「詰所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 詰所とは

2020-06-23

anond:20200623134430

ガチで寝てた…

おれ今日自分本来業務でない仕事で、外の詰所的なとこに入ってて本当にひまなんだよね

YouTubeでもみるか…

2020-06-11

『クソデカ羅生門登場人物紹介

登場人物大嘘

クソデカ羅生門トチ狂ったクソデカさを誇る門。正気を疑うレベルデカい、というかガチ世界一デカい。碌に修理もされず、ボロボロに荒れ果てた結果、クソヤバい狐狸や世界最強の盗人(六万人)が棲み着くようになったり、死体が超スピードで積み上がるようになってしまった。

下人:下人というからには、どこぞの使用人に違いあるまい。最近、主人にクビにされたらしく、激烈豪雨の中行きどころも無く、クソデカ羅生門で超途方にくれているが・・・

ブッサイクで気持ちの悪い顔だが、清廉潔白高潔にして、ありとあらゆる悪を世界一憎む心を持ち、最強正義体現する男の中の男。その一方で腐った性根と史上空前に邪悪な心を兼ね備えている。大馬鹿で学がなく、クソアホ。七十二時間ほど呼吸をするのを忘れても生きていける。三千里(約一万二千米)飛び上がる跳躍力を持つ。韋駄天異名を持つ。足は丸太のように太い。腹が減っている。天下無双にして無敵。最強下人。後に剣聖と呼ばれる。身長体重不明

蟋蟀:昆虫。象くらいデカい。クソデカ羅生門の円柱に止まる。

京都魔都上海、大淫婦バビロン、冥府の首府パンデモニウムを超える世界最悪の罪の都にして、最低最悪のゴミの掃き溜め。超巨大地震とか破壊辻風とか最強大火事とか極限饑饉とか云うエグすぎる災が、ここ二、三千年ほど毎日起こった結果、いまいち俺の貧弱極まりない言語能力では到底形容しきれないくらい荒れ果てた。しかしながら、クソ治安がいい。あと、クソ広い。

鴉:鳥類。超凶悪。クソデカ羅生門周辺に億単位で沢山集まってくる割には、いつの間にか数万羽に減っている。超凶悪。鼓膜破壊レベルの音量で啼きながら亜音速で飛び回る。超凶悪。死人(サイズ不明)の肉を、気が狂ったように啄みまくり、えげつなく臭い糞を垂れる。超凶悪

主人:下人の主人。クッソ強い。えげつなくデカい家に住む。下人を永年犬のごとくこき使ってきたが、ある日突然解雇する。下人とどっちが強いか不明

聖柄の大太刀:下人が腰にさげる世界最高の名刀。

※聖柄:ひじりづか。刀剣の柄を三鈷の形に作ったもの

大人食い蜘蛛昆虫ではない。クソデカ羅生門天井裏に巣をかけて暮らしている。

老婆:クソデカ羅生門の住人。最低最悪醜悪人間。檜皮色のクッソ汚れたきたならしい着物を着ており、ノミのように背が低く、ナナフシのように痩せこけ、髪はびっくりするほど短い白銀色の、豆猿のようなクソババア。超赤くなった瞼と、凶暴肉食最恐鳥のような、めちゃくちゃ鋭い眼がチャームポイント。極細喉で、針のように尖った喉仏を動かしつつ、ほとんど、鼻と一つになったタラコから、凶鴉の啼くような実に聴くにも堪えない冒涜的な汚い声を発する。神速の動きで下人を翻弄する。

※檜皮色:ひわだいろ。焦げ茶に近い暗い赤色

髪を抜かれた女:死んでる。生前傾国美女と讃えられるまでの美貌を誇り、八岐大蛇を四寸ばかりずつ切り刻む程度の能力を持っていたらしい。原型を想像できない程ぶつ切りにした干八岐大蛇を干巨大怪魚と偽って太刀帯の陣やらそのへんやらに売りまくる。大疫病に四回かかっても死なない程度の超絶免疫力抵抗力を持つが、とうとう五回目で儚くも死ぬ。死後、クッソ哀れにもそのバカ長い髪を一万本ずつ見ず知らずの極悪クソババアに抜かれるハメになる。なお、髪は巨大鬘の原料として有効活用される模様。

ところで、作者(本記事執筆者)はさっき(五万行ほど前)「Supreme Dragon Slayerにして傾国美女」と書いた。しかし、それはクソバ珍妙男がクソデカ羅生門の中に広がるクッソ空虚宇宙的暗がり、いわばダークマター暗黒物質)の中でクッソ長い髪をした巨死骸をおぼろげにも傾国美女と思い込んだだけで、クッソ長い髪=女、女=傾国美女、したがってクッソ長い髪=傾国美女というクソアホ三段論法を駆使して生み出された偶像アイドル)かもしれないのだ。起きがけの頭で冷静に考えてみると、そもそも女ではない可能性すらある。

太刀帯の陣:たちはきのじん。東宮坊の武官皇太子を警備する公務員である帯刀舎人(たちはきのとねり)が、御所を警備するための詰所

作者:『クソデカ羅生門』の作者。控えめに言って天才もしくは狂人。その行方は俺含め、マジで誰も知らない原作構成メタクソにぶっ壊してない辺り、芥川龍之介と『羅生門』への極限までに強い、ハチャメチャに妄執じみたリスペクトをそこはかとなく感じられる気がしないでもない。

芥川龍之介:『羅生門』の作者。日本小説家。1892(明治25)~1927(昭和2)。芥川賞は、直木賞と並んで有名な日本文学賞

2020-06-05

anond:20200601193525

はてブコメントとか見てると、大体こんな感じか。

1. 警察自衛隊医療機関といったものと一緒で、削ると有事に困る。

 → だったら役に立つような活動しろよ。医療機関の人が全国手術最速選手権とかやるか? やっていたらすまん。

 元増田は「消防団活動再開には活動有用性を具体的に示して頂きたい。」って書いている。火災が増えたかとか何とかはあくまで例示だろ。

 日頃、別の仕事をしている人のプライベート時間を安い金で吸い上げるんだから無駄遣いするなよ。

 有事に困るなら平時意味を持たせてくれよ。

2. 操法がどんなものか知らん

 → 大まかに言えば、指揮者命令に従って、①消火用ポンプを設置する。②消防用の水槽から水を吸い上げつつ、50mくらい先の火災現場に送水、消火する。③水を止めて、片付けろと命令する。

 これをいかに速く美しくシンクロしてやるか、だよ。ここだけ読むとすごく役立つように聞こえるかも知れんが(書いた自分もいいことやってるじゃんって思ってしまった)、シンクロさせるレベルシンクロナイズドスイミングみたい。並ぶ線の位置に踵何cmを置くか、展開用ホースの並べる間隔は何cmとか。

 具体的にはYouTubeアップロードされている動画見たらわかる。これを市町村単位で、都道府県単位で、さらには全国で競うのが操法大会

3. 消防団は水害や徘徊老人の捜索なども役立つ

 →それこそ日常的に訓練してないのだが。そういう活動無駄だったとは言わん。地元に根差しいるから、老人がどっかに紛れてるかも知れんとか探すのには意味はあるかも知れんな。

 土嚢積みとか下手に積むと崩れるんだから、きちんと教育してくれよ。こういう役に立つ訓練、教育時間なら、その積み重ねで地方自治への参加だのコミュニティの維持だのの実感も湧く。

 ちなみに私は応急手当普及員の資格を取らされたが、これは確かにやって良かったとは思う。消防団活動で数少ないまともな教育だった。 

4.税金云々

 →活動中の消防団員は非常勤地方公務員から税金でやってる。ただし、支給される活動費はさほど高くない。一般団員で年額20000円くらい。

 この額が見合うと思うならぜひ参加してもらえばよい。

 団員の手元には入らず、全額所属する地域の「分団」がプールする。ここから飲み会代や詰所待機時のカップ麺代や、それこそ操法大会の分団での準備費用が出るから、かなりかつかつ。

 ちなみに分団でプールする制度のせいで不正が起こったりして、総務省は怒ったりしている。

5. 地方によって様々

 →それこそ、同じ市町村でも新興住宅地ではない場合がある。面倒見てくれる元の地域があれば有事には来てくれるかも知れないが、全く新たに切り開かれたあたりとかは本職にしか頼れない。

 それこそ、予防接種子どもに打たない人と同じで、何もしない他所のために労力割くのは不快よね。無駄が多い活動も、最後のよりどころは「自分地元への愛と仲間との連帯」だからな。

6. 元団員、現役団員、そのご家族

 →お疲れさまです。

 (元)団員と、そのご家族には感謝尊敬しかありません。

7. まだ参加していない方

 →正直な話、参加はおすすめしません。あなたの貴重な時間大事にしてください。

 消防団でなくたって地域への貢献の仕方や社会への繋がり方は様々です。その中で消防団に加入しようと思うなら、皆歓迎してくれます

 地元や、親の圧力に負けそうな方。大変ですね。私もそうでした。その地を離れられるなら離れましょう。上にも書いた通り、消防団のない地域はいっぱいあります。離れられない事情があるなら、その地域に住むコストと思って活動に参加するしかありません。地域差が激しいから何とも言えません。

8. 馬鹿には何かをやらせておかないとろくなことをしない。

 → こういう、徴兵制教育効果あるとかいうのと同じ考え違えしてる奴に辟易する。何でお前が消防団入ってないのか疑問だわ。多くの消防団人手不足から、ぜひご参加下さい。人を貶めたりろくでもないことする前に参加して、無駄エネルギー時間コストを発散して下さい。

 参加してる? だったらお前が悪さしてないのは消防団活動のおかげだから感謝尊敬もしているから、これからも出動よろしく

2020-06-04

anond:20200604153956

恐らく地域差があるのでしょうね

私の地域では本職の到着と地元消防団の到着はほぼ同時です

時には消防団が先に消火活動を開始している場合さえあります

消防署より団詰所の方が近い場合など)

全国統一意識を持つことは難しいかもしれません

消防団必要地域もあり、そうでもない地域もあるのでしょう

ただ、操法訓練は全くもって必要ないと思います

anond:20200604141950

私も現役団員ですが、

「非常時に駆けつけられる人員

という点を挙げるなら尚更消防団員無意味でしょう。

消防団員普段、別の仕事を持ってます。そして、非常呼集がかかっても、赤信号突っ切って現場に駆けつけることはできません。

ポンプ車の運用最低人数が確保されるまでに、本職による消火活動が終了することもしばしばです。

消火後の残火確認交通整理、誘導くらいのもんです。

それでいいなら、消火訓練すら意味はなく、むしろ交通整理や残火確認ボランティア登録でいいのではないですか?

各分団に配備されているポンプ車や消防団員活動費、詰所の維持費を市町村予算で手当てするくらいなら、本職の増員や消防本部で器材の拡充を図る方が有益だと思うのです。

この辺りは、増田とは意見は一致しないかも知れません。

多分、我々の意見が一致するのは、

操法大会はやりたい奴だけやればいい、操法の訓練など無益」と言う点だと思います。今回のコロナ操法訓練が無くなってホッとしている人も少なくないはずです。

2020-04-29

施設警備をしているのだが、コロナが発生した。

うちの担当している施設詰所が2つあるのだが、片方でコロナが発生した。

コロナが発生した事で、当然詰所の一つが隔離されたのだが…感染した警備員はもう一つの詰所にも交代で勤務していた為に片方だけというわけにはいかなくなった。

警備本社と連絡をとった結果、消毒を行い換気すれば大丈夫と指示をされたが大丈夫なわけもなく、他の警備員にも感染している可能性があるために自宅待機を命じられると思ったのだが…出勤しろと言われた。

そしてもうひとり体調が優れないという警備員が発生した。これでも消毒すれば大丈夫という。

いくら警備という業種が休めない職であろうとも、コロナが発生してしまっている状態で消毒して換気すれば大丈夫という考えはどうだろうか。

結局、誰かが倒れても人という部品を補充すれば問題ないって考えなんだなと。休めない職というのは辛い。

2020-04-14

anond:20200414074228

何の陰謀論だよ。

田舎は知らんが都内じゃ建設関係でも政治的自由普通にあるし、詰所で「金出してくんねえんだから俺ら働くしかないよな」って現政権叩かれまくってる。

批判する側がこんなんばっかだからあんなアホ首相支持率が下がらないんだよ。

2020-03-13

公共施設トイレ

明るくて綺麗で広めなのでここ使いやすかったな、と思いながら、入ろうとしたら清掃中の表示があった。

あ、入れないかな、と思ったら、トイレ入り口近くの警備員詰所みたいなところにいた警備員さんが、掃除中ですが大丈夫ですよ〜使えますよ〜と言ってくれたので入った。

掃除していたのは大柄な中年男性。きちんと清掃会社ユニフォームっぽいのを着ていて、無言で掃除していた。

他に利用者はいない。

なんとなく、なんとなく、利用しづらくて、何も言わずにすぐに出てきてしまった。

入り口警備員さんの顔は気まずくで見られなかった。

掃除しているのが女性の清掃員なら、同じ場面でも躊躇せずにトイレ使用しただろう。そういう機会は今まで何回もあった。

今まで女性トイレ男性の清掃員のかたが掃除している場面に出会したことなかったから、戸惑ってしまった。

トイレから出てすぐに、自己嫌悪に陥った。

一生懸命お仕事してくれてる人たちは、みんな周りの人の役に立つことをしてくれてるんだから、ありがたいね

男の人も、女の人も、男の人の心を持った女の人も、女の人の心を持った男の人も、いろんな人が世界はいるけど、みんな違うけど幸せならそれでいいんだよ。

お父さんが二人いるお家も、お母さんが二人いるお家も、お父さんやお母さんがいないお家も、家族幸せならいいお家だと思うよ。

って、子供たちに機会があるごとに言ってるお仕事してるのにな。

2019-12-05

初めて患者さんの前で泣いてしまった話

 突然だが、私は看護師をしている。同業者ならお馴染の入院期間が長く介護度が高いとされる内科の混合病棟。そこに私は新人で配属されてから今まで4年間勤務している。日々腰痛に悩まされ、終わらない業務に鳴り止まないナースコール土地柄なのか文句を言った者勝ちだとでも思っているかの如く多いクレーム。正直、毎日疲弊しているし帰っても何もする気になれない。

 そんな私が1年目の時、先輩看護師からふと「患者さんの前で涙を流してはいけないよ」と言われた。詳しい理由は聞いていないし、正直今でもあまりよくわかっていない。調べてもみたが、『時には涙を流すことも必要ですよ』なんていう謎のカウンセリング的な言葉最後に出てくるばかりで明確な理由はわから仕舞いだった。ただ、何となく自分のなかでは「私たちプロ医療従事者として、感情を露わにしてはいけないんだ」「患者さんやその家族の方には今まで歩いてきたその人たちの人生があって、私たちが関わっているのはそのうちのほんの数ヶ月。そんな短い時間関わっただけの看護師が、一番苦しくて大変な想いをしている患者さん、家族の方の前で涙を流すことはきっと何か違うんだ」と思ってきた。

 内科系、特に私の所属する病棟は残念ながら亡くなってしま患者さんが少なくない。4年間働くなかで看取りをした経験は数えきれないほどあるし、何度も「本当に私のしてきた看護は間違っていなかったのかな」と疑問に思うこともあったし、「もっとああしてあげればよかった」と後悔もした。自分母親と年齢の近い患者さんと、色んなお話をした夜勤明けに、「また明後日ますね」なんて言いながら別れたのに、次に勤務してきた時にはその人は亡くなってしまっていた、なんてこともあった。それでも私は涙を流さなかったし、どこかで自分に泣いてはいけないんだと暗示をかけていたように思う。

 そんなある日、ひとりの患者さんが検査目的入院してきた。

 ADLは自立、今まで入院経験もなく普通に自宅で過ごしてきた60歳代の上品女性。病室は詰所から一番遠い場所で、きっとそのうち検査が終われば退院するのだろうと思っていた。入院当初に発行する入院診療計画書にも、入院期間は2~3週間と書いていたように思う。

 けれど、検査の結果すぐに治療必要である疾患が見つかり、その患者さんの入院期間はどんどん延びていった。何号室の何番ベッドの人、と言えば全員が「ああ、〇〇さんね」とわかってしまうほど長い期間入院することになったその患者さんは、点滴、内服など様々な治療を代わる代わるうけていた。それでも文句の一つも言わず、「先生看護師さんには本当によくしてもらってるからね」といつも笑顔だった。

 その患者さんは、毎朝起きると持参の電気ケトルにお湯を入れるため給湯室までやって来る。夜勤だった私はその日、担当するチームではなかったものの偶然給湯室に居合わせ挨拶をして少しだけ給湯室前のソファで話をすることになった。

先生退院まだですか?って聞いたんだけどね、まだもうちょっと、って言われちゃった」

「色々と治療も頑張っていらっしゃいますもんね」

「もう一ヶ月になるかしら。そろそろ家に残してきた旦那のことも心配で」

旦那さん、いつもお見舞いに来てくださってますね」

「そうなのよ。何だかんだいって、心配してくれて。今までも色々と迷惑かけてるけど、まだもうちょっと、お世話になりますね」

 そんな会話をしたと思う。

 この頃、既に病名は本人にも家族にも告知されていたし、きっと自宅に帰るベストタイミングだったんだろうと思う。けれど、主治医はその決断を下さなかった。どうして、と聞きたかったけれど、それを誰も聞かなかったし、聞いていたところで教えてくれなかったと思う。

 それから更に一ヶ月が経って、その患者さんは酸素が手離せない身体になってしまっていた。疾患そのものではなく、合併症により呼吸状態が著しく低下したことは本人にも伝えられた。ただ一つ、予後があまり長くないことだけは、家族の方にのみ伝えられたらしい。急変時はどうしますか、という質問に返答はなかった。当然だ、ほんの数ヶ月前まで自宅で普通に生活をしていたのだ、入院だって自分の足で歩いて、普通に話ができていたのだ。

 合併症治療のため抗生剤が開始となった。すると、今度はその抗生剤の影響で感染症罹患。個室隔離することになった。

「こんなことになって、人にうつしてしましまうかもしれないなんて、孫にうつしてしまったらどうしよう。またみんなに迷惑をかけてしまう」

 そう言いながら涙を流す患者さんに、決してあなたのせいじゃない、あなたは誰よりも頑張っていますよ、としか伝えることができなかった。

 きっとずっと前から、心は限界だったのだろう。どんどん気力をなくしていくのが目に見えてわかったし、同時に、投与する酸素の量は増えて行った。

 そして、ある日の朝。その患者さんの担当だった私は、朝の内服薬を持って病室を訪れた。おはようございます、お薬を飲みましょうか。そう伝えると、閉じていた目がゆっくりと開いた。

「もう、いらない」

 そう返された時、私はすぐにどうして、と言えなかった。いつかこうなるんだろうな、とどこかで覚悟していた自分がいたのだ。

「ずっと頑張ってきたの。それでもこんなにしんどいの。どうして?もう疲れた今日死にたい。今すぐ楽になりたい。わかってるの、みなさんには本当によくしてもらってるの。先生にも、看護師さんにも。けど、もう疲れちゃった。もう何もしたくない。お父さんも、息子も、私に生きてほしいって言うの。でも、もういい。お願いだから楽にして」

 腕や足だけじゃない。指先、眼球にまで浮腫が及んだ身体で、整わない息で、そう伝えられた時、私は溢れてきた涙を我慢することができなかった。既に投与している酸素の量は限界、これ以上の酸素化を望むのであれば人工呼吸器をつける必要がある。逆に言えば、人工呼吸器をつければ身体強制的酸素を送ることはできる。今の医療は先を望めば生き永らえることができてしまう。家族から急変時の対応に関する返答はまだない。急変時の確認ができていない患者は、原則何としてでも助ける必要がある。けれど今、この患者さんは自分意思を私に伝えている。浮腫パンパンに腫れ上がった冷たい手を握った。

「今まで頑張ってきたんですもんね。しんどかったですよね。お薬は、今はやめときましょうか」

 そう言うだけで精一杯だった。

 しばらく何も言わず、ただ黙って付き添って、患者さんの息が整ったタイミングで病室を出た。その足でトイレに駆け込んで、心を落ち着けから業務に戻った。それでもその日、どれだけ他の患者さんと笑って話をしても、家に帰っても、あの患者さんと過ごした30分程度の時間が忘れられなかった。

 それから一週間後、その人は亡くなった。私は勤務時間ではなく、申し送りでそのことを聞いた。やっと楽になれたんだね、としか思えなかったし涙を流すこともなかった。身体を綺麗にして数時間後にはお迎えがきたし、その更に数時間後には新しい患者さんがその部屋に入院してきた。自分がどこにいるのかもわからないほど忙しい業務に追われ、代わる代わる入院退院を繰り返していく中で、それでもあの患者さんの言葉が忘れられない。あの時掛けるべき言葉が、すべきことがもっとあったように思う。けれど後悔している暇もなく毎日を過ごしていて、正解がわからないままここまで来てしまっている。

 私は、もうすぐ今の勤務先を退職する。理由は色々あるし、それはあの患者さんが亡くなる前から決まっていたことだった。新しい職場は決まっていない。けれど、きっとまた看護師としてどこかの病院で勤務しているのだろうと思う。私は、看護師仕事が好きだから理不尽なことを言われるし、後悔だって沢山する。それでも、看護師という仕事が、患者さんのことが好きなのだ。もしかするとこの先、同じように患者さんの前で泣いてしまうことがあるかもしれない。プロ失格だと言われてしまえばそれまでなのだけれど、でも、きっとその時も私は後悔して、また働き続けるのだろう。結局、正解なんてないと思うから。それでも自分にできることはあると思うから

2019-02-07

児童相談所へ一時保護された児童のその後

今だからこそ皆さんに児童相談所に無理矢理に一時保護されたトラウマを知ってほしい。

お願いします。

私が一時保護させられた時は、不登校でした。

とくに精神疾患非行はありませんでした(いまは一時保護体験が原因で鬱ですが)

勿論虐待はありません。

一時保護に至る経緯としては、朝、寝ているところを職員大人複数で車に押し込められ、連れ去られました。

着替えさせ許されず、当然、同意などありません。

せめておしっこさせてください、と言っても無視されました。

施設に入って聞いた話、人によっては、引きこもり自立支援施設のように、ドアを破壊されて連れられたと聞きました。

親の許可を得た上での保護措置と言うので法的には問題いかもしれませんが一生のトラウマになりました。

その後三重にあるあすなろ学園と言う、児童養護施設のようなところに入れられました。

最初荷物検査させられすべて把握されます名前を書かされますプライベートありません。

部屋にマイクが仕掛けられていて詰所に全て聞こえます

当然外出できません。職員から見て問題行動があれば一人部屋に監禁されるなど脅されます

隣に中学分校があり、行きたくないといっても毎日無理矢理引っ張られて行かされます

隣に学校があるので、不登校と言うのは不可能です。

そう言う生活が嫌で脱走する人は結構いましたが、脱走すると警察を呼ぶと脅されます施設には自閉症児がいました。

自閉症児と、色々な症状を持つ子が5人部屋にすし詰めのように入れられていました。

から考えると、病状によって分けるべきではないかと思いますが、中学生だったのでこういう物かと思って。

精神的なケアもあまりありませんでした。閉鎖空間に閉じ込めて学校行かせるだけ。

退所後、私はそれが原因になって人間不信になり引きこもりました。今も解決してません。

無理に入院させた親と軋轢が発生し家庭がグチャグチャになりました。

私だけでなく、他の子トラウマになってる人が多く、自殺した子もいると聞きました。

きちんと社会復帰した人は、3割以下だと思います

ですが、施設退所後の事なので、後々自殺などがあっても施設児相責任は取りません。

施設に入っている間、何も事件が無ければ良いという考え方です。

自分体験は以上です。今も苦しんでます

このままいけば、また、引きこもり自立支援施設や、精神病棟に拘束されるのでしょうか?

これが無理矢理に一時保護され養護施設に入れられた、私の現実です。

ずっと今も苦しんでいます

anond:20190206170358

職員の方へ。今だからこそ児童相談所に無理矢理に一時保護されたトラウマを知ってほしい。お願いします。

私が一時保護させられた時は、不登校でした。とくに精神疾患非行はありませんでした(いまは一時保護体験が原因で鬱ですが)一時保護に至る経緯としては、朝、寝ているところを職員大人複数で車に押し込められ、連れ去られました。着替えさせ許されず、当然、同意などありません。せめておしっこさせてください、と言っても無視されました。

施設に入って聞いた話、人によっては、引きこもり自立支援施設のように、ドアを破壊されて連れられたと聞きました。親の許可を得た上での保護措置と言うので法的には問題いかもしれませんが一生のトラウマになりました。

その後三重にあるあすなろ学園と言う、児童養護施設のようなところに入れられました。

最初荷物検査させられすべて把握されます名前を書かされますプライベートありません。部屋にマイクが仕掛けられていて詰所に全て聞こえます。当然外出できません。職員から見て問題行動があれば一人部屋に監禁されるなど脅されます

隣に中学分校があり、行きたくないといっても毎日無理矢理引っ張られて行かされます。隣に学校があるので、不登校と言うのは不可能です。そう言う生活が嫌で脱走する人は結構いましたが、脱走すると警察を呼ぶと脅されます施設には自閉症児がいました。

自閉症児と、色々な症状を持つ子が5人部屋にすし詰めのように入れられていました。今から考えると、病状によって分けるべきではないかと思いますが、中学生だったのでこういう物かと思って。精神的なケアもあまりありませんでした。閉鎖空間に閉じ込めて学校行かせるだけ。

退所後、私はそれが原因になって人間不信になり引きこもりました。今も解決してません。無理に入院させた親と軋轢が発生し家庭がグチャグチャになりました。私だけでなく、他の子トラウマになってる人が多く、自殺した子もいると聞きました。

きちんと社会復帰した人は、3割以下だと思います。ですが、施設退所後の事なので、後々自殺などがあっても施設責任は取りません。施設に入っている間、何も事件が無ければ良いという考え方です。

自分体験は以上です。今も苦しんでます。このままいけば、また、引きこもり自立支援施設や、精神病棟に拘束されるのでしょうか?

これが無理矢理に一時保護された、私の現実です。

追記

ブクマでの反応ありがとうございます

受け取り方は個々人の自由ですが、一つだけ気になるブクマがあったので返信しま

◾️「病識のない人を病院に連れていくのは大変」みたいな話かな。虐待とはまた違う問題

統合失調症病識が無いと言う意味でしょうか。それは無いです。

いじめから不登校と言うよくあるパターンでした。

精神科には行っていますが、児相の件が原因のうつ病の診断がされただけです。

かに児相の件をネット検索すると統合失調症っぽい人の記述は多いですが、

不当な一時保護が多いのは事実ですよ。

ただ、本当に一時保護されるべき子供最近事件など)が

保護されていないと言うのも事実です。

個々のケースで単純に理解してしまっていい問題では無いと思います

2018-08-29

ネット上の艦これコミュニティまとめ

艦これももう5年目とあってネット上にはいろんなコミュニティが乱立してるから「どこを見ればいいかからない!」って人も多いと思う。

とりあえず有名どころを自分備忘録も兼ねてまとめてみた。

おまけでおすすめ度付き。


おーぷん2ちゃんねる ブラウザゲーム板(おすすめ度:☆☆☆☆☆)

ネット上の艦これ匿名コミュニティでは現在最も勢いのある場所

おーぷん2ちゃんねるでの事実上の「艦これ専用板」。

(もちろん他のブラゲのスレも立ってる。また後で述べるけどおーぷん2chには他に「艦これ板」もきちんと存在している)

かつての旧2ちゃんねる現在の5ch)に存在していた「本スレ」の役割結果的に担うことになったので、人も多く、流れも速く、話題も幅広く、結構な頻度で艦これ以外の話にも脱線する。

人数が多いおかげで深夜でも誰かしらスレにいるし、基本的に住人は親切でノリがいいので迷ったらまずここを見よう。


したらば 艦これ専用掲示板おすすめ度:☆☆☆☆★)

おーぷんのブラゲ板より若干勢いが落ちるものの、艦これの話はこちらの方ががっつりできると思う。

雑談以外にもイベント攻略ランキングなどを専門に扱うスレもあり、現在は廃れてしまったがかつては仮説検証もさかんに行われていた。

イベント攻略情報を知りたい時はここが一番早いと思うのでとりあえず覗くべし。


したらば 艦隊これくしょん専用板 改(おすすめ度:☆☆☆★★)

上の「艦これ専用掲示板」とは別の板。

でも板の勢いはほぼ同じくらい。

基本的に何でもありだったけどそのせいで荒らされたので現在はやや規制が厳しい。

艦これ話題を扱う雑談スレ艦これ以外の雑談スレスレが完全に分かれてる。

比較エロに寛容でエロ専用のスレが立ってるのはデカいよね。


ふたばちゃんねる 二次元裏img(おすすめ度:☆☆☆★★)

知られざる穴場。

艦これの話がしづらいふたばの中で、この板の住人だけは比較艦これ好意的なのでしょっちゅうスレが立つ。

ふたば全体の傾向らしいけど、特にimg板は独自の閉鎖的な環境を他にも増して堅持しているコミュニティなので、前振りなしの内輪ネタとか暗黙の了解とか一見大荒れしてるようでじゃれ合ってるだけの流れとかに即座に対応できないと住人に袋叩きにされるがネタのキレはピカイチ

今のネットでは珍しくワッチョイやIDのような個人識別する表示がなく本音で言いたい放題の殴り合いもできる。(ただし荒らすと荒らしたやつだけIDが表示されるようになる)

エロには寛容、というかエロばっかり。あと画像掲示板なのに画像貼れない仕様なのが珠にキズ。


おーぷん2ちゃんねる 艦隊これくしょん艦これ~板(おすすめ度:☆☆★★★)

おーぷん2ch本来の「艦これ専用」板。

さっき言ったようにブラゲ板の方が流行っているのでものすごく過疎ってる。1日に3レスしかないとかザラ。

正直存在意義が分からない板。


ニコニコ動画 艦隊これくしょんコミュニティ~艦コミュ~(おすすめ度:☆☆★★★)

ニコ動艦これコミュ

人数は多いけどアクティブ数はそうでもないし内輪のノリが強い。

ニコをよく見てる人でもない限りは積極的に関わっていく必要はなさそう。


ふたばちゃんねる 二次元mayおすすめ度:☆★★★★)

艦これスレを探して覗きに行く必要性はほぼ0。他のコミュニティを見た方が早いし幸せになれる。

may板に立ってた艦これスレ問題を起こして住人から嫌われているらしく、艦これスレは滅多に立たないか、立っても即座にIDが出ることが多い。

(ここもimg板と同じで基本的ID非表示だが、荒らしと見做されると住人に通報されてIDが表示されるようになる)


5ちゃんねる(旧2chブラウザゲーム板(おすすめ度:☆★★★★)

艦これ黎明期艦これコミュニティの中心地であった「本スレ」のなれの果て。

早い段階でイベント運営への愚痴が増え始め、現在ネガティブ話題が多め。

根拠のない誹謗中傷もあるがゲームをやっている中で出てくる不満や愚痴の捌け口となっている面が強く、アンチスレ一言で断ずるには扱いが難しいコミュニティ

ちょっと不満が溜まったけど叫び出す場所がないという時に使えるかも?くらいの場所


5ちゃんねる 同人イベント板(おすすめ度:☆★★★★)

艦これ二次創作同人イベントの話を専門に扱うスレ存在している、ある意味貴重な場所

しかこちらも早い段階で同人イベントへの不満が噴出してしまったため、5chブラゲ板同様ネガティブ話題が多くなっている。

前は同人イベントの参加報告や戦利品見せ合い、同人関係データ調査議論なんかもそれなりに盛んに上行われていたものの、現在はめっきり人数も減ってしまい覗きに行く意味はあまりないと思う。

唯一覗く価値があるとすれば、同人イベントの開催情報が分かりやすくまとまってるので、そういう情報必要な時には重宝すると思う。


ふたばちゃんねる 艦これ板(おすすめ度:★★★★★)

いわゆる「悪いファン」の吹き溜まり聖戦士様の詰所

ある意味アンチよりも手におえない。

特に同人イベントを敵視する住人がなぜか多く居ついているので、それ系の話題絶対に出さないこと。

敢えて危険を冒すよほどの理由がない限りは知らなくていい場所

2018-02-12

後継者講習会なるものに参加して来た

後継者講習会なるものに参加して来た。(http://www.tenrikyo.or.jp/yoboku/kokeisha/)

これは、20~40歳までの男女が3日間で教理を学ぶ合宿みたいなものだ。私も実家の流れには逆らえず今回参加した。

似たような行事学修リー講)にはよく参加はしていた。にもかかわらず大して得るものもなくなあなあで続けて来た信仰だが、今回の3日間では色々思うところがあった。

私の実家教会で、生まれからずっと天理教教育を受けていた。毎日おつとめ神名流し・路傍公演など経験させられて来た。しかも、管内の学校でがっつり教理を学んでさえいた。

だが私は釈然としない。本当に神様などいるのだろうか、いたとしてもコテコテ関西弁をしゃべるような神様なのだろうか

実家教会を継ぐこともあり得るようなポジションにいる私だが、幼少のころの実家貧乏惨状を覚えているので、自身の子供に同じような経験をさせたいとは到底思わないし、性格ねじ曲がっているので教会長を引き継げる気もしない

あくま天理教否定しているわけではない。しかし信じてはいない。宗教社会的にはセーフティネットであり、個人レベルでは内的なスタビライザーとして機能しているのだ。私はその一つとして天理教を見ている。

そんな状態で講習に参加した。

色々な講師お話を聞いていると、どの講師も同じような話しかしていない。「夫婦仲良く」や「陽気ぐらし自分がやればみんなに広がる」など、自明なことをつらつらと数十分と語っていることに改めて気づいた。天理教教理トピックは幾多にもあるはずだが、幼少から様々な講話教理勉強している私にとってはどれも何処かで聞いたような話(しか自明的な内容)である。それゆえ眠くなっても仕方ない。最初の5分ほど講師の話を聞くといつもまぶたが落ちて来ていた

これは1意見だが、20~40歳男子女子がそんな好んで教理を聞くだろうか?もっと面白い話や、エッジの効いた弁士オリジナル教理解釈を話せば良いのでは?と気になっていた。もし解釈他人と大きくずれていてもそれでいい。ずれが聞き手に疑問を残す。疑問が議論につながる。議論こそが思考を引き起こす手っ取り早い方法なのではと思う。

また、気になったのがグループワークだ。

このような講習では、毎回知らない人とグループを組み、教理について色々議論する時間がある。3日間でトータル5時間ぐらいだろうか、

参加者20歳を超えているから一部の大学生とその他大勢社会人のはずで、前で人が喋っている時にベラベラ喋ったり、出会いを求めにギラギラした目で女性を見る輩はいないだろうと思っていた。

しかし実際は各班30人のうち、一人はそんな輩が存在していた。いったい何をしに来ているのか?天理教教理を知っていながらどうしてああも横暴がでいるのか、「八つのほこり」を頭にきざみこめ低脳め。

複雑な思いになったのが、夜の飲み会である

講習中は基本的には各部屋での飲酒禁止されているのだが、ゆうづとめが終わると、大勢の受講者が近くのファミマでカゴいっぱいの酒を買っている。部屋で消灯を過ぎても飲んでいるzちゅ後者を見ても監督者は見て見ぬ振り。過去には鍋や焼肉宿泊部屋で行われていたらしい

私としては、同じ部屋の仲間と仲を深めれて楽しかったが、学修リー講の時は厳しかった門限やその他ルールと比べると、後継者講習会はルールというものが全く機能していない。

おそらく社会人になると、いうことを聞かない適当大人が増えているのだろうと思うと悲しくなった。

働きながら信仰をしている有名な方もたくさんいることに驚いた。

チューリッヒCEO万田酵素社長など、大成しているひともいらっしゃるのだ。こういう大人になりたいものだと私は思った

他、細かい感想


総括:私と同じく信仰意識低い系人間が多くいたのでまた参加したい、考え方の幅が増えそう

※バレたらやばいので多少フェイクを入れている

2014-09-25

精神科慢性期病棟で働いて一年経った(長文)

昨今では忌み嫌われる長文で、たいして面白くもない内容なので誰も読まないだろうが、それでいい。

軽く自己紹介精神科病棟で働きはじめて一年になろうとしている。看護助手契約社員。今年で21歳になった。

一浪して合格した、世間的には難関と認識されている、都内の有名私立大学()を半年で退学して、今の職場に入った。高卒資格なしで将来食っていけるか不安なので、不況でも食いっぱぐれないと聞く、看護師を目指そうと今は考えている。それ以前はコンビニアルバイト日雇い倉庫作業くらいしかしたことがなかった。退学した理由はくだらない。授業に出席せず、単位取得における必須出席率(三分の二)に満たなかったので、留年がほぼ確定していたかである受験当初から志望校などなく、勉強もさほどせず、たまたま合格した大学にとりあえず入ったという塩梅で、絶対に卒業しなければならないという意志もなかった。中流家庭で経済的には比較的恵まれていたので、仮に努力さえすれば(一般的大学生にとってはそれは努力ではなく普通ことなのだろうが)一留したとしても卒業はできたはずである。まったく親不孝な息子である

わたしが働いているのは比較的症状が安定した患者が療養する慢性期病棟である患者の平均年齢は65歳くらいで、ほぼ全員が統合失調症患者である。平均入院年数は約15年である医学的知識に乏しいので統合失調症とは何かといった説明はしないが、約100人に1が罹患するとされている疾患である自分の身近に統合失調症を患った者がいても珍しいことではない。事実、わたしの身内にも罹患者がいる。距離的に頻繁に会うことはできず、ほとんど疎遠である自分と年齢が近いこともあり気にかけている。

病棟で働いていくつか思ったことあるので適当に書き連ねる。

慢性期の開放病棟とは言え、当然ながらそれは院内における開放という意味であって、自由に院外に出られるという意味ではない。あたりまえのことだ。また患者各々の処遇によって、院内開放の認められる患者とそうでないものがいる。前者は全体の三割ほどだろうか。それ以外の患者看護師同伴での外出の外は、ほぼ365日病棟内で過ごすことになる。彼らの生活は異常なほどに規則正しいものになっている。規定時間に起床を促され、看護スタッフ監視(長年にわたる薬の服用がもとで嚥下問題がある患者が多く、誤嚥で窒息する恐れがあるため)のもと朝食を済ませ、その日が入浴日であれば風呂に入るよう半ば強引(彼らは清潔観念が乏しく風呂嫌いが多い)に促され、昼食を食べ、自主参加ではあるが作業療法に参加し、夕食を済ませる。食後は各々に処方された抗精神病薬を服用し、就寝前には看護用語でVDSと呼ばれる就寝前薬を服用し消灯、就寝となる。もちろん彼ら全員がすんなりと眠ってくれるわけではないので、必要に応じて追加薬として眠剤さらに服用させる。それでも睡眠ゼロ時間で朝をむかえる患者もいるが。

規則正しい生活健康を保つ秘訣であるとは言われるが、物事がすべて規則的に進む環境に長く置かれれば、精神的に健康人間でも何らかの精神症状を示すようになるのじゃないかと思う。何事も適度にやることが大切である。仮に自分が彼ら患者と同じ生活をしてみるとなれば、1ヶ月も耐え切れないのではないか。

普通の人から見れば異常な規則生活を強いられているばかりでなく、彼らはプライベート空間を与えられていない。病室は4人1部屋の総室であり、ベッドにはカーテンが備え付けられはいるが、必要とあればスタッフが遠慮無く開けるのでプライバシーの確保としては機能しない。唯一例外として挙げられるとすれば個室トイレであるが、それでも外側から簡単に鍵を開けられる。もちろん理由はある。ここは精神科である患者を1人にするのはリスクが伴う。その最悪のリスク患者病棟内で自殺するというケースだ。自殺するのに銃もロープも包丁必要ない。タオルシーツ1枚で十分である。首を吊る必要もなく頸動脈を絞めれば尻をついた体勢でも逝ける。患者希死念慮の疑いがあれば、保護室と呼ばれる個室で隔離し、常時モニターで観察する。必要であれば拘束帯で手足、体幹を拘束する。それは仕方のないことである個人的にも思う。そのようなことがあれば直ぐに訴訟になり、病院だけでなく医師看護師資格を有していない看護助手裁判にかけられるのである人間が外部との接触なく常に1人きりで長時間過ごすことに耐えられないのは、拘置所などにおけるSolitary Confinementが精神に及ぼす悪影響を鑑みれば明らかであるが、それでも生活の中に1人の時間を設けることは精神の安定にとって非常に重要なことである

一日の中で病棟が最も活気にあふれるのは3時のおやつ時間である患者小学生の小遣いほどの小銭を握りしめて、病院に併設された売店へと向かう。わたしも幼少時代、同じように手汗にまみれた小銭を握りしめ駄菓子屋へ足を運んだ記憶があるが、自分より2回り以上年齢を重ねた彼らが喜びと興奮の面持ちで売店に赴くのである。もちろん離院されては困るのでスタッフ同伴である。なかには1時間も2時間も前から「○○さん、おかし」とこちらが辟易とするほど頻回に訪ねてくる患者もいる。そのたびに「△△さん、時計見てください。今何時ですか?3時まで待ってくださいね」と説明する。しか時間を把握することができないのか、理解に乏しいのか、その後にわたって同じやりとりが何度となく繰り返される。そしておやつ時間が近づくと、患者詰所ナースステーション)に詰めかけて「かいものかいもの」の大合唱がはじまる。入社して形式的研修を終え、病棟で働きはじめた初日、その光景を目の当たりにし、「これはなにごとか、いったい今から何が始まるんだ」と誇張なしで思ったものである。一度に売店へ連れていけるいけるのは、多くて5名である。それに対して2名の看護スタッフが同伴する。離院のリスクが高い患者はマン・ツー・マンで対応しなければならないので、業務の都合上、最後に後回しにしざるをえない。この対応に納得のいかない患者は時としてもの凄い険相でこちらを睨みつけたりもするが、申し訳ないが待って頂く。いざ売店へとたどり着くと、患者菓子の並ぶ棚を物色し、各々お気に入り菓子飲み物十中八九コーラである)を買うのだが、彼らの選択肢はさほど多くはない。金銭的な問題もあるが、誤嚥のリスクが高い菓子類(特にパンや、硬いもの)は遠慮してもらう。病棟へ戻り、スタッフの目の届く範囲のテーブルで購入した菓子を食べるのだが、彼らの食べる、飲むの早さは尋常ではない。これは食事においても同じであるコーラを飲み干す早さは、ハイキングウォーキングQちゃんにも引けをとらないだろう。

余談だがこの病棟にはデイルームに自動販売機が1つ設置されているのだが、患者が選ぶのは常にコーラであるコーラの横に並ぶ水やお茶などを患者が買う場面を見た試しがない。聞くところによるとこの傾向はこの病棟病院)に特異なものではないらしい。特にかくコーラの消費量が半端ではないのである。1日になんども業者コーラの補充に来る。仮に1日のコーラ販売数が最も多い自販機であったとしても驚かないだろう。

ここで少しOT活動作業療法)について触れておきたい。その内容ではなく病院経営観点から見た作業療法である。わたしは不勉強参加者1人あたりの診療報酬がいくらで、具体的に自分の働いてる病棟で月あたりどれほどの利益が出ているのかといったデータは知らないのだが、現状でも結構な額の利益を稼ぎだしているようなのであるしかしそれ自体はなんら問題ではない。病院利益を出さないかぎり存続が危ぶまれるわけであり、それは結果として直接的に患者不利益になるので致し方無いだろう。しか病院経営者としては、さらなる診療報酬の増収を求めて参加者の今まで以上に増やすことを病棟プレッシャーをかけてくる。だが経営観点からのみ作業療法を考えるのは、本末転倒であり、本来の作業療法の意義を見失いやしないだろうか。普段活動意欲の乏しい患者たちの他者交流する機会の場を提供したり、同じことの繰り返しである日常に些細でも刺激や楽しみを見出させ、活動意欲の向上を目指す。わたしは作業療法士ではないので専門的な知識はないが、研修とき作業療法士からそのような目的を聞かされた記憶がある。作業療法は任意参加である。もちろん参加したほうが治療的には望ましいことは間違いないが、患者自身活動に対して主体的にならなければ効果は期待できない。仮に活動に参加しない患者には売店へ行かせない等のやり方で、強制的に参加を促したところで継続しないのは明らかで、それ以前に患者自身の金でおかしを買わせないとなると人権侵害である。ある患者は「おもしろくないから、わたしはいいよ」と参加を断り続けている。確かにプログラムマンネリ化していることは否めない。病院作業療法士仕事に対して不真面目であるからではない。みな限られた予算のなかで真面目に患者のことを思い必死でやっている。要は作業療法で得た診療報酬はどこに還元されているのかという話なのである。言うまでもなく、参加をしぶっている患者に対して毎日声掛けしている現場スタッフには還元されない。それは別にいい。しかしOT部門への予算を増やす給料面で還元するなど多少はできないのだろうかと常々感じている。慢性期病棟ほとんどの患者退院が見込めないため、患者を金づるにし作業療法による診療報酬利益を出そうとう考えなのだろうか。これは完全なる愚痴である

わたしは今まで目的も夢もなく堕落的に生きてきたので、それゆえか「生きがい」だとか「なぜ人は生きなければいけないのか」といった面と向かって口にするのは恥ずかしい問題だが、漠然と考えてきた。

いままでは、どちらかと言えば普遍的命題として考えていたのだが、統合失調症を身内に持つものとして、同じ疾患の患者毎日のように接触を持ち、「彼らに生きがい、あるいは生きる目的があるとすれば、それはなにか」といった具体的な疑問に変遷していった。

ある患者病棟での生活で一番楽しいことはなんですか、と尋ねたところ「(部屋の窓から)道をみること」という答えが返ってきた。わたしから見れば、そんな些細なことが彼女にとって一番楽しいことなである。別の患者は「婚約者結婚して二人で暮らすこと」だと言う。彼には婚約者もいなければ彼女もいない。すべて妄想なのであるしかし誰が「あなたの言ってることは妄想によるものですよ」などと否定できるだろうか。このような閉鎖的な環境で長年生きていれば、自分虚構世界をつくりあげてそれにすがって生きていくしかないのではないかと個人的には思う。

精神疾患に対して偏見を持っている者は多くいるだろう。わたし自身も実際に今の職場で働き始めるまで偏見を持っていただろうし、今も偏見はあるだろう。偏見というものは概して無意識のうちに身体に染み付いているものであって、「わたしは○○に対して偏見はありません」などと平気で言う人々は疑ってかかったほうがいい。自分のなかに偏見があることを自覚し、それを少しでも減らしいくことしか我々にはできない。ちなみに今までこの文章は、一つの精神病院にたった一年しか勤めていない人間が書いたものなので多分にいろいろなバイアスがかかっていることだろう。

(追記)

ここで、わたしは実際のところ統合失調症患者です、つい先日退院しました、と書けば結構釣りになるのだろうが、残念ながらそうではない。

上記の文章を読まれたかたは、鬱屈した患者たちの姿を想像されるかもしれない。彼ら患者たちは、閉鎖的な環境長期間に渡る入院生活を余儀なくされている。憐れむべき現実だろう。病棟に飾られた造花の紅葉では秋の匂いを感じさせてはくれない。夏が過ぎ去った後の秋風の涼しさを感じることもできない。しか患者たちの表情は思いのほか明るく柔和である。無論、ついさっきまでニコニコとしていた患者が、いまにも殴りかからんばかりの表情に急変することは多々あるのだが。概して、彼らは彼らなりに現在環境適応し、楽しみを見つけながら生活している。

彼らは退院することな死ぬまで病院で過ごすことになるのだろうか。慢性期病棟長期間入院する患者退院が難しいことは言うまでもない。特に高齢者となると退院後の受け入れ先が限られてくる。また患者自身退院したいという意欲に乏しいという場合もある。それもそうだろう。入院生活が十数年にも及ぶとなると、社会復帰をためらうのも無理もない。病棟の五十代のある患者精神症状もほとんど見られず、一見して彼が精神障害者であるとは思えない。人当たりの良いハゲのおじさんといった風貌である精神保健福祉士が先頭に立って、退院実現を図ろうと粘り強く退院促進をすすめている。退院後は病院デイケアを利用してもらう計画である。それでも普段多弁である彼は、退院という言葉を聞くとそっぽを向いて耳を貸さない。

ショーシャンクの空に』という映画がある。有名な映画なので観たことのある人も多いだろう。そのなかでモーガン・フリーマン演ずる囚人レッドがこんなことを言う。

「あの塀を見てみろ。はじめは憎らしく見えるだろうが、しだいにそれに慣れ、しまいには依存するようになる」

わたしは退院をしぶる彼を見て、長期入院している精神科患者も似たような心境の変遷をたどるのかもしれないと考えることがある。ホームレスと違い、入院していれば働かなくとも毎日腹を満たすことができる。そのかわり自由制限されるが、ときとして自由は重荷にもなりうるのであるしかし彼は年齢的にまだ中年であり、やりたいことも多々あるだろう。彼が恐怖心を断ち切り、入院生活に終止符を打つことを願っている。ダメだったら戻ってくればいいいのである

精神科で働いてわかったことは、統合失調症という人格存在しないという当たり前の事実である。彼らには統合失調症という共通項があるにしても、性格精神症状も皆異なる。それがこの疾患のおもしろいところと言うと語弊があるかもしれない。しか患者と日々接するのは、うんざりするどころか楽しいである。たまに患者ヤクザ口調で怒声を浴びたり、軽く殴られたりもするが、病気のせいだと考えれば、それも仕事だと思える。頓服薬を服用して落ち着いた患者は、自ら「さっきはごめん」と謝ってくる。わたしは「べつに気にしないでいい」と答えるだけである

最後に、ある六十代の患者さんは「葬式ないよね?」と頻回にスタッフに尋ねる。彼女が「姉さん」と呼んでいる妹さんが死ぬという妄想があるようで、妹の葬式はないかと確認しているのである。とりわけ、わたしに対して尋ねてくる。恐らくはわたしが坊主頭で、彼女に坊さんと呼ばれているからであろう。わたしが実際に坊さんではないことは理解している様で、ある時冗談で、「○○さん(彼女)が死んだら、葬式は僕に任せて下さいね」と言うと、彼女は笑った。ブラックジョーク理解するだけのユーモア精神のある患者さんである

2009-12-28

社長社員天理教強要 液クロサイエンス奈良県天理市

液クロサイエンス奈良県天理市)/(代表取締役社長 菱川和則)

天理教信者社長が、社員天理教修養科」を強要

修養科費用13万円自己負担、詰所から3ヶ月自由に外出できず。断れば、解雇

これ以上被害を出さないために、これを書いています。

みなさんも注意してください!!

2009-11-09

[][]konoike関連

キーワード一覧

id:konoike(http://k.hatena.ne.jp/konoike/)の編集したはてなキーワード一覧。これらはまだほんの一部である。

天理教とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%b6%b5?kid=39804

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%ab%a4%ef%a4%a4?kid=279983

かぐらづとめとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%ab%a4%b0%a4%e9%a4%c5%a4%c8%a4%e1?kid=279981

お節会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%c0%e1%b2%f1?kid=279980

おてふりとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%c6%a4%d5%a4%ea?kid=279978

カルト教団とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%ab%a5%eb%a5%c8%b6%b5%c3%c4?kid=98248

カルトとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%ab%a5%eb%a5%c8?kid=6929

かぐらづとめとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%ab%a4%b0%a4%e9%a4%c5%a4%c8%a4%e1?kid=279981

お泊まり会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%c7%f1%a4%de%a4%ea%b2%f1?kid=214575

お節会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%c0%e1%b2%f1?kid=279980

おやさまとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%e4%a4%b5%a4%de?kid=234587

おやがみとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%e4%a4%ac%a4%df?kid=233561

おてふりとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%c6%a4%d5%a4%ea?kid=279978

おしこみとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%b7%a4%b3%a4%df?kid=279535

おさづけの理とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%aa%a4%b5%a4%c5%a4%b1%a4%ce%cd%fd?kid=279976

8つのほこりとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/8%a4%c4%a4%ce%a4%db%a4%b3%a4%ea?kid=279974

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%e8%a4%a6%a4%b3%a4%bd%a4%aa%a4%ab%a4%a8%a4%ea?kid=237991

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%db%a4%b3%a4%ea?kid=280004

ブラック企業とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%d6%a5%e9%a5%c3%a5%af%b4%eb%b6%c8?kid=237685

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%c4%a4%c8%a4%e1?kid=280001

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%d4%bc%a4%ac%a4%c4%a4%e2%a4%eb?kid=279905

理立てとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%fd%ce%a9%a4%c6?kid=279903

理の親とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%fd%a4%ce%bf%c6?kid=279902

陽気暮らしとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%db%b5%a4%ca%eb%a4%e9%a4%b7?kid=279900

陽気ぐらしとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%db%b5%a4%a4%b0%a4%e9%a4%b7?kid=165399

野村忠宏とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%ee%c2%bc%c3%e9%b9%a8?kid=57302

名田島分教会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%be%c5%c4%c5%e7%ca%ac%b6%b5%b2%f1?kid=279899

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%be%b8%c5%b2%b0%cd%ef%c7%c0?kid=279898

名古屋製酪とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%be%b8%c5%b2%b0%c0%bd%cd%ef?kid=224174

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cb%dc%c9%f4%b0%f7?kid=279897

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%f2%a4%b7%a4%a4?kid=280008

一派独立運動とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b0%ec%c7%c9%c6%c8%ce%a9%b1%bf%c6%b0?kid=280010

屋敷を払うて田売りたまえとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b2%b0%c9%df%a4%f2%ca%a7%a4%a6%a4%c6%c5%c4%c7%e4%a4%ea%a4%bf%a4%de%a4%a8?kid=280011

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b1%d5%a5%af%a5%ed%a5%b5%a5%a4%a5%a8%a5%f3%a5%b9?kid=279695

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b1%d5%a5%af%a5%ed%a5%b5%a5%a4%a5%a8%a5%f3%a5%b9%cd%ad%b8%c2%b2%f1%bc%d2?kid=279696

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b3%a4%b3%b0%c9%f4?kid=280013

企業犯罪とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b4%eb%b6%c8%c8%c8%ba%e1?kid=280015

詰所とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b5%cd%bd%ea?kid=214935

幹事とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b4%b4%bb%f6?kid=211102

甘露台とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b4%c5%cf%aa%c2%e6?kid=234572

ぢばとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%c2%a4%d0?kid=237926

労働基準監督署とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cf%ab%c6%af%b4%f0%bd%e0%b4%c6%c6%c4%bd%f0?kid=6348

三島神社とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%C5%E7%BF%C0%BC%D2?kid=279723

天啓とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%b7%bc?kid=228889

後期講習とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%e5%b4%fc%b9%d6%bd%ac?kid=280088

鏡ヶ池とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b6%c0%a5%f6%c3%d3?kid=280086

公共職業安定所とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%f8%b6%a6%bf%a6%b6%c8%b0%c2%c4%ea%bd%ea?kid=36954

鼓笛隊とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%dd%c5%ab%c2%e2?kid=136727

御霊様とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%e6%ce%ee%cd%cd?kid=240901

教人とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b6%b5%bf%cd?kid=234079

教会長とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b6%b5%b2%f1%c4%b9?kid=225610

原典とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%b6%c5%b5?kid=225883

月次祭とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b7%ee%bc%a1%ba%d7?kid=110553

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%ba%a8%a4%df?kid=280089

妻鹿分教会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%ba%ca%bc%af%ca%ac%b6%b5%b2%f1?kid=280090

小滝透とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%be%ae%c2%ec%c6%a9?kid=280094

上級教会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%be%e5%b5%e9%b6%b5%b2%f1?kid=280095

親様とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%c6%cd%cd?kid=280096

親里とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%c6%ce%a4?kid=280097

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%a4%b3%a6%a4%ce%c5%b7%cd%fd%b6%b5?kid=280098

三日講習会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bb%b0%c6%fc%b9%d6%bd%ac%b2%f1?kid=280092

祭典日とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%ba%d7%c5%b5%c6%fc?kid=280091

初代会長とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bd%e9%c2%e5%b2%f1%c4%b9?kid=225882

誠真実とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%bf%bf%bf%bc%c2?kid=280108

洗脳とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%f6%c7%be?kid=154076

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c1%fe%a4%a4?kid=280112

大谷渡とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c2%e7%c3%ab%c5%cf?kid=280113

第二専修科とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c2%e8%c6%f3%c0%ec%bd%a4%b2%ca?kid=280114

団参とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c3%c4%bb%b2?kid=280115

地場とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c3%cf%be%ec?kid=280116

鎮守とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c4%c3%bc%e9?kid=280117

天理よろづ相談所病院とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%a4%e8%a4%ed%a4%c5%c1%ea%c3%cc%bd%ea%c9%c2%b1%a1?kid=280118

天理教豊文分教会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%b6%b5%cb%ad%ca%b8%ca%ac%b6%b5%b2%f1?kid=280119

天理高等学校とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%b9%e2%c5%f9%b3%d8%b9%bb?kid=223009

不法占拠とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%d4%cb%a1%c0%ea%b5%f2?kid=280125

布教師とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%db%b6%b5%bb%d5?kid=280127

被包括宗教法人とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c8%ef%ca%f1%b3%e7%bd%a1%b6%b5%cb%a1%bf%cd?kid=280124

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c7%ef%bb%d2%cc%da?kid=280123

普請とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%e1%c0%c1?kid=280129

布教所とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%db%b6%b5%bd%ea?kid=215178

布教とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%db%b6%b5?kid=100475

表統領とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%bd%c5%fd%ce%ce?kid=234756

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%a9%c0%ee%cf%c2%c2%a7?kid=279891

日野大教会とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c6%fc%cc%ee%c2%e7%b6%b5%b2%f1?kid=279817

東京教区とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%ec%b5%fe%b6%b5%b6%e8?kid=280122

天理時報社とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%bb%fe%ca%f3%bc%d2?kid=280121

天理三輪講とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%b7%cd%fd%bb%b0%ce%d8%b9%d6?kid=280120

労働局とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cf%ab%c6%af%b6%c9?kid=215301

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%e8%c0%a4?kid=280147

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%df%a4%b7%a4%a4?kid=280145

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%e8%a4%af?kid=280144

夕づとめとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cd%bc%a4%c5%a4%c8%a4%e1?kid=241505

野田俊男とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%ee%c5%c4%bd%d3%c3%cb?kid=280142

鳴り物とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%c4%a4%ea%ca%aa?kid=280141

真柱とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%bf%c3%ec?kid=214918

中山眞之亮とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c3%e6%bb%b3%e2%c3%c7%b7%ce%bc?kid=280140

明治教典とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cc%c0%bc%a3%b6%b5%c5%b5?kid=280138

修養科とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bd%a4%cd%dc%b2%ca?kid=217533

液クロとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b1%d5%a5%af%a5%ed?kid=201385

特定リンクの張り付け

上に述べたキーワードの多くに下のリンクが張られている。これらは天理教を「批判」するwikiであり、またその内容はほぼ同じである。

http://www11.atwiki.jp/tenrikyo/

http://shukyohigai.wiki.fc2.com/

http://shukyohigai.wiki.fc2.com/?page=%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99

http://www11.atwiki.jp/anti-religion/

http://www11.atwiki.jp/anti-religion/pages/40.html

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99

http://wiki.livedoor.jp/hmsltn/

http://www12.atwiki.jp/hmsltn/

http://hiki.kataribe.jp/reference/?TenriKyo

http://atpedia.jp/word/%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99

中傷

編集内容に中傷としか考えられない記述が目立つ。

ストーカーとは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%b9%a5%c8%a1%bc%a5%ab%a1%bc?kid=39200

宗教団体が行う集団ストーカーの例として、'''[[創価学会]]'''、'''[[天理教]]'''があげられる。
創価学会では、[[信濃町]]の関連施設を撮影した人が信者ストーカーされる被害が出ている。
また天理教では、脱会した信者の家に黒いハッピを着た天理教集団でストーカー行為を働く被害が出ている。
いずれの被害にあったときも、すぐに'''警察に通報'''することが必要である。
++ガスライティング

ストーカー@20091109090247 - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keywordlog?klid=1124285

ブラック企業とは - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%d6%a5%e9%a5%c3%a5%af%b4%eb%b6%c8?kid=237685

+社長経営者新興宗教信者であったり、経営元が新興宗教であれば、経営者新興宗教教祖はほぼ同一とみなされ、専制的な経営労働組合の結成を認めない、営業利益の大半を新興宗教に「寄付」するため無茶苦茶な営業目標長時間労働休日出勤など過酷な勤務が横行しやすい。天理教などで行われている。
+*外部リンク
+- [http://work.moe.hm/ 就職活動会社情報] - [[口コミ]][[会社]]情報、[[就職]][[ブラックリスト]][[企業]]

http://sky.geocities.jp/ekikuroscience/

http://www1.odn.ne.jp/lcscience/

http://www.sho-jikiya.co.jp/

http://www.sujahta.co.jp/

http://www.horikawakasei.co.jp/

http://www.m-net.co.jp/

ブラック企業@20091109110206 - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keywordlog?klid=1124328

2009-08-15

液クロサイエンス社社員天理教強要

液クロサイエンス奈良県天理市

代表取締役社長川和

天理教信者社長が、社員天理教修養科」を強要

修養科費用13万円自己負担、詰所から3ヶ月自由に外出できず。断れば、解雇

これ以上被害を出さないために、これを書いています。

みなさんも注意してください!!

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん