「猛獣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 猛獣とは

2020-05-16

anond:20200516131926

留学してたときの隣のフィリピン人ウズベキスタンカップルの毎夜の猛獣のような激しい咆哮に比べればすべてお茶会みたいなもん

2020-04-20

マスクを全員で取ったほうが日本では感染が防げる

なぜなら、やはりマスクには感染拡大を防ぐ効果はなかったと言わざるを得ないからだ。

よくて一瞬エアロゾルから守ってくれる程度。その後はウィルスを持ち歩くことになりむしろ危険だ。

かかった人が広げないという効果は確かに期待されていた。

ところが世の中を見てみるとどうだろう。

マスク感染拡大防止だけでなく、感染のものも防止してくれると思いこんでいる人だらけで、マスク=外出許可証のような扱いになってしまっている。

これだけ専門家が人との接触を8割減らせと叫び続けていたにも関わらず街はマスクをした人間で溢れかえり、繁華街で姿を消した人達地元商店街にあふれかえるようになった。

(ただし、望遠レンズを使った偏向報道は許さない)

これはつまり感染ステージがより身近な場所に近づいたことを意味している。

葉っぱ生い茂る大木イメージしてほしい。

君たちは葉っぱだ。枝や幹は社会とのつながりだ。

感染はまず大きな幹を通って入り込んでくる。そしてクラスターはそこから枝分かれした太い枝で起こる。

太い枝でクラスターを防ぐことができているうちは姿を追うことができるが、そこから入り込んで更に細かい枝にまで感染が達してしまえば、感染を追うことはもうできない。

夜の街クラスターライブハウスクラスターは、まだ遠い枝の話だったかもしれない。

しかし、すでに家庭内感染割合は増加傾向にあり、つまり自分のすぐ隣の葉っぱにまで感染が広がっていることを意味している。

まり、太い幹に生えている枝で抑え込んでいた時期が終わり、枝先のように葉っぱ一枚ずつに細かく分かれている枝にまで感染が達している状況=感染爆発の予兆の段階と言えるのだ。

それでも自分の行動を注意深く見守っていれば、感染してしまたかもしれないタイミングに気づくことはできる。

それなのに感染経路不明というのはつまりマスクを付けていたか感染するはずがないという思い込みの裏付でしかない。

三密が防ぐのはクラスターだ。感染もっと身近に、意図しない場所でも十分に起こり得る。

それを三密以外なら感染しないだろうと曲解させている原因はマスクだ。

こんな大した効果が期待できないマスクを、息を荒げながら奪い合う姿を滑稽と言わずしてなんと言えというのか。

合格祈願のお守りを徹夜で並んでもらえなかった悔しさで神社に火をつけるような愚かな行動だ。

こんな愚か者同士に必要なことは安心ではなく恐怖だ。

猛獣の檻に裸で放り出されることがわかっていれば、家から出るバカはいない。

全員が無防備だとわかっていて初めて、全員が正しく恐れることができる。

君たちが付けているマスクは、盾の絵が書かれたダンボールしかない。

そんな姿で史上最悪のウィルスと戦えると思ってしまうことこそ危険だ。

国民マスクを取りなさい。無防備からこそ守れる適切な距離がある。

マスコミは人混みをいたずらに責めるのではなく、マスクがどれほど限定的脆弱であるかを報道してほしい。

それをしないのであれば、結局のところ報道公共性の姿を借りた金儲けの道具に過ぎず、頼るに値しないものしかないのだ。

ウィルスあなたの手に付きあらゆる手段で体内に侵入を試みる。

まずはとにかく手を洗いなさい。

手についたウィルスを確実に洗い流すのだ。

店の入口にあるアルコールを過信するな。ウィルスの射出もとは口だ。

感染した人間が手についたウィルスを消毒したところで、たった一言発言で室内はウィルス汚染されてしまう。

汚染された商品を手に取った時点で、アルコール消毒はすでに意味を失ったも同然だ。

その商品が家に持ち込まれれば家の中だからって安心できることはない。

彼らはプラスチック上で72時間生存する。

その程度で防げるくらいなら世界中でこれほどまでに感染が広がることなんてない。

まずは日本けが特別だという思いを捨てなさい。

すでに感染者数、陽性率、感染不明率、家族感染数、重傷者数、死者数、残存病床数の全てが感染爆発が間もなくであることを示している。

緊急事態宣言がそれら数値の増加を押さえることができていないのは、医療専門家じゃなくても、世界の傾向と比較すれば誰でもわかるはずだ。

マスクを捨ててすぐに家にこもりなさい。

経済的な死を回避するために戦う戦士たちだけが裸でウィルスと戦えばよいのだ。

不安の解消で走り回る主婦や老人たちはもはやウィルス媒介しかないことを忘れてはならない。

2020-03-26

AOBAKO! らーじっ

anond:20200325214044

第一クール

第二クール


うん。こんなアニメ流されたら胃に穴が開く。

2020-03-13

anond:20200313032627

人類の2割は夜型。

むかしの人類は、夜型の人間がみんなが寝ているとき猛獣から集団を守るために見張り役になっていたから、おまえにはそのとき遺伝子が残ってるんじゃない。

2020-03-04

本当に恐ろしいのは人間

咳をした人間犯罪者コロナ感染者が出た店や会社汚染された場所からリンチ排除差別が許される。

そういう空気が醸成されつつある。

本当に恐ろしいのはウイルス(/悪魔/幽霊/猛獣)ではない、人間だ、みたいな物語ありがちな結論に達する。

人間の恐怖心が逆に人間を恐ろしい存在に変えてしまうというわけだ。

2020-02-26

俺は「猛獣」だッ!!

ニャン!!!!(威嚇)

2020-02-16

感覚 女性向け恋愛シミュレーションゲーム「恋とプロジェクト炎上!!!

派遣SE社員なのに手違いで突然炎上案件に凄腕MPとして派遣されてしまったあなた

PM経験はもちろんSEとしての能力も未熟なあなたはそこで五人の猛獣SE出会って翻弄されてしま!?!!

続き誰か頼む

2020-01-14

anond:20200114035708

俺なんか目から血ぃ出るほど脳みそフル回転させて弱めの猛獣みたいな彼女気持ち忖度する修行の日々なのに

こんな雑な扱いで十分な安オナホもいるんだなあどこに落ちてんのかなあ

2019-12-18

anond:20191218173828

これなあ

なんだかんだ飼えてしまっているっていう事が収拾がつかない原因になってる

普通の家庭では月額50万の猛獣なんか飼えないんだ

anond:20191218145005

維持費が年600万掛かる猛獣を飼ってるという訳だ

資産あるっていうけど父親定年過ぎてるってんじゃ数年で殺しちゃうんじゃ?

増田悪者になりたくなきゃ悲しいけど親に託すしか無いな

2019-12-12

グレタさんとバックでしたい

後ろから犯すと「私は獣ではない!」と言いながらも最後猛獣のような雄叫びをあげてイキそう。

2019-11-16

anond:20191116070617

リンチ」という字面根本的な勘違いがあるんだよな

リンチって、標的を逃げられないよう大勢で囲んで集中攻撃するわけだが、低能先生は逆だったわけでさ

からも頼まれてもいないのに勝手猛獣の檻に飛び込んで暴れまわる日々だったわけだ

はてなが何回アカウント停止してもしつこく復活してくるので、最後は檻の中の猛獣たちすらうんざりしていたくらいで、せいぜい「低能先生」と揶揄するくらいしかできなかった

あいつがリンチ回避する方法はいくらでもあったが、一番簡単なのはネット罵詈雑言を書き込まない」ただこれだけだった

2019-09-16

1,2,3,4,5,6,7,8,9...怖い怖い

次は猛獣(もう10)が来るから

2019-08-24

ねこって頭のサイズは手のひらに収まるし、手首はめっちゃ細くてぽっきりいきそうだし、肋骨も頼りないし、お腹ちょっとからを込めたらどうにかなりそうなくらい危うい

でもあんな小さくてかわいくてあやういのに甘噛みでもけっこう痛くて、たまに怖いなと思う時もある

ねこってあんサイズなのになんで超巨大な人間に懐くんだろう、恐怖感とかないのかな?って思うことは多いんだけど、ねこ的には(あと10センチ身長があったらおまえなんか余裕だぞ?)という気持ちがあるんだろうし、実際あと10センチ体格が大きければ猛獣扱いになってたかもしれない

ねこはあのサイズからこそ奇跡的に人間パートナーになれたんだなと、朝からねこを撫でてて気がついた

2019-07-21

anond:20190721181927

人権いうけど、殺される方の人権はどうなるのって話で

難しいよね

猛獣害獣駆除対象なのと同様に、統失人権制限すべきとちがうかな

2019-07-05

精神的にもろい人はどうすれば良いですか?

か、カウンセラーなのに暴論を言います

男子筋トレをしてください、

女子自分が美しくなることをしてください。(エステとかネイルとか、高い美容室とか)

精神的にもろい、言い換えればストレス耐性の低い方は、どんなアドバイスをしても否定的思考が勝ってしまい、「行動に移せない、考え方を変えられないダメ自分」を再確認することになってしまます。「そんなことわかってるよ!でもできないんだよ」というのが本音ではないでしょうか。

「だからダメだ」ということではありません(笑)

ストレス耐性の低さは、傷ついた経験から得たものであったり、両親が心配性なため「愛されたけど信頼されなかった」経験がもたらしてしまったものであり、「あなたがもろかったから」ではありません。「もろいフリをすることで乗り切った経験」がいつしか自分はもろいことが真実である」と書き換わったことによる弊害なんです。

思考は賢いので、一時的必要であった要素(このストレスには耐えきれないから逃げとこう)が、すぐに汎化されて「何をやっても耐えられない」という自己意識に変換されてしまます猛獣毒草ウヨウヨしている古代には必要能力であったと思いますが、それが安全すぎる現代では弊害をもたらしているといえるでしょう。

https://jp.quora.com/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%9A%84%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8D%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E8%89%AF%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B/answers/150780996

2019-07-02

本気で肉屋を支持してる豚はどうしようもないなと思うけど。肉屋従業員の中にも豚のために涙を流して、少しでも待遇改善しようと奮闘してくれる人がいるのは知ってる。別にそういう人を支持してもいいんじゃない

自分野党支持だけど。

逆に肉屋批判する中にも「弱肉強食世界餓死しようが猛獣に食い殺されようが自然のままが一番幸せだ」とか抜かす連中がいるのも知ってる。

2019-06-18

KKO女性苛烈に叩かれるのは防衛本能によるもの

ヒョロいクソザコ男でも多くの女よりは膂力に優れている。

女にとって男は猛獣といっていい。

絶対に人を噛まないと保証できるまでは女は男を警戒してしすぎることはない。

また健康な異性をパートナーに選ぶという本能があるので、気持ち悪いものを嫌う。

この本能は男女ともに備わっているがKKO客観的自分を顧みることができないので自分の不衛生を放置する。

本能がそうさせるだけの話なんでKKOは叩かれたとしても気に病むことはない。

2019-06-02

殺すという言葉が出た時点で転職先を探すべし

あと「死ね」も。

自分に対しかけられた言葉かどうかは関係ない。

冗談かどうかも関係ない。

特に仕事において冗談でも言っていい言葉ではない。

そんな言葉を口に出す人間が同じ職場にいるというのは致命的だ。

その言葉を口に出せる時点で大脳新皮質をある程度失っているとみなして良い。

そしてそれはいつ襲ってくるか分からない猛獣と同じ檻に入っているようなものだ。

殺すという言葉を使われた瞬間、そいつとその会社永遠失望を得るのだ。

2019-05-30

MKKO(モストキモくて金のないおっさん

MKKOは社会契約論でみて、未契約状態なのかあるいは社会から契約を破棄された存在であるわけだから社会の外の存在であって社会の法で制御はできないよね。法の内側に住んでる人にとっては不都合猛獣かもしれんが、そんなのは内側の人の理屈であってMKKOにはとどかない。善悪で語るのは傲慢だ。

2019-04-22

桐矢京介が復活するってマ?????

ジオ全然見れてないんですけど、突如ツイッタートレンドに「桐矢京介」の文字が現れて度肝を抜いた。

同時に、響鬼放送当時の思い出とか、演者に対する想いとかがブワ~~~~~~と溢れて来たので私になりに書き記すことにした。お暇な方はお付き合いください。

最初に言っておく!おれはか~な~り、中村優一ファンだ!!



時系列を追って話をしていく。まず響鬼放送当時のこと。

響鬼放送当時は、まだネットの海の波打ち際で足首付けてパチャパチャ遊んでた頃だったと思う。

当時私は高校生くらいで、ニチアサのメインターゲット層からは外れていたものの、精神はほぼ5歳児だったので普通に響鬼を楽しんでいた。

全然関係ないが何故か当時は、仮面ライダーを隔年で見てた気がする。アギト555響鬼電王…みたいなかんじで。特に意味はないんだけどなぜかそうなってた。多分「もういい歳だしニチアサ卒業しなきゃ…」という気持ちと、「今年の仮面ライダー面白そうやんけ!」という気持ちが行ったり来たりしていた結果だと思う。ちなみに電王以降のライダーは放映中にぽつぽつと見る感じで、あんまり一生懸命追ってない。ごめんなさい。

まあともかく、響鬼1話から最終話までしっかり追ったライダーでした。

響鬼は、ビジュアルも設定も雰囲気も何もかも、これまでの仮面ライダーとは一線を画していました。というのは今更私が言うようなことでも無いと思うんだけど。

作品全体を通した「和」テイスト雰囲気、「音」の演出に見えるこだわり、何よりライダーに変身するのがオッサンそもそもライダーなのかこれは?何にライドするんや??初見時の印象はそんな感じだったかな。マスクも、初見の人が見たらこ仮面ライダーだって思わないんじゃない?みたいなデザインだし。

なんていうのかな、例えるなら、仮面ライダー界のGガンダムとでも言えばいいのか。

設定やビジュアルや、作品雰囲気とかは全部好きなんだけど、これ仮面ライダーじゃなくてもよくない?みたいな。それは今でもたまに思う。

まあそれは置いといて。ともかく、この異色な仮面ライダーを、1話の時点で好きになりました。

ヒビキさんという頼れる大人明日夢くんという等身大私たち存在。魅力的な設定や演出の数々。ドラマとして普通に面白かったのでめちゃくちゃハマってました。

そのまま見続けること約半年

突如として現れた、キョウスケ・キリヤ。

何こいつ?????????????????????

いや誰もが思ったでしょうよ。響鬼というまったり空間に突如として現れた猛獣猛獣

今まで、良い意味で「普通の」登場人物たちが繰り広げていたドラマの中に、突然二次元設定の男が舞い降りてかき回し始めたみたいな。

だって、桐矢京介みたいな人物現実にいる?キャラ濃すぎでしょうよ。金持ちで、俺様で、運動からっきしだけどそれ以外は多彩な才能を持ち合わせて、複雑な家庭事情もあって…みたいな。乙女ゲー攻略対象かよ。スポーツ系のイベントに誘うと急に機嫌悪くなって好感度ガン下がりするやつやろ。知らんけど。

ともかく、「仮面ライダー」の要素以外は普通だった環境の中に、突然変な奴が現れたんですよ。そりゃ浮くでしょ。自分クラスに突然跡部様が降臨したら騒然となるでしょ。

正直に言います。桐矢京介のこと、最初は当たり前のごとく嫌いでした。

こちとら響鬼1話から見ていて、明日夢くんガンバッテ!応援してるヨ!みたいな立ち位置だったわけですよ。そんな明日夢くんを傷つけるようなことを平気で口にし、場を引っ掻き回し、我儘ばかり言う。そりゃ好きになれねぇでしょ。

で、当時はネットの海にそんなに深く使ってるわけでもなんでもないただの一視聴者だったから、スタッフの交代劇とかなんかそういう裏の事情サッパリ知らんわけですよ。だから番組空気の変わりようにマジでどうした?って思ったし、結果的に「桐矢京介が響鬼という作品空気を壊した」という思考になってしまって、それで毛嫌いしてたってのもある。

ただまあそうは言っても相変わらず響鬼自体面白いんで(あと当時は弦楽器師弟推しだった)視聴を続け、結局最後まで完走しました。見ていくうちに京介にもそれなりに愛着みたいなものが沸いて来て、最終回で変身した時は普通に良かったねと思いました。

これが当時の、ほんと素直な感想。そうは言うてもも10年以上経ってるんで、多少思い出補正とか記憶違いはあるだろうけど、おおむねこんな感じ。


そしてその2年後。桐矢京介と再び出会うことに。「仮面ライダー電王」の世界で、「桜井侑斗」と名を変えた彼と。

電王1話からそれなりに見続けていて、まあまあハマってました。そんな中、物語も中盤に差し掛かった頃、突然厳しい態度の口調で、主人公野上良太郎の前に現れる人物

???こいつ見たことあr…桐矢京介やんけ!!!!!!!!!!!

予告の時点で、すーげー厳しそうなというか不機嫌そうな顔で登場した桜井侑斗。また桐矢京介の再来かと思った人は少なくなかったんじゃないかと思います

若干モヤモヤながら視聴した次週の回。

桐矢京介の再来とか思ってごめんなさいでした。侑斗めっちゃ好きです。

桜井侑斗があまりに好きすぎて、その流れで役者ファンになりました。中村優一くん電王の時からずっと好き。

響鬼の時はキャラクターで見ていて背後の役者のことは全然考えていなかったんですが、電王中村優一くん(以下「ちゃんなか」と呼称)を認識して、彼がとても優しくそして繊細な人物であることを知りました。

それと同時に、響鬼当時のちゃんなかに関する情報を見るたびに、「ごめーん!!;;;」と思いました。

響鬼当時、桐矢京介というキャラクターが多くの視聴者に嫌われていたことを、当然ちゃんなかは知っていたようでした。

デビュー作ではないにしろ、まだデビューしたての新人。本格的に作品に関わるような大きな役を貰ったのは、響鬼が初めて。それなのに視聴者からは嫌われる。そりゃあ思うところはあるでしょうよ。

元々嫌われる立場として作られたようなキャラなんだから、嫌われて役者冥利に尽きます!とか言えれば良かったのかもしれないけど、デビューしたてのプルプルボーヤには無理だったようです。ファンイベントで壇上に立つだけで緊張してマイク持つ手がプルプル震えるような人なんで。

視聴者が叩いていたのはあくまで「桐矢京介」であり、役者自身攻撃しているような人はいなかったと思いたいけど、それでも自分の演じるキャラクターがボコスカに叩かれて良い気はしないでしょう。それに、私自身も電王桜井侑斗を見た時に「うわっ」って思ってしまったし。キャラクター≠役者 だとわかっていても、そういう反応をしてしまう。それを受け止めるなんて、10代のプルプルボーヤには荷が重すぎんか??

それでもちゃんなかは、響鬼を、桐矢京介を愛してくれている。彼が仮面ライダーが好きで、電王(というかゼロノス)好きなのは周知の事実だと思う。ブログツイッターでもたびたび話題に出すし、ツイッターアイコンデネブ役の大塚芳忠さんとのツーショだし。その中に時と気、響鬼話題も混ぜてくれるのだ。あれだけ当時叩かれた響鬼の桐矢京介だから黒歴史にしたっておかしくないと思うのに。

数年前に訳有って芸能界を離れたちゃんなか。彼が戻って来てくれた時、本当に嬉しくて泣いた。ファンイベントとかも行った。自分の演じたキャラクターを愛してくれる、本当にいい役者さんです。これから応援する。

まあそんなわけで「中村優一」という役者を知ってから、改めて響鬼を見返した時がありました。

もう一度見ても、「京介クッソムカつくな」という感想はあまり変わらなかったんですけど、私自身が歳を重ねてから再度見返したこともあり、当時は気付けなかった桐矢京介の魅力も再確認することはできたかなと思います

ちなみに、演者ちゃんなかを知ってしまっているので、どんなに京介がイキっていても「ちゃんなかがんばってるな~^^」と良くも悪くも完全にファン目線で見ていたことは否定できません。あとまあこれはファンでも擁護しきれないんですけど、演技は…上手くはないですね…(※響鬼当時の話です)。明日夢くん役の栃原くんの演技が上手いので、比べられるとちょっとアレなんですけども。

しかに京介は嫌なヤツではあるんだけど、ある意味等身大の子ども」でもあった。気がする。見ていた当時は「こんな高校生いねぇよ」と思ってましたが、今にして思うといるわこんなやつ。いやさすがに、文系の才能に優れ語学が堪能で…みたいな人はあんまいないけど、これだけの才能を持っていたら奢り高ぶるのも無理はないと思うし、両親が不在がち(父親死別)という背景があったら性格が歪むのも無理はない。嫌なヤツではあったのだけど、再度見返すと納得できる「嫌なヤツ」だったなあと。

それに、ヒビキさんという仮の父親を得て、どんどん真人間になっていく、矯正されていく京介がいたことにも改めて気付いた。

登場時点では正直どうしようもないヤツだったけど、誤ったことやズルをしたときヒビキさんや周りの大人ちゃんと叱り諭してくれる。最初はその言葉を素直に受け入れることができなかった京介だったけど(多分これも反抗期的なアレ)、だんだんと周りの言葉を受け入れ成長していく。桐矢京介の確かな変化を、私はずっと受け入れてきていなかったんだなあ、と少し反省しました。

響鬼本編を経て、確かに成長していた京介。それは、最終話の「変身」にも、ちゃんと現れていたのだ。

響鬼物語のあと、さらに成長と変化を重ねただろう桐矢京介。

京介→侑斗→数年の休止期間を経て、帰って来てくれた中村優一

この二人のタッグが、ジオウで何を魅せてくれるのか。それが今から楽しみでならないんです。



まあ家に今TVが無いんで、見れないんですけど。

チクショーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2019-03-13

警察官甲冑くらい身に付けて欲しい

防御力をもっと上げた装備をして欲しい

猛獣とか相手でも余裕なくらい

防御面を強化して欲しい

2019-01-19

何がしたいのか分からないまま人生が終わった

小さい頃から逃げてばかりいた。

近所の子供たちが遊んでいるのを離れたところから見ているだけの自分に、親は「よして」と言うように教えてくれた。漢字で書くと「寄せて」になるのだろうか、仲間に入れてほしいというような意味だ。ついに一度も言わなかった。

家の中でばかり遊んでいた。本もゲームもそれなりに与えられてたので退屈はしなかった。テレビアニメ特撮をやってるときだけ見ていたが、ドラマ歌番組には興味がわかなかった。

幼稚園小学校は真っ暗なジャングルだった。そこら中に猛獣が潜んでいて、油断すると噛みつかれる。顔も名前もわからない「ともだち」たちから笑われ、小突かれ、追い回された記憶ばかり残っている。

教室にいると何が飛んでくるかわからいから、隠れ場所を探して校内をさまよった。目を閉じたら何をされるかわからいから、まばたきするのも怖かった。

このまま公立中学に行ったら殺されるに違いないという親の判断進学校を目指すことになった。進学校が何なのかもよく分からなかったが、言われるままに頑張った結果まあまあそこそこの私立に引っかかった。

公立を知らないので私立がマシだったのかどうかは分からない。同級生は相変わらず猛獣の群れだったが、目立った不良グループとかはいなかった。大きな図書室があったので、空いた時間に通いつめた。帰り道にあった古本屋お気に入り場所だった。家からバスで一時間くらいかかったが、本を読むには丁度よくて時々乗り過ごした。

せっかく入った進学校だが、勉強を頑張った記憶は無い。授業中は教科書落書きばかりして、溜まった妄想秘密ノートに描き連ねた。入学後に部活を選ぶ機会があったが、入ろうとした部の先輩に初回で約束をすっぽかされてそのまま無かったことになった。中高一貫だったので何の区切りもなくただ学年の数字だけ増えていった。

高校を出たら大学へ行くものらしいとは聞いていたが、受験の仕組みとかはまるで理解しておらず模試センター試験区別もついてなかった。どの大学に行きたいのかと言われても特に思いつかなかったので、自分の成績で向いていそうな学部適当に受けた。

一浪して隣県の国立に入り、仕送りもらってアパート一人暮らしを始めた。山と田んぼばかりの実家と比べるとずいぶん都会だったが、主に利用したのはスーパー百均古本屋古ゲーム屋くらいだった。アルバイトはせず、与えられた金額範囲いか生活するかばかり考えていた。

講義はどれも興味深かったし、図書館も大きかった。パソコンインターネットにも初めて触れた。けれど溜まっていくのは雑学ばかりで、何を目指して進めばよいのかが分からないままだった。

この頃には周りの人間猛獣ではなくなったが、自分から近づく気にはなれなかった。声をかけてくれる人もいてサークル活動などもやってみたが、結局はどの付き合いも長続きしなかった。人と関わって舞い上がる自分への嫌悪感と、夢や目標をもって進む人への劣等感で押しつぶされそうだった。

ノート落書きは続いていたが、書けば書くほど自分空っぽさを見せつけられた。オリジナルだと思っていた設定もデザインも誰かの真似でしかなかった。愛も理想言葉だけで、何一つ信じてなんかいなかった。

つまづきながら単位は取っていったが、論文が書けなかった。研究したいテーマなんて何一つ思いつかない。自分がやりたいことも、やるべきことも、できることも何も見えなかった。院に行けるような頭が無いのは分かっていたし、学んだことを社会で役だてるイメージもまるで出来なかった。

あてがわれた研究室で無意味に悩んでくすぶって、二回留年してから卒業した。教授に与えられたテーマそのままに本とネットでかき集めた文章をつぎはぎしただけの卒論を提出して、実家へ逃げ帰った。

家でただ寝ているわけにもいかないので就職活動をはじめたが、大卒肩書きしかない、やりたい仕事もできそうな仕事も分からない人間を雇ってくれる会社など見つかる訳がない。取りあえずどこでも良いので働いてみてから考えればという助言に従って、隣町の食品倉庫で時給労働をすることにした。取りあえずのはずだったが、そのまま十数年たった。

肉体労働苦痛だったが何年かすると慣れた。基本的には書かれた数字にあわせて箱を動かすだけなので頭を使う必要は無い。周囲に人はいるが朝の挨拶トラブルの報告以外で話すことは無い。毎日たくさんの箱が出荷されていくが、買い手のことはラベルに書かれた名前しかからない。ただただ箱を運び続けている。

学生アルバイトでも務まるような仕事から給料もその程度だ。実家住まいのおかげで多少の貯金はできたが、病気などで大きな出費があれば簡単に消し飛ぶだろう。別の仕事を探すべきだったが、こんな簡単仕事ですら苦労する自分に他の仕事などできるだろうかと思うと身動きが取れなくなった。

日々の暮らしのものには不満は無い。食べるには困らないし、仕事上のストレスくらいなら家でお菓子を食べてゲームしていれば解消できる。会社以外で人に会うことがないので服にも身だしなみにもこだわる理由が無い。特に行きたい場所もないし会いたい人もいない。飲まないし打たないし買わない。

このあいだ四十歳になった。独りのまま四十を過ぎると妖精になるなんて言ったもんだが、実際に妖精郷というのはこんなふうかも知れない。苦労が無い代わりに、新しいことも起こらない。小雨の降る午後のように、静かにただ夜を待つだけの時間

今週は先週と似たような週だった。来週も同じだろう。来月も、来年も、かわりばえのしない日々がただ続いていく。そうする内にいずれ親が倒れる。そして自分が。人生に残された大きなイベントは、もうそれくらいしか無い。

すでに自分人生は終わった、と思う。死んでいないだけで生きてもいない。小さな目標はいくらでも立てられるけど、それが他の何かにつながっていくことが無い。

自分は何がしたいのか、考えても結局わからないままだった。空っぽのまま生まれ空っぽのまま死ぬのだと思うと、少し寂しい。

2019-01-02

VTuber議事録(.live編)

アイドル

ヤベー奴ら12人衆。シロちゃんの一部を切り出してその部分を特化させたようなすごすご集団。もちろん全員キャラ濃い。出来れば動画頻度増やして欲しいが、既存ファンのみなさんが配信を求めている臭いので悲しい。

夜桜たま

麻雀狂いのヤバイ奴。とにかく暇があったら麻雀しているイメージ。四面打ちは企画として凄いが、狂気を感じる時もある。

アイドル部の事を常に考えていて企画もいろいろ出しているっぽいのでアイドル部全体を引っ張っていく司令塔ポジション

エゴサも凄く、正直本人に向けて言ったつもりのないことまでいいねしてくるの怖いことがある。本人宛はハッシュタグつけるのでそちらに反応するならして欲しい。

北上双葉

ホワホワボイスと口悪の組み合わせが強烈。音声のお陰で中和されているがかなり辛辣なこと言ってることが多い。ただし、実はアイドル部の中ではかなり常識人枠で苦労人ポジ

地味に部内コラボが多いのでコンプ目指して欲しい。

花京院ちえり

個人勢でアイドル部に入部。ファンの統率力が凄すぎてちょっと教祖感を感じる時すら感じる。語録が豊富オリジナルゲームやってるとき面白いが、ゲームやってるときは実はそんなに好きでないので、結構アーカイブ落ちが多い。

金剛いろは

B級映画オタ、基本あまり面白くない映画押してくる。高速ばぁばを紹介して来たことは未だに忘れない。が、時々とんでもない名作紹介してくることもあり侮れない存在アイドル部内のムードメーカー空気を明るくしてくれるのに、唐突にとんでもない闇ぶっこんできて、ちゃんご飯食べれるぐらい給料もらえるようになるといいなーと保護者目線になってしまうこともある。落差のギャップが大きく気がついたらものすごく気になる。ゴンゴンもっと甘やかしたい。

もこ田めめめ

個人からアイドル部に入ったやりおるマトン。とにかくいろんなことができるのに、気がついたらこいつかわいいなって小動物を愛でてる気分になるギャップが堪らない。ゲーム配信が多い上に時間が早いことが多いのでアーカイブ落ちが多いが、とにかく愛でたいって気分にさせてくれる。地味にアイドルエース愛玩動物タイプエースっていう箱として珍しいのもアイドル部の特徴。

八重なとり

アイドル部の縁の下の力持ちキャプテン。部内の接着剤なのでとりあえずなとなとに話降っとけばなんとかなるっている安心感が凄い。ただし風紀は守れない。

なとなとはアイドル部の要で、いないと空中分解しかねない超重要ポジションだけど、それゆえに初見では魅力が分かりにくく、ゲーム実況もそんなに面白くなく、なとないともちょっと初見向けじゃないため、延びにくいが個別ファンからアイドル部のファンに変えるためにものすごくいいい仕事をしている

基本的に調整能力に長けているので、一人より大勢のほうが個性を発揮できると思うので、外出して活動させてあげたほうがいいと思う。

カルロピノ

最年少なのにその生き物関係豊富知識と年相応のくそガキ感のギャップをあわせ持つ才女。まさにしっかりものの末妹。

本人の個性的な絵から開講されるピノラボは本当の意味で為になり勉強になり、NHK教育番組でやっていてもおかしくないレベルなので是非もっと人気コンテンツになって欲しい。最初虫食べるヤベー奴から才女への変遷の過程を知っていると感動する。ピノ様は偉大です。気がついたらつい敬意を持って話してしまう。カルロ家でピノ様の為に働かせていただきたい。

ヤマトイオ

ふわふわのお姉さんかと思ったら話が二転三転するため、ながら作業だと本当に何の話しているかからない。自作絵描き歌はお題そのものおかしいことが多くてイオリンもしかして電子妖精さんなんじゃないだろうかとよくある。悪い人に騙されないようにみんなで保護してあげて欲しい。

神楽すず

音楽を愛する真性清楚かと思ったらトラック暴走するし、ガンダムたことないのに強化しすぎた強化人間みたいな発言繰り返すという属性の振れ幅にくらくらするギャップ

が凄すぎて気がついたら夢中になる逸材。音楽トークしている時は本当に教養に溢れる名家お嬢様しか見えないし、ゲームやってる時は近所のクソガキにしか見えないので本当に存在のものバーチャルっぽい。

めめめトラック動画がなかったらアイドル部にたどり着かなかった可能性もあるので僕的にはアイドル入り口

乃木もち

演技と歌がすごすご。とにかくいろんな声が出せて歌も凄い。そして本当に若者文化精通しているのでいろいろとおっさんからすると勉強になることが多い。ただホラーゲーム面白いよりかわいそうになることが多いので出来れば数減らして欲しい。後、なんとなくだけど完璧主義者っぽいのでもうちょっと適当でも大丈夫なんだよって言いたい。

牛巻りこ

強く生きろよ、牛巻。自分配信必要システムを作って配信していてシステムが産み出すアクシデントが魅力。

ただし、本業が急がしすぎて明らかに過労死しそうで心配になる。哺乳瓶のエピソード面白いではなくて素直に怖い。無理せず倒れないように頑張って欲しい。

できればもうちょっと過労死しないレベル会社転職して欲しい。今のままだとある日急にいなくなりそうで怖い。

木曽あずき

部内で唯一の動画勢。自分世界観ものすごく持っていて動画もこっている、頻度も高くないから追いやすい。が、既存Vtuber支持層はいまいち受ける感じではないので結構苦労しているイメージシロちゃん恩恵を一番受けれなさそうなので支持層開拓できる所にアップランドは出してあげないといけないと思う。

チャンネル登録あえてしてないけど、応援している。個人的には有識者会議で他のえらいさんとの対談が見たい。

電脳少女シロ

Vtuber沼に落ちた現況。キズナアイさんが声優デビューするってニュースを見て、声優することで話題になるタレントぐらい知名度があるのかってビックリして見に行ってキズナアイ新規性はあるけど、つまんねーなーとか思っていた所でおすすめででて来たのを何気に見て変な声で鳴いていてヤベー奴なのに所々で知性を感じるってなって気がついたら動画全部見ていたっていう個性の固まり猛獣使いにも猛獣にもなれる逸材。とにかく属性を盛りすぎていて動画ごとに地味にキャラが違う。ほかと会話すると相手個性を生かしながら自分の固有結界に引っ張りこむので、コラボ適正も高い。それでいて演技もうまいので寸劇やっても映えるという一般層には受ける気がしないがオタク寄りになればなるほどどこかしらで引っ掛かる。本当にこのレベルが泣かずとばずだったなんてやばすぎると改めて感じる。取り合えずオタクである限りは追いかけ続けたいと思う最強コンテンツの一つ。

2018-11-12

anond:20181112005059

先人が暴れたかどうかの違いだよ。男性ホルモンで定期的に暴れたい群が発生する男性はお気の毒だが、猛獣は檻に入れないと飼えない。

自由戦士だかKKOだか、も30年先に、「クソジジイが暴れたせいで規制が増えた?そんなの関係ねーおっぱっぴーシコ権寄越せ!!フェミ死ね!」って若者があばれたとき本屋が標的萌え本ぜんぶ撤去し出して、わしは足腰弱ってエロビショップ同人誌専門店まで行けなくなったんじゃーネット老眼で見えんのじゃーって泣きだすなよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん