「三段論法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三段論法とは

2021-09-04

anond:20210903215430

とりあえず三段論法の「AはB」「BはC」よって「AはC」が理解できれば大丈夫

anond:20210903215430

とりあえず三段論法の「AはB」「BはC」よって「AはC」が理解できれば大丈夫

2021-07-30

詭弁侍 見参

五輪開催を批判したのならテレビを見る資格なし!」鈴木宗男氏が蓮舫氏に怒りあらわ(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/articles/8e674f2aab7876eb4a120b14bf0b504e2487c0d3

 

●まとめ

鈴木氏は五輪継続に賛成→「日本底力として成功させる。コロナ感染拡大は努力して減らすしかありません」

・開催に反対していたのにテレビ五輪を見ている蓮舫らを非難している。

・反対していたのにテレビ五輪を見ている人たちを非難したら、ブクマカが反発した。

 


 

id:daruyanagiイベントへの批判と、選手応援は別」って古事記にも書いてたぞ。「五輪に参加した選手は開催賛成のクソだから反対派は個人を叩いていい」みたいな話にもなりかねんし、分けとくのが無難やろ ★68

・“「五輪に参加した選手は開催賛成のクソだから反対派は個人を叩いていい」みたいな話にもなりかねん” 自分に都合のいいことを勝手に前提にする。

鈴木氏は「テレビを見るな」と言っているだけなのに「個人選手)を叩く」に飛躍している。

・[反対派がテレビ五輪を見ない→選手応援はしない]であり、選手批判には繋がらない。「応援しない」を「選手批判する」にすり替えている。

選手ダシに使うことで、テレビを見ている反対派への批判をそらしている。

 

id:B2igwzEE 五輪反対派は選手を祝福するなって、言い換えるなら「開催を主導した権力者層にマイナスのことを言うなら、選手にもプラスのことを言うな」ってことだよね。選手を賛成派の所有するペットか何かだと思ってるらしい ★132

①「反対派はテレビを見るな」が本来の論旨なのに「選手を祝福する」という派生部分しか記者表現鈴木氏の発言ではない)論点に据えている。論点すり替え

②反対派の主張は開催の反対であり、権力者層への批判ではない。論点すり替え

③これら詭弁三段論法により「テレビを見るな」という意見が「選手への批判」へと飛躍している。

・同情されやす選手ダシに使い反論されづらくしている。

 

id:hazlitt 本気でこれ言うなら選手含めて賛成派だけで金と人を出して開催してほしかったし、報道も全てオンデマンドベースにすべきだったね ★336

無理難題をふっかけて、できなければ自分の勝ちだとする。

・裏を返せば「税金を払ってるから見る権利がある」という主張だが、税金を払ってない人にも、外国人にも、誰にでも見る権利はある。見る権利があるかどうかと見るかどうかは関係ない。

 

id:uehaj 政治方針が間違っていると批判するのはその国を良くしたいからだ。政府方針に反対だからといってその政策に従った全員を嫌う必要は全くない。「あんな人たち」論者や中国ならそうだろうが、政治家の資格がない ★62

政策に従った全員を嫌えなどとは誰も言っていない。

 

id:n-styles 政府批判するなら税金で作られた公共施設を使うなと言ってるようなもので、全体主義のもの

・それを言うなら「ある公共施設建設に反対したならその公共施設を使うな」でなければ例えにならない。

・反対されていた公共施設が作られた場合代替になる施設がなければ反対していた人もそれを使わざるを得ない場合があるが、五輪は見なくとも何の不利益もない。

 

id:okami-no-sacchan 賛成派だけで金出してやってほしかった。私はテレビ見てないので、税金返してください/五輪批判選手へのエールは両立するよ

id:saiyu99sp 開催の是非と選手努力は別の事柄だぞ。ダブスタにはならんぞ。そろそろ引退してくれ

id:waborin

五輪を反対したにもかかわらず、金メダルを取った人をほめたりしている輩がいます」←それがなにか?全く矛盾しないと思うけど?

id:mouki0911から五輪開催の是非を問うのと選手応援賞賛するのは相反しないっての。

id:mani023 これ言っちゃいけないやつだ。本質をずらす典型

id:massox それとこれとは別の話。

根拠なし

根拠のない主張が同意を得られるのは元々同じ意見の人からだけ (http://ronri2.web.fc2.com/shucho.html#top)

 

id:timetrain こんだけリスク抱え込まされて、やったからには少しくらい楽しませろやと思う反対派です

唯一筋の通った主張。自分の不完全さを認めている。

 

anond:20210726210847

2021-07-11

anond:20210711141649

からそれは大してエネルギーを消費してなかったからだっつってんだよ。わかるだろそのくらい。三段論法すらわからんか?

2021-06-29

量子化とかサンプリングとかあるいは成分の分解のような色んな分野の学問共通して使われる手法の事なんて呼ぶの?

中退バカから教えて欲しい。

こういう手法群をまとめて学びたい。

例えば量子化、近似値をもってして物を解くって構造力学でも画像解析情報系でも物理学全般数学でも経済学でも使うよね

成分の分解という考え方は数学ベクトルから来ているのかわからないが、物理だけでなく日常的にも経済学でも使う

三段論法とか。

定理なんだろうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E7%90%86

定理はでもある程度前段の条件の厳密性が求められていて違うような気がする。

例示が下手なので分かってもらえにくい気はしてる

でも勉強してるとあ、この問題解決方法別の分野でもよくつかうなってならない?なるんだけど。その基本が知りたいのよ

2021-06-14

anond:20210614112142

そういうことを言う人は今までにもよくいたけど

結局のところ「私が差別だと思うからこれは差別なんだ」以上の根拠がなくて

(1)差別は良くないことだ

(2)〇〇は差別

(3)〇〇は良くないことだ

っていう三段論法の2段目がイマイチ示せてない。

2021-05-31

反出生主義と神とフロイト

まとめ


デカルトから始まる近代的自我

デカルトといえば有名なのが「われ思う故にわれあり(コギト)」。ここから近代的自我が始まった。

あらゆるものを疑ってかかったとしても今思考している自分のこの思考自体存在否定できない。

よって思考している自分存在している。



自我というもの存在確立したデカルト三段論法西洋に影響を与えまくったが、特に注意しなくていけないのは神の存在を使わなくても自我存在規定できるという点だった。

でも実際のところデカルト自体はコギトから神の存在証明を行っている。神の存在証明する時代要請があったのだけれどそれについては後で触れる。

フランス革命と神の死

時代は流れてフランス革命が起こり国民国家誕生する。国民国家誕生すると神が死ぬ

どういうことかというと、それまでの王による国の支配がどういう理屈正当化されてきたのかということを説明する必要がある。

王権神授説」というやつだ。それまでの王族による支配権は神が王に与えた権利だった。

神がこの世界を作って人間も作ったのだから神には人間支配する権利がある。王は神に権利を与えられたので国民支配する権利がある。



中世神学者たちが大真面目に神の存在証明に邁進した理由がこれでわかるが、

彼らは頭の体操をしていたのではなく、国家の礎として必要公共事業として神の存在証明し続ける必要があったのだ。ご苦労さま。

ところが、王が打倒されて国民自分たちの代表によって自分たちを支配する国民国家が生まれると、神は必要なくなる。

これがいわゆるかの有名な「神は死んだである

そして神に変わったもの国民自我と理性のみとなり、国民は唯一絶対ものであるそれらによって自分自身の足のみによって立つことになる。

これにて「近代的自我」いっちょあがりだ。

神と反出生主義になんの関係が?


神が存在すると反出生主義は成り立たない。

なぜなら人間が生まれてくるのは神が「産めよ、増えよ、地に満ちよ。」といったからだし、日本で言えばイザナキ神が妻ともめて「いとしい妻よ。あなたが千人殺すなら、私は、一日に千五百の産屋を建てよう。」といったためだからだ。

これには同意意志確認も入り込む余地がない。

神様が決めたことだから仕方がないのである

なので神がいる前提だと反出生主義は成り立たない。

フロイトによる無意識発見


更に時代は進みフロイトが登場する。

フロイトといえば精神分析だが、あとで精神分析手法全然間違ってたということがわかったせいで、その功績についても一般的には忘れられている気がする。

フロイトの偉大な功績は2つあって、1つ目は「精神科学まな板の上に載せたこと」それ自体

2つ目は今回話題にしたい「無意識発見」。

フロイト夢分析過程人間が表層意識には浮かんでいない、既に忘却している過去トラウマに影響されて現在の行動を選択していることに気がついた。

患者自身自分理性的に考えて選択した結果だと思っていても実は意識に登ってきていない「無意識」によって人間の行動や症状が変化する。

これはすごい発見だった。それまでは人間の行動は意識、つまり自我コントロールしているとされていたのだから

フロイト無意識の例で言うと、チャップリンの「ライムライト」という映画がある。

あの映画オチヒロインは忘れていた過去トラウマを思い出し、それを乗り越えることで身体的な症状も克服する。

これはフィクションだし、ちょっとフロイト的すぎるので、もっと卑近な例を出すと、

犬が苦手だなあと思っていたら、実は記憶にないくらい小さな頃に犬に噛まれたことがあった、とか

梅干し写真を見たら、「梅干しをこれから食べよう」と意識しなくてもつばが出るとか(パブロフの犬)。

映画映像の途中で肉眼では認識できないように一枚だけコーラ写真を入れておくと映画館でコーラの売上がのびるだとか(サブリミナル効果)。

こういう感じで無意識人間の行動に大きく影響を与えるということは、今では常識にまでなっているけれど、これを言い出した始めの人がフロイトというわけだ。

フロイト原始的欲望とかが無意識の正体だと考えてなんでもそれで説明しようとして失敗したわけだが、(夢分析の本とか何でも性欲で説明しようとしていてやばい)。フロイトの後続の研究者たちは無意識概念さらに発展させていった。

不随意運動からエス

表層意識に上らないのに人間の行動に影響を与えているもの、といえば「不随意運動」だ。

たとえば、眩しい光みたら瞳孔が小さくなるとか、膝を叩いたら足が上がるとかが有名だけどそれだけじゃない。

心臓が動くのを意識して止めたり動かしたりできる人はいいから鼓動も不随意運動には入る。

呼吸も意識すれば止められるけど意識しなくても止まるわけじゃない。意識しているとき随意運動意識していないとき不随意運動といえる。

表層意識には上らないのでこれらも無意識だ。

ところで人間意識は脳の一部である大脳新皮質で起こっている反応であることもわかってくる。

脳のその部分以外で起こっているこのと大半も無意識下で行われている。細胞代謝とか。

さらさらに、全ての行動に当てはまるわけじゃんないみたいだけど、「人間がある行動をとろうと表層意識で考える一瞬前に、既にその行動を取るためのニューロンが発火している」なんて話も出てくる。

さてそうすると、どうなるかというと、人間自分意識自分の体をコントロールしているという考えは実は間違いで、人間活動の大部分は無意識コントロールしていることになる。

意識が肉体(無意識)をコントロールしているという従来の主従の逆転がここで起こっている。

ここまで来ると「無意識」を拡張しすぎて「無意識」ってなにって話になってしまう。細胞代謝のことを「無意識」という言葉でまとめるのは違和感があるから

ここでいいたいのは「表層意識下に上らないすべてのもの」みたいな意味であり、一般的言葉の「無意識」とはちょっと違うものになってしまうので哲学者はこれに「エス」とかい名前をつけた。

なんでコギトが間違ってるのか


意識ではなくエス人間の行動を決めるのである。というか人間が何を考えるのかもエスが決めているといえるのだとするとコギトがおかしなことになってくる。

「われ思う故にわれあり」ではなく、「われ思わされているゆえにエスがある。われはあるかどうかわからない」に修正しなければならない。

反出生主義は全てを理性で説明しようとしすぎる


反出生主義の理屈を雑にまとめると、

「生きるのは苦痛である苦痛でない場合もあるが生んでみないと分からないのでいわばギャンブルである

「生まれる際に両親は子に生まれてもいいかという同意を取っていない」

「よって生むのは無責任であり生むべきではない」

理屈の通った三段論法に見える。

しか人間の9割は無意識下の存在であることを踏まえて見ると、見え方が違ってくる。

第一登場人物である「子」は産まされるという受動的な立場ということになっているが、同意を取るべきタイミングには意識存在しない。つまり無意識である

無意識相手に無理やり生まれることを強制するのかと反出生主義者はいうのだが、これまでの議論無意識エス)こそが人間の大部分であることをこれまで延々と説明してきた。

で、重要なことはその「エス自体は生まれてこようとする方向性を持っている、ということである

今だに現代人は意識がなければ何も決定することはできないと思っているが、むしろ無意識が先にあって意識が後から形付けられたといえる。そして人間の肉体の不随意運動は生き残ろう、という方向で行動を起こす。

精子の蠕動だって不随意運動だし、卵子排出だって不随意運動なのでこれらはエスである

胎児は産道を通るとき自分の体をねじって頭蓋骨を変形させながら外に出てくる。生まれてこようとする意志がそこには感じられるが、もちろん意識自我もない。

だがそれらの反射が自分自身ではない、というのもおかしな話である

それらはエスであり、自分自身である


それらが全て生まれてこようという方向に方向付けられているのに、「本当は生まれてきたくなかった」というのはどういうことなのだろうか。

自意識肥大化


自意識、理性を過大に評価するのが現代人の病巣であってこれは単に、いまだにデカルト呪いがとけていないのだと思う。

「生まれてこないほうがよかった」という人間だって、それはそれで大変な状況なのは間違いないのだけれど、ひざを叩けば足が上がるし、急に熱いものに触れられたら自分を守るために手を引っ込める。

生きたくないとか言うけど呼吸は止められなければ、心臓勝手に動いている。

体中の細胞栄養を取り込んで代謝をせっせと行っている。

どう見ても肉体は生きようとしている。

やっていることと言っていることが違う。

でも不思議なことは何もない。自意識なんて人間のほんの一部でしかいかである

自己境界定義自我から少し広げることをおすすめする


自己定義自我に狭めるべきではない。それは単にその方が精神衛生上いいというだけの話ではなく間違っている。

エス定義自意識に上がらないすべてのものと書いたが、哲学者によるとこれはつまり自我」以外の「世界全て」のことを指すらしい。

流石にそこまで悟ることは難しいが、自己定義自分不随意運動、や無意識の習慣程度にまで広げておけばデカルトの作った罠にはまらないで済む。


哲学やっとこうぜ


若いうちに哲学やっとくといいよ。

2021-05-17

anond:20210516225443

自分が「科学リテラシー」っていわれたら、ある分野について語られているときに、その分野に関する基本的概念や語彙を理解していることと、基本的論理的推論とそのツール帰納演繹三段論法とか、同一律無矛盾律排中律とか)を身に付けていること、の2つを兼ね備えている状態だと思うなあ。権威が言ってることに対して、論理的推論によって「えっ、それっておかしくない?」と考えられるのも科学リテラシーに含まれるだろうし。

2021-05-14

anond:20210513214243

Twitter言及してる人が少ない=気づく人がいない=プリキュアオタク人権意識が低い、って三段論法ちょっと危なくないか

気になってても楽しんでる人がいるんだから感想垢ではポジティブなことだけ呟いてる、って使い方してるかもしれないし

現に増田もこの文章Twitterじゃなくて増田投稿してるじゃないか

増田Twitterに放流しないのは人権意識が低いからなの?

気づいてるけど言わないだけ、変わるかもしれないか最後まで見てから判断する、気づかず楽しんでる、色んな人がいるかもしれないのに「沈黙肯定」みたいな考えは止めた方がいいと思う

2021-05-13

anond:20210513221256

いやいやど真ん中本筋やがな

自分が気に入らない統計を作るのは極右極右が出す数字は間違い。よって自分が気に入らない統計は間違い

って三段論法くらってんねやで・・・

2021-03-14

論理帰結言語によらない。

まり、どの言語を使ったとしても論理帰結は同じである

日本語でも英語でも三段論法は成り立つ。

言語自体論理表現ではなく、論理インターフェイスである

ただし、言語論理を正確に記述しているか保証しない。

言語に嘘が含まれるのは、言語の最大のバグである

2021-02-27

anond:20210227115259

『どうやったら、人の話が分かるようになるのか?』

悩むねー。分かるわ。

普通の人ならねー。大卒一般向けだと、野矢茂樹さんの論理トレーニング戸田先生論文教室新井紀子先生のRSTテスト。ってので、ブラッシュアップされるかもなんだろうけれど。。難しいね

人間によって頭脳の作りが異なっているので、言語機能から攻めるよりは、図解にすると理解やすいとかあるし。基本的三段論法とか起承転結みたいなのも、要点を四角□で囲って、を三つか四つ並べて矢印で結んで文の繋がりを考えてみるってことだよなあ。これは、冒頭で例を出した『野矢茂樹さん「論理トレーニング」』って本にもあるので。

コンサルなんかの本での例(安宅和人さんのイシューからはじめよ)だと、雲、雨、傘っていう『雲が出てきた(状況)』ので『雨が降りそう(判断予測)』だと思い『傘を持って出かける(実行)』って流れを理解するって言うけど。

もう、ホントこれをやれば伸びるってのは分からないので、教えて欲しいところではあるよね。。

  

偏差値50前後で、知識が足りないとかなら。地道にやるには、漢字検定3級の問題集小学生向けのコグトレ本(国語算数からでもいいかもって思ってる。僕も、たまにやってる。僕も、中学国語問題やってもつづかたかったな。

就活で使うような公務員試験SPI問題でも、方角と距離文章から読み取らせる文章題、あるでしょ。ああいう単純なのから始めるとイイかもね。

心理カウンセリングを受けるにも、なんか、話せないとダメ出しされるから凹むしねぇ。WAISやらは、専門の医師カウンセラーがいるメンタルクリニックへ行けばってやってもらえるはず。

まだなら、発達障害を診てくれる病院受診するのが良いかもね。

2021-02-25

anond:20210225085244

①俺はそんなイジメしない

②俺は男

③男は陰湿凄惨イジメはしない

っていう三段論法だよ。誰でも陥ることがあるバイアスだよ。

更に、同性は気の合う友人を選んで付き合うが異性はその限りではないことから「同性だとそんなのよっぽどの奴しかそんなことしないけど異性は違うよな」というバイアスもかかるよ。

2021-01-07

anond:20210107011105

からこそ、二つを分けるなと言っているのよ。

評論論理だけでは読めないし、小説論理がないわけでもない。

人を説得・納得させる言葉の術を学ぶ必要がある。

両者で多少形は違うだろうけど、基本は一緒。

三段論法みたいなのは、正しさを論証するだけ。必要ないとは言わんが。

しかし、正しいだけで人は納得したり感動したりしない。

2020-12-11

anond:20201211210802

矛盾した発言をした人物Aがいた

人物Aはなんかリベラルフェミ反差別っぽい

・なのでリベラルフェミ反差別っぽい奴らは全員頭がおかし

って糞味噌三段論法マンもいるな。頭がおかしいのは誰なのか

2020-10-25

[]

203,認知療法という「感情微積分」

204,後悔は「行動」を、罪悪感は「自我」を標的にする

207,「あのときこうしとけば」=知り得なかった情報に関する全能=「すべき思考

208,異常な罪悪感-強さ、機関、結果で計る

209,自罰的な行動パターンが罪悪「感情」を強化しやす

212,「誤り」を認識し、修正戦略をたてられる時が自己変革のチャンス

215,「すべき」を減らすには、「どこにそんなこと書いてある?」

217,「ルール」を損得分析検討せよ

217,「~すべき」を「こうだったらいいのに」に置き換えよ

221,ダイエットの「ごほうび」に、甘いもの

221,「人間ときどき失敗する」の三段論法

222,習慣を変えられないのは「自己コントロールできない」という思い込みのせい

222,「すべき」をはずすカウンター

223,逆説法-1日3回二分間づつ、自己否定を繰り返す(大声で)→エリスの「合理的な歌」もこの手

227,罪悪感から他人コントロールされる

233,「助けよう」は「あんたはちゃんとしてない」を暗示する

233,ムーレイの「嘆き対策」=相手の正しい部分を見つけ、同意する

318,承認中毒を、カウンタ-法でかえる

331,「欲しい」と「必要」は違う

339,すべての中毒は、さらなる量を求める

349,相手が勝っていても「だとしても、なぜ価値があるといえるのか?」

373,恐怖克服には、反応予防法(逃げ出さず、恐怖量と自動思考を刻々記録する)

378,完全主義克服には、不快感に身をさらすこと

380,完全主義克服には、プロセス重視=チェックポイントをただこなす

383,職が欲しい時は、それを目的にしないこと(プロセス重視)

384,まちがえることの大切さ

386,まちがえても世界は終わらない、と書け

386,やり終えたことは無視して、途中のままのことばかり目を向ける傾向

394,基準を落として、どんどん数多く成功すること

431,攻撃されたら、それにどう応じるかを知る機会と知れ

440,最悪を予想して、自分をみじめにする必要はない

2020-10-23

これ

はてブに上がってきてるけど、ネタとして寒すぎない?

これで知性がどうとか、はてなも堕ちたものだよな…

(1)バカ風邪をひかない。

(2)ドナルド・トランプ新型コロナウイルス感染した。

(3)ゆえに、新型コロナウイルス風邪ではない。

という三段論法を作った人がいるらしい。

https://twitter.com/cristoforou/status/1319136545236942851

2020-09-22

anond:20200922123511

人の意識生物的な性によってのみ決定されるなら「自己生物学的性に違和感もつ人」は存在しない。しかし「誤認」であろうがなんだろうが「違和感もつ人」は存在する。ゆえに人の意識生物学的な性によってのみ決定されるわけではない、と考えるのが妥当である

…この単純な三段論法無視して語る。ゆえに批判される。

それは「現実存在する人」を「いない人」「異常者」扱いするに等しい。ゆえに批判される。

無知ならまだしもこれだけ情報のあふれた現代において自己意識アップデートができないのは、本人の意思によるものしか言えない。ゆえに批判される。

2020-09-18

anond:20200917183131

要件効果問題

・機長の命令に従わない→飛行機を降ろされる

は成立しているけど

マスクをしない→飛行機を降ろされる

は成立していない。

なぜならマスクをしなければ飛行機を降ろされるというルールがないから。

三段論法

大前提:機長の命令に従わない→飛行機を降ろされる

小前提:機長の命令マスクしろ」→マスク拒否おじさん「従わぬ」

結論マスク拒否おじさん→飛行機を降ろされる

問題点は

マスクをさせることが、飛行機を降ろすという効果を発生させる機長の命令として妥当もの

マスク拒否おじさんの行為が、機長の命令に従わないもの評価されるか

の2段階ある。

①はルール解釈問題で、今回のおじさんとは無関係一般的抽象的に考えることが適当

②はルール適用問題で、今回のおじさんの行為について個別的具体的に考えることが必要

①が妥当だとすると、次は②の評価問題になる。

マスクしろという命令自体一般的妥当だと考える人は、②今回のおじさんの行為をどう評価するか、機長の命令に従わないおじさんの行為問題だと捉える。

その過程では、おじさんの具体的な行動自体評価対象になる。

反対に、①マスクしろという命令自体一般的妥当とは考えない人は、そもそも①の命令問題だと捉える。

おじさんは多分①自体問題だと考えているのであろうと思う。

①の議論ときには、今回のおじさんの具体的な行動は一度除外して考えないと話がこじれる。

黒人は後ろに移動しろは①の問題で、黒人のAさんがその命令拒否するのは②の問題

黒人は後ろに移動しろという命令自体一般的妥当だと考える人は、今は極めて少数であろうから、この場合直感的に①の命令問題だと捉える。

仮に①黒人は後ろに移動しろという命令自体一般的妥当だと考えるのであれば、②黒人Aさんの行為問題だと捉える。

今回は、①マスクしろという命令自体一般的妥当かという点について、賛成派も反対派もそれなりにいる。

賛成派は、①で止まることなく②マスク拒否おじさんの行動を問題視するだろうし、反対派は①で止まって考えるだろう。

それだけの違い。

2020-08-24

anond:20200824000031

そう

現代文試験や教材で使われている本は立派なのばかりだな

三段論法で急展開するゴミ排除されている

2020-08-20

anond:20200820104944

言いたいことはわかるけど、数学科学かどうかわからんやつに、その回答はコミュ障すぎるし、「数学科学じゃない」という文言自体も正しくないぞ。

三段論法つかったら「数学科学」が成り立つんか?

鶏を哺乳類だと思ってるやつが居たからって、「鶏は恒温動物じゃない」とはならんのだぞ、わかるか?w

anond:20200820104406

そもそも演繹帰納を同列に扱うという根本的な勘違いが前提にあって、それを棚に上げて、数学形式科学なので数学科学じゃないという指摘は間違ってる、はアホ丸出しって話なんだがw

結局言葉尻でしか絡めないのな

頭弱すぎて三段論法すら理解できないかw

2020-07-12

ネットでよく見る三段論法

××という思想は正しい。

○○という主張は××の思想にソグワナイ。

したがって○○は誤りである

2020-06-11

『クソデカ羅生門登場人物紹介

登場人物大嘘

クソデカ羅生門トチ狂ったクソデカさを誇る門。正気を疑うレベルデカい、というかガチ世界一デカい。碌に修理もされず、ボロボロに荒れ果てた結果、クソヤバい狐狸や世界最強の盗人(六万人)が棲み着くようになったり、死体が超スピードで積み上がるようになってしまった。

下人:下人というからには、どこぞの使用人に違いあるまい。最近、主人にクビにされたらしく、激烈豪雨の中行きどころも無く、クソデカ羅生門で超途方にくれているが・・・

ブッサイクで気持ちの悪い顔だが、清廉潔白高潔にして、ありとあらゆる悪を世界一憎む心を持ち、最強正義体現する男の中の男。その一方で腐った性根と史上空前に邪悪な心を兼ね備えている。大馬鹿で学がなく、クソアホ。七十二時間ほど呼吸をするのを忘れても生きていける。三千里(約一万二千米)飛び上がる跳躍力を持つ。韋駄天異名を持つ。足は丸太のように太い。腹が減っている。天下無双にして無敵。最強下人。後に剣聖と呼ばれる。身長体重不明

蟋蟀:昆虫。象くらいデカい。クソデカ羅生門の円柱に止まる。

京都魔都上海、大淫婦バビロン、冥府の首府パンデモニウムを超える世界最悪の罪の都にして、最低最悪のゴミの掃き溜め。超巨大地震とか破壊辻風とか最強大火事とか極限饑饉とか云うエグすぎる災が、ここ二、三千年ほど毎日起こった結果、いまいち俺の貧弱極まりない言語能力では到底形容しきれないくらい荒れ果てた。しかしながら、クソ治安がいい。あと、クソ広い。

鴉:鳥類。超凶悪。クソデカ羅生門周辺に億単位で沢山集まってくる割には、いつの間にか数万羽に減っている。超凶悪。鼓膜破壊レベルの音量で啼きながら亜音速で飛び回る。超凶悪。死人(サイズ不明)の肉を、気が狂ったように啄みまくり、えげつなく臭い糞を垂れる。超凶悪

主人:下人の主人。クッソ強い。えげつなくデカい家に住む。下人を永年犬のごとくこき使ってきたが、ある日突然解雇する。下人とどっちが強いか不明

聖柄の大太刀:下人が腰にさげる世界最高の名刀。

※聖柄:ひじりづか。刀剣の柄を三鈷の形に作ったもの

大人食い蜘蛛昆虫ではない。クソデカ羅生門天井裏に巣をかけて暮らしている。

老婆:クソデカ羅生門の住人。最低最悪醜悪人間。檜皮色のクッソ汚れたきたならしい着物を着ており、ノミのように背が低く、ナナフシのように痩せこけ、髪はびっくりするほど短い白銀色の、豆猿のようなクソババア。超赤くなった瞼と、凶暴肉食最恐鳥のような、めちゃくちゃ鋭い眼がチャームポイント。極細喉で、針のように尖った喉仏を動かしつつ、ほとんど、鼻と一つになったタラコから、凶鴉の啼くような実に聴くにも堪えない冒涜的な汚い声を発する。神速の動きで下人を翻弄する。

※檜皮色:ひわだいろ。焦げ茶に近い暗い赤色

髪を抜かれた女:死んでる。生前傾国美女と讃えられるまでの美貌を誇り、八岐大蛇を四寸ばかりずつ切り刻む程度の能力を持っていたらしい。原型を想像できない程ぶつ切りにした干八岐大蛇を干巨大怪魚と偽って太刀帯の陣やらそのへんやらに売りまくる。大疫病に四回かかっても死なない程度の超絶免疫力抵抗力を持つが、とうとう五回目で儚くも死ぬ。死後、クッソ哀れにもそのバカ長い髪を一万本ずつ見ず知らずの極悪クソババアに抜かれるハメになる。なお、髪は巨大鬘の原料として有効活用される模様。

ところで、作者(本記事執筆者)はさっき(五万行ほど前)「Supreme Dragon Slayerにして傾国美女」と書いた。しかし、それはクソバ珍妙男がクソデカ羅生門の中に広がるクッソ空虚宇宙的暗がり、いわばダークマター暗黒物質)の中でクッソ長い髪をした巨死骸をおぼろげにも傾国美女と思い込んだだけで、クッソ長い髪=女、女=傾国美女、したがってクッソ長い髪=傾国美女というクソアホ三段論法を駆使して生み出された偶像アイドル)かもしれないのだ。起きがけの頭で冷静に考えてみると、そもそも女ではない可能性すらある。

太刀帯の陣:たちはきのじん。東宮坊の武官皇太子を警備する公務員である帯刀舎人(たちはきのとねり)が、御所を警備するための詰所

作者:『クソデカ羅生門』の作者。控えめに言って天才もしくは狂人。その行方は俺含め、マジで誰も知らない原作構成メタクソにぶっ壊してない辺り、芥川龍之介と『羅生門』への極限までに強い、ハチャメチャに妄執じみたリスペクトをそこはかとなく感じられる気がしないでもない。

芥川龍之介:『羅生門』の作者。日本小説家。1892(明治25)~1927(昭和2)。芥川賞は、直木賞と並んで有名な日本文学賞

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん