「ビニール傘」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビニール傘とは

2019-08-04

ネタバレ】天気の子に込められた権力構造

またみてきたので書く。


歌舞伎町

本作の主要な舞台であり、水商売の一大拠点でもある。また隣接する地域には、コリアンタウンである新大久保があり、本作とのコラボキャンペーン商品を出しているロッテ本社もこの地区にある。スペシャルスポンサーである日清東京本社もある。


代々木

代々木駅のあたりは北参道と言われていて、明治神宮敷地まですぐそこだ。神宮野球場といえばヤクルトスワローズだ。ビニール傘をふる観戦ファン応援の動きは、本作でてるてる坊主のついた傘を振る動きの元ネタだろう。

また、明治神宮の広い敷地を超えた先には代々木公園があり、そこにはNHKの社屋がある。

共産党本部建物代々木駅の近くにある。


銀座

ビルモデル代々木会館だが、屋上神社銀座朝日稲荷神社といわれている。

銀座といえば高級クラブも想起される。

また、隣接する汐留には、日本テレビ本社がある。さらには、電通朝日新聞の本社もあり、本作のスペシャルスポンサーソフトバンク本社もある。


お台場

最初の依頼の舞台となるお台場といえばフジテレビの社屋だ。天然水タイアップCMを出しているサントリービルもある。


六本木

花火の依頼で浴衣で登場したシーンが六本木ヒルズだ。テレビ朝日本社がある。バイトル運営する株式会社dip本社もこの地域だ。

高級クラブをはじめとする夜の街でもある。


芝公園

須賀が娘と面会した公園だ。ところで新海作品には東京タワーがあまり出てこない、という指摘が以前からあった。今作で珍しく描かれているのは、放送象徴という意味合いがあるのではないか


さて、ここで確認しておきたいのは、話題になっているこの指摘だ

https://twitter.com/gentledog/status/1156039018594750465

スポンサー企業は色々登場するんだけど、ヤフー知恵袋ゴミみたいな回答しか返ってこないし、バイトルはろくに仕事を紹介してくれないし、バニラトラックが走る街で未成年が無理やりホテルに連れ込まれそうになるしで「金は貰ったがそれはそれだ!」という作り手の強い意志が伝わってくる。”


まず、特にテレビ放送において、スポンサーを不利にするような表現ができない現状がある。

競合製品を写すことができず、不自然なボカシがかけられる場面をご覧になったことがあるだろう。

そのくらいスポンサー不可侵存在とされているわけだ。


そしてそれを端的に示すような、こんな出来事リークされている

https://www.google.com/search?q=%E7%9A%86%E8%97%A4%E6%84%9B%E5%AD%90%E3%80%80%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BF&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwiMorK09OfjAhWFBKYKHcaWDLYQ_AUIDCgA&biw=958&bih=959&dpr=1

歌舞伎町近くのスタジオアルタでの放送内容であり、お天気お姉さん発言した内容でもある


このような現状に一石を投じるべく、先鋒となって、スポンサー製品の失礼にあたるようなことをあえて盛り込んでいったのではないか

ところで、田端が何を意図しているのかなかなかこじつけられなかったのだが、やや強引なのを承知で進めていく。

田端には『株式会社ジェイアール貨物不動産開発』の本社がある。注目してほしいのはこの不動産の部分だ。

あわせてこんな記事確認いただきたい。


フジテレビ赤字転落、もはや不動産会社がテレビ局経営している状態

https://biz-journal.jp/2017/12/post_21616.html


放送事業は急速に儲からない事業となってきているのだ。インフルエンサーとしての力は絶大であるにもかかわらずだ。

作中依頼が多くなりすぎて引き受けるのを止めた端緒として「テレビに出ちゃって」というセリフとともに描かれてもいる。

(うろ覚えなのだけど、陽菜アパートと須賀の事務所テレビが無かった気がしていて、もしそうだったら現在生活ではiPadはあってもテレビは..

みたいな方向でも書こうと思っていたのですがやめときます。もう一回観ようと思いますが、いやテレビあったわという方はコメント等で教えてください。)


さて、終盤洪水によって東京土地の大部分が水没した姿が描かれる。

現状に対する突破口としての「土地」。本作には、そんな意図が込められていたのではないだろうか。

2019-07-22

トーキョー・ミッドナイトレイン

 

愛の情動肥大し、同一化を強いる時、その欲望一時的に鎮静する。

拡張を禁じられたそれは行き場を無くす。ただし、その状況においてのみ、幻想と共に永遠享受できるのかもしれない。

自分が無条件で受け入れられる存在さえいれば良いんだって

あるいは、僕はもはや幻想と共に生きるしかないのかもしれない。

 

 

 

 

 

真夜中の中でも特に25時は、ひどく孤独にさせる魔力を帯びていると思う。そんな時、僕はiPhoneを手にとって、LINE友達リストを繰り返し眺めるのだけど、目的もなく連絡を取ることが苦手な僕は、ただ彼らのアイコン画像から今の状態を推察して、理解に努めようとすることしかできなかった。

それではいけないと思って、ほんの少し勇気を絞り、旧友をご飯に誘った。一緒に地元浪人をしていた同級生は、4月から福岡に転勤になったから、LINEでのやり取りだけだったけれど。

彼は今クレーンを売る会社営業をやっている。向いていない仕事も数年もすれば、彼の人格に少なくない影響を与えているようで、当時から想像もつかない調子で言った。

「本当に連絡をくれて嬉しいよ。いきなり電話をかけてごめんね。でも本当に嬉しかったんだ。リュウも元気にしてるのか?仕事は順調か?きっとお前は今も活躍活躍を重ねていて、回りに感謝されて仕方ないんだろうな。お前は昔から、誰よりも頑張ってたもんな。」

意外な反応だった。僕はきっと妬ましく思われているのだろうと思っていたけど、そうは思っていない人もいたのだ。彼は僕の孤独がただの思い込みだったと教えてくれた。

今の僕は周りに感謝されるというよりも、文字通りお荷物のような存在だと思うけれど、彼が力強く伝えてくれた「嬉しい」という言葉は僕を前に進めてくれた。残すのはきっと、あと一人。

 

 


 

「本当にごめんね。今仕事の方が炎上していて、ずっと会議だったの。トイレに行かせてくださいって言って、ようやく連絡できる状態だったから、待ち合わせのギリギリ時間にかけることになっちゃったけど・・」

2年ぶりだった。彼女が待ち合わせに遅れると言ったので、僕は新宿紀伊国屋小説を買って、それから近くのスタバアイスコーヒーを買って時間を潰していた。

「実はこの本、ずっと読みたかったんだけど、なかなか読む時間が作れなくて。ちょうどよかったよ。冒頭からすごい面白いんだ」

「誰の本?」

村上龍だよ。五分後の世界っていうんだ。パラレルワールド日本の話。」

「そう言ってくれてよかった」

「予約してたお店、さっきキャンセルしちゃったんだけど、行ってみようか。」

そう言って僕は氷が溶けきった残りのアイスコーヒーを流して、不燃物ボックスに捨てた。

 

予約をキャンセルしてしまったワインのお店は新宿3丁目にあった。幸い、予約をしていなくても入れるくらい穴場だったから、僕はホッとした。

「今職場新宿からは近いんだよね?仕事はどんなことしてるの?」僕は聞いた。

営業だよ。営業って言っても、クライアントヒアリングに言った内容を社内各所で調整するだけだけど。これできる人いませんか〜?って。そのアサインで今難航しててね。」

「いろんな人に迷惑かけてない?大丈夫?笑」

「かけまくりだよ!もうはわはわしてる笑 まあ、だいぶ慣れてきたけどね」

仕事楽しい?」

「私は仕事楽しいとかそういうの、全くわからいからね、早く帰りたいよ笑」

 

仕事に楽しさを見出そうとすることはもしかしたら部分的な偏りで起きていることなんだろうなと僕は思った。

 

 

 


24時を回った。大学時代の話から社会人になってからの話、趣味の話や最近聴く音楽の話、好きな小説の話。そういう話をひとしきりしていたと思う。

彼女は僕が誕生日プレゼントに買った香水を、毎晩寝る前に部屋に振りまくようになって、そこから香水が好きになったと言っていた。

「この前ドライブに行った時に、こんなことがあってね」

あいちゃんはもう少したわいもない話とかできないの?笑」

「全く、手応えを感じたくなるとダメだね。議論始めちゃうから笑。そういえば俺たちってドライブしたことあったっけ?」

「あったじゃない。ほら、猪苗代湖見なかった?楽しかったよ」

「あ、そうかあの時か。あの時は楽しかったな。なんの目的も決めなかったけど」

「そうだね」

 

・・・他にもさ、実は特に印象に残ってて、こびりついて離れないことがいくつかあってさ。」

「どんな?」

「うん、誕生日か何かを祝ってくれた時、俺なんでか覚えてないんだけど、怒って帰るって言い出しちゃってね。会計して、改札でお別れする時に、今日あいちゃんと一緒に居たかったって言われて」

「・・そんなこと言ったね」

「あれとか、なんで俺・・・いかけなかったんだろうって。」

「うん」

「他にもね、ゴムが破けて一緒に朝一で病院行ったじゃん。あの後ガストでさ。今でも鮮明に覚えてるよ。俺はメロンソーダを飲んでた。もうあいちゃんとはエッチしないって。どうして?って言ったら、だって責任取れないでしょう?って。なんであの時、何も言わなかったんだろうって。」

あいちゃん友達だよ。」

「うん。じゃあ、ずっと居てくれない?」

「いいよ。とりあえず、飲もう!」

「ええ、まだ飲むの?笑」

「そうだよ?グラスワインオススメってついてるやつ、下まで全部飲むの!」

「ええ、もう結構、無理なんだけど笑」

僕はきっと、あの時の後悔をずっと引きずって生きてきた。大学2年生の冬だったと思う。

なぜずっと会えずにいたか、そしてなぜ今会いたいと思ったのか。

その答えは、いまだ僕にもまだわかっていない。

その日の会計は2万円を超えた。最高新記録だった。

 

 

 

 

 

 

25時を過ぎた新宿は、僕たちを阻むように雨を降らしている。

彼女が行こうと言って立ち上がった。傘を持っていなかった僕は、彼女の小さな折りたたみ傘に入れてもらいながら、近くのコンビニビニール傘を買うと、彼女の折りたたみ傘を畳み、それをバッグにしまった。そうして左手彼女の左肩を寄せて、互いに小さくなりながら歩き出した。

新宿通りの3丁目の交差点を渡る途中、僕は込み上げてきた何かをぶちまけるように、ごめんねと言った。

「あの時、好きって言えなくてごめん。」

交差点渡りきった時、僕は彼女と向き合って言った。

「好きだよ」

「どうしてそういうことを言うの?どうして・・・

「どうしても、言いたかったんだ。」

「どうして今になって言うの?」

「どうしても、今伝えたかったんだ。」

「私どうしたらいいの」

「どうもしなくていい。ただわかってくれていさえすればいい」

「ねぇ、チューして。」

僕は傘を放り投げると彼女の頬を両手でそっと包み込んで、顔をほんの少し上向きにした。僕は少しだけ前かがみになって、少しだけ顔を右に傾けて、優しく目を閉じた。

25時を過ぎた新宿の雨は、僕らを包みこむように汚していった。

 

 

 


 

金曜日。外はもう白んでいる。

彼女の首筋から指をつたっていると、胸元に消えかかった痣を見つけた。

僕はクスっと笑って、その痣をふわりと撫でると、彼女が言った。

あいちゃんは今、どんな気持ちなの?」

その鋭い一言は全てを見透かしているように感じられた。僕はおもわず閉口してしまった。

「う〜ん。複雑な気持ちがするね」

苦し紛れ言葉だった。

「なにそれ笑。複雑な気持ちかあ」

「うん。複雑な気持ち

僕はその跡を見て見ぬフリをすることもできた。でも、その時に僕が彼女発見したこと示唆したことは、確かに不可解な行動に映ったと思う。

「さっき俺は複雑な気持ちがするって答えたじゃない?その時のことを思い返していたんだけど」

「うん」

「今までは、自分のことを無条件で受け入れてくれる存在必要とした。その時は、相手意思関係なく、自分が受け入れてもらえていると感じられさえすれば良いと思った。でもそうではなくて。自分が無条件で受け入れられる存在さえいれば良いんだって。思えた」

「なんだか急に哲学的だね」

「うん。だから、今のは忘れていいよ。」

そう言って、僕は彼女の白い背中を後ろからそっと抱きしめた。

 

本当の事を言えば、僕はその質問意味理解していた。

彼女は僕に「マナー違反だよ」と言ったのだ。

でも僕があのとき伝えたかったのはそういうことじゃない。少なくとも僕が失礼な事をしたわけではないことだけでもわかってほしかったのだと思う。

僕がその時伝えたことは、僕がじっくりと時間をかけて大切にしなければならないことだと思った。

 

 

 

 

新宿の雨はすっかり止んでいた。歌舞伎町を抜けて東口に向かう道すがらは、以前よりも静寂だった。

信号が青になるのを待つ。僕の左手彼女右手を握り、寂しそうに爪を撫でている。綿よりも軽く、だらんとした右手をそれ以上強く引くことはしない。きっと、これからも。

改札を抜けた僕たちは「じゃあね」と言ってそれぞれのホームに向かおうとする。僕が中央線の方を向こうとするも、それができなくてほんの一瞬立ち往生したのを逃さなかった彼女は、まるで子供をあやすような表情で、手を振ってきた。

「そういうところだよ」と思った。相変わらず、君は僕のことを知っている。

僕は仕方なく手を挙げて、力なく振り返した。彼女ホームに向かうのを確認してから背中を向けて、ゆっくりと歩き出した。

 

 

 

 

 

 

 

2019-07-20

anond:20190720160953

見た目がビニール傘だったらビニール傘同様に扱われる

俺が見たのも見た目は普通ビニール傘だったので

anond:20190720160426

あるんだ

あんメリットが感じられないけど

ビニール傘って電車の中で失くしても忘れ物登録してもらえないし

雨降ってないのにビニール傘

をさしてるご婦人がいた

なんなの

2019-07-03

先週ロフトで買ったすごく可愛い傘を使いたいのに私がタイミング悪くてなかなか使えない。

(1日目)

雨予報だからウキウキロフト傘持っていく→天気予報はずれ。雨降らなくてうっかり会社に忘れて帰る

(2日目)

から雨。ロフト傘は会社にあるので仕方なくちゃっちぃビニール傘をさして出かける→帰りは晴れてたけど、ダイソーの傘を置き傘にして、ロフト傘を持って帰る

(3日目)

午後から大荒れの予報なのに朝慌てて傘持ってくるの忘れた←イマココ

ことごとくタイミングが悪い。。。

明日も雨予報。明日こそは使えるかな。

2019-07-02

[]ビニ傘の「APO

ブランド名かと思っていたら、

非晶質ポリオレフィン」(Amorphous Polyolefin)っていう素材名(プラスチック樹脂の一種)らしい。

しかも「APO」はセブン-イレブン限定ビニール傘

APO」の文字色によって、ビニール傘サイズが異なるらしい。

水色版は65cm、通常版は60cmらしい。

http://www.de-pro.co.jp/2012/05/22/2603/


余談

ビニ傘というとき、より多くの人が想像するのは、ビニール傘か、それともコンビニ傘

一体どっちなのか

2019-06-26

anond:20190626181229

愛用の折りたたみ傘がゲリラ豪雨でぶっ壊れたのでね。仕方なくビニール傘持ってたんだけどな

俺のビニール傘を盗んでいったやつへ。今シーズン、右の耳たぶが集中的に蚊に刺される呪いを掛けといたぞ。

2019-06-24

日本は傘泥棒に寛容すぎる

コンビニ菓子パンお金わずに持ち帰ったら万引きじゃん、なのに傘立てに置いてある他人の傘はどうしてフランクに持って帰っちゃうんだろう。

「人の物を取ったら泥棒」ってみんなわかってるはずなのに傘に関しては各個人ごとの正義がある。

ビニール傘ならいい、パクられてもしゃーないとか。

汚い傘ならまあOKとか。

余ってる傘だからちょっと拝借。とか。

おめえの傘じゃない限りは勝手に持って帰っちゃだめだろっていつも思うんだけど。

「仕方ないじゃん、傘ないんだもん」

傘忘れたおまえの不手際を、そこにある誰かの傘で繕ってんじゃねえよ。

そのせいで濡れて帰る羽目になる人のことを想像できない自己中心的なやつが多すぎる。

昨日のちびまることサザエさんもそんな感じの話だったけど

教室には誰もいない(本当はまるこがウンコ中だったか学校にまだいた)から残されてるまるこの傘を勝手に持って帰った藤木も

サザエが雨降るから傘持ってけっつったのをシカトしたにもかかわらず、会社にあったマスオの傘そっくりの傘を間違えて持ってきやがったマスオ

見ていて非常に不愉快だった。

マスオに至っては、傘は実は役員さんの物だったんだけど後日役員さんが「ここに忘れてたのか」と取りにきたとき、持ち主がわかってよかったと喜びはせど、肝心の雨の日に持ち帰ったことを詫びる様子はなかった。

役員さん、傘がなくてあの日困ってたかもしれないのにそこまで想像に至ってなかった。藤木はガキだけどおまえ大人だろと。

みんな自分勝手だ。

お互い様という人もいるかもしれないけど、持ち主が「貸してあげるよ」「持って帰っていいよ」って言ってはじめて助け合いだと思う。勝手な持って帰るのは違う。

この時期はイライラさせられてばかりだ。

2019-06-13

anond:20190613140855

材料構造簡単で、機能的には(俺のような鈍感な奴には)高級品と差異が感じられないもの

ノート(安物でも高級品でも中身は紙だし)

封筒(同上)

使い捨てひげ剃り

・付箋紙(文具屋のだと金額が倍ぐらいする)

のど飴スーパーだと150円台)

カレンダー(単に月と日が書いてあるだけのシンプルなの)

うちわ

ビニール傘

石鹸(3個で100円のとか)

台所用スポンジ

耐久性要求しない掃除道具(トイレ用ブラシとか)

自転車用の油

・小型の食器マグカップとか)

調味料とか香辛料とかを入れる小瓶(雑貨屋と金額が数倍する)

・洗剤(100ショップ経営元のブライベートブランド品だと容量に比して安い)

・ふだん用の靴下消耗品だと思ってる)

サングラス(俺にはオシャレではなく単に日ざしを避ければ充分なので)

逆に、耐久性が重視されるもの、肌触りや体質が合うかが重要ものデザインセンスが問われるものは避けとけ

2019-05-30

無敵の人になったことがある

25年ほど前、私が小学校6年生のころ陰湿いじめにあっていた。

上履きしょっちゅう無くなり、机には毎日のようにゴミを入れられた。

男子は私の側を通るたびに臭いと言い、

女子には基本的空気のように無視された。

体育の授業で私と組になると、嫌すぎて泣いた子もいた。

当時の私は酷いアレルギー持ちで、鼻水はずっとぐすぐすしていて、

日中なんども鼻をかんでいた。

その噛んだ鼻紙を爆弾のようにして、投げ合い押し付け合い遊ばれていた。

当時は今よりもまだ、いじめ問題対処がしっかりしていなくて、

先生は虐める方も苛められる方も問題だ。

仲良くしなさいという方針指導をしていた。

親はあんたが怒るから楽しがって、またからかうんだから無視しなさいといった。

毎日毎日毎日毎日毎日死ぬことばかりを考えていた。

なんでこんなに醜く生まれしまったのだろうか、

なんでこんなに酷い目に毎日合うのだろうか。

なんで、なんで、なんで。

そのうち、自分の中の自殺願望が苛めた奴らを殺してから私も死のうと

決意するまでに時間はかからなかった。

苛めた人間の下校ルートを調べ、

なんどもなんども殺すシミュレーションをしていた。

しかし一人殺して捕まったのでは自殺する意味がない。

全員を殺すにはどうしたらいいか毎日考えていた。

ある雨の日、クラスに入るところを男子に後ろから飛び蹴りをされた。

私は前にふっとび転んだ。

その瞬間、頭の中の何かがプチんと切れる音がして、

起き上がり、手に持っていたビニール傘をその蹴った男子に向けて突進した。

相手男子を押し倒すような形で、私は馬乗りになり傘を使って滅多刺しにした。

3〜4回刺したところで回りの人に止められ、私は動けなくなった。

男子は痛い痛いと大泣きしていた。

すぐに先生がかけつけてきて、男子保健室に連れて行き、

私は職員室の隣の応接室に入れられた。

とにかく、やってやったという爽快感

あー、このあとどうなるんだろうという漠然とした感覚だったように思う。

親が呼ばれ事態説明をうけると、母親は真っ青な顔で泣いていた。

私が傘で刺した男子は軽傷で、数針縫ったもの後遺症も残らなかった。

私はその事件の後、自宅待機になり小学校最後の2ヶ月は

学校に行かないまま卒業になった。

しかし、区立の中学にそのまま上がれば、また彼らに会う。

事態を深刻に受け止めた親は隣の中学校の学区に引越しをした。

新しい中学校では、たまたま隣の席だった子と仲良くなった。

新しい学校は嘘のように平和で、誰も私を汚物あつかいしなかった。

また、二次性徴の影響なのかアレルギーの鼻炎もなくなり、

普通中学生活を過ごすことができた。

今は結婚もして中学生の娘もいて、大切な夫と仲良く過ごせている。

それでも未だにあの日の傘を刺した感覚

世界を憎み死ぬくらいなら殺してから死ぬという感覚は、

おそらく一生忘れることがないだろう。

2019-05-07

令和改元カウントダウンの翌朝の渋谷ゴミが散乱したけどニュースになってた?

GW東京家族旅行に行って観光名所となってる渋谷スクランブル交差点にも行った

ちょうど5月1日の早朝に行ったのだけど夜は雨だったせいかビニール傘が山ほどゴミとなって落ちてた

娘はゴミ傘の本数を数えながら「野蛮な街だねぇ」とつぶやいてた

一部のボランティアの人らがゴミ拾いしてたけど

ハロウィンの時は大量のゴミゴミ拾いがニュースになってたけど令和カウントダウンゴミニュースになってないのな

天皇のせいでゴミだらけになったって正直に伝えられない日本タブー

2018-12-24

anond:20181223201344

ビニール傘は、ホイホイぬすまれる。職場グリコ置き菓子は、100円入れない。満員電車では、誰もがリュックサック迷惑だと思っているのに止めない。

2018-12-06

不審者の目撃情報について(甲州市塩山千野 他)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-301763

≪内容≫

甲州市勝沼町藤井地内において、上半身裸の男性国道20号線の歩道ビニール傘差し立っていたという目撃情報がありました。

また、12月5日午前2時30分ころ、甲州市塩山千野地内において、同様の目撃情報もありました。

外出時には注意をして、不審な人や車両を見掛けた場合は、すぐに110番通報をお願いします。

男性の特徴≫

年齢40歳〜50歳代、160cm位、中肉〜小肥り、ピンク色女性用の下着を着用

 パンティー男現る。寒いだろうに………

2018-11-28

最寄駅に住み着いているホームレス

いつも通る道の脇に寝床があって、よく昼間そこで寝ているのを見た

寝床と言っても、ダンボールハウスのような立派なものじゃなくて、

地面にダンボールを敷いて、安っぽいビニール傘屋根側に固定したような代物だ

夏場や冬場は、よくまああんなところで寝られるものだと思う

最近近くを通りかかると、その寝床花束が添えてあり、家主を見かけなくなった

あぁそうか、と俺は思った

最近寒くなってきたから体調を崩したのだろうか?

それとも事故だろうか?

人生最後路上で終えるなんて、何がきっかけでそうなってしまったのだろうか?

それとも案外気楽で楽しかったのかもしれない。

いつも仲間と駅の隅っこに固まってタバコを吸いながら談笑していたっけ。

なんとなく、そこを通る度にそんなことをつらつら考えるようになった。

今日そこを通ったら、何事もなくそこにあのホームレスが寝ていた

なんだよ!生きてんのかよ!

2018-10-11

最近ビニール傘って白い粉がついてないのな。

久々にビニール傘買ったからびっくりした。

2018-09-19

anond:20180919203153

あー間違えたって言われたら確かに詰むかも

ビニール傘だったら絶対無理だよね

高校時代だったから向こうもそんな強硬策には出なかったけど

2018-08-31

大人になると自分の持ち物に自分名前って書かなくなるよね

そんなことない?

子供の頃も自分では書いてなかったけどさ

みんな大人になっても書いてるのかな自分名前

今度お母さんに頼んでみようかな

ビニール傘パクリマンをやっつけて、って

2018-08-27

駅が停電して電車が止まった😨😨😨

十分待っていて気がついた

これは飲むやつだと🤔🤔🤔

酒のほそ道かなんかの漫画で言ってたが、台風ときに吹きすさぶ風や轟く雷の音を聞きながらの酒は

まらんそうだ👨

しかしそこは日本鉄道

早々止まることはなく、そんな機会は訪れることはなかった...😰

と思っていたら今日きた😝😝😛😝😛😝😛😛

これは絶対に逃してはならない

今日は謎な時間昼ごはんを終えていたのでBARにいくことに

早速駅の方に行く

そして音から予測はしていたが大雨☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔

そして駅に今ついたらしき人々、衣服が肌に張り付いてるようなびしょ濡れぶり。

普段天気予報理由もなく信頼していない私はもちろん傘を持っていない

目の前の豪雨を傘なしでは切り抜けられない。

いや、切り抜けられる。

切り抜けられるがびしょ濡れになってしまっては肝心の非日常飲みに集中ができない。

ならば傘は買うしかないのだ。買わなければ...買わなければ...!

でも傘を買う傘がない

目の前には二十メートル先にコンビニ

そして下北沢改札には電車が動くのを待っている人々がたくさんいた

🤔...😉💡

駅前ビニール傘を肘にかけながら文庫本を読んでいるダンディーなおじさんに声をかけた

🙇「すぐそこのファミマで傘を買うのですが、傘を貸してもらえませんか」

🙆「いいですよ」

すごい優しかった!!!ありがとう文庫本を読んでいるおじさん!!!

そしてここで会社で培った根回し力も実は炸裂していた💥💥💥💥

🧓📲プルル

👱「はいファミマ下北沢駅前店」

🧓「傘、在庫ありますか?」

👱「そうですね...なかなかありますよね」※原文ママ

圧倒的大雨のなか、傘の在庫がないとは限らない

無駄足にならないよう事前に確認をした😍😍😍

そして安心して傘を買い、文庫本お兄さんに傘を返したらバー直行😊😊😊😊😊

バーではなんかアンチョビとか突き出しチーズを日替わり白ワインとやったりした😊😎😊🙂😉🙂

あと、三千円でマッサージも受けといた

今回は腕前は普通だった

でも非日常を思わず体験できたのでオッケー👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍

明日は朝から10時なのが玉にキズだけどそんな感じ😚🙂😊🙂😊🤗😋🤗😊🤗😊😚🤩😚🤗😚🤗😋🤗😋😋🤗😊🤗😚🤗☺️😋🤗😊🤗😊😍😂😄😁😉🚯🛂🚯🛂🚯🚰🚯🚮⛔😁😎😊🙂😊🤗😋😊🤗😚🤗😊🤗😋🤗😂🤗😂😍☺️😎😂😍😂😍😉😚🤗😊🤗😉🤗😆

2018-08-05

日傘なんてなんの意味もない

試しに家のビニール傘さして歩いて見たけど全く効果なかったわ

2018-06-06

anond:20180606224406

傘は昔より退化した

人々は一つの傘を使い続けるということが少なくなり資源を浪費するようになった

ビニール傘をわざわざ直して使おうという人はいないしそもそもそのサービスもない

傘は単体での利便性の発達とともに補完的な制度が衰退してきた

全体としてみれば五分五分でさほど進化も退化もないくら

2018-05-24

悲報はてなーなんJネタ転載マジレス200ブクマしてしま

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180523112003

2018年新入社員

ウォーターサーバの水を飲む 定時出勤 定時退社 遅刻する 1000円でコンビニ弁当をかってくる

高菜を食べてしまう スーツを着てしまう タンクトップで出勤 リュックで出勤 ビニール傘を買ってくる  

上司より早く仕事を終わらせる 土曜出勤を拒否 エレベータを使う セクキャバ名刺交換する  廊下上司とすれ違うとき軽くジャンプしない

歓迎会オレンジジュースを頼む 出勤してすぐ着席 気温20度以上なのに長袖長ズボン出勤  52億の商談に失敗する

先輩を射殺してしまう 松屋テイクアウトして会社で食べる ほっぺに食べ物を詰め込む  強盗殺人前科がある

メールのシーシーが分からない 飲み会定食を頼む 有給を使う 1万円でコンビニ弁当を買ってくる

ソーセージシャウエッセン 会社でガムクチャ サービス残業をする 携帯電話はれーきゅーれー

火曜日には調子出る コーヒーが苦手 昨日と違う服を着る 命ある身体を持っている 空気を吸う

メアドgmail@・・・ Yahoo!メールを使う 大谷みたいになるといって退職する 名前潤滑油 ホモビデオに出演する たまげる

電話ミスして1億円の取引を失敗 イヤホンをつけて帰社 昼食におにぎり ミスって部長の机に射精する

好き嫌いがある 日曜夕方電話に出ない 目玉焼き胡椒をかけて食べる 世界の真理をしらない 笑う

トイレにいってしまう ミスって社長の机の上でうんこする うんこした後消臭しない 先輩のうんこを流す 

うんこを流さずトイレを出る うんこをもらす 情報もらす 社宅に住む コーヒーカップに小便する  徒党を組む

スマホポッケに入れて仕事をする 社用車コンビニへ行く 会話をする 子供がいる 職場に孫を連れてくる

社用車サイドブレーキ引かずに駐車する 便所で昼飯を食べる イヤホンしながら仕事する 飲み会で一発芸をしない

巨乳を揉みまくる 電話で話終わりにオーバーを言わない 取引先のお茶を飲む 朝礼でおはぎを配らない 社長を孕ませる

お前呼ばわりされて退職 消臭元を完飲する 職場で鰻を捌いて食べる 昼食時に自分の水しか持ってこない

会社株式を25%買い占める 朝礼で急に踊りだす 漫画村を潰す 全員のデスクなめ猫シールを貼りまくる 授乳手コキ物でパイズリさせる

ワグネリアンを買う 打率が.189しかない 野手の癖に9番 スプーン牛丼を食べる 歯を磨いて出社する

社長釣り仲間 上司より早くタイムカードを押す GWバーベキュー大会に行かない


これくらい完全版ならネタって気づいたのかな

2018-05-13

先日、折り畳み傘をパクられたのだが

1. しょうがないので安そうなビニール傘パクる

2. それもパクられたので、ちょっと良いビニール傘パクる

3. それもパクられたので、さらに良いビニール傘パクる


かなり大きく立派なビニール傘が今手元にある

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん