「人生経験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人生経験とは

2018-12-09

英語は暗記か理解

英語は暗記か理解かという議論がある。結論を言うと暗記+理解なのだ学習時間の点で見ると英語は暗記である文法などのルール20時間ほど勉強すれば理解できる。あとは「音 文字 意味」のつながりを人生経験と関連付けながらひたすら記憶するだけである毎日英語だけを勉強するのはつらいので英語は他のことをしながら覚えると良いと思う。門前小僧習わぬ経を読むである

2018-12-07

のじゃロリおじさんと賢狼ホロ

youtubeみてたらのじゃロリおじさんと3D化したホロが対話している動画を見つけた

まずさあ、10年ぶりにホロが動いてるのを見て感動しちゃったわけよ

まあ、ちょっと3Dモデルがかわいくなくて技術限界を感じた

でもさ、声がついて動くとかわいいのよ! 声優の魔力すげえ!

進行は台本があるけど会話はアドリブだったんだろうね

ホロが話を振ってあげてるのにのじゃロリおじさんはパニクって会話にならないの

頑張ってフォローしようとするんだけど、会話が噛み合わなかったり、無理に押し通してみたり

性格人生経験に裏打ちされたであろう小清水亜美お姉さんが優しいわけで、その優しさがツライわけで...

まりにも気持ちがわかり過ぎて、こっちがドキドキしちゃうのですよ

これが共感性羞恥ってやつか

さな飲み屋大将に話しかけられて困ってるぼくや女の子のいるお店でお姉様と会話を試みるぼくそのもので、見ているのが辛かった

普段ののじゃロリおじさんは得意分野を一方的に熱く語ったり、同志とディープ話題に興じる姿を拝見するたびにいい人なのがわかるんだよ

からこそ、会話がしたいのにできないってつらいよね

2018-12-03

anond:20181203015023

お、自分も例の話に言及してた一人だよ(anond:20181202014646

生育環境が例の話の人に似てて、自分だけ何も持ってないような惨めな思いもしたしそれで自信を無くしかけてたけどなんとか踏ん張って結果を手に入れて、それを自分一人だけで手に入れたように思ってたか結構自己責任論者ではあるんだよね。(大学大学院の学費生活費を全部自分で出したのもその感覚助長してる)

でも、増田の話を読んでると確かに運だなぁとは思う。

中学数学先生出会わなかったら勉強をすることなんて無かったし、高校卒業したら外のことなんて何も知らないまま親のスナックの手伝いとかしてたと思う。

進学校に進んだことで外の世界を知って色々な可能性があることに気づいて可能性を広げようとしたけど、そもそもそれを知らないとどうしようもないもんね。


『何らかの行為』の話だけどこれも自分人生経験から来ていて、適性があるかどうかも分からないし、もちろん自信は周りに萎縮しちゃって無かったから、とにかく学習方法だけは間違えないようにって思ってひたすら神経生理学の本読んで脳の学習の仕組みを理解してそれに則った学習方法勉強するようにした。

増田の言うように成功体験が無いから小さいこからタスクをこなせるようにして、それをクリアできれば少し大きなタスクをこなすようにして、失敗したらなんで失敗したのかを考えてもう一回同じタスクに挑戦するようにした。

そうやって何百回も失敗しながら自分なりの勉強方法を身につけたおかげでどんどん成績は伸びていったし、人より出来ないものも長い時間を掛けて正しく学習を行って身につけられた。

から自分は今でも能力は正しく努力すれば身につくものだと思ってる。

こはちょっと増田と相違があるかも。


自信に関して言えば、最初の辛い時期を乗り越えられるような感情があるかどうかな気がするなぁ。

高校大学で外の世界を知った時、様々な面で周りとの圧倒的な差を感じて本当に辛かった。

でも、自分も外の世界を知りたいと強く思ったからその気持ちに負けないように努力した。

から人生大事なのは自分より上の世界を知った時に自分の惨めさとかそういうぐちゃぐちゃした感情に負けないように努力することなんじゃないかなぁと思ってる。

幼稚に聞こえるかもしれないけど、何かを為す上で大事なのは理想に向けて強く感情を持つことだと本当に思う。


「1人の人間として見て欲しい」っていう増田言葉、すごい分かるよ。

でも多分、どうあっても差別存在して、結局それを解消できるのは今の自分肯定できるかどうかだと思う。

少数だけど未だに年収マウンティングとか嫁の実家の太さマウンティングとかしてくる人いるし、狭い世界の中でも差別って生まれるんだなぁって感じる。

から他人基準にしてるといつまでも1人の独立した人間にはなれなくて、増田がどうなりたいか大事だと思う。

もちろんできれば石油王になりたいとか思うけど、そうじゃなくて今の条件から考えてこうなりたいと思う方にちょっとずつ進んでいく。

それを繰り返しているうちに掲げた目標に向かってちょっとずつ変化する自分肯定できるようになるし、自分評価軸ができるから他人から評価に対して色々と考えることはなくなる。

増田の主張とはちょっとズレたこと言ってるかもだけど、自分は1人の人間になるためにそういうことをしてる。

増田人生がより良いものになるように祈ってる!

2018-12-02

anond:20181202231630

例えば学歴なんて一切関係ない職人として働いている人もいるわけで、そういう人の人生経験だって聞いてみたいと思ってる。

ただ実際に会える場がなかなか無いんだよね...

から周囲の人の話しをますば聞いてる。ホームページ施設案内とかゼミ独自ホームページとかみるとめっちゃ楽しいよ。文化祭写真とかワクワクするし。

2018-11-29

anond:20181129024627

可哀想。うまく女先輩や同僚に上司が言ってた事をばら蒔いて「パワハラセクハラされてて辛いけどずっと言えなかった」って泣きついて回るといいと思う。

おそらく「またアイツか、やっぱりね」といった反応が返ってくる。

その上司多分あなたのこと少し好きか性的対象に見てる。俺らの仲だからという甘えからずれたことしてるのに気付いてない。男は既婚だろうが関係ない。押せばヤれる位にはナメられてるよ。

性的に見られているかもしれない、夫もいるのに無理矢理飲みに誘われて迷惑」と周囲に根回ししておこう。

最悪辞めてもいいんだし、周囲が味方になってくれて辞めなくてすんだらラッキーじゃん。

それに周囲に相談して増田が責められるような会社なら価値ないでしょ。

女ならこういうこと少なからずどこでもある。人生経験として抵抗して戦っておいて損はないと思うけどね。

増田にいる時点でもお察しだけど、ぼっち女性ターゲットにされやすい。今後は自衛として女性社員と表面上でも仲良さそうに振る舞ったり連携をとることをおすすめする。

女がつるむのは結局は自衛の為なんだよ。力じゃ男には敵わない。

手っ取り早く明日から面倒見の良さそうなお局や先輩の懐に入っていけば。

健闘を祈るよ。

2018-11-27

コロコロ

コロコロ」と書いたときに「コ」と「ロ」の底辺の揃っていないフォント人生経験豊かな人がデザインしている。

2018-11-26

旦那は私がバカから結婚したのではないか

と卑屈な気持ちになっている。

意見対立があったとき大抵私は押し負けてしまう。

旦那はとても口が達者だ。

対して私はその場で意見をまとめて言うのが苦手である

その時は言い返せなくても、あとから考えて「あれ?」と思うときがたびたびある。

なお、蒸し返すと嫌がられる。

旦那は私よりひと回りくらい上で、人生経験もそれだけ上であるから、どうしてもわたしの方が世間知らずみたいになってしまう。

旦那はそれを見越して結婚したのではないか。なんにも言えないとんちんかんな私といればつねに自分が正しくいられるから

それとも私がいつも悪い事ばかり言ってるんだろうか。わからなくなってきた。

2018-11-14

女子高生女房がほしいか? 

私も田舎出身で、小さなコミュニティの中でノンビリとお馬鹿に育ってた。

その頃の話なんだが。

高校時代夏休み部活から帰ってくると、お客さんが来ていた。

60代くらいの上品そうな女性と、40代くらいの大柄で無口な男性だった。

母が、本家筋の遠い親戚である親子だと紹介した。

「ははあ、お盆さんが近いから何かそんな関係で来たのかな」と思った。

付き合いのない親戚のせいか、母は硬い顔をしていた。

女性は「部活だったの?」「何をやってるの?」と笑顔で聞いてきたので、馬鹿の私は「テニスをやってます。すっごく楽しいです。去年は県大会・・・」とかベラベラ喋った。

女性が「好きな人とかはいるの?」と訊くと、もう恋バナは女子高生人生の糧とばかりに、もっとテンション上げてベラベラ喋った。

「県大会で会った、○○高校の○○君はすっごいテニス上手くて、でも全然感じも良い人でー」とか。

「年上の男性はどう? 好き?」と訊かれ、

「いやーー!! 2歳上まではありですけど、それ以上はちょっとまだまだ!! やっぱり人生経験全然違うじゃないですか!大学出たり、社会人として働いてたり、自活したりとか色々してる人とかってやっぱりもう私とは考え違うはずですよね~人として精神成熟全然違うじゃないですか!!

そんな人、むこうも私になんて考え合わせられないだろうし、私もも全然出来ないし!! やっぱり歳の近い人と、人生の色々な経験を一緒に積んで~一緒に成長していくってのがいいかな~って、あっ○○君のこと言ってるんじゃないですよ!彼はもう人気者なんで無理無理!!!あっでも来週、合同練習で~」とか話してたら、向こうが「じゃあそろそろ」なんて帰って行った。

玄関で2人を見送った後、母親が急に私を抱いて被さってきて「ごめんなさいごめんなさい」と言った。

なんとあの女性は「私と息子を結婚させないか」と来訪したんだと言う。

馬鹿げてるとやんわり断ったけど、むこうは父の本家筋であんまり怒らせてしまうと地元立場が悪くなるため、「会わせるだけ」と私に会わせてしまったという。

「見た?あの白い顔ども。基地外の白よ。生きてる人間は夏は私やあんたみたいに真っ黒になるのよ。あんたも真っ黒な人と結ばれて真っ黒になって暮らしなさい」と母は私を抱きしめながらつぶやいた。

今の旦那は4歳年上だし、デスクワーク仕事で真っ黒でもないけど、おおよそ母の言う人だと思う。

2018-11-09

知らぬ間にポリコレ根付いてた

元来は反ポリコレな性分で、はてサやらツイフェミやら蛇蝎の如く嫌ってたんだけど

コケにする為に頻繁に見てた彼ら彼女らの発言深層心理に影響を与えたようで、

信じられないことだが、知らぬ間にポリコレ自分の中に根付いてしまったようだ。

ここ最近は反ポリコレ的な冗談に全く笑えなくなってきてしまって自分でも非常に驚いている。

ネットやらバラエティの「ブス・ヤらせろ・ババア」みたいな暴言も笑えなくなったし、

「やっぱ韓国人どうしようもねえな」「こいつらホモかよ」みたいなのも全く受け付けなくなった。

3年くらい前まで自分発言する側だったのにな。実社会でそういう発言する奴に出くわすと

「うーわ、こいつ真性のアホだな。」とドン引き必要最低限の接触にとどめ、距離を置くようになった。

「好きの反対は無関心・アンチは実質ファン」とよく言うけど元々そういう素質あったのかもしれんな。

キズナアイ騒動普通にあちら側に賛同してた。個人的に最も考えが近かったのはイスラム研究者池内恵

彼がオタク連中から親の敵のように表現の自由棒で猛烈に叩かれてるのを見て、暗澹たる気持ちになった。

シュナムル意見も「そら、それくらいの子を持つ親なら当然の意見だろうよ。」と思ったし、

直近のグリッドマンも「天下の円谷も落ちたもんだな。円谷英二が草葉の陰で泣いてるぞ。」と思った。

これは洗脳されてるのだろうか、それとも単純に人生経験と共に考えが変遷したのだろうか。

生活でも細かいところに目が行き届き配慮できるようになって、周囲の女性外国人からの評判がすこぶる良くなった。

これは喜ぶべきことなのか?兎にも角にもここ数年で考え方が180度変わってしまった。いやはや。

2018-11-07

anond:20181107184324

自分もそうだからすげーわかる。

今までの人生経験からして一番いい方法は、自分の好きなことやってるとそれを自然と周りが認めてくれて、人が寄ってくる

みたいな状況を作ることだと思う。

多分他人に興味がないってことは、その分他の事に興味を持ってるはずで、その興味のあることを突き詰めれば良いんじゃないか

で、その興味のあることが好きなコミュニティに入れればあんまり価値観の違いに苦しむことなく溶け込めるようになる

多少浮いたとしてもその「好きなこと」で周りから認められてれば人間関係どうにかなることも多い

自分から他人に合わせに行くと、最初は良くてもそのうちだいたい疲れて疎遠になるのであんまりやらないほうが良い

2018-10-29

足つぼ1時間6000円

同僚に誘われたがあまりにも高くて断った。

でも人生経験として一度行ってみることにした。

今週末が楽しみ。

でもなんでこんなに高いの?技術料?

1時間6000円払ってその場だけ気持ちよいとかだったら嫌だなぁ。

少なくとも一週間は凄い体調が良いとかじゃないと。

2018-10-14

夜の仕事してる女性って凄い

誰にも話せる人がいないのでここに吐き出させてください。

最近スナックアルバイトを始めました。

人生初めてのナイトワークです。

昼は正社員仕事をしています

20代半ばの女です。

始めた理由趣味お金を使いすぎていて平日昼間だけの仕事じゃ生活できなくなりそうだったから。

昼の仕事は充実してます

仕事量や人間関係で苦労はするんですが、やってることは割と好きなことなので。

それと、仕事はまあまあできる方なので上司には信頼されてると思いますし、一部苦手な人はいますが周りも優しい人が多いです。

でも、月末は残業が多いのに残業代も出ないし3年働いても給料は上がらない、ボーナスも他の企業と比べるとかなり少なくて、日に日に不満が募って行きました。

毎日内心キレてる。

私の趣味時間お金もかかるので、お金必要です。(何の趣味かは伏せます、ごめんなさい)

自己投資にもお金がかかります

化粧品とか服、美容院もほぼ毎月。

から転職も考えました。

でも、転職活動をする時間が無いことと、今の会社で私の仕事を他に私のペースできる人がいなくて回らなくなってしまうので辞められません。

そこで考えて行きついたのが近所のスナックでのバイト

キャバクラ風俗よりは未経験でもやりやすいかなって思って。

求人が出ていたので勇気を出して応募。

経験でも時給はまあまあで大きいお店じゃなかったし、どうしてもお金がほしいので面接に行きました。

すぐ入店が決まったので面接の翌日、仕事を定時で切り上げて初めてナイトワークのお仕事しました。

初出勤です。

働いてみるまでは不安と私も落ちぶれたな、なんて思ってました。

夜の仕事、少し甘く見てしまっていました。

夜の仕事をされてる方々、本当に申し訳ありません。

接待って本当につらい。

酔っ払ったおっさんたちのどうでもいい話を聞かされるの。

だんだん自慢話になるし、それさっきも聞いたけどっていう内容ばっかり。

下ネタも多すぎるし下品

まだ、この日の…というかこのお店のお客様はマシだと思うけど絶対他のお店にはもっと酷い人いるなって思いました。

その話をニコニコしながら適当な相槌打ってお酒作りながら聞かなきゃいけないのしんどい。

そりゃあ時給も高いよ。

ナイトワークしてる女性って凄いなって思いました。

もちろん良いお客様もいたよ。

初日全然接待できなかったし全然喋らなかった人なのに「辞めないでね!頑張ってね!」って帰りに声かけてくれた。

先輩たちもママも優しかった。

まだマシなお店だと思うんだけど、年明けぐらいに辞めようかなって思います

私にはこの仕事向いてない。

本当にこの仕事してる人たちって凄いよ。

尊敬に値する。この仕事を知れて良かったって思ってます

良い人生経験になりました。

まだしばらくは続けるので、もう少し頑張ります

仕事終えて寝る前に書いてるので文章めちゃくちゃですみません

2018-10-10

anond:20181010165855

単純な話だよ

引用記事に抜けてるのは「人生経験積んでる」という時間経過がない

何へ萌えを感じ、何にエロを感じるなんて時間経過で変わっていくわけであって、その間に就職やら結婚やら出産やらが絡めば1020年前の自分なんて他人レベル価値観が違うわけだ

からあの記事は筆者の人生経験から来る現時点の解釈ってわけ

増田が今モヤっとしてても、いつかは「あぁ心の中のコレのこと言ってたのか!」ってなる日が来るかも知れない

から今すぐ納得する必要なんてないとは思うなぁ

でもアレだな今の増田のモヤっとしたやつを何かに残しておけば1020年後に面白く感じるかもな

2018-10-03

全ては手に入れられなかったけれど

僕はQUEENファンなのだが、I WANT IT ALLという曲が好きだった。この曲の、特にブライアンメイのソロの部分~Not a man for compromise and where’s and why’s and living lies~「妥協したり、場所理由のために生きたり、偽りの人生を生きるような男じゃない。だからこそ全てを賭けて何もかも手に入れてやる」・・・そういう歌に、当時15歳の僕はひどく感銘を受けた。何度もこの歌を繰り返し聞き、辞書の側面にこの歌詞を書き込んだ。そして人生に夢も希望目的意識も無い偏差値45の私立高校生だった僕は、人生目標として独学による早稲田大学合格を打ち立て、何を思ったか高校中退してしまった。校風が合わないこともあったが、自分を追い込み、それこそ全てを賭けるに相応しいと思ったのだ。しかし高い意識目標とは裏腹に自堕落受験生活。元々要領が悪く遅々として進まない独学に焦りを感じ、代ゼミ社会科目の単科でリズムをなんとか維持するも、現役は全落ちし、一浪の果てに偏差値50の私大法学部しか引っ掛かからなかった。しかし、(方法方向が間違っていても)それなりに努力していた僕の姿を見ていた父の言葉は優しかった。「もう1年やってみるか?」泣きながら自宅の窓から外を眺めていた僕はその優しい言葉にとても惹かれたが、自分学歴面のハンデや就職時年齢を考慮して、今後受験を続けては人生へのリスクが高すぎると判断し、コンプロマイズ(妥協)の道を選ぶことになる。偏差値50の私大へ進むよ、と答えた時、僕のI WANT IT ALLは終わり、僕の心は死んでしまった。

早稲田だろうと滑り止めだろうと、どの大学に入ったとしても、大学へ入った時点で偏差値呪縛やしがらみから解き放たれて大学生活を充実させるべきなのは間違いない。今では心からそう思うし、妥協して腐っている新入生には、偏差値呪縛から解放されて人生を楽しんで欲しい。しかし僕にはそれが出来なかった。話しかけてくれる数少ない人達好意を踏みにじり、常に孤独を選んだ。そして心が1度死んでしまうと、頭が何かを理解しようとすることを拒否してしまうのだ。高い教科書を何冊も買い読もうとしても、講義いくら受けても、言葉言葉の間に繋がりが見いだせず、混乱しか引き起こされなかった。次第に大学へは通わなくなり、1日のほとんどを自室から出ずに過ごすようになる。1度も大学へ行かないまま2年前期が終わったとき、僕は「ヨシ、もう死のう。友人もいない、勉強もできない、頭も死んでいるし、どうせ妥協した人生だ。僕の負けだ。もう死のう。」と思い立ち、同じ旨の遺書を書き置きし、身辺整理してから実家を出た。家族迷惑がかからないどこか遠くで自殺しようと、ひたすら電車を乗り継いだ。電車が止まれ路地公園で凍えながらうずくまり、朝になるとまたひたすら電車であてもなく遠くへと揺られた。九州へたどり着き死に場所を探していたときの事だ。ある駅のマクドナルドで座っていると、隣に明らかに知的障害のある若い男とその父が座った。その父は、食事をしている我が息子に愛しそうにカメラを向け、楽しそうに、笑顔写真を撮り出したのだ。その親子の姿に私は衝撃を受けてしまった。なんという父親の愛だろう。もし僕に障害のある息子が産まれたら、この父親の様に心の底から息子を愛せるだろうか。そこにあるのはただひたすらな無条件の愛だった。自分の両親顔が浮かび、次の瞬間僕の目からは涙が止めどなく流れ、いてもたってもいられずすぐに席を離れた。泣きながら公衆電話を探し、実家架電した。「今から帰るよ。ごめん。」と。自宅へ帰ると泥のように眠った後、今後のことについて話した時も父は優しく「もう大学は辞めるのか」と尋ねてきた。僕はもう迷わずこのまま通う事を選んだ。大成功けが人生では無い。あの親子のおかげでそれを本当の意味理解し、心の再生は近づいていた。大学では相変わらず孤独だったが、それからは全ての講義に欠席せず、聴講したのを録音して更に講義録を作り、試験対策も死に物狂いでやった結果、本当にスレスレで4年で卒業できた。留年が無く卒論必須ではない法学部からこそだったと思う。しか就職活動は完全に捨ててバイトサークル等もせず、卒業だけを目指していたので、卒業して無職になってからは、今後の人生方向性は定まらず、これにも困りきってしまった。なにしろ受験大学勉強だけしか知らず、その他は中学生時間が止まっているのでやりたいこと、人生目標なんてものは無い。呂律は回らない、言葉は詰まる、人生経験は何一つ無い。そのため就職活動は困難を極めた。臆病で説明会面接で行った会社インターホンを押せずに帰ったりもした。結局数社説明会を受けたりボロボロ面接をしただけでやめてしまい、困った事になったなと思いつつも1年ほどダイソーの釣具で海釣りばかりしていた。けれど何か人生軌道修正をする糸口が欲しいと思い、就職活動の練習のために一般教養科目だけで受験できる公務員試験受験した。これがトントン拍子に進んでしま採用されることになり、現在はもう5年が経とうとしている。面接相手が、実際の職場で会うことはまず無い公務員試験だと、堂々と話すことができたのだ。それに法学部出身故の法律素養が意外と仕事や昇進で役に立ち、年齢的には結構早く昇進もさせてもらっている。何がどこで繋がり役に立つかは、なかなかわからない。確かに僕の人生妥協の先にある人生だが、これは妥協や敗北ではなく、小規模な成功と換言できるのではなだろうか。大大大勝利だけに囚われて孤独で苦しい人生から抜け出せなくなるより、戦略的人生スライドさせていくことも、ひとつ人生としてはありなのではないかと思った。

2018-09-27

anond:20180926233630

戦闘モノでボスが強いほうが盛り上がるように、恋愛モノでは恋の障害が大きい方が小説が盛り上がるんだけど、人生経験が貧弱だと「別れ」の具体的なイメージ死別以外にない。からだよ。

大人向け恋愛漫画はむしろ、なんとなくわかれちゃった、みたいなヤツを使ってリアリティ演出してくるよね。

anond:20180926233630

まだ人生経験少なくて複雑な苦悩を書くことも共感することもできないか

2018-09-21

anond:20180921114240

まだ20代折り返したばっかだから人生経験積んでるかは疑問だけど

新たな刺激は欲しいか

anond:20180921114002

人生経験積んで「先が予測できる」からまらないんだよ

生きていればどんどん新しい物事、新しい刺激は減っていくから

自分価値観じゃ絶対やらない(自分価値観で)エクストリーム競技でもやってみたら良いんじゃない?

スポーツまったくやらん人ならラフティングとかでも十分にエクストリームだろうし

2018-09-20

anond:20180920121033

団塊世代が読んだであろう本(吉本隆明高橋和巳三島由紀夫、等々)は読んだけど、団塊世代人生経験自体は書いてねえぞw

それよか、黒澤明とか野村芳太郎とかの1960年代現代劇映画観てると、当時の世相が反映されてる、劇中に汚い貧乏ごろごろ出てくるね

いっとくが、ウルトラマンとかはあえて未来的な風景を強調してるから

あと加山雄三植木等映画はわざとハッピーで明るい享楽的作風意識して作ってる

本を読めとか勉強しろとかうるさいけど、貴殿が言う、団塊世代は1人残らず苦労知らずでひたすらハッピー脳天気で夢見がちだったということを裏づける、具体的な作品名を挙げて欲しい

学生運動批判的に描いた作品(たとえば1960年代に書かれた倉橋由美子現代小説とか)では、全共闘学生いかにも脳天気甘ったれのように描かれている、その手の描写はよく見た

しかし、俺は最初から団塊の大多数は高卒中卒・農家とか工場労働者とか」と述べている

それら非大卒まで一切、苦労知らずでひたすらハッピー脳天気で夢見がちだったということを裏づける、具体的な資料作品名とか作家名とか挙げて欲しい

2018-09-19

anond:20180918222215

SEかな?大変だよなぁ。

これは俺の感想だが、仕事の辛さってのは残業時間だけではないのかなと思う。

俺は成果の出る100時間以上の残業したこともあるが、それよりも何の役にも立たなかった40時間残業ときのほうが精神的に辛かった。


的確なアドバイスできるほど人生経験豊富ではないので、俺がやったことを書いておくよ。

俺は会社を辞めた。7年勤めたSEも辞めた。ただ、夏休みの宿題は最終日までやらないくらのだめ人間だったので就職先は決めてから辞めた。

この期間は大変だった。気が休まる時間がないくらい大変だったけども、どうせ家にいでもウジウジしているだけだったので結果的に良かったかなと思う。


今は誰がやっても同じような成果が出る仕事をしている。やりがいは無いが、そのぶんプレッシャーも無い。

でもそれでいい。俺はそれでいい。職場の人は明るいし、毎日自分趣味時間を持てるようになった。


まぁ自分生き方は一つだけじゃないから、他のことにも目を向けてみるといいかもしれないね

2018-09-17

ヤマカン

なんかヤマカンのチラシ裏を読んでると思うのは、

あの年齢で既に何にでもいちゃもんをつける老害クラスまで達しているのだなと。

日本のことをボロクソいう割に日本にしがみついてるという意味不明な行動といい

事あるごとに否定から話を始めて否定で終わるその姿は、まさに人生経験豊富()な老人と同じ。

若いうちから、もうそこまで達するとは…やはりヤマカンはすごい存在だなと改めて感じた。


なんで日本から出て行かないで海外活躍しないの?

2018-09-15

膨大な人生

見えていないものが多すぎる

これまでの長い人生経験と苦労と出来事とそこで関わって来た人があってこうした物の見方形成されて、今この人はこう発言してるんだとか 全部いちいち考えられない

っていう当たり前過ぎる事実を見逃していた。そしてある時本当の意味で実感として気がついた。

その膨大な量と果てしなさに

永遠に本当の意味他人と分かりあうことは出来ないんじゃないかという気持ちになっていきなり宇宙の果ての遠くに放り出されたように呆然とした。

2018-09-12

anond:20180912222727

仕事を前向きに考えられないやつって大変だよな。

学生時代土方とかコンビニとか底辺職やってたけど人生経験と思ってたら楽しかったわ。合コンネタになるし。

老後なんてどうでもよくね?十分若い時楽しんだら早めに死んだっていいじゃん。

ジジイになったらチン子だって立たないし、酒もそんなに飲めないんだぜ。耳も目も悪くなるし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん