「志村けん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 志村けんとは

2022-05-22

死んだら悲しくなる芸人No.1って誰だろうって考えたら

なんやかんや志村けんだったのかもしれんなぁって

大悟が言ってたけど、そこそこ年行ってる人でも若い人でも一回大好きになる時期が来るみたいな人だよね

2022-05-12

水曜日のダウンタウン」をみて涙がでた…バラエティー番組放送休止に追い込む「過剰コンプラ」を憂う

これを見ていてなんかものすごい違和感を感じた。

コンプラのせいで現場が委縮してろくな番組が作れないというやつだ。

まず、BPOのせいで、とか言うが、どう考えてもBPOにチクリといわれた経営陣が無能だろっていうのはある。最近かにテレビタレントコンプラがうんぬんとかでぐちぐちいってるのは見かけるがな。

ドリフひょうきん族が今になって名作扱いされてんのは、この番組を見て育った奴らがテレビを見る中心的な人々になったからだろ。見てもいないのに名作だ何だとか言ってるやつらもいるだろうし、最近のやたらとよいしょする空気に感化されて名作って錯覚している奴らもいると思う。だが、あれらの番組昭和価値観からこそ放映されたものだというだけだから今見ても大して面白くない。あん過激なことテレビで許されてたのかという歴史的価値はあるかもだがな。そしてティーンがこういう番組を見て育ったであろう両親をどう見るかというものでもあるかもな。

ドリフなんかはまぁ、牧歌的時代番組でもあったがお茶の間ゴールデンタイムに裸の女性を持ち込むことも多かったので今だったら絶対放送はできない。バカ殿さまも今だったら志村けん公然セクハラするものしかないが、志村けんのすごいところはその辺の社会空気を感じてスッと自分を変えてしまうあたりかなとは思う。

まぁいいや。

まず、昔みたいな番組を作れないのはBPO無能経営者だけのせいではない。機械が大画面、高解像度、高性能化しているというのもある。

昔の小さくて少しぼやけたブラウン管で見ていたような罰ゲームを今の性能のテレビで見ると、本当に痛そうに見える。現場にいないタレントの陰口をひな壇芸人がしゃべるときの表情も相当に細かく伝わってくる。ここをなんで見ないのかというのが本当に疑問だ。

もっと自分たちのメディアが乗っかっている機械について考え抜かないとだめなんじゃないかなって俺は思うんだ。

そのうえでBPOとか社会空気とか、経営陣がとか言えばいいんじゃないだろうか。

2022-05-11

やっぱり、志村けんの死が大きかったんやろか。

上島竜兵

2022-05-06

母親と息子の距離感について

10歳くらいからだろうか。

母親との距離感が近い、というのは切腹モノの”恥”という強烈な意識を私は抱くようになった。

その意識思春期の到来によって引き起こされる内面的変化の表れで抱いたものではなく、別のきっかけによって植え付けられたものだった。

当時の担任教師帰りの会ときに突然

「〇〇君はなんとお母さんのことを『ママ』と呼んでま~す!!wwwwwwwwwwwwwwwww」

クラスメート秘密を大声で暴露したのだ。

その瞬間、教室中が爆笑の坩堝と化したことをよく覚えている。

私は担任教師にひたすらドン引きしていたので笑えなかった。

信じられない人もいるだろうが、少なくとも90年代まではこのレベルキチガイ教師はザラにいた。

また、当時は『ママ』呼びする男は問答無用気持ち悪い奴という認識が共有されていて(今どきの若い子で公然ママ呼びしている人は普通にいると大人になってから知って仰天した)、それこそロリコン匹敵するくらいの扱いを受けていた。

から暴露されたクラスメート卒業までかなりかわいそうな扱いを受けていた。

ちなみに私はこのショッキング出来事が起きた日、家に帰ってすぐ母親に対して

「お母さん!もう今日からちゃん”付けで呼ぶのやめてね!」

宣言した。

母親は「そうか、もう”ちゃん付け”は嫌だか!」と爆笑していたが、なんと本当にその日から私のことをを”ちゃん付け”で呼ぶことをきっぱりとやめた。

加えて、私はこの時期から約十年にも及ぶ長い間、母親との雑談を一切しなくなった。

担任の愚行一発で、私は母親との距離もっと遠くしないといけない強烈な危機感を抱いてしまったのだ。

それまでは小学生の子供らしく母親とそれなりに会話をするほうだったと思う。

夜一緒にテレビを見ながら、かつて竹中直人お笑いタレントで「笑いながら怒る男」の芸で一世を風靡したことや、

志村けんドリフ初期メンバーでなかったことなどを母親から教わった記憶がある。


それから時は流れ、大学生になっていた私は運転免許合宿のために地方で3週間ほど滞在した。

合宿中のある日、同日入校した男連中と休憩室でテレビ情報番組を見ていた時、

画面に映る女性タレントを見て私が「この子可愛いなあ。こういう彼女いたらなあ」と口にすると、

男の一人が「俺、家じゃそんなこと口が裂けても絶対言えないわ……」と唸った。

どういうことかとその場の皆が不思議がっていると彼は

母親の前でアイドルとか女子アナのこと可愛いなんて言うともう……『そんなにこの子がいいなら一緒になって家出て行けばいいじゃない!!』って大泣きして怒り狂うんだよね……」

となかなか衝撃的なカミングアウトをした。

周りが騒然としながら、そうなったときお前どうしてんの?キレ返すの?と尋ねると

「いや、もうずーっと『ごめんごめん、俺が悪かったから泣かないで』って泣き止むまで言って落ち着かせてる……」。

お前それもう彼氏やんけ、と皆から引き気味にかわれていたが、私はというと「あーここまで母親との距離が近い奴もいるんだなあ」と妙に安心していた。

合宿が終わって実家に帰ると、私は母親と再び雑談をするようになった(10年以上のブランクがあったので何を話していいのかわからない状態半年くらいはぎくしゃくしていたが)。

それからオッサンになった今に至るまで、他人とその母親との関係性がうかがえるエピソードを聞かされる機会が結構あったが、距離感が近い母子結構いるもんなんだなあと思う場面は多かった。

配偶者実家の近くに家を買うつもりである母親に伝えると「あなたを取られちゃうみたいで凄く嫌なの」と不快感をあらわにされ最後最後まで反対されたとか、

部活引退試合を終えチームメイト父兄が集合している場で「〇〇ちゃん、お母さんを抱きしめて~!!w」と強烈なハグをされて死ぬほど恥ずかしかったとか、

家では『お母さん』呼びをすると完全に無視を決め込まれ食事抜きにされるからついにママ呼びを脱却する機会を逃したまま大人になってしまったとか。

まあなんにせよ親子が仲良くて悪いことはないし、やっぱ添田先生のやったことって刑法レベルに罪深いなと思った。

2022-04-30

anond:20220430154325

志村けんさんが亡くなったから、あのイントネーションのおねいさんももう聞けないんだなぁ

2022-04-27

anond:20220427122757

しろ内縁関係になると別れるとき財産分与慰謝料必要になってもめ事の原因になるぞ。

志村けんが昔つき合っていた彼女と別れるときに、内縁の妻だとして権利を主張されて財産の半分を持って行かれた話が有名。それが原因で生涯結婚しなかったんじゃないかとすら言われてた。ググってみるといい。

オレはむしろ内縁関係にならないように、同棲していても住民票は分けたり家計別にしていた証拠を残したりしてたよ。

幸いに相手はそれに気づかず、別れるときにも内縁関係を主張して財産分与要求することはなかった。

しろ家計とした上でいろいろと助けたりもしていたので感謝してくれてた。

2022-03-26

anond:20220326222028

志村けん大悟も好きだけど、別に大悟志村けんみたいにはなってほしくないな

志村けんが亡くなっている事実に未だに頭が追い付かない

千鳥大悟が明らかに後継者になりそうだったのに

急に亡くなったからそういうのも全然進んでなさそうでつらい

2022-02-20

最近志村けん見ねえな

30年くらい前も同じようなことがあった気が

2022-01-28

anond:20220128213603

コロナに罹って死ぬ人は死ぬ志村けんのように死ぬ

一方でブラジル大統領みたいに、罹っても死なない人は死なない。

死ぬかどうか、後遺症で苦しむかどうか、すべてを運命だと受け入れる覚悟があるなら、

そもそも恐れる必要は無い。

2022-01-18

首都圏にて

まれてはじめて首都圏に入った。

はじめて日本首都圏に入った。

徒歩圏でも永谷園でもなく首都圏だ。

ああ、首都圏だよ。

志村けんではない。

2021-12-30

anond:20211229171051

イヤな先生モノマネするというのはあったが

もちろん本人に見えないところでやってた

からさまなババアイジりとか発明しちゃったのは志村けんだろうな

2021-12-20

anond:20211219215023

ドリフ荒井注が抜け志村けんが入ったときメンバーそれぞれの役割いかりや:暴君であり家長加藤やんちゃ坊主、仲本:器用でマイペース高木句読点荒井:唯一いかりやにけんか腰という居場所を作れず、ずっと馴染めない転校生扱いで右往左往していたのが、志村独自ギャグを作り上げて居場所を作った。強引な手を使わないと非常に難しい。

2021-12-17

anond:20211217150241

志村けんも金持ってるし上級用の医療を受けられただろうけど死んだしな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん