「カテゴリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カテゴリーとは

2017-10-05

Re:「まずい」食べ物って世の中にそんなにある? そんなにない

世の中、「自分は好きじゃない」という意味で「まずい」っていう奴らは昔っからいる。

そういうのは、周囲から鬱陶しがられていることに気がつかない鈍感な連中なんで、どうこう言うだけムダ。

お里が知れるよ。

それはそれとして、現実に、まずい食べ物に遭遇する確率は減ってきている。

まずひとつ工場マニュアルに沿った調理場で作られた食べ物は、まずかったら売れないから、必ず一定数の人々には「うまい」と思ってもらえるレベル、少なくとも「まずい」という評価はされないレベル製品に仕上げている。だから、そういうのは、よっぽど変な食い方しない限りは、「おいしくない」カテゴリーには入っても、「まずい」ところまではいかない。


そうなると「まずい」カテゴリーに入るのは個人経営飲食店で出されるものか家庭調理になってくるわけだ。前者は長い目で見ると淘汰されるから出会確率は低い。

で、後者の家庭調理だけれど、むかしは特に、まずいものが出てくる場面が必ずあった。

というのは、「それを食わなきゃ生きていけない」レベルになったら、味は二の次で食べなきゃならんから

農家なんかだったら、出荷できないハネモノとかね。よっぽど余裕があったら食わんかもしれないけど、そうでもなきゃ、工夫してでも食う。

たとえば、保存状態の悪いサツマイモとか、ふつうに「まずい」レベルだけど、生きるためには食うよ。

いまはそうじゃないけど、昔の農家絶対新米は食べなかったもんだ。昔はいまみたいに低温倉庫とかないから、古米で虫が食ったりしたら、はっきりとまずい。けど、そういうのばっかり食う。

町で生活してても、「安いから」という理由でまずいもの流通する余地があった。だから貧乏人はまずい飯を食ってた。

けど、いまはそういう本質的に「まずいもの」の量が減ってきているし、特に都会では、そういうものがまず流通しなくなった。

から、まずいものは、よっぽど料理が下手じゃなければ発生しない。


ま、ウチの台所では日常的に発生してるけどな。

2017-10-02

ゲイとグエン、そしてHIV

ゲイ世界はあまり知られていない。ゲイ界隈を知っている人でもほんの表面を撫でただけに過ぎない。

これは当たり前のことだ。例えば一般人普通セックス界は知っているかもしれないが、SMは知らないかもしれない、スカトロはしらないかもしれない。これと同じことだ。

から見たら「ゲイ」とひとくくりにされてしまものであるが、ゲイの中でもカテゴリーはわけられるし、意味不明性癖の持ち主もいるのだ。

さて、俺はゲイだ。

10代の頃にゲイに目覚め、出会い系サイト純粋タチ(攻め)の人に会ってそれから4年間ほど徹底的にネコ(受け)に調教された。

10代は大抵ネコ、というのはゲイ界隈では割りと普通な空気だと思う。

俺はそこから進化せず、20代になっても純粋ネコとして活動を続けていた。

これはノンケには意外なことであるかもしれないが、ゲイ割合としてはネコのほうが圧倒的に多い。純粋なタチと言うもの結構少ない。

両方行けてもいざ相手がタチができるならネコになりたい人がかなりの割合でいるのである

そんな中、俺が20代半ばに付き合っていたのが乱交クラブ出会ったベトナム人グエンである

彼はそうとうなS気質のタチで、俺はすっかり惚れ込んでいた。

グエンを自分アパートに住まわせた。

付き合って1ヶ月ほどのことだろうか、グエンが突然こう言った。

「俺実はHIV感染者」

まさにショックであった。

するときにはコンドームを欠かさなかったが、フェラなどのときは当たり前のように直でしていた。

俺はすっ飛んで病院に行って検査をしてもらった。

結果、感染していない事が判明してホッとした。

家に帰った俺は怒り掴みかかった。まさに勝手中出しされた女の気分である

だが、グエンはしょんぼりした様子で言った。

HIV程度で切れる愛だったんだね」

今思えば完全に詭弁だ。

そもそも真の愛ならばちゃんとHIVキャリアであることを言うし、黙って恋人リスクを犯させるわけがない。

だが、当時の俺はコロリとこの言葉に騙されてしまった。

それどころか「彼と同じHIVに掛かりたい」と思った。

まさに同じウイルスHIVに掛かることが、二人の子供を作るかのように感じていたのだ。

それを言うとグエンは満足したようだった。

HIV感染力というものは意外に低い。なので傷口を作ってそこにHIVを入れなくてはならない。

そこで俺達はローションを少なめにした上で中出しすることにした。

これにより尻の中が傷つき、その傷口から感染させるという方法である

結果から言うと無事に感染した。

その後、グエンは2年ほど日本にいたあとは国に帰ってしまった。

今日HIV感染済みのゲイサイトで相手を探す毎日である

福原慶匡P

僕はアニメ制作に関連する事業を全部やりたいと思っているんです。

アニメ制作製作って、すごい数の人間がかかわってくるじゃないですか。

中心にアニメを作るスタッフがいて、その先に声優さん音響スタッフさんなどさまざまなスタッフがいる。

もともと僕は音楽アーティストプロデュースをやっていたんですが、

僕がやっていたころは「着うた」がすごく流行っていたころで、着うたサイトトップ画面を取るためにみんな必死営業していたんです。

でも今はもうスマホが主流になっていて着うたってあまり聞かなくなっていますよね。

 そういう時代の移り変わりを見て、そのカテゴリーのど真ん中をしっかり押さえないと、

その時々の流行りに振り回されて、ビジネスモデルが変わったタイミング事業背骨がなくなってしまうと考えたんです。

アニメであればアニメ制作音楽であればアーティストをしっかり押さえたいなと。

またアニメ場合は、かかわる人数が音楽よりもさらに多いですよね。

2017-09-29

anond:20170929072315

自分では自覚無いけど、自分の考えを言ったら多分リベサヨの方にしょうがなくカテゴリーされる人間だと思う。

そんな自分が選ぶとしたら希望の方かな。

2017-09-28

Amazonプライム会員が毎月1冊だけ読める電子書籍の探し方

とある方がAmazonレビューでまとめていて、とても助かったのでメモ

Amazonプライム会員だと毎月一冊だけ電子書籍無料で読めます

ただし

・翌月に新しい本を読むには先月の本を返却する必要があります

対象書籍Amazonプライム対象商品に決まっています

検索がとてもやり辛いです

しか最後欠点は、ちょっとした工夫で検索がやりやすくなるのでご紹介します。

PCAmazonトップ左上から「カテゴリー→Kindleストア」で検索

検索窓の下あたりに「kindle本」というのがあるのでクリック

検索窓に「プライム対象」と入れます

・すると「検索結果 35,286件中 1-16件 Kindleストア : Kindle本 : Amazonプライム対象商品 :"プライム対象"」というのが真ん中に出ます

・その「プライム対象」にマウスを置くと×がでるのでそれをクリック。

・ここまでくればキーワードで検索すれば、 Amazonプライム対象商品無料の本が検索できます!

という話。

===追記===

やり方がちょくちょく変わるので今は出来ないかもしれませんがお試しください。

とのことでしたが、2017年9月現在有効のようでした。

2017-09-26

今の時代、何でも好き嫌いなく食える事がプラスにはならないな。

蛋白質炭水化物野菜バランスよく取れれば、各カテゴリーの中で嫌いな種類の食材調理法が有っても別に問題ない。

好き嫌いの無い人間が仮に居ても少ないからこそ、これだけ食事バリエーションが増えたんだろうとも思う。

豊富すぎるとも言える中から、とりあえず口にしてみて自分に合うものを探す方が大事だ。

無理な順応よりも、トライしてからの選別だ。

anond:20170926171834

トップページから読み始めた時は、たいてい

前のページ=古い記事

次のページ=新しい記事

なんだけど、カテゴリークリックした途端、ブログシステムが気を利かせて、

連載記事最初から=古い記事から順に読めるように

前のページ=新しい記事

次のページ=古い記事

と変えてしまタイプがあるので混乱の元になっている。

2017-09-25

はてブカテゴリーに「はてな」を加えるべき

暮らし」「学び」カテゴリーとかにスター配り遊びとかクソしょーもない大喜利が出てくるの邪魔すぎる

2017-09-22

anond:20170922190840

ハイクトップページからユーザーキーワードリンク貼ってるでしょ。それがサブページとして認識されてるんだよ。

はてな匿名ダイアリーでググっても似たような感じで「カテゴリー」とか「ヘルプ」とか出てくるでしょ。

2017-09-19

増田テキストマイニングして投稿者パターン判別

https://anond.hatelabo.jp/20170918004847

続き

テキストマイニング勉強して増田に頻出する人間の種類をパターン化しようとしてるんだけど、方法が思いつかない

スクレイピングデータを取る→mecab形態素解析して頻出名詞データ化する→頻出名詞によって元増田がどのカテゴリーの属するのか判定する

最後カテゴリーを作るのがむずい。カテゴリー名前を人力でつけようとするから難しいのか。ある程度頻出名詞が似通ったら(閾値を作って似てるの基準を作る)適当に振った名前group1,group2等に放り込むか。頻出名詞が似てるかどうかを判定するのは何の理論を使うのか、もしくは何のライブラリを使ったらどれだけ似てるかの判定を簡単にできるのか

最後のどれだけ似てるかの判定が自分は分からないってことが分かった

こういうのはどこで質問したら良い回答が得られるかな

2017-09-17

彼女に教えられはてなを始めるようになったが疑問がある

カテゴリー毎に纏められた記事は良質なものが多く、

明らかにツッコミどころがあるような記事に対して付くはてなユーザーコメントは正に一刀両断の如く痛快。

そこにはSNSによく見られる馴れ合い空気は無く、はてな雰囲気は正に私にピッタリのサービスだった。

しかし…時折全く解せない記事ホットエントリに上がるのを目にする。

解せない記事の内容は、殊更に取り上げることの必要のない当たり前の事をまどろっこしく書いていたり、単純に面白くなかったりと色々ではあるが、

共通するのは「すごーい!」「今度私も試してみますー」「面白そう!」といった鼻に付くぐらいの馴れ合い臭さを漂わすコメントだ。

そんなコメントを目にする度にこんなのはてならしくない、明らかに異質だと悶々とした感情を抱えるはめになるのだ。

この事を彼女に話しても、悲しそうな顔をして「見なかった事にしてスルーしよ?あまり深くは考えない方がいいよ」と濁すだけだ。

私は、はてなと言うものを誤解しているのだろうか

私が感じる異質さの原因は記事ではなく私にあるのだろうか

異質な記事ホットエントリに上がる度に自問自答をしている

2017-09-15

精液がすごい好き

汚いタイトル申し訳ないけど、本当に最近精液にどハマりしてる

こういうことを同じカテゴリー友達に話すと、ドン引きされた上にすごいまずいと力説された。

それはそうだし不味いんだけど美味しいんだよ。なんというか、後味とか喉越しの違和感とかすごいワインと同系統な感じがする。

とにかく、最初彼氏が口に出した精液を飲むように頼み込んできてイヤイヤ飲んでいた。1回要求を飲んでしまったらエスカレートして次からは必ず飲むようになった。

とにかくまずいし喉に絡むしで最悪だった。

でもそれを一年ぐらい続けていると不思議と美味しく感じてきた。

多分自分自身に「精液は美味しい」と自己暗示を掛けたんだと思う。味はまずいんだけど脳は美味いと判断するようになった。

最近では週2回ぐらいに彼の精液を飲める機会も減ってしまって、我慢できずにTwitter上で変態さんに精液を送ってもらうようになった。

ペットボトルに精液を貯める趣味の人は結構いるみたいで、本当に臭いし最悪なんだけど我慢できないときはガブガブ飲んでる。

今度その変態さんとリアルで合うことになった。

どうなっちゃうんだろう、俺。

2017-09-14

https://anond.hatelabo.jp/20170914124231

というか、ヒット作はもうヒット作だから、放っておいたって見られているだろうし。そこは放っておいていいだろうと。

わざわざ、別のカテゴリーで取り上げるには、相応しい作品があるだろうという程度の話ですよ。

2017-09-10

カテゴリーに「はてなブログ」か「ブログ」が欲しいよね

邪魔だもんね。

他のカテゴリでちゃんとした情報仕入れたい時に、身内同士で当たり障りのないブクマしてるだけの奴らの無価値ブログが目に入るの。

2017-09-08

anond:20170906222452

思うに、コンピュータ人間の代わりになる必要があるのか

自分初音ミクを初めて聞いたのは中学二年生のころ、友人にニコニコ動画に誘われたのがきっかけだ。初めて聞いた歌は「メルト」だったかな。

正直、最初はその歌声に対して、かなりの違和感を感じていた。

こんな人工的な音声は生理的に受け付けないとも思ったし、このような歌声がなんで評価されるのかもわからなかった。

たぶん今でもそう思っている人も多いんじゃないかな。

でも、だんだん時間がたつ中で、まあいいんじゃないかなって思うようになってきた。

そのころからゆっくり実況を聞いたり、ボイスチェンジをつかって歌っている人を聞いてみたりしたから、まあ慣れたのかな。

で、だんだんと他の曲を聞くにつれて、いいじゃんこの曲って思える曲も増えてきたんだな。

マトリョシカ」であったり「カゲロウデイズ」であったり。その時期あたりから周りの同級生たちもボーカロイドについて知るような時期だったと思う。

そんで、大学は行ったくらいからあまり聞かなくなったけど、ここ最近になってまた「エイリアンエイリアン」とか「砂の惑星」とかをちょっと聞き始めている感じだ。

長々と自分語りをおこなって申し訳ない、ここからが本題だ。

自分はその間、「初音ミク人間かどうかはどうでもいい」ってことなんだ。

たまに、ボーカロイドの曲について、「この曲いいよね、ボーカロイドだけど人間の声にめっちゃ似てるんだ」っていう人がいる。

もちろん、そのことはすごいことだと思うけれど、人間の声に似ているからその曲がすごいわけではない。

よいメロディがあって、よい詩があって、その曲を「初音ミク」が歌っているからこそ良い曲になるんだと思う。

初音ミク」という独特な機械音声があるからこそ良い曲なんだと思う。

そして「初音ミク」という、新たな歌手存在して、いまも活躍していることに、自分未来についてこれほどにないまでに高揚感がある。

10年間という多くの時間を通して、消えずに残っている「初音ミク」という存在は、まだまだ壁はあるけれども、少しずつ電子世界私たち世界が近づいていることを示してくれた。

この先、ロボットが多く存在するようになり、ペッパーのような人型のロボットも多く開発されることになるだろう。

そのときに、ロボット人間というカテゴリーではなく、私たちの身近な存在として存在するようになるのではないかと思う。

そんな未来、期待せずにはいられない。

2017-09-05

はてなちゃん増田君のことどう思ってるのかしら?

気まぐれに使いやすくしたり新機能追加したりスパムを追っ払ったりしてくれるけど、

記事への反応が旧トラバブコメで同じページにあったり、トラックバックじゃ意味がわかりづらいから変えよう→普及するというちょっと理解できない変更にしたり、普及するで返信するとはてブタイトルanond:日付になってわかりづらいし。

あと定期的に現れる荒らしっぽい人は放置だし、右上のカテゴリーキーワードなんて使ってる人が居るのか謎ですし。

はっきりしておくんなまし!!!!!!

2017-09-04

追記 真空パックAVに荒波を立たされたことについての怒り

これはあくまでも自分個人意見だけど、真空パックAVパンストの延長線。

女性身体がなにかによって引き締まること」に興奮を覚えることの究極なんだと思ってる。

これは段階を踏む。いきなり「真空パックAV」に行く人間は極稀だ。

私は最初ニーソだった。そして、パンストになり、全身タイツになり、ラバースーツになる。ぴっちりとした女性の肉体に興奮を覚えるようになった。

真空パックは最初ネタだとおもっていた。気がついたら真空パックAVに興奮している自分がいた。

真空パックはいってしまえば無色のラバースーツだと思ってほしい。さら真空パックは着衣の状態もある。ここから私の世界は広がった。全身タイツとかが好きになる人間なんだから正直に言うと局部B地区は見えてほしくないのだ。

理解を示せとは言わない。キワモノかもしれない。批判してもらってもいい。

でも、俺は密かな楽しみで真空パックAVを嗜んでいた。周りに公言することもない。もちろん、増田からこうやってオープンに好きな理由を言っている。

この一件で心中穏やかではない。この先の楽しみを奪われることについての恐れと怒り。そして、こういうことを名前を出して対抗できない。

もどかしい

追記

別に例の女性弁護士がどうのこうのいうつもりはないです。危ないのは当然です。AV撮影ではちゃんと呼吸できるようにしてますが、見よう見真似で安全対策もせずにそういうことをしてしまったら、当然事故はおきますし。まぁ、この趣向をわざわざ探して猟奇的!って言われるのは心外ですが。

ただ、真空パックAV理解を示してくれていないと感じたので吐き出しました。極論を言うと淫夢化してほしくないから、真空パックAVネタでもなんでもなく、パンストなどのぴっちり系の延長線上なのだと主張することが大切だと感じた故に個人意見ではありますが書かせて頂きました。

真空パックAVネタにした画像なんかを見ると本当に自分性癖バカにされているようでつらいです。そういう点を「荒波を立たされた」とかいたつもりですが、読み直してみたらそういうことは全然読み取れないですね。すみませんでした。

なので若干、はてブカテゴリーおもしろなのは腑に落ちてないですが、性の話は大体おもしろにあるなと思いこむことで冷静でおります

追記

から言いたいことは「真空パックAV安全にやってるし表現の自由がなんたら」「アート無罪エロ無罪」みたいなこといってねーつーの。どこにかいてあるの。

ネタにするなっていってんの。理解できない性癖おもしろ性癖にすんなっていってんの。

2017-09-03

国立大学とは

かつての国立大学独立行政法人となった。しか受験にまつわるカテゴリーでは未だに「国公立」。この場合国立とは「いわゆる国立」「旧国立便宜上国立呼ぶ」ということであろうか。世の中にはやたらと言葉に敏感な人がいる。「「宜しかっでしょうか?」とはどういう言葉遣いだ」とか「疲れていないのに「お疲れ様です」の挨拶おかしい」とか。そんなことをちまちま指摘するなら、「独立行政法人国立と呼ぶとは行政理解していないのか」と何故指摘しないのであろう。

個人は国公立通称で全く問題ないのだが、杓子定規言葉定義したがる融通の利かない人々が、この盲点に気付かないことに興味津々なのである

2017-08-30

メタブのカテが“テクノロジー”ばかり

カテゴリー自動判別してないの?

自動判別しないならしないで、元エントリのカテに揃えるだけで良いんだけど。

はてなブログアフィリエイトすると75%の確率文章力収入がなくなる原因

はてなブログアフィリエイトをすると、75%の確率文章力収入がなくなります

はてなブログ株式上場をして勢いづいていますが、はてなブログは昔に比べてもうアフィリエイトで稼げなくなってきているのは否めません。

理由は、はてなブログアフィリエイトをするブログやその他にもライバルが増えてきたからです。

ちなみにアフィリエイトというのは、ブログアクセスを集めて、広告収入や物販等でお金を稼ぐビジネス方法の1つ。

このアフィリエイトも、昔に比べて参入者はドンドンと増えていっているのが現状ですね。


はてなブログアフィリエイトをすると?




世の中には様々な無料ブログサービスがあります



その中でも「はてなブログ」は非常に人気があるブログサービスの1つ。アフィリエイトで稼ぐためにも初心者ブロガーはこの「はてなブログ」は最適ですね。



確かに、はてなブログは初めてブログを始める人にとっては分かりやすい仕組みですし、とてもブログを書きやすい。

日本初のソーシャルブックマークの「通称はてブ」もこの「はてなブログ」が作りました

過去にはアメブロ(アメーバブログ)が、アクセスを集めやす無料ブログということで、様々なアフィリエイターがこぞって集客用に使いました。

しかし、はてブ流行りだした頃からはてなブログ集客用に使えると気づいたアフィリエイターたちが、宣伝用にこぞって使うようになりましたね。

はてなブログ初心者に使いやす理由は、記事を書きやすいということ。



他にも読者登録簡単ですし、すぐにアクセスコメントを貰いやすいというメリットがあります

今ではあまり集客用、アフィリエイト目的でも効果のないアメブロですが、全く使えないということでもないです。

私は使いませんが……。

ちなみに、はてなブログも使いません。

はてなブログで書いているブログを時々読みますが、はてなブログで書いている75%の人たちは、他の無料ブログで書いている人たちよりブログレベルが高いです。

ブログレベルといっても色々とありますが、例えば読みやすい書き方をしている(段落の取り方)、タグカテゴリーを適切に使っているなどなど。

アメブロ使用している人は、段落を取りすぎて読みにくいブログが多いこと。ブログというのは人に読んでもらって初めてブログとして成立します。

やはり読んで頂く人のことを考えてブログを書かないと、アクセスは集まりませんし、アフィリエイトブログ収入も得られません。


はてなブログアフィリエイトをすると文章力がなくなる?




はてなブログ基本的アフィリエイト(出会い系)は禁止です。

全てではないですが、A8ネットなどの商品を紹介して売るアフィリエイト禁止ということ。

グーグルアドセンスアマゾンアソシエイト大丈夫です。



はてなブログ所詮無料ブログですし、他人会社ブログサービス使用しているのでどれだけブログ記事を書いても自分ブログにはなりません。


アフィリエイトブログ収入を得たいと思いながら書いている人ばかりではありませんが、はてなブログブログ収入を得たいと思っている人は少なくありません。



はてなProという月額に数千円を払ってブログを書いている人もいるぐらいですから、その目的お金を稼ぎたい!という気持ちが大きいはずです



いえ、ブログを始める人の98%はお金を稼ぎたい!という気持ちなはずです



はてブはてなブログ内の読者登録依存すると他で通用しなくなる





ブログ収入を得るためにはブログアクセスを集めなければならないのですが、アクセスを集めるためには魅力的なブログを書かなければなりません。


魅力的なブログを書くには、とにかくブログ記事を書いて試行錯誤を繰り返さなくてはなりません。

はてなブログはハッキリ言って、読者登録人数さえいればそんなに魅力的なブログではなくてもアクセスは何とか増えます

ここを勘違いして、「私のブログは人気がある!」とか「ブログアクセスを集めるのは簡単アフィリエイト余裕!」思ってしまったら、途端に文章力収入も落ちてアフィリエイトブログ収入が得られなくなります


はてなブログで書いている人はレベルは高いが文章力は低い





文章力といっても、一流小説家ベストセラー作家が書くような文章力必要ありません。

アフィリエイトブログ収入を得たい人に必要なのは文章力(ライティング力)も必要ですが、1番必要なのはコピーライティングです。

簡単にいいます文章で人の心を掴むということですね。

文章力といっても本当に基本的なことです。

句読点(句点は「。」読点は「、」)をあまり使わず文章連続して並んで読みにくい人や、「そういうこと」を「そうゆうこと」と書いたりすることです。



いわゆる「雑」ということですね!




そんな人いるの?と突っ込みたくなるとは思いますが実際にいるんですよね…。



しかもそれが間違いで恥ずかしいという気持ちも感じていません。

誤字脱字は人間ですので多少は仕方のないことですが、基礎的な文章力がついていない人のブログを読むのは本当に疲れます



そんな人のブログなんて読みたいと思うでしょうか?



ブログに書く文章というのは、その人の性格精神状態が正直に現れますので、会わなくても大体その人のブログを読めばどんな人かは分かります

そういう人がアフィリエイトブログに何かの商品を紹介しても買おうとは思いませんし、そもそも最後まで読みません。

ブログ最後まで読まれるということ自体が本当は難しいことなのです。

最後まで読まれるためには、はてなブログの読者登録人数の多さでも、はてブの数でもなくて魅力的なブログ文章なんですよね。


まり僕のような文章が一番なのです。



はてなブログアフィリエイトすると75%の確率文章力収入がなくなる原因のまとめ






いかがでしょうか?75%という数字にもはっきりと明白な理由があることが理解できたと思います


アフィリエイトブログ収入を得たり、文章力をつけるためにはブログ継続して書いていくことが1番大切なこと

はてなブログブログ継続して書ける要素が満載です。

そのはてなブログの力で得たアクセスは、はてなブログ内でしか通用しないことを頭に入れて置くべき。

これは何もはてなブログだけとは限りませんが、他の無料ブログサービスでもいえることですよね。

1番のアクセス増加はやはり検索流入ですので、ここを意識してブログを書いていかないといつまで経っても文章力はつきませんし、ブログ収入も微々たるものになります

例えるならば、今の会社いくら偉そうな顔で出世していても、所詮その会社だけで通用するノウハウしか身につかないということですね。

アフィリエイトブログ収入を得たいのなら、はてなブログよりもワードプレスブログを書きましょう。


はてなブログアフィリエイトをしても所詮他人資産です!

炎上か?DeNAシニアを餌食にやらかしてる件

先月、docomoがdエンジョイパスという新サービスを開始した。税抜月額500円で、レジャースポーツグルメなどのサービス優待が受けられるというものだ。

https://gp.dmkt-sp.jp

55歳以上を主なターゲットにしているらしく、私はシニア関連の仕事をしているため、興味本位で触ってみることにした。だがその中で、運営元の倫理観を疑わずはいられないサービスに遭遇したため、ここで共有することにした。

dエンジョイパスには「趣味人倶楽部コミュニティ交流する」というメニューがあった。メニューを押すと、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)という、外部のサイトに飛んだ。趣味を持つ人達コミュニケーションが楽しめるSNSらしい。どうやらこの趣味人クラブ自体シニア向けのサービスのようだった。

いくらか触ってみると、日記写真投稿したり、コミュニティイベントを立てて交流するサービスであった。ログイン会員しか見られないクローズドSNSで、分かりやすくいうとmixiシンプル版だ。シニアに分かりやすくするためにあえて機能を削っているように思える。

この趣味人クラブ運営会社は、なんと、Welq事件で去年世間を騒がせたDeNAであった。

なぜこのようなタイミングdocomoはわざわざDeNAと組んだのか。Welq事件より前からお金の絡んだ提携の話が決まっていたのであろうか・・苦笑

それはさておき、この趣味人クラブDeNA運営している以上、きっとキュレーションメディアのようにSEO施策をしているのではと思い、興味本位で少し探ってみたのだが、それは、クローズドSNSとして絶対にやってはいけないものだった。

なんと『会員の非公開コンテンツの一部を勝手に公開してSEO流入を狙っている』のだ。

ユーザーが書いた日記タイトルと本文の冒頭200字程度と写真サムネイル画像を一覧にして公開し、Googleインデックスさせているのだ。

それがこのページ(他にもまだまだあるかもしれない)のPC版で、会員でなくても多くのユーザー日記の冒頭を読むことができる。

https://smcb.jp/diaries/index_latest

キーワードごとにカテゴリーのページも作られ、かなりの数を量産しているようだ。

https://smcb.jp/tags/5637/diaries

記事の全文こそ公開していないものの、200字程度は読めてしまうため、Twitterのように短い文で投稿している日記は全文が読めてしまう。また、日記リンクを押すと、コンテンツを見たかったら新規会員登録、というページに遷移させ、会員登録誘導する始末だ。

こんなにも堂々としているので、もしかしたら非公開であるとは謳ってないのか、と思い、いろいろ規約などを読み漁ってみたが、ユーザー向けのQ&Aページにログイン会員に限定公開であることがしっかりと記載されていた。

https://smcb.jp/pages/faq/diary より一部抜粋

(※ページの魚拓の取り方がわからないので、誰かできれば取っておいて欲しい。)

==========

Q 日記の公開範囲限定したいのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?

A 日記の公開範囲は下記3種類から選択することができます

・全体に公開:趣味人倶楽部ログインしている会員全体に公開されます

お気に入りリスト相互登録のみ公開:相互お気に入り登録をしている趣味人倶楽部会員にのみ公開されます

・非公開:自分のみに公開され、他の趣味人倶楽部会員には公開されません。

==========

この『全体に公開:趣味人倶楽部ログインしている会員全体に公開されます。』という記述は、普通に読めば、「ログイン会員以外には公開されない」と捉えるだろう。しかし非公開と思って日記を書けば、はたまた先ほどの日記の一覧に載り、全世界に公開されてしまうのだ。

シニア相手なら気付かれまいと、会員の作ったプライベートな内容(非公開と思って会社愚痴など言ってるかもしれない)を含むコンテンツ勝手に公開しSEO流入と会員増で収益増を狙っているように思われる。一部しか公開してないか大丈夫だとでも言うのだろうか。DeNAはまったく懲りていない。いい加減にしろ

シニアターゲットにするなとは言わない。モラルのあるサービス運営して欲しい。

docomodocomoで、おそらくシニア層の会員が多くいるため提携したのだろうが、このような実態を把握しているのだろうか。把握してなお提携しているようならdocomoも同罪だ。

インターネット大手サービスが、この先もこういうことを続けるようでは本当に悲しい。

インターネット未来がよりよくなるようにと願い、下手な文章で訴えてみた。運営会社まで届き、改善されることを切に願う。

DeNAシニアを餌食にまたやらかしてる件。docomoも加担か

先月、docomoがdエンジョイパスという新サービスを開始した。税抜月額500円で、レジャースポーツグルメなどのサービス優待が受けられるというものだ。

https://gp.dmkt-sp.jp

55歳以上を主なターゲットにしているらしく、私はシニア関連の仕事をしているため、興味本位で触ってみることにした。だがその中で、運営元の倫理観を疑わずはいられないサービスに遭遇したため、ここで共有することにした。

dエンジョイパスには「趣味人倶楽部コミュニティ交流する」というメニューがあった。メニューを押すと、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)という、外部のサイトに飛んだ。趣味を持つ人達コミュニケーションが楽しめるSNSらしい。どうやらこの趣味人クラブ自体シニア向けのサービスのようだった。

いくらか触ってみると、日記写真投稿したり、コミュニティイベントを立てて交流するサービスであった。ログイン会員しか見られないクローズドSNSで、分かりやすくいうとmixiシンプル版だ。シニアに分かりやすくするためにあえて機能を削っているように思える。

この趣味人クラブ運営会社は、なんと、Welq事件で去年世間を騒がせたDeNAであった。

なぜこのようなタイミングdocomoはわざわざDeNAと組んだのか。Welq事件より前からお金の絡んだ提携の話が決まっていたのであろうか・・苦笑

それはさておき、この趣味人クラブDeNA運営している以上、きっとキュレーションメディアのようにSEO施策をしているのではと思い、興味本位で少し探ってみたのだが、それは、クローズドSNSとして絶対にやってはいけないものだった。

なんと『会員の非公開コンテンツの一部を勝手に公開してSEO流入を狙っている』のだ。

ユーザーが書いた日記タイトルと本文の冒頭200字程度と写真サムネイル画像を一覧にして公開し、Googleインデックスさせているのだ。

それがこのページ(他にもまだまだあるかもしれない)のPC版で、会員でなくても多くのユーザー日記の冒頭を読むことができる。

https://smcb.jp/diaries/index_latest

キーワードごとにカテゴリーのページも作られ、かなりの数を量産しているようだ。

https://smcb.jp/tags/5637/diaries

記事の全文こそ公開していないものの、200字程度は読めてしまうため、Twitterのように短い文で投稿している日記は全文が読めてしまう。また、日記リンクを押すと、コンテンツを見たかったら新規会員登録、というページに遷移させ、会員登録誘導する始末だ。

こんなにも堂々としているので、もしかしたら非公開であるとは謳ってないのか、と思い、いろいろ規約などを読み漁ってみたが、ユーザー向けのQ&Aページにログイン会員に限定公開であることがしっかりと記載されていた。

https://smcb.jp/pages/faq/diary より一部抜粋

(※ページの魚拓の取り方がわからないので、誰かできれば取っておいて欲しい。)

==========

Q 日記の公開範囲限定したいのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?

A 日記の公開範囲は下記3種類から選択することができます

・全体に公開:趣味人倶楽部ログインしている会員全体に公開されます

お気に入りリスト相互登録のみ公開:相互お気に入り登録をしている趣味人倶楽部会員にのみ公開されます

・非公開:自分のみに公開され、他の趣味人倶楽部会員には公開されません。

==========

この『全体に公開:趣味人倶楽部ログインしている会員全体に公開されます。』という記述は、普通に読めば、「ログイン会員以外には公開されない」と捉えるだろう。しかし非公開と思って日記を書けば、はたまた先ほどの日記の一覧に載り、全世界に公開されてしまうのだ。

シニア相手なら気付かれまいと、会員の作ったプライベートな内容(非公開と思って会社愚痴など言ってるかもしれない)を含むコンテンツ勝手に公開しSEO流入と会員増で収益増を狙っているように思われる。一部しか公開してないか大丈夫だとでも言うのだろうか。DeNAはまったく懲りていない。いい加減にしろ

シニアターゲットにするなとは言わない。モラルのあるサービス運営して欲しい。

docomodocomoで、おそらくシニア層の会員が多くいるため提携したのだろうが、このような実態を把握しているのだろうか。把握してなお提携しているようならdocomoも同罪だ。

インターネット大手サービスが、この先もこういうことを続けるようでは本当に悲しい。

インターネット未来がよりよくなるようにと願い、下手な文章で訴えてみた。運営会社まで届き、改善されることを切に願う。

2017-08-28

友達同担拒否になった話

からもう数年前の話になる。

私と友達アイドル推してた。

推しはそれぞれ違うけどそれぞれの魅力だったり、アイドルあるあるファンあるあるを語り合うのが楽しかった。

私も友達もどちらかというと控えめな性格なので、

キャー!推し君!こっち見てー!!

という感じではなく

推し君素敵…見てるだけで幸せ…うっとり…

というタイプだった。

なので派手な行為をする厄介な同担はともかく、同担拒否などは一切せずむしろSNSなどで積極的に繋がって現場で会うようなことを互いによくしていた。




しかしある日

思わぬところから私と友達ドストライクを突く新たなニュー推し君が現れた。

いや正確には最初は「推し」と言えるほどではなかった。

全然推せるけど、本命もいるし〜でもすごいカッコいい〜推し変かも〜ww

くらいのノリだった。



しかしその後、何度目かのライブでニュー推しから



もらってしまったのだ。

狙い撃ちファンサという罪深い銃弾を。


ニュー推し君がいた位置とか、私たちがいた位置とか、タイミングとか、色んなもの奇跡的に合わさって推し君が使用したものステージから投げてくれたのだ。

何を投げられたか記憶が定かではないのだけど。




私も友達も、どういうわけか今まで塩対応気味な子しか推してこなかった。

ファンサくれない…寂しい…けどそこが可愛い

と物足りない気持ち盲目推しへの愛で誤魔化してきてはいた。

そんな最中まさか

狙い撃ちファンサ。


私たちは大興奮だった。

何が何だか訳が分からなくなるくらいに。

私たちの「推しカテゴリー」にニュー推し君の名前が貼り出された瞬間だった。




しかそれから

友達は変わった。

前はそんなことしなかったのに、周りに同担がいないかキョロキョロと確認し、推し色の物を付けてる人を警戒。同じ色のペンライトを持ってる人を近くに見つけると残念そうな顔をしていた。

近くを推しが通ってもこちらを見ないとこの世の終わりかと思うくらいに落ち込み、他の人にファンサをしてる推し君を見て泣きそうになり、それでも推し君に関するグッズは買い込む。

いや気持ちはわかる。

私もあれから周りに同担いなければラッキーなのになとか思うようになったし、ファンサをもらえないと「ちょっと推し君!なんで?!」とか不満を覚えるようにもなってしまっていた。

私も変わっていた。

それでも、

同担とつるみ穏やかに推し活をしていた友人の変わった姿を見て、どこか得体の知れない不安を覚えた。

だけど友人をここまで変えた推し君を一周回って尊敬したりもした。

推しが一緒になった後も、色んなライブに行ったりもしていたが、曲がりなりにも同担である私は友人の目にどう映っていたのだろう。

あれから数年経ち、私も友達推しサイクルは巡り続けている。

今ではそれぞれ別の推しがいるが、あの頃私をどう思っていたかはやはり聞けない。

人はどう転ぶかほんとに分からないんだなーとしみじみ感じた、ずいぶん前の推し活のおはなしでした。

2017-08-26

「権内」「権外」カテゴリー の人

ひさしぶりにみた

学生の頃に初めてブクマしたエントリ

なつい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん