「芥川賞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 芥川賞とは

2022-06-23

anond:20220623202859

芥川賞作家と同じくらい、俺はそいつを狙う銃弾を代わりに受けてそいつを守ってやれるような勇気がほしい。

2022-06-18

anond:20220618115634

女が何か書いているという設定だけで安い共感が集まる。

そんなんスポーツ新聞官能小説20年以上前に通った道ですよ。

彼らが切り開いた道を今更芥川賞あたりがなぞってありがたがっている。

2022-05-13

ドラ1候補談義にこいつ入れる必要あったか

【ドラ1候補大学生編4】山田健太(二塁手立教大・183cm90kg・右投右打・大阪桐蔭高)

 

高校からずっと見てますけど、彼がものすごい爆発力を見せてくれたこと、まだ1回もないんですよ。でもね、なぜか、セカンドならセカンドを守ってるだけで、キラキラッと光ってみえる。“ブランド”って、そういうもんじゃないですかねぇ」(Aスカウト)

 

「こういうドラフトランキングみたいな話になると、必ず山田名前が挙がるじゃないですか。私、それがわからない。確かに右方向に大きいの打てるのは、なかなかいませんけど、だからって、中央(大)の時の牧(秀悟、横浜DeNA)ほど打てるわけじゃない。足も普通守備もこの前のリーグ戦で送球ミス見てますし。大阪桐蔭レギュラーで、立教でも1年からレギュラーですけど、その間に磨きあげてきたものがあるはずなのに、もっとわかりやすい形で発揮できていい。きびしい言い方になりましたけど、正直な感想はこういうことですよ」(Bスカウト)

 

こいつほんまにドラ1候補か?

勝手名前上げられた挙句Disられまくってるの純粋にかわいそうや。

 

ちょっと前にタレントだか学者だかの作品芥川賞候補作品になって

「こんなゴミ芥川賞にふさわしいわけない」みたいに叩かれてたけど

応募してやるぜぇ!って挑んだわけでもなんでもなく勝手候補にされて

ガンガンDisられるのってすげー理不尽に感じるわ。

2022-05-10

芥川賞作家が書いたアルカリって小説が良いんだよぉ〜」

「え?読んだことないの?今どきの若いもんは本も読まないのか?」

2022-03-19

まーたはてブ戦車不要論が盛り上がってる

対戦車砲ジャベリン」、ウクライナ抵抗象徴ゲリラ戦有効

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.afpbb.com/articles/-/3395601

ブコメ読んでて気になったので。

そもそもウクライナ軍ってどんな感じの戦力を持ってるの

ニュースツイッターで流れてくる情報で、「ウクライナ軍にはどんな部隊が居てどう動いているのか」みたいな情報、さっぱり無いよね。気勢を上げる民兵とかトラクターでAFVを回収してくる農家とかみたいな動画は目立つけど、軍が組織的にどう動いてるのかみたいな情報は流れてこない。

軍事研究2022年4月号の藤村純佳「ロシア軍を迎え撃つウクライナ軍の実態」によると、常備軍陸軍だけで14.5万人。郷土防衛軍(民兵)が13万人。戦車も(旧世代ではあるものの)T-64T-72系が主力で1000両近い。さら質量ともに充実した砲兵火力と防空システムを備えた、結構侮れない規模の軍事力

マジでこの記事だけでも買う価値はあるので興味のある人は買っとこう。

https://www.amazon.co.jp/dp/B09SYBRNXW/

編制についてはこんな感じで。

https://twitter.com/grachan_smile/status/1499177922078253060

2コ山岳旅団、9コ機械旅団、2コ戦車旅団、4コ自動車旅団。7コ空挺・空中機動旅団(ただし、空中機動してるとは思えず。軽歩兵としてヤバい部分の増援に突っ込まれてるっぽい。)。さら予備役部隊として3コ戦車旅団、4コ自動車旅団に2コ砲兵旅団。加えて郷土防衛隊(民兵)25コ旅団

もちろん攻め込んでる側のロシア軍の方が質量ともに充実してるのでウクライナ軍はかなり押し込まれているのだけれど、逆に言うと事前の下馬評だと「三日で国が無くなる」みたいに言われていたのが三週間過ぎても「押し込まれてるだけで済んでいる」のは上で書いた「重い」(砲兵と機甲が充実した)戦力が(おそらく大きな出血を伴いつつ)支えてる部分が大きいはず。

もちろん防御戦ではジャベリンを含む対戦車火力がものっそ有用であるのは確かで、「1~2kmぐらいの射線が通ってる十分に偽装された防御陣地」みたいなロケーションで大活躍してるはず。具体的な情景としては砂川文次『小隊』( https://www.amazon.co.jp/dp/B08VZDFVNJ/ )とか読んでみると面白いかも。芥川賞候補作にして「人」先生も推薦の一作(ref. https://qjweb.jp/feature/46167/4/?scroll=h2-3 )。ジャベリン出てこないけど、「防御陣地で戦車を含む諸兵連合部隊を迎え撃つことの地獄み」を地べた目線で描く作品

「逆襲」の季節と戦車

で、ここまで書いて戦車不要論の話になるのだけど、「防御は良いとして逆襲どうすんの?」という。

ウクライナ軍の立場に立ったら、キーフ(キエフ西方の包囲翼を東西から打撃したくない?マウリポリやチェルニヒウの包囲をこじ開けて民間人を救いたくない?(当然したいよね)

となるけど、ジャベリンに限らず携帯戦車火器全般って待ち伏せでは輝くけどこちから姿を晒して攻めるぶんにはかなり不利なのね。戦車だったら戦闘しながら(抵抗排除しながら)一日数十キロとか前進できる。火力と装甲があれば多少の無理は押し通せる。実例としては開戦当初にベラルーシからチョルノーブィリを経由してキーフに突進してきたロシア軍とかね(キーフ前面に到達した後で補給問題で苦しんでるのは作戦計画杜撰さが問題であって戦車関係無い)。

戦車使わずトラックや軽装甲車両だけで逆襲するの?対戦車ミサイルとか持ち出す暇もなしに一方的待ち伏せされて終わるよ。

実際のとこ、ウクライナ軍は予備役の機甲旅団前線に投入せずに逆襲のためのとっておきの予備戦力として拘置してるのかもしれない、あるいはヤバい戦線を支えるために積極的に投入してしまって手持ちの切り札が無い状態なのかもしれない。ただ、どちらなのか判断出来るような情報は全く流れてこない。

それはそれとしてUAVは今後一気に導入が進むかも

戦車不要論と一緒に語られがちなUAV万能論だけど、万能ではないにせよ今回の戦争砲兵向けの観測手段としての注目度が凄い上がってる(上でも書いたけどウクライナ軍の砲兵戦力は結構分厚い)。「正規軍がぶつかる戦場だとUAVとか活動できないだろ」と言われていたけれど、実際にロシア軍野戦防空を掻い潜って色々活動できてるので、おそらく導入は一気に進むんだろうなと。

2022-02-11

蹴りたい背中」は学生じゃなくなってからようやく読めるようになった

綿矢りさの「蹴りたい背中」がとても好きだ。定期的に読みたくなる。

こんなに何回も読んでるのだけど、発売当初は全く読むことができなかった。

私は今30なのだが、確か「蹴りたい背中」 が芥川賞を受賞したとき、まだ10代半ばくらいだった気がする。

今も昔も、話題になった本ばかり読むミーハーな私は、「蹴りたい背中」もすぐさま読もうと試みた。

でも最初の数ページで駄目だった。

主人公クラスハブられてる描写が辛すぎて読めなかったのだ。

今でこそあのリアルさと流れるような文章ギャップ気持ち良さを感じることができるけど、その頃はあの教室描写リアル残酷でどうしても駄目だった。

主人公自分を重ねてしまってたんだろうなー。決していじめられてた訳ではないけど、その頃は、いつか皆からハブられるかもしれないという焦りが常にあった気がする。

大人になったらそういう焦りとはある程度距離をとることができて、ちゃんと読むことができるようになって、本当に良かった。

他にも多分、そういう本、結構あるんだろうな。

手始めに、綺麗事ばかりでぶん殴りたくなった「星の王子様」でも読んでみようかな。今読んだら、感動して泣いちゃうかもしれないな。

2022-02-10

10年前くらいに一人暮らしで住んでいた東京郊外賃貸物件にさ、前の住人宛の郵便物がたまに届いてたんだけど、なんか出版社から書類とか献本みたいなものが含まれたから、もしや!と思って郵便物宛名検索してみたら、芥川賞受賞作家だったわけ。

それだけの作家が住んでたのか、この広さだけが取り柄のボロい賃貸に…と思ってベランダに出たら、遠くに富士山が見えて、何か急に視界が広くなったような気がしてきて。昨日までの残業の疲れなんかはまるで無かったように頭がスッキリした感じがして。

もしかしてこれが天啓…!と思って1ヶ月間、思うままに初めての小説を書き進めてみたら、箸にも棒にもかからない駄作が生まれた。

やっぱ才能は場所ではなく人に宿るね。心の底からそう思いました。まる。

2022-02-01

石原さんは政治家としてはよくわからなかったが、

文学者文芸者としては超一流だった。都知事の会見での回答なども文学者っぽかった。

そういう点では宮崎駿監督も同じ匂いを感じる。絵描き映像監督政治家で違うけども、根本文学者だと思う。

文学新聞メディアの中心でなくなった以上、こういう人はもう現れないだろうなあ。

石原慎太郎氏、自作を語る『わが人生の時の時』、死の影と生の充実

2019.2.21 10:12 ライフ 学術アート

ときさし石原慎太郎インタビュー

「こんなにいろいろ体験した物書きはいない。ある意味、ぜいたくな人生だと思うよ」と話す石原慎太郎さん(酒巻俊介撮影

DSC_3468『わが人生の時の時』

小説集や文庫に収められた『わが人生の時の時』

 政界引退して4年余りが過ぎた石原慎太郎さん(86)はサッカーヨットダイビングに、とさまざまなスポーツに熱中してきた。そんな“肉体派作家身体感性が鮮やかに結晶したのが、平成が始まって間もなく刊行された自伝的掌編集『わが人生の時の時』(平成2年)。かけがえのない時の断片を乾いた筆致でつづった40の掌編は死と隣り合わせにある生の輝きを静かにうたいあげる。(聞き手 海老沢類)

 この本は不思議きっかけでね、大江健三郎のおかげなんですよ。テレビ局の依頼で反核運動が盛んだった西ドイツ(当時)に取材に行ったら、同じ目的で来ていた大江と会った。ベルリンの壁の前で僕は覚えたてのスキューバダイビングの話を彼にしたんです。この本に書いたオキノエラブウナギという猛毒をもった不思議ウミヘビと遭遇した体験を語って「海の底全然違う宇宙で、いろんな発見があるんだ」と。大江はやけに感心して「石原さん、そういう話、絶対書きとめておいた方がいいですよ」と言う。

 思えば、僕は他の作家にはない体験をしてきたし、いろんな人と出会って面白い話も聞いてきた。人生を記録として残そうとしたんです。書きながら人生を感じ直したよね、強烈に。

 《収録された40編の多くが海での体験談。知人の遭難自身の大けが、巨大な生物との遭遇などが回想される。弟の俳優裕次郎さんとの別れや霊の存在示唆するような不思議出来事戦時日常も描かれる》

 僕は肉体派からね。肉体を使った行為というのはその裏側に必ず死の影がある。スキューバダイビングでも随分怖い目に遭ったし、遭難にも立ち合った。避けようもない落雷ヨットの甲板上で目にする「落雷」という一編があるけれど、あのときコンパスクルクル回るのが気持ち悪かったね。

 ただ僕はね、恐怖は人間が味わう一番の感動だと思う。恐怖が通り過ぎた後には安息があるし、たった今過ぎていった凝縮された時間の充実をも感じる。死とのコントラストの中での生の味わいは深いですよ。死は人間にとって最後の未知だから興味がある。この掌編群はいわば、いつ死ぬのかな、という緊張の中でとらえた生と死のフラグメント(断片)なんです。

 戦時体験も書きました。横須賀から出航する前、家族最後の別れをする将校の姿とかね。僕らをかわいがって膝の上に乗せて頭をなでてくれた青年将校が死んでいく。その妻が葬式で何も入っていない骨壺を抱いている…。戦争不条理残酷さは僕の中に鬱積して、国家への愛着、そしてアメリカに対する反発となった。盛田昭夫さん(ソニー会長)との共著『「NO」と言える日本』(元年)もそういうもの潜在意識にあって書いたんです。

 《26年、衆議院議員最後政界引退。精力的に執筆を続け、田中角栄元首相の生涯を一人称でつづった『天才』(28年)は大ベストセラーに。現在文芸誌に小説を連載する》

 随分危ないこともやってきたと思うけれど、僕はそれはそれでとてもエンジョイしてきた。自分をつき動かすのは結局、人生に対する好奇心なんだよね。

 ライフワークが一つあってね。仏教徒から法華経現代語に訳そうと思っている。法華経は非常に哲学的で、存在時間について深く考えさせる。今は道半ばだけれど死ぬまでに完成したい。

 やっぱり小説が一番面白いよ。政治家同士のだまし合いなんか、最も薄っぺらいね。僕は作家だしヨットマンですよ、ずっと。でも時化(しけ)たレースではさすがにもう乗れないな。

 『わが人生の時の時』 文芸誌「新潮」の平成元年10、11月号に掲載。翌2年に新潮から単行本刊行され、後に文庫化された。『石原太郎文学』(全10巻、文芸春秋)の第8巻に、エッセー『わが人生の時の会話』とともに収められている。

 〈いしはら・しんたろう〉昭和7年、神戸市まれ一橋大在学中の30年に「太陽の季節」でデビューし、翌年に同作で芥川賞。『化石の森』で芸術選奨文部大臣賞、『生還』で平林たい子文学賞。43年に参議院議員当選。後に衆議院に移り環境庁長官、運輸相などを歴任平成11年から24年まで東京都知事を務めた。

https://www.sankei.com/life/amp/190221/lif1902210022-a.html

2022-01-22

直木賞とか鬼滅の刃とかってダメなの?

もうマンガでもよくない?

あんなに社会的影響も与えつつセールスも上げてるんだし、

格式高いよく分からない直木賞とか芥川賞とかのイメージアップ

まあ鬼滅の刃とは言いすぎたかも知れないが、

漫画入賞させてもまた賞自体も盛り上がるんじゃないだろうか?って思う。

2022-01-05

anond:20220103102054

イベント参加者テンプレートすぎて釣りだと思います

・今は表紙で中身が容易に想像できないと買ってくれない時代なので、たとえその本の中身が芥川賞受賞級の最高傑作だったとしても手に取ってくれる可能性は極めて低い

無名作家がいきなり小説出しても都合よく興味持ってはくれない。小説漫画よりはるかハードルが高い。たとえ参加イベントオンリーだとしても

・売れたいならpixiv小説バンバン投稿twitterで仲間を作り交流知名度を上げる(=その作品に対する愛情アピールする)

著作権やらで悩んでいるなら本は諦める

2021-12-11

anond:20211211115730

でもそれ別に障害者に限らねえ話じゃん

今って芥川賞現代アート政治も何もかも、表現の中身そのものより「どこの陣営の誰がそれを表現たか」の方がずっと重要なんだから

2021-12-07

SFマガジン文芸誌か?

SFマガジン企画Twitter炎上して中止になったことについてサエボウ氏が「読者同士が遊びでやることで文芸雑誌でやるネタじゃない~」と書いていて、SFマガジンは遊び企画ができないほど高尚な文芸雑誌なのか?と思った。

そりゃSFだって小説だし文学だろうけど、今現在における一般人の「文芸イメージとしては、イコール純文学」であって、「文芸雑誌」というのは芥川賞選考に関与するような純文学雑誌のみを指すと考える人が多いのではないか

SFミステリライトノベルのようなエンタメ小説雑誌に「文芸から外れた「遊び」企画があっても何の違和感もない。これらジャンルには、サンプリング本歌取りオマージュ作品も多い。今回も丁寧な企画説明をしたり軽いタイトルを何とかすれば良かったのではないか

2021-12-02

エロスポエム

とあるアダルトビデオユーザーレビューに「クラスにいるおとなしめのグループにいそうな感じなのに、実は経験豊富エッチに対しても抵抗なくこなす姿にイメージを裏切る姿に興奮と虚無感を覚えます。」とあって、その共感性の高い表現に笑いながらウンウンと頷いてしまった。

なぜ人間エロの前では表現力を最大限発揮してしまうのか。

エロ動画配信サイト小説投稿機能を追加したら、勢い余って芥川賞作家を発掘できてしまうのではないか

anond:20211202084522

ピース又吉のことすげぇ嫌いだわ

こないだのドラフトコントっていう番組で又吉が作ったコント脚本にどう考えても設定にあり得ない矛盾があったのにTwitter見てもややこしい設定と芥川賞肩書に騙されて矛盾にも気付けてない能動的な馬鹿ばっかで呆れたし連載あって忙しいアピールする割に変に凝った設定書いて結果破綻してる又吉にも懐疑的になった

芥川賞作家ってほんと話題性先行だし取らせちゃいけないやつに取らせたんだなって感じ

anond:20211202084001

最近芥川賞とか見りゃすぐわかりそうなもんだけどなあ

文章の中身より書いた奴の属性の方がずっと大事だって

2021-11-29

anond:20211129125301

芥川賞日本文学振興会いるから文春が勝手にやってるわけではない、ただ元増田太宰治賞を知らなかったからゴールずらしに走った感はある、引き分け

anond:20211129124735

芥川賞も文春が勝手にやってるだけなのをご存知ない?

芥川賞直木賞はあるのに太宰賞とか梶井賞はないねんな

太宰は芥川より劣るか?

2021-11-26

anond:20211126193314

からでも小説を書いて芥川賞を取って人生逆転できますよね?


   ← 今どき芥川賞作家でも食っていくのは大変みたいだぞ。少なくとも大きくは稼げない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん