「病棟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病棟とは

2018-07-18

anond:20180718152635

病院に生もの持ち込みはNGしかも「産科病棟で」

出産直後の産婦&新生児なんて免疫力めっちゃ落ちてるんやで?

に対しての、回復食でフルーツ普通に出るよ、と言うお話だったんだ。

anond:20180718152216

???

この話だよ!

祖父ちゃん初孫誕生に大喜びで大玉スイカを持って見舞いに来て、切って大部屋のみんなに配ってくれた。産後の体の五臓六腑に染み渡り最高に美味しかった

こっちの方が何気にやばい美談扱いされてるけど。

病院に生もの持ち込みはNGしかも「産科病棟で」「周りに配る」って感染症リスク考えると相当危険行為

出産直後の産婦&新生児なんて免疫力めっちゃ落ちてるんやで?

から

フルーツ回復食で普通に出てたなあ。

から噛みあってないよね?

anond:20180718151325

この話だよ!

祖父ちゃん初孫誕生に大喜びで大玉スイカを持って見舞いに来て、切って大部屋のみんなに配ってくれた。産後の体の五臓六腑に染み渡り最高に美味しかった

こっちの方が何気にやばい美談扱いされてるけど。

病院に生もの持ち込みはNGしかも「産科病棟で」「周りに配る」って感染症リスク考えると相当危険行為

出産直後の産婦&新生児なんて免疫力めっちゃ落ちてるんやで?

anond:20180718150303

からして大部屋と書いてあるし、総合病院なら大部屋で当たり前だよ。

他科の病棟と作りは変わらないし、産科専門で病棟が分けられておらず婦人科患者と同じという場合も多いからね。

産科専門の個人病院とかだと全室個室もあるけど。

anond:20180718144132

職場メロン丸ごとの上司バカなんだけど

真夏出産して産科入院してたとき隣のベッドの人のお祖父ちゃん初孫誕生に大喜びで大玉スイカを持って見舞いに来て、切って大部屋のみんなに配ってくれた。産後の体の五臓六腑に染み渡り最高に美味しかった

こっちの方が何気にやばい美談扱いされてるけど。

病院に生もの持ち込みはNGしかも「産科病棟で」「周りに配る」って感染症リスク考えると相当危険行為

出産直後の産婦&新生児なんて免疫力めっちゃ落ちてるんやで?

看護師何も言わなかったのか?レベル低い病院だな。気付かなかっただけかもしれないけど。

2018-07-13

祖父介護現在進行形

かれこれもう5年くらいになる。認知症介護

初期の頃はよくありがちな被害妄想や車での徘徊が多く、身体が元気なので家族負担が大きかった。車は懇意にしている整備士さんに協力してもらい、こっそりと物理的に破壊した。免許を取り上げてもなんの意味いから。

中期になると家中徘徊するBOTと化した。台所タバコを吸い、トイレに入り、洗面所で手を洗い、顔を洗い、目薬をさし、ベッドに戻り、またタバコを吸いに台所を目指す。この一連の流れを一生ループしていた。夜中とか関係ないし、蛇口は捻りっぱなしだし、タバコや目薬は速攻で無くなるし金が非常にかかった。

そしてちょうど1年前、山奥にある精神病院認知症病棟に入れてもらえた。認知症病棟は2つあり、(パワー系や徘徊系の病棟)と(植物系の病棟)がある。うちの祖父後者

今は目も耳も不自由なので、もはやコミュニケーションは取れない。ただ時々、あることばを発する時がある。「ありがとう」だ。

肩をトントンと叩いたり、手をさすったりすると言うのだ。ありがとうありがとう、と。

祖父は頑固な性格で、俺とは衝突しがちだった。俺には父親がいなかったので、男らしさを見せることにこだわりがあったらしく、とりわけ俺に対しては厳しく頑固だった。

掴み合い殴り合いの喧嘩もした。恥ずかしながら俺は24歳の頃に当時70後半の祖父に挑んでボコられたことがあり、以降ビビって挑まなくなった。そうして俺は勝てないまま、祖父祖父じゃなくなってしまった。

そんな頑固で、腕っぷしが強くて、俺をボコっていた、あの祖父が。車椅子に乗り、くそまずいおかゆ?みたいなワケワカラン食事をとり、ありがとうしか言わなくなった。

この前の週末も、病院くそまずそうな色つきの豆腐みたいなやつをスプーンで食べさせていたら、案の定言いやがった、「ありがとう」と。

礼なんて言わないでくれよ。ごめんな、こんなまずそうなもん食わせてしまって。ありがとうを言いたいのはこっちの方なんだけどな。もう言ってもわかんねえか…でも、ありがとうありがとうな、じいちゃん

2018-07-10

点滴異物混入事件で思い出したこと

かなり個人的感想だけど、患者不審死事件を初めてニュースで見た時から犯人はその病院勤務看護師しかいないだろと思っていた。

数年前、たまたまあの病棟みたいな終末期医療患者さんばっかりのところに一ヶ月ほど入院してた事がある。そこは救急も受け入れていたので突然の大怪我で運ばれてそのまま入院になったんだけど、退院する前に耐えられなくなって転院した。

とにかく病棟雰囲気殺伐としていた。看護師ヘルパーが無愛想なだけならまだいい。

仕事殆どが寝たきりのお年寄りの世話のせいかスケジュール通りの仕事以外は面倒って感じを隠そうともしない。何か頼みたくてナースコールしてもまともに来てくれた記憶がない。日々の処置も乱雑でモラハラに近いものがあった。看護師全員がそうじゃないにしても誰かに何か頼むのがすっかり嫌になってしまった。

病院じたいもあまり良くなかった。病室は狭く設備も古くて食事の内容もいくら病院食といってもこれはないわと思うぐらいの粗食。担当医師暴言多いし勤務時間の合間に病院の裏口で医師同士が喋りながらタバコ吸ってる(家族が何度か見たらしい)。

でも何より毎日世話になる看護師たちのやる気のなさが一番きつかった。看護師同士の仲もあまりよくないのか、引き継ぎの連絡もうまくいってなかった。

こっちは思うように体動かせないし立場が弱いか我慢してたけど、最後はもうこれ以上は無理ってなって泣きながら訴えたら旦那理解してくれた。

転院先のごく普通の小さな総合病院天国に感じた。

私のはやや極端な例かもしれないけど、事件看護師本人の資質に加え、その病院全体の雰囲気経営方針とかも関係あるだろと思う。自分の勤務時間中に亡くなると説明が面倒とか言ってたらしいし。

あの時大勢入院してた終末期の患者さんたちのご家族はどう感じてたかはわからない。寝たきりの祖父母や親を預けるだけなら問題は感じてなかったかもしれない。でも入院してた患者立場からするとただでさえ憂鬱入院が更に憂鬱になるような、かなり殺伐とした場所だった。今回の看護師逮捕ニュースを見て久しぶりにまたそのことを思い出した。

2018-07-01

女医さんがやってきた

https://anond.hatelabo.jp/20180630150652

タイムリー投稿があったので、女医さんと一緒に働くことになった男性医師側の意見を書いておく。

ちょうど、元増田言及していたマイナー科の一人として。


結論から書くが、「次は元気な若い男を回してくれ」だ。


さて、俺のいる科はこの数年、5人で仕事をやってきた。この業界、5人というのは数字だけみると恵まれているほうだ。

1.ジジイ名目上のトップ現場仕事ほとんどしない。たまに外来をやるくらい。出張多い。

2.上司:実務上のトップベテランにさしかかってきた年で、体力がないと言いつつなんでもバリバリやる。

3.俺:10年目で、専門医になってしばらくたつ。

4.若手:5年目。ルーチンワークは一通り覚えている。

5.新人A:研修医上がりで、この科を選んだばかりの卒後3年目。


以上の体制が、新年度から以下のようになった。なお全員が某医大医局人事に従っている。

1.ジジイ

2.上司

3.俺

4.女医:育休明けたばかり。いちおう専門医で、俺より1つ2つ上だが修練歴は短い。

5.新人B:上の新人とは別のやつ。新人は毎年交代になる。


異動にあたって医局ジジイが話をつけてきたのだが、「若手を減らすかわりに、非常勤だが専門医を一人増やす」とのことだった。

ふたを開けてみれば、

女医さんは週3.5日来るはずが、週3日・時短勤務に→人数に余裕のない曜日時間帯が増える

・夜間の呼び出しに対応できない→ジジイ新人は無理なので、上司と俺で時間外の電話を全部受ける

・当然、内科医師に割り当てられる当直の仕事もこなせない

対応できない時間があるため、単独主治医を任せられない

・今まで下っ端二人に病棟の細々した仕事をお願いしていたのが、年の順で俺にも回ってくるようになる

女医さんは久しぶりで仕事を忘れている部分もあるので、俺がそのつど教えることに

など明らかにきつくなっている。帰宅時間は平均して1-1.5時間遅くなった。

元々呼び出しはかなり少ない科ではあるが、2日に一回の拘束が生じ、心理的にきつくなった。


少し俺の話をしよう。俺自身が今の診療科を選んだのは「楽だから」だ。

うちは3代続く外科系の家で、長兄も外科だ。俺自身は家に帰らない親父の仕事ぶりを見て「あれは無理だな」と思っていた。


10年以上も前になるが、2chでQOML(quality of my life, quality of medical staff's life)という考えが流行たことがあった。

仕事もいいが医者自身私生活大事にしようぜ、というものだ。(雪月花ブログ、と言えば一部の人に伝わるだろうか?懐かしい。)

俺は大いに感銘を受け、医学生時代2chのQOMLスレに入り浸った。フリーター・ドロッポ(ドロップアウト)のスレなどもあった。

どこの科が楽だ、研修病院はこう選べ。地方医師不足や診療科の偏在?構うものか。医療崩壊ハードランディング上等じゃないか

いやなら辞めろ、代わりはいくらでもいる。逃散だ。そう言って盛り上がった。

今の若い人たちもQOMLの影響は受けているようだ。今は単にQOLと称することが多いらしい。

研修医やる気なしクラブスレッドなど、その思想は受け継がれている。


とにかく患者が少ないか、急変しないかそもそも患者を持たない。それが進路選びの大前提だった。実際それに従って進む科を選んだ。

10年経って、意外に医療崩壊の進みは遅く、ゆっくりシュリンクしていく様相を見せている。

産科小児科外科の減少のために人が殺到するかに思われた当科も、思いのほか人手不足のままである


今年、女医の影響というか、女医にまつわる産休や育休の影響をはじめて受ける立場になった。

女性の同僚はいたが、フルタイムだったためこれまで特に気にすることもなかった。

しろ自身女医の働き方に理解があるつもりだった。半分が女子学生大学だってある時代だ。

そして実際に影響を受けて思った。これはきつい、と。


女医さん、時間あたりで外来件数比較すると、俺の1/3くらいしか働いてない。

それでいて時給換算すると俺より高い額をもらっている(なんで知ってるかというと雇用通知書を机の上に置いてたからだ)。

朝のカンファレンスが終わった頃やってきて、多少の仕事をして、早く帰っていく。俺たちは溜まった仕事もそこそこに、夕方カンファレンスに臨む。

彼女ときおり電話1本で「子どもが熱出たんで休みます」と言い、俺たちは一つ減ったブース外来をこなす


そんでこの前、彼女さら時短を望んでいるとかの話を小耳にはさむ。

ジジイ上司は、家庭は大事からねーと言う。認める方向のようだ。

いやいやお前それ、俺らの家庭が間接的に犠牲になってるのはいいのか。聖人か。

短いなら短いでせめて同じ密度仕事できませんかって聞きたいが、当の女医さんはいい人そうなので、ってか多分普通にいい人なので聞けない。


やる気はない、医者はただの生きる手段病院業界に対する忠誠心はまるでない、と俺は自分で思っていた。

それでもQOMLを達成するためには馬力と要領が必要で、全力投球して9時5時を目指すもんだと考えていた。

そこへ余りにもマイペースな(ように見える)同僚が現れて困惑している。じつはQOML派じゃなかったのか俺。


業界みんなで支えなきゃ。

お前は誰の股からまれたんだ。

パート女医でもゼロよりはいいじゃん。

お前も無理って言えばいいじゃん。お前も真似してみれば?

女医のせいっていうより実質上の減員だから医局に増員を頼め。

マネジメント問題だ。人を別に雇え。できなければ診療規模を縮小しろ

業務効率化をしよう。

非常勤のほうが雇用の調整弁なんだから待遇がよくて当然。

男も時短勤務を選べる時代にしよう。

主治医制を廃止だ。


そんな正論はいくらでも思いつくが、理想論の上に即効性もなく、さえずるなという感じ。

給料上げてもらえば?とかね。俸給表で決まってるんですがね。ま、残業や呼び出しで10万ほど増えましたがね。


「やっぱさー、一緒に働くなら元気のいい男の子がいいよ」

昔、他の病院に勤める先輩と一緒に飲んだときに言われた。

この人がそんなこと言うんだ、まだこの業界後進だなって思った。

でも今度から俺も言おうと思うわ。「次は活きのいい若い男を頼む」


あ、増田はできるだけ人の多いところに行って好きにすればいいと思う。とにかく人が多いところだ。お互いの幸せのために。

2018-06-30

精神通院歴があると微罪で鉄格子隔離病棟から一生出られない

差別されてコケにされて排除されるだけだから黙ってクローズドが最善

精神障碍者及び発達障碍者は黙っているのが吉

どうせ治療法はない

anond:20180630142453

anond:20180630044027

低能先生擁護派だけど、俺の場合理由が違う。

増田ネット世界隔離病棟みたいなものだと思ってるからキチガイに寛容なだけだ。

2018-06-28

anond:20180628191437

おう。増田は引き続き隔離病棟オモシロ珍プレー好プレー情報創作)を振りまいてくれや。愉しみにしてるで!

anond:20180627181632

希死念慮が強くて隔離病棟に入ったけれど今は寛解状態ってとこかな?

私がチャット電話で話したことのある人が隔離病棟に入ったと自称したときそんな感じだった。

ネット電話も何故か使えて仲間の間でも本当なのか疑問視はされてたけれど、本名すら知らない関係確認するすべなんてものもなかった。

本人が言うには自殺防止で壁が柔らかいとのこと。

チャット親族を名乗る人が同一のアカウントで話しかけてきたこともあったけど、今考えてもその人が実在人物であったか本人の別人格であったかただ単に嘘をついていたのか、何もはっきりしたことはわからなかった。

そして気になるのは、今の私みたいに中途半端理解を示してその後で反対意見を言ったりすると信頼したのに裏切られたと取られる恐れがあること。

決してそうではないんだけどそんなことは伝わりにくい。

から言っておくけど、私はあなたの味方でも敵でもない。

信頼に値する行為をここに示したわけでなく、かといってあなたを傷つけるつもりもない。

ただ単に増田が置かれた状況があり得るものであるかどうかについて言及したいから書いただけ。

私の意見に期待も失望もしないでほしい。

突き放すわけでなく、近寄るわけでなく、ただそう受け取った人がいると書きたいだけなのだから

2018-06-27

anond:20180627195304

まさか、腰紐だよ

拘束具なんて病棟のベッド以外で見たことない

anond:20180627192603

俺が言うことでも無いけど、興味を持っても見るだけにして直接会ったりしたら駄目だよ?

意外と通報経由で隔離病棟行きみたいなやつが多いか人助けだと思って通報してあげてほしい

社会に取っても異常者本人に取ってもな

https://anond.hatelabo.jp/20180626204002

医学部6年生です。おもに大学病院病棟実習を1年ちょいはした。そんな精神科に詳しいわけではない。

感想

・どんな病気でどんな精神科にいったのかわからいからなんとも。

開業精神科医はほんとにピンキリ患者数こなして処方もっていかないと儲からいから、やばいところはやばいと聞く。大学病院入院してきた患者さんで、この人なんでこんなたくさん薬のんでんの?ってなることはわりとよくある。なおうちの近所の某精神科ほとんどのスタッフ看護学生バイトでまわしてるクソ医院ネットの評判ではスタッフが若くて人気らしい。あっそ。人づてに聞く内部情報では非精神科医の息子が代理処方することまであるらしい。つぶれろ。

・ただ向精神薬の減薬って精神科医以外にはとくに難しくて。なおってるのかどうかわからないし。症状も数値化されて表現されてないから診た医者しかからないし。だから減薬もすすめにくい。

客観的指標がないからこそ、精神科担当医を1人に固定しがち。担当がかわったらまたその人を理解するところからはじめないといけないし、大変。初診料もないのに初診状態かよ、みたいな。

・でもそんなこと患者さんには関係いから、変えてほしければ変えてもらえば良い。担当変更なんてよくある。先生たちあとでショック受けてるけど。

・薬がきれて頭がグラグラしたなら、ある程度は薬が効いてたんじゃね?

向精神薬は、急な中断で悪性症候群っていうわりと洒落にならない(死ぬ状態になることもあるから、気を付けた方が良い

開業医は自分で稼がないといけないけど、大病院精神科医にとってみればわりと採算は関係いから、もっとじっくり話をきいてくれる医者いるかもしれない。

・話をきいてもらいたいなら、やっぱり臨床心理士カウンセリングのほうがおすすめ。大病院なら、毎回、カウンセリング→結果をふまえて医者の診察って流れもできるはず。

・なんとなく、世間精神科医にたいしてとんでもない空想を抱いてるかんじがする。自分感覚としては、精神科医はわりとメンタルトラブルの扱いにうまい医者というかんじ。確かに扱いはうまいしかそもそもメンタルなんて正体がつかめてるもんじゃいから。精神科にかかって治る/助かる人は確かにいるし、みたけど、いまいちぱっとしない人も多そうだった。しかたない。循環器内科医が心カテして狭心症治療したり、整形外科医が関節置換術して歩けないのを治すのとは訳が違う。

・それでも、ほんとうに患者さんのことを考えてなんとかできるようなことはないかと精一杯あがいてる先生はたくさんいる。みた。偉大だし崇高だと思う。

・でも自分はやっぱ万能感にひたりたいから、心臓外科とかそっちいきたいな〜♫

2018-06-25

住所が知れてる奴は10年後だなw

まあ隔離病棟にぶち込まれて二度と出てこない可能性もあろうが

2018-06-20

鹿児島の県立精神病院小学生閉鎖病棟入院させ薬物治療? 

鹿児島県姶良病院http://hospital.pref.kagoshima.jp/aira/

所在地 〒899-5652 鹿児島県姶良市平松6067 TEL:0995-65-3138 FAX:0995-65-8044 E-mail.air-hos@pref.kagoshima.lg.jp 病床数334床 管理者 山畑良蔵(院長)

「県立姶良病院について語ろう

449 2018/06/19 11:19

この病院、こんだけ評判悪いのによく存続できるな。

今 この病院の7病棟素行の悪い小学生が4人 入院してるんだけど、その小学生にすら治療と称して大量の薬 飲ませてる。

ここの医者小学生素行の悪さを薬で治せると 思ってるらしい。

アホか姶良病棟。薬じゃなくて「しつけ」ヤロ。

子供にまで薬商売触手を伸ばすとはオマエら(姶良病棟医者ヤクザ以下。

姶良「商魂」病院改名しろ鹿児島の恥ども」

http://bakusai.com/thr_res/acode=10/ctgid=104/bid=1304/tid=3433815/

「7病棟48床(男女混合閉鎖病棟)

精神科救急入院病棟スーパー救急病棟)として、新規入院者の6割以上が3ヶ月以内に自宅又は施設退院できることを目指しています患者さん個々の病状やスケジュールに合わせ、多職種カンファレンスを持ち,早期に地域での生活に移行できるように積極的退院支援を行っています

http://hospital.pref.kagoshima.jp/aira/section/kango/kango03.html

、、この記述事実か?

仮に事実として、小学生閉鎖病棟(?)に入院させ、更に薬物治療を行うに至った経緯・法的根拠はあるのか? そしてそれは法的・医学的に本当に妥当か?

仮に事実として、これは「児童虐待」にあたらないのか? 公的機関報道機関などに通報すべきか? 通報すべきとしてそれは何処が最善か?

仮に事実として、人権上、これは許容され得ることなのか?

2018-06-13

カフェイン30gと睡眠薬100錠を入れて死にかけたお話

1年以上経って落ち着いてきたので、いまなら書けるとおもう。

あれは忘れもしない去年の4月30日だった。

当時26歳の私は、大学課題卒論、日々の日雇い仕事性別違和精神疾患父親との不和、などさまざまな問題を抱えながら日々をやり過ごしてきた。

4月29日の夜、いつものように睡眠薬抗うつ剤抗不安剤女性ホルモン剤を入れて布団に入った。

眠れない。

仕方がないからしばらくネットサーフィン資格試験勉強などで時間を潰し、眠くなるのを待つことにした。

朝の6時になっても眠れない。

これはもう仕方がない、ひとまず眠れるまでは寂しいし誰かと通話しよう、そう思った私はSkypeで連絡を取れそうな人物と話をした。

大して内容のない話だったとおもう。本当にとりとめのないことを2時間半くらい話した。

そうしたら通話相手が、いまの私の現状に同情したのかなんなのかはわからないが、泣き出した。

泣いている人物と会話を話をするのはあまり得意ではないのでここらへんで通話はやめよう、そう思い、一応なだめて落ち着かせてから通話を切った。

通話後、自分なかには将来への不安感、絶望感、焦燥感、そういったものでいっぱいになってしまった。

そういえば、カフェインを大量に服用すれば死ねるということを聞いたことがあったのでインターネットで調べた。

私の体重カフェイン摂取致死量は15g。ならその2倍服用すればほぼ確実に死ねるだろう。

このあたりで私の頭の中は死ぬことでいっぱいになってしまった。

そして手元にあったカフェイン剤をきっちり30g分用意して、そしてそのまま眠って死ねたらいいなと思ってルネスタやらロヒプノールやらマイスリーやら合わせて100錠くらい準備した。

そして、一気に、手元にあった炭酸飲料で飲み干した。

カフェインの錠剤が大きかったため、何度かに分けて飲んだ。胃酸だろうか、せりあがってくる液体も無視してすべて飲み干した。

飲んでから20分くらいは特になにもちょっと変な感じかな、その程度の身体違和感しかなかった。

30分もすると強烈な吐き気がきて、ああこれはもう我慢出来ない、そう思いお手洗いで吐いた。ロヒプノールの色素のせいか青色の吐瀉物が出た。

何度かえづいていると、1階にいる母に大丈夫?と声をかけられた。大丈夫ではなかったので素直に大丈夫じゃないと言った。

なんせ強力な吐き気それからめまい身体が動かない、もう自殺したいだなんて思わないか身体を楽にしてくれ、そう思った。

母に水を飲まされ、何度も吐いた。母が救急車を呼んだらしく、部屋に救急男性が2人入ってきて、担架で救急車に乗せられた。

このあたり、正直なところあまり記憶がないため、細かいことを思い出せない。ただ、意識チェックなどを受けたことは覚えている。

それと、ごめんなさいごめんなさいと何度も謝っていた。

病院へ着くと、まず胃洗浄を行った。鼻にチューブを通され、洗浄水を入れたり、胃の中の悪い水分を抜いたり。

その後に、活性炭を投与された。胃洗浄は苦しいという話を聞いていたが、正直尿道カテーテルを通されるほうがしんどかった。

胃洗浄が終わると、病院着へ着替えさせられ、CTスキャンの部屋へ移動させられた。そこで強烈な吐き気

CTスキャンが黒い吐瀉物でまみれてしまった。ごめんなさいごめんなさい、ひたすらに謝る私。

その後で、病棟に入り、尿道カテーテルを通され、全身管だらけになっておむつもつけられて待機。

はずかしいはなしだが、何度も看護師さんにおむつを交換されてしまった。

それと尿道の管の違和感が苦しかったのでお医者さんに抜いてもらった。

深夜になると、とても苦しくて寂しくて、泣いてしまった。

一緒に病棟状態を見守ってくれた母がやさしく手を握ってくれたのを覚えている。

それから、こんな風になってしまってごめんなさい、と何度も謝った。

そして、明日には退院できるようにならなければ(その明後日に欠席不可の科目があったので)という気持ちが徐々に湧いてきた。

ODから1日経ちお昼になった。確かハヤシライスが振る舞われたと記憶している。

正直、食欲なんてまったくなかった。それでも、ご飯が食べられないと退院できないと聞いて、必死に食べた。

付け合せのレタストマト、デザートのバナナツナサラダ、そしてハヤシライス。軽いものから重いものへ順々に食べ、1時間近くかけてなんとか完食した。

その後はリハビリがてら、ちょっと歩いたりした。それは特に苦痛ではなかったのだが、最後に大きな問題が立ちはだかった。

自力排尿できなかったのである

いくら尿意を感じて力を入れても、1滴も尿がでない。尿が出ないと今日中に退院できないと聞いた私は数時間かけて排尿の練習をした。

そして、看護師さんに見守られながら、おしっこができたときは、すごく感動というか、開放感というか、達成感に近いものを感じたとおもう。

夕方になり、お医者さんに退院しても大丈夫との許可を受ける。

優しく接してくれた看護師医者さんの方々に深々とお礼を言って病院を去った。

そして実家に帰り、お風呂に入り、早めに寝て、次の日は大学だったのでまた普段日常に戻ったのでした。

今回の件で、絶対ODでの自殺企図はしないぞ、と固く心に決めたのでした。

・いまの現状

あれから精神は少しずつ落ち着き(結局大学卒業できなかったけれど)、念願の恋人との同棲も叶い、基本的には主婦としてやっています

たまに日雇い仕事を入れたり、電気系の国家資格勉強をしたりと、日々それなりに落ち着いた生活をおくれています

実家から離れることで、父親との不和も解消したし、精神が弱っているとき彼氏さんに支えてもらっています

たまに、彼氏さんと喧嘩したりすれ違ったりしているし、やっぱり将来への不安はあるけれど、いまは、しあわせです。

2018-06-11

殺人衝動って

複数の要素の波長だ

波長が合致しないと、今まで社会生活を送ってた者はどんなに頭がおかしいヤツでも殺人を実行できない

それは良心の呵責でなければ、これから実行することへの嫌悪感でもない

それがなく実行できるのは隔離病棟に居る社会性を一切持たない奴らだけ

anond:20180611173110

そういうことw

まぁ俺は病棟に居ないけどね

2年前にちっちゃいけど平屋建ててそこに住んでるんだよ

世話になってる弁護士先生成年後見人になっていてくれて、契約関連はほぼ任せてる

2018-06-04

anond:20180603222937

本人の強い希望病棟スタッフからの苦情で、異動の時期ではないのに異動になったとのこと。

何があったのかわからないけれど、病棟は今その人の悪口放題である

その人が本格的に嫌われた原因は変な時期に無理やり異動させてもらったからじゃないの?

新人は実感ないのかもしれないけどそういうのの皺寄せって残った人が被るわけじゃん?

2018-06-03

看護師になって10年で初めて女の世界垣間見た話

21歳で看護師になって今年で31歳。看護師10年目の私は5月に入職した病院を含め3つの病院で働いた。

看護師転職は気軽にできるので、この年で転職2回も珍しくはない。

看護師って女の世界でしょ?大変そうだね。なんてよく言われるけど、さばさばした人が多い良い職場に恵まれたのか、どろどろした人間関係に悩むことなく楽しく働いてきた。

5月にこの病院に入職するまでは。

今働いている病院は病床数100床、療養型の中型の個人病院だ。古い病院で療養型ということもあり、若い人は少なく看護助手も含めて40代50代の人が多く働いている。まだ入職して一ヶ月だが、なんとなく病棟人間関係みえてきた。

基本的に皆良い人なのだ。今まで見た二つの病棟より人数が少なく忙しいけれど、よくしていただいている。ただ、1人のパート看護師さん(以下パートさん)がかなり嫌われている。何があったのかわからないが嫌われている。

入職から3日、その日一緒に部屋をまわって業務の流れ等を教えてくれるはずだった看護師さんに放置されていたところをみかねてパートさんが親切に色々教えてくれた。

意地悪で放置されていたわけではなく、勤務が忙しくていちいち説明をする時間をとれず、「カルテ情報収集しといて!」と放置されていたのだが、すでに入職から3日、代わり映えのしない患者情報収集は3周くらいしておりほとほと困り果てていた。

そんなときパートさんに業務のことを教えていただき大変助かった。

気さくな人で話もしやすく、プライベートな話を含め、休憩時間にたくさん話をしていただいた。業務システムでわからないことや、単純にスキル不足でわからない看護のことを聞いても嫌な顔せずわかりやすく丁寧に教えてくださった。

でも、嫌われていた。

病棟の人たちはあからさまにのけ者にする訳ではなく、パートさんがいれば普通に話をしたりしていた。みんなから頼られているように見えたのは私がその場の雰囲気空気を読むのが苦手だからなのかもしれない。

ある日出勤するとそのパートさんが他の病棟に異動になったと聞いた。

本人の強い希望病棟スタッフからの苦情で、異動の時期ではないのに異動になったとのこと。

何があったのかわからないけれど、病棟は今その人の悪口放題である

一度私や仲の良かったスタッフに会いに来てくれた。もちろん楽しく話をしてくれた。次の日他の看護師忠告された。

「あまり仲良くなって巻き込まれないで。あの人が言う病棟のことは本当のことかわからないし。仕事もできないし。」

パートさんから病棟悪口を聞いたことはほぼない。私から聞かないと病棟の話はしない。喋っているのは主に私の恋愛話やバカな話ばかりなのである

病棟の人たちは私がパートさんと病棟の話ばかりしていると思っているのだろうか?

業務のことを教えてもらって、私は何もパートさんから被害を被ってもないし、楽しく話をしてくれる人なのに、今度からも会った時に話をしていたら何かに巻き込まれしまうんだろうか。

もう、仕事だけしたらよくない?

みんな一所懸命看護して、定時に帰ってプライベート充実させようよ。

誰がこう言ったとか、ああ言ったとか、くっだらねーー!

明日からまた仕事

パートさんと話すのが怖い。

パートさんと普通に話してたのにいなくなった途端に悪口を言い出すスタッフに会うのが怖い。

どうすればいいのかわからない。

2018-06-02

anond:20180602074236

隔離病棟という悪しき歴史考慮すると、精神薄弱からつって強制的処置することは危険だと思う。

性犯罪の特徴のひとつ再犯率の高さがある。再犯を徹底的に防止するだけでも性犯罪は14%程度減らせると考えられる。まずは性犯罪者の去勢提案したい。

2018-05-26

はてブに「隔離病棟カテゴリーを作ってほしい

パ○ティーとかう○ことかさ、そんな増田隔離した方がいいような気がする。

初めてサービスを利用しようと思って開いたら「パ○ティー」が初見とかやばすぎるだろ。

うっ・・・は、早く隔離病棟を作って俺たちを救ってくれ!!ぱ、ぱん○ぃ・・・ぐはぁ!!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん