「人生経験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人生経験とは

2020-06-02

anond:20200601232343

高学歴勉強しかせずに大した経験をしてなくて

低学歴勉強してないが人生経験豊富っておかしくね?って言ってるだけかと

歪んでるように見えるのはおまえがコンプレックス持ってるだけだよ

2020-05-31

anond:20200531190222

そういう人たちもオタク仲間ではあるが、エロと同じで実年齢と見た目年齢という話は結構みんな守っているという話と

そもそも次元イメクラっていうだけでもびっくりできる。2次元じゃないんだという。

異様なのではないと思った場合 何が見えるかは そのひとの人生経験次第。だから 下手に触れたくない。

2020-05-28

人間の中身の無さとは何なのか

「中身が無い」とか「中身がある」とか巷でよく言われるけれど、何となく使っていてそれはどういうことなんだろうと思った。感覚的に中身のある人や中身のない人は分かる気がするけど、本当にその人がそうなのかと言われればまた微妙だし、自分自身も正直よく分からない。

ここで中身の有無はどんな感じか考えてみる。ただの自分解釈ではあるんだけども。

人生経験が少ない=中身無さそう?

経験したこと絶対数が少ないから、経験の数がある人に相対的に引き出しの数で負けるから中身が無い感じがする。

知識が無い=中身無さそう?

色々な考えが自分の中にないから、自分世界しか知らず、知識のある人より引き出しが少なく相対的に中身が無い感じがする。

・考えが正しいっぽい=中身がありそう?

論理的かつ具体的に共感したり納得できる考えを話せると、その考えのベースに何かありそうだと思い、それがいわゆる中身なのかも。正しいかそうでないかは別として正しいっぽさだけあればいいんじゃないかと。

自分が金や時間をかけることへの理由が言える=中身がありそう?

これが正直本命。なんとなく行動してる人より、行動を掘り下げて理由があって、その理由が正直っぽければ中身ある人って感じはする。

・中身の有無は実はハッタリ説

人間のできることや考えは限界がある。同じ経験や考えを持つ人もいる。でも話し方だったり経歴なんかで中身がある風になってるという説。というかマウンティングによって一時的に負かした人に自分の中身を無いと思わせてる説。


きっとこれが全てじゃないから他にも何か要因的なことがあったら教えて欲しい。

中身があるかないかって実は他人ほとんど勝手雰囲気で決めてる思う。けど一つ思うのは、特に必要なければ自分他人の中身の有無を勝手判断しなくてもいいってこと。中身があるとかないとかばっかり言ってるのよくないと思う。

2020-05-09

anond:20200425144157

詩というのは、自分が見ることのできない情景を思い浮かべながら読むものだと思っているんだけど、

TVたかだか20インチのちっちゃな画面でしか見られなかったのが今は50インチとか普通にあるし、

パソコンスマホネット検索すれば、いくらでも美麗な景色がすぐに確認できてしまう。


いや、風景だけじゃなくて詩の物語性が・・・という人もいるかもしれんけど、

ネットにはあらゆる物語が溢れている。

一人の詩人が、その人生経験を詩に表現する間に、インターネットでは、

何億人もの人間創作したり、体験談を書いたりしてる。


詩の言語的な表現技法が素晴らしいのだ・・・と考えるのは、もう文学オタク

文学専攻の学生くらいで、一般人はそこに関心を示さない。


詩はもう社会において役割を終えた表現方法なんだと思う。

2020-05-08

好きな人LINEしたい

3日間くらい続いてたLINEが途切れてしまった。

盛り上がっていたのだが急に塩対応になった。

その後、会って話したときはいつもより長く話した。

もっと好きな人のことを知りたいかLINEしたいんだけど、急な塩対応だったから躊躇ってしまう。

しか話題もない。

デートすることもコロナで飲みに誘うことも出来ないからなかなか距離を縮めることが出来てない。

どうにかしてLINEしたいから、色々と考えてるけど乏しい人生経験からは良い案が思い浮かばない。

神様!!!どうか私にチャンスをください!!!!なんでもしま!!!!!

はてなーって自分が少数派ということに気づいて無さそう

はてなーの特徴。

  • 上っ面だけ賢い言葉を使うも中身は無い

こんな偏った人たちはごく小数です。自分たちが少数派なの、気づいてますか?

2020-05-02

視聴負荷の少ないyoutuber教えてくれ

はいどうも~!!!wwwww」系はもう年齢的にきつい。

自分より充実して幸せ人生送ってるのが滲み出てるようなのは見てるといろんな感情がわきあがってきて疲れる

落ち着いた大人のやつでも嫁がいて若い頃充実して人生経験豊富なんだろうな~みたいなガジェットおじさんタイプこちらが惨めになるからよくない

しゃべらないのはながら作業に使えない

ゆっくり陰キャ感がでていい感じ

自粛中に一人でめしくいながら視聴するのにいいyoutuber教えてくれ

2020-05-01

anond:20200430012531

近い人生経験してる

自分場合は、エンジニア就職したけどコミュ力不足でだめだった

エンジニアだと、顧客のやりたいことを理解するコミュ力エスパーする力)が必要でつらかった

で、今ニートだけど3DCG就職すべく頑張ってる

3DCGは、結果(見た目)が良ければなんでもいいって成果主義らしい。

またチームですすめるwebデザイン系と違って個人裁量が大きい仕事らしい。

から3DCG増田美術系得意なら向いてるかもしれない。

ちなみに増田ADHD?ASD? 自分ASDだけどコンサータもらってる。

コンサータorストラテラ集中力切れに悩むならおすすめ

2020-04-20

バイト日記

 オーナーが(基本的に悪い意味で)神経質なお陰で、レジ前面にでっかい透明シートがぶら下がった。こういう時だけはオーナーの(基本的に悪い意味で)神経質も役に立つというか。

 それは良かったのだけど、シート+マスクお客様の声が凄く聞き取りづらくなっていて、困った。一々聞き返さないといけなくなり、ムッとされる。私の声はでかいしよく通るので、普通にお客様の方まで聴こえるようなんだけど、私の声普通に聴こえるせいでシート+マスクにかなりの防音効果があることが、お客様には分からないようだ。(なお私以外の店員も声がでかくてよく通る人ぞろいなのである。)ただただ私の耳が遠いと思われてるっぽい。お客様の反応からそんな感じがする。すいません、本当に何言ってるのか聴こえないんです。

 相変わらず、店は行き場を失った子連れ家族の憩いの場と化している。ちょっと遅い時間なら空いてて良かんべ……だが、考えることは皆同じ!子連れ家族は大体同じ時間にやってくる!すごく……三密です……。でもまあ、一つの家に完全に引きこもってる家族が数家ぶんだから感染拡散させる可能性は低いっちゃ低いのかな。

 私に対して「お願いします!」の一言で全部の注文を済ますお客様が、二、三ヶ月ぶりに来店。痩せておられた。やっぱり敢えて私のレジに並ぶ。

 自粛で行き場を失った人々(家族連れだけに限らない)で妙な時間帯に混んじゃうので、雑用は隙あらばガンガン進める方針でさっさとやっつけてしまった。一緒に組んだベテランバイトの人が先手先手で雑用を終わらせる主義なのでよかった。組むのがオーナーだと悲惨だ。オーナーは(コロナ前の)普段混む時間帯に人っ子一人客が来なくても、「混んでる最中雑用してるのは格好が悪い」と言って雑用禁止する。そして、(コロナ前の)普段ならば閑散とする時間帯だが今は「今なら空いてそう」と当て込んだお客様達で溢れる時間帯に雑用をやれと命じ、拒否れば怒り、従えば「何で今やるんだ!」と怒る。私の上がりの時間雑用がもりもりに残っていればまた怒る。そんな感じで、オーナーと組む時のシフト地獄だ。

 暇な時に、雑用は先手でこなす主義ベテランバイトの人と品出しをしていたのだが、オーナーはかなりのトラブルメーカーだとベテランバイトの人は言った。私がオーナーに集中的に八つ当たりされて辛いと、以前ぼやいたことへのアンサーのようなものだ。

 私とベテランバイトの人が組んでシフトに入っている時間帯に何かしらの用事があってオーナーもいるという場合。そういう時は私に集中的に八つ当たりをしてくるのは、気のせいではなくて事実だし、客観的に見て明らかだという。オーナーにとっては、私は他の従業員に比べて当たり易いようだ。でもって、夕勤に入っている女性は全員、オーナー八つ当たりされまくりなのだそうで、そういう意味では私は特別ではないらしい。

 夕勤に私など女性バイトが入っていない時、なんとオーナーは機嫌が悪いと客にすら当たるという。

 そんな訳で、先日オーナーは非常につまらんことで客と大喧嘩になったそうだ。ベテランバイトの人的には「いつもの光景」だったらしいのだけど、その時一緒にシフトに入っていた新人バイトの子が怯えてしまって、可哀想だったとのこと。事の発端が、お客様新人バイトの子に、その子とは関係ないクレーム対応を求めたことで、新人過ぎてどう対応したら分からないのでオーナーに助けを求めたら、そんなことになったという。

 大抵のトラブルで、オーナーが出ていくと余計面倒臭いことになるとベテランバイトの人は言った。例えば値札と商品の値段が違うとか、賞味期限切れ商品を売り場に放置していたとかいう、明らかに店側の落ち度の案件でも、オーナーは機嫌が悪いと「へぇ……で?(金返しゃいいだろ」みたいな対応をするので、お客様激怒させるのだ。

 オーナーには相手を煽っている自覚がないので、「ちゃんと返金したのにキレられた!悪質クレーマーだひどい!」と思い込んで怒れるお客様暴言応酬して喧嘩になるのが、いつものパターンなのだ

 まったくずぶの新人でもない限りは、何かクレームが入った時にはオーナーを出さない方が穏便に片付く、特にベテランバイトの人や私は人当たりが良い方なので、クレーム対応お客様をより一層怒らせることはないので、自己解決ベスト……。

 当店に私が採用面接に来たときオーナーが、

 「夕勤は若い男の子ばっかりだから接客が丁寧に出来なくてお客さんと揉めることがよくあるので、増田さんみたいに接客人生経験のある人が入ってくれると助かる」

なんて言ってたけど、雑な接客トラブルを起こしていたのはオーナー本人だったという訳だ。

 ベテランバイトの人は、オーナーは元からそういう人であって、バイト八つ当たりしまくってても特に相手の事が嫌いとかクビにしたいとか思っている訳じゃないから、上手くスルーしたり転がしたりしていればいいといった。つよい。

2020-04-07

anond:20200407004819

ずいぶん辛い悩みを抱えていらっしゃるようですね…

私見ですが、打ち明けるべきだと思います。彼がそれを乗り越えられないなら、幸せいっぱいな家庭で育った為に、伴侶の姉が風俗嬢ホストに入れ込んでるとか、伴侶がかつて水商売をやっていたとか家族から暴力を受けていたとかお金がないとか。その程度で家族を大切にしようとすることを止め、愛することを諦めるような人間背中を任せようとは、私があなた立場だったら思いません。

ただ、あなたがお姉さんを切り捨てている(切り捨てようとしている?)のは事情事情とはいえ、気になります時間をかけて説得すれば変わってくれるかもしれませんよ。死んでくれたら… は気の迷いでなく本当に本音ですか。もしそうなら、あなたは、彼が同じような苦境に陥ったときに同じように彼を捨てることになるでしょう。そして逆に彼があなたを見捨てる可能性も同時に引き受けなければなりません。それらが分かっているのだから、予め話しておくのはより誠実な態度です。もし切り捨てる覚悟を決めたのなら、お姉さんのことは問題にならないでしょう。成人すれば人は皆、独立した人間です。彼女が誰に迷惑をかけようともそれは彼女問題です。赤の他人迷惑をかけてるのを自分がしでかしたことのように気にするのは、彼女責任能力への侮辱です。放っておくべきです。切り捨てているので迷惑を被る心配もない。おっしゃる通り債務個人問題です。お姉さんがもし破産してその後に生活保護を受ける事態になったときには、家族に協力を打診する連絡が来ますが、断る自由保証されています

個人的には、大切にすべき家族を見離す、そんな哀しいことはできるならば避けてほしい。けれど、障がい者の辛さを引き受ける責任は、社会全体にあります家族けがしまなくていいのです。私には、あなたができることがまだあるのか・もうないのか、は解りません。いただいた文章だけでは情報量が少なすぎるからです。あなたの人となりも解らないし、感じてきた苦しみや憂いを読み取るのにも限界があります。ここに書かれているのは無責任外野による人生経験クイズの早押し回答に過ぎない。残念ですが、これは匿名ネット限界です。私たちには荷が重い。本当に深いレベル問題を共有できる適任者は、きっとあなたそばにいます幸運を祈っております

2020-03-28

クラス底辺ぼっち女だった

小5から浮き始め、ただでさえ奇異な人間であったのに、恋バナにのれないことがどんどん大きな障壁となり(恋愛に彩られたもの……音楽ジャニーズドラマ少女漫画携帯小説etcの話からも浮き)、恋愛についぞ興味を持てぬまま、女子の輪に入る術も持たず社会に放り出された発達障害者。最低限の会話はできるが人間関係を築けない。部活動の友人が数人いたこともあったが、高校卒業から今の今まで新しい友人は1人も出来ず。かつての友人ーそれがわたしの今もつ友人の全てであり4人しかいないーとは、新しいライフステージで新しい関係を持つように成長していく様を見せつけられると息ができなくなりそうになるので、普段は連絡を経っている。年に一度会うか会わないか。あちらはあんなに優しいのに、わたし彼女らの人生が交差した一瞬は遥か昔だと思うと辛く、妬ましく、醜い感情に溺れそうになる。わたしにとっては数少ないたったの4人だが、彼女らには既に家族や新しい友人や恋人がいる。発達障害の筆不精も手伝い、年々便りの数は減っていく。

職場では変わった人として受け入れられているが、飲み会などは参加できない。怖いからだ。職場においてわたしは群れの一員ではなく、ただ愛玩動物のようなものである。無害で無力で、可愛がるには丁度良い。わたしはその愛玩動物の役に足りえるように取り繕い、尻尾を振る。不注意と衝動性でミスがつもるとき、彼らに見放されるのではないかと思い胃が痛む。変わり者の立場はひどくあやうい。

彼氏どころか友人もいない。寝て過ごすだけの休日と、変わった人としてなんとか見放されぬように努め、取り繕う平日を繰り返す。

時々、目一杯化粧をし、着飾り、服を買いに街へ出る。友達とはしゃぐ女子学生、彼氏と手を繋いで歩く女性子供の手を引くお母さん……わたしはそのどれでもない。店員にびくつきながら買い物を済ませる。「試着いいですか?」そう言えるようになったことが誇らしかったのも随分前だ。もう、言える。誇らしさはないけれど、未だに声が上ずるのは治らない。

ドラッグストアで買った安い化粧品、600円のイヤリング、無理して履くハイヒール。なんとか女性のようになろうとする。いつも、わたしはそこにいるべきでないように思う。店員は怖い。わたしが1人の友人も持たず、趣味もなく、ただ、人生をやり過ごそうとしてる紛い物の女であることを見透かしてくるように思える。いつか相応しくなれたら、BAさんからデパコスを買いたいと思う。そう思いながら、デパ地下惣菜を買う。惣菜売り場はよい。わたしにも居場所がある。

たまの贅沢は、1人で入るチェーン店と出前。本当は高いコース料理好きだ、が、一緒に入る相手はいない。友人は家族恋人のためにお金を使うだろう。それでもたまに、1人でホテルブッフェを食べに出かけ、生きた心地せずに食べて帰ることもある。コースを1人で頼み、ワインを飲むことが絵になるような美女であったら……と思う。残念ながらわたしは小さく弱々しい。

友人は出来ずとも、恋人なら作れるのかもしれない。顔は並みである。きっとわたしのような容姿タイプ男性もいるだろう。地味な、弱々しい顔。

男性と話すのは女性と話すより幾分楽である。異性として意識されている時の振る舞い方、媚び方は愛玩動物としてするそれに似ている。わたし恋人が欲しいのだろうか?人生経験として必要なのかもしれないと思う。経験を積むごとに大人に近づけるかもしれない。

好きなような気がする人はいた。しかし、感情はごく弱く閾値に達しなかった。もし、本当の恋であるなら、身を焦がすように、いてもたってもいられないように思うのだろうか?どちらにせよ、わたしには関係ない……と思う。

わたしはもう随分職場以外の人間に会ったことがない。大学だってサークルひとつもせずにただ、単位を取るためだけに通った。わたし人生に異性はいない。街コンへ繰り出そうか……と思うが、実行したことはない。

行為したことがない。人並みの性欲はあるが、自慰で事足りる。いっそ見知らぬ男で卒業してみてはどうだろうか?と思う。でもやはり実行したことはない。ただ自慰探究のためにだけに、ディルドでも買ってしまおうか?しかしこれもやはり実行したことはない。

群れの一員になりたかった、普通人間のようになりたかった。長年抱き続けた憧れは最早ない。そのことを考えると、嫉妬がふつふつと湧きそうになるから、いつも急いで目を瞑ってきた。

平穏でさえあればいいようにも思える。恋人よりも、散らかった部屋の片付けが、後回しにしているボタンけが洗濯が、ゴミ出しが……先であるように思う。発達障害わたし日常生活にかなりの困難を抱えている。無論、わたしに助けてくれる「理解ある伴侶」などはいない。少しストレスが溜まると破綻しそうになるぐちゃぐちゃの生活をなんとか維持する。わたしは、わたしのために持ち堪えなければならない。

理解ある伴侶」を探しに出かけようか?と、思う。探せば見つかるのだろうと甘い見通しと甘い確信がある。たが、わたしはそれを望んでいないように思う。想像してみる。少し不細工で、モテない男性アニメオタク。だけどそこそこな収入はある。少し変わり者。その人に愛される。その人に愛されて、わたしもその人を愛すだろうか?わたしの代わりに、洗濯物をタンスにしまってくれる人がいたらいいなと思う。そのためならセックスもできると思う。でも、家がわたしの家でなくなるのは怖い。家ではわたしわたしだ。息をつけるのは家だけだ。多分、わたしは1人を好んでいる。

普通の、人間の、女性恋人がいればそちらに行けるのだろうか?と思う。最早憧れはない。ただ、そちらはここより行きやすいのだろうなと思う。

子供を産めば少なくとも「母親」にはなれる。母のような人生はきっと悪くない。そうするべきなのだろうか?安泰。きっと、愛し合わなくても、恋い焦がれなくても、共に生活する人と自分の子供がいれば、死を前にした老い身体で、暗い穴の淵に立つような気にはならない。わたしは、「母親」にならなければ、将来孤独に飲まれるのだろうか?不幸な老婆になるのだろうか?今は、それほど孤独に辛さを感じていないようにも思う。

母親」になるべきなのもかもしれない。きっと子供かわいい。生きがいになる。でも、結婚したいと思っていない。子作りの相手だって居ない。それに、子供だってそんなに欲しいわけじゃない。将来の夢や目標もなく、ただぼんやりと歳だけをとっていく。老いるほどに、選択肢が減ることにあまり焦りはない。

生理の周期が整わぬまま大人になったわたしは、未だに産婦人科を怖がって、通わずにいる。このところ、卵管が痛むような気がする。怖い。それなのに病院の予約を後回しする自分は紛れもなく生活に困難を抱える障害者だという証左だ。メンタルクリニックだって、なかなか行けない。

わたしはどうしたいのか、いつもわからない。学部だって適当に決めた。就職だって適当に決めた。何にだってなれるのだ、と思う。母から逃れたわたしは、何にでもなれる。が、選択を前にして、何も望んでいない自分に気づく。

もっと、いろんなことが人並みに出来たらいいなと思う。憧れではなく、わたしのために。

平日と休日を繰り返す。祝日を待って、お盆を待って、お正月を待つ。毎日終わりを待ちわびる。この生活は、苦しかった学生時代ずっと待ち望んでいたそれであり、わたし平穏である。ここが、あるべき終の住処なのかもしれない。わたしは、案外この生活が気に入っているのかもしれない。散らかったベッドに丸まって眠る

孤独は時々辛く、しかし息苦しくはない。

いつか、デパコスを買えるぐらい大人になれたらなと思う。もうすっかり、大人であるのに。

anond:20200327070213

2020-03-22

女です。彼女パパ活していました。

私は、20代後半の会社員です。最近20歳大学生彼女ができました。

半年ほど前、レズビアン出会い専用掲示板にあった書き込みに、私が応募したこと出会いきっかけです。

待ち合わせ場所に行くと、アイドルのような美少女がいて、「何かの罠かな?」と思いました。募集文には、「20代前半の女性です。食事をして、気が合えば肉体関係を持てる女性を探しています」と記載されていたので、てっきり少し歳下の社会人女性が来ると思い込んでいたのです。

実際に来たのは、20歳になりたての、学生さんでした。

私は歳上女性しか付き合ったことがなく、10近く歳下の女の子に手を出す気はなかったので、食事だけして帰ることにしました。ところが食事中に、「今日地方から遊びに来ていて、泊まる場所を決めていないんです」と打ち明けられたのです。幼ささえ面影に残る女性を、都会の真ん中に放り出せないと思い、ホテルを探して2人で入ることにしました。

部屋に入り、雑談が終わり、「私は帰りますね」と立ち上がると、彼女は「帰らないでください…」と私の袖を引きました。

私は、そのまま彼女と一夜を共にしました。

行為の後、ベット彼女を抱きしめていると、さまざまな話をしてくれました。男性経験はあるが、行為を好きになれなかったこと。女性を好きではないかと思い始め、セックスをしてみたかたこと。私がはじめての女性であること、まだ恋というものしたことがないこと…。

翌日、連絡先を交換して、次の約束もしないまま別れました。

これが、彼女との出会いでした。その後も、会って肉体関係を持つことを、何度か続けることになります

交際きっかけは、彼女が泣いたことです。

お泊りデートの別れ際、彼女がぼろぼろ泣き始めたのです。びっくりした私が理由を問いただしても、彼女自身も涙が出てくる理由がわからないようでした。

次に会った時は、ホテルの部屋に入った瞬間に泣き始めました。「私は、人は恋をすると、涙が出てくるんだと思います」と伝えると、彼女は「あなたが好きです…」と応えました。

交際を始めるにあたり、私には決めたことがあります。それは、彼女をなるべく自由にすることです。社会人学生では、圧倒的に人生経験が違います彼女を束縛することなく、様々な出会い経験をしてもらい、その上で私を選び続けて欲しいと思ったのです。

ですから、「男性とも、女性とも、他の方とも付き合っていいよ」と彼女には伝えていました。

昨日のことです。2人でお茶を飲んでいると、彼女に「そういえば、先週おじさんとセックスをしたんです」と屈託なく伝えられました。

私は、全身の血の気が引くのがわかりました。震える手を抑え、「大人として、自分はどう振る舞うべきか」を必死で考えました。彼女は続けて、相手男性が60歳近いこと、性行為の後に5万円を受け取ったこと、行為気持ちよくなかったこと、行為の後に交際を求められたことを無邪気に話してくれました。私は笑顔で聞き、相槌を打ち、そのまま別の話題に移っていきました。

その男性の存在は知っていました。時々会う、お小遣いをくれる男性がいると聞かされていたのです。でも、相手紳士的で、肉体関係を求められることもないと。もちろんいい気持ちしませんが、彼女に口出ししないようにしていました。それが、大人の振る舞いなんだと。

夜になり、彼女がいつものように私に甘えてきます。私はどうしても耐えきれなくなり、「もう、あなたとはセックスできないかもしれない」と伝えました。彼女は驚いたような顔をして私に縋り、「どうして。こんなにあなたけが好きなのに」と大声で泣き始めました。

その姿を見て、私の中にむくむくと嗜虐心が沸いてきました。「そんなにしたいなら、おじさんにどんなことされたのか全部教えて」と要求し、彼女がされたことを再度なぞっていきました。

キスをして、身体触り、性器愛撫して…。挿入の話になると、私は彼女身体を突き飛ばし、「それは、私にはできないことだよ…。もう服を着て帰って欲しい…」と伝えました。「わかりました…」と服を着ようとする彼女の腕を掴んで押し倒し、私は彼女に覆いかぶさって子どものように泣きました。「あなたが好きだから、私は泣くんだ!あなたが好きだから、受け入れられないんだ!」と叫びました。彼女が泣きながら私を抱きしめたので、絞り出すような声で「大人になりきれなくてごめんね…」と言いました。

私は、彼女が好きです。食べ物好き嫌いが多いところも、大人びているところも、甘えたなところも、少し高い声も、いわゆる毒親から自立しようとしていることも、身支度に何時間もかけて私を待たせることも。何もかもが愛おしい。手を繋ぎ、微笑み、見つめ合い、愛をささやき、静かに語り合い、そんなふうに共に過ごす日々が好きでした。

彼女は、無垢で、経験がなく、悪気がなく、つまり子どもなんだと思います。そんな年代の子に、小金をチラつかせて自分欲望を解消し、躊躇いなく交際を申し込める男性を、強く嫌悪します。

しかしながら、そうすることを選んだのは、彼女自身なんです。

彼女は、いわゆるパパ活はもうしない。おじさんに連絡しないと誓いました。

本当にそうなんでしょうか?彼女は、また刺激と快楽と金銭を求めて、同じことをしないと言えるのでしょうか?私に告白しないだけでは?疑念はつきません。

それでも、私は彼女とこれからも共に過ごします。

それは、君を愛しているからです。早く、大人になってください。

でも、もしも、それまで私が待てなくても、許してください。

2020-03-20

こじらせててつらいのでカウンセリング行ったら楽になった話

スペック

(いくつかフェイクあり)

この記事を書いた理由

カウンセリングを受けて何かと楽になったので、知見を共有したい。

それに、カウンセリングを終えてからそろそろ1年が経過するので、ちょうど過去を振り返るのにちょうどいいと考えた。

増田でも、多くの人が「カウンセリングに行ってみたら?」と時には本気で、時には冗談で言うのだけれど、そこが実際にはどんな場なのかを知らないせいで、行くのをためらっている人が多い現状を、変えたいというのもある。

増田だけではなく、ネット上の多くの人が、少しでも楽になれるように祈っている。その助けになれば幸いだ。

どのようなことで困っていたか

長くなりそうだし、愚痴っぽくなるのも嫌なので、代表的ものだけを箇条書きで挙げる。

カウンセラーはどんな人?

臨床心理士資格を持っている50代の女性中学生くらいの子供がいるらしい。

髪の毛が長く、少しやせ型。落ち着いた物静かな女性だが、明確な自分の考えを持っている印象がある。初恋の人に似ている気がするがおそらくは気のせいというか、投影しているのは間違いない。

実際のカウンセリングではどんなことをするのか

初回は風景構成法を行った。これはカウンセラーの指示に従って、順番に山や川、家や田んぼ人物などを配置していくもので、専門書に当たれば具体的な解釈方法が書かれているが、自分専門家ではないので省く。当日に描いた作品を今になって振り返ってみると、道のど真ん中に障害物の石が置かれていたり、山が雪に閉ざされていたりと、寒々とした印象を受けた。描かれている人間逆立ちをしていて、何やら不穏である。蛇も不気味にとぐろを巻いていた。

二回目からは主に夢分析を行った。カウンセリングカウンセリングの間の一週間に見てきた夢を記録して、それを材料に話をする。つかみどころがないようだが、意外なことにかなり効果があった。理屈はわからないが、この治療中は同じようなテーマの夢を見るようになる。さらに、肝心なのは夢の内容そのものではなく、夢の話をしているうちに自分が何を思い出したか、あるいは漠然とした印象をどのように語りなおしたかで、それによって、自身の考え方の偏りや傾向が見えてきた。現に、夢の内容を話す時間は案外短く、後半の三十分は、そこから思い出した過去出来事や近況、それについて自分がどう感じたについて話し合うことに費やされた。そうした雑談きっかけに、突破口を開いたこともある。

夢分析が行き詰まった時には、箱庭療法を試みた。これは、砂の敷かれた箱の上に人形模型を配置していくもので、話しながら人形を動かしたり、砂の上に模様を描いたりした。うまく説明できないが、非言語的なものを明確にするのに役立った気がする。例えば「このタヌキ(の置物)は寂しくて困っている。友達がいなくて寂しそう。上下がひっくり返って困っている。悲しくて暴れている」などと比喩的な話をすることで、日常使っている言葉論理で語りたくないことを口にしていた。小さな人形を触っているうちに気分が落ち着いたり、逆にひどく動揺することがあったり、不思議経験だった。箱庭療法最初の一回も、自分心理的混乱が反映されていたのか、人形同士がにらみ合ったりひっくり返ったり無意味に積み上げられたりと、非常に張り詰めた印象のもので、カウンセラーも「ちょっと怖い」という印象を漏らしていた。

これらの技法は、ある種のきっかけというか呼び水だった気がする。どんなことを語っても許されるというか、傾聴してくれる場というのはそれだけで貴重で、話しているうちに自分の思いがけない本音や、ダブルスタンダードに気づいた。また、夢のような一見「どうでもいい」話ができる仲になることで、普通は人に話すこともはばかられるような、野外オナニー願望についても話すことができた。

治療も後半になると、こうした技法ほとんど用いず、通常の雑談に近くなった。自分はこういうことをしてこう言う結果になった。自分気持ちはこうだ。そうしたことが素直に言えない人のために、これらの技法はあるのかもしれない。

カウンセリングの進行、そこで自分はどう変化していったか

始め、自分は藁にも縋るような思いでカウンセリングを申し込んだ。と同時に、どこか疑ってもいた。自分カウンセリング技法についての基礎的な知識はあったし、大体どのようなことをされるのか予想がつくと思い込んでいた。精神分析に関するフロイト著作だって読んだことがあるし、河合隼雄の「ユング心理学入門」も読んでいた。しかし、カウンセリングの概略を知っていることと、実際にカウンセリングを受けることとは、まったく別の経験だった。水泳理論と、実際に水に入って泳ぐこと以上に隔てられている。なんといっても、何年にもわたって定期的に同じ人間と会うのだから必然的相手には強い感情を持ってしまう。結局、人間が強い感情を持つの人間に対してであり、人間が変わるのも対人関係を通してだ。

カウンセリングでは何について話すことも自由だった。幼少期の悲しみ、いじめられた経験、両親から受けた不条理仕打ちなどなど。それだけではない。女性にするべきではないとされている話もした。自分の性生活自慰行為風俗店での出来事など、自分は露悪的なまでに細部を語ったが、しっかりと耳を傾けてくれた。

そして肝心なのが、何度同じ話をしても相手は退屈する様子を見せない点だ。自分は、同じ話を繰り返すことで忘れていた細部を思い出すことがあったし、それに新しく意味付けをすることもできた。

最後に、カウンセリング時間が終わりに近づくと、カウンセラーは僕の話した内容を簡潔に言い直す。そうすると、自分はこういうことを考えていたのか、と毎度のように驚かされる。まとめられた内容を反芻しながら次の一週間を過ごすことで、自分の考えが深まっていった。他にも、自分がすべての不平不満をぶちまけた後で、それに対する解釈を投げ返されることで、その負の感情自分の一部として取り込むことができるようになった。「あなたがそこで腹を立てるのは当然だ」「あなた感覚はそれほどおかしものではない」という趣旨言葉を返してくれるだけで、自分過去を少しずつ受け入れることができるようになっていった。

カウンセリングの中で、カウンセラーを好きになること

ところで、カウンセリングに通ったのが、2014年3月から2019年8月ことなので、4年以上も同じ人と毎週のように会っていたことになる。途中から自分の気分が落ち着いてきたので隔週に切り替えたのだが、それでもかなりの頻度だ。自分は、自分のあらゆる感情や悩みをぶちまけて、それでも受け入れてくれる存在がうれしかった。モテないあまり風俗に浸っている自分軽蔑しない彼女存在が尊く思われた。

珍しくないことだが、自分カウンセラー好意を持つようになった。自分は、職業倫理上その気持ちは受け入れてもらえないことだと知ってはいたけれど、「あなた尊敬しているし、とても強い好意を持っています」と伝えた。カウンセラーからは「私もあなたと会うのが楽しみです」という趣旨の返事をもらった。と同時に、僕は、なぜこのカウンセラーが好きになったのかをじっくり考えだした。すると、自分には好きな人自分の悩みを洗いざらい吐き出したいという願望があったのだ、と気づいた。同時に、自分知的水準の高い女性に強いあこがれを持つことも改めて認識した。年齢などどうでもよかった。比較的若く見えるが、相手は五十代の人妻で、自分が手を出すわけにはいかないのだけれど、叶わない想いだとは知りながら、相手尊敬の念を持ち続けるというのは、思ったよりも悪くなかった。おかげで、自分にとって他人を好きになるとはどういうことかを言語化できたし、他人尊重することを身をもって学んだ。

一人の女性を好きになり、それを軽蔑されたり馬鹿にされたりしないこと安心感を、自分はたくさんの悩みに取り組む支えとしていった。僕は、このカウンセラーのことが好きになれて、本当によかったと今でも思っている。

カウンセリングを通じての自分認識の変化

過去のどのようなつらい経験も、自分はそれぞれ意味があったのだと、迷いなく考えられるようになった。それから、今までは様々な物事を与えられて当然だと感じていたが、やっとのことで与えられた物事感謝することを学べたように思う。

また、自分の恐れの感情トラウマにとらわれずに行動できるようになったことで、自分の外側の世界に対して、うまく働きかけることができるようになった。

もちろん、上に書いたような悩みのなかには、直接解決しなかったものもある。でも、それはそれで仕方がない、と受け入れられるようになった。

何よりも現実検討能力がついた。不安不安のままかかえておけるようになり、不安で頭が真っ白になることがほとんどなくなった。自分の中の膨大な不安エネルギーが、落ち着くべき場所を見つけたかのようだった。

上記の悩みに自分は具体的にはどんな答えを見つけていったか

悩みの解決過程言語化するのは難しい。自分の考えがどんな風に変化していったかを記すにとどめる。人によってたどるべき道のりは異なるし、僕の頭の中の理屈をそのまま文字にしても、納得できないことは十分に考えられるからだ。

過去いじめ、対人関係トラブルはとても悲しいものだった。でも、おかげで自分は人をできるだけ傷つけないようにしようと心掛けられるようになった。それと同時に、絶対に誰のことも傷つけない発言表現というのも無理だとも知った。男性であれ女性であれ、相手を一人の個人として尊敬することが大切であり、それは自分相手は異なっていると認識することだ。だから、できるだけ丁寧に接することは大切だけれども、自分他人は別の存在なので、礼儀正しくしていたとしても、絶対不快な思いをさせないでいることは不可能だ。かつての自分は、自分女性から不快な思いをさせられた経験から絶対女性を傷つけてはいけないというルール自分に課していたのだけれども、それは不可能だと知った。過度に自分を縛る目標は、ある種の呪縛だ。

それに、世間はいろんな女性がいる。優しい人、冷たい人、知的な人、ちゃらんぽらんな人。一人の女性自分暴力を振るったからと言って、そうでない人もたくさんいる。女性一般や平均的女性像みたいなものに、振り回されなくなった。

フェミニズムとの距離感もうまく取れるようになった。納得できることはうなずき、わからないことについては調べ、おかしいと思うことには反対する。それは、フェミニズムだけではない。自分とは違う考えの相手に対する対応の仕方と全く同じだ。

仕事に関しては、転職をした。自分能力に見合った仕事に切り替えることでやりがいも感じられるようになった。給与は下がったが、例えば600万稼ぐ人間が300万稼ぐ人間の2倍偉いのかといえばそういうわけでもないし、僕にとっての一番大切な価値観は、早寝早起き快食快便が守れる生活が維持できるかどうかだと知った。

男らしくないのではないか、というのも気にしなくなった。世間価値観がどうあれ、自分が好きなことを好きなようにする。自分らしくあることが自分にとって男らしいことと定義しなおした。

その中で、家族との関係改善した。今にして思えば、両親は自分と非常に適切にかかわってきてくれた気がする。圧倒的にすがりたいと思っていた両親も50~60代のただの人間なのだ、と実感することができた。しかし、ただの弱みもある人間からこそ、大事にしたく思えるようになった。距離感が適切になった気がする。

処女厨ロリコンも治った。正確には、そういう願望があることそのものに対して、思い悩まなくなった。一つには、50代の女性に恋をすることで、実際に小学生恋愛したって、物足りなくなるに決まっていると心の底から理解したというのがあるし、人生経験豊かな女性の魅力に気付いたのもある。さらに、処女厨の根源にあった、「セックスとは汚いものだ」という意識も弱まった。「セックス気持ちよいものだし、誰かを愛することは素敵なことだ」という感覚しかなかったら、処女喪失を汚れとは認識しないだろう。それよりも、出会った二人が新しく一緒に思い出を作っていくことの喜びに目が向くようになった。まだ彼女はできていないけれども、一緒にデートしたり、他愛のない話をしたり、うとうとしたりしたいし、それに向けて今でも努力している。

女子小学生の裸を見たいという感じもほとんどなくなった。確かにあの年頃の女の子かわいいけれど、それだけのことだ。どんな感情を抱こうとも人間自由だと思えるようになったことで、かえってそうしたロリコン的な願望から自由になった。

同時に、野外オナニー願望も消えた。なんというか、得体のしれないドロドロした性欲のエネルギーに、適切な形が与えられた感覚がある。よく夢で、性器露出したり全裸になったりするパターンが多かったのだけれど、カウンセラーと話すうちに「おちんちん見せるだけじゃ意味ないよね?」みたいな話になり、そうしたことを話しているうちに、セックスって相手あってのことだよね、みたいな認識に到達した(このあたりの話が非常にわかりにくいのではないかと恐れている。ラポール、とでもいうのだろうか、クライアントカウンセラーの間には、長い間の会話の積み重ねからくる膨大なコンテクストの共有があり、ある種のツーカー関係が出来上がっているので、会話だけも書き起こしても非言語的な部分が多くを占めていて、客観的にはわかりにくくなりがちだ)。

死への恐怖は、とりあえず先送りされた。これは個人的な経験だけれど、死ぬのが怖くてたまらないときというのは、何か大きな変化を恐れているときか、未知のものに飛び込まなければいけないときに強まるような感覚がある。

カウンセリングを終えたきっか

カウンセラーには日々の出来事を何でも話すことができたが、別にカウンセラーに聞いてもらわらなくても、別に大丈夫になってきた。さらに、ここで話をしても、これ以上自分は楽にはならない気がするようになってしまった。

とても感謝はしているけれども、自分自分を励ます考え方ができるようになっていて、あとは毎日出来事淡々カウンセラーに報告するだけみたいになっていた。

というのも、自分の悩みを解決できるのは、最終的には自分だと思うようになったからだ。話を聞いてもらって勇気をもらったり、現実的なアドバイスを受け取ったりすることはあったけれども、実際に行動するは他ならぬ自分なのだ

ならば、これ以上ここにいても、自分は変われないのではないか、という気がした。そして、3月という区切りのいい時期であったので、そこで終えることにした。

最後にもう一度風景構成法を行った。山には緑があふれるようになり、街には人がたくさん姿を見せるようになった。蛇は道や川のうねりへと姿を変えた。困ったときには駆け込めるような病院や、芸術を鑑賞できるような美術館も街に描かれていた。そこでは、たくさんの人々が連れ立って歩いていた。ずっと住み心地のよさそうな風景だった。

そして、僕は無事にカウンセリング卒業した。

続き→ anond:20200320072823

2020-03-14

anond:20200314090900

この人が述べていることは

歳をとって人生経験やさまざまな思考方法が身につくと

丸暗記しただけでは「なぜそうなるのか」の筋道構造がわからないことでも

迂回した思考や他の物事とのアナロジーによって「なぜそうなるのか」が

理解・納得できるようになる

――ということではないのだろうか

そうであるとすれば

単に「何でも1度勉強を中断・放置すれば数日後にはわかる」

などという便利な話ではなく

あらかじめ物事筋道構造を考える思考を身につけていたり

勉強している内容の近接領域の別の課題にも興味を持ったり

していなければ無意味だと思う

元増田は本当に「数日おいたらわかっちゃう才能」の持ち主かも知れんけど…)

生命力

人間生命力というものを考えた時、私は低い方だと思う。他の動物と違い獲物を狩る技術、スタミナ、スピードが求められない。

しか人間社会で生きていく術を学ばなければならない。

そしてそのように順応出来なければ社会的に死ぬということも十分に考えられる。

先程、私は生命力が低いと言った主な理由を述べる。

1 親が親として機能していない

機能不全家族とも言う、これは人間人生形成する上で一番大事な時期に親は教育放棄し又は親がいわゆる大人ではない場合子供にとってとてもよくない環境生まれる。

とんびは鷹を産まないのである

2 学歴が低い

これは1の理由と密接に関係する、親の遺伝は子に遺伝する。親の学歴が低い場合は子の学歴も低くなる傾向があり、人間社会において学歴は一つの基準となる。

以下はめんどくさくなってきたか自分で考えて! 

どうでも良いや、この日記

待ち時間暇つぶしからっていうか花粉症辛いよね。コロナより花粉症のが辛いんだけど…

あとは昨年、米国株に50万ほど投資したら今マイナス20万で凹んでる。

一時はプラス10万だったのに、とほほ

嫁も子供が欲しい言うし家が欲しい言うし

簡単に言うねぇ。俺は借金抱えてて給料も減ってるっていうのに。

あーあ 独身でいた方が俺には合ってたな。

俺には荷が重い。抱えるものが少なければ生きるのが楽になるなーなんて妄想ばかりして現実逃避

結局俺は勇気がないから流されてばっかりその場だけなんとかしようとして後になって大変な事になる。良い悪いの判断自分で出来ない。

全ては勇気がないから怖いから嫌われたくないからでも最後逆ギレして相手を怒らせたり幻滅させちゃったりしてばかり。

真面目系クズ典型的人間だよ俺は

嘘ついてばっかりで取り繕ってる。

そのくせ努力は嫌いで斜に構えて頑張ってる人を鼻で笑う癖もある。

屑なんだよ。ようはでもな、もうクズでいいやって思ってる。適当にやって適当に怒られて底辺には行かない程度に生きて子育てして死ぬんだ。まぁとりあえず今は診察の順番に呼ばれたから行くわ

3 めんどくさがりや

4 人生経験不足

5 勇気がない

生命力

人間生命力というものを考えた時、私は低い方だと思う。他の動物と違い獲物を狩る技術、スタミナ、スピードが求められない。

しか人間社会で生きていく術を学ばなければならない。

そしてそのように順応出来なければ社会的に死ぬということも十分に考えられる。

先程、私は生命力が低いと言った主な理由を述べる。

1 親が親として機能していない

機能不全家族とも言う、これは人間人生形成する上で一番大事な時期に親は教育放棄し又は親がいわゆる大人ではない場合子供にとってとてもよくない環境生まれる。

とんびは鷹を産まないのである

2 学歴が低い

これは1の理由と密接に関係する、親の遺伝は子に遺伝する。親の学歴が低い場合は子の学歴も低くなる傾向があり、人間社会において学歴は一つの基準となる。

以下はめんどくさくなってきたか自分で考えて! 

どうでも良いや、この日記

待ち時間暇つぶしからっていうか花粉症辛いよね。コロナより花粉症のが辛いんだけど…

あとは昨年、米国株に50万ほど投資したら今マイナス20万で凹んでる。

一時はプラス10万だったのに、とほほ

嫁も子供が欲しい言うし家が欲しい言うし

簡単に言うねぇ。俺は借金抱えてて給料も減ってるっていうのに。

あーあ 独身でいた方が俺には合ってたな。

俺には荷が重い。抱えるものが少なければ生きるのが楽になるなーなんて妄想ばかりして現実逃避

結局俺は勇気がないから流されてばっかりその場だけなんとかしようとして後になって大変な事になる。良い悪いの判断自分で出来ない。

全ては勇気がないから怖いから嫌われたくないからでも最後逆ギレして相手を怒らせたり幻滅させちゃったりしてばかり。

真面目系クズ典型的人間だよ俺は

嘘ついてばっかりで取り繕ってる。

そのくせ努力は嫌いで斜に構えて頑張ってる人を鼻で笑う癖もある。

屑なんだよ。ようはでもな、もうクズでいいやって思ってる。適当にやって適当に怒られて底辺には行かない程度に生きて子育てして死ぬんだ。まぁとりあえず今は診察の順番に呼ばれたから行くわ

3 めんどくさがりや

4 人生経験不足

5 勇気がない

2020-03-12

恋愛はしたい人だけすればいい

僕は音ゲーマー、26歳。

あれは2年前のことだった。

キッカケはわからない。突然何もかもがわからなくなってしまったんだ。それまでは、自分人生を疑ったことなんてなかった。もちろん、24歳で「彼女いない歴=年齢」ということで、色んな人に色んなことを言われたものだ。でも気にしていなかった。僕には音ゲーがすべてだった。

音ゲー。みなさんは音ゲーを知っていますか?僕は知りません。。。

音ゲーって一口に言っても一杯ある。みんなの知ってる太鼓の達人jubeatDDR、一杯あるけど、僕は不器用なのでBeatmania IIDXしかプレイしたことがない。しかSPといって、両手をダイナミックに動かすカッコイイやつじゃなくて、7key+スクラッチという狭い空間を両手でやるプレイタイルしかやっていない。正直、音ゲーマーを名乗っていいのかわからない。

でも僕は音ゲーが大好きだった。どんなに嫌なことがあっても、音ゲーをしている間は没頭していた。DOLCEさんみたいになりたい。それなのに。。。

 

突然、「普通」にすごく憧れるようになった。いや、僕はいたって普通だ。特筆する特技もないし、秀でたものもない。成績も普通だった。IT系専門学校を出たけれどIT系就職したわけでもない。でも普通じゃない部分があった。人並みの人生経験が足りないということだ。

恋愛はもちろんのこと、旅行したことがない、海にも行ったことがない、海外にも行ったことがない。そのことを今までなんとも思っていなかったのに、突然ひどく気になってしまった。こういうの、クォーターライフクライシスとか言うらしい。今までの人生のすべてを疑ってしまった。なんだか取り返しのつかないことになってしまった気がした。焦るままに、マッチングアプリ登録した。

。。。そこで何があったのかは書かないでおこうと思う。とにかく、ひどい失敗をした。全部僕のせいだ。

 

それからしばらくは、何にも手がつかなかった。今までの人生、これでちょうどキリがいいかなとも思った。でも決めた!恋愛ダメでも、ちゃん自分なりに楽しく生きようと。何もかも「どうせやってもダメだ」と最初からあきらめるのではなく、やれるだけやってみよう!人生恋愛けがすべてじゃない!恋愛なしでどれだけリア充できるか挑戦だ!!!

 

それからは、本当に色んなことに手を出してみた。

まずボルダリングジムに行ってみた。スポーツからきしダメだったけど、ボルダリングマイペースにできそうなのが良いなと思ったのだ。小さい頃、木登りに憧れていたけど、身体が弱いので、友達が登っているのを黙って見ていた。でも本当は登りたかった。

ボルダリングはそれはそれは楽しかった。あれは、ただ突起を登るだけじゃない。ちゃんと「コース」が決められているんだ。一つ一つの課題には「使って良い突起」が決まっている。それを上手に使ってゴールする瞬間!!!!!その達成感!!!!!クリア快感。そこには、もう一つの音ゲー世界があった。

山登りも始めた。なにより、ボルダリング女友達ができて、一緒に山に行くようになった。恋仲というわけではなくても、たわいもない話をしたり、一緒にホットサンドを作ったりするのが楽しかった。

 

そして、IT系コンプレックスがあったので流行りのAtCoderを始めてみた。頑張るとGoogleに入れたりもするらしいと噂のやつだ。最初はとんでもない天才ばかりかと思ったけど、いや天才ばっかりなんだけど、意外と僕にも解ける問題も用意されていた。AtCoder登録簡単だし、初心者用のBeginner Selectionというのがあるし、沢山の人が解説記事を書いていて、とても始めやすかった。最初は何をやっても「WA」とかいのしか出なくて、ナニコ!?と思った。WAはWrong Answerの略、つまり間違ってるというこだ。けど、あれこれ試すと突然、緑色の「AC」という文字列が目に飛び込んだ!正解だ!

これはもう、なんというか、凄まじい快感だった。そしてその瞬間気がついた!!お前も音ゲーと一緒か!!!

 

これはいい専門学校時代、一応プログラミングを少しは学んでいたけど、特に作りたいものがなくて、プログラマはやっていけないと思った。でもAtCoderなら音ゲー感覚で楽しめそうだ。そう思ってから、いつの間にか沼にはまっていた。「恋愛なしでどこまでリア充できるか」ということで色々やっていたはずなのに、気がついたらAtCoderばっかりやるようになっていた。

最初の壁は厚かった。なかなか茶色になれなかった。でも、あるときふと気がついた。

for (int i = 0; i < n; i++) for (int j = 0; j < n; j++)

こういうfor文がネストするやつ、みんなは抵抗ないだろうか?僕はあった。こんなのが当たり前に出て来るのだ。意味がわからない。でも、ふと気がついた。これって、ゲームステージ5-3みたいなやつと一緒じゃないかと。外側のループは「レベル」で、内側のループは「ステージ」だ。各レベルステージを全部クリアしてはじめて、レベルインクリメントされるのだ。つよつよな人から見たら当たり前のことかもしれないけど、僕にとってこの気づきは決定的だった。なんか急にC問題が解けるようになってきた。だってAtCoder問題って、「なんか二つ決めるべきことがあって、両方バラバラに考えてると訳がわからないけど、一つを固定するとなんか解ける」みたいのがすごく多いの。

そして300点、400点が解けるようになってきた頃、AtCoderで有名な方が「東大数学問題は300〜400点くらい」なんて言うもんだから、「え?なになに!?僕ってもしかしたすごいの!?」と思えてきた。で、調子に乗って東大問題を見てみた。

。。。。。。。うん...なんもわかんないね。まあそんなもんか。。。

でも、そこには驚きの光景があった。解き方はわかんないけど、問題意味はわかるようになっていたのだ。僕は学生時代数学なんて宇宙語でしかなかった。でも今は、問題が何を聞いているのかはわかる!これってすごいことじゃない!?

(ちなみにその有名な方にはいつも本当にお世話になっていて感謝しています。)

 

びっくりしたので、それまで以上にAtCoderにのめり込んだ。そうしてとうとう緑色になった。Twitterでふと呟いたら、沢山の人が祝ってくれた。嬉しかった。最高の達成感だった。なんだか、ようやく自分の居場所を見つけたような気がした。人の生き方は人それぞれだ。人それぞれ、みんな自分のやりたいことがあって、それぞれの居場所があって、それぞれ一生懸命生きている。そんな当たり前のことにようやく気がついたのだ。

そのときLINEの通知が届いた。いつも一緒に山登りしている友達だ。よくわからないうちに「私と付き合って」と言われた。

びっくりした。でもなんとなく予感はあったのかもしれない。その場で「もちろん!僕も嬉しい!」と返事していた。それからは、僕ららしい生活特に派手な服を着ることもなく、派手なことをすることもなく、今まで通り山に登ったり、一緒にAtCoderを解いている。こういう等身大なあり方が心地良い。

こんな僕のこと好きと言ってくれてありがとう

anond:20200312202552

まあ、外野がやいのやいの言っても仕方ないでしょ。乗っかっておいて申し訳ないけど。

若いとき時間と体力が有り余っているとも限らないし

(教習は延びれば金がかかるから、どうしてもチラつくので、金に余裕は欲しいし。親の支援があるウチに、という意味ならその通りかも)。

なんて、ケースバイケースな話になってしまう。元増田事情を深く知っているわけではないからね。

でも、個人的には、くじけた時の心の支えは必須だと思うなあ。年齢があがれば、人生経験カバーできなくもないけど。

私はくじけかけた側の人間なので、重視してる。

2020-03-11

出会い系とか結婚相談所以外での出会い方が想像もつかない

まあ俺の人生経験が狭すぎるだけでそんなのいくらでもあるんだろうけど

普通に女友達がいてお互い気が合ったら付き合って、みたいな一般的であろう出会いすらどうやったら発生するのかさっぱりわからない 普通に生きてきたつもりだけどそういう機会全然なくていつの間にか家族以外の女性プライベートで一切関わったことのない変なキモおっさんになってしまった おもしろいね

anond:20200310073258

せっかくなのでなんか書いてみる。ツラツラと

僕が昨日見た夢の話、ほどツマラナイものはない、聞かされる方は時間無駄

これを会話に持ち込まないのは社会人ルールだよね。

面白くない理由リアリティがなく属人性の強いフィクションからで。

現実に遭遇した出来事をわざわざ「夢で見たんだけど」とマクラ付けて披露するとウケ無い。

逆に夢で見た話をさも現実のように語る人もいるが、そこそこウケる

百冊のサスペンス本の感想文よりも、実生活ヤクザに追いかけられて逃げ延びた話の方が面白

ボコボコに殴られた話はもっと面白い。

ヒューマンドキュメンタリー映画を何本も見るよりも自分の足で途上国スラム街を歩きなにを感じたか自分経験自分の口で語れる人間の方がかっこいい。

なにが言いたいかって、なんとなく増田経験力不足を感じるんだわ。

真面目な人なんだろうけど。

テキスト一本読んだだけでの評価で悪いけどさ。

なにを経験すべきか、あるいは自分人生には無用だと排除してしまう線引が厳しいような。

好奇心はあってもリスク評価で行動が抑制されちゃう人。みたいな。

から出会った女に底の浅さを見透かされるのでは。

この人もっと知りたい、とか

この人は頼れそう、みたいなオーラも醸し出せない。

実際人生経験限定的あんまり頼りにならないと思う

そこいらを見直してみてはどうだろうか。

いわゆる殻を破る

ともかく、なんかわからんが、

綺麗に生きようとしてんじゃねぇよ

と言いたい

まぁでも頑張れ

女に振られたくらいでいじけるな

あと、話に困った時は「目玉焼き醤油ソース?」みたいなのでいいんだよ。難しく考えるな。

焼き鳥は塩?タレ?はダメだよ、宗教はマズい。

ともかく、普遍的に話が繋がりやす定番ネタみたいなのを自分の中で一つ持っとくと良い。

同じネタでも何十回もやってりゃ慣れてパターン化して磨かれてくる。

こっちは定番ネタでも相手には突然の振り、は武器にもなる。

繰り返せば、どのタイミングで挿入するか、どうやって話を広げるか、どういう応答する人と相性が良さそうかとか、ノウハウが見えてくる。

ビートたけしだって困った時はいまだにコマネチ、半世紀やってる。

三谷幸喜好きみたいけど、彼はバナナで30年だ。いいんだよそれで

喧嘩恋愛は場数。

コミュ術の基本だけど、念の為

エラソーで悪いけど、思ったことを書いてみたよ。とりとめなく、

でも目玉焼きは使うなよ、俺のだから。20年使ってんだ。特許料払え

ちなみに三谷幸喜バナナと言えば俺の記憶で一番古いのはやっぱり猫が好き、なんだが、念の為に調べたらバナナの話は三谷作じゃねぇのな。いや、別の話でバナナ使ってたハズ、確か耳にバナナ、少なくとも次作、子供欲しいね、でもバナナを使ってた。ハズ。たぶん。三谷は困った時はバナナに頼る。

ともかく、マウントっぽくなっちゃったけど、

やっぱり猫が好きファーストシーズン当時既に童貞ではなかった人の話だから許してくれ。

まとめると

出会った相手リスペクトして、誠実に接して、見返りや同質は求めず、そうやって生きてりゃいいこともある

しらんけど、たぶん。人生楽しめ

2020-03-01

大学受験を終えたばかりの増田

まずはお疲れ様でした。

もう合格発表済みの人も、発表待ちの人もいると思うけれど、この増田プラスになるのであれば幸いです。

※この時点でもう一年頑張ると決めてる人はスルーしてくれ!

1. 「受験」という価値観に染まっているのであればさっさと卒業しよう

受験なんてしょせん入口通過儀礼に過ぎないんだから、終わったらさっさと脱皮しましょう。

週刊朝日サンデー毎日合格ランキングハァハァ言ってるオッサンをたまに見るけど、あん中年になってはいけない(戒め)

もちろん自分目標を設定してそこに至るまでのプロセスを追求したり、自発的に机に向かう習慣を身に付けられるといった点はプラス効能だとは思う。

2. 読書習慣は身につけておこう(若いうちに)

ダルビッシュ本田圭佑のような現役アスリートですら、引退後を見据えてビジネス書を読んでいるのは有名な話である

もし仮に君の周りに誰もメンター役となる存在を見つけられなかったとしても、読書なら時間場所を選ばず可能だ。

勝間和代はこのように著している。

なぜ読書をする事で本質にたどり着きやすくなるのか?

(勝間和代効率10倍アップする新・知的生産術 - 自分グーグル化する方法』、ダイヤモンド社)

最近だとKindleオーディオブックも充実しているので、わざわざ分厚いハードカバーを持ち歩かなくとも良い。

ただ佐伯泰英のように人気作家でもほとんど電子書籍化されていないケースも多いので、そこはあらかじめ調べておこう。

自分の専門だの関係なく、出来るだけ脳味噌の柔らかいうちに読書を習慣レベルに落とし込んでおけば、その知識の蓄積が後々役に立つかもしれない。少なくとも就活エントリーシートで「好きな本・作家」の欄は埋められる。

年配者のよく言う「若いうちにもう少し本を読んでおけばよかった」となってからでは遅いのである

3. 海外に行って来よう(できるだけ若いうちに!)

前述の通り、読書自分視野価値観を広げる手助けになってくれるだろう。

ただ読書というのは一般じわじわ効いてくる場合が多い。即効性を期待してはいけない。ではたかだか数日で劇的にライフハックを起こすにはどうしたら良いか

とりあえず、海外旅行に行って現地の人と異文化交流でもして来ることをお勧めする。それもできるだけ若いうちにだ。

理由としては30歳を過ぎると自分人格というものは9割方固定化してしまうだろうし、何より社会人になったり家庭を持つようになると生活仕事家族中心となりがちで、まとまった休みを取るのが難しくなるからだ。

金銭面を理由に躊躇する人もいるだろうが、韓国台湾だったら時期によってはLCC沖縄よりも安く行けるだろうし(その分日本から距離的に近すぎるので日本語が通じてしまうのはある意味ネック)、

数万や数十万程度なんて半年バイトでもすれば稼げるだろう。加えて君はどうせ数年後社会人になるのだから(修士博士志望の人は例外)、1020代のうちにお金で買えない人生経験を得られると思えば実に安いものである

自分場合学生時代インドに1か月滞在したのだが、現地民と出会う中で良くも悪くも「豊かな国のツーリスト」にしか思われていないんだなあ、と痛感する毎日だった(もちろん出会ったインド人が全員、という訳ではなかったけれど)。

この経験は今でもプラスになっているし、日本にいる限りは味わえなかった感覚なのだろう。

以上、参考程度に。

よく学び、よく遊び、実りある学生生活を!

2020-02-29

メンタルマネジメントについて

大学時代特定フォローしている男が、自殺を仄めかしていてクソクソムカついたのと、それに反応してか自分だったらこときこうするだろうなということを考えたので、少しばかり文章にしてみることにする。他人の不幸は蜜の味とはこのようなことを言うのだなと思うところもあるが、そこは堪忍してほしい。

気の持ちようというもの究極的な形式は人それぞれなのだが、少なから自分場合は、外的要因としてはいい服や物を購入して、使用することで気分がよくなることがわかった。このことに気づいてから気分転換精神衛生のことも兼ねて、できるだけモノを購入する際には、良いモノを買うことにした。お金はかかるけれども、結果として、割と余裕を持った生活ができているし、良くも悪くも使用したり纏うものは心を支配するということを、社会人になって、かつ、同世代比較して心の余裕が保てていることを考慮すると、できているのかなという思いがある。

内的要因はなし崩し的に崩壊していくものなので、特効薬はないのは事実である。そういうときは、時間解決すると思ってとにかく耐えている。もし、どうしても耐えられないと思ったときは、周りに撒き散らせばよいということを、社会人になってから覚えた。私みたいな小僧でも戯言を聞いてくれる人はいるし、返し方はわからないのだけど、そういう人は大事にしたいと心から強く思っている。猫ちゃんはるさめ阿部嫁、阿部りょうちけは誰に紹介しても恥ずかしくない。加えて常山、まなりん、林毅、横町、輿くん、内定は辞退してしまったけれど早川川上さんなどのLINEの同期たちと、範囲は変われど相談できる相手はたくさんいることに、どういうわけか社会人になってから気づくことはできた。社内でもNTTチームの皆様は、北川さんや加藤さんを筆頭に信頼できる人たちばかりである

彼らには幸せな姿を見せることが恩義だと思うし、それは自分で手に入れなければならないことだなということも、強く思う。この人達のためにも、だめな自分でも幸せを手に入れたいと思っている箇所は幾ばくかある。ただ、ここで肝心なのは幸せなフリをするのではなく、本当に幸せになることだと思っている。それができなければ、彼らに返す顔もないだろう。

畢竟大切なことは何かというと、とかく凹むときは凹んで、恢復してきたときに他のもの意識を向けることが冷静さを取り戻すことなのではないかと思う。前の彼女のことは今でも思い出すことはあるけれど、当時の自分だったら別れて当然だったのかな、という思いはある。そして、他のもの意識を向けるためには、物じゃなくて飯でも運動でも人でもいいし、正直なんでもいいと思っている。そして、大学院時代の恩師の一人から教わったことでもあるのだが、もし一つ詰まっても他の選択肢があると思える環境を作ることは、常々心がけている。何かがだめになったときにすべてが駄目になるわけではない。そういう心の余裕というものも、大事ことなのかなと思っている。

26年という短い人生経験のうえで語ることは烏滸がましいことであるが、人間、生きていれば駄目なときはあるし、幸せとき幸せを思う存分享受すべきだと思っている。辛いときはなんで辛いのかもわからず、路上で泣き出してしまときもあるが、生きてさえいればよいことはある。特に私はゼロサム物事を測る傾向があるところがあるので、これまで辛かった分、これからの26年は幸せなことが待ちわびていると思いこむようにしている。外から見たら美人ではなくても心の底から愛せると思える女性出会えると思っているし、仕事でもグローバルに大きな活躍ができる可能性がある環境にいる以上、絶対成功できると思っている。辛いときは辛いし、楽しいとき楽しい。それだけは忘れずに、自殺なんてすることなく、天誅を全うしたいと、いまは強く思っている。

2020-02-24

体年齢ではなく

人生経験という尺度で捉えるなら

恋愛性交子育て一人暮らし正社員経験がない

ぼくはいつまでも幼いまま

体だけおじさんになっていくんだなあ

2020-02-08

なんで大人になるにつれて孤独になるのか?

人生経験豊富増田のみなさん、教えて下さい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん