「免疫力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 免疫力とは

2019-04-15

anond:20190415134046

免疫力のことかな・・

大丈夫

新生児より大人のほうが免疫発達してること知らないのにSF語るとか無理すんなよ

2019-04-05

三年以上精神科入院してて先週退院した23歳だけど人生詰んでる

高校2年のときに体調を崩し始めて、体の不調がだんだん精神的な不調に変わり始め、

最初の三ヶ月の精神入院をはじまりとして

退院→2ヶ月おきに再入院、を繰り返してた

ちょうど三年前、ガチ自殺未遂やらかして、それから一週間前までずーっと入院

しかも途中で突然幻聴がはじまり、病名が気分変調症から統合失調症に変わった

色々な薬を試したり、カウンセリングを受けたり、精神コントロールできるように色々努力して試行錯誤して、やっと一週間前に退院した

気がつけば23歳(今年で24)になっていた

3つ年下の妹は大学の三年生になっていて、勉強したりバイトしたりしてる

高校時代の友人も大学卒業就職し、順調に人生の歩みを進めている

それに比べて自分は、高卒認定こそ取ったもの学歴上は中卒 就労経験もほぼ無し(たまにラ×サーズなどで在宅ライター仕事をしたり、絵が得意なのでソシャゲなどのイラストレーター仕事はしてる)

今回は入院期間が長かったこともあり、主治医デイケアを勧められ、週に3回通っている

退院して一週間、今の所は遅刻休みもなく通えていて、デイケアが無い日にも映画を見に行ったり活動的に過ごせてた

でも三年間も入院していて免疫力が低下していたのか、昨日起きたら風邪をひいてしまっていた

風邪はいつか治るけど、デイケア通いに支障が出たり、そのせいで生活リズムが崩れてまた再入院、ということになったらどうしよう

私もう24なんだよ

普通ならみんな働いてる年なんだよ

なのに私は1銭も稼がず(退院したてなので在宅ワークも禁じられてる)親の脛かじって生活してる

職歴なしってほんと流石にやばいよね、高校だってバイトしてるのに

また再入院したらどうしよう、とか、大学行きたいけど受かっても毎日ちゃんと通えるか、とか、こんな経歴で雇ってくれる会社なんてあるのか、とか

病気についてみんなに知って偏見をなくしてもらいたくて

今までの経過や生活手帳を取得したことなどをFacebookに書いたら

5人の子ブロックされた 聞いたところによると手帳もらうほどの糖質患者は付き合うに値しないらしい

病院でも「働いた事ないの?!」って何回驚かれたことか

仕方ないじゃん あなた発症も遅かったかバイトくらいはできてたのかもしれないけど

こっちバイト禁止高校の途中で発症したんだから

でもそんな言い訳就活では通用しないんだろうな

また再入院したくないよ ちゃんとみんなと同じように大学いって就職たかったよ 

生きていくのが怖いよ

でも風邪のんだら熱下がったし 明後日デイケアの日だから頑張ろう

2019-03-07

anond:20190307003923

妊娠病気じゃないって言うけど、病気じゃないのに病気状態にめちゃめちゃ近いと思う。子供っていう異物を身体が受け入れるために、わざと免疫力低下させてるんだから身体も心も辛いの当然だよ。妊婦様でもいいじゃん!と思うな。未来納税者増やしてるんだぞ!口だけで何にもしない政治家より物理人口増やしてるんだからあなたは偉いよ。

できるなら、生んだ後ボロボロ身体で一時間おきの授乳とかしなきゃいけないんだから、まだ身体が一つのうちに連携とれるように旦那を鍛えるなりしてチーム組んだ方がいいよ!

2019-03-03

anond:20190303074004

力って漢字

人って漢字の右側が偏ってせりあがっているでしょ?

比較して均衡がどちらかに傾倒している様子を

力 っていうんだよ

免疫力 は 免疫性の活動

ある ない つよい の何れかに偏っている様子

ほかのもそのおおよそ二極にわけて言い表すんだよ

anond:20190303074004

免疫がないとか語彙が少ないとか、マイナスを表すときには自然につけないのに

免疫力が高いとか語彙力があるとか、プラスを表すときにはついつけてしま

やはり力こそパワーだからだろうか

2019-02-17

anond:20190217071931

それはそうだが、この時期マスクをかけてないのはテロだぐらいの事を強く言ってくる人がしばしば居るので反発せざるを得ない。あんエビデンス持ってこいやまずワクチンしろや手洗いうがいに免疫力活性、腸内フローラ改善やってんのかこら?と言いたくなる。

2019-02-01

病みダイエットしようとしたら勢い余ってODした話

病みダイエット【やみ-だいえっと】(名)

利尿剤や下剤などの薬物服用、過食嘔吐などを含めた不健康ダイエット方法のこと。通称病みダイ

※この記録は無理なダイエットお勧めするものではありません。むしろ、心身ともに破壊されます絶対にやめましょう※

私は幼い頃から食べることが好きだった。朝も夕飯も机に一汁五菜は軽くないと拗ねる父親と、料理大好きでそんな父のリクエストにも軽く応えてしまえる調理師免許持ちな専業主婦母親の元で育った。ちなみに、お昼は幼稚園高校と全て私学に通ったせいで給食というものに縁がなく、15年毎日母親手作り弁当をぶら下げていた。

想像に難くないと思うが、育ったのは年齢だけではなく横幅も順調に大きくなった。なんと小学校6年の頃は160cm 75kg、高校卒業する頃には165cm 120kgと、小さい頃から大きくなるまで痩せていた期間がまるでないエリートデブの道を歩み続けた。

高校卒業後は医療系の大学へ進学し、日々講義試験、実習に追われる中で次第に「このまま社会人になってもあまりにもデブすぎて患者さんに説得力ないよなぁ……」などと思い始めた頃に、1年を通した病院実習が始まった。その実習では、比較的学年の中でも声の大きい男子を含めた3人と一緒になった。

声が大きいだけで真面目というわけではなく、講義サボるし実習も出来る限り出ない。課題は出来る学生のものを借りて写す。テニサーの女好きで、まあ、いわゆるクソみたいなパリピ存在のやつだった。

あー、多分実習の課題は全部私が見せるんだろうし、代返もさせられそうだし面倒だなと思っていたところ、実際その通りの展開となった。「どうせ君真面目だから全部見ていくでしょ?俺早く帰りたいから早めに抜けるわ。悪いけど、学生1人いれば先生の班への印象もいいもんで最後まで残っておいて」などというお願いは日常茶飯事で辟易していたが、文句を言って関係が悪くなるのも嫌で黙って従っていた。

そんな折に彼が別グループ男子学生たちに向かって、休憩室で「いやまじアイツと一緒とかないわwwwこう、もっと可愛い女の子と一緒に実習できるの期待してたのにあのデブスと一緒なのはマジ最悪www」とこれ見よがしに言っているのを聞いてしまった。

実際彼としては本心なのだろうし、普段なら受け流せた発言だったはずだ。エリートデブとして培われたデブやブスといった単語に対する免疫力を舐めないでほしい。ただ、その時は課題のことや出席のことなど散々肩代わりしてやっていた頃だったため、「(お前散々人に迷惑かけといてその言い草はなんなんだよ)」とそっち方面イラついてしまった。

そして、このままではあまりにも自分デブ過ぎて医療関係者としての説得力にかけるという自覚もあったために、ダイエットを決意した。

実習は忙しく、生活自体が気をつけないといとも簡単破綻する。食事制限するにはもってこいだった。まずは食事イベント(上の先生が奢ってくれる、友達ご飯に行くなど)以外では極力摂らなくなった。

しばらくすると、何かを食べようとしても食べることへの罪悪感から物が胃に収まらなくなった。友人たちと食事をして帰宅するとそのまま猛烈な吐き気に襲われて、トイレで全部吐いてしまう。食べることは好きだけど、そのままでは太ってしまう。味を感じられればあとは吐けば良い。そういった思考に陥り、ここから過食嘔吐生活が始まった。

ご飯はそこそこ食べるのだが、しばらくすると吐いてしまう。そして吐いたことによってスッキリする。体重計に可能な日は朝夜寝る前と乗り、前回より10gでも増えていると耐えられなくなった。市販の下剤を飲んだり、長風呂で汗をかい数字だけは減らす日々。最終的にはあんなに好きだった食べることさえも苦痛となり、ほぼ絶食状態へ。

ただ、流石に缶コーヒーを週で2本しか飲まなかった時は、病院へ行く電車に乗ろうとして意識ブラックアウトしてしまった。電車ホームの間に落ちた私を助けてくれたOLさん、サラリーマンのお兄さんには感謝しかない。

そして体重の推移を事細かに記載し続け、2年で50kgほどの減量に成功した。max125kgはあった体重が、75kgまで減った。

途中、1ヶ月で20kgほど体重を落とした際は体重減少性無月経や低体温に悩まされたりもしたが、体重を落とす速度を緩やかにした結果改善した。一時食事が食べられなくなってしまった身体は、母親献身的な支えによって今まで通りに食事が取れるまでに回復した。

今考えると人外かというレベルの三桁デブ卒業した私は、その後は一応デブ人間として生きることができた。なにより、デブ御用達の大きいサイズ専門店ではなく、その辺の普通のお店で服が買えるようになったことが一番嬉しかった。

大学卒業し、リバウンドもなく2年間は社会人として仕事を続けた。3年目になり、異動した先の職場はかなり激務だった。食生活も乱れまくり、気がついたら体重は10kgほど増え、85kgほどになっていた。流石にこのままではやばいと思い、再度生活見直しを始めた。なるべく体を壊さずに、ジム通いや食事内容の変更をするように心がけた。その後、通っていたジムの周辺で連れ去り殺人事件が起きたこからジムだけはやめてしまったのだが。

そんな折に職場の同僚が、長らく付き合っていた彼女遠距離の末に別れたという話を聞いた。何やらとても美しく優秀な女性だったようで、彼としては結婚も考えていた相手との破局に未練タラタラだった様子であった。

「君も早く彼氏作ったら?」

「いやー、私デブだしブスだし無理かな。今は仕事も忙しいから、そのうちね」

私も親からここ数年結婚に関しては強く言われ始めていたが、自分容姿一般男性ウケしないことは誰よりも重々承知していた。だからこそ、まずは自分の見た目をなんとかしてからでないと、恋愛結婚を考えるなど分不相応だという気持ちが強かった。男性からしたら、こんな見た目の女に好かれても迷惑しか思えない。

別に同僚はただの同僚であり、入職から今までなぜか常に私に対しては上から目線が強かった男だった。そんな彼からの面倒な詮索に関しても、適当にあしらって話を終わらせて帰ろうと思った。しか自分元カノ容姿性格その他ひたすら褒め続けるのを聞くのにも疲れた適当自分卑下して話の腰を折り、さっさと撤収に限る。しかし、それがなぜか彼の変なスイッチを入れてしまったようだった。

「どうせ自分の見た目がダメから、とかいうんでしょ?正直言ってそれはそう。太ってる女が好きな男はまずいないから。俺も細い子が好きだしね。男はね、女が男の顔しか見てないのとおんなじで身体が良ければ顔とか性格は割とどうでもいいんだよ。」

「はぁ……?」

突然何を言いだすんだこいつ、と思ったが彼の勢いは止まらない。

「君はまず痩せること。痩せればモテるよ。胸もデカいし、綺麗になると思う。だから明日から君はご飯食べちゃダメファスティング!!筋トレ!!!わかる?ファスティング筋トレからね!!」

「」

「あと男を見つける努力が足りない!!ちゃん婚活とかしてる?あ、みんなで出かけた帰りとかよく飲み屋街でナンパされてるの見けど、あーいうのに着いていけば良いじゃん!簡単に男できるし、新しい世界が広がるよ」

「いや、そういう明らかに一杯飲んだらこのあとホテルへ的なのは……」

実はこの1年前くらいに、知らない男に夜道で車に無理やり乗せられかけたことがある。そのとき抵抗して逃げ切ったが、今でもあの時のこのまま車に入れられたらどこかで知らない男に犯されていたかも、下手したら殺されていたかもと言った恐怖が色濃く、それを伝えた上であまりそう言った話題は、とお願いした。通っていたジム付近での殺人女性が連れ去りの果てに殺されたというものだったため、余計に怖かったのである

「んー、俺の彼女もよく声かけられてて大変だったけど、そんな雰囲気なかったよ」

「それはすごく美人さんだから、手軽に犯せそう!みたいな軽いタイプが選ぶ相手じゃなかったんだよ。意外とそういうところは相手選ばれてるよ」

「ふーん。まあ、君の場合身体から始まる関係もありじゃない?まずは行動あるのみ!今度はそういうのにも着いて行ってみなきゃ!世界を広げよう!!」

愕然とした。こんなに気軽に性犯罪に巻き込まれるかもしれないような提案をされたこと、そうでもしなければ男なんかできないと言われたことがショックだった。

かに私はデブだし、ブスだけど私にも人を選ぶ権利出会いを選ぶ権利はあるはずなのに。ほぼ同じ内容のことを、その日の夜に別の同期と3人で出かけた時にも言われた。別の同期がトイレに立つと、私に言いたいことをぶつけてくるという状態であった。

それ以来精神的に参ってしまい、同期がいる前では満足に食事をとることが出来なくなった。それでも腹は減るため、職場我慢した分家ではありえないほど食べてしまう。そうすると罪悪感で吐く。過食嘔吐が再発した。マロリーワイス症候群のようになり、血を吐いたりもした。

この時、別の同期は3人で卓を囲んでいた時もその時の飲み会での私への態度が酷かったことに、ひっそりと気付いていたらしい。

あいつには後から言い過ぎだぞって言っておいた」

「気を遣わせてごめんね、ありがとう

「でもあいつなんて言ったと思う?『あのくらい言っても良いくらいの関係は築いてるから大丈夫』とか言ってんだぞ?クズか?」

親しき仲にも礼儀あり、とはよく言ったものである過食嘔吐に苛まれながら、さら職場で彼と会うことが苦痛になった。なんと、それ以来私にあれだけ断食しろと言っておきながら

パン余ったんだけど、食う?」

飲み会やるんだけど、来てよ」

と、職場で声を掛けてくるのだ。パンなどは断ったが、もしかしたら飲み会などは誘いに乗るしかなくて物を食べている私を内心馬鹿にしているのかもしれない。お腹が空いてごめんなさい、ご飯を食べてしまってごめんなさい。後で全部ちゃんと吐いて綺麗にします。

エスカレートした被害妄想は止まらなくなり、仕事に行きたくなくて、消えない食欲の罪悪感から彼の顔も見たくなくてしょうがなくなった。でもデスクは隣だし、仕事も被っている。どうしても無理だ。昼休みを隣のデスクで過ごすことも苦痛で、女子ロッカー椅子腰掛けて過ごすようになった。

何らかの方法で胃を悪くしてご飯が食べられなくなれば彼は許してくれるのではないか。ふと、そんな考えが頭をよぎった。

これは名案かもしれない。

簡単に胃をやるとすれば、数年前にダイエットしていた時に一番効いたのは、アイスコーヒーの1Lパックを1日で2本弱飲み干した時だった。なるほどカフェインは胃酸の分泌を亢進させる働きがあるから、胃は傷めつけられそうだ。ついでに利尿効果もある。ちょうどいい。

カフェインについて調べると、そういえばエナジードリンクと錠剤の併用が原因らしいという死亡事件が一時期話題になっていたことを思い出した。カフェイン人間個体差はあるものの、ある程度摂取可能だが、その他の哺乳類にとっては猛毒である。また、人間にとっても中毒域と致死量の幅が狭い。嗜好品としてのコーヒー程度ならば問題ないが、錠剤の多量摂取は気軽にやると急性カフェイン中毒を引き起こすし、下手をすれば死んでしまう。

ならば、中毒域に入らない程度でカフェインを飲んでいい感じに胃を悪くしてやろうと思い立ち、ドラッグストアカフェイン剤を購入した。

家に帰って1回2錠1日2回までと書いてあった箱を開けると、茶色い錠剤が20錠出てきた。とりあえず2錠飲んでみたが、何の変化もない。

時計を見ると17時半。明日から仕事であることをまた思い出し、次第に同僚に会いたくない気持ちと恐怖と嫌悪感がむくむくと頭をもたげだ。いっそ身体が壊れればしばらく休職できるかもしれない。頭の中でカフェイン中毒量と致死量計算した。体重換算で一箱飲んだら中毒量は超えるが、致死量全然超えない。まだ両親も健在で、死ぬわけにはいかない。全部飲んでも死なないなら、いっそ全部飲んで身体さえ壊れてしまえばいいのでは。仕事休みたい。

気付いた時には20錠分の空のPTPシートを手にしている自分が、床に座り込んでいた。

タイミングよく実家母親から電話が来た。何を言ったのかは朦朧としていたためにあまり覚えていないが、同期が嫌で仕事に行きたくなさすぎて薬を飲みすぎてしまたことは伝えた気がする。

4時間半ほど経ち、動悸と頭痛、冷や汗と吐き気に苛まれているところに焦った母親が高速を飛ばしてやってきた。ベッドに横たわる私と、ゴミ箱の中の薬の空き箱やシートを確認すると、

「そんなくだらない男のためにこんなことしないで。死のうとするならママも一緒に連れて行って」

と泣き崩れてしまった。

大丈夫致死量は飲んでないか気持ち悪くて胃が悪くなるだけで、そのうち薬が抜けたらよくなるから……この量じゃ絶対死なないから。計算たから……」

その後のこともおぼろげなのだが、職場への救急搬送は意地でもされたくなかったため、一晩母親の付き添いで明かした。朝、立って歩くこともやや覚束ない状態となった私は上司電話をしたが、ODのことは踏ん切りがつかずに伝えられなかった。

気持ち悪くてずっと吐いてます今日仕事は出られそうにありません……」

腸炎か?ノロ流行ってるからなぁ。君、一人暮らしだろう?飯も食えない、水も飲めないだともう入院したほうがいいんじゃないか?受診手続きを整えるから

そう言って電話は切れた。上司はどうやら感染腸炎を疑っているようだった。母親病院で補液をして早く血中濃度を薄めるように、という。まず、上司や先輩たちは私が精神的に不安定だったことを知らない。ODを疑われる要素は職場には絶対にない。もし、血液検査異常などで疑ってかかられたとしても、抗不安薬抗うつ薬などと違って、カフェイン中毒はそれを念頭に置かないとバレる可能性は低いだろう。

そしてそのまま感染腸炎疑いとして入院となった。血液検査異常も少なく、ODはまるで疑われなかった。母親自分自身の通院があるため、入院手続きだけして実家とんぼ返りした。部屋を出る際、再度泣きながら

「もうこんなことしないでね。もし死にたくなったら一緒だからね」

と言われたことを覚えている。

気持ち悪さに苛まれている間、何よりも強く思ったのは少しくらい太っていてもいいから、本来なら美味しくご飯が食べられる身体大事にしたほうがいいということだ。

あれだけ好きだったお粥も、お魚の煮付けも、サラダも、まるで喉を通らない。無理に食べても全て数分後には吐き出している。制吐剤を打ってもらわないと夜は眠れないほど胃が辛い。切り取って水洗いしたいほどに苦しく、ベッドの上でひたすらのたうち回っていた。睡眠不足でうとうとすると悪夢が見える。同期が笑いながら私を蔑んでくる。はっとして起きると、気持ち悪さで苦しい。夜通しその繰り返しだった。

しかし、致死量までは飲んでいないのも本当で、制吐剤と補液で徐々に改善傾向にある。食事お粥半量程度なら口にできるようになった。それでも頭痛と心窩部不快感は残っているのだが。

こんな苦しい思いをするのなら、そして親に多大な心労をかけるならこんなことしないほうがマシだったと思う。

でも、食事が取れるようになってくると、再度食事をすることへの罪悪感が生まれてくるようになって来ているのも事実である。あまりにも辛かったこからODは2度としないが、もしかしたら退院できてもまたしばらくは過食嘔吐や拒食からは抜けられなくなるかもしれない気はしている。

ダイエットを考えている方々には、こんな自分身体を痛めつけるようなことはやめるべきと伝えたい。適度な食事制限と、運動が遠回りに見えても何よりの近道だ。むしろ少し太ってたって、美味しいものを美味しく食べられることは、こんな風に身体ボロボロにするよりは幸せかもしれない。

ダイエットしている人や、太っている人が周りにいる人は、その何気ない一言相手の心を大きく傷つける可能性があることを今一度考えて過ごしてほしい。私は思いとどまれたが、私も両親という枷がなければ勢い余って致死量まで飲んで死んでいたかもしれない。

自戒を込めて、記録に残そうと思った。

まだベッドから降りて動き回るのはつらいが、そろそろ退院と自宅療養が見えてきた。今は身体が辛くて精神も持たないため、今後の仕事での身の振り方や、今回の件に関しての相談をどうするかについては身体が良くなったら考えることにする。

2019-01-27

anond:20190127042317

呼吸してたら埃や細菌は体に入って来てますよ。

私はこぼしたらランチョンマット洗うぐらいであんまテーブル拭かないけど元気に生きてますよ。

毎日拭く手間考えたら免疫力付ける方が人生捗ると思います

2019-01-09

おっぱぶ嬢を1年半した

心身ともにそろそろ限界がきたので辞めよう。夜に働いてみて、わかったこと。

・女という自信

若さという自信

可愛いという自信

・私との時間お金を払う人がいる

・人に対する恐怖感がなくなった

・人見知りが馬鹿馬鹿しくなった

エロ心に敏感になった

・何を求めているのか察する努力

・ま●この限界を知る

性病になった

モンダミンしすぎると口が渇く

・ボディクリームは良いぞ

カンジダ風邪みたいなもん

お金があっても満たされない心

夜食は太る

おっぱいが大きくなった

・男に力で敵わないことを知る

・いろんな人がいる

・客が男しか居なかった

女装した客がいた

女装した人が好きだと気づく

めっちゃ興奮したけど慣れた

・イクのは疲れる

好きな人とだったら幸せだろうけど、気持ちいいもんじゃない

若者技術がない人が多い(イケメンは除く)

・目を合わせるのはやっぱり怖いが効果

・照れるのアリ

・褒めるのは難しいけど大事

コンプレックスを刺激する事も大事

免疫力が落ちた

生理痛が酷くなった

・私って女なんだ

・男への尊厳がなくなる

自分への尊厳がなくなる

指輪をはめた男がここへ来る

・優しくするのは簡単

可愛いね、は挨拶

感謝言葉挨拶、返事は大事

承認言葉は嬉しい

・顔が綺麗だけじゃやっていけない

相手に興味を持つ

身体ごと相手に向けて話を聞く

・上目遣い最強

めっちゃ相手の話を聞く

・大きな相槌で話を聞いてる感じ

・嬉しいとか悲しい、自分感情を口に出すこと大事

無償身体差し出す世の彼女達が不思議になる

・恋とか愛ってすげぇな

パンツは白、水色が人気

生地さらさら感◎

・紐パンテンションあがる

自分に合った生きやす環境がある

世界って広い

・日々の目標設定大事

・成果が数値化されるのは頑張りやす

眉毛の手入れで垢抜ける

姿勢が綺麗だとエロ

ゆっくり落ち着くとエロ

・余裕を持つとエロ

キスはねっとり(速度)柔らかく(力加減)

おっぱいってすごい

乳首は立つ

乳首が痛くなったらフェミニーナ軟膏

香水大事

・良い匂いさせておく

・男に対して「可愛い」はキラーワード

・見られる意識

・見る意識

・試して失敗して反省して試してみる

自分気持ちオーラになって相手に伝わる

笑顔で円滑なコミュニケーション

・無理するとバレる

・痛い時は言う

・話が通じない人間もいる

・困ったら天気の話

・好きなものの話

・日頃から話をストックする

・身につけているものを褒める

・その人の選択を褒める

自分比較して褒める

・「可愛いね」にはありがとう

謙遜しすぎない

・人を褒めると良い気分になる

・人を貶すと凹む

・ち こは立つ

臭いのは慣れる

追記

・おっぱぶというよりもセクキャバいちゃキャバツーショットキャバクラいろんなお店がある

カンジダ性病だと思っていたがそうでもないみたい

身体の洗い過ぎで抵抗力下がる

知識があっても、行動しないと無意味

・満足させない

2019-01-03

障がい年金裏山とか思ってないで? anond:20190103004201

面白くないことがあれば愚痴るけど、四肢や臓器にハードルがある人たちの問題を考えたら
殆どは大した問題ではない

ろくでなしなので喉元過ぎたら、またどうでもいいことで愚痴るが
それでもやはり健康であることに感謝すべき、そう思っているよ

あと世界は公正でなく、努力もなく、
うんこ、しっこが出来るのすら、運 (恵まれいるから)だと思っているよ

「XXが出来た!!」について「すべて自分の力だドヤァ」で当人が救われる、自己肯定出来るのであれば、それはそれでとても大切なことではあるが、
本来するべきは「感謝」だと思ってるし、

当たり前に感謝が出来ない人たちに対する「怒り」はあって当然だとも思ってる
不公平に敏感なのは社会動物仕様なので何もおかしくはない

ただ、「怒り」と「自分がどうしたいか」は完全に別のもの
優先すべきは「自分がどうしたいか」やぞ

怒りで一時的連帯感を生む事ならあるかも知れないが、怒れるラップスターも最終的には「もう俺は怒ってないけど?」と手のひら返したりする
(いい車が買えて、豪邸が買えて、家族を養えて、親族をいい学校に入れることができて、ラップ世界に届けるチャンスを得て、なおも怒り続けるのはむずかしい)

怒りは、芸術炎上芸に昇華する手段がなければお金も生みにくいし、免疫力高まったり自動的筋肉がついたりもしない

ある程度、怒ったなら、怒りは怒りで小脇においておきつつ、

自分がどうしたいか」やぞ

そしてそのしたいことが自傷ではなく、自分自身が楽しくなるようなことだったら良いなって思うで

2018-12-27

ネットストーカーというあながち否定もできない存在について

知っている人は知っているのだが、


某人気アイドル声優に強烈なネット(リアル?)ストーキングを仕掛けている人物がいる


そのアイドル声優ツイッターに1日中リプライを繰り返している


1日に1000回を超える事もある


からみれば異常者、迷惑人間しかない


だが冷静に考えてみると彼は1日中、そのアイドル声優の事しか考えていないわけだ


経験があるのだが、タイプ女の子出会えてイチャつけたりすると、そのことで頭がいっぱいになっていると、

夢でもその女の子が出てきて、朝から心地良い気分で1日が過ごせるのだ


彼のように毎日、同じ人物の事で頭がいっぱいだと、

毎日夢にそのアイドル声優が出てきて、毎日気持ちいい朝を迎えられるのではないだろうか

逆に言うと毎日粘着して常に頭でいっぱい埋めておかないと、良い夢が見れない


常に頭を幸福感で満たし、毎日いい夢が見れるという事は、

相当免疫力も上がり健康になれるという事だ


おそらくどんな薬よりも効果が高いと思う

ノーベル賞を受賞した数1000万の薬よりも圧倒的に効果は高い。しか無料


そもそもこのストーカー精神疾患だと思うが、薬では治すことはできない

ストーキングしている事によって健康を保っているのだろう


ある意味羨ましいのだ。脳をコントロールする事は簡単ではない

嫌な事があるとそれに引っ張られ、幸福で満たし続けることはできない


その点彼の場合、1日中そのアイドル声優の事だけを考え、それ以外の事は考えなくて済む

夢の中、あるいは起きている間も、脳内でイチャつくこともできる


アイドル声優を追いかけるために多少の金はかかるが、

リアル恋愛するよりはかからないし傷つくことも少ない

リアルではドロドロとした駆け引きがあるが、アイドル声優処女性を見せてくれるから


常に免疫力を高い状態に保つことが可能だろう


書いててさらに羨ましくなってきた

俺には偶像をそこまで好きになるという事が不可能から


それで病気になっているわけだから、俺の負けなのだ

2018-12-19

anond:20181219173651

どうせみんなやってるんだから、今さら、俺が鼻くそほじった手で触っても問題無いやろ。

適度に不潔なほうが、免疫力が活発化して良いんだぜ?

2018-12-17

anond:20181217124349

見えない汚染電磁波から身を守る 古庄弘枝 講談社+α新書 講談社 2010

顔のほてりなど「12兆候」に要注意!

電子レンジIH調理器、携帯電話を疑え

携帯電話イヤホン電車内で電源を切り、家電から1メートル離れて免疫力アップを!

「アレッ、今、何をしようとしていたんだっけ」と、瞬間的に記憶喪失に陥る。「眠りが浅くて、すぐ目が覚める。子どもの寝起きも悪い」(中略)そんな、日常の「ちょっとした異変」に気づいている人は、次のことを確かめてほしい。家や職場の周りに携帯電話基地局がないかどうか。(中略)室内で使っている電話インターフォンが子機付きで、それらの近くで過ごすことが多くないだろうか。(中略)これらのことに心当たりがあるならば、ぜひ、本書を読んで、対策をとってほしい。それら「異変」の原因が、電磁波(マイクロ波)である可能性が高いからだ。電磁波は「見えない」「臭わない」。しかし、確実に生体に「悪さ」をする。そして電磁波危険性について「知った」なら、1人でも多くの人に伝えてほしい。――<「はじめに」より>

全体的にしょーもない新書多いし、こんな明らかなトンデモ本も混ざってるし

大丈夫なのか日本小児科学会

2018-12-10

「アタシ全然風邪引かないし、熱でないし、会社休まないし」の同僚のリスク

風邪なんて全然引かない。インフルエンザもかかったことが無い」と豪語する同僚がいるのだが、たまに風邪のニオイが漂ってくることがある。

本人、自分ウイルスかなにかのキャリアであることが分からないのだろうと思う。

体調、具合が悪い時の独特のニオイというのは存在する。

そのニオイがしている時は極力離れるよう努力はしているが、狭い社内、どうしても同じ空間にいるため、さけられないことも多い。

さらに、同僚は咳する人には「マスクしろ!」というのに、本人は結構な頻度で咳をしているが「これ、風邪じゃないから」といって全然マスクしない。

食事時に咳されたらたまらんぞ。

へんなプライドがあるようなので何も言わないようにしているが、どう考えても、同僚はなんらかのウイルスキャリアでばら撒きまくっているのに、自覚していただくには無理そうなので、自衛するしかない。

さあ明日からマスクやうがい手洗いは励行しよう。免疫力高まるように努力しよう。

そして自分は同僚みたいなことをしないように注意しよう。

2018-12-09

コンビニバイトメリットデメリット

元旦から四連勤することが決まっていた。

どうせ喪中なので、初詣も親戚に挨拶回りも無くて引きこもるしかない正月休みから、まあいいっちゃいいのかもしれないが。

稼げる時に稼がないと、冬をのりきれないしなあ。

微妙に残念なのは、勤務時間帯がいつもの夕勤+2時間なので、オーナーに遭遇する可能性が低く、せっかく考案した年末年始を乗り切る為の唱和https://anond.hatelabo.jp/20181205184856無駄になりそうなことだ。

ところで、突然だし誰の参考にもならないと思うけど、コンビニバイトをすると得られるメリットデメリットを書いとく。ただの自己満足である

メリット

福利厚生がある

なんか温泉とか遊園地かに行くと料金を割引してもらえるらしい。

・脚が引き締まる

立ち仕事だが、ひっきりなしに歩き回っている(というより走り回っている)おかげで脚がしゅっとした。

ボケない

世間で言われてるよりは難しくない仕事なんだけど、短期記憶バリバリ使う(おでんの注文覚えたりとか)からか、専業主婦してた頃よりも頭がキレるようになった。また、吃音が治りつつある。

風邪をあまり引かなくなった

人の出入りが多いとこにいるせいか免疫力が強くなった気がする。バイトを始める以前はよく、子供風邪が移って子供よりも重症で寝込んでたけど、最近風邪っぽいと思っても鼻水が出る程度で済む。


デメリット

福利厚生を使えるようなレジャー施設に遊びに行けるほどは稼げない。

・脚が太くなる

これ単に私の体質なんだけど、異様に脚に筋肉が着きやすいせいで、脚が太くなった。もう手持ちのジーンズがほぼ全部パッツンパッツンでどうしよう。脂肪でたゆんたゆんだった時よりも太いとか。

・金遣いが荒くなる

沢山の商品と、それを無駄に消費していくお客様を眺めていると、なんだか浪費なんて大した事じゃないんじゃね?って気がついしてきてしまう。

マシュマロ実験」っていうやつがあるじゃない?幼児が二個のマシュマロを貰うために、目の前にある一個を我慢する、というやつだ。

マシュマロ実験で二個のマシュマロをゲット出来た幼児達に共通したのは、マシュマロを見ないようにした事だそうだけど、コンビニ労働するとその逆を常にしている事になる。コンビニで働くと浪費への忍耐力が無くなっていくのだ。

コンビニバイトしている人達の多くが、金無い金無い言いながら、仕事前後や勤務中に、何かしらコンビニ商品を買ってしまう。

中にはノルマを強いられた訳でもないのにギフトを予約注文してしまう人もいる。

以前、百貨店で勤めた経験のある人に聞いたけれど、百貨店の中にあるブティック店員の多くは自分給料を軽く上回る金額を、百貨店で服を買うのに費やしてしまいがちなのだかいう。

コンビニではそこまで酷い事にはならないにしても、一日の収入のうち一時間分くらいは、毎回仕事上がりのお買い物で吹っ飛ぶくらいの事は、よくある。

・浪費をする自分抑制する事に失敗して自尊心を喪い、やる気のない仕事仲間を見るにつけ失望する。

→生きる気力が削がれる。

・一日の気力体力のピークの時間帯が勤務時間帯になってしまう。

休日でも午前中は死んでるし、夜になってハッスルしてしまう。


と、コンビニで買ったカリカリ梅を食べながら書いた。

2018-12-01

葛根湯は本当に風邪に効くのか

昨日、寒気がして微熱が出たので試しに葛根湯を飲んでみた。説明書を読むと葛根湯を飲むことで発汗が促され自己免疫力高まるらしい。また、体を温めることで緊張型頭痛肩こり、神経痛などにも効果があるのだとか。確かに寒気は治ったが葛根湯との因果関係はわからない。

2018-11-09

ゾンビ とは

同じ種族といつも群れており、常に自分たちの考え方正しいと疑わず思考停止している種族

人間を見つけたら「常識」「普通」という噛み付き攻撃を行い、免疫力の弱い人間同族にしてどんどん仲間を増やしていく。

と、考え方押し付け人間皮肉チックに書いて思ったけど、ゾンビ物の話を「考え方が違う人たちのグループの中で自分達(=少数派の主人公達)が孤立してどの様に立ち回っているのか」という観点を踏んで読むのも面白い

2018-10-23

40歳独身身体障害者になった

40歳免疫不全(HIV)でちょっと前に身体障害者手帳を発行してもらった。

感染の経緯はまあ置いとくとして、結婚とか子供とか、「どうせしないし手に入らないんだろうな」と思っていたものが「もう手に入らないもの結婚わからんけどさ)」の線を確実に超えるのは、結構ずっしりくるものがあった。いやまあ、どうせしなかったんだろうけど。

幸い、感染初期に検査で見つけて、治療も早々に開始した(前はある程度病状が進まないと更生医療手続きが進めにくかったらしいのだが、この春から「さっさとドンドンやれ」に切り替わったらしい)のでウイルス量は検出限界値以下だし、免疫抗体の数値(CD4)も1000キープしてるし、表層上は至って健康のものだ。

1~2ヶ月に1回通院して検査する以外は、1日1回2錠ほど薬を飲むだけ。まあ、そのお薬が高い(保険適用前で月20万くらい)ので、障害者手帳もらって更生医療手続き必要になるわけですが。正直、もともと患ってた糖尿病の方が治療的にはよっぽど面倒くさい。毎食時に注射するし。

結婚子供も難しい身になったし、何しろ生きるために国民の皆さんのお力添えをいただく立場になったので、「生産性がない」なんて言われないように精一杯働いて(幸い、体内にウイルスがお住まいなこと以外に支障はないので)、両親を看取るまではなんとか正気を保って生きていきたい。

補足・追記(随時足していきます

どうして感染したの?

お察しください

医療費すごくない?

支払い実費でいうと

糖尿病→月15000円(インスリン注射の「指導料」がお高い)

HIV→月10000円(更生医療で月の支払上限が決まっているため。更生医療を使わないと、20万円の3割負担でざっくり6万円)

というわけで、普通に働いてればまあなんとかなるかなと。

子供作れないの?

男女ともに感染回避策はあるようですが、男性場合保険適用外で超お高いので、現実的にまず確実に無理だなあと(この病気になった時点でその前段階がまず難しいのに)

すみません男です(性別書いてないことに今気づきました)

やっぱり医療費高いのでは?

長いこと月15000円~20000円ぐらい糖尿病に払ってるので、+1万円増えてもあんま気にならなくなってるとこはあります

どこの国で感染したの?

日本です

そんなに薬飲んでて肝臓大丈夫

肝臓の数値はちょい高いですが、アルコール脂肪肝ですね。薬の影響は特になさそうです。糖尿病腎臓やるのが一番クリティカルなので、そこは気をつけなきゃなと。

人にうつしてやれって気持ちは出てこない?

ないですねえ。というかもう薬飲んで検出限界値未満なので、仮にゴムなしで性的接触に及んでも、私から伝染る可能自体が低いですが(研究によるとほぼゼロらしい)。

薬の副作用はつらくないの?

幸い自分は薬が上手く合ったのか、全然気になりません。2種類の薬を1日1回なんで、時間決めてスマホアラーム鳴らして習慣化しています

検出限界以下おめでとう CD4高いっすね

ありがとう。CD4高めなのは早期発見・早期治療できたから(昨年9月に多分感染3月に発覚、7月から投薬)かなと。CD4下がってから(3級以上で)治療開始した人は、免疫力も下がってるだろうし大変なんだろうなと思います自分もこの夏に扁桃炎に連続して罹ったりしたので、多少弱くなってるんだろうなとは思ったけど。薬価は下がって欲しいもんです。

追記追記

コメントブコメくださった皆さんありがとう。多分、親兄弟にも(輸血でも必要事態にならない限り)言うことはないままだと思うので、ここでやり取りができてちょっとすっきりしました。ここまでは(告知された保健所医者担当医を除いて)完全に自分の中でのことだったので。

医療自体は通常の生活(性生活含む)では他者への感染自体はまず気にしなくていいところまで進んでいて、薬も1日1回でいいし、本人の支払い実費としては月1万円の医療費で済む程度で、比較普通日常を送ることが出来る病気になっている、ということは(自分もかかってみて初めて知ったけど)認知が進むといいかなあと思います

同時に、高額な医療費を国=皆さんの税金で助けていただいていることは十分認識しつつ、先程も書いたとおりまあ普通に働ける病気なので、そこはがんばりますんでご容赦いただきたいなと。

2018-10-20

anond:20181020170611

ワクチンを打っていたけれど免疫力がつかずに感染してしまったとか、何らかの持病がありワクチンを打てなかったとかってなら仕方ないが

意図的ワクチンを打っていなかったのなら加害者だろ。

打っていないと加害者呼ばわりされるくらいに重要ワクチンなら公費無料で打てよ……

自腹を切って医者に行くのを惜しんだくらいで加害者呼ばわりされるの理不尽すぎるでしょ。

anond:20181020170126

妊婦うつすと云々以前に、妊婦以外にうつしたって迷惑感染症である事に代わりはないわけで

インフルエンザワクチンを打たない奴がバイオテロを目論む厄介者扱いされるのと同じように

風疹ワクチンを打たない奴もバイオテロを目論む厄介者扱いになるのは当然だろうよ。

たとえインフルエンザにかかっているのに出勤し職場インフルエンザを撒き散らした人であっても、麻疹にかかっているのに飛行機に乗り日本各地に麻疹をばら撒いた人であっても、そして風疹感染して妊婦に近寄ったことで胎児先天性風疹症候群にしてしまった人であっても、その人たちは被害者であり、絶対加害者ではない。

いや、普通に全員加害者から

ワクチンを打っていたけれど免疫力がつかずに感染してしまったとか、何らかの持病がありワクチンを打てなかったとかってなら仕方ないが

意図的ワクチンを打っていなかったのなら加害者だろ。

2018-10-06

久しぶりにソープへ行ったら散々だった

運がいい。少なくともそう思ってた。

仕事ばかりの自分へたまにはご褒美をあげないと。

わざわざ早起きして数ヶ月ぶりのソープに向かってた。

なぜ朝に行くのかって? 朝だと値段が安くなるからさ。

写真指名タイプの子を選べればいいと思ってた。

そしたら「人気の○○ちゃんキャンセルが出て朝イチの1枠だけあいてるんです!」と黒服ゴリ押しされちゃって。

巨乳で顔も可愛い感じだったから即決。

順番が来るまでスマホをいじりながら、そわそわして待ってた。

30分くらい待たされて、いよいよ番号が呼ばれた。

階段を登っていった先には、写真とはちょっと差があるけどクラスにいたら間違いなくTOP5に入るであろう美人がいた。

年齢は多分20代後半〜30歳前後だと思う。

ソープって歯磨きしてからじゃないとキスをさせてくれない女の子が多いけど、この子はちがった。

ベッドに腰掛けて軽くおしゃべりしてると、早速ねっとりと深いやつ。

キス大好きっ子な私としてはこれ以上ないご褒美。

終始主導権を握られて、そして舌の圧がすごい。

服を脱がせていくと、これがもう見事な乳房

直径が大きいタイプのハリのある巨乳で、乳首チョコボール程度と書けば伝わりますか?

なかなかお目にかかれないタイプだ。

谷間に顔をうずめたり、先端を舌で転がしたり、存分に楽しませてもらった。

メインイベントである風呂を経て、お湯に浸かりながら軽めに下ごしらえも施してもらった。

ちなみに、短時間コースなのでマットはない。

体を拭いて、準備は万端である

狭くて固いベッドで体を重ね合う。

下の毛は生えてなかった。

とてもキレイだった。

乳首が好きだと伝えると、丹念にほぐしてくれた。

やはりこの子、舌の圧がすごい。

徐々に彼女体制が南下して、下ごしらえも第二段階へ。

周辺から徐々に攻めていくなど、さすがはプロである

これ以上ない快楽を味わっているとき、ふと異変に気づく。

終わりが近づいているのだ。

そろそろ、と伝えるとすべてを悟った彼女は、どこから現れたのかゴムゴム避妊具を取り出した。

ふー、危ない危ない、と思っていたら、それは突然だった。

装着途中で果てた。

彼女は、えーっ!と驚いていた。

無理もない、これからおっぱじめようとしている最中、ウォーミングアップで力尽きたのだ。

彼女の指先が俺にとどめを刺した。

再起を図ろうと必死に頑張ってくれたが、すぐに復帰できないのは誰よりも自分自身が理解している。

ごめんね、といわれる度に心が傷ついた。

悪いのは君じゃない、俺なんだ。

ムチッとした彼女の体を、精一杯の力で抱きしめた。

20代後半くらいからだったろうか、自分でも驚くほど早漏になった。

数年前、はじめて飛田新地を訪れたときなんて、ワンストロークで果てた。

事前に抜いてこないとダメじゃん、と痩せ気味の美人に怒られた。

あれはあれでいい経験だった。

飛び抜けてカワイイ子と出会ってしまうと、俺は役に勃たないらしい。

学生の頃は自由自在コントロールできたのに、これが老化なのかと自分絶望している。

でもさ、こういうお店に来て勃たない人もいるからね、とフォローしてくれた彼女の優しさが胸にしみた。

店を後にして、もう俺は男としてダメなんだと自信を喪失しながら仕事に励んでいたら、どうも体がおかしい。

翌日、ガッツリ風邪をひいた。

あれだけ体液を交えたのだ。

自分への絶望から免疫力が落ちていたのかもしれない。

喉の痛みからはじまって、鼻もやられた。

幸い、熱が上がることはなかったが1週間ほど苦しい思いをした。

もう二度とソープになんて行くか。

と決意していたのに、今はまたお金を貯めようと思っているからタチが悪い。

2018-09-29

○村が○沢と扱い方が違うと泣いていた。

又、○○○になりたい!とも発言していた。

だけどあの場合だけ見たら

○沢が弱腰だったら○村と同じ言葉

かけられてたと思う。

外見コンプレックスがあると

それに結びつけたくなるんだなあと感じた。

かに雲泥の差の扱いを受けたら悲しい。

差別され傷付き同等を求める○村さんは

素直で女心を持ってる人だなと思った。

○村さんと一緒にしてはいけないが

自分免疫力が付いたのか差別されるのは

卑屈ではなく当然だと思っている。

から先日も差別を受けたけど、

あかさまな態度が面白く内心笑ってしまったところだ。

2018-09-04

さくらももこから見る民間療法医療大麻

大層なタイトルをつけてしまったが、最近沈静化している医療大麻議論をここで復活させるのはどうだろうか

個人的にはガンによるさまざまな苦しみの軽減方法として民間療法以外に選択肢を用意すべきだと思う

医療大麻についてだが、大麻自体にはアルコールたばこの様に身体依存性はなく、大麻の成分カンナビジオールは抗がん剤副作用抑制に期待が出来るとして研究結果がすでに存在する

人の寿命は、精神状態でも大きく作用する。抗がん剤苦痛により逆に精神的にやられ免疫力が下がり余命が短くなるケースがある

医療大麻苦痛を軽減し、少しでも元気に過ごすことで余命を伸ばすことができる可能性がある

そのために渡米し、医療大麻治療を受けた人がいる

大麻について論ずるとまた活動家か…のような印象を受けるかもしれないが

大麻に関する正確な知識を得れば、なぜ規制するのか?という疑問しか湧かない

しろなぜ依存性が高いアルコールがここまで野放しにされているのか不思議でならない)

将来自分がガンになった時のことを考えて欲しい

そして今ガンで苦しんでいる人のことも考えて欲しい

民間療法に頼らない治療方法がすぐそこにあるのだ

2018-08-23

免疫力なんてもの存在しない

そもそも何を指して免疫力と言っているのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん