「スケジュール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スケジュールとは

2018-04-18

今期のアニメ視聴スケジュール

月 ゴールデンカムイ

火 ガンダムビルドダイバーズ

水 シュタゲゼロ

木 ひそねとまそたん

金 フルメタ ヒナまつり

土 GGO P5

日 ウマ娘

前期と比べると充実さには欠けるがまあまあ見られる感じ

結婚なんかしなくてもいい

タイトル結婚して数年経った私が使う、独身の友人の「結婚できるのかな…」というぼやきへのお決まりの返答だ。

だいたいめちゃくちゃに酔っ払ってる時に限ってそういう話になるのでかなり熱弁を奮ってしま相手の酔いを覚ましてしまうので毎度反省している。


けれど、コレはかなり深い部分の本音だ。

決して夫との結婚生活否定したいわけではない。

私なりに幸せだし、楽しい

それでもやっぱり「結婚なんかしなくてもいい」と思っている。


私は30歳を少し過ぎて結婚した。

仲のいい友人がひとり、またひとりと結婚していき少々焦りもあった。

けれどそれは「私だけ結婚できないのでは…?」という焦りではなくて

「私だけ誰からも選ばれないのでは…?」という焦りだった。


プロポーズがされたい。

かに選ばれた証明がほしい。

誰かのたった一人に選ばれたい。


独身の私は自分の言っている「結婚したい」という願望は「プロポーズされたい」のルビが振られているのに婚約直前に気づいた。

私は、プロポーズされることで自分承認欲求を満たしたかったのだ。


当時5年近く付き合って結婚の話も出ているのにプロポーズをしてこない彼(現夫)にちょっとイライラして、

結婚するの?しないの?」と詰め寄った事があるが「そうだね~」と軽く流された。

別に結婚する気がない」って言われたらその場で別れるとかそういうつもりはなかった。

ただ、「結婚する気がない人と付き合ってる」という心の準備が必要からはっきりしてほしかった。

彼にもそう伝えたが、今思えば強がりウソと思われていたかもしれない。


でも、結婚する気がある彼と付き合っていてプロポーズされないのと、結婚する気がない彼からプロポーズされない

のでは天と地ほどに差がある。

そもそも誰も選ぶ気がないのであれば選ばれないのも当然で、自分に否があるわけじゃない。

自分だけ誰からも選ばれなくても言い訳ができる。

結局彼は誰かを選びたい人だったので、うだうだ待つのもめんどくさいからと半ば強引に入籍したのだ。

(選ぶ選ばない、という言葉を使っているがそれは私が結婚に対して「承認欲求をみたしたい」という願望が

あったためで、決して結婚は男が女を選んでするものだなんて思っていないことは付け加えておく。)


仕事趣味で認められていたら彼に「結婚は?」詰め寄ることもなかったかもしれない。

けれど、仕事能力も並で特別「私でなければならないこと」はなかったし、趣味ほとんど無趣味に近いし趣味の友人なんていなかった。

その点、結婚日本では1人としかできない。彼が選ぶのはたった一人。

から結婚たかった。


要は私は承認欲求が満たされれば結婚しなくても良かったのだ。


それが自分の中で分かった時、すごく楽になった。スッキリした。

すでに結婚は決まっていたし後悔もしていなかったけど、なんだか「な~んだ、私、誰かに認められたかったのか」と

自分の中にあったドロドロとした焦りの正体が分かって晴れやかな気持ちだった。


そこで周りを見渡してみると「結婚したい」と酒を飲み、酔っている友人たち。

彼女たちはなんで結婚したいんだろう。

軽い気持ちで聞いてみるとざっくりと「いい歳だから」「子供が欲しい」「親を安心させたい」というような理由が多いようだ。


いい歳、と言うけれど晩婚化が話題になっているし60代で初婚という話も最近割とよく聞く気がする。

そもそもいい歳、というと結婚しても専業主婦になる女性が少なくなっている現代。働き続ける女性にとって

いわゆる結婚適齢期というのは仕事にとっても「いい歳」だ。


結婚すると女性はい妊娠し育休に入るかずっと上司たちに気にされ続ける。

最近よく記事で読むような「結婚して子供を産んでも変わらずキャリアを積んでいます」という美談

あんなのほとんどの会社では叶えられない。

一応私は大手企業に属しているが組合が強く、女性社員の活躍がうたわれており組合が強いだけあって実際色んな制度も充実している。

だが、女性管理職は少なく、その中で既婚の女性管理職もっと少ない、

さらに言えば子供がいる女性管理職はいない。

でも、結婚している人や子供を産んだ一般女性社員は山のようにいる。

彼女たちは結婚し、子供ができれば産休・育休をとり、子供が小さければ時短勤務だ。

仕事だってそれなりにできる彼女たち。未婚の管理職と同じくらいの年数働いているのに管理職はこの中にはいない。

この現実をみてると、仕事を頑張りたい・いつか管理職になりたいという女性社員にとっては結婚は足かせなのではないかと思ってしまう。


子供だって自分自身の覚悟があり、きちんと将来的に子供を納得させられる理由があれば未婚の母を選択して育てることは十分可能なのではないだろうか。

両親揃っていることが好ましい、そりゃ1人を人間を1人で育てるよりも誰かと分かち合った方が楽だし、子供にとっても頼れる相手が1人でも多い方が幸せだろう。

だけど、その分かち合う相手子供が頼る相手結婚相手じゃなくてもよいのではないだろうか。

自分の親兄弟でもいいし、信頼できる親友だっていいんじゃないかな。

同じような考えの人達でも良いかもしれない。

血がつながってなくてはいけない理由も、同じ戸籍に入ってなければいけない理由もない。


ただ、親を安心させたい気持ちはよく分かる。

親に花嫁姿見せたいよね、一生添い遂げるパートナーを紹介して安心して老後過ごしてもらいたいよね。

本当によく分かる。

世代祖父世代は、子供結婚するということに大変な安心感を覚えるのは自分の両親を見ていてわかった。

本当に子供から手が離れた瞬間だったんだと思う。自分以上に両親が幸せそうだった。

でもそれは、それ以外のことでカバーできると思う。

子供が本当に不幸でないことが、親にとって1番必要なことで、それには結婚絶対条件ではない。

結婚しても不幸になるし、しなくても不幸になる。

結婚という要素の1つだけが、その人の人生幸せ全てを左右するものではないと思う。


でも、結婚しないという生き方には結構勇気がいる。


いまだに男女ともに「結婚して一人前」という意識が根強い社会だ。

ずっと「結婚したいと思わないの?」とか「なんで結婚しないの?」という質問を受け続けるし、そのうちそんな質問もされなくなって周囲の結婚話題の際に気まずい空気を作り出す原因になるかもしれない。


それに、年老いからの1人はなかなか大変だろう。

結婚していればお互いでどうにか助け合えるかもしれないし、子供がいれば施設に入れるくらいしてくれるかもしれない。

でも1人だと、全部自分でやらなければいけない。

ならいい、若いうちなら体調が悪ければ病院に1人で行けるし、病状もうまく説明できるだろう。

施設だって自分希望にあった場所を探しせるし、空きがなければ他の施設も探せるだろう。

けれど、老い私たちに優しくない。

自分だけで移動できる距離時間は限られてくるし、病状もうまく言葉が出てこないせいでうまく伝えられない。

運良く施設を見つけられても、諸々の手続き老い自分が1人でできるだろうか。


なにより、死んだ後だ。

運が良ければ病院死ねるだろう。

けど、死んだらその入院はいつ誰がはらってくれるんだろう。

火葬や納骨の手続きは死んだ自分にはできない。

誰かを頼らなざるを得ないときがくる。


でも、社会とのすり合わせも、老後も自分が納得・始末できればそれでいいんじゃないだろうか。

1人で生きていくと決めたなら早め早めに準備すればいいだけだ。

元気なうちに色々準備してしまえばいい。

自分のことだけでいいんだから比較的身軽なはずだ。


私は結婚を後悔なんてしたことありません!なんてきれいごと絶対に言えない。週に3回は後悔してる。

お金スケジュール自分ひとりの判断では決められなくなったし、別にこっちは気にしてないのに「夜の飲み会旦那さんに悪いから」という気遣いで呼ばれなくなった集まりもある。


反対に結婚していないとできないことってとっても少ない。

生活ほとんどは、ひとりの方が都合がいい。

そんなの分かっていて、わざわざ他人との人生を選ぶ。

世の中には私も含めて物好きが多いな。


結婚はただの契約だ。

婚姻届をもって他人家族になります裏切りません。相手人生にも責任を持ちます

という内容の契約


そして、結婚呪いだ。

ひとりでも楽しく生きていける時代なのに、男女ともに結婚をしていないと一人前に扱われない。

結婚していないと性格に難があるんじゃないか邪推される。

結婚じゃないと承認欲求が満たされない。

どんどん結婚という言葉人生を縛られていく。


から言いたい。


いいんだよ、結婚なんかしなくて。

結婚はうまくいけば確かに幸せだ。

けれど、それはひとりでいたら得られる幸せを捨てることだ。


どっちの幸せを捨てるか。

それを選ぶ自由が、現代では生まれつつある。

前述したように、まだまだ結婚したら一人前という社会ではあるけれども、若い子たちはそうでもないんじゃないだろうか。

これから私達が生きるのは未来だ。口うるさい人たちはきっと私達より先に死ぬ


そう思えば、どちらの幸せを選んだっていい。

ひとりの生活楽しいなら、結婚なんかしなくてもいい。

誰かのために」なら、結婚なんかしなくてもいい。


それが選べる友人たちが少しうらやましい。

2018-04-17

ハリル解任の何が嫌って

ハリルは厳しいオッサンだったけど、意志をもったTryとチーム作りをしてた。「いつまでチーム作りやってんだよ」って気持ちもあったし、協会の想定する強化スケジュールとはタイミングが合わないこともあったんだろうが(それにしても、協会ちゃんとハリルと「どういう計画に基づいて、いつどういう所と強化試合がしたい、という話し合いをしたんだろうか?)、まともにしてほしい仕事の到着点も示さず、納得いく言い訳の一つも示すことなく、本来責任者責任をとらず監督の後釜に座る形で交代って、そんな馬鹿な解任を決める協会がまともに仕事をしたとはとても思えない。

「まともに仕事する協会」というのは、きちっと監督と話し合いをした上で「いつまでに何ができなければダメ」というタスクを明確に決めて、「でもスポンサーの都合があるから人気選手は出さなきゃダメ」という希望があるならそれも伝えて、万が一解任になるとしてもW杯まで十分余裕をみた段階で、相手とこじれず後釜への交渉もきちんと済ませてある、そういう協会だよ。一つ二つならまだしも、どれ一つできてない。そんな協会を、どんな「内部事情」があろうが、「仕事できない協会」と見なすことに何の問題があるだろうか。

結局、ハリルの首を切っただけで、協会の連中は誰一人まともに責任を取ろうとしない。そういういかにも「日本的」な成り行きが嫌なんだ。選手は命をかけてるし、監督ももっと命をかけてるプロだ。協会けが椅子に座ったアマチュアだ。

2018-04-16

さみしい

いやーーーーもーーーーほんとにさーーーー三馬鹿はおじいちゃんになっても、歌って踊ってコントしてると勝手に思ってたよね。

そんなわけないのにね。

あ、三馬鹿ってのは、横山村上渋谷の三人のことなんですけど。

関ジャニ∞結成前からこの三人のファンだった人間から、ほかの子たちが仮にいなくなったとしても(それもいまいち想像できないんだけど)三馬鹿はずっと三人でいるんだと本当に勝手に思ってた。

まだ今みたいに関西勢へのフォローとか全然なくて、合宿所がなくなったあとレッスンのために新幹線で通ってた子たちですよ。

関西ジャニーズがいまみたいな形になって、後続の子たちがデビューできてるのは、KinKi活躍ももちろんだけど、そのあと三馬鹿関ジャニ∞がいたからですよ。

ソロフェス的なのに出た渋谷さんは、「普段関ジャニ∞ってアイドルやってます!!」って堂々宣言してて、すばるはたびたびそういう言葉を口にしていて、それに誇りを持っていた人間だと思う。うそつけないし。嘘つけなさすぎて、ライブMCで三馬鹿全員彼女連れてトリプルデートした話とかもしてたし。さすがにそれ言うんかい!と思って爆笑した。

お付き合いやら結婚は当然あるものと思ってたので、メンバーからのお知らせがまさか脱退だとは思ってなかったんだよな~~~


でもほんとメンバーコメントと会見を見たら、まーそらそうだわなぁと思うコメントばっかり。

それはここにいたら出来ないの?といろいろしつこく聞いた大倉とか。メンバーとしては辞めんなや!と思うけど幼馴染としては応援してるっていったヒナちゃんとか。この日が来なければいいと思ってたよこちょとか。ほんとそれな。

そういう話し合いを散々した上でメンバーがそしたらしょうがない、がんばれって送り出すと決めたんだからこっちも応援しますよ。

ってかこうと決めたすばるがそれを覆すことって絶対ないもんな。

事務所ってやいやい言われるし悪いとこも直して欲しいとこもめちゃくちゃあるけど、勉強優先にさせてくれたり(ちゃんスケジュール調整してくれる)、海外留学もさせてくれたり、著名なアーティストとのつながりを作ってくれたり、個展開いたり本書いたりする活動バックアップはしてくれるという部分でのうまみはあるので、事務所勉強しといて、気になるアーティストとつながりを作っておいて、勉強終わって、うまみを全部すったあとに適当タイミングで辞めることも出来たと思うんだけど、それをせずに、事務所やめて勉強するっていうのが渋谷すばるだな~と思う。

すばるの歌はすばらしい。きっとすばるはずっと音楽を続けてくれるんだろう。











まーーーそれはそれとしてですよ

寂しすぎるでしょうよーーーーーーー!!!!!

最後ツアーはいてほしかった!!!いかんせん今年いっぱいは一応まだ事務所に在籍してるわけだから

いや多分本当はすばるは決めた!辞める!って感じだろうけど、CMとか番組とかの契約が残ってるとかそういうあれだと思うんだよな…

バラエティが嫌だってのは責任もって否定しますって本人が言ってたから本当にただ決めたからすっぱりやめたいんだろうし、とはいえこれまでお世話になったとこもいっぱいあるだろうから…まぁとりあえず決まってるやつとか契約が残ってるやつは出て、あとはもう事実上いない状態になるんだろう。

それがめちゃくちゃ寂しい

もーーーーどうにもならんよ

もちろんすばるの夢や人生は、ここにいて叶わないんだから外に出るというんだからそれを応援する気持ちは全力であるんだけどさ

それはそれ、これはこれですよ

寂しいに決まってるでしょ、8時だJも三馬鹿のために見てた人間ですよわたしは。

すばるがいない関ジャニ∞って想像もできないんだよ~~~

正直1週間くらい休み欲しい。今日はとりあえず体調不良で午前半休取った。

でも新しい関ジャニ∞の夏ツアー見に行く金と、すばるがいつかCD出したりライブしたりするだろうからそれのための金を稼がなきゃならない。

あと何もしてないと延々さみしがるだろうからなんかしとかないとしんどいから働く。






今、寂しい、辞めないでって思ってる人多分いっぱいいるだろうけど、それは思ってていいことだし、そう思ってるからってすばる否定してるわけじゃないか大丈夫

もちろん、すばるのことを受け入れられないという人がいたっていい。それは仕方ない。

これによって、関ジャニ∞ファンを辞めることになる人がいたっていい。寂しいけどそれは仕方ないことだと思う。

でも、これまで好きだったこ自体否定しないでほしいな~とは思う。

そのときすばるやほかのメンバー言葉に嘘はなかったし、魅力は本物だし。

すばるがいないからってファン辞めるなんて真のファンじゃないとか言う人は(絶対いるだろうけど)無視していい。

すばるの歌が関ジャニ∞音楽に与える影響は計り知れない。あの声があるから出来た曲がいっぱいある。これから関ジャニ∞は変わらざるを得ない。それくらい、すばるの歌には魅力があったんだからしょうがない。

今一番やっちゃいけないのが、何かと比べて下げたり上げたりすること。

なにかよりはマシとかい言葉は、比較対象も、自分が上げたいなにかも、双方を貶めるもんだよ。

自分の悲しさや苦しみは他人と比べるもんじゃないし。

あと、こういうとき普段ジャニーズだとか関ジャニ∞だとかに興味なさそうな人とか、なんなら馬鹿にしてる人までもがギャーギャーうるさいのも無視していい。いちいち訂正したところで誰もが皆信じたいものや都合の良いものしか信じないので、こっちも都合よく信じたいものだけ信じとけばいい。個人自由

今は少し、距離を取ることが必要だったらそうしたっていい。

今はみんな悲しんでるし辛いし寂しいか大丈夫





じゃ、会えそうな人は夏ツアーで会おうな!!!!!!

ちょっと過去を振り返ってしんみりしたり、ツアー見て、あれが変わったこれがよかったって話しながら酒飲もう!酒飲めない人はおいしいもの食べよう!!!

本日スケジュールを発表します!

郵便を出す

・土手と公園をお散歩する

Tシャツを数枚買う

・考え事をまとめる

・少し遊ぶ

・居眠りする

 

忙しい~!がんばります

2018-04-13

巷にはメンズエステかい

巷にはメンズエステ(メンエス)とかいビジネスがある。

検索すると色々なWebサイトがヒットするが、どこも似たような作りとなっている。システムスケジュール、予約、アクセス等々、いわゆる性風俗サービスサイトと作りはほとんど同じ。システムをみると、60分10000円くらいか時間に合わせて値段は様々だ。

「メンエス」で検索するとヒットするのが、いわゆるレビューページ。様々なメンズエステでの体験毎日のように更新されている。これも作りは、性風俗サービスレビューページとそっくり。書いてある内容というか文体もよく似ており、具体的なサービス内容がぼやかされていることがあるのも似ている。確かにWebサイトにはあまり明確なことが書いていない。強調されているのは「癒やし」「治療目的としたものではない」「性的サービスは一切ない」とか。「アクセス」もぼやかされていて、「最寄りの駅から電話をしてください」とあるのが定番だ。

性風俗サービスにも、性感マッサージエステと称するジャンルがあり、オイルなどによるマッサージと抜きがセットとなっている。この場合ほとんどの店は派遣型か、受付所で手続きして近くのホテルサービスを受ける、

いわゆるホテヘル型になる。店舗型のエステはあまりいたことがない。さらに、シティホテルビジネスホテル宿泊すると、出張マッサージを呼ぶことができる場合がある。シティホテルならホテルマッサージ師が常駐しており、時間が合えばすぐに部屋で施術を受けることもできる。小規模なホテル場合、あるいはオイルマッサージ場合は、派遣型となり、電話で予約をすると、どこかから施術者がやってきて、オイルなどによるマッサージサービスを受けることができる。この場合性的サービスは一切ない。他、高級ホテルなら、ホテル内に「SPA」があり、同様のサービスホテル内のSPAで、あるいは宿泊する部屋で受けることができる。

街角にあるマッサージ屋、サウナでのマッサージホテルでのマッサージ出張のオイルマッサージ、性感エステなどを利用したことはあるが、メンエスは仕組みがよくわからないため敬遠していた。非常に疲労し体がだるいある日の午後、時間だけはあり余っていたので、思い立って都内にあるメンエス電話をしてみた。電話の受付は女性。開始時間施術時間リクエストして予約をする。予約の時間になったら、最寄りの駅のX口から電話をしてください、ということだった。その時間指定された場所から電話をすると、サービス提供する場所をより詳しく説明してくれる。この対応女性であった。場所は、近くのマンションの一室のようであり、簡単に見つけることはできない。どこどこの交差点についたらまた電話して、というやり取りを繰り返し、マンションの近くまで来たところで、建物名・部屋名が明かされた。なお、今回の場合Webサイトに具体的な住所・建物名・部屋名の記述はなかった。

指定されたマンションオートロック式で、部屋番号を呼び出して建物の中へはいり、エレベータで部屋のある階まで移動した。新しめのマンションのように思える。部屋の前でアホンを押すと、しばらくしてドアが解錠され、日本人女性が一人で現れて入室するように促された。玄関はいるとすぐに小さなキッチントイレ、浴室があるような単身用のマンションである。部屋には、施術者の女性マッサージ師のような衣装でたっていだけで、他の人はいない。間接照明のため薄暗いリビングには、小さめのソファがあり、床にマッサージ受けるための敷物があるだけ。ソファに座り、最初に代金の精算をおこなった。ここで、ひとつ予想外のことがあった。90分のサービスで事前に金額を聞かされていたものの、部屋で示された用紙には、プラス3000円で「VIPコース」「ラグジュアリーコース」(場合により呼び方が異なる)があり、それをお勧めされた。ただし、具体的に何がVIPラグジュアリーなのかの記述説明はない。特に考えもなく、追加の金額を加えて支払いをした。その後、流れについて簡単説明がある。これは単純な話で、最初に一人でシャワーあびるシャワーが終わったら体を拭き、準備された場所に横たわって施術を受ける、施術が終わったらもう一度シャワーを浴びる、というだけ。シャワー用には、貴重品袋が用意されていた。シャワーの間、施術者は準備をするという。

浴室は単身者用の部屋によくある狭い湯船の浴室で、ボディーソープ、あかすりスポンジなどが準備されている。そして、シャワーを浴びた後に履く、パンツ。これは、オイルマッサージであれば、出張マッサージでも用意されていて、シャワーの後にはそれだけを身につけてベッドに横たわるものだ。使い捨てのものであり、なぜだかわからないがTバック、というか後ろはほぼヒモであり、前もどうにか隠れる程度の下着だ。普段そのような下着をつけることのないおっさんには違和感がありまくる。

さて、シャワーをあびて、露出過多な使い捨てパンツを掃いて部屋に戻ると、施術者が衣装を変えていた。変えていたというよりは、脱いでいた。全裸ではない。透け気味のキャミソール姿である過去ホテル出張のオイルマッサージを受けた際には、施術者が着てきた着衣を脱ぐことは一切なかった最初から性風俗であると謳っている性感エステの場合、着衣からまり、流れでトップは裸、全裸など様々である。「性的サービスは一切ない」はずのメンエスとは、健全なオイルマッサージと、性感エステの間に漂う玉虫色存在なのだろうか、と思いつつ、施術は進行していく。メンエスとは一体なんなのかという謎に、少しだけヒントが与えられた気がした。

最初は、うつ伏せで、オイルを使ったマッサージ下半身からはじまる。なぜだかわからないが、敷物の周りには、床に横長の鏡が設定されてい、自分が横になってマッサージを受けている様子をチラ見することができる。マッサージこのような設備必要だろうか?ということはともかく、「今日はお休みですか」「どちらからお越しですか」などのマッサージあるある会話をしつつ、淡々とオイルによるマッサージが行われる。一通り、足裏からふくらはぎ、ふとももまで下半身をオイルにより摩擦したところで、施術者は体勢を変えて、うつ伏せの頭側へ移動してきた。そのまま、うつ伏せの頭の上にほぼまたがるような体勢で、背中の上側から上半身マッサージがはじまる。このような不思議な体勢によるマッサージははじめて経験した。なお、施術者はキャミソールパンツのみであり、いわゆる頭と下半身は近い。布一枚。接触をするわけではないが、もやもや、する。趣味についての会話をしながら施術は進行し、後半は仰向けでマッサージをうけた。最初に、施術者は上半身の首やデコルテのあたりをマッサージしてくれる。さらに、下半身側に移動して、今度は仰向けの体勢で下半身周りのマッサージをする。「これがリンパを流すってやつや!」と考えながら、そして全身オイルまみれになりながら、足の付け根の周辺のマッサージがおこなわれていく。ここまで完全に受け身であり、マッサージからそれは当たり前なのである。十分にリンパがながれたくらいのところで、時間となり、マッサージは終了した。もう一度シャワーを浴びて、オイルを流し、少し休みお茶などを飲んでから、着替えて部屋をでた。少し体が軽くなった気がする。

部屋を出る前に「VIPコース」というのは、普通コースと何が違うのか?と尋ねてみると、衣装が違う(脱ぐ脱がない)のだということであった。別の店でも同様の説明を受けた。

オチはない。

春は孤独の季節

タイトル通り、この時期は色々と孤独な時期である

新しい学年に上がり 新しいことが増え

新しい時間割となり

新しいスケジュールになる

実に適応しにくい

はよ時間過ぎ去ってくれ

それと安寧と落ち着いた時間をぼくにください

2018-04-10

40歳誕生日に見た夢の話

の前に自分語りになるが大学生の頃、5〜6人で劇団を作り活動をしていた。

今思えばいろいろヘタクソ過ぎる割に理想だけは高く

あーだこーだと言い合ってた。

この劇団を作るにあたっての中心人物演出自分

華はないけどいい脇役できるA。

Aは役者としてはいまいちだったが、頭がよく

劇団の裏方仕事ほとんど引き受けてくれてて

スケジュール調整、経理宣伝などほんとありがたかった。

そんな彼女自分はいコンビだと思っていたが

劇団を作る前に告白するも「彼氏を作る気はないと」断られた。

しか劇団をやっていくことには興味があり賛同してくれいっしょに活動することに。

自分的には活動するうちに、仲良くなれると淡く思っていたのだが。

そこそこ劇団の人気が出てきたとき客の中に

Aに対してストーカーをするやつが出てきた。

ストーカーと言ってもちょっと気持ちの悪いメールを送ってくる程度だったが

恐がりなAはとても精神的に追いつめられていた。

もちろんそこで自分は「俺が守るよ!」なんてことを言ってたが

どうも「結局、こいつも下心がある」と思われ逆にAは追いつめられたようになっていった。

その頃からAはキレることが多くなった。

些細なことで何時間も怒りの電話をかけてきたり

外のカフェであっても大声でわめき散らしたり。

人間、怒られるとこっちも怒りっぽくなるんですね。

そのうち顔を合わせるたびに喧嘩になり劇団解散した。

そこから連絡も一切取らず。

ちなみにAは最後の方に入ってきたイケメンと密かにつきあってました。クソが。

月日は流れて自分劇団経験を生かせてなんとか脚本放送作家仕事

小さいながらにできるようになり、家庭を持つこともできた。

そんな前置きがやっと終わって、夢の話。

Aが夢に出てきて、いろいろと謝りだした。

そして、もう一度やり直せないかと、一緒に生きてくれないか

あなたを選ぶことが正解だったなんて言ってきた。

夢の話だけど、すげえ悩んだ。すごく好きだったから。愛憎どろどろだけど。

けど無理って断った。どうせまた喧嘩ばかりの日々になるからと。

そこで目が覚めたが、夢の印象が強すぎて1日ぼーっとして

これじゃいかんと書きなぐってみた。

20代のどろどろとした恋愛20年経ってもなかなか振り落とせないもんですね。

2018-04-07

anond:20180407180150

残業しないのはいいけど、代わりに企業にはクビにしやすくするべきだと思う。

残業しないわ仕事おせぇわスケジュール守らないわ報告しないわサボる遅刻するわで

凄い奴が居たぞ前の会社

裁量労働拡大よりもっと生産性が上がる方法

いわゆる社内SEやってるけど「このシステム開発案件、1週間もあれば作れそうだな。仕事だし情報共有や人の冗長性やスケジュールバッファも考えても2人1か月あれば十分すぎる」と思う案件を、2人で低コストで作るより、SIerを雇って10人で6か月くらいで作ってもらった方が圧倒的に評価される。そのシステムを導入した費用対効果を考えると完全に赤字でも。多数の人や多くの工数管理したことが高く評価されるのだ。

下請け会社に開発を任せると結構割合で、「このプログラム書いたやつ、プログラミング勉強したことないんだろうな」と思えるようなものが納品されたりするが、品質が悪かったり、それが原因でのトラブルがあったりすると、やはり難易度が高い仕事を多くの人数を管理して成し遂げたということになって評価があがる。

もちろん自分は高い評価がもらえる仕方で仕事をしている。馬鹿じゃないからな。

多分ウチの会社だけでなく他の日本会社でもこんなこときとあるんだろうと思うと、日本会社未来がないのかもしれん。

こんな事やっていて市場競争に勝ち残れるとはとても思えないし、裁量労働制の拡大とか言って残業させまくる状態にしても意味ないだろう。

生産性向上するなら裁量労働の導入や拡大より仕事評価方法変えたほうがよい。

日経裁量労働記事(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29081230W8A400C1EA2000/)を読んで、そう思った。

そもそも労働時間と成果が比例しないなら1日8時間以上働かせるなよ。

技術学習に興味がない、その分野を嗤うような人間は、さっさと会社やめてほしい

そんな人間に教えても習得意欲や成長を見せない

こういう気質の奴って特に女に多い

おまえが辞めるまでこっちゃ教えなきゃならないんだから

まして結婚だの新婚旅行だの妊娠だのスケジュールリスクが多すぎるんだから

辞める気ならはやく辞めてほしい

anond:20180406030913

ジャニはずっとテレビに出続けられるけど他アイドルはそうもいかない。ジャニが異質なんだ

・下がどんどん増える さっさと席渡せ老害っていわれる

・定期的にライブがある ハロなんか特にぎっちぎちにスケジュールが詰まってるから辞めないと他の仕事が出来ない AKBも定期の劇場あり

握手が鬱 特典会が鬱 ジャニ握手してないから鬱にならず続けられるんやで ジャニ比較にならん

2018-04-06

anond:20180406213221

質問したおっさんだけど。

単位数え間違えるっていう事はギリギリ単位で上がっていこうって考えだったのかな。

それは正直なところ褒められるやり方じゃないけど、何か理由があったのかなと思いたい。

現在作っているものがあるのであれば、プライベート時間を少なめにしてまずは作品を作り上げるくらいでいったらどうだろう。

プログラミング勉強している人は、常日頃から結構カツカツのタイムスケジュール組んでプログラムしている人も多いよ。

天才レベルだと自分時間にゆとりをもっている人もいたけど、そういう人の方がプログラムに没頭していた気がする。

まあ卒業するくらいまで時間がかかりそうならば、まずインターンに参加して良いと思う。

とにかく自分希望に沿ったインターンを探そう。その日に見つかるわけじゃないけど、根気よく。

あとは自分の実力を下げて評価しないことかな。

今作っているものがあれば、それはインターン側に伝えてみるのは良いことだと思うよ。

春も始まったばかりだしいい結果が訪れれば良いね

anond:20180405222856

大学での交友関係高校でのそれとはちょっと違うかもしれません。

大学でのそれは「ライバル」とか「仲間」と呼ばれるものです。卒業後は「人脈」と呼ばれます

大学において「人気者」になりたいのなら、あなたの才能を磨くのが最も近道です。

優秀な人は、より優秀な人を求めるからです。

シラバスを手に入れましたか?まずはそこに載っている教科書参考書を読みましょう。

授業後に読み始めるのではちょっと遅いです。

大学積極的勉強する人が集まるところです。受け身になっていると置いて行かれます

仲間を集めるのには自主ゼミ輪講)を開くとよいでしょう。

自主ゼミを開くのに特に決まった方法はありませんが、右も左も分からない新入生ならこんな感じでいかがでしょう?



大学は学ぶ意思のあるものにはとても寛容です。

学科の授業を勝手に聴講しても、研究室ゼミ研究会突撃しても怒られません(メール事前連絡必要ですが)

大学を利用し貪欲に学んでください。

素晴らしい大学生活でありますように。

ところで、サークル加入を薦めるブクマコメントがありますが私は賛同しません。

私の知る限り大学中退する理由の多くはサークルが原因です。

サークル内でトラブルがあった。顔を合わせたくないので大学に行けない」

サークルの先輩が勉強しなくても大丈夫と言った。過去問をくれるから云々」

サークルに限りませんが、風通しの悪い狭い場所はいじめ等が起こりやすいようです。

またある種のサークルには何年も留年している沼の主みたいな人がいて、しばしば他の人を引きずり落とすことがあるようです。

趣味活動大学の外ですることをお勧めします。

参考になりましたら幸いです。

2018-04-05

noteの新たな脆弱性

情報を追記し期待させることで購入させる有料記事話題だ。

https://note.mu/ancha0408/n/n47e28e4a9526

特商法表記こちら。

https://note.mu/ancha0408/terms/specified

キャッチータイトル言わずもがななのだが、注目はその手法

アウトラインを書き、それを追記していくことでお得感を出している。ツイートを見ると現在追記は1回行われたようだ。

さて、noteでは返金ができない。

だが、読者はこの追記が適切に完了することを期待して購入しているはずだ。しかし本有料記事では終了時期には言及していない。もしかりに作者に万一のことがあったらどうなるのだろうか。

かつて、有料メルマガ炎上した事案があった。

◆週刊(だったはずの)有料メルマガが一ヶ月間配信されなかった件

http://hotakasugi-jp.com/2012/11/13/mailmagazine/

実際、ツイートを追っていくとまだ情報本丸は明かされていないようだ(つまり購入前時点ではこれが本当のことなのかフィクションなのかの判断がつかない)。それが最終的に明かされたとしても、それが1年後だったりしたら、読者はどう思うのだろうか。

noteは、分割追記していくタイプ記事販売は、早急にスケジュール設定し、完成してからでないと販売できないようにするべきだ。もしくはリスクについて説明する欄を追加しそれが入力されなければ有料発行させないよう対応すべきだろう。

さて、くだんの記事は、現在販売数は800を越えているとのこと。

果たして

◆追記

「書き足していくごとに値上げする」という、そのセンスは素晴らしい。情報本丸最後にならないと明かされないな。さていつになることやら。

https://twitter.com/annin_book/status/981472714656432128

かつての料金。

https://megalodon.jp/2018-0405-0125-42/https://note.mu:443/ancha0408/n/n47e28e4a9526

2018-04-04

年間トップにしてアルファブクマカへのインタビュー

本日は、はてなブックマークブックマークコメントにおいて、2017年で最も多くスターを集めたアルファブクマカ増田さんにお越しいただいてます

ブクマカから多くの支持を集めたブコメで、着実にスターを集めてきた2017年

はてなーとなってから10年の時を経て、なるべくしてアルファブクマカと呼ばれるに至った現在ブクマカとしてのこだわりや矜持について伺います

ーーー増田さん、本日はよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いしま

ーーー早速ですが、2017年で最も多くスターを集めたアルファブクマカとして、率直に今の感想をお聞かせください。

まあ、驚いてますよね普通にまさか自分が…ってのがあって。それこそ著名なブクマカなら他にたくさんいますし…。でも、それだけ多くの方に自分ブコメ賛同していただいたってことで、嬉しく思ってます、もちろん。

ーーー普段は1日で何ブクマ、何ブコメほどするんですか?

えー、最低でも100、かな。調子が良ければ120はいく。タグだけの無言ブクマがそのうちの3割くらいです。

ーーー限られた時間の中でそれだけのブクマさらにはブコメまでつけるのは、非常に大変な事だとお見受けするのですが。

もちろん普段ちゃんと働いてます(笑)その合間を塗って、流れるように、ね。リズム大事なんですよ。そこをとらえて習慣化すれば、案外と100の壁って低いですよ。

ーーー具体的に、1日のブクマスケジュールを教えてください。

まずあさイチの布団の中ですよね。スマホアラームが鳴って、停止させたらロックを解除して、そのまま流れるようにアプリを起動します。脳をしっかり目覚めさせるという意味でも、ここでたっぷり40はブクマしておくと後が楽です。それから朝食を食べながらの二巡目。あさイチブクマブコメ取りこぼし分を補いながら、更に10ブクマ。そして通勤途中でも10、昼休み1020、帰りの電車でも10。ね、これで100いくでしょ

ーーー過密なスケジュールで、非常にストイックなんですね。

ブクマブコメっていわば頭脳労働なんですよ。24時間365日、常に同じ気持ちでに向き合い続けてると、自然とこういうライフスタイルになるんですね。

ーーーブコメを書く時に気をつけていることというか、なにか特別意識してることはあります

そうですね…。えっと、特にない…ですかね。なんかすみません(笑)

ーーーいえ、いいんです(笑)まり、率直な気持ちブコメを書いてらっしゃるんですね。

まあ、そうなりますかね。ブコメって元記事に対する最大公約数的なものが結局は受けるんです。だから記事を見て思ったことを、分かりやすく率直に、少し感情的に書く。それだけでもスターがつきますよね。

ーーー感情的に、ですか?

そうです。客観視するようなブコメももちろん支持されますけど、自分はそういうタイプじゃないんですよね。理論よりブクマカの心の動きを読むというか。おこがましいですけど、みんなの気持ちを代弁させてもらってるつもりで書くんです。感情的ブコメってことは、他人事じゃなくて我が事としてブコメするってことじゃないですか。そこにみんな自分気持ちを置きやすくなる。

ーーーなるほど…

ちなみに、スター意識しませんね。やるべきことをやったら、自ずと結果としてついてくるものだと思ってますから毎日いいブコメをするには、毎日いかスッキリ朝目覚められるかが大事。そういう生活根本から始まってるんです。そのために、睡眠の質を上げることや、体に良いものを食べることも気を配ってます

ーーー睡運瞑菜(笑)

瞑想はしないですね、その時間があったらブクマブコメしたいんで(笑)

ーーーアルファブクマカとして、今年の抱負を聞かせてください

さっきも言いましたけどスター意識するとかえって自由ブコメができなくなるので、そこはあんまり意識しないで、あくま自分感情に正直にブコメしていきたいと思ってます。ただ、ひとたび自分ブコメスターがついたら、それはもう自分の手を離れたものだと思ってます。あのブコメは、スターをつけてくださったみんなのものになったんだと。だから、手を離した瞬間から我が子の成長を願う親のような心境になりますね。しっかりみなさんを楽しませるんだぞ、と。そう思うと、自分ブクマブコメ、そしてスターを通じて、人生の旅立ち、そして大いなる母の心…みたいなものを感じてるかもしれません。

ーーー素晴らしいお話をお聞かせいただきました。今後とも応援しています本日ありがとうございました

ありがとうございました

2018-04-03

スマホガラケー上位互換じゃねーんだよ

今日ホッテントリに入ってた記事もそうだが、スマホに変えるべきとか言ってる人が多くて困る

スマホのほうがいいという人が買い換えるのは勝手だが、スマホの方が劣ってると思ってる人もいるのに変えるべきとか言われてもなんでそんな使いづらいものにしないといけないのかとしかおもわない


ガラケーあくまでも電話

カメラメモ帳スケジュールなど便利ツールもついてるがあくま電話


スマホモバイルPC電話機能をおまけで付けたようなもの

iPhone だって音楽プレイヤーだったiPod電話機能つけたようなものだろう


---


スマホダメガラケーの良い部分を上げていく


一番重要

必要ないことを裏でいろいろして、バッテリー容量が大きいのにガラケーより電池が持たない

ガラケーだと月に数える程度しか充電しないが困らない


なんといってもボタン操作なのが一番使いやす

反応の悪いタップ操作なんてイライラして仕方がない

タッチ操作タブレットはもっているものの、スクロールしたつもりなのにリンクが開いたなんて日常

タップをしてもずれたところが開いたりするくらいなのに、画面や文字が小さくなるとか使いづらいことこの上ない


また指を動かす範囲が多く、自分の指が邪魔になるのも問題

直感的に場所タップするゲームをするのならともかく、インターネットをするだけでなぜあんなに指を動かさないといけないのか

ガラケーだと十字キーと決定キーだけあれば十分で指を極力動かさず、いわば傾けるくらいの動きで済む

家庭用ゲーム機のコントローラ操作するのに近いだろうか

余計な操作をせずに済む最適化されたボタンと言える


そしてタップ時には手が邪魔になって微調整がし辛い

さらには画面に指紋がついたりろくなことがない


  • 応答速度

AndroidiOS でもスペックがよければ早いと思ってるだろうが ガラケーもっとすごい(たぶん機種もよる

今ではもうない Mova (だっけ?)の携帯特にすごかった

シンプル機能だけだからか、決定ボタンを押して離すまでにはもう次の画面がでている

Foma だとちょっと遅くなったのが残念

iOSかに多いアニメーションとかをおしゃれと思って好んでいるならメリットを感じないかもしれないが押した瞬間にレスポンスが来るので画面を見ずに高速でボタンを押したら目的場所に来ているのは気持ちがいいもの


アプリ個人的には不要ものだと思ってる

ガラケーでも入れられたと思うがここ10年ほどは入れたことがない

デフォルト機能だけで辞書カメラバーコードリーダーにメモ帳カレンダーなど日常生活であればいいものは一通り入ってる

わざわざ追加で入れる必要がない

Android のように怪しげな物を入れてウィルスとか心配する必要もない

そもそも共通OSじゃないかウィルス心配はほぼなかったはず

モバイル端末にまでセキュリティソフトいれるなんてやってられない


あとは面倒なLINE教えてとかこのアプリ入れてみたいなのを買わせるのもガラケーメリット

直接イヤと言いづらいときでもガラケーからーといえばじゃあしかたないよねーという流れになる

ガラケー人間関係にヒビを入れずやんわり断れる便利アイテム


  • 狙われない

ガラケーはできることが少ない分、入ってる個人情報もそこまでクリティカルものはないことが多い

仮に落としてもダメージが少ない

というか普通に置いておいても盗まれるとかそういった心配スマホほどよりは少ない


  • その他

折り曲げられるし軽いのも利点

スマホはすぐに画面が割れるらしく、友人でも割れてる人がいるしケースや画面に貼るシールを買うのが当たり前になってる

ガラケーで画面割れてる人は見たことないし、シールも横から見られるの防止は一時期流行ったけど割れるや汚れ対策で使ってるのは見たことない

タッチパネルの性質バッテリーの都合などでガラケーより重いことが多いのが関係してるのかも

話はそれるがスマホで横から見られる対策ってあんまり見ないけど気にしないのだろうか

意識しなくても電車に乗ってるとこの人ゲームしてるとかLINEしてるというのが普通に見えるのだけど


あとはムダにお金がかかる

上でも書いたがケースやシールが実質必要ものだったりするし、通信プランが高いものにしないといけない

スマホに変えた親はこれまでパケ放題的なものじゃなかったのだが、スマホだと定額プランにするしかないようでそれにすることで高くなっていた

あとはセキュリティソフトを買うケースもあるし、OSの移り変わりが早い分、ガラケーみたいに10レベル使い続けるのが難しい



書こうと思ったときもっと思いついたはずだがいま出てこないのでこの辺にしておく

この手の記事を書くとおっさんとか思われるので一応書くと増田20代半ばです(25以降は~とかいうのは捨て置く

今日はなぜか輝夜ちゃんの夢をみた。

べつにガチ恋勢でもなんでもないけど、夢に出てくるくらいには好きだったみたいだ。

彼女はベッドのようなもの腰掛けながらスマホトーク収録をしていて、自分はその脇で見守りながらつい小声でツッコミを入れていた。

終了後、自分の声がマイクに乗ってしまっていないか心配になり、録音を確認しようと月ちゃんスマホを触らせてもらっていた。

この時していたのは録音だけなので、あとからモーションをつけるんだなとか考えていた記憶がある。

Androidの画面を繰っていると、月ちゃんスケジュールが映り、入金だのなんだの生活感のあふれる文字が並んでいた。

操作の覚束ない自分を見かねて、月ちゃんが横から文句を言いつつ手をだしてきて、左上の時計部分をタップした。

すると、するすると画面が最上部に戻って、おおっiPhoneじゃなくてもこの機能あったんだ!と感動した。

その後も録音ファイルを探すが、どうにも見つからない。もしかして失敗していたんじゃ…

と、やきもきしているうちに、夢から醒めた。

この夢の中の月ちゃん中の人状態だったはずだが、彼女をあまり正視しなかったのか、姿の印象は一切残っていない。

起きてる今にして思うと、実際にはもっとちゃんとした収録方法でやっているだろうと思う。携帯iPhoneだし。夢につっこんでも仕方ないが。

ともかく、夢の中でも、自分の小さな声など掻き消して聞こえてすらいないような勢いで、月ちゃんは騒がしく一人夢中で喋っていた。

2018-04-02

安倍政権のいいところ

自民党が決めたスケジュール通りに法案を可決するところ。

納期を守るためならなんでもする。遂行力がある。

社会人になって良かったこ

お金と心の余裕ができた。

学生時代は授業、課題課外活動、そしてバイトと何足ものわらじを履かなければならなかったけれど、社会人はとりあえず仕事さえしていればいい。

これが私にとってとても良かった。

大学に通うにはお金を払う必要があったけれど、会社はその必要がない。

自分で選んだ進路とはいえ、私にとって勉強お金を払ってやる苦行と言っても差支えなかった。

バイトをしないとお金が払えないし、しすぎると単位を落として……と、負のスパイラルに怯えていた。

それが! 仕事お金を払わなくていい。むしろくれる。

もちろん上を目指すには勉強自己投資が欠かせないけれど、やりたかったらやればいいだけ。

全員が優秀な社会人になる必要などなかったのだ。

身分相応な収入ステータスで生きていくのも大事

あと、大学時代は様々なコミュニティに属していたから、スケジュール調整が大変だった。

それによる人間関係の調整も苦しかった。

でも、大抵の社会人所属コミュニティの数がぐっと減るし、「仕事が一番」という共通認識があるので、スケジュールが合わなくても仕方ないよね、とお互い心の整理がつきやすい。

そして、お金があるって素敵。

やりたいこと、行きたい所、欲しいもの、何でも自分で好きに手に入れられる。

自由を手にしている感じ。

選べる権利ってやつだ。

そんなわけで、社会人になって心が楽になった人もいるよって話でした。

anond:20180331144202

かに男性同様に働けない女性仕事での自己肯定感が得られにくい社会なっちゃったよな。

生理個人差が大きいし、「最高のパフォーマンスに合わせて仕事スケジュールを組む」だと破綻する(と、嫁さんが言ってた)

ただ、うーん、その昔、フェミニストの方は声高に「これからはジェンダフリーだ!」「男女の働き方の差異を無くすのだ」って言ってきた背景もある。

総合職女性が現れたのは良い傾向かな、とも思うよ。仕事を凄くしたい女性もいる訳でさ。

ただなー、それが女性幸福にしたのか?っていうと私は疑問がある。嫁さんもそんなに働きたい訳じゃないんだよね。東大卒なので、いろいろ私より優秀ではあるんだけど。仕事幸せに直結しない女性もそれなりにいるんじゃないかな、と

2018-04-01

別に新生活が始まるわけでもない春

母方の婆ちゃん自殺した。まあ長生き願望がある人ではなかったから、病気自由がなくなるって時点で死にたくなったんだと思う。気持ち、よく分かる。

なんというか、メンヘラ気質な家なんだよね。爺ちゃんも昔、手首切ってたらしい。おばさんは引きこもりを乗り越えて子育て、うちの母は動いてないと死んじゃう人で、多分スケジュール詰め込みまくる病気。なんか心理学者テレビで言ってた。私も私で、軽い自傷癖がある(かさぶたほじるとかその程度)。従兄弟のことは分からないけど、学校に通えなくはなってた。

増田を含めてインターネットがあってよかったな、と思うのは乗り越えた人もそうでない人も、自分経験を吐き出してくれているところ。無かったら、どうなんだろう、他にいろいろ見つけてたかもしれない。でも、ああ私は人に迷惑をかけるな、って思えたから良かったと思う。とりあえず、1人で生きる準備が終わった。

風の強い日曜日、母が、恐らく死んでいるであろう年齢までの、私のライフプランを考えて、これで生きていけると思った。春の憂鬱に引きづられてるのは私自身かもしれないけど、いつかこの通りにできたら、私の人生は上出来だな。メンヘラは終わらせるからね。

インターネット世界の向こうの皆さんいつもありがとう。春の陽気をなんとか生きていけそうです。自己陶酔の鍋から

2018-03-31

宇宙よりも遠い場所」13話を観ていて色々考えた

最初から最後までほぼ泣いてたかもしれない。いい最終回だった

報瀬について

 終始笑顔で、それを見ただけで胸がいっぱいになる。まず髪切るときの報瀬。12話では、3人の前で躊躇していたときの報瀬は本当に曇った顔で「もういいから、じゅうぶんだから…」って言っていたのとは裏腹にすっごい良い笑顔になっていて、12→13における報瀬の成長が端的に現れている大好きなシーン。その後隊長とかなえさんに見せた笑顔はとても貴子に似ていて、「ああ、カーチャンがいた頃は、こんな感じに感情豊かな女の子だったのかな」とか「12話を経て報瀬がようやく本来の報瀬らしさを取り戻したのかな」とか思わずはいられなかった。その、カーチャンの亡霊を象徴するノートPC隊長に託す報瀬は本当に清々しく、12話で夢から醒めた彼女が悲しみではなく幸せで満たされていることが端的に現れてて「良かった・・・本当に良かった・・・」ってなった。その後カーチャンからメールが返ってきたときも、それまでの報瀬だったらどうなっていたのか分からないけれど、13話の報瀬は「知ってる!」と鼻にもかけず笑い飛ばした姿はすっかりカーチャン背中に追いついていて、むしろ追い越している。どんだけ成長してんねん…。

 加えて、今までの報瀬はどんな風景を見てもボケーっとしたようなシケた顔だったのだけれど、最後に満面の笑みでオーロラを見る姿はもう最高すぎた。

4人について

 観測隊としての生活は相変わらず忙しそうなのだけれど、4人が「なんとなく、うまくやっている」という姿に感動した。報瀬も言っていたけれど、南極での生活はむき出しの感情がぶつかることもあるわけで、それでも4人は仲良くやっているので「何も大きなトラブルが起きない」ことで彼女たちの成長を表すという演出が最高すぎた。個人的アイスオペレーション中のゆづ「死にますFOOOOOOOO↑↑↑↑↑」がツボだった。自分のことをネタに出来るって結構すごいことなんだよね。これだけでゆづが大きく成長していることが分かる。アドリブなんだろうけれど。

めぐっちゃん

 ラスト30秒。ここだけでずっと語れそう。

 キマリが「帰ったよー」を送ったとき一瞬で既読がついてて、「ああ、めぐっちゃん家族あたりからマリ帰国日を事前に聞いていて、今か今かと待っていたのかな」とか「10話でキマリが「既読付くタイミングだけでめぐっちゃんが今何してるのか分かるんだよ」って言ってたし、キマリはめぐっちゃんの心情に気づいてるのかな」とか。

 また、行き先が北極だった件について。10話における「南極にいるんだけど、SNSを通じてなんとなく(日本にいる)めぐっちゃん気持ちがわかるキマリ」と立場が逆になっていて、かつてキマリが「めぐっちゃん庇護のもとぬるくやってないで、自分の力で強くならなければ」と思ったように、めぐっちゃんも6~13話でキマリ日本南極経験した様々な出来事を、キマリのこと考えながら裏でこっそり通ってきたのかな、と思わせる。

 めぐっちゃんから送られてきた写真には綺麗なオーロラが写っていたのだけれど、オーロラはその仕様南極北極同時に出現するので、キマリたちが南極付近オーロラを見ていたちょうどその時、めぐっちゃん北極オーロラを見ていた可能性がある。そう考えると色々シンクロして考えちゃって、胸がいっぱいになった。

 一方キマリメッセージに速攻で反応するめぐっちゃんは、5話でキマリが絶交無効したあと(一方的に?)めぐっちゃんのことを親友だと思っていたように、めぐっちゃんもまたキマリのことを大切に思い続けていたんだろうなぁということまで伝わってきて、5話における2人の想いが両方とも叶った最高のハッピーエンドだった。締めのセリフ「なんでーーーーーーーーー!!!」も、5話にあった同じセリフとのニュアンスの違いにグッと来た。

 「もし続編があったら~」という発言を各所で見るけれど、めぐっちゃんの旅を見たい、という人が多くて嬉しかった。最後写真オーロラをバックにめぐっちゃんカメラを覗き込む構図」は公式キービジュアル「4人がオーロラをバックにカメラを覗き込む構図」と対になっていて、つくり手がめぐっちゃんのことをもうひとりの主人公として描いてくれていたのかな。

総括とか

成長物語メンター(導き手)

 主人公たちの成長を描く物語では、どのキャラクターに(精神的な)導き手の役割をもたせるのか、というのが重要なのだけれど、本作では(子どもたちだけで完結せず)大人たちが多かれ少なかれ寄与している。私はこういう「かっこいい大人」が描かれる作品がとても好きなので、本作もそういう意味で大好きだ。特に隊長とかなえさんはすごい良いキャラクターだった。何が最高って、13話で「実は大人組も4人の心意気に背中を押されてここまでこれたんやで」っていう心の変化が描かれてて、大人組も4人と同じ人間味あるキャラクターになっていたこと。物語におけるメンターが、物語の中で自身も成長するとか最高すぎる。

感情移入

 観ながらアホほど笑って泣いた作品だった。こんな経験殆ど無かったのでとても新鮮だ。「病めるときも、健やかなるときも変わらず泣き笑いすることを誓う作品」っていうとちょっと大げさだけれど、私は疲れているほど自発的に笑ったり泣くことが出来なかったりしていく人間なので、こういう「心を奪われる作品」を大事にしていきたい。

良いものを作るということ

 以前ツイッター界隈で「各話において、クレジットされる作画監督の人数が多いほど現場は火の車になっている可能性が高い」という言説を見た。たまたま知り合った元アニメーターの方に聞いた限りあながち間違いではないらしい。そこで本作なのだけれど、グロス回で作監が3人クレジットされるくらいで基本1人か2人という感じだった。終始作画も安定していて、スケジュール的にうまく行っていたのではないだろうか。

 また、公式ラジオで言っていたのだけれど、本作のアフレコでは完成された映像を見ながら声を入れていたらしく(最近絵コンテ段階の映像で声を入れることのほうが多いそうな)、その点でも本作はある程度余裕を持って作られていた可能性が高い。

 要は無理せず良いものを作って欲しいよね、という話。

最後に。BD版の音ってサブスクリプション制のと比べてめっっっっちゃ良いね

2018-03-30

anond:20180330164431

ミリオンシンデレラと同じような悩みを抱えててわらえる

50人も若手声優使えばそりゃ何人かはスケジュール抑えられないほど忙しくなるだろうよとしか思えない

2018-03-29

anond:20180329104802

つーか午前1時帰りな時点で平日は家事出来んだろうから

それを認めてくれる人とじゃなきゃ結婚続かないわな

増田がその生活スケジュールを夫に説明して無かったのか、

説明してたけど夫が結婚したら当然仕事セーブするんだろ?と思い込んでたかは知らん

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん