアルセウスは自社開発!?リメイクが本編扱いになるだろうにそれを差し置いて外伝制作!?

そのアルセウスもアレの後に出したか映像よく見えてるだけで全然CGクオリティ高くないしな!!!

ダイパ忠実再現??じゃあもう3DSダイパVCでも出してろ!!!!!

っていうかそんなに再現に拘るとか言うんなら2画面のハードで出せ!!!!!!

辛い。何もかもを投げ出して今すぐゲーフリ本社に泣きながら殴り込みに行きたい。

自分の好きなシンオウ地方は、多分リメイクでは見られない。

静かで仄暗く、厳かで美しい。

そんな大好きだったダイパ雰囲気を、自分はあの映像から感じられなかった。

15年自分が抱いていたシンオウイメージをぶち壊された気分。まあイメージなんて所詮感性問題だろうけど。



ああ、自分が待ち侘びてた「のちの世代の最新システム導入したダイパリメイク」なんて全部幻だったんだ。

ゲーフリはダイパリメイクなんて作りたくないくらダイパのこと嫌いなんだ。

大好きな作品を作った会社は、10周年当時に「究極のポケットモンスター」なんて銘打って発売しておきながら、その作品思い入れなんて全く無かった。どうせキッズが鬱陶しく絡んでくる作品くらいにしか思ってないんだろう。

新地方にシンオウポケが少なかったのだって、「リメイクへの伏線!」とか例の如く言われてたけど、ただ単にシンオウがゲーフリに嫌われてたからなのかな。

もう何もかもが辛い。

部屋に飾られたポケモンのグッズを見るだけで悲しくて涙が出てくる。

「好きな作品が過剰な改悪リメイクされるくらいなら一生リメイク来ないで欲しい」とここ十数年で何度も内心願ってきたものだけれど、こんな辛い気持ちにさせられると思ってなかった。しか原作に忠実とか言ってるリメイクで。

楽しみっていう純粋意見ももちろん見かけた。正直羨ましい。自分もそう思える人間でありたかった。

リメイクトレーナーデザインを大幅に変えられてないのが嬉しい」「当時の等身っぽいグラで遊べるの良い」「ストーリー準拠っぽいし」みたいな意見を沢山見た。そういう意見も分からなくもない。

でも、逆に「リメイクは別作品から」「パラレルワールドから」と割り切れた方が自分にとっては救いだった。

ぶっちゃけ今の時代に合ってるか?これSwitchで令和に世界作品が出すクオリティじゃないでしょ。


グラしか批判するとこ無ぇのか?って言われそうだけど、ストーリーキャラデザは大きな変更なさそうだから今のところ別に意見は無いので。

自分第一報でまだどうなるか分からないこの時点で軽率に叩くような発言なんてしたく無いけど、吐き出さざるを得ないくらいショックだった。退化したグラもだし、外伝作るために丸投げ外注されたっぽいのとか、諸々。

ゲーフリへの不信感が増していく一方だ。辛い。



……何が嫌かって、こんな気持ちになっていながらも発売されたら結局買ってしまうであろう自分が一番嫌だ。

多分、こんな気持ちになるくらいならコンテンツから離れるのが正解なんだろう。

最初の方にも言ったが、自分はきっと既にメインターゲット層なんかではない。

今の時代の子供達がこれを純粋に楽しんでくれるっていうんなら、老害であろう自分は黙ってこのリメイクを受け入れるし、大人しくDSでDPtをやって過去の思い出に浸る。

どうせつらつらお気持ち述べたって、懐古厨思い出補正でまた何か言ってるわって流されるだけだし。

結局、自分は一回好きになったコンテンツからは完全に離れることなんてできない、どうしようもないオタクだ。

だってポケモンのことが好きだ。大好きだ。だからこそこの気持ちをどうして良いかからない。

公式ポケモン人質にでも取られているような最悪の気分。

純粋に大好きだったはずの作品に、こんな気持ちを抱えて一晩中泣く日が来るなんて。

寝て起きた時、全部夢だったらいいのに。

2021-02-23

社会人になってから自分を見失った

社会人5年目。

学生時代小説を書くのが好きで、色んな作品インプットしては情熱燃え創作してたけど、社会人になってから何もできなくなってしまった。

キャラクターとか世界観情報を頭に入れるのがしんどくて、作品を見始めるのに気合いがいる。本も数ページしか集中力が続かない。

見るとしたら、もう設定が頭に入ってるものを何度も繰り返すか、頭使わずに済む日常ものばかり。

休日はひたすら横になってスマホを眺めて、まとめブログ増田Twitterパズルゲームのローテーション。このままじゃダメだと思って習い事を始めてみたけど、このなんとも言えない寂しさと退屈さは埋まらない。

社会人になってわりとすぐ結婚したり、ずっと好きだったジャンルから離れて推しへの愛が薄れたのも関係してるかもしれない。

仕事別にきじゃないけど、基本的に定時であがれるし、人間関係もいい。楽しくはないけど、しんどくもない。

なのにどうしてこんなに無気力なんだろう。

昔は色々と書きたいネタがあって、家帰ったらあのシーンの構想を練ろう、参考にあの映画を見ようってわくわくしてた。その辺の花とか空とか、全ての現象キラキラして見えた。

今は指紋で汚れた眼鏡をかけてるみたい。

あの頃の自分に戻りたい。

2021-01-14

[]蛙化現

ずっと好きだった相手自分に振り向いてくれた途端、その相手のことを気持ち悪く感じてしま現象

気持ち悪い蛙が実は王子様の変身した姿だった、という童話に由来する(童話とは逆の現象だが)。

2020-11-30

彼氏だいすき

彼氏が好きすぎるって何回か増田に書いてる。

本当に彼氏好きすぎる。何もかも好き。知ってるところ全部好き。これから付き合っていく中で教えてもらえるところもきっと全部好き。

本当は友達に「ずっと好きだった人に好かれて付き合うことになったんだー!!!!」って言いたい。自慢してまわりたい。だってずっと好きだった人が私のことが実は好きだったとかそんな奇跡ある!?こんな少女漫画みたいなことある!?!?……いや世の中のちゃん恋愛してきた人たちはそういうこともあるのか……自分たちけが特別だと思い込むのは危険だ……と冷静になれて人に話すのをやめられる。もう大人から冷静になれる。えらい。

その代わり増田に延々と彼氏との惚気書いてしまう。

あー今日彼氏大好き。かわいい。愛してる。早くお仕事から帰ってきてほしい。大好き。

2020-11-19

ずっと好きだった人と両思いになれた

先週くらいに3年くらいずっと好きだった人と両思いだったんだよってわかって人生楽しい毎日毎日好き大好きって言ってくれる。私も言うし、そういうと相手ちょっと溶けた感じになるのが可愛くて仕方ない。この人は私のために誰かが作ったくれたのかな?と思う時がある。神様ありがとう。そして好きな人のご両親、ありがとうございます。

コロナで頭がバグってしまたことがきっかけだけど、結果今が幸せならそれで良いかなーと思う。いろいろ考えたけど、コロナ禍にならなかったらこうはなってなかったな。コロナきっかけにして幸せになってしまった…。

あああ好きだな。今日もいっぱい可愛かったな。幸せ気持ちがずっとずっと続けば良いな。相手幸せだと思ってくれたら良いな。

2020-11-11

anond:20201111141816

そう言えばこの間、中高ずっと好きだった子に超久しぶりに会ったわ。

の子もなんか僕のこと好きだったみたいって大学の時に気づいたけど、その時はもう住む場所も離れていたし特に何にも無かった。

でもたとえもし大学時代にその子と付き合ってたとしても、中高時代人生ってあとから取り戻せないよね。

2020-11-05

ふみコミュで会った12個上の男性に捧げて終わった10年間

中学生ときに今は無きふみコミュ12個上の男性と会った。14歳相手をする26歳は今思うと犯罪だが、その時はそんなこと微塵もわず好きになった。付き合ったり、時には別れたりしたが、ずっと好きだった

でも、18歳を過ぎたあたりから、この人は私のことをどう思っているんだろうと不安になった。自分大学生になってみたら、4つ下の14歳中学生と付き合うなんて考えられなかった。好きでいてくれているのか、そもそも恋愛対象なのか、分からなかった。

家も知ってる、会社も知ってる、プライベートは無いくらい会って電話もしていたから、不審なところはない。優しくて、大切にしてくれる。でも、何かがおかしい。

好きだけど、でも、14歳に手を出す、14歳恋愛対象の26歳はおかしい。

心の奥底では感じていたけれど、でも好きで、初彼氏ではなかったけど、ほぼ全ての初めてを捧げた人で。一緒にいると居心地がよくて。だから結局10年も付き合ってしまった。でも、やっぱり「おかしい」その気持ちは拭えなくて、24歳のときにお別れした。

そして、33歳になった今、結婚することになった。同じ年で、落ち着きのある優しい人。「12個下の女の子が好き」ではなく、「私を好き」と思ってくれていると自信をもって思える。

それでも10年の月日は長くて。おかしいと思ってたけど、大好きだったから。結婚する前に、最後だと心を決めて一生忘れられない電話番号に電話をかけた。すぐに電話に出た。低い「久しぶり」の声。結婚するのか、よかったねの一言。この人と結婚する未来は見えなかったけど、何度もおかしいと思ったけど、それでも大好きだった。

私の大好きでおかし10年間。普通恋愛青春も無かったし、出会わなければよかったと思ったこともあったけど。

それでも10年間一緒に過ごしてくれて、ありがとう

幸せになってね。

2020-10-11

ずっと追っていた長期コンテンツが、既存ファン絶対にそこは変更しないであろうと信頼を寄せていた部分の路線変更を行った。古参ファン側としては完全に梯子を外されてしまった状態になり、ファンコミュニティは焦土になった。

だが、その路線変更が功を奏し、見事に新規ファンを掴んだ。焦土になったコミュニティには新しいファンが訪れ、客観的に見ればシリーズは完全に再興し、外部の人間新規ファンからは「路線変更して大成功だった」と言われてしまう結果に。かつての古参ファンは姿を消すか、生き残ったファン愚痴という名の怨念を燻ぶらせるばかり(かつその怨念は見向きもされない)。

具体的なシリーズ名を挙げないのは、最近立て続けにそういった『ずっと好きだったシリーズの転換点』に立ち会ってしまっているからだ。大幅な路線変更が行われ、そしてそれが成功してしまう。具体的な数字も、界隈の盛り上がりも、かつての頃に比べれば見違えるようだ。だがそこには私やコミュニティで語り合っていたかつてのファンたちがが好きだったシリーズの『肝』は最早存在していない。そもそもシリーズの『肝』なんて、勝手ファンが考えていただけで、制作サイドにとってはそんなもの肝でも何でもなかったのかもしれない。

とにかく、シリーズノットフォーミーになってしまい、そのノットフォーミーの部分が世間に受け入れられた以上、去るべきは自分の方なのだ理解しているのだが、しかしどうしても、とにかく、辛い。

2020-10-06

好きな女には私より長生きしてほしい

半年くらい前に高校3年間ずっと好きだった人に彼氏が出来た。そのあと1週間くらい何に対するやる気も起きなかったし、コロナ禍で外に出られなかったのも手伝って5キロ近く体重が落ちた。

高校で同じ部活だったけど、無事卒業したのでこれを機に連絡を切ろうと思った。でも出来なかった〜〜!! 私は結局大学でもその子と同じサークルに入り、3ヶ月に1回くらいのペースで遊ぶ関係が続いている。 私はその子にマ〜ジで邪な感情を抱いているので、「一緒のサークルに入らん?」って聞かれて断れなかった〜〜!!!

まあそんなこんなで私はその子20番目くらいに仲良しな友達ポジションに置いてもらっている訳だけど、最近心境に変化が訪れたな〜と感じている。

変化というのも、今までは「好きで好きで仕方ない!その子彼氏が出来たら死ぬ!」と思っていたのに、今は「その子幸せになって私より長生きしてくれたらそれでいいわ〜」と思えるようになったのだ(後者後者気持ち悪いとか言ってくれるなよ)。

考えられる要因は2つ。 1つ目は「その子彼氏がメチャメチャ良い奴だった」ことである。もしその子大学で見つけたぽっと出の男に掻っ攫われていたら間違いなく死んでたしなんなら刺してた(その男を)。 でも、その子彼氏超良い奴なんだよ……。 そもそも善性の塊であるの子が2年くらい片想いしてた男なんだからいい男じゃない訳がない。周りの評判も上々、顔もいい頭もいい身長も高い。 あれ私勝てるところ無くない?! それはいいとして、2年間少しずつ距離を詰めていってやっとのことで実った恋なのだ。 私は20番目くらいの仲良しな友達なので元々その子の思いは聞かせてもらっていた。 そのため覚悟が出来ていたというのもあると思う。

2つ目は「思ったよりその子が私のことを好いてくれている可能性が出てきた」ことである高校1〜2年生の間は私の完全なる一方通行で(今思えばそんなことは無かったのだけれど)、遊びに誘うのもいつも私からだったし、善性の塊であるの子の周りにはいつも他の子がいたし、向こうは私のことなんて眼中にないのだと思っていた。 大学に入ったら多分私のこと忘れちゃうんだろうな〜なんて夜な夜な泣いたりもした。 でもこのところ、実はそんなことないのでは?と思い始めた。 遊びに誘ったら必ず直近で空いている日を教えてくれて、コロナ禍で会えなかったときには電話してくれて、誕生日には忘れずにメッセージをくれる。えっこれ友達としては相当好かれてない? イタい勘違いイタい勘違いだったらヤダな〜〜〜。 高校ときは「〇〇(その子名前)過激派ファンキャラでやってきたので(過激派なのは事実)、その子も"キモオタへの対応"的な返しをすることが多かったけど、私が大学受験で忙しかったのと、その子の恋が上手くいきそうだったこから距離を置いてみたら私からしても向こうからしてもちょうどいい距離感を築きあげることが出来た。 恋愛は上手くいかなかったけど友情としてなら上手くいっていると今は自信を持って言える。

以上の2つの要因から私は高校3年間抱き続けた激情から目を逸らし、一生消えることのないであろう恋心(と言えば聞こえはいいがただの執着もしくは信仰である)と向き合い始めている。

まだその子のことは超好きだから、時々一緒に撮った写真を見て泣いたりもするけどこれもこれで悪くない。

多分私は結婚することも子供を産むこともないだろうけど、その子のことを好きになれて、その子の後の人生を友人の立場から見届けられる人生幸せと言えるんじゃないかな。

ただ、その子がもし不慮の事故病気で亡くなったり、誰かのせいで不幸になったら立ち直れないしそれこそ死ぬ気がするので是非ともその子には幸せになって私よりも長生きしてほしい。これは切実に。



あとはその子結婚式に出席出来て、その子に似た子供と年に1回くらい遊べて、その子が私のお葬式に参列してくれたら大満足かな〜〜!!(いやめっちゃ強欲やんけお前)

2020-08-28

昔好きだった男の子が見事に「アベガー」になっていた話

入りきらなかった題名

『昔好きだった男の子が見事に「アベガー」になっていて百年の恋も冷めた話』

題名の通り。昔好きだった男の子が、「アベガー」になっていた。それを知ったのは2、3年前の話だけど、今日安倍総理が辞任されるという話を聞いて色々と思い出したので書こうと思う。

政治の話がしたい人には申し訳ないが、ここからしばらくは私の恋話に付き合っていただきたい。ウヨもサヨも、野党与党安倍総理も、全く関係がない。

長い前置きで悪いね。でも言っておきたい。私は彼のことを責めているのではない。私は結構自分勝手人間だったってことを自覚したと同時に、世の中の残酷さを味わったという、ただそれだけの話。

昔、というのは私が中学生の頃のこと。現在の私は社会人1年目。社会の荒波に揉まれながら毎日頑張っている。

これは、私が中学2年生だった頃から23歳を目前に控えた今日までずっと消化しきれなかった、小さな恋の話である

中学2年生のとき好きな人ができた。彼の名前は"リュウ"としよう。クラスメイトが時々彼は神木隆之介さんに似ていると言っていたからだ。リュウは賢く、明るく、優しく、運動も得意で、先生にも好かれている、常にカーストてっぺんに立っているような人だった。対する私は、良く言えば大人しく、悪く言えば地味な眼鏡っ子勉強はそこそこ、運動は苦手、国語先生には好かれて体育の先生には嫌われるようなタイプだった。

リュウは私のような人にも優しかった。人見知りの私は初対面の人間の大半が苦手だが、不思議と彼を苦手だと思ったことはなかった。初めて隣の席になったときなんて、もう毎日が夢のようだった。教科書見せて、これどうやって解くの、今日朝練やってたね…少しずつ、少しずつ、私たちは"ただのクラスメイト"から"友達"になっていった。

友達になった私たちは、あっという間に仲良くなった。(私は人見知りだが彼のことが大好きだったから、どうしてもこのチャンスを逃したくなくて必死だったのだ。)ノートの切れ端で手紙を交換して、授業中に目が合えば小さく手を振られて、休み時間はよく2人で頭を突き合わせて数学問題を解いていた。

私は彼のことがずっと好きだった。今でも覚えている。中学3年生のある日、彼はこう言った。

「俺、増田のことがずっと好きだった。付き合って欲しい。」

もちろん答えはイエス。隣の席になったときよりも、もっと夢みたいだった。

で、まぁよくある話だけど、幸せ時間は長くは続かないんだよね。夢みたいに幸せな私が、彼と恋人でいられたのはたったの半年だった。公立中学校の3年生には、受験というものがあるからだ。ありがちな展開で申し訳ないが、私たちは進学を機に別れてしまった。より正確に言えば、私は彼に振られたのだ。

大半の大人から見れば、中学生恋愛なんて所詮はオママゴト。中学校より高校高校より大学大学より社会人になってから恋愛の方がより真剣で、大事ものだと思っている人も多いんじゃないかな。でも、私にとってあの時の恋は本当に真剣で大切で、今でも忘れられない出来事だった。

話は変わるが、私が初めてスマートフォンを手にしたのは高校入学したときのことだ。スマートフォンを手に入れた女子高生がすることといえば?

…そう、SNSだ。私はTwitterアカウントを手に入れた。(Instagramを始めたのはもっと後の話だ。)

始めたばかりのTwitterアカウント、それもリア垢でフォローするのは誰?

…そう、リアル友達だ。私は友人たちを探してフォローしたし、彼女らも私をフォローした。そうやっていつの間にか広まって、私のフォロワー欄には同じ中学校や高校の人たちが並んだ。

その中にリュウがいた。恋人になる前の私とリュウは気の合う友達だったし、趣味も話もよく合った。SNSでも、滅多にリプライなんてしないしされないが、それでも私たちは時々、本当に時々、ネット世界で顔を合わせるようになった。

まだ私は彼のことが好きだった。あの時だって、「面倒な女」「聞き分けの悪い女」になりたくなくて、別れ話にも納得したフリをしただけだった。必死で忘れようとして、本当に忘れた時もあったけど、やっぱり好きだった。多分ずっと好きなんだと思う。

ストーカーだと思われたくないから、今までの話は誰にも言ったことがないし、行動を起こしたこともない。私は彼にLINEの一件すら送ったことがない。

私の激情もだいぶ落ち着いて、大学生になったある日。リュウTwitterたまたま見てしまった。いや、わざわざ彼のアカウントを見に行ってしまったのだ。友達彼氏ができたって聞いて、私はやっぱり彼のことを思い出してしまたから。

高校生の頃は確かにあったはずの、彼の好きなスポーツ音楽部活ゲームに本や漫画話題は全て消えていた。真っ白なタイムラインタップしてリプライ欄。メディア欄。空っぽ

どうしたのだろうかと考えながら、またタップいいね欄。私はここで2度目の失恋をした。

安倍晋三総理大臣としての責任果たしてさっさと辞職するべき。」「アベはこの問題について一体どう考えているのか。逃げていないで説明しろ!」「アベは国民バカにしている!」「アベが」「アベが」…。

どうしたというのだろう。何故彼のいいね欄は政治の話…それも所謂「アベガー」ばかり。

リュウは優しい人だった。自分努力家で、同じく頑張る人を見捨てられない、優しい人だった。

間違っても、誰かを口汚く罵倒するような人ではなかった。

なのに、どうして?

私の恋心ゆえに、記憶の中のリュウがかなり美化されていることは分かっている。(クラスメイトよ、リュウ神木隆之介似というのは流石に言い過ぎだと思う。)

でも、優しくて賢くて、誰かに手を差し伸べることはあっても、誰かを攻撃するような人ではなかったことは紛れもない事実だ。

何がどうしてこうなったんだろう。リュウが私の理想通りにならなかったことに怒ってるんじゃない。絶対に言い返さない、言い返せない人に向かって、安全からこそこそ口汚い言葉を使うような人に共感しているなんて、ショックだった。

直して欲しいとは思わない。誰が何を考えていようと自由からだ。彼は自分共感した意見いいねを押して、私は勝手にショックを受けた。ただそれだけの話。

勝手でごめんね。だから私、振られたんだろうな。

今日安倍総理が辞任を発表した。

私は懲りずに彼のアカウントを見に行った。凍結されていた。

恋って一体何なんだろう。

2020-08-23

一番好きなものを素直に好きというのが怖い話

私は小学生ときからGARNET CROWというアーティストずっと好きだった。というより今も大好きだ。

今日まで四半世紀とちょっと生きてきて「夢みたあとで」以上の楽曲に私はまだ出会っていない、本気でそう思っている。in little timeやholy groundも未完成音色も、全ての楽曲がたまらない。捨て曲なしだ。これを読んでくださった皆様もどうか一度騙されたと思って聴いて欲しい。

"幸せの中に潜む不幸せ""大切なものをなくす痛み""過ぎ去ってしまったものが戻らない無情感"そういったものを拾い上げて歌ってくれる、そういう楽曲が当時小学生だった私には衝撃的だった。解散しても何年経っても、彼らの曲の魅力は色褪せない。今も私は魅了され続けてる。

けど、この思いを私は信頼できる1人の友人と夫以外には伝えていない。他の友人はGARNET CROWを好きなことすら知らないと思う。友人に嘘をついているわけではない。答えたアーティストが好きなのも本当だ。ただ一番ではないというだけで。

私は自分が本当に一番好きなものを誰かに打ち明けられずに、今も生きてる。

別に最初からこうだったわけじゃない。少なくとも小学生ときはこんなんじゃなかった。

変わったのは中学生の時。

私の中学田舎ということもあって、荒れた学校だった。幸いにも私は人数の多い運動部所属してたおかげもあっていじめなど被害を受けたことはない。けど、俗にいう"陰キャ"をバカにする空気がそこにあって、なんだか生きづらいなと思っていた。

きっかけとなったその出来事のことはいまだによく覚えてる。中学に入ってすぐ「どんな曲聴いてるの?」なんて話になった。小学生高学年から中学生になるとみんな、音楽に興味が出てきだして好きなアーティストの話にもなったりする。同じクラスになったばかりの子に私は「GARNET CROWとか好きだよ」と答えた。好きだから。他のどんなアーティストよりも大好きだから

でも返ってきた言葉に私は衝撃を受けることになる。GARNET CROWにピンときてない様子だったその子の隣にいた別な子に「コナンの歌でしょ。なんでそんなの聴いてるの?」と言われた。なんでって、好きだからじゃだめなの?そんなのって、なんだよ。

やっとのことで「好きだからだよ」と返した私にその子は「普通聴かないよ、変なの」と言い放った。きっとその子何の気なしに放ったその当時の率直な感想なんだと思う。GARNET CROWがじゃなくて、中学生の私が聴くのが変わってるって意味だったんだろう。けど当時の私には衝撃的だった。

今まで自分のすること、興味があることを否定されたことがなかったわけじゃない。けどそれは私が何かをするという行動が伴っているからだと思っていた。つまり否定されるのは私の言動であって、私の気持ち趣味嗜好ではないとそう思っていたのだ。

けど今回は違う。そこに目に見えた私の言動はない。"ただ好きなだけ"という誰にも迷惑かけてないはずの嗜好ですら否定対象になる。

私の勝手でしょ、なんて言ってやればよかったのに言い返せなかった。変に反論してこじれるのも大好きなGARNET CROW否定されるのも怖かった。彼らが悪いわけじゃないのに、あんなに素晴らしい曲を作る人たちなのに、私が好きってだけで変なの呼ばわりされるのも耐えられなかった。

の子とはそれなりの友達ぐらいの距離感のまま卒業して、それ以降私から連絡することはなかった。同じ部活で汗を流しても結局あの印象が抜けなくて最後まで本当の意味で心を開くことができないままだった。

高校はやりたいことがあって、知り合いのいない少し遠い都市部学校を選んだ。そこでも同じ質問をされる。正直に答えようとして、名前が喉の奥につっかえて出てこなかった。

このまま唇を跨いだとして、本当のことを言ったとして。また否定されたらどうしよう。その時私は目の前の、これから仲良くしていきたいクラスメイトのことを好きでいられるだろうか。そう考えたら一番好きなものを好きだというのが途端に怖くなった。

結局当時一番ではないものの、好きだったチャットモンチー名前を挙げた。「私も好き」と返してくれたことにひどく安堵した。そのまま仲良くなって、友人も増え、知り合いが一人もいない学校にきたにも関わらず私は友人に囲まれ穏やかで楽しい高校生活を手に入れたのだ。

その時分かったことが2つある。

1.好きなものを好きだと馬鹿正直に打ち明けなくてもいい。自分がわかっていればそれでいい

2.下手に答えてその人を嫌いになってしまうくらいなら、当たり障りのない答えをしておいた方が圧倒的に楽だ

人生を穏やかに楽しく生きるためのコツを掴んだ気がした。あの質問をされるたびにその時聴いているアーティストのなかから流行ってて人気がある人を答えるだけでよかった。答えたそのアーティストが好きなのも一部分では本当のことだから、すんなり信じてもらえた。

自分友達にそんなことをする人がいると思いたいわけじゃない。実際多分いないと思う。けど誰にも迷惑かけていないただの自分の嗜好を否定された時、その友達を好きでいられる自信がない。友達ならまだしも、生きてく都合上ある程度関わらなくてはいけない程度の思い入れしかない人だったら尚更許せる気がしない。

からこれは私なりの予防線だった。なるべく人を嫌わずに生きていくために必要だった。

大学に入ると自分大人に近づくにつれ、周囲も大人になり、人との違いに寛容になっていった。当たり前だけど大学はいろんな人がいる。多分ここでなら何を好きと言おうと否定してくる人間はいなかったと思う。それでも言えなかった。

社会人になりいろんな世代の人と接するうちに、ご年配の方には人の嗜好にまで口を挟んで否定してくる人が多いことにも気がついた。それでも付き合っていかなきゃいけないから、もはや言う努力なんてやめてしまった。

数少ない私の一番好きなアーティストを知っている二人、夫と親友GARNET CROWの話をしたのは去年のことで、好きなものを正直に話してもいいと思えるまで出会ってから10年かかった。

今ここで書けるのも匿名からだ。

私はこれからもきっと本当に好きなもの誰にも言えないままだと思う。この先も「普段何聴いてるの?」と聞かれるたびにそのとき比較流行っていて聴いてるアーティストのなかから適当に答え続けるだろう。

の子何気なく発した言葉が、十数年経った今でも未だに私に刺さったまま抜けない。

この増田を読んでくださった方々にそんな方はいないだろう。本当に私が届けたい、いつかのあの子にこの言葉は届かないんだろうし、そもそも私が傷つきやすいってだけなんだと思う。でも、

自分の好きなもの否定されていい気持ちになるやつなんて、この世に存在しない」

これは誰にでも当てはまることだと思うから。いつか誰かに抜けないトゲを刺してしまう前に、言葉を発する前にどうか一度思いとどまってほしい。私も気をつける。

その"好き"をあなた理解できなくてもいい。しなくてもいい。どうか、否定しないであげてほしい。理解出来ないってだけで攻撃対象にしていいわけじゃない。

否定言葉の代わりに「そうなんだ」と相槌を打つだけで世界は少し優しくなる。誰も傷付かずに済む。

誰もが一番好きなものを素直に好きと言える、言っても傷付かない優しい世の中になってほしい。

バンプが好きだと言ってた中学生チャットモンチーが好きだと言ってた高校生、クリープハイプが好きだと言ってた大学生の私が救われることはないけれど。世界が少し寛容になればそれで救われる誰かがいる。いつか変わることが出来る。そう、信じている。

2020-07-31

祖母の死に水がオロナミンCだったのが悲しい(追記しました)

この冬に亡くなった父方の祖母は、祖父の初婚の相手が病没してからの後添いで、最近後家でもあった。

彼女祖父再婚したとき、すでに父も伯父も成人していたので、祖母を慕うでも疎むでもない、いわゆるおとなの距離感だった一方、私と母は祖母とずっと仲良しだった。

祖母血縁関係がないことを知ったのは小学生時代の半ばだったが、「あ、まじ?」くらいのかんじで、祖母のことは変わらずずっと好きだった

80歳になった頃から認知症が出始めて、以降はちょっと若返り、ずっと79歳で通した。

90歳近くになっても「80歳になったら遺言状を書く」と言い続けていたので、遺言状書くのが潜在意識レベル億劫だったんだろう、気持ちは79歳のまま、91歳で亡くなった。

歳もとしで、生存してる知己も皆無のため、葬儀では町内会長が弔辞を読んで下さった。

会費払うくらいの活動しかしてなかった祖母に対して「〇〇地区の発展のためおおいに尽力されました」は、いくらなんでも高齢者汎用弔辞丸出しだなと思われたから、私が親戚代表でお別れのことばを読めてよかった。

私は次男の娘、しか結婚して姓も変わったというはんぱなポジで、完全に押し付けられたかっこうだけど、彼女のことを好きだったから、そういう人が読んだほうがいいと我ながら思ったのだ。

祖母は私達家族がたずねると、「今くるところと思っとったとよ」と言って迎えてくれ、帰るときは「もう帰るとね。泊まっていけばよかやんね」と送ってくれた。

電話を掛けると、「今かけようと思っとったとこやった。気は心たいね」と言った。

彼女には決まり文句があった。

それが大好きで、もう聞けないと思うと寂しくて仕方ないと、そうお別れのことばをのべながら私は泣き、母も泣き、その後の進行でも泣き通しに泣いていたのだが、式の最後、死に水をとる段(祖母地域では、菊の葉っぱに飲料をつけ、遺体の唇を湿らせる行為)になって涙が引っ込んだ。

死に水がオロナミンCだったのだ。

葬儀場の人がすんごいしめやかにオロナミンCをご用意いたしました」って言いだしたとき、死んでるのに元気ハツラツもあるかよ、と思い、さっきまで泣いていたのに急転直下で笑いをこらえるはめになった。

のちに、伯父が気を利かせて手配したと発覚するのだが、それにしたって死に水がオロナミンCとは……と思うと同時に、私はかすかな違和感を覚えていた。

おばあちゃんオロナミンC飲んでたっけ? 

生前祖母はたしかにこの手の飲み物を愛飲していた。夏場に行くと茶色い瓶を差し出し、増田ちゃんも飲まんね、と勧めてくれた記憶もある。

ならばオロナミンCを飲んでいたのだろう。よく生協からとっていたという記憶もまた、あるにはある。

葬儀後、伯父は、我ながらオロナミンCナイスプレイだった、祖母子さんは(伯父も父も、決してお母さんとは呼ばない)オロナミンCが好きやったけん、と自ら言いまわっていた。伯父は祖母敷地内別居をしていたので、離れて暮らした私よりよほど祖母生活に詳しいはずではある。

そんなわけでオロナミンCで死に水をとったのち、祖母は骨だけの姿にかわり、四十九日を納骨の日と定めて再度集まった。

その日、葬儀ときは訪ねなかった、祖母が亡くなる直前まで暮らした家に寄り、私はそこで、おもいもしなかったものを目にした。軒下に大量の茶色い瓶が置いてある。

あーほんとに大好きだったんだな、おじいちゃんに怒られるくらい飲んでたよな……と思って瓶の群れに近付き、私は雷に打たれたような衝撃をうけた。

瓶が……でかい! 

これは、オロナミンCの瓶ではない……!

とっさに写真を撮って友人にLINEしたら、

「それはもうデカビタやんか」

とかえってきた。

まさかミルクボーイまさかの全力チャージ

葬儀ときになんとなく感じた違和感の正体はこれだった。いま、瓶を見てはっきり思い出した。

祖母が勧めてくれたのは、小さな瓶のオロナミンではない。

大きな瓶のデカビタだったのだ。

おばあちゃん、死に水をエナドリ(?)にされるという素っ頓狂な目にあったうえに、銘柄を間違われてる……。

そのことがわかったとき、私はほんとうにほんとうに、心の底から悲しくなった。

実子のない後添いの、そして後家の、なんとつらく悲しいことかと思ってしまった。

成人してから出来た継母への興味なんて、そりゃ愛飲しているのがオロナミンかデカビタかもわからない程度のものなんだろう。

だって自分立場に置き換えたらそうなるかもしれない。

それにしたってあんまりじゃないか

町内会長にはなんの罪もないどころか、参列の上弔辞まで読んで頂き感謝しかないが、あの汎用弔辞や、祖父の前妻が眠っているからという理由一族の墓とは別に用意された納骨堂のことも、全部全部悲しく、やりきれなかった。(が、私が祖母なら納骨堂に入りたいなとも思った)

そして何より祖母に会いたくて仕方なくなってしまった。書いている今も祖母に会いたい。

が、あの世に向かって全力チャージしてしまった祖母とは、永遠にとは言わずとも、当面会う事はできないだろう。

どうしていいかからないし、どこにもこの気持ちを持っていきようがないから、とりあえず、オロナミンとデカビタで、利きエナドリ(?)をやってみたいと思っているし、できたら両者区別がつかないといいとも思っている。

という話を、葬儀後、大学時代サークル仲間で餃子パーティをしたときに話した。

その場の人たちは、参加したい、どうせならドデカミンリアルゴールドミラクルVなども加えて盛大にやった方がいいと言ってくれたが、直後のコロナ禍でまだ開催できていない。

-----------------

追記

半年以上、祖母の死に水オロナミン事変についてもやもやしてたのもあり、長くまとまらない吐き出しだったのに、たくさんの人に読んでもらえていてびっくりしました。ありがとうございますコメント全部読みました。これからもらえる分あったらきっとそれも読みます祖母を悼んでくださった方、本当に恐れ入ります。これを自分で言うのも野暮ですが、リアルゴ……実話です。

オロナミンはデカビタの上位互換なので大丈夫、という意見散見されてかなりとほっとしました。

1月、家のまえにいた迷子のおばあちゃんをご自宅まで送っていったときのことを増田を書いたら、思いがけずいろんなコメントをいただけて、それを読んで少し気持ちが整理できたということがあった、その直後に祖母が亡くなり、まさかオロナミン事変。

こんどは自分のおばあちゃん葬儀についてなかなか気持ちのか整理がつかず、もう一度……と思って増田に吐き出したら、笑ってもらえたり、やるせなく感じた部分をわかってくれる方もいてうれしかったです。

あと、知らないエナドリ(?)もあがってたから、利きエナドリやるときは買い集めようと思います

2020-07-18

才能のある人間が羨ましいという話

この日記を見ていらっときた人、批判したくなった人、意見を言いたくなった人、どんな人が現れるかわからないが、深夜4時のテンションで日頃の鬱憤を吐き出したい。

お叱りの意見が来るのは承知である。あとで見返して大反省するのも承知である

大半の人間が何かしらの才能を持ち合わせているという事実

なぜかよくわからないが、周囲の人間に限ってはこの事実例外を見たことがない。

友達のSは絵が上手くて自頭がよく化粧やお洒落はしていないが周囲から愛される。

友達のYは友だちが多い。また頭の回転が早く旧帝大に現役合格しており、吹奏楽部幹部で頑張ってきたようだ。

友人のTも旧帝大に楽々合格して、運動神経も良い。ついでにルックスも良い

友人のMは友達が少なく勉強も苦手なようだが球技だけはずば抜けており、最近では趣味イラストも上達してきている。

などなど

私も良い大学合格したくて誰よりも努力した、少なくとも勉強時間でいうとクラスで一番だった。中学の頃は友達恋人に囲まれてる人が本当に羨ましかったし、趣味イラストだってずっと頑張ってきてる。

でも、なぜかできない。

何を頑張っても平々凡々にしかできない。そりゃあ、勉強だって高1の頃から居残りをして沢山やってたから、担任から一橋だって行けるんじゃないかって言われてた。周りがやってなかったから。でも、学年が上がるに連れて自分偏差値相対的に落ちていったし、何より効率よく勉強したはずなのに、一橋どころか地方公立でさえ落ちた。今は胸を張って高学歴だとは言えない私大に在籍している。自分頭が悪い自覚がなかった、周りが良すぎると思ってたし今も思っている。(受験について述べ始めるとキリがないが、政経センター対策参考書網羅したはずなのに、半分知らない内容だったし、数1A2Bだって自分の中では難易度の割によくできたほうなんじゃないかと思ってたら、平均点しかなくて絶望した、英文法も分厚い王道参考書網羅して自身があったのに某私大英語では参考書にない知らない文法ばっかりでひっくり返ったし、受けた奴らは皆簡単だったと言ってて暫くTLも見れなかった。)

模試の度に反省をしてトライエラー繰り返してきたけど、受験を振り返ってみると圧倒的にやった参考書の量と勉強時間が足りない。の一言に尽きる。誰よりもやってきたはずなのに、自分スマホ禁止している間スマホをやってた奴らのが成績が良かったのだ…。

私が記述数学対策必死でやってきた中で無対策友達に点数を好かれたら死ぬほど悔しくて、3日間睡眠食事以外徹底的に勉強した(一日15時間以上)り、冬休みネットテレビを経って毎日14時間ぐらい無我夢中勉強した

それでもセンターが近くなるに連れて周りの奴らが本気で勉強しだすので、自分の成績は上がりようがなかった、くそったれ

まぁ勉強は才能がなかったで終わり、今は就職のための新しい勉強をしているか学歴はもう良い、と最近は思う。まぁ、その勉強受験勉強と同じく好きだけど得意なわけじゃないか就職してもできるやつに追い抜かされるんだろう。

んでもってさ、勉強以外ができるのかって言うと、違うのよ。

まず自分は圧倒的に仕事ができない。ケアレスミスが多くてレジ打ちなんてもってのほか集中力がすごいだけで、一つのことに集中してはいけない接客業では圧倒的にハンデになる。マルチタスクがこなせない。何をやれば良いのかわからなくなってしまう。覚えたことがごっちゃになって、またそこでもケアレスミス。せめて仕事ができる人間だったら良かったのに

そして、受験が終わってから小学生の頃からずっと好きだったイラストをまた描き始めたがこれがまた成長しない。ネットで上手くなる方法を探してはトライエラーを繰り返し。デッサン模写も沢山やってるし、周りの友達可愛いね、上手だねって褒めてくれる時はあるけど、上手い人と比べると圧倒的になにかが足りない。同じ18歳で絵の上手い人なんてゴロゴロいるけど、自分より絵描き歴が短かったり自分より圧倒的に描いてる枚数が少ないのにこのレベルかと驚愕することが多い。(自分中学生の死ぬ気で絵を描いていた。)もうやだ、才能がない、辞めたい、過去絵みたら全部下手に見えてくるし、って思いながらも睡眠時間を削って大学課題をする時間以外はずっと絵を描いている、3月から。(諦めたり、辞めたりしない、継続する根性受験期に身についた)さっきも絵を描いていたけど、やっぱりちょっと楽しいと思う半面もう百枚以上は描いてるんだからそろそろ上手くなっても良いんじゃないかと思う。無念。

友達だって少ないし、人から愛されるような愛らしさや魅力もない。ツイッター愚痴ると嫌われるから本性は出さないようにしてここで愚痴ってるし、中3から化粧の仕方だってyoutube研究してきた。見た目のコンプレックスだって拭えない。

最近よく何かがずば抜けてデキる人が本当に羨ましいと思うし、自分は何をするにも鬱になるぐらい、他の娯楽を全部我慢して睡眠時間を削るぐらいの努力をしないと”そこそこできる”のラインに到達できないのに嫌気が差してきた。

自分には何ができるのかわからないしなんの才能があるとも思えない。ちょっとかじっただけで何でもできてしまう友人が本当に羨ましかった。

一時期はこの人だって自分より努力してるかもしれないと思う時があったけど、そう思えないほど自分精神的にも体力的も疲弊してるのに 相手SNSでの楽しそうな投稿を見る度にこいつは自分より才能があるんだっていう認識に変わる。

これでも、頭が良くて友だちが多くて運動音楽の才能がある多彩な人間ほどもてはやされた中学時代と違って、女子大生は才能がなくてもルックスだけ良ければちやほやされるから楽だ。自分普通だけど。

以上、今日徹夜イラスト練習をしているがその合間に書きなぐった愚痴です。文章ぐちゃぐちゃ。大勢の人に見てもらいたいわけじゃないけど、深夜のテンションとたまには愚痴ってもいいよねってことで吐き出してみた。

おわり

2020-07-01

不倫相手と連絡を絶った

16才の時から13年間ずっと不倫してるお姉さんとさっき連絡を絶った。気づけばアラサーだ。相手のことは13年間変わらずにずっと好きだった。8才年上の賢い人だった。性的な魅力が衰えたから連絡を絶ったわけではない。そもそもここ8年くらい性的接触はほぼなく、2ヶ月に1度ご飯を食べてキスをして別れるだけの関係だった。キス性的接触といえば性的接触だけれども。

2020-06-17

高校の時付き合ってた人に大学卒業の時に4年間ずっと好きだったから縁切らないでって言われてそうだねって言ってから丸3年連絡もなくて今夢に出てくるほど会いたいんだけどどうしたらいいか

大学4年間は自分もその人も恋人できたことない

2020-06-16

私はファンの力で天変地異を起こしたかった

私にはずっと好きだった作品がある。

その作品はそろそろn周年を迎える。(nには任意数字を入れてほしい。)

そして私は、そのお祝いの作品を作っている。

けれど、私はそれがまったく楽しくない。

その理由も分かっている。そのことを書きたいと思う。

私は、ファンの力さえあれば公式を動かせると信じてきた。

信じて、この作品が好きだ!と発信し続けてきた。

私がその作品に出合ったのは、まだ学生の頃だった。

それは世の中に出たばかりで、たまたま手に取った私は今までに出会たことのない世界観表現の美しさ、その他全てに心を奪われてしまった。

今思い返しても、人生五本の指に入る素晴らしい偶然の出会いだと思う。

私はクラスメイトや友人にその作品布教しにかかったが、作品ターゲット層と私の年代が合っていないこともあり、あまり捗らなかった。

それからしばらくした頃、世の中でインターネット好きな物を発信する手段が出てきて、

学生から社会人になり、様々な自由を手に入れていた私は当然、インターネットの場でこの大好きな作品を広めよう、もっと色々な人に知ってもらおうと活動しはじめた。

しかし、その時にはもう遅すぎた。

作品はヒットすることなく数年が過ぎ去っていて、インターネットにあったのは一握りの熱心なファンの集まりと、「あの作品面白かったよね」と思い出話として語る人々だけだった。

天変地異でも起きない限り、あの作品が多くの人の目に留まることはなくなってしまっていた。

もちろん、多数の人の目に留まることが全て善というわけではないし、私はファンの集まり出会った皆さんにも思い出でも語ってくれた人たちにも大いに感謝している。

ただ、私自身が、「自分の好きな作品が沢山の人の目に留まってほしい」と強く思っていただけだ。(言ってしまえば、メジャーになってほしかったということだ)

私は何度も、作品が出た頃に何もできない学生だった自分を恨んだ。あの時に何か出来ていたら、と。でも恨んだところでどうしようもない。

その代わり、私には、1つの希望があった。

それは同じようにインターネットに流れていた、『ファンの声で公式を動かした』という先人たちの実績の数々だった。

最近Twitterに流れてきていたものだと、サクラ大戦のような、あれ。

私はそれを信じて、声を上げ始めた。

といってもそこまで大それたことをしたわけでもなく、推し作品布教する話になったら本気でプレゼン画像を作ったり、良さを語るブログを書いたり、

あるいは公式に定期的に作品展開の希望を送ったり、n周年の時にお祝いの二次創作をしたり、幸運にも作者さんと直接お会い出来たときファンレターで思いを伝えたり。そんな感じ。

(今思い返せば、署名活動の1つでもやればよかったと思う。それをしなかったのは私の怠慢だし、何より「もし集まらなかったらどうしよう」という、自分の好きな作品好きな人の人数が可視化されることへの恐怖にビビったチキンさ故だ。情けない)

たくさんの良き出会いもあったし、嬉しいことに私の発信から作品を手に取ってもらえたこともあった。

そのことには感謝してもしきれないし、ファンとして声を上げていて本当に良かったと思う。

ただ、私には天変地異を起こす力は、なかった。


なかった。


数年前出た小さな設定集を最後に、私の好きな作品は止まっている。


きっとこれはよくあるありふれた話なのだろう。悲しい思いをして諦めているのは私だけではないのだろう。それは分かっている。

作品のヒットだって時の運だ。どんなに作者さんが粉骨砕身しても、プロデュースが頑張っても、ヒットしないものはヒットしない。

どんなにファンが声を上げようが、動かない公式はある。

分かっている、分かっているのだけど、「どうして私の好きな作品が」という思いは拭えない。

(私の好きな他の作品も似たような感じなので、余計に思ってしまうのだろうというのもある)

そう思っているうちに、声を上げることが辛いと思ってしまうようになってしまった。

馬鹿な、と思ったし、そんなことはない、たとえ天変地異を起こせなくても声を上げる意味はある、と言い聞かせた。好きな作品について話せる人に出会えるんだし。いいじゃん。

けれど、自分言葉を信じきれないくらい、私は疲れていた。

勝手に声を上げて、勝手疲れただけなのだが。

そう、これは一人のファン作品から離れることを、おおげさに書いた文章だ。

気持ちが離れたことを「公式を動かせないことに疲れた」と言い訳している、身勝手自信過剰自分の力量を見誤ったファンのたわ言だ。

たわ言だ。

絶対に言いたくなかった、たわ言だ。

言いたくなかったけど、吐き出さないとおかしくなりそうだったから、ここに書き殴っている。


私にはずっと好きだった作品がある。

その作品はそろそろn周年を迎える。(nには任意数字を入れてほしい。)

n周年が過ぎた時、私にとってその作品は、

「あの作品面白かったよね」という思い出になってしまうのだろう。


もし、これを目にした人で、私と同じように公式に届け!と動いている人がいたならば。

私はあなた天変地異を起こせることを、強く、強く、願っている。

そして、それと同じくらい、あなたあなたの好きな作品を好きでいることに疲れてほしくないと、強く、強く、強く、願う。

おわり

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん