「長居」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長居とは

2020-07-09

推しが死んだ

推しが死んだ。

このご時世に物騒な言葉を使って申し訳ない。

推しというのは私が好きな二次元キャラクターのことだ。

それも本当に死んだわけではない。命が尽きたわけではなく人格の話だ。

私が好きになった推し固定観念が死んだのだ。

推し存在するジャンルについて書こう。

そのジャンルは未だに更新のある生きたジャンルで、リリースからしばらく経つが人気も高い。

私がそのジャンルに落ちたのは1年ほど前のことでまだまだ新参者の類だ。

でも落ちてからは早かった。

推し出会い自分でも驚くほどそのジャンルにのめり込んで何度も同じストーリーを繰り返し読んでは公式最高!推し最高!と萌え狂っていた。

わたし二次創作も嗜むオタクだったので自分でも推しを書き他人が書いた推しの話も支部の古いものから順にほぼ全てに目を通した。

先に書いた通り人気のあるジャンルだったため公式二次創作ともに頻繁に供給があって本当に毎日が楽しくて仕方なかった。

でもある時から公式ストーリー展開に違和感を覚え始めた。

推しの変化だ。

二次元キャラクターは目まぐるしい速度で成長していく。アクションSF・学園モノ…カテゴリーは様々だが、連載が長引くにつれキャラクターは必ず内心面や身体的に成長していく。

良い成長だけではなく時には悪い方向に向かってしまうこともあるが、不変ほどつまらないものは無いのでそれは話の展開に必要ものだ。そうした成長を見守ることが楽しく胸を熱くさせるからオタクはついつい同じジャンル長居してしまうのだ。

でも私が推しに感じた違和感は何かが違った。

そしてその日は訪れた。

更新されたストーリー内で、推し絶対に言うはずのない台詞を口に出したのだ。

絶望だった。

ストーリーが突然グチャグチャになって、推し支離滅裂なことを言い出したわけではない。あくまでも自然に徐々に推しの中身が異質なものになっていって、私が変化を強く感じたのがそのストーリーのその台詞だったというだけだ。

なんで?どうして?何故そんなことを言うの?

全く理解が出来なかった。変わってしまったと感じた部分は、私が推しに落ちた理由でありその推しの"核"だったのだ。

私はうまく回らない頭でTwitterを開いた。同じように戸惑っている人を探そうとしたのだ。

でも目に入ってきたタイムラインには、

「このページの推しの顔可愛くなかった?」

「今回のストーリーすごく泣けた…。」

推しカプの妄想が滾る。ストバレになるけど絵上げていい?」

といったいつもと何ら変わらない公式への称賛の声ばかりが広がっていた。

絶望。もう、ドン底だった。

どうして誰も推しの変化に気付かないの?自分の好きなキャラクターなのに分からないの?

私が推しの"核"だと思っていた性格は、公式にとっても他のオタクにとっても重要ものじゃなかったの?

推し盲目的になるあまり客観性を失ったのは私の方なの?

私が推し解釈を拗らせて自分の中に空想上の性格推しを作り出してしまったの?

でも、だっておかしいんだ。

推し絶対にそんな考え方はしないしそんなことは言わない。いつそんな変革があったんだ。

ストーリー初期の推しであれば最新話の推しが言った言葉絶対否定すると思う。最新話の推し性格が初期の推しに反映された場合にこの物語全体が破綻するくらいにはこの固定観念は変わってはいけないものだったはずなのに。作品テーマだったはずなのに。

そんなことを一人でグルグルと考えて苦しくなって、わけも分からずずっと泣いていた。

元々、私は他人感覚が違うんだと思う。

例えば、

才能があって乱暴自分勝手で、だけどたまにぶっきらぼうな優しさを見せるキャラがいるとする。(※これは上で語った推しのことではない)

そうした時に、このキャラを好きになる大抵の人が"ぶっきらぼうな優しさ"に惹かれるとする。ならばこの場合の私は"才能があることを自負している強さ"に惹かれるのだ。だから二次創作原作描写以上に終始優しい姿を見せるこのキャラを見ると「解釈違いです!」とそっとページを閉じる。でもどちらの性質もそのキャラが有しているものであってどこを好きになっても間違いではないはずなのだ

感覚というかそのキャラの重視するポイントみたいなもの他人と違う。

まり何って私とTLの感想が一致しないのはわりと頻繁にあるということ。

話を戻すと、

私は公式解釈違いを起こしたのだ。

そんなことある

否、そんなことは絶対にあってはいけないし、その場合解釈違いを起こした私がおかしいのだ!いつだって公式が正しい。だって推しの在り方の正解を知っているのは生みの親である公式だけなのだ

私の好きな二次創作公式原作あってこそのものから、私はストーリー更新されるたびに各キャラクターの変化を自分解釈に反映させてきたし、それはきっとどのオタクだってそうだと思う。

供給をもらうたびに考察して、うまく飲み込めない時には他人考察を見たりして、自分の中に落とし込んで、その都度自分の中の「好き」をアップデートさせていると思う。

でも私は今回それが出来なかった。

公式が間違っている!なんて独りよがりの最低なことを思ってしまうくらいには納得がいかなかった。

毎日楽しく漁っていたTwitter支部も、二次創作すべてが見れなくなった。最新話に関係のない時間軸の推しを描いたものでさえ、「でも結局この推しは最新話のような思考に陥るんだ」という負の感情邪魔して見れなくなった。

もちろん自分でも書こうとは思わない。早い話が虚無である

疲れているかマイナスな発想にしかならないんだ、時間を置いてもう一回最初から読み返そう。

そう思ってインプットアウトプットも止めて、身体を動かして美味しいものを沢山食べてどこか退屈なだけど気楽な日々を過ごした。(その間も推しが恋しくなったが私生活に支障があっては困るのでなんとかして推し脳裏から抹消した。)

そうして約一ヶ月後、もう一度推しと向き合った。が、ダメだった。

離れている間の他人感想検索して私と似た人も見つけた。推し作品の傾向の変化について考察をまとめている人もいた。でもその考察がどんなに納得できる内容でも私はダメだった。

ジャンルを離れてもダメで、新しく何かにハマろうという気も湧かない。

ただただ推しのことが好きだという気持ちが消えない。

死んだ推しの亡霊を追い求めているのだ。


そんな私は今もそのジャンル更新を追っている。

もちろん前のような気持ちで見ることはできないし、私の許容範囲外なだけでもしかしたら他のキャラクターおかしな変化をしているんじゃないか?と疑うくらいには公式に対する信頼も無い。今はまだそうはなっていないがもし今後すすんで粗探しするようになってしまったら本当にオタクとして終わりだと思う。

でも、「もしかしたら推しのあの台詞に対する言及が来るかもしれない!」サ終していないから、更新があるからこそ、私はそういった希望を捨てられないでいるのだ。

公式を信頼していないと言いつつ自分に都合の良いどんでん返しがきたらあっさりそれを受け入れられるよう準備をしているのだ。ボロボロになりながら呪詛を吐きながらそれでも追い縋ってみっともない。

だけどSNSで表立って愚痴を言っているわけでもない、公式sageるようなことも言っていない。このヘドロのような感情自分の中で室内飼いしているだけなのだ

耐えきれなくなって開いた穴から毒が漏れ、ついにはこうしてはてなに書き込んでしまったわけだがどうか許してほしい。

恐らく私は公式にどうにかしてほしいわけでもジャンル人間によしよししてほしいわけでも無いんだと思う。

私が頼れるのはもう時間しかないのだ。

許してほしい。

死んだ推しの亡霊が見えなくなるまで

私に憑いたものが消えてジャンルを去れるまで

その界隈の住人でいることを

どうか許してください。

2020-06-29

anond:20200629030116

みな長居はしとらんよ。

それらしい連中が何故抜けていくのか俺には分からん

お前が気付いたら、増田を辞める前に考察記事の一つでも書いてくれ。

2020-06-28

パチンコ店新型コロナウイルス感染クラスターにはなり得ない

昨日出かけた帰りがけ、トイレ借りるついでにと、駅前パチンコ屋で遊んでみた。

パチンコはCOVID-19で散々悪者扱いされてきたが、実際のところどうなんだろうな、ってのに興味があったのもある。

パチンコ店に入るのは実に数年ぶり(10年以上ぶり?)だったが、様変わりにかなり驚かされた。

色々店内を自分の目で見て回って「あっ、これはクラスター感染が起こらないわけだ」と得心を得たので、その理由を以下に列挙する。

なお、この内容はあくまでオレ個人確認してきたことであり、それに基づく意見であることは予め断り書きしておきたい。


消毒を徹底

店の各所に消毒スプレーが設けられていて、客がいつでも手指を消毒できるようにしてあった。

他、店員がこまめに消毒して回っているのも確認した。以前も客が台を離れると即座に掃除していた印象があるが、今はそれをもっと徹底している感じ。


台ごとに設けられたシールド

各台の両脇に引き出し型の透明プラスチックシールドが設けられていた。隣に誰か座っても飛沫が飛ぶ心配はあまりしなくて良さそう。


玉が台の外に出ない

今のパチンコ台は玉が台の外に出ない。大当たりを引いても、最終的に球数を記録したカードが出力されるだけで、昔のように箱を席の横や後ろに山積みしたりしない。

玉が出ないってことは、触る機会もないから、他人の触った玉から感染するリスクも少ない。

厳密に言えば、打つ直前のストックは触ることができるが、詰まりでもしない限り触る必要はない。

玉は流石に消毒しようがないだろうが、上記理由からそれほど心配しなくても良い気がする。もちろん、遊んだ後で手指を消毒した方が安心だろうし、実際オレもそうした。


客が少ない

そもそも客が少ない。混んでいるところで2〜3m間隔にポツポツ座っている程度。三密には程遠い。

テレビワイドショーでは開店前の行列や店内の混雑を映していたのを見たように記憶しているが、あれ本当に実際の映像

客は全員マスクを着用し、それぞれで飛沫対策を行っていた。マスク着けてない人はただの一人も店内では見かけなかった。この辺は店側の配慮なのか、客個々人の自意識からなのかは不明


空気が綺麗

まずタバコ臭くないのに驚いた。喫煙室が設けられ、それ以外での喫煙禁止されている様子。非喫煙者副流煙で肺にダメージを受けることは心配しなくて良さそう。

パチンコ屋=タバコイメージが強かったのでこれには本当にびっくりした。タバコ臭くないってのは非喫煙者にとっては本当にありがたい。

きちんと確認したわけではないが、空調を効かせているのだろう、空気ちゃんと流れているようだった。

店の入り口騒音対策か閉まっていた(開け放してはいなかった)ように思うが、イマイチはっきり憶えていない。(憶えていない理由と思われるものは直後に後述)


勝てない

いっきり負けた。負けたら長居はできんわい。

前述の通り、今のパチンコ屋って勝ってもドル箱を山積みにしたりはしないので、勝った負けたがパッと見で分からんからなんとも言えんけど、他の客もあんまり長居してるようには見えなかった。


結論

そんなわけで、パチンコ店でCOVID-19のクラスター感染が起こる確率は限りなく低そうに感じた。

パチンコ店に比べたら電車の方がよっぽどCOVID-19感染的にはよっぽどリスクが高そうだとオレは感じられた。

まぁつまるところ、パチンコパチスロより出勤の方がよっぽど危険だってことだ。


オレの入った店舗が、たまたま設備が良かったり客が少なかったりしただけの可能性もあるので、あくまで一意見として捉えて欲しい。


オレ個人意見として、パチンコパチスロギャンブルのありかたとして正しくない(賭博違反だ)と思ってるし、依存症など社会問題になっているので、

本当にCOVID-19のクラスター発生源になり得るのであれば、できればこの機に潰してしまう方が世のため人のためだと思っていた。

しかし、今回自分の目で見て、パチンコ店がクラスター発生源になり得ないと感じた以上、少なくともCOVID-19のついでにパチンコパチスロを叩くのは正しくないと思った。

パチンコパチスロギャンブルとして間違っているのであれば、それ自体を指摘し是正すべきで、COVID-19のついでに叩くのは間違っている。

風評被害犠牲になるのは、たとえ他の点では問題がある存在だとしても絶対に避けるべきだ。


蛇足

今回打ったのは「魔法少女まどか☆マギカ」のパチンコだったけど、あれヤバイね。

勝ちたいでも儲けたいでもなく、まどか少女たちを不条理から救い出したいがために回し続けちゃう

あれをパチンコ移植したヤツは天才悪魔かのどっちかだと思う。たぶん後者だと思うけど。


あと、ソシャゲやり出してからパチンコ打ったのが今回初めてだったんだけど、以前からパチンコソシャゲガチャってなんとなく似てるなって勝手に思ってた。演出とか射幸心煽りとかが。

ごめん、ソシャゲガチャの方が圧倒的にえげつないわ。

パチンコで1万円投入したら当たり引かなくてもなんのかんの30分くらい遊べるけど、ソシャゲガチャは5分もたないもんなぁ。

2020-06-26

バイト日記

 カフェマシン洗いに没頭していたら、いつもの通り、私のレジしか会計しようとしないお客様が並んでいたけど、Bさんがレジを打っているし、何人ものお客様行列してる訳でもないので、まぁいいか、と思ってほっといたら、珍しく私のレジしか会計しようとしないお客様は、Bさんのレジ会計をしていた。

 だが、いつもだったら二箱買うタバコを買って行かなかったので、また夜遅くに再来店するパターンですな、とBさんと話したら本当に21時を過ぎた頃に私のレジしか会計しようとしないお客様はまたやってきた。

 そのとき私はトイレ掃除をしていたのだけど、私のレジしか会計しようとしないお客様の声はすごくデカイので、トイレの中まで聞こえる。今度は一人じゃなく連れがいて、お連れ様もよく来る人というか、私のレジしか会計しようとしないお客様と一緒にしか来ない人だ。私のレジしか会計しようとしないお客様が四十代前半くらいの容貌なのに対して、お連れ様はどう見ても60歳は超えていて、ひょっとすると70歳くらいなのかもしれない感じだが、そういえば一体あの二人の関係って一体何なんだろうな? と思った。家族にしては敬語だし、だけど話してる姿は同年代友達同士みたいだ。いつも何を大声でべらべら話しているのかは知らない。

 トイレ掃除のあと、私はレジに戻らず、黙々と品出し作業をした。私のレジしか会計しようとしないお客様とそのお連れ様が邪魔な所で大声でしゃべっているので、わざと追い立てるようにカートを動かしつつ商品を並べた。二人組は何をそんなに喋ることがあるのかひたすらべらべらべらべらしゃべり続けていた。レジにはBさんがいて、私がBさんを見たらBさんは口をへの字に曲げていた。『帰らねーですね。』とでも言うように。

 たぶん、トイレ掃除を始めてから品出しが完了するまで軽く三十分くらいかかっているのだが、その感ずーっと私のレジしか会計しようとしないお客様とそのお連れ様は店内でデカイ声でしゃべり続けていた。私が品出しを終えた途端に、Bさんが大声で私に、

「じゃあ俺ちょっとこれからゴミ捨てに行って来ますねー」

 と言った。そんなにゴミは溜まっていないし、閉店後にまとめて捨てる方が効率いからいつもそうしているので、ゴミ捨てを言い訳にわざとレジを外れようとしているわけだ。

 Bさんが外に言った途端に私のレジしか会計しようとしないお客様とそのお連れ様が無言になってスススとレジに移動していった。私はBさんが戻るまで品出しがまだあるふりをしていようかなと思ったけど、棚の向こうで人影が微妙に行きつ戻りつしているので、仕方なくレジに立った。すると私のレジしか会計しようとしないお客様とそのお連れ様はせきをきったようにべらべらしゃべり始めて、私は知らんふりで商品レジ登録した。タバコくださいと聞かれなかったのでタバコを取りにいかなかった。いつもなら、「お願いします」という一言お客様タバコを出して貰って当然と思っているようで、私がタバコを取りに行かないと「二つ」と言い、それでも取りに行かないと「タバコ二つ下さい」と言うのだが、今回はタバコを買わずに帰ってきた。

 二人と入れ違いにBさんが戻ってきた。ゴミ捨てなんて三十秒で終わるのに、戻って来るの遅いなと思ったら、じつはBさんは外から店内の一部始終を観察していて、

「やっぱりアイツおかしいですよ! 絶対に異常! 増田さん、本当に気を付けた方がいいですよ」

 と言った。

 私のレジしか会計しようとしないお客様は、見た目はあまりにも普通オブ普通ちょっと昔はヤンチャしてました感があるのがまた普通の人としてリアルなのだが、やっぱりなんかおかしいのだ。お連れ様もまた、私のレジしか会計しようとしないお客様誘導されてうっかり長居させられてるのかと思いきや、行動を見ると事前に二人で示し会わせているようなのだ普通だけど何か違和感のある年齢差の二人が、わざわざあん意味不明の行動を取っている。

 こんなことってあるの? と、私は目の当たりにしていながら思ってしまうのだが、以前ネットで見た「ぶつかりおじさん」も見た目は普通の中高年だったし、おかしな人っていうのはこんなものなのだろうか。

2020-06-24

anond:20200624095934

40、50代のオジサン

昼間っから増田長居してんの?

全然忙しくないじゃん

お前本当はコロナのふりをして学校を休んだ8歳児だろ

2020-06-19

anond:20200619202913

投票所長居して喋っとる奴おらんやろ。

筆記用具の消毒くらいで済む話やわ。

2020-06-04

仕事が嫌すぎて、働いた方がマシと思うまで自分を追い詰めてみようと

仕事はやめた。

家はない。

ご飯を買うお金もない。


最近は柔らかいベッドでぐっすり眠る事と、お腹一杯ご飯を食べる事ばっかり考えてる。

それ以外、あまり考えられない。

日射しが暑くて頭が痛いなぁ、体がバキバキしんどいなぁくらい。


正直、かなりつらい。働いてた時の方が楽だった気がする。

でも、まだ働いた方がマシとは思えない。

働くくらいなら死んだ方がいいと思う。働いて辛い思いを長引かせるより、少し我慢して死んだ方が楽だから

問題は、死ぬ場所がない事。河川敷公園広場公共の場所は座っているだけでも長居はできないのに、死ぬなんてもってのほか

動き続けるしかない。通行人として。もうフラフラですぐにでも横たわりたいけど。怒られちゃうからね。

本当は、死ぬ前に温泉とか旅行に行きたかった。でも、今は無理だから。それだけが心残り。

2020-06-02

最近Twitterで仲のいい人と生活リズムが合わないからやっててもつまらない

増田にいるお前らはつまらいからここに長居したいと思わないし。俺も昼夜逆転して相手に合わせようかな

2020-05-28

ミリオンライブにおけるチュパカブラの件

運営は、GREEのころからトンチキテキストイベント)書いてたので驚きはない。

ない、がしかし、実装される曲ならきちんとゲーム内でもアンケートを取ってほしかった、って人は多いのかもしれない。

イベントの即応性はそりゃ大事かもしれないがそれのみで私たちチュパカブラですとかいわれてもなんだ、その、困る。

とはいえGREE版で私たちアイドルじゃなかったとか繰り出す運営なのでといわれたらそれまでである

このあたりの微妙なすべり具合については、妙な既視感がある。

昔「PBM」という遊戯があった。

今は「PBeM」というかたちで細々と残っている。

プレイヤーテキストキャラクターの行動を送り、運営マスターと呼ばれる)がそれを物語にする、という遊戯である

アナログMMOみたいなものだ。

あの世界を経ていると今のなろう系のスタンダードになったスキルやらポイントやらランクやらというのは、なんだか二週目の世界を見ているようでむしろ懐かしい。

なんでPBMの話をしたかというと、運営の手先であるところのマスター、つまりシナリオライター複数いて、当然作風というものがそれぞれある。

シリアスものコメディもの恋愛もの

色々あるけれど、何故か必ずトンチキなシナリオナンセンス系?)を書くライターがいた。

一定需要があるから首にならずに置かれているのだが、そのトンチキさはどうにも寒いな、と常々思っていた。

思っていただけで済んでいたのは、どこのシナリオライターが書いているお話に参加するか、はプレイヤーが決めることができたのだ。

からトンチキシナリオが嫌いなら、避ければよかった。

嫌なら見るなというやつである

だがトンチキシナリオを書くライターは速筆のひとが多いのか、やたらあちこちで見かけるのだ。

恐らく発注から無茶振りにもある程度のレベルテキストを書いて応えているため重宝されたのだと思われる。

だんだんトンチキシナリオが持てはやされるようになり、参加する場所が少なくなり、苦痛になってやめたゲームはいくつもあった。

長い前振りだが、ミリオンライブのトンチキ具合は、このPBMで見たトンチキシナリオテイスト無茶苦茶するのだ。

なんでだろうなぁと長らく考えていたのだが、ドラマCd仕事一覧、みたいな公開しているWEBサイトがあって、そこで事実を知った。

トンチキ感が共通するのは当たり前で、あの当時のマスターやってたシナリオライターのひとたちが、外注ライターで参加しているのだった。

あの当時PBM企業からライター料を貰ってトンチキシナリオを書いてるひとたちが、今もミリオンライブのトンチキシナリオを書いているのである

さもありなん。

とはいえPBMならば避けられたものが、ミリシタではプレイヤー箱推しをさせられているので(劇場担当アイドルを呼び出すとかそういう機能をどうしてつけてくれないのだろうか?)寒いこのノリを黙って受け止めるしかないのだ。

歌詞の後半部分はそれっぽいのになんかもったいないと思ってしまう。

歌い分けの貴重な曲をあのトンチキさで消してしまっているような気がする。

そんなトンチキさで新規を釣っても長居はしてくれないと思うんですがどうですかね。

・・・ところでPBMつながりでFGOレクイエムコラボイベントシナリオを書いているのが茗荷甚六というひとで、このひとはPBMでは無茶苦茶面白いマスターで当たりマスターだったのだが、FGOのこれは全然面白くはなかった。推測すると突貫で書き上げざるを得なかったのではないかと思われる。星空めておというひとは、エロゲシナリオライターの前はPBMマスターグランドマスターGM監督みたいな立場)のひとだったのだが、面白いお話をかくけどただひとつ欠点があり遅筆、ということなのであった。

ヘルプで呼ばれたのだろうか。

今のソシャゲの中で、もう滅びたPBMを支えていたひとたちが書いている。

懐かしいしうれしいのだが、トンチキシナリオは避けられるようにしてほしい。

無理か。

無理だろうな。

2020-04-17

年寄り死ぬ以外のルートはないのかもしれない

年寄りコロナについて話をする機会があった。

サンプルデータ1なので参考程度に。

総評としては正常性バイアスの塊なんだなという感じだった。

コロナが原因で飲食店を閉店させるのでテナント大家さんに解約通知をしに行った時のこと。

高齢大家さんだし電話で済ませて通知書だけポストに入れるとかにしたほうが良いかなと思って電話

すると大家さんから「何時くらいがいいでしょう」と。

いや、今すぐにでも大丈夫なんでいつでもいいですよと伝えるも「そしたら14時に来てください」とのこと。

この時点でかなり嫌な予感はあった。

14時に伺うと、ひとまず事務所に通される。

狭く空気の滞った空間

内線電話を鳴らして事務員さんにお茶の催促。

古いお方なのでそこまでが迎え入れるルーティーンなのかな?

と思いつつ、相手の正面を避けるようにソファ入口側に腰掛けようとするも、「いやいや、中央へどうぞ」と大家さんの真正面に招き入れられる。

これが相手にとっての礼儀なのだろう。

ただ、今の世の中にとってはこの「古き良き礼儀」そのもの感染リスクを高めている。

そのことについてどう考えているのか興味がないと言えば嘘ではなかった。

程なくしてお茶が運ばれてくるも、事務員さんも大家さんに負けず劣らずのご高齢

お茶を運んで早々に退出するかと思うも、こちらの閉店にからめて世間話を持ちかけてきた。

自分は店にも立っているしこの閉店で従業員とも業者とも膝を突き合わせて話し込む機会が多かった。

今の所発熱はないけど、感染していないとは言い切れないし、子供が小さいのでそちらから感染コースも十分に考えられる。

その点含めて自分感染している可能性を否定できないし、大家さんたちも気をつけたほうがよい世代だと思うので、世の中的にも長居は避けたほうが良いと思うと提案

ところが、もうひと押しのつもりで「日本はまだ抑えてられていますが、いつイタリアNYのように大変なことになるかわかりませんからね」と、クロージングするつもりの言葉が思わぬ方向に。

イタリアと言えば道路ゴミが、、、NYメインストリートダウンタウンとの差が、、、中国田舎に行ったときトイレそもそもなくて、、、

そこから30分、他国の衛生管理が如何に劣っているか、それに比べて日本の衛生意識がどれほど高いかの話しを延々と聞かされることになった。

この人達に取ってみると、コロナテレビの中の出来事と同じなのだろう。

目の前に、自分といういつ感染しているかもわからない人間が座っていても、それ以外の要素において安心できる(普段からのやり取りもしっかりしていたのでそう思われていると思いたい)からと言って、すっかり油断しているのだ。

日々増加していく感染者数をどれだけ報道していても、自分の周りでは起こらないと信じて疑わないのだろう。

ちょっとくらい手洗いを増やした程度で感染しないのであれば、そんなウィルスはとっくに収束しているはずだ。

日本他国に比べてどれだけ衛生管理が行き届いていたとしても、食い止めることができていないという唯一の真実に目を背けてしまうのだ。

自分の親とかを見ていても、それどころか自分と同世代人間であっても、歳を重ねるごとに正常性バイアスは強くなる傾向にあると感じる。

幼少期がMAXだとして、思春期から減少を始め35歳くらいから再び増加し始め、70を過ぎた辺りにはすでに開き直りとも言えるレベルに達しているようなイメージだ。

結局1時間差し掛かろうという段階で、来客があるという理由こちから退出を求めるまで大家さんの話は止まらなかった。

30分を超えれば感染リスクは横ばいかもしれないが、こんなやり方を続けていれば遅かれ早かれ感染してしまう。

なんとなくではあるが、この人達と会うのはこれが最後かもしれないと心のどこかで思わざるを得なかった。

少なくとも自分はその引き金にはなりたくはない。

若い世代がどれだけ感染を食い止めようと経済を止めて自粛しても、一番死に対するリスクが高い世代がこれである

武士は食わねど高楊枝ではないが、目の前の客に対して例を欠くことのほうがこの人にとっては感染よりも怖いことなのかもしれない。(昔気質テナント大家さんだからというのもあるだろうが。)

この人達感染しないで済む方法は少なくとも思いつくことができなかった。

2020-04-13

桜の花散らしの増田雨仇朱眞の白土那覇落差(回文

おはようございます

4月の半ばというのに雨降ったりするとなんだか肌寒いわね。

桜散らしの雨とかなんて言うけど、

なんだか花見って感じでもないし、

私は近所の神社の桜を愛でたぐらいで

そこでスタンレーのデカ水筒ルービーを入れて1人お花見と意気込んでパパッとグビッと決めて帰ってきたところよ。

なにせ寒いからあんまり長居が出来なかったからこんなもんよ。

暖が欲しいわ暖が。

春のお花見BBQなら楽しいのにね。

というか、

やっぱりまだビアガーデンよろしく

そんなシーズンより先駆けて外で飲むビールはまだ寒いわ。

それよりもコロナコロナコロナ疲れな人も出てきそうよね。

幸い私はリモートワークでも事務所に行こうが1人なので

どこでもリモートっちゃリモートなんだけど、

フロアのところは人はいるので

ここは通常通りの勤務態勢なのかしら?とも思うけど、

そう言えば新学期始まったはずなのに学生さん達がいないのは

きっと5月ぐらいまで休校なのが関係してるのかも知れないってことに今気付いたわ。

でね、

髪をちょっとだけ切りに行ったいつもの美容院

コロナコロナで客足が遠のいてるのかどうかはまだ微妙だと言うことで、

そのお店はそう言ってたわ。

なんだか新人さんも入ってきたようで、

パイセン店員になになにしてーっていろいろ言われてたわよ。

私の所にも来て新人なんでどうぞよろしくって言ってたけど、

新人という免罪符をそうやって掲げてこられても、

なんかこっちが気を遣っちゃうわ。

なんでこっちが新人さんに気を遣わなくちゃいけないのよ?とまでは思わないけど

とりあえず頑張ってね!とは言ってみたわ。

美容院業界も厳しい中、

長く続くといいわね。

その新人さん見てるとなんか余裕がないというのか一生懸命なのか、

作業が流れ作業で、

はいおしぼりしました!

はい飲み物しました!

ってとりあえずこっちがおしぼり使おうが飲み物飲もうが

間髪入れずに接客マニュアルの手順がドンドンくるので、

こっちとしてはおしぼり使う時間が欲しいし、

飲み物一口でも飲みたい時間も欲しいところよ。

威勢の良い美容院みたいで、

ほんと笑っちゃうけど、

ちょ、ちょ待てよってキムタクばりに言いたかったけど、

ちょっとおしぼりで拭かせてくれない?

ちょっと飲み物飲ませてくれない?って

ちょっと待つどころじゃないところがよかったです。

それ作業なっちゃってるじゃん、って

こっちの小言が増えて申し訳ないんだけど

久しぶりに4月美容院に行って面白い体験だったわ。

話変わるけどさ、

日本語学習者にとって、

いま別のフロアにいる子がいるんだけど

「びよういん」と「びょういん」の区別がとても難しいらしく

これもまた学びの春ならではと言ったところで

ヨーロッパ圏の人間ひらがなカタカナはともかく、

もう漢字学習となると、

無理!と手を上げる前からお手上げって感じで、

さすがに漢字を覚えるのはいかんせん超難しいだって

だってびゃんびゃん麺のびゃんが書けたところで、

なんの特にもならないし、

ほんとうに漢字圏じゃない国の人が漢字を学ぶことは鬼難しってことを聞いて

春だなぁーって。

私も春だから何か習いごとでもしたい気がするのは気のせいなこともないかも知れないわね。

うふふ。


今日朝ご飯

というか慌ただしかったので食べてなかったわ。

身体がいやに冷えるから

寒気がしてなんでだろうと考えたら朝ご飯食べてなかったんだわ!って

やっぱり朝のご飯の朝食は

身体スタートさせるためにも温めるためにも重要だっつーことよ。

身に染みて分かったこ4月だわ。

デトックスウォーター

ホッツ白湯飲んだところで確かにちょっとは暖かくなるんだけど、

一瞬をもってしてその場しのぎのホッツ白湯ウォーラーなので、

忙しいからって素白湯とはほんとうに手抜きしちゃったわ!

てへ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-04-04

[] #84-4「幸せ世界

≪ 前

その地に足を踏み入れた瞬間、すぐに異様な空気感が襲った。

場所は先ほどいた庭と同じ。

目に映る景色も代わり映えしない。

だが「何かが違う」という感覚

リメイクリブートされたシリーズ作品のようなものさ。

同じようで違う。

違うようで同じ。

確信はあるけれど、その“違い”を正確に表現しようとすると難しくなる。

表象だけ語ろうとすれば陳腐になり、個人的な思いを言葉にすれば漠然としすぎてしまう。

あえて言葉にするなら、俺のボキャブラリーでは“第六感が告げている”としかいいようがない。

「体全体がグラグラする……」

以前、世界が分裂しかけた時に、似たような感覚はあった。

しかし、その時とは比べものにならない不安定感だ。

あの時が吊り橋の上に立っているような状態だとするなら、今回はその吊り橋から落っこちているような状態だ。

「“次元酔い”だね。跳んだ先の世界が近い場所だと、細かなギャップに体が拒否反応を示すんだ」

「……何でお前は平気そうなんだ」

「ボクは未来からたからね。次元が違う」

他意はないんだろうが、言い方が妙に鼻につく。

「この分裂世界は、キミのいた世界でもあったんだから酔ってしまうのは仕方ないよ。むしろ、それくらいで済んでいるのは幸いといっていい」

そういえば別次元旅行したとき、同行していたドッペルは大変なことになってたな。

世界の分裂”ってのは“可能性の分裂”でもあるから、別次元では存在を保ちにくいとかで……。

「ん? だったら俺もここに長居したらヤバいんじゃないか? この世界にいるであろう俺に接触でもしたら、かなりの影響があるんじゃ……」

にわか仕込みのSF知識だが、そういうのは大抵マズいことになりやすい。

次元しっちゃかめっちゃかになったり、未来が大きく変わったりするんじゃないか

「そのあたりは大丈夫だよ」

ガイドはあっけらかんと答えたが、その態度がより不安を掻き立てた。

そんな不安をよそに、ガイド粛々と自分仕事を始める。

不思議な造形の小道具を取り出し、何かを解析しているようだった。

「よし、座標が分かった! こっちだ!」

どうにも要領を得ないが、俺は大人しくついていくことにした。

質問攻めをしてガイドが機嫌を損ねでもしたら、ここに置いていかれるかもしれないからな。

…………

「それにしても、この時間帯にしては人通りが少ないなあ。というか、今のところ誰とも会ってない」

しばらく歩くと、最初に感じた違和にも大分慣れてきた。

「あー、この喫茶店、こっちでは潰れてるんだな……」

冷静に辺りを見回し、その差異に思いを巡らせる余裕すら戻ってきた。

けれども駅前広場を通りがかった時は、さすがに驚きを隠せなかった。

「さあ 皆さん 救いが 欲しければ 回すの です!」

突如として何者かの声が爆音で轟き、耳を劈く。

「な、何だ!?

聴こえた方角に目を向けると、そこには白銀世界が広がっていた。

その白銀の正体は、数え切れないほどの人、ヒト、ひと……。

白い装束の人々が、広場にごった返していたんだ。

「さっきから人を見かけないと思っていたが、まさか全員ここに集まってるのか……?」

そして、俺はその装束に見覚えがあった。

「え……あれって“生活教”か!?

次 ≫

2020-04-01

目の前にある飲食物を少しずつ飲んだり食べたりすることができない

喫茶店に入ってコーヒー頼んでも来たらすぐ飲んでしまい、少しずつ1時間くらいかけて飲んで長居をすることができないし、

家で大袋スナック菓子は袋を開けたら丸々食べてしまい、半分残して翌日に食べる等ができない。

皆はどう?

2020-03-24

知らずに入ったラーメン店地獄

渋谷に出かける用事があって、久々にラーメンでも食べようかなってぐぐったんですよ。

前日にテレビ担々麺を美味しそうに食べてるシーンを見てしまったものから担々麺一択

山椒の痺れる感じよりはゴマ香ばしい感じが食べたくて、調べてみるとおもったよりは選択肢がなくてとりあえず目についた店に向かってみた。

一等地だけどちょっと分かりづらいところにあって、外からのぱっと見は中華料理屋さんっていう感じ。

混んでる店が嫌いだから少し早めの11時少しすぎくらいに行ったら案の定空いてるっぽくて、メニューとかもろくに見ないでさっさと入店

だって、何がどうあれ担々麺しか食べないから。

店に入ったら思ったより狭いなって感じだったんだけど、客席通されてあれ?って。

あれれ?なんか雰囲気ラーメン屋っていうよりはカフェっぽくない?

先客は2組。それぞれ1人ずつの女性客で、一人は本を片手にお水飲んでて、一人は携帯ポチポチいじってたのだけど、明らかにぎょっとしたような顔でこちらを見てらっしゃる

「お好きな席どうぞー」って言われても、こんな状況でどこに座れと?

通路邪魔になりそうだったけど仕方なく入り口付近の一番端の席へ。

んで、メニュー見たらかわいいの。書いてあることがなにもかも。

メニューから字体からレイアウトから

あれ?ここカフェ?ってなって、でも、写真は完全に担々麺

これはあれですよ。市場ニーズに合わせて尖ってるタイプのお店。

ジェンダー限定してないけど、お前らわかってるよな?みたいな圧力をかけてくるやつ。

場所場所だけに値段がちょい高なんだけど、セットとかにすると明らかにくつろいでいいよ!みたいな構成になってて、ラーメン×カフェみたいな感じのやつだって気づいた。

改めて言うまでもないけど、こちとら腹の出っ張った中年

歩く加齢臭みたいな存在がそんなところに一人で放たれてしまったわけですよ。

そりゃそんなのが入店したらぎょっとされますわ。

うさぎちゃんたちの楽園にガマガエルが投げ込まれたようなもんですから

もうすでに居ても立っても居られなくなってて、とりあえずメニューもろくに見ないで単品で担々麺

下手にセットとか頼んで長居するわけにはいかない。

でもね、本当の地獄はこれからなんですよ。

咳をすれば店内に響き渡るような狭い店なので、もちろん啜る音も丸聞こえ。

当然先に着席している女性たちに料理が運ばれてきました。

そしたらね、ふたりともラーメン啜る音が超小せえの。

ススーススーズ、、、ススーみたいな感じ。

濁音が入らないように、入ってしまったら呼吸を止めてもう一回みたいな。

別に人の咀嚼音なんて気にしたことないけど、これは気にならざるを得ない。

思い過ごしかも知れないけど、突然楽園に異物が放り込まれたことで謎の遠慮が発生してしまったのなら本当に申し訳ないなーって。

この空間に男がいなかったら無遠慮にズバズバ啜ってたんだろうなーって。

そんなことを思いながら肩身を狭くしてたら思ったより早く担々麺登場。

よし、一気に食って帰るか!って思いながら一口

ズ!ゾゾゾー!ブバ!んん?!

今思うと店内BGMがなかったか小さかったか、とにかく響く。

次の一口は気をつけながら啜ってみたけど口に入れる麺の量を減らさない限り響き方はほとんど変わらない。

胡麻香りと麺を一気に吸い込むから担々麺うまいのであって、ちょびちょび食べたって面白くもなんともない。

うさぎちゃんたちの楽園にいるガマガエルですからなんだか鳴くのがはばかられてしまって、早く食べ終わって店を出たいけどこれ以上ゲコゲコ言うわけにも行かず、かといって全く音を立てずに食べると何なのこの人ってなりかねないし、、、

おわかりの通り、小心者の自分はもうこの辺で相当パニックになってて、何をするにも自分の行動が気になってしま状態

この感覚がわからない人には絶対わかってもらえないのだけど、ちょっとした不安要素がいくつか続くと考えすぎモード突入してその後の行動が全部裏目になることを恐れてただひたすら不安になるモード突入してしまったわけですよ。

もちろんそうなると何を食べてるのかもわからなくなってきて、おいしかったどうかなんてまったく記憶に残ってない。

普段の倍近い昼代を払ってわざわざ今さら自分が醜いガマガエルだと気付かされる拷問。これを地獄と言わずしてなんと言えと。

もうすでに丼を手に持つことがマナー違反とか思われそうな疑心暗鬼になってて味の感じないスープレンゲで二三回すくってお愛想。

\マタオマチシテマスー/

嘘つけよ!

用事済ませて昼過ぎくらいに同じ店の前を通ったら外まで行列ができてたので人気のあるお店なことは間違いないのだけど、行列が全部女性だったのでそれを先に見てたら絶対にこの店には入らなかったと後悔。

これに限らず、人に気を使わせないように気を使いまくって内部的にパニックになる地獄にたまーに陥るんだけどなんとかならないもんかなあ。

2020-03-21

都内ファミレスJ

入った瞬間咳がでる。

ケホン

飯くう短い時間

もう感染クラスター

かと思うくらい

肺痛&咳連打。

ケホケホケホ

長居なんてできない。。

気温上がって晴れたからと言って

消えてくれないんだな。

まだまだ要注意。

24ランドは夜中閉店して

店内換気美化する時間とらないと

堆積するよ。

コンビニ含めて。

2020-03-15

なんか昨日

ファミレス長居してから

肺痛まだ治らないわ。

ヤバイよね。。

2020-03-08

おたふく風邪をもらいに行かせるのは虐待なの?

ワシが子どもの頃なんで、もう40年ほど前になるかのう。

同じクラス女の子学校を休んだんじゃ。

それくらいなら普通にあることなんだが、そのときに限って母親(その娘とは母親同士の仲がいい)から

の子の家にお見舞いに行くように言われたんだ。

それだけじゃなく、休んでいる間に授業でやったところを教えてこいとか、宿題もやってこいとか言われた。

向こうのお母さんも、お菓子ジュースを出してくれたり、ファミコンで遊ばせてくれたりと、とにかく長居させようとするわけさ。

数日後、ワシはおたふく風邪にかかったんじゃ。前述の娘がファミコンを貸してくれたので、具合がいいときピコピコやっていた。

そして、ワシがしたように、友だちがお見舞いに来てくれた。

あとから聞いたら、大人になってからからないように、子どものうちにわざとかからせた。ということだった。




っていう話をね、若者にしたんですよ。そうしたら「それって虐待じゃないすか?」って言うわけよ。

てめぇ、何でもかんでも虐待って言って社会派を気取ってるだろ?

当時はよくわからずに罹患したけど、理由を聞いて納得したし、今となっては感謝すらしているんだぜ。

2020-03-04

休校1日目

今日から小一と年中の子供とひきこもり生活

年中は自由登園なので行かせたかったが本人が嫌がったので今日は断念。

朝、一応8時に起こし朝ごはんを食べさせる。私は生理中で体調があまり良くなく、軽く朝食を食べた後は横になっていた。早速ゲームをしようとする小1に、まずは宿題をするよう促す。年中には勉強邪魔をしないよう知育アプリをいくつかいれたタブレットを与える。勉強の後は昼ご飯まで1時間半ほど年中とゲーム

勉強は1コマ45分で、午前、午後、夕食後にそれぞれ1コマ最初に小1と話し合って決めた。続くかは分からないが。

昼食の時間になると子供たちがガストに行きたいと騒ぎ出す。いやいや外食はまずいのではと思うが、実際昼ごはんを今から作るのもめんどくさいし、根負けして連れて行く。このタイミング子連れで行くと嫌がられるかなと思ったが、ガストには子連れが沢山いたので少しホッとする。中学生男の子とお母さんという組み合わせがかなり多かった。普段ならあまり見ない組み合わせだが、部活も塾も休みだと外食ぐらい一緒にするか、とボンヤリ思う。

食事ネットでみた風船ベッドを作るためドンキに立ち寄る。こちらは意外にもガラガラスーツ姿の男性が何人かいたのが印象的。どっかの先生かな?ティッシュがあったので一応買う。トイレットペーパーはなかった。ドンキなのにガラガラの棚があると不安になるな。すぐ帰るつもりがついつい長居してしまう。

帰宅後年中が昼寝したので小一に午後の勉強をさせる。終わった頃に年中が起きたのでオヤツを食べながら風船ベッドを作成テンション上がる。

それでも30分ほどで飽きてしまったようで、散歩に行きたいと騒がれて雨の散歩へ。疲れたと騒ぐ年中を励ましつつ30分ほど歩くはめに。

帰宅ポストを見ると私の注文してたマンガが届いていたので私は読書、小1ゲーム、年中タブレット

1時間ほどで腹減ったと騒がれたので夕ご飯。実母が差し入れしてくれた筑前煮納豆と昨日作った味噌汁とお惣菜カボチャサラダ。夕食後勉強してお風呂、部屋の片付けして子供らはプライムビデオドラえもん。私は増田

10時になったら寝ようねと約束

疲れた

2020-02-17

新型コロナウイルス感染者7.1万人、死者1775人(2月17日現在)前日から

まだまだ新型コロナウイルスの増加はとまっていないよ。

閉鎖空間長居無用だ!

電車飛行機だと逃げ場がない!

寒い時期は窓を開けないから、個室での飲み会も注意が必要だ!

SARSより致死率は低いが、感染者数が多いよ。

それもそのはず、初期段階では気が付きにくい。

真偽は不明だが、5ちゃん(旧2ちゃんねる)の掲示板

コロナウイルス感染した本人が降臨したようだ。

実際、どんな症状になったかよく伝わってきた(ようなきがする)

初期段階での37度の熱ではどの医療機関ウイルス検査をしてもらえないで、

症状が改善しないで40度近い高熱が1週間もつづく、

ちょっと動いただけで咳が止まらないそうです。

リアルっぽいよね。

まり体力消耗するうえに息ができない食べ物も食べられない状態

こんなひどい状態にならないとわからないなんて・・・

どうなのよ。

本人だけがインターネットで調べて、ぜったい新型コロナだと確信して

いるんだろうね。

ニュースだと全然どんな症状なのか伝わってこない。

伝えてほしいよ。

何はともあれ、感染ルート不明感染者が出だしたよ。

マスクして手洗いして気をつけようね。

2020-02-15

今何時?

喫茶店女子大生が「もう6時15分やねんで!」というので長居しすぎたかなと急いで出てきたんだけど、全然6時じゃないな…。焦って時計何回も見直したわ。

家の時計5分くらい遅れてて、正確な時間がわかるのがスマホだけだから、そのスマホすら壊れたのかと思った。

正確な時間が知りたくて必死になってたら15分たってました。もう6時じゃん。

2020-02-11

喫茶店で一人で長居してて、席空けてトイレ行くの、なんかちょっと勇気がいる

2020-01-29

ドトールで、いつも紅茶だけで長居してんだけど、

今日露骨に嫌な顔で紅茶出されたんだけど、迷惑客にはそういう対応しろって教育されんの?

2020-01-17

anond:20200117102513

スマッホ依存症から体力的にはOKでも長居するとそわそわしちゃうんだわ。

スマッホOKサウナとかあったら教えてクレメンス。(スマホの方が耐えられなさそうだが)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん