「内科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内科とは

2019-05-22

休みにやってること

よくやること

スポーツジム筋トレ)週2回

ゴルフインドア) 週1回

・近所の友達ランチ 月1回

たまにやること

・通院(内科皮膚科

健康診断

血液検査

予防接種

・服を買う

クリーニング

以前よくしていたこ

英語勉強 TOEIC700→800で終了

スポーツジム水泳) 飽きて終了

漫画喫茶 昼寝をしなくなったので終了

NETFLIXファーストガンダムTV版」と「水曜どうでしょう」を観て終了

携帯ゲーム世界樹の迷宮」をクリアして終了

・散髪 行く店を変えて終了

今後やってみたいこと

1人カラオケ

ボルダリング

タイムズで車を借りてドライブ

Switchポケモン

楽器練習

その他雑感

・昼休みは1時間

・飯はコンビニサラダチキン野菜を買って、サッと食べてます

ジムは昼休みに行くと料金が安いけど、時間もないし午後の仕事もあるし、あんまり追い込めないのでマッチョにはなれない。運動不足解消程度。

・昼休みポケットに入るサイズ自分単語帳を作って、仕事中にときどき見返したらどんどん単語を覚えられて、めっちゃ簡単TOEICの点数が上がった。

ゴルフ最近はじめたので、特に成果は無い。ちなみに今日の昼休みゴルフ練習インドア)。ゴルフ楽しい。まだラウンドしたことすらないけど。

・本は電車で読む。

普通休みの日にするとこを「昼休みにしている」というと、めっちゃすごいと言われる。

・実際は全然すごくないし、誰でもできる。

・まあ、お世辞かもしれないけど。

そもそも結婚して子どもが生まれると、昼休みぐらいしか自分時間ってないよね。

「これ昼休みにできるよ、オススメ」ってあったら教えてね。

anond:20190522130839

まず卵巣癌子宮癌になった人が身近にいないしな。

(いたとしても「どの科に行ったの?どういう診察受けたの?」なんてわざわざ聞かないし)

しろどういう体験を経てその知識を得るんだ?

精巣癌はどこの科だ?

内科か?

泌尿器科

それとも実は「男性科」とかあるのか?

anond:20190522131110

内部の癌なんだから内科じゃね? あー手術するから外科かぁ? くらいに認識がある。

さすがに、卵巣科や子宮科が無いくらいの常識はあるんだよ。

2019-05-07

AED使われるぐらいなら死にたい

女だけど外でAED使われるぐらいなら放っておいて殺してほしい。裸がすっごく恥ずかしい。幼稚園パンツで泥遊びも嫌で見学プール水着も嫌でたまらなかったし、なんなら体操服も短くて嫌だった。内科聴診器のために脱ぐのも嫌で嫌で嫌で、注射より嫌だった。手術よりも手術着が嫌だった。修学旅行合宿も、大浴場が死ぬほど嫌だった。3ヶ月不正出血が続いた時も、産婦人科どうしても行けなかった。彼氏の前で脱ぐのも嫌。絶対無理女子同士の温泉旅行生理と嘘ついて部屋の風呂

きっと私のような人は他にもいると思うし、中高生なら尚更だと思う。外で倒れて心肺停止して、上裸にされるのなんか絶対嫌だ。術後の尿道の管を、おばちゃん看護師2人に抜かれた時、すっごく嫌だった。今でもトイレで思い出して泣きたくなる(書いてる今も死にたい)。きっと高校生なんかで、学校AED同級生先生の男に使われたら、命の恩人であってもその人を学校で見かけるたびに、死ぬほど恥ずかしい気持ちになるし、廊下を歩くたびに思い出してしまうのではないかと思う。尿道どころじゃ無いと思う。

脱がさなくても大丈夫とか言うけど、AED講習で脱がさなことなんかあんまり無いし、その辺の素人が胸を隠す気をつかってくれるかなんてわからないし、脱がす人には確実に見られるし、それぐらいなら放っておいてほしい。いい機会だから死んどくよ。命は助かっても手遅れのケースも怖いし、知らない人に裸見られてまで生きていたく無い。人それぞれなんだろうけど、少なくとも私はそう思う。

死ぬよりはマシと思える人でも、脱がされることに抵抗ない人いないだろうし、逆に男性女性脱がすのは抵抗あるだろうし、AEDはその辺のもう少しなんとか出来ないんだろうか。医療関係者からしたら裸なんて回転寿司寿司ぐらい見慣れたものでも、一般人からは裸は裸なのに。現行のAED文化に即してないと思う。命と安全が一番大事なのはわかるよ、わかるけど…使用率が低いのは少なからずそのせいなわけじゃん?そこになんか対策もないわけじゃん?着衣での使用法もちゃん説明するとか、簡易テントも一緒に置いとくとか(放電中に近くにものがあるのは危険なのかも)何とかしてあげて欲しい。そんな理由女子中高生が死んじゃうのはやっぱり良くないと思う。

2019-05-01

anond:20190501170946

だよな

何がテロで何がテロ内科政府定義することで国民判断するところではない

2019-04-29

anond:20190429174336

可能性としてはある

ただ、胃から出血・喉の荒れ・寝るとき歯ぐきから血が出てませんかまで原因は多様なので適当内科にかかるといいぞ

2019-04-25

長い話

今、残業中なんですけどもうデスクで涙をこらえるのに必死で何もできないので気をそらすためにも自分の話を書きますね それぐらいは許される職場なんです。いいでしょう。私がすべて悪いだけの、きっといい職場なんです。

私は小学校中学校、合計で五年間ぐらい不登校保健室登校)でした。原因はなんだろうな。今考えてもわからないんですけど、とにかく行けなかったんですよ。なんでだろうね。

面倒くさかったんです。たぶん。鬱かなってちょっとだけ思ったりもしたけど、でも、私は当時からオタクで、ネット動画とかを見て笑ってたからただの甘えだったのかもしれない。徹頭徹尾、甘えているだけの人間なのです。小学校の三年か四年から二年ぐらい通えなくて、六年生で復帰したけど、中学校一年でまた行けなくなりました。勉強ができないわけでも無かった。昔から地頭は良い方で、ただ集中力は無かった。何事も長く続けられなかった。極度の面倒くさがりで、家事も何も一切できなかった。

両親は、学校に行きたがらない私を叱ることもなく、いろいろ考えてくれました。なんたらスクールみたいな不登校児の集まるところに連れて行ってくれたり、カウンセラーが居る部屋に週数回だけ通うように調整してくれたり。

結果としては、私は自分の中でなんで教室に行けないかからないまま中学の三年間を過ごして、そのまま都立チャレンジスクールっていう学校に進学しました。都立高校で、定時制

そこには私みたいに理由もなく学校に行けなかった人って全然いなくて、病気だとか、働かなくちゃいけないから夜間で通うとか、親が離婚してから生活が変わって学校に行けなくなったとか、たくさん理由があったんです。私はなんで自分がここに居るんだろうってちょっと思ったりもしたけど、未だに仲よく遊ぶ友達ができたのもここでした。

学校は楽しかった。

でも高校はやっぱり三年しかなくて、私は大学に行くことにしました。良いなと思った大学を目指して、母がこのころ癌になったのに無理して私に英語家庭教師までつけてもらったけど、受かりませんでした。その年だけ倍率が平素の三倍ぐらい高かったんです。なんでだろう。

結局私は担任先生の勧めで、少し遠いけど私なら絶対入れる私立大学文学部に入ることになりました。試験はびっくりするほど簡単で、これなら中学時代の私でも入れるな、と思いました。教科は現代文だけでした。

でもこの大学で、私は今でもたくさん遊びに行く友人ができたし、その一人は先日入籍しました。おめでとう。

大学は面倒くさいこともたくさんあったし、さぼったりもたくさんしたけれど、たぶん楽しかったんだと思いますバイトを始めたのも大学に入ってからです。最初は友人の勧めで飲食で働いていたんですが、給料未払いで数か月で辞めました。

次に私が応募したのは、カードゲームショップでした。ちょうど流行ってたんです。シャドバなんて出る前で、ハースストーン一部の人しかやってないし、MTGオンライン全然無かったころの話です。私はろくすっぽカードゲームなんて知らないままそこに面接に行って受かりました。

仕事はたぶん楽しかったです。結局二年半ぐらいやったのかな。みんなオタクだったし、嫌な客もいたしわかんないこともいっぱいだったけど、それでもバイトって責任もなくて気楽だったし、本当に楽しかったと思う。

その時直属の上司だった男の人とは今でもなんだかんだ年に数回会って、二人で飲んだり二回ぐらい日帰り旅行したり誕生日ディズニーしたり一緒にコンサートいったりします。私たち関係は何なのか、こうやって書きだしても未だによくわかりません。良い友人なのかな。友達以上恋人未満の関係結構好きです。気楽だし。いい関係ですよね。

そして私はバイトと遊びと勉学と文化コンテンツで日々を過ごしました。三人しかいないゼミでひいこら卒論を書き、その間に就活しました。

弊社は、確か私の学校に来ていたうちの一つだったと思います

私の父は大きな会社でそれなりに能力もあって、管理職ではないけれど責任感のあるポストについています。そんな彼と日々話をしたりしているうちに、私もこの業界にしたいな、と漠然と思っていたので、そこを受けてみることにしました。一応ほかにも数社受けました。

受かったのは二社。もう一つは金融系の会社で、少し怖くて辞退しました。その時私は卒論が楽しくて、就職の方がたぶん大事なのにそんなこと全然考えてなかったんだと思います

そうして弊社に決めました。もうゼミ以外には大学に来る予定なんてなくて、バイトばっかりしていて、オタク趣味お金を使いたかった。早く就活を終わらせたかった。

もともと視線恐怖症なのもあって、沢山の人がいる中で自分アピールしたりすることが怖かったのかもしれない。

私は卒論を頑張って(学部で優秀賞をもらいました)、大学を無事卒業して、弊社へ入りました。

入ってから、ああ、結構体育会系というか、業種のくせに古臭い企業だな、と思った事は事実でした。けど、父が言うにはこの業種の中小はみんなこんなものだという話だったので、特に気にしませんでした。自分マメさが求められる事務職は向いていないと思っていたからです。

それでも今の部に配属されて、訳の分からない言葉はいっぱいだし、教えてくれる先輩の一人は私に教える片手間ずっとグラブルをやっていた。もしかしたらグラブルをやっている片手間私に色々教えてくれたのかもしれない。

今のオフィスは、弊社の大口顧客(元請け)がほぼほぼ占めているビルです。

私は二年間、同じプロジェクトで、ワーカーホリック上司の下で仕事しました。

上司イエスマンから無茶な仕事をいっぱいもらってきちゃうし、自分ワーホリからほかの人も同じぐらい働けるとか思っていたし、謎に有り余る体力で飲み会かにも大体参加していましたが、怒らないし、わからないというとある程度は聞いてくれたりするし、たぶんとってもいい人でした。私が生意気言っても怒りませんでした。ただ彼自身は毎月残業60時間かいってるワーホリでした。いまでもそうです。

それでもそのプロジェクトは楽しかったです。つらいこともたくさんあったけど、愛着もありました。

なんだか身体おかしいな、と思ったのは去年のどこかぐらいからだと思います。去年は忙しい月が数回あって、残業が40時間を超えるぐらいの月が飛び飛びに数回ありました。

から起きるのが早くて、朝五時とかに起きちゃっていたんですが、三時ぐらいとかに起きちゃうようになりました。

私はスマホ依存症に近いものがあって、何かあるとすぐスマホを見ちゃうんですが、それのせいもあったのかもしれません。睡眠の質がきっとどんどん悪くなっていきました。

プロジェクトは今年の春が大詰めで、みんなピリピリしてたし、急な雑務も増えました。

ある日、一度、風呂場で痙攣のような現象を起こしました。

視界が一瞬真っ白になって、風呂場の椅子に座りこんだと気が付いたときには、身体のいろんなところが強くしびれていました。特に強かったのは手で、勝手に力強く握りしめられていて動かせませんでした。

母を呼びました。母は全裸で浅い呼吸をしながら手を強く握りしめている私のことをひどく心配してくれました。父も風呂場の外にはいてくれて、状態を調べたり、スポーツドリンクをくれたりしました。

その日は固まった手で何とか飲み物を飲んで、少ししたら回復しました。

でも、結局数日たってからも体調がすぐれず、午前半休を取って病院に行きました。

のしびれの正体も知りたかたからです。結果は「抑うつ状態から過呼吸引き起こしたのでは」ということでした。

医者さんには産業医面談を受けるように言われました。私は素直にワーホリ上司へそのことを話して、午後に出社しました。

休憩スペースで面談しました。診断の詳細、そして産業医面談というものを受けるかどうか。

受けるなら俺から上に言うよ。そういわれて、少し困りました。プロジェクトが本当に大詰めだったからです。私はその時まだ二年目のぺーぺーでしたが、そんな私でももしいなくなってしまったら困るかもしれないと思ったからです。結局上司はそのあと産業医面談の話はせずに、春から仕事の話をされて終わりました。

その週の金曜日、私はどうしても体調がすぐれず、うまく動けなくて、会社休みました。

もう一度産業医面談の話をしました。

私自身が、どうしてこんなにストレスを感じているかがわからなかったからです。それが仕事のせいなのか、無意識プライベートでため込んでいたのか(その時ちょうどフォロワーちょっとトラブルがありました)、単純に満員電車ストレスなのか、わからなかったからです。

翌週、私のところにやってきたのは課長でした。

別に産業医面談拒否するわけではないし、受けたいなら調整するんだけど」彼の言葉はこう続きました。「俺たちの権力より上だから部署移動とかを指示されたら逆らえないしなあ……」

課長は私が部署を移動することになってしまった場合人間リソースの低下を懸念していたのです。

「とりあえず、今月は今のプロジェクトを頑張って、春以降もう一度相談します」私は言いました。

しかしたら、本当に私が居なくなったことでこのプロジェクトクリティカルな何かが発生してしまうかもしれない。それが嫌だったのです。課長が明言してしまうことで、それが私のせいにされてしまうのも嫌だったのです。

薬を飲んでいれば出社はできました。なぜか倒れたときから咳が止まらないけれど、風邪が長引いているのだろうと思いました。

私は抗不安剤睡眠導入剤を内科でもらっていたので、薬がなくなった時についでに咳止めの薬をもらいました。

そうしたら、電車で倒れてしまいました。

咳止めとして飲んだ抗生剤と私の相性が悪かったのかもしれません。私は朝の満員電車の中でお姉さんに助けてもらい、途中の駅で降りて、でも歩けなくて、駅員さんに車いすに乗せられて詰め所みたいなところの長いすに横たえられ、母親が来るのを泣きながら待っていました。

母は病気です。私が高校の時からずっと治療しています。手術もしました。私なんかよりもずっと大変なのに、毎日ご飯を作ってくれて、こうして迎えに来てくれるのです。私は親不孝者でしたが、母が迎えに来てくれたので、駅から外に出ました。その日は散歩をして、会社休みました。

体調の悪化が治りません。毎日薬を飲まないとうまく動けません。

それでも日は回るので、春から新しいプロジェクトに参画することになりました。すでにある程度進んでいるプロジェクトは初めてでした。

私はわからないなりに、以前の経験知識を使って頑張ろうと思いました。そのプロジェクト上長は先日面談をした課長でした。

参画してから一週間ほどした日、私は唐突課長仕事の依頼を受けました。

曰く、新しく仕事必要ものを一から作るのだと。

この業種において、一から自分で作ることは大して難しくはありません。今のプロジェクトの様子確認も兼ねて、大丈夫です、やります、と言いました。

どうやら課長のその認識根本的に間違っていたらしいと知ったのは、その週末のことでした。

どうやらそれは、私が触ったことのないソフトを触って、すでに動いているシステムに「絶対ミスをすることなく」仕様追加をするというものでした。

私は困惑しました。だって自分が触ったことのないものを「ミスなく」と言われても困ります練習ができません。経験もありません。

しかも、それは私一人でやるという話でした。ベテラン技術者が後ろについてくれると言いましたが、彼は他の仕事で忙しく、週に一回、数時間様子を見てくれるだけでした。

彼がとっても忙しいのは知っていました。だから仕方ないとは思いました。上長に聞いていた話と全然違っても、もう請けちゃったと言われたら若手にはどうすることもできませんでした。

元請けからはことあるごとに「絶対ミスは許されない」と言われました。私は状況の調査から始めました。

手順書や設計書は用意されていました。ただ、前任の会社中途半端撤退していたため、それが正しいかどうかの調査から始めなければなりませんでした。

けれど、私が触ったことのないソフトウェアの設計違いを、どうやって見つければいいのだろう。それはとっても疲れることでした。

上長はいつもなぜか忙しそうで、私が疲れたとか、産業医面談の話についてを問いかけることは憚られる雰囲気でした。半分炎上していたのかもしれません。プロジェクト経験が私含め半分以上を占めていた上に、その中で唯一構築経験があった私が一人での仕事に回されてしまいました。

ベテランはしきりに「ポテンシャルを見込んで」と言いました。

ポテンシャルって便利な言葉ですよね。とりあえずそう言っておけば良い感をひしひしと感じます絶対失敗できない仕事を依頼されたなら、失敗しない人を連れてくればよかったのです。

私はそれでも何とか資料を調べて不明点を上げ連ねて、ベテラン上長との進捗報告に参加しました。訳が分からないことだらけでした。たくさんのことを言われましたが、すでに集中力平時の半分ほどしかなくなっていた私にとって、それは呪文のようでした。半分ぐらいわかりませんでした。わかったふりをしました。

産業医面談に行けなかったので、有名な精神科のある病院の予約を取りました。その時にはもう、睡眠導入剤がないと眠れない生活になっていました。

新しい病院で、紹介状は無いんですとだけ伝えて診察を受けました。睡眠導入剤のほかに睡眠安定剤をもらいました。でも、睡眠安定剤を飲んだら昼間もものすごく眠くなってしまったので、二回しか飲めませんでした。結局抗不安剤睡眠導入剤だけを今でも飲んでいます。飲まないと眠れないし、仕事に行けないからです。

このころからホーム電車に不必要に近づいてしまうようになりました。(私が使っている路線都内なのにホームドアがないのです)無意識でした。私は死にたいのかな、と思うようになりました。

転職をすればいい、とか、周りの友人は言っていましたが、どう客観的に見たって私のメンタルが弱いだけの甘えなので、私が悪いのです。昔から私が社会や親に甘えているだけなのです。その自覚があったし、転職はとっても怖いもののように思えて仕方がありませんでした。だって自分には実力がないのです。転職活動で落とされることも怖かったです。評価されないことは、訳の分からない仕事を一人でやらされることと同じぐらい怖いことでした。

今日も偉い人たちを交えての打ち合わせがありました。私はやっぱり、「絶対ミスできない」ということを念押しで言われました。それならなぜ、ソフトウェアに触ったことがないたかが三年目の私がその仕事をしなければならないのかがわかりません。他の人にも仕事内容の相談ができません。調べても全然出てきません。他のメンバーはいろいろみんなで相談しながら前に進んでいるのに、私は自分が一つわからないことがあるだけでそこに立ち止まってしまます解決策がわかりません。どうすればいいかわかりません。集中力がなくて、どうすればいいかもよくわからなくなってしまいました。

少し、辛いな、と思いました。

別に残業が数百時間だとか、あまりにも激務だとか、そういうことはありません。家族はとっても優しいです。私はきちんと笑えています。両親はたくさんのことに関して理解もあります。母は自分身体も悪くて病院に通っているのに、私が精神科に行くとき一緒についてきてくれました。

部長課長主任ワーホリですが、きちんとしてはいると思います中小ですが、それなりに長く続いている、頑張っている会社です。

から、私があまりにも社会に甘えているだけなのです。私が弱くて、今まで甘やかされてきたから、ちょっと普通なぐらいのところに来ただけで耐えられなくなっているのです。

それは悪いことだと思っていますだって私が弱いのが悪いんです。甘えなのです。でも、強くなる方法がわかりません。

どうしてこうなったんでしょう。生まれときから弱かったのでしょうか。私はどうすればいいのでしょうか。何が悪かったのでしょうか。仕事ができないことが悪いのでしょうか。

薬を飲んでいるとお酒が飲めません。友人との飲み会も、友人が気を遣って飲み放題プランを外してくれます。気を遣って一緒にソフドリを飲んでくれようともします。

優しさが申し訳ないです。私が弱いだけなのに。私が弱くて薬を飲んでいるだけなのに。

仕事が嫌いなわけじゃありません。色々考えて、正解を導き出せたときや、トラブル解決できた時はとっても楽しいです。

ただ、たぶん、もう一人だけいたら、こんな気分になっていなかったのかな、とは思います自分にとって、「絶対ミスできない」一人きりの仕事が、案外つらいのでしょう。ゆとりなのです。弱いのです。世間様に甘えているから仕方がないのです。責任を一人で負いたくないのです。「わからない」と隣に相談する環境が欲しいのです。

会社の最寄りの駅にはホームドアがありません。今は想像するだけだと思ってはいますが、段々と黄色い線の向こうを歩いていってしまって、いつか飛び込んでしまったら、と思うととても怖いです。それも、私が弱いからなのでしょう。

お母さんのごはんもっと食べたいです。

お父さんともっとお酒を飲みたいです。

生きたいです。オタク楽しいし、ちゃん毎日笑っているし、友人もいい人がいっぱいいます。でも、いつまで生きればいいのか、よくわかりません。勝手に涙が出たり、ベッドから動けなくなってしまます

私よりもっとつらい人はそれこそ数えきれないほどいるはずなのに、どうして自分はこんなにも弱いのか。どうしたら強くなれるのか。

なんで生きてるのか、わからないのです。

それを吐き出したかっただけなのです。

2019-04-24

部活を辞めたいあなたへ

労働疲れた新社会人へのメッセージはそこそこ集まってきた(だろう)から、ここでは部活動疲れた新大学生へのメッセージを送りたい。

前提として、大学部活動というのは結構ハードもので、現役3年間の80%を注ぎ込むことになる。友達はできるし飲み会もたまにあるが、それは「部活」のコミュニティのもので埋まると思った方がいい。

これはそういう部活に入ってしまった大学1年生に向けて書く。

まず、今すでに「部活きっかけで大学に通いたくなくなった人」「毎日部活行きたくないことで頭がいっぱいになっている人」「体調を崩し何らかの病院に行った人」は早急に退部の措置を取るべきである

まだ4月からもう少し頑張ろうとか、これから慣れるとか、自分で思ったり先輩に言われたりとあると思うが、これに絆されると上記の80%が失われるため、恐らく大学生活は楽しめない。

特に「体調を崩し何らかの病院に行った人」はいずれ辞めることになるか、単位を逃しまくるか(勉強を捨てる)の2択なのですぐに退部を考えた方が良い。

部活推薦という形で受験し、部活動前提で入学した自分は、入学式の少し前に1週間の「事前合宿」に参加した。所謂THE体育会系で、早朝5時起床で朝練習、寮用キッチンへと走り朝食準備、昼練習、寮用キッチンへと走り昼食準備、夜練習、寮用キッチンへと走り夕食準備、風呂支度、ミーティング自主練、12時就寝、というスケジュールを過ごし、正直そこで心をやられた。

新入社員研修合宿とかもこんな感じなのかなと思う。

この体験後に入学毎日部活に勤しむ日々が始まったわけだが、ここで上記の前提に気付き始める。終電で帰る先輩と終電が無くなり泊まり込んだ先輩のラップバトルは非常に参考になった。(退部決意の)

さて、結論から言うと1年生の5月末に退部するのだが、この間に内科メンタルクリニック学内カウンセリングへ通った。メンタルクリニックはろくに予約が取れず1回話しに行って終わったが、カウンセリングは何度か通った。(それでも空きはあまり無いようだった)

同時進行で「辞めたい」という話を先輩に持ち出した。体調不良で休むことも増え、部活に来なさいメールがバシバシ届き、この時点で円満退部は無理だった。「まだ早い、これから慣れる」「残りの同期の負担は考えないのか」など引き止められた。本格的に話をつけるときは2ヶ月間溜まりに溜まった鬱憤をぶつけられた。「お前に使った時間を返せ」「自分に甘い」「一生中途半端にして生きていけばいい」

退部した日の夜お寿司を食べた。

部活推薦だから退部できない…という人にも逃げ道になればと自分体験も書いた。(ちなみにほとんどの場合退部=退学にはならないが、母校から部活推薦は難しくなる。あなたが辞めたい部活に後輩を送り込みたくないと思うから、そこは考えないほうがいい)部活動に取り組む人を否定する気は無いが、大学卒業し働いている今も、退部が最良の選択だったと思う。自分には合わなかったというだけだった。

あなた部活を辞めたいのなら、まず「サポートをしてくれる大人」に相談する必要がある。上で言う「学内カウンセリング」とか、学生課(親身になってくれないかもしれないが…)とか、親でもいい、とにかく部内の人間でない大人

そして、先延ばしにしない。

答えを曖昧にしない。

間違っても「匿名ユーザーが勧めたから」なんて退部理由はやめるべきだ。あなた自身しんどいのならそれが理由だ。もう少し頑張りたいと思えるなら、それを止めたりしない。

あなたには大学生活を楽しむ権利があるよ。

良い思い出になるような4年間にしてね。

2019-04-21

とりあえず医者いけ。精神科診療内科

死にたくなる病

暗い事しか考えられなくなる病

いわゆるうつ病

にかかってると思われる

今は思考力と判断力とか落ちてる

ミスとかで仕事効率も落ちてるのでは

ネットとかで情報収集しても、どのやり方がいいか判断力落ちてるから判断ミスるし

他の人はできたのに、できない自分ダメだとか、ろくなこと考えない

そういう病気

治るかいずれ良くなる病気

とりあえず医者いけ

きっかけは別だが同様だった昔の俺へ、今の俺から

とりあえず医者いけ。精神科診療内科

死にたくなる病

暗い事しか考えられなくなる病

いわゆるうつ病

にかかってると思われる

今は思考力と判断力とか落ちてる

ミスとかで仕事効率も落ちてるのでは

ネットとかで情報収集しても、どのやり方がいいか判断力落ちてるから判断ミスるし

他の人はできたのに、できない自分ダメだとか、ろくなこと考えない

そういう病気

治るかいずれ良くなる病気

とりあえず医者いけ

きっかけは別だが同様だった昔の俺へ、今の俺から

anond:20190421090855

健康そうに見えるから譲ってくれ、が通るなら

妊婦お腹がそう大きくないうちは普通の人と変わらず健康そうに見えるし

内科系の疾患の人だって見た目には分からん

とはいえ座りたくても

誰か譲ってください、を混んだ電車で・複数の人を相手に声がけするのが難しい のも分かる

2019-04-18

anond:20190418150739

リジン飲んだらだいぶ出にくくなったよ。あと、内科相談したら免疫上げる?注射打ってくれた。かゆいと思ったら即病院行って薬飲むのがいいよ。

2019-04-14

内臓について考えるのが怖い

お腹が痛かったり疱疹が出ていたりと何かしら症状が出ている時に、内科系の病気を疑って調べることがあるんだけど、症状の文章を読んでるだけなのに震えて、力が抜けるような倦怠感と、妙な気持ち悪さに襲われて冷や汗みたいなのが出てくる。

からそうで、詳細に血や臓物に関しての描写が書かれているものとか読んでもそうなる。

女なので女性特有病気についての説明とか症状見ることもあるんだけど、ほんとにだめできつい。

変に震えてくるんだよね。これなんなんだろう。お腹を手術で切ったとかという体験談を知人から聞くのも結構しんどい

2019-04-11

財布がパンパンになる理由

前に財布はジップロックて話が話題になって、いろんなブコメを読ませてもらった。

おれの財布はそんなに高くない革製のやつで、しかパンパンだ。

その原因はお察しの通りお金じゃない。パンパンの原因はカードだ。

ポイントカードとか会員証とか電子マネーとかね。

で、財布をスリムにする方法も時々考えるし、実際やってみてはいる。

使わないポイントカードは持つのをやめたりアプリ会員証に切り替えたりしたし、SUICAスマホケースに内蔵させてみた。

(Apple Payにはまだ踏み切っていない)

クレジットカードは1枚だけにした。



それでも財布はパンパンなんだよね。

何が残ったかというと、キャッシュカードクレカ保険証以外は、ほとんど診察拳。

内科眼科皮膚科メンタル整体院…

体の弱いやっちゃなー、ていうのは自覚してるよ。年だから医者いらずてわけにもいかないのよ。

通院はそれぞれ月1程度だけど、だからこそ家に置いてると忘れてきがちなんだよな。

から結局診察拳は持ち歩かなきゃってなる。診察拳の裏に次の痛飲日を書いてもらうのでスマホに取り込むこともできないし。


ジップロックキャッシュを少しだけ入れて身軽になりたいけど、なれそうにないわ。

2019-04-10

anond:20190410025958

今はフルタイム残業きっちり働けている感じです?

精神科は鬱になったこともあって一時期通ってたけどあんまりな感じでした。思考力が奪われる焦燥感デパスこわい

内科自律神経のお薬貰おうとは思ってます

体調もだけどこんな自分なんか誰も雇いたくないよな、という気持ちも大きいです。

2019-04-02

二日連続会社を休んでる

木曜

午後半休して、病院に行く。

左耳の中と、左首のリンパが腫れた。

左首はズキズキと痛む。

耳鼻科にいって、耳かすを取ってもらうため鼓膜をつつかれたり、痛い思いをした。

金曜

先週の金曜は会社に行った。

体調が悪く、午前中は異様な寒気ばかりして、

午後にバファリンを飲んだら逆に暑くなったりした。

土曜

土曜日熱を測ったら、39.1。

辛かったのでバファリンを飲んでから病院へ。

内科にいって薬を貰う。

インフルの時、バファリンで熱が下がったことも伝えたが、鼻で笑われた。

日曜

熱は38。

強い解熱剤をもってしても、熱が上がったりする。

熱は下がっていても、高温時と同じように

ふらついたり、頭がグラグラしたりする。

月曜

薬を飲んで安静にしてれば治るだろうと休む。

咳が悪化し、ゲホゲホゴホゴしまくる。

薬飲んでるのに、微熱はある。

火曜←今日

微熱がある。咳は止まらない。違う内科に行く。

とりま、薬はすべて飲めと言われた。

レントゲン採血(3本)、尿検査

結果は明日と言われ、結果次第では会社を休めと言われる。

明日も午前中休まないとダメなのか………

みんな「有給休暇増えた途端に連休とか、こいつずる休みじゃね?」とか思ってないか不安

あと、金曜から食欲なくてゼリーしか食べてないのに

体重80から減らないってなんだよ………

なにか病名がついてほしい。切実に。

2019-03-23

anond:20190323145606

悪いことは言わんから、消化器内科・消化器外科のある病院大腸内視鏡検査を受けた方が良い。痔以外で血便につながる可能性が高いのはポリープだが、それだけ出血しているんだったら(痔を含めて)ポリープ以外の可能性が高い。いずれにしても一度検査をしてすっきりじておく方が良いぞ。仮に痔だったとしても、放っておくべきではない。痔以外の病気との区別をつけ易くする為にもちゃん治療すべきだ。脅す気はないが、以下をリンクしておこう:https://dot.asahi.com/wa/2017090700029.html

2019-03-11

脳神経外科詐病を疑われた件

数年前にある地方都市脳神経外科専門病院で起きた話です。直接見聞きしたわけではなく聞いた話ですが、概ね事実の通りです。

その病院は急性期脳卒中治療に関しては地域でも有数と言われています

患者脳梗塞で倒れ、その病院搬送され、重度の後遺症が残る可能性がある状況ではありましたが、命に別状はなく、家族は将来への不安をいだきつつも、ひとまずは安心していました。

しかし、時折、患者は激しい腹部痛を訴えることがありました。

CTによる検査を行いましたが、腹部に特別な異常は見られないため、主治医内科的な診察は不要と早々に判断を下しました。

説明主治医から直接ではなく、看護師を通してあったとのことです。

主治医はいつも不機嫌で、家族高齢女性)は怖くて直接話ができる状況になかったそうです。

それでも患者が腹部痛を訴える続けることから家族内科医の判断を仰ぎたいと何度も懇願しましたが、主治医自身は一度もその症状を目にしていないことから(まともに診察している様子がなかったそうです)、家族が頻繁に面会し甘やかしているのが原因で、詐病であると断定し、内科検査など必要はないの一点張りで、すれ違いの状況が続きました。

その後も家族は粘り強く話し合いの試みを続けましたが、主治医は時には家族に対して大声で怒鳴るようなこともあったため、信頼関係は崩れていきました。

病院長にも訴えましたが、病院長は自身の目から見ても特に異常は見られず、脳卒中失語症患者家族の前でのみそういう症状を訴えることはよくあると、暗に詐病であることを示唆されました。

脳梗塞発症によって感情コントロールできなくなるような症状があることは家族理解していましたが、患者本人は脳梗塞発症する前と変わらず性格は穏やかで、わがままを言うわけでもないため、詐病を訴える理由は見当たらず、家族病院関係悪化する一方で、最終的には患者を転院させる決断しました。

別の総合病院への転院後、まずは内科の精密検査が行われました。

精密検査の結果、内科的な異常は見られなかったそうですが、内科医がその説明している最中患者が腹痛を訴え始めましたそうです。

症状をしばらく観察していた内科医は、てんかんの症状かもしれないと話し、翌日、脳神経外科で精密検査が行われることになりました。

検査の結果は内科医の見立て通り、てんかんによる発作であることが判明しました。高齢の急性期脳卒中患者ではよくある症例との説明があったとのことです。

専門外の内科医による一回目の診察で分かることが専門医にわからないのはおかしい、患者家族真摯に向き合わないのに「患者にやさしい病院」という理念など何の意味もないと、当時、家族が怒り心頭となっていたことを思い出します。

先日、件の脳神経外科病院がよい取り組みをしているということで、NHKニュース番組で取り上げられていました。

番組で取り上げていた取り組み自体はよいことだと思いますし、取材を受けていた医師もこの話とは全くの無関係です。また、病院ホームページ確認すると当時の主治医はもう在籍していないようですが、モヤモヤした気持ちが晴れないので、こんな早朝(深夜?)にここで吐き出しておきます。(日中正気に戻って消しているかもしれません)

2019-02-26

anond:20190225205015

妊娠による体調不良内科が気づかずに風邪だって判断することある普通に「もしかしたらつわりかもしれません、産婦人科に行ってください」って医者から言われるんじゃないの?

2019-02-21

anond:20190221093036

だるいとか調子が悪い(太り続ける)状態脳外科や内科で見ても何も無いんだったら行った方が良い。

専門病院だと良いぞ。

ちなみに俺は橋本病バセドウの親戚みたいな奴。男がなるのは珍しいようだ)

採血して、喉のエコーを撮るだけだ。

結果は1週間後くらいかな。

2019-02-17

なんとなくだるい

風邪インフルエンザの反応は出ないけど、微熱(37.1℃程度)が続き、頭痛があり、首筋や二の腕、背筋などが少し痛み、鼻がつまり息苦しく、胃腸も不調、全身のだるさを感じるが、寝込んで休まないといけないほどでもなく、しか自分ベストパフォーマンスを発揮することもできず、とにかく「シャキッ」とせず中途半端イライラする状態が続いている。

内科検査(X線血液などの検査)では何も異常が見当たらない。

メンタルとかも絡んでるのかなと思ったが、単なる加齢によるものかもしれないので、なんともいえない。

2019-01-31

anond:20190131164356

それはおっしゃる通りだと思うけど、大病院そばに小さな診療所を作ると、どうしても大病院の方に行ってしまう人が多い気が…。

理想論としては皆がそれぞれ「かかりつけ医」を持ち、かかりつけ医が「これは大病院でないと治療不能」と判断したら大病院に行きましょう…という話だけど、なかなか理屈どおりに人は動かないからね。

自分眼科とか整形外科とか耳鼻科は行きつけがあるけど、内科は数年に一回行くか行かないかレベルなので、そこを「かかりつけ医」と呼ぶことに抵抗がある。

2019-01-29

anond:20190129121954

しろ変に病名出さないだけマトモだと思うけどな

内科が駄目なら別の視点どう?って言ってるのに、詳しくないなら~って、素人がなんで内科固執するの?精神科イヤか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん