「素人童貞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 素人童貞とは

2020-05-30

大学生喪女

2年前喪女ということみたいな日記を書いたが未だに喪女である。いつのまにか大学3年生になっててビビる処女であることのメリット子宮頚がんの検診必要なししかねぇ。

最近ふと恋人がほしい、お手手を繋いでデートをしたいと思うようになった。性的接触は…あってもなくてもいい…?わからん、とりあえず日記書いてる今はオナニーする気分でもないから性欲が薄いのかも。

とりあえずよしよしギューってされたい。抱き締められたい。人肌を感じたい。

正直レズビアン風俗を利用するか悩むレベルで。女性向けの風俗相手男性)は嫌だ。バイセクシュアル寄りのヘテロだとは思うけど、今は年上の胸の大きい女性に抱き締められたい。裸で抱き合ってただ体温を感じたい。

でも今まで性的接触をしてこなかったから、初体験風俗素人童貞)になるってどうよって思ってしまう。別に初夜ロマンチック幻想を抱いている訳ではないけど、長い人生本当に後悔しないのか?とか思っちゃう金も無いし。

でも綺麗なお姉さんに会いたい…全肯定してほしい…。

出会い系も考えたけど、風俗安心を金で買えるのに出会い系はそれができないのが怖い。そもそもどんな人が来るのかわからないし。あとデブスだからマッチングするとは思えん。

とにかく、デートがしたい。手を繋ぎたい。ハグしたい。人のことを好きだって思いたい。あわよくば恋人が欲しい。

なぜ恋人ができないんだ…そこまで醜悪なのか…?そりゃブスだとは思うけど、言っちゃ悪いが顔がそこまで整っていなくても恋人いる人はいる。それはきっと内面が良いからなんだろうけど…まぁ自分内面くそですね…。言い寄られたこと、性的対象として見られたこと、他人自分に対して好意を抱いてくれたことが無いからもう人間として恋愛できる土俵に立ってないんだと思う。

お母さんごめん!血は姉(既婚)が繋いでくれるから安心してくれ。

あー恋人が欲しい。一人でも楽しいなとは思うけどやっぱ恋人が欲しい。恋人がいたらどれだけ楽しいかな。おやすみプンプンみたいな恋愛もしてみたい。自分にとっての愛子ちゃんが現れて欲しい。最後ボロボロに打ち捨ててくれてもいいから。

深夜にこれを書きなぐって、匿名でこれを晒して、まじで人生失敗だな~。考えるのもめんどくさくなってきたので糞して寝るか。

2020-05-06

あっち側の人生想像するだけで恐ろしい

こんなことは増田しか書けない。先日、と言ってもコロナの前だから2月だけど、職場の同僚たちと数人で飲んでいた。その中に去年離婚した女性がいて、仮にAとしよう。Aは新しい彼氏候補を探していると言っていた。俺は、この場にいない同僚の男性名前、Sを出して、「Sさんはどう?独身だよ」と勧めてみた。うちはときどき職場結婚もあり、職場人間同士が付き合っても特に後ろめたさを感じない。

A「Sさんちょっと…。」

俺「そう?めっちゃいい人だと思うけど」

A「めっちゃいい人なのはわかる。でもSさんは、そういう対象じゃないかなー…ねえ?」

C(女)「うん、そうだね…。Sさんすごいいい人なんだけど、付き合うとかって、ちょっと考えられないかな…」

その場に居た女性陣全員がSさんを「付き合ったり結婚は考えられない」と暗に匂わしてきた。俺は悪気があってSさん名前を出したつもりはなかったけど、なんとなくそうなるのかなとは薄々思っていた。

Sさんは、いわゆるインセルだ。うちには転職で入ってきたから俺より年上だけど、同僚ぐらいの感覚で会話をしている。今まで何度も転職を繰り返してきたらしい。Sさん古典的オタクで、世代的にはオタク第3世代にあたるのかな。エヴァ洗礼を受け、萌系全盛時に10代後半から20代前半を捧げたような。生涯で一番好きな作品は『守って守護月天』だと言っていた。若いから休日アキバ通いを続けており、王道SFスターウォーズや、特撮も超好き。あと全然関係ないけれど万年筆を集めていたりもする。今から考えると古いオタク。俺らが子供の頃には気持ち悪いオタクとして蔑まれていたけれど、現在市民権を得ている。と思っていた。

かにオタク趣味のもの気持ち悪いとは言われなくなった。しかし、Sさんはいまだ恋愛対象として見られないらしい。Sさんにも彼女いたことはあったそうで(中国人と言っていた)、誰しもがSさん恋愛対象と見ないわけではないが、今回の飲み会での周りの反応を見る限り、Sさんはその生涯において、恋愛経験を積むのが難しかったのではないかと思う。だから勝手インセルじゃないかと思っている。

モテるオタクはたくさんいて、顔がブサイクでも太っていても彼女いる人はたくさんいる。でもその中にはSさんみたいに、恋愛対象として見られない人がいる。カテゴリ全然関係ないのかもしれない。でもやはりブサイクとか気持ち悪いと言われる人の方が、インセルである確率は上がるんじゃないか

俺はモテる方ではないが、経験人数は10人(プロを除いて)を超えている。付き合った人数は3人いる(1〜2年続いてフられる)。数は決して多くはない。だから、明らかにモテない側として今まで生きてきたし、周囲にもそう振る舞ってきた。だが、やはり素人童貞彼女いない歴=年齢とは一線を画す。

よく「童貞をこじらせて」とか「モテない人間逆恨み」みたいな例を出されたとき、まだ童貞だった10代のとき共感できた。でもそういうのを通り過ぎた今、「あれは若いときだけの悩み」という感覚に変わってしまっている。

しかし実際には、20代になっても30代になってもあの頃のままの人たちがいる。一昔前は「妖精になれる」と言われた人たち。彼らの人生想像するだけで恐ろしい。若い盛りを「対象外」として過ごし、そのまま歳を重ねていく彼ら。その内側に募った感情というのは、もう想像を絶する。ただ恐怖だけがある。自分いくら嫌なことがあったとか、苦労したとか、つらい経験をしたといっても、彼らの人生悲惨さに比べたら、毛ほどの痛みもないんじゃないか

それは例えば、ペニスを失う苦しみに近いのではないだろうか。彼らにはペニスはあっても、身体快楽を得ることはできても、男性として人に好かれたりときめかれたり、愛されたりすることがない。「いい人だけど…」と言われながら男としては見られない。それが身近な一人や二人からではなく、誰からも、生涯において対象外とされる恐怖。そんな人生をどうやって生きていけばいいのだろう…。

そういう大人VRゲームにハマる漫画があったけれど、あれを読んでも恐怖しか湧いてこない。

2020-05-01

大学同期

今年30歳 浅田真央とかと同じ世代

俺の転職祝いがてらオタクサークル大学同期男7人とZoom同窓会をやったら色々ひどかった

モテナイ大学代表理系大学出身大学時代女子と会話したことなかったのかどうか知らんけど、未だに全員独身彼女なし全員子供部屋おじさん。

俺も含めて全員まだ最高でも素人童貞なんじゃないかな。

全員ライフイベントというもの経験しないので会話の内容の幼稚さに涙が出てくる。

アニメキャラパンツがどーのこーのとか FGO課金がどーのこーのとかね

顔を引きつらせて話を合わせていたけど、何も考えずにバカみたいにそういう話ができてたあの頃に戻りたい。

2020-03-30

anond:20200330132320

風俗によく行く素人童貞(48歳)やけど

二、三回行けばじゅうぶん気持ちよく発射できるで

2020-03-28

初めてのセフレ

彼女のことが忘れられない。自分には彼女もいる、何不自由ない生活をしているのに、彼女と過ごしたあの日々がどうしても忘れらないのだ。

大学3年の秋、友人からマッチングアプリを紹介され始めた。友人はかなりのプレイボーイで、マッチした人と会ってはセックスをするような人だった。当時の自分はまだ素人童貞で、マッチングアプリを始める数ヶ月前に風俗で初めてセックスをして童貞を捨てたばかりだった。そんな友人を自分は羨ましく思っていた。

SNSでの会話には慣れていたので、友人からアドバイスを受けながら自分複数の人と会い、素人童貞も捨て、経験人数は一気に増えていった。しか自分セックスは毎回初めて会う人としかしなかったため、上手くなかった。だからか、もう一度同じ人としたくても切られてしまっていた。

セックスが上手くなるためにバイト先で彼女を作った。特に好きでも無く、やがて彼女には飽きるようになった。マッチングアプリをしていた頃よりも刺激が無かったのだ。

程なくして彼女と別れ、またマッチングアプリを始めた。

以前よりセックスには自信がつき、何人かと会い、セックスしたが、それでも固定のセフレができることは無かった。

そんなある日、アプリマッチした一人の女性からメッセージが届いた。その内容は、自分を知っているかのような内容だった。驚いてすぐに返事をすると、そのメッセージ自分の友人が送っていたことが判明した。その女性は、自分の友人ともマッチしていて、すでに家に行き、セックスをしていたらしいのだ。

最初面白半分で、「自分もこの女性セックスしたら、穴兄妹になって話のネタになる」と思った。彼女アプリをヤリモクで使っていたので話は早かった。

しろ早すぎるくらいでこちらが戸惑った。自分写真確認せずに家に上げてくれるというのだから。それでも自分の性欲と好奇心があって、すぐに家に行く約束をした。

そして当日。プリンが欲しいと言うので、近くのコンビニプリンを2人分買い、そこに車を停め、少し歩いて家に向かった。

彼女アパート一人暮らしをしていた。越してきたのはごく最近だと言うのに、まだ3回ほどしか1人で寝てないというぐらい、男をひっきりなしに連れ込んでいたらしい。自分も友人も、その中の一人だったのだ。

2人でプリンを食べ、ゲームをした。女の子なのにゲームが上手くて、自分が手加減無く異性とゲーム出来るのが新鮮で嬉しかった。

しかし、自分の頭の中はセックスのことしか考えていなかった。どのタイミングセックスをしようか、そう考えているうちに時間は過ぎていった。何かのタイミングでベッドに入ることができた。彼女は少し散歩しようと言うが、1秒でも早くセックスがしたかった自分は、反対側を向いていた彼女自分の方に向けさせ、キスをした。すると彼女にもスイッチが入ったのか、何度もキスをし、そしてセックスをした。

部屋の電気を消して、暗い部屋で彼女を見た時、大学2年の時に付き合っていた彼女を思い出した。似ていたのだ。その元カノとはキスまでしかしておらず、セックスをする前に振られてしまっていたのだが、本当に好きで半年間忘れられないくらいだった。そんな元カノセックスしているような感覚に陥り、何故か妙に興奮した。

朝、目覚めてもう一度セックスした。その後シャワーを借りて、帰ることにした。

いつも通り、社交辞令のようなLINEのやり取りをし、今回もこれで終わりだと思っていた。

もちろん自分は続けばいいなと思っていたが、いつも相手にされていなかった。

しか彼女LINEを続けてくれた。そそれから徐々にプライベートのことを話すようになり、何度も彼女の家を訪れるようになった。

彼女の家に行く時はいつも決まってゲームをして、セックスをする流れだった。彼女はい匂いがした。キスをすると唇は甘く、顔からもいい匂いがした。

そんな彼女とは、たまに外に買い物に行ったり、一緒にご飯を作ったり、たまに贅沢したりもした。

本当に幸せな日々だった。

彼女と何度も会うようになって、アプリも開かないようになっていた。彼女ももアプリ必要ないと言ってくれていた。嬉しかった。初めて自分を認めてくれるような、受け入れてくれるような、そんな存在彼女がいてくれることが本当に嬉しかった。

彼女は年下なのに真面目に働いていた。彼女の家に泊まると、自分よりも早起きし、弁当を作り、そして仕事へ行く。いつも寝たフリをしてそんな彼女を見ていた。ベッドに寝ながら朝の準備をしている彼女を見るのが好きだった。

彼女自分のことをとても褒めてくれるし、とても尽くしてくれていた。そんな彼女の優しさに甘えていたし、申し訳ないといつも思っていた。自分には無い優しさ、真面目さを彼女は持っていた。

彼女とは、お互いに恋人ができたら、この関係も終わりだね、と常々話していた。

そんなこと、当分先の話だと思っていた。

ある日バイトをしていると、声をかけられた。その女性と何度かデートを重ね、告白をされ付き合った。もちろん嬉しい出来事だった。可愛かったし、いい子だった。

ただ、付き合うということはセフレ関係を終わりにしなくてはいけなかった。

告白されて付き合った次の日に、僕は喜んでセフレに報告した。セフレもそれを祝ってくれた。

そこで僕達の関係はあっさり終わってしまった。

僕はセフレ心配だった。セフレ自分好意を寄せていたのは感じていたからだ。なんなら自分セフレが好きだった。けど、この2人の先に恐らく未来は無かった。アプリ出会った関係セフレから始まった関係幸せだけど、今が楽しければ良い、という感じがお互い分かっていたのだと思う。

自分が急にセフレとの関係を切ってしまったのだ。なんの前触れも無く。

セフレはなんと思っているだろう、悲しんでいるだろうか、ちゃん会社へ行けているだろうか、それともすぐにアプリで新しい男とセックスしているだろうか、そんなことばかり考えていた。

離れて初めて自分セフレのことばかり考えているのが分かった。ああ、好きだったんだ。けどもう遅い。それに2人に未来は無かったんだ。そう思うけれど、忘れられなかった。

あの幸せな日々を失ってしまたことが自分の中で本当に辛かった。

彼女を裏切ってしまった気持ちでいっぱいで、彼女にもう一度だけ会って、謝りたかった。

街で彼女に似ている人を見かける度に思い出してしまう。

自分は今また彼女に連絡しようとしている。付き合っている人がいるにも関わらず、彼女に連絡することはもちろん許されることではない。けど、もう2度と会えなくなる前にもう一度だけ会いたい。

彼女を忘れてこの先ちゃんと生きていけるだろうか、好きな人ができるだろうか。

あわよくば彼女にこの記事を読んで欲しい、いつか見つけて欲しい、そんな気持ちで書いてしまった。見つけてどうなる、それも分からないが、今の気持ちをここに書いておきたかった。少しは落ち着いたので、やはり書いてよかった。

セフレを愛おしいと思ってはいけないというあの言葉が今になって染みる。

好きだったなあ。

終わり。

2020-03-22

anond:20200322140632

三月二十二日(日)

追記ジョギングをした後、思いのほか疲れた帰宅した直後には、このままソープに行く余力はあると思っていたのだが、ベッドの上でダラダラしているうちに、どうでもよくなってしまった。

夕食後、まだ近所のドラッグストアあいていたので、TENGAを二つ購入した。最近住宅街のど真ん中のドラッグストアでもTENGA普通に置くようになった。異論はあるだろうけれども、性に対する過度な罪悪感がなくなるのはいいことだ。練習も兼ねてコンドームをしてから挿入してみたのだけれど、途中でローションがなくなってきたせいか、陰茎を引き抜いたら内部にコンドームが残ってしまった。わざわざ取り出すこともないので、そのままゴミ箱にぶち込んだ。袋に詰めないとすぐに生臭くなる。

で、先ほど一発抜いたら、軽度の頭痛が起きた。一度ずきんとしただけなので、気にすることではないのだろうが、二発目をする気がなくなった。

TENGAでは不満足であったこともいくつかある。それは、やっぱり本物の女性身体とは形が異なっているし、実際の女性を抱きしめた時に、どのような挿入感があるかを再現しきれていないはずだ。素人童貞で、セックスできる頻度は低く、セックスに自信がほとんど持てていないので、いざ彼女と事に及ぼうとしたときに、萎えしまうのではないか心配でならない。いろいろと腰を振る練習はするものの、あまり物にこすりつけると膣内射精障害になるそうで、クッションにティッシュをつける方法はやはり勧められないらしい。そういうわけで、やっぱりソープランドに行くしかない気もするのだが、よほど禁欲してからではないと行くつもりになれない。自分がやりたいのは結局風俗嬢と一発やることではなく、自分が膣内に射精できるかどうかの確認なわけで、そう考えると風俗嬢に非常に失礼なことをしようとしているのではないかと疑われる。

自分の行動が不安によって支配されているのならば、実行したところで楽しめないだろう。負の感情動機としていては、実際に動いた時も不安でならないだろう。行きたくて仕方がない、そんなときのためにソープランドは取っておいたほうがいいのかもしれない。

月曜日からも、また結局ソープに行くべきかどうかを悩みながら、仕事をするのだろうか。

それにしても寝る前のミルクティはおいしい。

2020-03-20

こじらせててつらいのでカウンセリング行ったら楽になった話

スペック

(いくつかフェイクあり)

この記事を書いた理由

カウンセリングを受けて何かと楽になったので、知見を共有したい。

それに、カウンセリングを終えてからそろそろ1年が経過するので、ちょうど過去を振り返るのにちょうどいいと考えた。

増田でも、多くの人が「カウンセリングに行ってみたら?」と時には本気で、時には冗談で言うのだけれど、そこが実際にはどんな場なのかを知らないせいで、行くのをためらっている人が多い現状を、変えたいというのもある。

増田だけではなく、ネット上の多くの人が、少しでも楽になれるように祈っている。その助けになれば幸いだ。

どのようなことで困っていたか

長くなりそうだし、愚痴っぽくなるのも嫌なので、代表的ものだけを箇条書きで挙げる。

カウンセラーはどんな人?

臨床心理士資格を持っている50代の女性中学生くらいの子供がいるらしい。

髪の毛が長く、少しやせ型。落ち着いた物静かな女性だが、明確な自分の考えを持っている印象がある。初恋の人に似ている気がするがおそらくは気のせいというか、投影しているのは間違いない。

実際のカウンセリングではどんなことをするのか

初回は風景構成法を行った。これはカウンセラーの指示に従って、順番に山や川、家や田んぼ人物などを配置していくもので、専門書に当たれば具体的な解釈方法が書かれているが、自分専門家ではないので省く。当日に描いた作品を今になって振り返ってみると、道のど真ん中に障害物の石が置かれていたり、山が雪に閉ざされていたりと、寒々とした印象を受けた。描かれている人間逆立ちをしていて、何やら不穏である。蛇も不気味にとぐろを巻いていた。

二回目からは主に夢分析を行った。カウンセリングカウンセリングの間の一週間に見てきた夢を記録して、それを材料に話をする。つかみどころがないようだが、意外なことにかなり効果があった。理屈はわからないが、この治療中は同じようなテーマの夢を見るようになる。さらに、肝心なのは夢の内容そのものではなく、夢の話をしているうちに自分が何を思い出したか、あるいは漠然とした印象をどのように語りなおしたかで、それによって、自身の考え方の偏りや傾向が見えてきた。現に、夢の内容を話す時間は案外短く、後半の三十分は、そこから思い出した過去出来事や近況、それについて自分がどう感じたについて話し合うことに費やされた。そうした雑談きっかけに、突破口を開いたこともある。

夢分析が行き詰まった時には、箱庭療法を試みた。これは、砂の敷かれた箱の上に人形模型を配置していくもので、話しながら人形を動かしたり、砂の上に模様を描いたりした。うまく説明できないが、非言語的なものを明確にするのに役立った気がする。例えば「このタヌキ(の置物)は寂しくて困っている。友達がいなくて寂しそう。上下がひっくり返って困っている。悲しくて暴れている」などと比喩的な話をすることで、日常使っている言葉論理で語りたくないことを口にしていた。小さな人形を触っているうちに気分が落ち着いたり、逆にひどく動揺することがあったり、不思議経験だった。箱庭療法最初の一回も、自分心理的混乱が反映されていたのか、人形同士がにらみ合ったりひっくり返ったり無意味に積み上げられたりと、非常に張り詰めた印象のもので、カウンセラーも「ちょっと怖い」という印象を漏らしていた。

これらの技法は、ある種のきっかけというか呼び水だった気がする。どんなことを語っても許されるというか、傾聴してくれる場というのはそれだけで貴重で、話しているうちに自分の思いがけない本音や、ダブルスタンダードに気づいた。また、夢のような一見「どうでもいい」話ができる仲になることで、普通は人に話すこともはばかられるような、野外オナニー願望についても話すことができた。

治療も後半になると、こうした技法ほとんど用いず、通常の雑談に近くなった。自分はこういうことをしてこう言う結果になった。自分気持ちはこうだ。そうしたことが素直に言えない人のために、これらの技法はあるのかもしれない。

カウンセリングの進行、そこで自分はどう変化していったか

始め、自分は藁にも縋るような思いでカウンセリングを申し込んだ。と同時に、どこか疑ってもいた。自分カウンセリング技法についての基礎的な知識はあったし、大体どのようなことをされるのか予想がつくと思い込んでいた。精神分析に関するフロイト著作だって読んだことがあるし、河合隼雄の「ユング心理学入門」も読んでいた。しかし、カウンセリングの概略を知っていることと、実際にカウンセリングを受けることとは、まったく別の経験だった。水泳理論と、実際に水に入って泳ぐこと以上に隔てられている。なんといっても、何年にもわたって定期的に同じ人間と会うのだから必然的相手には強い感情を持ってしまう。結局、人間が強い感情を持つの人間に対してであり、人間が変わるのも対人関係を通してだ。

カウンセリングでは何について話すことも自由だった。幼少期の悲しみ、いじめられた経験、両親から受けた不条理仕打ちなどなど。それだけではない。女性にするべきではないとされている話もした。自分の性生活自慰行為風俗店での出来事など、自分は露悪的なまでに細部を語ったが、しっかりと耳を傾けてくれた。

そして肝心なのが、何度同じ話をしても相手は退屈する様子を見せない点だ。自分は、同じ話を繰り返すことで忘れていた細部を思い出すことがあったし、それに新しく意味付けをすることもできた。

最後に、カウンセリング時間が終わりに近づくと、カウンセラーは僕の話した内容を簡潔に言い直す。そうすると、自分はこういうことを考えていたのか、と毎度のように驚かされる。まとめられた内容を反芻しながら次の一週間を過ごすことで、自分の考えが深まっていった。他にも、自分がすべての不平不満をぶちまけた後で、それに対する解釈を投げ返されることで、その負の感情自分の一部として取り込むことができるようになった。「あなたがそこで腹を立てるのは当然だ」「あなた感覚はそれほどおかしものではない」という趣旨言葉を返してくれるだけで、自分過去を少しずつ受け入れることができるようになっていった。

カウンセリングの中で、カウンセラーを好きになること

ところで、カウンセリングに通ったのが、2014年3月から2019年8月ことなので、4年以上も同じ人と毎週のように会っていたことになる。途中から自分の気分が落ち着いてきたので隔週に切り替えたのだが、それでもかなりの頻度だ。自分は、自分のあらゆる感情や悩みをぶちまけて、それでも受け入れてくれる存在がうれしかった。モテないあまり風俗に浸っている自分軽蔑しない彼女存在が尊く思われた。

珍しくないことだが、自分カウンセラー好意を持つようになった。自分は、職業倫理上その気持ちは受け入れてもらえないことだと知ってはいたけれど、「あなた尊敬しているし、とても強い好意を持っています」と伝えた。カウンセラーからは「私もあなたと会うのが楽しみです」という趣旨の返事をもらった。と同時に、僕は、なぜこのカウンセラーが好きになったのかをじっくり考えだした。すると、自分には好きな人自分の悩みを洗いざらい吐き出したいという願望があったのだ、と気づいた。同時に、自分知的水準の高い女性に強いあこがれを持つことも改めて認識した。年齢などどうでもよかった。比較的若く見えるが、相手は五十代の人妻で、自分が手を出すわけにはいかないのだけれど、叶わない想いだとは知りながら、相手尊敬の念を持ち続けるというのは、思ったよりも悪くなかった。おかげで、自分にとって他人を好きになるとはどういうことかを言語化できたし、他人尊重することを身をもって学んだ。

一人の女性を好きになり、それを軽蔑されたり馬鹿にされたりしないこと安心感を、自分はたくさんの悩みに取り組む支えとしていった。僕は、このカウンセラーのことが好きになれて、本当によかったと今でも思っている。

カウンセリングを通じての自分認識の変化

過去のどのようなつらい経験も、自分はそれぞれ意味があったのだと、迷いなく考えられるようになった。それから、今までは様々な物事を与えられて当然だと感じていたが、やっとのことで与えられた物事感謝することを学べたように思う。

また、自分の恐れの感情トラウマにとらわれずに行動できるようになったことで、自分の外側の世界に対して、うまく働きかけることができるようになった。

もちろん、上に書いたような悩みのなかには、直接解決しなかったものもある。でも、それはそれで仕方がない、と受け入れられるようになった。

何よりも現実検討能力がついた。不安不安のままかかえておけるようになり、不安で頭が真っ白になることがほとんどなくなった。自分の中の膨大な不安エネルギーが、落ち着くべき場所を見つけたかのようだった。

上記の悩みに自分は具体的にはどんな答えを見つけていったか

悩みの解決過程言語化するのは難しい。自分の考えがどんな風に変化していったかを記すにとどめる。人によってたどるべき道のりは異なるし、僕の頭の中の理屈をそのまま文字にしても、納得できないことは十分に考えられるからだ。

過去いじめ、対人関係トラブルはとても悲しいものだった。でも、おかげで自分は人をできるだけ傷つけないようにしようと心掛けられるようになった。それと同時に、絶対に誰のことも傷つけない発言表現というのも無理だとも知った。男性であれ女性であれ、相手を一人の個人として尊敬することが大切であり、それは自分相手は異なっていると認識することだ。だから、できるだけ丁寧に接することは大切だけれども、自分他人は別の存在なので、礼儀正しくしていたとしても、絶対不快な思いをさせないでいることは不可能だ。かつての自分は、自分女性から不快な思いをさせられた経験から絶対女性を傷つけてはいけないというルール自分に課していたのだけれども、それは不可能だと知った。過度に自分を縛る目標は、ある種の呪縛だ。

それに、世間はいろんな女性がいる。優しい人、冷たい人、知的な人、ちゃらんぽらんな人。一人の女性自分暴力を振るったからと言って、そうでない人もたくさんいる。女性一般や平均的女性像みたいなものに、振り回されなくなった。

フェミニズムとの距離感もうまく取れるようになった。納得できることはうなずき、わからないことについては調べ、おかしいと思うことには反対する。それは、フェミニズムだけではない。自分とは違う考えの相手に対する対応の仕方と全く同じだ。

仕事に関しては、転職をした。自分能力に見合った仕事に切り替えることでやりがいも感じられるようになった。給与は下がったが、例えば600万稼ぐ人間が300万稼ぐ人間の2倍偉いのかといえばそういうわけでもないし、僕にとっての一番大切な価値観は、早寝早起き快食快便が守れる生活が維持できるかどうかだと知った。

男らしくないのではないか、というのも気にしなくなった。世間価値観がどうあれ、自分が好きなことを好きなようにする。自分らしくあることが自分にとって男らしいことと定義しなおした。

その中で、家族との関係改善した。今にして思えば、両親は自分と非常に適切にかかわってきてくれた気がする。圧倒的にすがりたいと思っていた両親も50~60代のただの人間なのだ、と実感することができた。しかし、ただの弱みもある人間からこそ、大事にしたく思えるようになった。距離感が適切になった気がする。

処女厨ロリコンも治った。正確には、そういう願望があることそのものに対して、思い悩まなくなった。一つには、50代の女性に恋をすることで、実際に小学生恋愛したって、物足りなくなるに決まっていると心の底から理解したというのがあるし、人生経験豊かな女性の魅力に気付いたのもある。さらに、処女厨の根源にあった、「セックスとは汚いものだ」という意識も弱まった。「セックス気持ちよいものだし、誰かを愛することは素敵なことだ」という感覚しかなかったら、処女喪失を汚れとは認識しないだろう。それよりも、出会った二人が新しく一緒に思い出を作っていくことの喜びに目が向くようになった。まだ彼女はできていないけれども、一緒にデートしたり、他愛のない話をしたり、うとうとしたりしたいし、それに向けて今でも努力している。

女子小学生の裸を見たいという感じもほとんどなくなった。確かにあの年頃の女の子かわいいけれど、それだけのことだ。どんな感情を抱こうとも人間自由だと思えるようになったことで、かえってそうしたロリコン的な願望から自由になった。

同時に、野外オナニー願望も消えた。なんというか、得体のしれないドロドロした性欲のエネルギーに、適切な形が与えられた感覚がある。よく夢で、性器露出したり全裸になったりするパターンが多かったのだけれど、カウンセラーと話すうちに「おちんちん見せるだけじゃ意味ないよね?」みたいな話になり、そうしたことを話しているうちに、セックスって相手あってのことだよね、みたいな認識に到達した(このあたりの話が非常にわかりにくいのではないかと恐れている。ラポール、とでもいうのだろうか、クライアントカウンセラーの間には、長い間の会話の積み重ねからくる膨大なコンテクストの共有があり、ある種のツーカー関係が出来上がっているので、会話だけも書き起こしても非言語的な部分が多くを占めていて、客観的にはわかりにくくなりがちだ)。

死への恐怖は、とりあえず先送りされた。これは個人的な経験だけれど、死ぬのが怖くてたまらないときというのは、何か大きな変化を恐れているときか、未知のものに飛び込まなければいけないときに強まるような感覚がある。

カウンセリングを終えたきっか

カウンセラーには日々の出来事を何でも話すことができたが、別にカウンセラーに聞いてもらわらなくても、別に大丈夫になってきた。さらに、ここで話をしても、これ以上自分は楽にはならない気がするようになってしまった。

とても感謝はしているけれども、自分自分を励ます考え方ができるようになっていて、あとは毎日出来事淡々カウンセラーに報告するだけみたいになっていた。

というのも、自分の悩みを解決できるのは、最終的には自分だと思うようになったからだ。話を聞いてもらって勇気をもらったり、現実的なアドバイスを受け取ったりすることはあったけれども、実際に行動するは他ならぬ自分なのだ

ならば、これ以上ここにいても、自分は変われないのではないか、という気がした。そして、3月という区切りのいい時期であったので、そこで終えることにした。

最後にもう一度風景構成法を行った。山には緑があふれるようになり、街には人がたくさん姿を見せるようになった。蛇は道や川のうねりへと姿を変えた。困ったときには駆け込めるような病院や、芸術を鑑賞できるような美術館も街に描かれていた。そこでは、たくさんの人々が連れ立って歩いていた。ずっと住み心地のよさそうな風景だった。

そして、僕は無事にカウンセリング卒業した。

続き→ anond:20200320072823

2020-03-13

素人童貞増田理想の女の人、それ文系男子がみんな好きなやつだよね

オラオラDQN男でもなんでもない、増田上位互換みたいな男と結婚してヒステリーも起こさず楽しく賢く子育てしてるよね

童貞増田系統としては外れていないってのが悲しい

素敵女子の夫は思い余ってカラオケナンパしたりはしなかった、たったそれだけの違い

マッチングアプリ彼女ができなかった32歳素人童貞の頑張ったこと(2)

anond:20200313074600

内なるインセル、あるいはミソジニーとの戦い

求めている対象が手に入らない苦しさから、それをとうとう憎んでしまうようになってしま心理というのは珍しくない。自分もまた、そういう誘惑に何度屈しそうになったか知れない。はてブでもツイッターでも、どうして僕が暗黒面に堕ちなかったのかをいぶかしく思っている人も多かった。ここでは、毒を吐きたくなったときにどのように抑えたかを共有したい。

一般的に、結果が出ないときには次のようなことを意識している。頑張れば結果が出るとは限らないと認識する。過程のものを楽しむ。女性がいなくても楽しめる趣味をたくさん持つ。それから家族や友人を大事にする。友人からアドバイスとは時として的外れで、かえって傷口を広げてしまうこともあるけれど、そういうとき失恋のことは伏せていて、普通に遊んでいればいい。それだけでも気が晴れる。

さて、女性問題に特化したものだと、次の点を心掛けている。

一つ目。自分相手から好かれなくて悲しく、悔しいのだと直視する。とてもつらいが、この感情無視しようとすると、悲しみは怒りへと変わってしまう。怒りが二次的な感情だといわれる所以だ。悲しみとは何かを失ったというサインで、怒りは相手が期待に添わなかったとサインとされる(1)。この段階で対処しないと、怒りは憎しみになってしまう。憎しみとは厄介な感情で、無駄精神リソースを食う。

二つ目論理的に考えるように心がける。「女性はいつも自分を嫌う」というのは実は正しくない。「今回この女性には恋人としては受け入れてもらえなかった。次の女性場合はどうなるかわからない」というのがより現実に近い。こういう「全か無か思考」は「認知の歪み」の一つであり、うつ病の原因の一つといわれている。うつ病にならないとしても、必要以上に自分の機嫌を悪くする行為だ。対処法は(2)に載っている。簡潔に言うと、自分の不合理な考えに一つ一つ反証していくことだ。面倒だが、やってみると楽しい

三つ目。自分男性だというだけの理由で受けた仕打ちや、不快な思いのことを考える。例えば、電車で隣になっただけで警戒されるような目つきでにらまれとき。あるいは、攻撃的なフェミニストが、男性の失礼な態度だけではなく、男性女性のことを「かわいいな。素敵だな」と思う感情のもの否定するような発言をしたとき。そういうミザンドリーに満ちた文章を読んだ時にどう感じたか。ぐさり、と胸に冷たいものが突き刺されたような気がしなかっただろうか。ここで自分が、公共の場女性を叩く発言をしたら、見ず知らずの女性が同じ思いをする。そんなことを僕は望むだろうか。

僕はフェミニズムがいけないのだといっているのではない。むしろ大賛成だ。女性選挙権セクハラを受けない権利(3)、功績をあげているのに忘れられている女性にきちんとスポットライトを当てること、その取り組みはすべて立派だと思うし、心から応援している。まだこの世には性別による不平等偏見がいっぱいあり、これをみんなでなくしていくことこそが、僕らや次の世代幸せへとつながっていくはずだ。僕も自分の中の偏見と闘っていくつもりだ。ただし、言葉を選ばないと両性の間に分断を無意味に生んでしまう。誰にだって怒る権利はある。間違ったことがあるときには怒ったっていい。時には厳しい表現を選ばないといけないことも当然ある。でも、不公正を公衆に訴えて世の中を改善していくことと、自分の不機嫌を見ず知らずの人間通り魔的にぶつける暴力とは、厳然たる区別があるはずだ。少なくとも自分は、公共の場他人を口汚くののしるような真似はしたくない。

少々熱く語ってしまった。本題に戻ろう。

四つ目。公共の場女性馬鹿にする発言をすることは、自分にとてもよくしてくれた母、祖母姉妹馬鹿にすることになる。同時に、未来に付き合い、結婚することになる女性それからまれる娘や孫たちに対する侮辱である自分はまだ出会っていない家族のことを馬鹿にしたくない。

それに、自分尊敬する文筆家や科学者の多くが女性だ。女性馬鹿であるという謬見に対する、強烈な反証だ。

五つ目。すべての女性から好かれようとしなくてもいい。

インターネット上には様々な声があふれている。ある女性は「なんでもきちんと話し合いで解決したい」という。別の女性は「なんでもかんでも気持ちを察してほしい」という。ある人は「男性から性的まなざしに耐えられないと」訴え、別の女性は「異性として意識されなくて悔しい」とぼやく。そういう意見総合していくと、矛盾の塊というかキメラが発生する。こちらを立てればあちらが立たずだ。さらに「どうしたらいいのですか」と尋ねても、「私はあなたママじゃないか自分で考えてください」といわれる。そこで困ってしまう。一生懸命行動しても、誰かからは怒られるのだ。ある種のダブルバインドである

そういう時に思い出したいのは、結婚できるのはたった一人、という事実だ。自分が一番好きな人幸せを一番に考えて、ほかの人の意見スルーする。それでいいではないか相手こちらの面倒を見ないし、自分赤の他人の機嫌を取る必要はない。

最後に。誰かに復讐してやる、という気持ちの時には、じっとしているのがいい。他人を憎んでいる心理状態はとてもつらく、幸せからは程遠い。人を呪わば穴二つ、である。そんなときは、家でゆっくり休むといい。肉体が健康でないと、精神健康もおぼつかない。

相手八つ当たりしない自信があるのなら、風俗も決して悪い選択肢ではない。ハグしてもらうだけでも怒りは収まることがある。相手から優しく触れてもらえる時には、言外の「あなた男性として尊敬しています」のメッセージを受けている気がする。たとえそれが作りものだとしても、触覚や嗅覚はどんな言葉よりも雄弁だ。もちろん、人によっては空しさが増えてしまうかもしれないので、諸刃の剣だ。利用の際はよく考えてほしい。

こういう人に会いたいなというメモ

あくま理想なので、すべてを満たすことは難しいかもしれないが、希望はこういう形だ。

問題は、自分の好みが良く笑うタイプ女性か、研究者タイプ女性か、よくわからないことだ。とはいえ、これは実際に会ってみないことにはどうしようもないのだろう。

自分の実力を知る

様々な手段を取ってみて、挫折を繰り返してきた。

しかった。悔しかった。けれども、これでいいのだと思う。自分はこの方法ではうまくいかないのだ、そしてモテないのだと直視することができた。自分の実力がこの程度だと理解したことで、やっと素直に結婚相談所に向かうことができる気がしている。

もしもいきなり相談所に直行していたら、将来浮気したくなり、結婚生活破壊してしまたかもしれない。恋愛はすごく疲れる、ということを体感したことで、落ち着いた生活へのあこがれも強まった。仕事でもそうだが、自分はこのくらいのことはできるが、これ以上はだめだ、という理解が、体調管理には必須なのだ

最後

今回も長くなってしまった。モテないことのぼやきならいくらでも書けるだろうが、ここで切り上げたい。

読んでくれてありがとう

(1) 水島広子 大人のための「困った感情」のトリセツ

(2) デビッド・D・バーンズ いやな気分よ、さようなら

(3) 僕も女性からセクハラを受けたことがあるので、そういう屈辱感を相手に与えるなんて真似はしたくない。もっと異性同士が、もちろんいろんなマイノリティを含めて、尊敬しあう世の中になってほしい。

マッチングアプリ彼女ができなかった32歳素人童貞の頑張ったこと(1)

anond:20200310073258

謝辞

たくさんの反響をいただけて感謝している。初めて4桁のコメントをいただいたのも嬉しかったのだが、ブクマコメント体感9割が共感に満ちた、あたたかものであったことのほうがずっとうれしかった。ツイッター上でも多くのコメントがついた。これほど多くの人が恋愛で何らかの挫折を感じていることを知ることができただけでも、自分経験を率直につづった意義があった。すべてにコメントを返すことはできないが、非常に励まされた。ほんとうにありがとう

一方で、デートを繰り返すたびにどのようなトライアンドエラーを繰り返してきたのが不明確で、問題はそこにあるのではないか、という意見をいただいたので、そこを捕捉する。

デートでのファッション

心掛けたのは清潔感だ。ただ、この清潔感の内容があまり具体的でないことが、多くの人を困惑させている印象を受ける。自分としては逆に、不潔感から減点されることがないことを心掛けた。

まず、身体面について。髪の毛は美容院で短くし、眉も整えてもらう。きちんと入浴し、定期的に歯科医歯垢を除去してもらい、ブラッシング指導を受ける。爪は短く切りそろえる。デート前にはシャワーをしっかり浴びてさっぱりする。ただし、香水はつけなかった。人によって好き嫌いがかなり大きく出るので、そこはリスクが大きいと判断した。

衣服については、ワイシャツっぽいのとチノパンが多い。靴はスニーカーではなく、革靴に似た質感のものを。眼鏡JINSをかけている。髪は黒いままだ。学生の頃はコンタクトレンズにと茶髪したこともあったが、すぐに目が痛くなってしまったし、染めるのも手間だった。髪を染めたからといって別にモテるようにならなかった、というのも大きい。

ネックなのは、そこまで皮膚がきれいではないということだ。どうも毛穴が開いてしまうし、ニキビ跡が気になる。そこが改善点だろう。

デートの事前準備

基本的に、自分のなじみのある行動圏内にした。休日を一人で過ごすときにうろつく場所だ。そこでなら、急に予定を変更しても対応可能だ。美術館を中心に過ごしているので、候補としては新宿渋谷六本木丸の内上野が真っ先にあがる。次の候補としては水族館のある品川明治神宮絵本カフェのある原宿日本庭園のある美術館のある表参道それから日本画を見られる恵比寿がある。

その近辺の映画館カフェを把握しているので。その場の流れで行く場所を考えることになっても対応可能だ。ついでに事前にイタリアンタイ料理屋などの場所を調べておく。

今後の課題としては、お酒の飲める場所だろうか。自分下戸なのでそこが困る。アルコールよりは料理お金をかけたいタイプだ。そうそう、脱線してしまうがwithにはどういう食事デートがいいかタイプ心理テストもあって、バーが好きとか居酒屋が好きとかお酒よりの料理派とかでもマッチングが行われていた。

デートの当日の会話

基本的に聞き役に回り、共通点があったら話す。体感では相手の話す量とこちらの話す量が7対3だった。知識のひけらかしは絶対にしない。聞かれたときにだけ、ごく簡潔に答える。相手の興味があるジャンルだったらそこに乗っかることも考える。

美術館映画感想は、率直に感じたとおりに伝える。ただし、否定的なことはなるべく言わない。面白かったところ、楽しかった点などを話したほうが楽しい岩井俊二監督の「ラストレター」は、内容はそこまで心に響かなかったが、個人的には庵野秀明鶴田謙二の絵を描いているという設定がかなり笑えるポイントだった。さいわい、彼女も僕と趣味共通していたので、そこがおかしいと言って笑ってくれた。その人が結局は音信不通になってしまったのだけれど、もう過去の話なので、どうでもいい。あとは、彼女によれば、岩井俊二作品には誰かに成り代わって手紙を書くという場面が頻出するそうで、その話をじっくり聞かせてもらった。「花とアリス」にもそういう描写があるそうだ。ずいぶん昔に観たはずなのだが、すっかり忘れてしまっている。

PDCAを回すとすればここなのだろうが、盛り上がるときは盛り上がるし、共通話題が少ないとなかなか盛り上げられない。共通話題が少ないと、交際に至っても大変なんじゃないだろうか。あと、実際に顔を合わせないとどうしようもないところも多々ある。さらPDCAを難しくしているのは、就活と同じで向こうからフィードバック原則として一切無いところだ。真っ暗闇の中での手探りとなり、ここで病んでしまう人も多いだろう。

他に心がけたのは、相手の顔を見てゆっくりと話すことと、声を少し低めにすることだ。

自分趣味

趣味美術鑑賞、読書ジョギング無難趣味で、本は図書館を利用するのでお金ほとんどかからない。

美術鑑賞は、月に1~2回。学生時代は西欧絵画を見ることが多かったが、最近日本画も気になっている。現代アート抵抗がない。それと、古代の出土品なども見るのが好きだ。

読書小説ノンフィクションを半々。小説古典海外文学が多い。ノンフィクション科学歴史を扱ったものが中心だ。大体月に12~13冊だが、先月は失恋したのでペースが落ち込み、10冊にとどまっている。

ジョギングは週に1度だけだが近所を10~11km走っている。頻度としては少ないが、やらないよりはずっといい。運動しなかったころに比べると仕事で疲れにくくなっている。加えて、走る前には軽く筋トレをしている。この間失恋した時に行った風俗嬢からは「何か運動されてたんですか?」と尋ねられるくらいの体型だ。ただし、やっぱりここでも顔立ちは褒められたことがない。

付け加えるとしたら旅行だろうか。ここから話題が広げやすい。

学生時代のデート

男子校に行っていたので、初デートが19歳でのことだった。大学中国文学での授業で知り合った女性を、夏休み直前にデートに誘った。けれども、あまり盛り上がらなかった。しかも、無理に手をつないだら痛烈な軽蔑まなざしで睨み返してきた。そして、夏休みの予定がすっかり空になってしまった。たくさんデートしようと期待していたのに打ちのめされた。懐かしい。だが、今でもあのことが胸につかえていて、女性と気軽に手をつなぐことができない。とはいえデートした女の子はみんなポケットに手を突っ込んでいたので、勇気を振り絞っても仕方がなかっただろう。

大学での思い出は他にもいろいろとある講義で、隣の女子に何気なくしかけた次の週に、まるでボディーガードのようにその女子友達らしい人物が控えていたのが、悔しかたことを思い出した。普通に友人になりたかっただけなのに。

街コン

社会人になってから、都合三回ほど街コンに出かけた。とはいえデートにつなげることは一度しかできなかったし、それも一回目で終わってしまった。

街コンメリットは、マッチングアプリとは違って必ず対面で話ができることなのだが、進展しなければそれまでだ。それに、街コンのものに何らかのテーマがないと初対面の女性との接点がほとんど持てない。なんとかデートに持ち込めたのは美術館で行われた街コンだった。恐竜に関する企画展で行われた街コンでは、一応テーマがあって理系女子も多かったはずだけれどもほとんど会話ができなかったし、テーマがまったくないときには非常に困ってしまった。なにより、その時に運営側手際があまりよくなかったうえに男性が余り気味で、男性4に対して女性2でテーブルにつく羽目になった。なお悪いことに、同席した相手があまり柄のよろしくない人で、女性がいないときには平気で卑猥なことを口にしていたのが耐え難かった。女性マッチングしなかったのはこいつらのせいじゃないか、とも感じられたのだ。おそらくは八つ当たりだ。

しかも、結局は数人のモテる相手だけで連絡先交換が行われていた。たぶん婚活パーティに参加しても、同じ結果になりそうだ。

ナンパ

2回ほど経験がある。

1回目は塾講師をやっている友人とだ。カラオケボックスで2人連れの女性を落とし、その場で交互にセックスしたという剛の者だ。街コンで連敗していた自分は自棄になって彼についてカラオケ屋に行ったのだけれど、そこでもうまくいかなかった。女性連れの部屋を探し、扉を開けて「一緒に歌いませんか?」と何度も言ったけれど、普通に迷惑から帰ってください」と言われて終わった。今振り返ってみれば、そりゃそうだろうと思う。反省している。二十代前半の黒歴史で、一番恥ずかしく、忘れてしまいたい。

2回目は湘南海辺での話だ。獣医をやっている男で、犬を飼っている若い女性に自然な形で話しかけて仲良くなれるタイプだ。二人して江ノ島をうろついていたが、僕がうじうじしていたのもあり、結局うまくいかなかった。その後、彼が勝手に姿を消して、どこに行ったのかと電話を掛けたりメールしたりしているうちに、水着姿の大学グループを連れてきた。結局僕はビキニギャルビーチバレーをして遊んで帰った。楽しかったのだけれど、結局は僕がいるかナンパがうまくいかなかったのかもしれない。

とはいえ、そのイケメンの友人も妻の浮気離婚しているし、失礼な女性にばかり引っかかっているので、イケメンにはイケメンの悩みがあるらしい。別のイケメンの友人も女性側が不倫していた。なんか自分の周囲はこんなのばっかりだ。ただ、基本的男性側の話しか聞いていないので、バイアスがかかっている可能性は否定できない。

なんにせよ、一番向いていない方法だと学んだ。

かわいい後輩女子たち

ちょうど就職した直後、文学サークルの後輩女子三人とそれぞれ二人きりで会うことになった。パフェだとかガレットだとかチャイだとかをおごって、ああだこうだ話したのはとても楽しかった。けれども、基本的にはそれっきりだった。僕もそれほど期待していたわけではない。学生なら、社会人の先輩からランチくらい当然おごってもらいたいだろう。SNSを見るとみんなそれなりに元気そうなので良かったけれど、僕もサークル恋愛がしたかった。

サークル内部の一組のカップルは結局結婚した。誰が見てもイケメン美女カップルだった。もう一人のカップルは男が平気ですれ違った女性に対して「あいつはブスだ」とは言うような奴だったし、女性蔑視的な言動が多かったのに、なぜか彼女ができていたのが、今でも不思議で仕方がない。粗野な奴のほうがモテるのか、という疑惑にさいなまれることもあるけれども、こっちが軽蔑したにもかかわらず慕ってくる相手とは、なんというか健全関係が築けない気がしていて、自分としてはやっぱり相手のことは大切にしたい。ちなみにそのカップルは別れた。

全然関係ないけど、サークルのもう一人のイケメン新聞記者をやっていて、そのつてで引退した芸能人結婚していた。うちの大学偏差値高いんだけど、天は平気で二物を与える。こればかりは仕方がない。

キモいといっていじめられなくなっただけでも進歩だ。

続き→anond:20200313074712

[]2020年3月12日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
009812608128.754
01407271181.832.5
02506614132.348.5
03325596174.990.5
04161697106.154.5
05142068147.767.5
0652474291.268
07697206104.455
0886567766.037
09109859578.955
101501075471.737
112041558976.446
121901629385.837
131511261983.637
1488667475.842.5
151571288582.129
161941542979.539
1715016322108.832.5
1811711810100.935
19778008104.036
20141941166.723
21137878164.123
221301228394.531
2310914439132.542
1日256123337191.138

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

paranaense(8), colo(9), 私権(14), 輪番(4), iryo(3), 戒厳令(8), ひきわり納豆(3), 医療崩壊(28), 開発途上国(4), アビガン(7), ギリセーフ(6), 陽性(79), 検査(176), 重症(40), パンデミック(24), 😷(23), ガード(15), イタリア(26), WHO(18), 肺炎(30), コロナ(184), 感染(138), 新型(40), 自粛(23), 感染者(34), 風邪(47), 症状(54), 治療(54), 医療(44), ウイルス(30), 患者(38), 中止(24)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■惨めな話 /20200311185325(22), ■成功できそうな実写化 /20200311234018(17), ■トイレットペーパー一年分くらい買っちゃった /20200312150602(16), ■私は広告制作現場を辞めて、広告屠殺する現場転職をした /20200311165317(13), ■ /20200312103032(12), (タイトル不明) /20200312114757(12), ■世界面白そうな謎はもう残っていないの? /20200311201100(9), ■1時間1万円まで出すから /20200312212812(8), ■演劇界隈の奴が嫌い /20200312090210(8), ■大人ふりかけ子どもが食べるみたいな /20200312200843(8), ■就活したら鬱になった /20200312121657(7), ■可哀想な人 /20200312124907(7), ■「お前の会社秘密を握ったのでオレを雇え」みたいなやつ /20200312135706(6), ■婚活の思い出:某大手相談所のアドバイザーとの会話 /20200311170006(6), ■ライフハウスはなぜオワコン化したのか /20200312155252(6), ■フリーランス給付金4100円に怒る当事者ってどうなの /20200312185424(6), ■素人童貞の32歳が彼女を作ろうとマッチングアプリを使ってみた結果 /20200310073258(6), ■目を覚まさせてください /20200312001040(6), ■字書き〜〜〜 /20200312002830(6), ■子ども欲しいんだけど、普通に出来るもん? /20200312122149(6)

2020-03-12

[]2020年3月11日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
001041024698.535
0164636799.535
02568249147.341.5
0349368975.333
0417119670.422
0522202892.236
06798362105.846
0785473255.739
081381005572.942
091481148277.636
102031488373.335
112221768079.647
12160983961.532
131911401873.438
14123810665.931
151141006188.346.5
167810595135.829
17108951988.145
1812914436111.936
19114747465.632.5
20102786477.131.5
2179756995.841
22105674264.234
23111835075.241
1日260121354282.138

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

髄膜炎(8), センバツ(9), 都道府県知事(3), セーラー戦士(4), 結膜炎(4), 熱帯魚(4), 良縁(3), 終息宣言(3), ロリィタ(3), 季節性(4), スーパースプレッダー(6), 認知療法(3), WHO(15), 感染者(39), コロナ(139), 東日本大震災(10), イタリア(17), 自粛(20), 検査(64), 重症(14), 感染(76), インフル(13), 新型(24), 肺炎(14), 症状(35), ウイルス(22), 医療(26), ブサイク(23), モテる(17), 中止(17), 患者(24)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■こんな惨めな思いをするくらいなら生まれなければよかった /20200310225709(35), ■素人童貞の32歳が彼女を作ろうとマッチングアプリを使ってみた結果 /20200310073258(17), ■私は広告制作現場を辞めて、広告屠殺する現場転職をした /20200311165317(13), ■写真を撮るのが楽しいですか /20200310231607(11), ■堕胎した過去を忘れたがってる元カノが分からない /20200311094036(10), ■どうしてだろう /20200311092256(8), ■婚活の思い出:某大手相談所のアドバイザーとの会話 /20200311170006(8), ■子供のいとこの教育大学進学に対する意識を変えるには? /20200311183339(7), ■25歳無職だけど上京して就職したい /20200311143704(7), ■大仏の中に入れたいもの /20200310004128(6), ■アスクレピオスの杖も知らないのか… /20200311003840(6), ■なんか各国のコロナ対応見てたら /20200311104831(6), ■発達障害がつらすぎるから聞いてほしい /20200311014205(6), ■世界面白そうな謎はもう残っていないの? /20200311201100(5), ■なんでコロナ流行ると働かなくてもお金もらえるの? /20200311225148(5), ■勝ち組になりたかった、女子高生時代の私へ。 /20200311025515(5), ■今日って3月11日じゃん /20200311095018(5), ■anond20200311100546 /20200311100922(5), ■ /20200311102606(5), ■やつぱりりんごはうまし♡ /20200311124426(5), ■日本潜在的感染者数をカウントできてないだけ、というのは事実だと思う /20200311131329(5), ■息子と将棋を指したい /20200311132405(5), ■中学二年の頃から、私が毎晩父の相手をしていました 。 /20200311134141(5), ■https://b.hatena.ne.jp/entry/s/dot.asahi.com/dot/2020030600086.html /20200311142611(5), ■ /20200311154839(5), ■コミケやる気なんだ /20200311175528(5), ■センバツ中止を肯定するのはおかしい /20200311192605(5)

2020-03-11

結婚願望のない20代後半童貞なんですけど

よく考えたらこイカツいな

よく考えなくてもアレなんだけどよく考えたらイカツかった

32歳素人童貞の失敗談を呼んで思ったんだけど、あの増田結婚願望があったから頑張れたし、デートにも行けたんじゃないのか

俺ないからな……

アイドル市場女性客のほうが大きいのに執拗無視する男性論者

https://corporate.pia.jp/news/detail_live_enta_20190912.html

ライブエンタテインメント市場は5,862億円。

アニメ関連に限ったライブ市場は200億円。アニメ以外の割合が非常に高いことがわかる。

二次元オタク二次元オタク市場の大きさを誇るが、だいたいは騒ぎすぎ。全体を見ると三次元市場のほうがまだまだ圧倒的。

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000525.000017372.html

2019年 年間ライブ動員ランキング 1位は嵐、2位は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、3位はAAA

第1位 推定動員数:1,817,428人 女性向け男性アイドル
第2位 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE推定動員数:1,228,238人 女性向け男性アイドル
第3位 AAA推定動員数:761,600人 女性向け男女混合アイドル
第4位 サザンオールスターズ推定動員数:651,756人 男女半々向け男女混合バンド
第5位 Kis-My-Ft2推定動員数:610,112人 女性向け男性アイドル
第6位 関ジャニ∞推定動員数:592,837人 女性向け男性アイドル
第7位 乃木坂46推定動員数:590,399人 男性向け女性アイドル
第8位 Hey! Say! JUMP推定動員数:583,500人 女性向け男性アイドル
第9位 NEWS推定動員数:572,400人 女性向け男性アイドル
10東方神起推定動員数:570,738人 女性向け男性アイドル

この下に続くのも、GENERATIONS from EXILE TRIBEBTS (防弾少年団)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、SEVENTEENジャニーズWESTSexy Zoneなど、ジャニK-POPLDH無双

市場規模で言うと男性アーティストパフォーマー女性客向けに商売しているところがデカいのに、男性論者は常に男性アイドル存在シカトして、

キモオタおじさんが10女子アイドルを追いか破滅!」みたいなKKO叩きに持っていきがち。

一番大きいところを無視して、小さいところをそれがアイドルのすべてかのように論じるって異常なんだよなあ。

同等の市場規模があるところで男性向け女性アイドルのみピックアップするのは「女性アイドルしか関心がないので」で良いが、

これだけ市場規模に格差があるのに、小さいほうのみを取り上げてアイドル総論みたいに言うのは全くロジカルじゃないし気狂いの所業だろ。

そんなに「何十万人もの女性にキャーキャー言われているプロイケメン」の存在無視したいのか?

10女子アイドルを見て、「そんな彼女たちを追いかけて破滅する非正規雇用チビハゲデブおじさん(素人童貞)」みたいなキャラクターを吊るし上げて馬鹿にするのが楽しいか?

男性論者は本当にそこばっかだよな。視野が狭くて気色悪い。論じている背後に、キモ男を見下しながら「俺は違うので^^」をやりたいという執拗欲求がちらつく。

anond:20200310073258

結婚相談所結婚した20代女です。

夫は5歳以上年上、彼女いない歴=年齢の素人童貞だった。増田と同じですね。

自分恋愛対象としては魅力的ではないのかもしれない

結婚相手としてなら考えてくれる人もいるかもしれない

そのとおりで、恋愛対象として魅力的かどうかと、結婚相手として魅力的かどうかは、けっこう違う。

>もともと自分結婚願望が強く、子供も欲しい。

なおさら結婚相談所おすすめ

結婚は甘酸っぱくはないかもしれないけど、

手をつないで散歩に行ったり寄り添って喋りながら寝落ちとかはある。

あと、結婚してから

青春が欲しくて、人生をやり直したくなり、胸が苦しくなることもあるが、自分10代、20代にそうした恋愛に挑戦し、敗れてきた。そのことは悔しいし、無力感に押しつぶされそうになることもある。恋愛を扱ったテレビを見るのも苦痛だ。元カレ元カノという言葉を聞くだけで、複数相手と付き合ったことがあるのだという事実を見せつけられている気がして悔しい。

こういう気持ちにならなくなった。

別にあの時恋愛しておく必要性もなかったな、と過去を受け入れられるようになった。

恋だけが青春じゃないし。

なんだかんだと自分のことだけ書いたけど、夫は増田より消極的タイプだったので

行動的な増田はたぶん大丈夫

良縁に恵まれますように。

[]2020年3月10日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0093902997.130
01637809124.029
02277000259.325
031448834.923
04142253160.941
0545381884.864
0635277579.360
07569251165.235.5
0893497853.535
0991850593.546
10154934160.731
11105870782.927
12190993352.321.5
1376453259.630
149510723112.935
1560455375.932
1685831797.831
17136965571.024.5
18149953364.034
19113565550.024
20140962868.833.5
211421193884.131
2214114419102.339
2313013976107.540
1日224718681683.132

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

かけひき(4), だいしゅきホールド(7), 旧制(3), コロハラ(3), ハンゲーム(3), 中外(3), hokkaido(3), 3月10日(3), だいしゅ(3), 体温計(5), 入退院(3), コロナ(125), WHO(11), パンデミック(12), 風邪(35), 重症(13), 花粉症(9), 売り切れ(6), ラブコメ(7), 肺炎(12), コロナウィルス(6), マスク(44), 新型(18), 新型コロナウイルス(11), 感染者(17), 感染(50), コロナウイルス(16), ウイルス(18), 派遣(18), 症状(16), 検査(19), 工場(10), 二次創作(10)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

素人童貞の32歳が彼女を作ろうとマッチングアプリを使ってみた結果 /20200310073258(15), ■「ラブコメ漫画」でのマルチエンドはありなのか /20200309211602(14), ■精神疾患の父に友だちができた(追記あり) /20200310025025(12), ■大仏の中に入れたいもの /20200310004128(11), ■婚活つらい。愚痴 /20200310164657(10), ■風呂って毎日入るものなの? /20200309223106(10), ■ /20200310200432(8), ■ /20200310094741(8), ■10年以上続いているソシャゲってあるのかな /20200310120020(8), ■トイレ紙を買いに走らなかった冷静な人って /20200306143803(8), (タイトル不明) /20200310011843(7), ■ /20200310194045(7), ■友達水素水飲んでたら /20200310104211(6), ■マサラチャイ牛乳無限に消費する /20200309210243(6), ■活力のあったあの頃に戻りたい /20200310175630(6), ■バズる増田黄金比真実:嘘=7:3 /20200309222213(5), ■続・続・デリヘル嬢してた時にこんなお客さんいたなっていう思い出。 /20200309224106(5), ■何度でも書くが大多数の人にとって新型コロナ風邪と一緒だ /20200310093700(5), ■こんな感じのお客さん達を相手にしていたデリヘル嬢だった私は、今は /20200310110006(5), ■某有名ラーメン店にて入店を断られた~ /20200310143549(5), ■俺も強い言葉使いたい! /20200310002240(5)

2020-03-10

玄人童貞も一杯いるよな?

素人童貞32歳さんやデリヘルさんの話とか読むと風俗行くのが普通に見えるんだが、風俗行ったことない人も一杯いるよな?

anond:20200310164657

素人童貞32歳の増田と連絡取ってみてよ

マス書き同士気が合うんじゃない?

素人童貞の32歳が彼女を作ろうとマッチングアプリを使ってみた結果

スペック

執筆動機

結論から述べると、マッチングアプリでは彼女を作ることはできなかった。

けれども、2年間の経験から何も学ばなかったわけではない。そのことを再確認し、次のステップに進むために本記事を書く。自分を振り返り、失敗した点を反省しながら、絶望したり自棄を起こしたりしないように、時折この記事を振り返ることとしたい。

また、これからマッチングアプリを使う人にとって、参考になることがあればうれしい。確かに女性交際にまでは至らなかったが、全然マッチングしなくて困っている人には、役に立つかもしれない。

使用したアプリ

pairsとwithを使用。それぞれの仕組みは基本的に同じ。検索条件で異性を絞り込み、気になる相手に「いいね!」を押す。互いに「いいね!」を押すとチャットができるようになる。どちらも、毎日ランダム無料で「いいね!」を押せる相手が出てくる。

プランはどちらもプレミアム的なもの選択。これだと通常1か月に付与される「いいね!」が30回から50回に増える。

この二つのアプリ仕様はよく似ている。どちらもコミュニティに入ることで共通趣味や興味関心で検索ができる。ただし、withのほうがおおよそ2週間に1度DaiGoによる心理テストがある。そして、このテストにより相性がいいとされた異性は「いいね!」を1日に10人までなら無料で押すことができる。適度に「いいね!」を押す相手が入れ替わるし、無料で選べる相手が増えるのはありがたいが、心理テストのたびにDaiGoドヤ顔を毎回見ることになる。

アプリのもの使用

pairsを半年、しばらく休んでwithを1年半使ってみた。結果、どちらが特に使いやすいということはなかった。しかし、どちらも毎日ログインすることにより無料で「いいね!」に交換できるポイントがたまっていく。普通に使っていれば毎日ログインボーナスがもらえるのでありがたいのだが、まるでアプリこちらの行動を支配というか指示されている気がするのはいただけない。ソシャゲの類をやらないので、そうしたことが煩わしく思えてしまう。

使い勝手のものはいいのだが、こうやって様々な条件の女性が並んでいるのは、カタログみたいで興ざめというか殺伐とした気持ちになる。それに、相手女性が何人からいいね!」されているかも表示されるので、野菜か何かの品評会みたいだ。18歳のビキニ女性に3000近くものいいね!」がついているのを見るとやりきれない思いがする。谷間を見せたりしているだけでも露骨に「いいね!」がついているのも、あまり気持ちのいいものではない。自分おっぱい大好きだけどさ。

逆に、「いいね!」をたくさんもらっている男性プロフィールも参考にすることができるのだけれど、僕の苦手なさわやかな人間写真が出てきたので、即閉じた。

具体的な戦略

プロフィールはできるだけ詳細に書いた。それから、友人と楽しそうにしているところをサブ写真に選んだ。コミュニティはできるだけたくさん入った。自分読書が好きなのだが、読書コミュニティだけではなく、作家ごとのコミュニティにも入った。こうすることで、共通話題の多い女性を探しやすくなった。

こちからいいね!」を押すのは、大体20から40くらいの「いいね!」が押されている相手を中心にした。何百もの相手からいいね!」をされている相手からすれば、当然埋もれてしまうからだ。弾の無駄打ちはしたくなかった。確かにお金を払えば「いいね!」する回数を増やせるが、すでにプレミアムプランを使っていたので、その必要はないだろうと判断した。それに後述するが、自分は同時進行が苦手だ。

相手女性は、自分と同じ内向的読書家で、美術館が好きそうな人を中心に「いいね!」していったが、もしかしたら意外と相性がいいかもしれないと思い、例えば国内旅行登山好きな人も選んでみた。ガチ勢ではないが、友人と富士山に登ったことはあるので、新しい趣味として開拓してもいいかもしれない、と考えたのだ。結局そういう相手とは会話が続かなかったけれど。

結婚歴は未婚を選んだ。もしかしたら、離婚歴のある人のほうが優しくしてくれるかな、とも思ったのだけれど、今回はやめておいた。やっぱり過去の人と比べられてしまうのが怖い。御覧の通り、僕は器が小さい。学歴は初めのうちは気にしていなかったが、結果として高卒よりは、大卒専門学校卒のほうが共通話題も多く、話は長く続いた。

メッセージを同時進行するのは気が引けたが、相手もそうしているだろうし、そこは割り切ることにした。ただ、自分の頭の処理能力を考えて、3人までの同時進行とした。どのみち、同時進行でデートに誘うことができたケースは1回だけだった。自分はそこまでモテるわけではないので、そうした心配はしなくてもよかった。

会話をして1~2週間してから実際にデートに誘った。そこで音信不通になるケースもあるので、実際にデートができたのは1か月に1度か2度だ。

デートの雑感

もともと、デートした各相手について項目を立てて論じようかと思って手帳を取り出していたのだが、馬鹿らしくなってやめた。10人以上の相手それぞれについて思い出すのも大変だし、振られた相手なのだから面白くない。それに、細かく書いていくとねちねちした恨み日記になってしまう恐れがあるので、細部は省く。

結果だけ言うと、様々なタイプ女性と会った。たいていは常識的だったが、中には残念ながら失礼な相手もいた。

ひどいケースだと、こちらを一目見るなりムスッと黙り込んで、理由もわからないまま不機嫌な相手水族館を回る羽目になったこともあった。2回目のデートで「ごめんなさい、やっぱりあなたとは恋愛できそうにないです」と告げられたこともある。誠実な人柄を感じたので諦めもついたのだが、その直後に「あなたの顔って、面白いですね」などと言われたのには傷ついた。男性女性に対して敬意を欠いた失礼な態度を取るのが許されないのと同様に、女性男性自尊心大事にしてほしい。

まだマシなケースでは、会話が弾まなかったり、恋愛対象にはならない相手だって互いに気づいてしまったりした。でも、これはどっちも悪くない。需要供給が一致しなかったのだ。

でも、マッチングアプリを使っているうちに、1回で終わるデートが2回目に続くことがぽつぽつと出始めた。

そこで、ある女性と3回目にデートした時に告白した。3週間連続デートできたので、これは間違いなく行けるだろう、と思ったのだ。けれども、彼女は驚いた様子で返事を保留した。僕は待つことにした。そして、7回目のデートの後、8回目のデートリスケジュールの途中で、彼女音信不通になった。

さようならを言う機会さえ与えられなかったのか、と思うと吐きそうだ。悔しい。小説漫画音楽趣味がぴったり合って、普段ならできないディープな話を何時間してもお互いに飽きなかったのに。

そういうこともあり、一緒に見に行った岩井俊二三谷幸喜映画まで嫌いになったし、彼女が好きだと言っていた東京事変の印象も悪くなってしまった。すすめてくれた「子供はわかってあげない」や「北北西に曇と往け」も背表紙が見えないように逆にして本棚に置いている。ついでに、「パラサイト」を見に行こうという話になっていたのだが中止になったので、ポン・ジュノ監督映画はしばらく見たくないし、ついでに是枝裕和監督のことも褒めていたので、当分この監督作品を見ることもないだろう。なんというか、自分の好きだったものまで嫌いになってしまいそうでみじめだ。しばらくすれば、またまっさら気持ちで好きなものを好きだと思えるようになるはずなのだけれど。しばらくは映画を見たいとは思えそうにない。

きちんと「一緒に過ごして楽しかったけれど、あなたとは交際できません。ごめんなさい」の一言があれば、ずっと救われていたのに。その程度の言葉をかけるのも面倒くさかったのか。そこまで軽んじられているのかと思うと情けなくて泣きそうになる。そういえば、本名を教えてくれた時も、男性でいえば鈴木一郎みたいな感じだった。そもそも偽名だったのかもしれない。そういえば遅刻魔だったのも、僕のことなどどうでもいいと思っていたのだろうか。それとも、本当に事故にあったのであろうか。心配でならない。

こういう時に限って、過去恋愛のみじめな失敗を思い出す。例えば、大学時代片思いをしていた女性から童貞馬鹿にされたこととか、前の職場の同僚の女性から面と向かって恋愛感情を見せたわけでもないのにいきなり迷惑だといわれたことだとか、告白したけれどもやっぱり保留にされて、1年以上たってから振られたこととか、とにかくみじめな失敗ばかり浮かんできて仕方がなかった。

そして、残念ながら2年間で1度も手をつなぐことができなかった。

成長した・学んだポイント

  • 自分他愛ない話で笑ってくれる女性がいるとわかった。これだけでも大収穫。
  • デートだけならしてくれる人がいる。
  • 数年ぶりに3回以上デートしてくれる人もいた。
  • 女性を過度に理想化しなくなった。素敵な人もいれば身勝手な人もいる。
  • 1回や2回のデートで振られても気落ちしないようになった。
  • 需要供給が一致しなかったのだと開き直ることを覚えた。
  • 女性から失礼な態度を取られたとしても、その程度のやつだった、と割り切れるようになった。
  • 女性嫌悪に陥りそうになったら、深呼吸するようにした。
  • そして、家族や同僚が優しくしてくれた時のことを思い出すよう心掛けた。
  • 勘違い野郎にはならないで済んだ。
  • 異性から馬鹿にされる、敬意を払われないことはこれほどまでにつらい。
  • 自分がされて嫌だったことを他人にはするなんて、したくない。

近況

現在音信不通、という最悪の結果を受け入れてから2週間ほどだ。正確にはラインの返事が来なくなってから4週間、こちからの催促のメッセージが未読のまま3週間が過ぎた。土日はジョギングをするほかは、家に引きこもって寝ているばかりだ。コロナウイルスのせいで、美術館に気晴らしに行くこともできない。仕事にも集中できない。失恋した直後は同僚のなんということのない口調に激昂しそうになった。その時は1度席を離れて6秒数える、アンガーマネジメントを試みた。しかし、腹の虫がおさまらなかったので、100まで数えることを3度やった。さすがにこれは効果があった。とはいえ、そのあと結局体調を崩して職場を2日間休んだ。

今日も最低限のパフォーマンスは確保しているが、突然襲ってくる虚無感は抑えがたい。手が止まってしまう。それでも、原因がわかっている落ち込みだから対処仕様はある。

いやっほーい、自由だ! これから風俗で未経験プレイたっぷりしんじゃうぞ! うひひ! みたいな気分になることもないではないが、それはちょっと躁状態ときの考えだ。本当は、自分好きな人と手をつないでデートしたり添い寝したりしたいのだ。まるで人生の実績解除みたいに、複数プレイに興じたり、白人美少女と寝たり、メイドさんにお尻ぺんぺんしてもらったりしても、そこまでの喜びはないのだと思う。

今後の展開

自分恋愛対象としては魅力的ではないのかもしれない。そのことを身をもって体感させられた。しかし、それで絶望するつもりはない。結婚相手としてなら考えてくれる人もいるかもしれないからだ。

もともと自分結婚願望が強く、子供も欲しい。マッチングアプリからの疲れから十分に回復したら、そういう条件で折り合ってくれる人を探してみたく思う。マッチングアプリは単純に素敵な彼氏彼女を見つける場所で、僕に対する需要が少なかった可能性がある。

それに、結婚相談所にはアドバイザーがいる。なんであれ、苦手だったり詳しくなかったりする分野の出来事に立ち向かうには、専門家相談するのがいいはずだ。病気になったら医者にかかる。進路相談には学校や塾の先生相談する。悩んだらカウンセラー相談する。それと同じことだ。

かに自分の生涯にはロマンチック出来事は少ないかもしれない。自分高校大学時代の甘酸っぱい恋愛にあこがれたが、失敗してきた。こういう絵にかいたような青春が欲しくて、人生をやり直したくなり、胸が苦しくなることもあるが、自分10代、20代にそうした恋愛に挑戦し、敗れてきた。そのことは悔しいし、無力感に押しつぶされそうになることもある。恋愛を扱ったテレビを見るのも苦痛だ。元カレ元カノという言葉を聞くだけで、複数相手と付き合ったことがあるのだという事実を見せつけられている気がして悔しい。だが、それでもチャレンジしたことは恥じてはいない。行動せずに文句だけこぼしていたよりは、ずっとましな人生を送ってきたはずだ。

最後

長々と読んでくれてありがとう

つらい失恋の渦中にある人が慰められるといいと考えて執筆した。

そしてこれを読んで一歩踏み出す勇気が出る人がいたら、もっとうれしい。

これは失敗の記録だ。だが無意味ではない。

泣いたっていい。気が済んだらもう一度アタックする。

女性から断られる勇気がまた出てきたら、それは3か月後か半年後かわからないが、またチャレンジしたい。

追記(3/11早朝)

たくさんのコメント、本当にありがとうございます。励みになりました。

ここまでコメントをともらったのが初めてで、すべてにレスポンスはできないのですが、こちらも勇気が出ました。

一言だけ。手を繋げなかったのは、相手がずっとポケットに手を突っ込んでいたからです。

それと、美術館リストを紹介してくださった方。ありがとうございます。参考になります

皆様も、恋愛・友人を問わず、良縁に恵まれますように。

2020-03-02

 どういうわけか、同じようなタイプばかり好きになる。というか、似たようなタイプじゃないと、不思議デートの回数を重ねることができない。

 まず、基本的相手女の子は小柄だ。150cmくらいだろうか。一度は160cmだったことはあるが、それ以外の人はみんな平均身長以下だった。

 もしかたらこれは、自分の母も妹もそのくらいの身長で、隣を歩いているとしっくりくる、という理屈なのかもしれない。でも、ほかに共通点がある。たとえば、弟か妹のいる長女であること。ナチュラルメイクか、メイクほとんどしないこと。文学漫画を大量に読んでいること。それからイラスト漫画文章、とそれぞれ異なってはいものの、何らかの形で創作活動をしていたとことだ。

 これがどういう理屈なのかはわらかない。たとえば、自分浮世離れしたタイプから、きびきびと現実的なことばかり考えている女性とはそもそも会話が長続きしないのかもしれない。自分も妹のいる長男から、長女とは話が合うのかもしれない。

 で、この程度の共通点なら、面白いだけで済むのだが、いつも大体同じようなパターンで振られるのだ。

 振られる、というか告白しても交際を断られる。断られるならばまだしも、返事を保留されて一年近くデートを続けたり、告白して数か月後に音信不通になったりと、とても悔しい思いをしている。

 それは単純にお前がモテいからだろう、と言われれば、おっしゃるとおりです、どうもすみません、で済む話なのだが、もしかしたら、同じタイプ女性ばかり好きになるのと同じメカニズムが働いているのかもしれない、という気がしている。さらには、そうやって自分には優しくしてくれない人ばかりに惹かれてしまう傾向があるのでは、という不安もある。

 そんなことを、合わせて2年近くマッチングアプリを続けて結局付き合えなかったことをかみしめながら、考えている。いずれ、このマッチングアプリの失敗談についても増田に書くかもしれないが、それはさておき、自分は間違ったタイプアタックを仕掛けているのではないか、と疑問を覚えたのだ。

 なんでそんなことを思ったのかというと、音信不通にされてから体調不良会社休み回復しかたころに、やけくそで数年断っていた風俗に行ってしまったのだが、そのマットヘルス嬢に、音信不通のいきさつを話したところ、かわいそうだね、と慰めてくれた上、本来禁止されている本番行為を持ち掛けてくれたのだ。

 これが、自分にとっては初めての、ソープランド以外での本番行為で、情けないことに、これって相手純粋好意からしてくれたことだからある意味素人童貞脱出なのか、と思った。これが素人童貞喪失かどうかの議論は置いておいて、もしかしたら、自分からアタックするタイプ女性とは全然別のタイプからモテる(優しくされる)可能性があるんじゃないか、って気がしたのだ。

 風俗嬢の営業に本気になってどうする、とのお叱りがあるだろう、とは承知している。ただ、自分普段意識していないタイプ女性から優しくされて、こういうのもアリかもしれないな、って考えてしまったのだ。別に読書以外の分野で意気投合すればいいのではないか、それよりも経済観念がしっかりしていて、難しいことを考えずにイチャイチャできればいいのではないか、などといろいろ悩んでしまったのである

 なんにせよ、風俗気持ちを切り替えることに成功したと思う。で、学生時代恋愛も、あるいは街コンナンパマッチングアプリも全部だめだったので、もうちょっと休んだら結婚相談所に頼ろうと思う。

 さいわい、収入が低めでも入会できる結婚相談所首都圏にいくつかあるようだし、給与も四月から少し上昇する見込みだ。自分みたいな人がが結婚できるかどうかはわからないが、基本的身の回りのことはできるし、友人からもお前はいいやつだと言ってもらえているので、高望みしなければ、だれか見つかるといいな、と期待している。

 ただし、もうちょっとだけ休んで英気を養いたい。

2020-02-27

ちんちんがでかかった

アラフォー童貞、ふと思い立ってソープへ行った。

特に事前調査も何もなく、たまたま見かけてたまたま財布にお金が入っていてたまたまそんな気分になって、それでいきなり店に入った。ヘルスには何度か行ったことがあったので特に緊張も無かった。総額を聞いて待合室で待つ。指名もしなかったがきれいな人が出てきた。話もはずむ。これは運が良かったかもしれない。

体を洗ってもらいながら、「おちんちんおおきいですね、大丈夫ですゴムLサイズもあるので」と言われる。過去童貞ちんちんを見たのはヘルスの嬢2人のみ、この嬢が3人目となる。コンドームをつけたこともない。そんなことを言われるのも初めてで反応に困る。「そうなんですか?」というような事を言ったと思う。飲み屋褒め言葉みたいなものだろうとこの時点では受け取っている。エロ漫画じゃあるまいし、大きくていいことなんて実際あるんだろうかなどと考える。

途中省略、コンドームをつけていざ挿入。嬢はそれほど体が小さい方ではない、むしろ背は高い方だったが、でかくて入れるのが大変だと言う。「入ってしまえば大丈夫から」と言われ、気合をいれて入れる。入った。上に乗った嬢が動く。痛え。圧迫が強すぎて痛いちょっとまって。

圧迫といっても締め付けがどうとかいう話ではなく、コンドームが合っていないみたい。らしい。「でもこれより大きいのは無いし…。在庫じゃなくて商品として存在しない」らしい。あっても分厚かったりで選択の幅が無いらしい。巨乳ブラジャーみたいなものですね。

その後、調整したりローション足したりしても痛いものは痛い。でもあまり動かなければ大丈夫そうなので、こちらのペースでゆるゆる動いて射精した。気持ちよかったのでそれはそれで良い。

良いのだけど、童貞から素人童貞に変わったこちんちんはでかいらしい。知らなかったよそんなの。サンプル1件だから相性問題かもしれないけど。そしてそれはあまり良い話でもなかった。でも今後活躍の機会があるわけでもないので、どうでもいい話ともいえる。

2020-02-18

出張先でデリヘル呼んだ話

「旅の恥はかき捨て」とは言うが、出張先でデリヘルを呼ぶときは、解放感と寂しさが同居する言うなれば旅情ともいうべき感情を覚えることがある。

その当時、私は首都圏の零細編プロに勤めるしがないライターだった。出張先が能登半島と決まった時には、久しぶりの遠征に心躍る反面、アクセスの悪さにやや辟易したことを覚えている。何を隠そう、その当時、私は素人童貞であった。肩書き解説は他の文献に譲るとして、端的に言えば、ごくありふれた、さえない彼女なしの三十路前の男であった。

無事現地でクライアントと合流後、取材自体は滞りなく進んだ。関係者と軽い打ち上げをした後、事前に予約してもらっていた七尾市ホテルに泊まることとになった。七尾市和倉温泉という高級温泉街を有し、バブル経済華やかなりし頃は北陸有数の歓楽地であったそうだが、少なくとも駅前景色からはその面影は全く感じられなかった。

ホテル備えつけの温泉に浸かった後、外気にあたりたくなり外へ出る。能登地酒と熱い湯にあてられ、火照った身体に冬の外気が心地よい。時間はちょうど0時を回ったところ。ポケット煙草を取り出そうとしたところで、ふと、デリヘルを呼んでみようかと思い立った。

旅先の開放感と、久々の出張先で仕事を全うしたことへの安堵感がそうさせたのか。気づけば私はgoogleではじめにヒットしたお店に電話をかけていた。

すぐにボーイと思しき男性電話口に出た。七尾市ホテルにいることを伝えると、10分ほどでやってくるという。慌てて財布を取り出すと、諭吉がたったの一枚寂しそうにこちらを見ている。速やかに嬢の派遣を依頼すると同時に、最寄りのコンビニまで走る。現金調達して帰ってくると、ホテルの前には既に一台の黒いセダンが停まっていた。

近づいていくと、「〇〇さんですか?」と声をかけられ、車の中から二十代と思しき可愛らしい女性が現れた。彼女は、自分のことを『春華』と名乗った。連れ立って足早にホテルに入る。クライアント鉢合わせしたら最悪首が飛ぶなーと考えつつ、フロント男の若干の視線を感じながらそそくさとエレベーターに乗りこんだ。

無事に何事もなく部屋へ入って安堵する。春華が時間確認タイマーをセットする。素人童貞とは言え、私はどんな時にも紳士さを忘れない男だ。ホテルの一室で、互いに知らない者同士が邂逅するとき特有の気まずさのなか、精一杯何かしてあげようと彼女コートをかけようとしたが無難に断られる。間を持て余した私は、無意味自分荷物を移動したりバッグの中身を整頓したりした。そんなことをしている間に春華は速やかに全裸になりユニットバスへと消えていった。

程なくして「どうぞ~」という声が聞こえ、そこではじめて、私は思い出したように全裸になり、ユニットバスの扉を開けると、そこには全裸の春華がいた。

バスの中で体を洗ってもらう。特に、愚息の洗い方は丁寧だった。年齢を聞くと「二十歳です。」短く答える。実際には22,3だろうと思ったが、それ以上の詮索をしないのが紳士たるもの

さて、ベッドに身体を仰向けによこたえ、非常にスムースな流れで、春華は私の愚息を口に含んだ。極めてスタンダードフェラチオである。愚息がぬらぬらとしたあたたかものに包まれ、大変に心地が良い。ただ、少々打ち上げで飲みすぎてしまったようだ。それなりの硬度には至るものの、一向に射精する前兆・気配がない。春華も焦りを感じはじめたのか、次第にストロークが大きくなり、それに伴い彼女の歯が軽く当たるようになったことで、愚息はいっそう前立腺門番を奥へと押しやってしまうのであった。

体勢に限界を感じた私は、体を横に倒し、極めて紳士的な態度で自分の手のひらに春華の頭をのせてやった。そうすることで、彼女がよりリラックスした体勢で愛撫に集中することができ、私も腰を動かすことで刺激をコントロールできる、一石二鳥の策略である。これで多少はマシになったものの、射精神様はまだ一向に降りてくる気配がない。

すでに彼女が口淫をはじめてから体感でおおよそ15分が経とうとしていた。それが意味することをデリヘル経験の諸兄姉にもわかりやす説明するのも紳士たる者の務めである。今回のプレイ時間契約上60分間の予定だが、実際のプレイ時間はその半分がせいぜいといったところ。タイマーは部屋に入った瞬間からスタートし、そこから互いの身を清め、ベッドインするのにおよそ15分、終了15分前にはタイマーが鳴り延長の是非を判断するので、実際のプレイ時間は30分にも満たないことも多い。したがって、その時点ですでにプレイ時間の半分が経過しようとしてた。

このまま続けてもらって射精できる可能性は低い。おそらくはやってできないことはないのだが、万が一逝けなかったときに、嬢の自尊心を著しく棄損してしまったり、自分の心に黒部の峡谷ばりに深いわだかまりを残すことになる。そんな未来絶対に避けたかった。

果たして私はそれを打破するイデアを持っていた。そして恥甲斐もなく、それを言葉にする軽薄さをも持ち合わせていたのだった。

「あの、、ちなみに、お金積んだら挿れさせてくれるとかってあります?」

彼女は即答した。

ゴムありなら一万でいいですよー」

「あ、それじゃ、お願いしまーす」

かくして私は令和はじめのセックス七尾デリヘル嬢と修めることとなったのである。なぜ私がコンドームを持参していたのかという点についてここでは触れないが、プレイの内容自体は、とりたてて特筆すべきことはなかったということを書き添えておく。

正常位で射精にいたり、そのままゆっくりと倒れ込む。いくばくかの満足感と虚脱感に身を委ねたのも束の間、終了のアラームが鋭く鳴り響いた。

「すごいタイミングですね。」と笑いながらユニットバスへ導かれ、再び火照った身体と愚息を丹念に洗ってもらう。ふと、春華の首元に光るネックレスが目に入った。無事に時間内に射精に至った達成感と、形だけとはいえ、挿入事後の妙な連帯感も手伝い、バスの中で少し雑談をした。以前は新宿ソープランドで働いていたこと。昨日に初めて七尾で出勤したが指名が一件も入らず店のボーイにめっちゃ謝られたこと。

そこで私には不覚にも、邪な思いが芽生えたのだった。それはすなわち、春華が七尾にきて初めてセックスした相手が私だったのはないかと。

恥を忍んで聞いてみた。

もしかして七尾にきてから初めてのセックスだったりします?」

彼女は少し言い淀み、それからしかしハッキリと

「いや、はじめてではないですね。」

と言った。

なんと。ということは本日すでに同様のケースが少なくとも1回はあったということか。内心動揺を隠せず、「そっか~。そうだよね〜」といった感じのとりあえずのリアクションを返しながら、どう繕ったものかと必死に思案していたところ、彼女は少しの沈黙の後、くしゃっと表情を崩して、こう言った。

「私、素直だから言っちゃうんですよねー。お店の人には、必ずそういう時は”はじめて”って答えた方がお客様は喜ぶからって言われてるのに。風俗嬢向いてないんだわー」

そのあけすけな笑顔に一瞬で引き込まれ、あまりの可笑しさに思わず、私はユニットバスはおろか部屋の外まで響き渡ろうかという声で大笑いしてしまった。彼女も「そんなに笑うことありますかー!?」と気恥ずかしそうに笑ってくれた。その時たしかに、彼女はどこにでもいる二十歳前後女の子の顔に戻っていた。

それからいろんな話をした。家族のこと、5人兄弟の長女であること。首のネックレスは二十歳の誕生日に弟からプレゼントされたものであること。以前は飲食店で働いていたこと。好きな音楽のこと。

彼女back numberが好きと言ったので、Spotify人気順再生した。まったく聞かない流行りの曲も、嘘をついて一緒に聞いて、いいねと言って笑った。

2回目の終了アラームが鳴り、春華を外まで送る。送迎の車がきていることを確認し、手を振った。

・・・

30になった今も素人童貞肩書きは消えないが、確かにあの瞬間彼女はどこにでもいる二十歳の女の子だったし、いち素人女性と一緒に体を洗い、身体を拭き合い、家族の話や好きな音楽の話をして一緒に笑った経験は、確かな現実のものとして記憶に刻まれている。

朝の日差しに浮き上がる能登島と、どこか瀬戸内海を思わせる穏やかな七尾湾の景色と共に。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん