「ウォッチャー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウォッチャーとは

2018-08-09

医者増田を書いてわかったこ

東京医大の女子減点問題について、いち小児科医が思うこと

優秀な医者とそうでない医者の違い

を書いた増田です。すいません、この2つですが、書いたのは実は同じ増田です。


どのくらい反響があるかを前の増田の影響がない状態で見てみたかったので、2つめはあえて文体を変えて書いてみました。

ばれるかなと思ってドキドキしていたので、今のところ同一人物じゃないかという指摘がなくて良かったです。


今回、東京医大事件によって、医療界が抱えている大きな歪みが一般の人の前にも明るみに出たので、いい機会だと思って普段なんとなく考えていることを文章化してみました。

読み返してみると2つとも無駄に長いですね。

現代医者の性かもしれませんが、できるだけ状況を丁寧に説明して相手選択してもらうような考えが染みついてしまっているので、ぐずぐずまとまりのない文章になってしまいました。

まぁ、もともとまどろっこしい性格なのですが。

こんな長い文章なのに、多くの人に読んでブックマークしてもらってうれしかったです。

あんなにたくさんの増田がある中で拾われるなんて、増田ウォッチャーの方は本当にすごいですね。


たくさんいただいたブックマークコメントを読んで感じたのは、やはり医療現場の外にいる人に医療現場のことをわかってもらうのは難しいということです。

別にすべての人にわかって欲しくて書いた訳ではないですが、中にいる人間としては、そんなに単純な話ではないんですと思うコメントもたくさんありました。単純に私の伝える力がヘボいだけかもしれませんが。

その現場の中にいる人にしかからない空気感があるというのはどの分野でもある程度同じだとは思いますが、病院はどうしても病気の人と病気を治す人という特殊かつ閉じられた環境になってしまうので難しいです。

風通しを良くするために、他力本願で大変申し訳ないですが、こうすればいいという考えを持たれている、他の分野、特にはてなユーザーに多数いらっしゃるであろうITエンジニアの皆様におかれましては、ぜひ病院という環境に飛び込んで、自分の分野を活かした医療環境改善プラン提案していただきたいものです。

ニーズは非常に高いので、ビジネスチャンスはたくさん転がっていると思いますし、なにより実際に環境改善されれば現場人間に非常に喜ばれると思います

さらに、現場環境改善はそのまま患者さんに提供する医療の質の向上につながります

みんな大喜びです。

可能であれば医師から何か提案したいところなのですが、医師特にマネージメントに関わるような立場にある医師は、結局その技術で何ができるのかと言うことまでキャッチアップできていないことが多いので、そもそも活用法を思いつきません。「IT活用して何とかして」とか言われたらみんな困るでしょう。

医療者がAIも含めたITリテラシーを高めるのと合わせて、IT側もビジネスチャンスと考えて積極的医療に関わり、その高い技術力を活かしてもらいたいものです。


偉そうなこと言ってないでお前も何とかしろよと言われそうですが、卒後10年弱で中堅に入りかかった程度の小児科医としては、増田を書いて少しでも理解裾野を広げることと、自分の周りの環境を何とか良くする程度しかできることがないのがつらいところです。

早く偉くなって自分の影響力が及ぶ範囲を広げたい。


最後に、前2つの記事ではできるだけフラット立場で読んで欲しかったので、自分の考えをあまり書きませんでしたが、「結局増田解決法についてどう考えるの?」というコメントをいくつかいただいていましたので、自分の考えを書いておきます

前もって断っておきますが、例のごとく非常に長いです。すいません。


医学部入試について>

今回の事件に限らず医学部入試に黒い噂がつきものなのは大学医学部医学科に入学した人のほとんどが医者になるという現状が原因で、これが諸悪の根源です。

まり入試不正をなくすためには、ほぼ入学ゴールという現状を変えなければいけません。

すなわち、医学部入学者を増やして医師教育入り口である医学部入学の門戸を広げて、代わりに国家試験という出口で医師の数を調整する、という方法です。

大学医学部に入れたところで医師になれるかどうかはその後の自分次第なので、不正をしてまで入学するメリットは大幅に減ります

出口を国家試験にしてしまえば試験による不正基本的には起こらないはずです。(このご時世なので何があるかはわかりませんが)

現行のペーパーテストのみの国家試験をより実践的なものに変更する改革と合わせれば、現場に出る医師レベルもある程度保証できるはずです。

国家試験受験者の大多数が合格できる試験でなくなり、さらにより実践的なものになれば、各大学間で合格率に大きな差が出ることになると思いますし、大学間での競争活性化されて問題のある大学は淘汰されていく流れになるかもしれません。学生競争さらされてしっかり勉強するようになるでしょう。

さらに、医学教育の出口で医師の人数を調整することにより、入り口で調整している現在より速いスピード医師需要の増減に対応できるようになります


問題点としては、医師になる教育を受けたのに医師になれない人が多く発生することです。タイミングによっては、氷河期みたいな現象が起きてしまうかもしれません。

医学生にとっては、大学に入ってしまえばほぼ医者になれる現状に比べてかなり厳しい状況ですが、世の大学生や大学院生たちは、就職においてかなり熾烈な競争を行っているようですので、現状が甘やかされすぎです。

ただ、医師になれなかった学生の受け皿は必要です。医師に準ずる知識技術を持った非医療職というのはある程度の需要があるとは思いますが、どこまで一般企業などがそういった人材を、しか国家試験に落ちてしまった人材を欲してくれるかは疑問です。

医師みたいな資格を作って病院で働くというのも一つかもしれませんが、どういった制度設計にするかは十分な議論必要です。

とにかく、国家試験に落ちてしまってもすべて自己責任としてしまうのは今の日本ではちょっと受け入れ難いと思いますし、この辺りは検討余地が多数残っています

他の問題点としては、やはり大学負担が増えることでしょうか。

大学時代によく言われたことですが、医者を一人育てるのにはお金を含めた莫大なコストがかかっているそうです。

国公立大学言わずもがなで多大な税金が投入されていますし、私立大学でもある程度は学生授業料でまかなわれているものの、少なくない税金が投入されています

その税金を、医師教育として医者にならない(なれない)人のために払うべきなのかというのは議論が分かれるところだと思います

国公立大学でも学生負担を増やすのは一案だと思いますが、結局お金持ちしか医師になれなくなっては本末転倒ですし、アメリカのように借金してでも大学に入ったのはいものの、最終的に医者になれなかったのでは救いのかけらもありません。

つの時代お金の話は悩ましいものです。

また、お金だけでなく人的なコストも増大します。

現状では大学教員診療教育研究を一手に引き受けており、学会活動なども含めて多忙を極めています

ただでさえ手薄な教育なのに、これ以上にリソースを割けと言われると行き着く先は地獄です。

解決策は大学教員を増員して診療教育研究のうち得意な分野に専念させることですが、そんなことができるお金のある大学日本には存在しないでしょう。

やっぱり先立つものは金です。

国民の皆さんに納得していただいて増税するしかありません。


医師労働環境改善について>

最初増田に書いたように、医師労働環境改善女性だけの問題でなく、今後は男性医師にとっても重要問題となってきます

特別女性が働きやす環境を作る必要はなく、性別関係なく医師が働きやす環境を作れば、その結果として女性もあまり無理なく働ける環境になると私は考えています

そのためには、賢明なるはてなユーザー諸氏と同様に、医師の数を増やし、医師業務を他の職種移譲できるもの移譲し、病棟業務については複数主治医制にすることが基本的には必要だと思っています


この3つのうち根本的かつ最も強力な改善策は医師の増員だと思うのですが、いかんせん現在制度では増やそうと思ってもどうしても10年近いタイムラグが生じてしまます

軍隊みたいに予備役みたいな制度があればいいんですが、医師に関してそんなバッファーを用意できるほどこの世の中に余裕はありません。

増えた頃にはAI進歩によって劇的に医師業務スリム化されていて、既に多くの医師が用なしになっているという未来も想定しておかなければいけないことを考えると、現実的には、今から医師を増やすよりはAI進歩を待つ方が良いのではないか個人的には思います。非常に悩ましいところです。

また、医師を増員する場合は、増員した医師診療科と勤務先が偏ってしまうと増やす意味がないので、国家試験の成績など何らかの形でそれらを制限する仕組みが必須です。

しろ医師を増やさな場合でも、今後の医療においてこの仕組みは必須になってくる可能性が高いでしょう。

これから医師を目指す学生諸君にとってはこれも厳しい話ですが、医者が好きなように診療科と勤務地を選べる時代は終わったと諦めるしかありません。


医師の増員についての問題点は、やはり人件費です。

業務量の減少に合わせて個々の医師給与は減ることになると思いますが、総量規制で「人数を倍にしてやるから給料半分な」というのはさすがに厳しいですし、それなりの人件費の増加は免れないでしょう。

また、上にも書いたように医師を増やすことで大学の育成のコストも増加します。

やっぱり先立つものは金です。

私の給料が減ることについては生活に困らない程度までは我慢しますので、国民の皆さんにも納得していただいて、増税のうえ健康保険料の値上げと医療費の自己負担割合を上げさせてもらうしかありません。


医師業務を他の職種移譲することについては、現在も徐々に進んできていると思いますが、現在既に忙しく働いている医療者に業務移譲しても仕方ないので、やはり追加の人員を確保することが問題となります

医師を雇うよりは人件費は抑えられると思いますが、日本全体で考えれば結構人件費の増加になるでしょう。

また、処置にせよ事務仕事にせよ、医師負担を減らせる程度までの業務移譲するためには、相手にもそれ相応の医療知識技術必要です。

その教育や育成にも金銭的・人的コストがかかります。やはり先立つものは金ですね。

カネカネ言い過ぎて、賢明なるはてなユーザー諸氏に「医療現場問題は放っておこう」と思われないか心配になってきました。

とは言え、退院マリを書けるくらいの医療知識と高い事務能力を備えた人材がいれば、病院においては引く手数多だと思うので、そういった人材を育成して派遣する会社を作れば儲かりそうです。実はビジネスチャンスなのかもしれません。


複数主治医制についても基本的に賛成です。医師がある程度安心して病院を離れるためには必要制度だと思います

ただ、患者さん側の理解必須です。

主治医団のメンバーすべてが同様の能力を持っている訳ではないこと」、「チームのメンバーのうちA医師にはできることがB医師やC医師にはできないこともあること」、「緊急時を始めとして常に望む相手診療が受けられるわけではないこと」。

理性的はてなユーザーの皆様には理解しがたいことかもしれませんが、この当たり前とも思えることを納得して受け入れてもらうことすら難しいのが医療現場の現状です。

2つめの増田に書いたシチュエーションはほぼ実話で、同じようなことは重症度は違えど年に数回は起こります複数主治医制での別の主治医とではなく、当直医との間においてですが。

もちろん、実際の状況はあんなに単純ではないので、自分主治医側の場合もあれば当直医側のこともあります

私は小児科医なので、実際に起こっていると言うことは、あの場で急変しているのは子どもです。生後1ヶ月に満たない赤ちゃんのこともありますし、中学生のこともあります

いずれにせよ、急変した我が子を見て、このまま我が子が死んでしまうかもしれないと言う状況で「これも運だから仕方ない」と冷静でいられる人はいません。A医師を呼んで状況が改善する可能性があるのだったら「A先生を呼んで!」と言わない親は現実はいません。そんな親はみたことがありません。

別にそれが悪いと言っている訳ではありません。自分がその親の立場だったら言ってしまうと思います

ただ、その希望が常に叶えられるものではないことくらいは理解して受け入れてもらうのが、複数主治医制が根付くために必要な前提条件だと思っています

簡単そうに思えるかもしれませんが、現場においては本当に難しいことです。

患者さんやその家族が、多くのはてなユーザーの皆さんのように、正しさのためならC先生我慢するか、と思える方ばかりならいいのですが。

この前提条件が成り立たない状態複数主治医制を実施すると、前の増田に書いたようなことになって、優秀な医師病院を離れられない空気感ができあがりA医師疲弊するだけです。

また、複数主治医制を機能させるためには、どうしても1つの医療機関にそれなりの数の医師を集めなければいけません。

上にも書いたように、医師の増員にはどうしても時間がかかるので、さし当たっては医療機関の集約化を行うしかありません。

中規模の病院を中心に統廃合が行われた結果、中規模以上の医療機関へのアクセス悪化し、患者さん側にはご負担をおかけすることになると思います


医師労働環境改善のための患者さん側の理解という点では、医師時間外の仕事を増やさないように協力していただくことも重要です。

夜間・休日不要不急の受診を控える、平日の日中以外に病状説明求めない、この2点で小児科医の労働環境結構改善すると思います

子ども医療費の自己負担額は多くの自治体でただ同然なので、その受診人件費を含めてどれくらいのコストがかかっているか無頓着な方が少なからずおられます

金銭的・時間的にアクセスが容易だから夜間・休日でもとりあえず受診しておこうという姿勢は、上に書いたように医療費の高騰や医療機関の集約化を通してその容易なアクセス崩壊させ、結果的に自らの首を絞めます

もちろんどうしようか非常に迷った上で受診して、ひどく申し訳なさそうに診察室に入ってこられる保護者の方もたくさんいますし、小児科に関しては子どもことなので、もちろん心配であれば夜間でも日曜でも受診してもらったらいいのですけどね。


AIについて>

AIは将来的に医療の様々な分野において医師業務を助けてくれる存在になると思いますしかAIの素晴らしいところは、いったん開発してしまえば計算機電気さえ食べさせていれば文句を言わずに働いてくれるところです。もちろんメンテナンス必要ですが。

上に何度も書いたように、先立つものは金というこの世知辛い世の中において、人件費がネックにならないのは非常にありがたい存在です。

咽頭画像撮影して、その画像からインフルエンザかどうかを診断するAIを作っているベンチャー記事をどこかで読んだ気がしますが、そういった特定の疾患かどうかを診断するようなAIは実現が間近のようです。

一方で、多くの人がAI診療と言われて思い浮かべるような、患者情報インプットすることで自動的に診断や治療法などをアウトプットしてくれる夢のようなAIはまだまだ実現は遠そうです。

そういったAIを実現するための最大の課題は、我々医師が診察の現場において収集している情報のうち数値化や言語化が難しい情報を、どのように計算機 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-08-04

増田文学2018年度前期 結果発表

賞の詳細については 総合案内 をご参照下さい。

生活

SFファンタジー

社会批評

演出

ユーモア

コメント

大賞

  • 受賞作:該当作なし

2018-07-23

anond:20180723030928

てか一般人ははぁちゅうもしみんけんも知らないよね。はぁちゅうに関しては少なくともはてなtwitterやってて、ウォッチャーだったりネットギークじゃないと知らないか

2018-07-22

"【選挙ウォッチャー西日本豪雨被害で忘れ去られた北海道被害。"の感想

https://note.mu/chidaism/n/n30420b2066d8

安倍内閣対応が適切かどうかは評価検証していません。あくま評価基準が違うんじゃないの?という話です

結論からいうと日本で「効率の良い働き方改革はムリだな」  

必要仕事さえやっていれば飲み会してようが関係なくないか飲み会に参加してようがそこで仕事してりゃいいじゃないか

  

評価

過去の事例との比較対応が後退していないか(参考http://www.bousai.go.jp/kaigirep/wg/saigaitaisaku/pdf/dai2kai/shiryou2-3.pdf

法律マニュアルに則って物事が進んでいたか

・それまでの政策マニュアルに不備はなかったか

地方自治体関係省庁との連携は十分だったか

など、仕事として適切であったかで行うべきだと思う。

安倍内閣対応検証するなら「空白の66時間」が本当に空白であったか検証必要ではないか

  

"自衛隊を動かす最終決定権は「シビリアンコントロール」に基づき、防衛大臣総理大臣にあります。そして、この2人が同じ空間で酒を飲んでいたわけです。これでリスクヘッジができていると思える人は、おそらくこの世にネトウヨぐらいしかいないと思います。"

裁量を持つ人間現場じゃなくても二人揃っていりゃそっちのほうが話は早い。ITが発達した今、どこか特別場所にいなければ指示が出せないという方がおかしい。

情報量が膨大になるときはやはり大きなスペースや設備必要になるがそのための省庁ではないか?非常時になるからと言って最初から長が出張組織ってのは何の備えもしていない脆弱組織だ。

しろ安倍総理鼻くそほじりながら「オーケーオーケー」と言ってヒマこいてるうちになんでも物事が進んでいくのが理想組織というものだろう。

組織の長というのは『自分が何もしなくても物事が適切に進んでいく組織』を作るのに日々努力するべきで、非常時に張り切って働くのは泥縄と言うしかない。

  

"本来なら、すぐさま非常災害対策本部が設けられ、自衛隊を動かし、可及的速やかに人命救助にあたるべきでした。"

災害にはまず地方自治体対応するし、自衛隊に出動要請をする(参考 http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2006/2006/html/i3251000.html

ア 災害派遣

(ア)要請による派遣一般的派遣形態) 災害派遣は、自衛隊法第83条の規定上(資料75参照)、都道府県知事などから要請により部隊などを派遣することを原則とする。

(イ)自主派遣  防衛庁長官又は長官指定する者は、特に緊急な事態で、要請を待つ時間がないときには、要請がなくても、例外的部隊などを派遣することができる。

私の記憶では発災前に当たる段階で地方自治体自衛隊派遣要請を出しているところもあった

政府地方自治体を飛び越えるような例外的なことを"本来なら"と言っているので評価としておかしい。これは機能不全に陥った地方自治体があることが前提ではないと成り立たない。

  

"非常災害対策本部を設置したものの、安倍総理ご本人はとっとと家に帰ってお休みしていたのです。"

非常災害対策本部の長は誰ですか?まさか総理大臣とか思ってませんか?

災害対策基本法第二十五条 非常災害対策本部の長は、非常災害対策本部長とし、国務大臣もつて充てる。

非常災害対策本部長は国務大臣ですよ。つまり適切な国務大臣を任命すれば後は家に帰って屁をこいててもいいでしょう。むしろ余計な口を出して頭が二人いる状態のほうが害悪です。

外務大臣を任命してたら吊るし上げましょう

  

以上、「皆が大変だから飲み会やめよう」「皆が大変なんだから残業しよう」みたいな評価地方自治をないがしろにするような物言いに腹が立ったので書き散らしました。

重ねていいます安倍総理対応が適切だったかはわかりませんし、その検証もしていません。

  

言われる前(言われる前に誰も見ないだろうけど)の追記

Q・他の政党飲み会はいいの? A・よろしいと思いますよ。行政府じゃないんだから発災時に何ができますか?仕事のフリをするより飲み会の場で情報交換をしている方が有益です

2018-07-14

平成日本オウム真理教

2018年

anond:20180714202909 ネットは息苦しい場所になった

anond:20180714190838 [AUM] アビラケツノミコト「神軍を率いる光の命」

anond:20180714173148 [AUM] 弁護士法治国家否定

anond:20180714155958 [AUM] オウム残党の解散手続き

anond:20180713125349 [AUM] 冷静さを失っている滝本弁護士

anond:20180711234409 [AUM] 松本四女さんへ

anond:20180711132507 団塊の世代連合赤軍氷河期世代オウム

anond:20180711100253 平成最後っ屁

anond:20180711002157 1995年カルト教団

anond:20180710233203 オウム高学歴信者がおおかったってイメージあるけど本当なのか

anond:20180710225920 オウムと言う共通体験ノスタルジーで盛り上がりたいだけの人々

anond:20180710223139 麻原の超能力について

anond:20180710221945 現オウム信者に聞きたいこと

anond:20180710142903 松永英明さんって今どうしてるの?

anond:20180710104437 オウムも隆法もアニメ作ってた!やっぱりオタクを取り込もうと…

anond:20180710091536 麻原の遺骨の処分

anond:20180710080109 俺の青春人生

anond:20180709221800 倫理教育で人の内心が変えられると信じる人ってオウム

anond:20180709151327 ネタではあるが

anond:20180709111513 もしかして今回の豪雨オウム報復テロなんでは?

anond:20180709101323 当時、破防法適用に反対してた識者は責任取ってほしい

anond:20180709020716 麻原プラン=四女が新団体設立して教祖になる計画

anond:20180709004844 死刑反対のロジック死刑賛成のフィーリング

anond:20180708223117 宗教こわいよな

anond:20180708105826 危険思想を取り締まることの是非について。

anond:20180708090028 オウムの魅力はチグハグさにあったのではないか

anond:20180708044357 麻原彰晃は結局詐病じゃなかったね

anond:20180708044322 アカデミック文脈で言うと「反近代」て奴な

anond:20180707235916 そもそも日本には根本的に神がいない

anond:20180707235447 オウム洗脳技術

anond:20180707220525 朝生オウム vs 幸福の科学は本当に面白い

anond:20180707215611 オウムのことでちょっと思い出したこと

anond:20180707215321 国家意思としての麻原の死刑

anond:20180707213445 オウムに関する記憶改変バカ

anond:20180707212225 オウムだけ切り離して語っても意味ないよね

anond:20180707191426 オウム裁判の全記録って、インターネットで公開されているの?

anond:20180707182340 昨日生まれ子供は災難だな

anond:20180707114551 オウム公開処刑によって日本評価が【中世から古代】までさらに後退したようだ

anond:20180707105218 大雨で天の川どころじゃないし

anond:20180707104227 増田ネオオウム結成しようぜ

anond:20180707095144 ダライ・ラマオウム真理教との関係から思うこと

anond:20180707091750 オウムの件

anond:20180706215833 オウム事件の後に「カルト危険宗教教育必要!」なんて言われたが・・・

anond:20180706213608 そういえば小学校の頃オウムごっこやったよな

anond:20180706182250 死刑廃止派の一法曹としての意見

anond:20180706145533 だよな麻原処刑の功績で森かけの汚点は完全に消せる

anond:20180706145059 麻原を殺す必要性はなかった

anond:20180706123901 小学校の時の担任先生出家していた

anond:20180706120256 麻原の死刑に反対してる人って何なの?

anond:20180706115434 自分地下鉄サリン事件の時幼稚園児だった世代だけど

anond:20180624105404 某宗教団体元幹部が3億円稼いだ話

anond:20180623205912 [宗教] 心神喪失状態での死刑執行

anond:20180616145322 日本人はすがる宗教がないか

anond:20180315232112 全盛期のオウム真理教伝説

anond:20180315161129 オウム死刑移送

anond:20180127212946 赤軍とかオウム真理教も

2017年

anond:20171229014645 洗脳連鎖反応

anond:20170702143632 最近高校生と話して通じなかった言葉一覧

anond:20170630023011 オウム真理教のおかげで地下鉄の警備や不審物への対応が変化して、より安全になりました

anond:20170609214943 馬鹿教育勅語にも良いことが書いてある」

anond:20170521003207 1995年の凄まじさ

anond:20170520170150 オウム真理教が全盛期だった頃の思い出

anond:20170520102940 オウム真理教があった時代を生きていた人が羨ましい

anond:20170513104229 [国会ウォッチャー]誰が何のために共謀罪を作ろうとしてるか

anond:20170428225941 共謀罪政府が言う「一般人ではない人たち」って

anond:20170422095847 科学資本主義宗教ですよ。

2016年

anond:20161222190602 オウム真理かるた いろは48

anond:20160810231457 「運動瞑想が足りない」の元ネタって何?

anond:20160726191053 相模原事件地下鉄サリン事件

anond:20160708193857 杉尾秀哉は!・・・ひで~や!

anond:20160630224715 オウム真理教時代はてながあったら

anond:20160222174042 数学の未解決問題を解くなら数学概念必要だね。

anond:20160124144455 オウム関係用語は全て「不謹慎から」外されてるよ

2015年

anond:20151112191205 平成天皇崩御したら、オウム関連の麻原彰晃以外の実働部隊恩赦になって死刑減刑されないかなー

anond:20150828032921 アタマが足りない人は、いじめっこにもなるし、いじめられっ子にもなるんだよね。

anond:20150708081247 韓国は「反日教

anond:20150619020701 電車の中で、化学薬品のにおいがした。オウム地下鉄サリン事件を思い出した

anond:20150516140913 東京オウムサリン事件で何を学んだのか

anond:20150508002026 生まれからずっとルーチンワークのように学校に行ってテレビ見てゲームして

anond:20150322071436 オウム事件で毎回大げさに報道し煽るマスコミ辟易する

anond:20150321195438 オウム信者と揉めた日

anond:20150320221128 オウム共感はできなくとも理解ぐらいは出来なくては、

anond:20150209113503 オカルトとか陰謀論とか都市伝説とかデタラメなんだけどさ、それにツッコミいてれてるほうも頭悪い理屈だったりするんだよな。

anond:20150127233259 ISISワールドワイドオウム真理教的なもの

2014年

anond:20140601181253 はてサの中でガチ中核派とか革マル派の奴らってどれくらいいるんだろ

anond:20140417195346 「オウムが移り住んできた上九一色村では、麻原が村長になる寸前だった」

anond:20140117112426 オウムの代わりの「救い」はもう出てきているよ。ナショナリズム排外主義という名前で。

anond:20140117034425 宗教インターネットについてダラダラ考えてみる。

2013年

anond:20131130225145 コストダウンと言う名の宗教

anond:20130831192426 以前、森毅の本で、軍国少年だった旧制中学時代の友人が戦後共産党議員になったという話を読んだことがある。

anond:20130722112434 山本太郎支援団体

anond:20130627122103 時代が違えば、オウム正義足り得た可能性があった。

anond:20130621152126 詩人オウム世界

anond:20130427235140 大阪矢田ってそんなに危なかったのか

2012年

anond:20121228103909 日本人の刷り込みに対する嫌悪感ってオウムサブリミナル騒動あたりから始まったような気がする

anond:20120624193549 ヨガをやっている人ってオウム教徒らしいよ?

anond:20120526234858 オウム真理教と現代ネット社会の共通

anond:20120506212541 日本飲食業小売業の正体

anond:20120411184939 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.6

anond:20120411184707 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.5

anond:20120411184505 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.4

anond:20120411184332 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.3

anond:20120411181253 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.2

anond:20120411181135 “オウム真理教のナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚の手紙 vol.1

2011年

anond:20110829222843 分かり合う、という言い方は対立構造を前提としたものから分かり合えるかといったら分かり合えない。

anond:20110716154122 オウム事件があったこ

anond:20110112002101 伊達直人オウム脱会信者説がささやかれている

2010年

anond:20101219033026 当時反社会的宗教団体オウムの他にもあった訳だが、目だった犯罪を犯したところは数少ない。

anond:20100910130638 頭の悪い皮肉り方について

anond:20100908020614 「何でもこれをやれば解決する」なんてありはしないんだもん。

anond:20100830100822 日本つっても色々な国があるだろ

anond:20100816004746 「常に自分が悪い」と考えることは「常に他人が正しい」と考えることと同じ

anond:20100605195535 ナイーブエコナイーブな反エコ

anond:20100114035016 平穏生活を送っていると国家が気にならない理由

2009年

anond:20090907221149 今週のお前が言うな

anond:20090711155829 逃走は革命

anond:20090708200527 幸福実現党は数議席獲得するのではないか

2008年

anond:20081222175050 勉強が出来ることが頭がいいの?

2018-07-12

高能先生青二才いじりを止めてたよな

https://anond.hatelabo.jp/20180703074758

懐かしい。お前のおかげで青二才ブログコメント書いたらIDコール飛んでくるようになったか青二才ブログ読むのやめたの思い出したわ。

青二才はいじられることでひと目についてるところあったから、高能先生活躍することでウォッチャーが激減してある時期からホッテントリに全く出てこなくなる時期あった。

本人がそれを望んでたかどうかはわからんがこの件だけ見てたら高能先生いい人じゃね。

2018-07-06

anond:20180706113638

○tsuneさんは低能先生ターゲットにはなってないと思う

理由は、おちゅーんさんは既にハテブで叩き(ヲチ)の対象の一人であったから。

低能先生にとって同情の対象であってもターゲットの一人ではない。

おーつねさんはウォッチャーとして自業自得因果応報制裁はてなを通じて受けたと低能先生なら考えてると思う

それはさんざん晒されているきょうもゑ氏がターゲットになってなかったのと同じ

2018-07-02

anond:20180701173002

今後も、定期的にウォッチャー系は刺されたり、殴られたりするんやろうな。

他人踏み台にして儲けたら、恨まれるも無理は無い。

低能先生出会ってしまう前にも、ヒヤリ事案はあったと思う。

少なくとも、ウォッチャー仲間を含めれば、共有できるほどのトラブル複数あっただろう。

2018-06-30

anond:20180630110612

ウォッチャーとしての活動は直接の原因ではなかったという論調記事

最前線に出ないいじめっ子って、こういう感じだよね

ネット事件で、低能先生の思いなんて憶測しか語れんのに、まるで事実かのように推論を前提にしてくるから

2018-06-28

増田のやべーやつ番付2018年7月

横綱  安倍bot

    低能先生不祥事により廃業

大関  女性専用車両増田

    ロリコン増田(↑と同一人物説も)

関脇  衛生改善日記(同カテゴリー参照。猫が嫌いらしい)

    東京五輪まで増田

    ゴミを貼るな増田

小結  マスダとマスダの冒険

    国会ウォッチャー

前頭  ゲーム日記

    すいすいすいようびの人

    京都ゴミ大学最近見ない)

    今日も女は毒親叩き(他バリエーション多数)

    うんち(女っぽい文章を見かけるとウザいのかこうトラバする)

    パンティ増田    

十両  のではフェミ(男女の話題になると根拠のない珍説披露するフェミニスト。語尾が「のでは」)

幕下  スペース増田最近影が薄い)

三段目 再投稿警察(その名の通り再投稿ネタを指摘する人。複数人いる模様)

序二段 アトピーゾンビ(忘れた頃に来る)

序ノ口 トラック増田anond:20180626172943anond:20180625145024anond:20180625144939など。※追記anond:20180708174519もおそらくこの人。トラック以外もあった)




(※前回→anond:20170908210102

(※追記:ゴミを貼るな増田を追加。忘れてました)

anond:20180628103430

安全場所から黙って見てた」どころか、内心いいぞもっとやれとか思ってたんじゃねえのあいつら

国会ウォッチャーが何か書いたらどこからともなくワーッとやってきてすーぐホッテントリ祭り上げるくせに、あれだけ張り付いてた先生のことをはてサ陣営誰も知らないけがないじゃん

先生おかしい部分もしつこさも全部わかってて、でもネトウヨが暴れるよりはマシだからってだんまり決め込んでたんだろw

安倍botにしても同じ

主張のやり方が狂気じみてるだけで、思想的には同類なんだから

私たち低能先生にもHagexにもなり得るのか

逆張り

イケハヤはあちゅうは言うならばはてブ界隈では叩きまくっておけば安易賛同が得られてスターが稼げるボーナスステージだ。

そのボーナスステージになる所以になる事を当事者の二人はしてきた訳だが、こいつはゲスから叩かれて当然という自分達のやり方になんら疑問を持たないでいる姿勢は気味の悪さを感じさせてくれる。

大抵の人間はそれに乗っかるか、不快に感じてもこいつらと関わらないでおこうとスルーするだろう。でも、低能先生はそれをしなかった。いや、出来なかったのだろう。何故ならその彼等の逆を張る事で自らを注目の対象として引き上げられる事が容易になるからである

ボーナスステージなのにいきなり逆走をし始めて当たりもしない甲羅をぶつけにきたらみんなの気をひいてそれからドン引きされるだろう。それと同じ事である

・こいつは叩いてもいいと言う集合知に耐えきれなかった説

インターネットスラングなどの流行であちこちネタにされた結果、本当に好きであるファンが傷ついた例を皆さんは聞いたことはないだろうか。

そう言う人間最初擁護に走るけども、最終的にはその現状を受け入れて鍵垢に引きこもって仲間内で慰め合うか、そのネタにしている奴らを巨大な属性(オタク、男など)と位置づけ呪詛を吐き続けて鍵垢に引きこもるようになるかのどちらかになる。

インターネットで一度決まった叩く流れを変えるのはなかなか難しい。でも、それに対して声を上げるのは物凄く勇気のいる行為でありリスクの高い行為である

インターネットでは表現の自由だのとよく叫ばれているが、叩いてもいい人に対して擁護の声を上げる人間に対して嘲笑したり理詰めで攻撃したり信者ファンネルだとレッテルを貼る光景を見たのは一度や二度ではない。そこからこじらせて誹謗中傷行為に走ったとしても、悪くないとまでは言わないがそう言う行動を取るのが彼にとっての自衛行動なのだと言う事は理解できる。彼は自分の居場所を主張する為に荒らしていた。私はそう理解している。

http://mubou.seesaa.net/article/460211645.html

この記事なんかを見ると書かれている事は正論のものである。確かに殺されていい人などいないし、殺人は不当な行為であるし、被害者責任を求めているのは間違っているだろう。

荒らしに対して通報するのは当たり前な行為である。これが問題だとすると今後通報することができなくなってしまうと言って健全インターネットライフ侵害されていることに恐怖し怒りを抱く。これも間違いではない。

そしてブコメや他の記事にも並ぶ「Hagexは他の炎上ウォッチャーのような無理筋批判はしなかった。筋は通していた」という文字列

そう、これらは全て犯罪者荒らしが悪い。俺らは殺される理由などない被害者だという事を延々と正当化しているだけなのだ包丁や銃を持った人間自分達を延々と正当化した所で無惨にも殺されてしまうのであるボーナスステージだと思って他者への嘲笑や愚弄を煽るような事を繰り返していたらこうなりかねないという最悪の実例が生まれしまったのだ。

彼が出頭前に残した増田に書かれていた最初の一文は「おいネット弁慶卒業してきたぞ」である

実際の所彼の行動はネット弁慶のものであった。しかし、そのネット弁慶卒業したいと思わせたのは低能先生と名付けてボーナスステージのように嘲笑していたはてなー人達では無かったのか。

その責任を見なかったふりをして犯罪をする人間が全て悪いと言うのはあまりにも都合が良すぎるのではないか人間像を押し付けて心の安寧を図っているのはどちらの側なのか。

そもそも論として言うならば他者嘲笑したり愚弄を煽ったりする事自体が悪であるという事を忘れてはならない。はてなインターネットではみんなこれをやっているから悪であると言う自覚希薄しているのだろう。

私は低能先生嘲笑したりせずただ粛々と通報したいだけだという方が入られたら不快な思いをさせてしま申し訳無いと思う。しかHagexはそんな事をしなかったという意見は、じゃあなんでこいつは刺されないと行けなかったのかという事になる。

いじめ原理として「客観的に見ておかしいと思ったらいじめ」「やられた当事者がそう感じたらいじめ」という両立した定義がある。自分達はそう感じてなかったとしても彼はそう言う風に解釈してしまったのだろうと私は思っている。

最後結論を述べるとボーナスステージ感覚で叩かれてもいい人間嘲笑したりする人間Hagexのように刺される危険があるし、そのボーナスステージに乗らずに反感を覚えてしまう人は低能先生のように刺してしま危険があるという事だ。

しかし、人間はそれらを自制する能力があると思うしそうなる前に相談する勇気を持って欲しいと思う。

今回の事件他人事では無い。しかし、私は人間可能性をまだ信じたい。

2018-06-27

ウォッチャーブログが、とは言え、例えば、やらおんが身元を明らかにして事態を仕切り出した時のリスクくらいは想像出来ると思うのだが

……まあ、「全然違う」と言う人もいるかも知れないし、首を突っ込まない方がいいか

anond:20180627164327

それ言い出したらはてなだって別にウォッチャーに向けたサービスじゃないんだからゲスは出ていけって話になるわ

安倍botウォッチャーのイジリ対象になってないのはなんで?

2018-06-26

もやもやしている。

日曜日の夜、はてブを見ていたら衝撃的なエントリーがあがっていた。

はてな古参の有名ウォッチャーであるhagex氏の訃報だった。


低能先生」の件は画面のこちら側で見ていたので概要はわかるが、まさか事件に発展するなんて.....、というのが正直な思いだ。

特段関わりがあったわけではない一般はてなユーザーなので(ネットコミュ症なので関わりのある知り合いがいない)、何かを書くのは筋違いなのかもしれないと思っているのだけど、後味の悪さともやもやを持て余して増田投稿するにした。


この件はとてもショッキングなできごとすぎて、追悼エントリーをあげているみなさまと同じくとても動揺している。




はてなアカウントをとったのは、はてなブログの正式版がリリースしてからしばらく経った頃。

風の噂ではてな殺伐としていてやばいときいていたので、おそるおそるアカウントをとって使い始めた。

その2、3年前くらいの時期に、当時twitterイケてる感じを演出していたイケハヤ氏やはあちゅう氏のアカウントフォローしていたのだけど、どこかひっかかるところがあって、その違和感を紐解きたくて探した時に読んだのがhagex氏のHagex-day.infoの両氏に関するエントリーだった。

(多方面から考えたくて、いろんな人が書いている両氏に関する言及を読んだので、hagex氏のエントリーだけを読んでいたわけではない。)

両氏に関しては結構厳しいことを書いてあるエントリーが多くて、”まあそう考える人もいるんだろうけど、そんなに厳しく追及するほどのことかな?”くらいに思っていた。

しばらく追って見ていたのだが、なんとなくだけどもそこには一定ラインがあったように思う。

初心者の私には線引きがよくわかっていなくてなんとなくこの辺くらいまでがボーダーラインみたいな空気感がある気がする。

古参の方々から見るとおそらくプロレス的な要素の線引きがきちんと見えていて、ここまではプロレス的ないじり、というのがあったのではないだろうか。

ただ、最近はそのプロレス的な部分をプロレスだと思われていないのではないかな(私のように線引きのラインがわからない人もそこそこの数いるのでは?)という点において、インターネットっぽい危うさを感じていたのも事実だ。

たから見ていると、hagex氏のウオッチ下品ではあるけれど、だからこそ規範をかなり強く意識しているのだろうな、と感じられるところがあったり、どことな牧歌的インターネットを信じているような感じは最近ちょっといいなと思っていたけど。




私がはてなにやってきた頃はすでにインターネットインターネットでなくなってしまったのだなと感じていたのだけど(はてなコミュニティはそういった流れに逆らっているように思えて、最後の”牧歌的インターネット”の作法を頑なに守ろうとしているところが個人的にはとても好きではてなにやってきたのだけど。)今回の事件はそれをことさら、それを強く感じさせられたし、今後について考えさせれる。

リアルがつらいときに箱庭的なインターネットには何度も救われてきたので、それがおそらく完全になくなってしまたこと、また事件はてなという場で起こってしまたことをとても悲しく思う。



hagex氏のご冥福をお祈り申し上げます

hagexショックに衝撃を受けて、はてなIDを久しぶりに取得してしまった。だいたい言いたいことはいいつくされているけど、ネットウォッチという悪趣味について語る際に「バトルウォッチャー 哭きの竜」への言及は少ない。おどろいた。

hagexさんの事件は、もちろん、村崎百郎を強く思い出させたけれど、哭きの竜さんが、伊藤剛さんをウォッチ揶揄?していたら詰め返されて、自己批判に至ったという出来事もなんとなく思い出された。唐沢俊一とかどうなっているのかなあ。

どうして狙われたのはHagexだったのか

低能先生とは多くのユーザーからんでいたが、どうして狙われたのはHagexだったのか。

昨日から色々と記事コメントを読んでいて、こういう流れなのかな、と思った点をまとめる。

低能先生は元々Hagexを嫌っていた

Hagexはあちゅうイケハヤ炎上記事コメントをすると、低能先生からIDコール罵倒されることが多かった、というコメントをいくつか見かけた。

となると、低能先生Hagex炎上ウォッチャー、および煽り行為を嫌っていたということになる。

その心情はわからないでもない。

Hagexのあの手の記事は、個人的にも行きすぎではないかと感じるところがあった。

そのため、やがて低能先生Hagex自身に対しても直接、大量の悪罵を投げつけ、通報されるに至った。

Hagex低能先生記事にして、通報されると即BANされることを明らかに

Hagexはその件をブログ記事したことによって、低能先生から強く憎まれるようになった可能性が高い。

参考:低能先生に対するはてな対応が迅速でビックリ

http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2018/05/02/112825

Hagex記事の中で、通報すれば低能先生とおぼしきアカウントは即座にBANされることを明らかにした。

もともと低能先生に対する通報は盛んに行われており、はてな運営存在認識していた。

Hagex記事によって「通報すれば即BAN」という情報はてなユーザーの間に広まり通報回数とBAN速度がさらに上がり、低能先生はてなから排除されつつあった。

参考:なぜ殺意を向けられたのがHagexなのかを説明する

https://anond.hatelabo.jp/20180625215452

低能先生Hagexへの憎しみを募らせる

引きこもり低能先生にとって、はてなは外部との唯一の接点であったらしく、作るアカウントがかたっぱしから消されていくことに、かなりのストレスを感じていたようだ。

彼の主観では、居場所がなくなる、という危機に遭遇していたのだろう。

これによって引きこもり日常によってたまるストレスを発散させることができなくなり、その「元凶」となったHagexに対する憎しみを募らせていった。

実態自業自得なのだけれど、彼からするとそういう認識になる。

低能先生はこれを「ネットリンチ」と呼んだ。

からすれば、自分アクセスしたいはてなから集団的排除されるのは、ネットリンチと呼ぶにふさわしい状況だったのだろう。

彼が多数のユーザー悪罵を送りまくっていたのがそもそもの原因であり、客観的に見ると正しくないが。

新幹線事件増田での煽り

そして、6月9日には新幹線殺人事件が発生し、10日頃には、増田低能先生犯人ではないかと取りざたされ、やがて「ネット弁慶」だと煽られる事態が発生する。

犯行声明らしき増田で「おいネット弁慶卒業してきたぞ」と発言しているのは、これが原因のようだ。

参考:そもそもなんでこんなに低能先生殺人事件起こした扱いされてんの

https://anond.hatelabo.jp/20180610125250

犯行声明魚拓

http://archive.is/AFT0C#selection-155.0-163.5

この時のやり取りの文脈は、低能先生情報開示請求をされて追い詰められていたが、だったら自分相手情報開示請求をして表に出てくればいいんじゃないか、という煽りで、殺人教唆したわけではないようだ。

増田は流れが追いにくく、このあたりは正確に理解しきれていないかもしれない)

参考:低能先生と散々絡んできた身として違和感しかない

https://anond.hatelabo.jp/20180625033955

しか低能先生は「表に出る=はてなの誰かを殺す」と考えてしまったらしい。

どうしてそう飛躍してしまったのかはわからないが、新幹線殺人事件に影響を受けたのかもしれない。

それが原因で煽られたのだから、だったら自分もやってやり、ネット弁慶ではないと証明してやろう、と考えたのかもしれない。

狂気じみた発想だし、このあたりは想像することしかできない。

Hagex福岡セミナーを開催する

それからさほど間を置かない6月24日に、低能先生が在住する福岡で、彼がかねてより憎んでいたはてなユーザーのうちのひとりであるHagexセミナーを開催することになる。

タイミング場所が最悪だったと言えるだろう。

東京京都で開催していたら、事件は起きなかったと思われる。

会場は不特定多数人間が出入りすることから引きこもりで、外に出ると不審人物だとみられやす状態にあると思われる低能先生でも、容易に入り込むことが可能だった。

参考:Hagexさんが狙われたのかのはなぜか

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2018/06/25/112302

このあたりについて、Hagex危機管理意識の不足を指摘する声もある。

参考:hagexさんの痛ましい事件について

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/06/25/181500

ともあれ、それを知った低能先生Hagexを襲撃することを決意し、実行に移してしまった。

そして逃走後、最後犯行声明増田に残して警察に出頭した。

はてなユーザーに対し、目に物を見せてやったぞ、と宣言たかったのだろう。

逃走したのは、増田に書き込む時間を得るためだったのかもしれない。

「俺を知る全ネットユーザー」に対する仕返し

犯行声明の中で彼は「Hagex」という名前を一度も出していない。

『俺を「低能先生です」の一言ゲラゲラ笑いながら通報封殺してきたお前らへの返答だ 

「予想通りの展開だ」そう言うのが、俺を知る全ネットユーザー責任からな?』

と書いている。

このあたりの発言を見るに、低能先生が真に憎んでいたのはHagex個人ではなく、自分排除しにかかったはてなユーザー全体だったのだろう。

からこの事件は多くのはてなユーザーに大きな衝撃を与えた。

そして何人かのユーザーが「狙われていたのは自分だったのかも」といったコメントをしていた。

実際の所、同じタイミング福岡イベントを開催していたら、そのユーザーが狙われていた可能性は高かっただろう。

Hagexは、低能先生からんはてなユーザー代表として狙われ、殺されたのではないだろうか。

10年くらい前に低能先生と全く同じことをやっていました。

そもそもどうして低能先生はこんなに増田に執着していたんだろう。

なんで1日にIDを3回も5回も取り直してまで投稿を続けていたんだろう。

どうして自分罵倒する相手に対してバカ丁寧に返信を続けていたんだろう。

こんな意味のわからないキチガイがどうして生まれしまうんだろう。

その歪んだ動機理解しない限り同じ様な事件が二回起こるのを防ぐのは無理だと思うし、何をやっても徒労に終わるだけだと思う。

 

自分は昔、低能先生と同じことやってたから、その気持ちが少しだけ分かるんだ。想像範疇しか無いし、この後あるであろう供述全然違ってたらそれでいいんだけど、彼のことについてあれこれ考えている人がいて、仮にその助けになれたら幸いに思う。

中学生の頃、2chの某スレに張り付いて1日100回近く書き込むのを年単位で続けていた、あるいは某ネトゲSNSにずっと張り付いて毎日顔真っ赤にBBS戦士をやっていた、小学校引きこもりになって高校中退して今はヒキニートやってる惨めな人間の昔話。

 

結論から言えば、「いじめられっ子インターネット上に自分が昔いじめられていたのと同じ教室を作り出してかつてのいじめっ子も創出して彼らを苛々させる事で昔のいじめっ子に対する歪な復讐を続けていた」以上の話は無いと思うんだ。それだけで彼の異常な執念も奇妙な行動方針殺人に至った経緯もその対象hagex氏だったのも全部当然の結果として出てくることだと思うけど、まぁいいや、説明のために昔実際にあった似たような事について少し話させてほしい。

 

スレにほぼ同一の内容を書き込むのを最初は1日に30回くらいのペースで始めてから、1日何件か反応があった。でもそれは全部、「なんか変なの湧いてんなぁ」みたいなもので、自分が求めてたものじゃ全くなかった。当然のなりゆきとして自分はすぐに無視されるようになった。

それでも1週間くらいだったのかな、まぁとても短い期間だったと思う、どんなに勢いが速くったって1日に30回以上も同じようなレスを続けてたら自分存在スレ住民に周知されるには早いものだった。

スレッドが自分を起点にして勝手に荒れ始めていった。自治厨達がNGしろと言い始めて、それを見て面白がって自分レスをつける奴がいて、自治厨達が憤慨している中相変わらずのらりくらりとまるで何の話も起こっていないかのようにいつもの調子レスし続けて、当時の人生では一番楽しい時間だった。でもそれはスレッドを荒らすのに成功たからなんて楽な理由じゃなかった。一個だけ絶対に守っているルールがあった。それは「延々と書き込み続けるけど自分からは誰にもレスしない、どんなに腸が煮えくり返ってもレスしない、でも自分レスが来たら肯定的であれ否定的であれ絶対に返信する」という決まりごと。なんでそんな意味不明な事が大事なんだって思うかもしれないけど、いじめられた経験しか無い自分みたいな人間なら分かるんじゃないかな。

 

そもそもどうして他人を苛立たせるような行為をするのかって、そんなの学校いじめられた人間はそうなるからに決まってる。あの時の復讐をどうにかして果たしたいからに決まってる。でもいじめっ子はもう目の前にいない。じゃあどうすればいいのか。作ればいい。

世界人間は誰もが自分蛇蝎のごとく嫌うはずだ」という強烈な信念を幼少期に植え付けられているせいで、自分が嫌われていないという世界想像すら出来ない。自分が嫌われていない空間から不安で逃げ出したくなる強迫性障害まで抱えるくらい、いじめられっ子の心は酷く歪む。だからそれを再確認するために、「自分はいじめられているはずだ」という信念の側に世界補正するために、他人が苛々するような事を書き続ける。そして「存在しているだけ」の自分危害を加えるいじめっ子と同じ存在を大量に自分で作り出して、自分言葉しか反撃しないし自分から危害は加えないという酷く奇妙な正義を伴った行動方針に従って、そして現実教室とは違ってレスの記録が全部残るから、「自分は何も悪いことなんてしていないし最後まできちんと言葉で言い返しているのにあいつらはみんな逃げるか通報して垢BANするなんて野蛮で低脳手段しか知らない」という歪んだ形の勝利を収める。

そういう動機

 

凄く幼稚なことだと思う。そうなんだ。幼稚なんだよこれは。でも実際こういう人間っていうのは発生してしまものなんだ。自分もそうだったし一歩間違えてたら低能先生氏と同じようになっていただろうと思う。というか昔同じことやってたし。

いじめられて学校を辞めた奴やいじめられる側しか経験しなかった人間っていうのはその歪んだ価値観と顔も名前も覚えてない同級生への復讐心だけを脳味噌の全部にされたまま小学生の心を抱えて残りの生涯を何十年も惨めに過ごすんだ。

大昔に学校教室で受けた怨みを、学校教室と似たような空間を見つけて、あるいは作り出して発散する。その仮想教室の広さは、デカければデカいほどいい。自分いじめていた人間たちがひょっとして増田ユーザーになっているかもしれないし、どの道、自分いじめいてた奴らと全く同じ様な人間が歯がゆく苛つき続けているのは最高の愉悦から

 

ちなみに、該当スレッドでは自分に非常に侮辱的な通称がつけられた(いや最初につけた人間愛称のつもりだったらしいんだけどさ)。低能先生氏がその侮辱的な通称を全く気にしていなかったどころかそう呼ばれるのを喜んでいたのと全く同じように、自分はその侮辱的な通称をとても気に入った。他人から侮辱的な名前をつけられて呼ばれるということは、そっくりそのまま自分を虐める人間が苛々してくれているという事の裏返しだからいじめっ子に対する復讐になるから通称侮辱的であれば侮辱であるほど良い。苛々してそんな風に呼んでくれるだなんて本当にありがとう

 

これは本当に憶測になるけど、彼がそもそも低能」という罵倒を使い続けたのは、匿名ダイアリーでありながら自分特定個人として認識できるようにする意味合い以上に、そのワード自分侮辱的な名前をつけさせて相手を見下すという物凄い歪んだ動機がどんなに無意識的にでも少しはあったんじゃないかと思う。

 

閑話休題。あと一つ、とても重要な決まり事があるんだ。

これはいじめられっ子の歪んだ復讐で、この時点で物凄く歪んでいるんだけど、更に歪んだ、いじめられっ子の側が絶対に犯してはいけない、自分で遵守しなきゃいけない、絶対的なルールがもう一つあるんだ。

教室の中で存在感を高めるように大量にpostし続けるし、自分レスした人間にはそれが肯定的ものであれ否定的ものであれ絶対に返信をするけれど、その代わりとして、「自分レスしない無関係人間には絶対危害を加えないこと」。これは守らなきゃいけない。

だってそれをやったらいじめっ子と同じになっちゃうからね。

 

自分勝手に苛々しているのはお前。人に勝手に苛々して危害を加えるような人間は全部邪悪自分邪悪ではないのでレスバトルは醜いけど無関係人間には危害を加えないからまだ高尚」という信念を貫くのが何より大事。たとえその「勝手に苛々しているお前」が実際には自分を除いた全ユーザーであっても、全ユーザーが苛々する状況を引き起こしているのを自覚していても、あくま勝手に読まれ勝手に苛々されて無視することも出来ないで勝手レスをつけてくれるのが大事容姿や行動が気持ち悪くて教室いじめられるって本当にそういう事だから。そして一回でも自分危害を加えたなら先にやったのはそっちだからその後いくら粘着しようと悪いのはお前。心から謝るまで絶対にやめない。

マジですっげえ惨めだけど、その程度の惨めさなんて現実の惨めさと比較したら全くどうでも良いくらいの人間からそんな行動に走るんだ。少なくとも自分はそうしてた。低能先生がどういう方針だったのかは知らないけど、まぁ多分1回でもはてブコメントで煽られたら標的にしてたんじゃねえの。

 

それでなんでhagex氏が殺害ターゲットに選ばれてはてな人間まで殺されそうになったのかって話なんだけど、いじめられっ子は心の中でしか復讐しないし、出来ない。言葉で言い返そうとしたのに相手はきちんとした返答をしないで馬鹿にしたり殴ったりしてきた、あいつらみんな馬鹿だ、そういう価値観いじめられっ子根底にある。無視するどころか発言する機会を奪う人間はただ嘲笑する人間よりも遥かに最悪に映る。ましてや通報するのを助長する記事を書く人間なんて、彼の目には殴って口を塞ぐいじめっ子と本当に同じように映っただろうよ。hagex氏が選ばれたのは偶然でも適当でもないんだ。彼は低能先生から言葉を奪う行為の手助けをしたんだ。

集団通報垢BANを続けるのは、人を殴って黙らせるのと全く同じ行為なんだ。いじめられっ子の目にはそう映るんだ。そして殴られながら心の中で醜悪に笑っている。こいつらは言葉で言い返せない頭の悪い人間から垢BANするしか出来ないんだって

低能先生氏にとって、垢BANされ続けたのも正直愉悦だっただろうさ。ああ、やっぱりこいつらは殴るしか出来ないんだ、そして俺は基本的言葉で返信を続けているし、最悪殴るときでさえ報復しかしないから偉い。IDコールであれ、粘着的にトラックバックをつけるのであれ、罵倒されたのだから当然のものとして言い返すだけ。あっちから勝手罵倒してきて言い返しているだけなのに集団通報をして言葉以外の手段排除しようとするいじめっ子なんかより出来るだけ言葉で話を続けようとする俺の方がずっと高尚で偉い存在だ。

なあ、実に惨めだろう。でもいじめられっ子ってそういうものなんだ。自分がそうだから分かるよ。

 

そうやって歪んだ復讐を続ける事が自分人生に折り合いをつけて自殺犯罪もしないで生き続ける最後の支えだったのに、hagex氏が「通報するとほぼ即BANに近い効果がある」という事を広めてしまってから低能先生氏が最低限まともに発言出来ると思えるラインを越えてアカウントがすぐに削除されるようになってしまったのだろう。(hagex氏の該当記事には「低能先生です」とだけ書いて通報したら3分でBANされたってまで記述であるしな。)現実どころかインターネットの上ですら言葉を奪われた。現実に最早存在しない彼にとってそれは殺されたのと同義だっただろうから、同程度の報復として殺害を選ぶのも十分想定される成り行きに思われるし、殺害後すぐに出頭したのも、どういう経緯であれ言葉でなく手を出す地平に落ちてしまたからには自分も報いを受けるという彼なりの義理を貫いたのだろう。死刑にはなれないだろうし、自殺しておいた方が良かったと思うが。あるいはインターネット上で既に殺されているのだから当然の報復を行ったまでで出頭してる分だけまだ偉いとか思ってるかもしれない。

hagex氏の記事がどの程度アカウント削除に効果があったのかは、分からない。だけど低能先生氏にそのように映ったのであればそれだけで復讐対象になるには足る。

 

なあ、真面目な話、「匿名ダイアリー」の名前を冠したサービスであるにも関わらず、「発言内容が特徴的なため同一人物に思われる、発言回数が多いだけの個人」を、その発言内容の如何を問うたり口できちんと言い負かすのでなく集団通報して口を塞ぐなんて酷い行為正当化出来るか?自分には出来ないと思う。確かに彼が垢BANされたのは彼が規約違反に相当する暴言を繰り返していたからだが、「低能」って言った程度で垢BANされるってんなら一体何%の増田ユーザーがBANされないで済むってんだ?はてなサポート低能先生氏に同じくらいの暴言を投げかけたユーザーIDはきちんと平等にBANしていたのか?低能先生も恐らく通報していたんだろうとは思うが、その通報にはちゃんと同じレベルで応えてたのか?「低能」でBANするからにはバカとか死ねとかでもちゃんと全部BANするんだよな?というか、BANし続けてきたんだよな?まぁ全部してこなかっただろうし、そもそも出来ねえよな。知ってるさ。だって低能先生氏の罵倒と同レベル発言を行っただけでBANするようにしたらこんなサービス誰も使わなくなるからな。別に低能先生氏に限った話じゃなくここいつ見たってマジで罵詈雑言ばっかりじゃねえか。それにも関わらず殆どBANされない。だけど低能先生氏についてだけはユーザーの大多数から通報があったから特例としてBANし続けた。結局はてなは、自分たちのコンテンツの存続のために、自分たちの利益のために、一人の個人を不当な基準でBANし続けてきたってわけだ。正直この件はどうやってもはてなサポート増田ユーザー連携した極めて悪質なネットリンチしか見えないしましてやそれを加速させたhagex氏には微塵も同情できない。

第一なぁ、人の発言機会を奪うのに加担しておいてなぁ、立派な当事者になっておいてなーにがネットウォッチだよ。それとも「僕は単に低能先生って書いて通報するだけで凍結してくれるって記事増田じゃなくてはてブロにpostしただけですよ~」って建前で第三者ウォッチャーだって言い張ってたつもりだったんだろうか?もう同レベル人間達が子供じみた喧嘩してて一方が数の暴力と非常に陰湿方法相手から言葉を取り上げるのに成功たか報復として一人刺されただけだよこんなの。学校教室いじめっ子が刺されたのとマジで何が違うんだよ。あとhagex氏の普段の芸風もちょっと見させてもらったけど本当に同情のしようがないわ。普段からこんな発言繰り返してる奴に垢BAN速度加速されてトドメ撃たれたんならそりゃ刺すわ。いじめられっ子なんて何十年経っても根に持ってるくらい怨み深い人種なのに大昔に1回言及しただけだから自分は標的にならないだろうと思ってリアルで公演するなんて馬鹿じゃねえの……。

 

そしてhagex氏の死の責任所在がどこにあるかと言われたら、間違いなくはてな特にBAN方針だと思う。

低能先生と同レベル罵倒跋扈してるこの場所で、特定個人を狙い撃ちして垢BANを続けて、恐らくは低能先生からあったはずのBAN要求には全く応えず、ネットリンチに加担したはてな運営だと思う。

 

こんなサービスをやってる時点で低能先生みたいな人間が遅かれ早かれ出現するのは止めることが出来ないし、現れたが最後、5chと違って完全に野放しというわけにもいかない。5chは個人情報とかについては発信元開示や削除を簡単に行ってくれるけど、暴言誹謗中傷名誉毀損について対応しなくて済むのはいくら訴えられても困らない体制からだ(管理人ひろゆきじゃなくなった後にどうやって訴訟賠償金を逃れてるのかは知らんが)。暴言精神被害程度を理由発信者情報開示請求をされたくらいで何かしら対応しなきゃいけないような国内企業がこんなサービス始めた時点でこういう事がいつか起こるのは当たり前だし、というかもっと言うなら低能先生氏は年単位あんなことやってたのにのらりくらりと適当特定個人を狙い撃ちにした垢BANだけして他の罵詈雑言は放っておいて、その間に当然行うべきだったBAN方針をより明確にする、低能先生氏を訴える等の処置を全くしなかった。まぁどっちもできねえけどな、繰り返しだけどやったら誰も使わなくなるから。そんで今回はhagex氏がたまたま垢BANを加速させたから身代わりに死んでくれたが、これじゃどの道はてな社の人間が誰か死んでただろう。結局今回の件で人死に出した原因はお前らだよ。あぁ、これがはてなへの名誉毀損になるっていうんなら訴訟でもなんでもどうぞ。事実でも名誉毀損は認められるから

 

2011分頃追記

増田を使ったのは初めてだったのだけど、こんなにも「忙しい」ものだとは思わなかった。

調子に乗って色んなエントリ投げたら全部トラバがついてるか確認しなきゃいけないし、トラバがついていたら返信しなきゃいけない(これは自分ちょっと他のサイト文化に染まりすぎているのかも知れないけど。そしてこれは本文とは関係ない)。

部外者自分がこれ以上書いても仕方ないと思うし何より時間が食われすぎるのでこのエントリからは退散します。もう流石になんか1個勝手にわちゃわちゃやってるの以外はトラバつかんと思うけど、万が一ついたら返信は多分します。

anond:20180626021258

ウォッチャー」がやってきたこと、やっていることが許されるのか、ってことだよな。

すぐに「だったら殺しても良いのか?」と脊髄反射すんなよ。

そこじゃないだろ?


「殺された人の悪口を言うな」が、「ネットウォッチャーは悪くない」「ネットウォッチャー狂人から守れ」とポジショントークに変わっていってるのに吐気がするんだよ。


お前たち「ヲチ勢」は、故人を、てめぇらの欲望免罪符にすんのか?

なにが「ウォッチャー」だ。フザケンナよ。

漢字固有名の人が亡くなられたことは、遺憾に思うよ。


けど、切り離された人格としてのはてなidの行動は、「ウォッチャー」ってのを振りかざして、煽って煽って、人の心を破壊してきたんだろ。

大勢から寄ってたかってボコボコにされている人間に、高みから石を投げて嗤ってたんだろ?

そんなの、許されるんか?


ウォッチャー」って、そういうことだろ?

「一個しか石を投げなかったから」とか、フザケンナよ。


なんとか村の村長とか、深刻そうなフリをしてマウント取ることを悦んでるクマとか、大脳壊れたと罵声を浴びせる某企業役員とか、総会屋2.0とか。ねこらとか。


今こそ己の所業を振り返るときだろ?


それとも「言論の自由」だから良いのか?

たか言葉で傷つくほうが悪い」ってか?

どうせこんな事書いても、無視するんだろうな。


何がウォッチャーだ。

何が「踊り子さんには手を触れない」だ。


お前らが、人混みの奥から投げた石は、ちゃん相手にあたって、血は流れたんだよ。


お前らは「祭り」が終わればすっかり忘れるんだろうな。

けれど、傷を負った人間が、忘れられるわけ無いだろ。

ずっとずっと、引きずるんだよ。


ウォッチャー」を免罪符にして、煽って煽って、「攻撃したのはボクじゃない」ってか。

舐めきってるな、人間を。


ネットで袋叩きにあってる人間は、お前らの単著や、講演活動の肥やしじゃねぇぞ。

フザケンナよ。


しろ故人を英霊化して、テメェらウォッチャー所業に、ネットいじめに、免罪符を与えんのか?

それこそ故人の冒涜だ。

2018-06-25

Hagexさんは闇に呑み込まれ

ネットに限らずあらゆる場所に闇はポッカリと穴をあけている

見ようとすればあらゆるものが見えるが距離感を誤ると呑み込まれしま


最近他人からヘイト貰うような言動をする人が妙に露出してくる、ただ殺されてしまった人とそうでない人の差は闇との付き合い方だ

サロンブロガー代表される身内で集まって何かする連中は闇に呑み込まれリスクが抑えられるが不特定多数人間と付き合う奴は非常に危険

一部のアフィブロガーヘイト発言する人もよく見れば、身内でごそごそやっているだけで不特定多数が集まるような所には行っていない人が多い


勘違いウォッチャーファンを集めたり不特定多数の集まりを催すことも増えたが、はっきり言って危険すぎる

なんで適度な距離感を持たず実名・顔出しでヘイト貰うような言動をするのか不思議でならない、そんなに目立ちたいならもっと言動に気を付けるべきだ

そうでないと遅かれ早かれ闇に呑み込まれ


今回の殺人事件はそれを教えてくれた、顔出しでネット論客自称してる人は今回の件を教訓に「闇との付き合い方」を改めるべきだろう


闇を覗くとき闇もまたあなたを覗いているのだ、油断していると闇に呑み込まれるぞ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん